FC2ブログ

タイトル画像

宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会選対ニュース vol.5

2014.01.25(13:49) 1256


【内部資料】

━━━宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会
    |選対ニュース vol.5 2014年1月25日号━━

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」をお送りします。
この「選挙対策ニュース」は、「宇都宮けんじニュース」に登録された方、及び
宇都宮けんじに応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希 望のま
ち東京をつくる会」に関連したニュースをお届けしていま
す。ーーーーーーーーーーーー


 みなさん、おはようございます。
 宇都宮さんがよく引用される言葉に、「同質の集まりは和にしかならないが、
異質の運動の集まりは積になる」という格言があります。和とは足し 算、積と
はかけ算で運動が広がっていくということ。
 希望のまち東京を実現するために運動を一回りも二回りも大きく広げていきま
しょう!!


────・○●CONTENTS●○・────
1.今後のスケジュール
2.1/25 公開インタビュー
「法律で国を変えた男が語る、新しい東京のつくりかた」
3.『火車』(宮部みゆき著)モデル・宇都宮けんじはカッコいい!
3.メディア必見!
4.IWJ : Independent Web Journal、充実しています!
5.告示日後にできること、できないこと
──────────────────────

*************************************************************************
1.今後のスケジュール
**************************************************************************

本日も、街宣に若者との対話に走ります!
ぜひ駆けつけて、冷やかし隊となって盛り上げてください!

★今日★1/25(土)
10:00~12:00 大泉学園駅南口
10:50~11:05 中村橋南口街宣 
12:00~12:30 光が丘IMA前街宣
14:15~14:50 革新都政をつくる会街頭演説会 池袋東口西武デパート前
15:30~16:00過ぎ 銀座有楽町マリオン前街宣
          「法律で国を変えた男が語る、新しい東京のつくりかた。」
16:30~ 銀座4丁目交差点街宣
       弁士:新里宏二弁護士他
18:30~20:20 「築地移転問題は、卸売市場を殺す」市民対話集会
        主催:築地移転問題を考える会実行委員会@京橋プラザ会館
21:00~21:10 キックオフ集会・希望のまち北区勝手連@赤羽会館講堂
         映画「ひまわり」上映後に挨拶

★10:15~ NHK「特報首都圏」再放送★
        昨日、放映時間を19:30~のところを、21:30~とご案内して
しまいました。
        訂正してお詫び申し上げます。本日、朝、10時50分から再放送
されます。
        どうぞ、ご覧ください。

1/26(日)
10:00~12:00 多摩センター・三越前街宣
14:00~16:00 新宿新宿ホコ天練り歩き

※スケジュールは、事情により変更することもあります。
最新の予定は、HP(http://utsunomiyakenji.com/)、
宇都宮けんじ最新情報(https://twitter.com/utsukeninfo)ツイートを、ぜひ
フォローしてください!
また、街宣には宇都宮さんが参加するものとしないものがあります。
ご了承ください。

**************************************************************************
2.1/25 公開インタビュー
「法律で国を変えた男が語る、新しい東京のつくりかた」
**************************************************************************

1月25日(土)15時半~16時20分@有楽町マリオン

宇都宮けんじさん公開インタビュー!!
これぞ、東京を変えられるという男!
これまでに6万社を超える悪質業者を告発している宇都宮さんの実力!
 1)闇金との戦い
 2)主義・主張を超えて人を動かす
 3)経済について
 4)日弁連を変えた男

 ふるってご参加ください!

**************************************************************************
3.『火車』(宮部みゆき著)モデル・宇都宮けんじはカッコいい!
**************************************************************************

日本弁護士連合会(日弁連)前会長(2010-2011年度)
全国ヤミ金融対策会議代表幹事
オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長

1946年 愛媛県生まれ。
1966年 東京大学に現役合格。社会問題と出会い、弁護士を目指す。
1968年 在学中に司法試験合格。
1969年 司法修習生となる。
1971年 弁護士登録。長い“イソ弁”(居候弁護士)生活に入る。
1983年 独立。「宇都宮健児法律事務所」(後に「東京市民法律事務所」と名称
変更)を経営。以降、サラ金、ヤミ金による問題の多重債務問題、 消費者金融
問題の草分け的弁護士として、一環して、被害者の救済に取り組む。日弁連消費
者問題対策委員会委員長、日弁連多重債務対策本部本部長代 行、東京弁護士会
副会長、年越し派遣村名誉村長などを歴任。
2010年~2011年 日弁連会長を務める。

●被害者救済のために手がけたおもな事件
豊田商事事件、地下鉄サリン事件、KKC事件、オレンジ共済事件など。

●著書

★新刊★「宇都宮けんじ・井戸川克隆 未来を語る」電子出版!!
http://p.booklog.jp/book/81814
「福島を風化させてはいけない」という宇都宮健児氏。
「多くの人に聞いてほしい」と願う井戸川克隆氏の対談が実現! 
★新刊★『希望社会の実現』(花伝社)
『消費者金融実態と救済』(岩波新書)
『13歳から学ぶ日本の貧困日本をむしばむ“貧困”が60分で見えてくる』(青志社)
『大丈夫、人生はやり直せるサラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社)
『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店)
『わるいやつら』(集英社新書)など、著書・共編著書多数

●その他・多重債務問題をテーマにしたベストセラー小説『火車』(宮部みゆき
著)の弁護士モデル・映画『夜逃げ屋本舗』監修。


**************************************************************************
4.IWJ : Independent Web Journal、充実しています!
**************************************************************************

インターネット・ウェブ・ジャーナルのIWJでは、宇都宮さんの貴重な発言がた
くさん紹介されています。ぜひ、チェックしてみてください。
以下、IWJのウェブサイトより http://iwj.co.jp/

■宇都宮健児氏、安倍政権に打撃を与える「都政」を語る
 ~「五輪は、ゼネコンでなく国民が喜ぶかたちで行う」(IWJ年末特番より)
 猪瀬直樹氏の辞任により、急遽行われることになった東京都知事選。真っ先に
立候補の名乗りをあげたのは、前回の選挙で96万票を獲得し2位だっ た日弁連前
会長で弁護士の宇都宮健児氏でした。
 暮れの押し迫った12月28日、宇都宮氏は市民集会の場で立候補を表明。社会保
障の拡充やブラック企業対策を基本政策として掲げた他、特定秘密 保護法や日
本版NSCの設置、集団的自衛権の行使容認など、安倍政権の進める軍国的な政策
を批判しました。
 大晦日の12月31日、その宇都宮氏と、「応援団長」である海渡雄一弁護士に岩
上安身がインタビュー。基本政策についてお二人に詳しく話しを聞 くととも
に、2013年を振り返りました。海渡氏は独自にパワーポイントを用意して、年明
け早々に政治的な焦点となる国家安全保障基本法につい て、レクチャーを行い
ました。
http://www.ustream.tv/channel/iwj-tokyo1
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/119703



■宇都宮けんじ 希望政策フォーラムin多摩
1月20日(月)、東京都八王子市の学園都市センターイベントホールで、希望の
まち東京をつくる会@はちおうじ主催による「宇都宮けんじ 希望政策フォーラ
ムin多摩」が開催された。
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/120670

■「今度こそリベンジ! 倍返しだ!」
宇都宮健児氏が東京都知事選への立候補を正式表明
──日本のピンチを希望に変える! talk talk talk 宇都宮健児講演会
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/118300(2013/12/28)

■ 岩上安身による宇都宮健児氏インタビュー(2012/11/15)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/40377

■宇都宮健児氏「米国は多国籍企業のために安保問題を利用している」
 ~大学教員の会、弁護士ネット、主婦連が12月8日の反対集会への参加を呼び
かけ(2013/12/05 )
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/115102

■宇都宮健児氏「米国では貧困家庭から兵士をリクルート」
 ─格差拡大の日本も対米追従の戦争法を着々準備(2013/12/20 )
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/117333

■第3回 世直し弁護士と共に、日本国憲法を活かすフォーラム~
 特定秘密保護法が通ると日本はこの先どうなるの?(2013/12/21 )
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/117557

■宇都宮健児氏が会見で都知事選出馬を正式表明
20年東京五輪「環境に優しいシンプルなものに」
──東京都知事選挙 宇都宮健児候補 記者会見(2014/1/6)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/118744

■宇都宮弁護士と井戸川前町長、笑顔で固い握手
 ~対談「宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る」(2013/04/06)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/72799

**************************************************************************
5.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
**************************************************************************

 公職選挙法の一部改正に伴い、インターネット選挙(ネット選挙)が解禁とな
りました。選挙期間中、ウェブサイトやSNSを使った選挙運動が可能 となりま
す。しかし一方で、今までどおりの規制もありますので、十分注意してください。

1.選挙期間中に、ウェブサイト等での選挙運動ができる!
 選挙期間中、有権者はウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターや
フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を 利用した選
挙運動ができます。
 例えば皆さんが、ご自身のブログやツイッターなどで、「このたびの選挙では
清き一票を、お願いします。ぜひ○○さんを当選させましょう」と書いて表示・送
付してもOKです。UST放送などの動画配信サイトにて、同様の内容をしゃ べって
伝えてもかまいません。

★注意!★
発信の際には、ご自身の連絡先としてのメールアドレス、返信用フォームの
URL、ツイッター名などが義務付けられています。(「電子メールアドレ ス等の
表示義務」)。
インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票
日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第 239条)。

2.電子メールでの選挙運動はNG!
 ネット選挙が解禁になっても、これまで通り有権者は電子メールを使って選挙
運動をしてはいけません(メールで選挙運動用の文書やチラシ画像等を 頒布で
きるのは、候補者・政党等に限ります)。
また、有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用の電子メールを転送
することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第 243条)。
 選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用のメール
などの文書や画像をプリントアウトして配布することも禁じられていま す(公
職選挙法第142条、第243条)。

※詳細は総務省HP「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html


それでは、希望の輪をつないでいきましょう!!!

★一昨日お送りした選対ニュースで、「証紙ビラ」をお送りします、とありまし
たが、正しくは「確認団体ビラ」です。
「証紙ビラ」はお送りすることができません。お詫びして訂正致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「選対ニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信希
望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「挙対ニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信停
止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」 ※リニューアルしました!
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/

◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken
★宇都宮けんじ最新情報★: https://twitter.com/utsukeninfo

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※始まりました!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1011目報告☆

2014.01.25(13:47) 1255

青柳行信です。1月25日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1011目報告☆
呼びかけ人賛同者1月24日迄3137名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月24日4名
   山口由喜 山口和子 高山慶子 荒巻奈緒子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
金曜行動に参加しました。
日本全国で行われている抗議行動。
ときの権力者に じわじわと ダメージを与え続けているという
発言がありました。 まさにそうですね。
じわじわと攻め続けましょう。
広島にいる友人から ブログ あんくるトム工房にコメントがありました。
「頑張っているね」と。 うれしいコメントでした。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2840
通常国会 始まる  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2839

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆脱原発こそ命なれ この票を二分してならじ一本化せむ
     (左門 1・25-547)
※マスコミその他の情勢分析では、目下、一位・舛添、2位・細川、3位・宇都
宮です。
もし、舛添勝利なら、再稼動も・新建設も・輸出もイケイケドンドンになってし
まいます。
それ故、どうしても脱原発の2・3位の一本化が不可欠です。
当然、宇都宮候補の禅譲というフエアプレイが望まれます。
これは、東京都民の願いであり、日本国民の願いです。
どうそ、心ある人びとの、口コミとツイッターが全国を駆け巡り、
都の選挙民に伝わりますように!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
気象予報では、今後気温があがるという予報です。
<九州冬型緩み、気温今年最高 寒暖の差は激しく>西日本01月25日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31075/1/
記事<九州地方は24日、冬型の気圧配置が緩み、各地で日中の気温が今年最高
を更新するなど、暖かな一日となった。一方、地表の熱が奪われる放射冷却現象
で朝方は厳しく冷え込み、最低気温が氷点下となる所も相次いだ。福岡管区気象
台によると、来週にかけ気温が上がる日が多い見通し。気象台は「放射冷却現象
が発生した地域は、気温差が激しくなる」として、体調管理に注意を呼び掛けて
いる。>

さて、今朝は今届いた西日本新聞朝刊紙面→九州の記事へと進めます。
昨日、国会が開会し首相の施政方針演説の全文がありますが原発のことに触れて
いるような気配がありません、読むのに時間がかかるので飛ばしますが、
2面には、
0.<エネ政策はわずか1分 施政方針演説>西日本01月25日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31073/1/
記事<安倍晋三首相が施政方針演説でエネルギー政策に触れたのはわずか1分程
度。政策の柱となる「エネルギー基本計画」は与党内の抵抗にあって閣議決定に
至らず、言及なし。今国会中に大きな節目を迎える原発再稼働についても、国民
の不安に応えるような新しいメッセージはなかった。・・・「これでは(昨年
の)臨時国会と同じ」。経済産業省幹部は、時間の短さだけでなく、新味もない
演説内容に落胆を隠さなかった。目玉として強調したかった基本計画は、自民党
内の脱原発派から修正を求められ、国会開会までに閣議決定が間に合わなかっ
た。・・・原発再稼働の前提になる原子力規制委員会の安全審査は春にも「合
格」が出る可能性があり、国民的な議論になるのは必至。しかし、演説では「最も
厳しい水準の安全規制を満たさない限り再稼働はない」と述べるにとどまった。
原発を推進する安倍首相の淡泊な演説内容に、政府内からも「原発政策が争点に
なっている東京都知事選を意識して、あえて踏み込まなかったのだろう」との見
方が出ている。 >
・・・・・と、あります。官僚も「再稼働」をと思っているのですね、とんでも
ない。、
33面に、
1.<糸島市長選と市議選 明日告示>
直接の記事ではないがネットには、こういう記事があったことを23日に紹介しま
した。
1’.<原発、九州でも争点 選挙結果が再稼働に影響も [福岡県]>01月23日01
時42分
⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/65003
36面九州経済欄に、
2.<水力発電所改修へ JNC 熊本県内3箇所>
⇒http://qbiz.jp/article/31062/1/
記事<チッソの事業子会社JNC(東京)は24日、熊本県内の3カ所の水力発
電所を改修すると発表した。発電効率の高い機器を導入することで、出力は現在
の計1万2600キロワットから7・1%増の1万3500キロワットに上が
る。投資額は計48億円。改修するのは、七滝川第1と第2(ともに御船町)、
川辺川第2(相良村)。いずれも完成して70年以上たつが、国の再生可能エネ
ルギーの固定価格買い取り制度を利用して売電することで新たな収益につながる
と判断した。3カ所ともに2月に着工。七滝川の2カ所は2016年4月、川辺
川第2は17年2月に完成する。同社は、今回の3カ所を含め、熊本県を中心に
九州に13カ所保有する水力発電所の改修を順次進めている。このほか、九州
で水力発電所や太陽光発電所の新設も検討している。 >
・・・・・“水力発電所13か所”―さすがに旧国策会社はすごい設備を持っています。
38面社会欄に、
3.<首都決戦 金曜のうねり「複雑」 脱原発デモ「候補一本化 今からでも」>
関連記事がネットに、
3’.<「都知事選は大きなチャンス」官邸前デモの参加者期待>朝日デジタル1
月24日23時04分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1S5JX7G1SUTIL02T.html?iref=comtop_list_pol_n04
東京の首相官邸周辺で24日夜、原発反対を訴えるデモがあった。23日に東京
都知事選が告示されてから、初めての大規模なデモ。都知事選での脱原発論議を
機に久しぶりに参加した人もおり、脱原発の動きの高まりを期待する声があがっ
た。・・・・・プラカードを掲げて「再稼働反対」を繰り返す人々のなかに、
スーツ姿の男性や若者、子連れの女性が混じる。・・・主催する「首都圏反原発
連合」の中村ゆみさん(51)は、「目に見えて参加者が増えたわけではない
が、久しぶりに来た人もいた。都知事選が刺激になっているのではないか」と話
す。・・・・・・都知事選で「脱原発」を主張する候補は複数いるが、この日デ
モに姿を見せて政策を訴えた主要な候補は1人だった。月に1回程度デモに参加
している東京都江戸川区の桜井和代さん(64)は「みな、この場に来て、私た
ちの前で政策を話して欲しい」と訴えた・・・・・>
4.<【地域と原発 宮崎・串間から】(5)イモ農家 国策に左右されず道開
く>01月25日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31074/1/
記事<・・・・・・・・・・・串間に原発誘致構想が浮上した90年代前半は
「やまだい」の人気に火が付き始めたころ。「われわれに原発を認める選択肢な
どなかった」と語るのは、同JA園芸部会長の木村久男さん(51)。市場関係
者から「原発ができたらブランドに傷が付き、取引は難しい」と告げられてい
た。JAは原発阻止の急先鋒(せんぽう)となった。>
39面に、とんでもない記事、
4.<知事選「原爆たたきつける力で> 長崎県元議長 応援演説で失言 被爆
者「絶対許せぬ」>
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/65313
長崎県議会の前議長で自民党の宮内雪夫県議(80)が、2月2日の知事選で再
選を目指す現職中村法道氏=自民、公明推薦=の個人演説会で「原爆や水爆をた
たきつけるような力で選挙を決めてほしい」と発言していたことが24日、宮内
氏の後援会事務所への取材で分かった。・・・・・・ 事務所によると、宮内県
議は23日に長崎県佐世保市で開かれた中村氏の演説会に応援弁士として参加。
相手候補の共産党新人、原口敏彦氏を念頭に「ドカーンと原爆や水爆をたたきつ
けるような力で選挙を決めてほしい」などと話したという。>
・・・・・こんなときに、つい本音がでます、軽い人が議長なんかやってたんで
すね。

紙面にはありませんが、こんな記事がネットにありました。
5.<国、請求却下求める 玄海原発訴訟第1回弁論>西日本[01月25日 03時00
分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/31085/1/
記事<国の原子力規制委員会が安全審査をしている九州電力玄海原発3、4号機
は原子炉等規制法に基づく設置許可基準を満たしておらず危険として、反原発団
体が規制委に対し、2機の運転停止を九電に命じるよう求めた行政訴訟の第1回
口頭弁論が24日、佐賀地裁であり、国側は請求却下を求めた。理由は「今後の
弁論で明らかにする」とした。・・・・原告は「玄海原発プルサーマルと全基を
みんなで止める裁判の会」(佐賀市)のメンバー384人。代表の石丸初美さん
(62)は「原発は危険極まりなく、事故が起きれば甚大な被害を及ぼす」と意
見陳述した。訴状によると、九電は原発を設計する際、地震の最大規模を過小評
価しており、耐震性が不十分などとと指摘している。>
・・・・・・行政訴訟での裁判です。
続いて、ネットにある九州の記事から、
佐賀県、玄海原発について知事が、
6.<実現過程提示を 脱原発、都知事選で争点>佐賀新聞1月24日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2614046.article.html?
記事<古川康佐賀県知事は23日の定例会見で、同日告示された東京都知事選で
原子力政策が争点化されていることについて、「都民の関心があるので議論に
なっている」と肯定的に捉えた上で、「脱原発などを政策として掲げるなら、実
現へのプロセスを明確に示すべき」との考えを示した。・・・・ 【都知事選】
-再稼働の是非を含めた原子力政策も争点になっている。
・・・・知事 一定の関心があるから議論になっていると思う。ただ、立地県
は、いろいろ悩みながら電力を供給してきた。その気持ちも考えてほしいという
思いはある。原発問題について、一人の政治家として考えを示すことは有権者が
判断する要素にはなり得る。ただ、脱原発などを政策として掲げる以上、実現に
向けたプロセスを明確に示すべき。 ・・・【原発再稼働】 -原子力規制委員会
の審査次第では、玄海原発が先頭になる可能性も出てきた。
・・・・知事 (他県など)周りを見ながら考えればいいというわけでもない
のかもしれない。審査状況について勉強を続けていくことが必要。仮に第1グ
ループになった時、政府が再稼働に向けたプロセスを示していない場合は、明確
にするよう求めていく。・・・・・・・・・>

鹿児島県、川内原発、
7.<川内原発避難計画に不安 笠井議員ら聞き取り調査>しんぶん赤旗1月24日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-24/2014012404_04_1.html
日本共産党の笠井亮衆院議員(党原発エネルギー問題対策委員会責任者)は22
日、鹿児島県薩摩川内(せんだい)市の九州電力川内原発の重大事故を想定した
広域避難計画について、同市や、隣接する、いちき串木野市の防災担当者や福祉
施設から聞き取り調査をするとともに、市民と意見交換をしました。・・・川内
原発から5キロ圏内の予防防護措置区域(PAZ)に位置するため要援護者の避
難計画策定が独自に求められている福祉施設の担当者は「受け入れ先のめどが立
たない。これでは利用者や家族の不安も大きい」と話しました。県は2月末まで
に受け入れ先を支援するとしていますが、福祉施設からは「避難時の費用負担や
移送する際の責任の所在はどうなるのか」との疑問も出されました。市民と
の懇談では、昨年10月に実施した国の「原子力総合防災訓練」の問題点や避難
計画への不安が示され、笠井氏は「川内原発の再稼働が狙われている中、地元か
ら再稼働反対の声を上げることが何より大切だ。みなさんの声を国会論戦でぶつ
けたい」と話しました。・・・・・・・・・・・>

鹿児島県、これは驚き<
8.<飯舘の米の安全性PR 鹿児島大で「福島の農業再生を考える」セミ
ナー>南日本新聞(01/24 00:00)
⇒http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=54240
記事<福島県飯舘村の実証試験米を受け取る学生たち=23日、鹿児島市の鹿児
島大学
 鹿児島大学農学部(鹿児島市)と福島県飯舘村は23日、同大で福島の農業再
生を考えるセミナーを開いた。国の研究者3人が農地の除染技術や現況などを報
告。同村の実証試験米を配り、安全性をPRした。福島の一部避難区域では農作
物の作付けが制限されている。全村民が避難生活を送る同村では試験的に稲作を
実施。昨秋の収穫米約3トンに含まれる放射性物質が国の基準値を大きく下回っ
たため、イベントなどで配布している。セミナーは約100人が聴講した。農林
水産省から同村復興対策課に出向中の万福裕造さん(41)=姶良市出身=は
「飯舘の米は科学的に安全といえる水準。だが、安心は消費者の判断。理解が得
られれば食べてほしい」と話した。 >
・・・・・・まだ、全村避難が続いている飯館産米!!! なぜこんなことだけ
先行して実施??

大分県、
9.<メガソーラー抑制条例案提案 議会採決へ>大分合同 【朝刊】-01/24 10:04
⇒http://www.oita-press.co.jp/localNews/2014_139052569652.html
記事<由布市は、メガソーラーなど再生可能エネルギー発電事業を抑制する区域
の設定を可能にする「自然環境等と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調
和条例」制定案を23日開会の臨時市議会に提案した。24日に産業建設常任委
員会で審議後、28日に採決する。初日は首藤奉文市長が「発電事業と良好な生
活環境、自然との調和が必要」と提案理由を説明した後、議案質疑があった。市
側は抑制区域の設定に関する質問に対し、「地域住民との合意形成がなければ難
しい。委員会の設置が必要」。全国和牛共進会跡地の市有地(市内湯布院町塚
原)で進むメガソーラー計画については「市太陽光発電施設設置事業指導要綱に
基づいて業者から届け出もされており、条例には該当しないと考えている」と
の見方を示した。>

原発避難、こんな指摘がネットにあります、
10.<原発事故避難に最大2日半試算 30キロ圏住民で>共同通信01/24 19:36
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012401002340.html
記事<全国の原発を対象に、事故時に半径30キロ圏の住民がマイカーやバスで
圏外に避難するまでにかかる時間を試算したところ、8時間から2日半程度にな
るとの結果を、法政大の上岡直見非常勤講師(環境政策)が24日までにまとめ
た。対象人口が多い中部電力浜岡原発(静岡県)と日本原子力発電東海第2原発
(茨城県)は2日間以上かかる。2005年国勢調査を基にした30キロ圏の人
口が約74万人の浜岡が、63時間と最も時間がかかる結果となった。93万人
の東海第2が52時間、44万人の中国電力島根原発(島根県)が45時間半と
続き、人口が多い地域ほど時間がかかる傾向だった。>
・・・・・この間、こうした研究成果が次々と発砲されていますね。

次に、福島第1の汚染水は、大変な状況、
11.<1号機建屋も汚染源か=福島第1の放射能地下水-規制委作業部会で指
摘>時事通信01/2420:16
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400930
記事<福島第1原発で放射性物質に汚染された地下水が海に流出している問題
で、汚染水対策を議論する原子力規制委員会の作業部会が24日開かれ、1号機
タービン建屋地下にたまった高濃度汚染水が漏れ、地下水を汚している可能性を
指摘する意見が相次いだ。東電はこれまで、事故直後に2、3号機のトレンチ
(ケーブルなどの地下管路)に流れ込んだ高濃度汚染水が土壌にしみ出して地下
水を汚した可能性があると説明。海への流出を防ぐため付近の地下水をくみ上
げ、護岸近くの土壌を固めているが、建屋などからの漏えいは認めていない。1
号機建屋から汚染水が漏れていれば、新たな対策が必要となる。・・・・・・・・>

12.<地下水放出、基準策定へ=漁業者に理解求める-福島第1>時事通信
01/2420:47
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400998
記事<東京電力は24日、福島県いわき市で開かれた県漁業協同組合連合会の組
合長会議で、福島第1原発で汚染される前の地下水を海に放出する計画につい
て、放射性物質濃度などを定めた放出基準を策定する方針を示した。・・・福島
第1では、敷地内に降った雨や山側からの地下水が、1~4号機の原子炉建屋の
地下に流入し、汚染水増大の一因になっている。東電は放出計画を汚染水対策の
一つに位置付けているが、風評被害を懸念する漁業者からの反発が強く、調整が
難航している。>
・・・・・・東電が勝手に定めてよいのですか?

13.<福島第1原発、タンク増設進む 高い放射線量も計測> 【福島民友新
聞】(01/24 08:50
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0124/news5.html
記事<東京電力は23日、廃炉作業を進めている福島第1原発を報道陣に公開し
た。同原発の事故から2年10カ月経過した現在でも、原子炉建屋周辺などで非
常に高い放射線量が計測されるなど、作業への障害が依然として残っている状況
だ。公開はバスの車内から見学する形で行われた。汚染水から62種類の放射性
物質を取り除ける多核種除去設備(ALPS)、汚染水を保管している地上タン
ク群、1~4号機などが公開された。原子炉建屋の海側は、津波で流された車両
などのがれきが手付かずのまま残り、3号機周辺の放射線量は毎時720マイク
ロシーベルト。東電は、この場所で昨年は同1000マイクロシーベルトを超え
ていたとし、線量は徐々に下がりつつあると説明したが、依然として高い数
値を示している。>

次に、被災地フクシマ、
14.<来月3日シンポ 国連大学研究所 >【福島民報】01/24 09:30
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014012413483国連大学サスティナビリティ
高等研究所記事<主催の国際シンポジウム「福島の復興に向けた情報共有とコ
ミュニケーション~人間の安全保障の視点から」は2月3日午後1時から福島市
のホテル辰巳屋で開かれる。・・・・・・・・>

15.<東電の過失審理あらためて主張 いわき訴訟原告団> 【福島民友新
聞】(01/24 08:30
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0124/news3.html
記事<福島第1原発事故で精神的苦痛を受けたとして、いわき市民822人でつ
くる原告団が国と東電に慰謝料などを求めた訴訟の第3回口頭弁論は23日、地
裁いわき支部(杉浦正樹裁判長)で開かれた。・・・原告側代理人は、原発事故
や廃炉作業のトラブルを知ることが市民の不安の原因となり、ストレスにつなが
り、実害になっていると主張。東電の過失の審理の必要性をあらためて主張し
た。高校生を含む原告4人が意見陳述し、原発事故が学校生活や教育環境に与え
た損害の現状を語った。次回口頭弁論は3月19日午後2時から。>

16.<豪州、輸入規制を解除=福島など8都県産の農水産品>時事通信
01/2417:42
⇒ http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400802
記事<農林水産省は24日、東京電力福島第1原発事故に伴いオーストラリア政
府が実施していた日本産の農水産品の輸入規制が解除されたと発表した。豪州は
自国内で1400回以上の放射性物質の検査を行ったが、全ての日本産品で問題
が発見されなかった。輸入規制の解除は豪州で13カ国目。>

17.<24日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果・県内死者・行方不明者数>福島民報1月23日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
18.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月24日
17:40
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140124/1484819
記事<▼空間放射線量率(24日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/
時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・

19.<放射能汚染の影響を考える 26日シンポ> 【東京新聞】1月24日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20140124/CK2014012402000173.html
記事<福島第一原発事故による放射能汚染が、県民の健康に及ぼす影響をテーマ
にしたシンポジウムが二十六日午後一時半から、那須塩原市上厚崎の黒磯文化会
館小ホールで行われる。原発事故を受けて県が設置した「放射線による健康影響
に関する有識者会議」(座長・鈴木元国際医療福祉大クリニック院長)の委員七
人全員が参加。昨年十二月、県へ提出した追加報告で、「(県内では)臨床的な
検査を含む健康調査等は必要ない」と提言した根拠などについて説明する。参加
無料、定員四百人。未就学児十人分の託児を用意している。問い合わせは県健康
増進課=電028(623)3096=へ。>
・・・・・“健康調査”は不要だそうです?

山形県、
20.<借り上げ住宅延長を 原発避難者5人、山形知事と懇談> 【河北新
報】(1/24 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140124t51004.htm
吉村美栄子山形県知事は23日、福島第1原発事故で福島県から山形市に移り住
む避難者との意見交換会を2年ぶりに同市で開いた。避難生活が長期化している
ため、率直な意見を聞こうと、昨年12月の米沢市に続いて企画した。福島、伊
達両市と浪江町からの避難者5人が出席した。・・・・・・「借り上げ住宅の入
居期間を延長してほしい」「先行きが見えず、不安を抱える避難者への支援が必
要」などの要望や意見が出た。吉村知事は「県内の市町村や福島県と連携して、
安心した生活が送れるようできる限りサポートしたい」と答えた。県によると、
福島県から山形県への避難者は16日現在、5708人。そのうち2094人が
山形市で生活している。>
・・・・・“上杉鷹山”の精神で支援の手を差し伸べてください。
 
政府は、
21.<原発の重要性見直し=エネルギー基本計画-政府 >時事通信01/2418:26
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400853
記事<・・・・・・・・・・・・・・・・総合資源エネルギー調査会(経済産業
相の諮問機関)の基本政策分科会は昨年12月、原発を「基盤となる重要なベー
ス電源」とする案を了承した。ただ、与党からは異論も出ていた。原発の記述で
は、「重要な」とする部分を削除する方向で議論が進む見通し。しかし、電力の
安定供給で基礎的な役割を担う「ベース電源」としての原発の位置付けは変更し
ない。 茂木敏充経済産業相は24日の閣議後の記者会見で、エネルギー基本計
画での位置付けについて、「与党からもさまざまな意見があり、適切な表現を検
討していきたい」と述べた。>

この人が、
22.<国主導では決まらぬ=原発処分場候補地-小泉元首相>時事通信
01/2419:25
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400936
記事<小泉純一郎元首相は24日午後、東京都内で講演し、原発の使用済み核燃
料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場候補地を国主導で選定しているこ
とについて、「事故前にも手が上がらなかったのに、原発が安全でなく、ますま
すごみが増える中で、政府が決めて(自治体が)OKすると思うか。まずない。
その方が楽観的すぎる」と述べ、政府の対応は安易との認識を示した。>
・・・・・そうでしょう、誰もが心の中ではそう思っています。

23.<原電、市道建設で5.8億円寄付へ 敦賀市、来年春に暫定供用>福井
新聞1月24日午前7時05分
⇒http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/48206.html
日本原電は福井県敦賀市の敦賀原発が立地する敦賀半島に整備中の市道をめぐ
り、新年度分の建設費として約5億8千万円を敦賀市に寄付することで合意した
ことが23日、分かった。市は新年度当初予算案に計上する方針で、来年春の暫
定供用が確実となった。原電は保有する原発3基の再稼働が見通せず、経営が厳
しく、人件費削減などを進めている。新年度に向け電力各社から経営支援を受け
る必要もある。こうした中、市道建設を寄付金で協力するとした市との基本協定
を踏まえ、既に貫通している市道西浦1号線の鷲崎トンネル(手―沓、761
メートル)の暫定供用に最低限必要な県道につなぐ取り付け道路、トンネルの舗
装などの工事費を負担することで合意した。市は昨年12月、新年度分の建設財
源について「大丈夫」との認識を示し、原電の濱田康男社長も今月6日、取材に
対し「地域の一員として応分の負担には応じていきたい」と答えていた。………>
・・・・・・「経営支援を受ける」企業が! とんでもない。

技術開発、
24.<福島原発事故:放射線量測定 小型無人飛行機の初試験飛行>毎日新聞
(01月24日 12時12分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140124k0000e040177000c.html
記事<東京電力福島第1原発事故による放射線量を上空から測定するため、日本
原子力研究開発機構と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は小型無人飛行機を共
同開発し、福島県浪江町で24日、初の試験飛行を行った。約100キロ離れた
場所から操縦でき、従来の無人ヘリより4倍長い約6時間の飛行が可能。帰還困
難区域(年間追加被ばく線量50ミリシーベルト超)などのモニタリングへの活
用が期待される。小型飛行機は主翼が全長約4.2メートル。機体の腹部に放射
線量の測定器を取り付けた。試験飛行は避難指示解除準備区域(同20ミリシー
ベルト以下)内で行い、約1平方キロの範囲で30分間、放射線量を測定した。>

電力会社、
25.<中部電、LNGを共同調達へ 印国営ガス会社と>西日本電子版01月24
日 18時55分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31051/1/
記事<中部電力の水野明久社長は24日、東京都内で記者会見し、インドの国営
ガス会社「ゲイル」との液化天然ガス(LNG)の共同調達に向けた覚書を近く
結ぶことを明らかにした。
LNG調達の安定性を高め、価格交渉力を強化する。・・・水野社長は「共同調
達の可能性、両社のLNGの在庫調整、(LNGを運ぶ)船の連携の在り方など
を検討したい」と述べ、具体的な購入量や調達先は今後検討するとし
た。・・・・東京電力が新たな総合特別事業計画(再建計画)で、燃料の調達や
火力発電所の建て替えについて他社と提携する方針を示したことには「参画する
意義、メリットがあるかこれから検討したい」と意欲を示した。>

26.<中部電力の値上げ幅、0.5%超圧縮へ 家庭向け>朝日デジタル1月
25日03時35分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1S4FLGG1SOIPE00T.html?iref=comtop_6_04
記事<中部電力が申請した4・95%の家庭向け電気料金の値上げ幅が、0・
5%超圧縮される見通しとなった。4月からの値上げは消費増税と重なるが、負
担増はある程度軽くなりそうだ。審査をしている経済産業省の委員会の委員が
24日、朝日新聞に見通しを示した。月に300キロワット時の電気を使う標準
的な家庭の場合、仮に0・5%圧縮されると、値上げ額は491円から40円ほ
ど下がる。すでに値上げした6社では、審査で社員の年収削減などを求められ、
約2~3%圧縮された。東京電力は申請時の10・28%が8・46%に、関西
電力は11・88%が9・75%になった。・・・こうした経緯を踏まえ、中部
電は社員の年収の2割削減や寄付金のカットなどを行うことを前提に値上げを申
請。東電や関電よりも圧縮幅は小さくなる。・・・・ただ、この日開かれた電気
料金審査専門小委員会では、中部電の取り組みが不十分だと批判が相次いだ。複
数の委員が、中部電がコストの安い水力発電を減らしていると指
摘。・・・・・・・・>

都知事選挙、
27.<都知事選:舛添氏先行 追う細川、宇都宮氏 毎日新聞調査>毎日新聞
(最終更新 01月24日 23時48分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140125k0000m010082000c.html
記事<2月9日投開票の東京都知事選について、毎日新聞は23、24の両日、
都内の有権者を対象に電話による世論調査を実施し、取材結果も加えて序盤情勢
を分析した。元厚生労働相の舛添要一氏(65)が先行し、元首相の細川護熙
(もりひろ)氏(76)、前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)が追
う展開。元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)も支持拡大を図っている。ただ4
割以上が投票先を決めておらず、今後情勢が変わる可能性がある。舛添氏は高い
知名度で幅広い年代から支持を集めており、特に50代以上で強さを見せてい
る。支援する自民、公明の支持層で人気が高く、維新支持層にも浸透している。
細川氏は23区の下町地域で支持が広がっており、投票しようと考えている有権
者の支持政党は民主、みんな、結いの党など幅広い。宇都宮氏は20代の支持が
比較的高く、共産支持層を固めている。田母神氏は自民支持層の一部で支持があ
る。無党派層は投票先を決めていない有権者が多いが、候補者の名前を挙げた中
では舛添、宇都宮、細川氏に支持が割れた。・・・・ 最大の争点については
「少子高齢化や福祉」を挙げた有権者が全体の26.8%でトップ、「景気と雇
用」が23.0%と続き、主要候補の主張が対立している「原発・エネルギー問
題」は3番目の18.5%だった。猪瀬直樹前知事(67)が辞職する原因に
なった「政治とカネ」を挙げた人は2.5%にとどまった。・・・・・・・>

時間切れ、今朝は以上です。(1.25.6:35)
※この新聞記事紹介へのご意見等は、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ カジアキ さんから:
昨日のことです。
「原発ホワイトアウト」をご覧になられた方はご存知かもしれませんが、
 反原発者に対するストーカーに関することです。
私は昨日ストーカーの被害に遭いました。
反原発が理由かどうかは定かではありませんが、
皆さん、特に女性の方は今後お気をつけ下さい。
昨日の私へのストーカーの一部始終と、
ストーカーに関連した内容の記事を更新しました。
事実ですので、是非読んで頂きたいと思います。
●ストーカーに遭いました。
http://ameblo.jp/46493236/entry-11757211180.html

★ ギャー さんから:
バッキンガム宮殿
「罰金が無!九電」
そんな!
まるで
500億円のワイロで選挙を買おうとする連中の感覚
戦争で盗んだ金で
「戦犯」の死刑をまぬがれたじいさんの孫や
たくさんの朝鮮の人を強制労働でこき使い
さんざん殺してボロ儲けしたお金で育った
ボンボン連中の腐った感覚
原発を建てるだけで死に値する
原爆を持ちたくて原発を建てたあの連中は
罰金じゃなくて死罪じゃ!

★ 前田 朗 さんから:
※冤罪と闘う再審請求運動――千葉成田ミイラ事件
釣部人裕『雪冤――冤罪のない社会へ』(ダイナミックセラーズ出版) 
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_24.html 

※24日届いた週刊金曜日976号の4コマ漫画「さらん日記」に、
九電前テント1000日の青柳さんが登場しています。
特集は「曽野綾子とは何か」。

★ 坂井貴司 さんから:
 2月1日、福岡市で普天間基地の近くに住む方々の報告会が開催されます。
 「じのーんちゅの憂鬱 普天間基地のそばに生まれて」
 主催:中央区九条の会・terra cafe kenpou
 日時:2月1日 14時~16時45分
 場所:福岡県農民会館(福岡市中央区今泉)
    http://nttbj.itp.ne.jp/0927616550/index.html
  資料代:300円
「じのーんちゅ」とはウチナーグチ(沖縄語)で「宜野湾の人」という意味です。
 「普天間基地はもともと原野だった。それを米軍が買収し、基地を建設したこ
とで、人々が集まって発展し、宜野湾市が形成された」というネトウヨのデマが
定着してしまった現状に対して、宜野湾市に住む方が現実を報告します。

★ 井上澄夫 さんから:
 仲井真知事は22日夜の菅官房長官、石破自民党幹事長との密会を否定しまし
た。菅も石破も認めているにもかかわらず。
 県民の信を失った「知事」はどこまで堕ちていくのでしょうか。
 名護市は知事による埋め立て承認について、承認理由の説明を県に求めました。
 1・24付琉球新報社説は「辺野古代執行 強行に正当性はない」です。

【オスプレイ速報】 1・24
●2~3月に実施予定の新潟と群馬での日米共同訓練に普天間のオスプレイは参
加しないことになりました。
防衛省は不参加の理由を「海兵隊の運用上の都合」としていますが、それ以上は
わかりません。

★ ピープルズ・プラン研究所オルタキャンパス「OPEN」 さんから:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●○連続講座○●
運動史から振り返る 原発と原爆
――被爆国日本はなぜ原発大国になったのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
連続講座「運動史から振り返る原発と原爆――被爆国日本はなぜ原発大国になっ
たのか」は、〈2011年3月3日〉の原発震災という、破局的危 機の始まり
を 受けて2012年1月にスタートし、2ヶ月に1回のペースで様々な切り口
から第11回(2013年9月28日)まで持続してきました。

「原水爆反対」と「原子力の平和利用(=原発推進)」が両立しえた平和運動
や、反原発という論理を組み込まないまま核安保体制と対決してきた 反戦・反
安保運動に原爆という核を問わない反原発運動、こういった歴史的負性を批判的
に検証する。そんなモチーフがこの講座にしてあったはずです。

この講座の総括の回である今回は、ポジティブな問い、〈原爆と原発を統一的に
考える運動はどうあるべきか〉、をたてて、広島から田中利幸さん をお迎えし
て、討論していきたいと思います。
■第12回 原爆と原発を統一的に考える運動的視座を求めて
日時:2014年1月25日(土)18時~
講師:田中利幸さん(広島市立大広島平和研究所)
   天野恵一さん+田浪亜央江さん
■参加費:非会員800円、会員500円、生活困窮者500円
■会場:ピープルズ・プラン研究所
(東京メトロ有楽町線江戸川橋1-b出口より徒歩5
分、東西線早稲田駅・神楽坂駅よりそれぞれ徒歩15分)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5
■主催:ピープルズ・プラン研究所
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
TEL: 03-6424-5748
FAX: 03-6424-5749
E-mail: ppsg@jca.apc.org
http://www.peoples-plan.org/jp

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7299(+25) (1/23現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」

2014.01.24(19:58) 1254


【内部資料】

━━━宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会
    |選対ニュース vol.4 2014年1月24日号━━

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」をお送りします。
この「選挙対策ニュース」は、「宇都宮けんじニュース」に登録された方、及び
宇都宮けんじに応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希 望のま
ち東京をつくる会」に関連したニュースをお届けしていま
す。ーーーーーーーーーーーー


 みなさん、こんばんは。
 残念ながら、昨日の1日だけで、テレビの出演や公開討論が4番組も、そして今
日も1つが中止、または延期になりました。民主主義国家の選挙で、 候補者が公
開討論に出席しないということがまかりとおっていいのか。おかしな話です。
 それならば、私たちがメディアになるしかない!
 いよいよ今夜から、ニコニコ動画で「宇都宮けんじTV」が始まります。お見逃
しなく!


────・○●CONTENTS●○・────
1.今後のスケジュール
2.ニコニコ動画「宇都宮けんじTV」スタート
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
4.告示日後にできること、できないこと
──────────────────────


*************************************************************************
1.今後のスケジュール
**************************************************************************
いよいよ、本格的に街頭の宣伝活動が始まります。
ぜひ駆けつけて、盛り上げてください!
街頭演説中に証紙ビラを配りますが、あまり押しつけがましくならないよう、礼
儀正しく。また、証紙ビラは候補者のいる演説会場などでしか配布でき ません
ので「配るので持ち帰りたい」という方には、無制限に配布できる「確認団体ビ
ラ」を持ち帰ってもらってください。

★今夜★1/24(金)
19:00~ 脱原発官邸前デモ@ファミリーエリア/国会正門前/官邸前
21:00~ ニコニコ生放送
「宇都宮けんじを都知事に!
  原発、オリンピック、ブラック企業、子育てをどうする?」
     http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji
21:30~ NHK「特報首都圏」出演の予定

1/25(土)
10:00~12:00 光が丘団地街宣
12:00~12:30 光が丘駅前街宣
15:00~16:00 銀座マリオン~4丁目など街宣
16:30~ 銀座4丁目交差点街宣

1/26(日)
10:00~12:00 多摩センター・三越前街宣
14:00~16:00 新宿歩行者天国で「対話集会」
16:30~ 世田谷区内スポット演説

1/27(日)
07:30~08:30 R品川駅港南口街宣
12:00~13:00 有楽町数奇屋橋前街宣
18:30~18:50 原発をなくす全国連絡会第二総会
         @東京労働会館7階ラパスホール
19:30~20:00 レイシズム抗議@都庁前
21:00~ ニコニコ動画「宇都宮けんじTV」
       福島みずほさんと対談
22:00~  日本テレビ「真相生放送」出演の予定

※スケジュールは、事情により変更することもあります。最新の予定は、公式HP
やTwitterでご確認ください。また、街宣には宇都宮さんが参 加するものとしな
いものがあります。ご了承ください。

*************************************************************************
2.ニコニコ動画「宇都宮けんじTV」スタート
**************************************************************************

 テレビで政策討論ができないのなら、自分たちがメディアになればいい!
 今夜からニコニコ動画が始まります。
 第1回目の放送は、「宇都宮けんじを都知事に!
  ---原発、オリンピック、ブラック企業、子育てをどうする?」
  http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji

★宇都宮けんじさんのチャンネルは、いっぱいあります! 要チェックです!

・公式UST「宇都宮けんじTV」
http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

・「公式YOU TUBE」
http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

・「宇都宮けんじ2014」
http://www.youtube.com/channel/UCDuKZ1o6pietZK0AmKHRlDA

「宇都宮けんじ2014」最新番組は、「宇都宮けんじ×杉田かおる」
 1.「わるいやつら」と闘ってきた/2.日本の行方~選挙を「気づき」のきっか
けに~/3.貧困・戦争・原発の危険なカンケイ/4.脱・被 曝!/5.子育て・老
後の安心を/6.対話する都政へ/7.本当の豊かさとは

★ほかにもお宝映像いっぱいです!

・1/22 うつけんNEWS 告示前夜の新宿アルタ前
http://www.youtube.com/watch?v=caED2pJGoWM

・1/23 渋谷ハチ公前ジャック・公開討論会
 http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

・1/23 新宿西口駅前
 http://www.ustream.tv/recorded/42999026

・1/17 宇都宮けんじトークライブ@高円寺なんとかバー
 http://www.ustream.tv/recorded/42979468

・1/19 ブラック企業対策プロジェクト公開政策討論会
 http://www.ustream.tv/recorded/42950024

・1/20 宇都宮けんじ希望政策フォーラム多摩
 http://www.ustream.tv/recorded/42912432

・1/21 宇都宮けんじ・築地市場視察
 http://www.youtube.com/watch?v=IcaULbOP79c

*************************************************************************
2.電話、チラシ、カンパ! 誰でもできるアクション!
**************************************************************************
無制限にできる電話による投票呼びかけなど、作業は山ほどあります。事務所は
朝9時半から夜7時まで、短い時間でも構いません。託児キッズコー ナーもあり
ますので、親子で安心していらしてください!
また、街宣先での応援ボランティアも不足しています。ぜひ足をお運びください!
 
1.電話かけ
自宅から、事務所から、ケータイからなど、だれでもどこでも、自由にできま
す。着実に票を積み上げるには電話が一番です。お持ちの名簿を使って確 実な
電話かけをお願いします! 宇都宮けんじの知名度は、まだまだこれから上げて
いく必要があります。 みなさんお力が頼りです! 
 日本全国、あるいは世界中から可能! 東京以外の知人・友人に も東京の有
権者に働きかける運動に参加していただけるよう呼びかけましょう。
 事務所での電話かけ大作戦は、毎日、事務所と同じビルの5階で行います。
短い時間でも構いません。ぜひ、ご参加ください。

※ご自宅で電話かけをやってくださっている方は、反応や感触などを選対事務局
までぜひお知らせください。

2.チラシを有効活用しよう
確認団体ビラが事務所に届いています! 必要部数・送り先をメールまたはFAX
でお寄せください。
・団地、アパート、集合住宅は、繰り返し投函することが票固めにつながりま
す。あまり難しく考えずにどんどん配っていきましょう。
・新聞を読まない若い層向けにはポスティングが有効です。若い人向けのアパー
トを狙っていきましょう。
・スーバーの前で配布する場合は、店から出てきた人に。最初から「宇都宮けん
じ」の名前は出さず、「都知事選のチラシです」と言って渡すのがコツ です。
受け取ってくれたら、「それ、宇都宮けんじの政策なんです」と言い、反応を見
る。話したがっているようであれば、話を否定したりせず、「う んうん」とひ
たすら聞いてあげましょう。
 バス停でバスを待っている人、ベンチに座っている人にも、ぜひ声をかけてみ
てください。

★注意★
ポスティングの際には、【「チラシ禁止」のところは入れない】【咎められたら
すぐ立ち去る】
気をつけて、トラブルを防止しましょう! また、証紙シールを貼った「証紙ビ
ラ」を配布できるのは、候補者の選挙事務所や個人演説会の会場、街頭 演説場
所だけです。ご注意ください。

**************************************************************************
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
**************************************************************************

 公職選挙法の一部改正に伴い、インターネット選挙(ネット選挙)が解禁とな
りました。選挙期間中、ウェブサイトやSNSを使った選挙運動が可能 となりま
す。しかし一方で、今までどおりの規制もありますので、十分注意してください。

1.選挙期間中に、ウェブサイト等での選挙運動ができる!
 選挙期間中、有権者はウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターや
フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を 利用した選
挙運動ができます。
 例えば皆さんが、ご自身のブログやツイッターなどで、「このたびの選挙では
清き一票を、お願いします。ぜひ○○さんを当選させましょう」と書いて表示・送
付してもOKです。UST放送などの動画配信サイトにて、同様の内容をしゃ べって
伝えてもかまいません。

★注意!★
発信の際には、ご自身の連絡先としてのメールアドレス、返信用フォームの
URL、ツイッター名などが義務付けられています。(「電子メールアドレ ス等の
表示義務」)。
インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票
日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第 239条)。

2.電子メールでの選挙運動はNG!
 ネット選挙が解禁になっても、これまで通り有権者は電子メールを使って選挙
運動をしてはいけません(メールで選挙運動用の文書やチラシ画像等を 頒布で
きるのは、候補者・政党等に限ります)。
また、有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用の電子メールを転送
することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第 243条)。
 選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用のメール
などの文書や画像をプリントアウトして配布することも禁じられていま す(公
職選挙法第142条、第243条)。

※詳細は総務省HP「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

**************************************************************************
4.告示日後にできること、できないこと
**************************************************************************
詳しくはこちら → http://utsunomiyakenji.com/support/

いよいよ選挙運動がスタートしました。告示日前の活動は、「政治活動」でした
が、今日からは「選挙運動」となります。ちなみに「選挙運動」の期間 を厳密
にいえば、告示日に立候補者が立候補の届け出をしてから、投票日(2月9日
[日])の前日までに限られます。

◆候補者が行う選挙運動とは?
公職選挙法により認められた候補者が行う選挙運動は、ポスター等の印刷物や演
説会等の言論などによって行われますが、その方法の主なものは次のと おりです。
○選挙事務所の設置
○選挙運動用自動車の使用
○選挙運動用はがき
○新聞広告
○法定ビラの配布(衆議院議員選挙・参議院議員選挙及び地方公共団体の長の選
挙に限る。)
○選挙公報
○ポスターの掲示
○街頭演説
○個人演説会
◆候補者以外の方の選挙活動について
 下記の行為は公職選挙法上、問題なく行えます。
●友人・知人へ電話をかけ「○○候補に投票しましょう」「○○さんを都知事へ!」
「○○候補への投票をよろしくお願いします」などの呼びかけを行 うこと。
●選挙事務所へのボランティア、選挙運動用として許可を得たポスター・ビラな
どの貼りだし・配布の手伝い

★注意 やってはいけない行為★
候補者・選挙事務所関係者・一般の方、いずれも下記の行為は公職選挙法違反と
なります。
(選挙活動に参加できるのはボランティアのみです)

◯買収
 選挙犯罪のうちではもっとも悪質なものであり、法律できびしい罰則が定めら
れています。候補者はもちろん、選挙運動の責任者などが処罰された場 合は当
選が無効になることもあります。
◯戸別訪問
 誰であっても、特定の候補者に投票してもらうことを目的に、住居や会社、商
店などを戸別に訪問してはいけません。また、特定の候補者名や政党名 あるい
は演説会の開催について言い歩くこともできません。
◯あいさつを目的とする有料広告
 候補者や後援団体(特定の候補者を推薦し支持する団体)は、選挙区内にある
者に対し、時候、慶弔や激励などのあいさつを目的とする広告を有料で 新聞、
雑誌に掲載したり、テレビやラジオで放送したりしてはいけません。
◯飲食物の提供
 誰であっても、選挙運動に関して飲食物を提供してはいけません。
 ただし、お茶や通常用いられる程度のお茶菓子や果物は除かれています。
 また、選挙運動員に渡す一定の数の弁当は提供することができます。
◯署名運動
 誰であっても、特定の候補者に投票をするように、あるいは投票しないように
することを目的として選挙人に対し署名を集めてはいけません。
◯気勢を張る行為
 誰であっても、選挙運動のため人目を引こうと自動車を連ねたり隊列を組んで
往来したりしてはいけません。

★ご不明な点などありましたら、「希望のまち東京をつくる会」
(03-5369-2765)までお問い合わせください。
弁護士チームを東京中に張り巡らせて、何かあったら現場に急行できるように待
機しています。


それでは、希望の輪をつないでいきましょう!!!

★昨日お送りした選対ニュースで、「証紙ビラ」をお送りします、とありました
が、正しくは「確認団体ビラ」です。
「証紙ビラ」はお送りすることができません。お詫びして訂正致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「選対ニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信希
望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「挙対ニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信停
止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」 ※リニューアルしました!
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/

◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※今夜から!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」

2014.01.24(19:57) 1253


【内部資料】

━━━宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会
    |選対ニュース vol.3 2014年1月24日号━━

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」をお送りします。
この「選挙対策ニュース」は、「宇都宮けんじニュース」に登録された方、及び
宇都宮けんじに応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希 望のま
ち東京をつくる会」に関連したニュースをお届けしていま
す。ーーーーーーーーーーーー


 みなさん、おはようございます。いよいよ、選挙戦スタート。
公開討論会に誰も参加しないなら、私たちで公開討論しよう。
宇都宮陣営の選挙戦は、新宿東口の第一声に続き、新宿西口、そして渋谷ハチ公
前広場を2時間半ジャックしての「公開討論会」という新しい形の街宣 で幕が開
きました。渋谷では、ランキンタクシーさんが熱いメッセージで場を盛り上げ、
報道カメラや、一般の方のネット配信のスマホがズラッっと並 ぶなか、宇都宮
さんの熱気ある演説とセンター街練り歩き。高校生から年配の方まで、まさに対
話が生まれた瞬間でした!



────・○●CONTENTS●○・────
1.今後のスケジュール
2.1/25(土)から電話かけ大作戦スタート!
3.メディア必見!
4.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
5.告示日後にできること、できないこと
──────────────────────

*************************************************************************
1.今後のスケジュール
**************************************************************************
いよいよ、本格的に街宣、街頭の宣伝活動が始まります。
ぜひ駆けつけて、盛り上げてください!

★今日★1/24(金)
09:00~ 江東地域街宣
12:00~13:00 JR小岩駅南口街宣
13:00~ 特別秘密保護法反対国会 包囲集会@第二議員会館前
14:00~ 江戸川・墨田地域街宣
17:30~18:30 錦糸町駅北口街宣
19:00~ 脱原発官邸前デモ@ファミリーエリア/国会正門前/官邸前

1/25(土)
10:00~12:00 光が丘団地街宣
12:00~12:30 光が丘駅前街宣
15:00~16:00 銀座マリオン~4丁目など街宣
16:30~ 銀座4丁目交差点街宣

1/26(日)
10:00~12:00 多摩センター・三越前街宣
14:00~16:00 新宿歩行者天国で「対話集会」
16:30~ 世田谷地域街宣

※スケジュールは、事情により変更することもあります。最新の予定は、HPをご
覧ください。また、街宣には宇都宮さんが参加するものとしないもの がありま
す。ご了承ください。

**************************************************************************
2.1/25(土)から電話かけ大作戦スタート!
**************************************************************************

「確認団体ビラの配布」「電話」「電子メール以外のインターネット利用」は、
公職選挙法上無制限です。電話やインターネット を通じての運動は、日本全
国、あるいは世界中から可能! 東京以外の知人・友人に も東京の有権者に働
きかける運動に参加していただけるよう呼びかけましょう。

事務所での電話かけ大作戦は、毎日、事務所と同じビルの5階で行います。
短い時間でも構いません。ぜひ、ご参加ください。

**************************************************************************
3.メディア必見!
**************************************************************************

宇都宮さんのスーパー弁護士ぶりを、どんどん広めよう。
ネットを使った拡散の仕方は、「4.ネット選挙解禁で何が変わった? 何がで
きる?」をお読みください。

【テレビ・ラジオ】
○ラジオ文化放送「おはよう寺ちゃん」
♪毎週火曜日・レギュラー出演中
 http://www.joqr.co.jp/tera/

○NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』(2006年2月7日)
第5回「仕事も人生もやり直せる」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/professional/2006/0207/

○NHK「クローズアップ現代」(偽装質屋)(2013年4月11日放映)
 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3333.html

○テレビ朝日放送「ビーバップハイヒール」出演(2013年12月12日放映)
 http://asahi.co.jp/be-bop/index.html

○日本テレビ『深層ニュース』(2013年12月17日放映)
「どうなる?カジノ法案」
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/shinso/20131217-OYT8T00262.htm

○IWJ 「宇都宮健児氏インタビューダイジェスト」
http://www.youtube.com/watch?v=p5ayy2Q04lI&feature=youtu.be
岩上安身さんによるインタビュー。脱原発、福祉、尖閣諸島問題などについて、
とてもわかりやすく、コンパクトに4分にまとめられています。

【ウェブサイト】

○ニュースサイト「BUZZAP!」
「都知事候補が風営法によるダンス規制、都条例によるマンガ・アニメ・ゲーム
の表現規制に対して反対を表明」
http://buzzap.jp/news/20121116-night-club-law12/

○朝日新聞WEBRONZA+
「石原前都知事と橋下大阪市長のカルト企業・軍事優先の野合vs宮部みゆき著
『火車』の宇都宮けんじさん」
http://webronza.asahi.com/bloggers/2012111900002.html

○「セクシャルマイノリティについての7つのこと」宇都宮けんじの回答絶賛!

セクシャルマイノリティの情報サイト「2CHOPO」のアンケート「(2012年12月)
東京都知事選挙」立候補者に聞いた、セクシャルマイノリ ティについての7つの
こと」に対する、宇都宮けんじの回答がすばらしい! とツイッターで話題に。
人権を重視する宇都宮さんの見識がよくわかりま す!(2012年12月17日)
http://www.2chopo.com/special/tochijisen/

○表現の自由炸裂☆アーティストたちによる様々な「宇都宮けんじ」応援スタイル
#都知事選
http://matome.naver.jp/odai/2139028243801088601

○【40時間で実現!】木内みどりを介して、宇都宮けんじから名護市長選の稲嶺
ススムに直筆檄文が届くまで
http://matome.naver.jp/odai/2139001634348226501

○【最低時給1000円に】宇都宮けんじ、政策について都民と一問一答~ブラック
企業、待機児童、築地、五輪 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139010441094516901

【雑誌】

『SPA!』(2012年12月4日)
不屈の弁護士にして都知事選候補者・宇都宮健児氏が語る「コワい人との交渉術」
http://nikkan-spa.jp/341318

○『世界』(2013年7月号)
映画作家・想田和弘さんとの対談「政治を変えるために『選挙』を変える」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2013/07/directory.html

○『週刊女性』「人間ドキュメント」(2013年2月5日号)

○『週刊女性』(2014年1月21日号)
「都知事選候補直撃/「脱原発」「五輪」「女性向け政策」こうします!
http://www.shufu.co.jp/magazine/woman/

【書籍】

★「宇都宮けんじ・井戸川克隆 未来を語る」電子出版!!★
http://p.booklog.jp/book/81814
「福島を風化させてはいけない」という宇都宮健児氏。
「多くの人に聞いてほしい」と願う井戸川克隆氏の対談が実現! 
聞くということ。忍耐強く耳を傾けるということ。宇都宮健児氏のこれまでの活
動は実に忍耐強く「聞く」ことから始まった。真実の声を聞き逃さな い、そし
て権力に立ち向かう姿は、わたしたちにとって「真のやさしさに裏打ちされた強
さ」を感じさせてくれる。現代社会においてこれほど頼りにな る人物を他に思
い浮かべることができない。……
『わるいやつら』(集英社新書)
/★最新刊★『希望社会の実現』(花伝社)
『消費者金融実態と救済』(岩波新書)
『13歳から学ぶ日本の貧困日本をむしばむ“貧困”が60分で見えてくる』(青志社)
『大丈夫、人生はやり直せるサラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社)
『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店)など、著書・共編著書多数


★多重債務問題をテーマにしたベストセラー小説『火車』(宮部みゆき著)の弁
護士モデル、映画『夜逃げ屋本舗』の監修。

**************************************************************************
4.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
**************************************************************************

 公職選挙法の一部改正に伴い、インターネット選挙(ネット選挙)が解禁とな
りました。選挙期間中、ウェブサイトやSNSを使った選挙運動が可能 となりま
す。しかし一方で、今までどおりの規制もありますので、十分注意してください。

1.選挙期間中に、ウェブサイト等での選挙運動ができる!
 選挙期間中、有権者はウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターや
フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を 利用した選
挙運動ができます。
 例えば皆さんが、ご自身のブログやツイッターなどで、「このたびの選挙では
清き一票を、お願いします。ぜひ○○さんを当選させましょう」と書いて表示・送
付してもOKです。UST放送などの動画配信サイトにて、同様の内容をしゃ べって
伝えてもかまいません。

★注意!★
発信の際には、ご自身の連絡先としてのメールアドレス、返信用フォームの
URL、ツイッター名などが義務付けられています。(「電子メールアドレ ス等の
表示義務」)。
インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票
日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第 239条)。

2.電子メールでの選挙運動はNG!
 ネット選挙が解禁になっても、これまで通り有権者は電子メールを使って選挙
運動をしてはいけません(メールで選挙運動用の文書やチラシ画像等を 頒布で
きるのは、候補者・政党等に限ります)。
また、有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用の電子メールを転送
することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第 243条)。
 選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用のメール
などの文書や画像をプリントアウトして配布することも禁じられていま す(公
職選挙法第142条、第243条)。

※詳細は総務省HP「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

**************************************************************************
5.告示日後にできること、できないこと
**************************************************************************
詳しくはこちら → http://utsunomiyakenji.com/support/

いよいよ選挙運動がスタートしました。告示日前の活動は、「政治活動」でした
が、今日からは「選挙運動」となります。ちなみに「選挙運動」の期間 を厳密
にいえば、告示日に立候補者が立候補の届け出をしてから、投票日(2月9日
[日])の前日までに限られます。

◆候補者が行う選挙運動とは?
公職選挙法により認められた候補者が行う選挙運動は、ポスター等の印刷物や演
説会等の言論などによって行われますが、その方法の主なものは次のと おりです。
○選挙事務所の設置
○選挙運動用自動車の使用
○選挙運動用はがき
○新聞広告
○法定ビラの配布(衆議院議員選挙・参議院議員選挙及び地方公共団体の長の選
挙に限る。)
○選挙公報
○ポスターの掲示
○街頭演説
○個人演説会
◆候補者以外の方の選挙活動について
 下記の行為は公職選挙法上、問題なく行えます。
●友人・知人へ電話をかけ「○○候補に投票しましょう」「○○さんを都知事へ!」
「○○候補への投票をよろしくお願いします」などの呼びかけを行 うこと。
●選挙事務所へのボランティア、選挙運動用として許可を得たポスター・ビラな
どの貼りだし・配布の手伝い

★注意 やってはいけない行為★
候補者・選挙事務所関係者・一般の方、いずれも下記の行為は公職選挙法違反と
なります。
(選挙活動に参加できるのはボランティアのみです)

◯買収
 選挙犯罪のうちではもっとも悪質なものであり、法律できびしい罰則が定めら
れています。候補者はもちろん、選挙運動の責任者などが処罰された場 合は当
選が無効になることもあります。
◯戸別訪問
 誰であっても、特定の候補者に投票してもらうことを目的に、住居や会社、商
店などを戸別に訪問してはいけません。また、特定の候補者名や政党名 あるい
は演説会の開催について言い歩くこともできません。
◯あいさつを目的とする有料広告
 候補者や後援団体(特定の候補者を推薦し支持する団体)は、選挙区内にある
者に対し、時候、慶弔や激励などのあいさつを目的とする広告を有料で 新聞、
雑誌に掲載したり、テレビやラジオで放送したりしてはいけません。
◯飲食物の提供
 誰であっても、選挙運動に関して飲食物を提供してはいけません。
 ただし、お茶や通常用いられる程度のお茶菓子や果物は除かれています。
 また、選挙運動員に渡す一定の数の弁当は提供することができます。
◯署名運動
 誰であっても、特定の候補者に投票をするように、あるいは投票しないように
することを目的として選挙人に対し署名を集めてはいけません。
◯気勢を張る行為
 誰であっても、選挙運動のため人目を引こうと自動車を連ねたり隊列を組んで
往来したりしてはいけません。

★ご不明な点などありましたら、「希望のまち東京をつくる会」
(03-5369-2765)までお問い合わせください。
弁護士チームを東京中に張り巡らせて、何かあったら現場に急行できるように待
機しています。


それでは、希望の輪をつないでいきましょう!!!

★昨日お送りした選対ニュースで、「証紙ビラ」をお送りします、とありました
が、正しくは「確認団体ビラ」です。
「証紙ビラ」はお送りすることができません。お詫びして訂正致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「選対ニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信希
望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「挙対ニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信停
止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」 ※リニューアルしました!
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/

◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1010目報告☆

2014.01.24(19:55) 1252

青柳行信です。1月24日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1010目報告☆
呼びかけ人賛同者1月22日迄3133名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月23日3名
   早崎勝幸 奥道直子 林尚 志
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
1000日目の記事 あれこれ。 反響が大きいですね。
ドイツからの訪問者もあり、国際色豊かになりそうですね。
http://tinyurl.com/k22ybfp

あんくるトム工房
ドイツからの訪問者  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2838

 糸島の市長選が 間もなく始まります。
 糸島で 脱原発の候補者が市長になったら、玄海原発の再稼動は
 できなくなります。 みんなで応援して 勝ちたいものです。
 実現可能な 早道です。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆脱原発票二分の利敵を回避せむと宇都宮候補に禅譲求めし
     (左門 1・24-546)
※今回の知事選は「脱原発」が要です。そのためには、脱原発を掲げる候補が一
本化して原発推進候補を破ることです。公示日までの、大方の情勢分析は、①細
川―②舛添―③宇都
宮の順です。宇都宮陣営の基礎票60万票が孤軍奮闘で討死にした上に、舛添候
補が辛勝でもした場合には、暴走中のアベノミクスに狂奔を許し、戦後の民主・
平和・人権・環境を
守ってきた努力と成果が「旧レジーム」として葬り去られる危機が待ち構えてい
ます。細川候補の識見の中には、1月22日の拙詠のコメントにあるように、宇
都宮候補の政策と重
なるものが少なくありません。これまでの経緯に拘って、有り得る勝利を失う愚
挙は避けなければなちません。歴史的教訓である中国での「国共合作」以上の戦
術で「自民党をブッ
壊す」(このキャッチフレーズの主である小泉純一郎氏が細川候補とタッグを組
んでいるのも、大切なめぐり合わせです)ことこそが眼目です。藤沢弁護士とは
別の動機から、投票
日前日まで禅譲を求め続けようと思います。「ひろば」の皆さんで共感下さる方
は是非とも要請の輪に加わってください!ひとり東京だけの「地方選挙」ではな
い「国家的・国際的
選挙」ですから!
&!&!&!&!#

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうも良い天気になりそうです。今朝は、九州の記事から始めます。

1.「6月判断」の根拠問う 川内原発再稼働、市民団体が知事に質問状[01月
24日 03時00分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/30990/1/
記事全文<鹿児島市の市民団体「反原発・かごしまネット」は23日、鹿児島県
の伊藤祐一郎知事が九州電力川内原子力発電所の再稼働の是非を6月議会で判断
するとの見通しを示
したことへの理由や根拠などを問う知事宛ての公開質問状を提出した。質問状は
「きちんとした説明もなく再稼働のスケジュールを表明したことは見過ごせな
い」と知事発言を批
判。伊藤知事が原子力規制委員会の安全審査が世界的に高水準と発言した根拠
や、脱原発に対する考え方など4項目を質問し、3月6日までの回答を求めた。
団体の向原祥隆代表は
「どこの知事も再稼働スケジュールを言明してない。伊藤知事は日本で一番前向
き。心のどこかに原発の安全神話を持ってるんじゃないか」と話し、伊藤知事と
の面会も求めた。

・・・・・どんな対応してくるか?

福島第1現場の続報、
2.<{福島第1原発}2号機東側の観測井戸、汚染濃度上昇続く>毎日新聞 1
月23日(木)19時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000078-mai-soci
記事<◇東電「地下水の流れ特定優先」・・・・東京電力福島第1原発の2号機
東側にある地下水観測井戸の一つで、ストロンチウム90などベータ線を出す放
射性物質の濃度が上
昇し続けている。震災直後に付近のトレンチ(地下坑)で起きた高濃度汚染水漏
れの影響とみられ、今月20日の採取分では1リットル当たり310万ベクレル
を記録した。一方
で、東電はセシウムが付着している可能性がある地下水中の土砂については濃度
を調べておらず、測定方法や公表結果には疑問が残
る。・・・・・・・・・・・・・・・測定には水
に含まれる土や砂などを沈殿させ、上澄み水のみを検査対象にしているため、土
砂に吸着しやすいセシウムはデータに反映されにくい。東電が上澄み水のみを測
定するのは、監視
の主目的が「地下水の挙動を特定する」ためだ。土砂による放射性物質が影響す
ると、正確な動きをつかみにくいと主張する。・・・・・しかし、地下水は土砂
も伴って移動してお
り、上澄み水のみの測定で土砂など物質に吸着しやすい放射性物質の環境への影
響は調べられていないことになる。東電は「土砂は水ほどには拡散せず、放射性
物質の流れは基本的
に水で追っている」と繰り返し、土砂の計測はしないという。>
・・・・・・検査の数値はすべて東電の発表、ほんとうに信用していいのか、確
かめようもない。

汚染水問題、
3.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:21 修羅場越えてきた男>朝日新
聞デジタル 1月23日(木)16時0分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S10939658.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10939658
記事<1月7日、東京都内のホテルで鉄鋼業界の賀詞交換会が開かれ
た。・・・・JFEホールディングス相談役の数土文夫は、同日の取締役会で東
京電力会長への就任が決まっ
た。賀詞交換会で元経団連会長の今井敬(いまいたかし)(84)の姿を見かけ
ると駆け寄った。・・・「よう、たいへんだね」と今井。・・・・数土「廃炉、
賠償、電力の安定供
給。そして経営改革をやります」・・・・今井「政府と東電の責任分担がはっき
りしてきてよかったね」・・・・数土「東電は現場が空洞化しています。財務の
力も弱い。天然ガス
は15%も高く買っています」・・・・今井はウンウンとうなずき、「総括原価
方式だからね」と笑った。・・・・・・・・・・・・・・・・第一原発所長の吉
田昌郎がクレーン
車を求めたとき、増田は断っている。非情とも言える判断だが「あっちにやった
らこっちがなくなる」。あのときはそんな瀬戸際だった。・・・・いざという時
にクレーン車や消防
車がない、あっても運転できない。実務は下請けに頼っていた。「仕事が細分化
されすぎ、東電の人間は協力会社さんを管理するのが仕事と思っていた」。増田
の反省の弁
だ。・・・・・震災後、細かな現場力を高めるのが自分の責務と思ってきた。
「手始めに、働いている人の意識を変えたい」。事故から3年が経とうとしてい
る。汚染水対策にやっ
と顔の見える責任者が現れた。>
・・・・・・と結ばれて、この「汚染水止めろ」のシリーズは終わり、<明日か
らは第42シリーズ「事故と犯罪」に入ります>、となっています。

フクイチで役に立つか、
4.<宇宙線で核燃料把握=原発透視、福島第1活用も―高エネ研など>時事通信
1月23日(木)11時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000052-jij-sctch
記事<高エネルギー加速器研究機構と東京大などのグループは23日、宇宙線を
使って原発内部の核燃料の位置や大きさを特定する実験に成功したと発表した。
炉心溶融(メルトダウ
ン)事故を起こした東京電力福島第1原発1~3号機では内部の放射線量が高く、
溶け落ちた核燃料の位置が今も分かっていないが、この手法を調査に活用できる
可能性があるとい
う。・・・・・・研究グループは、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海
村)で、原子炉建屋から30~60メートル離れた3カ所に計測装置を設置。2012年2
月から13年12月まで実験
した結果、使用済み燃料プールに貯蔵された核燃料の位置や大きさを立体的に判
別できた。・・・・ミューオンは火山のマグマや溶鉱炉の内部などの調査に使わ
れた実績がある。高
エネ
研の高崎史彦研究員は「放射線の遮蔽(しゃへい)対策を施せば、福島第1原発
でも使える」と説明。研究グループは今後、東電などに活用を働き掛けるという。>

東電は、
5.<東電病院、東京建物に売却 100億円、2月診療終了.共同通信?01月23
日18時33分
記事全文<東京電力は23日、東京都新宿区にある「東京電力病院」を、不動産
大手の東京建物に売却すると発表した。売却額は周辺施設を含め100億円。東
電の経営再建に向け
た大型の資産売却はこれで終了する見通し。引き渡し予定日は3月31日で、診
療は2月末で終了する。病院は取り壊される見通し。東京建物は「事業用地とし
て取得した。活用方
法は今後検討する」としている。売却に際して、患者の引き受けや約140人の
職員の雇用確保が条件になっていた。患者、職員とも希望者は東京建物の提携先
の医療法人が受け入
れる。東電病院は113床の総合病院だが、社員やOB、家族しか利用できない。>
・・・・徳洲会は、知事への“資金提供”?問題が発覚して入札を辞退していたよ
うです。

6.<東電が廃炉研究施設 30年までに第一原発周辺に整備>福島民報 1月23
日(木)9時44分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000001-fminpo-l07
記事<東京電力は平成30年までに、福島第一原発の廃炉に向けた高度な試験・
研究を行う「福島廃炉技術開発センター(仮称)」を同原発周辺に整備する。作
業現場で日々発生す
る課題の解決を目指す実践的な施設で、他の関連施設と連携して廃炉の工程短縮
を目指す。放射性物質が付着した廃棄物の処理を研究する「リサイクルセン
ター」も設け、新たな産
業創出につなげる。昨年12月に発表した特別事業計画に基づき策定した「先端
廃炉技術グローバル拠点構想」に計画を盛り込んだ。センターは福島第一原発近
くに新設する。今
後、最長で40年程度続くとみられる廃炉作業では、これまで経験のない溶融燃
料の取り出しに向けた技術確立が不可欠となる。・・・・・・・>

被災地フクシマでは、
7.<「事故影響を踏まえ判断を」 柏崎刈羽再稼働で佐藤知事>福島民友新聞
1月23日(木)11時31分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00010007-minyu-l07
記事<佐藤雄平知事は22日、県庁で定例記者会見し、政府が認定した東京電力の
新たな総合特別事業計画(再建計画)に盛り込まれた柏崎刈羽原発(新潟県)の
再稼働について、福
島第1原発事故で被災した本県の現状を踏まえて判断すべきだとの認識を示し
た。・・・計画では、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)に置いた福島復興本社の機
能を強化し本県復興の加
速化を柱の一つに掲げるが、柏崎刈羽原発の再稼働による収益強化を前提として
いる。・・・・・また、今月1日に設立1年を迎えた東電の福島復興本社について
「(この1年間で)除
染や賠償が進んだとは決して言えない」と指摘。今後も除染と賠償の迅速化を継
続して要請する考えを強調した。>

8.<東電に21億円請求へ 双葉厚生病院の財物賠償>福島民友新聞 1月23日
(木)11時26分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00010005-minyu-l07
記事<JA福島厚生連は、東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域となり、休院
中の双葉厚生病院(双葉町)の土地、建物の財物賠償として約21億円を東電に請
求する。福島市で22日
開いたJAグループ東電原発事故農畜産物損害賠償対策県協議会の総会で決め
た。・・・・原発事故後は同病院と県立大野病院(大熊町)の統合計画が中断し
ており、県や厚生連、双
葉地方町村会などは住民帰還の状況や双葉地域の医療需要に応じた規模の統合病
院を双葉郡内に整備する方針を確認している。県協議会の総会では、双葉厚生病
院の財物賠償を含め
た1月分の損害として総額33億6200万円を東電に追加請求することを決めた。請
求は31日の予定。・・・・ほかの請求項目には風評被害でニラやブドウ、シイタ
ケ、トマトなどの価格
が下がった損害に3億9100万円、肉牛の価格下落による損害に3億1700万円、牧草
の利用制限に伴う代替飼料の購入費に1億9600万円を盛り込んだ。>

9.<除染の在り方が争点 伊達市長選・26日投票> 【河北新報】(1/23
06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140123t61017.htm
記事<26日投票の伊達市長選は、現職の仁志田昇司氏(69)に、いずれも新
人の橘典雄氏(64)、高橋一由氏(61)、佐藤易広氏(72)の3人が挑む
構図になっている。
福島第1原発事故の除染で市は効率を優先し、放射線量に応じて全面除染と部分
除染を使い分ける対応を取ったが、一律除染を求める声が高まり、軌道修正し
た。選挙戦では、除染
の在り方が争点になっている。・・・・・ 「Cエリアの全世帯を対象に意向調
査し、要望があれば追加除染する」。8日の市長会見で仁志田氏は、高線量区域
は全面除染、低線量
区域は部分除染とする従来の方法から、一律除染に準じる手法に転換する考えを
示した。・・・・・・>
・・・・以下、除染の経過を伝える。

10.<原発の被害者守ろう 福島県内全廃炉など求める 民医連が省庁交渉>
しんぶん赤旗1月23日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-22/2014012205_01_1.html
記事<全日本民主医療機関連合会(藤末衛会長)は21日、参院議員会館で、
「福島第1原発事故の被害者のいのちと人権を守る省庁交渉」を行いました。福
島、宮城、埼玉、東
京、愛知の民医連の会員らも参加しました。・・・・・・この日の交渉は▽「収
束宣言」撤回と県内の原発全10基廃炉▽原発作業員の待遇改善▽線量測定や除染
など環境対策▽住
環境改善▽住民の健康管理、生活支援▽医療・介護提供体制の確保▽損害の完全賠
償―などを求めるもの。日本共産党の小池晃副委員長が同席し、「原発事故被災
者、作業員の皆さ
んは非常に過酷な状況にあります。実態をよく聞いてお答えください」と語りま
した。経済産業省と、県内の原発全基廃炉や全国の再稼働中止を求めて交渉しま
した。資源エネル
ギー庁の担当者が、廃炉は政府の方針や地元自治体の意向をふまえて判断してい
くと答えました。・・・福島県の参加者は「福島県議会と、59自治体のうち
50以上が廃炉を決議
している。住民の意向を聞くというなら廃炉しかない」と要求しまし
た。・・・・・・・・・・>

11.<福島県の農業や放射性物質検査態勢を首都圏の飲食店経営者ら視察>フ
ジテレビ系(FNN) 1月23日(木)13時14分更新
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140123-00000761-fnn-soci
記事<福島第1原発事故後の福島県の農業や放射性物質の検査態勢を、首都圏の
飲食店経営者らが視察した。・・・・ 福島・いわき市にあるトマト農園を訪れ
たのは、首都圏の飲食
店の経営者など30人。・・・ツアー客の目当ては、福島県産の農作物。このツ
アーは、福島県が招いたもので、参加者は徹底した管理のもと、農産物が生産さ
れていることや、放射
性物質の検査態勢などを視察した。・・・・ 参加者は、「浅草に住んでいる
が、帰って子どもに食べさせる」、「福島という字を見ると、手が伸びなかった
が、それが間違いだとわ
かった」などと話した。・・・ツアーの一行は、試験的な漁が再開され、魚介類
の検査が行われている水産試験場なども視察した。>
・・・・・福島県産をアピールしたと、主催の福島県の思惑は当たったか?

12.<23日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(野菜・果実・大豆)・県内死者・行方不明者数>福
島民報1月24日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
13.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月23日
17:39
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140123/1483781
記事<▼空間放射線量率(23日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

岩手県、
14.<6億円賠償、仲介申し立て=福島第1原発事故のADR―岩手県>時事通信 1
月23日(木)19時6分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000134-jij-soci
記事<東京電力福島第1原発事故をめぐる同社への賠償請求で、岩手県は23日、
約6億3200万円の支払いを求め、裁判外で紛争解決手続き(ADR)をする原子力損
害賠償紛争解決セン
ターに対し、東電との和解仲介の申し立てをした。・・・申立額の内訳は、2011
年度と12年度に放射線影響対策に従事した職員の人件費約5億1700万円や放射性
物質に汚染された牧草
などの焼却費約7400万円など。・・・・県は東電に対し、総額約66億円の賠償請
求をしており、うち牧草地の除染費用など約41億円分は東電が支払うことで合
意。このほか約19億円
分は国の復興交付税で賄われることになり、残った約6億3200万円について、ADR
で東電との和解を目指す。> 

宮城県、
15.<指定廃棄物最終処分場問題 栗原市議会、特別委設置へ> 【河北新
報】(1/23 09:18)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140123t11024.htm
記事<福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場の宮城県内候補地
に、栗原市の深山嶽など3カ所が選ばれたことを受け、同市議会は22日、全員
協議会を開き、環境省
が示した内容について佐藤勇市長から報告を受けた。最終処分場問題に対応する
特別委員会の設置も決めた。市は、環境省が20日の市町村長会議で説明した選
定経過を提示。佐藤
市長は「深山嶽への建設に反対するのは当然。市町村長会議での議論の積み重ね
があるので、調査を受け入れ、堂々と適地ではないと強調したい」と理解を求め
た。・・・・・・・・・・>

京都府、
16.<「原発から子ども守る」 京田辺で避難者ら絵や写真展示>京都新聞 1
月23日(木)11時29分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000004-kyt-l26
記事<福島第1原発事故の避難者やその支援者が絵やメッセージで脱原発の思い
を訴える企画展が、京都府京田辺市田辺の市中央図書館で開かれている。わが子
を抱きしめる母親の
絵や写真が、来場者の目を引きつけている。・・・・避難者らでつくる「100
人の母たちin京田辺」が主催。「子どもの未来を守りたい」という母親たちの
メッセージ文や、京
田辺市で避難者たちのために開かれたキャンプの写真など約100点を展示して
いる。・・・・・26日まで。無料。・・・・・また、放射能問題を題材にド
キュメンタリーを制作
している映画監督の鎌仲ひとみさんを招いた講演会と交流会を25日午前10時
から、同市田辺の市中央公民館で行う。定員60人。参加費千円。・・・・・申
し込みは事務局
の宇野さん携帯電話070(5537)0478。>

政党、
17.<再稼働、30キロ圏合意を条件に=自民議連>時事通信 1月23日(木)11時
54分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000055-jij-pol
記事<脱原発依存を目指す自民党の「エネルギー政策議員連盟」(河野太郎代表
世話人)は23日午前、党本部で総会を開き、原発の再稼働に当たり、30キロ圏内
の住民の理解を条件
とすることなどを求める提言をまとめた。週内にも党執行部と首相官邸に提出。
政府が策定する「エネルギー基本計画」に反映させるよう申し入れる。>
18.<自民エネ議連>原発で提言 「過渡期の電源」と位置づけ>毎日新聞 1
月23日(木)21時8分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000116-mai-pol
記事<自民党のエネルギー政策議連(共同代表・河野太郎衆院議員)は23日、
政府が素案を示したエネルギー基本計画について、将来の脱原発を念頭に「原発
は過渡期の電源」と
明記することなどを求める提言をまとめた。素案は原発を「重要なベース電源」
と位置づけて原発維持を示唆していた。一方、脱原発が争点となる東京都知事選
について、河野氏は
記者団に「議連と関係ない」と述べ、距離を置く考えを示した。・・・このほか
提言は、運転開始後40年を経過した原子炉は廃炉▽原発の新増設、更新(建て
替え)はしない▽使
用済み核燃料を再処理する核燃サイクルの中止--なども求めている。議連には
同党議員50人超が加盟し、政府が目指す2月の基本計画の閣議決定に一定の影
響を及ぼしそう
だ。>

政府、
19.<政府与党、原発位置付け修正検討 都知事選争点化で>西日本(最終更
新01月24日 02時03分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/65264
記事全文<政府・与党がエネルギー基本計画案で原発を「基盤となる重要なベー
ス電源」と位置付けた表現を修正する方向で検討に入ったことが23日分かっ
た。2月9日投開票の
東京都知事選で脱原発が争点化する中、計画案が原発の新増設などを容認し、拡
大路線を進めるとの見方が広がっていることから見直しが必要と判断した。自民
党の一部や公明党か
らも計画案に対し、都知事選の行方を左右しかねないとの危機感が強まってい
た。ただ、原発を活用する基本路線は変更しない方針だ。>
・・・・基本は何にも変わりません。

20.<復興予算、1054億円返還へ>時事通信(01/23-21:36)
記事全文<東日本大震災の復興予算の一部が地方自治体などの「基金」を通じて
被災地と関連が薄い事業に流用されていた問題で、財務省は23日、未執行分の
うち1054億円が
3月末までに国に返還される見通しだと発表した。> 

規制委、
21.<敦賀原発2号断層、第2班再調査 原子力規制委の有識者>福井新聞
(1月23日午後7時05分)
記事全文<原子力規制委員会の有識者調査団第2班は23日、昨年5月に活断層
と認定した福井県敦賀市の日本原電敦賀原発2号機直下の破砕帯(断層)につい
て現地で再調査を始
めた。今回は非公開で24日まで行う。調査団は2班に分かれており、先日の再
調査に参加しなかった有識者会合メンバーの宮内崇裕千葉大大学院教授、藤本光
一郎東京学芸大准教
授と外部有識者5人が参加。敷地内を通る活断層の浦底断層や2号機直下を走る
D―1破砕帯の試掘溝、ボーリング調査の試料などを観察した。原電が昨年7月
提出した活断層を否
定する追加調査結果の検証が目的。島崎邦彦委員長代理ら有識者会合の3人と外
部有識者4人は20、21日に再調査を終えている。>
・・・・別の目で調査・・・・・。

北海道―函館市、
22.「大間原発、許されない」 函館市長、提訴の意義強調>河北新報1月23日
⇒http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140123_02.htm
少し長い記事<電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐ
り、同社と国に建設差し止めなどを求めて提訴する方針を示している北海道函館
市の工藤寿樹市長は
22日の定例記者会見で、「福島第1原発事故の反省もなく、漫然と原発を推進
していくことは到底許されない」と事業者や国の対応を批判し、提訴の意義を強
調した。・・・工藤
市長はJパワーが函館市で事業計画などの説明会を開催していないことを指摘
し、「そんなことは受け入れられない」と述べた。 訴訟対象を大間原発に絞っ
た理由として、市の一
部が原発から半径30キロ圏に設定される緊急防護措置区域(UPZ)に含まれ
ることや、建設途中である点を強調。「新増設や再稼働の流れを変える突破口に
なるのが大間だ
」と説明した。年間300万~400万円と見込む訴訟費用は、市民から支援を
募る考えを示した。・・・・◎函館市が公表している訴状案概
要・・・・・・・・・>
・・・・・訴訟の詳細が続きます。

静岡県、
23.<2月13日に静岡県原子力防災訓練 全電源喪失を想定>@S[アットエ
ス] by 静岡新聞 1月23日(木)14時50分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000037-at_s-l22
記事<県は22日、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)での事故を想定した原子力
防災訓練を2月13日に実施すると発表した。原発周辺の11市町と原子力規制庁、
中電が参加し、住民へ
の避難の指示など災害応急対策活動の方法や手順を確認する。・・・・運転停止
中の原発で、全電源が喪失して燃料を冷却する機能が失われた―との緊急事態を
想定する。県原子力
安全対策課は「原子炉が止まっているため、放射性物質が放出される事態になる
まで時間的な猶予がある」として、今回の訓練は初期の対応確認にとどめ、住民
避難は限定的とす
る。・・・・異常事態の発生後、原発からおおむね半径5キロ圏の予防防護措置
区域(PAZ)の災害時要援護者や住民に避難を指示。同31キロ圏の緊急防護措置
区域(UPZ)の住民には

報無線などで屋内退避を指示する。・・・・・・・>

都知事選挙に避難者らは、
24.<都知事選:「脱原発」問う意義は、市民団体や避難者に聞く>カナロコ
by 神奈川新聞 1月23日(木)12時1分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000016-kana-l14
記事<原発政策が主要な争点に浮上した東京都知事選が23日告示される。22
日には出馬会見に臨んだ細川護熙元首相が「脱原発は東京にとって最優先の課
題」と主張。その行方
には投票権を持たない県民からも熱い視線が注がれる。首都から原発の是非を問
う意義はどこにあるのか。県内の市民団体、福島からの避難者らに聞い
た。・・・・・・・・・・・・・・・・・「原発が当選の道具に使われるだけで
終わる『愚』だけは、絶対に避けてほしい」。選挙が終わった後も原発の問題と
向き合い続けなけれ
ばならない避難者としての願いだ。>
・・・・・長い記事だが、最後の結びの言葉に共感、何がどうなっても被災者は
原発問題から逃れられないのです。

次に、その都知事選挙の記事を時系列に並べてみます、
25.<都知事選:きょう告示 原発政策、違い鮮明 反対×容認×依存度減>毎
日新聞 2014年01月23日 東京朝刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140123ddm001010184000c.html
記事<東京都知事選(2月9日投開票)に出馬表明をした主な立候補予定者4人
が22日、それぞれ記者会見し、最大の争点である原発政策への考え方が出そ
ろった。前日本弁護士
連合会会長の宇都宮健児氏(67)と元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)
はともに「即時原発ゼロ」を訴えたが、宇都宮氏が「一番重要なのは働きやす
く、暮らしやすい街に
するかどうか」と述べたのに対し、細川氏は「(脱原発に)一番優先的に取り組
む」と違いを見せた。元厚生労働相の舛添(ますぞえ)要一氏(65)は長期的
に原発への依存を低
くするとした。元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)は原発容認の
姿勢を示し、他の3氏と明確に線を引いた。・・・・・宇都宮氏、田母神氏、舛
添氏は、日本記
者クラブ主催の個別の会見に出席。欠席した細川氏は都庁で会見し、正式に出馬
を表明した。・・・・・・・細川氏は「(新潟の)柏崎刈羽原発などで事故が起
きたら、都民は壊滅
的な被害を受ける。原発問題が最重要のテーマだと疑う余地はない」と述べ、原
発がない東京で脱原発を問う意義を強調。省エネや再生可能エネルギーの推進に
説明の力点を置い
た。脱原発を実現するため、有識者によるエネルギー戦略会議を設置して検討す
るとし、来年の統一地方選の前に「原発即ゼロ」の都民投票を実施するのも考え
の一つとして示し
た。・・・・・・・宇都宮氏も「東京が一歩踏み出すと、国に大きな影響を与え
る」と述べ、東京から脱原発を訴える意義を訴えた。国に原発の再稼働や輸出を
しないよう求め、東
電の主要株主として柏崎刈羽原発の廃炉を同社に提案するとしたが、政策の位置
付けとしては原発問題を最優先にしなかった。また21日夜に「脱原発候補」の
一本化を模索する関
係者から出馬辞退を促され、断ったことを明らかにした。・・・・・・・「長期
的な脱原発」というスタンスを示した舛添氏は会見で「すぐゼロにすると、代替
案はどうするんです
か?」と語った。原発依存度をどのように下げるのかは「技術革新次第」と述べ
た。再稼働については「原子力規制委員会の専門家が決定し、そこから先は政府
が決定する」と語っ
た。・・・・・ 田母神氏は「原発は十分な安全性を確保しながら使っていけ
る」と再稼働に問題はないとの立場を示し、危険性を指摘する意見を「非科学
的」と評した。地方
の原発が生んだ電気を東京が大量消費している現状については「経済活動の中心
である東京の利益が地方に回り、貢献できる」と述べた。・・・・・・・・・>

26.<都知事選:「脱原発」過熱、警戒 政権、争点分散化狙う>毎日新聞 
2014年01月23日 東京朝刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140123ddm002010119000c.html
記事<毎日新聞などが朝刊で細川氏の公約を報じた22日午前、舛添要一元厚生
労働相を支援する自民党都連の国会議員は党本部で緊急会合を開き、対策を練っ
た。鴨下一郎元環境
相は「細川氏は脱原発のワンイシュー(一つの課題)で勝負してきた。基本的に
この土俵には乗らない」と当面の方針を説明した。・・・・・政権内には「原発
ゼロの具体的な道筋
が示されなければ、都民の支持は得られないだろう」という楽観論もあるが、小
泉純一郎元首相が連携を約束した細川氏への警戒感は根強い。自民党の高村正彦
副総裁は22日、
「原発を主要な争点にすべきではない。東京都は原発立地地域でないし、知事は
再稼働に何の権限もない」と記者団に語り、細川氏をけん制した。・・・・都知
事選で原発が争点
化するのを見越し、政府は今月中を予定していた新しい「エネルギー基本計画」
の閣議決定を先送りした。菅氏は「都知事選とはまったく関係ない」と説明する
が、公明党関係者は
「閣議決定は都知事選後になる。都知事選を避けたのは明らかだ」と漏ら
す。・・・・一方、スイスを訪問中の安倍晋三首相は21日夜(日本時間22日
未明)、日本テレビのイン
タビューに、小泉氏が細川氏を支援する構図について「電力の最大消費地の東京
が省エネに取り組む姿勢は、正しい方向だろう」と平静を装っ
た・・・・・・・・・>

27.<都知事選告示 候補者、新宿、渋谷で「第一声」 街頭で支持訴える>
産経新聞 1月23日(木)12時21分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000535-san-pol
記事<首都のリーダーを決める東京都知事選が23日、告示された。候補者は1
千万都民にどう政策を訴えていくのか。候補者は各地で「第一声」を上げ
た。・・・・・・・元首相
の細川護煕氏(76)は・・・午前11時20ごろからは小泉純一郎元首相
(72)とともに西新宿の都庁前で第一声。・・・・・・・元厚生労働相の舛添
要一氏(65)は午前
10時半にJR新宿駅西口で・・・・・・・元日弁連会長の宇都宮健児氏
(67)=共産、社民推薦=は午前10時半、JR新宿駅近くの新宿アルタ前で
演説開始・・・・・・・元
航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)は靖国神社に参拝した後、午前10時すぎ、
JR渋谷駅北口のハチ公前広場で第一声。元都知事の石原慎太郎日本維新の会共
同代表(81)が
応援に駆けつける・・・・・・・・田母神氏の後に発明家のドクター・中松氏
(85)が演説開始。・・・・・・・>

28.<原発、防災など争点に=16新人が届け出―都知事選>時事通信 1月23日
(木)17時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000102-jij-pol
記事<猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が23日告示され、午後5時に立
候補の届け出を締め切った結果、新人16人による選挙戦が確定した。投開票は2
月9日。・・・・・・>
16人の一覧表はこちらに、
29.<東京都知事選挙 候補者一覧>朝日デジタル1月23日
http://www.asahi.com/senkyo/2014tochijisen/kouho/?iref=com_top_pickup

九州では、都知事選挙に対する反応を伝える、
30.<「ほかは大した違いない」小泉流、一本勝負 都知事選告示>01月24日
03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30999/1/
記事<・・・・・・・・・・・◆原発即ゼロ、九州で賛否・・・・・都知事選が
告示された23日、細川護熙元首相が「原発即ゼロ」の選挙公約を打ち出したこ
とを受け、九州で
は、原発の立地自治体から「都知事選の結果で国の政策が左右されるのはおかし
い」などと争点化を疑問視する声が出た。一方で脱原発派は「首都、最大の電力
消費地で原発を見直
す議論が活発化する意義は大きい」と歓迎している。・・・・・・「東京の判断
で、こちらの生活がおびやかされるのは間違っている」。九州電力川内原発(鹿
児島県薩摩川内市)
の機器点検に従事する溶接会社社長、中間則行さん(39)=同市=は憤る。原
発を「重要な電源」と位置付ける予定の国のエネルギー基本計画に影響しないか
心配している。・
・・・・・・・「結果次第で再稼働の時期が遅れるかもしれない」。こう懸念す
るのは、同玄海原発(佐賀県玄海町)で働く作業員向け旅館を営む川口昭子さん
(71)=同県唐津
市。一方で「いつまでも原発に頼れない。都知事選で原発政策の議論が深まるこ
とはいいことだ」と複雑な思いを口にした。・・・・・・・・脱原発を主張する
九電消費者株主の
会、木村京子代表(66)=福岡市東区=は「細川氏が勝てば、福岡など全国各
地で原発が争点となる地方選挙が増えるのではないか」と期待し
た。・・・・・・細川氏が知事を務
めた熊本県の市民からは、同氏の立候補に批判的な見方があった。山鹿市の自営
業、山下学さん(58)は「首相のとき、佐川急便からの1億円借金問題で説明
責任を果たさない
まま辞任し、国民の期待を裏切った。原発即ゼロも代替案が示されず、現実離れ
している。言行不一致の政治はこりごりだ」と話した。>
こちらの記事も、きょうは都知事選挙がらみの内容に、
31.<【地域と原発 宮崎・串間から】(4)女性 反対、理念だけでは駄
目>01月24日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/31001/1/
記事<23日、東京都庁前。都知事選の立候補者が声を張り上げた。「原発は都
政のテーマでないという人たちがいるが、今ここで原発ゼロの方向を打ち出すこ
とが大切
だ」・・・・国策とされてきた原発政策が地方選の争点になじむか、各陣営のさ
や当ても激しい。だが、宮崎県串間市で長年、原発誘致の反対運動に身を投じて
きた農業江藤貴代美
さん(55)は「画期的なこと」と歓迎する。論戦が深まれば、危険な原発を引
き受けて電力を都会に供給する地方の苦悩に、都民の目が向くかもしれない。原
発誘致に翻弄(ほん
ろう)された串間の住民の一人として、遠く離れた東京へ熱い視線を注
ぐ。・・・・・串間の原発反対運動をリードしてきたのは常に、江藤さんら女性
たちだっ
た。・・・・・・・・・4
カ月後、九電は串間原発の白紙撤回を表明した。・・・・・・・・そんな女性パ
ワーも、地域の疲弊にのみ込まれていく。2011年冬。再燃した原発誘致の是
非を問う住民投票を
控え、江藤さんが寂れた市中心部でビラ配りをしていたときのこと。中年男性か
ら叱責(しっせき)された。・・・・・ 「子や孫のために原発は誘致せん、と
あんたたちは言う
が、若者はみな串間から出て行って、帰ってこんがね。あと二、三十年もすれば
串間に子どもはおらんごとなる」・・・・・・返す言葉もなかった。・・・・・
その体験があるか
ら、今はこう訴える。「脱原発は理念だけでなく、立地地域の暮らしの再建も考
えないと駄目。首都で原発の論戦をするのなら、そこまで踏み込んでほしい」>
・・・・・生活の根元から運動が原発立地を止めた。

原爆関連―こんな記事も、
32.<被ばく60年、現地訪問へ 第五福竜丸の大石さん>共同通信1月23日
記事全文<1954年、米国が太平洋マーシャル諸島・ビキニ環礁で行った水爆
実験で被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」の元乗組員、大石又七さん
(80)=東京都=が23
日、被ばく60年の3月1日に合わせ、マーシャル諸島を訪問する意向を明らか
にした。現地の政府関係者や住民が参加する式典に出席する予定。大石さんは、
共同通信の取材に
「福島で原発事故が起き、世界の核の状況は深刻になっている。福島原発事故と
ビキニ水爆実験はつながっている。60年の節目に、経験した苦しみや核の恐ろ
しさを訴えたい」と
話した。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップは、都知事選挙、2面社説の一つも都知事選挙、3面、37面社会面も、
5面下方に、都知事選候補者一覧、
2面に、17.18.19.の内容を膨らせた類危記事があります。
今朝の紙面は以上です。(1.24.5:01)
※この新聞記事紹介へのご意見等は、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ ギャー さんから:
「干渉」という詩です。

他人は赤ん坊
赤ん坊はおもちゃ
おもちゃは飽きたら捨てる
この街には捨てられた人と人
この街も捨てられた
一発の原子力の爆発で
利用できないものは捨てる
他人は利用すべきもの
ぞのようにして
おたがいが相手を利用するだけの利害で束縛し合っているこの世の中
こんな世の中はいらないよ
原発もオリンピックもいらないよ
儲けることで縛り合ってる
競うことで縛り合っている
きみの幸せはどこ?
捨てられたばっかりの赤ん坊のきみよ
こんどはきみが捨ててやる番だ
人を切り捨てて成り立っているこんな世の中を!
バイバーイ
いっさいの束縛よ
親も家族も社会も未来も
すべてが意味を変える国家!?
笑わせるな!
国家が何をした?
われわれを縛り
われわれに死を強制し
われわれの未来を消し去る戦争を引き起こす
こんな国家の干渉をはねのけて
今なすべきは
国家との戦争だ

★ BARA さんから:
2014.1.21 朝日新聞・朝刊
原発、独仏の選択 セジン・トプチュ(フランス国立科学研究センター研究員)、
ヘルムート・バイトナー(ベルリン自由大学環境政策研究センター上席研究員)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S10935802.html?ref=pcviewer

東京電力福島第一原発事故からまもなく3年。事故があっても原発を推進する
フランスと、脱原発を加速させるドイツ。
隣同士の欧州の大国は正反対の原子力政策をとっている。
世論形成になぜ違いが出たのか。両国の専門家に聞いた。

-------
【フランス エリートが世論を巧妙に操る セジン・トプチュさん】

 福島の事故後、ドイツ、スイス、ベルギー、イタリアと相次いで脱原発を表明
しました。
フランスでもオランド大統領が事故1年後の大統領選で、原子力への発電
依存率75%を将来、50%に下げるとの公約を掲げました。
しかし実現は不確かで、当面、原子力政策に重要な変更はなさそうです。

 1986年のチェルノブイリ原発事故では、政府は国民に「ソ連の粗悪な
技術によるもの」と説明し、突き放しました。
しかし日本はハイテク先進国です。
「大事故はフランスでも起こりうる」と言わざるを得ませんでしたが、同時に
「津波と地震の二重災害がフランスで起きることはほぼありえない」と強調しま
した。


 福島事故1年後に組織された「人間の鎖」にはフランス全土で6万人が参加
しましたが、強い反対は起きませんでした。
これまでの政府や原子力業界が続けてきた反対をうまくかわす戦略と効果的な
話法の結果と言えます。

 フランスの原子力政策の特徴は、非常に限られた集団、人脈で決められる
点にあります。
理系エリート養成校であるエコール・ポリテクニーク出身の専門家が、関連
官庁や電力業界を人事的に行き来しています。
超エリート集団の彼らが「原子力は公益性があり、科学的に確実なもの」と
いう完璧な理論をつくりあげました。

 技術論争に誘導

 70年代は科学者、労働組合、地方議員、教員、環境団体らの強い反対が
ありました。
政府は運動が大きくなりそうな候補地の原発建設を急ぎました。
工事が始まれば反対はしぼみます。
立地自治体は企業税で潤い、豪華な水泳プールの建設が流行し、地方議員の
反対は減っていきました。
原発見学は国をあげてのツーリズムになりました。
こうした姿は日本と似ているのではないでしょうか。

 同時に政府は反対の声を過小評価する戦略をとります。
「反対派の主張は合理的ではない」といった評判を広げるのです。
社会学者、言語学者、心理学者らを使い「反対派は感情的で無責任。
(学生運動が激しかった)68年の生き残りの長髪姿」というステレオタイプの像を
作り上げました。

 当初、反対派は「原子力は、権威主義的で技術優先の管理国家を生む」と
いった社会論の立場から反対したのですが、推進側は「コストが安い」「事故
確率はほぼゼロ」「廃棄物は少ない」といった専門性の枠にはめこんでいき、
技術論を展開しました。
議論が「専門家対反対派専門家」の構図に押しこめられ、専門用語を多用
する論争に誘導されました。

 技術論争への偏りは80年代に反対運動が弱まった一因でしょう。
反対派が専門知識を増すことは重要ですが、反対派と国の「武器」は平等
ではありません。
国は予算、施設、人員を抱えています。
結果的に反対運動は原子力技術への批判を、脱原発や代替エネルギー
開発に向けた運動にうまく結びつけることができませんでした。

 そんな反対派を社会党が受け入れたこともあります。
ミッテラン大統領が81年の大統領選で「エネルギー政策の国民投票実施」
「高速増殖炉スーパーフェニックスの停止」「外国の使用済み燃料の再処理
をしない」「原発建設の一時凍結」などを掲げたのです。
しかし、多くは守られませんでした。

 また今のところ、核兵器や原発、エレクトロニクスで高い科学技術を持つ
ことを「国の誇り」とする政府の話法に対して、多くの市民は無批判的だといえ
ます。


 欧州の動き影響

 ただ、フランスも変わる可能性があります。
原子力推進派は「市民はほぼ一貫して原子力に賛成だった」と言います。
ただそれは大規模で組織的な世論コントロールに負う面が大きく、歴史的に
みて市民が真に原子力を支持してきたというのは「神話」です。

 欧州のエネルギー転換の波はフランスにも関係します。
昨年、エネルギー政策に関する大規模な国民的議論の場が政府によって
設けられました。
高レベル廃棄物処分場の選定では地元に反対があります。
安全当局は古い原発などの安全上のもろさを指摘し、原発廃炉費用の
過少見積もりの問題も出ています。
こうしたことにより原子力を絶対視する風潮が消えるかもしれません。
(聞き手・竹内敬二)

 Sezin Topcu フランス国立科学研究センター研究員 78年生まれ。
社会学者。昨年、仏政府による原子力論争のコントロールについて分析した
「原子力のフランス」(La France Nucleaire)を出版。

--------
【ドイツ 戦後の反省、市民運動の土壌に ヘルムート・バイトナーさん】

 ドイツは2022年までに脱原発をすると決め、国民の大部分が支持
しています。
エネルギー産業も原発推進への政治的な介入やロビー活動は今や弱く、
原子力ではない分野、特に自然エネルギーの普及が経済活動を大きく
できる機会だと捉えるまでになりました。

 福島の事故では、遠く離れたドイツでも何十万人もが反原発デモに
参加しました。
被曝を恐れ、放射線を測定するガイガーカウンターを買う人も多かった。
それに比べ、日本の人たちの反応は穏やかすぎます。
その違いは、両国の政治文化の違いから生じています。

 もし今、ドイツで原発事故が起きれば、ちょっとした事故でも反原発団体
だけでなく、普通の人たちも巻き込んだ大規模な抗議運動が起きるでしょう。
原子力産業を厳しく規制し、さらに早く脱原発を進めるよう求めるはず。
原発推進側もそれを知っています。

 脱原発の流れは最近始まったわけではありません。
1970年代の南西部での原発建設阻止に始まり、再処理工場計画断念や
高速増殖炉の放棄など数十年にわたる長い歴史がある。
背景には、第2次大戦後のドイツの政治的な歩みが深くかかわっています。

 反核から反原発

 旧西ドイツでは戦後、男女平等や環境保護、反核運動など新しい市民
運動が生まれました。
東西冷戦の最前線だったドイツは、核兵器に対する反対が特に強かった。
大物政治家らが核武装を目指そうと考えたこともありましたが、研究者や
市民の運動によって断念せざるを得ませんでした。
こうした運動に反原発が結びついたのが、日本と違う点です。
濃縮ウランや核燃料サイクルで取り出すプルトニウムは平和利用を
すると言っても核兵器にも使える。
そうしたことに多くの人々が敏感でした。

 原発立地地域で始まった反原発運動は州レベルに発展し、ベルリン
などの大都市に広がります。
そんな社会運動が発展し、緑の党が80年に誕生しました。
日本でもかつて安保闘争などがありましたが、市民の支持を得て全国
規模で政治的に組織化されることはなかった。
それは、戦後も日本が中央集権国家であり続けた点が大きい。
中央集権国家は国と同レベルの力を持つ組織の存在を嫌がり、そう
ならないように介入します。

 ドイツには、中央集権的だったナチス政権が起こした戦争、そして
敗戦で東西に分割された混乱に対する深刻な反省があります。
大きな過ちをすると取り返しがつかなくなることを思い知ったのです。
そこが、社会階層がはっきりし、一部エリートが政策を決める傾向が
ある英仏と違います。
経済界や官僚などの支配機構に自分たちの社会をつくるのを任せる
のでなく、その「代わりになりうるもの」が必要だと考えたのです。

 危機感弱い日本

 旧西ドイツには戦後、州政府が大きな力を持つ連邦国家として、
地方自治のシステムが導入されます。
これで、様々な人が地域の社会活動に幅広く参加し、いろいろな
意見を持って交渉の議論に参加する土壌ができました。

 さらに、一人一人の市民が行政に対して裁判できる権利が法律で
強化され、反原発運動で多くの訴訟が起こされました。
すべてで勝ったわけではないですが、決着がつくまでに時間がかかる。
反原発運動を抑えるコストが高くつき、推進側が断念する原因の
一つになりました。

 ドイツ人の多くは、原子力は破滅的な大惨事を引き起こす技術的な
危うさがあるだけでなく、政治の不透明さや腐敗につながると見て
います。
推進する政財官の複合体が原子力における様々な問題を隠し続ける
ために、情報公開など民主主義の基本的な権利を侵害しかねないと
考えています。

 日本は大事故を起こしたにもかかわらず、今後も起きる危険性が
あるとの認識が弱い。
むしろ福島の悲劇に人々が慣れてしまっています。
原発推進側は、事故が起きても政治的に抑えこめると福島が示した
とさえ考えているのかもしれない。
日本が原子力で今までと違う道を目指すなら、人々や企業がもっと
強い環境意識を持ち、その発言が政治に反映されやすいよう、情報
公開や市民活動の促進強化などを法的に支える仕組みが必要です。
(聞き手・桜井林太郎)

 Helmut Weidner ベルリン自由大学環境政策研究センター上席
研究員 48年生まれ。
専門は政治科学。ベルリン社会科学研究センターの上席研究員を経て、
現職。75年以来たびたび来日し、日本の環境政策にも詳しい。

------------
キーワード

 <3・11後のフランスとドイツの原子力政策> 
2011年3月の福島の原発事故を受け、58基が稼働中のフランスは
オランド大統領が12年5月の大統領選で、原子力の割合を減らし、
最古のフェッセンハイム原発(2基)を閉鎖するという公約を掲げたが、
見通しははっきりしない。
核燃料サイクルは商業規模で自前の施設を持ち、推進を堅持。
ドイツは17基の原発のうち8基を即時停止。残りも22年までに止める。

★ 前田 朗 さんから:
前田朗編『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(三一書房)の書評が、『週刊
読書人』に掲載されました。
下記のサイトの図版をクリックすると、読めます。
http://31shobo.com/wp-content/uploads/2014/01/11388f6134fd6712119018d85f9cf9ed.jpg

★ 井上澄夫 さんから:
みなさんへ
 菅・石破が仲井真知事と会談しましたが、
これは稲嶺名護市長による市長権限行使への対応を含め、
知事に対し政府の方針に無条件に従うよう求めたということでしょう。
 安倍政権の埋め立て強行の動きはいよいよ露骨になってきました。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7299(+25) (1/23現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

項目に誤りがありました

2014.01.23(20:38) 1251

【内部資料】

━━━宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会|
       選対ニュース vol.2 2014年1月23日号━━

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」をお送りします。
この「選挙対策ニュース」は、「宇都宮けんじニュース」に登録された方、及び
宇都宮けんじに応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希 望のま
ち東京をつくる会」に関連したニュースをお届けしていま
す。ーーーーーーーーーーーー


 みなさん、こんばんは。
1時間ほど前に配信した選対ニュースの中で、ビラについての項目に誤りがあり
ました。お詫びして訂正致します。



以下、「②チラシを有効活用しよう」の中に「証紙ビラ」とありますが、正しく
は「確認団体ビラ」です。
「証紙ビラ」はお送りすることができません。訂正致します。
修正方、どうぞ、よろしくお願い致します。


**************************************************************************
2.電話、チラシ、カンパ! 誰でもできるアクション!
**************************************************************************


・・・

②チラシを有効活用しよう

証紙ビラ【修正→確認団体ビラ】が事務所に届いています! 必要部数・送り先
をメールまたはFAXでお寄せください。

・団地、アパート、集合住宅は、繰り返し投函することが票固めにつながりま
す。あまり難しく考えずにどんどん配っていきましょう。
・新聞を読まない若い層向けにはポスティングが有効です。若い人向けのアパー
トを狙っていきましょう。
・スーバーの前で配布する場合は、店から出てきた人に。最初から「宇都宮けん
じ」の名前は出さず、「都知事選のチラシです」と言って渡すのがコツ です。
受け取ってくれたら、「それ、宇都宮けんじの政策なんです」と言い、反応を見
る。話したがっているようであれば、話を否定したりせず、「う んうん」とひ
たすら聞いてあげましょう。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「選対ニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信希
望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「挙対ニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信停
止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」 ※リニューアルしました!
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/

◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会|選対ニュース 

2014.01.23(20:37) 1250

【内部資料】

━━━宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会|選対ニュース 2014年1月23日号━━

「宇都宮けんじ事務所・選対ニュース」をお送りします。
この「選挙対策ニュース」は、「宇都宮けんじニュース」に登録された方、及び
宇都宮けんじに応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希 望のま
ち東京をつくる会」に関連したニュースをお届けしていま
す。ーーーーーーーーーーーー


 みなさん、こんばんは。いよいよ、選挙戦スタート。
宇都宮けんじは今朝、新宿駅東口アルタ前広場で第一声を行いました。日一日と
寒くなっていきますが、体調を十分に整えて、街を紺とオレンジの宇都 宮カ
ラーで染めて盛り上げていきましょう。また、公式ホームページもリニューアル
しました。公開討論会が開催されないなか、インターネットによる 情報拡散が
重要です。ぜひご覧ください!


────・○●CONTENTS●○・────
1.今後のスケジュール
2.電話、チラシ、カンパ! 誰でもできるアクション!
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
4.告示日後にできること、できないこと
──────────────────────

*************************************************************************
1.今後のスケジュール
**************************************************************************
いよいよ、本格的に街宣、街頭の宣伝活動が始まります。
ぜひ駆けつけて、盛り上げてください!

1/23(木)
★今夜★ 20:30~ ※宇都宮さんは22:00頃出演の予定
  http://live.nicovideo.jp/watch/lv166528354
  http://www.ustream.tv/jp/special/tochijisen2014/
「わっしょい!ネット選挙」東京都知事選ネット応援演説」

1/24(金)
07:30~08:30 JR亀戸駅北口街宣
09:00~ 江東地域街宣
12:00~13:00 JR小岩駅南口街宣
13:00~ 特別秘密保護法反対国会 包囲集会@第二議員会館前
14:00~ 江戸川・墨田地域街宣
17:30~18:30 錦糸町駅北口街宣
19:00~ 官邸前デモ@国会議事堂正門前 5分スピーチ

1/25(土)
10:00~12:00 光が丘団地街宣
12:00~12:30 光が丘IMA前街宣
15:00~16:00 銀座マリオン街宣
16:30~ 銀座4丁目交差点街宣

1/26(日)
10:00~12:00 多摩センター・三越前街宣
14:00~16:00 新宿歩行者天国で「対話集会」
16:30~ 世田谷地域街宣

※スケジュールは、事情により変更することもあります。最新の予定は、HPをご
覧ください。また、街宣には宇都宮さんが参加するものとしないもの がありま
す。ご了承ください。

**************************************************************************
2.電話、チラシ、カンパ! 誰でもできるアクション!
**************************************************************************
無制限にできる電話による投票呼びかけなど、作業は山ほどあります。事務所は
朝9時半から夜7時まで、短い時間でも構いません。託児キッズコー ナーもあり
ますので、親子で安心していらしてください!
 まずは証紙シール貼り。本日、選管が発行する証紙シール30万枚を受け取って
きました。これを確認団体ビラというチラシに貼らなくてはなりませ ん。お
しゃべりしながら、シール貼りは結構楽しいものです。ぜひ事務所にいらしてく
ださい!
 街宣先での応援ボランティアも不足しています。ぜひ足をお運びください!
 
★誰もができる、3つのアクション★

①電話かけ

自宅から、事務所から、ケータイからなど、だれでもどこでも、自由にできま
す。着実に票を積み上げるには電話が一番です。お持ちの名簿を使って確 実な
電話かけをお願いします! 宇都宮けんじの知名度は、まだまだこれから上げて
いく必要があります。 みなさんお力が頼りです! 事務所での電 話かけ大作
戦は、1月25日(土)から始まります。
※ご自宅で電話かけをやってくださっている方は、反応や感触などを選対事務局
までぜひお知らせください。

②チラシを有効活用しよう

証紙ビラが事務所に届いています! 必要部数・送り先をメールまたはFAXでお
寄せください。

・団地、アパート、集合住宅は、繰り返し投函することが票固めにつながりま
す。あまり難しく考えずにどんどん配っていきましょう。
・新聞を読まない若い層向けにはポスティングが有効です。若い人向けのアパー
トを狙っていきましょう。
・スーバーの前で配布する場合は、店から出てきた人に。最初から「宇都宮けん
じ」の名前は出さず、「都知事選のチラシです」と言って渡すのがコ
ツです。受け取ってくれたら、「それ、宇都宮けんじの政策なんです」と言い、
反応を見る。話したがっているようであれば、話を否定したりせず、 「うんう
ん」とひたすら聞いてあげましょう。

**************************************************************************
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
**************************************************************************

 公職選挙法の一部改正に伴い、インターネット選挙(ネット選挙)が解禁とな
りました。選挙期間中、ウェブサイトやSNSを使った選挙運動が可能 となりま
す。しかし一方で、今までどおりの規制もありますので、十分注意してください。

1.選挙期間中に、ウェブサイト等での選挙運動ができる!
 選挙期間中、有権者はウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターや
フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を 利用した選
挙運動ができます。
 例えば皆さんが、ご自身のブログやツイッターなどで、「このたびの選挙では
清き一票を、お願いします。ぜひ○○さんを当選させましょう」と書いて表示・送
付してもOKです。UST放送などの動画配信サイトにて、同様の内容をしゃ べって
伝えてもかまいません。

★注意!★
発信の際には、ご自身の連絡先としてのメールアドレス、返信用フォームの
URL、ツイッター名などが義務付けられています。(「電子メールアドレ ス等の
表示義務」)。
インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票
日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第 239条)。

2.電子メールでの選挙運動はNG!
 ネット選挙が解禁になっても、これまで通り有権者は電子メールを使って選挙
運動をしてはいけません(メールで選挙運動用の文書やチラシ画像等を 頒布で
きるのは、候補者・政党等に限ります)。
また、有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用の電子メールを転送
することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第 243条)。
 選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用のメール
などの文書や画像をプリントアウトして配布することも禁じられていま す(公
職選挙法第142条、第243条)。

※詳細は総務省HP「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

**************************************************************************
4.告示日後にできること、できないこと
**************************************************************************
詳しくはこちら → http://utsunomiyakenji.com/support/


いよいよ告示日です。告示日前の活動は、「政治活動」でしたが、今日からは
「選挙運動」となります。ちなみに「選挙運動」の期間を厳密にいえば、 告示
日に立候補者が立候補の届け出をしてから、投票日(2月9日[日])の前日までに
限られます。

◆候補者が行う選挙運動とは?
公職選挙法により認められた候補者が行う選挙運動は、ポスター等の印刷物や演
説会等の言論などによって行われますが、その方法の主なものは次のと おりです。
○選挙事務所の設置
○選挙運動用自動車の使用
○選挙運動用はがき
○新聞広告
○法定ビラの配布(衆議院議員選挙・参議院議員選挙及び地方公共団体の長の選
挙に限る。)
○選挙公報
○ポスターの掲示
○街頭演説
○個人演説会
◆候補者以外の方の選挙活動について
 下記の行為は公職選挙法上、問題なく行えます。
●友人・知人へ電話をかけ「○○候補に投票しましょう」「○○さんを都知事へ!」
「○○候補への投票をよろしくお願いします」などの呼びかけを行 うこと。
●選挙事務所へのボランティア、選挙運動用として許可を得たポスター・ビラな
どの貼りだし・配布の手伝い

★注意 やってはいけない行為★
候補者・選挙事務所関係者・一般の方、いずれも下記の行為は公職選挙法違反と
なります。
(選挙活動に参加できるのはボランティアのみです)

◯買収
 選挙犯罪のうちではもっとも悪質なものであり、法律できびしい罰則が定めら
れています。候補者はもちろん、選挙運動の責任者などが処罰された場 合は当
選が無効になることもあります。
◯戸別訪問
 誰であっても、特定の候補者に投票してもらうことを目的に、住居や会社、商
店などを戸別に訪問してはいけません。また、特定の候補者名や政党名 あるい
は演説会の開催について言い歩くこともできません。
◯あいさつを目的とする有料広告
 候補者や後援団体(特定の候補者を推薦し支持する団体)は、選挙区内にある
者に対し、時候、慶弔や激励などのあいさつを目的とする広告を有料で 新聞、
雑誌に掲載したり、テレビやラジオで放送したりしてはいけません。
◯飲食物の提供
 誰であっても、選挙運動に関して飲食物を提供してはいけません。
 ただし、お茶や通常用いられる程度のお茶菓子や果物は除かれています。
 また、選挙運動員に渡す一定の数の弁当は提供することができます。
◯署名運動
 誰であっても、特定の候補者に投票をするように、あるいは投票しないように
することを目的として選挙人に対し署名を集めてはいけません。
◯気勢を張る行為
 誰であっても、選挙運動のため人目を引こうと自動車を連ねたり隊列を組んで
往来したりしてはいけません。

★ご不明な点などありましたら、「希望のまち東京をつくる会」
(03-5369-2765)までお問い合わせください。
弁護士チームを東京中に張り巡らせて、何かあったら現場に急行できるように待
機しています。


それでは、希望の輪をつないでいきましょう!!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「選対ニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信希
望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「挙対ニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「選対ニュース配信停
止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」 ※リニューアルしました!
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/

◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1009目報告☆

2014.01.23(20:35) 1249

青柳行信です。1月23日。

朝日新聞1月14日 <反原発1000日の叫び> 
http://tinyurl.com/lx5qv3m

本日■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1009目報告☆
呼びかけ人賛同者1月22日迄3130名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月22日1名
   生田ヨシヱ
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
冷えましたねえ。 一段と。
暖を取りながら 身体に気を付けてください。

 支援の方々にお願いしたいのですが、
時間がとれたら、テントにお立ち寄りください。
 10:00~11:00 テント立ち上げ (30分程度)
 11:00~13:00 来訪者への応対
 13:00~15:00 来訪者への応対
 15:00~17:00 テント 撤収  (30分程度)
テントの立ち上げと 撤収は 3~4人いると早く済みます。
 よろしくお願いします。

 あんくるトム工房
稲嶺市長の思い  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2837

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆日本に民主政治の弊えしか選挙結果を無視する政府
    (左門 1・23-545)
※1月22日、朝日川柳の川柳子達は健在だ!①勝てば民意で負ければ地方(千葉
県・真庭真)、②淡々と粛々として強行し(東京都・岡崎実)、③見返りは手のひ
ら返し意趣返し(広島県・いぬいかおる)、④政権の性根がわかる振興金(奈良
県・長谷川カズオ)等々。間違った政権の問題点(「性根」)批判に鋭い川柳子
たちは、庶民の「民意」の代表だ。庶民は健全である。間違っているのは、「性
根」の腐った議員達が「圧倒的多数」をせしめるようになっている「小選挙区
制」のシステムにある。名護市・沖縄県と連帯して、この腐った「意趣返し」し
か知らない「選良」ならぬ「「悪代官ばら」を駆逐する制度を実現して、「日本
国民は、民意を正しく反映した選挙による国会の代表者を通じて政治を行う」
(伊藤真訳『現代語訳 日本国憲法』ちくま信書)国会を回復して、「勝てば民
意で負ければ地方」などを許さない、正真正銘の民主主義国家を実現しましょう!

★ M.Shimakawa さんから:
 フィンランドの核廃棄物処理施設を描いた、「10万年後の安全」(日本語
 吹き替え版)が、配給元のアップリンクのホームページで、期間限定で無
 料公開されています。
------------


東京都知事選の争点となる”脱原発”
イデオロギーを超えて原子力発電所をどうすればいいのかを考える
100,000年後の安全

配信期間:2014年1月22日(水)正午12時~2月10日(月)正午12時
---------------------------------------------------------------------------
 映画についての詳細は、上記ホームページや、
 「100,000年後の安全」公式サイトをご覧ください。
 

なお、東京渋谷アップリンクでも1/24金曜日までアンコール上映中とのことです。
 

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、昨日までの荒れ模様が一転して快晴になるとの予報がでています。
今朝は、福島第一の現場を伝える記事から始めます。きょうは、テーマが多岐に
わたります。
※後段に、九州の記事も多数あります。

1.<建屋で水の流れ、毎時1・5トン 福島3号機、格納容器から漏水か>西
日本01月22日 20時52分
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/64956
記事<東京電力は22日、福島第1原発3号機の原子炉建屋1階で出元の分から
ない水の流れが見つかった問題で、流量は推定で毎時約1・5トンだったと発表
した。水の流れる速度から推計した。流れていた水の温度は約20度だっ
た。・・・・溶けた燃料を冷却するため原子炉に注入される水は毎時約5・5ト
ンで、水温は約7度。東電は燃料で温められた水の一部が格納容器から漏れた可
能性が高いとみている。>
・・・・・やはり、格納容器から漏れ出ていることが確実に・・・・。

2.<放射性物質が最高値…福島第一の観測用井戸>読売新聞1月22日12時49分
⇒http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140122-OYT1T00516.htm?from=tw
記事<東京電力は21日、前日に採取した福島第一原子力発電所の護岸にある観
測用井戸の水から、放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が、過
去最高の1リットル当たり310万ベクレル検出されたと発表した。・・・・・
この井戸で昨年9月に採取を始めた際の観測値は同40万ベクレル前後で、以
降、上昇が続いている。・・・・この井戸から東に約15メートル離れた場所で
は、地下水のくみ上げが続いている。東電は、地下水の移動に伴い、地下に残っ
た高濃度の汚染水が井戸に流れてきたのが原因と説明している。>

3.<原発汚染水問題 汚染源とされる地下トンネルの水の除去作業へ>フジテ
レビ系(FNN) 1月22日(水)12時17分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140122-00000680-fnn-soci
記事<福島第1原発では、放射性物質に汚染された地下水の海への流出が大きな
問題となっているが、東京電力は、23日にも、汚染源とされる、地下トンネルの
汚染水を取り除くための作業を始めることにしている。福島第1原発では、汚染
された地下水の海洋流出が大きな課題となっていて、これらの地下水の主な汚染
源は、建屋とつながっている「トレンチ」という、地下トンネルとみられてい
る。トレンチの中にたまっている汚染水は、極めて高い濃度のもので、建屋から
新たに流れてくる汚染水と混じっている可能性があるという。・・・
東京電力では、対策の切り札として、建屋とトレンチの間を氷の壁でふさいで
から、汚染水を取り除く計画で、その後、セメントでトレンチをふさぐことにし
ている。東京電力が1月、トレンチに穴を開けて中の様子を撮影した結果、がれ
きなどの大きな障害物が見当たらなかったという。このため、23日にも壁を凍ら
せるための配管の設置を始め、3月下旬以降に、凍結作業に着手する見通し。>

4.<欠陥タンク 延命図る 福島第一 漏水不安のボルト締め型>東京新聞
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014012202100005.html
記事<・・・・・水漏れの不安を抱える福島第一原発のボルト締め型タンクに、
漏水防止の延命策を施し、数年の間は使い続ける方針を決めた。漏水しにくく耐
久性が高い溶接型タンクに早急に置き換えるとしていたが、増設が急速には進ま
ず当初の方針から後退した。置き換えは来春以降にずれ込む見通しで、当面は弱
点の底板の接ぎ目を止水材で補強し、だましだまし使い続け
る。・・・・・・・・・・>
・・・・・その方法の詳細を伝えています。

汚染水―過去の経緯を伝える記事、
5.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:20 国費投入で体制一新>朝日デ
ジタル1月22日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10937725.html
記事<・・・・・・地下水調査のボーリングも、東電はしていなかった。委員長
の大西有三は「事故後2年もあったのに、なんで何もやってないんだ」と驚い
た。・・・・・国費投入が決まって、東電は体制を一新する。・・・・東電の担
当者レベルではとっくに雨水が原因と認識している。だが、上層部はそうではな
い。・・・・・・・大物財界人のJFEホールディングス相談役の数土文夫(す
どふみお)(72)が会長に就く。さらに東電に廃炉・汚染水対策部署「廃炉カ
ンパニー」を新設する。最高責任者は増田尚宏(ますだなおひろ)(55)。震
災時の福島第二原発の所長だ。・・・・・・>

東電は、
6.<原賠機構、東電に1180億円追加交付>時事通信 1/22 14:33
⇒http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140122-00000066-jijnb_st-nb
記事<東京電力 <9501> は22日、福島第1原発事故の賠償資金として政府の原子
力損害賠償支援機構から1180億円の追加交付を受けたと発表した。24回目で、2
月末までに支払う賠償金は3兆4757億円となる見込み。受け取った資金は不動産
などの賠償金に充てる。>


被災地フクシマをめぐる記事、
7.<県内8市町村に7億円 復興庁の子育て環境改善交付金>福島民報 1月22
日(水)12時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000012-fminpo-l07
記事<復興庁は21日、福島県の子育て環境を改善するため屋内運動場整備費用
などを支援する「福島定住緊急支援交付金」(子ども元気復活交付金)の平成
25年度の第3回配分を決定した。今回が初めての配分となった子育て定住支援
賃貸住宅の整備費など県内8市町村に計7億円が交付される。・・・・・・運動
施設整備では総事業費の約2分の1、子育て定住支援賃貸住宅整備では3分の2
を国が交付金として拠出し、残りは地方が負担する。地方負担分は震災復興特別
交付税で穴埋めされるため、市町村の実質負担はゼロ。・・・・・・>
・・・・・施設完成後のその後の維持費はでるのか?

8.<研究会が発足 浜通りロボット研究地域構想>福島民報 1月22日(水)12時
2分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000013-fminpo-l07
記事<浜通りをロボット研究開発の最先端地域とする「福島・国際研究産業都市
(イノベーション・コースト)構想」の策定に向けた研究会が21日、発足し
た。初会合が同日、福島市の福島復興局で開かれ、平成32年までのスケジュー
ルを構想で明確にすることなどで合意した。・・・・・座長を務める赤羽一嘉経
済産業副大臣(原子力災害現地対策本部長)・・・・・・・次回は2月に福島市
内で開催される予定。>


9.<常磐道広野―富岡間、2月22日に再開 線量「健康に影響なし」>福島民友
新聞 1月22日(水)11時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00010000-minyu-l07
記事<東日本大震災と東京電力福島第1原発事故による通行止めが2月末に解除さ
れる見通しだった常磐道広野―常磐富岡インターチェンジ(IC)間(延長16.4キ
ロ)について、東日本高速道路(ネクスコ東日本)は21日、再開通日を2月22日
と発表した。除染が完了、復旧工事も計画通り進む見通しのた
め。・・・・・・・・・・・独立行政法人原子力安全基盤機構(JNES)は21日、
同区間を走行した際の被ばく量の評価結果を公表、片道の通行で車は0.2マイク
ロシーベルト、バイクでは0.25マイクロシーベルトと算定した。JNESは「健康
に影響はない水準」という見解を示した。被ばく量は時速70キロで十数分間、同
区間を走ったと仮定して算出。故障などで道路脇に車を止め、車外に1時間待避
した場合には1.5~3マイク
ロシーベルトとした。・・・・・・ネクスコ東日本によると、同区間の空間放射
線量は平均で毎時3マイクロシーベルト、最高地点で毎時3.9マイクロシーベル
ト。同社は最高地点にモニタリングポストを置き、広野、常磐富岡の両料金所の
モニターで測定値を公開する。>
・・・・・・こうして、高線量のところをところを自由に通れるようにして、慣
らしていくつもりか?

10.<福島)避難6万2千世帯、県意向調査始まる 4月に公表>朝日デジタ
ル1月23日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1Q5FPJG1QUGTB00S.html
記事<福島第一原発事故で県内外に避難したすべての避難世帯を対象に、県によ
る意向調査が22日、始まった。避難生活の現状や帰還の意思などをたずねるア
ンケート用紙を同日発送した。回答をとりまとめて避難者への支援策づくりに役
立てる。意向調査は、昨年12月の県議会で佐藤雄平知事が実施する意向を表
明。震災時や現在の住居の状況▽情報提供のあり方▽今後の意向――などについて、
約30項目をたずねる。対象世帯は約6万2千世帯。 原発事故による避難自治
体の多くでは、すでに復興庁や市町村、県で意向調査をしているが、県単独は初
めて。・・・・・・・・・・・・・>

11.<福島2信組、東電を提訴 「原発被災、地域を破壊」>朝日デジタル1
月23日01時26分
⇒http://www.asahi.com/articles
/ASG1P7679G1PUGTB010.html?iref=comtop_list_nat_n04記事<東京電力福島第一
原発事故で一部の支店が営業できなくなったとして、福島県の2信用組合が東電
に計約2億2800万円の賠償を求める訴訟を起こし、福島地裁いわき支部で
22日、第1回口頭弁論があった。事故の被害をめぐり金融機関が東電を提訴し
たのは初めて。地域とのつながりを奪われた信組職員は「失ったものはあまりに
大きい」と語る。東電側は争う姿勢を示した。2信組は、相双五城信用組合(本
店・相馬市)といわき信用組合(同・いわき市)。・・・・・・・・・・>

12.<震災の記憶の風化を食い止めようと、福島の男性が被災地ツアー>フジ
テレビ系(FNN) 1月22日(水)12時41分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140122-00000687-fnn-soci
記事<東日本大震災の記憶が風化するのを食い止めようと、福島県の男性が、被
災地をめぐるツアーを行っている。 福島第1原発事故で避難している藤田 大さ
ん(44)は、ふるさとの福島・富岡町をめぐる「震災ツアー」を、ボランティアで
行っている。 津波で被災した駅や、避難区域に設置されたフェンスなどを案内
する。・・・・・ツアーの参加者は「非常に複雑な気持ちですね」と話した。福
島県を訪れるボランティアの数が大きく減少するなど、震災の記憶は薄れつつあ
る。震災ツアーを運営する藤田さんは「忘れるから生きていける部分もある。と
ころが、忘れてはいけないという半面もあると思う」と話した。・・・・・・・
藤田さんは、これからも震災ツアーを続けていく。>

13.<早期退職267人 避難区域抱える市町村>福島民報(01/22 08:44)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014012213443
記事<福島第一原発事故に伴う避難区域を抱える市町村の早期退職者は少なくと
も267人に上る。21日、福島市のコラッセふくしまで開かれた自治労本部と
自治労県本部、被災自治体職労との意見交換会で報告された。長期化する住民の
避難生活への対応、業務の多様化、自身も避難者で将来設計が見通せないなどの
理由が考えられるという。・・・・東日本大震災と原発事故直後から昨年12月
末までの早期退職者が最も多かったのは、南相馬市で180人。次いで双葉町
19人、大熊町18人、楢葉町16人、富岡町9人、飯舘村8人、浪江、広野両
町が各7人、葛尾村3人だった。川内村は早期退職者がいなかった。・・・・・>
・・・・・退職を選ぶ・・・給与を保障された公務員でも・・・・。

14.<漁獲物の検査体制再構築 県漁業復興協、検討部会発足。福島民友
(01/22 10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0122/news9.html
記事<・・・・・・・・試験操業では、食品の基準値(1キロ当たり100ベク
レル)より厳しい1キロ当たり50ベクレル以下の出荷基準を自主的に設けてい
る。漁獲物は水揚げ日ごとに1海域につき1魚種1検体以上を各漁協が検査。同
25ベクレルを超えた場合、県水産試験場でより精密な再検査を行い、測定値が
50ベクレル以下の場合に限り出荷している。・・・対象魚種の増加に伴い水揚
げから検査、出荷までの過程に遅れが生じることを懸念する声が多く、部会を設
置。漁獲物の安全管理体制を保ちつつ、より効率的な検査方法を探る。>

15.<沿岸でも試験操業決定 3月、いわきの2魚種対象>河北新報(1/22
06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140122t65012.htm?
記事<福島県地域漁業復興協議会は21日、いわき市で会合を開き、福島第1原
発事故で自粛しているいわき市沿岸の船引き網漁の試験操業を3月1日に始める
ことを決めた。24日の県漁連組合長会で決定する。海域は海岸線から約10キ
ロ以内の沿岸部で、イシカワシラウオとコウナゴの2魚種を漁獲対象とする。昨
年以降の県の放射性物質検査で安全性が確認されたとして操業に踏み切る。コウ
ナゴは茨城県北茨城市で加工し、検査を通れば出荷する。・・・・・・・・・・>

16.<福島の新酒「今年も安全、安心」 厳しい放射能検査、東京でPR>共
同通信1月22日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/01/post-8835.html
記事<福島県産の新酒発表会が22日、東京・紀尾井町のホテルであった。東京
電力福島第1原発事故に伴う風評被害をなくそうと、原料の米だけでなく醸造段
階でも放射性物質検査をしているが、出荷量の伸び悩みは続いているという。酒
の仕込みは事故後3回目。出品した26の蔵元は「今年もうまいお酒ができまし
た。安心して味わってほしい」とPRした。・・・・>

17.<22日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(魚介類・加工食品・牧草・飼料)県内死者・行方不
明者数>福島民報1月23日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・記事中に、「魚介4点基準超え・・・・}という見出しが見えます。
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
18.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月22日
17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140122/1482702
記事<▼空間放射線量率(22日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/
時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

19.<栃木県有地23カ所も選定対象に 指定廃棄物処分場候補地>1月22日 朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20140122/1481666
記事<放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場問題で、処分場の候補対象地と
なる県有地は、11市町の23カ所で計5千ヘクタール程度になることが、21日分
かった。県は近く、候補対象地の抽出を要請していた環境省に対し、報告書を提
出するとみられる。各県の事情を考慮した選定手順「ローカルルール」の本県版
が2013年12月の市町村長会議で決まり、候補地には国有地以外に県有地も含
まれることになっている。・・・関係者によると、県が取りまとめる対象となる
県有地は、県有林が18カ所で計約5千ヘクタール、未利用県有地が5カ所で計約
20ヘクタールという。1カ所当たりの面積は2ヘクタール以上。・・・候補対象
地の抽出は、県に対し7日付で環境省から依頼があった。・・・・・・>

宮城県、
20.<指定廃棄物最終処分場 宮城県内の3候補地比較>河北新報1/22 09:19
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140122t11027.htm
記事<環境省は21日、東京電力福島第1原発事故で発生した県内の指定廃棄物
を最終処分する候補地に選んだ栗原市と加美町、大和町に対し、地質調査などへ
の協力を申し入れた。候補地3カ所はいずれも山間部の国有林だが、地理的な条
件や歴史的な経緯は異なる。地盤などの適性を疑問視する声も地元から上がる。
どんな場所なのか。自治体や周辺住民らを取材した。・・・・・・・>
・・・・・・候補地の状況を伝えています。

原発立地自治体―福井県・滋賀県、
21.<美浜原発、深刻事故で図上訓練 滋賀県も参加>共同通信1月22日
記事全文<福井県は22日、関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)で深刻な
事故が起きたとの想定で、美浜原発から30キロ圏の緊急防護措置区域
(UPZ)の住民避難に関する原子力防災図上訓練を県美浜原子力防災センター
で実施した。原子力災害時に避難区域を30キロ圏に拡大した国の原子力災害対
策指針を受け、県が改定した地域防災計画に基づく初の訓練で、30キロ圏に一
部が含まれる滋賀県や岐阜県の職員も参加した。>


規制委 
22.<「核」検討会を非公開 電力社員の身辺調査 秘密法先取り>しんぶん
赤旗1月22日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-22/2014012201_07_1.html
記事<原子力規制委員会が24日に開催する「核セキュリティに関する検討会 
個人の信頼性確認制度に関するワーキンググループ」の初会合が非公開となるこ
とが21日までに分かりました。規制委は、理由は不開示情報を扱うからとして
おり、不開示情報を含む資料や議事録についても非公開です。同日会見した原子
力規制庁の森本英香次長は、議論のテーマは「論点整理」としつつも、非公開に
した理由について「自由な議論をしていただく」と述べました。・・・・同ワー
キンググループは、「核セキュリティに関する検討会」の下に設置されていま
す。同検討会は、これまで公開で2回開かれ、議事録も公開されていますが、昨
年の7月8日以降は開かれていません。・・・同ワーキンググループで検討す
る信頼性確認制度とは、原子力施設内で働く電力会社の社員などの詳細な個人情
報調査を行い、内部からの情報漏えい、テロなどを予防しようという制度。秘密
保護法で実施される身辺調査の「適性評価」を先取りしたような内容だと指摘さ
れています。・・・・・・>
23.<フルMOXの大間原発に慎重姿勢 原子力規制委員長>朝日デジタル1
月23日00時33分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1Q5HPCG1QULBJ008.html
記事<・・・・・・・大間原発は、国の設置許可を2008年に受けて工事が始
まったが、東日本大震災で中断。12年10月に再開した。運転を始めるには、
原発の規制基準に適合しているか審査を受ける必要がある。田中委員長は、福島
第一原発事故を念頭に「事故を起こした日本で、世界でやったことがないフル
MOX炉心をやることは、相当慎重にならざるを得ない」と話した。・・・国内
の一部の原発で実施されたプルサーマルでは、炉心の一部にMOX燃料を使う
が、大間原発では段階的に割合を増やして、将来的に100%使用する計画を立
てている。>

政党、
24.<自民党電力議連 事務局長・高木衆院議員に原発マネー 原発銀座 福
井の企業から 再稼働「急務」と提言>しんぶん赤旗1月22日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-22/2014012201_04_1.html
原発の再稼働などを求める自民党議員でつくる「電力安定供給推進議員連盟」
(電力議連、会長=細田博之幹事長代行)の事務局長、高木毅(つよし)衆院議
員の政党支部が、原発で恩恵を受ける企業などから多額の献金を受け取っていた
ことが本紙の調べでわかりました。・・・・ 電力議連は、昨年5月、原発再稼
働推進派の自民党有志によって発足。・・・・・・発足当初は約70人でした
が、安倍政権の原発推進姿勢もあって、いまでは140人を超えたといいま
す。・・・・・>
・・・・・・・お金が幅をきかせます。

電気料金値上げ、
25.<中部電値上げでチェック項目=消費者庁>時事通信(2014/01/22-18:42)
記事全文<消費者庁は22日、中部電力の家庭用電気料金値上げの認可申請の妥
当性を評価するチェック項目をまとめ、経済産業省に送付した。42項目あり、
浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働を織り込んだ理由を明確に説明しているか
どうかなどを審査するよう同省に求めている。>

都知事選挙、
26.<細川氏、公約は5項目 原発ゼロ・簡素な五輪・防災…>朝日デジタル1
月22日13時52分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1Q46QHG1QUTIL00Z.html
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立候補を表明している細
川護熙元首相(76)は22日夕、東京都庁で記者会見し、公約を発表する。公
約は①原発ゼロ②2020年東京五輪 東京・東北③防災④都市基盤整備⑤子どもと
高齢者にやさしい先見的都市モデル――の5項目にまとめられている。・・・・公
約の筆頭に挙げられるのが「原発ゼロ」。原発ゼロで「新しい成長に点火する」
と掲げる。政治が方針を打ち出すことで、省エネ、再生可能エネルギー産業を世
界トップクラスの成長産業にすると訴える。・・・・・陣営は「再稼働を止め
る、すなわち即時原発ゼロだ」と強調し、「再稼働しつつ中長期的に原発を減ら
すというのは『原発ゼロ』ではない」と一線を画す。・・・・・東京独
自のエネルギー政策を実現するため、専門家による仮称「東京エネルギー戦略会
議」をつくる。東京電力の改革や電気料金適正化にも取り組み、中小企業や消費
者を保護するという。・・・・五輪については、「2020年東京五輪 東京・
東北」を掲げ、震災復興を世界に示す。・・・・・・・・22日午後は、元航空
幕僚長の田母神俊雄氏(65)、元厚生労働相の舛添要一氏(65)、日本弁護
士連合会前会長の宇都宮健児氏(67)も日本記者クラブで会見する。>

27.<{安倍首相} 小泉氏は「政治師匠」 都知事選支援「有益だ」>毎日
新聞 1月22日(水)12時22分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000034-mai-pol
記事<安倍晋三首相は22日午前に放送された日本テレビの番組で、東京都知事
選に立候補表明した細川護熙元首相を小泉純一郎元首相が支援することについて
「議論が活発になるという上では有益だ」と指摘した。首相は小泉氏を「政治の
師匠」と強調。そのうえで「首都の選挙だから、その結果は真摯(しんし)に受
け止めなければならない」と語った。・・・・・・・>

28.<菅元首相、細川氏支持訴え>時事通信 1月22日(水)11時52分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000049-jij-pol
記事<民主党の菅直人元首相は22日、JR三鷹駅前で街頭演説し、23日告示される
東京都知事選について「今、原発をやめておくことが重要だ。そのためにも細川
護熙元首相になってもらいたい」と述べ、「脱原発」を公約に知事選に出馬する
細川氏への支持を訴えた。・・・・・>

こういう主張もあります、
29.<希望のまちに 東京都知事選 <上> 安倍暴走政治 宇都宮氏 ストッ
プと公約 舛添・細川氏 都政に持ち込む立場>しんぶん赤旗1月22日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-21/2014012104_01_0.html

30.<23日告示の東京都知事選挙 注目の候補者たちが記者会見に臨む>フジテ
レビ系(FNN) 1月22日(水)18時50分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140122-00000715-fnn-pol
<いよいよ23日に告示される東京都知事選挙。注目の候補者たちが22日、記者会
見に臨んだ。・・・・・・午後5時すぎ、細川護熙(もりひろ)元首相が、東京都
知事選の出馬会見に臨んだ。・・・・・・・・・22日、日本記者クラブでは、舛
添氏のほか、2人の候補者が会見した。・・・・前日弁連会長の宇都宮 健児
氏・・・・・・・・・元航空幕僚長の田母神 俊雄氏・・・・・・・・・都知事
選は、紹介した4人のほかに、ドクター・中松氏、中川智晴氏、五十嵐 政一氏、
鈴木達夫氏、根上 隆氏、平澤 求氏、マック赤坂氏、ひめじ けんじ氏、ないと
う ひさお氏、金子 博氏、家入一真氏が立候補を表明している。>

31.<原発再稼働で違い鮮明=防災、福祉は充実で一致-都知事選候補者>時
事通信01/22-21:16
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012200927
記事<東京都知事選(2月9日投開票)の構図が決まり、各候補者の政策も出そ
ろった。エネルギー政策をめぐっては、「脱原発」の主張が目立つが、原発再稼
働を認めるかどうかで立場が分かれる。一方、安全性を確保した上で原発の活用
は必要との意見もある。・・・・・・・>

32.<東京都知事選挙、きょう告示>日本テレビ系(NNN) 1月23日(木)2時23
分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140123-00000007-nnn-soci
記事<・・・・・・・・・・・東京都の有権者数は約1082万
人。・・・・・・・・・・・・・・>

九州、
33.<原発、九州でも争点 選挙結果が再稼働に影響も>西日本電子版01月23
日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30921/1/
記事<23日告示の都知事選に「原発即ゼロ」を唱える細川護熙元首相が立候補
を表明し、国策とされてきた原子力政策を地方選挙で争点化する新たな流れが台
頭してきた。九州でも、26日告示の福岡県糸島市と長崎県松浦市長選では、九
州電力との原子力安全協定など原発問題が争点になりそうだ。4月の佐賀県伊万
里市長選も選挙になれば、未締結の安全協定の問題が一つの焦点になる。選挙の
結果次第では、玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働にまで影響が及ぶ可能性もあ
る。3市は、市の全域か一部が玄海原発から半径30キロ圏の緊急防護措置区域
(UPZ)内にある。・・・・・糸島市は30キロ圏の約1万5千人が市外への
避難対象だ。(2氏が立候補をを表明)・・・・・・・・・・・玄海原発か
ら最短で8・3キロの松浦市。市長選には3人が立候補を予定す
る。・・・・・・・・・・伊万里市は、事前了解を含む安全協定を求め、玄海原
発30キロ圏内の自治体で唯一、九電と締結交渉を続けている。現在、市長選
(4月6日告示)への出馬表明は現職の塚部芳和氏(64)のみ。・・・・安全
協定を結ばない段階での再稼働には反対の立場・・・・>

昨日の朝刊紙面にあった26.の記事の詳細を伝える記事、
34.<九電子会社キュウデン・エコソルに42億円の協調融資~政策投資銀行な
ど8行 >データ・マックス1月22日 16:05
⇒http://www.data-max.co.jp/2014/01/22/4258_yng1.html
記事<九州電力の100%出資子会社である株式会社キュウデン・エコソルに対し
て、政策投資銀行ら8金融機関による協調融資が始まった。総額42億円。キュウ
デン・エコソルはメガソーラー発電事業を展開する会社で、九州内各地に今後設
置していくメガソーラー発電所の建設費用などに充てるために融資を受けた。予
定されているメガソーラー発電所は長崎県佐世保市、福岡県宗像市、熊本県菊池
市、宮崎県綾町など9サイト。合計21MWに達する予定だ。・・・・政策投資銀
行によると、九州内の各行と連携して「地産地消」のごとく各地域の金融機関と
連携をとるのが望ましいとの判断から協調融資(シンジケートローン。複数の金
融機関が協調して融資する金融方式。取りまとめ役をアレンジャーという)とい
う形をとった。各行の融資額については「コメントできない」としてい
る。・・・・・・・・・・この融資は、言うまでもないが、キューデン・エ
コソルに対してなされたもので、そのお金が九電に流れることは許されていな
い。原発が止まったままの状態にある九電本体の経営状況に変わりはなく、厳し
い状態が続いている。>

35.<原子力防災を学ぼう 毎月26日に研修会、薩摩川内市>西日本電子版
01月23日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30911/1/
記事<九州電力川内原子力発電所が立地する鹿児島県薩摩川内市は、今月から毎
月26日に市民を対象に原子力防災に関する研修会を開く。川内原発の事故に備
えて策定した防災計画や広域避難計画を広く市民に伝え、理解を深めてもらう狙
い。市は、自治会の会長ら幹部を対象に説明会を開いてきたが、一般市民への取
り組みも必要と判断した。10月26日の原子力の日に合わせ、毎月26日開催
とした。研修会では計画の内容を説明、放射線への知識を深める学習などを予定
している。研修会の定員は、意見を述べやすくするため30人ほどで、事前に参
加を受け付ける。今月26日は午前10時から市役所である。・・・・・>

36.<【地域と原発 宮崎・串間から】(3)移住者 外の視点で資源を生か
す>西日本電子版01月23日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30922/1/
記事<・・・・・・・・・・その一方で、桜井さんは串間の人たちが長い間、原
発を望んだ気持ちも分かるという。東京で暮らす母親の古里は、東京電力福島第
1原発から20~30キロ圏内にある福島県川内村。原発は地域に恩恵をもたら
した。・・・1970年代に相次いで建設された原発のおかげで村には新しい道
路やトンネルが次々にできた。跡を継ぐか出稼ぎに行くか悩んだ近所の酪農家の
息子は、東電の関連会社に勤めることで県外へ出ずに済んだ。・・・・生まれた
土地で家族が一緒に暮らす。それを可能にしたのが原発だった。 そんな現実を
見てきただけに、「事故が起きた後でも、簡単には原発にノーと言い切れない部
分が僕にはある」。・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

福岡・佐賀でも上映、
37.<ドキュメンタリー映画>原発事故、馬の目で問う人のおごり毎日新聞 1
月22日(水)12時46分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000038-mai-soci
記事<福岡県大川市出身のドキュメンタリー映画監督、松林要樹(ようじゅ)さ
ん(34)が、東日本大震災で被災し、福島第1原発事故により運命が狂った元
競走馬に密着した新作「祭の馬」が3月、福岡市や佐賀市で公開される。昨年
12月の第10回ドバイ国際映画祭ではアジア・アフリカ・ドキュメンタリー部
門のグランプリを受賞した。馬たちの感情豊かな表情や仕草が、コントロール不
能の原子力災害を生み出した人間のおごりを浮かび上がらせる。・・・・・伝統
行事「相馬野馬追(のまおい)」で知られる福島県相馬地方では、引退した競走
馬などを引き取って肥育し、野馬追に出した後は食肉にする。福島県の馬肉生産
量は熊本県に次いで全国2位だ。・・・・馬たちは放射能に汚染されたとして
出荷が禁止される。「原発事故で生かされることになっちゃった。皮肉ですよ
ね」。だが、国から移動や放牧が制限され、狭い馬房に閉じ込められる。カメラ
は、売れない馬を飼育せざるを得ない馬主の苦悩とともに、ミラーズクエストの
悲しげな目を映す。・・・・・・久しぶりの放牧でうれしそうにいななき跳びは
ね、相馬野馬追では慣れない環境に興奮して取り乱す。馬たちの喜怒哀楽がスク
リーンに躍る。・・・・・・・・・・昨年12月に東京で公開されたのを皮切り
に、1月11日から大阪市で公開中。福岡市ではKBCシネマで3月1日、佐賀
市のシアターシエマで3月に公開予定。上映時間は1時間14分。>

さて、今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面に、
38.<都知事選きょう告示・・・・・・>
3面も、都知事選挙一色、
22面に、
39.<糸島の選択 活力 永住人口増やす方策を>
・・・・今朝の記事には“原発”という言葉が記事内はないが、定住の大前提は
“原発の心配がない”ことではないですか!
30面社会欄、33.と36.の記事があります。
今朝の紙面は以上です。(1.23.5:21)

昨日の朝刊でこんな気になる見出しがありました、時間があれば検索を
40.<米原爆開発「マンハッタン計画」 国立公園化が現実味>西日本(01月
22日 00時13分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/64739
記事<米国が第2次大戦中に原爆を開発した「マンハッタン計画」で、原子炉な
どの関連施設を国立公園に指定する法制定の動きが米議会で続いている。昨年は
成立には至らなかったが、推進派は今年の法制化に自信をみせている。施設を国
立公園に指定する法案は2012年の議会で初めて審議された。「原爆の称賛に
なる」との指摘も受けて下院が否決したため、この年は実現しなかった。しか
し、・・・・・・・>
※この新聞記事紹介へのご意見等は、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 崔 勝久 さんから:
素晴らしい出会いでした(その1)ー台湾、フィリピン編
http://oklos-che.blogspot.com/2014/01/blog-post_22.html
主な反核グループとは原発メーカー訴訟を原告として一緒に
戦うという確認がなされました。この市民による国際連帯運動
によって原発体制に戦いを挑みます。みなさん、ご一緒にどうぞ。

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2014年1月22日 第401号
(雪の札幌から久しぶりにメールサービスをお送りします。)
--------------------------------------------------------------------------
自公政権を倒せ
反原発・反秘密保護法

原発ゼロでも電気は足りている!
市民はもっと節電し、電力会社と原子力ムラに汚い電気は不要と思い知らせよう!
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_abe_master.html
--------------------------------------------------------------------------

■金曜日 定例反原発抗議:首相官邸前 18:00-20:00 首都圏反原連
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3937

■金曜日 定例反原発抗議:道庁北門前 18:00-20:00 北海道反原連
http://h-can.net/

■2月5日(水) 18:30-20:00 第5回 東電本店前合同抗議 たんぽぽ舎他約30団体
新橋西口・東電本社前 3月は休み
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=1864

■1月26日(日) 13時 秘密はいやだ!U-20デモ 代々木公園ケヤキ並木集合 渋谷・
原宿デモ
20歳以下の高校生、大学生によるデモ 20歳以上でも参加できます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/nuclear_master.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011902000103.html

■1月24日(金) 12:30 国会周辺/通常国会開会日・秘密保護法廃止へ!ヒューマン
チェーン
集合:衆議院第二議員会館前 主催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
http://www.himituho.com/

■特定秘密保護法廃止せよ!自由の無い国絶対反対!永田町大集会
火炎瓶テツと仲間たち
https://twitter.com/tetsu_molotov

-----------------------------
名護市長選
-----------------------------

■動画 稲嶺進名護市長 琉球新報インタビュー
(You Tube 2014年1月21日)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-218144-storytopic-53.html

■名護市長選:本土紙、関心高く1面トップ
(沖縄タイムス 2014年1月21日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61070

■【社説】名護市長選 移設反対の民意生かせ
(毎日新聞 2014年01月20日)
http://mainichi.jp/opinion/news/20140120k0000m070139000c.html

■振興基金500億円見直し 石破氏、名護市長選うけ
(朝日新聞 2014年1月20日)
http://www.asahi.com/articles/ASG1N2T1CG1NUTFK001.html

★ ギャー さんから:
「おかしな仲間たち」

「自分はおかしい」
という自覚はだいじだ
この世の中がおかしいのだから
この世の中とは違うという自覚は
とてもだいじなことだ
こんな恐ろしい世の中を基準に
「自分はまとも」と思っていられるとしたら
かなりやばい人だろう
人が人を食う
人が人をおとしいれる
人が人の寝首を掻く
なんだ
天皇一族が代々やってきたことばっかりじゃないか!
お偉いさんのようなろくでなしになっちゃだめっていうのは
お偉いさんのよいしょをして
お偉いさんの片棒をかついじゃだめってことだよね(笑)
お偉いさんが必要な世の中には
いつだって
いじめられ
汗水を吸い取られ
涙を流している
おかしな仲間たちが
いっぱいいるんだ

★ 増井玲子 さんから:
青柳さん
 お世話になっております。
 毎月1回第4月曜夕方、、福岡市・天神で、米軍基地とオスプレイ反対のゴスペ
ルアクションを行っています。
参加者は、西南学院のクリスチャン中 心です が、どなたでも自由にご参加くだ
さい。
東京、沖縄、福岡の連帯同時行動となり ます。
 ちなみに今月は
  と き:1月27日(月)午後6時~同7時
  ところ:福岡三越・国体道路側(福岡市・天神)コンビニ前集合
    アメリカンセンターに向けて、メッセージを発したり賛美歌を 歌った
    りします。
    楽譜は用意していますのでお気軽にご参加ください。

★ 前田 朗 さんから:
バンクーバーの乗松さんからのメールを転送します。
琉球新報論説委員長の潮平さん、一人のジャーナリストとしての寄稿です。

【沖縄のジャーナリスト、渾身の一文】
潮平芳和: 民主主義よ、死ぬな Yoshikazu SHIOHIRA: Democracy, Do Not Die!
http://peacephilosophy.blogspot.ca/2014/01/yoshikazu-shiohira-democracy-do-not-die.html

★ 井上澄夫 さんから:
みなさんへ
 1月19日に名護市民が「辺野古移設NO!」を表明した途端、安倍はまさに
報復のため、埋め立て手続きを強行し始めました。
 実に、実に許せない暴挙です。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」

2014.01.22(21:37) 1248

土森です。2月1日に熊本県・八代市で開催される
「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」のご案内です。

今年3月末に瀬戸石ダムの水利権は切れますが、
ダムを運営する電源開発は申請手続きを進めて
今後20年間、ダムを存続させようとしています。
様々な問題を引き起こしてきた瀬戸石ダムを
これ以上、存続させるわけにはいきません。
住民の声を結集して、撤去させなければなりません。
皆さんの誤算をお待ちしています。
==========================
瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会

荒瀬ダム撤去で流れる川は戻ったけれど
瀬戸石ダムがある限り豊かな球磨川は戻らない

日本初のダム撤去となった荒瀬ダムの撤去
工事開始により、球磨川も河口干潟も回復し
つつあり、アユやウナギ・エビも増えつつあ
ります。しかし、上流の瀬戸石ダムが依然と
して水質悪化を招き、また魚の往来や下流
や・干潟への土砂供給をストップさせ、球磨
川の再生を妨げています。将来的には、また
ダムがある川・干潟に戻ることが危惧されます。

また、瀬戸石ダムの存在により、住民は毎年の
ように洪水被害、振動・騒音、水質汚濁など
様々な弊害に悩まされ続けてきました。
球磨川の巨大迷惑施設が瀬戸石ダムなのです。

瀬戸石ダムによる発電量はわずかであり、
県民の省エネ努力で十分カバー出来る量です。

発電を理由に住民に迷惑施設を押し付けるのは
瀬戸石ダムを運営する電源開発の住民無視の
傲岸不遜な理屈でしかありません。

瀬戸石ダムの水利権は今年3月末に期限切れを迎え
ます。今こそ、瀬戸石ダム撤去の声を上げましょう!

日時:2014年2月1日(土)午後2時(開場:午後1時30分)
場所:八代市厚生会館大ホール
主催:「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」実行委員会
参加費:500円(資料代)
内容:
1.基調報告:瀬戸石ダムは何故撤去すべきか
2.住民の声:瀬戸石ダムに苦しめられた56年間。もう耐えられない!
3.リレーメッセージ:瀬戸石ダム撤去に向けて
問合先:
(八代)0965-32-7140 つる詳子
(坂本)090-7297-2720 上村雄一
(人吉)090-2859-5520 本村令斗



修の呟き


タイトル画像

○●「宇都宮けんじニュース」第22号

2014.01.22(21:34) 1247

転送・拡散歓迎!!!
(ただし転送は今日の24時まで。23日以降、メールの転載はできません)

○●「宇都宮けんじニュース」第22号(2014年1月22日号)をお届け致します●○

みなさん、こんばんは。いよいよ告示ですね。
今日、自由報道協会と日本記者クラブの会見で、「宇都宮けんじの希望政策」を
発表致しました。

I 世界一働きやすく、くらしやすい希望のまち東京をつくります。
 II 環境重視、防災・減災重視のまち東京をつくります。
 III 原発再稼働・原発輸出を認めず、原発のない社会と経済を東京からめざ
します。
 IV 教育現場への押し付けをなくし、いじめのない、子どももたちが生き生き
と学べる学校をつくります。
 V 安倍政権の暴走をストップし、憲法を守り、東京からアジアに平和を発信
します。
 ※詳しくはhttp://utsunomiyakenji.com/ をごらんください。

 私たちが創る、私たちの東京。
 対話型宇都宮都政の実現を目指して、はりきっていきましょうー!!!


────・○●CONTENTS●○・────
1.1/23(木)第一声は新宿東口アルタ前!
2.1/23(木)宇都宮けんじ「渋谷公開討論会」
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
4.告示日後にできること、できないこと
5.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
5.応援メッセージ、続々と!
6.メルマガ「宇都宮けんじニュース」配信登録の呼びかけを!
──────────────────────

*************************************************************************
1.1/23(木)第一声は新宿東口アルタ前!
**************************************************************************
1/23(木)
10:30~11:30★第一声★ @新宿駅東口アルタ前
 40年の弁護士活動を通じての支援者の方々、今回出馬表明後訪れた都内各地の
支持者の方々など、多くの応援者がかけつけます。
 出演予定:稲葉剛さん(反貧困)、澤口宣男さん(サラ金被害者)、中澤誠さ
ん(築地市場移転)、種田和敏さん(弁護士)他

12:00~13:00 @新宿駅西口ロータリー
 出演予定:選対本部長・中山武敏、日本共産党委員長・志位和夫さん、社民党
党首・吉田忠智さん、緑の党グリーンズジャパン共同代表・すぐろ奈緒 さん、
新社会党書記長長・南博邦さん、その他、弁護士、脱原発運動の方々

15:00~18:00 宇都宮けんじ「渋谷公開討論会」@渋谷ハチ公前 ※以下、参照

1/24(金)
13:00~ 特別秘密保護法反対国会 包囲集会@第二議員会館前
19:00~ 官邸前デモ@国会議事堂正門前 5分スピーチ

※スケジュールは、事情により変更することもあります。ご了承ください。

**************************************************************************
2.1/23(木)宇都宮けんじ「渋谷公開討論会」
**************************************************************************

日時:1月23日(木)15:30~18:00
場所:渋谷駅ハチ公前

宇都宮けんじの街宣演説に合わせての対話型街宣!
宇都宮けんじの魅力を引き出す新しい街宣「対話型街宣」のキックオフは若者の
街、渋谷ハチ公前から!
経済、雇用、ブラック企業、原発、オリンピック、都市デザイン、防災、福祉、
教育、表現規制、風営法など各イシューに明るい方、また、一般の聴衆 の方か
ら、これからの東京や本人への質疑を募り「宇都宮けんじが自ら答える」対話型
街宣です。テレビ討論や公開討論会への出席を断る候補者が多い のならば、私
たちが都民と討論会を渋谷で開いてしまおう! ということで、都民との政策対
話をどんどん行っていきます。

対話街宣の合間に宇都宮けんじの渋谷の練り歩きも予定しております。街宣中
は、チラシ配りや政策について聞くシール投票なども行う予定です。ぜ ひ、お
誘い合わせの上、お集まりください!

渋谷から、新しい東京を、はじめよう。
#東京デモクラシー始動

**************************************************************************
3.ネット選挙解禁で何が変わった? 何ができる?
**************************************************************************

 公職選挙法の一部改正に伴い、インターネット選挙(ネット選挙)が解禁とな
りました。選挙期間中、ウェブサイトやSNSを使った選挙運動が可能 となりま
す。しかし一方で、今までどおりの規制もありますので、十分注意してください。

1.選挙期間中に、ウェブサイト等での選挙運動ができる!
 選挙期間中、有権者はウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターや
フェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を 利用した選
挙運動ができます。
 例えば皆さんが、ご自身のブログやツイッターなどで、「このたびの選挙では
清き一票を、お願いします。ぜひ○○さんを当選させましょう」と書いて表示・送
付してもOKです。UST放送などの動画配信サイトにて、同様の内容をしゃ べって
伝えてもかまいません。

★注意!★
発信の際には、ご自身の連絡先としてのメールアドレス、返信用フォームの
URL、ツイッター名などが義務付けられています。(「電子メールアドレ ス等の
表示義務」)。
インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票
日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第 239条)。

2.電子メールでの選挙運動はNG!
 ネット選挙が解禁になっても、これまで通り有権者は電子メールを使って選挙
運動をしてはいけません(メールで選挙運動用の文書やチラシ画像等を 頒布で
きるのは、候補者・政党等に限ります)。
また、有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用の電子メールを転送
することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第 243条)。
 選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用のメール
などの文書や画像をプリントアウトして配布することも禁じられていま す(公
職選挙法第142条、第243条)。

※詳細は総務省HP「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

**************************************************************************
4.告示日後にできること、できないこと
**************************************************************************
詳しくはこちら → http://utsunomiyakenji.com/support/


いよいよ告示日です。告示日前の活動は、「政治活動」でしたが、明日からは
「選挙運動」となります。ちなみに「選挙運動」の期間を厳密にいえば、 告示
日に立候補者が立候補の届け出をしてから、投票日(2月9日[日])の前日までに
限られます。

◆候補者が行う選挙運動とは?
公職選挙法により認められた候補者が行う選挙運動は、ポスター等の印刷物や演
説会等の言論などによって行われますが、その方法の主なものは次のと おりです。
○選挙事務所の設置
○選挙運動用自動車の使用
○選挙運動用はがき
○新聞広告
○法定ビラの配布(衆議院議員選挙・参議院議員選挙及び地方公共団体の長の選
挙に限る。)
○選挙公報
○ポスターの掲示
○街頭演説
○個人演説会
◆候補者以外の方の選挙活動について
 下記の行為は公職選挙法上、問題なく行えます。
●友人・知人へ電話をかけ「○○候補に投票しましょう」「○○さんを都知事へ!」
「○○候補への投票をよろしくお願いします」などの呼びかけを行 うこと。
●選挙事務所へのボランティア、選挙運動用として許可を得たポスター・ビラな
どの貼りだし・配布の手伝い

★注意 やってはいけない行為★
候補者・選挙事務所関係者・一般の方、いずれも下記の行為は公職選挙法違反と
なります。
(選挙活動に参加できるのはボランティアのみです)

◯買収
 選挙犯罪のうちではもっとも悪質なものであり、法律できびしい罰則が定めら
れています。候補者はもちろん、選挙運動の責任者などが処罰された場 合は当
選が無効になることもあります。
◯戸別訪問
 誰であっても、特定の候補者に投票してもらうことを目的に、住居や会社、商
店などを戸別に訪問してはいけません。また、特定の候補者名や政党名 あるい
は演説会の開催について言い歩くこともできません。
◯あいさつを目的とする有料広告
 候補者や後援団体(特定の候補者を推薦し支持する団体)は、選挙区内にある
者に対し、時候、慶弔や激励などのあいさつを目的とする広告を有料で 新聞、
雑誌に掲載したり、テレビやラジオで放送したりしてはいけません。
◯飲食物の提供
 誰であっても、選挙運動に関して飲食物を提供してはいけません。
 ただし、お茶や通常用いられる程度のお茶菓子や果物は除かれています。
 また、選挙運動員に渡す一定の数の弁当は提供することができます。
◯署名運動
 誰であっても、特定の候補者に投票をするように、あるいは投票しないように
することを目的として選挙人に対し署名を集めてはいけません。
◯気勢を張る行為
 誰であっても、選挙運動のため人目を引こうと自動車を連ねたり隊列を組んで
往来したりしてはいけません。

★ご不明な点などありましたら、「人にやさしい東京をつくる会」
(03-5369-2765)までお問い合わせください。
弁護士チームを東京中に張り巡らせて、何かあったら現場に急行できるように待
機しています。

**************************************************************************
5.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
**************************************************************************

宇都宮けんじさんの必勝をめざして、電話かけボランティアの講習会を開催します。
選挙で、電話かけの仕事はとても大事な活動です。自分にできるかなあ、と思わ
れる方、大丈夫です。選挙の電話かけの初心者のみなさんのために、 「電話か
け教室」を開催します。ぜひご参加ください!

日時:1月23日(木)17:00~17:30
講師:奥山妙子さん(杉並区議・無所属)
場所:事務所と同じ山本ビルの5F

電話選対の始動は25日(土) 毎日、午前10時から、午後7時まで行います。
担当:090-2232-7534(高田)


★加湿器&空気清浄機を貸してください★

 事務局の中にはキッズスペース(託児)コーナーがありますが、乾燥が激し
く、また、わさわさと作業しているため、埃が舞いがちです。どなたか、 選挙
期間中、加湿器、もしくは空気清浄機をお貸しいただけるという方はいらっしゃ
いませんか? ご連絡、お待ちしています!


それでは、希望の輪をつないでいきましょう!!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
23日の告示日以降、「宇都宮けんじニュース」は「選対ニュース」に変更となり
ます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「宇都宮けんじニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信希望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「宇都宮けんじニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信停止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

 この「宇都宮けんじニュース」は無料です。「購読」と表記しておりましたこ
とを訂正してお詫び致します。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/ ◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式
ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

○●「宇都宮けんじニュース」第21号(2014年1月22日号)

2014.01.22(19:12) 1246

転送・拡散歓迎!!!
(ただし転送は今日の24時まで。23日以降、メールの転載はできません)

・○●「宇都宮けんじニュース」第21号(2014年1月22日号)をお届け致します。
●○・  

みなさん、おはようございます。
いよいよ告示直前です。
宇都宮けんじさんの応援の輪を広げる活動も残すところ今日を残すのみとなりま
した。
明日からはできない「宇都宮けんじ」と名前の入った政策ビラの配布など、
あとひと踏ん張りを、がんばりましょう~。
「都知事に宇都宮けんじを」など、候補予定者の氏名を大書した横断幕、
プラカードを掲げることは公選法違反とされます。
くれぐれもご注意ください!


────・○●CONTENTS●○・────
1.★今夜★1/22(水)山手線一斉アピール
     &新宿東口アルタ前広場大集合!
2.証紙シール貼りボランティア大募集!
3.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
4.23日の告示日以降、できること、できないこと
5.応援メッセージ、続々と!
6.メルマガ「宇都宮けんじニュース」配信登録の呼びかけを!
──────────────────────

*************************************************************************
1.★今夜★1/22(水)山手線一斉アピール
    &新宿東口アルタ前広場大集合!
**************************************************************************
今夜は、山手線29全駅で同時アクション。
その後、新宿東口アルタ前広場に大集合します。 
応援ゲストもたくさん集まります。
宇都宮さんを迎えて大いに盛り上がり、
選挙期間に向けて気勢を上げていきましょう~!

18:00~19:00 山手線各駅にて一斉アピール
19:30~ 新宿東口アルタ前広場大集合!

どの駅でも結構です。山手線各駅へお集まりください!
品川:高輪口/大崎:南改札
五反田:東口(大崎寄り出口)/目黒:東口(大崎寄り出口)
恵比寿:日比谷線一番出入口/渋谷:ハチ公前(周辺)
原宿:表参道口/代々木:東口(大江戸線側)
新宿:東口(アルタ前ロータリー)/新大久保:改札一つ
高田馬場:早稲田口/目白:改札一つ
池袋:東口/大塚:北口(ロータリー)
巣鴨:正面口(ロータリー)/駒込:ホテルメッツ駒込側ロータリー
田端:ふれあい橋付近/西日暮里:日暮里舎人ライナー側
日暮里:東口/鶯谷:北口
上野:不忍口/御徒町:北口
秋葉原:電気街口(ラジオ会館周辺)/神田:北口
東京丸の内:南口日本郵便周辺/有楽町:中央口広場
新橋:日比谷口(SL広場)/浜松町:北口貿易センタービル側
田町:東口

詳しくはこちらを  https://twitter.com/yamanote0122
※スケジュールは、事情により変更することもあります。ご了承ください。

**************************************************************************
2.証紙シール貼りボランティア大募集!
**************************************************************************

宇都宮けんじの名前と写真入りのチラシを配れるのは告示日前日・今日まで。
どんどん、どんどん広げてください!! 政策チラシを配りきりましょう!!

また、今日証紙ビラ15万枚が到着します。
証紙貼りボランティア大募集です!

たくさんの作業があります。事務所は朝9時半から夜7時まで活動しています。
短い時間でも構いません。ぜひ、いらしてください!
託児キッズコーナーもあります! 親子で安心していらしてください!


**************************************************************************
3.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
**************************************************************************

宇都宮けんじさんの必勝をめざして、電話かけボランティアの講習会を開催します。
選挙で、電話かけの仕事はとても大事な活動です。自分にできるかなあ、と思わ
れる方、大丈夫です。選挙の電話かけの初心者のみなさんのために、 「電話か
け教室」を開催します。ぜひご参加ください!

日時:1月23日(木・告示日)17:00~17:30
講師:奥山妙子さん(杉並区議・無所属)
場所:事務所と同じ山本ビルの5F

電話選対の始動は25日(土) 毎日、午前10時から、午後7時まで行います。
担当:090-2232-7534(高田)


***********************************************************************
4.23日の告示日以降、できること、できないこと
**************************************************************************

23日の告示日以降は、選挙活動の期間となります。
22日までは、「希望のまち東京をつくる会」のチラシを配布するのは自由です! 
どんどん普及してください!
告示日以降の選挙活動について、簡単に解説します。
詳しくはこちらをご覧ください
http://utsunomiyakenji.com/support/

●友人知人に無制限に投票依頼ができるのは、電話とweb(メールを除くインター
ネット)です。  
インターネットはブログ、ホームページ、facebookやtwitter、mixiと言ったSNS
など、どれでも自由に投票の呼びかけができま す。  
(記事を見た人が反論できるように、ご自身の連絡先を掲示必須)   
電話は自宅でかけても事務所に来てかけてもOK。

●自分たちで街頭演説をするときは ・拡声器の使用は×。肉声は○。ただし候補者
名をひたすら連呼するのは×
・のぼり、横断幕などの使用は×
●チラシ、メールでの拡散は×。  選対からメールを送るのはOK。だから選対
メルマガに登録してください。(転送は×)  
チラシは指定のもだけ(自分でつくったのは×)

要注意!やってはいけないこと
●買収・飲食物の提供  友達同士でプレゼントをあげたり、お昼ご飯をごちそう
するといったレベルでも×
買収は選挙違反で最も悪質なものとされていて、当選が無効になることも。  
選挙にかかわる人は選挙期間中は控えてください。
●個別訪問  投票依頼だけでなく、個人演説会の案内などをして周るのも×
●有料広告
●署名運動  投票や落選を目的とした署名・署名集めは×
●気勢を張る行為  当選や落選を目的としたデモは×。車や自転車で隊列を組む
のも×
★ご不明な点などありましたら、「人にやさしい東京をつくる会」
(T:03-5369-2765)までお問い合わせください。
弁護士チームを東京中に張り巡らせて、何かあったら現場に急行できるように待
機しています。

************************************************************************
5.応援メッセージ、続々と!
**************************************************************************

○池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家、『世界がもし100人の村だったら』再話者)

やさしさのために勇気をふるう、真の意味で強い人、
宇都宮健児さんが私たちの知事だと想像してみる。
心の内から、じゅわっと力がわいてくる。
そうだ、今必要なのはこの力なんだ。
私は宇都宮健児さんを支持します。

○ランキン・タクシーさん(レゲエ・ミュージシャン)
レゲエの神様ボブ・マーレーは歌いました、
自分で気づいて抜け出さないと精神的な奴隷のままだぞ♪
そんな思考停止のボンヤリ有権者のアタマに強烈な喝を入れる、
それも優しい語り口で、
それが宇都宮けんじさんです。
支持者も見られています、
あなたがカッコよければ宇都宮けんじもカッコいいのです。

○佐々木中さん(作家、哲学者、理論宗教学者)

人に差別的な罵声を浴びせないと自信が保てない、
そのくせ目が泳いでる。
ーーそんな「強いリーダー」なんて、
もうまっぴらなんだ。
何十年となくヤミ金や暴力団と、
そして社会にはびこる不正と戦い続けて来た、
本当にタフな凄腕の男が東京には必要だ。
そんなスーパーヒーローなんていないって?
いるさ。優しい目をした、今日も笑顔で路上に立つ、この男だ。

**************************************************************************
6.メルマガ「宇都宮けんじニュース」配信登録の呼びかけを!
**************************************************************************
当メルマガでは集会やイベントの予定、サポーターの皆さんへのメッセージ、
ご協力のお願い、などなど「宇都宮けんじとともに、希望のまち東京をつくる」
様々な動きについてお知らせしていきます。
ぜひお友だちや、参加しているメーリングリストなどで、こちらの登録方法をお
伝えください! できるだけ多くの人に「宇都宮けんじニュース」を読 んでい
ただくこと。それが、選挙期間中、どれだけ宇都宮さんを盛り上げていけるかに
繋がっていきます!

【メルマガ配信登録】
メールの件名に「うつけんNews購読希望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。

情報の拡散、よろしくお願いします。希望の輪をつないでいきましょう。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
23日の告示日以降、「宇都宮けんじニュース」は「選対ニュース」に変更となり
ます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「宇都宮けんじニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信希望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「宇都宮けんじニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信停止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

 この「宇都宮けんじニュース」は無料です。「購読」と表記しておりましたこ
とを訂正してお詫び致します。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/ ◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式
ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1008目報告☆

2014.01.22(19:11) 1245

青柳行信です。1月22日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1008目報告☆
呼びかけ人賛同者1月21日迄3129名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月21日2名
   吉田幸一 おかの素子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
今日は 寒い中にも関わらず たくさんの方々が来てくださいました。
テントは 賑やかなのが いいですね。
夜は テラ・カフェに参加しましたが、ここもたくさんの参加者でした。
名護の市長選に勝って 流れがよくなったようです。
あんくるトム工房
1007日目のテント  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2836
テラ・カフェ 憲法  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2835
基地はいらないー2  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2834

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆脱原発四五五議会が議決せり アベノミクスは裸の王様
(左門 1・22-544)
※『池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ宣言」』から引用します。細川護熙氏
いわく、

 《安倍さんのやっていることは、憲法改正も、集団的自衛権も、TPPも、
「特定秘密保護法案」も、いろいろな人事も、ほとんど賛成できない。別に自民
党だからということではないですよ。共産党の言うことだっていいことには賛成
するし、要するに良いことは良いし、悪いことは悪いと言う。それだけの話で
す。だけど、安倍さんはちょっと感覚が悪すぎる。
 2020年の東京オリンピックだって、安倍さんが「オリンピックは原発事故
があるから辞退する」と言っていたら、日本に対する世界の評価は、もう格段に
違ったものになっていたと思いますよ。指名を受けても辞退して、そう宣言して
いたら、「日本はやっぱりすごい国だ」という評価になったと思う。安倍さんに
は、そう言ってもらいたかった。それが総理のリーダーシップですよ。それなの
に、誘致に奔走するばかりで「状況はコントロールされている」なんて、まやか
し以外のなにものでもない。
 オリンピックで金メダルをたくさん取るよりも、いまこの時代に原発をどうす
るかということのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずです。
 安倍さんはそのあともまたトルコに飛んで行って、表ではボスボラス海峡横断
地下鉄の開通記念」とか綺麗ごとを言っていますが、本当は原発を売り込みに
行っているんでしょう。日本と同じような地震大国トルコで原発事故が起ったら
どうするんですか。物欲しそうな顔して、お金のことばかり考えている》(同
書、126~7頁)。
 肥後藩の英明な殿様が、長州藩下級武士からの成り上がり首相の「足軽振り」
を見据えて物申しておられる、という構図ですね。立候補前のインタービューへ
の答です。この認識を持つ細川さんが立候補したのです。宇都宮さん陣営に、会
談をして、譲って欲しい、原発票が二分されて、自民候補に漁夫の利を占められ
ては、知事選だけではなく、日本と世界を失うことになるのですからと申し入れ
ましたが、事態は逆の方向へ進んでいるようです。このサイトに連なる皆さん
も、細川・宇都宮両陣営に要請をしませんか?!ここで、細川さんが語っている
内容は、宇都宮さんも一致できると思うのですが・・・・。

★ 佐々木亮(朝日新聞諫早支局) さんから:
青柳行信さま、
先日来、取材で何度もお世話になり、ありがとうございました。

西山進さんの半生を取り上げた集中連載(「ナガサキノート」と題した長期連載
の一環です)を、今日の朝刊(あれ? もう昨日21日の朝刊だ!)で完結させ
ることができました。
九電本店前テントに触れた部分は下記の通りです。全文は、抜き刷りを作ってい
ますので、追ってお送りします。
https://www.dropbox.com/s/v613xoqtacvipes/20140119.jpg

紙面での掲載は長崎県県内版だったのですが、朝日新聞のネット版には連載の全
文がアップされています。
アドレスは次の通りですので、ご覧いただければ幸いです。
http://www.asahi.com/area/nagasaki/articles/list4300065.html

西山さんの背中を追いかけてみると、治安維持法が改悪された1928年に生ま
れ、幼年時代を製鉄の街・八幡で過ごし、少年時代には宇佐の海軍航空隊を基地
建設の段階から見守り、少年工として入った三菱長崎造船所では就役直前の戦艦
武蔵を目撃し、そして原爆に遭い、戦後は筑豊の炭鉱で働き、社会主義研究会か
ら労組に転じ、朝鮮戦争が勃発すると反戦の声を上げ、元祖クールジャパンの漫
画家になり、被爆者運動に関わって82年のニューヨーク100万人反核デモに
も参加、そして21世紀になっても歩みを止めず、3・11が起きると脱原発を
求めて九州電力本店前の座り込みテントの立ち上げに関わるなど、その人生はそ
のまま「一庶民から見た近現代史」と言っても過言ではない、と実感しました。

なお、ネット版には西山さんのご厚意で、1974年に描いた原爆絵巻から15
枚の絵もアップしています。

明日(というか、今日ですね)も冷え込みが厳しそうです。
どうか、体調に気をつけてください。みなさんにもよろしくお伝えくださいます
ようお願いします。
https://www.dropbox.com/s/7csf6wemgutwog6/%23DSC_5382.jpg
https://www.dropbox.com/s/i64o7c5tdo8goui/%23DSC_5359.jpg

★ 坂井貴司 さんから:
 福島県内で行われている除染で出た土などの放射性廃棄物をどこに置くのか。
 「中間貯蔵施設」建設が予定される双葉町や大熊町など周辺3町の住民たちに
真の意味での故郷喪失の決断を迫る事態が。
 本日送です。
NHK総合 クローズアップ現代
「故郷はどうなる 除染廃棄物に揺れる福島」
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/

放送日:1月22日放送時間:19時30分~19時56分
再放送:0時10分~0時36分 

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
寒波が強まる予報が続いて、いまは雪が降ってうっすら積もっています。
さて、今朝は、九州・山口の記事からはじめます。

0.<九電原発担当を参考人招致へ 伊万里市議会特委 [佐賀県]西日本(01月
22日 00時58分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/64755
記事全文<原発問題などを所管する伊万里市議会の防災・環境施設対策調査特別
委員会は2月4日午前10時から、九州電力玄海原発の担当者を参考人招致して
開く。福島第1原発事故後の玄海原発の安全対策について話を聞く。議会事務局
によると、原発に関する九電担当者の参考人招致は、九電が玄海原発でトラブル
が起きた場合の連絡体制を改めた2012年以来2度目。前田久年委員長は「議
員の原発に対する理解を深め、市民への説明にも生かしたい」と言う。一般の傍
聴可(10人程度)。>

1.<「九州電力」瓜生社長 川内原発3号機増設に意欲 >毎日新聞 1月21日
(火)19時43分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000080-mai-bus_all
記事<九州電力の瓜生道明社長は、毎日新聞のインタビューに応じ、管内の総発
電量に占める原子力発電の比率を、震災前水準と同じ4割に戻し、将来的に維持
していきたいとの考えを明らかにした。その上で、震災後に増設計画を「未定」
とした川内原発3号機について、安全性の観点から意欲を見せたほか、運転から
40年を超える玄海原発1・2号機は、新規制基準で求められる安全対策コスト
を、再稼働か廃炉かを選択する唯一の判断材料とするとした。・・・・・・国の
中長期的なエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の閣議決定が先
送りされているなか、電力会社の社長が中長期的な電源構成にまで踏み込むのは
珍しい。・・・・・・・瓜生社長は原発の割合について「震災前までに我々
がつくりあげた数字は、将来的にも理にかなっている」と話し、改めて原発の重
要性を強調。・・・・・・>
・・・・・・この人、震災前のままです、とんでもない。

こんな人のいる会社の原発立地から免れてよかった、
2.<【地域と原発 宮崎・串間から】(2)再生 「手付かずの自然は資
源」>西日本電子版01月22日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30855/1/
記事<・・・・・・・・渡辺さんは東日本大震災から4日後、放射能汚染の心配
のない土地で農業をしようと、知人を介して故郷の千葉県から串間に家族ととも
に移り住んだ。紹介された仕事が塩作りだった。・・・・・・・・・・串間で原
発誘致構想が浮上すると、吉田さんは反対運動の中心に立った。九州電力の現地
調査に反対するよう市に申し入れ、九電社員による戸別訪問を厳しく批判した。
原発ができれば、塩作りで海水の汚染をチェックする腹づもりだっ
た。・・・・・「吉田さんたちが環境を守ってくれたから、僕はここで暮らして
いける」。渡辺さんは力を込める。>

3.<山口県知事選:飯田哲也氏が立候補を見送り>毎日新聞(01月22日 02時
33分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140122k0000m010095000c.html
記事全文<山本繁太郎前知事の辞職に伴う山口県知事選(2月6日告示、23日
投開票)に出馬する準備を進めていたNPO法人「環境エネルギー政策研究所」
(東京都)所長、飯田哲也氏(55)は21日、山口市内で会見し、立候補を見
送ると表明した。飯田氏は、東京都知事選での細川護煕、小泉純一郎両元首相の
「脱原発連合」の動きなどを踏まえ、1月中旬以降、自民、民主や共産など県内
政党関係者らと接触。前回出馬し、今回も意欲を示している元衆院議員の高邑
(たかむら)勉氏(39)=民主党を離党=と会い、一本化へ調整してい
た。・・・・飯田氏は、この日の会見で出馬か不出馬かについて「両方とも可能
性が99%あった」と述べた。不出馬を決めた理由については、知事職より全国で再
生可能エネルギーを促進する仕事の方が自身にとっては重いと判断したと説明。
「知事を担う方は数多くいるが『ミスターエネルギーシフト』と言われる仕事を
してきた私に代わる人はいない」と述べた。・・・・・一方、高邑氏は飯田氏の
会見中に会場に現れ「飯田さんが『どうしても今回は出なきゃいけない』と言う
から私は涙をのんで、自分の支援者を説得し(出馬を)取り下げようと思ってい
た」などと発言、飯田氏に翻意を求めた。飯田氏は高邑氏に「申し訳ない」と謝
罪したものの、取材に対し「翻意はない」と語った。>

東電が、
4.<東日本大震災:福島第1原発事故 避難賠償、東電が社員の請求拒否 
「当面見合わせ」要求後>毎日新聞 2014年01月21日 東京朝刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140121ddm041040044000c.html
記事<福島第1原発事故で避難した社員に対し、東電が2011年10月、当面
の間、賠償請求を見合わせるよう要求していたことが、毎日新聞の入手した内部
文書で分かった。社員以外の被災者への対応で多忙化したためだが、数カ月後に
請求すると支払いを拒否されたという。一般の被災者には今も賠償を続けてお
り、社員に対する冷遇が2年以上も続いている実態が浮かん
だ。・・・・・・・・・・・・・・・>

これに対して、
4’.<お知らせ  2014年「当社関連報道平成26年1月21日付 毎日新聞朝刊31
面「東電、社員の請求拒否」について」>東京電力平成26年1月21日
⇒http://www.tepco.co.jp/news/2014/1233738_5918.html
文<・・・・・・・・・・当社は、弊社事故に伴い被害を受けられた方々に対
し、平成23年(2011年)9月27日より原子力損害の本賠償を開始させていただい
ておりますが、本賠償開始以降の数ヶ月間は、被害の受けられた方々からのご請
求が集中している状況にありました。・・・・こうしたことから、被害を受けら
れた一般の方々に対して、迅速かつ公正に賠償金をお支払いするためにも、平成
23年(2011年)10月に原子力損害に関する問い合わせを、今しばらくお待ちいた
だきたいとの要請を当社社員に行ったのは事実であります。・・・・しかしなが
ら、当社は、社員やそのご家族か否かで原子力損害賠償のお取り扱いは変えてお
らず、その後、社員向けの説明会を実施したうえで、当社事故との相当因果関係の認
められる損害について賠償をしております。社員とそのご家族については一般の
被災された方々に比べ、より詳細に状況を把握できる面もあり、当社事故前後の
居住実態等を踏まえた適切な賠償を行っております。>
・・・・・という、言い訳です。

福島第一の現場は、
5.<福島第一3号機 床の汚染水どこから 東電は格納容器損傷説>東京新聞
1月21日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014012102100008.html
記事<福島第一原発3号機の原子炉建屋一階の床を、大量の汚染水が流れている
のが見つかった。建屋の床で大量の汚染水流出が確認されたのは、事故後初め
て。東電は二十日、格納容器から漏れた水との見方を示したが、濃度からは使用
済み核燃料プールなども疑われ、漏出元ははっきりしな
い。・・・・・・・・・・・・・エネルギー総合工学研究所の内藤正則部長は
「漏出元が格納容器と確認できれば、中の冷却水の水位が分かる可能性があり、
今後の廃炉作業に役立つ」と述べる。・・・現場近くは放射線量が高く、人が近
寄れない。今後の調査は難航しそうだ。>

汚染水―参考記事、
6.(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:19 原因は雨だった朝日デジタル1
月21日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10935908.html
記事<・・・・・・・・ しかし安原によると、阿武隈山系からの地下水は、原
発建屋のずっと深い地下を流れているという。建屋に流れ込む地下水は、それよ
り浅い地下水と考えられた。敷地への雨か、敷地西隣の農地への雨が、地下水の
主因とみられた。安原は13年10月19日、同僚と一緒に日本水文科学会学術
大会で「雨水が主原因」説を発表した。・・・・・・・・・降雨量から蒸発量を
差し引き、地下にしみこむ水を算出する。それに面積をかける。1日900ト
ン。東電が試算した800トンとほぼ見合う。反響は大きかった。経済産業省資
源エネルギー庁の汚染水の担当者も傍聴に来た・・・・遮水壁工事への国費投入
が決まると、汚染水対策は次の局面に移る。雨水対策だった。>

被災地フクシマ、
7.<「汚染水」2度目の告発受理 県警が申立人6042人追加>福島民友新聞 1
月21日(火)11時14分配信
記事全文<東京電力福島第1原発事故で、当時の東電幹部らに刑事責任があると
して告訴・告発している「福島原発告訴団」は20日、告発申立人6042人分を追加
して出した2度目の告発状について、県警が同日付で受理したと発表し
た。・・・・県警は昨年10月、武藤類子団長ら正副団長3人が同9月に出した告発
状を受理し、捜査を進めている。告発人は、今回の追加申立人と合わせて6045人
となった。告発内容はこれまでと同様、汚染水を海に流出させたとする「人の健
康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」違反容疑。広瀬直己社長ら現・旧幹部32
人と、法人としての東電に対する責任を追及している。>

8.<双葉郡内の「医療体制」協議 双葉町村会が県など交え>福島民友新聞 1
月21日(火)11時14分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00010006-minyu-l07
記事<双葉地方町村会(会長・渡辺利綱大熊町長)は20日、郡山市で会合を開
き、原発事故による避難指示で病院の避難などが続く双葉郡の医療体制につい
て、県や双葉郡医師会を交えて協議した。・・・・会合は非公開で行われた。渡
辺町長ら同郡の首長によると、医療の現状に理解を深めたほか、同会が昨年11月
に整備の方針を確認している郡立の診療所について意見を交わした。会合後、渡
辺会長は「(診療所の)具体的な場所や規模の話までは進んでいない。次回以降
も議論を深め医療体制の充実を進めていきたい」と話した。・・・・・>

9.<妊婦らに上乗せ要求 精神的賠償で浪江町が東電に>福島民報(01/21 11:22)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014012113418
記事<浪江町は20日、東京電力に福島第一原発事故による避難区域の妊婦や、
乳幼児を世話する避難者らに、精神的損害賠償を上乗せするよう要求し
た。・・・要求は、17日に東電が要介護者や障害者に対し、これまでの精神的
損害賠償に新たに月額1万~2万円を追加すると発表したことを受けて行った。
要求書では、追加賠償が原子力損害賠償紛争解決センターの総括基準の増額理由
に基づいて決定されたにもかかわらず、同じ総括基準の増額理由に示されている
妊婦などが追加賠償の対象に入っていないと指摘。妊婦や、乳幼児の世話をして
いる避難者、重度か中程度の持病がある避難者らの精神的損害賠償を増額するよ
う求めている。>

10.<小高、今期限り解散 原発事故ロータリークラブに影響>福島民報
01/21 11:18
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014012113414
記事<旧警戒区域の南相馬市小高区に事務局があった小高ロータリークラブ
(RC)が、6月末までの今期限りで解散する。10人の会員は避難で各地に分
散・・・・・・10人のうち同市内に住所を置くのは2人。多くは千葉、横浜、
福島、仙台など市外で避難生活を送っている。・・・・・・・会は国際ロータ
リー2530地区の復興補助金を受けている。・・・昨年11月の理事会で「外
部に奉仕する団体が、補助金で運営されている状態は望ましくない」として解散
の方針を決めた。・・・・・・>

11.<農産物原形のまま放射性物質測定 郡山で実証実験開始>福島民友
01/21 11:10
記事全文<郡山市の農産物直売所ベレッシュ(武田博志社長)は20日までに、
野菜や果物を刻まず原形のまま放射性物質を測定する機器の実証実験を開始し
た。古河機械金属から測定器、富士通から検査管理情報システムの提供を受けて
3月まで実証実験する。リンゴ、ニンジン、コマツナ、長ネギ、ダイコン、卵の
6品目で行い、野菜や果物を刻まず原形のまま箱ごと検査する。時間は約5分と
いう。検査時間が短縮され、全量検査が可能になる。同直売所は検査済みの野菜
や果物を提供、信頼確保につなげる考え。また、バーコードを利用したデータ管
理で専門的な操作を必要とせず、生産者が自ら検査する体制の構築も目指す。>

12.<21日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(穀類・野菜)県内死者・行方不明者数>福島民報1
月22日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
13.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月21日
17:40
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140121/1481659
記事<▼空間放射線量率(21日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

14.<栃木県知事、追加除染を検討 70県有施設の一部で長期目標超過 >下
野新聞 1月21日 朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140121/1480637
記事<県は20日、予定していた県有70施設すべてで除染を終えたと発表した。い
ずれの施設も平均空間放射線量率が下がるなど一定の成果があった。一方で国が
基本方針に掲げる長期的な目標(1時間当たりの空間放射線量率0・23マイクロ
シーベルト未満)と比較すると、2013年度に除染に取り組んだ46施設のう
ち、八方ヶ原園地(矢板市)など12施設で数値が超え、県は引き続きモニタリン
グを実施するほか、必要に応じて追加除染の検討も行う。・・・・・・県は12年
度に県有施設の除染をスタート。日光明峰や大田原、那須などの県立高校など24
施設を優先的に実施した。その後、13年度から新たに県営住宅やダム、公園など
46施設の除染に取り組んでいた。・・・・・・一方、新たに除染に取り組んだ46施設
のうち
、県北家畜保健衛生所付属検査施設、那須塩原駅前交番(那須塩原市)など12施
設は1時間当たりの平均空間線量率が除染で低減されたものの、0・23マイクロ
シーベルトを上回った。>
・・・・・・0.23でも高すぎます。

政府、
15.<中間貯蔵施設「住民の納得前提」 双葉町長、環境相に>(01月21日
18時47分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/64695
記事<石原伸晃環境相は21日、福島県双葉町の伊沢史朗町長と会い、東京電力
福島第1原発事故で出た除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設について、あらため
て建設を受け入れるよう要請した。・・・・伊沢町長は会談終了後の取材に「あ
くまでも今日はスタート。住民の納得が前提なので、来年1月に施設の使用を始
めるという国のスケジュールは違和感がある」と述べ、町として町民の意見を聞
く機会をつくると表明した。・・・・・・・・>

16.<廃炉推進へ原賠機構改組=通常国会に法案提出―政府>時事通信 1月21
日(火)12時49分配信
記事全文<政府は21日、東京電力福島第1原発の廃炉や放射能汚染水対策を着実
に進めるため、東電に賠償資金を交付する原子力損害賠償支援機構を改組し、廃
炉を支援する機能を持たせる方針を決めた。同日、自民党東日本大震災復興加速
化本部に原賠機構法改正案を24日召集の通常国会へ提出する考えを示し
た。・・・新たな原賠機構は、電力会社や原子炉メーカーなどで構成する「国際
廃炉研究開発機構」の機能移管を想定。専門的な見地から東電に助言を与えた
り、廃炉作業の進展状況を管理したりできるようにする。> 
・・・・ほんとうに進めるらしい、被災者の立場は守られるのか?

規制委、
17.<「敦賀原発」活断層再調査終了 判断は「今後の会合で議論」>毎日新
聞 1月21日(火)20時12分配信?
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000089-mai-soci
記事<日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県敦賀市)直下の活断層問題で、原
子力規制委員会の有識者調査団は21日、現地での2日間の再調査を終えた。島
崎邦彦委員長代理は、直下に活断層があるとした昨年5月の認定を見直すかにつ
いて「今後の有識者会合で議論する」と明言を避け
た。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

滋賀県、
18.<琵琶湖の26%汚染 県が原発事故時の追加予測>朝日デジタル1月22
日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1P5HCZG1PPTJB00X.html
記事<福井県内の原発で重大事故が起きた場合の琵琶湖への放射性物質の流入予
測を進めてきた県は21日、追加のシミュレーション結果を公表した。空気中に
放出された放射性ヨウ素について、昨年11月に公表したケースよりも雨に付着
しやすい粒子状のヨウ素の比率を増やして試算。その結果、国が定める緊急時の
飲料水摂取制限基準を超える範囲が湖全体の26%となり、前回の21・7%よ
りも拡大した。・・・予測結果は、21日にあった県の地域防災計画の見直し検
討会議で最終報告として公表された。ただ、基準を上回る期間は前回と同様、事
故発生から15日程度。県の担当者は「飲料水に影響する期間自体に大きな変化
はなかった」と説明した。・・・・・・>
・・・・・・“大きな変化はなかった”―その前の試算でも影響は甚大です。

青森県、
19.<「推進の立場変わらない」 大間町長>朝日デジタル1月22日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1P5F09G1PUBNB00G.html
記事<Jパワー(電源開発)が大間町で建設中の大間原発の建設差し止め訴訟を
北海道函館市が3月にも提訴の構えを見せていることについて、金沢満春・大間
町長が21日、同町で記者会見した。立地自治体の首長として「推進の立場は変
わらない」とし、建設推進の姿勢を改めて強調した。・・・金沢町長は函館市の
動きについて「市と議会が決めたことでコメントしかねる」とし
た。・・・・・・・・>

都知事選挙、
20.<五輪・エネルギーなど争点…都知事選あす告示>読売新聞 1月22日(水)0
時9分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00001613-yom-pol
記事<医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題で、東京都
の猪瀬直樹前知事(67)が辞職したことに伴う都知事選挙(2月9日投開票)
が23日告示される。21日現在、11人が立候補届け出の事前審査を終えてお
り、9人が立候補した2012年12月の前回選を上回る見通
し。・・・・・・・・・・・・・>
20’.<都知事選告示まであと2日、公の議論ない異例の事態に>TBS系
(JNN) 1月21日(火)23時46分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140121-00000058-jnn-pol 
記事<東京都知事選挙の告示まで、あと2日となりました。ところが、予定され
ていた討論会や共同会見が候補者らの欠席で軒並み中止され、公の場での議論が
一度も行われない異例の事態となっています。・・・「政策論争、公開討論会が
全く行われない異常な中で選挙戦に突入する。これは非常に残念」(前日弁連会
長・宇都宮健児氏)・・・・・こう憤るのは、前の日弁連会長・宇都宮健児氏。
先週の東京青年会議所主催の討論会が、宇都宮氏以外の候補者の欠席で中止に
なったためです。・・・・・・・・・>

20”.<若手出にくい? 都知事選 主要予定者 65歳以上ばかり>東京新
聞1月21日 夕刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012102000252.html
記事<23日告示の東京都知事選で主な立候補予定者の4人をながめると、サラ
リーマンならば定年を迎えた「上がりの世代」ばかりだ。若くても65歳で、戦
中派が1人、団塊の世代が3人という構図。なぜ、若い人が出てこないのか
-。・・・・・・・>
・・・・・・興味があれば検索を。

20”’.<「緊張感持って」 小泉進次郎政務官が遠回しに自民批判/神奈川>
カナロコ by 神奈川新聞 1月22日(水)0時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000000-kana-l14
記事<・・・・・・小泉政務官は、東日本大震災の被災地復興に向け協力の継続
を求めるため県庁と横浜市役所を訪れた。その後、報道陣から都知事選への対応
をあらためて問われると、「すでに述べていることが全て」と説明。「2月9日
の結果が出るまで関心を持って見守る。復興政務官としての職務に専念したい」
と述べるにとどめ、都知事選と距離を置く姿勢を強調した。・・・・・>

21.<政党助成金で借金返済 舛添氏の「新党改革」 政党支部→資金団体と
迂回>しんぶん赤旗1月21日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-21/2014012115_01_1.html
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への立候補を表明している
舛添要一元厚生労働相が結成した「新党改革」が、借金返済に使うことを禁じら
れている政党助成金や立法事務費で借金返済を行った疑いがあることが20日、
本紙の調べで分かりました。舛添氏は、借金返済時の同党代表。猪瀬直樹前知事
の「徳洲会」グループからの5000万円提供問題で「政治とカネ」の問題が争
点となっている都知事選で、舛添氏の資格が問われます。・・・・>
・・・・・・お金にまつわることで辞任した知事の後に立候補する人たちもお金
のことで疑問がある人が・・・・・“20年前の1億円”の人もいます
し、・・・・・・。
21’.<舛添氏の離党了承=新党改革>時事通信 1月21日(火)14時27分配信
記事全文<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への立候補を表明している
舛添要一元厚生労働相は21日、新党改革の荒井広幸代表と国会内で会談し、同党
を離党する意向を伝えた。荒井氏は離党を了承するとともに、党として都知事選
で支援する考えを示した。
 舛添氏は2010年4月に自民党を離党後、新党改革を結成し代表に就任したが、
昨年夏のに参院選不出馬に伴い辞任していた。>
21”.<舛添氏、再生エネ都内2割に 福井で講演>福井新聞ONLINE 1月
21日(火)7時58分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00010000-fukui-l18
記事<・・・・・・・・・・・講演終了後、記者団に「(2020年の)東京五輪ま
でに最低1割は再生可能エネルギーにしないと、都民として恥ずかしい」とも述
べ、目標達成に向けた工程表を示して1カ月ごとに進ちょくをチェックするとし
た。原発増設については「再稼働を含め、規制委が慎重に審議し、必要なら政府
が決定する。それに従ってやるのが一番だと思う」と答えた。・・・・>
・・・・自ら原発ゼロは言わない姿勢ですね。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
3面に、
22.<細川氏 脱原発へ工程表 公約案 五輪行事を東北で開催>
23.<小泉氏 つぶやかにまま(19日開設のツイッター)閉鎖>
6面下方に小さく、3.の記事、
7面経済欄に、
24.<家庭の電力集めて販売 パナソニック「太陽光」の余剰購入>
26面に、囲み記事で、
25.<糸島市の選択(上)_ 市長選・市議選を前に 原発不安の声とどう向
き合う>
・・・・・ネットに記事は見当たりません、どこかで紙面をみてください。
32面九州経済欄に、
26.<政策投資銀行と九州7地銀 九電系太陽光に融資 総額42億円>
34面に、2.の記事があります。
今朝は以上です。(1.22. 5:26)
※この新聞記事紹介へのご意見等は、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 紅林進 さんから:
今月24日に開会予定の通常国会ではトルコへの原発輸出の道を開く
日本トルコ原子力協定の批准手続きが進められようとしていますが、
以前、ご案内を転載させていただきました緊急要請「トルコへの原発
輸出に道開く原子力協定に反対を!」の署名の<第二次提出>分を、
呼びかけ団体が国会議員(両院議長、衆院外務委員、参院外交防衛
委員)に提出したとのことです。

第1次提出(2013年11月29日)と合わせて、142団体・個人3270名<うち海外
1805名>の署名を集めることができたとのことです。

「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」
(eシフト)メーリングリストより転載)
皆様
24日に開会予定の通常国会ではトルコへの原発輸出の道を開く日トルコ
原子力協定の批准手続きが進められようとしています。

トルコは地震国であるにも関わらず建物やインフラの耐震補強は進んで
いません。地元自治体であるシノップ市長も原発建設に反対している中
では、住民避難計画の適切な策定・実施も困難です。放射性廃棄物の
処分の目途も立っていません。

そこで、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、国際環境NGO FoE
Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)、メコン・ウォッチ、ピースボートでは、
緊急要請「トルコへの原発輸出に道開く原子力協定に反対を!」<第二
次提出>への賛同を呼びかけ、国会議員(両院議長、衆院外務委員、
参院外交防衛委員)に提出しました。

日本語
http://www.jacses.org/sdap/nuke/letterjp20140121.pdf

英語
http://www.jacses.org/en/sdap/nuke/letteren20140121.pdf

第1次提出(2013年11月29日)と合わせて、142団体・個人3270名<うち
海外1805名>の署名を集めることができました。署名頂いた皆様、
ありがとうございます。

なお、1月22日には、緊急セミナー「税金づけの原発輸出~25億円の
報告書は何処に?」が開催され、トルコへの原発輸出の問題について
も議論予定です。
http://www.foejapan.org/energy/evt/140122.html

よろしくお願いします。
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)田辺有輝

★ ギャー さんから:
「二十四メートルのエイ」という詩です。

二十四メートルのエイが
ひらひらと揺れている
二十四メートルの鉄の塊が
空の一点に停まる
「任務完了」
一つの街がこの世から消えた
いくつもの人生がこの世から消された

★ 猿田佐世 さんから:
みなさま
名護市長選は稲嶺進氏の勝利で幕を閉じました。これからも、正念場は続きます
が、まずは一歩です。
先日、ご案内差し上げた新外交イニシアティブ(ND)主催の名護市のシンポジ
ウム(1月10日)は、お陰様で立ち見も出る1200人のご参加をいただき成
功に終わりました。満員の会場から一言一言に拍手がわき、参加者の方から反応
をいただく、こんなに熱気のある会場で登壇させていただいたのは初めてでした。
ご参加下さった皆さま、情報拡散などでご協力いただいた皆さま、本当にありが
とうございました。心より感謝申し上げます。

シンポの内容は、これからの状況にも参考になるものであったと思います。在沖
縄の米海兵隊を「抑止力」の観点から必要とする日本政府等の主張に対する柳澤
氏の見解等、是非多くの方にお読みいただければと思います。
下記、シンポの報告をお流しさせていただきますので、是非ご覧下さい。

 ================
   新外交イニシアティブ シンポジウム
     「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」ご報告
               1月10日 /10シンポ 於:名護市
                  ===============
http://www.nd-initiative.org/topics_140117.html

2014年1月10日、新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム「普天間基地
返還と辺野古移設を改めて考える」を名護市で開催しました。柳澤協二ND理事の
基調講演を冒頭に、マイク・モチヅキND理事のビデオメッセージの上映、稲嶺進
氏(名護市長)、仲里利信氏(元沖縄県議会議長・元自民党沖縄県本部顧問)、
前泊博盛氏(沖縄国際大学教授・前琉球新報論説委員長)をお招きしたパネル
ディスカッションを行いました(コーディネーター:ND事務局長 猿田佐世)。
昨年12月末の仲井眞弘多沖縄県知事による辺野古埋め立て申請の承認を受け、2
週間という大変短い準備期間での緊急開催であったにもかかわらず、大変多くの
方々にご参加いただき、約1200人がお集まりくださり、立ち見も出る盛況と
なりました。ご協力・ご参加いただいた皆さまに心から感謝を申し上げます。
( 当日のビデオ http://www.nd-initiative.org/topics_140117.html )

■基調講演:柳澤協二ND理事(元内閣官房副長官補・元防衛省防衛研究所所長・
元防衛庁官房長)

 日本政府の安全保障政策を担当していた防衛省出身の柳澤協二ND理事は、基調
講演において、「普天間の危険性の除去が問題の本質だったが、移設問題にすり
替えられた。」と指摘したうえで、要旨、下記のように述べました。

 昨年末定められた日本政府の新防衛大綱では、西大西洋における日米のプレゼ
ンスの強化が戦略的な重点となっている。現在米軍では、海兵隊をはじめとする
地上軍は重視されなくなっている。
 2010年以降アメリカの戦略は、アジアは重視するが兵力は集中しないというも
の。沖縄への米軍基地の集中はアメリカにとっても合理的でないという状況が現
れている。この十数年の間にアメリカの軍事戦略は変化しているが、日本政府の
主張は一貫して米軍基地は抑止力として大事だ、というところから変わっていな
い。
 抑止力とは何か。「脅威があるから抑止力が必要」という従来の考え方が、冷
戦後の今成り立つとは思えない。抑止というのは正面衝突を避けるためにお互い
ブレーキを踏むという論理である。この時代、(国家と国家などの間で)摩擦は
あるが、相手を滅ぼさなければ自分の存在が脅かされる、というような脅威はも
うほとんどない。少なくとも米中の間にその関係はない。アメリカが海兵隊を中
国との間に投入するということはありえないだろう。
 沖縄の米海兵隊は、中国の短距離ミサイルの射程内に入っており、中国に近す
ぎて中国に対する抑止力とはなり得ない。報道によれば、アメリカの当局者は沖
縄の海兵隊は中国のミサイル3発で全滅するという認識を持っているとのことで
あった。米軍はむしろ、グアムやダーウィンなどその射程外に出ようとしている。

 そして、柳沢ND理事は、「県外移設の軍事的条件は既にある。県民の利益のた
めにそれを実現するのが政治の役割である。」と語りました。さらに、沖縄は
今、基地と一緒に暮らす生活がしたいのかどうかという選択を迫られている、と
述べたうえで、「普天間ならダメだけど辺野古ならいいのか。より抵抗が少ない
ところ、より人が少ないところにやっかいな問題を集中させるサイクルを止めな
い限り、沖縄は基地の中で暮らしていかなければならない矛盾から抜け出せな
い。」とまとめました。

■ビデオメッセージ:マイク・モチヅキND理事(ジョージ・ワシントン大学教授)

 マイク・モチヅキND理事は、ワシントンDCからビデオメッセージを寄せ、「辺
野古埋め立ては反対意見があるうえ、埋め立ての技術上の問題も多く、困難だ。」
「米軍にとってこれから、アジア太平洋地域における安全保障の責任遂行という
観点から、埋め立てによるV字型の航空基地はますます必要ないと見なされるよ
うになる。」「長期的には、海兵隊員のほとんどはグアム、ハワイ、米国本土と
いった場所に配備されていくことになる。そこから沖縄やアジア太平洋地域の他
の戦略的地点に行けばいいため、沖縄に本格的な恒久基地を置く必要はない」と
指摘しました。

■パネルディスカッション:稲嶺進氏(名護市長)・仲里利信氏(元沖縄県議会
議長・元自民党沖縄県本部顧問)・前泊博盛氏(沖縄国際大学教授・前琉球新報
論説委員長)・柳澤協二ND理事

 続くパネルディスカッションにおいて、前泊氏は、キャンプシュワブを辺野古
に残している限りこの問題は続く、とした上で、沖縄振興予算について、地方財
源の少ないところへ再分配する当たり前の交付金というシステムの中で、全国と
同じようにもらえるお金である、と説明し「沖縄だけは言うことを聞かないとも
らえない。なぜ沖縄だけが恫喝されなければならないのか。」と述べました。続
けて「仲井眞知事が基地を引換に3400億の予算を手に入れたということが言
われているが、97年は4700億円の数字があったことを忘れないでほしい。」
とし、「このとき沖縄が一番基地移設に反対したからこの数字がついた。その後
右肩下がりで落ちていたが、仲井眞知事が県内は無理だと主張したときから金額
があがっている。これではいけない。権力の横暴である。」と述べ、知事が作っ
た基地の跡地利用についての調査報告書では基地返還の経済的効果は1兆円で
あったことを指摘しました。

 辺野古移設に反対して自民党沖縄県連顧問を辞任した仲里氏は、「辺野古に基
地が作られてしまうと、沖縄が今後も要塞とされてしまう。」との危惧感を表明
しました。さらに地位協定の問題について、「これまで何度も抜本的な改定を訴
えてきたにもかかわらず、何も変わっていない。」と語った上で、「日本は主権
国家として、日本の憲法を適用するという姿勢でなければならない。」と指摘し
ました。

 稲嶺進名護市長は、「知事が承認したのでそのまま辺野古埋め立てまで進んで
しまうのか、と聞かれるが、答えはノーである。」と強調したうえで、「名護市
長の許可を得なければ前に進めないことも多くある。」と述べ、辺野古埋め立て
工事に必要な市長の権限について説明をしました。また、映画監督のマイケル・
ムーア氏やオリバー・ストーン氏ら海外有識者が辺野古移設反対の声明を発表し
ていることに触れ、「私たちの主張は世界から見ても常識である。自信を持って
頑張りたい。」と述べました。さらに、「移設を強行しようものならオール沖縄
でもっと大きな動きが出てくると思う。そういう時にはその先頭に立っている。」
と述べました。最後に、「オスプレイの飛ぶところに観光客は来ない。キャンプ
シュワブを撤去し、多様性の海を返してもらい、2万人の雇用を生むところにし
たい。」と語りました。

 普天間基地返還と辺野古移設問題について、様々な観点から議論がなされ、満
席の会場から大きな拍手に包まれた高揚感溢れるシンポジウムとなりました。当
日会場運営をお手伝いして下さったボランティアの方々、本シンポジウムの広報
にご協力いただいた方々にも心より感謝を申し上げます。

 NDは今後も多くの問題について、積極的に議論を行っていきたいと思っており
ます。引き続き皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

注:発言取りまとめの責任はND事務局にあります。登壇者の方のご発言を直接お
知りになりたい方は、NDウェブサイト掲載のビデオをご覧ください。
http://www.nd-initiative.org/topics_140117.html

★ 前田 朗 さんから:
再稼働ありきの政府・ニセ規制委員会批判
再稼働阻止全国ネットワーク編『原発再稼働絶対反対』(金曜日) 
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_664.html

★ 戸村良人 さんから:
1月15日、岩国愛宕神社前の公園で、寒風ふきすさぶ中、愛宕山座り込み
(「愛宕山を守る会」主催ではないもの、自主座り込み)が行われました。
例によって、「行動の写真集」に追加したのでお知らせします。
下記をクリックしたら15枚の写真が出てきます。
http://tomura.lolipop.jp/pead694/694-1.14.01.21atagoyama01-10.html

http://tomura.lolipop.jp/pead694/694-2.14.01.21atagoyama11-15.html

「行動の写真集」トップページは
http://tomura.lolipop.jp/index.html

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************



修の呟き


タイトル画像

○●「宇都宮けんじニュース」第20号(2014年1月21日号)

2014.01.21(20:38) 1244

転送・拡散歓迎!!!(ただし転送は22日24時まで。23日以降、メールの転載はで
きません)

・○●「宇都宮けんじニュース」第20号(2014年1月21日号)をお届け致します。
●○・  

みなさん、こんばんは。
いよいよ、宇都宮けんじさんの名前と写真入りのチラシを配れるのは明日の1日
だけとなりました。
ポスティングもれはありませんか? 配り忘れはありませんか?
政策チラシを配りきりましょう!!
都知事には宇都宮さんしかいない!!
どんどん、どんどん広めていきましょう!!


────・○●CONTENTS●○・────
1.1/22(水)山手線一斉アピール&新宿東口アルタ前広場大集合!
2.今後のスケジュール
3.今後のチラシの進行&ボランティア大募集!
4.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
5.拡散希望! メディア必見!
6.メルマガ「宇都宮けんじニュース」配信登録の呼びかけを!
──────────────────────

*************************************************************************
1.1/22(水)山手線一斉アピール&新宿東口アルタ前広場大集合!
**************************************************************************

選挙告示前日の明日は、山手線29全駅で同時アクション。
その後、新宿東口アルタ前広場に大集合します。 
応援ゲストもたくさん集まります。
宇都宮さんを迎えて大いに盛り上がり、選挙期間に向けて気勢を上げていきま
しょう~!

18:00~19:00 山手線各駅にて一斉アピール
19:30~ 新宿東口アルタ前広場大集合!

山の手線の各駅に、担当がいます。
どの駅でも結構です。山手線各駅へお集まりください!
詳しくはこちらを  https://twitter.com/yamanote0122

**************************************************************************
2.今後のスケジュール
**************************************************************************
いよいよ選挙戦突入。合同記者会見、政見放送が始まります。

1/22(水)
08:00 都庁前街宣
12:00~ 記者会見@自由報道協会
15:30~ 記者会見@日本記者クラブ
17:00~18:00 NHK政見放送
18:00~19:00 山手線全29駅同時一斉アピール
   ★それぞれ、最寄りの駅へ!
19:30~ 新宿東口アルタ前広場大集合!

1/23(木)★告示日★  
08:30~ 一斉ポースター貼り「うつけんポスタープロジェクト」
     
※スケジュールは、事情により変更することもあります。ご了承ください。

**************************************************************************
3.今後のチラシの進行&ボランティア大募集!
**************************************************************************

宇都宮けんじの名前と写真入りのチラシを配れるのは告示日前日(22日)までだけ。
どんどん、どんどん広げてください!! 政策チラシを配りきりましょう!!

~1/22 政策チラシを配りきる!
1/22 証紙ビラ15万枚到着 シール貼り
   確認団体ビラ1号 50万部到着 チラシの折りと発送作業
1月末 確認団体ビラ2号 50万部到着予定 チラシの折りと発送作業  

たくさんの作業があります。事務所は朝9時半から夜7時まで活動しています。
短い時間でも構いません。ぜひ、いらしてください!
託児キッズコーナーもあります! 親子で安心していらしてください!

・「選挙運動」は告示日(23日)以降です。現在の私たちの活動は、東京を変え
るための「政治活動」です。
・告示日より以前に「選挙運動」を行なうことは、「事前運動」として公選法で
禁じられています。
・「宇都宮けんじを都知事に」といった文言の入った横断幕やポスターなどを掲
げての街頭宣伝は控えてください。
・「希望のまち東京をつくる会」のチラシを配布するのは「政治活動」であって
自由です! どんどん普及してください!
・わからないこと、不明な点があれば、「希望のまち東京をつくる会」にご連絡
ください。T)03-5369-2765

**************************************************************************
4.1/23(木)「みんなができる電話のかけ方教室」開催!
**************************************************************************

宇都宮けんじさんの必勝をめざして、電話かけボランティアの講習会を開催します。
選挙で、電話かけの仕事はとても大事な活動です。自分にできるかなあ、と思わ
れる方、大丈夫です。選挙の電話かけの初心者のみなさんのために、 「電話か
け教室」を開催します。ぜひご参加ください!

日時:1月23日(木・告示日)17:00~17:30
講師:奥山妙子さん(杉並区議・無所属)
場所:事務所と同じ山本ビルの5F

電話選対の始動は25日(土) 毎日、午前10時から、午後7時まで行います。
担当:090-2232-7534(高田)

*************************************************************************
5.拡散希望! メディア必見!
**************************************************************************

多重債務問題をテーマにしたベストセラー小説『火車』(宮部みゆき著)の弁護
士モデルであり、映画『夜逃げ屋本舗』の監修者の宇都宮さん。その スーパー
弁護士ぶりは多くのメディアで紹介されています。

【テレビ・ラジオ】
・ラジオ文化放送「おはよう寺ちゃん」
♪毎週火曜日・レギュラー出演中♪
 http://www.joqr.co.jp/tera/

・NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』(2006年2月7日)
第5回「仕事も人生もやり直せる」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/professional/2006/0207/

・NHK「クローズアップ現代」(偽装質屋)(2013年4月11日放映)
 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3333.html

・テレビ朝日放送「ビーバップハイヒール」出演(2013年12月12日放映)
 http://asahi.co.jp/be-bop/index.html

・日本テレビ『深層ニュース』(2013年12月17日放映)
「どうなる? カジノ法案」
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/shinso/20131217-OYT8T00262.htm

・IWJ 「宇都宮健児氏インタビューダイジェスト」
http://www.youtube.com/watch?v=p5ayy2Q04lI&feature=youtu.be
岩上安身さんによるインタビュー。脱原発、福祉、尖閣諸島問題などについて、
とてもわかりやすく、コンパクトに4分にまとめられています。

【ウェブサイト】

・ニュースサイト「BUZZAP!」
「都知事候補が風営法によるダンス規制、都条例によるマンガ・アニメ・ゲーム
の表現規制に対して反対を表明」
http://buzzap.jp/news/20121116-night-club-law12/

・朝日新聞WEBRONZA+
「石原前都知事と橋下大阪市長のカルト企業・軍事優先の野合vs宮部みゆき著
『火車』の宇都宮けんじさん」
http://webronza.asahi.com/bloggers/2012111900002.html

【雑誌】

・『SPA!』(2012年12月4日)
不屈の弁護士にして都知事選候補者・宇都宮健児氏が語る「コワい人との交渉術」
http://nikkan-spa.jp/341318

・『世界』(2013年7月号)
映画作家・想田和弘さんとの対談「政治を変えるために『選挙』を変える」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2013/07/directory.html

・『週刊女性』「人間ドキュメント」(2013年2月5日号)

・『週刊女性』(2014年1月21日号)
「都知事選候補直撃/「脱原発」「五輪」「女性向け政策」こうします!
http://www.shufu.co.jp/magazine/woman/

【著書】

★最新刊★『希望社会の実現』(花伝社) できたてホヤホヤです!
『わるいやつら』(集英社新書)
『消費者金融実態と救済』(岩波新書)
『13歳から学ぶ日本の貧困日本をむしばむ“貧困”が60分で見えてくる』(青志社)
『大丈夫、人生はやり直せるサラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社)
『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店)など、著書・共編著書多数


**************************************************************************
6.メルマガ「宇都宮けんじニュース」配信登録の呼びかけを!
**************************************************************************
当メルマガでは集会やイベントの予定、サポーターの皆さんへのメッセージ、
ご協力のお願い、などなど「宇都宮けんじとともに、希望のまち東京をつくる」
様々な動きについてお知らせしていきます。
ぜひお友だちや、参加しているメーリングリストなどで、こちらの登録方法をお
伝えください! できるだけ多くの人に「宇都宮けんじニュース」を読 んでい
ただくこと。それが、選挙期間中、どれだけ宇都宮さんを盛り上げていけるかに
繋がっていきます!

【メルマガ配信登録】
メールの件名に「うつけんNews購読希望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。

情報の拡散、よろしくお願いします。希望の輪をつないでいきましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みなさまからのご寄付をお願いしております。東京都知事候補宇都宮けんじ後援
会「希望のまち東京をつくる会」へのご寄付は、所得税法上「所得控 除」の寄
付金控除が受けられます。
///////////////////////////////////////////////////////////
口座名義はすべて「希望のまち東京をつくる会」です。
●ゆうちょ銀行
*ゆうちょからの振込 記号10030 番号67524041
*店名 〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番008 普6752404
●みずほ銀行 四谷支店 普通1312619
●城南信用金庫 青山支店 普通418062
●三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通0174555
●郵便振替口座 00100-4-599973
///////////////////////////////////////////////////////////

いつも貴重なご意見、そして応援ありがとうございます。
23日の告示日以降、「宇都宮けんじニュース」は「選対ニュース」に変更となり
ます。
緊急のご連絡は、03-5369-2765まで。

*「宇都宮けんじニュース」配信登録希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信希望」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。
希望のまち東京をつくる会 HP(http://utsunomiyakenji.com/)からも登録可能
です。
*「宇都宮けんじニュース」配信停止希望の方は、メールの件名に「うつけん
News配信停止」と書いて
mail-magazine@utsunomiyakenji.com まで送信してください。

 この「宇都宮けんじニュース」は無料です。「購読」と表記しておりましたこ
とを訂正してお詫び致します。

個人情報保護方針は
http://utsunomiyakenji.com/support/privacy.html


■▼■「希望のまち東京をつくる会」■▼■
-------------------------------------
〒160-0004 新宿区四谷3-5-5 山本ビル2F
office@utsunomiyakenji.com
T)03-5369-2765 F)03-3351-5055
-------------------------------------

◇公式ウェブサイト 「希望のまち東京をつくる会」
http://utsunomiyakenji.com/

◇公式ブログ 「宇都宮けんじさんと、希望都市、東京へ。」
http://utsu-ken.seesaa.net/ ◇公式メルマガ 「うつけんニュース」 (公式
ホームページから登録)

◇公式ツイッター
宇都宮けんじ: https://twitter.com/utsunomiyakenji
希望のまち東京をつくる会スタッフ: https://twitter.com/TeamUtsuken

◇公式フェイスブック 宇都宮けんじ: https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

◇公式UST 宇都宮けんじTV http://www.ustream.tv/channel/utsunomiya-kenjitv

◇公式YOU TUBE http://www.youtube.com/user/utsunomiyakenji

◇公式ニコニコチャンネル(ニコニコ動画) ※新たに始まります!
http://ch.nicovideo.jp/utsunomiyakenji



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1007目報告☆

2014.01.21(20:36) 1243

青柳行信です。1月21日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1007目報告☆
呼びかけ人賛同者1月20日迄3127名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月20日3名
   山本雅子 宮本秀臣 宮本生子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
雨が降って、明日は 寒さも厳しくなるそうです。
名護市長選の新聞を繰り返し読みました。
あんくるトム工房
基地はいらない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2833

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆名護市長選挙に敗れた自民党五〇〇億円をムチに急変
     (左門 ・121-543)
※マスコミも《政権は選挙が終わると、
基地負担の「見返り」となる振興予算で手のひらを返した》(朝日21日)と
醜態を指摘した。
20日に石破幹事長がゼロベースにすると言明した。
彼は戦争モノのオタクであると聞くが、
彼の遊びツールの中には「義理・人情・道徳」というパーツは皆無だったのだ!
今時の子どもでも耳と目を塞ぎたくなる顔つきであり物言いだ。

★ ハンナ&マイケル さんから:
記念冊子の編集、真っ最中です。数ページの冊子を作るつもりで気楽に編集長ひ
きうけたら、皆様の熱いメールがどっさり送られてきて、これでは分厚い本が出
来そうで、嬉しい悲鳴を上げています。
メッセージは1000日目当日、吉崎幸恵さんが記念集会のカードに手書きしたもの
を郵送してくれましたので、受付はこれを最後とします。それと言いだしっぺの
自分自身のメッセージをまだ投稿してなかったので、ここにお送りします。エッ
セー風の文を書いてみました。

1000日目メッセージ
☆ 吉崎幸恵さん(長崎の被曝体験者)
ひと言で「1000日」と言いますが、大っきいですねぇ、この数字。よくぞ継続し
てこられたと思います。核となられましての燃えるほどのエネルギーを注いでこ
られました青柳さまのド根性に、まずは敬意を表します。本当にお疲れさまでご
ざいます。

 私はといえば、いったい何回参加したというのか、問われれば恥ずかしいで
す。被爆者の一人として。「原爆も原発も同じ核エネルギー」と言いつつ、「原
発ゼロ」をめざす取り組みに、ひろばでの座り込みに、どれだけ向き合ってきた
か ―。被爆者運動に年中、全力投球中とはいえ、少々ではなく、大きく赤面し
てしまいます。

 でも、もちろん心はつながっていますよ。玄海訴訟の第二次原告団の一人であ
り、団員も7~8人拡大、佐賀の法廷(別会場)にも参加。日程が重ならない限
り足を運んでますよ、と弁解をつけ加えさせていただきます。

 私は今、「被曝柿の木3世の苗を、公邸に植樹してください」と、小、中学校
を訪問して申し入れ活動を行っています。そして一つの保育園、三つの小学校、
二つの中学校で植樹は実現しています。15個の2世の種を埋めて、自分の手で
3世の苗木を育てました。あの原爆で焼け焦げた幹からも、翌春には、いじらし
くも葉が芽吹いたというのです。その生命力に感動した持ち主の依頼で、植樹医
によって柿は蘇生されました。

 1世から2世へ、そして3世へとつないだ命のバトン、被曝柿は平和のシンボ
ルとして命の尊さ、平和の大切さを子どもたちに伝えてくれるに違いありませ
ん。ただそこに立っているだけで。小学校の植樹式では最後に、「私たちの心の
中にも平和の種をまき、平和を願う心を大きく育てていきたい」と、苗のプレゼ
ントにお礼を述べてくれました。

人間にも動物にも植物にも昆虫にも、生きとし生けるものすべてに放射能の被害
が及ばぬよう、まずは日本から原発ゼロを、地球上から核兵器の廃絶をと、叫ば
ずにはいられません。九電本店前ひろばから、その声を大きく発信していきたい
ものですね。一人でも多くの人が集いあって。 (2014年1月14日 記)

☆ 高柳英子(「ママは原発いりません」)
「テントひろば」は何のため? 
「今、テント。雨が降っています。写真が送られてきました。私の4番目の子で
ある長女の子、私にとって4人目の孫。私の活力の元。名前 洸太郎 8ヶ月。
体重9キロ。」
12月のある朝、九電本店前テントの青柳さんから仲間のメールに、幼い男の子の
添付写真とともに、こんな短いメッセージが届いた。

3.11の集会の連絡事項に使われているメーリングリストである。本来なら、
完無視されてしかるべきだし、「公のメーリングリストを私的なことに使わない
でください」、などと苦言を呈されてもしかたないところだろう。ところが直後
から「ありゃあ、かわいい。鹿児島も元気になります。」「かわいいですね!お
じいちゃんに似ていますね。洗礼名は何ですか?」「オー可愛い!バーちゃん似
かな?」等々、メロメロのコメントが殺到したのである。

そう、この幼子の写真は、ともすれば敗北感にうちひしがれそうになる私たちに
も、思いがけない活力を与えてくれたのだ。再稼働に向けて、粛々と整備を進め
ているこの国の政府の動きを知るにつけ、街頭で、反原発のチラシに一瞥も与え
ずに通りすぎる一般市民の反応を見るにつけ、自分たちのやっていることは、
まったく無駄な抵抗ではないかという思いを、誰しも一度や二度は抱いたことが
あるだろう。

九電本店前にテントが立っているのは、何のためなのか。朝には重たいテント道
具一式を車で搬入し組立て、夕方には、また撤去して持ち去る、そんな苦行のよ
うな行為を営々と続けていることに、何の意味があるのか。私たちは誰のために
闘っているのか・・・・

私たちの世代は、原発という文明の利器の恩恵を、うかつにも無思慮に享楽して
きた。それが利器ではなかったことを、3.11を境に、遅まきながらようやく
骨身にしみて悟った。「トイレなきマンション」と揶揄される原発のその汚物
が、凶器となって、子や孫の世代に遺されようとしている。それを片付ける時間
は、私たちにはもう残されていない。せ
めてこれ以上汚物をふやさないようにして、この地球を次世代に託したい。

そうなのだ、この幼い子の笑顔のために、私たちは闘っているのだ。青柳さんの
お孫さんの愛らしい一枚の写真が、期せずして、私たちの運動の原点に立ち返ら
せるシンボル的役割をはたしてくれたのである。

きょう、2013年12月9日、この日、おそらくまだ誰一人訪れる人もないであろ
う師走の氷雨降るテントの中で、ひとり、この添付写真付きのメールを打った青
柳さんの孤独に思いをはせる。

そのテントの報告である「原発とめよう!九電本店前ひろば」の報告メールが
2014年1月14日に一千回目を迎えるという。「さよなら原発!」の大集会を控え
て準備に忙殺される日々でも、体調が悪く入院したりしても、一日も欠かさず
メールを発信し続けてくれた青柳さんに、心からの「ありがとう」を届けたい。

青柳さん、たとえテントに一人の日があっても、あなたは一人ではありません。
報告を読む数千の人々と繋がっています。原発ゼロの日を目指して、共に闘い続
けましょう。 
(2013年12月9日深夜 記)     

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
稲嶺市長の再選、新年からうれしいニュースです。
諦めずにがんばろう、という皆さんがつかみとった勝利ですね!

1月18日に開催した、川内博史さん講演会「福島第一原発の真実」も
120名の参加者で会場は立ち見がでるほどでした。
内容は、去年3月、福島第一原発内に入ったときの息をのむような
大破壊建屋の映像を解説しつつ、環境省のデータを見せながら
「コントロールされているはウソ」の説明、「甲状腺がんの“疑い”」の
定義は「がんと分かっているけどまだ手術していない状態」だということ、
アメリカは地域の避難計画がなければ稼働できないこと、など。

とくに、1号機の事故データ開示を東電に請求したら「地震によるプリンター
の紙詰まりで、ありません」「バックアップもないので再プリントできません」
の返事。川内さんが「全国の原発のパソコンでバックアップがないのは
どのパソコンか?」と質問したら、なんと「福島第一原発だけ」という
回答だったそうです。

質疑応答は30分。
一列目に、いかにも文句言いたさそうな年配の男性が座っていて
質疑応答のとき手を挙げて「私は柏崎原発で働いてたんだけど」と
切り出したので、一瞬ドキッとしましたが、「原発はなくさなきゃ
いかん」という意見だったのでホッ。

主催は「週刊金曜日読者会」と「長崎県平和運動センター」の共催でした。
読者会だけだったら、こんなに沢山の参加者に事実を伝えられなかった。
テントの1000日記念の集いのとき誰かがおっしゃっていたように
「権力側は市民運動と労働運動がつながるのがこわい」のですから、
どんどんつながっていきましょう。

★ 中西正之 さんから:
2014年1月20日の朝日新聞4面に原発迷走シリーズ(月曜日掲載)の最終
版8に揺らぐ「低コスト神話」の記事が載っています。
原発迷走シリーズは力作でしたが、揺らぐ「低コスト神話」は特に良くできてい
たと思われましたので、お知らせいたします。
http://tinyurl.com/oyue5ke

2013年12月の政府は新しい「エネルギー基本計画」を発表し、閣議決定を
しようとしていました。この「エネルギー基本計画」では、原発電源を日本の基
幹電源と位置付けて、原発の再稼動や新設、核燃料サイクルまでを行う事にして
います。
 今、閣議決定すると都知事選に不利になるとの思惑で、エネルギー基本計画」
の閣議決定を都知事選後に先送りしたようですが、この「エネルギー基本計画」
は黒を白という詐欺のような計画です。
 この基本問題の本質を取り上げている良い記事と思われたので、お知らせいた
します。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、昨日の福島第一の現場の記事の続報から始めます。
後段に、九州関連の2つの記事があります。

1.<3号機格納容器から漏水か=建屋床に出水―東電福島第1>時事通信 1月20
日(月)19時56分配信
⇒http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/63037dd1fb6581ad97b3d23023f0d4d72d6b1b1d/
記事<東京電力は20日、福島第1原発3号機原子炉建屋1階で水漏れが確認され、
格納容器の水が配管の貫通部から漏れている可能性が高いと発表した。東電は建
屋外には漏れていない
と説明。大量の汚染水がたまっている建屋地下に流れ込んでいるとみられる。3
号機で水漏れ箇所の特定につながる現象が確認されたのは初めて。>
1’.<福島第一原発3号機建屋で高濃度汚染水漏れ>日本テレビ系(NNN) 1月
21日(火)2時8分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140121-00000002-nnn-soci
記事<福島第一原発3号機の建屋内で高濃度の汚染水が漏れていることがわか
り、「東京電力」は「燃料を冷やした水が漏れている可能性が高い」と発表し
た。・・・京電力による
と、3号機の原子炉建屋1階の床で幅約30センチの水の流れができているの
を、がれき撤去用のロボットが撮影した映像で確認したという。水は床の排水口
に流れ込んだ後、地下
にたまっているとみられ、建屋の外には漏れていないという。・・・・水は「ス
トロンチウム」などベータ線を出す放射性物質が一リットル当たり2400万ベ
クレルと非常に高
く、原子炉内の燃料を冷やした後の水が漏れている可能性が高いという。・・・
東京電力は、格納容器の配管のつなぎ目の損傷部分などから漏れているものとみ
ている。 >

2.<汚染水タンク月4万トン増設=福島第1、海上輸送を導入-東電>時事通
信(01/20-20:57)
記事全文<東京電力は20日、福島第1原発で放射能汚染水を貯蔵するタンクに
ついて、今年7月以降、月4万トン分のペースで増設する計画を明らかにした。
従来の原発敷地内で
組み立てる方法に加え、工場で完成させたタンクを海上輸送し、増設を早める。
福島県楢葉町で開かれた政府と東電の廃炉・汚染水対策現地調整会議で示した。>

汚染水関連の過去を伝える記事、
3.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:18 国際問題化が後押し>1月20
日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10934456.html
・・・・・外の顔色をみながら効果があるか不明の対策の一方で、嘘ばかりなら
べて五輪を誘致・・・・・。

フクイチ―被曝労働、
4.<「除染作業」50代男性の内部被ばく確認>>毎日新聞 1月21日(火)0時30
分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000000-mai-soci
記事<東京電力は20日、福島第1原発2号機の原子炉建屋で除染作業をしてい
た50代の男性作業員の内部被ばくが確認されたと発表した。ホールボディーカ
ウンターで検査した
結果、体内に取り込まれた放射性物質で男性が今後50年間に受ける被ばく量は
推計0.38ミリシーベルトだった。1年間の自然放射線による内部被ばく量は
1.5ミリシーベル
トで、健康に問題ないと診断されたという。・・・東電によると、男性は同日午
前11時ごろから50分間作業し、休憩中の身体検査で左頬と唇、口の中に放射
性物質が付着してい
るのが判明。「全面マスクが曇ったので目張りを外してマスクを緩め、中をぬ
ぐった」と説明しているという。>

東電、
5.< 「内閣からは、総括原価方式と地域独占に関わるな、と言われた」 ~東
電臨時会見 敷土文夫取締役 所信表明>IWJ01/15
⇒http://iwj.co.jp/wj/open/archives/119890
記事<東京電力の社外取締役である敷土文夫氏は「4月から取締役会長として、
新総合特別事業計画(新総特)の実現に向け、指導、監督する」と語り、その要
旨を説明した。・・・
質疑応答では、柏崎刈羽原発の再稼働、東京都知事選での細川・小泉元総理の
「脱原発勢力」に対する質問が集中したが、敷土氏はあいまいに答えるにとど
まった。また、会長就任
に際して、内閣から『総括原価方式と地域独占には関わるな』との指示があった
ことを口にした。・・・・2014年1月15日19時から、東京都千代田区にある東京
電力本店で、臨時会見
「特別事業計画の変更の認定について」の第1部が開かれた。今年の4月1日より
取締役会長に就任予定の、數土文夫氏が所信を表明した。出席者:取締役 數土
文夫(すど ふみお)、代表執行役社長 廣瀬 直己(ひろせ なおみ)>
・・・・・・こんな指示を受けていたのか。

被災地フクシマ、
6.<浪江町長と意見交換 全国被爆二世団体調査団 >【福島民報】01/20 08:35
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014012013391
記事<本県を訪問している全国被爆二世団体連絡協議会の調査団は19日、二本
松市の浪江町役場二本松事務所で馬場有町長と意見交換した。崎山昇調査団長
(協議会副会長、長崎
市)ら5人が訪れ、「私たちは原爆で、福島の皆さんは原発事故で放射線による
影響を受けた。健康問題など共通する部分で連携・連帯していきたい」と述べ
た。馬場町長があいさ
つし、町健康保険課の紺野則夫課長が避難直後の状況や町の現状について説明し
た。>

7.<除染の状況や課題など紹介 福島で「原子力学会シンポ」 >【福島民友
新聞】12/20 09:40
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0120/news7.html
記事<日本原子力学会は19日、福島市で除染の現状や低線量被ばくを考えるシ
ンポジウムを開き、国や各機関の専門家が除染の進捗(しんちょく)状況や課題
などを紹介した。
 環境省福島環境再生本部の小沢晴司調整官は、県内の除染特別地域で国が行
う本格除染で完了したのは田村市だけで、浪江、富岡両町などは完了時期を延長
したと説明。「今後は
再度除染が必要な場所での除染方法の明確化や、災害がれきなどの仮設処理施設
整備などが課題」と語った。・・・・・・・・・・・・・・・・>

8.<阿武隈川から海へ6兆ベクレル 11年9月の台風>朝日デジタル1月20
日20時44分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1J41R3G1JPLBJ001.html
記事<福島県中央部を貫く阿武隈川から海へ流れ出た放射性セシウムの量が、
2011年9月に台風15号が通過した9日間で約6兆ベクレルに達していたこ
とが、京都大などの推
計でわかった。1年間の総流出量の半分以上にあたる。専門家は台風時期の監視
強化が必要だと指摘している。英科学誌サイエンティフィック・リポーツで16
日発表した。・・・
 阿武隈川は流域面積約5千平方キロ。福島第一原発事故で飛散し、流域の土壌
などに付着したセシウムが、降雨などで少しずつ川へ流れ続けてい
る。・・・・・・・・・・・>

9.<20日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定値・
県内死者・行方不明者数>福島民報1月21日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
10.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月20日
17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140120/1480616
記事<▼空間放射線量率(20日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

岡山県、
11.<岡山に避難の3世帯が東電提訴へ 原告は増える見通し> 【山陽新
聞】1/19 21:41
⇒http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014011921415458/
記事<岡山弁護士会の有志でつくる「岡山原発被災者支援弁護団」は19日、東京
電力福島第1原発事故で福島県から岡山県へ避難している3世帯が2月末、東電
と国を相手に損害賠
償を求める訴えを岡山地裁に起こすことを明らかにした。同原発事故での避難者
による集団訴訟は中四国で初。福島市や福島県白河市、川内村に住んでいた3世
帯で、同日、弁護団
とともに岡山市内で会見。東電は地震や津波の対策を怠り、国は安全確保策を取
らなかった点で責任があると主張、1人当たり1千万円の支払いを求めていくと
説明した。弁護団長
の石田正也弁護士は「事故から3年近く経過する今も避難者は苦しい生活を強い
られている。全員の救済を目指したい」と話した。会見に先立つ訴訟説明会に避
難者約30人が参加
しており、原告はさらに増える見通しという。>

岐阜県、 
12.<岐阜の避難者提訴へ 原発事故で国と東電に> 【共同通信】01/20
12:38
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012001001592.html
記事<福島第1原発事故で福島県から避難した人が、転居を強いられるなど精神
的苦痛を受けたとして東電と国に損害賠償を求めた訴訟で、岐阜県に避難した住
民26人が計2億6
千万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴することが20日、分かった。3月
上旬に予定されている愛知県内の避難者による3度目の集団提訴に加わる。岐阜
県内の避難者による
提訴は初めてで・・・・・・・・・・・・提訴するのは福島県浪江町、南相馬
市、福島市、いわき市などから岐阜県内に避難した7世帯で、今後も増える可能
性がある。>

政府、
13.<電力債「一般担保」、当面は温存=経産省方針>ロイター 1/20 14:38
⇒http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140120-00000026-biz_reut-nb
記事<経済産業省は20日、大手電力会社が発行する社債に、他の債権に比べて
返済に優先権を与える「一般担保」を付ける制度を当面は温存する方針を示し
た。原発の再稼動が見
通せない中で電力事業者の資金調達環境が悪化していることなどに配慮した。
同日開催の電力システム改革の制度設計に関する作業部会で明らかにした。
2016年に予定されてい
る電力小売りの全面自由化の実施後も、一般担保付き社債の発行を認め
る。・・・・ 同省は、電力システム改革の最終段階となる発送電分離
(18─20年)を実施する前に一般担
保のあり方についてあらためて検討するとしている。>

14.<宮城の候補3カ所提示>時事通信 1月20日(月)21時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000066-jijp-soci.view-000
記事<東京電力福島第1原発事故によって発生した放射性物質を含む「指定廃棄
物」の最終処分場候補地を提示した環境省の井上信治副大臣(中央)。同省が提
示した国有地は栗原市
の深山嶽地区、加美町の田代岳地区、大和町の下原地区にある。今後、さらに詳
細な調査を行った上で建設地を1カ所に絞り込むが、3市町は「協力できない」
などと反発してい
る。20日、仙台市>
・・・・・昨日の8.記事の続き。

規制委の動き、
これまでの一連の更田委員発言を批判、
15.<“夏までには審査終える” 原発「合格」に“お墨付き” 規制委 更田委
員が異例発言>しんぶん赤旗1月20日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-20/2014012010_01_1.html
記事<原子力規制委員の更田(ふけた)豊志委員が、今月8~9日の関西電力高
浜、大飯原発現地調査後の会見で「(高浜原発の夏までの再稼働は)不可能では
ないだろう」「夏に
まだ(両原発の)審査をやっていることにはならない」などと発言しました。更
田氏は、原発再稼働の前提となる新基準適合性審査で、重大事故対策や火災対策
などを担当する委員
で、再稼働の見通しや審査の終了時期などに言及するのは異例で
す。・・・・・・・・・・・・歓迎するのは・・・・ いずれにしても、審査終
了時期や「不適合はない」などの発
言を歓迎しているのは、再稼働を急ぐ電力会社でしょう。「世界一厳しい基準」
を自負する規制委が、手抜き審査にもつながりかねない、審査の出口の見通しに
ついて軽々に語
るべきではありません。
更田委員の発言
「審査で不合格は現実的ではない」
・(高浜・大飯原発について)夏にまだ審査をやっているということにはならな
いだろう
・(昨年7月に再稼働申請された)大飯、高浜、玄海、川内、泊、伊方がプラン
ト審査で不合格という状況は現実的ではない
・(島崎邦彦委員長代理が担当する)地震・津波での議論が収束しなければ、夏
までの審査終了は、おぼつかなくなる
・機器の構造計算書、強度計算書の確認は、従来は半年はかかった。私たちは突
貫工事でやるが、いいかげんな確認をするわけにはいかないから、1カ月程度は
かかる>

16.<敦賀「活断層」再調査=原電の反論報告で―規制委>時事通信 1月20日
(月)18時49分配信
記事全文<原子力規制委員会の専門家調査団は20日、日本原子力発電敦賀原発
(福井県敦賀市)で、敷地内の断層について2回目の現地調査を行った。規制委
は昨年5月、2号機の原子
炉建屋直下に活断層があると認定したが、同社が反論の報告書を提出したことを
受け、再調査が必要と判断した。・・・調査団は同日、敷地内の試掘溝などを確
認。団長役の島崎邦
彦規制委員長代理は、認定を見直す必要があるかについて「評価会合で議論す
る」と述べるにとどめた。調査は21日も行う。> 

企業、
17.<木村JX日鉱日石エネルギー会長、東電の天然ガス調達提携参画に意欲>
時事通信1/20 17:37
記事全文<石油連盟の木村康会長(JX日鉱日石エネルギー会長)は20日の記者会
見で、東京電力 <9501> が新たな総合特別事業計画で天然ガスの調達をめぐり他
社との包括提携を打
ち出したことについて「JXグループとしてガスの輸入を一部やっており、コン
ソーシアムという形に関係できればいい」と語り、提携への参画に意欲を示し
た。> 

自治体、
18.<電力の「地産地消」で協定/弘前 >東奥日報1月20日
記事全文<弘前地区環境整備事務組合(管理者・葛西憲之弘前市長)と荏原環境
プラント(東京都、市原昭代表取締役社長)は20日、「電力の地産地消」に関す
る基本協定を締結し
た。4月から、ごみの焼却熱を使って発電している弘前地区環境整備センター
(同市町田)の余剰電力の売却先を、特定規模電気事業者(新電力)部門を持つ
同社に切り替え、同社は
同組合所管の2施設に電力を供給する。同組合によると、こうした電力の地産地
消の枠組みは県内で初めて。>

政党、
19.<自民「脱原発派」、もんじゅを視察>1月21日00時51分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1N4J6BG1NUTFK00J.html
記事<将来的な「脱原発」をめざす自民党若手らでつくる「エネルギー政策勉強
会」(会長=秋本真利衆院議員)の国会議員5人が20日、福井県敦賀市の高速
増殖原型炉もんじゅ
を視察した。議員らは視察後、核燃料サイクルからの撤退を改めて主張し
た。・・・ もんじゅを訪れたのは秋本氏のほか、河野太郎、柴山昌彦、小倉将
信、武井俊輔の各衆院議
員。日本原子力研究開発機構の職員の案内で、原子炉格納容器内などを視察し
た。・・・・・秋本氏は23日告示の東京都知事選について「細川護熙元首相が
発表する政策が(脱原
発を訴える)我々の政策と合えば、積極的に支援したい」と語った。・・・・・>

都知事選挙、
20.<都知事選告示まで3日 公約いまだ出そろわず>フジテレビ系(FNN) 1
月21日(火)0時8分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140121-00000600-fnn-pol
記事<東京都知事選挙の告示まで、あと3日と迫る中、候補者の公約は、いまだ
出そろっていない。・・・・・・立候補を表明している細川護煕元首相は、公約
を発表する日程をたび
たび延期し、告示日前日に発表することになっている。20日に行われた、東京都
知事選の演説会。
しかし、現れたのは、細川元首相の妻・佳代子夫人だった。 佳代子夫人は、
「細川護煕の妻でございます」、「原発はもうなしという、そういう時代に変え
ていかなくてはならない
と、私もしみじみと思います」などと述べた。出馬を表明している夫は、予定が
合わないとして出席しなかったため、代わりに原発ゼロを訴え
た。・・・・・・・・一方、自民党、
公明党が支援を決めている舛添要一氏。 民主党の支持基盤である連合東京から
支援を取りつけ、20日、政策協定を結んだ。・・・・・・・共産党、社民党が推
薦する前日弁連会長の
宇都宮 健児氏は、細川 佳代子夫人と同じ演説会に参加した。
宇都宮氏は「(弁護士のように)まず、当事者の話を聞く、被害者の話を聞く、
それをしっかりと受け止めて、救済活動や法律の改正につなげていく」と述べ
た。・・・・・・・・・・>

21.<都知事選、脱原発派の一本化断念 市民団体有志は細川氏>朝日新聞デ
ジタル 1月20日(月)21時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000034-asahi-pol
記事<23日告示の東京都知事選で、脱原発の主張が重なる日本弁護士連合会前
会長の宇都宮健児氏(67)と元首相の細川護熙氏(76)に一本化を求めてい
た市民団体のグルー
プは20日、一本化を断念した。両陣営に協議を求めたが、実現しなかったとい
う。このうち代表者ら31人は、細川氏を支持する声明を出し
た。・・・・・・・・このグループ
は、脱原発をめざす約20の市民団体や個人で発足。昨年12月28日に脱原発
などを掲げて宇都宮氏が立候補を表明した際は、市民団体の多くが宇都宮氏を支
持する方針だった。
ところが、今月14日に細川氏も脱原発を掲げて立候補を表明。「票が割れて原
発推進派を利する」として、15日から一本化の模索を始めた。・・・・・中心
となったのは、弁
護士の河合弘之氏とルポライターの鎌田慧氏。20日に会見した両氏によると、
グループは15日、両陣営に一本化に向けた話し合いを要請。宇都宮陣営は同日
夜に「公開の場での
討論が必要」、細川陣営は17日に「いかなる団体の支援も受けない」と回答
し、まとまらなかった。・・・・・20日には、細川氏が電話で「原発を再稼働
させない、脱原発を
しっかりやっていく」と話してきたという。河合弁護士らは20日に協議。一部
の有志で「原発ゼロを最優先政策として掲げる細川氏を支持する」と決めた。有
志に名を連ねたのは
河合、鎌田両氏、作家の瀬戸内寂聴氏、音楽評論家の湯川れい子氏ら31人。近
く事務所を構え、インターネットを使って細川氏支援を勝手連として呼びかける
という。・・・・
・・細川陣営の一人は「政党の支持を受ける候補との一本化は好ましくない」と
言う。宇都宮氏は16日、「細川さんは政策を何ら語っていない。脱原発以外の
主張も公開の場で討
論すべきで、一本化の話はその後に出てくる話だ」と述べていた。
・・・・・>

参考記事、
22.<(原発迷走:8)揺らぐ「低コスト神話」 政府と電力会社>朝日デジ
タル1月20日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10934435.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10934435
長い記事<実はもっと費用がかかる鉄塔がある。原発と消費地を結ぶ送電線の鉄
塔だ。大野さんは原発のコストを考える時、送電費用に焦点をあてるべきだとい
う。・・・・・原発
は、大消費地である東京から遠く離れた福島県や新潟県に造られている。東京近
郊にもある火力発電などと比べ、長く、大がかりな送電設備が必要だ。電力を送
るため、50万ボル
トという超高電圧の送電線を原発がある地域から消費地までひかなければならな
い。その鉄塔は1基あたりの材料が200トンを超え、材料だけで1億円近くか
かるという。さらに
山間部を縫うように送電線を張るため、材料の鉄筋やコンクリートをヘリコプ
ターで運ぶこともある。鉄塔が倒れないように地下深くまで杭も打つ。建設にか
かる総費用は、鉄
塔1基あたり数億円が当たり前という。たとえば、新潟県の柏崎刈羽原発から首
都圏までの送電線の長さは約300キロにわたる。鉄塔は約400メートル間隔
で造られ、単純計算
で750基が必要だ。用地も買収しなければならない。なかなか応じない地主も
いれば、多く売りたい地主もいて、用地は広さも形もバラバラになりがち。用地
に合った鉄塔をそれ
ぞれ設計するため費用は高くつく。総建設費は数千億円に達するとみられ
る。・・・・東電の決算書では送電線などの「送電設備」の資産が約2兆円あ
る。それだけの費用をかけて
送電設備を造ってきたということだ。このうち距離が長い原発の送電線がかなり
の部分を占めるとみられる。・・・・「金融機関が融資しないのは、原発のコス
トが高くて事業
性がないことを意味する。原発推進派も知っているはずだ」。立命館大の大島堅
一教授(環境経済学)はこう指摘する。原発事故で崩壊した「安全神話」に続
き、「低コスト神話」
も揺らいでいる。・・・・・・・・・・・・・>

九州、
23.<【地域と原発 宮崎・串間から】(1)誘致断念、描けぬ未来>西日本
電子版2014年01月21日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30784/1/
長い記事<海抜255メートルの高台から太平洋の大パノラマが広がる。打ち寄
せる黒潮に青い空。ゆったりと御崎馬(みさきうま)が草をはむ。宮崎県串間市
の都井
岬。・・・・・・「あのとき原発ができちょったらなあ」・・・・串間市に原発
建設を打診?。玄海、川内に次ぐ九州電力3番目の原発建設構想が表面化したの
は92年2月。地元紙
の報道がきっかけだった。・・・・・・・・・・・・地域の人々は原発賛成、反
対に分かれ、激しく対立した。96年の市長選では反対派の候補が当選。97年
に九電は構想を白紙
撤回したが、原発誘致話はその後もくすぶり続けた。・・・・・・地域の疲弊が
一段と進む中、野辺市長は10年、原発立地の是非を問う住民投票を公約に掲
げ、市長に返り咲い
た。串間
を立て直すにはやはり原発しかない?。多くの市民が再びそう思い始めていた。
ところが、住民投票の投票日の1カ月前、東京電力福島第1原発事故が起きた。
野辺市長は投票実施を
事実上、断念した。・・・・・・・◆自然感じられる幸せ 千葉から移
住・・・・・・・>
・・・・・・・・以下、原発事故を逃れてきた人たちの話が続きます。

24.<原発廃炉時代 九州の課題は>西日本電子版[01月21日 03時00分 更
新]⇒http://qbiz.jp/article/30785/1/
長い記事<老朽化した原発の「廃炉時代」が迫っている。運転開始から40年の
原則に従えば、九州電力玄海1号機は2015年で廃炉となる。東京都知事選の
争点に「原発政策」
が浮上し、九州でもあらためて「脱原発」に関心が高まっているが、原発関連の
交付金などに頼ってきた立地自治体の転換をどう促すかが大きな課題とな
る。・・・・・・・・・廃
炉時代の立地自治体をめぐる議論が深まり始めたのは、仮に「40年廃炉」の原
則が特例で延長されても、早晩、廃炉になることが避けられないから
だ。・・・・・・・また、原発
が停止しても長期保管が必要な使用済み核燃料は残る。地域づくりを阻む「やっ
かいもの」であり、立地自治体側からは電力消費地も巻き込んだ保管の議論をす
べきだ、という
意見が出ている。電力を供給してもらってきた消費地は立地自治体の未来に無関
係ではすまされない。・・・・・一方、廃炉時代を見据えた変化の芽は各地にあ
る。全国最多の原発
がある福井県は昨秋、廃炉関連ビジネス育成などを目的とした「廃炉・新電源対
策室」を全国に先んじて新設した。四国電力伊方原発が立地する愛媛県伊方町
は、海風が強く、60
基弱(総出力約7万キロワット)の風力発電が既に立地し、全国有数の「風車の
まち」になっている。ただ、莫大(ばくだい)な資金を地域にもたらしてきた原
発に代わる産業は見
つかるだろうか。地域の歴史、文化を踏まえ、幾重にも策を講じる必要があるだ
ろう。・・・・・・・・・・・◆再稼働、夏までに節目・・・・・・瓜生道明社
長は今月8?9
日、新年あいさつで佐賀県▽玄海町▽同県唐津市▽鹿児島県▽薩摩川内市?の首長ら
に面会して回り、再稼働に向けた努力を報告。鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、春
までに安全審査が
終わり地元説明などが終われば、6月議会で再稼働の是非を判断する考えを示し
たことには「(地元理解が得られれば運転再開は)3週間でできる」と述べ、7
月中の川内原発再稼
働の可能性を示した。佐賀県では、玄海原発から最短12キロの伊万里市が九電
との安全協定に立地自治体並みの事前了解を盛り込むよう主張し、協定を結んで
いない。この問題が
再稼働に影響を与える可能性もある。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面左上に、大きな囲み記事として、23.の記事があります、
2面に、14.の類似記事、この新聞社もネットに記事があります、
25.<「指定廃棄物」の処分場提示、安倍政権初 宮城の候補地、3市町>01
月21日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30786/1/
3面に、トップ記事として、囲み記事として、24の記事、
5面に、
26.<舛添氏、連合東京と協定・細川氏あす公約発表>
27.<核技術の厳格管理要請>
類似記事がネットにありました、
27’.<核不拡散へ「三つの阻止」=46万ドル拠出も表明-岸田外相>時事
通信01/20-16:44
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012000558
記事<岸田文雄外相は20日、長崎市で、核軍縮・核不拡散に関する政策スピー
チを行い、新たな核兵器国出現、核開発に利用される物資・技術の拡散、核テロ
の3項目の防止を主
要課題とする「三つの阻止」を提唱した。また、包括的核実験禁止条約機関
(CTBTO)準備委員会を支援するため45.5万ドル(約4700万円)の
拠出を表明し
た。・・・・・・・核軍縮については、昨年9月の国連総会関連会合で提案し
た、(1)核兵器の数(2)核兵器の役割(3)核兵器を保有する動機-を減らす
「三つの低減」を改めて
提起。さらに、包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効により、国際的な
核軍縮・不拡散体制の強化を急ぐべきだと訴えた。>
今朝は以上です。(1.21.5:08)
※この新聞記事紹介へのご意見等は、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 倉掛直樹 さんから:
青柳様
 寒い日が続いています。体にお気を付けください。
「秘密保護法」の廃止を求めるデモのお知らせです。
昨年12月5日秘密法を廃案にするため福岡でデモを行い、多くの方に参加してい
ただき反対の声を上げました。しかし、翌12月6日同法案は強行採決されまし
た。私たちは、すぐ同法
廃止に向けて、たたかいを続けることにしました。一度通ってしまった法律を廃
止できるのかわかりませんが、この危険で、得体のしれない法律を施行させるわ
けにはいかないのです。
 1月24日は、通常国会の開始日です。東京、愛知、大阪、広島など全国いたる
ところで、廃止に向けた行動が行われます。
私たちは、あきらめません。ぜひご参加ください。

<「秘密保護法」廃止デモ>
日時:1月24日(金)午後6時集合
場所:警固公園 (福岡市中央区天神2-2、西鉄福岡駅横)  
   ◎デモコース(警固公園―渡辺通り―西通り―警固公園) 
   ◎プラカード等お持ちください。
呼びかけ:「特定秘密保護法」を廃止する会・福岡
       連絡先 090-3011-9375 (脇)
ブログ http://himitsuhodame.blog.fc2.com/
(今後の活動などご覧ください)

★ ギャー さんから:
「赤と白の日常」という詩です。

出口なき迷路
どこまでも続く白い壁
一生の刑務所
誰もが死刑か無期
同情を寄せ合うだけの人生
他人事でいられるだけのほどほどの「快適」
はるか彼方に漠然と浮かんでいる
死から遠く
死んだような日常
今日はどこぞのリゾートで植民地で遊ぶ「土人」の子どもにコインでも投げてあ
げようか
降って湧いた血の花びら
空が赤くなる
大地が赤くなる

★ 坂井貴司 さんから:
  フェイスブックで知りました。
 有機水銀の惨禍を経験した水俣の人々が、地震と津波、放射能汚染の惨禍にさ
らされた福島県浪江町を訪れます。
 
(ここから)
ぜひともお知らせしたい、注目のテレビ番組がありますーー! 拙著「のさり」
でお世話になった水俣の漁師・杉本肇さんと実さん兄弟が、元水俣市役所職員の
吉本哲郎さんとともに、昨年末、福島県浪江町を訪れたときのドキュメンタリー
です。
1月26日(日) NHK総合 午前10:05-10:53 「明日へ -支えあおう-復興サポー
ト」 http://www.nhk.or.jp/ashita/ 撮影当日、彼らのもう一つの顔である「や
うちブラザース」(水俣コミックバンド)のライブもあったそうです。 かつて
「病気の町」とよばれた水俣。周囲からの「差別」「いじめ」に苦しみぬいた杉
本家。 今でも水俣産としてではなく、熊本産や不知火海産として地元の魚を
売っている水俣からの願いを、福島への思いを、ぜひ見て感じてください。
(ここまで)

★ 宮原宣子 さんから:
沖縄の皆さま
昨夜、10:39分NHKニュースで名護市長選結果を見ました。
「稲嶺氏当選!」をみて胸がじ~んと熱くなりました。
名護市の皆さまが頑張ってくださったことに、心から敬意を表します。
安倍政権や自民党が恥も外聞も良識もかなぐり棄て、露骨なお金のバラマキで
取引を迫るという、沖縄をはじめ安倍政権にNO!の私たちをなぶり通す戦術に
出ましたが、あいにくでした。
沖縄の方たちの苦しみ、闘いの厳しさを思い、安倍政権のやりたい放題に民主主
義の切実な危機を感じる今、今回の名護市長選の勝利は何よりも嬉しく、勇気づ
けられることでした。
私は今後も安倍政権と自民党に、抗議のメールを送り続けます。

★ 井上澄夫 さんから:
みなさんへ
 1・19名護市長選の直前に、末松候補を当選させるために名護市で「名護振
興基金500億円」構想をブチ上げた石破自民幹事長は、末松候補落選となる
や、同構想について
「稲嶺進市長から言及がない以上、どうするか申し上げることは適切ではない」
と記者団に語りました。
 もともと稲嶺市長には何の関係もない話で、市長は石破の動きを金権政治とし
て厳しく批判しましたが、石破はブチ上げたハナシの落としどころがなくなっ
て、このていたらくです。 実にレベルの低い「セイジヤ」の実態。

★ 前田 朗 さんから:
※1月15日の「黙秘権と取調拒否権」は、ユープランの映像と別に、IWJに
もアップされました。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/119777

※林芙美子の反戦文学とは何か
こまつ座第102回公演「太鼓たたいて笛ふいて」(作:井上ひさし)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_20.html

★ 佐藤 さんから:
みなさま
まだ間に合います。ぜひ原発メーカー訴訟の原告になって下さい! 
「委任状」http://www.NoNukesAsiaForum.org/makerininjo.pdf
を印刷、郵送してください。(一次提訴、1月30日)
現在、日本の原告は893名。原告参加費は年間2000円

☆1.18大阪集会「原発メーカー訴訟の意義について」の録画をごらんください
http://www.ustream.tv/recorded/42831095

「いきなり佳境から録画が始まっています。最初の5分の島弁護士の話だけで
も、この活動の「活きのよさ」が感じ取れます。47:50からの崔さんのお話も25
分ほどの間にエッセンス
が詰まっています」(とーち)。

「原発事故の被害の賠償金は、電力会社と国から支払われるのだが、その元は電
力料金と税金であって、私たちが負担する仕組みになっている。東芝、日立、三
菱などの原発メー
カーはお金を払わないのだ。どんなに事故を起こしてもメーカーは損をしない。
そういう仕組みが出来上がっていて、これが原発を輸入したときにアメリカから
持ち込まれ、日本に
定着し、各国に広まって世界を覆っているとのこと。この体制を崩そうというの
が原発メーカー訴訟で、世界で初めての試み」(Kurumizawa Shin)

▲ 原発メーカー訴訟・原告募集中 http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/125a.htm

▲「台湾・フィリピン・インドネシアでも原告募集開始(原発メーカー訴訟)」
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/126a.htm   (写真多数)

▲ Facebookページ
https://www.facebook.com/NNAFJ
https://www.facebook.com/pages/台湾でも原告募集原発メーカー訴訟
/648058235256173
https://www.facebook.com/pages/フィリピンインドネシアでも原告募集原発
メーカー訴訟/1393245624266300

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1006目報告☆

2014.01.20(19:04) 1242

青柳行信です。1月20日。

2-1『1000日目記念の集い』( 1000日のメッセージ 総まとめ)
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11753475977.html

2-2 『1000日目記念の集い』( 1000日のメッセージ総まとめ)
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11753477223.html

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1006目報告☆
呼びかけ人賛同者1月19日迄3124名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
名護市長選 まさに 市民の良識が 悪政を圧倒した選挙戦でした。
1月早々の うれしい出来事です。
今日は 中国や、韓国からの留学生の方々と 交流を深めた
1日でした。 JAZZのライブに行き、楽しんできました。

あんくるトム工房
良識が勝った  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2831
即興演奏   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2832

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆刈羽より佐渡に横たふ天の川 三途の川も汚染で渡れぬ
(左門 1・20-542)
※パロディというか狂歌というか、しかも現実であるのが哀しい。
被災地ではお寺の仏像が避難し、残留放射能が高くて納骨も出来ない。
「奥の細道」時代は、「荒海」であっても天の川を通って浄土へ行くことが出来
たが、
「原子力」時代は精神的成仏も叶わない。しかもなお、
「アベノミクス」という暴政が、再稼動とか、「原発地獄」を輸出するな
ど・・・・。
ベトナムよ!輸入「延期」を「中止」にしないと、
ダイオキシンと放射線の複合地獄になりますよ!

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<第58回審査資料による加圧水型原発の格納容器の危険性の指摘4>について
報告します。

12月17日の第58回新規制基準適合性に係わる審査の資料2-2-7はコリ
ウムと格納容器コンクリートとの反応の検討です。
この資料では、11のモデル実験からコリウムと格納容器コンクリートとの反応
の検討が行われています。
 3.3-37ページ、3.3-50ページのまとめのように、熔融核燃料(コ
リウム)が水中に落下すると、一部は球状の粒となり、一部はコンクリート表面
に滞積します。
 水中でも堆積したコリウムはコンクリートと反応し、大量のガスを発生し、冷
却水と接触する部分は、軽石状のクラスト(固相)をつくり、又クラスト(固
相)と冷却水との間には膜沸騰が起きるので、冷却水が急激に膨張することも無
く、熔融核燃料(コリウム)も十分には冷却されません。
 しかし、多くの実験結果からは、クラスト(固相)には必ず亀裂が入り、亀裂
から冷却水が高熱コリウムに接触したり、クラスト(固相)の亀裂から高温ガス
が噴出したりします。
 この時に、何かの原因で膜沸騰が部分的に破壊されると、核沸騰が起こり急激
な水蒸気の発生で、衝撃波が発生する事が有ります。衝撃波は膜沸騰を破壊する
だけでなく、軽石状のクラスト(固相)を破壊します。
 膜沸騰の破壊やクラスト(固相)の破壊は高温ガスの噴出でも起こりますが、
北岡逸人さんが指摘されているように、大地震の余震でも起こります。そして、
今大問題に成っている格納容器の水素による爆轟でも爆燃でも起こります。
 従って、過酷事故の発生時、緊急炉心冷却装置の稼動を放棄し、原子炉圧力容
器にメルトスルーが起きた場合は、格納容器に緊急に大量の冷却水を貯蔵して、
落下する2800℃の熔融核燃料(コリウム)100トンは水で冷却し、福島第
一原発3号機で起こったような爆発破壊を防止すると新しい過酷事故対策は非常
に危険な方法という事が改めて分かりま
す。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、福島第一の現場の昨日の記事の続報から始めます。

1.<建屋内の水漏れ、燃料冷やした汚染水か 福島第一3号機>朝日デジタル
1月19日21時14分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1M6KSVG1MULBJ005.html
記事<・・・・・福島第一原発3号機の建屋内の床を流れていた水について、東
電は19日、水から極めて高い濃度の放射性物質が検出されたと発表した。原子
炉内の燃料を冷やし
た後の汚染水が漏れている可能性が高くなったと説明している。東電によると、
現場は線量が高いためロボットで流れている水を採取した。放射性セシウムは1
リットルあたり
240万ベクレル、放射性ストロンチウムなどベータ線を出す物質は同2400
万ベクレルだったという。水の温度は20度で、原子炉に注ぐ水や雨水より放射
性物質の濃度や温度
が高かった。東電は「雨水や、注水が直接漏れたのではなく、燃料を冷やした水
の可能性が高い」としている。燃料を入れる圧力容器の下部の温度は現在、20
度強で推移している
。・・・・・・>

フクイチの過去を伝える記事、
2.(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:17 「武官」の300トン発言>朝
日デジタル1月19日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10933065.html
記事<出向先の独立行政法人のワシントン所長だった新川達也(しんかわたつ
や)(46)が、親元の経済産業省から帰国を求められたのは、2013年5月
だった。・・・・・事
務官が優位な経産省にあって新川は技官だが、同僚は「あいつは『武官』だ」と
呼ぶ。「何があっても逃げない男」という意味だ。・・・・・そんな新川が6月
28日付でエネ庁の
事故収束対応室長に就いた。・・・・・・・・・・東電は当初「流出は確認でき
ていない」と説明してきたが、参院選が終わった翌日の7月22日になって、つ
いに海に汚染水が漏
れていたことを認める。・・・・・・・新川は8月7日の記者会見で「海に何ト
ン流れているのか」と問われ、「300トンくらいですかね」と答えた。測った
わけでも試算し
たわけでもない。窮して答えた数字だったが、衝撃的な「300トン」はトップ
ニュースとなって世界に速報された。>

被災地フクシマ、
3.<南相馬市長に桜井氏再選「原発に頼らない地域に」>スポニチ1月19日 23:17
⇒http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/9f5dfaf93aaae1947f28832f6a9e716ac160e505/

記事<任期満了に伴う福島県南相馬市長選が19日投開票され、「脱原発」を
訴えた無所属現職の桜井勝延氏(58)が、無所属で元市長の渡辺一成氏
(70)、無所属新人で元市
議会議長の横山元栄氏(65)を破り、再選を果たした。投票率は62・82%
で過去最低。・・・・東京電力福島第1原発事故からの復興が最大の課題。桜井
氏は選挙事務所で
「国も東電も、現場を全く分かっていない。霞が関の官僚も政治家も知恵を絞
り、原発に頼らないエネルギー政策を考えてほしい」と述べた。・・・・・・選
挙戦で桜井氏は、内部
被ばくを検査する体制の整備など実績を強調し、格差のない賠償を公約にし
た。・・・・・・・・>
3’.<南相馬市長選:「脱原発」桜井氏再選 再稼働巡り政権痛手>毎日新聞
(01月19日 23時52分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140120k0000m010122000c.html
記事<・・・・・・・・桜井氏は現・元職首長92人でつくる「脱原発をめざす
首長会議」の中心メンバー。再生可能エネルギーの推進や、東電への損害賠償請
求担当部署の新設な
どを掲げて支持を広げた。渡辺、横山両氏は「安倍政権とのパイプの太さ」を強
調して復興の加速を訴えたが及ばなかった。・・・・・・確定得票数次の通り。
当17123 桜井
 勝延<2>無現・・・・10985 渡辺 一成(1)無元・・・・5367
 横山 元栄 無新>

4.【本県への職員派遣】 技術系確保 苦戦 全国的に不足 復旧・復興へ影
響懸念>福島民報01/19 11:51
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9059.html
記事<東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復旧・復興に当たる福島
県は、土木や建築など技術系派遣職員確保に苦戦している。各都道府県や国に平
成26年度分として
168人の派遣を要請した。25年度に派遣された137人を上回っており、希
望数に達するかは不透明だ。技術系職員は全国の自治体で足りず派遣する余裕が
ないことが背景にあ
る。本県は災害公営住宅建設などが本格化する。復旧・復興を加速する上で影響
が懸念される。・・・・・・・・26年度の本県への派遣職員について全国知事
会は「25年度並み
の人数が確保できるか厳しい状況だ」としてい
る。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

5.<再除染の時期明確化を要望 都路住民と政府、市協議(01/19 10:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0119/news10.html
記事<・・・・・福島第1原発事故で避難指示解除準備区域に指定され、今春の
避難指示解除を予定する田村市都路地区の一部住民と、政府、市との協議が18
日、同市で行われ
た。住民からは解除に向けて要望していた再除染について、実施時期の明確化な
どを求める意見が出された。・・・・・関係者によると、政府は再除染について
言及せず、「(除染
効果確認の事後モニタリング後に線量が上昇した場合の)フォローアップ除染に
ついて、どのような手法が考えられるか検討する」と説明したという。市による
と、解除時期につい
て具体的な議論はなかった。・・・・・協議は非公開で、放射線への不安を抱く
住民側の要望に対し、政府などが昨年末に示した回答を説明するため行われた。
この日は同区域の
都路9区の合子、場々、地見城の3地区の79世帯が対象。・・・・・・・・>

6.<19日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数>福島民報1月20日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
7.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月19日 17:25
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140119/1479585
記事<▼空間放射線量率(19日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

宮城県、
8.<指定廃棄物最終処分場 栗原、大和、加美提示へ 環境省>河北新報1月19日
⇒http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140119_01.htm
記事<・・・・・福島第1原発事故によって宮城県内で発生した指定廃棄物(放
射性セシウム濃度1キログラム当たり8000ベクレル超)の最終処分場に関
し、環境省が建設候補
地として宮城県栗原市と大和町、加美町の3カ所を提示する方向で最終調整に
入ったことが18日、分かった。20日に仙台市で開く県と県内全市町村を対象
にした会議で正式に示
す。地質や地盤などを調査し、最終的に1カ所に絞り込む方針だ。候補地は国が
定めた選定手法や県内市町村が合意した基準に基づき、自然災害の恐れがある地
域や、年間客数50
万人を目安とする観光地周辺を除いた国有地や県有地の中からリストアップ。集
落や水源からの遠さ、植生の自然度の低さなどの評価項目を設定し選定し
た。・・・・・・候補
地となった自治体の首長の一人は「詳細な情報は何も知らされていない。突然名
前が出て困惑し、憤りを覚える。20日の会議で詳しい説明を聞きたい」と話し
た。・・・・・・・
国が最終処分場の建設を目指す宮城、茨城、群馬、栃木、千葉の5県で、候補地
を提示するのは自民、公明両党の連立政権になって初め
て。・・・・・・・・・・・・・・>

三重県、
9.<原発事故34カ月>飯舘から津へ 自給自足を貫く>毎日新聞 1月19日
(日)12時23分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000016-mai-soci
記事<眼前に広がる山々や畑を見渡し、村上真平(むらかみしんぺい)さん
(55)は、ふうっと白い息を吐いた。「やっとここまでこぎつけた」。東京電
力福島第1原発事故で福
島県飯舘村の畑や家を追われて避難した津市美杉町太郎生地区。「原発回帰」を
目指す政府に失望し固まっていた心は、家族と仲間にほぐされてきた。自分で選
んだ自給自足の暮ら
しを貫こうと誓う。・・・・・・農業を再開した新しい古里は、奈良県との境の
山あいにある。妻日苗(かなえ)さん(41)と3人の子どもとの避難生活に、
長男太朗君(1)が
加わり、6人家族になった。・・・・・・・・・・・だが、原発事故は今も影を
落とす。「小さな子がいて、自然相手の農業をしている限り、もう帰れない。あ
の村は、100
年は元に戻らない」。望郷の念は絶たれた。原発の必要性を強調する現政権を
「何も分かっていない。厚顔無恥だ」と憤る。

政府は、
10.<大間、島根3号は推進と首相表明 「原発新増設に入らない」>西日本
電子版[01月20日 03時00分 更新]
記事全文<安倍晋三首相は19日に放送されたNHK番組で、原発の新設や増設
をしない方針を明言していることに関し、電源開発が建設を再開した大間原発
(青森県大間町)や、
設備がほぼ完成している中国電力の島根原発3号機(松江市)は計画を推進する
考えを示した。「新増設のうちには入らない」と述べた。・・・・首相は6日の
年頭会見で「新増設
は現在のところ全く想定していない」と明言した。>

原発施設<
11.<青森・六ケ所村に火砕流の痕跡 再処理工場の敷地に2回>(01月19日
19時29分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/64319
記事<日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の敷地に、火山
噴火に伴う火砕流が3万2千年前と1万5千年前の2回到達した可能性が高いこ
とが19日、原燃が
原子力規制委員会に提出した資料で分かった。いずれも南西約60キロの活火山
「十和田」(青森、秋田両県)の噴火によるもので、原燃の調査で痕跡が確認さ
れた。・・・規制委
の「火山影響評価ガイド」は、火砕流が及ぶ可能性が十分小さいと評価できない
場合は原発の建設を禁じており、規制委が進める再処理工場の審査で、これらの
痕跡をどう判断する
か注目される。・・・・・・・・・・>

12.<「脱原発」の意見書、455地方議会で 原発事故後>朝日デジタル1
月19日10時47分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG1L4R2FG1LULFA00B.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG1L4R2FG1LULFA00B
記事<東京電力福島第一原発の事故後の3年間で、全国の455の県や市町村議
会が、原発に頼らず電力供給する「脱原発」を求める意見書を可決したことがわ
かった。都道府県を
含めた全自治体の3割近くに達し、大半の意見書が、原発に代わって太陽光や風
力など自然エネルギーを大幅に増やすよう求めている。・・・・・・「脱原発」
は23日告示の東京
都知事選で争点になっているが、全国各地の地方選挙でも重要テーマとなる可能
性がある。・・・国会に提出された地方議会の意見書を、朝日新聞が独自に集計
した。参院事務局に
よると、原発・エネルギー問題の意見書は、事故後の3年間で計1475件あっ
た。このうち、賠償や汚染水対策などの意見書を除き、「脱原発」を求めている
ものを調べた。
・・・・・・・・●九州・・・・【福岡県】大牟田市、飯塚市、嘉麻市、八女
市、川崎町、遠賀町、大木町、香春町、広川町、岡垣町【長崎県】長崎県、長崎
市、南島原市、諫早
市、長与町、五島市【熊本県】水俣市、山鹿市、阿蘇市、小国町【大分県】宇佐
市、日田市、玖珠町【宮崎県】宮崎市、都城市、延岡市、三股町>
・・・・・原発が立地する佐賀県と鹿児島県はない。

参考記事、
こんな記事もあることを知っておこう、
13.<“犬猿”規制委じわり変化“容認発言”も…「大飯」「高浜」夏の再稼働へ
加速>産経新聞 1月19日(日)15時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000524-san-soci
少し長い記事<全国最多14基の原発を抱える福井県。今年は原子力規制委員会
による安全審査をクリアすれば、厳しい昨夏の電力需給を下支えた関西電力大飯
原発3、4号機(お
おい町)などが再稼働に向け「前進」する。規制委の審査次第という側面は否め
ないが、電力需要が増加する夏場が焦点とされる。破砕帯(断層)問題に揺れる
日本原子力発電の敦
賀原発2号機(敦賀市)や、不祥事が次々明らかになった日本原子力研究開発機
構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(同市)の先行きも注目される。“原発銀座”の
今年を「立地」の
目線で読み解く。・・・・■大飯、高浜原発 「一般的に夏の再稼働は不可能な
目標ではない」・・・・・・・1月8日、規制委の更田(ふけた)豊志委員は関
西電力高浜原発
3、4号機(同県高浜町)の過酷事故対策を確認する現地調査終了後にこう述べ
た。関電が電力需給の逼迫(ひっぱく)が予想される夏までに申請原発の再稼働
を目指していること
に対しての見解で、夏まで審査が長期化する可能性も否定し
た。・・・・・・・・・・・・・これまでは九州電力玄海原発3、4号機(佐賀
県)、川内原発1、2号機(鹿児島県)
の審査が一歩先行しているとみられていたが、更田氏は両号機と比較しても
「(大飯、高浜は)かなり近づいてきている」と評価し、大きな差はないとの認
識を示し
た。・・・・・・残る再稼働へのハードルは地震・津波への対策
だ。・・・・・・・・・・・・>

都知事選挙、
14.<争点は原発だけじゃない 東京都知事選、市民の声は>朝日デジタル1
月19日12時30分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG1L4RZFG1LUTIL011.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG1L4RZFG1LUTIL011
記事<脱原発が注目される東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、市
民から「争点は原発だけじゃない」との声が高まっている。保育所不足、所得格
差の解消、防災
――。全国に共通する課題も、首都決戦の論点となりそう
だ。・・・・・・・・・・・「若い世代の暮らしに目を向けて欲しい」。保育所
を探す親の相談に乗る「保育所つくって
ネットワーク」(足立区)の斉藤真里子代表(39)は、脱原発ばかり語られる
都知事選に違和感を抱く。・・・・・・・・・・・・・・・・・>

この新聞にしての記事、気になる方は検索してお読みください、
15.<原発問題・各紙社説への反論 オール・オア・ナッシングの議論はもう
終わりにしよう>産経新聞 1月19日(日)18時38分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000539-san-pol
長い記事<・・・・・・・原発問題、凝縮すれば現在停止中の原発の再稼働に賛
成か、反対かで、新聞各紙の論調は2つに分かれています。具体的に言えば産
経、読売両紙が賛成、
朝日、毎日両紙が反対です。私は再稼働について必要との立場ですが、新聞各紙
の社説、とくに細川氏が出馬表明した翌日の15日付朝刊の各紙社説は、自らの
立場を主張するあま
り、「ご都合主義」で都知事選を論じていると感じまし
た。・・・・・・・・・・・・・>

16.<生活・小沢氏、細川氏支持を表明=吉田社民党首、脱原発一本化「厳し
い」―都知事選>時事通信 1月19日(日)12時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000026-jij-pol
記事<・・・・・・・・・小沢氏は細川内閣当時、与党の立場で政権を支え
た。・・・・党としても細川氏支援の方向で週明けに意見集約する意向を示し
た。・・・・・社民党の吉
田忠智党首は同番組で、脱原発の主張が重なる社民推薦の宇都宮健児氏と細川氏
の一本化について、「細川氏の政策がなかなか出てこないので、両者が協議でき
る環境にない。時間
的にも大変厳しい」と述べ、困難との認識を示した。吉田氏はこれまで「一本化
が望ましい」と主張していた。> 
17.<都知事選 片山氏、首相の依頼を却下 「舛添氏は婚外子への慰謝料扶
養が不十分」>産経新聞 1月19日(日)18時1分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000536-san-pol
記事<同党都連に所属する片山氏は過去に舛添氏と婚姻関係にあったこともあ
り、首相が党大会の会場で「誰よりも片山さんに(舛添氏の)応援に立ってほし
い」と要請。これに対
し、片山氏は「舛添氏は障害を持つ婚外子に対する慰謝料や扶養が不十分だ。解
決されていない」と述べ、現状では難しいとの認識を示した。>

18.<自民党内に波紋呼んだ進次郎発言 連日の舛添氏批判も「胸を張れる自
民党を」 >産経新聞 1月19日(日)16時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000527-san-pol
・・・・・・インタビュー内容を伝える長い記事です。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、1面、3面、37面社会欄ともに、トップは名
護市長選と「辺野古」です。
2面に、
19.<デフレ脱却に首相決意 自民党大会「原発再稼働へ努力」>
5面に、11.の類似記事と、3.の結果のみを伝える記事、
34面福岡都市圏に、
20.<市長、市議選来月2日投開票 “糸島W選”前に討論会 市民、主張に耳
傾ける>
・・・・・糸島市内2会場であった、と伝えています。それぞれ300人、170人の
市民が参加。
今朝の紙面は以上です。(1.20.4:42)

★ 井上澄夫 さんから:
接戦といわれていましたが、票差は〈4155票〉でした。
名護市民の決意がこの票差に表われています。編集部・井上

【名護市長選・速報】 1・19 その5

●時事が両候補の確定得票数を報じました。

◇名護市長選確定得票
当 19839 稲嶺  進 無現
  15684 末松 文信 無新
 琉球新報も伝えましたが、票差は実に〈4155票〉です。先の参院選での糸
数候補と保守の安里候補との票差は名護市ではわずか約150票でした。安倍政
権はその事実を根拠に「これなら勝てる」と踏んだのです。そして安里候補はひ
とたび「県外」を公言しながら選挙戦では「県外」のチラシを配布せず、「辺野
古移設」の焦点化を必死に避けました。
約150票という小差はそのせいだったのですが、1・19名護市長選では焦点
が鮮明に「辺野古移設」の是非でしたから、有権者はそこを熟慮して投票したわ
けです。
 その結果の〈4155票〉の差は本当に大きなことです。

●稲嶺氏当確で2県紙がともに号外を発行しました。19日付琉球新報・電子号
外がこう報じています。

 〈稲嶺氏の再選は、昨年末に辺野古移設に向けた埋め立てを承認した仲井真知
事の判断に対して、名護市民が拒否した形になる。県議会などが知事への辞任要
求決議を可決しており、今後知事の求心力低下は避けられない見通しだ。〉

 県議会に次ぎ北中城村議会が知事への辞任要求決議を可決し、名護市長選で名
護市民が知事に鮮明な「NO!」を突きつけました。
 石破自民幹事長がブチ上げた「名護振興基金500億円」のエサも名護市民は
蹴飛ばしました。

 〔以下、記事〕

◆反対派稲嶺氏が再選=辺野古移設に影響-政府、計画推進の構え・名護市長選
◇名護市長選確定得票
当 19839 稲嶺  進 無現
  15684 末松 文信 無新
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol

◆名護市長選、稲嶺氏が再選確実 辺野古移設に反対 1・19 日経
写真 再選を確実にして万歳する稲嶺進氏(中)(19日夜、沖縄県名護市)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC1800K_Z10C14A1000000/?dg=1

◆名護市長に辺野古移設反対派 稲嶺氏再選確実、政権に打撃
 1・19 沖縄タイムス・共同 
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60975

◆稲嶺氏再選 辺野古移設にノー 名護市長選、末松氏に4155票差
 【名護市長選取材班
http://ryukyushimpo.jp/

◆【電子号外】稲嶺氏当確 辺野古移設にノー 名護市長選、末松氏下す
 1・19 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-218088-storytopic-3.html

◆名護市長選 投票率は76・71% 1・19 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60977

◆名護市長選 投票率は76.71%、前回並み 1・19 琉球新報
 19日投開票の名護市長選の投票率は76.71%で、4年前の市長選
(76.96%)を0.25ポイント下回り、ほぼ前回並みとなった。当日有権
者数は4万6582人、投票総数は3万5733人だった。このうち18日まで
に投票をすませた期日前投票者数は1万5835人(33.99%)、当日投票
者数は1万9898人(42.72%)だった。【琉球新報電子版】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-218087-storytopic-3.html

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1005目報告☆

2014.01.19(14:09) 1241

青柳行信です。1月19日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1005目報告☆
呼びかけ人賛同者1月18日迄3124名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
また、寒くなってきました。
体調に お気を付けください。

モリモリ が 原発が無かったら オリンピックが出来ないと
馬鹿なことを言ったそうですね。
何であれ、原発をなくすことが 大事です。
あんくるトム工房
原発がゼロならーー  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2830

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「再稼動は数のおごり」と馬場町長 推進勢力の無神経にふれて
      (左門 1・19-341)
※国会議員の数が「虚妄(小選挙区という憲法違反の制度による3割台の得票で
7割台の議席を掠め取る)」の
「数」の実態を知らないままに「驕って」考えず行動していることを指摘してい
ます。
今日の新聞(朝日)の一面では、全国で455の議会が脱原発を決議して政府に
意見を出しているが、
実のある意見には波長を合わせる耳が無いのだ!その輩の招く滅びの深刻さが見
えている。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<第58回審査資料による加圧水型原発の格納容器の危険性の指摘3>について
報告します。

12月17日の第58回新規制基準適合性に係わる審査の資料2-2-7はコリ
ウムと格納容器コンクリートとの反応の検討です。
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/data/0058_13.pdf

この資料では、11のモデル実験からコリウムと格納容器コンクリートとの反応
の検討が行われています。
(1)は米国アルゴンヌ国立研究所のACE実験です。(2)は米国サンディア
研究所のSURC-4実験です。この二つの実験は、水を使用せずにコリウムと
格納容器コンクリートとの反応を実験しています。(3)は米国サンディア研究
所のSWISS実験です。(4)は米国サンディア研究所のWETCOR実験で
す。(5)は米国電力研究所のMACE実験です。この三つの実験では、コリウ
ムコンクリート反応が起きてから、その上部に注水を行っていますが、何れも熔
融コリウムの上に強固なクラスト(固相)ができ、水中下でコリウムコンクリー
ト反応が進んでいます。(6)は原子力発電技術機構のCOTELS(B/C)
実験です。この実験では、コリウムコンクリート反応が起きてから、その上部に
注水を行っていますが、注水によってコリウムコンクリート反応を止める事がで
きています。
 しかし、この実験では、(3)、(4)、(5)の実験と違って、クラスト
(固相)に亀裂が入り、高熱ガスがコリウムから冷却水に放出され、又冷却水が
亀裂からコリウムに接触し、他の実験よりコリウムへの大量の冷却ができた結果
です。
(7)は欧州JRCのイスプラフ研究所におけるFARO実験です。この試験は
水プールへのコリウムの落下による水蒸気爆発の有無を検証する試験装置です
が、コリウムコンクリート反応に付いては、実験はできなかったようです。
(8)は原子力発電技術機構がカザフスタン国立原子力センターの実験施設を借
用して行ったCOTELS(A)実験です。この試験は水プールへのコリウムの
落下による水蒸気爆発の有無を検証する試験装置ですが、コリウムコンクリート
反応に付いては、実験はできなかったようです。(9)はコリウムコンクリート
反応の試験ではありません。(10)はスゥェーデン王立工科大学の
DEFOR-A実験です。この実験は模擬コリウムの材質の記載がありません
が、熔融物温度が約1000℃と成っているので、模擬コリウムの材質を鉛で
行った実験と思われます。殆どの実験は、酸化ウランやジルコニュームを使用し
て2000℃以上で行われており、一部の実験は1600℃程度のステンレス鋼で
行われています。鉛を使用するような試験は、他には無く、初めからコリウムコ
ンクリート反応を検証する試験では無いようです。(11)は米国アルゴンヌ国
立研究所のCCI実験です。この実験では、コリウムコンクリート反応が起きて
から、その上部に注水を行っています。
この試験では、CCI-2が石灰岩系コンクリート、CCI-1、CCI--3が
珪岩質系コンクリートを使用しています。
 この試験でも、高熱ガスがコリウムから冷却水に放出され、コリウムへの大量
の冷却ができたようです。
 この資料2-2-7の3.3-4ページでは、2行目より、「また、水中に炉
心デブリを落下させた実験としては、スウェーデン王立工科大学で実施された
DEFOR実験がある。
 このように、MCCI実験としては、水プールに熔融物を落下させた実験結果
はDEFOR実験のみでありサンプルが少ないため、FCI(水蒸気爆発)に関
する実験的見地も加味して、知見を整理する。」と説明しています。しかし、こ
の資料はDEFOR実験がおそらく模擬コリウムに鉛を使用して行っている事を
隠蔽し、水中下でコリウムコンクリート反応が起こるような実験では無いのに、
世界で唯一つ水中下でのコリウムコンクリート反応が起こる実験ができたように
偽装していると思われます。
 10件の実験結果からは、熔融状態のコリウムの上部に強固なクラスト(固
相)が覆いかぶさると、水中でも熔融状態のコリウムの冷却が十分に行われず、
コリウムコンクリート反応は進行する。しかし実際にはクラスト(固相)に亀裂
が入り、高熱ガスがコリウムから冷却水に放出され、又冷却水が亀裂からコリウ
ムに接触し、コリウムへの大量の冷却はできるが、加圧水型格納容器は、格納容
器下部に大量の冷却水を貯水すると、容器内圧が低く、水温が低く、水中でのコ
リウムコンクリート反応によるガスの発生により、極めて水蒸気爆発の危険性が
大きいとの結果を示していると思われます。

★ 北岡逸人 さんから:
中西様
 審査資料の現実的分析内容をお知らせ頂きありがとうございます。
 つまり、「余震」による外乱が水蒸気爆発を引き起こす可能性があり、大地震
による過酷事故が起こりうる原発サイトでは、
対策の必要な事故シナリオということだと思いました。
> 第58回審査資料による加圧水型原発の格納容器の危険性の指摘1
> しかし、何かの原因で蒸気膜が崩壊すると、コリウムと冷却水が接触し、核沸
騰が起こり、
> 水の急激な体積膨張で近傍のコリウムの蒸気膜を破り、衝撃波を伴った水蒸気
爆発が起こります。
>  ここで報告されている多くの小型実験では、膜沸騰の破壊が起こらない条件
で試験が行われています。
>  しかし、少しが外乱を人工的に起こすと、水蒸気爆発が起こっています。

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳 さま
「脱原発・放射能汚染を考える」のチラシNo.67ができました。
http://tinyurl.com/mpvongv

福島県の伊達市の仁志田市長が、正月の「市長日誌」で、
「(汚染した食品を)販売するのは駄目だが、自分で食べ
るなら心配はない」「多少基準値をオーバーしていても、
美味しいものを食べたほうが精神衛生上いいのでは」と
デタラメな論理を展開し、最後は「今年は市民の皆さん
に、恐れるばかりでなく、現実的な判断をしてもらうこと
を目標にしたい」と結んだ。

<<現実的という言葉で市民に被曝を強制するな>>
一般食品の基準値は100Bq/kgである。その3倍以上も
汚染したきのこを食べることを「現実的」というほど、
福島の放射能汚染は深刻である。食品の基準を汚染の
「現実」に合わせて緩めて、市民に内部被曝を強要する
ことは許されない。基準値は商売のための値でなく、
市民の健康を守るための最低基準である。
事故で被曝した上に、日常的に大地と空気、水から被曝を
強いられている地元でこそ、厳格な食品規制なしに市民の
健康は守ることは出来ない。

<<政府の汚染基準のかんわと個人線量計も同じ>>
いくら除染しても目的値まで下がらないから、「現実」に
合わせて、汚染基準を緩和して、安全と書き換えて避難を
解除。個人ごとに線量計を持たせて、被曝を自己責任にする。

こうした政府の「汚染対策」も同じ考えである。
福島を汚染した東京電力と国家の責任で、住民の健康と生活
を守るのでなく、住民への被曝を強要することで、東電が補償
をしなくてよいように避難地域を解除して「正常化」する
許されない魂胆だ。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、原発周辺自治体の避難に関連する記事から始めます。

1.<30キロ圏避難、最長40時間 民間試算>佐賀新聞1月18日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2611012.article.html
記事<九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で大事故が起きた際、30キロ圏内
の住民全員が避難を終えるには少なくとも20時間かかるとする試算を民間団体
「環境経済研究所」(東京都、上岡直見代表)がまとめた。地震による道路損壊
などで避難路が国道だけに限られた場合は39時間半となり、国が規定している
被ばくを逃れるための避難時間「1日以内」を超えた。 ・・・・・・玄海原発
の場合、全住民約25万5千人の避難が完了するには国道と高速、主要地方道を
使うと20時間、国道だけでは39時間半かかった。
・・・・・・ 同研究所は国内の全原発を対象に分析。国道だけで避難した場
合、17原発のうち13原発で24時間以上かかった。最長は浜岡(静岡県)の
142時間半、川内(鹿児島県)は43時間だった。分析結果は25日、早稲田
大で開かれる「交通権学会」の研究会で発表する。・・・・・・・・・避難時間
の試算については、佐賀県が福岡、長崎両県と連携して作業を進めており、3月
までに詳細なシミュレーションをまとめる予定。一部の自治体はすでに公表して
おり、研究所の試算に近い結果が出ているという。上岡さんは「今回の試算は整
然とした避難が前提となっており、実際はもっと長くなる可能性が高い」と話す。>

北海道でもこんな動き、
2.<大間原発>建設の差し止め求め3月提訴…函館市長方針>毎日新聞 1月18
日(土)23時22分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000089-mai-soci
記事<青森県大間町のJパワー(電源開発)大間原発の建設をめぐり、北海道函
館市の工藤寿樹市長は18日、国と同社に建設の差し止めを求めて、3月に東京
地裁に提訴する方針を固めた。23日告示の東京都知事選で脱原発が最大の争点
として浮上し、脱原発に向けた世論が高まると判断した。自治体が国を相手に原
発に関する訴訟を起こすのは初めてとなる。・・・・・大間原発の建設予定地と
函館市は津軽海峡を挟んで最短23キロ。工藤市長はこれまで「50キロ圏内の
人口は青森側が9万人に対し、北海道側は37万人に達し、事故の際に大きな影
響を受ける。少なくとも30キロ圏内の自治体の同意を得るべきだ」と主
張。・・・・・>

さて、福島第1の現場では、
3.<第1原発3号機建屋で漏水確認 冷却水の一部か>【共同通信】01/18
20:29
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011801002229.html
記事<東京電力は18日、福島第1原発3号機の原子炉建屋1階の床面を水が約
30センチの幅で流れ、付近の排水口に落ち続けているのが見つかったと発表し
た。がれき撤去作業をするロボットに備え付けられたカメラの映像で確認した。
第1原発1~3号機では、溶け落ちた燃料を冷やすため原子炉内に冷却水の注入
を続けているが、格納容器の損傷部分などから漏れているとみられている。東電
は、今回見つかった水が、漏れた冷却水の一部の可能性があるとみて調べてい
る。東電によると、水が見つかったのは、建屋1階の東側にある「主蒸気隔離弁
室」と呼ばれる部屋の扉付近。

その現場について、原発の林立する福井県の地元紙はこんな記事を書いています、
4.<福島第1原発事故の収束ほど遠く 世界でも前例ない廃炉、これから>福
井新聞(1月18日午前7時05分)
⇒http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/48126.html
記事<津波で横倒しになったクレーン車がそのまま残り、汚染水を貯蔵するタン
クは2日半に1基のペースで増設されている。日本記者クラブの派遣団に加わ
り、事故から間もなく3年を迎える東京電力福島第1原発を15日に取材した。
炉心溶融を起こし、燃料が原子炉圧力容器を突き抜けた原発の廃炉という、世界
でも前例のない難事業は緒に就いたばかり。事故収束はまだまだ先と実感し
た。・・・・・・・・・・・・・・・・・汚染源について「取り除く」「近づけ
ない」「漏らさない」を基本方針に、国が前面に出て抜本対策を講じてい
る。・・・・・・・・・・・>
・・・・・・・・・「国が前面に出て抜本対策を講じている」―この下りは福井
の新聞らしい書き方ですね、決してそうはいえない。

被災地フクシマでは、
東電のとんでもない振る舞い、
5.<東日本大震災:福島第1原発事故 賠償金返還要求、福島県弁護士会が調
査 東電和解拒否、新たに2件。毎日新聞01月18日 東京夕刊
⇒ http://mainichi.jp/shimen/news/20140118dde001040056000c.html
記事<福島第1原発事故の損害賠償を巡り、東京電力が政府の「原子力損害賠償
紛争解決センター」(原発ADR)の示した和解案を拒否している問題で、福島
県弁護士会(小池達哉会長)が実態調査に乗り出したことが分かった。新たに2
件の和解拒否例があることも毎日新聞の調べで判明。事業計画などに「和解案の
尊重」を掲げながら、実際には正反対とも言える東電の姿勢に批判が高まってい
る。・・・・毎日新聞は今月4日、東電が被災社員にいったん支払った賠償金を
事実上返還するよう要求しているケースについて、原発ADRが東電の主張を退
け、数百万円の支払いを命じる和解案を示したのに東電が拒否した事実を報じ
た。同弁護士会は報道を受け調査の実施を決め、今月15日付で会員弁護士1
77人に照会文書を送った。・・・・同弁護士会は昨年9月、国に対し、和解案
を拒否しないよう東電を強く指導するよう求める会長声明を出している。このた
め、照会文書は「報道の通りであれば、これ(国による指導)が果たされていな
い」と問題視したうえで、和解案拒否事例に関する情報を提供するよう求めてい
る。・・・・関係者によると、新たに判明した2件の拒否例は、いずれも現地に
勤務する東電社員に関するもの。立ち入り制限された場所に自宅があり、避難を
余儀なくされているのに賠償を打ち切られている。・・・・和解拒否は社員以外
にも及び、福島県飯舘村長泥地区の住民についても拒否例があることが既に判明
している。・・・・賠償は、被災者の申し立てを受けた東電が金額を算定し
提示する。これに不服がある被災者は原発ADRに申し立てる。その後示される
原発ADRによる和解案には強制力がないが、東電は今月15日に発表した「新
総合特別事業計画」に賠償に関する「3つの誓い」を盛り込み、そのうち一つに
「和解案の尊重」を掲げている。・・・・同弁護士会の若杉裕二副会長は「東電
が和解案を拒否すると、被災者は訴訟を起こすなど大きな負担を強いられる。調
査結果をみて会としてさらに対応が必要かどうか検討する」と話してい
る。・・・・・・毎日新聞は東電に和解案拒否件数を尋ねたが、広報部は「複数
ある」とだけ回答した。>
5’.<東日本大震災:福島第1原発事故 東電の二枚舌憤り 福島の弁護士、社
員への返還請求「差別的」>毎日新聞01月18日 東京夕刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140118dde041040014000c.html
記事<福島第1原発事故の賠償を巡り、東京電力が政府の原子力損害賠償紛争解
決センター(原発ADR)の示した和解案を拒否している問題。多くの被災者か
ら相談を受けてきた福島県弁護士会の渡辺淑彦(としひこ)弁護士(43)は
「言っていることと、やっていることが違う」と怒りを隠さない。原発ADR
は、2011年8月、裁判によらず円滑、迅速、公正に被害回復を図るために設
置した公的機関。東電は今月発表した特別事業計画だけでなく、11年10月に
も「被害者の方々への『5つのお約束』」として「和解案の尊重」を掲げた。渡
辺弁護士が拒否例を初めて知ったのは昨年秋。東電社員のケースで「『尊重』と
は『守る』という意味のはず。にもかかわらず、拒絶しているのだから二枚舌だ
」と感じた。・・・・・原発ADRは和解案を作成する「仲介委員」や「調査
官」を務める弁護士が誰かによって、結果が変わることもあり必ずしも万能では
ない。それでも、被災者が訴訟を起こすハードルは高く、訴訟外で解決する原発
ADRが、被害回復のかなめの役目を担っている。・・・東電を巡っては、社員
やその家族に対する賠償金の返還請求問題もある。東電は毎日新聞の報道を受け
「社員やその家族か否かで取り扱いは変えていない」と反論する「お知らせ」を
ホームページにアップした。しかし、渡辺弁護士は「返還請求が一般被災者に行
われているケースは知らない。社員に対する差別的取り扱いであり、今後一般の
被災者への返還請求にもつながりかねない」と批判した。>

6.<原発事故関連死 本県12団体で協議会>福島民報01/18 11:24
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9048.html
記事<本県では昨年11月、県や県社会福祉士会など12団体による県広域災害
福祉支援ネットワーク協議会が発足した。災害時に福祉関係職員でチームをつく
り、避難所などに派遣することを検討する。・・・東日本大震災、東京電力福島
第一原発事故の発生時、本県でも避難所に身を寄せた高齢者や要援護者が長引く
避難生活で体調を崩したり、福祉関係の人的支援が不足する問題が表面化した。
県は、協議会を通じて災害時でも機能的、効果的に要援護者らを支援する態勢を
整える考えだ。・・・・県内では、原発事故に伴う避難生活による死亡、いわゆ
る「原発事故関連死」が深刻だ。県の集計によると、17日午後5時現在、避難
に伴う死亡と認定されて災害弔慰金が支払われた関連死は1627人に上り
、地震や津波による直接死の1603人より24人多い。>

7.<双葉、大熊、富岡の歴史伝える資料 白河で18日開幕>福島民友1月18日
⇒http://www.minyu-net.com/news/topic/140118/topic2.html
記事<白河市の県文化財センター白河館「まほろん」で18日から、東京電力福
島第1原発事故の影響で双葉、大熊、富岡3町の各資料館から運び出された文化
財を公開する特別企画展「文化財復興展『救出された双葉郡の文化財2』」が開
幕する。3資料館に所蔵されていた歴史的な資料がそれぞれの町の歴史や文化を
伝えている。3月23日まで。・・・・・・・・展示物は原発事故の影響で各資
料館に取り残された文化財を保護するため、県被災文化財等救援本部(文化財レ
スキュー)が運び出した資料。・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・こんなものまで避難、原発は伝統や文化もぶち壊す。

8.<18日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数>福島民報1月19日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
9.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月17日 17:25
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140118/1478560
記事<▼空間放射線量率(18日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

そして、東電の社長の言いたい放題の記事が3つ、
10.<電力の全国販売に意欲=東電社長>時事通信 1月18日(土)16時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000080-jij-bus_all
記事<東京電力の広瀬直己社長は18日、インタビューに応じ、2014年度中に始め
る全国での電力販売で、まずは既存顧客が首都圏以外の地方に保有する工場や営
業拠点などに売り込む方針を明らかにした。広瀬社長は「関東地方が草刈り場に
なっており、(顧客を)奪い返す」と述べ、従来の営業地域の垣根を越えた供給
に意欲を示した。。 
10’.<柏崎刈羽再稼働なら料金値下げ検討…東電社長>読売新聞 1月18日
(土)20時56分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000804-yom-bus_all
記事<東京電力の広瀬直己社長は18日、読売新聞のインタビューに対し、柏崎
刈羽原子力発電所(新潟県)の4基が計画通り2015年3月までに再稼働すれ
ば、電気料金の引き下げを検討することを明らかにした。・・・・・・・・・・>
10”.<東電14年度値上げ見合わせも 社長、再稼働遅れでも>西日本01月
18日 22時22分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30705/1/
記事<東京電力の広瀬直己社長は18日、共同通信のインタビューに応じ、柏崎
刈羽原発の再稼働が大幅に遅れた場合でも、2014年度に電気料金の抜本的な
再値上げを見合わせる可能性を示した。・・・・・・・・・・・・・・・広瀬社
長はインタビューで「値上げを再稼働の人質に取るような印象を与えたとしたら
申し訳ない。(値上げは極力回避するとの)思いは変わっていない」と強調。
「7月になれば、そのときの状況である程度見通しがつかめる」と説明し
た。・・・・・・ただ、「(13年度と)同じようなコストダウンはできない」
とも述べ、合理化の余地が限られているとの認識を示し
た。・・・・・・・・・・・>
・・・・・・どうみても再稼働を人質にしてますよ ―言い訳してもだめですよ。

11.<東電破綻処理を 泉田・新潟知事インタビュー>東京新聞1月18日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011802000122.html
記事<新潟県の泉田裕彦(いずみだひろひこ)知事は十七日、本紙の取材に答
え、同県の柏崎刈羽原発の再稼働を盛り込んだ東京電力の新しい経営再建計画に
ついて「最大の問題は貸し手責任のある金融機関や、株主が免責されていること
だ」と指摘。東電を破綻処理して、金融機関などに責任を取らせるべきだとの考
えを示した。・・・東電の再建計画は十五日に政府の認定を受けた。収支改善策
の柱として、柏崎刈羽原発1、5、6、7号機の四基について、今年七月から二
〇一四年度中に順次、再稼働することを盛り込んだ。これに対し、泉田知事は
「福島の事故の検証と総括が終わっていない。再稼働の議論をするべき時期では
ない」と強調した。計画通りの再稼働は、早くも難しい状況となった。・・・再
建計画は再稼働が遅れれば、今年秋ごろまでに最大10%程度の電気料金の値上
げが必要になるとも明記した。泉田知事は「負担するべきなのは、免責されてい
る金融機関や株主だ」と述べ、「再稼働か値上げか」を利用者に迫る東電の姿勢
を批判した。・・・また、東京都知事選で「脱原発」が争点になることについて
は、「電力の消費地で、生活を維持するためのエネルギー政策をどうするかの議
論を深めるいい機会となる」と期待を示した。>

【重要】東電社長との会談議事録がこちらにあります、泉田知事のするどい指摘、
11’.<泉田裕彦氏 | 晴耕雨読>1月18
⇒http://sun.ap.teacup.com/souun/13172.html
記事<昨日、東京電力の廣瀬社長と面談し、議事録をまとめました・・・・・・>
・・・・・長い文章ですが、是非検索してみてください。東電社長のとんでもな
い認識がわかります。泉田知事に頑張ってほしいです。

こちら、注意してみておきましょう、
12.「都は東電の主要株主」は誤り 持株比率は1%強>日本報道検証機構1月18日
⇒http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/e0ba539cf53a9ac545ddcf7e4c6d98edf4a92074/
記事<東京都知事選に関する報道で一部メディアが「東京都は東京電力の主要株
主」と伝えているが、東京都の持株比率は1%強で「主要株主」には当てはまら
ない。国などが出資した原子力損害賠償支援機構が50%以上を保有してい
る。・・・・・・・・・>

他の電力会社、
13.<「関西電力」最終赤字1000億円超に 原発再稼働遅れで>毎日新聞
1月18日(土)15時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000044-mai-bus_all
記事<関西電力の2014年3月期連結最終(当期)損益が、1000億円台の
赤字になる見通しであることが18日、分かった。停止中の原発の再稼働が想定
より大幅に遅れ、代わりの火力発電の燃料費が膨らんだため。昨年4月の電気料
金引き上げの効果が吹き飛び、3年連続の最終赤字とな
る。・・・・・・・・・・・・・関電は、14年度中に大飯、高浜両原発の再稼
働にこぎつけることで15年3月期には4年ぶりの最終黒字化を達成し、現行の
電気料金を維持したい考えだ。>

政府は、
14.<火発燃料費を1700億円削減可 経産省試算、電力融通で > 【共同
通信】01/18 22:31
記事全文<大手電力会社が電力の相互融通を拡大すれば、石油や液化天然ガス
(LNG)といった火力発電の燃料費を、電力業界全体で年最大約1700億円
削減できるとの試算を経済産業省が18日までにまとめた。自前での発電にこだ
わってきた電力経営の無駄が浮き彫りになった。・・・20日に開かれる総合資
源エネルギー調査会の作業部会に示す。・・・政府は電力小売りの全面自由化な
どを通じ、電気料金の引き下げを進める方針。原発の長期停止に対応して電力会
社は燃料費の調達コストの削減を進めており、相互融通が増えれば料金低下に寄
与しそうだ。>

15.<EU食品規制の早期緩和期待=林農水相>時事通信01/18-09:42
記事全文<【ベルリン時事】林芳正農林水産相は17日、訪問先のベルリンで欧
州連合(EU)欧州委員会のボルジ委員(保健担当)と会談後、記者団に対し、
東京電力福島第1原発の事故に伴うEUによる日本産食品の輸入規制について、
早期緩和に期待を示した。
 会談で早期緩和を要請した農水相は「こちらの事情を理解してもらった」と説
明。「規制緩和の推進に期待が持てた。早期の成果につなげたい」と語った。>

16.<施策判断に住民参加 廃炉先進地調査>福島民報01/18 09:40
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011813368
記事<【米国・ワシントン州で丹治隆記者】浜通りをロボット研究開発の最先端
地域とする「福島・国際研究産業都市構想」の策定に向け、米国の廃炉・除染技
術やロボット研究開発の取り組みなどを調査する赤羽一嘉経済産業副大臣を団長
とした政府の視察団は16日(日本時間17日)、汚染水対策や地域経済の復興
などの先進地であるワシントン州のハンフォード・サイトと周辺地域を訪れた。
・・・・・・・・・視察団には県、楢葉町、飯舘村から計5人が加わってい
る。・・・・・本県(福島県)関係の参加者は次の通り。 ▽県=佐竹浩企画調整
部政策監兼企画推進室長、佐藤安彦企画調整部企画調整課主任主査 ▽楢葉町=松
本幸英町長、磐城恭新産業創造室長 ▽飯舘村=中川喜昭復興対策課長>

金曜行動は、
17.<「原発ゼロ」こそ推進を 官邸前行動 「再稼働に反対」>しんぶん赤
旗1月18日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-18/2014011817_01_1.html
記事<首都圏反原発連合(反原連)は17日、首相官邸前抗議行動を行いまし
た。柏崎刈羽原発(新潟県)を再稼働させるとした東京電力の再建計画を認定す
るなど、原発を推進する安倍晋三政権に、怒りの声が上がりました。1900人
(主催者発表)の参加者は「原発いらない」「再稼働反対」とコールしまし
た。・・・・・・>
17’.<【金曜日の声 官邸前】投票で脱原発の意思>東京新聞1月18日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014011802000182.html
記事<東京都大田区の専門学校生 豊城遥(とよきはるか)さん(20) 特定
秘密保護法の成立後、学校でもその話題になった。脱原発など抗議の声を上げる
場がここにあると知って、来た。成人になり投票にも行ける。少なくとも原発推
進の立場の人には投票しない。・・・・・東京都新宿区の映像作家 外山(とや
ま)善子さん 立ち並ぶ日本の住宅の屋根を見た時、ソーラーパネルを全部に付
けたら原子力はいらないのではと思った。地熱や風力など害にならないエネル
ギーはたくさんある。・・・・・東京都板橋区の樋山真智子さん(61) 商社
に勤務していたころから商社九条の会という会に入っており、そのメンバーと原
発ゼロを目指し声を上げている。なかなか私たちの声が届かないが、あきらめ
ない。>

都知事選挙
18.<「都知事選」政策論議深まらず…「勝てる候補」偏重の弊害も>毎日新
聞 1月18日(土)22時8分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000082-mai-pol
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)は18日、立候補予定者の
公開討論会が中止となった。今回選挙は出馬表明が遅れがちな上、恒例の討論の
場も成立せず、発表している公約が具体性に乏しいケースも。政策論議が深まっ
ているとは言い難く、「政策よりも『勝てる候補』擁立に偏っていることの弊
害」との指摘も出ている。・・・・公開討論会には当初、前日本弁護士連合会会
長の宇都宮健児氏(67)と元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)
が参加を表明した。だが、出馬会見が遅れている元首相の細川護熙(もりひろ)
氏(76)の出席が見込めず、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が「細川氏が
出なければ不参加」と表明。田母神氏も呼応する形で参加を取りやめ、主催す
る東京青年会議所は、開催当日にやむなく中止を決定した。>

18’.<即時原発ゼロ」表明へ=細川氏、都知事選公約で>時事通信 1月18日
(土)21時26分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000121-jij-pol
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に立候補を表明している細川護
熙元首相(76)が、22日に発表する公約の柱として「即時原発ゼロ」を打ち出す
方向で調整していることが分かった。細川氏周辺が18日、明らかにした。停止中
の原発の再稼働も認めない方針を明確に示すことで、同氏を支援する小泉純一郎
元首相の主張に合わせ、最大の争点に据える狙いがある。・・・・・・・・> 

18”.<連合東京、舛添氏を支援 「細川氏の脱原発、合わない」>朝日デジ
タル1月18日22時45分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1L5RD2G1LUTIL01T.html
記事<連合東京は18日、東京都知事選で元厚生労働相の舛添要一氏(65)を
支援する方針を決めた。連合東京は民主党の支持母体だが、元首相の細川護熙氏
(76)を支援する民主党と異なる対応をとる。原発政策で細川氏と相いれない
という。・・・・・・・>
・・・・・組織内に電力労組などがいますからね。

18”’.<「原発即ゼロ」なら五輪返上しかない…森元首相>読売新聞 1月18日
(土)18時34分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000775-yom-pol
記事<2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会の会長に就任する
森元首相は、18日のテレビ東京の番組で、小泉元首相が訴えている「原発即時
ゼロ」について、「6年先の五輪のためにはもっと電気が必要だ。今から(原
発)ゼロなら、五輪を返上するしかなくなる。世界に対して迷惑をかける」と批
判した。>

次の記事に、元々、再稼働なしを国際公約していると指摘されてもいます、
18””.<東京五輪招致委が“国際公約”した原発再稼働ナシ>日刊ゲンダイ2013
年9月11日 掲載
⇒http://gendai.net/articles/view/news/144476
記事<・・・・・・・立候補ファイルでは、電力の供給能力について〈既存の配
電システムで対応することができる〉と説明していた。理由として〈火力発電所
の増設や、火力発電所の新設〉〈東京ガスグループが、全部で198万キロワッ
トの天然ガス発電所を建設・保有するなど、新たな電力供給も進んでいる〉こと
を挙げている。見逃せないのは、わざわざ〈東京都内において、東電が所有して
いる原発は存在しない〉と強調していることだ。これはウラを返せば、「電力は
今の供給能力でも十分足りるし、東京は原発がないから大丈夫」とアピールした
ようなものだ。・・・・・・・・>
・・・・・・・ごまかしだらけの誘致活動でしたから。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面左中断に、
19.<細川氏 原発再稼働認めず 都知事選「政権」 安倍外交も批判>
20.<春秋 タイトルに一瞬ぎょっとする「福島第一原発観光地化計画」(東
浩紀編・ゲンロン)・・・・・・・・・・事故にどう向き合うか、私たちの覚悟
も問うている。>
・・・・・と、結んでいます。興味のある方は、10時半過ぎに検索を。
「春秋」検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/
2面に、
21.<脱原発一本化気配なく 細川氏と宇都宮氏 市民団体 表割れ懸念>
22.<首相 舛添氏批判にくぎ 自民党全国幹事長会議>
23.<結いの党は細川氏支援>
3面に、
24.<既存電力不要 家に車に燃料電池 水素社会迫る 先端地 福岡立証進
む>⇒http://qbiz.jp/article/30709/1/
今朝の紙面は以上です。(1.19.5:00)
※この新聞記事紹介へのご意見等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ ギャー さんから:
「限度」という詩をおくります。

遊びたいさかりの子どもが
重労働に汗を流している
食べ盛りの子どもが何も食えずに死んでいく
一方で
彼らの食い物を奪い取って
食い物とおもちゃであふれかえっているこの街には
食い物を投げ捨て
ゲームセンターのおもちゃに遊ばれている子どもたち
まるで
原発にしがみつき
原発にふりまわされ
放射能をばらまき続ける大人たちのように
核ミサイルをもてあそぶ
金だけが世界の真実と信仰している人びとは
世界の成り立っている
いのちのよろこびの芽を摘み取ることにしか興味を示さない
よろこびを分かちあうべき他人(ひと)を求めず
他人(ひと)を傷つけるゲームに明け暮れる空っぽの人生に疑問すら持たない
アメリカ本土からコンピューターで操り
パキスタンへの越境爆撃を行う無人ジェット機を
自衛隊が導入しようとしている
一体
何をするつもりなんだろう?
ますます
痛みから遠く
いのちから遠く
よろこびから遠く
人間たちは
どこへ
さまよっていきたいのだろう?
この地球の上で
あふれかえる無限のよろこびにそっぽを向いて
子どもたちに
苦しみだけを押しつけて
もうやめよう
もういやだ!
いつまでもこんなくり返しはうんざりだ!
いいかげんにしろ!
いつまでも「やさしさ」のムードに浸っていられると思うなよ!
限度ってものがあるんだよ

このところ急ピッチで出てきます。そろそろ、詩作をする時間がなくなる時を迎
えるのかななんて。
激動の時は一気にやってきます。身構えてないと、乗り遅れます。
詩を作るより、詩を生きるみたいなもので、時の経つのなんかぶっ飛んでしまう
でしょう。わくわくですね(笑)

おもちゃと言えば、おもちゃのかっこうをした爆弾を、米軍は使っていますよね。
地雷や不発弾をおもちゃがわりにして、腕を吹き飛ばされたり、死んでいってい
る子どもも多くいますよね。
ゲーセン、カツアゲ、いじめ・・・いやですね。ぜんぶ、大人が見本を示してい
ることですものね。笑えませんよね(笑)

★ 安原 さんから:
日経の記事を転載します。
ベトナム首相「原発着工、20年くらいまで遅れも」
2014/1/17 1:01 【ハノイ=伊藤学】ベトナム国営メディアは16日、同国での
原子力発電所の着工時期についてズン首相が
「2020年くらいまで遅れるかもしれない」などと述べたと報じた。
ベトナムはロシアと日本の支援で、同国初の原発を今年着工予定。
 日本の福島第1原発の事故を受け、ベトナムでは原発の安全性強化を求める声
が強まり、事業化調査(FS)に時間がかかっている。
人材育成や法整備も遅れ、関係者の間では着工時期がずれ込むことは確実視され
ていた。首相自らが延期の可能性に触れた形だ。
 首相は「原発は最高の安全を確保しなければならない」と安全性を重視する姿
勢を強調。延期の可能性を踏まえ、火力発電所の増強を指示した。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1604H_W4A110C1FF2000/

★ 紅林進 さんから:
日本はベトナムに原発を輸出しようとしていますが、昨日1月18日(土)付の
『朝日新聞』朝刊によると、
「ベトナム初の原子力発電所の建設計画で、ロシアが受注した第一原発(2基)
の着工時期が延期される見通しとなった。当初予定の今年から2020年にずれ
込む可能性もある。東京電力福島第一原発の事故をきっかけに、安全の見直し
を求める声が強まり対応を迫られていた。日本が受注した第二原発(2基)建設
の日程にも影響しそうだ。」
とのことです。

これまで福島第一原発事故と原発の危険性がベトナム現地に十分届いていない、
あるいは隠蔽されているようで心配していたのですが、これをきっかけにベトナム
における原発建設計画が、凍結されてくれればいいのですが。そして日本の原発
輸出にストップがかかってくれればいいのですが。

ベトナム、原発着工を延期へ 日本の受注分に影響も
『朝日新聞』2014年1月18日(土)朝刊(第3面)
朝日新聞デジタル2014年1月18日17時55分配信)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S10931236.html
http://tinyurl.com/mhoeztg
この記事に関するニュース
ベトナム、原発着工延期 日本受注分に影響も ズン首相「安全を最優先」(1/18)
(原発迷走:3)リスク抱えて輸出攻勢 原子力メーカー(12/2)
原発輸出、懸念置き去り トルコと正式合意 首相前面、企業と一体(10/31)
心が結ぶ日本とベトナム 国交樹立40年(9/15)
(声)トルコに原発輸出するとは(11/10)
遮水壁建設などに自民から厳しい声 福島原発汚染水対策(9/4)
米豪をにらみ連携呼びかけ 甘利TPP相(8/23)
【関連記事】
国内初の原子力発電所、2020年に着工延期の可能性
(日刊ベトナムニュース「VIETJO」2014年1月18日(土))
http://www.viet-jo.com/news/economy/140117121508.html

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

修の呟き

2014.01.18(20:05) 1240

EPSON033.jpg
 1月31日午後7時から、佐賀市のアイスクエアで「特定秘密保護法の廃止を求める市民の会」設立総会が開かれます。呼びかけ人は市民オンブズマン連絡会議・佐賀の味志陽子さんや弁護士の東島浩幸さん、さよなら原発!佐賀連絡会代表の豊島耕一さん、原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団長で前佐賀大学学長の長谷川照さんら28人。当日は設立趣意や快速、役員、活動内容などについて討議します。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

 さて、秘密保護法は秘密の範囲が際限なく拡大し、国による恣意的な運用が行われるとの批判とともに、国の安全保障の情報を漏らした公務員らを最長で懲役10年とする「厳罰化」が問題とされています。このため年末にかけ、40以上の地方議会で撤廃や凍結を求める意見書の可決が相次ぎました。17日、特定秘密保護法の秘密指定・解除の運用基準を議論する「情報保全諮問会議」が発足しました。しかし、同会議は秘密の中身を検証する権限がなく、運用基準に関する議論も首相への「助言」にとどまり、批判や疑問に応えるものではありません。

 先日、ジャーナリストら62人が呼びかけ人となって、秘密保護法廃止と安倍内閣の退陣を求める共同行動を呼びかけました。赤旗によると、この中で元共同通信編集局長の原寿雄さんが「靖国神社の参拝と秘密保護法の二つをみても安倍首相が国家主義者であることが確認できる。国民運動を発展させるために私もやれることをやりたい」と発言されたそうです。原さんは私が前にいた職場の大先輩で、心強く思います。一方、共同通信社の配信だと思いますが15日付佐賀新聞には「識者評論」で上久保誠人立命館大学準教授がジャーナリストへの覚悟を求めています。上久保助教授は「英国のジャーナリストに話を聞いたとき、英国と日本のジャーナリズムの違いについて、『英国は階級社会であり、ジャーナリストは伝統的に上流階級の仕事でないため、政治家など権力者にこびず、徹底的に権力批判ができる。日本は階級社会でなく、ジャーナリストがエリート層の一角を形成していて、権力と戦えない』と指摘した」と言います。そして、「日本のジャーナリズム・国民にとって、特定秘密保護法の成立が権力への屈服であってはならない。歴史の教訓は『権力による情報統制がどんなに強まっても、ジャーナリズムはひるまず権力批判を津図家なければならない』ということだ」と、強調されています。

 私はジャーナリズムに期待していません。戦前朝日新聞は権力などによる非買運動に屈し、社員とその家族を守るために戦争推進に加担しました。私の大先輩の原さんは40数年前、労務担当重役をされていた時、加盟新聞社と共同通信社員を守るためと長年の慣行を破り高齢者嘱託を一方的に首切りました。そこにはジャーナリズムの精神のひとかけらもありません。だからジャーナリズムに期待することなく、市民の手で秘密保護法を廃案にする運動がとても大切に思うのです。


修の呟き


タイトル画像

八ッ場ダム反対署名の御礼とお願い

2014.01.18(18:30) 1239

重複失礼します。

原発事故による環境破壊だけでは足りないのか、辺野古への基地移転(というか規模的には新設)、数々のダム計画の復活と、日本をどうするつもりなのか。自然とくらしと平和を壊すのが愛国なんですかね。
ご協力いただけたらうれしいです。

おおくらじゅんこ

---------- 転送メッセージ ----------
From:
日付: 2014年1月18日 1:38
件名: 八ッ場ダム反対署名の御礼とお願い
To: hikari12@ray.ocn.ne.jp


八ッ場あしたの会より、皆さまへ (BCCメールで失礼いたします。また、渡辺事務局長や嶋津さんからの重複送信がありましたらご容赦ください。)

過日は、八ッ場ダム反対のネット署名にご協力いただき、まことにありがとうございました。
おかげ様で署名用紙と合わせて800余名の署名をいただくことができました。

ただ、国交省や政権に物申すためにはまだ少ないので、苦慮しております。

ご多忙のところをまことに申し訳ないのですが、ご友人やお知り合いにメールなどで、ネット署名を呼びかけていただけないでしょうか?

国交省関東地方整備局は、1月8日、八ッ場ダム本体工事の入札公告を発表しました。

(八ッ場あしたの会のHPをご覧くださいい。
http://yamba-net.org/%e5%85%ab%e3%83%83%e5%a0%b4%e3%83%80%e3%83%a0%e6%9c%ac%e4%bd%93%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e3%81%ae%e5%85%a5%e6%9c%ad%e5%85%ac%e5%91%8a/


2019年度末のダム完成に向けて、今年秋以降に本体工事に着手しようというものです。

事態は急を要します。下記の文章をご転送いただくことによって、ぜひ署名のよびかけをよろしくお願い申し上げます。

八ッ場あしたの会 事務局 佐藤光子

------------------------------

八ッ場あしたの会より、親愛なる皆さまへ

メールで失礼いたします。(重複送信の方ご容赦ください)

安倍政権は今年秋、八ッ場ダムの本体工事に着手するとしており、
名勝・吾妻渓谷では本体準備工事が始まろうとしています。

負の遺産となることが明らかな巨大公共事業により、
かけがえのない自然環境と文化遺産を破壊してしまっては、将来の世代に顔向けできません。

八ッ場あしたの会では、八ッ場ダム本体工事の中止を求めて、
当会のホームページに呼びかけ文を掲載しました。
http://yamba-net.org/shomei/

上記ページをご覧になり、趣旨にご賛同下さる方は、
是非、ネット上でご署名下さい。


署名用紙でご署名下さった方々のお名前と共に、国に提出させていただきます。

このネット署名により、八ッ場ダム反対の世論がさらに高まることをめざしています。


メール転送、ツイッター、フェイスブックなどでもご協力いただければ幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

八ッ場あしたの会
http://yamba-net.org/ 事務局 佐藤光子




--
Junko Okura 大倉純子
Email: preabsanol@gmail.com



修の呟き


タイトル画像

修の呟き

2014.01.18(15:50) 1238

DSCF0006.jpg
 「よもがえれ!有明海訴訟」の控訴審が今月27日、福岡高裁で行われます。国が開門確定判決を守らなかった昨年12月20日以降、初めての裁判です。この控訴審では、開門前提に開門後の訴訟をどう進行するかを検討する予定でした。12月21日の抗議集会で吉村九州農政局長は漁民に謝罪をしませんでした。それだけに今後の国の対応が問われる裁判になります。
 漁民原告は12月24日、確定判決を履行しなかった国に制裁金を払わせて開門に圧力をかける間接強制を佐賀地裁に申し立てました。これに対し国は異議申し立てを行い、執行停止を求める訴訟を起こしました。国は憲政史上初めての確定判決不履行を反省するどころか、開門の権利を得ている漁民原告と全面的に争うという異常な姿勢を見せています。
 また、国は今月9日、開門阻止仮処分に対し異議申し立てを行いましたが、漁業被害を主張せず、開門によって漁業環境が改善される可能性を調査し公表することが公共性ないし公益上認められ有明海周辺住民の利益になるとの抽象的な理由を述べるだけで、開門阻止派との全面的な争いを避けています。
 国はこのままずるずると開門を引き延ばす方針で、開門反対派は何ら変わらず、漁民だけに被害を押し付けるという状況が続きます。国に早期開門を実現させるためには、佐賀地裁での間接強制に勝利しなければなりません。
 27日の福岡高裁控訴審は、国の確定判決不履行に対し今後どう対応していくかが問われます。その意味でも重要な法廷です。多くの有明海を愛するみなさんのご参加をお願いします。なお当日は、午後2時に福岡高裁門前にご集合ください。また控訴審終了後、中央市民センター第1会議室で報告集会を行います。


修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1004目報告☆

2014.01.18(14:58) 1237

青柳行信です。1月18日。

★ 九電に再稼働をしないことの申し入れ記事。
http://tinyurl.com/kooh4pq
<1月15日の朝日新聞「福岡版」に・1000日目当日九電前集会後>

原発止めよう!九電前テントひろば 
1/13 1000日記念の集い当日のメッセージ・ 

石村善治さん 当日挨拶
2012年4月20日、12人の市民、原爆被害者(西山進)、
映画監督でテントが開設され、本年2014年1月14日で1000日を迎えます。
その間、九電本社、警察、右翼集団の妨害やいやがらせや妨害活動、
さらには悪天候によるテントの破壊など自然の試練もありましたが、
根記強い努力と情熱により、1000日間の原発反対の拠点、
支える支店としての役割を続けることができました。
 1000日間のテントの原発反対に関係をもった、
インターネットで関係をももち、
つながった数千、数万の日本国内、韓国を初めとするアジアの皆さん、
そしてヨーロッパや米州に住む原発反対に声と意思表示を示していただいた皆さ
んがたに、
感謝と連帯の声を届けたいと思います。
 そして、今日、原発止めよう!1000日に、九州電力原発の廃棄、
日本全国の原発をとめる声を、全国の皆さんとともに、上げ続けましょう。
乾杯!

村上邦彦さん
1000日を迎え、何はともあれ、ご苦労さまです。
お手伝いもせず勝手ですが、お元気で、
体に気をつけ、無理せず、頑張らず、お続け下さい。
民主主義を信じます。信じ得る1つの場所がテントです。

永利恭子さん
皆さまの努力とねばりに頭が下がります。
私自身はテントに参加する勇気(?)がまだありませんが、
訴訟の原告になるとか集会に参加するとか、私なりに
できる形で行動を続けたいと思っています。
日本中、世界中から原発を無くしたいと思います。

藤原紀代子さん
青柳さん、横田様、テントの皆様
1000日おめでとうございます。
本当にご苦労さま。雨にもまけず風にもまけず
夏の暑さにも・・・。
テントのたためる日を待ち望みながら
その日が来るまで頑張りましょう。

荒巻奈緒子さん
座り込みご苦労様です。皆さんの力を心を集めて
廃炉に向けて頑張って、半歩でも一歩でも歩いていきましょう。

田中みゆきさん
青柳さんおつかれさまです。
おからだにはくれぐれも気をつけて。
原発がなくなるまで、なくすまでこれからも、ともにがんばりましょう!

福澤利子さん
1000日、本当にすごい日数ですね。
ある日、テントに行くと、今日は一人で立てたと言ってあった青柳さん。
一人で守り抜いた力が、みんなを団結させる力になったのですね。
お身体を大切に、がんばって下さい。
人事になってしまいましたが、小さな力ではありますが支えていきたいと思います。

曾我部さちさん
九電に「原発再稼働しません!」と言わせるまでともにがんばりましょう。
子供や孫達が「原発なんて知らないよ」という日に、世界に。
地球上からなくなるまで長い運動を元気で勢いよく続けていきましょう!

川島美由紀さん
1000日目おつかれさまでした!
青柳さんとテントを支えている皆さまのお陰で私たちは
声をあげることができます。
廃炉になる日を待ちつつ、反対の声をあげ続けましょう。

谷和美さん
NEVER NEVER NEVER SURRENDER!!!
「火力で使う化石燃料輸入のために大量に国富が流出している」という
俗論をどうやって打ち破るか考えている。

横田つとむさん
みな様のお陰で1000日です。
早く座り込みしないで済むよう脱原発を実現させましょう。

魚住昭三さん
今日の金より、明日のいのち
貴方の金より、子供のいのち

坂井貴司さん
1000日継続おめでとうございます。
「九電本店前ひろば」があったからして、
九州の反原発運動は存続できました。
心より感謝申し上げます。

榊山淳さん
 私はテントの設営や撤収に参加したこともなく
金曜行動にも2,3回参加しただけなので
メッセージを送るのもおこがましいのですが・・・
 青柳さんを中心とする皆さまのご奮闘に敬意を評し、
1000日の達成をお祝い申し上げます。
 この九電前の活動や全国の活動が日本の全ての原発を止めている大きな
”国民の力”になっていると思います。
これらの国民の闘いがなかったら政府が真っ先に再稼働を目指していた、
玄海原発はとっくの昔に再稼働されていたと思います。
九電前テントは運動を続ける人との心の糧となっているだけではなく
心ある九電社員の意識にも少なからず影響を与えていると思います。
 青柳さんには体調にもお心掛け頂きたい、キリストのお導きに従って
頑張ってください。

藤本修子さん
おめでとうございます。
そしてありがとうございます。
「ひろば」は”闘いの砦”
”砦は団結と連帯の大源”。

前田亜礼さん
つながってくださっている方々に心より感謝します。
NUKES IS OVER!!
祈りと行動をともに。PIECE.arei

後藤富和さん
正義は私たちにあります。
私たちはすべての原発がなくなるまで戦い続けます。
私たちは負けない。勝つまで戦うから。

井藤明美さん
1000日目おめでとうございます。
原発廃炉まで何日まででも、ともに頑張りましょう!

東島浩幸さん
「継続は力なり」
九電前で九電に対して突き刺さった小骨。
この小骨がいつか大きくなって九電の原発からの撤退、
日本からの原発ゼロを実現されることを祈念しております。
「原発なくそう!九州玄海訴訟」も九電本店前ひろばと協力して
脱原発の実現に向けて全力をつくします。

今村由子さん
歩みを止めることなく・・・
中心街地のあの場所で、お茶を飲めることを
楽しみにしています。
これからも美味しく楽しくお茶しましょ!

梁井孝子さん
私はデモの時に時々参加するくらいで何もしておりません。
1000日もの間、私たちの代わりに声を上げて下さった方々、
本当にありがとうございます。
皆様方のおかげで、いまも原発が止められているのだと思います。
本当にありがとうございます。

篠田清さん
原発をなくそうという人々の切実な願いがテントを守り続けたと思います。
この3年、1000日で国民、市民の原発の態度がガラリと変わりました。
ここに確信をもって、
原発を完全にとめるために、力を合わせましょう!
九電本店前ひろばを拠点に私たちの原発止めよう!の運動を
さらにさらに大きくしましょう!

大谷正穂さん
がんばっている人を想うと、
もっとふんばれます。今年ともよろしく。

坂田綾子さん
青柳様、
1000日目お疲れ様です。
本当に偉業だと思います。
原発を廃炉にするまで、私も声をあげていきます。
体に気をつけてください。

入江敬一(民医連)さん
青柳さんをはじめとするテントの皆様に心より敬意を表します。
民医連は「命の平等」を目指す医療、福祉の団体です。
この間、脱原発の運動や原発事故避難者の相談会や検診に取り組んできました。
原発はエネルギーや経済の問題ではなく、命の問題です。
昨年は秘密保護法強行採決など安倍政権の命をないがしろにする政治に
大変くやしい思いをしました。これから「倍返し」しましょう。

梶原商成さん
1000日の活動に大変敬意を表します。
今後も一緒に行動していこうと考えていますし、
自分でも新たな拠点なるものをつくって
より一層市民運動を強くし、問題の解決のための有効策を打っていこうと思います!
これからも共に参りましょう。

石川晶子さん
青柳さんと横田さん、テントを支えている多勢の皆様の、
三年にも及ぶ熱い思いには本当に頭が下がります。
時と共に青柳さんの良さと味が出て、
反原発運動に関わる人達の「家」まで作っていただき、
すばらしいと思います。
私も末尾についていきたいと思います。

三木和彦さん
青柳様、九電前テント広場、1000日を迎えられておめでとうございます。
青柳さんを中心として実行委員会の方々、
支援の方々の努力の結晶の賜物であると思います。
さらに皆様と一緒に努力を積み重ねられる事をお祈り申し上げます。
私に出来る事は御手伝いですが、皆様の足手纏いにならぬように
気を付けながら、脱原発に向けて、足らない知恵ですので、
皆様の御知恵を拝借しながら御手伝いが出来ればと思っております。
青柳様と御支援の皆様、今後共日本の為、子孫の為に頑張ってゆきましょう。

西島由太郎(福岡市原水協)さん
闘いはここから!闘いは今から!
原点に返ろう!いのちを返せ!
自然を返せ!ふるさとを返せ!
ノーモアフクシマ!さよなら!原発!
核も原発もいらない!

イシカワツヨシさん
権力はウソで市民をシハイスル。
原発は永久のエネルギーとウソをイってきた。
モウシンジナイ
原発は死の人類メツボーエネルギーです。

小南俊美さん
1000日を迎え、この間のご奮闘に敬意を表します。
長い闘いになりますが共にがんばっていきたいと思います。
私は「反核医師の会」という核兵器の廃絶を求める会にも参加していますが、
この「反核医師の会」でも原発も被爆を生み出すものとして廃止を求めています。
「反核医師の会 全国の集い」を今年は福岡で開催します。
11月1日は公開講座を予定しています。是非お越し下さい。

庄山進さん
新聞で会合を知り、かけつけました。1000日はスゴイ!
ネットワークを広げたいと思い参加しました。
私は、「3.11.さよなら原発」の大牟田の実行委員のメンバーです。
(「"ふくしま"に学ぶ実行委員」の事務局員)
大牟田では3/11集会と翌日にキャンドルナイトを開く。
他に年3回程度の「講演会」(又は講座)を開く。

----------------------------------------------------

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1004目報告☆
呼びかけ人賛同者1月17日迄3124名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月17日1名。
   壷内友浩
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
電力会社は 避難計画もできてないし、安全対策も十分ではありません。
原発再稼動など もっての外。 再稼動反対、廃炉に向けての運動を
大きくしましょう。
金曜行動も 今日で 80回を数えました。
あんくるトム工房
金曜行動 80回目  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2829
テントの片づけ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2828
海は 故郷    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2827

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆東電の「過失責任を審理する」と 福島地裁の一歩前進
     (左門 1・18-540)
※「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟第4回口頭弁論で、
潮見直之裁判長が「過失の審理も含めるべきである」と明言し、
全国での訴訟のなかで初めての英断である。
訴訟指揮から判決まで、原告の立場に立ち切ってほしい!

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<第58回審査資料による加圧水型原発の格納容器の危険性の指摘2>について
報告いたします。

12月17日の第58回新規制基準適合性に係わる審査の資料2-2-6は格納
容器のコリウムによる水蒸気爆発の検討です。
この資料では、4つのモデル実験から、原子炉圧力容器と原子炉格納容器の水蒸
気爆発の可能性が検討されています。
実験は、欧州JRCのイスプラ研究所におけるFARO実験、欧州JRCのイス
プラ研究所におけるKROTOS実験、旧原子力研究所のALPHA実験、原子
力発電技術機構がカザフスタン国立原子力センターの実験施設を借用して行った
COTELS実験です。
実験結果は、KROTOSとALPHAの実験で水蒸気爆発が起きています。
4つの実験結果からは、水蒸気爆発は容器内圧が低いほど、サブクール度(沸騰
温度と水温の差)が高いほど(水温が低いほど)、水槽下部からのガスの発生が
多いほど、水蒸気爆発が起こりやすくなっています。
 そして、原子炉圧力容器は容器内圧が高く、サブクール度が低く、ガスの発生
が無いので、ほとんど水蒸気爆発は起こらないとの結論になっています。
 しかし、加圧水型格納容器は、格納容器下部に大量の冷却水を貯水すると、容
器内圧が低く、水温が低く、水中でのコリウムコンクリート反応によるガスの発
生により、極めて水蒸気爆発の危険性が大きいとの結果に成っています。
 これまでの、原子炉の過酷事故発生時、緊急炉心冷却装置で原子炉圧力容器に
冷却水を投入する方法は、原子炉の水蒸気爆発の危険性が無い安全な方法で、世
界中の原子力発電所の過酷事故対策に採用されてきた事は良く理解できます。
 日本の4電力会社の過酷事故の発生時、緊急炉心冷却装置の稼動を放棄し、原
子炉圧力容器にメルトスルーが起きた場合は、格納容器に緊急に大量の冷却水を
貯蔵して、落下するコリウム100トンを水で冷却する方法は、これまで人類が
経験したことのない危険な方法という事が分かりました。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、玄海原発と伊方原発の記事から始めます。

1.<伊万里市波多津町区長会 九電に協定で要望>佐賀新聞1月17日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2610357.article.html
記事<玄海原発(東松浦郡玄海町)から最短12キロに位置する伊万里市波多津
町の区長会(田中茂樹会長)は16日、九州電力に対して、原発立地自治体並み
の安全協定を早期に締結するよう要望した。 ・・・・・田中会長(63)らが
九電武雄営業所を訪れ、富永弘文所長に要望書を手渡した。要望書では「町内最
北部は発電所からわずか12キロにあり、町全体が20キロ内に含まれる。町民
の安全安心のため、市が求める立地自治体並みの安全協定を早期に締結されるよ
う強く要望する」としている。 田中会長は「町民は原発の安全管理に関心と大
きな不安を持っている。町民の切なる願いを聞き入れてほしい」と話す。市区長
会連合会も昨年末、九電に対して同様の内容を要望している。>

1’.<九電を参考人招致へ 伊万里市議会特別委>佐賀新聞1月17日?
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2610442.article.html
記事<伊万里市議会の防災・環境施設対策調査特別委員会(前田久年委員長)は
2月4日、九州電力から原発の担当者を招いて、福島第1原発事故後の玄海原発
の安全対策に関する委員会を開く。 伊万里市議会が原発の安全対策について、
九電を委員会に招致するのは初めて。前田委員長は「市内のほぼ全域が原発30
キロ圏内にあるため、原発の安全に対する市民の関心も高い。議会としても、ど
のような安全対策がとられているか、しっかり確認をしたい」と話す。委員会は
午前10時からで、傍聴もできる。・・・・・・・・>

愛媛県―伊方、
2.<八幡浜市議会 伊方原発の安全対策視察>愛媛新聞01月17日(金)
⇒http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20140117/news20140117558.html
記事<八幡浜市議会は16日、原子力規制委員会による審査が続いている四国電
力伊方原発(愛媛県伊方町)を現地視察し、使用済み燃料プールや免震構造の緊
急時対策所などの安全対策状況を確認した。 昨年8月の改選以降初めての視察
で、市議会としては2012年5月以来となる。今回は行財政問題特別委員会
(石崎久次委員長、15人)が訪れ、増田清造所長代理の説明を受けながら構内
を見て回った。・・・石崎委員長は報道陣の取材に「個人的には前回訪れた時よ
り電源確保などの面で安全性が高まっていると感じた」と印象を語り、今後、原
発の専門家から意見を聞く機会を設ける考えを示した。
・・・大山政司議長は「安全対策はあくまで想定内のものだけだ。停止中でも
大量の使用済み核燃料が保管されており、安全性を懸念している」と述べた。>

規制委、
3.<6原発審査「山を越えた」 原子力規制委・田中俊一委員長>朝日デジタ
ル1月18日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10931207.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10931207
記事<原子力規制委員会の田中俊一委員長は17日、朝日新聞のインタビューに
応じた。昨年7月に規制委に申請した6原発10基の新規制基準への適合審査に
ついて、「山を越えた」と述べ、審査は後半に入っているとの認識を示した。だ
が、終了時期の見通しは明言しなかった。また、原発再稼働に向けて自治体が作
る原発事故時の避難計画について、規制委が支援する考えを示した。・・・・原
発の新規制基準が施行された昨年7月直後に九州電力川内原発1、2号機(鹿児
島県)など、4電力会社が6原発12基について基準への適合審査を申請。この
うち、重大事故対策に不備が指摘された北海道電力泊1、2号機を除く10基の
審査が進んでいる。・・・・・・・審査の終了時期については「プラントに
よって違うので、一概には言えない」とした。見通しについては、規制委の更田
豊志委員が今月上旬、関西電力高浜、大飯の両原発(福井県)を現地調査した際
に、「夏になっても審査をやっているとは想像していない」と述べてい
る。・・・・・・原発事故時の避難計画については、まだ多くの自治体が作って
いない。田中委員長は「シミュレーション技術など、(規制委が)防災計画を作
るツール(手段)を持っている。地域の人が安心できるよう、今後お手伝いしな
ければいけない」と語った。>

4.<女川2号機 規制委、慎重審査強調 震源との近さを勘案>河北新報1月
17日
⇒ http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140117t13014.htm
記事<原子力規制委員会が16日に開いた東北電力女川原発2号機(宮城県女川
町、石巻市)の安全審査の初会合は、地震・津波への備え、放射性物質の拡散防
止策をめぐる質疑が相次いだ。規制委は国内原発のうち東日本大震災の震源地に
最も近いという立地を勘案し、慎重に検討を進める考えを示した。・・・・会合
では、東北電が女川原発の「確率論的リスク評価」を終えていない点が指摘され
た。>

5.<東通原発「活断層ではない」 東北電が調査報告>西日本(01月17日 19
時44分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/63993
記事<東北電力は17日、東通原発(青森県東通村)の敷地内断層は、少なくと
も13万~12万年前以降は活動の痕跡がなく、「活断層ではない」とする調査
結果をまとめ、原子力規制委員会に報告した。しかし規制委は、敷地内の複数の
断層が活断層であるとの見方を強めており、東北電の主張と真っ向から対立して
いる。規制委が活断層と判断すれば新たな耐震補強工事などが必要で、東北電が
目指す2015年7月の再稼働は困難となる。>

福島第1の現場では、
6.<井戸水で270万ベクレル=福島第1、最高値更新-東電>時事通信
01/17-19:12
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011700829
記事<東京電力福島第1原発で放射性物質に汚染された地下水が海に流出してい
る問題で、東電は17日、2号機タービン建屋海側にある観測用井戸で16日に
採取した水からストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リット
ル当たり270万ベクレル検出されたと発表した。これまでの最高値は同240
万ベクレルだった。この井戸は護岸から約40メートルの場所にあり、昨年から
最高値の更新が続いている。>

昨日の4.の関連記事、
7.<漏水防止3月末完了 第一原発「せき」工事>福島民報1月17日
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011713341
記事<東京電力は福島第一原発の全地上タンク群に設けたコンクリート製の漏水
防止用「せき」の内側にウレタン樹脂塗装を施し、汚染水や雨水の漏えいを防ぐ
工事を3月末までに完了させる。東電が16日、同原発で行われた県廃炉安全監
視協議会の視察で進捗(しんちょく)状況を説明した。
・・・・・・・東電によると、汚染水を保管する地上タンク群は同原発敷地内
に26カ所あり、11カ所で作業が完了している。せきはコンクリートをつなぎ
合わせて増設していくため、基礎部分に溝ができる。接合部を樹脂製シールで止
水しても、水漏れが起きる場合があり、対策が不十分だった。伸縮性のあるウレ
タン樹脂で内側を覆うことで、ひび割れが起きても水漏れを防止することができ
るという。・・・・・・・・ 協議会は、4号機の使用済み燃料プールの燃料取
り出し作業も視察した。同号機の燃料1533体のうち16日現在、東電は
198体の取り出しを完了している。このうち176体を共用プールへ移した。>

関連記事、
8.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:16 凍土工法に政府推薦>朝日デ
ジタル1月18日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10931235.html?
記事<馬淵澄夫が首相補佐官だった2011年6月当時、福島第一原発の地下遮
水壁として考えられたのは粘土工法だった。凍土工法も検討対象にあがったが、
このときは退けられている。・・・粘土工法による遮水壁の見積もりを東京電力
に提案したのは、大手ゼネコンの大成建設だった。・・・原発の四方に地下30
メートルの穴を掘って粘土を流し込み、固まるのを待つ。工法自体は一般的なも
ので、技術的に難しいものではない。・・・・しかし2年後の13年5月、政府
の汚染水処理対策委員会が推薦したのは、ライバルの鹿島が提案した凍土工法
だった。大成経営陣は不思議に思った。幹部役員はいう。・・・・・「採用され
なかったといってとやかくいえませんが、凍土工法は実績がないですからねえ
」・・・・東電は粘土工法を嫌がった。・・・・・・・・・凍土工法の実績を持
つのは鹿島のグループ会社など2社しかなく、鹿島が遮水壁工事を担うことに決
まった。福島第一原発を建てたゼネコンである。>
・・・・・・・・ゼネコンの間には、暗黙の慣例がある、当初の建設を担当した
企業がその後も修理改築などを担当する・・・・東電もそれを知っての対応をし
たのでは?

9.<福島原発、際限なき廃炉作業 本紙加盟取材団ルポ>山形新聞 1月17日
(金)12時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000374-yamagata-l06
記事<山形新聞社が加盟する日本記者クラブ(東京)の取材団が15、16の両日、
福島県の東京電力福島第1、第2の両原発に入った。作業終了の見通しが立たない
中、被ばくの危険にさらされながら懸命に働く作業員に、黙々と業務をこなす東
電社員。東日本大震災に伴う事故から間もなく3年になり、風化も指摘される
中、廃炉に向けた作業は淡々と進んでいた。・・・・・・福島第1原発への入所
は、詳細な身分確認や金属探知機の通過など厳重だ。原発内では、1日で3
千~3500人の作業員ががれきの撤去、汚染水の海への流出防止に関わる作業に携
わっている。・・・・・・・・・・・・・・■「スピード優先」・・・・・敷地
内には津波によって流されて横転した車、がれき、破損した建物、倒壊した送電
用の鉄塔な
ど、被災の爪痕が今でもそのまま残る。福島第1原発の小野明所長(54)は「仕
事が震災直後のまま、質より『スピード優先』になっている。30年、40年先を見
据え、業務内容の改善を進めなくてはならない」と課題を口にした。汚染水対策
をはじめ、やるべきことは山積している。・・・・・・>

東電、
10.<第2原発の廃炉「判断できず」 東電社長インタビュー>福島民友新聞
1月17日(金)11時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00010001-minyu-l07
記事<東京電力の広瀬直己社長は16日、福島民友新聞社のインタビューに応じ、
県などが廃炉を求めている福島第2原発について「安定的に(原子炉を)冷却し
ていくことを続けざるを得ない。(廃炉や再稼働に)力を割ける状況にはない」
と述べ、廃炉するか否かを判断できる状況にないとの考えを示した。東電は第2
原発の廃炉を「国のエネルギー政策を踏まえて判断する」としてきたが、事実上
判断できないとの見解を示したのは初めて。
 広瀬社長は「廃炉すると宣言したとしても、次の日から(廃炉)作業に入れ
ない。再稼働するにしても、新規制基準に適合しない」と説明。第1原発の廃炉
作業に人員を割いている現状で、第2原発の廃炉や再稼働に人員、資源を投入で
きないとした。・・・・・・・・>

10’.<親身親切な賠償に努力 広瀬東電社長に聞く福島民報 1月17日(金)9時
8分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000003-fminpo-l07
記事<・・・・・東京電力の新たな総合特別事業計画(再建計画)が認定された
ことを受け、東電の広瀬直己社長は16日、福島民報社のインタビューに応じ、
計画の内容や賠償への取り組みについて語った。・・・・・・・・・> 

11.<要介護者、月2万円上乗せ=東電賠償-1万5000人対象>時事通信
01/17-19:45
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011700862
記事<東京電力は17日、福島第1原発事故で避難指示を受けた住民に支払って
いる精神的損害への賠償について、要介護者や身体障害者らに対して1人当たり
最大で月2万円を上乗せすると発表した。同日から受け付けを始めた。避難によ
る精神的苦痛がより大きいと判断した。東電は対象者が1万5000人程度に上
り、上乗せ分は総額130億円程度とみている。・・・・避難指示区域では、
2011年3月11日から昨年11月末までを対象に、増額分を一括で支払う。
12月以降分は、介護状態などの変化を踏まえて一定期間を経た後に支払う方
針。・・・・>
・・・・・・よく見ると範囲と期間が限定されています。

被災地フクシマ、
12.<福島 震災関連死が直接死を上回る>1月17日 14時37分
⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140117/k10014557381000.html
記事<福島県内で、東日本大震災と原発事故に伴う避難生活で体調が悪化するな
どして亡くなる「震災関連死」に認定された人が1624人に達し、津波など震
災の直接の影響で死亡した人の数を初めて上回りました。・・・・「震災関連
死」は、地震や津波などが直接の死因ではないものの、その後の避難生活が原因
となって持病が悪化したり、精神的・肉体的な疲労がたまったりして亡くなった
人を市町村が認定します。・・・・・福島県内で「震災関連死」と認定された人
の数は、去年末までで1624人に上り、おととし末の1239人から1年間で
385人増えました。・・・・・これにより、警察がまとめている、津波や地震
が直接的な死因となって亡くなった1607人を、「震災関連死」が初めて上
回りました。・・・・自治体別では▽南相馬市が最も多い439人、次いで、▽浪
江町が314人▽富岡町が209人などとなっています。
福島県内では震災と原発事故から3年近くたった今も「震災関連死」の申請が続
いています。
福島県は「避難生活が長期化する中で、仮設住宅の見守り活動や心のケアなど、
関連死を防ぐ取り組みを強化するとともに、避難生活の早期解消に向けて県を挙
げて取り組んでいきたい」としています。>

13.<用地確保は6割 県の災害公営住宅>福島民報 1月17日(金)11時51分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000013-fminpo-l07
記事<東京電力福島第一原発事故の避難者を対象とした災害公営住宅整備で、福
島県が平成27年度中の完成・入居を目指す3700戸のうち、建設用地の見通
しが立ったのは約6割に当たる2360戸となっている。県は残る1340戸分
を今年度中に探す方針で、土地の鑑定や地権者との交渉を急ぐ。政調会で県が明
らかにした。 2360戸のうち、既に用地を取得したのは着工済みの453
戸、建築設計に着手した98戸の計551戸。残る戸数分は大筋で用地取得の目
安が付き、政府のコミュニティー復活交付金を申請している。・・・・ 県によ
ると、災害公営住宅整備には設計から土地の造成、完成まで2年近くかかり、
27年度中に入居するには今年3月までに用地を選定する必要があるという。・
・・・・・・・・>

14.<17日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(野菜)・県内死者・行方不明者数>福島民報1月
18日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
15.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月17日
17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140117/1477526
記事<▼空間放射線量率(17日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

岩手県、
16.<放射線量 基準下回る?教育関係施設112カ所>岩手日日新聞1月17日
⇒http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/item_37687.html
記事<福島第1原発事故に伴う放射性物質汚染で、一関市教委は学校施設など教
育関係施設を対象に2013年11月に実施した放射線量測定の結果をまとめた。
低減対策として83施設の校・園庭や局所的に線量が高かった「ホットスポット」
から取り除いた汚染土壌の埋設箇所ではいずれも空間線量が国の基準を下回り、
低下傾向にあることが分かった。市教委は今後も調査を続け、線量の推移を注視
していく。・・・今回の測定は、校・園庭やホットスポットの低減対策で取り除
いた表面の汚染土壌を埋設処理して1年が経過したことから、市教委が毎年春に
行っている一斉測定と別に限定して実施した。・・・・調査したのは小中学校と
幼稚園・保育園(私立、無認可保育所などを含む)、児童館など計83施設(閉
校4小学校と休園1保育園含む)のうち、校・園庭土壌の埋設箇所が33施設33カ
所、ホットスポット土壌が74施設79カ所の計112カ所。前回調査(13年4~5
月)で新たに見つかった2施設4カ所のホットスポットも測定対象にした。計測
高は幼稚園と保育園、小学校などは地表面から1センチと50センチ、中学校は1
センチと1メートル。・・・・その結果、校・園庭土壌の埋設箇所は、広さに応
じて測った1点、または複数点平均の各空間線量が毎時0・039~0・102
マイクロシーベルト、ホットスポットの埋設箇所は0・047~0・224マイ
クロシーベルトといずれも国の除染基準値の追加被ばく線量毎時0・23マイクロ
シーベルト(年間1ミリシーベルト)を下回った・・・・・・・>
・・・・・・0.23という国の基準が高すぎます。

電力
17.<電力量2カ月連続減少 昨年12月、気温高く>西日本電子版01月17日
12時09分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30646/1/
記事<電気事業連合会が17日発表した昨年12月の発受電電力量(速報)は、
電力10社合計で前年同月比2・2%減の823億2千万キロワット時だった。
前年実績を下回ったのは2カ月連続。全国的に気温が高く、暖房を使う人が少な
かったため。電力10社合計の発電の内訳によると、火力は1・2%減の621
億4千万キロワット時、水力は0・9%増の37億9千万キロワット時だった。
原子力は稼働中の原発がないため、3カ月連続でゼロだった。原発の停止に伴
い、火力発電で使う液化天然ガス(LNG)が増え、消費量は526万トンと過
去最大だった。・・・・全電力会社が減らした。減少幅は北海道電力の6・7%
減が最大で、関西電力の3・2%、東京電力の3・1%が続いた。>

政府は、
18.<災害弱者の名簿義務化、防災基本計画修正>西日本電子版01月17日 15
時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30650/1/
記事<政府の中央防災会議(会長・安倍晋三首相)は17日、国の災害対応の基
幹となる防災基本計画を修正し、高齢者や障害者ら災害弱者の名簿を作成し迅速
な避難につなげることや、原発事故の対策強化を盛り込んだ。東日本大震災や東
京電力福島第1原発事故の経験を基に、改正災害対策基本法と、原子力災害対策
指針の改定を反映させた。・・・・・・名簿作成は、今年4月から市区町村に義
務付けられる。東日本大震災で多くの高齢者が逃げ遅れたことから、支援が必要
な住民の氏名や住所、連絡先を名簿にまとめて町内会や民生委員などと共有し、
避難時に役立てる。総務省消防庁の調査では、昨年4月時点で市区町村の3割弱
が名簿をつくっていなかった。・・・・原発事故対策では、甲状腺被ばくを
防ぐ安定ヨウ素剤の住民への配布体制を強化する。原発から半径30キロ圏を
「原子力災害対策重点区域」とし、事故発生時に国が自治体に住民の避難場所や
移動手段の確保を求めるなどの手順を定めた。・・・・・・・・・重点区域、原
発30キロ圏に拡大・・・・・・防災基本計画の原子力災害対策の修正では、東
京電力福島第1原発事故の反省から、対策を準備する「原子力災害対策重点区
域」を原発の半径10キロ圏から30キロ圏に拡大したほか、甲状腺被ばくを防
ぐ安定ヨウ素剤も5キロ圏の家庭に事前配布する仕組みに改めた。ただ重点区域
拡大で避難対象となる住民は大幅に増加。今夏までの原発再稼働が視野に入る
中、新たな枠組みに基づく避難計画の策定が進まない地域があるなど、周辺自治体
の具体的な対応には遅れも目立っている。・・・・事故では10キロ圏を超える
範囲で放射性物質が拡散したことから重点区域を拡大。安定ヨウ素剤もほとんど
活用されなかったため、5キロ圏の住民に事前配布し、事故直後に服用して避難
を始める。・・・・5キロ圏外は、測定された放射線量の数値に応じて避難活動
を進めるため、事前にモニタリングポストなどを重点的に整備。事故時に毎時
500マイクロシーベルトの放射線量が測定されると、避難を開始する。ヨウ素
剤も避難中に受け取るなどして服用する。しかし500マイクロシーベルトが測
定された場合、どの範囲の住民を避難させるかが不明確な上、ヨウ素剤の事前配
布も遅れている。・・・・・・また避難先の確保などで県境をまたいだ調整が
必要なほか、避難する車の渋滞対策も難しく、課題は山積している。>

青森県、
19.<県、来年度から25市町村財政支援>東奥日報1月17日
⇒http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2014/20140117105819.asp
記事<県は16日までに、核燃料サイクル施設(六ケ所村)の周辺を除く県内25市
町村を対象とする財政支援制度を2014年度に新設する方針を固めた。電源3法交
付金が配分されない25市町村は、1994年度から「むつ小川原地域・産業振興財団
(むつ財団)」を通じて電気事業連合会(電事連)の寄付を受けてきたが、寄付
の期限が13年度末で切れるため、県費での支援に切り替える形。支援期間はこれ
まで同様、5年程度とする方向で検討している。>

都知事選挙、
20.<脱原発「議論を」 都知事選、デモ参加者・立地県の思い>朝日新聞デ
ジタル 1月18日(土)3時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000007-asahi-pol
記事<「脱原発」を強調する細川護熙(もりひろ)元首相の立候補表明で、原発
問題が主要な争点の一つになりつつある東京都知事選。これまで脱原発を訴えて
きた人たちや、東京に原発の電気を供給してきた新潟県や福島県の人たちは何を
思うのか。・・・・・■「絵に描いた餅ダメ」・・・・毎週金曜夜に国会周辺で
続いている脱原発デモ。告示が来週に迫った17日には都知事選の立候補予定者
らも顔を見せ、「絶対に再稼働を許してはいけない。原発のない日本をつくりま
しょう」などと訴える場面もあった。参加者からは「本当に脱原発を実現できる
候補を見極める必要がある」との声が上がった。・・・・・・・・東久留米市の
会社員佐藤広美さん(58)も「全国で一番電力を使っているのが都民。3
年先の国政選挙を待っている時間はない。今回の選挙はいい機会」と評価した。
ただ、脱原発への各候補者の具体的な政策が見えないとして、「今の段階では誰
を支持するか決められない。公開討論会などで主張を見極めたい」と語っ
た。・・・・・・>
・・・・・・・以下、様々な意見が紹介されています。他紙によると来ていたの
は宇都宮氏のようです。

20’.<安倍総理「舛添氏を応援」 進次郎氏は支援を批判>テレビ朝日系
(ANN) 1月18日(土)0時5分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140118-00000001-ann-pol
記事<安倍総理大臣は、東京都知事選挙に出馬する舛添元厚生労働大臣を自民党
として支援する考えを強調しました。一方、小泉進次郎復興政務官は、舛添氏を
支援する党の方針を重ねて批判しました。・・・・・・>

20’.<細川氏、都知事選出馬予定者の討論会欠席へ>読売新聞 1月17日
(金)10時28分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00001620-yom-pol
記事<23日告示の東京都知事選に先立ち、18日に行われる都内の各青年会議
所が主催する立候補予定者の公開討論会に細川護熙氏(76)が欠席する見通し
であることがわかった。細川氏側は欠席の理由について、「討論会の日程が正式
な立候補の記者会見前で、スケジュールの都合も合わない」などと説明してい
る。・・・・討論会の主催者側は、細川氏を含む4人の主要候補に参加を要請し
た。前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(67)と元航空幕僚長の田母神俊雄
氏(65)が出席する予定だが、元厚生労働相の舛添要一氏(65)は、細川氏
が欠席なら参加を見送ることも検討している。・・・・・>

20”.< 脱原発、五輪返上論…細川氏発言に関係者困惑>読売新聞 1月17日
(金)9時9分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000170-yom-pol
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬表明した元首相の細
川護熙氏(76)が唱える2020年東京五輪・パラリンピックの「返上論」や
「脱原発」の主張に、関係者の間で困惑が広がっている。細川氏は、昨年末、径
(こみち)書房から出版されたジャーナリストの池上彰氏の著書でのインタビュー
で、「オリンピックで金メダルをたくさん取るよりも、いまこの時代に原発をど
うするかということのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずだ」
と語り、五輪の「返上論」に言及している。・・・・文部科学省幹部は「五輪返
上となれば、国際的な信用を失い、東京では当面開催できなくなる」と懸念す
る。・・・・・・・・・・・細川氏は都知事選で、「脱原発」を最優先の課題
に掲げるシングルイシュー選挙に持ち込む選挙戦略を描く。政府は安全性が確認
できた原発から順次再稼働させる計画だが、都知事選の勝利をテコに覆そうとい
う狙いがありそうだ。・・・・・・・・・・>

20”’.<都知事候補一本化に期待=宇都宮氏は辞退否定-吉田社民党首>時事
通信01/17-22:19
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011700584
記事<社民党の吉田忠智党首は17日、沖縄県名護市内で記者会見し、東京都知
事選(23日告示、2月9日投開票)について「脱原発の流れをつくる絶好の
チャンスであり、最大限生かしていきたい」と述べ、ともに脱原発を掲げる細川
護熙元首相と宇都宮健児前日弁連会長の一本化が望ましいとの考えを改めて示し
た。社民党は先に宇都宮氏の推薦を決めたが、吉田党首は「細川氏が名乗りを上
げる前の話だ」と指摘。最終的な党の対応は、細川氏の正式な出馬表明を待って
決める方針を示した。・・・・・・・ 一方、宇都宮氏は17日、取材に対し、
自身の出馬辞退について「ない。支援者を裏切ることはできない」と否定。ま
た、細川氏が出馬会見を先送りしていることについて、「候補として名乗り出る
なら、まず政策を都民の前に明らかにすべきだ」と批判した。>

20””.<「原発ゼロ撤回」先送り 都知事選 争点化を政権懸念>東京新聞1
月17日 07時01分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014011790070018.html
記事<「脱原発」が東京都知事選(二十三日告示、二月九日投開票)の主な争点
の一つになる見通しになったことで都知事選の結果次第では、安倍政権のエネル
ギー政策が修正を迫られる可能性が出てきた。政府は原発の再稼働方針を明確に
するエネルギー基本計画の一月中の閣議決定を目指してきたが、与党内の慎重論
に加え、知事選で争点化されるのを避けるため、先送りを余儀なくされ
た。・・・・・・・>
・・・・・・以下、解説的な記事です。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
21.<社説 エネルギー政策 原発隠しで先送りなのか>
社説検索は、10時半過ぎに⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
3面には、都知事選挙の関連記事が紙面を取っています。
今朝の紙面はこれだけです。(1.18.7:30)
※この新聞記事紹介へのご意見等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ ギャー さんから:
今のところ「無題」(題がつけられない(笑))ですが。

他人をびくつかせるもの
権威・威厳・威光
何か人間存在を超越した
神のような存在として
他人の人生を左右する力の演出
階級という世界史的な人間のつながりの対極にある
人間存在に対立する
極私的な力の行使への大衆の動員
その窮極はファシズムと呼ばれる
このようなものにびくつく根拠はどこにもないんだ
ファシズムの妄動に呑みこまれている一人一人の人間が
自分自身の欲望をコントロールすることができない一人一人の人間が
いのちのよろこびの海に浸っていることを忘れてしまった一人一人の人間が
どんなに束になって大騒ぎをしたって
世界を混乱に陥れる罪はまぬがれない
こいつらが自分自身をつかみとることができる道は
こいつらが酔っぱらっている妄想を
丸ごと消し去ってやるしかない
こいつらのなりふりかまわぬ暴力をはねのけて

「威」の字ってどういう意味なんだろうと思ったんだけど、それ以前にこうした
否定的な言葉に「女」という文字が使われているのが気になった。「女」を「一
(棒)」でおさえこんでいるというのが、この言葉の意味に関係しているのかなあ
なんてね思ってしまいました。
さらに「妄」という字にも「女」という文字が使われているのにも、支配の構造
を見てしまうのは、「深読み」なのでしょうか?
こうした言葉が日本というこの地の歴史で使われ出したのは、いつ頃からなので
しょうかね?人間って進歩ないですよね(笑)
だいたいが、何度も戦争やって傷つけ合ったり、くり返して、その上での3・
11の原発事故を迎えたのにね(怒)

「階級」という言葉は、天皇制により階級融和(支配する者も支配される者も
「人類皆兄弟」=「お友だち」みたいな水戸黄門の「めでたしめでたし」の構
造=支配されることに安心を見いだす心情の蔓延)が進んでいる(井の中の蛙状態
で暮らせる「島国」としての)日本の地では、とても重要な言葉だと思います。
階級闘争が熾烈に闘われてきたヨーロッパでは、当たり前に根付いている概念み
たいですよね。
ただ、その内実は、生きている人間一人ひとりが世界を共有し、どのように共に
生きていくのかの実践としての闘いですからね。一人ひとりの弱さをフォローす
るつながりの強さが問われるところですよね。
ところで、うちの組合はおっさんばっかりなので、朝は時代劇ばっかりで、おい
らも水戸黄門のあのワンパターンの勧善懲悪の単純さは好きですよ(笑)まあ、毎
日同じパターンでよく飽きないなとは思いますけど、いろいろ学ぶべきものもあ
るような気もします。そこから一歩進んで、革命の大義をバア~ンとぶちまけ
て、最後にみんなで水戸黄門のじいさんのように、「わっはっは」と大笑いした
いですねーなんて言うと、すでに現実逃避の道具としての水戸黄門のドラマに乗
せられちまっているのかな?戒めましょう(笑)

★ 井上澄夫 さんから:
【名護市長選・速報】 1・17 

●17日付共同が「名護市長選、現職ややリード、終盤激戦」と報じましたが、
調査方法などは示していません。

●19日の投開票を目前に、安倍政権が米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区
(宜野湾市)を駐留軍跡地利用推進特別措置法の「拠点返還地」に初指定し、
「沖縄重視」「負担軽減」を駆け込みアピールしました。石破自民幹事長の「名
護振興基金500億円」に次ぐ見え透いたエサです。

●●安倍政権の薄汚い策動をはね返すかのように、北中城(きたなかぐすく)村議
会が仲井真知事の辞任要求決議を賛成多数で可決しました。
 同村は沖縄島中部の中央に位置する人口16,500人の小さな村です。同村
議会での決議可決は県議会を除けば市町村議会で初めてです。

●17日付時事記事「辺野古移設、43%支持=時事世論調査」には、沖縄の人
びとの苦しみに対し「本土」世論がいかに冷淡になってきたかが現われていま
す。沖縄の世論では「辺野古移設」反対が7割を超えていますが、1月の時事調
査では移設計画を「支持しない」がわずか30.9%です。
 莫大な振興予算をもらっているのだから、「辺野古移設」を受け入れて当然と
いう心理が広がりつつあるのでしょう。実に寒心に堪えません。

●米で中型多目的軍用ヘリMH60ブラックホークがまた墜落しました。17日
付共同が「昨年12月に神奈川県三浦市に不時着した在日米海軍厚木基地に所属
するヘリと同型とみられる。米軍ヘリは今年に入ってからも英国と米南部バージ
ニア州で相次いで墜落、計6人が死亡しており、米軍が事故原因を調べている」
と伝えています。

★ 前田 朗 さんから:
学習会「黙秘権と取調拒否権」
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_1183.html

1月15日の学習会「黙秘権と取調拒否権」の映像が下記にアップされました。
http://www.youtube.com/watch?v=n8WPfS4q1ho

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1003目報告☆

2014.01.17(19:56) 1236

青柳行信です。1月17日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1003目報告☆
呼びかけ人賛同者1月16日迄3123名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月16日2名。
  懸谷 一 懸谷宏美 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
ラジオのニュースで聞きましたが、玄海から30Kmの伊万里市で
市民グループが 防災計画や 避難計画を九電に出すよう要請しているが、
九電は 出せないと言ったとか。
ひどいですね、
あんくるトム工房
避難計画    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2826

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆原発の再稼動計画を出す者と認定する者は阿修羅か鬼か
(左門 1・17-539)
※「柏崎7月再稼動盛る」(朝日16日)。《新潟県知事「極めておかしい計画だ」。
「東電計画 もう立ち往生」(同17日)と報道。
「極めておかしい」だけではなく、
「人間を無視し、自然を忘却した、反人間的・反自然的な計画で、
原発ゼロへ決断しなさい」と言って欲しかった。
我々が言い続けなければならない。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<第58回審査資料による加圧水型原発の格納容器の危険性の指摘1>を報告します

2013(平成25)年9月20放映のNHKの「特報フロンティア」によって、
玄海原発3・4号炉の過酷事故対策では、格納容器の爆発破壊の危険性が大きい
ことが危惧されてきました。
 このことは、原子力規制委員会も度々指摘してきました。
7月8日以来再稼動申請書提出が早い時期にあったのは、加圧水型原子炉ばかり
でした。

 第9回新規制基準適合性に関する審査では、九州電力が過酷事故の発生時、緊
急炉心冷却装置の稼動を放棄し、原子炉圧力容器にメルトスルーが起きた場合
は、格納容器に緊急に大量の冷却水を貯蔵して、落下する2800℃の熔融核燃
料(コリウム)100トンは水で冷却し、福島第一原発3号機で起こったような
爆発破壊を防止すると新しい過酷事故対策を明確にしました。
 この対策に、原子力規制委員会は疑問がある発言をしましたが、その後4電力
会社の全原子炉が同じ対策をしていることが明らかに成ってきました。
 原子力規制委員会の格納容器爆発に付いての疑義に、4電力会社が個別に対応
してきましたが、一社ごとでは対応できないようで、12月17日の第58回新
規制基準適合性に関する審査に置いて4社合同で、検討資料を提出しました。
 この資料の中で、資料2-2-6と資料2-2-7を読むと、今回の新しい過
酷事故対策は格納容器の爆発危険性が限りなく高いとしか考えられないので、そ
の指摘を行います。
 資料2-2-6は格納容器のコリウムによる水蒸気爆発の検討です。資料
2-2-7は水中でのコリウムコンクリート反応による、ガス爆発の検討です。

http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/data/0058_12.pdf
 資料2-2-6の最初に、コリウムと冷却水の反応の概略が記載されています。
ここで、一番大事と思われるのは、水中に落下したコリウム(デブリ)は粒子に
なり、蒸気膜で覆われて、膜沸騰していることです。
 添付資料のように、格納容器のような低圧状態での、膜沸騰状態では水蒸気の
膜が断熱効果を果たして、高温度のコリウムから冷却水には急速には熱が伝わら
ないので、冷却水の過激な膨張は起こりません。しかし、何かの原因で蒸気膜が
崩壊すると、コリウムと冷却水が接触し、核沸騰が起こり、水の急激な体積膨張
で近傍のコリウムの蒸気膜を破り、衝撃波を伴った水蒸気爆発が起こります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E6%B2%B8%E9%A8%B0
 ここで報告されている多くの小型実験では、膜沸騰の破壊が起こらない条件で
試験が行われています。
 しかし、少しが外乱を人工的に起こすと、水蒸気爆発が起こっています。
過酷事故が発生したとき、2800℃の熔融核燃料(コリウム)100トンもの
落下時に蒸気膜を破かずに冷却する事は、神業と思われます。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、あの「阪神・淡路大震災」から19年です。発生は今頃の時間でしたね。
さて、今朝は、東電柏崎原発のことからはじめます。

1.<東京電力:新潟県知事、政府認定の再建計画見直し求める>毎日新聞(最
終更新 01月16日 22時51分)
⇒http://mainichi.jp/select/news/20140117k0000m040086000c.html
記事<・・・・・・知事は「モラルハザードの計画だ。(原発の)事故が起きて
も責任を取らなくていいと、資本主義社会から見てもおかしい」などと批判を繰
り返した。・・・・・・>
1’.<新潟県知事「再建計画はおかしい」 東電社長に >日経1/16 14:15
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB16028_W4A110C1000000/
記事<東京電力の広瀬直己社長は16日、新潟県を訪れ泉田裕彦知事と会談した。
広瀬社長は15日に政府の認定を受けた新しい総合特別事業計画(再建計画)につ
いて説明。柏崎刈羽原子力発電所6、7号機を7月以降、順次再稼働させる方針
は「仮置き」と強調したが、泉田知事は「安全文化の観点で極めておかしな計
画。(原発事故を起こした時点とは)会社が変わったと受け止めるには難しい」
と厳しく批判した。・・・・・泉田知事は広瀬社長に対し、福島第1原発事故の
検証や新潟県の技術委員会への十分な説明を要求した。「計画は株主責任や貸し
付け責任が棚上げされている」と述べ、「最初にすべきことは事故を起こさない
企業統治の仕組みを作ること」と批判した。・・・・・・・広瀬社長は会談の終
了後、記者団に対し、「柏崎刈羽原発の再稼働時期については、うんぬん言える
タイミングではない」と話した。・・・・・>

1”.<東電社長、柏崎刈羽原発の7月再稼働は「仮置き」 柏崎市長・刈羽村
長と面会>日経(1/16 13:07更新)
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB16002_W4A110C1EB2000/ 
記事<東京電力の広瀬直己社長は16日、柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県
の柏崎市、刈羽村、新潟県を相次いで訪れ、泉田裕彦知事などそれぞれの首長と
面会した。広瀬社長は柏崎市などで15日に認定を受けた新しい総合特別事業計画
(再建計画)について説明。原発の6、7号機が7月から順次再稼働すると想定
した点について「仮置きだ」と話した。・・・広瀬社長は柏崎市では「(原子力
規制委員会による6、7号機の安全審査の状況などについて)住民へ説明をした
い」と発言。会田洋市長は「6、7号機の安全確保が最優先で(同様に再稼働を
想定する)1、5号機の話はそのあとだ」とくぎを刺した。一方刈羽村では品田
宏夫村長が「再稼働計画が絵に描いた餅にならぬようしっかり対応してほしい
」と応じた。・・・・総合特別事業計画は、2014年度中に柏崎刈羽原発の4基が
再稼働し燃料費を年4千億~5千億円減らすことを前提とする。ただ県内では再
稼働に慎重な姿勢を示す首長が多く、会田市長も広瀬社長との面会後に「まだ再
稼働についてうんぬんする段階ではない」と記者団に話した。>

2.<東電再建 税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働>東京新聞1月16日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014011602100003.html
記事<茂木敏充(もてぎとしみつ)経済産業相は十五日、東京電力の新たな総合
特別事業計画(再建計画)を認定した。福島第一原発事故に伴う除染関連費を国
費で賄うなど東電の負担を軽くした上で、柏崎刈羽原発(新潟県)を七月から再
稼働、利益を出し被災者への賠償資金を工面するとの内容。東電の経営陣や株主
らの責任は問わず、なし崩し的に税金を投入する計画への批判が高まりそう
だ。・・・・・・・・・・・・>
2’.<東電事業計画―原発再稼働は許されぬ>朝日デジタル1月17日02時20分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1J4WN9G1JUSPT006.html
記事<改めて、言う。東京電力の柏崎刈羽原発(新潟県)は再稼働すべきでな
い。・・・・・・政府が、東電の新たな事業計画を認定した。柏崎刈羽7基のう
ち4基を14年度中に再稼働させることが前提である。東電はすでに原子力規制
委員会に2基の審査を申請済みで、この2基が7~8月に再稼働できなければ秋
までに最大10%の電気料金値上げが必要、との見通しも示した。・・・・・稼
働への前のめりぶりと、電気代を人質にとるかのような姿勢に、あきれるほかな
い。・・・・・福島第一原発事故の当事者として、東電が今やるべきは、事故の
収束と汚染水対策を急ぎ、廃炉の道筋をつけること。そして、被害者への賠償や
被災地の除染に万全を期すことのはずである。・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・>

政府は、
3.<エネ計画、月内断念=都知事選への影響懸念-政府・与党>時事通信
01/1620:49
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011600930
記事<政府・与党は、新たな「エネルギー基本計画」について、月内を目指して
いた閣議決定を先送りする方針を固めた。政府関係者が16日明らかにした。新
計画に盛り込む原発の再稼働方針には与党内を含めて異論があり、丁寧な手続き
が必要と判断した。2月9日投開票の東京都知事選の前に決めれば、「脱原発」
を掲げて立候補する細川護熙元首相らを勢いづかせかねないとの懸念もあ
る。・・・菅義偉官房長官は16日の記者会見で、新計画の閣議決定は2月以降
かとの質問に「与党としっかり相談しながら進めていく」と答え、否定しなかっ
た。与党内では、自民党の脱原発派でつくる「エネルギー政策議連」が、将来の
脱原発を明確にするよう政府に要求する方向。原発ゼロを目指す公明党も、新計画
の政府原案で核燃料サイクル政策の推進を明記した部分などに難色を示してい
る。・・・・・・・・・・・・・>

被災地フクシマ、
4.<福島)汚染水タンク周辺の水漏れ対策確認 県>朝日デジタル1月17日03
時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG1H7RXDG1HUGTB01F.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG1H7RXDG1HUGTB01F
記事<県の原発廃炉安全監視協議会は16日、東京電力福島第一原発を訪れ、汚
染水を保管するタンク周辺の水漏れ対策などを確認した。昨年末から、タンクを
囲む堰(せき)内で汚染された雨水などが漏れるトラブルが相次いでいるため、
委員らは早急な対応を東電に求めた。堰内の水漏れは、土台のコンクリートがひ
び割れたり、コンクリートのつなぎ目が埋まっていなかったりしたことが原因と
いう。東電は、仮設の堰を取り外す際に、コンクリートのつなぎ目を埋めていた
樹脂なども一緒にはがれてしまったと説明した。・・・対策の一つとして、堰内
にウレタンを塗装して、厚さ2ミリ以上の樹脂の膜をはった状態にする作業が進
められている。26エリアあるタンク群のうち11エリアで作業が終了した
という。委員ら16人は、堰内に入り、水が漏れた部分の補修や塗装後の状況を
確認した。>
関連―参考項記事、
4’.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:14 突然の放出計画。朝日デジ
タル1月16日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10927230.html
記事<・・・・・・・・7東電が同15日、保安院に提出した計画は「関係省庁
の了解なくして行わない」と明記され、当面の放出を見送った。東電は「関係省
庁の了解」とは事実上、海に放出することが不可能と受け止めた。・・・・やが
て1千基を超えるタンクが並ぶことになった。>

5.<大熊町庁舎 31~35年に体制整備>福島民報01/16 09:06
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011613305
記事<・・・・福島第一原発事故により全町避難している大熊町は平成31年か
ら35年にかけ、本来の町役場庁舎で業務を再開できる体制を整える。30年か
らの住民帰還を目指しており、町内での生活再建を後押しする。今年から、ロ
ボット開発など先端企業の誘致を進め雇用の場を生み出す。15日に公表した
「復興まちづくりビジョン」の中間報告に盛り込んだ。・・・・・・・ただ、同
町は人口比で96%が帰還困難区域に含まれ、同区域の除染の見通しは立ってい
ない。このため、ビジョン実現は不透明さも抱えている。・・・・・・・・・・
5.<帰還目標は18年度 大熊・大川原地区に復興拠点整備。福島民友(01/16
10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0116/news8.html
記事<・・・・・・18年度時点での避難指示解除は流動的な面を残すが、帰還
目標時期が具体的に示されたのは初めて。大川原地区の復興拠点は約50ヘク
タールを想定し、帰還する町民約1000人、原発の廃炉作業員や整備を目指す
研究施設の研究者ら約2000人の合わせて3000人程度の人口規模を想定し
ている。・・・大川原地区は町内でも比較的空間線量が低く、国の本格除染によ
り現在は年間20ミリシーベルトを下回っているという。・・・・・>
6.<41医療機関に拡充 甲状腺1次検査、今夏にもスタート>福島民友
(01/16 10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0116/news10.html
記事<県議会は15日、2月定例会に向けた政調会を県庁で開いた。県は新年
度、東京電力福島第1原発事故に伴う県民健康管理調査の甲状腺検査の1次検査
実施拠点を県内41医療機関(病院、診療所)に拡充する方針を示し
た。・・・・・甲状腺検査は4月から2巡目に入るため、対象者がより身近な医
療機関で受診しやすい環境を整える。専門医や技師を確保、超音波による検査機
器の配備を進め、今夏にも検査を始める見通し。具体的な医療機関名について県
は、説明会が今月末までかかることなど手続き未了を理由に公表しておらず、公
表は2月になる見込み。地域の内訳は、県北21、県中8、会津1、相双4、い
わき7。総合病院を中心に診療所も指定される。・・・・小、中学、高校生は引
き続き、
福島医大などが各校に出向く出張検査で1次検査を受ける。・・・・新たに拠点
となる医療機関では、未就学児や高卒者らが受診する。>

7.<今年最初の試験操業実施>いわき民報01月16日(木)更新
⇒http://www.iwaki-minpo.co.jp/
記事<市漁業協同組合と小名浜機船底曳網漁業協同組合による今年最初の試験操
業が15日に行われ、水揚げした12魚種約2・7㌧のうちマアジ、ヤリイカ約
650㌔を昨年10月の試験操業開始後初めて、県外に出荷した。出荷先は宮城県
仙台市と茨城県水戸市で、放射性物質検査の結果は検出限界値未
満。・・・・・・・・・・・・・・・また、ミズダコなどの加工品は明17日に市
中央卸売市場に出荷される。 漁獲されたほかの魚種は次の通り。 ヤナギダコ
 ミズダコ スルメイカ キチジ ニクモチ ヤナギムシガレイ ノドグロ キ
アンコウ アカムツ サメガレイ>

8.<16日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(野菜・果実)・県内死者・行方不明者数>福島民報
1月17日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・・記事中に、「二本松のイノシシ セシウム最大3400ベクレル」
「ツキノワグマは猪苗代町で160ベクレル・・・・・・」とあります。
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
9.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月16日 18:05
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140116/1476485
記事<▼空間放射線量率(16日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

規制委、
10.<女川、島根原発の規制委審査開始 ベント設備に質問集中>西日本(最
終更新01月16日 13時22分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/63641
記事<原子力規制委員会は16日、東北電力女川原発2号機(宮城県)と中国電
力島根原発2号機が、新規制基準を満たしているか確認する初の審査会合を開い
た。事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」と呼ばれるタイプ
で、事故時に原子炉格納容器を守るために放射性物質を減らした上で容器内の蒸
気を放出する「フィルター付きベント」が再稼働に必須。会合ではベントに関す
る質問が集中した。・・・・審査入りは7電力会社の9原発16基となっ
た。・・・規制委は次回会合で今後の具体的論点を示す。島根は全国で唯一、県
庁所在地に立地する原発で、女川は東日本大震災で被災した原発で初の審査とな
る。>
10’.<女川2号機の安全審査入り 東北電、地震・津波の想定説明>河北新
報(1/16 13:55)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140116t13034.htm
記事<東日本大震災で被災した原発が審査入りするのは初めて。東北電の井上茂
副社長らが、地震、津波の想定といった申請内容について説明した。東北電の井
上副社長は「原発の新規制基準への適合にとどまらず、より高い安全性確保に努
める」と強調。規制委側からは「震災時の地震の知見や教訓を十分考慮している
かが審査のポイントになる」などの意見が出た。東北電は昨年12月、耐震工事
が先行している女川2号機について、同社として初めて安全審査を申請した。審
査に合格した上で、2016年度以降の再稼働を目指す方針を示してい
る。・・・・女川原発は震災発生時、想定を上回る強さの揺れを計測し、敷地外
に約13メートルの津波が到達した。一部設備が揺れで損傷したほか、取水路を通じ
て海水が流入するなどの被害があった。現在は1~3号機とも冷温停止している。>

11.<RFSが中間貯蔵施設の安全審査を申請>デーリー東北(01/16 09:16)
記事全文<リサイクル燃料貯蔵(RFS)は15日、むつ市に建設中の使用済み
核燃料中間貯蔵施設について、新規制基準への適合を確認する安全審査を原子力
規制委員会に申請した。施設自体は昨年8月にほぼ完成しており、RFSが計画
する2015年3月の操業開始は、核燃料サイクル施設全体の審査スケジュール
に左右される。>
11’.<再処理工場安全審査「効率的な議論」期待/電事連会長>東奥日報1月
16日
記事全文<電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長、日本原燃会長)は15
日、六ケ所再処理工場などの新規制基準への適合性を確認する原子力規制委員会
の安全審査について、先行して行われている原発再稼働に向けた審査を生かせる
ことが多々ある-として「効率的な議論が期待できる」との見解を示した。>

海外<
12.<インド:原発、建設開始 福島事故後初、国内最大級。毎日1月16日
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140116ddm007030122000c.html
記事<【ニューデリー杉尾直哉】インド北部ハリヤナ州ゴラクプールでインド
国産の原発「ゴラクプール原発」(1~4号機)の建設開始式典が開かれた。最
大出力2800メガワットで完成すれば国内最大。2011年3月の東京電力福
島第1原発事故以降、インドでも反原発運動が高まり、ゴラクプール原発も建設
計画が遅れていた。インドで新たな原発の建設が始まるのは同事故以降初め
て。・・・・・・・インドは近年、米国や韓国などと次々と原子力協定を結び、
日本とも交渉中。だが、事故の賠償責任を原発企業に負わせるインドの国内法に
より、外国企業のインド進出はほとんど進んでいない。このため、インド政府は
当面は自力で原発建設を推進する姿勢だ。・・・・・・・・>

都知事選、
13.<(都知事の力:上)国を動かす東京の選択 「脱原発」具体策が課題>
朝日デジタル1月16日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10927183.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10927183
記事<・・・・・・「国の存亡に関わる問題だという危機感を持っている」。細
川護熙元首相(76)は14日、小泉純一郎元首相(72)との会談後、原発問
題について記者団に語った。だが、どう変えるのか問われても「数日中にお話し
したい」と言うだけだった。・・・・・・・・ 「脱原発」を掲げた細川氏。
「具体的にどうするのか。いろいろ問題がある」。他の立候補予定者からは、細
川氏の政策の中身をいぶかる声が相次ぐ。・・・・・原発は止めるとしても課題
を残す。代替エネルギーの開発、すでにあるプルトニウムの処理、電気料金の設
定、立地自治体の振興策……。「原発は問題が相互に複雑に絡み合って解決策が見
えにくい」。反原発団体「原子力資料情報室」の伴英幸共同代表(62)は
認める。・・・東京電力福島第一原発事故後でも「脱原発」を掲げる政治勢力は
選挙で苦戦を続ける。2012年衆院選に向けて嘉田由紀子・滋賀県知事が立ち
上げた日本未来の党は、「即時ゼロ」から「徐々に減らす」まで幅広い勢力の結
集を狙って「卒原発」を掲げたが、争点がぼやけて敗北し消滅に至った。関西電
力大飯原発の再稼働問題で、大阪市の橋下徹市長(44)は当初反対したが、容
認に転向。同衆院選で「フェードアウト」という表現を用いたが、支持は予想よ
りは広がらなかった。・・・・・・・・>

13’.<首都転変:「脱原発」統一要請--弁護士ら>毎日新聞 2014年01月16
日 東京夕刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140116dde041010044000c.html
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)を巡り、弁護士やジャーナ
リストらで作る都内の市民団体が15日、脱原発候補の統一が必要だとして、出
馬表明している宇都宮健児氏(67)と細川護熙氏(76)に話し合いを求める
文書を送った。18日夕までに回答を求めた。・・・宇都宮氏はこれに対して
15日夜、「オープンな環境で討論し、有権者に判断していただきたい」と回答
したことを公表。「細川氏がどのような脱原発政策を表明されるのか、具体的内
容はいまだ不明」と指摘した。・・・・市民団体の幹部は「脱原発を明確に掲げ
る候補が2人いては原発推進候補を利することになる。危惧して協議を申し入れ
た」と話している。16日午前の段階で細川氏側からの回答は届いていないと
いう。>

13”.<都知事選巡る動き活発 自民、党本部もしっかり舛添氏支援>日経
1/16 0:51 ⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1503I_V10C14A1PP8000/
記事<東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への出馬を表明した舛添要一
元厚生労働相は15日、自民党本部に石破茂幹事長を訪ね、同党の支援を改めて要
請した。石破氏は「党都連の(推薦の)決定を尊重し、党本部もしっかり支援す
る」と約束した。・・・石破氏は河村建夫選挙対策委員長と協議。「細川氏の出
馬で局面が変わった」として「党派色を出さないでおこうと言っていたが、背に
腹は代えられない。全力でやろう」と申し合わせ…・・・>

13”’.<都知事選 細川氏、立候補会見また延期 「五輪辞退」に批判の声>
フジテレビ系(FNN) 1月17日(金)0時17分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140117-00000406-fnn-pol
記事<東京都知事選挙への立候補を表明している細川元首相は16日、正式に立候
補会見を行う予定だったが、準備が整っていないとして、来週に延期となっ
た。・・・・その元首相のかつてのある発言をめぐり、舛添氏を推す自民党から
は、批判の声が上がっている。・・・・・・・・・批判されているのは、都知事
選に出馬表明している細川元首相が、2013年12月発売された本の中で述べた言葉
だった。 細川氏は「安倍さんが、オリンピックは原発問題があるから辞退する
と言ったら、日本に対する世界の評価は、もう格段に違ったものになっていた」
としていた。その細川氏は、16日に延期していた正式な出馬会見を、来週にさら
に延期した。
公約などの準備が整っていないためと説明している。・・・・・・・・・・・>

13””.<都知事選>自公「舛添支持」を確認 党内締めつけ組織戦>毎日新聞
1月17日(金)2時30分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000005-mai-pol
記事<安倍晋三首相(自民党総裁)は16日、公明党の山口那津男代表と首相官
邸で会談し、東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、自公両党が支援
する舛添要一元厚生労働相の勝利に向け、結束して臨む方針を確認した。自民党
は小泉純一郎元首相の支援する細川護熙元首相に無党派層が流れる事態を警戒。
政党色を控える方針を変更し、都連推薦ながら党本部を挙げて組織戦を展開する
構えだ。ただ、自民党内には細川氏の掲げる「脱原発」に理解を示す原発慎重派
も抱え、一枚岩とは言い難い。・・・・「五輪を返上しようという方を都知事に
するわけには絶対いかない」・・・・・・・・ ◇民主も足並み乱
れ・・・・・・・・・・・・・・・>

13””’.<都知事選 「脱原発一点での一本化 考えられない」細川氏立候補で
宇都宮氏が見解>しんぶん赤旗1月16日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-16/2014011601_04_1.html
記事<宇都宮けんじ東京都知事候補(67)=日本共産党など推薦=は15日、
江戸川区内の視察後、記者団の取材に応じ、細川護熙元首相(76)の知事選立
候補について見解を問われ、「脱原発一点での一本化は考えられない」と答えま
した。 宇都宮氏は、原発の問題だけでなく、安倍内閣が進める秘密保護法や集
団的自衛権行使の具体化など戦争する国づくりなども重要な争点となるとの考え
を示し、この問題で「細川さん、小泉さんがどう対応するか一言も発していな
い」と指摘。細川氏が首相時代に発覚した佐川急便からの1億円の借金や、新進
党(当時)時代にオレンジ共済組合の幹部から3000万円を授受した疑惑につ
いても「十分な説明がされていない」と述べ、改めてオープンな場での政策討
論を求めました。・・・・>

九州・山口、
14.<山口知事選めぐり協議=安倍首相と高村自民副総裁ら>時事通信 1月16
日(木)23時44分配信
記事全文<安倍晋三首相は16日夜、東京都内の中国料理店で自民党の高村正彦副
総裁、河村建夫選対委員長らと会談し、山本繁太郎前知事の辞職に伴う山口県知
事選(2月23日投開票)について意見交換した。出席者からは「山口県知事選に
波及しないよう、東京都知事選をしっかり戦わないといけない」として、2月9日
に投開票される都知事選での支援候補の勝利を目指し、全力を挙げるべきだとの
意見が出た。>
・・・・・原発候補地ー上関はどうなる。

次の記事をみて、お腹立ちの方は多いはずです、紙面にはありません、
15.<「社長辞任」眞部利應氏(九州通信ネットワーク取締役会長、前九州電
力社長)>西日本電子版01月17日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30560/1
長い記事<九州電力の社長交代を2012(平成24)年1月に発表して、もう
2年になる。・・・・就任時は取締役14人抜きという活字が新聞紙上を賑わ
し、退任時は、それこそ非難の嵐の中でであった。「毀誉褒貶(きよほうへん)
は他人に在り」と言われるが、辞任に至った考え方を整理して残しておきたいと
の思いはずっとあった。そして、これから重い責任ある立場になろうという方の
参考になっていただければとの思いも込めて、当時を思い起こしてみ
た。・・・・・・・辞任には、「社内の人心の一新」との思いを込めた。新たな
気持ちで全社員一致団結して、原子力を早期に再稼働し、電力の需給を安定に
し、会社の状態を本来の形に戻す、辞任時の願いはそれであった。・・・・・・・>
・・・・・・メール問題がきっかけに辞任に至った経緯を述べています。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、見出し、
16.<都知事選挙 自公 舛添氏支援で一致 細川陣営に元首相が続々>
17.<細川氏、会見延期 公約整備整わず 20日以降に>
18.<首都決戦 細川氏のアキレスけん? 自公「佐川」に照準>
・・・・・・「佐川」とは、約20年前 細川氏が東京佐川急便からのお金をめ
ぐって首相を辞任したこと・・・・。
今朝の紙面は以上です。(1.17.5:40)
※この新聞記事紹介へのご意見等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
長崎での講演会のお知らせです。

●西山太吉さん講演会
「特定秘密とは・・・-その建前とホンネを暴く-」

日米密約を暴いた元毎日新聞記者が、言論の自由を奪う
「秘密保護法」の危険について語ります!

1月17日(金) 18:30~、アマランス研修室(市民会館一階)
主催 長崎市役所従業員組合(お問合せ)095-826-1522
入場無料

●川内博史さん講演会「福島第一原発の真実を語る」
1月18日(土)13時半~16時終了予定
長崎県教育文化会館 2階大会議室
参加費 500円
主催 週刊金曜日長崎出島読者会
共催 長崎県平和運動センター

事故は地震が原因だったのか、それとも津波か―――調査時の映像も
まじえながら、原発事故の真実について語っていただきます。
川内さんは沖縄の基地問題や辺野古移設についても国会で
追及してきました。「米軍再編で移設は必要ない」というのが
川内さんの主張です。翌日1/19は名護市の市長選なので、
そのお話も聞けると思います。
皆様のご参加お待ちしています!

★ 立川由美 さんから:
●九州玄海訴訟東区原告の会学習会「上関原発新設に反対する祝島のたたかい」
日時:2月15日(土)14:00~(13:30会場)
場所:福岡市立東市民センター2F研修室
報告者:堀弁護士、田上弁護士、八木弁護士
※祝島の原発反対のたたかい、汚染水問題、玄海訴訟の現状報告
ぜひご参加下さい。

★ 前海満広(平和・人権・環境福岡県フォーラム) さんから:
青柳様
本年もよろしくお願い致します。
いろいろ情報ありがとうございます。
●原発再稼働にNO!いのちが大事!さようなら原発!九州総決起集会
 ①日時-2月16日(日) 13時00分~15時30分
 ②場所-「どんどんどんの森」(佐賀県佐賀市天神3丁目2番)
 ③主催-原水爆禁止九ブロ連絡会議
     -原発はいらない九州ブロック連絡会議
     -玄海原発設置反対佐賀県民会議
     -川内原発増設反対鹿児島県共闘会議
 ④日程-12時30分 受付
       13時00分 集会
   14時00分 デモ行進
   15時00分 県庁包囲行動(人間の鎖)
   15時30分 終了(予定)
 ⑤連絡先-tel 092-633-3745

★ 木村(雅)さんから:
18日-19日に全国相談会、20日午前に規制庁との院内交渉集会を開催します。
なお、18日午後には広瀬隆さんが、19日午前には鎌田慧さんが参加されます。

再稼働を止めたい人、全員集合!
 |  原発再稼働阻止の為の全国相談会
 |  全国から参加:北海道、北陸、関西、四国、九州
 |  再稼働の嵐に全国の連携で闘おう 多くの方のご参加を
 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク

 1月18日(土)13時~21時、19日(日)10時~20時
 会場:「スペースたんぽぽ」
     (水道橋駅より徒歩5分、神保町駅より徒歩7分、
      http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336)
     (参加費2日で千円)
 主催:再稼働阻止全国ネットワーク

○安倍政権は再稼働に前のめり
 年頭に、安倍首相が再稼働推進を表明し、茂木経産相は原子力については引き
続き活用していく重要なベース電源として位置づける方針と述べた。
○原子力規制委員会(再稼働促進委員会)が65回も審査会合
 「原子力マフィア」出身の委員、原子力安全保安院から横滑りの規制庁職員、
元警視総監の規制庁長官で一昨年9月に発足した原子力規制委員会は、私たちを
欺きながら巧みに既存原発の再稼働を目論んできた。東電福島原発事故状況を明
らかにせず水汚染対策・事故収束・事故検証等当然実施すべき手立てをしないま
まに、9サイト16基の原発の安全性確認を順次決定しようとしている。
○全国の原発現地・周辺と連携して再稼働を阻止するぞ
 「再稼働阻止全国ネットワーク」は、全国各地の抗議行動や大集会に参加し合
宿討論を繰り返す中で、各地の再稼働阻止の声を結集してくるとともに、昨年11
月には「伊方の家」を開設し現地とともに伊方原発再稼働阻止する体制を強化し
た。いよいよ正念場、再稼働の嵐にどう闘っていくか、各地の方々とともに相談
し、これからの闘いを作っていく。
泊・柏崎刈羽・高浜・大飯・伊方・玄海・川内・島根・女川の再稼働を絶対に阻
止しよう!

【原子力規制庁との院内交渉集会】
テーマ:原発再稼働決定の手続きと「立地・周辺地域」の了解について
日 時:1月20日(月)10時~11時半
場 所:参議院議員会館B109
集 合:9時45分 参議院議員会館ロビー

問い合わせ先:再稼働阻止全国ネットワーク
       TEL 070-6650-5549、FAX 03-3238-0797(阻止ネット宛)
HP http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry 
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
(東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付)

経産省前テントからのお知らせ
1月17日(金) 経産省前抗議行動(18時~)首相官邸前抗議行動(18時30分)
1月24日(金) 秘密保護法反対国会大包囲 2月5日(水) 東電前抗議行動
2月10日(月)第5回口頭弁論(14時)東京地裁

★ 井上澄夫 さんから:
【名護市長選・速報】 1・17 
●石破自民党幹事長が16日、名護入りし、500億円の「名護振興基金」をつ
くるとぶち上げたことは、同日速報した共同記事で紹介しましたが、続いて朝日
も報じました。
 これは明らかに自民党が推薦する末松候補が当選した場合という意味ですか
ら、まことに露骨な「利益誘導」です。
 ある仲間が「とんでもない話だ。これって、買収じゃありませんか。選挙違反
でしょう。額が大きくなると、かえって、違反にもならんということでしょう
か。」という怒りのメールをくれましたが、実際、石破が言いたいのは「500
億円欲しければ末松候補に投票せよ」ということです。
 彼が名護入りするなら、またトンデモナイ言動に出るだろうと予測していまし
たが、やっぱりです。それにしても、これほど名護市の有権者をコケにした発言
も珍しい。札束で頬を叩いて「ホレホレ、これでも辺野古移設反対かね」と嘲る
のと同じことです。
 稲嶺候補が「金権政治そのもの」と批判したのも実にむべなるかな。

●菅官房長官が16日夜、BS11の番組で、名護市長選の結果が普天間飛行場
の名護市辺野古への移設に影響するかどうかについて「全く影響はない。国民の
生命、財産を守る観点からも予定通り進めさせてもらいたい」と述べました。一
見市長選での敗北を予期しているかのようですが、石破発言が示すように政府・
自民党は猛烈な巻き返しを図っています。

★ 前田 朗 さんから:
ビクトル・ハラを追いかけて
八木啓代『禁じられた歌――ビクトル・ハラはなぜ死んだか』(晶文社、1991年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_16.html

★ 竹森@排外主義にNO!福岡 さんから:
会の立ち上げから丸4年、そして5年目へと継続しています。
立ち上げの契機が、京都の朝鮮学校への「襲撃」事件であったわけで
その後、何をか状況が良くなったかと言えばNOと言わざるを得ません。
しかしながら、この事件に際して当事者である学校や親御さんたちの
闘いによって、京都地裁では当たり前とはいえ画期的な勝訴を勝ち取っています。

こういった闘いを無にすることなく引き継いでいくためにも
改めて日本社会の「差別・排外」の問題に向き合い、国家の暴走への歯止め
として、できることをなしていかねばと心しています。

今年第1回目の定例学習会として、下記の岩波新書をテキストにして
共に意見を交換していきたいと思います。
会員となっていただきたいし、学習会や例会だけの参加でもお願いします。

日時:1月21日(火)午後6時半 
場所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

以下、テキストの紹介です。
『ヘイトスピーチとは何か』師岡康子著 岩波新書
言葉の暴力か 表現の自由か
■著者からのメッセージ
 「うじ虫ゴキブリ朝鮮人」「韓国人は皆殺し」―このようなヘイト・スピーチ
でマイノリティを攻撃し差別を煽動する排外主義デモが各地で行われ、インター
ネット上に同様の表現があふれています。日本では表現の自由として保障されて
いるからです。

 「ヘイト・スピーチ」という言葉は2013年流行語大賞のベスト・テンに入りま
したが、未だその意味は正確には理解されていません。それが、法規制をめぐる
議論にも混乱を招いています。本書では、アメリカでこの言葉が生まれた経緯、
国際人権法が違法とした経緯、ヘイト・スピーチが歴史的・現実的にもたらして
きた害悪などから、ヘイト・スピーチとは何かを検討しています。ヘイト・スピ
ーチは単なる不快な表現ではなく、国籍、民族、性などの属性を理由に、マイノ
リティの人間としての尊厳を否定する言葉の暴力であり、差別や暴力を社会に蔓
延させる差別煽動であり、歴史的にジェノサイドや戦争を引き起こしてきたので
す。

 日本はこれまでヘイト・スピーチをはじめとする差別の問題に正面から取り組
んで来ず、野放しにしてきました。ヘイト・スピーチの放置は、自死に至るほど
のマイノリティの苦しみを放置することです。「表現の自由か法規制か」という
100かゼロかの議論から、日本社会が差別とどう向き合い、差別をなくすために
何をすべきか、どのような法制度を作るべきかという具体的な検討に踏み出すた
め、本書が役立つことを願っています
 
■著者紹介
師岡康子(もろおか・やすこ)2003~07年日本弁護士連合会人権擁護委員会委嘱
委員、東京弁護士会外国人の人権に関する委員会委員、枝川朝鮮学校取壊し裁判
弁護団。07年ニューヨーク大学ロースクール、08年英キール大学大学院、10年キ
ングズカレッジ・ロースクール留学。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センタ
ー客員研究員、国際人権法学会所属。外国人人権法連絡会運営委員。
 共著書に『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(前田朗編著、三一書房)、
『今、問われる日本の人種差別撤廃 国連審査とNGOの取り組み』(反差別国
際運動日本委員会編集・発行)、『外国人・民族的マイノリティ人権白書2010』
(外国人人権法連絡会編、明石書店)ほか。

■目次
 はじめに
第1章 蔓延するヘイト・スピーチ
1 マスメディアに登場した「ヘイト・スピーチ」
2 京都朝鮮学校襲撃事件
3 狙われるマイノリティ

第2章 ヘイト・スピーチとは何か
1 ヘイト・スピーチの定義
2 ヘイト・スピーチの害悪―傷つけられるマイノリティ
3 ジェノサイドの経験と国際社会の認識

第3章 法規制を選んだ社会
1 イギリス―多民族社会の模索
2 ドイツ―負の歴史と向き合う
3 カナダ―国際人権基準からみた一つのモデル
4 オーストラリア―多文化主義への転換

第4章 法規制慎重論を考える
1 アメリカ合衆国の選択
2 日本における法規制慎重論
3 法規制慎重論の検討

第5章 規制か表現の自由かではなく
1 現行法で対処可能なのか
2 包括的な制度構築―調査、差別禁止法、救済制度
3 ヘイト・スピーチ規制条項の検討

 あとがき
 主要参考文献

★ 坂井貴司 さんから:
 醜い現実を覆い隠すために「夢をあきらめない」、「手を取り合って」という
言葉を、企業や行政が頻繁に使う現状を報じた
 
 NHKクローズアップ現代
「あふれる“ポエム”?!~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~」
 2013年1月14日放送
 
の動画がアップされています。
http://www.dailymotion.com/video/x19pfde_あふれるポエム_news?search_algo=2

 低賃金、長時間労働の居酒屋業界が、「感動を与える言葉」のシャワーを浴び
せることによって労働者をつなぎ止めている現状を報告しています。
 オウム真理教と同じです。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●<皆様からのメッセージで1000日目記念の手作りパンフを作成します。●
☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7274(+18) (1/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1002目報告☆

2014.01.16(20:46) 1235

青柳行信です。1月16日。

★ 酒井嘉子さん【1000日メッセージ】
 1000日達成おめでとうございます。
青柳さんとその周りで頑張ってこられた皆さんに心から感謝いたします。青柳さ
んはいつも“さよなら原発・福岡”の中心にいて、優しい笑顔を絶やさず、全ての
市民が思想信条の違いを超えて脱原発の運動に結集できるよう、細やかな気配り
をしてくださっています。私は青柳さんの笑顔に接する度に、非暴力運動でイン
ドを独立に導いたマハトマ・ガンジーを想い出します。青柳さんに着いていけば
「NO NUKES」の世界に行き着くような気がしています。

 欧州の国々では再生可能エネルギーの利用が進んでいます。スペインでは
2013年に、風力や水力、太陽光など再生可能エネルギーによる発電量が全体
の42%に達したそうです。現在、日本では全ての原発が停止していますが電気
は足りています。
政府と電力会社は「再生可能エネルギー」推進には後ろ向きで、火力の燃料費が
高いことを理由に、原発の再稼働をもくろんでいます。火力発電を一挙に再生可
能エネルギーに置き換えることは無理です。しかし、再稼働に必要な投資額より
も低コストで、現在の火力発電設備を効率の良い「ガス・コンバインドサイク
ル」に改造することができます。このような工夫をしながら、「再生可能エネル
ギー」を普及させるという道を模索すべきだと思います。

 核の恐怖のない日常を実現するには、非暴力の市民運動が大きく広がることが
不可欠です。青柳テントが一日も早く終了の日を迎えるように、心を新たにして
頑張りましょう。

★ 岡村 恒さん【1000日メッセージ】
1000日継続された情熱 感銘をうけています。
しかしながら本来一日目に九電が決断し脱原発、全原子炉の廃炉を
認めたなら、青柳さんはこの長い闘いはしなくて済んだんですね。

青柳さんからのメールマガジンを毎日読むことで
心の中で脱原発への希望を見失うことなく来れました。
もっと自分も何かをしなければ、と思います。
1000日の活動がこのような心のネットワークをどんどん広めていった、
その功績も忘れてはいけません。

青柳さんやテントに集う皆さん
福岡で、全国で積極的に脱原発運動を展開している皆さんに
敬意を表すると共に
これからも変わらず支持、支援していく約3000人の仲間の一人として
今後、青柳さんの要求に九電、電力業界、地方自治体、国が
きちんと応じる日が一日も早くくることを願っています。

★ 横原由紀夫(広島市)さん【1000日メッセージ】
青柳さま
何とか参加をしたい、と思いながら参加できず
申し訳ありません。
1000日、本当にご苦労様です。参加された
皆さんの努力に感謝します。
しつこく、繰り返し行動することで、庶民が大きな
力を発揮することになります。
九電前の行動は反原発で活動してきた者にとって、
大きな励ましとなります。
くれぐれも健康に気をつけて行動して下さい。
本当に有難うございます。

★ 池上遊(北九州第一法律事務所弁護士)さん【1000日メッセージ】
青柳さん
1000日おめでとうございます。
おめでとうっていうのもおかしいですが、2000日になる前に少なくとも玄海
原発をなくすようにがんばります。

★ いのうえしんぢ さん【1000日メッセージ】
「原発とめよう!九電本店前ひろば」が提案されたのは、
2011年のチェルノブイリ原発事故から25年の記念講演
会の企画会議の集まりでした。深江守さんや木村京子
さん、山中陽子さんたちという、長く反/脱原発運動をや
ってこられている方々がメンバー。そこに、311が起こっ
てしまって、この面々でも緊急行動の提案を…と出され
たのがすべての始まりでした。
1000日だなんてこんなに続くとは、この時僕は思っても
いませんでした。ここまで続くのは、青柳さんが粘り強く
ひろばを継続してこられた賜物ですね。
とは言いつつ、原発の歴史を今すぐ終わらせて、ひろば
も早く卒業したいですね!

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1002目報告☆
呼びかけ人賛同者1月15日迄3121名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月15日3名。
  高須裕彦 江田美保 津田由美子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
テント1000日の 新聞記事で テントを訪ねてくれる方が
何人もいらっしゃいました。嬉しいことです。
「知らなかった」、という方もいらっしゃるのですから、わたしたちの
宣伝が まだまだ 不足していたのですね。
東京都知事の 細川氏出馬 1億円の問題に頬かむりして出馬するのでしょうか?
選挙民を 馬鹿にした話しです。 ごまかしですね。 あれは。
脱原発で 1本化するなら 宇都宮氏で 1本化しかないですよ。
あんくるトム工房
細川??   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2825

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆除染とて表土を削る汚染事故 原発は命を剥ぎ取る禍事と
     (左門 1・16-538)
※福島県女性団体連絡協議会元会長遠藤宮子さんの言葉。
「命と生活をはぎとるもの・・・・
オールフクシマで原発反対の風を全国・世界に吹かせ、
人類を守っていきたい」と決意を述べられた。
熱い連帯の握手!

★ 宇野朗子(うのさえこ) さんから:
青柳さん、おはようございます。
1000日の集い、お疲れ様でした。
写真をFBでいくつか拝見して、たくさんの懐かしいお顔を見ることができまし
た^^

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
下記は、長崎の仲間たちに送った報告メールです。1/13当日の熱気を伝えるに
は、とても舌足らずなのですが・・

(九電本店前テント1000日記念の集い参加報告)
福岡の九電本店前にある脱原発テントが、2011年4月のテント座り込み開始か
ら、1/14日で1000日目を迎えました。
雨の日も風の日も、反対する人たちが来てもはりつづけたテント。昨日の朝日新
聞にも、テレビ欄の裏にトップで報道されています。999日目となる一昨日、福
岡で開かれた記念の集いに参加してきました。

約100人でにぎわう会場には、手作りのごちそうが山ほど。
福岡の御三方の司会で、僭越ながら、最初の挨拶をさせていただきました。
「テントという拠点」があることで、どれだけ皆がつながれたか。放射性物質の
三原則が「止める・冷やす・閉じこめる」なら、私たちはその逆の「歩みを止め
ない・つながる・ひろがる」を続けていこう――そんなお話を。

手作りケーキの上の「1000」の形のローソク(千本じゃなくて)を吹き消すセレモ
ニーに続いて、石村善治先生から乾杯の音頭と、長崎の被爆者である漫画家の西
山進さんがご挨拶。「私たちの運動は、ヒーローをつくる運動ではない。テント
があることで、電力会社はノドに小骨がささったように、下手に再稼働できなく
なりつつある。“もう一歩を引かない志”を持ち、人間のいのちを大事にする国に
作りかえようではありませんか」。

1000日を彩った写真のスライドショーは圧巻でした。九電への申し入れ、デモ、
歌やダンスのパフォーマンス、続々とテント取材に来る外国メディア、強風でテ
ントが飛ばされそうになって、必死で中から抑える人たち。“九電前テント”で届
く郵便物、署名する若い母親・・どの顔も輝いていました。

核廃棄物の恐ろしさをシニカルに表現した、すばらしい演劇、いのうえしんじさ
んによる、外国の抵抗アートの紹介、歌、各テーブルからの熱い声、声。新聞や
ネットの情報をメールで紹介してくださる舩津さんは、毎朝3時に起きて7時ま
で、4時間かけて情報を集めているそうです。「肩が腱鞘炎になってあがらない
けど、やめられない」の声に大拍手。

最後、テントの主である青柳さんから「ソクラテスは“私は一匹のあぶになろう”
と説いた。たたき落とされても、人々が目をさましているように、私たちもあぶ
になろう」という熱い挨拶があり、会はお開きとなりました。

記念写真でずらりと並ぶイキイキした表情を見て思います。おかしいと思うこと
に対して、その人ができるやり方で行動していくことこそ、生きるってことなん
じゃないかな、って。
すでに、国内で一基も原発が稼働していない現実は物語っています。国が人を
変えるのではない、人が国を変えるのだ――と。

追伸
来週1/24発売の週刊金曜日の4コママンガで、1000日記念の集いの
ことを描きます☆

★ 高須裕彦(一橋大学大学院社会学研究科) さんから:
青柳さま
メール大変ありがとうございます。ちょうど帰宅したところです。
<九電前テント立ち寄り>短時間ですが,顔を出せて良かったです。
原発再稼働を許さず、頑張っていきましょう。
東京で以下のような公開研究会を不定期で開催しています。
http://socialmovementunionism.blogspot.jp/
よろしくお願い致します。
フェアレイバー研究教育センター
http://www.fair-labor.soc.hit-u.ac.jp/

★ 音成ねしげ龍司(久留米で開業してます神経内科医師) さんから:
東京都知事選に細川さんが小泉さんの支持のもとに立候補を表明されました。
もし、心から脱原発の早期実現を望むなら、応援しましょう。

脱原発の絶好の機会だと思います。宇都宮さんの方がより立派な方の
ようですが、宇都宮さんでは勝てません。もし、細川さんが当選しなければ、
脱原発は遠のきます。脱原発は普通の方には実現できません。
脱原発に猪突猛進する方が必要です。
エネルギー政策は国の方針といっても、東京都が変わり、地方が変われば国は動
きます。
ですから、東京の知人に脱原発を掲げる人を応援するように連絡しましょう。

久留米も市長選があります、残念ながら脱原発は話題にすら上っていません。
理由は、市民のみんなが脱原発だから争点にならないのです。でも、強いリー
ダーシップで脱原発を実現させるか、あるいは静観するかは大きな争点です。
久留米も脱原発を宣言させたいものです。争点にするように働きかけてみます。

国政に対して、私にアイデアがあります。
脱原発だけは党議拘束とし、あとは議員個人の裁量に任せる
「脱原発無所属の党」を作りましょう。おかしいでしょうか?
無所属で当選する方は、一般に立派な方が多く、見識もすぐれています。
でも、一匹オオカミなところがあり、議会で力はありません。
それを結集しようというのが、「脱原発無所属の党」です。
そのトップが細川さんや小泉さんです。あまりにも偏った方は
無所属では当選出来ません。如何でしょうか。
御意見をお聞かせください。私のメールアドレスは
す。宜しくお願い致します。 

★ 中西正之 さんから:
2月15日のしんぶん赤旗の15面全国版に1000日目九電前集会が掲載され
たのでお知らせいたします。
http://tinyurl.com/lk7hfee

青柳行信 様
<玄海原発再稼動申請取り下げ要請行動の感想>の報告を致します。 

 さよなら原発!福岡実行委員会は12月27日に九州電力に玄海原発3・4号
炉の再稼動申請書を取り下げる要請書の控えを提出し、1月14日14時30分
より、正式な要請交渉を行うことを申し入れしていました。
九電は正月休みを挟んだ19日間なので、事前に十分な検討ができて、1月14
日に対応ができるかどうかはわからないとの回答は有りました。
 しかし、1月14日14時からの、原発止めよう!九電本店前ひろば1000
日記念集会を行った後、九電本社のビルに入ろうとしたところ、九電の広報担当
者2名が、控えでもらった要請書の検討もできていなく、九電の対応の検討がで
きていないので、要請行動を九電本社ビル内で行ってもらうのは、困るので要請
書の正式手渡しは屋外で行ってもらいたいとの強硬な主張があり、要請行動に参
加された人の、九電本社ビル内立ち入りを拒否しました。
 我々は、正月休みを挟んだとはいえ、19日間も前か申し込みしていた、正式
要請書の手渡しを寒風吹きすさぶ屋外で行えという事かと、担当者に詰め寄りま
した所、しぶしぶ部屋は用意できないが、ロビーの接客用テーブルでなら、要請
書を受け取れるとの話に成り、無事に九電本社のビルに入ることができました。
 ロビーで緊急に設定された要請行動場所で、「さよなら原発!11.10九州
沖縄集会の宣言文」を読み上げて手渡しました。
 新日本婦人の会が集めた原発再稼動取り下げの署名を提出しました。
それから、青柳行信さんが九州電力に「玄海原発3・4号炉の再稼動申請書を取
り下げる要請書」を手渡し内容説明を行いました。
 九電の広報担当者2名は
<1. 格納容器の水蒸気爆発が起こらない事を証明して下さい
9月20日(金)NHKで「特報フロンティア、徹底検証・原発新基準九電の審
査を追う」の放映があった。
貴社の過酷事故対策は「原子炉に大きな地震が有って、全電源が喪失し、原子炉
圧力容器から蒸気発生器に繋がる配管が破断したら、高圧水の噴出を止めようが
無いので、原子炉圧力容器には何も処置をしないで、核燃料のメルトダウンは放
置する。そして、格納容器に緊急に大量の水を投入し、圧力容器から落下した溶
融核燃料は大量の水で冷却し、溶融核燃料が原子炉格納容器の床コンクリートを
侵食する事を防止する」との説明があった。
しかし、原発の専門家は圧力容器が破損して、溶融核燃料(コリウム)が大量に
水中に落下した時や、水中に落下した溶融核燃料の表面皮膜が剥離した時、水蒸
気爆発が起き、格納容器が破裂し、大量の放射性廃棄物が大気中へ飛散する可能
性が高いと指摘している。
貴社が行っているMAAP(過酷事故計算プログラム)シミュレーション結果で
は、水を溜めた格納容器に溶融核燃料が落下したとき、格納容器内圧は4気圧に
なっている。
国会事故調査委員会は、MAAPは瞬間的な圧力変化があったときには、計算し
きれないのが大きな欠点と指摘している。
 設計強度計算では、徐々に荷重がかかるのに比べて、瞬間的に荷重がかかる動
荷重は静荷重に比べて破壊率を2倍するのが常識である。
 貴社のMAAPによるシミュレーション結果は8気圧相当に成る事が判る。
ところが玄海原発3・4号炉は格納容器が爆発しない限界の荷重は8気圧である。
それでも格納容器の水蒸気爆発が起こらない事を証明して下さい

2. 格納容器に水素爆発、水素・一酸化炭素爆発が起きない事を証明して下さい。
「原子力規制委員会の10月10日の第31回の原発再稼動申請書審議で玄海原
発3・4号炉の格納容器は過酷事故発生時、水素爆発の可能性が高い事が問題に
成った」
この報告書の30ページ及び38ページで、過酷事故発生時のジルコニュー
ム・水反応で発生する水素は822.1kgと成っています。格納容器内の水素
の空気に対する容積比は12.88%にもなります。
貴社は水素爆発には爆燃と爆轟が有り、爆轟は強力な破壊力があるが、爆燃は破
壊力が弱いので、格納容器は破壊されないと説明している。そして、水素濃度
13%以下が爆燃、水素濃度13%以上が爆轟だが、格納容器は12.88%に
しかならないので爆燃しか起こらず安全だといっています。
また、貴社はこれまで格納容器内の水素対策に触媒式水素再結合装置を設置する
と説明してきました。
しかし、43ページに説明されているように、この装置は10時間経っても、水
素濃度を10%程度しか低下できず、ほとんど役に立たない装置と言うことが分
かります。
そこで、68ページに示すように、貴社は新たに電気式水素燃焼装置(イグナイ
タ)の設置を計画して居ることを明らかにしまし。
これは、電気ヒーターで水素を燃やしてしまう装置です。(イグナイタ)が火種
になり、格納容器内で水素爆発が起きる可能性が大きいといわれていますが、爆
轟が起き無い事を証明して下さい。
 又玄海原発にメルトスルーが起きると、水中でもコリウム・コンクリート反応
(CCI)が起こり、大量の水素と一酸化炭素が発生し、格納容器が爆発する可
能性が高いといわれている。
一酸化炭素の多量発生の可能性があるが、一酸化炭素対策が全く無いので、福島
第一原発と同様の格納容器からの漏洩が起きて、原発運転員や付近住民に、三池
炭鉱粉塵爆発による一酸化炭素中毒と同じ一酸化炭素中毒を引き起こす危険が有
るのではないか。
 その危険性が無いことを証明して下さい。>
の2項目に付いては、おおくの部分は原子力規制委員会から指摘されている問題
で、再稼動に係わる適合性の審議会に検討資料を提出している。それ以上の
要請内容の回答は、今の九電では行えないとの見解だったと思われます。
 唯一つ、
<3. 玄海原発3・4号機の格納容器に航空機が衝突した場合、原子炉建屋の
無いプレストレスコンクリートの格納容器が破壊されない事を証明して下さい。
 ヨーロッパの原子炉安全基準は、航空機衝突事故等の防止の為に、格納容器を
保護する強固な保護壁を設置する事を義務付けている。
 しかし、玄海原発3・4号炉の格納容器は鋼鉄製の格納容器とコンクリート製
の原子炉建屋をプレストレスコンクリートで代替してしまい、航空機衝突事故等
の防止機能が無い。
 むき出しの格納容器に航空機が衝突した場合でも、原子炉建屋の無いプレスト
レスコンクリートの格納容器が破壊されない事を証明して下さい。>
 に付いては、このような設計は、日本では玄海原発3・4号機と大飯原発3・
4号機の4基のみだが、加圧水型原発では格納容器と原子炉建屋が大型になり、
建設に無理が出てきたので、鉄筋コンクリートの原子炉建屋の建設を止めて、鋼
鉄製の格納容器をテンドンを使用して強化したプレストレスコンクリートで置き
換えて建設したとの唯一つの説明だけが有りました。
 何時、要請書の回答ができるかはわからないが、要請書の検討を行い、回答す
る時期を連絡しますとの答弁がありました。

以前の九電への要請行動時には、九電の広報からは自信に満ちた原発再稼動のた
めの新しい安全対策の説明が有りました。しかし、今回の対応では自信のある説
明はまったくありませんでした。対応が急変したように思われました。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、ネットに記事が多数ありました。
まず、福島第一の記事から始めます。

1.<福島第1地上タンク せき雨水50トン漏出> 【河北新報】1月15日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140115t63013.htm
記事<・・・・福島第1原発の地上タンク群を囲むコンクリート製のせきから、
微量の放射性物質を含む雨水約50トンが漏出したと発表した。東電によると、
せきは敷地最南端に造成中のG4南エリア。12日午前、前日までに深さ7セン
チまでたまった雨水の水位が3センチに下がっているのが見つかり、漏水が判明
した。基礎の隙間を埋める止水剤を工事中に誤って剥がしたのが原因とみてい
る。漏れた水は全て地中に染み込んだという。・・・・・・>
1’.<作業員、誤って止水材剥がす 第1原発、堰の水漏れ> 【福島民友新聞】
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0115/news10.html
記事<・・・・福島第1原発の汚染水を貯蔵する地上タンク群を囲む堰(せ
き)1カ所の基礎部から堰内の水が漏れた問題で、東電は14日、タンク増設工
事の際に作業員が誤って基礎部の隙間を埋める止水材を剥がしたことが原因だっ
たと明らかにした。>
・・・・・・作業ミス、現場では他にもたくさん起きているでしょうね。

汚染水問題、
2.<福島原発:トリチウム800兆ベクレル 貯蔵タンク汚染水>毎日新聞 
(01月15日 22時42分)
⇒http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140116k0000m040085000c.html
記事<東京電力福島第1原発の汚染水問題で、東電は15日、貯蔵タンクに保管
している汚染水に含まれる放射性トリチウム(三重水素)が、800兆ベクレル
以上に上るとの試算を明らかにした。福島第1原発は沸騰水型(BWR)原子炉
で、国が定めるBWR1基当たりの年間放出基準(3.7兆ベクレル)の200
倍以上に相当する。東電は政府のトリチウム対策を考える部会で、敷地内に設置
された貯蔵タンクに現在、汚染水約40万トンが保管され、この汚染水中に
817兆ベクレルのトリチウムが含まれると説明した。・・・・・・・福島第1
原発では、原子炉建屋やタービン建屋内にも汚染水が残されており、タンク以外
にも58兆ベクレル存在すると試算した。東電は、汚染水浄化の切り札と位置づ
ける多核種除去装置「ALPS(アルプス)」などを使い、2015年4月まで
にタンク内の汚染水を全て浄化する計画だが、トリチウムは取り除けない。部会
は、トリチウムの分離や貯蔵、海洋放出などについて議論を続けている。>
・・・・・・“800兆”―想像できません。
参考記事、
2’.(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:13 政治家欠席のうちに>朝日デ
ジタル1月15日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10925336.html
記事<・・・・・・・・原発担当相に加え環境相も兼務した細野豪志は2011
年の夏から秋、被災地対応に追いまくられる。事故収束に関する問題は、内閣府
政務官の園田康博にゆだねられた。その園田は8月中旬以降、中長期対策チーム
の会合を欠席しがちになる。議事録に彼の名前がないのだ。出席者欄に園田の名
前がない9月16日の中長期対策チームの会議で、遮水壁計画は転換点を迎え
た。・・・・・・・・・・・>
・・・・・・官僚のほしいままに、― 時間があれば、どうぞ。

東電関連、
3.<東電が再建計画、燃料費年6500億円圧縮 共同調達などで >日経1/15 2:01
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1403J_U4A110C1MM8000/
記事<東京電力が燃料調達の改革を本格化させる。2014年度中に他の電力・ガス
会社と業務提携し、天然ガスの共同調達を開始。割安なシェールガスも増やして
調達単価を引き下げる。古い火力発電所の更新と石炭火力の新設で燃料の使用量
も減らす。燃料費の4分の1にあたる年6500億円の原価を低減し、収益改善につ
なげる。・・・・・・・・・・・東電の大きな課題は原発停止で約2兆8000億円
まで膨らんだ燃料費をいかに減らすか。計画には14年7月からの柏崎刈羽原発
(新潟県)の再稼働を明記したが、燃料調達の改革も加速する。次期会長に内定
した数土文夫JFEホールディングス相談役も「燃料の購買力が諸外国より劣位
にある」と指摘している。・・・・・改革の柱は燃料の調達・輸送からガス関連設
備の運用、発電までふくめた包括提携だ。今春にも提携先を選び、14年度中に共
同出資会社をつくる。提携先と共同で天然ガスを調達することで、購買力を東電
単独の使用量の約2倍に高める。計1000万キロワットの古い火力発電所の更新に
も共同で取り組む。・・・・計画には小売り部門の売上拡大策も明記した。柱は
営業区域の関東以外での電力販売、ガスの小売り、新規事業の3つ。関東以外で
の電力販売は10年後に100万キロワット分、年1700億円をめざす。ガス販売は10
年後に年100万トン以上(12億立方メートル)を目標とする。現状でガス業界
4~5位の規模にあたる。これらを積み重ねて10年後にいまの売上高の1割強に
あたる7700億円を上積みする。?・・・・>

3’.<東電の新計画、国が認定…原発再稼働や人員削減>読売新聞 1月15日
(水)20時48分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00001009-yom-bus_all
記事<政府は15日、東京電力の新しい総合特別事業計画(再建計画)を認定した。
福島第一原子力発電所事故への責任ある対応を前提に、柏崎刈羽原発(新潟県)
の再稼働や人員削減による経費削減を進めるほか、全国での電気・ガスの販売な
ど収益強化策も盛り込んだ。しかし、計画の根幹となる柏崎刈羽原発の再稼働は
見通しが立っておらず、計画実現の壁になっている。・・・・・・・・・・・・>
3”.<東電社長、新再建計画を新潟知事らに報告へ>日本テレビ系(NNN) 1月
16日(木)2時2分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140116-00000004-nnn-bus_all
記事<・・・・・・・広瀬社長は16日、新潟県知事らに報告する方針。>
4”’.<東電、2兆円の新規融資要請=金融機関「厳しい内容」>時事通信
01/1521:44
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011500947
記事<・・・東電は新たな再建計画の中で、最新鋭の火力発電設備の導入などの
費用もあって2兆円規模の資金が新たに必要になるとした。また、担保付き既存
融資の無担保化も正式に要請。・・・・・主力行の三井住友銀は「金融機関に
とって極めて厳しい内容だが、今後の東電の経営改善を踏まえつつ、最大限協力
していきたい」とコメントした。・・・・・・>

5.<東電が業績予想 通期で3年ぶり黒字へ>日経1月16日 0時17分
⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140116/k10014516231000.html
記事<・・・・・・・・・・・グループのうち、東京電力単体のことし3月期の
売り上げは、おととし9月に行った家庭向け電気料金の値上げの効果が年間を通
して表れることなどにより、6兆4340億円と前の期に比べて11%増えると
しています。・・・・また、原油価格の高止まりや円安によって燃料費が膨らむ
ものの、修繕費の抑制や人件費の削減が進むことから、経常損益は前の期の
3776億円の赤字から270億円の黒字と、通期としては3年ぶりに黒字を確
保する見通しです。>
・・・・・つぎのようなことをしてでも“黒字”の数字ををつくる。

被災地フクシマ、
6.<賠償和解案 東電が「拒否」>NHK1月15日
⇒http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054492381.html
記事<・・・・・・・・福島県飯舘村長泥地区の住民およそ180人は「原発事
故のあとに、避難区域への指定が遅れ、被ばくへの健康不安がある」として、国
の「原子力損害賠償紛争解決センター」に、集団で申し立てを行っていま
す。・・・・・これについてセンターは、去年、「被ばくへの不安」に対する賠
償を認める考えを初めて示し、先月から一部の住民に、具体的な和解案を提示し
ていました。しかし、会見した住民側によりますと、東京電力はこの和解案に対
し、15日までに、「根拠が明らかではなく、受け入れられない」などと回答し
てきたということです。被ばくへの健康不安を理由に、慰謝料を求めた申し立て
はほかでも起こされていて、弁護団は、「東京電力は和解案を尊重すると約束した
はずで、センターの案を拒否することは許されない」と話しています。・・・・
東京電力は「現在、和解案の内容について、センターの考え方を確認していると
ころで、結果を踏まえて、すみやかに対応したい」というコメントを出しまし
た。>

7.<原発事故訴訟で東電の過失の有無が争点に>東洋経済オンライン
2014/1/15 12:40
⇒http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140115-00028349-toyo-nb
少し長い記事<福島第一原子力発電所の放射能汚染事故を巡る被害者救済訴訟
で、東電による過失の有無が争点になることが明らかになった。 1月14日に福
島地方裁判所で開廷した民事訴訟では、担当裁判長が東電による全電源喪失の予
測可能性や過失の有無について「本件訴訟の重要な争点である」と初めて明言。
原子力損害賠償法(原賠法)の無過失責任原則に基づき国の基準で決まった金額を
賠償すればそれでよし、としてきた東電の姿勢に、司法が疑問を投げ掛ける形に
なった。■ 全国の裁判に影響も・・・・・現在、東電を相手取って被害救済を
求める民事訴訟は全国13カ所で、約4500人の原告によって提起されている。その
うち、津波対策の不備などで重大な事故を招いた東電の過失の有無が裁判で問われ
ることになるのは福島地裁が初めて。原告弁護団事務局長の馬奈木厳太郎弁護士
は、「裁判所の判断はきわめて画期的」と評価したうえで、「全国各地でのほか
の被害救済訴訟にも好影響を与えるのではないか」と分析してい
る。・・・・・・・原告側が指摘するように津波対策を怠った事実があるかどう
かをめぐり、「東電側はこれまで開示を拒否し続けてきた具体的な証拠を持って
反論せざるをえなくなる」と馬奈木弁護士は話す。・・・・・>
7’.<福島原発生業訴訟 東電過失の有無 審理へ 福島地裁裁判長明言 原告
側「大きな一歩」 “大地汚された怒り…過ち認めて”>しんぶん赤旗1月15日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-15/2014011515_01_1.html
記事<・・・・・・もう一つの争点は、前回、津波に関するシミュレーション
(模擬実験)結果や津波安全評価に関する文書の提出を求める決定をしました
が、東電がこれを拒否したこと。この日、原告弁護団は「全交流電源喪失を予見
していたのに対策を取らなかった過失を立証するうえで欠かせない」と主張、即
時開示を求めました。・・・・裁判長は「所持者が提出しないと回答した以上、
裁判所として当否を述べるべきでない」として、判断を保留。原告側はこれに強
く抗議しました。・・・・・・・・・>

8.<国、中継地点設置検討 中間貯蔵施設への搬入で 小型車で収集し、大型
車へ積み替え>福島民報01/15 09:14
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011513280
記事<・・・・福島第一原発事故に伴う除染廃棄物の中間貯蔵施設搬入に向け、
環境省は仮置き場などから持ち出した土壌などを積み替える中継地点を県内に設
ける方向で検討に入った。仮置き場は幅員の狭い山間部に多いため、小型車両で
廃棄物を集める。中継地点で大型ダンプに積み替えることで車両台数を減らし交
通渋滞に配慮する。・・・・・・・・>

9.<15日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(魚介類・加工食品)・県内死者・行方不明者数>福
島民報1月16日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・・記事中に、「魚2点で基準超セシウム・・・・」
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
10.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月14日
17:35
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140115/1475395
記事<▼空間放射線量率(15日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

滋賀県、
11.<避難者受け入れの連絡会議 福島県と7府県が近畿で初 滋賀>産経新
聞 1月15日(水)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000067-san-l25
記事<東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県と、同県から
の避難者を受け入れている近畿地方など7府県の担当者の連絡会議が、京都市内
で開かれた。避難者支援を充実させるねらいで、近畿地方で開かれるのは初め
て。福島県などによると、滋賀県など近畿2府4県と岡山県への福島の避難者は
昨年12月現在で約1800人。>

規制委関連、
12.<リサイクル燃料貯蔵が中間施設の審査申請>時事通信 1月15日(水)20時
1分配信
記事全文<東京電力 <9501> と日本原子力発電が全額出資してつくるリサイクル
燃料貯蔵は15日、青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設につい
て、新規制基準に基づく適合性審査(安全審査)を原子力規制委員会に提出し
た。2015年3月の稼働開始を目指す。>

13.<“美浜原発”活断層疑い 規制委、追加調査指示へ>毎日新聞 1月15日
(水)21時31分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000102-mai-sctch
記事<関西電力美浜原発(福井県)の原子炉建屋直下などに活断層がある疑いが
指摘されている問題で、原子力規制委員会の有識者調査団は15日の会合で、判
断材料が不足しているため、関電に追加調査を指示する方針を決めた。関電によ
ると、調査に2~3カ月程度はかかるという。活断層か否かの結論まで長期化が
避けられない状況だ。・・・調査団はこの日の会合で、昨年12月の現地調査の
結果を議論。>

14.<もんじゅ点検漏れ、確認中なのに「完了」と報告>読売新聞 1月15日
(水)20時16分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000971-yom-sci
記事<・・・・・高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)で約1万4000件にのぼ
る機器の点検漏れが見つかった問題で、もんじゅを運営する日本原子力研究開発
機構が、見直した点検計画に不備がないか確認作業をしている途中だったにもか
かわらず、「見直しを完了した」と原子力規制委員会に報告していたことが15
日、明らかになった。・・・・・・・・機構は点検計画の見直しに着手、同11
月にその作業を完了したと規制委に報告書を提出した。・・・・ しかし、同庁
が同12月にもんじゅで保安検査を行ったところ、報告した時期にはまだ、点検
計画の内容を確かめている途中だったことが判明した。規制委は、機構内部の連
絡体制に問題があったとみている。・・・・・・>
・・・・・相変わらずの体質です、危ないですね、この組織は。

原発立地地域で、驚きの事件、
15.<脱原発の自民党議員のタクシー乗車拒否 菅官房長官「言語道断」>産
経新聞 1月15日(水)19時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000566-san-pol
記事<日本原子力発電敦賀原発が立地する福井県敦賀市のタクシー会社が、自民
党の秋本真利衆院議員(千葉9区)から配車の予約を受けた際、秋本氏が「脱原
発派」であることを理由に利用を拒否していたことが15日、わかっ
た。・・・・菅義偉官房長官は同日、「タクシー会社が正当な理由なく乗車拒否
することは法律上認められない。言語道断だ」と批判。・・・・>

16.<新潟)福島の6市町村に全住民避難 三条市が協定>朝日デジタル1月
16日03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1H41DVG1HUOHB012.html
記事<・・・・・・・・・・・三条市が相互応援協定を結ぶのは南会津地方の只
見町、南会津町、下郷町、檜枝岐村に加え、会津若松市と喜多方市。三条市から
見て柏崎刈羽原発は南西の方角。事故で放射性物質が飛来した場合に、南会津地
方は風向に直角な南東方向にあたるため、避難先となり得る。また、洪水や大地
震などの自然災害でどちらかが壊滅的な被害を受けたとしても、双方が同時に被
害を受ける可能性は少ないという。避難ルートは、国道289号(八十里越)を
検討中という。・・・・・・・・・>

電力会社、
17.<北海道電力に1500億円融資 火力発電の燃料調達を支援>西日本電
子版01月15日 21時39分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30516/1/
記事<・・・・・北海道電力が北海道内外の金融機関による融資で計1500億
円の資金を調達したことが15日、分かった。厳しい寒さで暖房需要が増してい
るほか、原油などの輸入コストが円安で膨らんでおり、火力発電の燃料調達を資
金面で支える。・・・・・・・・・。

原発メーカー
18.<東芝、英原発3基1.5兆円の受注内定 17年にも着工 >日経1/15 2:00
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD140JE_U4A110C1TJ0000/
記事<・・・・・東芝グループが、英国で原子力発電所を3基受注することが内
定した。子会社の米原発設備大手ウエスチングハウス(WH)が、出力110万キ
ロワット級の中型炉を2017年にも着工する。受注総額は1兆5000億円程度。東芝
は18年度までに約30基の原発を受注する目標を掲げる。約5年ぶりの受注を機に
原発事業を成長軌道に戻す。英原発事業会社ニュージェネレーション(ニュー
ジェン)が英中部セラフィールドに新設する…>
・・・・・・推進あるのみ、という感じですね。

海外、
19.<トモダチ作戦で健康調査へ=空母乗組員の被ばく懸念-米>時事通信
01/15-11:09
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011500298
記事<【ワシントン時事】東日本大震災後の米軍の救援活動「トモダチ作戦」に
加わった米空母「ロナルド・レーガン」の乗組員の放射線被ばくを懸念する声が
米国内で出ていることから、米連邦議会が国防総省に対し乗組員の健康状態を調
査するよう義務付ける方針であることが14日、分かっ
た。・・・・・・・・・・・>

20.<独の再生エネ23・4%と最高に / 13年、脱石炭も課題>佐賀新聞
01月15日 09時20分
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.2608345.article.html
記事<【ベルリン共同】2022年末までの脱原発を決めているドイツで、13
年の総発電量に占める再生可能エネルギーの割合が23・4%となり、過去最高
を更新した。電力会社などが加盟するドイツ・エネルギー水利事業連盟が14日
発表した。12年は22・8%だった。 ・・・・・総発電量に占める割合は、
褐炭による火力発電が最も多く25・8%、石炭火力も19・7%あっ
た。・・・・・・原子力は15・4%。13年の再生エネルギーの内訳は、風力
が7・9%、バイオマスが6・8%、太陽光が4・5%だった。>

都知事選、
21.<(社説)東京都知事選 首都で原発を問う意義>朝日デジタル1月15日
05時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/DA3S10925296.html?ref=nmail_20140115mo&ref=pcviewpage
記事<・・・・・たしかに国民全体が考えるべき問題ではある。だが同時に、都
民が当事者として考えるにふさわしいテーマでもある。・・・・・人口1300
万超の東京は、日本の電力の1割強を使う大消費地だ。なのに、主な供給源は遠
隔地にある。原発の立地自治体や周辺が抱える様々な矛盾や葛藤とも無縁でいら
れる。そんな東京で選挙を通じて議論が深まれば、都民の節電意識が高まった
り、再生可能エネルギーの普及に弾みがついたりする可能性がある。大量生産、
大量消費のライフスタイルの見直しにつながるかも知れない。・・・・自分たち
のありようを再考するという点で、自治体選挙で問うてならぬという法はな
い。・・・・・都は東京電力の大株主だ。知事は、東電の経営に物申すこともでき
る。・・・・今回、エネルギー政策が正面から問われることには意義がある。出
馬を表明した舛添要一元厚労相や宇都宮健児前日弁連会長らも「脱原発」を訴え
る。具体論を戦わせてほしい。・・・・・・・>

22.<首都転変:「原発避難者に目を」 東雲住宅で暮らす福島被災者、生活
どうなる>毎日新聞 2014年01月15日 東京夕刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/m20140115dde041010074000c.html
記事<細川護熙(もりひろ)元首相の出馬表明で原発の是非が東京都知事選の争
点に急浮上する中、都内に避難してきた原発事故被災者の多くは「自分たちの今
後の生活にもっと目を向けてほしい」と感じている。未来を描けない毎日を送
り、都知事選を冷めた目で眺める。・・・・都内に暮らす東日本大震災の被災者
は昨年12月時点で8048人。その1割強の約1100人が江東区の公務員宿
舎「東雲(しののめ)住宅」にいる。ほとんどが福島の出身者だ。細川氏が出馬
表明した14日、集会所で避難者の交流会があった。集まった約20人は高齢
で、福島の地元紙を熱心に読む人もいたが、都知事選の話題は出なかっ
た。・・・・「いつ出て行けと言われるか分からず、不安な気持ちでいる。長く
居られる
保証があれば生活設計もできるが、今は家具すら買えない」。家族3人で避難し
ている三沢宏造さん(71)は言う。自宅は南相馬市で福島第1原発に近く、今
も避難指示区域内で戻れない。・・・・都は原発事故後、避難者に都営住宅や公
務員宿舎を無料で提供。昨年9月には3年間としていた入居期間を1年延長し
た。東雲住宅も「仮設住宅」扱いで、入居期限はさらに延長される可能性もある
が、今のところ来年3月まで.。三沢さんが望むのは暮らしの安定で、細川氏の
「原発ゼロ」は票集めの方便と感じられてならない。「(避難者への対応など)
課題を処理したうえで言ってほしい」。・・・・・・・・福島に戻る選択肢も考
え、住民票を移さず都知事選に投票できない避難者も多い。・・・・・・「政府
のあいまいな方針も影響し、住民票を移す判断ができない避難者も多い。避難先
で選挙権がない現状は不条理だ。・・・・・・・>
・・・・・ここでも、避難民は置き去り。

23.<細川氏への一本化否定=志位共産委員長>時事通信 1月15日(水)20時30
分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000140-jij-pol
記事<・・・・・共産党の志位和夫委員長は15日夜、東京都知事選で同党が推薦
した宇都宮健児氏と、「脱原発」で主張が重なる細川護熙元首相との一本化の可
能性について、「それはない」と否定した。志位氏は「原発は重要な争点だが、
巨大開発を優先してきた都政の転換、憲法問題などで細川氏と一致するとは思え
ない」とも語った。・・・・・>

24.<進次郎氏「大義はない」自民の舛添氏支援を批判>読売新聞 1月15日
(水)19時27分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000902-yom-pol
記事<・・・・・・・・・自民党がかつて除名した舛添要一元厚生労働相を支援
することについては、「自民党が一番苦しい時に『自民党の歴史的使命は終わっ
た』と出て行った方だ。応援する大義はない」と批判した。・・・・・>

九州、
25.<脱原発のみの争点化に疑問 都知事選で小川知事>西日本電子版01月16
日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30545/1/
記事<福岡県の小川洋知事は15日の定例会見で、細川護熙元首相の立候補表明
で東京都知事選の争点に「脱原発」が浮上していることについて「日本の首都
で、2020年に五輪も開催される。脱原発とか単一の争点で選択が行われるの
はいかがのものか」と述べ、原発政策一つが争点に位置付けられることには疑問
を呈した。その上で「選ぶ都民がそのことも含め、(投票先を)選択するもの
だ」と述べた。・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
26.<社説:東京都知事選 脱原発は具体論で争点に>
27.<自民一枚岩遠く 除名の舛添氏支援 葛藤 対小泉氏 本部はおよび腰>
28.<熊本県知事、先輩にエール 細川氏を尊敬>
その横に、24.の記事、
5面下方に、3’.、5.、14.、の記事があります、
25面に、25.の記事、
29面社会欄に、
29.<電気料金 5月から消費増税分上乗せ 九電>
今朝の紙面は以上です。(1.16. 5:10)
※この新聞記事紹介へのご意見等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 吉田 典子 さんから:
『世界がもし100億人になったら』
スティーブン・エモット著
マイクロソフト・リサーチ計算科学研究所所長。
オックスフォード大学計算科学客員教授。
ロンドン大学ユニバーシティー・ガレッジ計算生物学客員教授。
英国国立科学・技術・芸術基金栄誉フェロー。
英ケンブリッジで様々な分野の研究者からなる学際的チームを率いて幅広い科学
研究を指揮し、科学の基本問題に取り組む先駆的アプローチを開発している。
研究所の研究分野は、分子生物学、免疫学、神経学、植物学、気候学、生物地球
化学、陸上・海洋生態学、保全生物学から、新分野である人工生命プログラミン
グや人工光合成まで多岐にわたる。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●<皆様からのメッセージで1000日目記念の手作りパンフを作成します。●
☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7256(+29) (1/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1001目報告☆

2014.01.15(20:31) 1234

青柳行信です。1月15日。

★ 前田 朗さん【1000日メッセージ】
青柳さん
ご苦労様です。
ついに1000日ですね。おめでとうございます、というのもおかしな話ですが。
やがて3年になり、マスコミでの報道も減ってきて、「風化」がささやかれる状
況になってきました。
放射能は風化してくれませんので、脱原発を私たち自身の手で実現するまで頑張
りましょう。

★ 貫橋宣夫(久留米市)さん【1000日メッセージ】
九電前テントの開設から1,000日。青柳さんの粘り強い闘いに心から敬意を表し
ます。
福岡の、そして九州の脱原発運動はテントから大きな励ましを受けました。
福岡市で開かれた二度の大集会は青柳さんの思いを受けて大成功を収めました。
昨年の大集会で青柳さんは開会宣言を発しましたが、これには青柳さんの気迫が
こもっていました。参加者は大きくうなずきました。
私もその一人です。これから運動の一端をになって力を出していきます。

★ 秋本裕恵さん【1000日メッセージ】
こんにちは、
今朝の朝日新聞にも載っていました。
☆1000日☆・・・本当にお疲れ様です。  
新聞記事を読んで知らなかった事がありました
それは・・九電の社員の方からの非難や議論されたこと、社員の全員が原発推進
ではないこと。
それを読んで九電社員である限り原発推進だと思って非難ばかりしてきてました
が、全員が全員そうでないと知った(信じ)今、
ならば自分たちだけの問題じゃなく日本国民の問題である原発を危険と隣合わせ
の原発をこのまま止めましょう!と九電前で電話でメールで叱咤激励したいと思
いました九電社員もひとり・・ふたり・・と立ちあがってくれること願いながら。
 健康だけには充分に気をつけて下さい!1000日、本当にお疲れ様です。
   
●<皆様からのメッセージで1000日目記念の手作りパンフを作成します。●
    ☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

★ (1000日メッセージ記念小冊子編集部ハンナ&マイケル)
1000日記念パーティ、盛り上がりましたね。会場にあふれんばかりの人で、
新たな絆がそこ、ここで生まれていたようです。
編集作業に入り、2月初旬にはできあがっているはずですが、
記念冊子なので発行日は3月11日とします。
全員のが採録された、思い出の数々の写真をちりばめたは
皆様の活動の良き記念にもなることでしょう。
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1001目報告☆
呼びかけ人賛同者1月14日3118名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月14日4名。
   新谷肇一 筒井修 吉武秀郷 早崎勝行
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
いつものことながら、九電の対応にはあきれるばかりです。
お客さんを 客とみていないところがあります。
申し入れに行っても、部屋も用意せず、道路で書類を受け取ろうという 
姿勢が間違っています。
あんくるトム工房
1000日目のテント  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2823
九電申し入れ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2824
基地を作らせない http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2822
   基地も原発もいりません。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆脱原発の票を分断するために「当選度外視」の殿立候補
     (左門 12・15-537)
※朝日川柳/元々コンビ ダメで元々―西村忠士/悠々とこちらの元は名誉職―西
村健治/
そういえば今の首相も元首相―橋本行弘、と、
特に第一句は本質を突いているが、当の朝日新聞は、歓迎ムードである。
先行している脱原発の宇都宮健治氏と会談し、政策協定をして、
都民・国民の悲願である脱原発票を分断の結果舛添氏に漁夫の利を占めさせては
ならない。
お二人とその陣営に、心から進言したい。

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
こんにちは。
1/13日は素晴らしい1000日記念の会でしたね。
次々に映し出される1000日間の写真を見ながら「ここには人間がいる」
と思いました。

作家の丸山健二さんは「いまこそ首輪を外して自立しよう」と書きました。
昨日集まった皆さんの笑顔を見て思いました。ここには誰一人、首輪を
している人はいない。出発点や思いはそれぞれでも、誰かに庇護を乞う
たり、判断を委ねたりするのでなく、自分で自分の生を生きている
なんて素敵な人たちが集まっているのだろう、と。

水俣の石牟礼道子さんは「近代資本主義の苛烈さが食い尽くすものは、
個人のいのちそのものである」と書きました。
テントと電力会社。それは「人間」と「いのちを食い尽くす資本主義」
との対峙に他なりません。

テントの大きさは小さくても、その歴史的意義、存在意義はとてつもなく
大きい。あらためてそう感じました。
青柳さんをはじめ、素晴らしい皆さんと同じ時代に生きていることに感謝!

★ 西島由太郎(福岡市原水協) さんから:
青柳さん
1/13日は、「1000日記念つどい」であらたな決意を確認し合い、
大きな力となりました。
闘いはここから!闘いは今から!
原発再稼働を阻止して、廃炉に向けて頑張りましょう!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、福島第一の現場の記事から始めます。次々と最悪の数字を更新しています。
※、後段に、川内原発関連記事があります。

1.<放射性物質濃度240万ベクレルに=最悪更新、福島第1海側地下水-東
電>時事通信01/1419:51
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400896
記事<東京電力は14日、福島第1原発2号機タービン建屋海側の観測用井戸で
13日採取した地下水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質
が1リットル当たり240万ベクレル検出されたと発表した。9日採取の同
220万ベクレルを超え、過去最悪を更新した。
 東電によると、この井戸は護岸から約40メートルの位置にあり、昨秋から濃
度が上昇傾向にある。・・・・・・・・>

こうした状況が続くにも関わらず政府は、相変わらずの姿勢、
2.<東電再建計画、15日に認定へ=原発再稼働を明記-政府>時事通信
01/1420:28
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400924
記事<政府が東京電力の新たな総合特別事業計画(再建計画)を15日に認定す
る見通しとなった。計画には柏崎刈羽原発(新潟県)を7月以降に順次再稼働さ
せる方針を明記した。グループ全体で2000人規模の希望退職者を募るなどの
合理化策も示し、2011年3月の福島第1原発事故で悪化した収支の抜本的な
改善を目指している。・・・・・・・・・・>

3.<再生エネを長期支援、経産相方針 基本計画を修正>日経 1/14 13:43
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS14013_U4A110C1MM0000/
記事<茂木敏充経済産業相は14日の閣議後の記者会見で、エネルギー基本計画案
を修正する考えを示した。再生可能エネルギーを集中的に導入する期間を「今後
3年間にとどまらず、その先を見据えてより積極的な表現にしたい」と述べ、再
生エネへの支援策を長期化する考えを示した。・・・・エネルギー基本計画の取
りまとめは1月中を予定していたが、調整に時間がかかることや都知事選で原発
政策が争点の一つとなっていることなどを踏まえ、閣議決定は2月以降にずれこ
む見通しだ。・・・・・・・・・・・・・・ 経産省の総合資源エネルギー調査
会基本政策分科会(会長は三村明夫・新日鉄住金相談役)は、民主党政権の「原
発ゼロ」方針を転換する基本計画の素案を12月にまとめた。その後の国民から
の公募では1万9千件の意見が集まった。自民党でも党の国会議員を対象にアン
ケートを集めている。政府はこれらの意見を踏まえて計画をとりまとめる。>

4.<再除染費わずか78億円 政府、範囲や手法示さず> 【福島民報】1月14日
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011413263
記事<政府は平成26年度、東京電力福島第一原発事故に伴う再除染に78億円
を充てる。再除染を望む県民の声や市町村の要望を受け、初めて予算化する。除
染後に放射線量が下がらない住宅や公共施設などを対象とする方針。ただ、費用
は26年度当初予算案に盛り込んだ除染費用2582億円の3%にとどまる。再
除染する具体的な市町村や手法は示されておらず、実際にどの程度行うのかは不
透明だ。・・・・・・・国直轄除染が唯一完了した田村市都路町でも毎時0・
23マイクロシーベルトを超える地点が残る。昨年10月の政府と市、住民の意
見交換会では、住民から再度の除染を求める要望が続出し、避難指示解除時期が
先延ばしとなった。・・・・・都路町の避難指示解除準備区域から市外に避難
してい
る男性(55)は「自宅は山が近い。安心して戻るためには、放射線量の高い地
点を再除染してもらいたい」と切実だ。・・・・・・・・>

被災地フクシマ、
5.<除染費住民に請求 大玉村発注事業で下請け業者> 【福島民報】1月14日
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011413269
記事<・・・・・・・・大玉村が発注した除染作業で、下請け業者が除染費用を
住民約20世帯に直接請求していたことが13日、分かった。村によると、これ
までのところ、支払いに応じた住民はいない。元請け業者と下請け業者間の代金
支払いのトラブルが原因とみられる。・・・・・昨年12月26日、下請け業者
から村に「元請け業者から代金の支払いがないので、住民に直接請求したい」と
連絡があり、工区内の約20世帯に1世帯当たり約30万~百数十万円の請求書
が届いた。村は同日、支払いに応じないよう説明する文書を住民に配布した。元
請け、下請けの両業者には、業者間の話し合いで解決するよう伝えたとい
う。・・・・・・・>
・・・・・とんでもない。

6.<原発問題に意見 郡山で原子力市民委員会>福島民友新聞1月14日
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0114/news4.html
記事<脱原発社会の実現を目指す有識者らでつくる市民団体「原子力市民委員
会」は13日、郡山市で市民との意見交換会を開き、東京電力福島第1原発事故
に関するさまざまな問題について話し合った。・・・・・・>

7.<14日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(穀類)・県内死者・行方不明者数>福島民報1月
15日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・・記事中に、「関連死 2人認定 富岡町・・・・」
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
8.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月14日 17:40
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140114/1474342
記事<▼空間放射線量率(14日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

東京都、
9.<福島原発の設置無効訴訟、却下 東京の住民が原告> 【共同通信】01/14
18:48
記事<東京電力福島第1原発事故の影響で生活が脅かされたとして、都内の男性
が福島第1、第2原発各1号機の設置許可無効確認を求めた訴訟で東京地裁は
14日、訴えを却下する判決を言い渡した。原告の江藤貴紀さん(33)はそれ
ぞれの原発から200キロ以上離れた東京都台東区に居住、「都内でも浄水場で
放射性物質が検出され、将来健康を害する恐れがある」として、訴訟を起こすこ
とができると主張した。川神裕裁判長は「水道水を長期間飲用したとしても、影
響を受けるとは認められない」と退けた。>

財界も相変わらず、
10.<日本再興に全力=献金関与の是非「重要な課題」-榊原経団連次期会
長>時事通信01/1420:47
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400935
記事<・・・・・・・・・細川護煕元首相の出馬表明により、東京都知事選の
テーマとしても急浮上した原発の位置付けに関しては「一定規模を持つことが国
策上、非常に重要だ」と指摘。原発を「重要なベース電源」とする米倉氏の姿勢
を踏襲する意向を鮮明にした。>

電力会社、
11.<東電、5月から値上げ=消費増税分を反映>時事通信01/1419:01
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400777
記事<東京電力は14日、今年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられる
のに伴い、電気料金を値上げすると発表した。増税分を転嫁した新たな料金は5
月分から適用される。・・・・・契約世帯が多い利用容量30A(アンペア)の
標準的な家庭(月間使用量290キロワット時)の場合、現行の7315円から
209円増の7524円となる。天然ガスなど燃料価格の変動を反映させると、
値上げ幅はさらに大きくなる可能性もある。・・・・・東電以外の電力各社も消
費税増税分を料金に転嫁する。・・・・・・今回の増税分を加味すると、
2012年4月と比較した場合、大半の電力会社の値上げ幅は家庭向けで1割を
超え、企業向けで2割に近づく。>

参考記事、
重要な指摘、
12.<核燃料トラブル184体 使用済み全国で抱える>東京新聞1月14日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011402000116.html
記事<全国の原発に、表面に小さな穴が開くなどトラブルが起きた使用済み核燃
料集合体(核燃料)が計百八十四体あることが、各電力会社への取材で分かっ
た。多くは原発が導入された初期のものだが、トラブルはその後も発生してお
り、危険が付き物の原発の実態があらためて浮かんだ。・・・・・本紙は、東京
電力が福島第一原発でトラブルを抱えた核燃料が計八十三体あると明らかにした
のを受け、他の電力会社にも現状を取材し、表にまとめた。これとは別に、既に
原発の外に搬出した分もあり、トラブルが起きた核燃料は二百体を超える。福島
第一原発以外では、東電柏崎刈羽原発が計三十八体と多く、関西電力大飯原発が
二十四体、高浜原発が十体など。・・・・・単体の原発として最多の七十体があ
る福島第一1号機は、日本で四番目に古い一九七一年に営業運転を始めた。当時
の技術者が残した記録によると、核燃料は「きゃしゃ」と表現され、ウラン燃料
を包む金属製の筒に穴が開くなどのトラブルにしばしば見舞われてい
た。・・・・・開いた穴から放射性の希ガスが漏れて原子炉建屋内に広がり「放
射線量が突如として高くなった」「作業員の被ばくを抑えることが重要だった」
との記述も。このため東電は当時、数百億円をかけて建屋の配管の密閉性を高
め、しのいだという。その後、核燃料の改良が進み、トラブルは大幅に減った
が、それでも根絶できていない。・・・・・ずさんな扱いにより、核燃料が変形
したケースもあった。・・・・・・・・ エネルギー総合工学研究所の内藤正則
部長は「現
在確認されている核燃料のトラブルは、すぐに大事故につながるものではない
が、作業員の被ばく管理や、取り出し作業には注意が必要だ」と話している。>
・・・・・・・予想したとおりです、たとえ、原発ゼロへ転換し廃炉作業を開始
したとしても、重大な障害となる。

13.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:12 「東電任せ」に逆戻り>朝
日デジタル1月14日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10924141.html
記事<・・・・・・・・朝堀が着任したときには、もう遮水壁は東電が造るとい
う整理がなされた後だった。「大気中への飛散防止は事業者の東電が担っている
のに、地下水だけ国というのも変ですよね。だから東電がやる、というのは自分
の中では自然でした」・・・・東電の自主事業という位置づけになったとたん、
福島第一原発の四方を囲むはずの遮水壁計画は大きく変質してい
く。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

14.<経常赤字継続の可能性=燃料輸入が重し、揺らぐ貿易立国>時事通信
01/1418:02
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400765
記事<財務省が14日発表した2013年11月の経常収支は、過去最大となる
5928億円の赤字を記録した。赤字は2カ月連続。円安で輸入品の価格が上昇
している上、原発の稼働停止により液化天然ガス(LNG)など火力発電用燃料
の輸入は膨らんだままで、経常収支が赤字になりやすい状況が当面続きそう
だ。・・・・・経常収支は、海外とのモノやサービスの取引状況を示し、「国の
稼ぐ力」のバロメーターとなる。・・・・・・・過去の円高局面で製造業の生産
拠点の海外移転が進んだ結果、「円安による輸出の押し上げ効果が出にくくなっ
ている」(第一生命経済研究所の星野卓也エコノミスト)との見方が出ている。>
・・・・・火力発電の燃料だけを強調するのは一面的すぎる。

注目すべき自治体の動き、
15.<青森)原子力災害対策計画案 青森市が提示>朝日デジタル1月15日03
時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1G5S6MG1GUBNB00K.html
記事<・・・・・・・・・・青森市は東通原発から約50キロ以上離れており、
UPZ圏外であることから、地域防災計画原子力災害対策編の策定義務はない。
だが、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、放射性物質の飛散から市民を守り、
東通村やむつ市の住民計約6万3千人を青森市で受け入れる防災態勢を構築する
ため、計画案を作成した。県内でUPZ圏外の自治体が対策計画を策定するのは
初という。・・・・・・・・・・・>

都知事選挙、
16.<細川氏「都知事選に出馬する」 小泉氏が支援> 日経1/14 13:01
記事全文<小泉純一郎元首相は14日午後、東京都知事選(23日告示、2月9日投
開票)への出馬をめざす細川護熙元首相と都内で会談後、記者団に「積極的に頑
張る。細川氏を応援する最大の理由は、原発がなくても日本は発展できるという
ことだ」と述べ、細川氏を支援する意向を明らかにした。細川氏も記者団に「立
候補する決断をした」と語り、出馬を正式に表明した。>
16’.<「原発ゼロが応援理由」 細川・小泉両氏のやりとり全文>朝日デジ
タル1月14日23時52分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG1G5H8LG1GUTFK00J.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG1G5H8LG1GUTFK00J

16”.<民主都連、細川氏支援を決定>日経 1/14 15:44 記事保存
記事全文<民主党東京都連は14日、選対会議を開き、同日に都知事選に立候補を
表明した細川護熙元首相(76)を支援する方針を決めた。支援の具体的な内容は
今後、検討する見通し。>
16”’.<吉田社民党首、脱原発候補の一本化を=共産、宇都宮氏支援を継続
>時事通信01/1420:35
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011400799
記事<吉田氏は「細川、宇都宮両氏が会って話し合いをしてほしい」と、両者に
よる調整を促した。ただ、宇都宮陣営は撤退には否定的だ。・・・・一方、宇都
宮氏を推薦する共産党の市田忠義書記局長は取材に対し、「都知事は原発問題だ
けでなく、都政全般に責任を持つ。われわれが細川氏の支援に回ることは二百
パーセントない」と述べ、宇都宮氏支援を継続する方針を強調した。
16””.<松井大阪知事、細川氏にエール 都知事選 脱原発を歓迎>朝日デジ
タル(01/15)
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1G5PXTG1GPTIL01H.html
記事<・・・・・・・・松井氏はこの日、「都知事選は大きな政治テーマでの判
断でいい」と強調。ただ、石原氏が元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏を
支援しているため、「『歓迎』まで言うと石原御大に怒られる。(維新は)自主
投票だ」とも語った。>

16””’.<脱原発争点化「理解できない」 舛添氏出馬会見>朝日デジタル1月
14日21時59分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1G730FG1GUTIL035.html?iref=com_top_pickup
記事<・・・・・・・・脱原発については「国民の大多数は原発依存をやめるこ
とで一致している。(原発推進、反原発の)2陣営の戦いという理解はできな
い」と釘を刺した。>
・・・・・・・というが、自身は「原発ゼロ」とは言っていない。

九州、
17.<再稼働など論外 川内原発の素性 >HUNTER1月14日 08:55
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2014/01/post-447.html
記事<安倍政権の特定秘密保護法とエネルギー基本計画により、原発再稼働の動
きが加速した。昨年7月の原子力規制委員会による新規制基準に基づく再稼働申
請は4電力12基だったが、その後に東京電力、そして12月には東北電力と中国電
力も手を挙げて、申請済み原発は7社16基へ拡大。核燃サイクル事業に執着する
日本原燃も年明けに青森県六ヶ所村の再処理工場の審査を申請しており、原発推
進の勢いは止まらない。それらのなかで先行するのは、九州電力の川内原子力発
電所(鹿児島県薩摩川内市)と目されているが、同原発の素性を知ったら、地元
はもちろん西日本の住民すべてが黙ってはいられないだろう。・・・・・・立地
の問題点・・・・・鹿児島県川内市にある川内原発の成り立ちからその後を振
り返れば、こんな原発を九電は30年も動かし続け、それを国や県もよくぞ認めて
きたものと呆れる。電力、国、県一体となった彼ら原発マフィア最大の罪は、当
初から原発立地にもっとも不向きなところにあるのを知っていたこと
だ。・・・・・・・・・・・・・・・・・ボーリング調査に当たった作業員を見
つけ出して数人と接触。ボーリングしたコアの地質が悪いため、関係のない場所
でボーリングした「コア」への差し替えが行われたことが反対運動団体に知れ
渡った。・・・・・・・>
・・・・・・・長い記事ですが、ご一読を。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、一面トップは、16.の一連の類似の都知
事選です。
すぐ下に、
18.<エネ計画の決定 首相先送り示唆>
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/63306
記事<・・・・・・・・・・・原発政策などの指針として1月中を目指していた
エネルギー基本計画の閣議決定を来月以降に先送りする可能性を示唆した。「国
民や与党内の意見も踏まえながら、しっかりと議論を進めていきたいと考えてい
る」と述べた。東京都知事選に立候補する細川護熙元首相と、支援する小泉純一
郎元首相が「脱原発」を主張しており、争点化を避ける狙いがあるとみられる。
首相は会見で「与党からも時間をかけて議論してもらいたいとの要望があった」
と述べ、慎重に検討する意向を示した。>
j3面も、都知事選がメイン記事、こんな見出しも、
19.<脱原発争点 東電に逆風 都が大株主、再稼働遅れも>
20.<元首相共闘に警戒感 財界、経産省「おとなしくして」>
5面下方に、細川・舛添両氏の会見要旨、
33面社会面も大きく都知事選関連記事、
31面に、
21.<被曝体験韓国人が提訴 長崎地裁 元徴用工、手帳求め>
今朝の紙面は以上です。(1.15. 5:17)
※編集作業簡略化のため、見出しと記事の前後の「」を<>に変更しています。
※この新聞記事紹介へのご意見は等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ いつもうるさいギャーですよ(笑):
  「チョコレヘイト」という詩をおくります。
チョコレヘイト
甘くてにがい感情
植民地の味
隠したはずの罠にはまっている罠を仕掛けた支配者
放射能の闇を一千億年さまよって
やっとぬけでた闇の闇の闇のなか
すべてが絶望の淵に消えゆく時のはざま
うすれゆく記憶のなかから立ち昇る
喊声のあがるところ
チョコレイトの仕掛けた戦争で
王は消え
貴族も消え去った
貧民の爆弾は
ナンバーの錆くれた暴走するトラックみたいに
爆発寸前だ!

チョコレイト戦争は、まだ続いています。
カカオ豆をむく少年(労働者)は、チョコレイトを食べたことがないのです。
これが私たちの生きる世界の現実ですよね。
放射能がばらまかれる原因ですよね。ここに挑みます(笑)

★ 井上澄夫 さんから:
※名護市長選の諸世論調査は「稲嶺氏が先行」を示していますが、
態度未定の有権者が1~2割いるので、決して楽観できません。
政府・自民党は強力な巻き返しを図っています。
 稲嶺候補の圧勝を!

 高知中心に2月、昨年台風の接近で中止された日米共同統合防災訓練が実施さ
れ、普天間のオスプレイが参加すると小野寺防衛相が発表しました。

 沖縄でのオスプレイ訓練はずっと強行されています。
 今日、14日、米軍伊江島補助飛行場でオスプレイからパラシュート降下訓練
をしていた米兵6人のうち2人が目標地点を誤り、
同飛行場外の村西崎区の葉タバコ畑と牧草地に着地しました。

※高知中心のオスプレイが参加する「防災」訓練では、福岡県の空自築城基地も
使用されます。
同基地使用の常態化も懸念されます。
 訓練実施の時期は、諸報道では、2月、2月中旬、2月中旬をめどに、などと
なっています。

★ 前 田 朗 さんから:
※フランスの原発開発と抵抗運動の歴史を検証
福島原発事故緊急会議主催の連続シンポジウム第4回「『原子力規制委員会』の
原発再稼働への<暴走>を許す な!」(日本キリスト教会館)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_13.html

※特定秘密保護法廃案をめざして
清 水雅彦・臺 宏士・半田 滋『秘密保護法は何をねらうか』(高文研) 
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/01/blog-post_4762.html

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●<皆様からのメッセージで1000日目記念の手作りパンフを作成します。●
☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

★ (1000日メッセージ記念小冊子編集部ハンナ&マイケル)
1000日記念パーティ、盛り上がりましたね。会場にあふれんばかりの人で、
新たな絆がそこ、ここで生まれていたようです。
編集作業に入り、2月初旬にはできあがっているはずですが、
記念冊子なので発行日は3月11日とします。
全員のが採録された、思い出の数々の写真をちりばめたは
皆様の活動の良き記念にもなることでしょう。
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。
 


● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7256(+29) (1/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

言葉の暴力か 表現の自由か

2014.01.14(20:46) 1233

竹森@排外主義にNO!福岡です。

会の立ち上げから丸4年、そして5年目へと継続しています。
立ち上げの契機が、京都の朝鮮学校への「襲撃」事件であったわけで
その後、何をか状況が良くなったかと言えばNOと言わざるを得ません。
しかしながら、この事件に際して当事者である学校や親御さんたちの
闘いによって、京都地裁では当たり前とはいえ画期的な勝訴を勝ち取っています。

こういった闘いを無にすることなく引き継いでいくためにも
改めて日本社会の「差別・排外」の問題に向き合い、国家の暴走への歯止め
として、できることをなしていかねばと心しています。

今年第1回目の定例学習会として、下記の岩波新書をテキストにして
共に意見を交換していきたいと思います。
会員となっていただきたいし、学習会や例会だけの参加でもお願いします。


日時:1月21日(火)午後6時半 
場所:ココロンセンター 研修室か交流室

以下、テキストの紹介です。


『ヘイトスピーチとは何か』師岡康子著 岩波新書

言葉の暴力か 表現の自由か

■著者からのメッセージ

 「うじ虫ゴキブリ朝鮮人」「韓国人は皆殺し」―このようなヘイト・スピーチ
でマイノリティを攻撃し差別を煽動する排外主義デモが各地で行われ、インター
ネット上に同様の表現があふれています。日本では表現の自由として保障されて
いるからです。

 「ヘイト・スピーチ」という言葉は2013年流行語大賞のベスト・テンに入りま
したが、未だその意味は正確には理解されていません。それが、法規制をめぐる
議論にも混乱を招いています。本書では、アメリカでこの言葉が生まれた経緯、
国際人権法が違法とした経緯、ヘイト・スピーチが歴史的・現実的にもたらして
きた害悪などから、ヘイト・スピーチとは何かを検討しています。ヘイト・スピ
ーチは単なる不快な表現ではなく、国籍、民族、性などの属性を理由に、マイノ
リティの人間としての尊厳を否定する言葉の暴力であり、差別や暴力を社会に蔓
延させる差別煽動であり、歴史的にジェノサイドや戦争を引き起こしてきたので
す。

 日本はこれまでヘイト・スピーチをはじめとする差別の問題に正面から取り組
んで来ず、野放しにしてきました。ヘイト・スピーチの放置は、自死に至るほど
のマイノリティの苦しみを放置することです。「表現の自由か法規制か」という
100かゼロかの議論から、日本社会が差別とどう向き合い、差別をなくすために
何をすべきか、どのような法制度を作るべきかという具体的な検討に踏み出すた
め、本書が役立つことを願っています

 
■著者紹介
師岡康子(もろおか・やすこ)2003~07年日本弁護士連合会人権擁護委員会委嘱
委員、東京弁護士会外国人の人権に関する委員会委員、枝川朝鮮学校取壊し裁判
弁護団。07年ニューヨーク大学ロースクール、08年英キール大学大学院、10年キ
ングズカレッジ・ロースクール留学。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センタ
ー客員研究員、国際人権法学会所属。外国人人権法連絡会運営委員。
 共著書に『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(前田朗編著、三一書房)、
『今、問われる日本の人種差別撤廃 国連審査とNGOの取り組み』(反差別国
際運動日本委員会編集・発行)、『外国人・民族的マイノリティ人権白書2010』
(外国人人権法連絡会編、明石書店)ほか。

 
■目次

 はじめに
 

第1章 蔓延するヘイト・スピーチ
1 マスメディアに登場した「ヘイト・スピーチ」
2 京都朝鮮学校襲撃事件
3 狙われるマイノリティ

第2章 ヘイト・スピーチとは何か
1 ヘイト・スピーチの定義
2 ヘイト・スピーチの害悪―傷つけられるマイノリティ
3 ジェノサイドの経験と国際社会の認識

第3章 法規制を選んだ社会
1 イギリス―多民族社会の模索
2 ドイツ―負の歴史と向き合う
3 カナダ―国際人権基準からみた一つのモデル
4 オーストラリア―多文化主義への転換

第4章 法規制慎重論を考える
1 アメリカ合衆国の選択
2 日本における法規制慎重論
3 法規制慎重論の検討

第5章 規制か表現の自由かではなく
1 現行法で対処可能なのか
2 包括的な制度構築―調査、差別禁止法、救済制度
3 ヘイト・スピーチ規制条項の検討

 あとがき
 主要参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フリーターユニオン福岡
http://fufukuoka.blog.so-net.ne.jp/

今日の生き方
http://blog.livedoor.jp/uimaki1957/



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1000目報告☆

2014.01.14(20:44) 1232

青柳行信です。1月14日。

本日● 1月14日(火)14:00から14:30
九電テント前で「1000日目当日」集会 
    <当日現場で記者会見>
14:30から九電本社 「再稼働しないようの要請」交渉申し入れ●

★ 井戸川克隆(前双葉町長) さん【1000日メッセージ】
青柳様
皆様の思いは国の代表者に通じると良いのですが、
今は困難が増しております。
これに国民の正しい声を皆さんとあげて行かないとドンドン暗くなります。
戦争前夜と言う人がおりますがそのように思わないことが大切かと想います。
国民の底力で諦めを追放しましょう。
幸いに多くの国民が原爆・原発にNOと言っています。
国は福島の事故の責任放棄にひたすら走っていますが国民が見ていますので悪だ
くらみは必ず失敗するでしょう。
長崎、広島、そして福島と忌まわしい被ばくの記憶は繋がってしまいました。
私は力の限り福島の子供達を放射能から避難させるために頑張って行きます。
皆様には引き続きご指導をお願い致します。

★ うのさえこ(福島市~福岡~京田辺市 ハイロアクション福島) さん
  【1000日メッセージ】
青柳さん、おはようございます。
今日は九電本店前広場1000日の集いの日ですね。

311後、私たち一人一人が始めた旅の全ての足跡を空から見たら
どんな風になるのかなと、ふと思います。
きっと美しい曼荼羅のように見えるのではないかなと。
九電本店前広場は、それは美しいたくさんの軌跡の光る交点となって見えること
でしょう。
1000日、本当に大変なことだと思います。
毎日毎日、強い意志でこの場を維持し、発信を続けてくださることに
心からのありがとうを言いたいです。
そして、被曝強要、原発推進、軍国化の歯車が噛み合い強引にまわされようと試
練を、共に乗り越えて行きたいです。
これからもよろしくお願いいたします。
         
★ 榊原晴美子さん【1000日メッセージ】
感謝するのみです。

★ 奥道直子(在ドイツ)さん【1000日メッセージ】
ドイツに長年在住する者です。
999日目報告文に掲載された西山進氏の下記文言が私を捉え、全神経が集中しま
した。その理由は、2011年3月11日から約二ヶ月に渡り、日本で一体何が起こっ
ているのかの情報収集とその理解に集中して取り組んだ過程においてつくづくと
思ったことを、西山氏が表現してくださっているからです。

”2011年3月11日、福島原発がメルトダウンを引き犯し、放射能の漏えいなど甚大
な被害を生み出しました。その時、東電や、国は「被害を矮小化し、放射能は
今直ちに健康に影響はない」と発表しました。その時私の脳裏を走ったのはあの
忌まわしい戦争の時代、騙され続けた大本営発表でした。広島、長崎の原爆投下
に、「わが方の損害は軽微なり」とうその発表で国民をだまし続けた、あの悪夢
がよみがえったのです。もちろんそれは被爆者だけではなく多くの戦争体験者が
気づきました。”

私は終戦少し前に生まれた人間ですから、嘘の「大本営発表」を実際には耳にし
ていませんが、私の世代の人間であれば、聞いたり読んだりして知っています。

私は福島原発大惨事をまずドイツのテレビで知りました。その際、第一に直観し
たことは、「これは戦争と同じ位に大変なことが日本で起こっている!」、でし
た。その後、NHK国際衛星テレビ放送を通じ、日本政府の見解、およびNHKに登場
するニュース解説員や学者たちの意見を知りました。それは、「大丈夫です。心
配ありません」に要約されるものでした。
一方は、ドイツ・メディアが言う驚愕するような大変さ。他方は、日本政府・メ
ディアが言う大丈夫、心配なし。どちらを信じれば良いのか、と右往左往しまし
た。最終的には、外国メディアが報道していたことの方が正しかったのだと分か
るのですが。この見解の違いは、個人レベルでもそうでした。私に電話・メール
してくるドイツ人の友人・知人たちが案じる惨事の大きさ。私が心配して電話・
メールする日本の親戚・友人たちの日本政府の言動への全くに近い信頼。

そのときに思ったことは、日本国民はなぜこうも大人しいのだろうか、そのまま
信じるのだろうか、第二次大戦のときには嘘の発表で騙された経験を持っている
のに、と言うことでした。
勿論、忘れてならないのは、事故当初から「原子力資料情報室」を通じて発言し
続けておられた、田中三彦氏、後藤政志氏たちの存在、また、「種蒔きジャーナ
ル」の小出祐章氏の存在です。私個人は、彼ら技術者や学者の勇気ある発言から
多くを学ばさせていただきました。

青柳氏の報告書を半年前からいただくようになり、日本の各地で展開されてい
る、市民による反原発運動を知りました。原発再稼動を推進しようとする政府に
対抗し、多くの市民が声をあげて立ち上がっていることを知ることができるの
は、遠くドイツで日本の将来を案じる者にとり、大変心強いことです。各自が心
の底で正しいと思うことを、それぞれに与えられた立場、環境・能力に応じて、
あるときにはリスクを覚悟し、あるときにはノンビリと無理せずに、しかし長期
的に、言動に移してゆけば、予想外の道が開けてくるものです。
日本が直面している危機の中に、日本のチャンス(機会)が宿っていることを信
じ、声援を送ります。

★ 金信明さん【1000日メッセージ】
 「反原発の運動を社会性の原点からとらえる」
 定時制高校の教員だった私は東京の下町、葛飾区にずっと住んでいた。定年を
目の前にした3月11日、その日は近所の銀行に行っての帰り、窓口の女性行員
が「はんこの忘れ物です」と追いかけてきた。その時の激しい揺れ、かつて経験
したことのないものだった。体感では10分以上もつづいたと感じられた。家に
帰ってテレビを見ると大騒ぎになっていた。

 中学生の時代だったか、あるいはそれ以前だったか、テレビの原発のコマー
シャルで「原発は1円でこれだけ電気を作れる、一番安い、これからの発電の主
力だ」みたいに有名タレントがやっていたが、私は「日本でウランは取れないの
だから何時までこの値段が続くのか」とか「廃炉にするコストが入ってない」
「事故になったら」とか批判的にみていたから、当時から「権威を信じられない
性格」の一端はあらわれていて「可愛くない」少年だった。これらはもちろん
「非核・平和への憧憬」が当時から私の中に小さいけれど有ったと言うことでも
あり、自らの生き方の方向性の芽生えを感じさせる。

 こうした性格に私の両親も深く関わっている。現北朝鮮出身の父親は当然のこ
とながら植民地支配の貧苦のどん底から這い上がってきた。戦中に日本人の母と
結婚後しばらくは幸福だった日々が続いたようだったが、朝鮮人も日本人も一緒
だという当時のスローガンも(これは今もかわらないのだが)本音のところで欺
瞞に満ちたものであり、日本人が苦しいときその牙は朝鮮人とその家族に容赦な
く突きつけられた。そんな経験が戦後「電気工事会社」の経営、高度成長期にお
ける発展という自民党政権・経済界に背面服従しながらも、内心は凜とした自意
識を私の両親は子供たちに与えてきた。

当時は「談合(それは「いけない」とされることだが)」に加わることが会社の
死活問題だったが、しばしば行われる「談合はずし(民族差別)」と、電力会社
による政治家への便宜供与とそれが末端の中小企業に「動員」と『献金」として
押しつけられる現実。両親は「決っして会社だけは継ぐな、サラリーマンにな
れ」と言い聞かせながら子を育てたが、その思いは確実に子らへ伝わった。

 私はそんな両親の思いを教員となって同和教育と関わる中で、日本国籍であり
ながら「朝鮮名」を名乗る生き方、被差別の生徒たちと共に生き差別と闘ってい
くことが日本社会における様々な矛盾を暴き出し、日本人にとっても生きやすい
社会を作る大切な教育活動の根本だと思うようになった。「水平社宣言」が教員
を続けながら、より身近なものになっていった。

 そしてそれは両親が伝えてくれた「権威を信じない」生き方を私の中でより深
いものにし、反「管理教育」や北九州の若松高校の「君が代処分」の問題や天皇
制の矛盾に目を向けさせられ、反原発の運動では「タンポポ舎」の支援へとつな
がった、いや生き方の原点となった。「婚外子」の差別の運動、「ニューカマー
の生徒の問題」や入管法等。

 福岡に避難してきて最初の市民運動に出会ったのが青柳さんを中心とした九電
前のこの「ひろば」であったが、脱原発・反原発運動の急激な拡大の中心となっ
た「ひろば」の活動がきちんと反「権力」の立場を堅持してきたことが、この
1,000日という活動の継続を可能にさせてきたのだと思う。例えば「在特
会」の妨害は権力をして「ひろば」の「原点を外さない」ことを恐れさせたから
であろうし、全ての社会問題の底辺に根付いたあり方をしっかりと外さなかった
と言うことなのだろうと私は思う。
 本当は1,000日なんて続いてほしくなかった。玄海原発訴訟も原告にだっ
てなりたくなかった。しかし、子供たちの未来のために、ここはしっかりと闘っ
ていきたい。

★ 永田途茂(エイデン途茂華頭 H/N 途茂(とも)さん【1000日メッセージ】
青柳さん
ご無沙汰しています 鹿児島の永田です
今日で1000日目ですね
一昨年 約半年お世話になりました
突風でテントが壊れたり いろいろありましたね
そしていろいろな出会いがありました
「原発はいりません!」
同じ思いの人がたくさんいることは まだまだこの国捨てたものではありません
ただ・・・悲しいかな国を司る「輩」がいい加減すぎて困ります

まだまだ寒い日が続きますが
お体には気をつけて 応援しています
1000日達成おめでとうございます
またお会いできる日を!!

★ 浜武しんいち(衆議院福岡第5選挙区前筑紫野市議会議員)さん【1000日メッ
セージ】
青柳様
まだ、私は1日しか伺った事がないから、激励の資格すらないかもしれません
が、筆を執らせて頂きます。私は衆議院議員会館で昨年「世の中の大半の人はも
のをいわない。その方たちは賢慮が働き、原発再稼働を支持する自民党に投票し
たのだよ。反対、というのは簡単だけど、また、同じ過ち(落選)を繰り返す
よ」と諭されました。今回の細川氏の出馬も、日本のエネルギー政策の混乱を
狙ったアメリカの陰謀とまで、メールをする方までいて、永田町は混乱していま
す。真実はなかなか見えてきません。私は応援しています。体に気をつけられて。
追記●福岡市長選、福岡市議会議員選挙が近づいてきました。中国では電力事情
が悪いため、自家発電(水力)が普及しています。発電機も10万円を切ると聞き
ます。自家発電とまでいかなくとも、自治体で発電をする仕組み、また、特区で
電力会社だけでなく、発電する自治体にも補助政策が及ぶような「絵」が書ける
議員、国会議員を育てないといけない時ではないでしょうか。

★ 日高三郎さん【1000日メッセージ】
 九電本店前1000日、本当にお疲れ様です。「今後も座り続ける」と宣言されて
いる青柳さんに、応えなければと思いつつなかなかテントに行けていないのが実
情です。ごめんなさい。消費税を4月から8%に上げるというので、建設現場は駆
け込み需要で建設ラッシュです。異常です。景気回復ではありません。

2008年リーマンショックで仕事がなくなり、多くの建設労働者が技術を持ちなが
らも転職しました。そして、今になってゼネコンは鉄筋屋や型枠大工が居ないと
嘆いています。あちこちから集めた職人や派遣労働者、ほとんど経験のない労働
者、若者が動員されています。単価は以前よりも安く、そして労働時間も長くな
り、急げ急げと言われ、この現場が終われば次の現場に行かなければいけないと
一日に2現場を持たされている労働者を多く見かけるようになりました。

この状況を見て本当に景気回復と言えるのか、未来があると言えるのか、言えな
いと思います。労働者が何のために働いているのか、自分のためか、人のため
か、そうじゃないと思います。企業や国家のために働かされているのが現実では
ないでしょうか。デモでもストライキでもしたい、文句の一つでも言いたい。で
もどうしたらいいのか、そんなことしたら反撃を喰らい生活できなくなる恐怖な
どから黙っているのが現状だと思います。

そんな中で、1000日も九電本店前で座り込んで、右翼や警察などの妨害をはねの
けて闘っている姿は、じわじわと労働者の中に闘う勇気を与えていると思いま
す。我慢しなければいけないのではなく、この社会が間違っていることが本当に
多いということを少しづつですが、気づき始めています。この動きは必ず加速的
に早まり強くなると信じています。青柳さんありがとうございます。私も頑張り
ます。

★ 無理しない仮面ライダーさん【1000日メッセージ】
あいにく仕事ですので、一緒にお酒じゃなく決意表明できませんが、またテント
立てに時間の許されるかぎり参加します。気負わず無理せず自分のできる範囲で
参加しましょう。
暴飲暴食注意!少しは額に汗して働きましょう!

★ 木村公一さん【1000日メッセージ】
青柳行信様
千日とはまことにながい時間です。よくぞここまで持ちこたえましたね。
これも多くの人々の支えによるものですね。とは言え、これは原発という
反文明的事業に対するあなたの粘り勝ちです。九電は事実として敗北して
います。これ以上、テント・デモが不必要な時代が来ることを願ってやみませ
ん。神があなたのお身体を守ってくださるように。

★ 大津啓さん【1000日メッセージ】
青柳さん、みなさんへ
1000日を迎えた九電前テント村。おめでとうございます、そしてお疲れ様です。
みなさんの活動を、また私たちの活動を支えているのは、
「表には声を出さない」庶民の声なき声が存在していることを痛感しています。
1/13きょうは、出席の予定でしたが、同時刻に糸島市長選に立候補を予定している
「木村こういち」さんの決起集会がありますので、欠席させていただきます。
「脱原発」「被爆労働者の命を守る」を訴える木村公一さんにもご支援をお願い
します。

★ 中西正之さん【1000日メッセージ】
福島第一原発の過酷事故の発生と、放射性物質の大量大気放出による大被害を知
るまでは、原発の稼働には反対ではありませんでしたし、原発の存在意義はそれ
なり理解していた
ので、放射性廃棄物の処理設備の建設と稼働には協力してきました。
 しかし、福島第一原発の過酷事故を知って考えが変わりました。
もうこれからは、原発の再稼働を許してはならないと思うようになり、2012
年3月に仕事から完全に引退したこともあり、反原発の市民運動に参加すること
になりました。
 福岡県革新懇が九電交渉を行った帰りに、九電前青柳テントを教えてもらい、
初めてテントに顔を出しました。
 青柳行信さんが、九電本社ビル前に毎日テントを張って反原発に頑張っている
事と、青柳メール通信を毎日発信し、福岡県内や九州圏内日本中の多くの反原発
の立場に立つ人に情報を提供している事が分かりました。
 そこで、ちょうど1年前の2012年の暮れに青柳通信に「即時原発ゼロの設
計図」を投稿してみました。晦日に投稿し、正月が明けて追加投稿しました。そ
の結果、長年の努力により、日本中の多くの人にメールが配信されており、又青
柳通信はブログで転載されて、非常に有効な情報伝達手段に成っていることが分
かりました。
 それでそれから1年間、新聞やインターネットで気が付いた原発問題やエネル
ギー問題について、時々青柳通信に投稿するようになりました。
 その中には、一定の纏まったテーマーもありましたので、「九電の原発再稼働
の科学的・技術的な問題」をまとめました。ただ、このテーマーは福岡核問題研
究会で研究・解明された問題を多数取り入れさせてもらって、青柳通信の個々の
短文と組み合わせて、作成されました。
 これからも、原発問題の話題があれば、青柳通信に投稿をしたいと思っています。

★ 鈴木 彰(憲法ひろば)さん【1000日メッセージ】
第1000日目万歳!
都知事選まっさかりの東京から、1000日目の座り込みに、言葉に尽くせない
感謝と連帯の挨拶を送ります。

☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

★ ハンナ&マイケルさんから:
1000日記念パーティ、盛り上がりましたね。会場にあふれんばかりの人で、新た
な絆がそこ、ここで生まれていたようです。記念冊子を作るためのカンパを集め
るために、ゼロノミ
クマ・クッキー100個焼いてもっていきました。1個100円で完売し、14576円のカ
ンパが集まりました。ありがとうございます!メッセージも、メールで一番乗り
してくださった歌野
敬さんの文から、パーティ当日集まった31通まで、すべて採録してこれから編集
作業に入ります。2月初旬にはできあがっているはずですが、記念冊子なので発
行日は3月11日としま
す。
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆
<皆様からのメッセージで1000日目記念の手作りパンフを作成します。
全員のメッセージが採録された、思い出の数々の写真をちりばめた小冊子は
皆様の活動の良き記念にもなることでしょう。
(1000日目記念の集い編集部ハンナ&マイケル)>
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1000目報告☆
呼びかけ人賛同者1月13日3114名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月14日1名。
   庄山進
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
とても 楽しいつどいでした。
集まっている皆さんの 多彩なこと 今更ながら驚きです。
これだけのパワーがあれば なんでもできると 意を強くした次第です。
今日は たくさんの写真を掲載しました。
輝いている 顔です。
あんくるトム工房
1000日目のつどい-1 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2817
1000日目のつどい-2 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2818
1000日目のつどい-3 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2819
1000日目のつどい-4 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2820
1000日目のつどい-5 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2821

   みなさま ありがとうございました。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆松山で「伊方原発とめまっしょい!」 若者たちの新春行動
     (左門 1・14-536)
※しんぶん赤旗1・14.女性公務員の言葉、「原発は建設した時点ですでに危
険なゴミです。
福島原発事故の原因さえ分かっていないのに、再稼動など絶対にしてはなりませ
ん」。
この認識を国民の圧倒的多数にするために、「座り込み1001日目は始まる!」。

座り込み1000日到達 感謝・連帯・前進!メッセージ
  ありがとうございます!お陰さまで、全国の被災地と被災者に連帯させて頂
きました。
「連帯詠草」をお送りしてから535日目になります。
明日の歌に思いを込めましたように、1000日は「一里塚」ですね。
お互い、健康に留意しながら次の塚へ進みましょう! 
535首の中から、30首を選んで祝意に代えます。    
   橋本左内こと「左門」生
「原発とめよう!九電前ひろば」連帯詠草30選
01 方舟を準備すべきの危機なるに放射能まみれの惑星をつくる(2012・
7・28)
02 収束も廃炉の業も知らずして見切り発車の原発列島(7・29)
03 原発を許さぬ二〇万の一人とて国会包囲の群れに居たりき(7・30)
04 わが旗は団扇太鼓に墨書せる「無核無兵」と「九条安国」(7・31)
05 線量の高きに耐へる紫陽花の深むらさきの憂ひを知るや(8・1)
06 再稼動してから調べる活断層 泥縄といふに言葉も絶へたり(8・2)
07 かのムラの巻き返しとふ再稼動 活断層に墓標はつづく(8・3)
08 原発で七つの海に湯を流し気象異変を造る暴虐(8・4)
09 原水爆禁止世界大会の宣言に「非核の世界」明白に盛らるる(8・5)
10 原爆の作戦投下忌日なり「ヒロシマ紀元67年」(8・6)
11  トルーマンの孫被爆者に傾聴す心よ変はれ歴史よ変はれ(8・10)
12 フクシマのヤマトシジミに異変あり人に先立ち被曝者となる(8・12)
13 長泥は帰還困難区域なれば星のみ降りて無住となりぬ((8・17)
14 楢葉町の宝鏡寺なる古刹より仏像たちも避難中なり(8・27)
15 九電にシナリオ書かせ読み上げて討論会は結論「安全」(8・31)
16 原発阻止九電前行動五〇〇回現代における千日修行ぞ(9・1)
17 アメリカの神父が訪れ祈りたり「Atoms for Peace」は誤りなりしと
(10・24)
18 人の世の罪を荷負へる線量のホットスポットに啼くきりぎりす(9・26)
19 「結婚をしない方向へ割り切った」放射能と対峙する乙女(10・31)
20 セシウムの染みて紅葉となりにしを集めて棄てて水くぐるとは(1・12)
21 福島で砂場遊びを奪われて砂型遊びを知らぬ子どもら(2013・1・19)
22 九州の四十八士の本上梓 「九州原発ゼロへの視点」(2・1)
23 玄海と川内原発中止せよ 九州七県のネットワーク元気(6・10)
24 大飯より飛ばせし風船は東京の多摩市に至る厖大なる風下(6・15)
25 黒海は山紫水明のシノップ村に原発押売り強盗は日本の首相(7・15)
26 「もうひとつのアメリカ歴史」を暴露せしストーン監督が被爆者に聴く
(8・8)
27 雪舟の「山水図」観る何処にも原発無くて民のどかなり(11・6)
28 奥能登の原発建設阻止せしは珠洲の門徒の果敢なる抗ひ(11・22)
29 元朝も日輪盛んに燃え昇る神州を汚す原発透かして(2014・1・1)
30 滅亡を「原発ゼロ」で阻止せむと座り込み抗議千日を明日に(1・12)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休明け、今朝配達されてきた西日本新聞朝刊紙面では、関連記事はありません。
2面の風刺画に、安倍首相が、細川・小泉の両氏に対して、「原発問題は国政マ
ターだよ」と言っている姿を描いたものがあります。

さて、ネットの記事を拾ってみます。
被災地フクシマ、
1.<避難指示解除4月軸 都路、旧警戒区域で初>福島民報1月13日09:26
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011313244
記事<今春の避難指示解除が検討されている福島県田村市都路町の避難指示解除
準備区域について、「4月解除」を軸に政府と市、住民による調整が進められる
見通しとなっ
た。12日、同区域を抱える一部の行政区で開かれた三者による会合で、住民側
の提案に政府が前向きな姿勢を示した。解除されれば、東京電力福島第一原発事
故による旧警戒区域
で初めてとなる。区域内の残る行政区でも近く会合を開き、2月中にも解除時期
が固まる見通しだ。。

2.<特集復興への闘い 震災3年の現実(11)第1部 市町村の苦悩 問わ
れる説明責任>
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9028.html
記事<「こういう事故があってはならないんだ」・・・・鮫川村役場で村長大楽
勝弘(67)の大声が響いた。放射性廃棄物の仮設焼却施設爆発事故から4日が
過ぎた平成25年9
月2日。管理する環境省職員と運転を受託する会社の担当者を前に、怒りを抑え
切れなかった。施設は住民の「満場一致」の賛成を受けて稼働したわけではな
かった。不安を訴える
住民に安全性を説いてきた村の根拠は事故発生で崩れる。・・・・事故の余波
は、近隣自治体にも及ぶ。塙町は同4日、同省に安全対策の徹底などを求めた。
いわき市の4市民団体
が仮設焼却施設の廃止などを求める要望書を市に出す。市は同5日、徹底した原
因究明と再発防止などを求める申し入れ書を同省に提出する。・・・・・村は事
故発生の一報を
防災無線で流さなかった。対応に批判が集まる。村は「住民の不安をあおっては
いけない」と考えた。村地域整備課長の近藤保弘(58)は当時の判断を後悔し
ている。「事故の程
度にかかわらず知らせるべきだった」・・・・・・・・・・・・・・・・・運転
は今年3月までに再開される見通しだ。・・・・・県内の市町村は、東日本大震
災や原発事故発生
後、独自の判断を迫られる局面が増えた。住民生活に最も身近な自治体として住
民からの期待は大きい。一方で、課題解決をめぐり、国や制度との闘いを強いら
れる。葛藤は続く。


被曝労働、
3.<汚染水作業 福島地検 関電工を不起訴 告発作業員 民事訴訟へ>しん
ぶん赤旗1月13日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-13/2014011315_01_1.html
記事<・・・・福島第1原発事故の緊急作業で高汚染水被ばく事故により健康不
安にさらされている元原発作業員の男性(47)が、所属会社と元請け企業の関
電工(東電子会社)
に対し労働安全衛生法などに違反するとして刑事告発した問題で、福島地検は不
起訴処分にしたことが12日、関係者への取材で分かりました。男性は、元請け
などを相手取り、精
神的苦痛に対する慰謝料などの損害賠償請求訴訟を準備しています。・・・・・
男性によると、昨年12月20日付で福島地検から「不起訴」処分したとする通
知が今月9日に郵送
されてきました。男性は、いわき市の東電関連会社(2次下請け)に所属(当
時)。2011年3月24日、3号機の原子炉タービン建屋で電源ケーブルを敷
設する緊急作業な
どで約11ミリシーベルトを被ばくしました。・・・・・・男性は12年11
月、労働安全衛生法及び電離放射線障害防止規則に違反するとして関電工、所属
会社を刑事告発しまし
た。・・・・・弁護団によると、検察は、緊急作業時の被ばく限度の線量が
250ミリシーベルトで、男性の被ばくは限度未満で作業内容に違反は認められ
ない、と判断したとして
います。・・・・・・・・・・・・・・・>

4.<13日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数>福島民報1月14日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
5.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月13日 17:23
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140113/1473306
記事<▼空間放射線量率(13日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

6.<宮城県、原発防災訓練を縮小 自治体に配慮し想定甘め。河北新報1月
13日08:17
⇒http://j-blocks.com/news/chiho/chiho_tohoku.htm
記事<宮城県は29日、東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の事故に備
えた原子力防災訓練を実施する。東日本大震災後初となるが、規模は大幅に縮小
する。復旧途上にあ
る沿岸自治体の負担を回避するため、災害想定も甘めの設定となっ
た。・・・・・訓練は、放射能漏れを伴う重大事故に備えるのが目的。原発の立
地自治体に加え、半径30キロ圏
にある登米、東松島両市、涌谷、美里、南三陸各町が初参加する。テレビ会議シ
ステムを使った情報伝達訓練や放射線の観測準備を実施す
る。・・・・・・・・・参加規模も震災前
の約2000~3000人から百数十人程度に縮小する。・・・・・被害想定に
ついて、県原子力安全対策課は「大地震や津波を盛り込むと訓練手順や内容が複
雑になる」と説
明。「まずは情報伝達をしっかり確認したい」と話す。・・・・・訓練が限定的
な内容にとどまる背景には、沿岸被災地の事情もある。非常時に使う道路が未整
備だったり、住民の
避難計画そのものが整っていなかったりするためだ。・・・・・>
・・・・・・今、事故が起きれば、大混乱することを暗示しています。

再生エネルギー
7.<太陽光発電、不適切業者排除へ 経産省、月末にも調査結果>西日本電子
版01月13日 18時42分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30376/1/
記事<再生可能エネルギーの普及を促す「固定価格買い取り制度」をめぐり、太
陽光発電の設備認定を受けたのに運転を開始しない事業者に関する調査を経済産
業省が実施し、結果
を月内にもまとめることが13日、分かった。個別の事情を調べた上で不適切だ
と判断すれば、2013年度中にも事業認定を取り消す可能性があ
る。・・・・・・・固定価格買い
取り制度で、電力会社が再生エネルギーを買い取る価格は設備認定時の金額が適
用される。一方で、多数の太陽電池が組み込まれた「太陽光パネル」の価格は値
下がり傾向にあり、
パネルが安くなってから発電設備を整え、利益を膨らませようとする事業者が出
ているもようだ。・・・・・・。

都知事選
8.<都民調査 「投票行く」93% 都知事選 舛添氏、細川氏、宇都宮氏に
支持>東京新聞1月13日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011302000127.html
記事<本紙は二月九日投開票の東京都知事選挙を前に、都政や国政に関する世論
調査を行った。投票について「必ず行く」と「たぶん行く」と答えた人が合わせ
て93%に上り、関
心の高さを示した。都知事にふさわしいと思う人は誰かを聞いたところ、半数は
「決めていない」「分からない・無回答」と答えたものの、元厚生労働相の舛添
要一氏(65)を挙
げた人が最も多かった。・・・・・調査では、都知事選への出馬を表明、または
出馬が取り沙汰された人物を選択肢に挙げ、次の都知事にふさわしいと思うのは
誰かを聞いた。舛添
氏に次いで元首相の細川護熙(もりひろ)氏(75)、前日本弁護士連合会長の
宇都宮健児氏(67)が続いた。・・・・・都知事に求められる資質には「実行
力」を挙げた人
が最も多く、次いで「発想力」と「行政経験」「調整力」と続いた。投票の際に
重視する政策は「医療・福祉」「教育・子育て」「原発・エネルギー政策」「雇
用対策」の順だっ
た。・・・・・・・・◆改憲反対56% 脱原発6割超・・・・・・・・・安倍
政権が「重要なベース電源」と位置づける原発の政策をめぐっては「すぐに原発
ゼロにする」と答え
た人が一割超、「ある程度時間をかけてゼロにする」が五割を超え
た。・・・・・・・>

参考記事、
9.<原発依存か、脱原発か:【基礎知識】原発のごみの捨て場所はあるの
か?>毎日01月14日
⇒http://mainichi.jp/ronten/news/20140110dog00m010053000c.html
・・・・・・・4ページにわたる長文記事、時間があれば検索してお読みください。

10.<事故の終息が見えないのに原発輸出――日本に降りかかるであろう大災禍
を覚悟せよ ジャーナリスト斎藤貴男>毎日1月14日
⇒http://nihon-ronten.jp/preview/0001.html
記事<小泉発言が議論を筋違いの方向へ逸らさないか?・・・・・・・・・・・
脱原発を目指す運動との連携や新党結成には否定的だが、なにしろ人気抜群の小
泉進次郎衆議院議員
の父親だ。自身も政界引退五年目にしてなお強い影響力を誇示しているだけに、
市民グループや活動家らの多くは歓迎ムード。百万の援軍を得た思いでいるらし
い。・・・・・社会
全体に一石が投じられたことになるなら大いに結構。ではあるけれど、元首相の
登場が原発をめぐる議論を筋違いの方向に逸らしかねない副作用を、筆者は恐れ
てもいる。日本版N
SC(国家安全保障会議)の設置や特定秘密保護法案、集団的自衛権の行使容認
への流れ等々で強権をいや増す一方の安倍政権の下、ある種の目くらまし効果を
狙った大胆な演
出(スティング)ではと疑ってしまうのは、穿ち過ぎた見方だろう
か。・・・・・というのも原発問題の現状は、一般の理解をはるかに超えた異形
を顕しつつあるからだ。「原発ゼ
ロ」どころか安倍政権は、「原発立国」を目指していると断じて過言でな
い。・・・・・・・・>
・・・・・以下、興味深い指摘です、こちらも期間があれば、どうぞ。

11.<福井)ゆきのした史料館 移転・存続へ 民衆資料2万点>朝日1月14
日03時00分⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1D5404G1DPGJB009.html
記事<福井の空襲や大地震の記録を保存する「ゆきのした史料館」(坂井市丸岡
町里丸岡1丁目)が、建物の老朽化を理由に引っ越すことになった。これを機に
2万点とされる資史
料を整理して使いやすくする方法を考えたり、移転先を探したりする存続運動実
行委員会(仮称)が春に結成される。・・・・・・開設は2001年だが、保存
品は戦前戦後の音
楽・演劇・美術・教育・郷土史と多岐にわたる。・・・・・・史料館の意義を際
だたせているのは、民衆の視点からの収集を徹底した点だ。60年代からの福井
空襲記録運動や90
年代の反戦平和の取り組みが、全国各地の空襲記録の受け入れ、召集令状など実
物資料の収蔵につながった。手回し蓄音機や炭火アイロンなど人々の息づかいを
伝える現物、反原
発運動・サークル活動・労働争議・街づくりの記録も多く、研究者から「宝の
山」といわれる。これらは戦後ながらく会員や支援者宅を転々としてき
た。・・・・・・・3年後がめ
どの移転に備えて移転先や維持費の確保、新史料館の役割を話し合う実行委につ
いては「ゆきのした文化協会」(0776・73・0720)へ>
・・・・・・・“反原発運動”―民衆の運動の歴史の保存、興味深い。保存を続け
てほしいです。
今朝は以上です。(1.14. 4:16)
※編集作業簡略化のため、見出しと記事の前後の「」を<>に変更しています。
※この新聞記事紹介へのご意見は等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

本日● 1月14日(火)14:00から14:30
九電テント前で「1000日目当日」集会 
    <当日現場で記者会見>
14:30から九電本社 「再稼働しないようの要請」交渉申し入れ●

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。
 
● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7256(+29) (1/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第999目報告☆

2014.01.13(19:31) 1231

青柳行信です。1月13日。

本日● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm

★ 西山進さん(長崎で被爆)さん【1000日メッセージ】
九電前広場座り込み店と1000日を迎えて
 2011年3月11日、福島原発がメルトダウンを引き犯し、放射能の漏えいなど甚
大な被害を生み出しました。その時、東電や、国は「被害を矮小化し、放射能は
今直ちに健康に影響はない」と発表しました。その時私の脳裏を走ったのはあの
忌まわしい戦争の時代、騙され続けた大本営発表でした。広島、長崎の原爆投下
に、「わが方の損害は軽微なり」とうその発表で国民をだまし続けた、あの悪夢
がよみがえったのです。もちろんそれは被爆者だけではなく多くの戦争体験者が
気づきました。
 その欺瞞が、激しい怒りをよび、「原発なくせ」の声となり、私たちは座り込
みを提起し、2011年4月20日、九電本店前前で「さよなら原発」を求めて座り込
みを始めました。
 私は、最初座り込みも、天神パルコ前で3日ぐらいかなとかんがえていまし
た。ところがあとはご承知の通りです。在特会や公安の妨害をはねのけて、原発
なくせの声を背負って、
座り込みを続け、テントは何と明日、1月14日で1000日目に到達です。
 一歩も引かない皆さんの熱い志が胸に伝わってきます。
とりわけ、私の胸を打ったのは青柳行信さんの不屈の姿勢でした。テントの前に
「雨にも負けず」の宮沢賢治の詩が掲げてあります。「雨にも負けず、風にも負
けず」まさにあの詩の通り、青柳さんの執念はこつこつと刻まれていきました。
私たちの運動はヒーローを作る運動ではありませんが、その不屈の行動に対し、
私は素直に感動し、これから一層、支援の気持ちを固めなければならないと思い
ます。
 おそらく九電の社員も「すげえなぁ」と驚いていると思います。口には出さな
いけれど、下手に再稼働はできなくなりつつあります。マスメデァには乗らない
けれど、完全に私たちが勝っているのです。
 1/13 今日は手作りのごちそうが並んでいるようです。大いに語り合って、人
間の命を大事にする国に作り替えましょう。
 ベストセラーも書いてない漫画家ですが「昭和ひとけた、被爆者の遺恨」です。

原爆がもたらしたもの
 原爆は、広島と長崎を一瞬にして死の街に変えました。
 赤く焼けただれて膨れ上がった屍の山。眼球や内臓のとび出した死体。
黒焦げの満員電車。倒れた家の下敷きになり、生きながら焼かれた人々。
髪を逆立て、ずるむけの皮膚をぶら下げた幽霊のような行列。
人の世の出来事とは到底いえない無残な光景でした。
わが子や親を助けることも、生死をさまよう人に水をやることもできませんでし
た。人間らしいことをしてりやれなかったその口惜しさ、つらさは、生涯忘れる
ことができません。
 いったんは死の淵から逃れた人も、また、家族探しや救援に駆けつけた人たち
も、放射能におかされ、次々に髪が抜け、血をはいてたおれていきました。
 原爆は、今に足るまで、被爆者のからだ、くらし、こころにわたる被害を及ぼ
し続けています。
 原爆は、人間として死ぬことも、人間らしく生きることも許しません。核兵器
はもともと「絶滅」だけを目的とした狂気の兵器です。
 人間として認めることのできない絶対悪の兵器なのです。
(原爆被害者の基本要求より)

★ 原口くに子(ふみん福岡) さん【1000日メッセージ】
1000日おめでとうございます。
「再稼動絶対NO!」の思いは広がるばかりです。
 福岡の反原発運動のみならず、全国の運動にとっても九電前テントの取り組み
は大きな励みですね。
今年は安倍政権と真正面からの対決の年です。原発・秘密・戦争のどれをとって
も、歴史のターニングポイントになる2014年に、九電前テントの重要性はま
します。
なかなか伺えませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。
今年も3・8国際婦人デー行動を取り組みます。
「戦争は命かけても阻むべし、母・祖母・おみな牢にみつるとも」の思いを女た
ちの行動にしたいものです。
         
★ 新婦人福岡No! nukes☆反核女子部 メンバー一同さん【1000日メッセージ】
青柳さま、九電前テントの皆さま
1000日間、九電に対する抗議行動お疲れ様です!
まだまだ続きそうですが、今年こそは九電が原発を諦めるように
皆で頑張っていきましょう!

★ 堤 和子さん【1000日メッセージ】
九電前座り込み ついに1000日目! やったね!!
青柳さんを始め テントに関わってきた皆さんも 本当にお疲れ様。
これからは行政が 我々仲間達を 縦割りにズタズタにしてくるだろうから
私達は どこまでも横へ横へと繋がりを伸ばして…
原発体制と戦争体制をくつがえしましょう!
青柳さん 今度は2000日目を目指して 宜しくね!

★ 榊山 惇さん【1000日メッセージ】
青柳行信 さま
 <1・13『1000日目記念の集い』> 開催とのこと。
私は、何度か金曜日の夜に行ったことがあるだけですが、
『千日回行』ならぬ幾多の試練を乗り越えられて、
千日を迎えられますことをお祝い申し上げます。

ここまで九電の玄海原発・仙台原発の再稼働を止めて来た
防波堤の役割を充分果たされてきたことと存じます。
この間、絶え間なくテントを張り続けてきた青柳さまと皆さまの
努力と奮闘そして鍛錬に敬意を表します。

さて、聞き及ぶ処によりますと、テントの設営・撤収を一人で
されることも度々あるとか。 
大勢でやれていない状況を伺っております。
青柳様のお身体のこともあり、千日を大きな機会として
テントを撤収されるという御決断の時機だと思います。

千日の機会を逃しますと、1100日とかはありえず、
二千日か、玄海原発廃炉か、玄海原発再稼働か
と云う、先の長い事態になってしまいます。
御無理のない活動を継続されますようお祈り申し上げます。

★ HΛLさん【1000日のメッセージ】 
630人目くらいの呼びかけ人賛同者のHΛLです。
1000日、よくぞ頑張りました。雨の日も風の日も、台風がきても右翼が来ても!
青柳さんと、原発を止めたい皆さんの粘りの賜物と思います。
本当はもっと早く、原発をやめることに国が決めて、九電前も経産省前もテント
は無事解散……のはずだったことを思えば、長く続いたことがおめでたいわけでは
ありませんが、ひとまず一人の弾圧者もケガ人も出さずにここまでやれたことは
上出来と言ってよいと思います。
こちらは東京で、出張もない仕事柄、なかなか九州までは行けないので、ネット
動画でテントの青柳さんを拝見したりしています。
でも、毎日のメルマガでおなじみのあの方にもこの方にもぜひお会いしたいの
で、いつか絶対遊びに(?)行きます!
2011年は東電前抗議とデモに明け暮れ、2012年から去年は被弾圧者の救援と野宿
者支援でバタバタしつつ、福島原発告訴団に加わり生まれて初めての陳述書や告
訴状など書いてみたり、オスプレイが来ると言っては防衛省に抗議に押しかけ、
五輪が来ると言っては反対デモで銀座を練り歩き……福岡のKさんのことも大阪のU
さんのことも東京のAさんのことも、みんな心配しつつ、カンパもできたりでき
なかったり。
そんな日々を送っています。
ネットで情報を追うだけでアップアップしていちゃ本末転倒だなと反省しつつ、
今日も夜ふかしして、たまった九電前ひろばのメルマガに目を通してます(笑)。
青柳さん、みなさん、これからも元気でいてくださいね。どんどんきな臭さが加
速していくこの国で、みなさんの存在が心の頼りです。
みなさんにきっと会いに行きます。

★ 河野礼至さん【1000日メッセージ】
1000日の座り込みに敬意を表します。
九電本社前のテントでの座り込みに敬意を表します。私たちも川崎町大ヶ原(だ
いがはら)の産業廃棄物処分場反対運動で,業者の工事を阻止するために4年あ
まり大ヶ原団結小屋を建設して座り込みの取り組みをしました。でも業者がユン
ボを動かして工事を始めたときは本当に興奮しました。その頃出回っていた携帯
電話でみんなを呼び寄せ、実力で工事を5回止めました。命をかけた闘いでし
た。だから、毎日、「工事が行われていないかどうか」が頭から離れませんでし
た。みんなが朝集まって、時間を決めて残れる人を確認して、酪農家の温かい牛
乳を飲んで職場に向かったものです。電気も電話、水道も整備して暮らせるほど
になりました。でも、仮処分裁判で勝訴してから,集まりは日曜日だけになりま
した。
この、大ヶ原団結小屋は、たくさんの人が訪れました。共産党県議団、公明党県
議団、研究者などが集まり、いろんな話を聞きました。ゆとりができると忘年会
や、お正月には「初日の出を見る会」や「書き初め」を企画したこともありました。
 12年ったって老朽化した大ヶ原団結小屋も台風で壊れてしまい、すべて吹っ飛
んでしまいました。2年前に最高裁で住民が勝訴してから運動は落ち着きました
が約18年かかりました。
 玄海原発の再稼働阻止葉当面する課題ですが、原発廃炉の闘いは後何年かかる
か予想もつきませんが「継続こそ力」です。集まる場所『居場所』をつくること
は、運動の拠点になると思います。集まることで情報を交換し、明日への闘いの
活力を生み出すものです。
 九電前テント村の取り組みが1000日を迎えたことに対して、その粘り強い努力
は必ずや花開き、日本と世界から原発と核兵器を廃絶するたたかいにつながる壮
大な運動の拠点になることを心から願っています。

★ 緒方貴穂さん【1000日メッセージ】
青柳行信様
寒中お見舞い申し上げます。
「ひろば」1000日、本当にお疲れ様です。
これまで青柳さんからいただいたメールの中で、
可愛らしいお孫さんの写真が特に心に残っています。
子どもたちに何を遺したいのか、
私自身問われていると感じています。
1/13日は福岡にいないため「記念の集い」には参加できませんが、
これからも青柳さんのご健康が守られますようお祈りしています。

★ 豊島耕一さん【1000日メッセージ】
1000日にもわたる努力に感謝します.佐賀の金曜行動も1年半になります.
宣伝,事故対策などの技術論,裁判,自治体への追及,直接行動など,
あらゆる面で活動し,再稼働を阻止しましょう.

★ 田中美和子(大木町あーすくらぶ)さん【1000日メッセージ】
青柳さん
本当にお疲れさまです。
アレン・ネルソンさんの講演会から御縁ですね。
テントはまさに脱原発のシンボルで、
そのおかげでテントでもメールでも、デモでもつながることができました。
私もできること少しずつやっていきますね。

☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第999目報告☆
呼びかけ人賛同者1月12日3113名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
寒さが一段と厳しくなってきました。
本日の1000日の記念のつどいを楽しみにしている方が
たくさんいらっしゃいます。
とても楽しいつどいになりそうです。

東京は 宇都宮さん 沖縄は稲嶺さん そして糸島は木村さんの
ムードを盛り上げましょう。
今年は 日本の世直しの年です。
あんくるトム工房
1000日目のつどい ご案内 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2816

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆壮大な「原発ゼロ」への座り込み 千日修行は一里塚なる
    (左門 1・13-535)
※狂気のアベノミクスは、さまざまな言辞・手管を弄して、再稼動・新設・販売
を強行しようと企んででいます。ナマジでない「ツワモノ」です。
千日の段階で、臍を固めるためにパウロの聖書の言葉を参考にしたいと思います。
「それだけではなく艱難をも喜ぶ。なぜなら艱難は忍耐を生み出し、忍耐は練達
を生み出し、練達は希望を生み出すことを知っているからである。そして、希望
は失望に終わることはない」(ローマ書5章3~4節)。
1000日の艱難の中で忍耐を体験し、練達への光を望み見ることが出来ました。
この光を熱になるまで追求しましょう!
すでに、アベノミクスは唯一の「同盟国」に「失望」されました。
私達へは世界の識者たちが連帯と励ましを寄せてくれました。
二里塚ではもっと広く・大きくしましょう!!

★ 中西正之 さんから:
西日本新聞の九電本店前青柳テント報道
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11748798711.html

しんぶん赤旗で九電本店前青柳テント報道
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11747043043.html

★ 栗山次郎 さんから:
<寒中見舞い>
皆さん、
お元気で新しい年をお迎えのことと思います。
多くの方から年賀状や年賀メールをいただきました。
有り難うございます。
遅くなりましたが、新年の挨拶に代えまして、寒中見舞いを
申し上げます。
干支の絵もなければ写真もない、テキストだけの少し旧式の
長い挨拶ですが、
http://tinyurl.com/kmcsxao
をご覧ください。
今年が皆さんには健康で平安な年でありますように!
P.S. 今まで書面で差し上げておりましたが、今回はメール
でお送りしている方もいらっしゃいます。
うまく届いてくれるといいのですが・・・。

★ カジアキ さんから:
今回は私ブログではなく、
ブログ仲間の記事の情報拡散です。
皆さんにとっては今更な情報かもしれませんがお目通しを。
●追記★危険な再稼働ラッシュ★桜島火山灰の影響から見る原発事故シュミレーション
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11748639617.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
一昨日(11日)の夕刊に、次のような記事があったことを見逃しました。
1.<避難ママ 心の子守歌 震災後3度目の新年 (中) あやもさん>
・・・・・・残念ですが、ネットに記事を見いだせません。(上)の記事はネッ
トにあります、(中)の記事もアップされるとよいのですが、
1’.<【人の縁の物語】<45>避難ママの千日(上) 東京→福岡 あやもさ
ん 幸せの意味 考え続け>西日本(最終更新12月10日 13時39分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/57282

さて、今朝は、九州に近いところの記事から始めます。
2.<山口県知事選 飯田氏、出馬へ>毎日新聞 2014年01月13日 東京朝刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140113ddm002010126000c.html
記事<山本繁太郎知事(65)の病気辞職に伴う山口県知事選に、NPO法人
「環境エネルギー政策研究所」(東京都)所長、飯田哲也氏(55)は無所属で
立候補する意向を固めた。次点だった2012年の前回選挙に続き、脱原発と再
生可能エネルギー拡大を掲げる予定で、同県上関町に中国電力(広島市)が計画
する上関原発の是非が最大の争点に浮上しそうだ。>
・・・・・・こんどこそ。

3.<愛媛・伊方原発:全基停止あす2年 3期連続、赤字は必至 四電、再稼
働見通し立たず /香川>毎日新聞01月12日 地方版
⇒http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20140112ddlk37040364000c.html
記事<少し長い記事<四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)が全基停止してから
13日で2年を迎える。四電は昨夏、原子力規制委員会へ再稼働に向けた安全審
査を申請したが、規制委が求める審査項目の提出は終わっていない。規制委の更
田(ふけた)豊志委員は10日、伊方3号機の安全審査について、今夏までに終
える見通しを示したが、再稼働の時期は不透明だ。四電は料金値上げのほか、陸
上部廃止などの経営合理化を実施したが、原発停止による燃料費増加幅は大き
く、3期連続の赤字は必至との見方が広がっている。・・・・・・・(以下、状
況解説)・・・・・・・四電は13年7月、原子力規制委員会に対して3号機の
再稼働に向けた安全審査を申請。規制委によると、現在、四電は新規制基準を満
たしていると確認するために資料を求めた主な27審査項目のうち、4項目(一
部提出済みを除く)が未提出だ。四電は「1月中には出し終えたい」としている
ものの、見通しは立っていない。・・・・それでも、千葉社長は今年の年頭所感
で「『事業運営の正常化』には伊方3号の一日も早い再稼働による収支ならびに
需給の改善が大前提」としており、四電は再稼働を急ぐ考えだ。>

次に、福島第一の現場、
4.<タンクせきから水漏れ50トン=放射能は基準値未満-福島第1>時事通
信01/12-18:47
記事全文<東京電力は12日、福島第1原発で放射能汚染水の貯蔵タンク群を囲
むせき内にたまった水が漏れたと発表した。漏出量は推定50トン。たまり水は
雨水とみられる。昨年末以降、複数のタンク群で、せきの継ぎ目部分の劣化など
によるたまり水の漏出が相次いでいる。今回漏れたたまり水からはベータ線を出
す放射性物質が1リットル当たり62ベクレル検出された。ストロンチウム90
は同5.9ベクレルで、東電の排水基準(同10ベクレル)を下回った。>
次の記事、この新聞社らしい見出し、
4’.<タンク堰のたまり水50トン漏洩 福島第1 雨水で放射性物質は微量
か>産経1.12 13:40
⇒http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140112/dst14011213410005-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
記事<東京電力は12日、福島第1原発で汚染水を貯蔵した地上タンクのコンク
リート堰(せき)内にたまった水が、推定約50トン漏洩(ろうえい)したと発
表した。タンク内の水位に変化がないことから漏れ出たのは雨水で、含まれる放
射性物質も微量とみられる。東電によると、漏洩があった堰は「G4南」と呼ば
れるタンク群で、協力会社作業員がパトロール中に発見。11日午後に7センチ
だった堰内水位が、12日午前に3センチまで低下していた。堰の隙間を埋めた
止水材がはがれ、漏れたとみられる。たまり水の放射性物質濃度は検査中だが、
昨年12月26日の時点ではストロンチウム90は1リットル当たり2・7ベク
レル(暫定基準値は同10ベクレル)、放射性セシウムは検出限界値未満だ
った。>

フクイチに関する参考記事、
5.<福島第1 ALPS、4月にも本格稼働 海洋放出 汚染水処理に道筋>
産経新聞 1月12日(日)7時55分配信?
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000057-san-soci
記事<東京電力福島第1原発の汚染水処理の中核として試験運転が進められてい
る多核種除去装置(ALPS(アルプス))の本格稼働が、早ければ4月中に行
われることが11日、分かった。汚染水対策の切り札とされたが、トラブルが続
き稼働が延期されていた。ALPSの本格稼働で汚染水を処理した水が海洋放出
できれば汚染水問題は大きく前進する。・・・・・・ALPSはA~Cの3系統
があり、昨年11月に3系統を同時に動かす試験運転に入った。現在は、コバル
トなどを除去する3系統共用の前処理設備が長期運転に耐えるかの確認などを進
めている。・・・・・1系統で最大1日250トンの汚染水を処理でき、3系統
同時にフル稼働すれば1日750トンの処理が可能となる。だが、本格稼働
後は1系統が吸着材の交換など整備による停止を余儀なくされるため、常時2系
統で処理を進める方針だ。・・・・・ 政府と東電は、本格稼働により平成27
年4月までに原発構内の計1千基の地上タンクに保管している水の処理を終える
計画だ。主な放射性物質を除去した水を保管できるようになれば、漏洩(ろうえ
い)があった場合にも汚染を大幅に抑えられる。・・・・ さらに、汚染水の海
洋放出への道も開ける。原子力規制委員会は「(基準値以下に薄めて)海に放水
することは避けられない」(田中俊一委員長)としており前提条件が整う。>
6.<チェルノブイリも空気で冷えた! 「空冷式」は汚染水対策の切り札にな
るのか>産経新聞 1月12日(日)14時52分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000525-san-soci
記事<膨大な量の汚染水に悩む東京電力福島第1原発で、溶け落ちた燃料(デブ
リ)を冷やすため、水を使わない「空冷式」案が急浮上している。デブリを空冷
で冷却できれば、水による冷却で毎日増え続ける汚染水のもとを絶つことができ
るため、政府や東電の中で、大きな期待が寄せられている。高い放射線量を発す
るデブリは長期間冷やし続けなければならないが、水でなく空気だけで十分に冷
やすことが可能なのか-。・・・・・・・・>

終わったこと伝える記事、
7.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:10 「国が一歩前に出る」>朝日
デジタル1月12日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10921403.html
記事<経済産業相の海江田万里は事故直後から「国がもっと前面に立つべきだ」
と考えていた。・・・・・まず着の身着のままで避難する被災者への補償を考え
た。・・・・・原子力損害賠償法は、原発事故の際の政府の賠償責務は、ひとつ
の原発あたり1200億円と定めている。海江田はこれを福島第二原発も含めて
二つ分、2400億円にならないかと考えた。・・・・・・・・>
8.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:11 政治的リスクを懸念>朝日デ
ジタル1月13日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10922819.html
記事<・・・・・・・・・・・・・・・・三又の上司である電力・ガス事業部長
の糟谷敏秀(かすたにとしひで)(52)はいま、政府の廃炉・汚染水対策チー
ムの事務局長補佐だ。当時のことは「知らない」と答えるだけだった。>

政府、昨日あった9.の関連記事
9.<除染費補助に地域格差 環境省と総務省、縦割りの弊害>1月12日05時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/DA3S10921339.html?ref=nmail_20140112mo&ref=pcviewpage
記事<放射線量が高く除染が必要な福島県外の自治体に国の支援が行き届かず、
自治体間で格差が生じていることが朝日新聞の調べで分かった。除染事業を担う
環境省と、財政力の弱い自治体を支援する総務省の政策がかみあわない縦割り行
政の弊害だ。▼3面=同じ線量なのに・・・・環境省は国直轄とは別に自治体が
行う除染費を負担して…以下、有料設定)>
10.<避難指示、4月解除へ言及=旧警戒区域で初―政府側、住民が会合―福
島・田村>時事通信 1月13日(月)2時33分配信
記事全文<福島第1原発から20キロ圏内の福島県田村市都路地区で12日、国と
市、地元住民の3者会合が開かれ、政府側が同地区に設定してある避難指示を4月
に解除する意向を示した。実現すれば旧警戒区域で初。参加したのは一部の住民
で、18日に残りの住民とも話し合い、2月中に解除時期を示す予定だ。>

被災地フクシマ、
11.<避難者と受け入れ自治体の共存共栄を 知事が市長、双葉郡8町村長と
意見交換>夕刊いわき民報01月11日(土)更新
http://www.iwaki-minpo.co.jp/iwaki-city-news/%e9%81%bf%e9%9b%a3%e8%80%85%e3%81%a8%e5%8f%97%e3%81%91%e5%85%a5%e3%82%8c%e8%87%aa%e6%b2%bb%e4%bd%93%e3%81%ae%e5%85%b1%e5%ad%98%e5%85%b1%e6%a0%84%e3%82%92-%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e3%81%8c%e5%b8%82%e9%95%b7.html
記事<いわき市長・双葉郡8町村長と知事との意見交換会が10日、いわき産業創
造館で開かれ、避難者のコミュニティー維持・形成などについて協議した。この
中で、佐藤知事は26年度から、避難者と周辺住民などとの交流活動の仕組みづく
りを担う「(仮称)交流員」を配置する考えを示した。・・・・・意見交換会に
は、佐藤知事、清水市長、渡辺利綱大熊町長、馬場有浪江町長、松本幸英楢葉町
長、伊沢史朗双葉町長、宮本皓一富岡町長、遠藤智広野町長、遠藤雄幸川内村
長、松本允秀葛尾村長が出席した。・・・・意見交換会は冒頭のみ公開で行われ
た。・・・・・・・・・・>

12.<「関連死」で17件和解 紛争解決センター 自主避難1件含む>福島
民報 1月12日(日)08:38配信
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2014011213224
記事<政府の原子力損害賠償紛争解決センターによる和解仲介で、東京電力福島
第一原発事故に伴う避難生活で死亡する、いわゆる「原発事故関連死」と判断さ
れ、東電が遺族に死亡慰謝料を支払ったケースが少なくとも17件に上ることが
分かった。このうち、避難区域以外からの自主避難が1件含まれている。ただ、
センターは和解した詳しい理由などは公表しておらず、司法関係者からは、さら
なる被災者救済の観点から透明性の確保を求める声が上がってい
る。・・・・・・・・・・・・昨年12月末までに和解した5090件のうち、
651件の事例を公表しており、東電が死亡と原発事故の因果関係を認め、死亡
慰謝料を支払ったのは17件あった。・・・・・・・・>
12’.<ADR和解率55.9% 昨年度末時点>福島民報 1月12日(日)9時51
分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000021-fminpo-l07
記事<東京電力福島第一原発事故の被災者と東電の間で和解仲介をする政府の原
子力損害賠償紛争解決センターの平成25年末時点の和解率は55・9%で、
24年末時点の23・7%に対し2倍以上アップした。ただ、申立件数の半分程
度にとどまっている。昨年12月末時点の累計の申立件数は9096件で、和解
成立件数は5090件。24年末時点では、申立件数が5063件、和解成立は
1204件だった。・・・・・ 和解率が高まった背景には、賠償の和解仲介を
する仲介委員の増員がある。仲介委員の人数は24年1月時点の128人だった
のに対し、25年1月時点で205人と1・6倍に増やした。仲介委員をサポー
トする調査官は24年1月時点で30人だったが、25年7月時点には6倍の
180人に増員された。和解成立件数の増加に伴い、直接請求では認められにく
いとされているケースで、東電が賠償を支払う事例も出ている。・・・・・避難
区域から避難中に受けた窃盗被害に対し、東電は依然として「基本的には賠償責
任は窃盗犯が負うべき」として、責任は負わないとする姿勢を貫いている。>

13.<特集:復興への闘い 震災3年の現実(10)第1部 市町村の苦悩 
情報 国から届かず>福島民報1月12日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9023.html
記事<鮫川村地域整備課長の近藤保弘(58)の携帯電話が鳴った。「大きな音
がした。絶対に事故だ」。平成25年8月29日午後2時半すぎ。環境省が実証
施設として村内に建設した放射性廃棄物の仮設焼却施設近くの村民からだった。
運転開始から、わずか10日後だった。近藤はすぐに施設と、同省に電話を入れ
る。「事故が起きたようだが、詳しいことは分からない」としか答えは返ってこ
ない。職員2人を現地に急行させ、空間放射線量を測るよう指示した。「特に変
化はありません」。職員の知らせに一安心したものの、すぐに胸騒ぎを覚え
た。・・・・・稼働前、村民から運転に反対する意見が出てい
た。・・・・・・・・・・・・村民が聞いたのは焼却施設の爆発音だった。すぐ
に、村には住民ら
から抗議が相次ぐ。「絶対に安全だと言っていたじゃないか。責任を取れ」。村
地域整備課の職員は「事故の詳しい原因はまだ分からない。環境省に原因究明と
安全性確保を求めます」と繰り返すしかなかった。村民への説明に追われる事故
直後、必要な情報は同省から届かなかった。・・・・・・・・・事故は焼却灰を
運ぶコンベヤーのステンレス製ケース内に燃え残りの廃棄物が入り、廃棄物から
出た可燃性ガスがたまって引火したことが原因だった。担当者がマニュアルを守
らず、本来運転中は閉めるはずの焼却炉下部とコンベヤー間の扉を閉めなかった
ことによる人為的ミス-。同省が事故原因の概略を発表したのは、事故から4日
が過ぎた9月2日だった。>

14.<福島・大熊町 避難先で成人式>NHK1月12日 16時19分
⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140112/k10014440881000.html
記事<原発事故の影響で今もすべての住民が避難生活を送る福島県大熊町の成人
式が12日、仮の役場のある会津若松市で開かれ、新成人たちは復興への思いを
新たにしていました。大熊町は原発事故の影響で町の全域が避難区域に指定され
ていて、1万人余りのすべての住民が今も県内外での避難生活を余儀なくされて
います。町の成人式は、仮の役場が置かれている会津若松市で行われ、新成人
124人のうち、県内外の避難先や進学先から96人が出席しました。>
14’.<福島・楢葉町が成人式 ヤングなでしこ田中選手も出席>朝日デジタ
ル1月12日17時32分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1D4R53G1DUGTB007.html
記事<全町避難がつづく福島県楢葉町は12日、町の小中学校が間借りしてい
る、いわき市のいわき明星大の仮設校舎で成人式を開いた。町内の中学卒業者や
現在町民である新成人94人のうち81人が参加した。・・・・・・・・>
14”.<(福島)県内の避難自治体で成人式 復興へ決意新た>朝日デジタル1
月13日03時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/ASG1D643RG1DUGTB00V.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG1D643RG1DUGTB00V
記事<成人の日を翌日に控えた12日、県内の多くの自治体で成人式が開かれ
た。東日本大震災や東京電力福島第一原発事故からの復興は道半ばだが、「大
人」の仲間入りをした多くの新成人たちが、ふるさとの再生へ決意を新たにし
た。・・・・・飯舘村では、新成人67人のうち9人が同村伊丹沢にある村立飯
舘中学校を訪れ、未来の後輩に向けてメッセージを書いた。同校は現在、福島市
に避難中。・・・・・富岡町の式は郡山市内であり、約140人が参加。井出雪
菜さん(20)は今春、美容師としてのスタートを埼玉県内で切る。この日の着
付けと髪の毛のセットは、美容師の先輩でもある母幹子さん(45)がしてくれ
た。「母に大人として認められたようで、気が引き締まる」。式の前は朝から母の
店で一仕事。同級生らのセットを手伝ってから会場に向かった。・・・・・浪江
町は二本松市内で式を開き、約200人が集まった。代表の居村知生(ともき)
さん(20)は作業着姿で役場に向かう父にあこがれ、震災を通してその思いが
強まったことなどを紹介。「失った過去は取り戻せないが、私たちの手で、新た
な未来を作り上げていきたい。いずれ先頭に立って、戻りたくなる町づくりに取
り組みたい」と誓った。・・・・・・>
14”’.<成人の日に―逆境をチャンスに変える>朝日デジタル1月13日02時05分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1D4R13G1DUSPT001.html
記事<昨年12月14日、福島県郡山市。駅前ビルの一室で、「ふくしま復興
塾」の第1期生による最終発表会が開かれていた。主役は、20代、30代を中
心とする県内外の若者たちだ。グループにわかれ、5月の開講から約半年かけて
練り上げた事業計画を発表する。・・・・・・・・・(以下、事例)>
・・・・・・避難対象地域では、どこも生まれ育った地域での式ができていない。

15.<福島)「じゃんがら念仏踊り」伝えよう いわきで催し>朝日1月13日
03時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1D2T11G1DUGTB001.html
記事<いわき市を中心に各地で伝承されている郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」
の実演を鑑賞しながら、伝統行事の大切さを考える催しが12日、市のアリオス
であった。市内外から五つのじゃんがら団体が参加、それぞれ個性を感じさせる
踊りを披露した。地域ごとに特徴のあるじゃんがら念仏踊りをしっかりと後世に
伝えていこうと始まり、今年で3回目を迎えた「じゃんがらフォーラム」。市内
から「宮小学校のじゃんがら」や「平窪の子供じゃんがら」、原発事故で町民が
避難生活を送っている双葉町からも「町の復興を願って」と「山田のじゃんが
ら」が参加。地域色あふれる踊りで観客を魅了した。・・・・・・>

16.<「再生エネ」人材育成へ補助制度 県内学生を受け入れ>福島民友新聞
1月12日(日)13時19分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00010011-minyu-l07
記事<郡山市に今春、福島再生可能エネルギー研究所を開設し県内大学との連携
強化を検討する産業技術総合研究所(産総研、茨城県つくば市)は新年度、連携
先として福島大や日大工学部などを視野に入れ、再生可能エネルギー研究所が行
う最先端研究に学生を研究室単位で受け入れる。学生の研究参画を促すため、交
通費や滞在費などの補助制度創設も検討、本県の産業復興の柱となる再生可能エ
ネルギー分野で人材育成を支援する。
 福島再生可能エネルギー研究所は開所後、太陽光発電で福島大と、地中熱利
用などで日大工学部などと再生可能エネルギー関連10テーマについて共同研究を
計画する。大学の研究室で学ぶ学生を、研究所の研究グループなどで受け入れ、
共同研究を活性化させる考えだ。・・・・会津大やいわき明星大などの県内大学
や福島高専との連携も模索している。・・・・・>

17.<12日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数>福島民報1月13日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
18.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月12日 17:35
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140111/1471224
記事<▼空間放射線量率(12日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>

大阪、
19.<(福島)本県の姿 報道写真パネルを展示 大阪>福島民報 1月12日
(日)9時50分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000019-fminpo-l07
記事<東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後の福島県の様子を伝える
福島民報社の報道写真パネル「福島の記録」は11日、大阪府能勢町の田尻小で
催された「田尻の冬まつり」で展示された。・・・・田尻地区人権啓発推進委員
協議会が「被災者の思いや願いを共に考えていく機会にしたい」と展示を企画。
「あの時 県内は」「再生・復興へ」など7部構成の写真パネルを冬まつりの会
場に並べた。・・・・・児童や地元の住民らが大勢訪れ、本県の歩みに思いを寄
せた。・・・・・・>

電力会社、
20.<4電力など39社 オランダ節税か 東証1部。東京新聞1月12日 朝刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014011202000134.html
記事<オランダに子会社を設立して税負担を軽減しているとみられる企業が、本
紙の報道で判明した東京電力を含め、少なくとも東証一部上場企業のうち三十九
社あることが十一日、分かった。節税自体は違法ではないが、大企業の節税で国
の税収が減ることになれば、中小企業や一般個人への増税などにつながりかねな
い。・・・・・・本紙が民間の金融調査会社と共同で東証一部上場企業約千七百
社の有価証券報告書を調べた結果、三十九社が製造や販売などを行う事業会社で
はなく、持ち株会社や地域統括会社などとしてオランダに子会社を置いてい
た。・・・オランダは、外資系企業を呼び込む目的で、さまざまな税の優遇策を
設けている。その代表例が一定の要件を満たした企業を対象に、子会社の利益を
非課税にする「資本参加免税」制度だ。多くの多国籍企業がオランダに進出し、
海外事業のもうけを非課税で受け取り、子会社に利益を蓄積しているとされ
る。・・・・・公益性の高い電力会社では東電のほか関西、東北、九州の三社が
オランダに子会社を置き、海外の発電事業などに投資。オランダ子会社を通じて
五カ国六件のプロジェクトに参画している関電は「税制上の利点を含め、公的な
投資環境が整っているため」と子会社設立の理由を説明。東北電は「カントリー
リスクが低く、会社の設立手続きが容易であることなどを総合的に勘案した。免
税制度の活用も想定している」としている。>
・・・・・・・電力会社はだれのもの? 私企業なんですね、やはり。

21.<活断層3連動で想定値 関電報告、審査短縮を優先>産経新聞 1月12日
(日)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000062-san-bus_all
記事<関西電力が、大飯、高浜両原子力発電所(福井県)周辺の3つの活断層が
連動した場合の基準地震動の想定値を原子力規制委員会に報告していたことが
11日、分かった。関電はこれまで、「3連動」の可能性を否定していたが、連
動しない確実な証拠を示すには時間がかかると判断。規制委の要求に応えること
で審査の促進を図ることにした。規制委が妥当と認めれば、地震対策の問題がほ
ぼ解消し、再稼働に向け前進する。・・・・・・・・規制委は、3連動による大
地震が起これば、両原発に深刻な被害が発生する可能性があるとして関電に想定
値を要求していた。・・・・規制委は今後、関電が報告した基準地震動を検証す
る。妥当と認められれば、関電は新しい基準地震動として設定した上で、3連
動を考慮した施設の耐震安全性評価を行う。>
・・・・・・あうん、の呼吸ですかね。

海外、
22.<リトアニア・エネルギー相、原発新設へ再検討 >日経電子版1/12 0:21
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1101J_R10C14A1FF8000/
記事<【ビリニュス=石川陽平】バルト3国の1つ、リトアニアのネベロビッ
チ・エネルギー相は首都ビリニュスで日本経済新聞記者と会い、国民投票での反
対多数で約1年間中断しているビサギナス原子力発電所の建設計画について、実
現を前向きに検討する考えを明らかにした。日立製作所が優先交渉権を得ている
同原発計画が再び動き出す可能性が出ており、原発建設を巡る国際的な議論にも
影響を与えそうだ。――政府はビサギナス原発を…以下、有料設定)>

東京都知事選、
23.<舛添支持から細川待望へ 手のひら返しの民主党 2014都知事選>DAILY
NOBORDER 1月12日(日)12時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00010000-noborder-pol
記事<・・・・・勝ち馬に乗りたい民主党がフラフラするのは仕方がないとして
も、細川氏の出馬は現時点では「五分五分」(細川氏周辺)という。もし、出馬
しなかった場合は、再び舛添支持に戻るのか? あるいは冗談からコマでタモさ
んか? いずれにせよ、細川氏の動向が都知事選の鍵を握っていることだけは間
違いない・・・・・・・・・>
・・・・・無節操!!
23’.<官邸が仕掛ける細川ネガティブキャンペーンの異常 2014都知事
選>DAILY NOBORDER 1月12日(日)12時39分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00010001-noborder-pol
記事<そもそも自民党が舛添氏の支持を決めたのは、政策より知名度を優先させ
たからだったといわれる。その意味では民主党とかわりはない。そう考えると、
都知事選にまっとうな政策論争を期待するのは、どだい無理な話なのかもしれな
い。・・・・・・・・・・・・・・・・・>

23".<「2、3日前に出馬の決意固めた」 細川元首相の妻明かす>TBS系
(JNN) 1月12日(日)18時7分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140112-00000016-jnn-pol
記事<来月9日に投票が行われる東京都知事選挙をめぐって出馬の意向を固めた
細川護煕元総理について、細川氏の妻が取材に応じ、「2~3日前に出馬の決意
を固めた」と話しました。・・・・・ 「(細川氏は)だいぶ揺れてたみたいで
すよ。揺れながら、だんだんやっぱりやらないといけないのかなと。2~3日前
くらいかな、それ(=立候補の意思)が言葉で感じられたのが」(細川元首相の妻
佳代子氏)・・・・・細川元総理の妻・佳代子さんは12日午後、熊本市内で
取材に応じ、細川氏が、来月9日に投票が行われる東京都知事選挙に出馬する意
向を固めたと述べました。・・・・また、細川氏の出馬の動機について佳代子さ
んは「脱原発に舵を切らないと地球がおかしくなる」などと語りまし
た。・・・・細川氏は、週明けにも、支援を要請している小泉元総理と会談した
後、正式に立候補を表明する見通しとなっています。>

23””.<「脱原発」争点化をけん制=解釈改憲の時期、言及せず-安倍首相
01/13-04:09
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011300019
記事<【マプト時事】安倍晋三首相は12日午後(日本時間13日未明)、東京
都知事選出馬の意向を固めた細川護熙元首相が「脱原発」を争点に据えるとの観
測が強まっていることについて、「エネルギー政策は東京都だけでなく国民の課
題だ。都知事としての(他の)課題もバランスよく議論されるべきだ」と述べ、
原発問題だけに関心が集中するのは好ましくないとの認識を示した。訪問中のモ
ザンビークの首都マプトで同行記者団に語った。・・・首相は具体的な争点とし
て(1)待機児童の解消(2)2020年東京五輪・パラリンピックの対応(3)
防災-を挙げた。細川氏は、同じく脱原発を掲げる小泉純一郎元首相との連携を
目指しており、首相の発言は、細川氏の動きをけん制する狙いがあるとみられ
る。・・・・・>

九州、
24.<佐賀市小中校の電力 市清掃工場の発電利用>佐賀新聞1月12日?
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2607180.article.html 
記事<佐賀市は今夏から、市内の小中学校51校で使用する電力を市清掃工場の
ごみ焼却熱による発電で賄う。新年度に市全体のごみ処理統合がほぼ完成し、発
電量が増加。特定規模電気事業者(新電力事業者)との契約に切り替え、年間約
7千万円のコスト削減につなげるとともに、子どもたちの環境学習にも役立て
る。 ・・・・・市清掃工場は24時間稼働で、焼却炉の熱で発生させた水蒸気
でタービンを回し、年間約2500万キロワット時(2012年度)を発電して
いる。清掃工場と隣接する市健康運動センターで優先的に使い、余った約520
万キロワット時は九州電力に売電してきた。
・・・・・・試算では、新年度はごみの受け入れ地域が拡大し、発電量が増え
る。市は売電先を切り替え、市内53の小中学校のうち、既存の電力網で送電可
能な51校で使用する電力を新電力から購入する。学校の年間消費電力は約
600万キロワット時で、「ごみ発電」による売電分が少し上回る見通しとい
う。 ・・・・新電力事業者は、電力の需給管理だけではなく、ごみ発電が学校
で使われていることを子どもたちが実感できるように地産地消の仕組みの“見え
る化”を可能にするシステムも導入。インターネットを利用して、清掃工場から
の送電量をリアルタイムで確認できるようにする。 ・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、関連記事はありません。
今朝は、以上です。(1.13.6:00)
※編集作業簡略化のため、見出しと記事の前後の「」を<>に変更しています。
※この新聞記事紹介へのご意見は等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

本日● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm
参加費: 1500円(飲食含)
主 催: 「1000日目記念集い実行委員会」 
連絡先: (080-6420-6211 ・y-aoyagi@r8.dion.ne.jp)
メッセージ大歓迎
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆
<皆様からのメッセージで
1000日目記念の手作りパンフを作成します。
全員のメッセージが採録された、
思い出の数々の写真をちりばめた小冊子は
皆様の活動の良き記念にもなることでしょう。
(1000日目記念の集い編集部ハンナ&マイケル)>
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆

●1月14日(火)14:00から14:30
九電テント前で「1000日目当日」集会 
   <当日現場で記者会見>
14:30から 九電本社 「再稼働しないようの要請」交渉申し入れ●

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。
 
● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7256(+29) (1/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************




修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第998目報告☆

2014.01.12(09:12) 1230

青柳行信です。1月12日。

明日● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm

★ 森部聰子さん【1000日メッセージ】
穏やかな日和で過ごした正月も、寒に入り更に冷え込んで来ました。
風邪を引かないように気をつけましょう。
今日はテントに行こうと家を出ますが、いろいろ雑用をすませている
うちに夕方になってしまい、なかなかテントにたどり着けません。
もっと早く家を出れば良いのですが、スロースターターの私には、
なかなか至難の技になってきました。
新年のご挨拶も遅くなってしまいました。
2011年4月20日からのテント広場を守って、メールを発信されている青柳さん
そして、ブログを送ってくださる横田さん他の皆さんに感謝します。
今年もよろしく。そのうちに顔をだします

★ ピースボート澤田かをり さん【1000日メッセージ】
青柳さん
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
14日で1000日を迎えるのですね。
テントに集まるみなさん、本当に暑い日も寒い日も体調が優れない日も、
強い意志での抗議にお疲れ様ですという気持ちと、本当にありがとうございます
という感謝の気持ちでいっぱいです。
継続は力なり、ですが一日も早く九電の前で過ごさなくて良い日が来るよう、
それぞれの土俵で頑張り続けていきましょう。
今日は大雨、明日からはぐっと気温が下がるそうです。
どうか、みなさん体調だけは崩さないように気をつけて下さいね。

★ 木村勇(原水爆禁止福岡県協議会事務局長) さん【1000日メッセージ】
青柳さん
「石の上にも三年」とは言いますが、
1000日もの長きにわたって、雨の日も風の日も雪の日も、
粘り強くたたかい抜かれた強靱な精神力に深く深く敬意を表します。
みなさんの運動は、核兵器も原発もない世の中を願う広島・長崎の被爆者をはじ
め、全国の、そして海外の人々をも励まし勇気づけています。
どうか健康に充分気をつけられて、
核兵器も原発も無くなる日までともにたたかいぬきましょう。 

★ 井手(福岡県春日市在住)さん【1000日のメッセージ】 
2014年が到来しました。
青柳さん九電本店前の1000日のテントお疲れ様です。
テントは原発廃炉にむかって九電の喉仏に対する鋭いオキュパイ〈占拠行動)です。
再稼働阻止にむかっての頑張っていきましょう。
私は週2日ほどのテントの立ち上げと撤収に参加しています。
青柳さんんの終日のテント内の頑張り、誠に敬意を表します。
テントで多くの人たちと知り合いました。
私は、日頃の活動は「アフガン・イラク戦争を阻止する会」で活動しています。
現代世界の侵略戦争に反対して行動しています。
皆さん!再稼働阻止! 安倍政権の戦争国家化に真正面から対決し、
社会を根本から変革する事に向かって共に頑張っていきましょう。

★ 黒木和也(元・九州電力労働者)さん【1000日メッセージ】
  祝 1000日 九電本店前 テント 青柳さま
福島第一原発事件からもう直ぐ、3年を迎える時に、
九州第一の都市、福岡市のど真ん中、と、言っても良い
九州電力の本店前に、世界のテント、として
  (東京の通産テントは、九州にならった、と、・・・)
青柳さんを始め、福岡の方々の奮闘で
1000日の記念日を迎えられたことを
元 九州電力労働者、として、大変感銘を深くしております。
パチパチ!!
戦後、日本労働運動に輝く「電産」(日本電気産業労働組合)(電力労働者の全
国組織組合)が、資本の攻撃で、第二組合をつくられ、中国を残し、次々に「電
労」へ吸収再編されました。
そこに、又、九州では、全九電(全九州電力労働組合)が、再結成され
有る程度、九電資本の労務政策などを暴露し、職場に民主主義を形成していまし
た。当然、原発には、「反対」でした、が、鋭い「反対」は、出来ていませんで
した。
私も、30数年まえから、原発問題を組合内で学習し、反対をしていました、
が、やはり、チェルノブイリ原発事件後の広瀬 隆さんの、講演を聞くまでは、
第一義的に取り組んでいませんでした。
しかし、広瀬さんの話で、「超ビックリ」大変な事態を認識しました。
その後、九州の反原発・脱原発の方々や、今では、全国に、活躍されて居られ
る、反原発・脱原発の方々と知り合い力をもらっています。
鹿児島、佐賀、長崎、大分、熊本、福岡そして、当然、宮崎と
輝かしい、市民活動家と、共に、九電前のテントを守り、九電の経営陣と共に
テントを畳む日を迎えたい、と、今後も微力ですが、努力致します。

★ 山本(久留米)さん【1000日メッセージ】
青柳さん、
1000日座り込み、おめでとうございます。 
またテントの手助けをされている人たちもお疲れさまです。
原発反対の運動・行動を約3年継続していかれているのに頭が下がります。
原発停止中の今日、原発なしでも電気が足りることがわかりました。 
一人また少数でも、何か少しでも役にたてることがあればと思っています。

★ 末永節子 さん【1000日メッセージ】
1000日間も続けるのは、何をするのにも大変な労力を要します。
九電からも警察からも妨害されながらも、1000日座り通したテントの皆さん
に、心からお礼を申します。
青柳さんやテントを立て、守って下さる皆様の毎日が、積み重なって今日を迎え
ました。
脱原発が日本中で実現するまで、ご一緒にがんばります。こんな当たり前の事が
通らない世の中に決して絶望することなく。

★ 長谷川 照(「原発なくそう!九州玄海原発訴訟」原告団長)さん【1000日メッ
セージ】
「九電前テント」1000日目を記念して
フクシマの事故直後に青柳行信さんが「原発とめよう!九電本店前ひろば・テン
ト」を開設して1000日目を迎えると聞き、久しぶりに清々しい正月を過ごす
ことができました。
青柳さんのお人柄によるものと感謝しています。ありがとうございます。
一方、フクシマの事故から1000日を超えて未だに事故は収束していません。
この事態に至っても再稼働を叫ぶ九電に改めて怒りを覚えます。
懲らしめなければなりません。
放射能汚染の除染の長期化、原子炉の冷却と直下の地下水と気候異変・地震によ
る複合型汚染水もれ、膨張する損害賠償額など、放射能災害に特有の深刻な被害
の様相が現れ始めました。
フクシマのこれらの被害を証拠として私たち「原発なくそう!九州玄海原発訴
訟」原告団は勝訴を勝ち取るために1万人原告を目指しているところです。
日々全国から情報の集まる「原発とめよう!九電本店前ひろば・テント」の
報告は貴重な情報・資料として役立たせていただいています。
私たちは、「原発をとめる」或いは「原発をなくす」ために多くの山々を越えね
ばならぬと覚悟しています。
さしあたり今年は、再稼働の先発原発と報道されている玄海、川内両原発を如何
に乗り越えるかが試されます。
開設1000日目を記念する「九電本店前ひろば・テント」をはじめ
九州・沖縄の反核市民運動の先輩諸氏との連携・連帯なくしては考えられませ
ん。本年もよろしくお願いいたします。

☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第998目報告☆
呼びかけ人賛同者1月11日3113名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
1000日記念の写真の件で、いのうえさんと打ち合わせしました。
 写真は 50枚~70枚程度になります。
夜は 秘密保護法についての国会報告会があり、仁比聡平さんの
話しを聞きに行ってきました。 廃案への展望が持てました。
民主主義を大事にして、原発や 沖縄の基地をなくす運動をやって
いきたいと思いました。
あんくるトム工房
秘密保護法案は廃案に http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2815

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆滅亡を「原発ゼロ」で阻止せむと座り込み抗議1000日を明日に
     (左門 1・12-534)

★ 高森清子 さんから:
 福岡市の「地域防災計画見直し検討委員会」11月20日開催の議事録を読んでい
て気になりました。
 (福岡市のホームページから「福岡市地域防災計画」見直し検討委員会議事録
にあります。この日の会議は10ページ分)
安定ヨウ素剤の服用について、取りすぎはよくないということは言われているの
ですが、「・・・福島の時もそうだが,
移動の最中の被ばく,避難した人の被爆量で99%が1ミリシーベルト以下と非常
に少ないことがわかっている・・・」と
九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門 教授という人が言っています。
 本当にそうなのでしょうか。服用の時期、乳幼児や子どもへの配慮などいろい
ろあるはずと思いますが・・・
医師でもない小児科でもない人が言っているのが気になります。
 この委員会に医師がいないというのも問題かなあ・・・と思いますが。
 この見直し委員会の議事録を読み解いていただける専門家はいらっしゃらない
でしょうか? 教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
私事ですが、年初の第2日曜日は、いつもの年ですと指宿にいて、この前後数日
は新聞記事紹介もお休みしているはずでしたが、今年はリハビリ中のため、きょ
うある菜の花マラソ
ンは休場です。

さて、今朝は今届いた西日本新聞朝刊紙面から紹介します。
なんと、25面社会欄トップには、九電本店前の青柳さんの記事があるのです。
また、2面には、あの「原発ホワイトアウト」を書いた筆者へのインタビュー記
事、そして、1面下方の「春秋」も読みたい内容になっています。
25面、
1.<九電前 訴え1000日 「脱原発 思い曲げぬ」 安全対策「ひとごと」と
批判>
ネットには、
1’.<九電本店前で「脱原発」を叫ぶ 信念貫き1000日>
⇒http://qbiz.jp/article/30348/1/
記事<・・・・・・・・・・千日。青柳さんには、変わった九電と、変わらない
九電が見える。「『原発は完全に安全ではない』と社長が公言するようになった
のは変化。でも、使
用済み核燃料の最終処分や住民の安全確保には『国の方針に従う』と人ごとなの
は事故の前と変わらない」 ・・・・ 原発の再稼働に向けた国による安全審査
が進む。テント活動
をいつまで続けるのか。「再稼働したとしても、安全対策を緩めさせないため
に、最後の一人になっても声を上げる」。青柳さんの信念は固い。・・・・13
日午後1時半から、座
り込み千日の記念集会が福岡市中央区今泉の福岡県農民会館である。 >
2面に、
2.<「事故忘れ再稼働推進」「政官結ぶ電力マネー」 「原発ホワイトアウ
ト」執筆 覆面官僚 若杉氏に聞く」
ネットには、
2’.<「原発ホワイトアウト」が映画に 話題の告発小説、官僚が覆面執筆>
共同通信01/11 17:33
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011101001871.html
記事<原発再稼働を目指して暗躍する政官財の舞台裏を描いた、霞が関の現役
キャリア官僚による告発小説「原発ホワイトアウト」の映画化の計画が進んでい
ることが11日、分
かった。出版元の講談社には複数の制作会社から打診があり、今月中にも制作会
社やキャストが決定する見通し。映画界を代表する大物俳優の名前も挙がってい
る。著者の若杉冽さ
んは、本名や所属官庁など個人の特定につながる情報を一切明らかにしていない
「覆面作家」。今回がデビュー作だが、原発再稼働を目指す電力業界、業界を所
管する経済産業省、
与党の動きを生々しく描き、昨年9月の発売直後から大きな反響を呼んだ。>
・・・・・・実際の紙面は、もっと長い記事です。
2’.<映画化 打診続々>
一面下方の、
3.<春秋>
記事<1960年に科学技術庁の監修で「21世紀への階段」が出版された。科学者
らが見た「40年後の日本の科学技術」を各分野の研究者がまとめたもので、当時
ベストせらーにな
tった。・・・・・・この本を開くと最初に目に飛び込ンでくるのは「原子力花
ざかり」の見出しだ。・・・・・・ 福島・・・・・・・・教訓に学ばず夢だけ
を見続けたら、後世
の日本人に笑われる」
・・・・・・・・・・・詳細記事は、「春秋」検索で。
「春秋」検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/ 10時半過ぎの頃
のようです。
3面下方に、
3.<細川氏 14日にも小泉氏と会談へ 都知事選で支援要請>
ネットには、
3’.<細川氏、14日にも小泉氏と会談 東京都知事選で支援要請へ>西日本
(01月12日 00時32分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/62870
今朝の紙面は以上です。

次にネットにある記事を紹介します。
政治のゲームが続く都知事選立候補の続きは、
4.<細川・小泉氏「脱原発連合」=動揺広がる自民―都知事選>時事通信 1月
11日(土)20時41分配信
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011100286
細川護熙元首相(75)が東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に無所属で立
候補する意向を固め、自民党都連が推薦する舛添要一元厚生労働相(65)と対決
することになった。
細川氏は「脱原発」の主張で一致する小泉純一郎元首相と連携し、原発再稼働を
推進する安倍政権に政策転換を迫る世論のうねりを起こすことを狙う。自民党は
発信力の衰えない小
泉氏が敵方に回り、「情勢は全く読めない」(幹部)と動揺を隠せな
い。・・・・・・・・・ 「政党色を排し、出馬表明を告示近くまで引っ張るよ
う小泉氏が細川氏にアドバイス
している」。関係者の一人はこう明かす。郵政民営化を争点に2005年の衆院選で
自民党を圧勝させた小泉氏が、今度は都知事選を舞台に、脱原発をテーマに「劇
場型政治」を再現し
ようというわけだ。・・・・・・・・細川氏は公には知事選への対応に言及を控
えているが、11日は自らに近い元国会議員らと選挙公約取りまとめ作業を行うな
ど、着々と準備を進
めた。「脱原発実現には世論の力しかない」と訴えてきた小泉氏が出馬を促し、
細川氏が応えたという。細川氏は周囲に「脱原発の国民運動を展開したい」と意
欲を示しており、週
明けにも小泉氏と会談して連携を確認する。・・・・・・・◇自民、小泉氏の露
出警戒・・・・・・かつて除名した舛添氏を「勝ち馬」とみて支援を決めた自民
党は、細川・小泉の
元首相連合がもたらす突破力を計りかねている。・・・・・・・・安倍政権は脱
原発の争点化にも神経をとがらせ、エネルギー政策は国政の課題だとして「国政
選挙とは違う」
(菅長官)とけん制。森喜朗元首相も10日のテレビ番組で「原発という大事な問
題で(地方)選挙を争うのはルール違反だ」と細川、小泉両氏の動きにいら立ち
をあらわにした。。


4’.<細川氏を「勝手連」支援=民主都連が方針―都知事選>時事通信 1月11日
(土)19時29分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000090-jij-pol
記事<民主党東京都連は11日、党本部で選対会議を開き、猪瀬直樹前知事の辞職
に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)への対応を協議した。出馬の意向を
固めた細川護熙元首
相(75)が正式に立候補を表明した場合、「勝手連」として実質支援する方針を
確認した。>

4”.<“都知事選”元首相「転身」に賛否…細川氏出馬へ>毎日新聞 1月11日
(土)11時29分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000027-mai-pol
記事<猪瀬直樹氏の辞職に伴う東京都知事選の告示を23日に控え、元首相の細
川護熙(もりひろ)氏(75)が出馬する見通しになった。「原発ゼロ」を掲
げ、小泉純一郎元首相
との連携を水面下で調整している。安倍晋三首相を含め首相経験者は戦後33人
いるが、退任後知事選に出た例はなく、「憲政史」に残る出来事になる。国の元
トップの転身に、識
者の間にはさまざまな見方がある。・・・・・・・・・・・・ジャーナリストの
江川紹子さんも都知事への転身には肯定的だが「脱原発以外、都政で何がしたい
のか全く分からな
い」と冷ややか。「原発をどうするかは国のエネルギー政策であって、都知事の
仕事ではない。安倍政権の原発政策などを批判するために都知事選を利用するの
は困る」>

4”’.<「猪瀬氏は5千万、細川氏は億単位」渡辺・みんな代表。朝日デジタル
1月11日20時59分
⇒http://www.asahi.com/articles/ASG1C63DJG1CUTFK005.html
記事<細川護熙元首相が辞めた時は億単位だった。佐川急便から借りたのか、も
らったのかよく分からないが、そういった問題で辞めた方がどういう公約をもっ
て都知事選に臨むの
か、ぜひお聞きしたい。20年前の話だからと言っても覚えている人は覚えてい
る。当然そういったことは問題にならざるを得ない。単に脱原発を掲げているか
ら、それだけでいい
ということにはならない。>

4””.<(変転 2014都知事選)「細川さん立てば票分散」 脱原発派、懸
念も>朝日デジタル(/01/12)
⇒http://www.asahi.com/articles/DA3S10921372.html
記事<23日告示の東京都知事選で、元首相の細川護熙(もりひろ)氏(75)
が立候補する方向で最終調整に入っていることが分かり、脱原発を訴える市民ら
の関心が高まってい
る。盛り上がりを歓迎する一方、他候補と票が分散しないか心配する声もあ
る。・・・・・・・・・・・・・11日に事務所開きをした宇都宮氏は「非常に
重要な政策の脱原発を訴
える候補者が出てくるのは大歓迎。しかしその他の政策はどうなっているのか」
と話した。>

こちらは、今年初めての、
5.<今年こそ原発ゼロに 官邸前で抗議行動>しんぶん赤旗1月11日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-11/2014011101_03_1.html
記事<首都圏反原発連合(反原連)は10日、首相官邸前で今年最初の抗議行動
を行いました。この冬いちばんの寒波が到来して身を切るような寒さのなか、
1900人(主催者発
表)の参加者は「今年こそ原発ゼロ」「原発稼働に固執するな」などのプラカー
ドを掲げて抗議しました。論調査でも「原発ゼロ」を求める声が8割以上なの
に、安倍内閣は原発を
「重要なベース電源」と位置づけるエネルギー基本計画を今月中にも閣議決定
し、原発再稼働にひた走ろうとしています。・・・・福島県いわき市から来た女
性(45)は「福島の
現状を見ないまま原発ありきのエネルギー基本計画を通すことは、お金のことし
か考えない、痛みを知らない人間のやることです」と憤ります。・・・・・・・・>
5’.<【金曜日の声 官邸前】原発被災者忘れぬため>東京新聞1月11日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014011102000095.html
記事<川崎市の無職 前田一夫さん(67) 原発反対だけじゃない。昨年は特
定秘密保護法が成立し、今年は集団的自衛権が容認されそう。われわれ団塊の世
代が動かなきゃ駄目
だ。じっとしていたら、政府の好きなようにやられてしまう。・・・・・埼玉県
川口市の主婦 山田幸子さん(60) 子どもたちのためにも、地球のためにも
原発は廃炉にすべき
だ。原発再稼働なんて、何を考えているのか。政府は経済、経済って言うけど、
そんな問題じゃない。・・・・・・川崎市の無職 鳥山孟郎(たけお)さん
(72) 一昨年の衆院
選で自民党が圧勝し、原発が再稼働されそうになってから、ここに来るように
なった。原発事故でたくさんの人がひどい目に遭っていることを、自分自身が忘
れないためにも来
ている。>

さて、福島第1の事故現場では、
6.<地下水汚染濃度、最悪更新=220万ベクレル、福島第1海側―東電>時事通
信 1月11日(土)15時1分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000057-jij-soci
記事<福島第1原発で放射性物質に汚染された地下水が海へ流出している問題
で、東電は11日までに、海側の観測用井戸で9日に採取した地下水からストロン
チウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり220万ベクレル検出
されたと発表した。これまでの最高値は昨年12月に測定された同210万ベクレル
だった。・・・東電によると、この井戸は第1原発2号機タービン建屋の海側、護
岸から約40メートルの場所にある。セシウムは検出できないほど低い値だが、
ベータ線を出す放射性物質の濃度は非常に高い。濃度は上昇傾向にあるが、原因
は分かっていない。>
・・・・・・地下は異常事態でしょう、人間の手では抑えきれない状態になって
いると思われます。

そのフクイチの対策も政治と金のゲームで進められていたことを伝える記事、
7.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:8 債務超過は避けよ>朝日デジタ
ル1月10日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10917709.html
記事< 「遮水壁、やめてくださいよ。株主総会があるんですから」・・・・6
月28日に株主総会が予定されていた。プラント屋と土木屋の対立に加えて、経
営中枢が介入してき
た。・・・・経営陣は「遮水壁の費用を計上したら、他の廃炉対策の費用も計上
しないといけなくなる」との不安を抱いた。1千億円の債務認識がアリの一穴に
なることを恐れたの
だ。・・・・このころはまだ、兆円規模の東電の賠償債務をどうするか決まって
いない。東電は原子力損害賠償法3条1項の免責規定の適用を訴え、賠償から免
れようとしたが、財
務省はそれを許さなかった。・・・・東電企画部は債務超過回避が至上命令だっ
た。遮水壁建設に国費を充ててほしかった。・・・・・・・・・・・・。
7’.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:9 カネに糸目つけるな>朝日デ
ジタル1月11日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10919556.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10919556
記事<・・・・・馬淵は「文句を言ってきそうな財務省や、国会にどう説明しよ
うか」と考えていた。・・・・そんなとき、馬淵は突然、菅から経産副大臣への
転出を求められ
た。・・・・・経産省は、浜岡を除く各原発の再稼働に動き出していた。菅は、
馬淵を経産省に入れて原発再稼働の動きを牽制(けんせい)させ、同時に引き続
き遮水壁に取り組ま
せたかった。・・・・・だが馬淵は再稼働路線に乗りたくない。副大臣就任を固
辞する。菅は怒って馬淵を27日に更迭。「チーム馬淵」は解散することになっ
た。・・・・・この
改造で原発担当相に抜擢(ばってき)されたのが、首相補佐官の細野豪志だっ
た。・・・・・・・・・・・・>
7”.<(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:10 「国が一歩前に出る>朝日
デジタル」(/01/12)
記事<経済産業相の海江田万里は事故直後から「国がもっと前面に立つべきだ」
と考えていた。 まず着の身着のままで避難する被災者への補償を考えた。 原
子力損害賠償法は、
原発事故の際の政府の賠償責務は、ひとつの原発あたり1200億円と定めてい
る。海江田はこれを福島第二原発も含めて二つ分、24…(以下、有料設定)>

被災地フクシマ、
8.<特集:復興への闘い 震災3年の現実(9)第1部 市町村の苦悩 国の
〝転換〟に失望
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9006.html
記事<飯舘村は住民の合意を受け、除染廃棄物や周辺市町の放射性廃棄物を処理
する焼却減容化施設を村内の蕨平(わらびだいら)行政区に受け入れることを決
めた。 「環境省へ
の不信感が募っている。厳重な安全対策を取るとの約束を形にしたい」。村長の
菅野典雄(67)は施設を建てる同省との取り決めを文書にすることにこだわっ
た。「口約束」では
安心できないほど、同省との信頼関係は揺らいでいた。・・・・同省が平成24
年秋から実施している除染で、村は辛酸をなめた。・・・・・・・・・・・減容
化施設は27年3月
末までに稼働する。村としても万が一の事故や放射性物質漏れを起こさない対策
を整える方針だ。・・・・ただ、焼却灰の安全管理をめぐり、村には同省への不
満が再び募りつ
つある。村復興対策課長の中川喜昭(55)は「環境省や政府は厳重な安全対策
を誓った。住民が納得する安全性の確保に力を尽くしてほしい」と国の動きを注
視してい
る。・・・・ 放射性物質を伴う廃棄物処理で、国への不信感を増すきっかけに
なったのが、鮫川村で爆発事故を起こした仮設焼却施設だった。>
こちらでも、福島県だけではない、
9.<同じ県、同じ線量なのに 我孫子、国費で除染 白井、市側が負担>朝日
デジタル(01/12)
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10921405.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10921405
記事<放射線量は変わらないのに、我が街はなぜ高圧洗浄や土のはぎ取りが認め
られないのか――。自治体間で不満がくすぶる不公平な国の除染政策の実態が、朝
日新聞が入手した
総務省の内部文書から見えてきた。・・・・環境省は2011年末に定めた要領
で、福島県内外で補助対象の除染手法に差を付けた。その格差を埋めるために総
務省が始めた支援政
策でも、不公平感は残ったままだ。・・・・福島県外でも福島県並みかそれ以上
の除染を全額国費で実施できた例がある。・・・・千葉県我孫子市は、環境省が
福島県内限定で認め
る庭の土の上下入れ替えを総務省の支援で実施。妊婦・子どものいる住宅や学
校、幼稚園の線量が国の除染目標の年1ミリシーベルト未満だったのに除染する
ことも認められた
。総務省から得た支援は約3億円だ。・・・我孫子市から2キロ近くの距離にあ
る千葉県白井市も同じように庭の土の上下入れ替えや年1ミリ未満でも妊婦・子
どものいる住宅の除
染を行ったが、ともに総務省からの支援を受けられなかった。白井市は費用約2
千万円を自己負担。東京電力に請求する方針だが、応じる保証はなく、市民負担
となる可能性があ
る。・・・・両市の空間線量はほぼ同じなのに、総務省の対応が割れたのはなぜ
か。空間線量ではなく、大震災の被害規模に応じて「特定被災区域」などに指定
した9県227市町
村に支援対象を絞っているからだ。我孫子市は液状化被害が出て指定されたが、
白井市は住宅被害が少なく指定されなかった。・・・・・・・・・・福島県に隣
接する栃木県那須
町。線量は我孫子市より高く、県境の福島県棚倉町とほぼ同じなのに、庭の土の
上下入れ替えを環境省にも総務省にも認められず、自前で行ってい
る。・・・・・・・・・除染政策
の不公平さについて総務省担当者は「問題があるなら、環境省の政策が何か間
違っている」、環境省担当者は「総務省と特に協議しておらず、詳細は把握して
いない」と話す。>
・・・・・・とんでもない話です。被災地を狭めたいばかりの結果がこんな事態
を生む。

10.<「仮の町」構想で「交流員」 仕組みづくり、県が創設へ>福島民友新
聞 1月11日(土)12時14分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00010011-minyu-l07
記事<・・・・・・・福島第1原発事故の避難者が一時的に集団移転する「仮の
町(町外コミュニティー)」構想で、県は10日、避難者同士や避難者と受け入れ
自治体住民の交流活動
の仕組みづくりを担う「交流員」を新年度に創設する方針を明らかにした。同
日、いわき市で開かれたいわき市長・双葉郡8町村長と知事との意見交換会で考
えを示し
た。・・・・・・・・・・・県は復興公営住宅の入居が始まる前から活動をス
タートしたい考え。具体的な活動内容は今後、検討する。>

11.<いわき市で帰還願い込めダルマ市 原発避難の双葉町>共同通信1月11日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/01/post-8798.html
記事<・・・・・福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町の伝統行事
「ダルマ市」が11日、いわき市の仮設住宅で開かれ、無病息災と町に帰還の願
いを込めてだるまを買
い求める避難中の町民らでにぎわった。数百年の伝統があるとされ、原発事故後
も散り散りになった町民の交流の場として毎年実施してい
る。・・・・・・・・・・・・・>
12.<福島の怒り、悲しみ、希望を上演 詩人、和合さん脚本の舞台【共同通
信】01/11 20:13
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011101002106.html
記事<東日本大震災と福島原発事故から2年10カ月となる11日、福島市在住
の詩人和合亮一さんが脚本を手掛けた舞台「ふくしま未来交響曲 序章~美しい
帆をかかげよ~群読
と合唱と未来芸能で紡ぎだす福島の未来地図」が、福島市内で上演された。「福
島の怒り、悲しみ、希望を届けたかった」と和合さん。震災と原発事故に見舞わ
れ変貌した故郷への
思いや、見えない放射性物質に翻弄され続ける葛藤、再生への願いを、和合さん
の詩の朗読や合唱で表現した。・・・朗読と合唱には、公募で集まった約150
人が参加。ほとんど
は県内からで、津波で被災した人や、原発事故による避難者も出
演・・・・・・・・・・・・・>
13.<帽子の持ち主成長、なかよしだよりも卒業? 福島・浪江>河北新報1
月10日
⇒http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20140110_02.htm
記事<園児の成長を伝える「なかよしだより」は放射能汚染対策を知らせる通信
に変わった。
・・・福島県浪江町大堀幼稚園の教室に便りが貼ってある。発行は2011年2
月28日。卒園するきりん組の子の門出を祝う中野優子園長(62)のメッセー
ジが載る。卒園式の
日取りも告知している。式はなかった。・・・・園は福島第1原発事故で休園
し、29人の園児は全員避難した。・・・・・・・・事故3カ月後の11年6
月、中野さんは避難先で
便りを復活させた。先生の近況を書き、子の元に送る。・・・・・4カ月後、2
号を出した。書くことが思い付かない。早くもネタ枯れになった。・・・・・発
行は数カ月に1回の
頻度だ。以前の月1ペースは保てない。12年3月に定年退職した。発行は奉仕
活動として行っている。いつまで続けるか迷う。・・・・・・事故から3年。年
少だった子も小
学校に進んだ。避難先の生活も定着したろう。郷愁的な文書を送ってもありがた
迷惑かもしれない。便りは昨年8月5日の6号で止まっている。>
・・・・・・いまなお、悩みは続ける。

14.<11日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数>福島民報1月12日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
15.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月11日 17:20
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140111/1471224
記事<▼空間放射線量率(11日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>
15.<どんど焼3年ぶり再開 那須塩原市の自粛要請解除>下野新聞1月12日 朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140112/1471228
記事<【那須塩原】東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の拡散を
懸念し「どんど焼き」の自粛を求めてきた市は今季、自粛要請を解除した。2年
半以上が経過し空間
放射線量率が減少傾向にあることや地域の伝統行事継続を重視した。市内では約
20カ所で実施予定で、11日には皮切りに穴沢小と狩野地区で再開され
た。・・・・どんど焼きは、竹
などで組んだやぐらとともに正月飾りを燃やし無病息災を祈願する行事。市は、
放射性物質拡散防止のため2012年から2年連続で自治会などに自粛要請して
きたが、空間放射線
量率の減少傾向や伝統行事の継続性を踏まえ昨秋、今季は自粛要請しないことを
決めた。・・・・ただ市は実施時の留意点として(1)地域住民の十分な理解を得
る(2)材料はことしの
稲わらなどを使う(3)灰は市クリーンセンターに持ち込み処理する(4)実施前後で
空間放射線量率を測定し、周囲に影響がないことを確認する-の4項目を要請し
た。・・・・・これ
を受け、黒磯那須、大田原地区広域の両消防組合によると10日現在、11~14日に
市内約20カ所で自治会などによる、どんど焼きやお焚き上げなどが予定されてい
るとい
う。・・・・・・・>

兵庫県、
16.<東日本大震災:残る友に、言えなかった自主避難 「放射能」向き合う
20歳 関西から地元福島・いわきで成人式>毎日新聞 2014年01月11日 東京夕刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140111dde041040014000c.html 
記事<2011年の東日本大震災で起きた東京電力福島第1原発事故で福島県い
わき市から兵庫県姫路市に自主避難し、現在は京都市内に住む立命館大学2年、
斎藤怜(りょう)さ
ん(20)が12日、いわき市内で開かれる成人式に参加する。「生まれ育った
大切な場所で成人したい」と斎藤さんは式を楽しみにしている。・・・・・斎藤
さんの実家は福島第
1原発から約45キロ。放射能の影響を心配する両親に促され、震災から3日後
の3月14日、妹と2人で母親の実家がある姫路市に避難し、そのまま市内の高
校に転校した。避難
していない友人に転校を知らせるため電話したが「放射能を避けるために避難し
た」とは言えず、心の距離を感じたという。「なぜ、避難しなくてはならなかっ
たのか」。不条
理な思いが募り、大学で原発やエネルギー問題について学んでいる。・・・・・
一方、避難生活の中で「故郷はいわき」との思いは強まった。成人式はいわきで
参加したいと願い、
市の広報誌を見ると、いわき市に住所はなくても、申請すれば成人式に参加でき
るとあった。すぐに申し込んだ。・・・・・成人式には地元の多くの友人が集
う。斎藤さんは「自分
たちの将来」について友人と話すつもりだ。「就職は地元に戻るか、県外へ出る
か。成人し、いよいよ考えないといけない年になった」。今の福島で、このこと
を話すには、斎藤さ
んがこれまで地元の友人と話すのを避けていた放射能の問題も話題に上るかもし
れない。しかし「成人した今だからこそ、ちゃんと話したい」と話す。「故郷、
福島」の未来を
担うために。>

規制委、
17.<境界被ばく量が基準の8倍 規制委員会が対応指示>テレビ朝日系
(ANN) 1月11日(土)11時52分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140111-00000011-ann-soci 
記事<福島第一原発で敷地境界での被ばく量が去年に急上昇したまま下がらない
ため、原子力規制委員会は、年間1ミリシーベルト未満を達成できる時期を示す
よう東京電力に指示し
ました。・・・・東京電力によりますと、去年4月に汚染水が地下貯水槽から漏
れ、地上タンクに移し替えて以降、敷地境界の被ばく量が1年あたり約8ミリシー
ベルトに急上昇し、そ
の後も下がっていません。汚染水に含まれる放射性物質がタンクの金属と反応
し、放射線のうち遠くまで届くエックス線が発生していることも被ばく量上昇の
一因とされています。
規制委員会は10日、専門家を交えた会合でこの問題を議論し、東京電力が目標に
している年間1ミリシーベルト未満に下げる時期と方法を今月末までに示すよう
求めました。>

九州、
<放射線防護対策遅れ 玄海事故時の避難施設>佐賀新聞1月11日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2606979.article.html 
記事<九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で大事故が起きた際、お年寄りや病
人、島民が一時退避する施設の放射線防護対策が遅れている。県は原発周辺の高
齢者施設や離島の校
舎など9カ所で整備を進めているが、前例のない特殊な工事のために難航。3月
末までの完成予定が半年以上遅れるケースもあるという。 ・・・・・事業は国
の原子力防災の強化策
として、全国の立地・周辺自治体で実施。迅速な避難が難しい要援護者や島民を
一時的に屋内退避させる施設を確保するため、放射性物質の侵入を防ぐ改修工事
を行う。玄海原発は
半径5キロ圏内の特別養護老人ホーム2カ所と唐津市の七つの離島(5~15キ
ロ圏)の小中学校や公民館が対象で、昨年2月、県予算に事業費計18億円が計
上された。
・・・国は工事内容について、建物の気密性を高め、空気浄化フィルターで放射
能を遮断することなどを求めたが、前例もノウハウもないために自治体側は困
惑。8施設を整備する
唐津市の担当者は「国からはオフサイトセンターの防護対策を参考にするように
言われたが、学校や公民館を改修するのとは勝手が違う。結局、それ以上の情報
提供もなく、他の自
治体と相談しながら基本設計をまとめるだけで半年かかった」と話す。 ・・・
同市は小川島、加唐島、馬渡島の小中学校体育館は施設が大きく、約2億円の予
算内で工事を収めるの
は困難と判断。改修ではなく、館内にテントを設営する代替案を採用する。テン
トは、約70人が7日間生活できるという。
・・・・工期はいずれも3月末までの予定だったが、唐津市の8施設は着工も難
しい状況。さらに離島の場合、地理的な問題などから、着工から完成まで半年以
上かかるとみてお
り、担当者は「いくら延びても今年中には終わらせたい」としている。
・・・・唐津市にある県オフサイトセンターの放射線防護対策工事も、当初の3
月末完成予定が数カ月ずれ込
むという。玄海町は作業に手間取ったが、老人ホーム1施設のため、予定通りの
完成を見込んでいる。>
・・・・・・・各地の避難計画が文章としてできても、現場はこんな実態ではな
いか。

こんな記事がネットに、
<九州電力社長 瓜生道明 -「腰の低さ」で原発再稼働へ>プレジデント
2014/1/11 16:15
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140111-00011659-president-nb
記事<・・・・・・・・・・・・・・・・・九電創立以来「60年かけてつくった
信頼が崩壊した」と危機感を持つ瓜生氏。記者会見ではレーザーポインターを手
に自ら丁寧に説明を
尽くす。「震災前の九電社長は県知事よりも格が上との意識が強かった。今まで
の社長にはいなかったタイプ」(地元記者)との受け止め方が多い。今の難局を瓜
生氏が切り抜けられ
るかどうか。「専門的な知識が豊富で説明力も高く適材」(メガバンク)との評価
がある一方、「技術者肌で外部人脈や政治力が弱く、再稼働に向け自治体を説得
できるか不安」(地元
財界)との声も。瓜生氏の経営力の真価が試されている。 >
・・・・・・「震災前の九電社長は県知事よりも格が上との意識が強かっ
た。」・・・・とんでもない認識、人が変わろうとも、今も体質は変わっていない!
今朝は、以上です。(1.12.7:08)
※編集作業簡略化のため、見出しと記事の前後の「」を<>に変更しています。
※この新聞記事紹介へのご意見は等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<4電力会社の水中におけるコリウムコンクリート反応の検討>に付いて報告い
たします。

1月9日に北海道電力の水中におけるコリウムコンクリート反応の検討を報告し
ていました。北海道電力のホームページで見つけたのですが、出典が良く分かり
ませんでした。北岡逸人さんより、出典の詳しい経緯を教えてもらって、この問
題が良く見えるようになりました。
 加圧水型原子炉の再稼動の申請を行っている、北海道電力、関西電力、四国電
力、九州電力の4電力会社は過酷事故の発生時、圧力容器のメルトスルーは放置
して、落下核燃料(コリウム)は緊急に格納容器底部に貯水した大量の水で冷却
し、最大の過酷事故のチャイナシンドローム(コリウムコンクリート反応)を防
止する対策をとっていました。
 この対策に付いては、国内で格納容器の水蒸気爆発が起きる危険性と、水中で
もコリウムコンクリート反応が起きるとの批判が渦巻いていました。
 そこで、原子力規制庁は11月6日、4電力会社の過酷事故対策の根拠と成っ
ている、スーパーコンピューターの解析コード(計算プログラム)の説明が不足
しているので、外国の過酷事故モデル実験で、スーパーコンピューターの解析
コードの信頼性を高めよとの指示を出しました。
 世界中のどこにも、4電力会社の過酷事故対策の正当性を証明する実証実験は
ありませんから、スーパーコンピューターの解析コードの信頼性を高めよと指導
したわけです。
 そこで、その指導に従って、4電力会社は共同で、資料作成と説明を始めました。
 そして、北海道電力会社のホームページにあった検討資料は、12月17日の
第58回適合性に係わる審査会の資料2-2-7の悪名高いMAAPコードの検
討資料だったので
す。
 この検討資料の中には、超小型設備のモデル実験が取り上げられていますが、
すべてのモデルは幸運に恵まれた場合のみを実験しています。
 一番目は、コリウムの落下は均等なジェット流で流れ落ちて、水蒸気爆発の起
こらない条件で試験を行っています。
 鉄や銅の精錬には、生石灰(CaO)を投入して、コリウムの良く似たスラグ
を大量に作り、その冷却は樋に導かれて、水中に投下し水で冷却して、個化させ
ます。
 このような時には、水蒸気爆発は起こりません。
しかし、樋が詰まったりして、一度に大量のスラグが水中に落下したとき、水蒸
気爆発が起きるのです。
 鉄や銅を溶解する燃焼炉で底が抜けるときには、最初はちょろちょろ流れ始め
ますが、一度流れができると加速度的にどっと流れだし、下部に水があれば水蒸
気爆発を起こしま
す。
 そのような、実炉に近い実験が全く行われていません。
また、水中ではコリウムの表面には火山の溶岩からできた軽石のようなクラスト
(固相)ができ、クラストの熱伝導率が極めて小さいので、そのままではコンク
リートに接するコリウムの冷却ができずに、コリウムコンクリート反応は防止で
きないようです。しかし、クラストの面積が広くなると、必ずクラストに亀裂が
発生し、亀裂から進入した水が高温部のコリウムを冷却するので、その冷却分は
コリウムコンクリート反応が抑えられるようです。
 しかし、クラストが一部でも破壊されると、水と熔融コリウムが反応し、水蒸
気爆発が起こります。
 これの再現試験も行っていません。このような幸運に恵まれた場合のみの実験
で、スーパーコンピューターの解析コードの信頼性を検証しても、意味の無いこ
とと思われます。

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば853日目 テント日誌 1月10日(金)
 商業用原発停止121日

経産省に申入れ2回と抗議行動

経産省テントひろばは、座り込みで一日にぎわい、ひろばから2度も経産省に申
入れをし、夕方には抗議行動、そして夜も…とにぎやかな一日だった。まず、
「土地明渡し訴訟」を起こした大臣官房情報システム厚生課厚生企画室に対し
て。午後1時前にテントひろばに集まって8人程で経産省本館ロビーに行くが、
入場は当初から制限されていたとおり3人。
ロビーから階段を下りてすぐの応接室Bに通される。先方の応対は金子さん(土
地明渡し請求の原告)と松本さん。新たに国有財産使用許可申請書数十通(第
1、第2、第3のテント毎)を提出したが、「過去の日付では受けられない」と
受取を拒否。しばし受け取れ・受け取れないとやりとりをしたが今回は断念。続
けて、土地「明渡し等請求」の取り下げを要求する署名約4000通を提出、こ
ちらは機嫌よく「ありがとうございます」と素直に受け取った。昨年5月と6月
の提出分も入れて合計1万筆を越える署名を提出できた。整理したKさん、お疲
れ様。

次に、午後5時、「エネルギー基本計画」について資源エネルギー庁に申入れ。
先方は長官官房総合政策課の若い藤田学さんと吉村賢人さん。まず、淵上代表が
用意した申入れ書
(茂木経済産業大臣と上田資源エネルギー庁長官宛)を読み上げて提出。続け
て、黒田節子さんから福島の現状を切々と訴え、原発ゼロ政策を転換し原発を再
稼働することに強く抗議した。更に、パブコメの状況を尋ねたところ、現在精査
中で整理は来週にかかるとの返事。パブコメ意見を無視せずにしっかり政策に生
かすように強く要請。さらに、前回「エネルギー基本計画」を策定した2010
年には、全国11か所で公聴会を実施したのだから今回もやるように訴えた、が
やる予定はないの1点張り。原発が「安全」「安い」「原発が無いと電気が足り
ない」が全くの嘘であり使用済み核燃料の管理の見込みがたたないことを再確認
し、「エネルギー基本計画」の閣議決定を拙速にしないように茂木経産大臣に伝
えるように要請した。

更に、午後6時からは経産省前抗議行動。資源エネルギー庁への申入れ行動の報
告とともに、経産相正門前で「エネルギー基本計画」撤回、閣議決定するな、と
強く訴えた。参加は約60名。その後も、テントひろばは反原連の首相官邸・国
会デモ参加者でにぎわい、経産省への抗議も続いた。なお、11日の報道によれ
ば、菅官房長官が「エネルギー基本計画」の決定先送りを示唆したそうだ。原子
力を「基盤となる重要なベース電源」と位置づけた経済産業省案について、自民
党内から「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」と掲げ
た2012年の衆院選の公約との整合性がとれないなどの批判。安倍政権暴走に
やっとブレーキがかかりだしたか。油断せず追及の手を緩めずに、原発ゼロ政策
の転換を阻止せねば。(K.M)

(提出した申入れ書)
2014年1月10日
茂 木 経済産業大臣 殿
上 田 資源エネルギー庁長官 殿
経産省前テントひろば代表 淵 上 太 郎
 申 入 書
1.2013年12月6日の「エネルギー基本計画」を撤回してください。
2.かかる基本計画を閣議決定するようなことは絶対止めてください。

<理由>
 平成25年3月から始まった総合資源エネルギー調査会総合部会(及び基本政策
分科会)における、我が国の新たなエネルギー政策に関する検討は、平成25年12
月に一定のとりまとめを行いました。
 会議の議題は、多岐に及びましたが、実際の所、それらの課題について、通り
一遍の1回程度の検討しか行われてはいません。
 出来上がった「意見」の原子力(発電)に関しては、「我が国にはエネルギー
資源に乏しいこと、原子力は安くて安定的な発電エネルギーである、CO2を排
出しない」等との主張に終始し、福島原発事故以前の認識と全く変わっていません。
 要するに、今回の「意見」は、2012年の「エネ・環会議」の決定を踏みにじっ
て、「原子力推進」をエネルギー基本計画のなかに位置づけし直すことが最大の
目的であったことは明らかなことです。
 安倍総理はこの間、「国民生活や経済活動に支障が出ることのないように、エ
ネルギー需給の安定に万全を期す」「エネルギーの安定供給」「コストの低減」
「規制委員会により規制基準に適合すると認められた場合には、その判断を尊重
し原子力発電所の再稼働を進める」といった発言を繰り返してきました。
今回の「意見」は、こうした安倍総理の発言に完全に沿った形での意見決定と
なっております。
 原子力(発電)が他のエネルギー源と根本的に異なるのは、「意見」がわざわ
ざ表明する様々な利点があっても、人間の制御する範囲にない、というところに
あります。福島での事故は、「安全である」と関係者が保証し、人々がそれを信
用したにもかかわらず、重大な事故となったのですが、原因は「安全神話」のも
とで、「想定外」の津波がやってきた、ということになっております。あろうこ
とか、この因果関係についてさえ十分な検証が未だされない環境にあるのです。
 原子力(発電)が人間の制御する範囲にない、ということは、一旦事故が起き
てしまったら、人が事故現場に近づくことさえ不可能となる。石油タンクの爆発
のような場合、結局は燃え尽きるまで、放置しておくことも可能ですし、やむな
くそのような措置を執る事もあるかも知れませんが、被害は限定的なのです。
 けれども、原発事故の場合はそんなことは出来ないのです。そういうジレンマ
に置かれるのが原子力です。
 福島原発事故は、こうしたことを強烈なメッセージとして発したのです。福島
の人々が「経済より命」というとき、文字通りその通りなのです。経産省の官僚
や多くの政治家は、この道理を理解出来ているのでしょうか。例え貧乏でも、か
けがえのない命を大事にしたいということです。
 「意見」では、「我が国におけるエネルギー問題への関心は極めて高くなって
おり、原子力の利用は即刻やめるべき、できればいつかは原子力発電を全廃した
い、我が国に原子力等の大規模集中電源は不要である、原子力発電を続ける場合
にも規模は最小限にすべき、原子力発電は引き続き必要であるなど、様々な立場
からあらゆる意見が表明され、議論が行われてきている。政府は、こうした様々
な議論を正面から真摯に受け止めなければならない。」と言っていますが、この
意見をまとめた総合部会・分科会自体が、国民の様々な議論を正面から真摯に受
け止めているとは、到底言えないものとなっています。それとも、様々な意見の
うち、「原子力発電は引き続き必要である」という意見だけは真摯に受け止め
た、ということなのでしょうか。
 2012年における「エネ・環会議」の原発ゼロをめざすという決定については、
9割近くの賛成が確認されています。同時にこの間、資源エネルギー庁等に寄せ
られている「国民の御意見」においても、少なくとも公表されているものについ
ては、圧倒的な多数が「原発の推進」に批判的なものであります。
 しかも、東電福島第1原発の事故は、未だ収束していないばかりか、汚染水問
題、賠償問題、廃炉問題等、深刻な問題を抱えています。全力をあげるべきは、
事故の収束であり、国民の意見を真摯に受け止めることです。
 東電福島第1原発の事故を経た新しい時代は、少々困難に見えても、原発ゼロ
を目指すべき、というのが国民の率直な意向です。

 経産官僚の圧倒的なヘゲモニーのもとで纏め上げてきた意見、しかしその実、
総合部会や分科会においてさえ十分な議論が行われたとは決していえない意見の
まとめを、より確実
な政治の決定としての閣議決定に持ち込むなど、政治的暴挙と言う他はありません。
 この問題に関して、本日を締め切りに、パブリックコメントが募集されていま
すが、ここに寄せられた国民の意見をどう扱うのかさえ、不透明なままなのです
(要するに無視する
ということでしょう)。
 「様々な立場からあらゆる意見が表明され、議論が行われてきている。政府
は、こうした様々な議論を正面から真摯に受け止めなければならない」とするな
ら、経産大臣、資源エネルギー庁長官自身、そして経産官僚自身がそうあるべき
ことを、今一度思い起こし確認してください。

★ 国際環境NGOグリーンピース さんから:
「一握りの思慮深く情熱的な市民が集まれば、世界を変えることができる。
これまでも、世界はそうやってしか変わってこなかったのだから。」
文化人類学者マーガレット・ミードの言葉です。

最近、地域社会がそれぞれの特性という「多様性」を活かすことによって
成功する事例がメディアでも注目されるようになりました。
一人ひとりが想いを具体的な行動に移していけば、その情熱は人に伝播し、
やがて具現化する。
環境保全と経済を両立する新しい未来への希望がここに見えはじめました。

一方、国レベルでは、政府が世論を無視して特定秘密保護法を成立させたり、
エネルギー基本計画に原発を復活させようとしたり、多額の税金を使う
大型公共事業を再開させるなど、「多様性」を否定する「一極集中型」の
古い社会システムに回帰しようとしています。
「地域社会の取り組みが新しく、国の取り組みが古い」という逆転の時代が
本格化し始めています。

■とめよう再稼働署名実施中

2014年、日本は原発ゼロで新年を迎えることができました。
これは、声を上げ続けている市民の成果にほかなりません。

政府は、昨年発表した原発稼働ゼロへのエネルギー戦略をゼロから見直すとし
て、再稼働に前のめりです。
現在、北海道電力が泊1,2,3号機を、東北電力が女川2号機を、
東京電力が柏崎刈羽6,7号機を、関西電力が大飯3,4号機と高浜3,4号機を
四国電力が伊方3号機を、中国電力が島根2号機を、九州電力が玄海3,4号機と
川内1,2号機を再稼働申請しています。

しかし、今、ゼロであることほど強いことはありません。
このままゼロであるように、今年も声を上げ続けていきましょう。

グリーンピース・ジャパンでは、原発事故を繰り返さないために
「とめよう再稼働署名」を行っています。
ぜひ、ご協力ください。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M298009&c=49050&d=6f1e

原発ゼロ、省エネ・効率化、自然エネルギー利用拡大、電力システム改革を柱と
するグリーンピースのパブリック・コメントはこちら。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M298010&c=49050&d=6f1e 

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm
参加費: 1500円(飲食含)
主 催: 「1000日目記念集い実行委員会」 
連絡先: (080-6420-6211 ・y-aoyagi@r8.dion.ne.jp)
メッセージ大歓迎
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆
<皆様からのメッセージで
1000日目記念の手作りパンフを作成します。
全員のメッセージが採録された、
思い出の数々の写真をちりばめた小冊子は
皆様の活動の良き記念にもなることでしょう。
(1000日目記念の集い編集部ハンナ&マイケル)>
☆.・‥…━━━…‥‥‥━━━…‥‥ ‥☆

●1月14日(火)14:00から14:30
九電テント前で「1000日目当日」集会 
   <当日現場で記者会見>
14:30から 九電本社 「再稼働しないようの要請」交渉申し入れ●

■ 「さよなら原発!福岡」例会 1月23日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
ホームページHP http://bye-nukes.com。
 
● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7256(+29) (1/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************





修の呟き


タイトル画像

公開勉強会「みんなで学ぼう 新国立競技場のあり方」

2014.01.11(21:33) 1229

公開勉強会「みんなで学ぼう 新国立競技場のあり方」

当会共同代表の森まゆみが、昨年11月に開いた公開座談会以降の推移と最新情報をご報告します。
また、五輪招致や建築、施設維持管理に詳しい専門家に、新国立競技場計画の問題点をお聞きし、
成熟社会にふさわしい東京オリンピックと国立競技場のあり方を考えます。
専門家はもとより、市民のみなさんの幅広いご参加を心からお待ちしております。

◎発言者(順不同)
森まゆみ
(作家、神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会共同代表/司会)
鈴木知幸
(元・2016年東京オリンピック招致準備担当課長、順天堂大学客員教授)
沖塩荘一郎
(日本ファシリティマネジメント協会顧問、東京理科大学名誉教授)
森山高至
(建築エコノミスト)
山本想太郎
(建築家、日本建築家協会デザイン部会長)
*講師は変更になることがあります。ご了承ください。

日時:2014年1月14日(火)18:00-20:00(開場17:30)
会場:日本建築家協会・建築家会館本館1階ホール(渋谷区神宮前2-3-16)
http://www.kenchikuka-kaikan.jp/?page_id=15
会費:一般1,000円、学生500円
定員:80名・要予約
申込期限:1/12(日)
▼参加申し込み
http://form1.fc2.com/form/?id=891261

2020-tokyo.sakura.ne.jp
主催:神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会



修の呟き


タイトル画像

修の呟き

2014.01.11(15:19) 1228

EPSON029.jpg
EPSON028.jpg
EPSON027.jpg
EPSON026.jpg
EPSON025.jpg
 私は、赤旗が他の一般紙やテレビニュースに比較して国内ニュースにしろ国際ニュースにしても優れて多様性があることを高く評価しています。今日の赤旗から特に注意深く読んだニュースを紹介したいと思います。
 まず1面トップは沖縄県議会が辺野古への「移設」断念の意見書可決し、名護市長選あす告示。県議会が知事不信任を可決は時間が遅かったため掲載されていません。左肩には派遣業者が献金攻勢をかけ、法改悪狙い厚労相ら9議員と公明党に寄付やパーティー券購入を行っていたという政治が業界よりの政策を実施しているという話。
 このほか3面には「靖国神社って何?」「『参拝』何が問題?」という見出しの特集。「安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐって、NHKなど一部のメディアが『不戦の誓い』をしたなどという首相の説明を無批判に流しています。靖国神社とは何か、首相の参拝がなぜ世界から厳しい批判をあびるのか、問題の根本を説き明かした報道はほとんどみられません」として、半ページ以上を使って靖国神社の成り立ちから説き明かしています。また、2面左下で、「首相靖国参拝の狙い 侵略美化歴史観を“国論”化」の見出しの囲み記事を展開しています。
 さらに、4面左肩には「NHKはいま 視聴者市民ができること」の見出しで、元NHKディレクター戸崎賢二さんの寄稿。戸崎さんは「『右翼』の首相によって、『右翼』がNHKの最高議決機関に送り込まれるなどという事態は、前代未聞、戦後の放送法制定以来初めてのことではないか」と指摘され、「NHKに自立した批判的報道を望む市民は、手をこまねいていてはすまない時代なのである」として、「NHKの自主・自立を要求する立場の市民が、グループで、または団体を作って、調査、研究、発言する活動を広く開始してはどうだろうか」と、提案されている。
 6面経済面トップは「原発のウソ 安倍政権のエネルギー計画案にみる」の見出しで、ポイントごとに計画案に反論しています。ぜひお読みください。7面国際面トップはアルゼンチン北中部コルドバ州の控訴裁が環境悪化を懸念する周辺住民が反対していた米国系大手バイオ企業モンサント社の工場建設を一時中止するよう命じる判決を言い渡したという記事です。
 そして社会面トップは「モザンビーク 日本の農地大開発が土地奪う 強権政治に批判の中、安倍首相訪問」の記事。安倍首相がゼネコンや商社の関係者を同行して中東・アフリカ4カ国を歴訪中で、その中の一つモザンビークで日本などによる大規模農業開発に「農民を犠牲にするな」と反発が起こり、日本のNGO(非政府組織)や研究者も「安倍首相は農民の声に応えて」と声を上げている、という内容。
 以上上げただけでも多種多様な内容で、さらに様々な話題、ニュースが掲載されています。私は党員ではありませんが、一般紙以外にぜひ赤旗を併読されることをお勧めします。

修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第997目報告☆

2014.01.11(13:33) 1227

青柳行信です。1月11日。

● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm

★ 木村京子さん【1000日メッセージ】
テント1000日 この揺るがぬ拠点の強さ、優しさ、暖かさを思います。
原発が廃炉の日をまたここで迎えましょう。

★ 板井優(原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団共同代表)さん【1000日メッセージ】
 2011年3月11日、東日本大震災と共に、東京電力福島第一発電所の事故
が起こりました。あれから三年経とうとしています。
しかし、未だに約15万人が故郷から避難をしている事態が続いています。
 私たちは、2012年1月31日、佐賀地方裁判所に「原発なくそう!九州玄
海訴訟」を提起し、以来昨年末で7137人の原告が提訴しています。
私たちはフクシマのような原発事故を九州で起こしてはならないという思いで、
まさに「フクシマ世代」としてこの九州の地で、「全ての原発を廃炉に」を合い
言葉に闘いを続けています。

 ところで、私たちが立ち上がる1年弱前の2011年4月から九電本店前ひろ
ばで、青柳行信さんはテントを張り、その報告をメールで毎日かかさずたくさん
の人に届け、「原発をとめよう」と闘いの日を送ってこられました。
そして、今年1月14日に青柳さんのメール「原発とめよう!九電本店前ひろ
ば」報告が1000回目を迎えるといいます。
私は、私たちが原発から自由になるには、青柳さんのような実践は欠かせないも
のと思い、心から尊敬を申し上げるものです。
しかし、闘いは道半ばであり、原発をとめるためにはこれからも闘いを継続しな
くてはなりません。
 誠に勝手で申し訳ありませんが、これからも九電本店ひろばでの闘いを継続さ
れることを祈念して、ともに原発をとめるまで一緒に頑張りたいと思います。
  「原発とめよう!九電本店前ひろば」座り込み1000日目を迎える日に

★ 河内俊英(久留米大学))さん【1000日メッセージ】
青柳さん
千日テントお疲れさま
脱原発、玄海・川内廃炉当然
ガンバロウ九電前広場
応援に行きます

★ 永島昇(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会)さん【1000日メッセージ】
九電本店前テントひろば1000日をお祝いします
2011年10月に訪問させていただいた時が548日目でした。電力会社の
本社前でテントを張って対峙するということで、緊張していくと、青柳
さんににこやかに迎え入れていただき、色々な話を聞かせていただきま
した。闘いを生活にされた青柳さんの、闘いへの確信と心の余裕にふれ、
元気づけられました。

私たちも、何かをしなくてはとの思いから「脱原発・放射能汚染を考える
吹田の会を開始したのが2011年5月でした。そして月2回のニュース
を発行しながら、常に運動から離れないようにしてきたつもりです。

今なお市民の過半数が原発の再稼働に反対しているのは、日常的な闘いの
継続が大きな力となっています。九電本店前テントひろばを先頭に、東京の
経産省前テントひろば、首相官邸前金曜抗議行動、大阪の関電前金曜抗議
行動、そして全国で止むことなく行なわれている各地の行動こそが、反原発
の闘いを風化させない力となっています。
その先頭を切る九電前テント前ひろばの1000日を祝うと同時に、私たちも
また継続した運動に参加していくことを誓いたいと思います。

☆.・メッセージ y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで.・☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第997目報告☆
呼びかけ人賛同者1月10日3113名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月10日1名
   福留時子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
政府や電力会社は 原発再稼動に向けて 焦っているようです。
こんな危ないもの 動かしてはいけない。
市民の関心は 遠のいているかのように見えますが、
地震が起こるたび、工場の爆発事故が起こるたびに 
心の中で 心配しているようです。
化学工場での爆発事故も 起こるべくして起こっているし、
下水道工事での硫化水素の発生も 起こるべくして起こっています。
原発だけが 安全だとは 言えないのです。
あんくるトム工房
手抜き審査  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2814

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「ハルマゲドン」は狂気宗団(オウム)のみならずアベノミクスは終末の形
相 (左門 1・11-533)
     
※新約聖書の黙示録15章16節~、「三つの霊は、ヘブル語でハルマゲドンと
いう所に、
王達を召集した。・・・・すると、
稲妻と諸々の声と、雷鳴とが起り、また激しい地震があった。
・・・・大いなる都は三つに裂かれ、諸国民の町は破壊された」。
これは比喩的な表現で、「地上の王たちが神に敵対する勢力に率いられて、
最終的戦いのために終結する戦場とみなされている」(岩波キリスト教辞典)。
原発を売る者と買う者とは、自然の秩序に反し、神の意志にも反して、
利権でのみ動く「王達」である。
原発利権国家を比喩していると言っても的外れでない実態である。
阻止しなければ・・・・。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、規制委の手抜き審査を伝える記事(6.の記事)などがありますが、ま
ず昨日の九州の、20.の関連記事から始めます。

1.<川内原発再稼働 「6月判断へ努力を」 薩摩川内市長が九電に要請> 
【南日本新聞】01/10 06:30
⇒http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=53903
記事<・・・・・・・岩切秀雄市長は、川内原発1、2号機の再稼働の同意判断
について、「(6月県議会で判断したいとの)知事の意向に従ってクリアできる
よう努力してほしい」と要請した。懇談終了後に岩切市長が明らかにし
た。・・・・・・。>
・・・・・市長が会談でこんなことを言っていたようです。

次の記事を注意深く見ておきましょう、電力会社と新聞社の関係です、
2.<西日本新聞社グループが新年祝賀会>西日本01月10日 19時02分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/30297/1/
記事<西日本新聞社グループの新年祝賀会が10日、福岡市のホテルで開かれ、
地場企業をはじめ各界から約500人が参加した。西日本新聞社や西日本支店長
会などが主催。川崎隆生社長は「新媒体など新聞屋として“新分野”に挑戦してい
く1年にしたい」とあいさつ。西日本政経懇話会の松尾新吾会長(九州電力相談
役)は「電力会社が地域貢献から手を引かざるを得なくなった今、新聞社の活動
が頼りになる」と話した。>
・・・・・・・新聞もこうしたことを念頭に置いて読みます。

さて、次に福島第1の現場の記事、
3.<ストロンチウム公表せず 第1原発汚染水、6~11月採取> 【福島民友
新聞】
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0110/news6.html
記事<福島第1原発の港湾内の海水や観測用井戸の地下水に含まれる放射性スト
ロンチウムについて、昨年6~11月までの半年間に採取した約140件の測定
値を公表していなかったことが9日分かった。東電は「測定結果に誤りがある可
能性があり、公表していなかった」と説明している。海水や地下水の放射性物質
濃度は、東電が汚染状況を監視する目的で定期的に核種ごとの数値を発表してい
る。東電によると、公表していなかった半年分の測定値は、ベータ線を出す放射
性物質の全体の測定値に対し、ベータ線を出す放射性物質に含まれるストロンチ
ウムの値が上回るケースがあった。東電は「以前使用していた分析装置に異常が
あった可能性がある」としている。未公表分の測定値は、新たな装置で再計
測を進めており、今月中にも正確な値を公表する予定。>
・・・・・・こういうことをするから、すべてがあやしく思われてしまいます。

久々に、フクイチを全国紙で報道、
4.<汚染水処理を再開=クレーンのモーター交換-福島第1原発>時事通信
01/1020:26
記事全文<東京電力は10日、福島第1原発で汚染水から放射性物質を減らす装
置「ALPS(アルプス)」の運転を再開したと発表した。放射性物質を吸着さ
せた廃棄物の保管容器を交換するクレーンで7日未明にトラブルがあり、8日午
前から汚染水の処理を停止していた。>

5.<原発境界15カ所で制限超=年8ミリシーベルト-福島第1>時事通信
01/1021:49
記事全文<原子力規制委員会と東京電力は10日、福島第1原発の敷地境界付近
で、制限値として定められた年間被ばく放射線量1ミリシーベルト未満を達成で
きていない場所が100カ所中15カ所あることを明らかにした。最も高い敷地
南側では同約8ミリシーベルトに達するという。>
関連記事、
5’.<汚染水タンクの放射線対策検討 規制委が専門家と会合>共同通信1月10日
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/01/post-8797.html
記事<東京電力福島第1原発の汚染水を貯蔵するタンクから出る放射線の影響
で、原発の敷地境界での被ばく線量が基準の約8倍になっているとして、原子力
規制委員会は10日、専門家や東電を交えた会合を開き、対策を検討し
た。・・・・・・・・・・・>

規制委のとんでもない審査作業を報じる、
6.<原発 手抜き審査 重大事故対策 事業者任せ 規制委、独自解析せず>し
んぶん赤旗1月10日(金
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-10/2014011001_01_1.html
原発の新規制基準の審査をめぐり、原子力規制委員会による重大な“手抜き審査”
の懸念が9日までに浮上しました。規制委は、原発の重大事故対策が有効かどう
かを評価するため、事業者が提出した結果をチェックする独自の解析、いわゆる
「クロスチェック解析」をいまだに実施せず、今後実施するかどうかも決めてい
ませんでした。・・・・・・ 旧原子力安全委員会や旧原子力安全・保安院は、
設置許可や工事計画認可の審査などで、事業者が提出した解析結果の妥当性を評
価するため、一部で独自に解析を行っていました。事業者が解析に用いたコード
とは異なるコードで解析することで、事業者による解析の不具合や入力ミスなど
が過去に見つかっています。・・・・・この問題をめぐっては、さらに、
解析に用いるコードの信頼性にも疑問符が付いています。東京電力が昨年12月
13日に発表した福島第1原発事故の未解明点の調査報告は、2号機の溶融燃料
の落下を解析したコードで「再現は困難…モデル改良による解析の信頼性向上の
努力が必要」と指摘しています。・・・・・・・{福島事故以前より大改
悪}・・・・・・元原子力安全委員会事務局技術参与・滝谷紘一氏の話 私が、
新基準適合性審査に提出された電力会社の申請書とその説明資料に目を通してい
る中で、過酷事故の解析結果が判断基準を満たしているという結論に疑問を持つ
解析ケースがいくつか出てきました。しかし、資料をただ見ているだけでは、疑
問点を定量的に明らかにすることは甚だ困難です。そこで、規制委員会がクロスチ
ェック解析を行い、その結果を公表することに大きな期待を持っていました。規
制委員会がそのクロスチェック解析をやらないで、電力会社の解析は妥当である
と判断することになれば、それは由々しき手抜き審査であると言わざるをえませ
ん。・・福島事故以前に原子力安全・保安院と原子力安全委員会が安全審査を
行っていた際には、事業者による事故解析の妥当性を綿密に調べるために、クロ
スチェック解析が導入されました。その当時と比べても、大変な改悪になります。

政府は、
7.<エネルギー計画、時間かけ議論=菅官房長官>時事通信01/1011:35
記事全文<菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、今月中の閣議決定を目指
す「エネルギー基本計画」について、「責任あるエネルギー政策を策定するには
徹底した議論が必要だ。与党側からも、時間をかけてしっかり調整してほしいと
いう要望があった」と述べ、決定には一定の時間がかかるとの見通しを示した。>
こちらに解説的な記事があります、
7’.<原発政策 政権「二枚舌」 再稼働方針は不変>東京新聞1月10日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014011002100003.html
記事<安倍政権の原発政策で矛盾が表面化している。安倍晋三首相や自民党の石
破茂幹事長は「原発依存度をできる限り低減させる」と強調するが、昨年末、政
府がつくったエネルギー基本計画案では原発を「基盤となる重要なベース電源」
と位置付けている。原発再稼働にも突き進もうとしており首相らの言葉は「二枚
舌」と批判されかねない.。・・・・・・・
首相は六日の年頭記者会見で、原発について「エネルギー源の多様化を図りなが
ら、可能な限り依存度を低減するのが基本方針だ」と強調した。・・・・・首相
らは、脱原発を求める世論を意識。「首相が決断して即ゼロに」と求めている小
泉純一郎元首相の影響力も考慮し、原発政策を語る時は必ず「依存度減」を強調
する。石破氏も「小泉氏と方向性は変わらない」と取りつくろ
う。。・・・・・・・政権は、各電力会社が原子力規制委員会に申請した再稼働
の審査が終わる見込みの春ごろから、原発を再稼働させていく方
針。・・・・・・・・・・・・ 政府は、計画案を一月中に閣議決定する方針
だったが、ずれ込む可能性もある。>
・・・・基本は変わらない。

8.<原賠機構に廃炉部門 改組、東電任せを転換 経産省方針>朝日デジタル
1月10日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10917702.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10917702
記事<経済産業省は、東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策を進めるため、
来年度にも政府の原子力損害賠償支援機構に廃炉部門をつくる。そのため、昨年
夏に政府がつくった国際廃炉研究開発機構(IRID)の機能を吸収し、廃炉部
門の責任者にはIRIDの山名元(はじむ)理事長が就く見通しだ。・・・・
IRIDは、福島第一原発の廃炉に向けた技術を開発する技術研究組合として、
電力会社や原発メーカーを集めてつくられた。経産省は組織改編のため、今度の
通常国会に原賠機構法の改正案を提出する。 IRIDの機能を吸収する原賠機
構の廃炉部門には、数十人の専門家を集める。技術開発を進めるとともに、東電
の廃炉作業を監督し、問題があれば改善を命令できるようにする。・・・ただ
し、賠償と廃炉は性格が異なり、廃炉支援が中途半端に終わるおそれもある。一
時しのぎのような組織改編には経産省内でさえ「不自然」との声があり、幹部も
「うまくいかなければ、仕組みを再設計する」と話してい
る。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・畑違いの組織の統合に問題点はな
いのか。IRIDの山名元・理事長に聞いた。
――木に竹をつぐような組織改編に見えます。
「昨年暮れに経産省・資源エネルギー庁の担当者から聞かされたときは驚いた。
賠償と廃炉は世界が違う。『賠償の世界は全然わからない。でもしょうがないの
かな』と思った」 
「100点満点で採点すると、IRIDができたことは20点、機構といっしょ
になることで45点。機構で廃炉の専門家を雇い、東電に指示できる点は前進だ」
――合格点に達していません。なぜですか。
「本来は英国のNDAのような公的な廃炉専門機関をつくり、技術と資金と責任
を持たせるべきだ。原発事故後、そう主張してきたが、一向にそうならない。日
本ではいつも役所の組織や予算の議論から始まる」
「まずは廃炉に向けてどんな技術戦略をとるかが重要だ。それから、戦略を進め
るためにどんな組織が最適か、費用はいくらかかるかを考えないといけない」
――今回の統合はあべこべになっていませんか。
「機構を使わないと組織と資金を保証する方策がない、それしかないということ
だろう」
――数十年もかかる廃炉事業に対応できますか。
「あと数年が勝負だ。数年内に廃炉の全体的な計画を立て、技術と資金と要員を
投入できる体制をつくらないといけない。今のようにだらだらやっていたら、地
下水や海への汚染が広がる。急がないといけない」
*やまな・はじむ 1953年生まれ。動力炉・核燃料開発事業団(現在は日本
原子力研究開発機構)に15年勤務した後、京大原子炉実験所教授。工学博士。>

8.<10カ所に11万人投入=原発災害も想定-南海トラフ地震の対処計画策
定・防衛省>時事通信01/1020:17
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011000918
防衛省は10日までに、南海トラフ巨大地震の対処計画をまとめた。多数の孤立
地域が発生することを想定し、首都直下地震の計画を上回る艦艇約65隻、航空
機約300機を派遣。約10カ所の目標を設定し、11万人超の陸上自衛隊員を
速やかに被災地に投入するほか、米軍との連携強化や原発事故への対応なども盛
り込んだ。・・・・・・・・・・・・・・・ 原発事故では、津波などで浜岡原
発(静岡県)と伊方原発(愛媛県)が被災すると想定。陸自の化学部隊が原発敷
地外で住民避難やスクリーニング、除染などに当たることを計画している。>

昨日既報だが、こちらの記事に図があります、
9.<燃料溶融、再現実験へ 原子力機構、東海で年度末から>茨城新聞1月10日
⇒http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13892771702784
記事<・・・・福島第1原発事故で起きた燃料溶融がどのような経緯をたどった
か解明するため、日本原子力研究開発機構(原子力機構)が今春、全長約30センチの
小型核燃料棒1本を溶かす小規模な再現実験を東海村の研究炉で行うことが9日、
分かった。福島第1原発の廃炉作業は原子炉で溶けた燃料をどのように取り出す
かが最大の課題だが、溶融した経緯や燃料の状態は分かっていない。原子力機構
の杉山智之研究主幹は「実験で得られたデータを福島の事故解析の精度向上に役
立てたい」と話している。・・・・ 原子力機構によると、実験を行うのは東海
村にある原子炉安全性研究炉(NSRR)。3月末までに実験に着手する。>

被災地フクシマ、
10.<2月末までに再開通=震災で通行止めの常磐道>時事通信01/1011:49
記事全文<太田昭宏国土交通相は10日の閣議後の記者会見で、東日本大震災と
東京電力福島第1原発事故の影響で通行止めになっていた、常磐自動車道の広野
インターチェンジ(IC、福島県広野町)-常磐富岡IC(同県富岡町)間につ
いて、「2月末をめどに再開通できる見通しになった」ことを明らかにした。同
区間は、震災で路面のひび割れなどの被害が発生し通行止めとなったが、原発事
故の警戒区域に指定されたため、工事が遅れていた。>

11.<住民投票条例案を提出へ=中間貯蔵施設で住民請求-福島県楢葉町>時
事通信01/1010:25
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011000249
記事<福島第1原発事故の除染で発生する放射能汚染土などを保管する中間貯蔵
施設をめぐり、建設候補地の一つである福島県楢葉町の住民グループは10日、
松本幸英町長に同施設建設の是非を問う住民投票条例の制定を直接請求した。松
本町長は、20日以内に町議会を招集し、賛否を示した意見を付けて条例案を提
出する。・・・・・・・・・・住民グループは昨年12月、条例制定を求める署
名を町選挙管理委員会に提出。町選管は、条例制定の直接請求に必要な有権者の
50分の1(126人)を大幅に上回る2151人分の有効署名を確認した。>

12.<避難者支援で連携確認 本県と受け入れ7府県>福島民友(01/10 10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0110/news10.html
記事<県と、東京電力福島第1原発事故による本県からの避難者を受け入れてい
る関西地方の7府県は9日、京都市で連絡会議を開き、避難者への支援をより充
実させるために連携していくことを確認した。県によると、関西地方では初開
催。京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山の近畿6府県と岡山県には昨年12
月現在、県内から約2500人が避難しており、原発事故に伴う本県の取り組み
などの情報共有を目的に開いた。県と7府県の担当者ら約30人が出席した。意
見交換は非公開で行われた。・・・・・・・・・・・>

13.<復興への闘い 震災3年の現実(8)第1部 市町村の苦悩 消えない
住民不安>福島民報01/10 12:59
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_8987.html
記事<平成24年夏、除染廃棄物の焼却減容化施設建設の候補地に挙がった飯舘
村蕨平(わらびだいら)行政区の住民説明会が福島市で開かれた。「安全性が信
用できない」。村や環境省による施設の説明に住民からは反発する声が上がっ
た。村は施設の安全性や必要性の他、村民が避難している周辺6市町の下水汚泥
を受け入れる構想を明かし、建設する意義を訴えた。東京電力福島第一原発事故
発生以降、放射性物質を含んだ汚泥は、県内の下水処理施設で処理できずに敷地
内にたまり続けていた。1キロ当たり8000ベクレル以下なら産業廃棄物管理
型処分場で埋め立てられるが、周辺住民の反対に遭い、どの処分場でも埋設でき
ていなかった。8000ベクレル超の汚泥は国が処理することになっているも
のの、処分先が見つかっていなかった。・・・・・・・・>

14.<相馬双葉漁協で今年初めての試験操業 カレイなど水揚げ>福島民友
(01/10 11:20
⇒http://www.minyu-net.com/news/topic/140110/topic3.html
記事<相馬双葉漁協は9日、今年初めての試験操業を相双沖で行い、同漁協所属
の底引き網漁船15隻がアカガレイやアンコウ、カレイなどを水揚げした。今年
も週1回のペースで試験操業を行い、冬の主力品種「ズワイガニ」は来週の操業
から水揚げが始まる見通し。・・・・・・試験操業はいわき地区でも来週から行
われる予定。>

15.<10日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(キノコ・野菜)・県内死者・行方不明者数>福島民
報1月11日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・記事の見出しに、「クロダイから1万2400ベクレル いわき沿
岸・・・・」とあります。
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

栃木県、
15.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞1月10日 17:35
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140110/1470197
記事<▼空間放射線量率(10日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>
千葉県、
16.<出荷制限シイタケ販売 千葉県、自主回収を指示 君津市の直売所> 
【千葉日報】1月10日
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/173943
記事<千葉県は9日、東京電力福島第1原発事故の影響で、国から原木シイタケ
の出荷制限を受けている君津市で、生シイタケ約160キロと干しシイタケ約1
キロが農産物直売所で販売されていたと発表した。県などが検査をした結果、放
射性セシウムは国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)以下だったと
いう。県は直売所にあるシイタケの撤去と、すでに販売されたシイタケの自主回
収を指示した。・・・・県森林課によると、シイタケは、君津市三直の商業施設
「房総四季の蔵」内にある農産物直売所「旬の蔵」で、昨年11月14日~今年
1月7日に販売されていた。同市内の女性生産者2人が出荷しており、商品には
「君津産シイタケ」と記載されたラベルが貼られているという。・・・・2
人のうちの1人が放射性物質の自主検査をし、基準値以下であったため、直売所
に検査結果を提示し出荷。直売所は検査が公的機関によるものと思い込み、販売
した。もう1人の女性は直売所で販売されているのを見て、出荷したという。同
市の県中部林業事務所に7日、「君津市産のシイタケが売られている」と通報が
あった。>
・・・・・出荷制限されたこうした作物がその後どうなっているか、心配です。

規制委の続き、
16.<女川、島根原発の審査開始へ 来週に規制委、再処理会合も>【共同通
信】01/10 17:30???
⇒http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011001002112.html
記事、原子力規制委員会は10日、再稼働に向け申請があった東北電力女川原発
2号機(宮城県)と中国電力島根原発2号機の第1回審査会合を16日に開くと
発表した。・・・・・・・・・・会合では、各事業者から、地震や津波などの対
策や、電源車やポンプなど事故対策設備の配備状況の説明を受ける。・・・・・
女川2号機と島根2号機は、東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型炉。規制委は
沸騰水型炉を専門的に審査するチームを設置する方向で検討している。>
こちらでは、早速、
16’.<女川原発2号機審査申請 東北電社員、周辺地区へ訪問始める>河北
新報1月10日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140110t13022.htm
記事<東北電力女川原発は9日、原発に関する情報を地元の宮城県女川町と石巻
市牡鹿地域の住民に説明する「こんにちは訪問」を始めた。2号機について昨年
末に再稼働の前提となる安全審査を原子力規制委員会に申請したことなどを報告
した。住民からは安全対策の徹底を求める声が相次いだ。・・・・女川町宮ケ崎
地区では、所員2人が東日本大震災の被災者が暮らす仮設住宅など14戸を回っ
た。・・・・・・・・・・・・こんにちは訪問では24日までに、原発所員延べ
約140人が約4200戸を回るという。>

茨城県、原発関連業界も動き出す、
17.<原子力施設の安全誓う 茨城原子力協、3年ぶり賀詞交歓会>茨城新聞1
月10日
⇒http://www.47news.jp/47topics/e/200026.php
記事<茨城原子力協議会(佐藤守弘会長)の新年賀詞交歓会が9日、水戸市内のホ
テルで3年ぶりに開かれ、会員の原子力事業者や関係機関、市町村の代表ら約380
人が原子力施設の安全操業や新しい技術の開発推進などを誓い合っ
た。・・・・・・・・・>

電力、
18.<丸紅が首都圏で5発電所、新電力最大に 1500億円投資>日経1月10日
(有料会員限定)
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNZO64781800R31C13A2MM8000/
記事<丸紅は2016年までに首都圏で5カ所の火力発電所を動かす。発電能力は現
在の10倍の60万キロワットに増え、新電力(特定規模電気事業者)で最大規模に
なる。建設な
どにかかる総事業費は1500億円。他社からの調達分を含めた販売量は約170万世帯分
と3倍になる。電力小売りが家庭向けを含めて全面自由化されるのをにらみ、最大市
場の首都圏では他地域の電力会社や異業種大手の参入が相次ぐ。今後各社の能力増強
で競争が激化、電気料金の低下にもつながりそうだ。・・・・・・・・・・・>

19.<中部電、12月発受電量は0.6%減=3カ月ぶりマイナス>時事通信
01/1014:33
記事全文<中部電力が10日発表した2013年12月分の発受電実績(速報)
によると、発受電電力量は前年同月比0.6%減の120億6600万キロワッ
ト時と、3カ月ぶりのマイナスだった。マイナスは前年よりも気温が高く暖房需
要が減少したため。>

都知事選挙、
20.<脱原発、争点なじまず=菅官房長官-都知事選>時事通信01/1012:47
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014011000457
記事<菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、東京都知事選の争点として
2020年東京五輪開催に向けた街づくりや少子高齢化対策などを挙げ、「基本
的には自分の生活に身近な問題が争点になるのではないか。国政選挙とは違う」
と述べた。東京には原発がないことを念頭に、原発問題は争点になじまないとの
認識を示すとともに、「脱原発」を掲げての出馬を検討する細川護熙元首相をけ
ん制した発言とみられる。・・・・・・・・・・・・・・>

20’.<自民都連、都知事選で舛添氏支援を決定 >日経1/10 10:53
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS10009_Q4A110C1EB1000/
記事<自民党東京都連は10日午前、党本部で幹部会を開き、都知事選(23日告
示、2月9日投開票)に立候補する意向を表明した舛添要一元厚生労働相の支援
を決定した。都議会自民党が前日に決めた方針を了承した。都連会長を務める石
原伸晃環境相は幹部会後、石破茂幹事長と会談し、「都連として舛添氏を推薦し
たい。党本部で十分検討してほしい」と伝えた。舛添氏が2010年に自民党を離党
して除名処分となった経緯から、党本部としての公認や推薦は見送るとみられ
る。・・・・・>

20”.<細川元首相が都知事選に立候補へ>共同通信1月10日(金)13時57分配信 
記事全文<細川護熙元首相(75)は10日、東京都知事選(23日告示、2月
9日投開票)に立候補する意向を固めた。周囲に対し、脱原発が進まない現状な
どを挙げ「今の政治状況は心配だ。落選してもいいからやる」と表明した。脱原
発で連携を模索する小泉純一郎元首相と週明けに会談する。複数の関係者が明ら
かにした。・・・・細川氏は争点として脱原発を前面に掲げる意向だ。民主党な
ど野党内に支援の動きが出ているが、立候補する場合は政党の推薦などを得ずに
無所属で臨み、幅広い有権者層からの支持獲得を目指す方向だ。・・・細川、小
泉両氏は昨年10月にも会談し、脱原発を目指すことで一致していた。・・・・・>

20”’.<細川氏と小泉氏脱原発で連携か、自民党には警戒感>TBS系(JNN) 1
月10日(金)18時49分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140110-00000042-jnn-pol
記事<細川護煕元総理が、東京都知事選に出馬する意向を固めました。脱原発で
小泉元総理と連携するものとみられ、自民党には警戒感が広がっていま
す。・・・・・元総理が、東京都知事選へ出馬するという極めて異例の事
態。・・・・・・・・・・・・・16年前に、政界の第一線から退いた細川氏が
出馬の意向を固めたことに・・・・・・
「細川氏の『政治が心配だ』という(出馬情報だけでは)コメントしかねる」
(自民党 石破茂幹事長)・・・・困惑する石破氏。・・・・・「とんでもない
話だ。細川さんが出るなら全力でつぶさないといけない」(自民党幹部)
最近は、原発の再稼働を進める安倍政権を強く批判していた細川氏。昨年10
月、「原発ゼロ」を主張する小泉元総理と会談したといいます。自民党内には、
細川氏と小泉氏が連携し、「脱原発」が都知事選の争点となることに強い警戒感
があります。
「もし、そういう事態になったら、党内に衝撃が走るぞ」(自民党幹部)
小泉氏の周辺によれば、週明けには脱原発を主張する小泉元総理と会談するもの
と見られます。
「細川さんは、選挙運動する必要ないよ」(小泉元首相)
圧倒的な支持率を誇った2人の総理のタッグとなるころもあって、周辺にこう自
信を漏らしたといいます。
「殿、ご乱心」(甘利明 経済再生相)
「若い方が、割と知らないというのが、私の印象としては意外な印象を持ったと
ころ」(自民党 石原伸晃都連会長)
一方で、自民党内には、2人は既に「過去の人」であり大勢に影響しないという
見方も出ています。・・・・・・・・・・・去年12月に、日本維新の会を離
党、議員辞職し、出馬が取りざたされていた東国原英夫前衆院議員
は、・・・・・・・・・・・・自身については、「2000%ない」と現時点で
は、出馬しない意向を明らかにしました。・・・・・・・・・・・・・・>

都知事選立候補者をめぐる興味深い記事、
20””.<本命不在か!荒れ模様の東京都知事選~候補者たちの知られざる一
面>データ・マックス
2014年1月10日 10:33
⇒http://www.data-max.co.jp/2014/01/10/post_16455_nk1.html
記事<・・・・・・・・・<果たして都知事に相応しい人物
か>・・・・・・・・しかし政界引退以来の16年間を「テレビも見ないし、新聞
もとらない」という隠遁生活をおくってきた老人に、世界で最も近代化が進んだ
大都市のトップが務まるのかどうか。しかも東京都知事は、時には首相の権力を
しのぐとも言われるほど強力なものだ。・・・・・・・・・・・・それでは細川
氏以外の都知事候補はどうか。1月6日に日弁連元会長の宇都宮健児氏が、7日
には元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄氏が出馬を表明した。いずれも話題性はあ
るが、どのくらいの票を集められるのかは不明だ。その他の泡沫候補も続々と立
候補を表明しているが、まず論外だ。・・・・・・そのなかで自公の「本命」と
される舛添要一
氏も、8日に事実上の立候補表明を行ない、自民党の都議団に挨拶した。2010年
に自民党を除名された舛添氏だが、厚生労働大臣時代につちかった公明党との強
い絆がある。都内の公明票は100万票と言われるので、優位は揺るがない。当初
は舛添氏の擁立に難色を示していた自民党本部も、最後は折れた形になってい
る。・・・・・<舛添氏は愛人スキャンダルが障壁に?>・・・・だがそんな舛
添氏でも、実はスキャンダルを抱えているのだという。関係者はこう述べ
る。・・・・・舛添氏には、複数の愛人と非嫡出子がいる。すでに成人している
子どももいるが、なかには障害を持っている子どもがいて、舛添氏は参院議員時
代に毎月25万円の養育費を払っていた。ところが議員を辞めたとたん、相手に無
断で月額
8万円に減額してしまった。怒った相手といま調停中らしい」・・・・まだ勝負
はわからないということか。・・・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面で、
2面に、
21.<社説 国政の潮流も占う審判に 東京都知事選>
社説検索は10時半すぎた頃に⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
すぐ横に、20.の都知事選の一連の類似記事、
5面下方に、小さく10.の類似記事、
28面に、
22.<糸島市長・市議選 市民団体の主催で18日に公開討論会>

昨日の紙面には、こんな人の記事もありました、
23.<西部ガス 酒見俊夫社長 営業部門の効率化推進へ>01月10日 03時00
分 更新
http://qbiz.jp/article/30237/1/
記事<・・・・・・?東京ガスのように、発電事業に参入しないのか。
「検討は進めているが、電力システム改革や原発再稼働の行方を読み切れないで
いる。火力発電所を自前で建設するのは莫大(ばくだい)な投資を伴い難しい
が、他社との提携などいろんなスキームが考えられる」・・・・・・>

昨日の訂正:次の記事の出所は、西日本新聞ネットでした。
4.<核燃料溶融、再現実験へ 原子力機構、3月下旬に>(01月09日 17時27分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/62389
今朝は、以上です。(1.11. 6:23)
※編集作業簡略化のため、見出しと記事の前後の「」を<>に変更しています。
※この新聞記事紹介へのご意見は等、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
上記、舩津さんの新聞報告。

規制委のとんでもない審査作業を報じる、
6.<原発 手抜き審査 重大事故対策 事業者任せ 規制委、独自解析せず>し
んぶん赤旗1月10日(金
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-10/2014011001_01_1.html
についてコメントします。
この記事の内容は、9月20日のNHKの「特報フロンティア」に端を発して、
日本科学者会議福岡核問題研究会が熱心に取り組んで、さよなら原
発!11.10九州沖縄集会で取り上げられ、原子力市民委員会との連帯研究、
佐賀県議会原子力特別委員会での井野博満先生の参考人意見陳述等で強化されて
きて、現在さよなら原発!九州沖縄連絡会とさよなら原発!福岡実行委員会が取
り上げている、原発再稼動の科学的・技術的問題が東京でも検討され始めた事の
証明と思われます。
 この記事の中には、過酷事故解析コード「MAAP」の言葉は出てきません
が、専門的に見れば「MAAP」は明らかに大きな欠陥を持ったコ-ドであり、
原子力規制委員会と電力会社が「MAAP」の解析結果のみに国民の命を預ける
ので有れば、到底許されないことと思われます。
たとへ、しんぶん赤旗一紙のみといえども、全国紙の一面トップにこのような
大変に重要な指摘が掲載された事は、九州のさよなら原発!運動の大きな前進と
思われます。

★ 黒木 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No2061】2014年1月10日(金)午後 08:45
地震と原発事故情報より転載

「買収」で成り立つ原発立地
 │ 中部電力浜岡原発の金ばらまきの実態--全て電気料金である
 │ 原発の見返りに中電から18年間で少なくとも114億円を受取った町
 └────(山崎久隆 たんぽぽ舎)

○原発を立地する際に、巨額の寄付が問題になってきた。それ自体は隠れもな
い事実であり、結局自治体財政を補助金や寄付金依存にしてしまい、健全な運
営が出来なくなるという批判も前から行われてきた。しかし今回明らかになっ
た規模は、常軌を逸していると言わなければならない。
 電源三法交付金は期限が決まっているし固定資産税は減価償却により減って
いく。そこで「寄付金」という名の買収が横行するのであるが、増設問題が持
ち上がると常にセットとなって支出されている。
 それ自体は何処の電力もやっていることである。
 例えば今2020年オリンピックに向けて再開するかどうかで問題になっている
福島県楢葉町のJビレッジも、元はといえば福島第一原発7、8号機増設への
見返りとして県に東電から寄付されたものだった。
 現在は当然のように東電が福島第一復旧の最前線に使用しているが、元はと
いえばそういう事情があるからである。
 この建設に要した130億円は、福島第一原発建設仮勘定という名目で電力料
金に算入される発電所建設費に計上されていた。この7、8号機はもちろん原
発震災により中止されたが、建設費のうち一部が発電所建設費用の経費に算入
されているから、この寄付金の一部は電気料金として東電の電気を使用してい
る需要家が負担させられている。
 他電力での地元寄付金も、当然のように電気料金に含まれて徴収されている。
毎年支払われている地域振興費という名目の資金は、電気事業会計上はおそら
く発電所の運営費に含まれているだろう。
 電力の各種費用計上については、東電もそうだが何処の電力も明細を公開し
ていない。明朗会計にはほど遠いのである。
 様々な費用が勝手に計上され、それが電気料金の原価に算入されていること
は想像に難くない。経産省が費用と認められないとカットした寄付金の事例も
あるが、全部チェックされて落とされたとは到底考えられない。落とされない
ように名目を曖昧にする手法が会計処理でも行われているだろう。
 今回、中日新聞がスクープしたのは、中部電力浜岡原発の「3、4号機増設
問題」に絡んだ旧浜岡町(現在は御前崎市)に渡された「非公表の」巨額補助
金だった。
-----------------------------------
■『原発見返り再三金銭を要求 旧浜岡町が中電に』
  中部電力が浜岡原発3、4号機の増設同意時に、立地する旧浜岡町(現静
 岡県御前崎市)に非公表の寄付53億円を約束していた問題で、町は53億円以
 外に1970(昭和45)年度以降、「共存共栄のため」などとして、町議らの視
 察研修や茶畑の防霜対策などさまざまな名目で中電に資金提供を求めていた。
 中日新聞が入手した町の文書で分かった。増設同意前の金銭授受の見返りに
 「増設問題への協力」を約束した念書もあった。
  町はこうした収入を「寄付金」のほか「負担金」という細目に振り分けて
 会計処理していた。いずれの細目も決算書で中電からの収入かどうかを判別
 できず、第三者の目が届きにくい不明朗な形で“中電頼み”の行政運営が続
 いていた。
  本紙が入手したのは、御前崎市教育委員会が保管している旧浜岡町の「原
 発関係文書」で、1970~1987年度の中電との金銭授受を示す文書が含まれて
 いる。