FC2ブログ

タイトル画像

「どうする 日本の司法:裁判員制度の問題点」(武内更一弁護士:新ちょぼゼミ)- いちろうちゃんのブログ

2021.04.13(15:34) 32412

★ 田中一郎 さんから:

(予約必要)(4.15)オルタナティブな日本をめざして(第57回)「どうする
日本の司法:裁判員制度の問題点」(武内更一弁護士:新ちょぼゼミ)-
いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-38efc4.html

(第3647目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト




修の呟き


タイトル画像

核兵器の禁止から廃絶へ ~ 次の一手はこれだ!

2021.04.13(15:32) 32411

★ 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営団体ピースボート さんから:

本年1月に発効した核兵器禁止条約の締約国会議が、来年1月にウィーンで開催されます。これに向けて同条約をさらに促進するために、ピースボートでは下記の通り、4月21日(水)にオンラインイベントを行いますので、ご案内します。

--------------------------------------------------
【4/21】
核兵器の禁止から廃絶へ ~ 次の一手はこれだ!
https://peaceboat.org/36934.html
--------------------------------------------------

核兵器禁止条約が発効してからまもなく3カ月が経ちます。核兵器を非人道兵器として初めて全面的に禁止したこの条約に、これまでに86カ国が署名、54カ国が批准しており(4月2日現在)、その数は増えています。この条約の第一回締約国会議が来年1月にオーストリアのウィーンで開催されます。それに向けて、さまざまな準備が各国政府およびNGOにより進められています。しかし、唯一の戦争被爆国・日本の政府は、いまだにこの条約に背を向けたままです。日本政府に条約批准を求める声は全国で上がっています。衆議院の解散総選挙が行われる今年、この問題を、国内で大いに議論していかなければなりません。

このイベントでは、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員をつとめるピースボートの川崎哲が、核兵器禁止条約締約国会議や8月に予定されている核不拡散条約(NPT)再検討会議をめぐる各国の動き、NGOの動向、そして日本の政府、国会議員、市民の課題について、お話しします。核兵器禁止条約を生かして、核兵器を本当になくしていくための「次の一手」を具体的に考えていきます。

■日時 2021年4月21日 (水) 19:00~20:30
■場所 このイベントはオンラインで「Zoom」を使用して行います。開始までにZoomアプリをインストールしておいてください。
■講師 川崎哲(ICAN国際運営委員/ピースボート共同代表)
■参加費 600円
■登録方法
・イベント開始(4月21日(水)19時)までに、以下の「参加申し込み」リンク(Peatix)から参加券を購入してください。
https://tpnwnext.peatix.com/
(ただしコンビニ/ATMでのお支払いは、前日に締め切られます。クレジットカードの場合は当日まで購入できます。)
・参加券を購入された方に「Peatix」より当日の参加ページへのリンクが送られます。当日そのリンクから参加してください。
・参加券を購入された皆さまに、後日、このイベントを録画した動画へのリンクをメールでお送りします。
■主催 ピースボート
■お問い合わせ pbglobal@peaceboat.gr.jp
■追記
・なお、議員ウォッチ(https://giinwatch.jp/)のマンスリーサポーターには無料での参加券が送られます(詳細は info@giinwatch.jp)。

(第3647目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

4月16日(金)に、東電株主代表訴訟の第2回目の証人尋問が行われます

2021.04.13(15:29) 32410

★ 松田 さんから:

4月16日(金)に、東電株主代表訴訟の第2回目の証人尋問が行われます。

  第2回証人尋問(第58回口頭弁論期日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつも大変お世話になっております。
3・11東京電力福島原発「事件」から10年が経過しましたが、未曽有の原発事件は、未だ収束にはほど遠い状況にあります。
とはいえ、東電刑事裁判、福島原発損害賠償請求裁判等、そしてこの東電株主代表訴訟での審理を通じて、事件の概要は明らかになってまいりました。

前回2月26日の第1回目の証人尋問では、産総研の岡村行信氏が、2009年に保安院のワーキンググループで貞観津波の考慮も必要である旨の指摘をした後に同氏の元を訪問してきた東電の担当者に対して、津波堆積物の調査より先に津波対策をすべきであると直接意見を述べていたという衝撃的な事実が明らかになりました。

ぜひ傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
もっとも、新型コロナ禍が続く中、どうぞ無理はなさらないでください。

【直前地裁前アピール】
9:00~東京地裁正門前(最寄:霞ヶ関駅A1出口)

▼<抽選>9:40までに指定場所(東京地方裁判所1番交付所)に来られた方を対象に抽選します。
https://bit.ly/39XwIgh

【第58回口頭弁論期日】
10:00~17:00東京地裁103号法廷
10時~12時 長期評価の策定に関わった専門家1名に対する原告側による主尋問
13時~17時 元東芝技術者の後藤政志氏、渡辺敦雄氏に対する被告側による反対尋問

▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4
(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
▼地図
http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

※いつもと時間が変わりますので、ご注意下さい。
※※当日、報告・学習会は行いません。
4月30日(金)午後 海渡雄一弁護士による報告集会を予定しています。
詳細は決まり次第、ご案内いたします。
※※※新型コロナ防止の観点から、マスクの着用、消毒など、SocialDistancingにご協力お願いします。
▼今後の証人尋問はこちら
http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/blog-entry-374.html

(第3647目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

*第2907号 非科学的感染防止策を修正せよ< 「植草一秀の『知られざる真実』」>

2021.04.13(15:27) 32409

*第2907号 非科学的感染防止策を修正せよ
「植草一秀の『知られざる真実』」2021/04/12
ウェブで読む:https://foomii.com/00050/2021041222385978871
★ 宮崎 黒木和也 さんから:
(第3647目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

*福島第一原発トリチウム水 海洋放出に中韓「重大な懸念」表明<TBS系(JNN)>

2021.04.13(15:24) 32408

*福島第一原発トリチウム水 海洋放出に中韓「重大な懸念」表明
4/12(月) 21:57配信 TBS系(JNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5fdab5cdccdf6e05a571ddbd03c4d82281e2135
★ 宮崎 黒木和也 さんから:
(第3647目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


最近の記事
  1. 「どうする 日本の司法:裁判員制度の問題点」(武内更一弁護士:新ちょぼゼミ)- いちろうちゃんのブログ(04/13)
  2. 核兵器の禁止から廃絶へ ~ 次の一手はこれだ!(04/13)
  3. 4月16日(金)に、東電株主代表訴訟の第2回目の証人尋問が行われます(04/13)
  4. *第2907号 非科学的感染防止策を修正せよ< 「植草一秀の『知られざる真実』」>(04/13)
  5. *福島第一原発トリチウム水 海洋放出に中韓「重大な懸念」表明<TBS系(JNN)>(04/13)
次のページ
次のページ