修の呟き

アムネスティ・アップデート □■□ 2018.6.21 通巻816号

奴隷制度――これは過去の話ではありません。アフリカ北西部のモーリタニアでは、今も4万人が給与を支払われることなく、過酷な労働を強いられています。さらには、勇気をもって抗議の声を上げた人たちに懲役刑が科されています。奴隷制と闘う人たちを救うために、みなさんの力を貸してください!

□■□ 2018.6.21 通巻816号 ━━━━━━

アムネスティ・アップデート

□■□ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━

[NEWS] 日本:キリンビールのミャンマー軍への献金の調査を
[FOCUS] モーリタニアで奴隷制廃止に取り組む2人を救って!
[ACTION] シリア:子どもたちを犠牲にするのはもうやめて!
[EVENT] 自由のために乾杯!交流会(大阪)


□■□ 最新のニュース(更新9件)━━━━━

────────────────────
日本:キリンビールのミャンマー軍への献金の調査を
────────────────────

日本の当局は、世界的なビール大手のキリンビールのミャンマーでの子会社が、ロヒンギャの人びとに対する民族浄化が行われている最中に、軍と当局に献金をしていたことを直ちに調査すべきである。
> もっと読む

▽ 米国:親子一緒の収容に方針転換 子どもの拘束は違法
> もっと読む

▽ 米国:親子引き離し政策は拷問に等しい
> もっと読む

▽ タイ:9年ぶりの死刑執行
> もっと読む

▽ ベラルーシ:最高裁 死刑執行を停止
> もっと読む

▽ イエメン:港湾都市攻撃 市民と人道支援にさらなる脅威
> もっと読む

▽ モルディブ:力づくで前大統領らに有罪
> もっと読む

▽ ベトナム:サイバーセキュリティ法 表現の自由に大打撃
> もっと読む

▽ ロシア連邦:知られざる最も勇敢なワールドカップチーム
> もっと読む


□■□ 今週のフォーカス ━━━━━━━

────────────────────
こんな時代にまだ...モーリタニアで奴隷制廃止に取り組む2人を救って!
────────────────────

「私たちの夢は、モーリタニアの奴隷制度と人種差別をなくすことです。すべての人が自由に生きられるよう、私たちは闘い続けいます」(ムーサさん、アブダライさん)

アフリカ北西部に位置するモーリタニアでは、今も事実上、約4万人が奴隷として過酷な生活を強いられています。給与を支払われず、毎日、長時間働かされ、人としての基本的な権利も自由もありません。奴隷の中には子どもたちもいます。

モーリタニアでは、1981年に奴隷制度が正式に廃止され、2007年には他人を財産として所有することが犯罪となりました。しかし、その裏では人口の約1%にあたる43,000人が奴隷としての生活を強いられています。

政府は奴隷の存在を否定しており、奴隷となっている人たちを救おうと活動する人たちに対し、「国の名誉を傷つける」活動であるとして、不当逮捕や脅しなどで、激しい弾圧を加えています。

ムーサさんとアブダライさんは、こうした状況を改善しようと抗議の声を上げてきました。しかし、そのために政府から目をつけられ、2016年8月、「暴動および暴力的な反乱の扇動」という根拠のない罪で有罪判決を受け、現在、懲役3年の刑に処せられています。

2人の有罪判決を破棄し、今すぐ彼らを釈放するよう、モーリタニアの法務大臣に要請してください。

> 今すぐアクションに参加する


□■□ オンライン署名 ━━━━━━━━━

世界の国々の人権状況を改善するために、メールを送ってください。たくさんの声が集まれば救われる人たちがいます。

▽ シリア:子どもたちを犠牲にするのはもうやめて!
> アクションに参加する

▽ すべてのオンライン署名
> 一覧はこちら


□■□ イベント案内 ━━━━━━━━━━

▽ 6/23 自由のために乾杯!交流会(大阪)
> 詳細はこちら

▽ 6/24 世界難民の日:関西集会2018(大阪)
> 詳細はこちら

▽ 7/14 手紙書き体験セミナー(東京)
> 詳細はこちら

▽ 7/17 月形刑務所を参観しませんか(北海道) ※会員限定、申込締切6/29(金)
> 詳細はこちら

▽ 7/18 月形学園・月形樺戸博物館を参観しませんか(北海道) ※会員限定、申込締切6/29(金)
> 詳細はこちら

────────────────────
6月以降の各種イベント・セミナー
────────────────────

人権問題について学べるアムネスティ主催の入門セミナー、およびその他のイベントについては下記をご参照ください。
> イベント一覧はこちら


□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━

アムネスティ・インターナショナル日本
TEL 03-3518-6777 FAX 03-3518-6778
ウェブサイト| Facebook| Twitter| お問い合わせ

※このアドレスは配信専用です。
ご返信には対応できません。
※このメルマガはボランティアが編集しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

本メールは action@amnesty.or.jp よりrikihisa@po.bunbun.ne.jp 宛に送信しております。
配信停止 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する

東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7F ©Amnesty International Japan

スポンサーサイト

●・・韓国から学ぼう・動画・・●「その時、市民は軍と闘った~韓国の夜明け」 光州事件

第2619目★原発とめよう!九電本店前ひろば★
●・・韓国から学ぼう・動画・・●
「その時、市民は軍と闘った~韓国の夜明け 光州事件
http://www.dailymotion.com/video/x6lppqd

福岡県警の高江への機動隊派遣は違法!6月27日(水)に第6回口頭弁論です

第2619目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 深水登志子(Stop! 沖縄新基地建設・福岡) さんから:
【高江】福岡県警の高江への機動隊派遣は違法!

【福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟】
6月27日(水)に第6回口頭弁論です
http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/archives/52030097.html

準備書類、無事に提出いたしました。
書面は61ページ、添付する証拠書類は113点。
起こるべくしておきたCH53E墜落。その後の高江住民の心境など、4月に行った現
地聞き取り調査も追加して、練りに練って書き上げました。

1週間後の水曜日、14時半から301号大法廷にて、原告側より15分の口頭弁論が行
われます。

機動隊が権力に守られながら違法の限りを尽くした圧倒的な制圧に、多くの人が
傷つけられ、不当に逮捕拘束され、やんばるの森が破壊されました。そしてこの
ことに、福岡県民の巨額の税金が使われました。
2年経とうが、あの凄まじい国の暴挙を黙って許してはいけません。

風化してはいないですか?辺野古でさえ人手が足りない中、7月から高江での座
り込みが再開されます。

「北部訓練場内の新たな工事について」
やんばる東村 高江の現状/「ヘリパッドいらない」住民の会ブログ
http://takae.ti-da.net/e10558477.html
高江の問題は、何も終わってはいません。
平日ですが、お時間の許す方はどうぞお集まりください。私たち原告の主張を、
ぜひ聞きに来てください。応援よろしくお願いします。

朝鮮大学での講演会「対決から平和へー今後の朝鮮半島のゆくえ」(講師: 浅井基文元広島平和研究所所長)

第2619目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 崔 勝久 CHOI Seungkoo さんから:

朝鮮大学での講演会「対決から平和へー今後の朝鮮半島のゆくえ」
講師: 浅井基文(元広島平和研究所所長)
http://oklos-che.blogspot.com/2018/06/blog-post_20.html …

内容の濃い講演、討論会でした。文責は私ですが、その中身の一端はご理解いた
だけるかとも。
日本のマスコミでは出てこない主張、議論がありました。それも独断的、一方的
な主張ではなく、大変、説得力がありました。

例えば、北朝鮮は「非核化」の道筋を米朝宣言で明らかにしていないというのが
日本のマスコミの論調であるが、今回の宣言は、北朝鮮の非核化ではなく、朝鮮
半島の非核化が謳われた結果、アメリカの非核化の実態、日程も公開することが
与儀なくされ、アメリカはその公開ができなかった、というものがそのひとつで
す。

なお、6月16日に持たれた「日朝韓ジョイント討論・講演会」の内容と重複す
るところが多く、ぜひ、この資料も参照ください。
https://app.box.com/s/wwdh5yzu2jqi73tq7f7p2b438rkvpmmb

環境省の「国内外のCCS Readyに関する取組状況等について」3

第2619目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
環境省の「国内外のCCS Readyに関する取組状況等について」3

<ドイツのCCS Readyに関する取組状況等>

 『ドイツでは、合併前の東ドイツのネルギー効率が悪く、大量のCO2を排出し
ていたが、東西合併により、東ドイツのネルギー効率が良く成ったので、CO2の
削減実績は良好だったようです。しかし、その効果が鈍化してきたため、2007年
にドイツ連邦政府は2020年までに40%削減するとの目標を掲げ、発電所へのCCS
設備の設置等を含む29のエネルギー施策「The Integrated Climate and Energy
Program」を発表した。

2010年には、新たなエネルギー政策「Energy Concept」を発表し、2050年までに
80~95%の温室効果ガス削減目標を掲げ、この目標達成手段として、原子力発電
所の稼働年数の延長や再生可能エネルギーの拡大のほか、高効率のCCS Readyの
発電所等を挙げていた。』

 しかし、福島第一原発の過酷事故を見て、老朽化していた8基の原発の運転を
停止し、残った9基の原発も2022年までに段階的に廃止することに成ったので、
厳しい条件となったようです。そのために、ドイツはCO2の削減努力を一層厳し
いものにしてきたようです。

 また、ドイツでは2015年までに発電における再生可能エネルギーの割合を29%
まで増やしてきたが、原子力14%はまだあるにしても、天然ガス発電が9%と少
なく、石炭焚発電が42%と大きく依存しており、CO2の削減が足踏み状態にある
困難な状態にあるようです。

 そして、ドイツではCCS Actが2012年に成立・施工されたそうです。
ドイツの調査では、陸域及びドイツ領北海における408ヶ所の深部帯水層に、63
~128億t(90~10%の確度)又は93億t(50%の確度)の貯留容量があると試算さ
れている。また、枯渇ガス田にも2750億tの容量があると試算されているようで
す。

 ただ、ドイツではCCSの実証プロジェクトはあまり進んでいないようです。
『2004年にベルリン近郊のKetzinで開始された研究開発プロジェクトの
「CO2SINK」では、2008年から2010年までに、およそ6万7千tの食品添加物として
利用可能な品質のCO2が陸域の砂岩層に貯留された。

現在ドイツでは、ベルリン近郊のKetzinにおけるCO2貯留実証プロジェクトが1件、
E.ON社とFluor社によるWilhelmshavenにおけるCO2回収実証プロジェクトが1件行
われている。』と説明されています。

『3.2.4 発電所に係るCCS Readyの取組状況
「CCS Act」ではEUの「CCS Directive」のCCS Ready該当部分に対応すべく、大
型燃焼及びガスタービンプラントに係る既存の国内法を修正し、30万kW以上の出
力を持つ火力発電所を新設又は大規模改変する時の許可申請に対する事業者の義
務として、以下を課している。

・適切なCO2貯留層が利用可能かを調査すること
・CO2の輸送施設が技術的及び経済的に利用可能か調査すること
・CO2の回収及び圧縮が技術的及び経済的に利用可能か調査すること
・上記3点を利用可能である場合、CO2の回収・圧縮装置の追設に必要な用地を確
保すること』と説明されています。ドイツでも、30万kW以上の出力を持つ火力発
電所では、今後CCSの設置の可能性の無い、火力発電所の新設は禁じられている
ようです。
次のページ

FC2Ad