FC2ブログ

タイトル画像

<book19-59『植民地朝鮮の日本人』(高崎宗司)>

2019.09.21(16:19) 21986

★ 松岡 さんから:

<book19-59『植民地朝鮮の日本人』(高崎宗司)>

高崎宗司著『植民地朝鮮の日本人』(岩波新書、2002年6月)を読んだ。た
またま先週、スペイン語講座に行っているアジア図書館で見つけて借りた。この
本を手に取り、読んでみようと思ったのは、田中伸尚さんの『ドキュメント昭和
天皇』(全8巻)の中で植民地時代に朝鮮で教員をされた経験のある池田政枝さ
んへのインタビューがあったことからだ。池田さんはもう亡くなっておられるが、
2000年前後の学校への日の丸・君が代導入時に大阪の集会の後の交流会で、
何度かお会いしたことがあった。植民地時代の加害者としての教員体験を振り返
られる静かな語り口が今も印象に残っている。この本は1876年の日朝修好条
規によって日本の植民地支配が始まり、1945年の日本の敗戦での引き上げま
で、最大で75万人いたといわれる「在朝日本人」の「草の根の侵略」の軌跡を
描いて興味深かった。最近の日韓関係の悪化とマスコミが煽る「嫌韓キャンペー
ン」を考える時、今も色あせない本だ。実は先日、飲み屋の隣の席で中年の男が
今の日韓関係を連れの男たちに、「戦争中に日本が韓国を侵略したというけれど、
あれは侵略ではないんだ。日本はダムを造ったり、鉄道を引いたりして、韓国の
ためにやったことなんだ。」と力説するの声が聞こえて来て、むかっとした。こ
の本のテーマは今も同じ所を回っている日本の現状を撃つ。

(第3077目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト




修の呟き


タイトル画像

グローバル・ジャスティス研究会・9月の特別企画② 香港最新報告- 香港の未来のために、自由を手放さない!

2019.09.21(16:18) 21985

★ 内富 一 さんから:

グローバル・ジャスティス研究会・9月の特別企画② 香港最新報告
- 香港の未来のために、自由を手放さない!

■日時: 2019年9月22日(日)午後2時〜
■場所: ひとまち交流館 京都 第1・2会議室
(河原町五条下る、市バス「河原町正面」)
■資料代: 500円

「逃亡犯条例」をめぐって噴出した香港の人々の怒り。
100万~200万人が立ち上がった。警察の猛烈な弾圧にも、人々は闘いをやめない。
何が起こっているのか? 香港はどこへ向かうのか?
香港の左派活動家との交流を重ね、中国・香港の今を発信しつづけている稲垣豊さんの
最新情報を聞き、強大な中国の圧力に直面しながら自由を守ろうとする香港のさまざまな
階層の人々の絶望と希望に想いを馳せたいと思います。 ぜひご参加ください。

■報告:稲垣豊さん
ATTAC Japan(首都圏)
■主催: グローバル・ジャスティス研究会
■お問い合わせ: 080-2742-2590(ささき)
■イベントページ:
https://www.facebook.com/events/479302619573225/

(第3077目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

外国人への人権侵害訴訟第5回口頭弁論:9月27日(金)11時から 東京地方裁判所 522号法廷

2019.09.21(16:16) 21984

★ 長瀬理英 さんから:

第5回口頭弁論:9月27日(金)11時から 東京地方裁判所 522号法廷
ご案内:https://tinyurl.com/y67qsghy

是非、傍聴に来てください!
・集合場所・時間:東京地方裁判所前10時~10時15分集会、10時15分~10時30分ピケ

*ロイダ・キンドイへの支援を表すために白系統の服を着用、または白いものを身に着
けてください。
*裁判後、法廷のとなりの控室で短い集会をします。

 児玉晃一弁護士によれば、今の日本は外国人への人権侵害が最悪の状況にあるといい
ます(「入管 長期化する収容」朝日新聞、2019年9月5日)。仮放免がほとんど認めら
れなくなり、「自分を傷つけるしかないというところまで追い込まれた状況」でハンガ
ーストライキが広がっています。しかも、外国人の受け入れ基準の緩和と裏腹に在留管
理が厳しくなり、在留資格を取り消されて収容される件数が激増しています。
 入国管理局が出入国在留管理庁に格上げされて、「共生社会」実現のための総合調整
機能を担っています。この「共生社会」とは「全ての人が互いの人権を大切にし支え合
う共生社会」だといいます。在留資格の取り消しにはそれなりの理由があるわけですが
、在留資格を取り消す制度をつくり、取り消し理由を拡大するとともに、これまで認め
続けてきた仮放免を打ち切り、収容して強制退去の手続きに入っています。外国人は一
回でも過ちを犯せば即刻アウトになってしまいます。こうした社会が「共生社会」と呼
べるでしょうか?具体的な事例を通じて考えてもらえないでしょうか?
 夫の在留資格申請時に夫の過去の記録(強制退去)について入管に明らかにしなかっ
たとして「虚偽申告」により永住権を剥奪されたロイダ・キンドイさんは6年余り仮放
免が認められてきましたが、昨年に仮放免は取り消され、東京入国管理局に収容されま
した。ロイダさんとその弁護士は、彼女に対する仮放免取り消しの見直しを求めて東京
裁判所に提訴し、これまで4回の口頭弁論が行われました。

(第3077目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

*東電旧経営陣に無罪 「人災」の疑問は残る

2019.09.21(16:11) 21983

*東電旧経営陣に無罪 「人災」の疑問は残る
東京新聞 【社説】 2019年9月20日
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019092002000193.html
★ 宮崎の黒木和也 さんから:
(第3077目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


タイトル画像

*「国際原子力機関、福島原発汚染水、重く取り扱う」

2019.09.21(16:09) 21982

*「国際原子力機関、福島原発汚染水、重く取り扱う」
9/20(金) 7:09配信ハンギョレ新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00034408-hankyoreh-kr
★ 宮崎の黒木和也 さんから:
(第3077目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

修の呟き


最近の記事
  1. <book19-59『植民地朝鮮の日本人』(高崎宗司)>(09/21)
  2. グローバル・ジャスティス研究会・9月の特別企画② 香港最新報告- 香港の未来のために、自由を手放さない!(09/21)
  3. 外国人への人権侵害訴訟第5回口頭弁論:9月27日(金)11時から 東京地方裁判所 522号法廷(09/21)
  4. *東電旧経営陣に無罪 「人災」の疑問は残る(09/21)
  5. *「国際原子力機関、福島原発汚染水、重く取り扱う」(09/21)
次のページ
次のページ