修の呟き

ソーシャルワーカーは生活扶助費の削減に反対します

     ソーシャルワーカーは生活扶助費の削減に反対します
     
                2013年2月15日
                社団法人日本精神保健福祉士協会
                 会長 柏木 一惠
                公益社団法人日本医療社会福祉協会
                 会長  佐原 まち子   
                特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会
                 会長 岡本 民夫
                社団法人日本社会福祉士会
                 会長 山村  睦

 本年1月29日、政府は生活保護における生活扶助費の削減を盛り込んだ2013
年度予算案を閣議決定し、間もなく国会における予算審議が予定されています。私た
ちソーシャルワーカーは、社会福祉分野において、子ども、障がい者、患者、高齢者
などが抱える多岐にわたる生活課題の解決に向けた支援を行う専門職として、社会保
障制度の根幹をなす生活保護制度の堅持を求めるとともに、生活扶助費の削減には断
固反対します。

 最低生活基準については、厚生労働省に置かれた社会保障審議会最低生活基準部会
において、一般低所得世帯の消費実態と均衡が図られているか検証を行い、本年1月
18日に報告書をまとめました。同部会は、検証結果に関する留意事項として、「今
後、政府部内において具体的な基準の見直しを検討する際には、今回の検証結果を考
慮しつつも、同時に検証方法について一定の限界があることに留意」するとともに、
「生活扶助基準検証の際参照されてきた一般低所得世帯の消費実態については、第1
・十分位(*)の所得分布における動向に留意しつつ、なお今後の検証が必要であ
る」ことを指摘して、生活扶助基準の見直しには慎重に配慮すべきと言及していま
す。

 閣議決定した生活扶助費の削減は、2008年と2011年における生活扶助に相
当する消費品目の消費者物価指数の比較によるデフレ調整分4.78%を根拠の一つ
としています。しかしながら、この消費品目には生活保護受給者では元来支出割合が
少ない教養娯楽費(マイナス7.3%)などが含まれています。最低生活費の主要消
費品目である食料費はマイナス0.5%、光熱・水道費はマイナス1.2%(20
12年との比較においてはプラス2.8%)であることから、削減の明確な根拠はな
いと言えます。

 昨年来の一連の生活保護バッシングは、生活保護受給者の尊厳を深く傷つけること
となりましたが、生活扶助費の削減はそのことに追い打ちをかけることとなります。
また、来年度から予定されている消費税率の引き上げは、社会保障の財源確保を理由
としておきながら、保護受給者の消費可能額をさらに減らすこととなり、深刻な矛盾
を生み出すこととなります。

 問題の所在は、国が定めた最低生活基準以下の生活を強いられている国民が多く存
在していることであり、健康で文化的な最低限度の生活を営む国民の権利が保障され
ていないことを強く訴えます。


(*)全世帯を所得階級別に10等分したうち一番低い層の世帯。生活保護基準以下
の世帯が多く含まれる。


*社団法人日本精神保健福祉士協会HP(20日付より)
http://www.japsw.or.jp/ugoki/yobo/2012.html#16

スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 19:43:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

値上げ問題に関する九電への質問書(3月2日の説明会に向けて)

値上げ問題に関する九電への質問書(3月2日の説明会に向けて)

21日付けで九電に提出した「電気料金値上げに関する代表質問」の文書をお知らせします.
http://ad9.org/blog/nuclear/questiontokyuden.pdf

全部で3ページの綿密なものですが,事前に回答を求めている項目を抜き出しますと・・・
- 平成24年度のLNGの燃料費と量(トン)はいくらですか。
- 「安全対策に3年間で1300億円」は原価算定上どの費目に挙げてありますか。
- 現在使われているウラン燃料とMOX燃料の1体当たりの単価はいくらですか。
- 原価算定上の原子力運転計画どおりに再稼働すれば平成何年度にプールは満杯になりますか。
- ほか3項目
  1. 2013/02/23(土) 19:19:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気料金値上げに係る説明会

九州電力と意見交換
電気料金値上げに係る説明会
原発再稼動前提の値上げ申請~なぜ値上げ?~どうして再稼動?

日時*3月2日(土)午後2時~4時
会場*佐賀市民会館(佐賀市水ケ江、県庁東約300m)
<駐車場が狭いため、車でお越しの方は近くの有料駐車場をご利用ください>

* 参加無料(会場でカンパをお願いします)

主催 さよなら原発!佐賀連絡会
 問い合わせ 田口 090-4345-9770 松枝 0952-84-5516
  1. 2013/02/16(土) 14:17:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら原発!3・10佐賀集会

続く被ばくから子どもを守ろう!!
さよなら原発!3・10佐賀集会

日時:2013年3月10日(日)14時~16時
会場:佐賀県教育会館

講師:伴 英幸氏(原子力資料情報室 共同代表)
 *演題 「福島原発事故―放射能被害の実相」
講師:岡本 茂樹氏(小児科医師)
* 演題 「原発事故と子どもたち」

参加費 500円(大学生以下は無料)

連絡先:杉野ちせ子 090-5740-1441 豊島耕一 0952-28-3845

主催 さよなら原発!佐賀連絡会
  1. 2013/02/16(土) 14:00:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信教の自由 を 考 える 「 2.11集会」の ご案内


信教の自由 を 考 える 「 2.11集会」の ご案内



今年は『崔昌華記念北九州人権集会(第18回)』と『北九州地区「2.11集会」』の共催で、カトリック教会で大きな責任を担われている谷 大二 (たに だいじ) 司教を講師にお招きします。谷司教は、多くの場で、平和や人権について、広い視野に立って積極的に発言しておられます。貴重な学びの時になります。ぜひお集まり下さい。

日 時 : 2013 年 2月11日(月・休)午後 2 時~4 時半

テーマ  : 「今なぜ信教の自由か」

講 師  :  谷 大二 司教   ( カトリックさいたま教区 )


講師プロフィール
1953年兵庫県で生まれる。1986年、司祭叙階。
2000年、司教叙階。部落差別人権委員会、難民
移住移動者委員会各委員長を経て、2010年から
正義と平和協議会長。カトリック20条の会代表、
「基地のない沖縄をめざす宗教者の集い」共同代表。


場 所 : 日本基督教団  小倉東篠崎教会


北九州市小倉北区東篠崎1-2-13 (モノレール片野駅徒歩3分 ・「ほっともっと」 裏)



主 催   : 崔昌華記念北九州人権集会実行委員会   (連絡先090-2516-5169朱)

: 日本基督教団九州教区北九州地区ヤスクニ・人権委員会  (連絡先093-951-7199福島)

賛同団体:外国人住民との共生を実現する九州・山口
キリスト者連絡協議会(外キ連)、在日大韓基督教会
社会委員会、「NO MORE 倭乱!」実行委員会、 在日大韓
基督教会全国青年協議会、八幡製鉄の元徴用工問題を追及す
る会、パトロ-ネ、 北九州・在日朝鮮人教育を考える会、
在日大韓基督教会西南地方会社会部、西南KCC、北九
州共生文化講座・トラジ学園、在日大韓基督教会全国
教会女性連合会、在日大韓基督教会西南地方教会女性
連合会、在日大韓基督教会小倉教会、日本基督教団
九州教区、日本基督教団九州教区伝道センター平和・
人権部門 (順不同・続いて賛同団体を募っています。)

  1. 2013/02/06(水) 22:05:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リサイクルで活かしてほしい(修の呟き)

今日の午前中は精神障がいの兄弟を支えようというNPO法人「佐賀げんき会」(松田孝代表)が運営する障がい者が働く就労継続支援B型事業所「佐賀みょうが塾」の資源物回収事業のお手伝いに行きました。同事業は小城市の委託事業で平日の月、火、木、金曜日の日中と日曜日午前中、回収作業を行っています。

今日は約85件(通常約50件)の資源物搬入があり、当初5人で処理していましたが、後に2人が応援に駆けつけてくれて何とか処理することができました。作業内容は分別された資源物を受け取り、資源物ごとに整理スットクします。しかし前にも書きましたが、ゴミ回収所と間違えてゴミを持ってきたり、ゴミやなんでもかんでも一緒に袋に入れて持ってきたり、分別がされてなかったりと、その都度注意したり、分別し直したりと、作業が雑多になり、それこそ休む暇もなくみんな働きずくめです。でも多くの方が何とかリサイクルで活かしてほしいという想いで、資源物を持ってきていただいているようです。その想いに報いたいと、障がいをもつ仲間と作業を行っています。

F1000015.jpg
そんな中、今日、「佐賀げんき会」でご一緒した方の障がいをもつ娘さんが亡くなったことを知りました。お父さんは娘さんのことを一途に思い、病気について猛勉強され、娘さんが飲まれていた薬を自らも飲まれて、その経験から医者と話し合い、娘さんの病気回復に努力されてきました。また同じ悩みを持つ方々の相談にも応じられています。娘さんは仕事にも就かれて、元気に働かれていました。突然の悲報に、お父さんに何と言っていいのかー。
  1. 2013/02/03(日) 19:29:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

規制庁の原子力ムラ体質は許せない!緊急署名

            < 緊 急 署 名 要 請 >

        規制庁の原子力ムラ体質は許せない!緊急署名

 原子力規制庁幹部であった名雪氏が電力会社に利益供与をしていた問題につき、
36時間の超緊急ネット署名始まります。利益供与の事態を明らかに!名雪氏が関与
した新安全基準策定作業の中止を!

 すぐに以下のフォームから署名して下さい! 拡散してください!!!!!
 
             http://goo.gl/dnHG0

   *2月4日(月)正午締切りです。よろしくお願いします!

…    …    …    …    …    …    …    …  

      ◎ 規制庁の原子力ムラ体質は許せない! 緊急署名 ◎


 敦賀原発の断層調査情報提供は、原子力事業者への利益供与名雪事件の真相と、規
制委員会としての責任を明らかにするよう求めます。名雪氏が関与した、再稼働のた
めの新安全基準策定作業を全て中止するよう求めます。


原子力規制委員会委員長 田中俊一 様


               要 請 事 項

1,名雪元審議官が関与した敦賀原発の断層調査情報提供事件に関して/原子力規制
 委員会として責任を明確にすること。そのために第三者機関を設置して、調査し公
表すること。

2,規制委員会・規制庁と原子力事業者との「あいさつ」「面談」について
 ・これまでの「あいさつ」「面談」の詳細資料を公開すること。「あいさつ」も含
 めて、原子力事業者との面談については詳細な議事録や録音・録画を公開し可視化
すること。

3.名雪元審議官が関与した、「地震・津波の新安全設計基準」、「再稼働の新安全
 基準」骨子の策定作業を全て中止すること。新安全基準策定等の各種検討チームの
 委員について、利益相反が明確な委員を解任すること。批判的専門家等を採用して
 議論をやり直すこと。電中研の職員・OB等の意見を参考意見として採用すること
 をやめること。

           署名フォームは以下にあります!
              http://goo.gl/dnHG0

                    原子力規制を監視する市民の会
                    グリーン・アクション
                    美浜・大飯・高浜原発に反対する
                    大阪の会(美浜の会)

                    連絡先:原子力規制を監視する市民の会
                    東京都新宿区神楽坂2-19-405
                    090-8116-7155阪上

…    …    …    …    …    …    …    …  

             [ 署 名 の 趣 旨 ]

 今回発覚した、名雪元審議官による日本原電への敦賀原発断層調査の情報提供は、
原子力事業者への利益供与に他なりません。中立性と独立性を謳う原子力規制委員会
の事務局でこのような事件が発覚したことは、いまだ、原子力ムラの体質がなんら変
わっていないことを端的に示すものです。

 2月1日の原子力規制庁の森本次長の緊急記者会見では、今回の事件の真相は全く
明らかになっていません。規制庁は、名雪元審議官がなぜこのようなことを行ったの
かも調べず、日本原電への調査さえ行わず、名雪氏個人の「内規違反」にとどめよう
としています。他方、日本原電は同日の記者会見で、昨年12月から名雪氏と5回
「面会」したと発表していますが、その内容も闇の中です。

 このような中で、原子力事業者への利益供与は本当に今回だけだったのかとの不審
が大きくなっています。事件の真相を明らかにし、規制委員会としての責任を明確に
すべきです。今回の事件を含め、原子力事業者への利益供与等の実態を解明するため
に、第三者機関を設置し、調査内容・結果を公表すべきです。

 今回の事件は「儀礼的あいさつ」という名目で、しかし実態は電力会社に未公表の
資料を提供するという密室から始まりました。まず、これまでの「あいさつ」「面
談」の詳細な資料を公開するべきです。さらに、今後このような不正をなくすために
は、少なくとも、「あいさつ」も含めた原子力事業者との面談については詳細な議事
録や録音・録画の公開等で可視化し、社会的監視が実行できるようにするべきです。

 規制委員会ホームページに掲載されている「面談」資料では、内容が全く分かりま
せん。例えば、1月16日14時から行われた大飯原発断層調査の第3回評価会合直
前の、13時20分から、大飯原発内で大飯発電所長との面談を行い、「各電所で行
われている破砕帯等調査について意見交換を行った」とだけ記載されています(※1)。
これでは面談の内容が確認できません。

 さらに、名雪氏は、大飯・敦賀・東通の活断層調査、地震・津波の新安全基準策定
に直接関与し、審議官という重責にありました。1月22日に情報提供を行い、その
ことを翌日23日には規制庁が把握していながら、事件の公表は10日後の2月1日
です。これは、再稼働のための新安全基準骨子案の議論を済ませてしまうまで、意図
的に事件の公表を遅らせたとしか考えられません。

 名雪氏が基準骨子案の策定に関与し、規制庁としてそのことを隠蔽してきたことか
らして、新安全基準の策定作業は全て中止すべきです。6日の原子力規制委員会本会
議で、「地震・津波の新安全設計基準」と「再稼働の新安全基準」の骨子案を確定
し、わずか2週間のパブコメを実施しようとしています。骨子の策定作業を全て中止
すべきです。

 また、新安全基準策定等の各種検討チーム等の委員について、利益相反が明確な委
員を解任し、批判的専門家等を採用して議論をやり直すべきです。電中研(電力中央
研究所)の職員・OB等の意見を参考意見として採用することもやめるべきです。

                                  以 上

(※1)
http://www.nsr.go.jp/disclosure/meeting_operator/data/20130116_01giji.pdf

  1. 2013/02/03(日) 12:58:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よみがえれ!有明海訴訟原告団、弁護団と林農水大臣との懇談会(修の呟き)

 よみがえれ!有明海訴訟原告団、弁護団と林農水大臣との懇談会が2日午前、佐賀市内のホテルで行われ、私とつれあいが参加してきました。懇談会には民主党の原口一博、大串博議員も参加、多少の手ごたえを感じました。
 林大臣は冒頭、「開門に向け、誠心誠意努力したい」とあいさつ。そのあと長崎、佐賀の漁民が、「漁ができなくて補助事業で生活し、公共料金や保険料が払えなくて病院にも行けない」「状況は悪化の一途で、諫早湾の調整池排水でさらに深刻になっている」「イイダコやマダコなど漁獲はゼロに近い。短期開門調査の際は秋口に回復した。いま保険を取り崩して生活している」「タイラギは有明海から消え、幻の貝になってしまう。アサリもいない。途方にくれている。早期の開門調査を」「雨が降れば栄養分が川から流れてきて喜ぶべきなのだが、調整池から流れ出すプランクトンを招き、うれしい反面恐怖におののいている」など窮状を訴えられました。また、諫早湾干拓堤防にほぼ隣接している佐賀県西部の大浦漁協のノリ漁民が色落ちしたノリを林大臣に手渡し、早期開門を訴えました。
 熊本保健科学大学の高橋徹教授は調整池で発生している猛毒のアオコの危険性について報告、早急な対策を訴えられました。
 馬奈木昭雄弁護団長は「5月開門が無理なら8,9月開門ができないか検討してほしい。いま被害があるのに開門したら被害があるというのは筋違いだ。裁判所で意見交換すれば公平な話し合いができる。有効な場所を使ってほしい」などと要請しました。
 最後に林大臣は「厳しい状況を出していただいた。何とかしなければという認識だ」と述べ、漁民から出された林大臣が菅元首相の上告断念を批判したことへの疑問について「上告している間に和解が進められた」と弁解しました。
 懇談会には長崎や福岡、熊本、佐賀の漁民が参加しました。ノリ漁況は有明海東で赤腐れ、西では色落ちが出ているそうです。原口一博議員が懇談会後に「アリバイ作りの開門調査はだめだ」と訴えられたように、真の有明海再生に向け、漁民と市民が手を携えて頑張って生きたいと思います。
DSCF0025.jpg
  1. 2013/02/02(土) 16:00:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林農水大臣との面談に参加を!(修の呟き)

DSCF0063.jpg
「よみがえれ!有明海」訴訟原告団、弁護団と林農水大臣との面談に参加を!

 明日(2日)午前11時45分から、佐賀市のホテルマリターレ創世佐賀(同市神野東2丁目2-5-15、電話0952-33-5511)で、「よみあがれ!有明海」原告団、弁護団との緊急面談会が行われます。「宝の海」の有明海を取り戻す重要な時期での大臣面談です。時間的に余裕のある方の多くの参加をお願いします。ご参加の方は同11時半までに会場にお入りください。
  1. 2013/02/01(金) 20:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5819)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる