FC2ブログ

タイトル画像

 イスラム国の人質となった2人の解放を求める緊急アピール

2015.01.23(20:43) 2268


 戦争をさせない1000人委員会ほか5団体が連名で、「イスラム国の人質となっ
た2人の解放を求める緊急アピール」を出したので、下記に紹介します。英文もあり
ます。ぜひ拡散して下さい。

 また、戦争をさせない1000人委員会は19日、<想定される「戦争関連法案」
とその問題>と題する論考を発表しました。たいへん参考になる内容ですので、UR
Lを紹介しておきます。

 同委員会は13日付で「戦争をさせない全国署名<2015年版>を呼びかけていま
す。ぜひ広げてください。
                         (JCJふらっしゅ編集部)
──────────────────────────────────────
…   …   …   …   …   …   …   …   …   … 

      イスラム国の人質となった2人の解放を求める緊急アピール

                            2015年1月21日

 私たちは、米英によるイラク攻撃に反対し、それを支持して攻撃に加担した日本政
府に抗議する広範な運動を行ってきた者(people)として、また、現在の安倍政権に
よる『海外で戦争する国づくり』とそのための日米の軍事協力を強める政策に強い反
対運動を進めている者(people)として、世界で実現されるべき正義と人道の名にお
いて、今回の日本人2人のシリア入国の経緯と立場の評価は留保したうえで、2人の
日本人の生命を奪うことなく、無事に解放するよう求めます。そして、日本政府が2
人の生命を救うために、最大限の交渉の努力を行うことを要請します。

 私たちは一貫して、「集団的自衛権」の行使容認をはじめとした日本を戦争へと引
き込む一切の政策に反対するとともに、米国の戦争にグローバルな規模で加担すると
いう危険で、誤った道を進むのではなく、平和憲法の下でこそできる日本の国際協力
のあり方を求めて、とりくんできました。私たちがとりくむなかで、航空自衛隊によ
る中東地域での米軍への協力は、日本の憲法に違反するとの判決も出されています。

 2人の日本人を拘束した人びとは、日本の民衆のこうした願いと努力を理解し、か
 けがえのない生命を奪って失望させないよう賢明に対処することを切望します。
 

                       憲法を生かす会
                       戦争をさせない1000人委員会
                       フォーラム平和・人権・環境
                       平和を実現するキリスト者ネット
                       許すな!憲法改悪・市民連絡会


                  *戦争をさせない1000人委員会HPより
               http://www.anti-war.info/information/1501211/

──────────────────────────────────────
<英文>

          Urgent Appeal to Demand Release
   of Two Japanese Hostages Taken by the Islamic State

We are people representing citizens’ groups which staged broad anti-war
campaigns against the war in Iraq committed by the United States and the
United Kingdom as well as against the government of Japan which supported
belligerency to involve in their attacks. At this moment we engage in
intensified campaigns against the Abe government which is keen in ‘building
up Japan as a nation that could wage wars abroad’ and wild in
consolidating military cooperation with the United States.

In the name of justice and humanitarianism to be realized in the world, we
here demand an immediate release of the two Japanese citizens without
depriving them of lives, with temporal reservation how to evaluate their
entry to Syria and stances they take over the war situation. At the same
time we urge the government of Japan to make maximum efforts in order to
save their lives.

We are people who consistently oppose the government’s policy package to
lead Japan to warfare, including its approval of use of the right of
collective self-defense. We are people who wish the government of Japan not
to take a dangerous and erroneous path to join the US global war policy but
to pursue genuine international contribution of Japan based on the Peace
Constitution. That is why we have been engaged in various citizens’
activities. In the course of our experiences we have witnessed a right court
decision that the Japan’s Air Self Defense Force’s cooperation with the
US military in the Middle East violates the Constitution.

We sincerely hope that a group of people who have abducted the two men might
understand petitions and efforts of Japanese people and should solve the
issue prudently so that we may not be disappointed with a loss of priceless
lives.

January 21, 2015

          Citizens’ Association for Peace Constitution
          Anti-War Committee of 1000
          Forum for Peace, Human Rights and Environment
          Christians’ Peace Network
          Citizens’ Association against Revision of Constitution


                  *戦争をさせない1000人委員会HPより
               http://www.anti-war.info/information/1501212/

──────────────────────────────────────
<おすすめ論考>

          想定される「戦争関連法案」とその問題

                             2015年1月19日

 1月26日、通常国会が開会します。ここに、憲法違反の「集団的自衛権」行使容
認の閣議決定(昨年7月1日)を踏まえた「戦争関連法案」の提出が目論まれていま
す。

 戦争をさせない1000人委員会事務局次長の飯島滋明さん(名古屋学院大学准教
授)より、想定される「戦争関連法案」の内容とその問題性についての論考を寄せて
いただきましたので、掲載します。


         想定される「戦争関連法案」とその問題
       http://www.anti-war.info/information/1401191/



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1373日目報告☆

2015.01.22(21:46) 2267

青柳行信です。1月22日。

【転送・転載大歓迎】

本日●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

明日● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1373日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月21日3697名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
お疲れさまです。
22日の佐高さんの講演会、どんな切り口で迫るのか
たのしみです。 雨が上がるといいですが。
あんくるトム工房
廃炉作業中 事故続出  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3329

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆全局の見えぬ首相の一言が 日本をテロの標的に変へ
      (左門 ’15・1・22-909)
※「アラブ社会の歴史認識」に心を用いれば、有志連合的言動は
慎むのが良識です。しかし、アベ首相は欧米的な考えに照準を合
わせてのみ発言したので、その無配慮を指摘され落とし前をつけ
られたのです。本日、朝日新聞の「オピニオン」欄・野中章弘早大
教授の「事件の背景を根源的に考える必要が」あるとする配慮が
あれば、このように無様でマイナス事態は無かったのです。有志
連合こそは「集団的自衛権」の現実態であることも分りましたね!

★ 青柳行信・鳥原良子・北岡逸人(異議申立人総代) さんから:
原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
 1/21「異議申立て」意見陳述会
陳述者15名の意見陳述要旨:http://tinyurl.com/k9a99b2

★ 石橋克彦 さんから:
川内原子力発電所1・2号炉の設置変更許可に対する異議申立てに関する口頭意
見陳述会
2015年1月21日(水)15:00~18:15/原子力規制委員会・会議室A
意見陳述者: 石橋 克彦(兵庫県神戸市、神戸大学名誉教授、地震学)
 私のパワーポインPPTファイルは、会場で少し修正しましたので、映写したも
のを最終版として添付します。
http://tinyurl.com/lh2nqfu

★ 北岡逸人 さんから:
 当日陳述したメモを含むPDFをアップロードしたので、そのリンクを参考まで
以下に記載しておきます。
「川内原発の設置変更許可処分の違法性と不当性について(ノート含む)」
http://1drv.ms/1woyeKa

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、規制委が、汚染水のついて踏み込んだ意思を確認しました。(9.、
10.の記事)
一方、その規制委で川内(せんだい)原発に関する意見陳述がありました。今朝は
その記事からはじめます。

1.「川内審査、やり直し求める=地震学者ら意見陳述―規制委」時事通信?1月
21日(水)22時37分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015012100977
全文「原子力規制委員会が九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の審査で事実
上の合格と判断したことを不服として、異議を申し立てた住民らが21日、原子力
規制庁で意見陳述を行った。住民側は審査のやり直しを求めた。意見陳述は地元
の薩摩川内市民や地震学者ら15人が出席し、非公開で行われた。終了後に記者会
見した石橋克彦神戸大名誉教授(地震学)は、地震の審査が不十分だったと指
摘。想定する地震の揺れが過小評価された可能性があるとして、「審査は無効で
やり直すべきだ」と批判した。」 

1’.「川内原発審査の問題点指摘 市民団体が規制委で意見陳述 [鹿児島県]」
西日本(2015年01月21日 21時55分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/140748
「・・・・会見した川内原発建設反対連絡協議会(薩摩川内市)の鳥原良子会長
によると、この日は申し立てをした約1500人を代表し、15人が巨大噴火や
避難計画への対応などの問題点を指摘した。 このうち、神戸大の石橋克彦名誉
教授(地震学)は、プレート(岩板)がこすれて起きる地震を、九電が基準地震
動(最大規模の地震の揺れ)に反映しなかったことについて「敷地近くで起きる
可能性が十分にある」と批判した。」

2.●●「原子力防災担当相が資料「棒読み」 川内原発視察」西日本電子版2015
年01月22日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/54222/1/
全文「万が一、原発事故が起きた場合、この人に県民の命を委ねて大丈夫だろう
か。本当に不安になった。九州電力川内原発の過酷事故に供えた防災体制を視察
するため、望月義夫原子力防災担当相が19日、鹿児島県を訪れた。伊藤祐一郎
知事との会談を終え報道陣の前に現れた望月氏の手には、ピンクや青の付箋の付
いた資料が。時折視線を上げながら、「しっかり対策が講じられていた」などと
述べたが、ほぼ資料をそのまま読んでいた。
その後も報道陣が質問するたび資料に目を落とす。原子力防災の課題を問われる
と、ついに言葉に詰まり、同席した小里泰弘副大臣が代わりに答えた。小里氏が
資料を手にせず詳しく説明したため、望月氏の「棒読み」が一層際立った。
原発再稼働には今なお国民の反対が根強い。その要因の一つが、避難計画の実効
性への不安だろう。国は再稼働を推進する以上、こうした国民の不安を取り除く
責任がある。その作業の先頭に立つのが原子力防災担当相だ。いくら環境相との
兼任とはいえ、原発を抱える鹿児島県民の一人としては、もう少し自分の言葉で
答えてほしかった。望月氏は「安全神話に基づいてはいけない」とも言った。そ
の意味を自ら重く受け止めてほしい。」
(記者:金子晋輔)

3.「川内原発:望月・原子力防災担当相ら、緊急時の対応確認 反対派市民は
横断幕 /鹿児島」毎日新聞 2015年01月21日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150121ddlk46040551000c.html
「・・・・この後、望月原子力防災担当相らは県庁を訪ね、伊藤祐一郎知事と意
見交換した。しかし、再稼働に反対する市民団体のメンバーが望月氏に対して、
横断幕を掲げ「何しにきた」「帰れ」と声を上げる場面もあった。伊藤知事とは
現在の防護態勢の状況や今後の対応などを話し合ったという。・・・」

4.「薩摩川内市、宿泊施設の譲渡先公募を延長 ゆったり館など」西日本2015
年01月22日 03時00分 更新
全文「鹿児島県薩摩川内市は、無償で民間譲渡先を公募していた市所有の宿泊3
施設について、20日を締め切りとしていた公募期間を2カ月延長し、3月20
日までとした。3施設は東郷温泉ゆったり館(東郷町)、甑島館(里町)、竜宮
の郷(下甑町)。市によると、昨年12月1日の公募開始後、東郷温泉ゆったり
館には1社が応募、甑島の2施設には応募がなかった。ただ、甑島の施設にも問
い合わせは複数来ており、ゆったり館に応募した業者の了承も得て、期間延長を
決めた。3施設はいずれも指定管理者制度で運営。2013年度決算は赤字で、
市は民間活力の導入で事業継続を図るため民間譲渡の方針を決めた。」
・・・2施設で応募がなかった、と。原発立地も影響しているのでは

5.「九電の川内火力 蒸気漏れで停止 松浦は復旧 [鹿児島県]」西日本2015
年01月21日 13時16分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/140613
「九州電力は21日、石油火力の川内発電所2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力
50万キロワット)のボイラーで蒸気漏れが見つかり、運転を停止したと発表し
た。配管の損傷が原因とみられるが、復旧の見通しは立っていない。26日以降
の電力需給状況がやや厳しくなる可能性があり、九電は他電力からの融通の積み
増しなどで供給力確保に努めるとしている。・・・・一方、ボイラー関連装置の
不具合で19日に停止した石炭火力の松浦発電所1号機(長崎県松浦市、同70
万キロワット)は、応急処置を施した上で20日に通常運転に復帰した。」

5’.「川内火力発電所2号機が運転停止」南日本放送 [01/21 18:55] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015012100007427
「・・・・川内火力発電所2号機では去年9月にもボイラーの異常が見つかり、
1か月あまり運転停止していました。」

規制委、
6.「女川2号機審査 東北電、ベント装置有効性強調」河北新報2015年01月21
日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150121_13027.html
原子力規制委員会は20日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)
の新規制基準適合性審査(安全審査)を開き、原子炉格納容器破損に至る重大事
故の防止対策を議論した。東北電は、容器内の圧力を下げるフィルター付きベン
ト装置の運用などを説明した。・・・」

7.「安全研究予算の少なさに苦言=原子力機構に-規制委員長」時事通信
2015/01/21-11:35
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015012100355
「原子力規制委員会は21日の定例会合で、日本原子力研究開発機構が策定する
2015年度から7年間の中長期計画について、文部科学省から報告を受けた。
田中俊一委員長は、同機構の運営費交付金のうち、安全研究部門予算がわずか
0.15%にすぎないと指摘。「これで安全研究に貢献していると言えるのか。
本来あるべき姿を見失っているのではないか」と苦言を呈した。」

この人が、なんと、まあ、言いたい放題です!!
8.「規制委員長「東電に覚悟なし」労災事故で」佐賀新聞2015年01月21日 18
時24分????????
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/148009
●●「原子力規制委員会の田中俊一委員長は21日の会合で、東京電力福島第1原
発の貯蔵タンクで作業員が転落死した事故について「排出濃度以下になった水を
捨てずにタンクを増設する中で事故が起きた。(海洋放出に反対する)世論に迎
合して人の命をなくすのは元も子もない。東電には覚悟がない」と痛烈に批判し
た。・・・
田中氏はこれまで多核種除去設備(ALPS)で処理した水を希釈して海洋放出
すべきだと繰り返し主張しているが、トリチウムを取り除けないため地元には風
評被害を懸念する声が強く、東電は「関係者の同意なしに放出しない」と慎重な
姿勢を崩していない。」
過去にこんな記事があった、
8’.「第1原発処理水、希釈して放出を リスク低減に向け規制委」佐賀新聞
2014年12月24日 18時59分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10208/139448?area=similar
「・・・・田中俊一委員長は記者会見で「廃炉は汚染水問題を抜きには進まな
い。タンクにためておく方が危険だと、海外の専門家からも指摘されている」と
述べた。」

福島第1原発、
9.●●「<規制委>「17年以降、海洋放出を(了承)」処理済みの汚染水」毎
日新聞?1月22日(木)0時30分配信
全文「原子力規制委員会は21日、東京電力福島第1原発の廃炉作業に伴うリス
ク低減目標を大筋で了承した。増え続ける汚染水について、多核種除去設備
(ALPS)でほとんどの放射性物質を除去した後、2017年以降に海洋放出
することを国や東電に求めていくとしている。しかし、いったん放射性物質に汚
染された水の海洋放出は地元漁業関係者の反対が根強く、批判を招く可能性もある。
原発敷地内には、汚染水やALPS処理水など約60万トンが、タンク約990
基に貯蔵されている。敷地には限りがあることから、規制委はタンク増設が廃炉
作業の妨げとなることを懸念していた。
ALPSでは放射性物質トリチウムは除去できないが、この日の規制委定例会で
委員から海洋放出の前倒しを求める意見も出た。田中俊一委員長は記者会見で
「安全上は問題ないと判断している。タンクをむやみに増設することで労災事故
が起きている」と述べた。
リスク低減目標は、19年までに取り組む課題を、放射性廃棄物や地震津波対
策、労働環境など6項目に分けて整理した。」

10.●●「福島第1原発:汚染水浄化計画 規制委、地下水の海洋放出了承」毎
日新聞 2015年01月21日 東京夕刊
全文「原子力規制委員会は21日、東京電力福島第1原発建屋周辺の井戸(サブ
ドレン)からくみ上げた汚染地下水を浄化して海に放出する計画について審査
し、水処理施設を本格稼働させて放出することを了承した。しかし、福島県内の
漁業関係者らの理解は得られておらず、計画開始のめどは立っていない。
東電によると、建屋近くの井戸から地下水をくみ上げると、周辺の地下水位が下
がり、建屋への地下水の流入を抑えられるなどの効果が期待できるという。一
方、土壌が事故で汚染されたため、地下水には多くの放射性物質が含まれる。東
電は規制委に対し、水位の管理方法や、浄化した水の移送、処理済み水の保管な
どに関する実施計画の認可を求める申請をしていた。また、処理後の水の排水基
準を、地下水バイパスの海への排水基準より厳格化することも申請していた。規
制委はこの日、いずれの申請も認可することを決めたことから、水処理施設の本
格稼働が可能になる。
国と東電はこれまで、漁協関係者に対し、排水基準を順守することなどを説明し
ている。だが、漁業者の風評被害への懸念は強く、両者の隔たりは大きい。」

10’.「建屋周辺の放出計画を認可=実施には地元同意必要-福島第1」時事
通信2015/01/21-12:13
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015012100390
「・・・・原子力規制委員会は21日、慎重な運転管理や水質管理などを行うこ
とを条件に了承した。実際の放出には地元漁協などの同意が必要で、実施には時
間がかかりそうだ。・・・・」
・・・・海はつながっています、世界中から必要です。汚染水はコントロールで
きていると世界中をだまし続ける!!

11.「東電3原発 作業災害相次ぐ 福島第1・第2で2人死亡」しんぶん赤
旗2015年1月21日(水)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-21/2015012115_02_1.html
・・・昨日、既報ですが、この記事には労災発生状況のグラフがあります。前年
の3.5倍になっています。

11’.「原発作業員 連日死傷事故 命綱や防止柵 東電、対策不備」東京新
聞2015年1月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2015012102100003.html
・・・・重大事故の一覧表があります。

11”.「第一、二原発 立ち入り調査…富岡労基署」読売新聞2015年01月21日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150120-OYTNT50213.html
「・・・同原発では、汚染水タンクの増設や建屋周辺の凍土遮水壁工事などの作
業がピークを迎え、1日の作業員数が13年末頃までの3000~4000人か
ら現在は約7000人に増えているという。
 急増を受け、福島労働局は16日、東電に労災防止対策の徹底を要請してい
た。直後に死亡事故が続発し、富岡労基署は両原発での安全確保のあり方が適切
か詳細を調べ始めた。県も20日、東電に原因究明と再発防止策の徹底を申し入
れた。」

11”’.「東電の原発で人身事故相次ぐ 社長が経産副大臣に謝罪訪問」DAILY
NOBORDER?1月21日(水)14時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00010003-noborder-soci
「東京電力の広瀬直己社長は経済産業省の高木陽介副大臣を訪問し、19日に福島
第一原発で、20日に第二原発で死亡事故が発生したこと、19日には柏崎刈羽原発
でも落下事故が起きたことなど、原発で人身災害が相次いで発生したことについ
て謝罪した。・・・・」

12.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月22日
「21日正午現在 1.112マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋 前日は1.107マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
13.「福島原発事故 過酷事故対策 怠る 生業訴訟で専門家証言」しんぶん
赤旗2015年1月21日(水)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-21/2015012115_01_1.html
「「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の第10回口頭弁論
が20日、福島地裁(潮見直之裁判長)で開かれ、原告が要求した3人の専門家
証人の尋問が行われました。全国各地で同様の裁判が行われている中で専門家へ
の証拠調べは初めてです。
原告側の証人に立った専門家は、放射性物質による汚染把握について沢野伸浩
(さわの・のぶひろ)金沢星稜大学女子短大教授、東電福島第1原発事故による
被害の社会学的把握について成元哲(ソン・ウオンチヨル)中京大学教授、原子
炉の規制について舘野淳(たての・じゅん)元中央大学教授の3氏です。・・・・・
舘野氏は、・・・日本でシビアアクシデント(過酷事故)対策が著しく怠ってい
たことを指摘。国の責任を浮き彫りにしました。
成氏は、「福島子ども健康プロジェクト」の研究グループの一員として、原発事
故後、福島県内に住む母子を対象に行ったアンケート調査をもとに、放射線量だ
けで被害が決まるわけではないこと、被害者に生じた生活の変化、放射線被ばく
にたいする健康不安などについて明らかにしました。沢野氏は、航空機モニタリ
ングの測定結果をもとに市町村ごとや原告の居住地ごとの放射能物質の汚染状況
を明らかにし、原告の平穏生活権の侵害が行われたことを明らかにしました。

14.「賠償打ち切り「納得できぬ」=東電、国に要望―福島県商工会」時事通
信1月21日(水)19時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000119-jij-bus_all
「福島県商工会連合会の轡田倉治会長らは21日、東京都内の東京電力本社を訪
ね、福島第1原発事故による営業損害の賠償を継続するよう広瀬直己社長に要請
した。東電は、営業損害に対する賠償金の支払いを2016年2月で事実上打ち切る
意向を示している。轡田会長は広瀬社長に対し、「到底納得できる話ではない」
と再考を強く求めた。・・・・」
・・・・・昨日の8.の記事の続報。

15.「(福島県)2060年県人口 ほぼ半減試算」読売新聞2015年01月21日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150120-OYTNT50206.html
「本県の人口減少対策などを検討する「県地域創生・人口減少対策有識者会議」
(座長=岡崎昌之法政大教授)の初会合が20日、県庁で開かれ、2060年の
県人口が10年と比べてほぼ半減する可能性があるという試算が示された。人口
が約3割減ると推計されている40年以降も減少が長期にわたって続くことにな
る。・・・・本県の人口減少は、東京電力福島第一原発事故の影響なども要因に
なっているとみられるが、県は「影響を定量的に試算するのは難しい」としてい
る。・・・・・」

16.「県外避難者の支援強化 富岡町がさいたま市に拠点開所」福島民友新
聞?1月21日(水)12時49分配信
http://www.minyu-net.com/news/topic/150121/topic2.html
「富岡町は20日、東京電力福島第1原発事故に伴い県外避難を余儀なくされてい
る町民の支援を目的に、さいたま市浦和区の埼玉県勤労者福祉センターときわ会
館内に県外避難者支援拠点事務所を開所した。復興支援員4人が配置され、町と
町民の橋渡し役となって避難先での孤立化を防止する。・・・・今後、戸別訪問
やイベント企画、町民と避難先住民のネットワークづくりなどを行い、県外に避
難する町民の生活を支援する。20日には、同市で開所式が行われ、・・・・」

17.「いわきの災害公営住宅下神白団地 来月1日から入居可能」福島民報?1
月21日(水)10時28分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012120490
「県がいわき市小名浜下神白、永崎両地区に建設を進める災害公営住宅「下神白
団地」の富岡町民を対象とした1号棟と2号棟は、同市の県営災害公営住宅では
最も早い2月1日に入居が可能になる。県いわき建設事務所が20日、発表し
た。・・・・
県は東京電力福島第一原発事故で県内外に避難する双葉郡などの住民向けに、同
市内に1760戸の整備を計画している。このうち平成25年11月から工事が
始まった下神白団地では、今回の1、2号棟を含め6棟200戸の建設が進
む。・・・両棟の整備戸数は計80戸で、入居予定の70世帯以上の関係者が参
加した。・・・・」

18.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:19 「これ見て下さい!」」朝
日デジタル2015年1月21日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11561491.html
「◇No.1161「あそこは駅家(うまや)なんですよっ!」兵庫県教委の山
本誠(49)は興奮していた。2013年1月28日。・・・・
「町のホームページにも、駅家について書いてあるんです」山本は印字したもの
を示した。「えーっ!」。町教委の面々も驚く、埋もれた歴史だった。・・・・
山本は鈴木の机上にある受話器を手に取った。文化庁記念物課の文化財調査官、
近江俊秀(49)に電話した。近江は、復興事業に伴う発掘調査が円滑に進むよ
う助言する立場だ。なにより、飛鳥・奈良時代の道に詳しく、著作もある。それ
で、この遺跡が駅家に関係する建物かどうか評価してもらおうと考えたのだ。来
町は2月14日と決まった。」

19.「マダラ試験操業へ 漁獲は水深120メートル以上条件」福島民友(01/21
10:00)
http://www.minyu-net.com/news/news/0121/news9.html
「いわき市漁協は20日、同市で試験操業検討委員会を開き、試験操業の魚種に
マダラを追加する案を承認した。国が14日、沿岸部を除いてマダラの出荷制限
を解除したことを受けて決めた。漁獲は水深120メートル以上のものに限り、
水揚げした漁船には航跡図の記録や保存を義務付けた。海域の制限や航跡図の記
録など条件を付けた試験操業は初となる。県漁連の復興協議会を経て、組合長会
議で正式に承認される。漁獲に制限を付けたことから、漁法は底引き網に限
る。・・・・」

20.「(福島県)21日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月22日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(魚介類・加工食品)」、「富岡沖のシロメバ
ル1点基準超・・・」
・・・・「県内震災関連死 新たに2人認定 双葉町」→合計が1841人にな
りました。

21.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月21日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150120/1845791
▼空間放射線量率(21日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

22.「【指定廃棄物の行方】面積確認調査「近日中に」 環境相、方針変え
ず」下野新聞1月21日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150121/1845803
「放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場詳細調査候補地選定問題で、望月義
夫環境相は20日、塩谷町の候補地面積を確認するための現地調査について「近日
中に行う方針に変わりはない」と述べた。19日に同町の見形和久町長が調査に立
ち会う意向を撤回したのを受け、閣議後の記者会見で質問に答えた。・・・・・
望月氏の発言を受け、見形町長は取材に対し「町民の反対を受け、面積確認の必
要はなく、しないでほしいと環境省には伝えていて、認められない。それでもや
るなら阻止する」とあらためて述べた。」

23.「(滋賀-岩手県)刀の技法で器鍛える 「踏鞴焼」受け継ぐ穴吹さん」
朝日デジタル2015年1月22日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASH1J5RHSH1JPTJB012.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1J5RHSH1JPTJB012
「日本刀を鍛える刀鍛冶(かじ)の技法を焼き物に応用した「踏鞴(たたら)
焼」を受け継ぐ陶芸家が大津市内で活動している。穴吹定春さん(36)。焼き
上げるときの温度変化の大きさから個性に富んだ作品が生まれ、釉薬(ゆうや
く)の原色に近い色合いをかもすのが特徴だ。「窯の内部の温度差が生み出す繊
細な色合いを多くの人に知ってほしい」と話す。・・・・木炭は、岩手県久慈市
産のナラ炭。NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地になった三陸海岸
沿いのまちでとれるナラは熱量が高く、踏鞴焼向きだという。東京電力福島第一
原発事故による放射能汚染の影響で供給が途絶える心配があったが、木炭を作っ
て線量検査をし、安全が確認された。放射能汚染が、思わぬ身近な製品にも影響
を及ぼしているかもしれないというメッセージを込め、昨年、神戸市で開かれた
「使えない器」展で、原発の原子炉建屋をイメージした作品などを発表し
た。・・・・・」
・・・原発事故の影響は想像をはるかに超えます!!

24.●●「(愛媛県)福島第1原発事故 避難者を対象に内部被ばく検査 愛媛
大病院で」毎日新聞 2015年01月21日 地方版
全文「東京電力福島第1原発事故で避難した人を対象にした内部被ばく検査が、
愛媛大付属病院(東温市)で21日から始まる。原則毎月第3水曜に実施する。
検査費は無料。福島県が同病院に委託して実施する。検査では、同病院の「ホー
ルボディーカウンター」を使い、体内の放射性セシウム量を測定する。人数は1
日4人まで。2月以降分の申し込みは専用回線(080・5743・5867か
5868)へ」

25.●●「今日締切 原発事故で環境省「健康管理の施策」方向案パブコメ」オ
ルタナ?1月21日(水)14時43分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150121-00010004-alterna-soci
「東電原発事故にともなう住民の健康管理をめぐり、環境省が示した「当面の施
策の方向性(案)」に対する国民からの意見募集(パブリックコメント)の締め
切りが今日21日となっている。案は昨年末に同省の専門家会議が示した「中間と
りまとめ」を踏まえたもの。・・・・」
中間とりまとめでは、被ばくによる健康影響について、福島県や近隣の県でがん
発生率の上昇が見出される可能性は低く、他の病気についても同様と評価。ま
た、福島県民を対象とした甲状腺検査は継続しつつ「疫学的追跡調査」として充
実させるべきとした。・・・・
千葉県野田市は16日までに根本崇市長の意見を提出。甲状腺検査の対象として
「福島近隣県並びに汚染状況重点調査地域の住民」を加えることを求め
た。・・・・中間とりまとめに対しては、学者や市民らが批判的に検証し、13日
にレポートを発表した。・・・・」

26.「(広島県)福島土地購入詐欺で逮捕=「かけ子」リーダー格ら-広島県
警」時事通信2015/01/21-21:35
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015012100959
「震災復興で国が買い上げるなどと偽り、福島県の土地購入を持ち掛けて現金を
だまし取ったとして、広島県警捜査2課などは21日、詐欺容疑で会社役員白木
健太容疑者(35)=東京都小平市=ら2人を逮捕した。・・・22都府県で少
なくとも70人以上が被害に遭い、被害総額は約4億円に上るとみられる。現金
を受け取る「受け子」グループ5人が昨年6月に逮捕され公判中で、・・・同2
課によると、土地は実際にはほとんど無価値だった。」
・・・被災地を逆なでする行為、とんでもない!

原発周辺自治体、
27.「(新潟)「SPEEDI使わず避難」方針…住民に残る不安」朝日デジ
タル2015年1月22日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASH1M4417H1MUOHB006.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1M4417H1MUOHB006
「原子力規制委員会が、原発で重大事故が起きた際の住民避難の判断に、放射性
物質の広がりを予測する「SPEEDI(スピーディ)」(緊急時迅速放射能影
響予測ネットワークシステム)を使わない方針を決めて4カ月たった。東京電力
柏崎刈羽原発周辺地域で理解が深まったとは言い難く、国は放射線量の実測で避
難を判断する態勢を強化するものの、不安視する住民は少なくない。・・・
14日夜、柏崎市内であった住民組織「地域の会」の月例会合。規制委の事務局
である原子力規制庁の担当者が、規制委が昨年10月に決めた運用方針を改めて
説明した。・・・住民側から「福島事故時とは違い、大規模な安全対策が進んで
いる。放出源情報の把握は可能ではないか」「緊張感の中で暮らす住民にとっ
て、予測に基づく情報発信は大切だ」など運用継続を望む意見が相次いだ。出席
した県の放射能対策課の担当者も「県としては、予測と実測の両方を使いたい。
再度の活用を検討してほしい」と要望した。・・・」

28.(滋賀県)「原発再稼働と無関係」 知事が電源立地交付金で強調」中日
新聞2015年1月21日
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20150121/CK2015012102000007.html
「三日月知事は二十日の定例会見で、原発立地・周辺自治体に国から交付される
電源立地地域対策交付金を、新年度も長浜、高島両市が県を通じて申請すること
について、再稼働議論には直接影響しない、との認識を示した。交付金の位置づ
けを「原発が動いていようがいまいが、近くに立地、存在することで必要となる
対策を処するためのものだ」と説明。交付を受けることは理にかなうとした。
半面で「(交付金があるからといって)福島第一原発事故を教訓としないような
政策につながるとすれば違う」と強調し、「万一の事故があれば被害に県境はな
い。市町ともに実効性ある防護態勢構築のために生かしていきたい」と述べ
た。・・・・」

29.「(函館市)不服あれば公開質問状 大間原発新基準審査」朝日デジタル
2015年1月21日09時36分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1501210100002.html
「原子力規制委員会が20日、Jパワー(電源開発)が建設中の大間原発(青森
県大間町)が新規制基準に適合しているかどうかの審査を始めた。・・・工藤市
長は、原発の稼働にあたって周辺自治体に同意権がないことや、有効な避難計画
が立てられるかどうかを調べないまま建設を進めることを批判。「規制委の議論
に我々も注目していく必要がある」と述べた。」(昨日の26.の記事の関連)

電力、
30.「関電の再値上げ圧縮検討=経産省専門小委が審査」時事通信?1月21日
(水)21時0分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015012100885
「経済産業省は21日、有識者の専門小委員会を開き、関西電力が申請した家庭向
け電気料金の再値上げについて審査を始めた。火力発電の燃料費削減などで、上
げ幅を申請の平均10.23%から圧縮することを検討する。東京電力福島第1原発
事故の後、再値上げを申請したのは北海道電力に続いて2社目。関電は4月の実施
を目指している。会合では、全大阪消費者団体連絡会の担当者が「日常生活にと
どまらず、事業者の生産活動にも大きな影響を及ぼす」と再値上げを批判。」

30’.「八木関電社長、再値上げ「効率化成果、顧客の負担軽減に活用」時事
通信2015/01/21-17:04
全文「関西電力の八木誠社長は21日、再値上げを審査する経済産業省の有識者
会議で、経営効率化について、「もう一段の深掘りを検討しており、成果は財務
体質の回復のみならず、顧客の料金負担軽減に活用する」と説明した。詳細な取
り組みは後日公表するとしている。」

30”.「関西電力副社長、原発建て替え必要と明言 「国の方針出た後に動
く」」福井新聞ONLINE?1月21日(水)8時5分配信
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/62359.html
「関西電力の豊松秀己副社長(原子力事業本部長)は20日、年頭のあいさつのた
め福井新聞社を訪れた。古い原発を廃炉にして敷地内に新しい原子炉を設置する
建て替え(リプレース)に関して「関電としてリプレースをする必要があると
思っているが、国の方針が出た後に具体的に動きだすことになる」と述べ
た。・・・・」(以下、検索してどうぞ)

31.「老朽化原発が負の遺産と化す日 廃炉費用を電気料金に転嫁か」エコノ
ミックニュース?1月21日(水)8時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000020-economic-bus_all
「・・・・・原発の運転期間が原則40年という流れになると、今後続々と廃炉に
なる原発は増えていく。廃炉が増加するにつれ、電気料金の負担はさらに重く
なっていくだろう。負の遺産をどう処理していくか、大きな課題が突きつけられ
ている。」
・・・・こんな費用を無視して原発の発電費用が安いと言い続ける政府や電力会
社、とんでもない。

32.「長崎で「日本の電力エネルギーと環境問題」勉強会-総科大客員教授が
解説 /長崎」みんなの経済新聞ネットワーク?1月21日(水)13時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000036-minkei-l42
「企業組合eタウン(長崎市魚の町)で1月16日、今年最初のメンバー内勉強会
「梁山泊(りょうざんぱく)セミナー」が開かれた。・・・・83回目となる今回
は長崎総合科学大学大学院の山中孝友客員教授を講師に迎え、「日本の電力エネ
ルギーと環境問題」について勉強した。・・・・
勉強会の冒頭、山中教授は「日本の電力エネルギー事情についてはさまざまな意
見があると思う。今日は政治的な話は抜きにして、日本の電力事情を知ってもら
えれば」と話し始めた。山中教授は「電力の供給で一番重要なことは周波数制
御。再生可能エネルギーはここが課題」と強調。ヨーロッパが網の目のように送
電線が引かれていることに比べ、日本はフィッシュボーン(魚の骨)形になって
いることもネックであることなど、さまざまな視点から日本の電力事情を解説した。
勉強会後の交流会でメンバーの男性は「火力発電所が出力調整のために夜は停止
して、早朝に再起動していることを初めて知った。しかもその作業に2時間もか
かるとは、担当する人たちは毎日大変だろうと思う。原発問題など個人的にはい
ろいろ思うところはあるが、みんなで真剣に考えていかなければならないと思っ
た」と振り返る。」

海外、
33.「日本水産物の禁輸解除に反対「屈辱外交やめろ」=韓国団体」聯合
ニュース?1月21日(水)17時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000038-yonh-kr
「【ソウル聯合ニュース】韓国の「環境運動連合」など34団体は21日、ソウル市
内で記者会見を開き、韓国外交部当局者が東京電力福島第1原発事故を受けた日
本水産物の輸入禁止措置の解除に前向きな考えを示したことについて、「国民の
健康権を無視した屈辱外交」と批判し、解除をめぐる協議を中止するよう主張し
た。団体側は外交部が禁輸措置解除を国交正常化50年に合わせた韓日関係改善の
ための外交カードにしていると指摘し、「無能な外交でだめになった韓日関係回
復のために国民の健康権を差し出す屈辱外交をやめろ」と主張した。
韓国外交部当局者は先ごろ、原発事故を受けた福島など8県の水産物の輸入禁止
措置に関連し、「早期に解除する方向で、政府間で意見を近づけるべき」との考
えを示した。・・・・・」

34.「鳥の目虫の目:脱原発の風、最大手も動かす=大島秀利」毎日新聞 
2015年01月21日 大阪夕刊
http://mainichi.jp/area/news/20150121ddf012070003000c.html
「年始に最も目を覚まされたのは、電力業界の異変で騒ぎになっているというド
イツからの年賀メールだった。・・・・
ドイツの原子力政策は文字通り紆余(うよ)曲折を経てきた。02年、社会民主
党と緑の党の連立政権は21?22年に原発全廃の方針を決定した。ところが、
エーオン社も含む電力業界の圧力を背景に、中道保守のメルケル政権は11年1
月から、原発の運転期間を平均12年延長する法律を施行していた。だが、2カ
月後、福島第1原発事故が起き、メルケル政権は22年までに原発17基全廃へ
と回帰した。
梶村さんによると、エーオン社はドイツでかつて原発8基を持ち、古い順に廃炉
になったものの4基が稼働中という。エーオン社の新戦略は極秘裏に練られてい
たが、伏線はあった。同社の取締役は以前「我が社も脱原発とエネルギー転換は
引き返すことができないと考えている」「ドイツ市民が再生可能エネルギーに膨
大な投資をする勢いは止められない」などと話していた(岩波書店「世界」今年
2月号)というのだ。
この投資の呼び水となったのが、ドイツが00年の法律で導入した再生可能エネ
の固定価格買い取り制度だった。以前にこの欄で書いたとおり、ドイツ市民は、
再生可能エネの拡大を支持しており、もはや経済的な視点からも、流れはとめら
れないとエーオン社はみて、舵(かじ)をきったといえるだろう。・・・」

参考記事、
35.「中間貯蔵施設は重要 富大 福島の教授ら現状講演」中日新聞2015年1月21日
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20150121/CK2015012102000032.html
「東京電力福島第一原発事故で被災した福島県内の現状を伝える特別講演会が二
十日、富山大五福キャンパス(富山市)であり、福島工業高等専門学校(福島県
いわき市)の佐藤正知特命教授らが、除染が進められている現地の様子を語っ
た。・・・・」以下は検索してどうぞ。

36.「(愛媛県)原発事故:普段も備えを 専門家迎え講演 八幡浜・伊方」
毎日新聞 2015年01月21日 地方版
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20150121ddlk38040650000c.html
「◇事故教訓に学ぶ 心構え呼びかけ 職員研修 県の原子力防災研修が、八幡
浜市の県八幡浜支局であった。伊方原発30キロ圏7市町の職員ら66人が参加
し、原発事故が起きた際の対応を学んだ。原発プラントを設計している「東芝プ
ラントシステム」(横浜市)の担当者が講師となり、東京電力福島第1原発事故
の教訓などを講演した。・・・・
山口彰・東京大大学院教授の講演「原子力防災について」がこのほど、伊方町生
涯学習センターであった。伊方原子力広報センターの主催。同町や周辺自治体の
行政関係者ら約80人が耳を傾けた。山口教授は動力炉・核燃料開発事業団(現
日本原子力研究開発機構)で高速炉研究に従事後、大阪大大学院教授などを務め
た。講演では、原発事故での国や自治体、電力会社の役割をレベルごとに説明
し、「偶然起きるのではなく、必然だと思って安全に努めるべきだ」と指摘した。
原発再稼働に疑問を呈する聴衆からの質問には「(燃料)コストや二酸化炭素排
出量などを総合的に判断することが適切で、(原発の)排出量は化石燃料より圧
倒的に低い」と反論した。」

37.●●「放射線を正しく理解して、安心して野菜・果物を食べよう!『風評被
害対策BOOK』の無料ダウンロードを開始」朝日デジタル2015年1月21日?????
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/Cdpress000106084.html
「(ドリームニュース プレスリリース) -  2011年3月11日に発生した「東日
本大震災」。それに付随して発生した原子力発電所の事故により農産物等に対す
る風評被害が瞬く間に広がりました。そして間もなく4年が経過しようという今
もなお、その風評被害に苦しんでいる農家の方々も多くいらっしゃいます。
そんな風評被害に関し特定非営利活動法人 青果物健康推進協会(会長:岸朝
子)は、「皆さんに正しく理解してもらって風評被害をなくしていこう」という
趣旨の活動「Eat for Nippon」(解説1)を2011年4月に立ち上げ、その活動の一
環として、風評被害で農産物等に対して感じている不安を解消する一方で、この
被害を最小限に食い止めるために冊子を製作しました。
・・・・なお、この冊子は協会のホームページから2015年1月中旬より無償でダ
ウンロードできるようになっております。・・・・※この冊子は経済産業省・資
源エネルギー庁委託事業の協力を得て作成しました。」
・・・・まだ、内容は見ていないが・・・。

38.「<民主党>新体制 「挙党態勢」も食い違い3氏の政策」毎日新聞?1月
21日(水)3時0分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150121ddm005010101000c.html
「民主党の岡田克也代表は20日、細野豪志元幹事長を政調会長、長妻昭元厚生
労働相を代表代行に充てる人事を発表した。代表選を争った両氏を処遇し「挙党
態勢」を作ったが、執行部内の政策的な食い違いは大きい。・・・3氏は原発再
稼働への考え方も一致しておらず、党内の意見集約が難航する可能性もあ
る。・・・・」
・・・・とても期待が持てそうにないですね。

39.「安倍首相、イスラエルのホロコースト記念館を視察「日本は中東に関わ
るな」「まずは近隣諸国と…」―米国ネット」Record China?1月21日(水)8時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000011-rcdc-cn
「2015年1月20日、AFP通信によると、イスラエルを訪問した安倍晋三首相は19
日、ホロコースト記念館を視察し、演説を行った。AFP通信は19日・・・・「何
故、彼はそんなところに行っているんだ?福島の原発、歴史修正主義に関する問
題、アジア諸国との関係など、日本が優先すべき課題がほかにあるんじゃない
か?」・・・・「安倍首相は平和について正しい相手と語り合ったね。平和とい
うのが何なのかを知らない人たちばかりだ」」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
5面下方に小さく、1’.の記事、
28面九州経済面の左下隅に小さく、5.の記事。

※2.のような記事を紙面で大きく扱ってほしいです。

今朝の紙面はこれだけです。(1.22.5:24)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 原口くに子 さんから:
青柳様 毎日本当にご苦労様です。

今辺野古では、米軍の新基地建設を強行する安倍政権との緊迫した攻防が始まっ
ています。
辺野古、大浦湾で1月15日から工事がはじまっています。これに抗議する、カ
ヌー隊や抗議船に、海上保安庁『海猿』はひどい暴力をくわえたり、拘束したり
しています。

マスコミやカメラの眼の届かないところで、カヌーを転覆させ、海に落とした
り、カヌー隊の人の首をしめ、さらに海に沈めて引き上げるふりをして、首をし
めあげる。等々が毎日おこっています。

新基地建設の抗議の意思を失わせようとしていますが、今日も漕ぎ出し、反対を
つづけています。海保は「海の警察官」ではなく、「海の暴力団」だ!といわれ
ています。

私たちは、この辺野古の問題を多くの人に知ってもらうために、辺野古の住民に
よる基地建設反対運動を記録した映画「圧殺の海」を上映します。辺野古で起
こっている問題を、皆で考え、そして行動につなげていくための企画です。沖縄
の問題は、どこか遠くの場所で起こっていることではありません。すべての人々
が向き合わなければならない問題です。

沖縄・辺野古ドキュメンタリー「圧殺の海」上映会
  2月6日(金)3回上映します。 上映時間109分
① 10:30~  (開場9:40  開演10:00)
② 14:00~  (開場13:10 開演13:30)
③ 19:00~  (開場18:00 開演18:30)
 上映協力カンパ500円
● 会場  福岡市中央市民センター 2階 第一会議室
 (福岡市中央区赤坂2-5-8  地下鉄・赤坂駅 2番出口から徒歩5分)
●主催 「圧殺の海」上映実行委員会 ~沖縄辺野古みんなで考え行動しよう~
  予約・問合せ  henokotakae@gmail.com 90-2963-6736 (原口)
● 保育あります。(要予約・原口まで)
★上映協力(賛同金)を募集しています。
上映協力・賛同金(一口1000円)を下記口座に振り込んでいただけると幸い
です。ゆうちょ銀行 記号01760-7番号16539 ふみん福岡

田場祥子です。
辺野古浜通信を転送します。
*****
本日午前、大量の機動隊員に守られトレーラー3台分の資材が搬入されました。
午後はフロートが搬入されるとの情報もありましたが、搬入はなく、
廃棄物を積んだ大型のトレーラーが出てきました。明日以降、
いや今夜以降もこの異常な数の機動隊員に守られながらの資材搬入は
続くとみられています。現場は雨が降っていて、現在人数も
少なくなっています。吹き曝しの場所なので小雨でも体に応えます。
雨具があれば風もしのげるのでご用意ください。泊まりがけの警戒が続きます。
現場に張り付いている人たちが、少しずつでも休むことが出来るよう、
ゲート前への結集をお願いいたします。

また、現場に来ることができない人たちも、電話での抗議、議員、政党、
知事への働きかけ、マスコミへの投書、取材要請、NHKへの抗議…
ありとあらゆる働きかけをお願いいたします。
(抗議先、各地での抵抗についても、まとめていきたいのですが、
作業が十分出来ていないことお許しください。)


以下、昨日20日の琉球新報社説を転載します。
読むと胸が苦しくなりますが、抗議、拡散のために用いてください。
ーーーーーーーーーーーーーー
<社説>『辺野古強硬警備 誰から誰を守るのか』
琉球新報2015年1月20日 http://goo.gl/KNct8L

 今月再開された普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、
現場では海上保安庁と県警の強硬な警備でけが人が続出している。
15日にはゲート前で県警警察官と抗議行動の住民らが衝突し、
80代の女性が転倒して頭部を強打して病院に搬送された。
16日には海保のゴムボートに乗せられた男性が海上保安官に胸部を
強く押されて肋骨骨折のけがを負っている。骨折するほど
体を押しつけることが果たして適切なのか甚だ疑問だ。
けが人を続出させている警備は常軌を逸している。

 また19日には抗議船に乗り込んできた海上保安官が女性と
もみ合いになり、ライフジャケットが破れた。ここまでくると
警備とはほど遠い。単なる暴力行為であり、
抗議行動に対する弾圧と受け止めざるを得ない。

 政府は工事再開を前に、警察当局に対してゲート前で
座り込んでいる市民の排除を徹底するよう指示している。
こうした政府の意向を受けて、現場ではけが人が出るほどの
歯止めがかからない強硬な警備が横行している。

 海上保安庁は「海の事故ゼロキャンペーン」で
「ライフジャケットの常時着用など自己救命策の確保」を
重点事項に掲げている。乗員のライフジャケットが破れたことは、
海を守る海上保安官の任務とは大きく懸け離れている。

 県警はことしの運営指針に「県民の期待と信頼に応える
力強い警察」を掲げている。県民は昨年の名護市長選と知事選で
辺野古移設反対の候補を選んだ。衆院選では4選挙区とも
移設反対の候補者が当選している。沖縄の民意は「辺野古ノー」だ。
県警は、いったい誰から誰を守っているというのか。政府の指示で
住民の排除を徹底している行為が果たして県民の期待と信頼に
応えているといえるのか。

 翁長雄志知事は「辺野古に新基地は造らせない」との立場を
明確にしている。これに対して政府は6月にも本体工事に
着手しようとしている。沖縄の民意を踏みにじってでも
沖縄への基地建設を強行する考えだ。そのためには
現地で異議を唱える人々を力ずくで排除するのもいとわない。

 米統治下の沖縄で米軍によって土地が強制接収され、
基地建設が強行された「銃剣とブルドーザー」に等しい暴挙だ。
排除も移設作業も直ちにやめるべきだ。

追伸です。
チョイさんの沖縄日記、
http://blog.goo.ne.jp/chuy
辺野古、私が船長の船にも海猿たちが乗り込み、暴力行為
2015年01月21日|沖縄日記・辺野古
に、海上保安庁の暴力行為の現場写真が掲載されています。
本文を読むをクリックしてください。

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
  本日、1/21「異議申立て」意見陳述会
陳述者15名の意見陳述要旨:http://tinyurl.com/k9a99b2
意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

◆韓国古里(コリ)原発・甲状腺がん訴訟勝訴原告者 イ・ジンソプさんに聴き学ぶ闘いの500日!

2015.01.21(20:42) 2266

知人からのお知らせメールを転送いたします。
重複の案内でしたらお許しを!        みかみさちこ   



◆韓国古里(コリ)原発・甲状腺がん訴訟勝訴原告者 イ・ジンソプさんに聴き
学ぶ闘いの500日!
http://no-genpatsu.main.jp/news/index.php/view/199

日 時 2月1日(土)14:00~16:00
場 所 福岡市立中央市民センター第1会議室 
     福岡市中央区赤坂2丁目5番8号(地下鉄空港線赤坂駅2番出口徒歩
5分)
参加費 無料(ジンソプさんの交通費など席上カンパをお願いします)

主催 イ・ジンソプさんの話を聞く in 福岡
共催 「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団 NPO法人NNAA
(No Nukes Asia Action) 原発メーカー訴訟の会
協賛 さよなら原発!福岡 原発体制を問うキリスト者ネットワーク(CNFE)

2014年10月17日、釜山(プサン)地方裁判所において、韓国における
「甲状腺ガンの発生の責任は古里(コリ)原発にあるとする判決が出されました。
この判決での奥様の甲状腺ガン訴訟を原告として闘ってこられたイ・ジンソプさ
んを福岡にお招きして、講演会を開催します。

ジンソプさんの闘いは必ずしも順風満帆だったわけではありません。心ない罵声
を浴びせられたことから始まったと言います。この勝訴判決で、韓国では多発し
ている原発周辺の甲状腺ガンの被害者が300人以上集団訴訟の準備を進めてい
ます。

日本での反原発の運動や裁判にジンソプさんの裁判勝訴は大きな糧となることは
間違いありません。

当日は元原発労働者で、健康被害を裁判で闘っている梅田隆亮さんにもおいで頂
き、お話をしていただきます。

どうぞ、皆様、お誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

【連絡先】金信明 sinmyon@ybb.ne.jp 070-6597-3953


修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1372日目報告☆

2015.01.21(20:39) 2265

青柳行信です。1月21日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
  本日、1/21「異議申立て」意見陳述会
陳述者15名の意見陳述要旨:http://tinyurl.com/k9a99b2

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1372日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月20日3697名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月20日1名。
寺澤明仁
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
お疲れさまです。
20日のテラ・カフェ・憲法は 先週に引き続き
「ラスト・エンペラー」をみました。
満州国 侵略と阿片 よく描かれていました。
あんくるトム工房
ラスト・エンペラー http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3328

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆三本矢の正体見たり「枯れススキ」アベノミクスは不渡手形
      (左門 ’15・1・21-908)
※3本目の矢(景気浮揚)を何とかと世界にまでセールスに出
かけて、人気取りのつもりで「イスラム国」からの難民・避難民
支援を打ち上げたのを「危ない!」と思ったが案の定、日本が
「十字軍への参加を支援した」と取られ同額の人質代を突き
つけられた。日本国憲法の立場と方法は「イスラム国」にも配
慮する深い平和主義なのである。国内では、長期金利が低下
して、生命保険を値上げしたり・止めたりする行き当たりばっ
たりである。身ぐるみ剥がれる前に決済した方がよい。

★ 松本真一 さんから:
さよなら原発福岡実行委員会
青柳 様
はじめまして。
お忙しいところ、突然のメールにて失礼いたします。

貴委員会で、来る3月11日に上映を予定されている『日本と原発』ですが、
事前の予約やチケット(整理券など)の購入が必要でしょうか?
是非鑑賞したいのですが、仕事の都合で直前にしか会場に着けないと思い
お尋ねする次第です。
ご回答のほどよろしくお願いします。
<青柳コメント:整理券がありますが、予約券ではないので、
直前に来て下さればれば大丈夫です。ろしくお願い致します。>

 ・・ 松本 真一さんから ・・
さよなら原発福岡実行委員会
青柳 行信 様
早速のご連絡ありがとうございます。
私一人だけでなく、周りにも声を掛けて
是非とも参加させていただきます。

● さよなら原発!3・11福岡集会●
 <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会
福岡市立中央市民センター 午後6時から20時30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

★ 徳永 誠 さんから:
さよなら原発福岡実行委員会
青柳様
先程お電話差し上げた、徳永と申します。ご丁寧に対応いただき、ありがとうご
ざいます。
3月11日の「日本と原発」上映会に、「2名」参加させていただきます。
よろしくお願い致します。

★ 伊東真紀(放射能防御プロジェクト九州管理人) さんから:
青柳さん
こんにちは。いつもメールありがとうございます。
大変ご無沙汰しております。

  <講演会のお知らせ>
1/25(日)の三田医師&木下黄太氏講演会のお知らせとお願いでご連絡させてい
ただきました。

震災後に首都圏の母子2,000人以上の診察・検査をしてきた三田医院の三田医師
は、唯一、被ばくを心配する人たちの相談を受け入れてこられた医師です。
首都圏で診察&生活を続けることに限界を感じ、昨年ご本人も移住し岡山にて開
院されました。
これまでも診療の合間に、首都圏始め各地で講演会をされてきましたが、
このたび初めて九州でお話しされます。
ナビゲーターは木下黄太氏です。

放射能防御プロジェクト九州の主催で、管理人の私が運営しています。
この貴重な機会、ぜひ避難者や支援者のみなさまには聴いていただきたいと思
い、広く情報を拡散していただけると幸いです。
脱原発の皆さまはもちろん、病院関係やその他研究機関、大学関係の皆さまなど
にも・・・
まだ全然情報を伝えきれておりませんので、ご協力いただけると助かります。

なお、基本的にはこくちーずからの予約申込み(予約は1,000円、予約なしでの
当日は1,500円)なのですが、ギリギリまで告知したいこともありますので、
もしこくちーず申込みが難しいという方の場合は、当日受付にて「青柳さんから
の紹介」と言って下さった方については、特別に前売り料金にさせていただきま
すので、そのようにお伝え下さいませ。

日時:2015年01月25日(日) (開場14:00/開演14:30)
場所:福岡市立中央市民センター・ホール(3階)
参加費:こくちーず予約 1,000円/当日 1,500円
http://kokucheese.com/event/index/242461/

(*このメール最後に詳細を添えておきます)

こくちーず
http://kokucheese.com/event/index/242461/

FBイベントページ(お知り合いをぜひ招待して下さい)
https://www.facebook.com/events/932213316807451/

三田医師を取材放送したKSB瀬戸内海放送の番組
https://www.youtube.com/watch?v=Fvp-bE_k_Lk&feature=youtu.be

お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたしますo(^-^)o
MAKI(伊東真紀)

日時:2015年01月25日(日) (開場14:00/開演14:30)
場所:福岡市立中央市民センター・ホール(3階)
(福岡市中央区赤坂2丁目5-8【地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩約5分。 バ
ス→明治通り「赤坂門」徒歩約5分、国体道路「警固町」徒歩約3分】)
参加費:こくちーず予約 1,000円/当日 1,500円
http://kokucheese.com/event/index/242461/

*こくちーずにて予約受付中*
http://kokucheese.com/event/index/242461/

【 三田茂医師&木下黄太氏講演会 in 福岡 】
日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。 東京から岡
山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講
演を重ねてきた木下氏。このお二人の待望の本音トークです。
貴重なお話が聞けるトークイベントにぜひご参加下さい。

三田茂医師(三田医院) 小平市三田医院では首都圏の子どもたち1000人以上の
甲状腺や血液検査を続けてきた三田医師。首都圏での診察に限界を感じ、2014年
4月に岡山へ移住し開院。その後も全国から岡山へ診察に訪れる人が絶えない。
被ばく可能性のある地域の子どもたちを数多く診察・相談を受けてきた中で感じ
たこと見えてきたことから、日本の医療現場のリアルな実情を語る。

木下黄太氏(放射能防御プロジェクト) 長年テレビ局にて報道番組等に携わっ
てきた経験から、政治思想に偏ることなくニュートラルな視点で事象を捉え精力
的に発信を続けている。ネットに蔓延する陰謀論やトンデモ情報については常に
糾弾し、各自が冷静に読み解く力をつけるよう忠告するなど、バランス感覚を持
つことの重要性を訴える。 その独自の視点で、今現在~未来の日本のリアルを
語る。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日までに2日続けて福島第1原発で死亡などの重大人身事故が起きています。
その記事の前に、今朝も、川内(せんだい)原発、玄海原発関連とすすめていきます。

きょう、川内原発の地元で、
1.「ドキュメンタリー映画:福島の事故背景や被害者の苦しみ描く 「日本と
原発」あす上映 かごしま環境未来館で生協 /鹿児島」毎日新聞 2015年01月
20日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150120ddlk46200564000c.html
全文「グリーンコープかごしま生協は21日、鹿児島市城西のかごしま環境未来
館で、国内の脱原発訴訟に関わっている河合弘之弁護士が監督を務めたドキュメ
ンタリー映画「日本と原発」(2014年)の上映会を開く。??????????
「日本と原発」は、東京電力福島第1原発事故前から原発訴訟に携わってきた河
合弁護士と海渡雄一弁護士、東電株主代表訴訟事務局長を務める木村結さんの3
人が関係者や有識者にインタビューして構成。福島原発事故被害者の苦しみや原
発事故を引き起こした背景などを描いている。
グリーンコープ生協(宍道紀代美理事長)は設立以降、原発は「いのち・自然・
暮らしを脅かし、未来の子どもたちに大きなツケを追わせるもので、共存できな
い」として、脱原発社会を目指している。宍道理事長は「福島の現状を知り、同
じ日本に住む私たちができることを考えてほしい」と鑑賞を呼びかけている。午
前10時開演で、鑑賞料不要。問い合わせは、かごしま生協組合員事務局
099・218・8356へ」

玄海原発関連、
2.「今日の記者モノ 原発は選挙争点にならない?記者:永松英一郎」西日本
電子版2015年01月21日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/54105/1/
「前知事の国政転身に伴い11日に投開票された佐賀県知事選。玄海原発(佐賀
県玄海町)の再稼働への対応も問われた選挙だったが、原発をめぐる論戦は低調
に終わった。その是非は別にして、原発再稼働問題は今後も日本の選挙で争点に
ならないのではないか、という思いがする。・・・
玄海の再稼働については候補者4人のうち山口氏、樋渡氏を含む3人が容認姿勢
を示したこともあり、ほとんど争点にならなかった。
原発を巡るこうした構図は、東日本大震災後の国政選挙にも共通している。昨年
末の衆院選でも最大の争点になったのは、安倍政権の経済政策「アベノミクス」
の継続の是非。原発再稼働について「反対」をはっきり主張したのは共産党や社
民党ぐらいで、大きな論戦にはならなかった。
直近の世論調査では、原発再稼働に反対する意見が過半を占め、賛成・容認派を
上回っている。にもかかわらず、再稼働を推進・容認する政党や候補者が選挙に
勝つ現象が起きるのは、多くの有権者が経済政策の有効性など目先の生活に直結
する問題を重視しており、原発政策を必ずしも優先順位の上位に置いていないと
いうことだ。・・・・
再稼働を容認する民意は、サイレント・マジョリティー(沈黙の多数派)になっ
ている。「有権者が合理的な判断をしている」と見る向きもある。しかし、いま
の民意の裏側には、世界を震撼させた福島第1原発事故の現実から目を背け、忘
れようとしている私たちがいないだろうか。事故からまだ4年もたっていないの
に、事故への関心が薄れつつあるのは多くの人にとって否めない現実だろう。
原発政策をめぐっては、再稼働の是非ばかりでなく、使用済み核燃料の処分問題
をはじめ難題が山積みのままだ。思考停止に陥ることなく、一人一人が考え続け
なくては、と自戒を込めて思う。」

3.●「今日の記者モノ「九電批判」と「第三者委批判」と」西日本電子版2015
年01月19日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53925/1/
「この本を一般の人はどう読むんだろうか。そもそも、手に取る人がどれだけい
るんだろうか。先日、そう思いながら買った。昨年12月、福岡市内の書店に並
んだ本のタイトルは「ドキュメント!! 九電メール問題第三者委員会」
(「メール問題」研究会編)。2011年夏、九電の「やらせメール」問題の発
覚を受けて調査した弁護士らによる「第三者委員会」についてまとめている。
ざっくり要約すると、九電を厳しく非難した「第三者委員会」への批判
だ。・・・・」
・・・・この記者がこういう本を書いているそうです。興味があれば検索してど
うぞ。

福島第1原発、
4.●●「福島第一・二で事故…東電協力企業の2人が死亡」読売新聞?1月20日
(火)23時10分配信
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150120-OYT1T50136.html
「東京電力の福島第一原発と第二原発で事故が相次ぎ、20日、東電の協力企業
の男性社員2人が死亡した。東電や双葉署によると、20日午前9時半過ぎ、福
島県楢葉町の福島第二原発の廃棄物処理建屋5階で、機器の点検中だった同県い
わき市平、会社員新妻勇さん(48)が、円筒形の金属容器(高さ約0・6メー
トル、直径約1メートル)と支柱に頭を挟まれ、病院に運ばれたが約2時間後に
死亡した。容器と支柱は廃棄物処理に使う機器の点検用器具の一部で、固定用ボ
ルトを外したため容器が傾いたという。」

4’.「東電「作業の手順不十分」=死亡事故相次ぐ―福島原発」時事通信?1月20
日(火)20時55分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015012000897
「・・・・・東電の姉川尚史常務は20日、本社で記者会見し「原則として守るべ
き手順、行動が不十分だった」と陳謝した。両原発とも21日の作業を原則休止
し、安全対策などを総点検する。会見では、作業工程が厳しいのではとの質問が
出た。・・・姉川常務は、第1原発では汚染水処理や放射性物質の飛散を防ぐ舗
装など、現場の安全性を高める作業が多いと説明。「どう迅速に進めるかという
立場で作業する人が多い。善意で作業を進展させようとしたことが災いした」と
述べた。」

4”.「原発で労災事故相次ぐNHK福島01月20日19時34分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054819141.html?t=1421781035645
4”’.「死亡事故で廃炉作業中止し点検へ」NHK1月20日 21時42分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150120/k10014835021000.html
「・・・・東電社長「安全確保までほとんどの作業再開せず」  福島第一原発
と第二原発で死亡事故が相次いだことを受けて、東京電力の廣瀬直己社長は、安
全が確保されるまではほとんどの作業を再開しない考えを示しました。・・・・」

5.「第1原発で労働災害増加、けが人が3倍 環境整備が急務」福島民友新聞?1
月20日(火)11時30分配信  ※グラフ有
http://www.minyu-net.com/news/news/0120/news6.html
「福島第1原発の廃炉作業をめぐる労働災害が相次いでいる。東電によると、本
年度は昨年11月末までのけが人が40人(熱中症を除く)に上り、前年度同期に比
べて3倍以上に増加している。今年に入っても労働災害が続発している。30年以
上かかるとされる廃炉作業に向けて労働環境の整備が急務となっている。東電に
よると、本年度の昨年11月末までの死亡・重軽傷者数(休業日数1~14日以上)
は9人と、2013(平成25)年度の5人に比べて約2倍に増加。特に重傷(休業日数
14日以上)が6人と倍増している。・・・」

6.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月19日
「18日正午現在 1.120マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.118マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
7.●●「除染不安 生活再建余儀なく 原発避難者、移住急増 本紙調査」東京
新聞2015年1月20日 07時09分 ※グラフ有
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015012090070900.html
「福島第一原発事故の避難住民のうち、福島県内や首都圏などで土地や住宅を買
い、移住を決める人が急増していることが、本紙の調査で分かった。二〇一三年
度から購入が増え、一四年度は既に前年度を上回った。購入件数は累計で三千八
百近くになる。政府は除染して住民を帰還させることを施策の中心にするが、早
く生活再建したい住民の心情がうかがえる。
損害賠償の支払いに悪影響が出るとの懸念から、移住しても住民票を移さない
ケースが多い。本紙は実情を探るため、福島県や避難者数の多い十一都県の担当
者に、避難指示区域の住民が移住先の不動産を買うと不動産取得税が軽減される
特例の適用件数(購入件数)を取材した。その結果、一一年度は計七十三件だっ
たのが、一二年度は七百三十六件、一三年度は千四百八十四件に達し、本年度は
昨年十一月前後の段階での集計で既に約千五百件に上る。この四年間の累計は三
千七百八十九件だった。大半の約三千二百件は福島県内への移住だが、隣接する
新潟、栃木、茨城の三県は百件を超え、宮城県が五十八件、群馬、埼玉、千葉各
県への移住も三十件を超えていた。・・・・・
<不動産取得税の軽減> 原発事故で放射線量が高い帰還困難区域や居住制限区
域に住んでいた人が、避難先などの都道府県で自宅に代わる家を買うと、法律の
特例で、元の土地・家屋の大きさに応じて不動産取得税が軽減される。取材した
11都県以外でも数は少ないものの適用例はあり、購入した不動産が安い場合に
は制度を使わなかった例もある。」
・・・効果の薄い“除染”を施工したとして何としても帰還させ県内にとどめさせ
ようとする政府や県、政策の変更を!

8.「県、国に再検討要請へ 営業損害賠償打ち切り 県内全商工団体「反
対」」福島民報?1月20日(火)11時43分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012020462
「福島第一原発事故に伴う営業損害の賠償支払いを平成28年2月分で終了する
とした経済産業省資源エネルギー庁と東電の素案に対し、福島県内89商工会と
10商工会議所の全てが19日までに「反対」との意向を示した。各団体は「原
発事故は収束しておらず、容認できない」としている。県は、早ければ今週中に
も資源エネルギー庁と東電に素案の再検討を要請する方向で調整に入った。県商
工会連合会は、加盟する全商工会から文書や聞き取りなどで素案に反対の意向を
確認した。・・・・
※営業損害賠償の素案  経済産業省資源エネルギー庁と東京電力が昨年12
月、県商工会連合会などに示した。商工業者らに対する営業損害の賠償支払いを
福島第一原発事故から5年となる平成28年2月分で終了する内容。これまで、
避難区域内の支払い時期は今年2月分までとされ、避難区域外の賠償期間は決
まっていなかった。」

9.「川内村が 廃棄物搬出、時期明示を 環境省に要望」河北新報?1月20日
(火)14時50分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150120_61049.html
「福島県川内村の遠藤雄幸村長は19日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃
棄物を保管する村内の仮置き場について、除染廃棄物搬出の見通しを早期に示す
ことなどを求める要望書を望月義夫環境相に提出した。・・・・望月環境相は1
月16日、中間貯蔵施設への1月中の搬入開始を断念すると発表し、今後数年間、
仮置き場での保管が必要との考えを示した。」

10.「仮設暮らし健康不安 避難住民、高橋議員に訴え 福島」しんぶん赤旗
2015年1月19日(月)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-19/2015011914_01_1.html
「・・・高橋ちづ子衆院議員は17日、東日本大震災・原発事故のため避難を強
いられた浪江町民が住む福島県北地方の二つの応急仮設住宅団地を訪れました。
それぞれの集会所で町民と懇談、切実な要望を聞き取りました。・・・・
「医療費免除制度はいつまで続くのか」との年配男性の質問に、馬場町議が「現
行分は2月末まで。今後も続くが、1年刻みはみなさんにとっても不安だと思
う」と答えます。複数の医療機関に通っていると答えたのは懇談会出席者16人
のうち3人。・・・「甲状腺検査を18歳以下だけでなく、おとなもきちんと
やってほしい」との要望に、高橋議員は「18歳で区切らず続けることが大事
だ」と応じます。一時帰宅時の交通安全対策、自宅周りも除草することなど、身
近で具体的な要望も続出。「別居する孫たちは4年も避難しているので今の小学
校を転校したくない。一人ひとりの希望に沿った支援、対応をしてほしい」と言
う男性もいました。・・・」

11.「常磐線「竜田-原ノ町」不通区間 31日から代行バス運行」福島民友新
聞?1月20日(火)11時31分配信
全文「JR東日本が、震災と原発事故の影響で不通となっているJR常磐線竜田(楢
葉町)-原ノ町(南相馬市)間(46キロ)の代行バスの運行を31日から始める方
向で調整していることが19日、複数の関係者への取材で分かった。関係者による
と、代行バスは朝と夕の1日2往復の運行を見込んでいる。JR東日本はこれまで、
2月をめどに運行を始める方針を示していた。JRは、バスの運行開始に合わせて
利用客らに放射線量の情報を提供する方針。
区間内のうち放射線量が高い帰還困難区域に指定された夜ノ森(富岡町)-双葉
(双葉町)間などで被害状況を調査しており、本年度中に結果を公表する計画も
示している。」

12.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:18 そうか、駅家がある」朝日
デジタル2015年1月20日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11559559.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11559559
「◇No.1160 2013年1月25日、広野町。町の災害公営住宅予定地
の発掘調査をしていた山本誠(49)と、野村信生(44)は顔を見合わせた。
予定地で遺跡が見つかり、それがどんなものか詳しく調べはじめて5日目に、丸
い柱を立てるための四角い穴の跡が出てきたのだ。・・・四角い柱の跡は関西の
現場でよく見ていた。古代の公的機関の特徴だ。でも、東北は違うかもしれな
い。青森県教委から来ている野村に聞いてみた。「(縄文時代の)三内丸山(さ
んないまるやま)遺跡って、こんな穴ある?」・・・・
「いやあ、ないですねえ」あっさり否定された。・・・・昔の航空写真なら、開
発される前の地形が写っているかもしれない。1961年の写真を見つけた。調
査現場の北東に、正方形の溝で囲われた区域が写っていた。1辺は100メート
ル前後あるように見える。・・・・この区域のさらに北東には、碁盤目状に区画
した古代の耕地「条里(じょうり)」がある。山本は続けて広野町のホームペー
ジを開いた。町の成り立ちを紹介する文の最後に、こうあった。「続日本紀」の
養老3年(719年)の条には「石城(いわき)国始めて駅家(うまや)一十処
を置く」とあり、その一処がこの地に置かれた可能性も考えられます――。そう
か、駅家だ!山本はひらめいた。・・・」
・・・記録は大切です。

13.「「被災地のために生きる」 小山明子さん」朝日デジタル2015年1月20
日10時15分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1501200700001.html
「●「必要な本」贈り大熊町支え 福島第一原発の事故で避難した福島県の自治
体の学校は、いまも仮校舎で運営を続けている。「避難先でも、教育だけはしっ
かりやりたい」。奮闘する教職員と、そこで学ぶ子どもたちを支えるものの一つ
が、全国から届く数々の、小さな支援や激励だ。映画監督の故・大島渚さんの妻
で俳優の小山明子さん(79)も、応援を続ける一人。夫の死後に訪れた福島
で、原発事故の現実を目の当たりにしたことをきっかけに町との交流が始まり、
もうすぐ2年になる。・・・」

最近、修学旅行関連の記事が多い、
14.「宮崎の中学生ら来県 21日まで福島県内巡り絆強める」福島民報?1月
20日(火)11時13分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012020476
「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)と風化防
止を目的とした福島県の「ふくしまから はじめよう。キビタン交流事業」で交
流が始まった宮崎県から19日、訪問団が来県した。21日まで県内各地を巡
り、復興に向けて歩む県民と絆を強める。・・(5人は)・・・・福島空港のメ
ガソーラーを見学した後、県庁に内堀雅雄知事を訪問した。・・20日は桑折町
のあんぽ柿生産現場を視察し、醸芳中の生徒と交流する。21日は本県沖の浮体
式洋上風力発電などを見学する。」

15.「全員合唱で「ふるさと」歌う 双葉翔陽と熊本・翔陽」福島民報?1月20
日(火)10時50分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012020469
「熊本県大津町の県立翔陽高1年生は修学旅行で福島県を訪れ、19日、猪苗代
町体験交流館で双葉翔陽高の生徒と交流会を開いた。両校は校名が同じことから
東日本大震災後から義援金などを通して交流している。・・・・翔陽高は以前は
本県に修学旅行に訪れていたが、東京電力福島第一原発事故の影響で場所が変更
となった。山田校長は保護者らを説得し、今回の本県訪問につながった。・・・」

16.「修学旅行、安達太良の自然を満喫 熊本の多良木高校」福島民報?1月20
日(火)10時49分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012020468
「熊本県多良木(たらぎ)町の多良木高2年生64人は19日、修学旅行で福島
県二本松市を訪れた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、九州地方か
ら二本松市に修学旅行生が訪れるのは初めて。・・・22日まで本県に滞在し、
スキーなどを楽しむ。阪本達也校長は「九州では震災報道が減少し、記憶の風化
が進みつつある。生徒は現場を見て、福島の今を熊本に帰って伝えてほしい」と
話した。震災前、九州から最も多く修学旅行を受け入れた時は、年間13校が訪
れていた。・・・・」

17.「(福島県)20日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月21日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

18.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月20日17:20
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150120/1845791
▼空間放射線量率(20日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

19.「(栃木県)すみかを追われる野生動物の悲哀 絵本作家いわむらさんが
描く 栃木・那珂川町で企画展」東京新聞2015年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/20150120/CK2015012002000186.html
「人間にすみかを追われる野生動物を描いた絵本「ひとりぼっちのさいしゅう
れっしゃ」(偕成社)の企画展が、栃木県那珂川(なかがわ)町のいわむらかず
お絵本の丘美術館で開催中だ。作者の絵本作家いわむらかずおさん(75)は
「人間の身勝手さは、本を書いた約30年前から変わらない」と、東京電力福島
第一原発事故を経ても原発の再稼働に向かっている社会に、穏やかながらも厳し
いまなざしを向ける。・・・いわむらさんは「この後、動物たちが人間との付き
合い方について、どのような結論を出すのかを描いてみたい気持ちもある」と
も。「いつか自然や動物が人間を見放すかもしれない。私たちは原発事故を謙虚
に反省し続けなければ」と声に力を込めた。」 

20.「【埼玉】川口そごうで東北物産展 飯舘村のかぼちゃも販売」東京新聞
2015年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150120/CK2015012002000163.html
「川口市の「そごう川口店」で20日、東北地方の総菜や料理、銘菓を販売する
「東北物産展」が始まる。26日まで。今回は、東京電力福島第一原発事故で住
民が避難している福島県飯舘(いいたて)村など阿武隈(あぶくま)地域の特産
品を販売するコーナーもある。販売されるのは、飯舘村オリジナル品種のかぼ
ちゃ「いいたて雪っ娘(こ)」や漬物、菓子など約20の食品など。・・・

21.「(埼玉県)国と東電を追加提訴 県内避難の7世帯30人「生活、仕事失っ
た」」埼玉新聞1月20日(火)17時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00010001-saitama-l11
「東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされたとして、福島から県内
への避難者による第2次集団提訴が行われ、避難者7世帯30人が19日、国と東電を
相手取り、計約3億5200万円を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。原告は、
原発事故を受け福島市、福島県南相馬市、郡山市、須賀川市、浪江町から避難し
てきた家族で、県内に住む3~90歳の男女。原告の約半分は自主避難世
帯。・・・・・県内ではすでに昨年3月、6世帯16人が国と東電を相手取り、さい
たま地裁に提訴。弁護団によると、全国24カ所でも避難者による同様の訴えが起
こされているという。・・・ 提訴後の会見では、弁護団が原子力損害賠償紛争
解決センター(ADR)による自主避難者への限定的な補償を問題視した。・・・・」

22.●●「(埼玉県)法定数届かぬ見通し」朝日デジタル2015年1月20日10時38分
全文「◇原発の是非問う県民投票めざす署名  原発の是非を問う県民投票を実現
しようと市民グループ「原発埼玉県民投票準備会」が集めていた署名が法定数に
届かない見通しであることが19日、わかった。同会が明らかにした。
◇11万8000人分必要 現在5万7000人分  署名集めは昨秋スター
ト。衆院選などによる「中断」を挟み、同日までに、ほとんどの市町村で2カ月
間の署名期間が終了した。
条例制定の直接請求には有権者の50分の1にあたる約11万8千人以上の署名
が必要だが、同会によると、19日夕時点の集計で約5万7千人分。まだ、約
10市区町の署名を集計していないが、これらを含めても法定数には届かない見
込みという。」

23.「【千葉】柏市、26日から持ち帰り開始 手賀沼の放射性焼却灰」東京
新聞2015年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150120/CK2015012002000155.html
「福島第一原発事故の影響で発生した高濃度の放射性物質を含むごみ焼却灰の処
分問題で、柏市は十九日、県の手賀沼終末処理場(我孫子市・印西市)で一時保
管する灰について、二十六日から市内に持ち帰ると発表した。柏市は、処理場で
一時保管する二百九十六トンの灰を、北部と南部の両クリーンセンター(CC)
に持ち帰る。最初に南部CCに百トンを運び、建屋内で管理する。十トントラッ
クで週三回運び、二月中に終える予定。・・・灰をめぐっては、柏、流山、松戸
の三市が、終末処理場に計五百二十六トンを一時保管。国が設置する最終処分場
の完成めどとした今年三月までを保管期限としていたが、完成する見込みがない
ことから、三市は持ち帰ることを決めた。昨年十二月から搬出していた松戸
は作業を完了し、流山は現在、作業を進めている。」

規制での動き、
24.●●「<高浜原発>意見公募に3600件 川内原発の5分の1」毎日新
聞?1月20日(火)19時27分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150121k0000m040044000c.html
「原子力規制委員会は20日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)が新規制
基準に適合しているとした審査書案に対する意見公募状況を発表した。寄せられ
たのは約3600件で、初めて審査をクリアした九州電力川内(せんだい)原発
1、2号機(鹿児島県)の約5分の1にとどまった。高浜原発の意見公募は16
日までの30日間。・・・高浜原発の再稼働に向けた安全審査では、今回の許可
以外に、安全対策を踏まえた工事計画と運転管理を盛り込む保安規定変更の二つ
の認可の補正が必要となる。」

25.「原発テロに備えた審査…柏崎刈羽・高浜で開始」読売新聞2015年01月20
日 19時29分
全文「原子力規制委員会は20日、航空機衝突などのテロ攻撃に備え、原子力発
電所に新たに設ける緊急時制御室など「特定重大事故等対処施設」の審査を始め
た。この日審査が始まったのは、昨年12月に申請が出された東京電力柏崎刈羽
原発(新潟県)と関西電力高浜原発(福井県)。それぞれの電力会社が、原子炉
を遠隔操作で冷却したり、圧力を下げたりする設備の設計方針を説明した。原発
の新規制基準では、テロ対策として、原子炉格納容器の破損を防ぐこうした施設
を、新規制基準施行から5年となる2018年7月までに設けるよう求めている。」

26.「<大間原発>安全審査始まる」毎日新聞?1月20日(火)13時28分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150120k0000e040211000c.html
原子力規制委員会は20日、Jパワー(電源開発)が建設中の大間原発(青森
県)の稼働に向けた安全審査の初会合を開いた。東京電力福島第1原発事故後、
建設中の原発の審査は初めて。大間原発は全炉心にウラン・プルトニウム混合酸
化物(MOX)燃料を使う世界初のフルMOX商業炉で、この安全性が審査の焦
点となる。

27.「<規制委>京大と近畿大 大学研究用原子炉に初の現地調査」毎日新
聞?1月20日(火)20時11分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150121k0000m040072000c.html
「原子力規制委員会は20日、京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)と近畿大原
子力研究所(東大阪市)の現地調査を行った。商用原発と同様、運転再開に新規
制基準への適合が必要となった大学の研究用原子炉に対する規制委の現地調査は
初めて。
調査対象は、京都大の研究用原子炉(KUR、最大熱出力5000キロワット)
と臨界集合体実験装置(KUCA、同100ワット)、近畿大原子炉(同1ワッ
ト)の計3基。研究や教育訓練などに使われ、KURはがん患者の放射線治療に
も用いられる。両施設とも昨年2~5月から定期検査のため運転を停止してい
る。・・・視察した規制委の田中知委員は「今後のスケジュールについては、厳
正にしっかりやっていくとしか言えない」と語った。」

原発施設、
28.●「(茨城県)東海村・加速器事故施設 作業員が転落、労災公表せず」
東京新聞2015年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2015012002100004.html
「二〇一三年に放射性物質漏れ事故があった茨城県東海村の加速器実験施設
「J-PARC」で昨年十二月、作業員が重傷を負う労災事故があったが、公表
されていないことが分かった。施設側は被ばく事故でないためとしているが、〇
七年にあった同じような事故は公表されている。施設を管理運営する
J-PARCセンターによると、事故は昨年十二月二十四日夜、機械棟でケーブ
ルの取り付け作業をしていた男性作業員(40)が足場から約三・五メートル下
に転落、右足を骨折した。一一九番で駆け付けた救急隊が男性を水戸市の病院に
運んだ。センターは事故を国や県、村に報告したが、公表していない。公表しな
い理由を「作業員が被ばくしたり、放射性物質による汚染や外部環境への漏えい
もなかった
から」と説明。・・・」
・・・隠ぺい体質が温存されています

29.「(青森県)日本原燃、事故対策設備を公開 臨界事故などの新基準に対
応」西日本新聞2015年01月20日 19時13分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/140490
「日本原燃は20日、青森県六ケ所村に建設中の使用済み核燃料再処理工場で、
臨界事故が起きた際に進行を食い止めるための設備などを報道陣に公開した。新
規制基準が求める重大事故対策の一環として、同社が設置を進めている。この日
は、使用済み核燃料を溶かした液体のタンクで臨界が起きた際に、反応を止める
薬品を配管から手動で投入する装置を公開。・・・・」
29’.「(青森県)再処理工場重大事故対策設備を公開/原燃」デーリー東北
2015/1/20?21:53  ※写真有
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20150120/201501200P051222.html

30.「(福井県)原電社長、分社化を否定 再稼働へ意欲」中日新聞2015年1
月20日
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20150120/CK2015012002000015.html
「日本原子力発電(原電)の浜田康男社長は十九日、福井市の中日新聞福井支社
を訪れ、伊藤博道支社長らと懇談した。「東西で分社化する検討に入った」とす
る一部報道について「検討も公表もしていない」と否定。敦賀原発2号機(敦賀
市)など「既設機の再稼働を一生懸命やりたい」と述べた。・・・・」

電力会社、
31.「(関電の)見通し甘さ、消費者から指摘相次ぐ 京都・関電値上げ説明
会合」京都新聞1月20日(火)9時39分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150120000035
「関西電力が4月に予定する電気料金の値上げについて、関電が消費者に説明す
る会合が19日、京都市中京区で開かれた。参加者から経営見通しの甘さなどを
指摘する声が出た。消費者が値上げについて考え、国に意見を述べる際の参考に
してもらうため、NPO法人コンシューマーズ京都(京都市中京区)が企画し
た。・・・・説明にあたった関電京都支店の社員は「13年5月に値上げした時
の見通しより原発再稼働が遅れている」と値上げの背景を強調。原油安が続けば
火力発電コストが低下することから「原油価格が下がれば燃料費調整制度で毎月
料金に反映させる」とし、4月からの値上げに理解を求めた。参加者からは原発
が再稼働できない状況を想定した対策や経営効率化の努力が不十分との指摘が
相次いだ。」

32.「【特報】増殖する原発コスト 廃炉後も電気代に転嫁」東京新聞2015年
1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015012002000162.html
「関西電力など電力四社が老朽原発五基を廃炉にする。問題は三百五十億円以上
とされる廃炉費用だ。各社は原発稼働中に電気料金に上乗せして積み立ててきた
が不足している。そのため、廃炉が決まって発電していない原発の廃炉費用も、
電力消費者が負担する制度に移行するという。何ともおかしな新制度が、原発の
コストの高さをあらためて浮かび上がらせる。(以下、紙面とのこと)
・・・廃炉に使用がコストがかかり結局電気料金は高くなる!!

原発立地地域、
33.「福井県)原発テロへ警戒強化 山谷大臣、県警部隊の訓練視察」中日新
聞2015年1月20日
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20150120/CK2015012002000014.html
「拉致問題で県内入りした山谷えり子担当大臣は十九日、国家公安委員長として
県警機動隊の原発警戒部隊の訓練などを視察。懸案となっている問題の現状把握
に努めた。・・・・」

34.「<青森県知事選>5月21日告示、6月7日投開票」毎日新聞?1月20日
(火)19時46分配信
全文「青森県選挙管理委員会は20日、任期満了に伴う知事選の日程を5月21
日告示、6月7日投開票と決めた。4期目を目指す現職の三村申吾氏(58)
と、原発ゼロを訴える市民団体共同代表で医師の大竹進氏(63)の無所属2人
が立候補を表明しており、自民党県連は三村氏の推薦を決めている。」

35.「京都・舞鶴市長選、山内氏が立候補表明」京都新聞?1月20日(火)18時16
分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150120000124
「任期満了に伴う京都府舞鶴市長選(2月1日告示、8日投開票)で、共産党舞
鶴地区委員長の山内健氏(46)が20日、無所属での立候補を表明した。共産
党や労働組合などでつくる市民団体「みんなで『市民参加の舞鶴』をつくる会」
が擁立、同党が推薦する。市役所で同日会見した山内氏は、集団的自衛権や原発
再稼働に対する多々見良三市長の発言や病院再編政策などを批判、「市民に冷た
い市政からの転換を果たしたい」と述べた。・・・・市長選には、多々見市長も
立候補を表明している。」

自然エネルギー、
36.「九電工など出資 中津市でメガソーラー稼働」西日本電子版2015年01月
21日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/54127/1/
九電工(福岡市)などが出資する再生可能エネルギー事業会社「九州エターナル
エナジー」(同)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)が大分県中津市に完成
し、稼働を始めた=写真(積水化成品工業提供)。土地の賃貸借契約を結んでい
る積水化成品工業(大阪市)が20日、発表した。同社によると、子会社の積水
化成品九州大分工場内の遊休地約1万9700平方メートルにパネルを設
置。・・・・出力1600キロワットで、年間発電量は177万3千キロワット
時。九州エターナルエナジーは、全量を九州電力に売電するという。」

37.「メガソーラー事業の発展はこれから!」データ・マックス2015年1月20
日16:46
http://www.data-max.co.jp/company_and_economy/2015/01/28597/0121_dm1435/
「複数のメガソーラーを運営する企業トップの談話。「昨年の9月に太陽光発電
を含めた再生可能エネルギーにおける買い取りの保留が九州電力から発表されて
以来、メガソーラーおよび産業用の太陽光発電事業から撤退する企業が続出して
いる。もったいない話である。直近では、条件つきながら買い取りへの回答を再
開することを表明している。現在メガソーラーや産業用の10kw以上の買い取り価
格は32円。当社は、買い取り価格が25円に下げられても事業として構築すること
ができる。・・・・逆風と言われるが、これからが大きなビジネスとなる。ここ
で辛抱することが大事」と述べた。ただし同社のメガソーラー事業は、用地取得
から企画、設計・施工、運営、計測そして管理まで一貫した自社でのマネジメ
ントを実践している。そこには『地球環境を守る』という不動の信念が根底に流
れている。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
26面福岡都市圏欄に、
38.「「小水力発電」知ってほしい 31日に朝倉市でシンポ」
・・・市民団体「朝倉市に小水力発電を進める会」の主催だそうです。九州大学
大学院工学研究院と共同で。
「入場無料。午後1時半~4時半、朝倉市把木池田のらくゆう館で。・・白木地区
の視察希望者は0時半に同館に集合。同会=0946‐25-0036」

30面九州経済面に、36.の記事。

今朝は以上です。(1.21.5:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
  本日、1/21「異議申立て」意見陳述会
陳述者15名の意見陳述要旨:http://tinyurl.com/k9a99b2
意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1371日目報告☆

2015.01.20(20:50) 2264

青柳行信です。1月20日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
  明日、1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1371日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月19日3696名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
お疲れさまです。
1/18日)の原発についてのシンポジウム、朝日新聞に
わりと大きく 取り上げられていました。
地域住民の方々に もっと関心を持ってもらったらと思いました。
中には 放射能はこわくないという 政府や電力会社の宣伝を
真に受けている方が まだまだ多いのではないかと思いました。
私たちの宣伝も大事ですね。
あんくるトム工房
九電前テント  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3327
ジブチに基地  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3326

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆地方自治を踏みにじりながらぬけぬけと「差別はいけぬ」と外国で言ふ
      (左門 ’15・1・20-906)
※「おどろき・もものき・さんしょのき」と言うが、アベ首相の無神経症には
開いた口が塞がらない。イスラエルのホロコースト記念館を見学してのス
ピーチ。「特定の民族を差別し、憎悪の対象とすることが、人間をどれほ
ど残酷にするのかを学ぶことができた」ということは、首相ともあろう者が
これまで知らなかったことが大問題である。「差別と戦争のない世界、人
権の守られる世界の実現に向け、働き続けなければならない」、日本国
憲法はそのことを誓うと前文で世界に表明しているのを「壊憲」しようとし
ているのは君ではなっか!日本へ帰ると、ケロッと忘れて反対のことを
やらかすから、言質をとっておこう・・・・。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<緊急シンポジウム「川内原発再稼働の是非を問う」>について報告します。

1月18日福岡市天神で日本科学者会議福岡支部福岡核問題研究会の緊急シンポ
ジウム「川内原発再稼働の是非を問う」を行いました。

この記事が1月19日の西日本新聞ふくおか版に掲載されたので、PDFを添付
します.
http://tinyurl.com/po59kul

このシンポジュウムに使用したプロジェクターの資料を福岡核問題研究会のホー
ムページに掲示しましたので、お知らせいたします。
http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/kikaku/files/aa754b0b5b6f885e198986b16bb
aa492-30.html

それから、福岡核問題研究会のホームページに会員が高浜原発の審査書案にたい
して提出したパブリックコメントの控えを掲示しています。
http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/kikaku/files/2fc5af43117c24712dc363e26dd
3629e-32.html

これらの一部は、岩波の「科学」の掲示板にも掲示されていますので、お知らせ
いたします。
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

この掲示板には、福岡核問題研究会の会員2名の他には匿名の一名の方のみの分
しか掲示されていなく、寂しい状態です。原子力規制委員会が

高浜原発の審査書案についてのパブリックコメントを公開するまでには、約1ケ
月後と思われますので、パブリックコメントを提出された方は広く公開していき
ましょう。

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。

食品への異物混入、コンビニ等への
食品への悪戯、食文化の危機的状況ですが
ジャングルの奥地に住む未開と言われる方々が
地球上で一番安全な食文化を享受できている??

その自然の恵みと共生されていた
方々の食文化を破壊したのが
核大国のアメリカ、フランス等の核実験でした

一日川柳

〈俺は養鶏場の鶏かTPPのえさ箱食らう〉
〈爪楊枝刺す少年の背後に大量消費の闇〉
〈少年よ刺すなら風刺芸術で社会を刺せ!!〉

放射能は白血病、内蔵疾患も患い
精神障害も引き起こすそうだが
ネットへ、自身の犯罪を投稿した
少年19才はフクイチ核爆発時は16才で
東京都三鷹市在住だったら
放射能雲の〈黒い雨〉に打たれていたら
放射能被曝で感受性の強い時期に被曝し
その影響を受けたのだろうか??

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2382】
┏┓
┗■.「原子力規制委員会での異議申し立て陳述会」
 |  川内原発許可は不当。取り消しを求める
 |  1月21日(水)行動
 └──── 山田純一(再稼働阻止全国ネットワーク)

  川内原発の発電用原子炉の設置変更の許可処分について、行政不服審査法第
34条第2項の規定による不服審査の口頭意見陳述会が1月21日(水)に六本木の
規制庁に於いて行われます。
 昨年11月7日、約1500人の異議申立人が川内原発の設置変更許可処分の取り消
しを求める異議申立書を提出していました。理由の概要は「原子力規制委員会に
関する法律と規則及び組織理念に違反し、国際原子力機関にも違反しているた
め」です。傍聴者は1500人の異議申立人に限る、という不当なものですので、多
くはありません。
 発言者は15人であり、薩摩川内市の鳥原良子さんを始め、薩摩川内市民3人。
地震学者の石橋克彦氏、申立人総代の北岡逸人氏、福井県の中嶌哲演氏、原子力
市民委員会の小倉志郎氏、柏崎市議会議員の矢部忠夫氏、その他全国で原発問題
に取り組んでいる人々です。再稼働阻止ネット事務局からは2人が発言します。
 15人の意見陳述の内容によって、これまで川内原発の再稼動に反対してきた論
点がすべて網羅されるでしょう。
 口頭意見陳述会は15時~18時15分。その後18時30分より5階の記者クラブに於
いて記者会見が行われます。ご注目下さい。

┏┓
┗■メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

 ◆1/24福島原発被害東京訴訟 原告を支える集い
 
 日 時:1月24日(土)18:00~19:30
 場 所:聖イグナチオ教会ヨセフホール(JR四ツ谷駅麹町口徒歩1分上智大学
手前)

 原発事故の避難世帯などの皆さんが、国と東京電力を相手取り、原発事故の責
任を問う裁判が「福島原発被害東京訴訟」です。
 東京訴訟は国と東電の本拠地で行われる訴訟であり、絶対に勝たなければなり
ません。原告の皆さんは、幼い子どもを抱えた母子避難世帯などが多く、生活に
も幾多の困難を強い
られています。
 多くの市民が傍聴などの形で応援してこそ、正しい裁判への道が開かれます。
まだサポーターズになっていない方も、すでにサポーターズになっている方も、
ぜひ原発事故避難者
である原告のお話を聴いていただき、裁判の傍聴や原告を支える活動に参加して
いただきたいと思います。
 主催:福島原発被害東京訴訟サポーターズ  http://blog.goo.ne.jp/tossnet

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、川内(せんだい)原発の地元で新たな政府や県の動きがありました。今朝
はその記事からはじめます。

川内原発関連、
1.「副大臣が現地本部長で参加も=川内原発の防災訓練―鹿児島」時事通信?1
月19日(月)19時42分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011900799
全文「鹿児島県が5月ごろに予定している九州電力川内原発(薩摩川内市)に絡
む原子力防災訓練で、小里泰弘原子力防災担当副大臣は19日、現地対策本部長と
して参加する意向を明らかにした。小里氏は同日行われた望月義夫担当相と伊藤
祐一郎知事との面会に同席し、希望を伝えたという。県は今後、日程調整する。」

1’.「川内原発防災訓練を政府支援 担当相が意向」南日本新聞2015 01/19 23:30
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=63095
「内閣府の望月義夫原子力防災担当相は19日、薩摩川内市を訪れ、再稼働が迫
る九州電力川内原発の放射線防護施設や避難経路を初めて視察した。「原子力防
災は現地で現実的な対策を具体化することが重要と実感した」と述べ、取り組み
を支援する方針を示した。・・・・」

2.「望月防災担当相が川内視察」西日本電子版2015年01月20日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/54055/1/
「・・・・望月担当相は視察後、「防災対策が全国で最も進んでいると感じた」
と述べた。視察先では、原発再稼働に反対する市民約20人が抗議の声を上げ
た。・・・」

2’.「望月原子力防災担当相 川内視察」南日本放送 [01/19 18:35] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015011900007388
「・・・視察した原子力災害が発生した際の拠点となるオフサイトセンターの周
辺では、市民グループが「原発再稼働阻止」を訴えました。・・・」
2”.【動画】望月原子力防災担当大臣が川内視察」KTS鹿児島2015年01月19日
http://news.ktstv.net/e54568.html
2”’.「原子力防災担当大臣 薩摩川内市を視察」KKB鹿児島 ※映像有
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=0¶m1=0¶m2=0¶m3=0
2””.「原子力防災相が川内を視察}NHK鹿児島01月19日 21時31分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5054735551.html?t=1421690624324
「・・・・望月大臣は、記者団に対し「県などの自治体もしっかりとした対策を
講じていることが確認できた。
ただし、安全神話に基づくことなく、常に改良を意識して、防災体制を充実させ
ることが重要だ」と話しました。
川内原発の再稼働は3月以降になる見通しですが、県が進めている甲状腺被ばく
を防ぐためのヨウ素剤の配布が対象住民のおよそ70%にとどまっているなど、
再稼働を前に課題も残っています。」

3.●●「毎日新聞世論調査」毎日新聞2015年01月19日東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150119ddm002010104000c.html
「◆鹿児島県にある九州電力川内原発は今年の春にも再稼働する見通しです。あ
なたは再稼働に賛成ですか、反対ですか。
賛成:36% 男45% 女27%、反対:54% 男47% 女59% ・・・・
◇調査の方法 1月17、18日の2日間、・・・有権者のいる1636世帯か
ら、1012人の回答を得た。回答率は62%。」

玄海原発関連、
4.「唐津市誕生10年を振り返る」佐賀新聞2015年01月18日 11時38分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/146834
「2005年1月に誕生した新・唐津市は今月、10周年を迎えた。この間、旧
唐津銀行や旧高取邸など歴史ある建造物を生かした町づくりが進み、西九州自動
車道の唐津区間が完成するなど交通インフラ整備も進んだ。一方、福島第1原発
事故に伴う玄海原発の全炉停止は、地域経済の原発依存を露呈した。合併から
10年を振り返る。・・・・・玄海原発は完全停止し、3年が過ぎた。
【玄海原発】 九電と安全協定締結  原発の隣接自治体である唐津市は、翌
12年に九州電力と安全協定を締結。また、市全域が30キロ圏に入るため、避
難計画の策定を急いでいる。一方で、二タ子にある九州電力の火力発電所敷地に
唐津赤十字病院が移転される計画だったが、「3・11」後、白紙に。唐津バイ
パスの長谷交差点近くへの移転に計画が変更され、2016年開業へ病院建設工
事が進んでいる。」

九電関連、
5.「九電、松浦火力発電所1号機が運転停止」時事通信2015/01/19-18:39
全文「九州電力は19日、石炭火力の松浦発電所1号機(長崎県松浦市、出力
70万キロワット)が運転を自動停止したと発表した。ボイラーへ送る水のろ過
装置に不具合が起きたため。当面の電力需給に影響はなく、23日まで使用率
87~91%と安定供給できる見通し。来週(26~30日)は気温が下がり使
用率は96%と厳しい需給状況を予想。引き続き、電力市場からの追加調達など
に取り組む。」

5’.「松浦火力が自動停止 九電、今冬初の「需給厳しい」西日本電子版2015
年01月19日 20時08分 更新
http://qbiz.jp/article/54038/1/
「・・・20日以降は順次、相浦発電所1号機(同県佐世保市)と苅田発電所新
2号機(福岡県苅田町)を稼働させ、使用率は91%以下にとどまる見通し。た
だ、26?30日は最高気温6・7度とされ、需要は最大1420万キロワット
に上ると見込んでいる。」

原発立地(周辺)地域、
6.「(福井県)原発地元、ヨウ素剤配布の現状は 高浜は配布率6割とどま
る」福井新聞(2015年1月18日午前6時50分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/62167.html
原発事故に備え、おおむね5キロ圏内に住む福井県嶺南地方の住民に対して安定
ヨウ素剤の事前配布が昨年行われた。高浜町など1市3町での配布率は約6割
で、対象者の全員配布にはほど遠い。再稼働に向けた審査が進む関西電力高浜原
発3、4号機が立地する高浜町は一人でも多くの住民の安心につなげようと、3
月の休日の日中に再度説明会を開く方向で県と調整している。・・・・
高浜、おおい、美浜の各町と小浜市は昨年10月末から、計26回の事前配布説
明会を開き、計2559人が参加した。県地域医療課によると、全体の約62%
に当たる計6190人分の安定ヨウ素剤が配布された。アレルギーによる不適は
計36人、受け取り辞退は計26人だった。同課では「先行する他県と比べて、
多くの人が説明会に足を運んだ。原発への関心があったからではないか」と分析
する。・・・
一方で、説明会では「誤飲など安定ヨウ素剤を自宅で保管することに不安を口に
する住民もいた」と明かした。原発の安全神話が崩壊する中で、安定ヨウ素剤を
受け取った住民からは「安心につながる」との声も少なくない。・・・・」
・・・川内原発周辺でも7割! しかも受け取り拒否する人もいる、原発事故が
起きた際に「自己責任」と言い逃れることは許されない!

7.「(北海道)函館市長選、工藤氏が立候補表明朝日デジタル2015年1月19日
09時46分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1501190100006.html
「函館市の工藤寿樹市長(65)は17日、4月19日告示の同市長選に再選を
目指して立候補する考えを表明した。来月上旬にも具体的な政策をまとめる予
定。・・・・昨年4月には対岸の青森県大間町の大間原発の建設差し止めを求
め、東京地裁に提訴した。今のところ工藤氏以外に立候補の動きはない。」

8.「(茨城県)放射線、正しく理解を 県が出前授業 専門家、学校に派遣」
茨城新聞2015年1月17日(土)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14214135757788
「放射線や原子力に関わる基礎知識の普及を図るのを狙いに県は本年度から、原
子力の専門家を小中高校に派遣する取り組みを進めている。茨城原子力協議会
(佐藤守弘会長)の職員が学校に出掛けて放射線を目視できる実験などを交えなが
ら詳しく解説する。16日は筑西市稲野辺の市立竹島小(大山慎一校長、児童数238
人)で出前授業が開かれた。
専門家派遣事業は国の原子力・エネルギー教育支援事業交付金を活用。昨年7月
に始まった出前授業は、小中高それぞれの段階に応じた内容で、本年度は計32回
実施する計画だ。・・・・」
・・・・原発安全神話の洗脳教育では困る。

原発施設、
9.「(茨城県)臨界事故後に保管の廃棄物 焼却処理開始」NHK1月19日 21時43分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150119/k10014805361000.html
「茨城県東海村にある核燃料加工会社「ジェー・シー・オー」は、平成11年の
臨界事故のあと敷地内で保管している低レベル放射性廃棄物などについて、周辺
住民の理解が得られたとして、事故から15年余りを経て、19日から焼却処理
を始めました。平成11年9月、東海村にある核燃料加工会社「ジェー・シー・
オー」で、核燃料の製造過程で違法な作業を重ねた結果、核分裂が連続して起き
る「臨界」が発生し、作業員2人が死亡したほか、周辺の住民などおよそ660
人が被ばくしました。・・・・
作業は午前11時から始まり、臨界事故の前、核燃料を精製する際に使用した油
類およそ100リットルの焼却が行われ、トラブルはなかったということです。
今後は油類の処理を終えたあと、作業服など臨界事故のあとに出た低レベル放射
性廃棄物の焼却を進めることにしていて、200リットルのドラム缶に換算して
およそ700本分を8年かけて処理する計画です。・・・」

10.「規制庁、もんじゅ現地検査 命令解除の取り組み確認へ」西日本新聞
2015年01月19日19時33分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/140262
「原子力規制庁が、事実上の運転禁止命令が出ている日本原子力研究開発機構の
高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、機構が命令解除に向けて提出した報告
書が適切かどうかなどを調べるため現地検査を行う方針を固めたことが19日、
関係者への取材で分かった。機構は3月末までに命令解除のめどを付けることを
目標にしており、3月前に現地検査することにしたとみられる。関係者による
と、今回の検査は「保安調査」・・・」

政府が、
11.●「核のごみ処分、国も関与 15年度から主要都市で説明会」日経新聞
2015/1/19 2:00 ※有料記事
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H6L_Y5A110C1NN1000/
「政府は2015年度から原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)
の処分について、各地方の中心都市で説明会を開く。電力会社が資金を拠出する
原子力発電環境整備機構(NUMO)が開いてきたが、これまで出席しなかった
経済産業省の職員も出席して説明にあたるよう改める。業界任せだった核のごみ
処分で国も前面に立つ姿勢に転換する。
核のごみを地中深く埋める「最終処分」を進めるための法律は00年に施行した
が、処分場を受け入れる場所は見つかっていない。核のごみの処分方法が確立し
ていないことは、原発再稼働に慎重な意見の論拠のひとつとなってきた。
政府は13年、処分場を自治体から公募する従来の方式を、国が候補地を示して自
治体に要請する方式に改めた。候補地となる地域の住民との対話の場も設けるこ
とにする。15年度からの説明会ではこうした方針について説明する。
政府は今春にも最終処分法に基づく基本方針を閣議決定により改定する。処分場
をつくるための手続きに入った自治体には、NUMOが産業に与える影響を調査
することなどを盛り込む。・・・・」
・・・今になって!!

福島第一原発、
12.●「汚染水、なおトラブル続き 3月末完了微妙、凍土壁も難航 福島第
一」朝日デジタル2015年1月19日05時00分 ※絵図有
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11558391.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11558391
「・・・・福島第一原発では、溶けた燃料が落ちている建屋地下に地下水が流れ
込むことで、高濃度汚染水が生まれ続けている。タンクには15日現在で28万
トンがあり、漏れれば海の汚染を拡大させかねない。東電は一昨年9月、現場を
訪れた安倍晋三首相に、今年度内の処理完了を約束した。しかし、切り札とされ
た多核種除去設備ALPS(アルプス)は一昨年春の稼働後からトラブルが続
き、思うように処理が進まなかった。昨秋に増設、フル稼働なら1日1960ト
ンを処理できる態勢にしたが、それでも年度内の処理終了は困難だった。そこで
東電は昨秋、汚染の多くを占めるストロンチウムだけを除去する装置を投入。こ
れも「処理済み」として扱うことにした。
その後も増設分のALPSは想定通りの性能が出ず、フル稼働はずれ込んだま
ま。ストロンチウム除去装置の増設を示しては、年度内の約束とのつじつまを合
わせる状況が続く。・・・・・
タンク内の高濃度汚染水がなくなっても、低濃度汚染水は残る。新たに発生する
高濃度汚染水の処理も引き続き必要だ。東電は地下水の浸入を防ぐ凍土壁の工事
も進める。これも別の作業の遅れで工事できない部分が残ったまま、凍結開始目
標の3月が迫っている。」

13.●●「元作業員「被ばくでがん」 福島事故初期に従事 労災訴え」東京新
聞2015年1月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2015011802000118.html
「東京電力福島第一原発の緊急作業をした作業員について、被ばくの健康への影
響を調べる国の疫学的な研究が近く始まる。難しい調査となるのは必至で、どこ
まで解明できるかは未知数だ。そんな中、事故発生当初、福島第一で四カ月間作
業し、その後、胃や大腸など三カ所でがんが見つかった札幌市の男性(56)
は、被ばくが原因だとして労災と認めるよう訴えている。・・・・」
・・・・以下、紙面は長い記事のようです。

14.「福島第一原発でタンクの天板から落下、作業員けが」TBS系(JNN)?1月
19日(月)16時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150119-00000042-jnn-soci
「福島第一原発で、雨水をためるタンクの設置作業をしていた作業員が、高さお
よそ10メートルのタンクの天板から落ち、けがをしました。東京電力によりま
すと、けがをしたのは、雨水をためるタンクの設置作業を行っていた協力企業の
50代の男性作業員です。19日午前9時すぎ、・・・・はいわき市内の病院に
搬送されましたが、意識はあるものの動けない状態だということです。・・・」

14’.「福島第1作業員、また負傷=タンクから落下―東電」時事通信?1月19日
(月)11時51分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015011900290
「・・・作業員は複数箇所を骨折し重傷という。同原発では今年度、作業中の事
故による負傷者が相次いでいる。東電によると、事故は同日午前9時5分ごろ、第
1原発3号機西側で雨水をためておくためのタンクの設置工事中に起き
た。・・・・転落防止用のロープを使わなかった可能性が高いという。」
こんな記事が過去にありました、
14”.「【ふくしま作業員日誌】49歳男性 続く作業事故 公表減る東電」
東京新聞2014年12月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_diary/list/CK2014120102000191.html
「・・・・・敷地内で働く作業員は、少し前は一日六千人と言われたけど、今は
汚染水対策などで千人規模で増えている。上と下での同時作業はあるし、近接す
る工事で作業調整ができていないのもいっぱいある。毎日のように、ひやっとす
るような事故やけががある。いつか大きな事故が起こると思っていた。九月にも
同じ現場で、パイプが落下し、下の人に当たって背中の骨を折った事故があっ
た。・・・・福島第一は原発事故が起きた現場。基本的にはすべて公表すべきだ
と思う。情報を出すかどうかを、東電だけに判断させていいのかとも思う。人が
増えれば事故は増える。現場を取り仕切る企業の意識も変えないと。今、全国か
ら人が集まってきている。危険な現場で、単に金を稼ぎに来る所ではないこと
を知って来てほしい。」

15.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月19日
「18日正午現在 1.120マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋 前日は1.118マイクロシーベルト毎時」

16.●「原発事故で追加告訴を受理 東京地検」産経新聞?1月19日(月)19時54
分配信
全文「東京電力福島第1原発事故をめぐり、東電旧経営陣の刑事処分を求めてい
る福島原発告訴団が東京地検に提出した追加告訴が受理されたことが19日、分
かった。告訴団によると、16日に同地検から受理の連絡があったという。告訴
団は13日、東電社員や原子力安全・保安院(廃止)の職員ら9人を業務上過失
致死傷罪で東京地検に追加告訴していた。」

被災地フクシマ、
17.「大熊の福島給食センター 従業員応募2倍近く」福島民報?1月19日
(月)9時4分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011920459
「大熊町で4月に運用が始まる東京電力福島第一原発作業員の給食施設「福島給
食センター」が募った100人の従業員募集に対し、2倍近い185人の応募が
あった。センターは福島第一原発事故発生後、町内で初めて開設する大型施設と
なる。・・・・センターは3月に完成する予定で東電が整備を進めている。鳥藤
本店(富岡町)など県内外の3社が共同出資する「福島復興給食センター」が運
営する。同社は昨年10月、従業員100人の募集・・・・渋谷昌俊社長は「応
募者の中には、放射線に対する不安よりも、復興に貢献したい気持ちを持つ人が
多かった」と語る。2月に内定者の研修に入り、4月の運用開始に備える。
 大熊町は面積の62%を長期間の住民避難が予想される「帰還困難区域」が占
める。センターの開所する大川原地区は比較的放射線量の低い「居住制限区域」
にあり、・・・」

18.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:16 ここには味方がおる」朝日
デジタル2015年1月18日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11557058.html
「◇No.1158 「桜田4遺跡」福島県広野町の災害公営住宅予定地で、兵
庫県教委の山本誠(49)らが見つけた遺跡は、地名にちなんでこう命名され
た。・・・・町長だった山田基星(やまだもとほし)(66)が同意したことも
あり、発掘調査は実施されることになったが、・・・一方で、山本は心の余裕を
失いつつあった。・・・復興庁福島復興局へ復興交付金を申請しようとした。と
ころが、担当者に理解してもらえない。工事前になぜ調べなければならないの
か、と言う。「復興交付金は税金なんですよ! あなた、分かってますか!」公
務員同士なのに、そんな言葉まで浴びせられた。・・・・山本の状態を知った旧
知の仲間がカンパを集め、一人が訪ねてきた。JR福島駅前の居酒屋で飲んだ。
愚痴をこぼしながらの日本酒の味は覚えていないが、ありがたかった。気持ちが
前を向いた。」

18’.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:17 柱は丸、穴は四角」朝日
デジタル2015年1月19日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11558382.html
「◇No.1159 年が改まった。2013年1月21日、福島県広野町で発
掘調査が始まった。・・・
黒々とした、柱を立てた跡が整然と並ぶ。山本と野村は表面をきれいにならし
た。柱そのものは丸い。それなのに、柱を立てるための穴はわざわざ四角く掘ら
れている。2人とも「あれ?」と思った。それは、古代の公的機関の建物に見ら
れる特徴だった。」

19.「南相馬市(熊本)水俣病の語り部、福島訪問 避難の現状に耳傾ける」
朝日デジタル2015年1月18日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASH1K3TQQH1KTLVB00D.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1K3TQQH1KTLVB00D
水俣市から水俣病の「語り部」や支援者らが17日、東日本大震災による原発事
故で避難生活を続ける被災地・福島県南相馬市の仮設住宅を訪れた。震災から3
年10カ月が過ぎる中、いまだ続く避難生活の現状や課題に耳を傾けた。
この日、同市内での講演を前に水俣市立水俣病資料館語り部の会会長の緒方正実
さん(57)ら約10人が南相馬市鹿島区の塚合第二仮設住宅を訪問し、自治会
長の藤島昌治さん(68)から話を聞いた。藤島さんによると、同仮設住宅の
174世帯のほとんどが南相馬市小高区の避難指示解除準備区域からの避難
者。・・・・7割以上が高齢者で、68世帯は4畳半で独り暮らし。「一軒一軒
に複雑な事情があり、若い人たちは新しいところで生活している。元の日常に戻
るには、まだ何年もかかると思う」と話した。一方、裁縫や編み物、お茶などを
一緒に楽しむ新しいコミュニティーもできていて、「この仮設住宅を存続しても
らって暮らしたい」という人もいるという。緒方さんは、「水俣病を国が真摯(し
んし)に受け止め、反省があったなら、原発事故は起こらなかったんじゃないか
という悔しさがある」と話した。」

19’.「水俣の過去、福島の未来へ 差別や摩擦解決策探る」河北新報2015年
01月19日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150119_63025.html
「公害の原点とされる水俣病の歴史を学び、東京電力福島第1原発事故後の地域
課題について考えるシンポジウム「水俣を知る。そして福島へ」が17日、南相
馬市で開かれた。熊本県水俣市の水俣病患者で水俣病資料館語り部の会会長の緒
方正実さん(57)らが登壇し、差別や偏見、地域コミュニティーの維持など、
公害と原発事故に共通する課題の解決策を探った。・・・・
緒方さんは「知識がない当時とすれば、周囲の対応は『差別』とは言い切れな
い」と振り返った上で、「原因者がいるのに住民間で争う状況はいけない。原発
事故の矢は、行政や東京電力に向けるべきだ」と語った。
原発事故後、福島と水俣の住民交流プログラムに関わる熊本大の石原明子准教授
(紛争解決学)は「水俣病患者への偏見や補償を受けた人へのやっかみの広がり
など、かつて水俣のコミュニティーで見られた状況は原発事故後の福島と似てい
る。このままでは、福島ではさらに住民の分断が進む恐れがある」と報告し
た。・・・
シンポジウムを企画した原発震災を語り継ぐ会(南相馬市)の高村美春さん
(46)は「過去を学び、未来に備えることが大事。水俣を学ぶことで、一人一
人が原発事故の被災地で生きる力を得られればいい」と話した。」

20.(飯館村)原発事故46カ月 がんと闘う66歳 「までい着」の夢、あ
るから 高齢者の裁縫「事業化し飯舘に戻る」」毎日新聞 2015年01月19日 東
京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150119ddm041040072000c.html
「・・・・ウメさんは原発事故で息子夫婦と離ればなれになり、1人暮らし。
「死にたい」が口癖だった。部屋のカーテンを閉め切り、泣き声は室外まで響く
こともあった。「ウメさんいるかい?」。佐野さんは毎日、玄関越しに声をかけ
続けた。そんなある日、ウメさんが自作の「までい着」を着ていることに気付い
た。「までい」は「丁寧な」などを意味する方言。・・・・」
・・・避難者の今を伝える、検索してどうぞ。

21.「(福島)福高生が糸井重里さん・早野龍五さんと意見交換」朝日デジタ
ル2015年1月20日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH1L65J8H1LUGTB00H.html
「コピーライターの糸井重里さんと物理学者の早野龍五さんが18日、福島高校
に招かれ、東京電力福島第一原発事故後の福島について生徒たちと意見交換し
た。放射線の影響を2人が語り合った共著「知ろうとすること。」を下敷きに、
率直な思いをぶつけあった。
 「まとまらない僕らの思い。」と題した意見交換会は、この本に同高の生徒が
登場したことがきっかけで生徒会有志が企画した。同校と、交流がある安積高校
の生徒約50人が参加した。・・・・・・・・」

22.「福島の笑顔届け 地元戻った女性、動画で魅力発信」東京新聞2015年1
月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2015011902000218.html
「・・・福島第一原発事故で被災した福島県の魅力を、インターネットを使い動
画で発信する取り組みが始まっている。福島市の「ソーシャルメディア研究所」
の代表取締役、熊坂仁美さん(54)は「福島のリアルな姿を伝えたい」と、
人々の笑顔や印象的な風景を切り取り、世界に紹介している。・・・・「動画で
取り上げることが、福島の人にとってもふるさとの良さの再発見につながればい
い」。福島の魅力が詰まった動画は、愛する地元へのメッセージでもある。」

23.「福島にアニメスタジオ エヴァ制作会社「世界に発信」」朝日デジタル
2015年1月19日20時53分
http://www.asahi.com/articles/ASH1M51K6H1MUGTB00F.html
「アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の制作で知られるガイナックス社(東京都
三鷹市)の子会社「福島ガイナックス」と、福島県三春町の企業立地協定の調印
式が19日、郡山市であった。4月に制作スタジオとミュージアムを町内に開設
する。・・・・併設するミュージアムではスタジオ見学を通じてアニメの制作工
程を学べる。アニメの企画展や、声優を招いてのイベントなどを開き、年間3万
人に来場してもらうことを目指すという。(以下、有料設定)」

24.「相馬・観光イチゴ園オープン」河北新報2015年01月19日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150119_65003.html
「相馬市の和田観光苺(いちご)組合の観光イチゴ狩りが18日、始まった。5
月末までの期間中、昨季を上回る2万人の来客を目指している。初日は、地元の
保育園児らが招待され、東日本大震災後に導入された大型の水耕ハウスで「さち
のか」を味わった。ハウスの中は春のような暖かさで、子どもたちは大きく熟し
た実を見つけては次々と頬張った。来園者は、震災翌年の2012年に約
6400人と震災前の5分の1に落ち込んだが、昨年は約1万6500人にまで
回復。・・・」

25.「福島のジューシーな干し柿 東京・千代田のJAビルで販売」朝日デジ
タル2015年1月19日14時18分
http://www.asahi.com/articles/ASH1F32WDH1FUTIL006.html
「JA全農福島は20日午前11時~午後2時、東京都千代田区のJAビル4階
の農業・農村ギャラリーで、特産の干し柿「あんぽ柿」の販売会を開く。・・・
福島第一原発事故の影響で生産と出荷を自粛していたが、2013年に再開され
た。ホウレンソウやリンゴなど福島産農産物も販売する。・・・」
・・・こうした記事が増加しています。

26.「(福島県)19日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月20日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

27.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月19日17:25
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150119/1844759
▼空間放射線量率(19日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

28.「(栃木県)<最終処分場建設>栃木・塩谷町長が候補地再計測同意を撤
回」毎日新聞?1月19日(月)21時18分配信
全文「栃木県塩谷町の見形和久町長は19日、東京電力福島第1原発事故で生じ
た放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設問題について、環境省に対し
「国による候補地面積の再計測に同意する発言をしたが、撤回したい」との意向
を伝えた。小里泰弘副環境相が16日に同町を訪れた際に町の立ち会いの上での
候補地面積の再計測を提案し、見形町長が了承していたが、町議や町民から「な
し崩し的に詳細調査に突入しかねない」などという強い反対の声が寄せられたと
いう。」

29.「(栃木県)茂木の三セク「もてぎプラザ」、シイタケ生産を本格化 特
産品の安定供給狙う」下野新聞1月18日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20150118/1842692
「【茂木】道の駅もてぎを運営する第三セクター「もてぎプラザ」は、菌床シイ
タケの生産施設を林の工業団地「もてぎコンストラクターズ村」に整備し17日、
本格的な収穫作業を開始した。東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の影
響で町内産の原木シイタケの出荷停止が続く中、特産品の一つであるシイタケの
安定供給と雇用拡大を図るのが狙い。町は出荷再開を目指す原木シイタケの栽培
農家を支援しつつ、菌床栽培に取り組むことで町内のシイタケ生産の多角化を進
める。・・・・事業は当面、1次培養された菌床を購入し45日ほど培養した後、
栽培棟に移し約1週間で収穫。茂木に新設したパックセンターで箱詰めして出荷
する。」

29’.「栃木県産シイタケ 安全アピール 2月に4年ぶり品評会 都内や県庁
で即売も」下野新聞1月19日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150119/1844732
「東京電力福島第1原発事故の放射性物質の影響による出荷制限や風評被害の影
響で、2010年度の開催を最後に休止していた「県産きのこ展示品評会」が2
月に4年ぶりに再開されることが、18日分かった。・・・・原発事故に伴い県内
産原木生シイタケは現在、露地栽培が21市町、施設栽培が9市町で出荷が制限さ
れている。厳しい環境の中、県は放射性物質に汚染されていない西日本などの原
木に入れ替えたり、独自の生産工程管理基準を作ったりするなどして、生産者を
支援してきた。その結果、13年秋以降に生産工程を管理して国の基準(放射性セ
シウムが1キログラム当たり100ベクレル以下)をクリアした個別農家ごとに
制限解除が続く。これまで露地・施設栽培を合わせ、7市町計20農家(出荷自
粛要請の那珂川町3農家含む)が出荷できるようになった。・・・・」

29”.「(京都)シイタケの原木栽培見学 京都・宇治田原、住民ら生で試食
も」京都新聞?1月19日(月)10時47分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20150119000035
「シイタケ栽培農家を訪ねる催し「とっておきの椎茸(しいたけ)」が18日、
京都府宇治田原町禅定寺で開かれ、参加者が原木から育てるシイタケの栽培現場
を見学した。魅力的な地域資源の発掘と再評価に取り組む京都文教大発のグルー
プ「グリーンマップ宇治」が企画した。・・・中辻さんは原木に衝撃などの刺激
を与えてシイタケを発生させる方法を紹介し、震災と原発事故の影響で産地の東
北から原木の調達が難しくなっていることも説明。・・・」
・・・・シイタケのことでも種々様々です。原発事故は今でも広範囲に影響し続
けています。

30.「(京都)市民力、震災が原点」朝日デジタル2015年1月18日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH1K5J3RH1KPLZB00Q.html
「ボランティア元年」といわれた阪神・淡路大震災では、京都からも多くの人が
被災地支援に向かった。当時の大学生たちはNPOを育み、震災後にできた地域
密着型のラジオ局は次の災害に目を光らせている。
■「支援になった?」 自問の日々 立命館大(北区)で17日、市民向けの公
開講座が開かれた。テーマは「行政は被害にどう向き合うのか」。震災からの復
興を担った兵庫県の元幹部と、東日本大震災による原発事故に対応している福島
県の広報課長が語り合った。・・・(以下、有料瀬設定)」

31.「【群馬】福島に希望の光 全基廃炉でともす いわきの医療生協理事長
語る 高崎」東京新聞2015年1月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150119/CK2015011902000149.html
「東京電力福島第一原発事故から三年十カ月。現状にあらためて思いをはせ、事
故の風化を食い止めようと、講演会「福島は今」が十八日、高崎市総合福祉セン
ターで開かれた。有志でつくる「放射能から子どもを守ろう!高崎の会」が主催
し、約八十人が参加した。講師は、福島県いわき市で病院や高齢者施設を運営す
る浜通り医療生活協同組合の伊東達也理事長(73)。・・・・伊東さんは「過
酷な避難生活で人生を根本から狂わされ、心身不調を訴える人は多い」と報
告。・・・・十七日で発生から二十年となった阪神大震災にも触れ、「阪神大震
災では五年間ほど震災関連死があったといわれるが、避難生活が長引く福島の場
合、五年で収まらないのではないか」と懸念を示した。・・・・」

32.「(埼玉)福島の猫にも新たな家を 上尾のシェルター活動」朝日デジタ
ル2015年1月20日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH173W77H17UTNB003.html
「捨て猫などとして殺処分されそうになった猫を一時的に引き取っている上尾市
のシェルターが、東京電力福島第一原発の周辺地域で保護された猫の新しい飼い
主探しに取り組んでいる。原発事故からまもなく4年。シェルターを訪れる人が
寄せる福島の猫への関心が薄れつつあり、運営団体は「1匹でも多くの猫に新し
い家を」と懸命の呼びかけを続けている。猫が暮らすシェルターは上尾市小敷谷
の一般社団法人「アニマルエイド」が運営する「保護猫カフェ」。現在ここにい
る約60匹のうち、20匹ほどが原発事故で住民が避難した地域から引き取られ
てきた。・・・」

33.(宮城県仙台市で)「3月の防災世界会議=原発事故も議論-国連特別代
表」時事通信2015/01/19-17:32
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011900662
「来日中のワルストロム国連事務総長特別代表(防災担当)は19日、日本記者
クラブで記者会見し、3月に仙台市で開催する第3回国連防災世界会議につい
て、東京電力福島第1原発事故も議論の対象になるとの考えを示した。・・・・」

電力、
34.「東京ガス、千葉で風力の電気購入=年2600万キロワット時分」時事
通信2015/01/19-16:44
全文「 東京ガスは19日、風力発電事業を手掛けるくろしお風力発電(茨城県
日立市)と、電力の購入契約を結んだと発表した。千葉県銚子市の2発電所が対
象で、年2600万キロワット時の電力を調達する予定。再生可能エネルギーの
電源を確保することで、電力事業の強化につなげる。」

35.「日立と東電、業務システムを提供 新規電力事業者に」西日本電子版
2015年01月19日 17時43分 更新
http://qbiz.jp/article/54033/1/
「日立製作所と東京電力などは19日、新規参入の電力事業者向けの業務管理シ
ステムを提供することで基本合意したと発表した。ネットワークを通じて情報を
処理するクラウド技術を活用し、電力料金の計算や発電量の管理に掛かる費用を
抑えることができる。2016年の電力小売りの全面自由化を控え、増加が見込
まれる新規参入事業者に採用を働き掛ける。火力発電から排出されるばい煙量の
監視もできる。人事労務や経理などの経営管理システムも提供する。東電が持つ
電気事業の経験を反映させる。日立グループの情報保全の技術も利用する。日立
と東電などが出資する日立システムズパワーサービス(東京)が今年3月のサー
ビス開始を目指す・・・・」

海外、
36.「韓日局長級協議 進展に向け努力継続で一致」聯合ニュース?1月19日
(月)22時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000067-yonh-kr
「【東京聯合ニュース】韓日両政府は19日、旧日本軍の慰安婦問題などを話し合
う6回目の局長級協議を東京の外務省で開催した。国交正常化50周年の今年に
入ってから初めての協議で、両国は積極的に意見を交換したもようだ。韓国から
外交部の李相徳(イ・サンドク)東北アジア局長、日本から外務省の伊原純一ア
ジア大洋州局長が出席した。・・・・・日本側は東京電力福島第1原発事故を受
け韓国が実施している福島など8県の水産物の輸入禁止措置や、朴大統領の名誉
を毀損(きそん)したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長
の出国禁止措置などについて取り上げたもようだ。」

37.「韓国・原発建物で墜落事故…作業員4名負傷」WoW!Korea?1月19日(月)20
時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000066-wow-kr
「19日午後2時10分頃、韓国・釜山(プサン)市にある古里(コリ)原子力本部
の新古里原発1号機の補助建物で整備作業をしていた協力会社の61歳と46歳の社
員が、2m下の床に落ちた。この事故で二人は足首や肋骨が折れる重傷を負い、近
隣の病院に搬送されて治療を受けている。また同時に鎖が落ちて、建物の横に
立っていた31歳と48歳の作業員の頭(ヘルメット着用)などにあたり、全治2~3
週間のけがをした。・・・・」

参考記事、
38.「社説:高浜原発の延命 集中立地も懸念材料だ」毎日新聞 2015年01月
19日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150119ddm005070020000c.html
「関西電力が運転開始から約40年がたつ高浜原発1、2号機(福井県)の延命
措置を進めている。しかし、原発の安全性確保の観点からも、脱原発依存を進め
る上でも、老朽原発の運転継続は問題がある。高浜原発では、原子力規制委員会
による安全審査が山を越えた3、4号機とあわせ、複数の原子炉が1カ所に建ち
並び稼働する「集中立地」のリスクも大きな懸念材料となる。・・・・
規制委の田中俊一委員長は「集中立地をどう見るかは検討材料で、新しい炉を造
る時には十分に考慮されるべきかもしれない」と述べているが、具体的な議論は
ない。政府は原発依存度をできる限り低減する方針を掲げる。ならば、老朽原発
の退場を促すとともに、集中立地のリスクを低減する施策を打ち出すことこそが
求められる。」

39.「(本の紹介記事)『非除染地帯―ルポ3・11後の森と川と海』 平田
剛士著」読売新聞2015年01月19日08時02分
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20150113-OYT8T50119.html
「福島第一原発の爆発事故がもたらした放射能汚染のうち、除染対象から外れて
いる山・川・海は非除染地帯となっている。著者はこの自然空間の動植物の異変
を「生態学の目」でしっかりと見なければならないと我々に訴える。放射能汚染
の加害者たる人間が放射能による生態系被害を知らないでいるなんて、許されて
はならないからだ。本書は、その思いを胸に抱えて非除染地帯でさまざまな動植
物を調べている現場をめぐり、ルポとしたものだ。どうやらイノシシ、シカ、魚
など様々な動植物のモニタリングが行われている。が、その多くは食用であり出
荷判断に必要な検査に過ぎない。非食用はノネズミぐらいだ。他方、昆虫分類学
者の調査研究により「放射能汚染でアブラムシの生存力が向上した」という
ことが解明されたが、このような解明に繋(つな)がっているのは極(ごく)一
部であり、多くは見落とされているという。
非除染地帯では人と動植物との関係が途切れている。そこは動植物の楽園なの
か?いや、本格的に生態系を調べる前にそう考えるのは拙速だ。これは動植物の
叫びでもある。(緑風出版 1800円)」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
33面九州経済面に、5’.の記事、

3面下方に、次のような記事があり、紙面の文には原発の文字も見えますが、
40.「内閣官房の4部局廃止へ 月内にもスリム化決定」西日本新聞2015年01
月19日 19時32分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/140261
「・・・内閣官房で廃止するのは、ほかに・・原子力規制組織等改革推進室・・・」

今朝は以上です。(1.20.4:28)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ いのうえしんぢ さんから:
「やだね戦争!反安倍政権アクション」のおしらせをします。
(急な告知でスイマセン…)

年が明けても安倍政権が続いて、このアクションも続くのかと思
うと、ウンザリ気分甚だしいですが…向こうは粛々と戦争や弾圧
のスピードをあげています。これに立ち向かう姿勢は必要です。

とは言いつつ、この街頭アクションは、良い意味でスタイルが
定着してきましたが、表現スタイルを追求したい僕としては、
また新しい展開を考えたいなぁとも妄想していますが…
まだまだ、このアクションにもおつきあいください!

/////////////////////////////////////////////////////////

!!転送歓迎!転送歓迎!転送歓迎!転送歓迎!転送歓迎!!
/////////////////////////////////////////////////////////


┏┳┳┳┓  やだね戦争!反安倍政権アクシ?Vol.15
┃┃┃┣┻┓   2015年1/21(水)18:00~19:30くらい迄
┣┻┻┻┓┃   @天神コア前(福岡市中央区天神)
┗┓  ┏┛ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ┃  ┃  反安倍政権アクション(福岡)いのうえしんぢ

1.フラッシュモブ(安倍首相オメーン隊闊歩)
2.プラカード掲示
3.マイクアピール(スピーチ、コント、朗読など)
4.ハガキアクションなど
5.シール投票

※「やだね戦争!反安倍政権アクション」は毎月第3水曜の夕方
18時に変更して、場所は変わらず天神コア前でやっています。
-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

緊急オンラインアクション

2015.01.19(20:45) 2263


アムネスティは、現在、サウジアラビアの緊急オンラインアクショ
ンを2本公開しています。今、あなたの力が必要です。あなたの声
を、サウジアラビアで苦しむ人たちに届けてください!


□■□ 緊急オンラインアクション(1)━━━━━━━━━━━

▽ サウジアラビア:車の運転で逮捕された女性を救え!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/saudi_2014.html

■ アクション期間・目標:12月22日~1月22日/2000名(現在360名)

車を運転したという理由で、サウジアラビアの女性2人が逮捕され
ました。拘束されたルージャイ・アル=ハスルールさんとメイサ・
アル =アムーディさんは、ともに女性の運転する権利を求めていた
活動家です。彼女たちの逮捕は不当であり、決して許されません。

サウジアラビアの法務大臣に、ルージャイさんとメイサさんを直ち
に釈放するよう、今すぐ要請してください。

▽ サウジアラビア:車の運転で逮捕された女性を救え!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/saudi_2014.html


□■□ 緊急オンラインアクション(2)━━━━━━━━━━━

▽ サウジアラビア:ブロガーのむち打ち刑をやめさせよう!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/saudi_2015.html

■ アクション期間・目標:1月15日~2月19日/1000名(現在112名)

ライフ・バダウィさんは、運営していたサイトの内容がイスラム教
を侮辱するものだとして2012年に逮捕され、むち打ち1,000回の刑を
言い渡されました。今年1月8日、ついに刑が一部執行されてしまい
ました。これからも、残りの回数が執行されるまで、バダウィさん
のむち打ちは続きます。

今すぐ、サウジアラビア国王に対し、むち打ち刑をやめるよう求め
てください!

▽ サウジアラビア:ブロガーのむち打ち刑をやめさせよう!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/saudi_2015.html


□■□ このアクションを、SNSで広めてください! ━━━━━

★Facebookで「シェア」しよう!
https://www.facebook.com/amnesty.japan

★Twitterで「リツイート」しよう!
https://twitter.com/amnesty_or_jp

※すでにこのアクションにご参加いただいた方にも、メールをお送
りしています。Facebook、Twitterで情報拡散にご協力ください。


■アムネスティとは?━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

アムネスティ・インターナショナルは、1961年に発足した世界最大
の国際人権NGOです。人権侵害に苦しむ人びとの存在を知り、「自
分も何かできたら」と願い、300万人以上の世界中の人びと、一人
ひとりによって成り立っています。ハガキ書きをはじめとする、市
民の自発的な活動による人権状況改善への取り組みが認められ、
1977年にはノーベル平和賞を受賞しました。

【2015.1.19配信 配信元】----------------------------------

公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル 7F

TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778
E-mail: action@amnesty.or.jp
WEBサイト http://www.amnesty.or.jp/
Facebook  http://www.facebook.com/amnesty.japan
Twitter  https://twitter.com/amnesty_or_jp

※人権侵害の被害者に寄り添うため、不偏不党の立場をとっていま
す。そのため、政府からの助成は一切受けていません。

▽ご寄付にご協力ください。
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/donation/



修の呟き


タイトル画像

「キリスト者・九条の会」北九州“九条守りたい”定例会のご案内です

2015.01.19(20:42) 2262

みなさま



「キリスト者・九条の会」北九州“九条守りたい”定例会のご案内です。



戦争体験者の方のお話は、体験していない世代の私たちがしっかりと聴き、それを次の世代へ伝えていかなければならないと思います。

どなたでも参加できますので、どうぞお時間のある方はお誘い合わせの上ご参加ください。



川辺



1月定例会のご案内



*太平洋戦争が終わって、今年で70年。

あの苛酷だった戦争の記憶も今では薄れて、この国は再び戦争への道を

歩もうとしています。

 ふり返れば、戦時下、子どもたちも戦争に巻き込まれ、勉強よりも

戦争に協力すべく、いろんな任務が課せられたのでした。

幼いながらも、国のために、けなげに頑張った子どもたちの体験を通して、

今こそ、戦争とはどういうものかを、あらためて考えてみたいと思います。



日 時 : 1月24日(土)14時~16時     参加費 300円

場 所 : 西南KCC 2F(小倉北区大田町14-31 大韓小倉教会隣 )



テーマ : 戦争とわたし

講 師 : 秋吉正子さん(カトリック黒崎教会信徒)








修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1370日目報告☆

2015.01.19(20:40) 2261

青柳行信です。1月19日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1370日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月18日3696名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
18日は 福岡核問題研究会の講座に参加しました。
世界一安全だ とは とても言えないこと。
低レベル放射能でも 鼻血が出たり、甲状腺がんが発症することがわかっています。
原発の基本設計が 安全を満足していません。 等々よく判りました。
あんくるトム工房
川内原発の是非を問う  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3325

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆「国民の切実な要求に奉仕する」民主再生の鍵はこれなるに
      (左門 ’15・1・19-906)
※民主党代表選のどの候補からも、この政治の大原則の言葉は
聞こえなかった。あの中国が「人民服務(奉仕」)で政権交代に成
功したが、その後、毛帝王に奉仕させれらるようになって「社会主
義革命」は壮大な失敗に終わって、今や米国を凌ぐ資本主義国に
転落してしまった。一方、上杉鷹山は藩主として、二宮尊徳は農民
として「民衆の切実な要求」に即応して政経をしたので封建社会の
中でも成功したのであった。今の宰相は1・17の日に、「二十年過
ぎれば首相はよその国」(朝日川柳・本日、鈴木貞次)で「財界と米
国の切実な要求(経済・軍事)」の周旋屋として奔走中。大慨嘆!

★ 弁護士 後藤富和 さんから:
通販生活2015春号
「原発が1基も動いていない2015年のお正月」
「原発が動けば、シャッター通りが明るい通りに戻るんですか」
「原発が動けば海外から工場が戻ってくるんですか」
「温泉の噴気を借りて発電。大分県別府市バイナリー発電」
「原発ゼロで迎える2度目の冬も電力の供給に問題なし」
「『再生可能エネルギー固定価格買取制度』、本当の話」

中村哲氏(医師、ペシャワール会現地代表)
「戦争の実態をしらない指導者たちが勇ましく吠え、戦の準備をする日本。
危機が身近に。祖国が遠くになってきた。」(通販生活2015春号)

★ マシオン恵美香(ベクレルフリー北海道代表) さんから:
昨年11月3日にNUMOが釧路で開催したシンポジウムについてHPに記載さ
れている報告
TRU廃棄物、乾式貯蔵、深地層処分について釧路市民が疑念を抱いています。
http://www.numo-caravan.com/pdf/kushiro.pdf
NUMO 釧路シンポジウム報告

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1224日テント日誌1月16日(金)商業用原発停止
486日

緊急だったが多くの人が集まった福島告訴団の集会

朝10時頃テントに着くと泊まりあけの Aさんが一人留守番をしていた。
少ししてHさんがやってきたので2月7日のチラシを持って参議院議員会館に行き
福島原発告訴団の緊急集会「これでも起訴はできないのか!」に参加した。講演
は、岩波新書『原発
と大津波 警告を葬った人々』の著者でもあるサイエンスライター添田孝史さん。

東電が、大津 波の予測をしていながら、電事連や保安院官僚とともにいかにそ
れを葬ってきたか解説をして下さった。
告訴団では1月13日に新たな告訴をしたが当然だと思えた。
集会の後地検前での抗議行動、河合弁護士の力強いスピーチや避難生活を続ける
方達からの報告などがあった。
今日はコートを着ていると汗ばむほどの陽気で助かった。
緊急にも関わらず300人もの人が集まったので良かったです。

告訴団の集会の様子の映像は以下です。
https://www.youtube.com/watch?v=2OxLETzinrU

その後テントに戻るとアメリカサンフランシスコから放射能の映画をつくってい
る人たちが来てインタビューして行った。
日本の市民運動の事を知りたいと言うので、金曜行動のことや明日の「女たちの
平和」の行動のことなど教えてあげたけれど、行ったかな?
私たちに綺麗な地球を守るために運動してくれてありがとうと言ってくれたのが
嬉しかった。
そして下のブログにあるボトルカバーをプレゼントしてくれた。
http://radiationfilters.info/blog/
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

4時過ぎボツボツ人が集まってきたのでいつものようにテーブルを出して受付を
する。官邸前に行く前に寄ってカンパをして下さる方がいて感謝です。
7時過ぎに雨がぱらぱら落ちてきたので急いで片付けてテントを後にした。(I・K)

テント日誌1月17日(土)
経産省前テントひろば1125日商業用原発停止482日

7000人も集まった「女の平和」集会

今日はとても寒かった。
10時過ぎテントに着いたら強風でテントはバタバタと揺れていてちょっと怖いく
らい。
テント脇の幟を倒してUさんと座り込んだ。
少ししてたんぽぽ舎のOさんがいつもより早めに来てくれ助かった。
12時少し前「女の平和」で2月7日のチラシまきをする人たちが集まり出掛けて
いった。

私は昼食をとり13時少し前に国会前に向かう。
着いたらもう赤い人たちでいっぱい!少しだけチラシを配って列に加わった。
元中央大学の教授“横湯園子”さんの開会の挨拶で始まり著名な20人の女性たちが
スピーチをし、戦争反対の思い!安倍にNO!をみんなで叫んだ。

時折空が曇り、風が冷たくとても寒かったので私は耐え切れずに2回目のヒュー
マンチェーンのあとテントに戻った。
後で聞くと7000人の人が集まったそうです。
テントの仲間も大勢参加した。
スピーカーの配置が良かったのかテントまで司会の声が届いてきた。

集会が終わってテントに来てくれる人がいるだろうか?と迷っていると
財務省の前をぞろぞろと降りてくる人たちが見えたのであわててテーブルを出
し、カンパの缶やチラシを用意した。
一番に訪れた人の「此処で熱い飲み物でも出るともっと良いのだけれど」との言
葉に促されて急遽紅茶とお茶を用意した。
何しろ予想外のことなのでてんやわんやだった。
時々テントに来てくださる女性の助けを借りて何とかサービス出来てよかった。
少しして第2テントでもテーブルを出しお茶やお菓子を振舞っていた。

皆さん喜んで下さり暫し会話も弾んだ様子。
そして多くの方がカンパを入れて下さり感謝です。
4時少し過ぎには人の波も消えたので私は帰途に着く。(I・K)

三輪さんが撮影した「女の平和」の様子です。
https://www.youtube.com/watch?v=xKDKkz8OvmU

テントでは「お話と座談の会」(トーク)の予定
1月22日(木)午後6時30分~上原公子さんのお話と座談1月29日(木)午後6時30
分~渡辺一技さんのお話と座談2月4日(水)午後2時から 最首悟さんのお話と
座談2月13日
(金)午後7時30分~小熊英二さんのお話と座談連絡 テント
(070-6473-1947)か三上(090-3908-7330)へ

1月首相官邸前抗議行動(18時30分~20時1月16日・23日・30日
1月24日(土)「全国金曜行動・交流会議」薩摩川内市内御陵下公園運動場会館
   (14時~19時)
1月25日(日)「全国金曜行動・川内原発ゲート前大抗議行動」(ゲート前)
  午前9時―11時、ゲート前にて
1月25日(日)ストップ川内原発再稼働全国集会(天文館公園・鹿児島)
  13時~14時 デモ14時30分~16時 主催:鹿児島行動実行委員会


1月24日(土)川内・高浜原発を再稼働させない!東京集会(18時~19時30)
 豊島公会堂 終了後池袋駅周辺デモ 主催:さよなら原発1000万人署名
1月25日(日)「辺野古に基地を作らせない!国会包囲行動」14時~15時 場
所:国会周辺:主催:1・25国会包囲ヒューマンチェーン」実行委員会

2、7集会 テント撤去原発再稼働を許すな!
18時30分~20時30分 日本教育会館3F第一会議室
主催:経産省前テントひろば、テントひろば応援団
<青柳コメント:福岡から私も★原発とめよう!九電本店前ひろば★として、参加し
ます。>

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2015年1月19日 第448号
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■高木学校 第18回市民講座
「~原発事故~ 放射線が免疫系におよぼす影響」
日時:2015年02月07日(土) 10時30分から17時30分
場所:新宿区環境学習情報センター
事前申し込み要、資料代 1,000円
http://takasas.main.jp/event_150207.php

-------------------------------------------------
 誰も書けなかった福島原発事故の健康被害
 (月刊宝島 連載)
-------------------------------------------------

「原発健康被害」の揉み消しに加担する「朝日新聞」の“非科学”記事 第4回 後編】
(宝島 1月17日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150117-00010000-takaraj-soci

福島で赤ちゃんを産み育てるのは安全?「朝日新聞」の“非科学”記事【第4回 前編】
(宝島 1月16日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150116-00010000-takaraj-soci

【告発スクープ】 “WHO「福島県でガン多発」報告書” 国と記者クラブが無
視! 【第3回 後編】
(宝島 2014年12月15日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141215-00010000-takaraj-soci

【告発スクープ】 “WHO「福島県でガン多発」報告書” 国と記者クラブが無
視! 【第3回 前編】
(宝島 2014年12月14日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141214-00010000-takaraj-soci

福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか?【第2回】
(宝島 2014年9月26日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140926-00010000-takaraj-soci

福島県で急増する「死の病」の正体を追う!
カテゴリ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】
(宝島 2014年8月25日)
http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1921954.html

★ 野村修身 さんから:
東京電力株主代表訴訟口頭弁論(第15回)のお知らせです。福嶋原子力発電所
の大事故に対する経営者の責任を明確にし、ひいては、原子力に依存しない社会
を実現するために重
要な裁判です。
福嶋原発事故告訴団による検察審査会への申し立てにより、東電元役員の4人が
刑事責任を追及される見通しが立ちました。この状況におきまして、当訴訟で追
求している、事故責
任を明確にすることが、ますます重要となりました。
この裁判の傍聴などに、皆様の積極的なご協力をお願いします。

<お知らせ>

東京電力株主代表訴訟第13回口頭弁論
日時:2015年1月29日(木)午前10時30分より
場所:東京地方裁判所103号法廷
交通:東京メトロ丸ノ内線/日比谷線/千代田線・霞が関駅より徒歩1分
連絡先:木村結 (090-6183-3061)

裁判終了後12時30分より、裁判報告会に続いて、当裁判の主要弁護士・河合
弘之が監督した映画の上映会を行います。こちらにも参加ください。

場所: 参議院議員会館101室
資料代:800円
映画『日本と原発』監督:河合弘之/ 構成:海渡雄一/ 制作協力:木村結
なお、次回1 6回口頭弁論は3月19日午前10時30分より、東京地方裁判所
103号法廷で行います。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。

今朝配達された西日本新聞朝刊紙面では、29面福岡都市圏ワイド面に、次のよう
な記事がありました。

1.「専門家「福岡市でシンポ 川内原発再稼働の是非 安全対策は不十分」」
西日本電子版2015年01月19日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53986/1/
全文「川内原発再稼働の是非を問う」と題したシンポジウムが18日、福岡市・
天神であった。九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)が新規制基準を満た
し、安全性が確保されていると判断した原子力規制委員会の審査の問題点を専門
家が指摘した。
脱原発を求める学者や市民などによる任意団体「福岡核問題研究会」の主催で、
約70人が参加した。元燃焼炉設計技術者の中西正之さん(71)=水巻町=
は、メルトダウン(炉心溶融)に至るような過酷事故対策の課題を説明。溶融し
た核燃料が原子炉も突き抜けるような場合に備え、「炉の下で溶融物を受け止め
る『コア・キャッチャー』と呼ばれる世界の原発で採用されている設備を導入す
べきだ」として再稼働に反対した。
原子核物理学が専門で九州工業大の岡本良治名誉教授(66)も「原子炉を覆う
格納容器が二重になっていないなど、十分な安全対策がなされていない。規制委
は厳しい事故を想定はしているが、それへの対策評価は楽観的過ぎる」などと強
く批判した。
シンポジウムには元新潟県柏崎市議の北岡逸人さん(47)=福岡市西区=も参
加。規制委が許可した同原発の原子炉設置変更の取り消しを求めて昨年11月に
異議を申し立てた経緯などを説明した。今月21日、都内で関連の意見陳述会
(非公開)が予定されており「あらゆる手段を使って、審査の問題点を訴えてい
きたい」と話した。」

今朝は、ネット上の検索はしていませんが、新聞社からの配信メールに次のよう
な記事を見かけましたで紹介しておきます。

2.「<本社世論調査>「村山談話継承を」50%」毎日新聞?1月18日(日)21時
21分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150119k0000m010080000c.html
「毎日新聞は17、18両日に全国世論調査を実施した。過去の植民地支配と侵
略を反省し謝罪した村山富市首相談話(1995年)の立場を引き継ぐとする安
倍晋三首相の姿勢について尋ねたところ、「引き継ぐべきだ」と答えた人が
50%に上り、「引き継がなくてよい」の34%を上回った。首相が今年発表す
る戦後70年の談話でも、村山談話や小泉純一郎首相談話(2005年)の方向
性を踏襲するよう求める声が強いことがうかがえる。・・・・安倍内閣の支持率
は昨年12月の前回調査から1ポイント増の44%。不支持率は2ポイント増の
36%だった。安倍政権の当面の重要課題に対安倍首相は、昨年7月の閣議決定
に基づく安全保障関連法案を通常国会に提出する方針。集団的自衛権の行使容認に
は「反対」が50%に上り、「賛成」は37%。
また、今春にも実施される九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に
は「反対」が54%で、「賛成」は36%。・・・」
・・・世論は、再稼働に反対です!!

3.「「憲法破壊 絶対反対」怒りの赤で女性ら国会包囲 県内からも参加」埼
玉新聞?1月18日(日)17時37分配信?
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/01/18/04.html
全文「「戦争反対」「憲法破壊 絶対反対」。集団的自衛権や特定秘密保護法に
反対する女性たちが17日、怒りを示す赤い服などを着て「人間の鎖」をつくり、
国会を包囲した。約7千人(主催者発表)の参加者は「命を守ろう」などのシュ
プレヒコールに合わせ、つないだ手を振り上げた。
県内からも、成年後見制度利用者として2013年7月に選挙権を回復した神川町の
浅見寛子さん(59)と姉の豊子さん(66)の姉妹が参加。さいたま市緑区の講談
師神田香織さんも加わり、「戦争反対」などと声を張り上げた。
発言のため登壇した浅見寛子さんは赤いマフラー姿。隣でマイクを握った豊子さ
んは「選挙権を回復した妹は昨年12月14日も、めでたく衆院選の投票を済ませ、
わが家に幸せが戻った。弱い立場の人も幸せに暮らせる平和がいつまでも続いて
ほしいと願い、妹と一緒に参加しました」と強調。マイクを向けられた寛子さん
が「戦争は嫌です」と発言すると、周囲は大きな拍手に包まれた。
広島の原爆投下直後の悲惨な現実を表現した漫画「はだしのゲン」。神田さん
は、原作者の故中沢啓治さんの戦争に対する強い怒りを、「はだしのゲン」の講
談で表現し続けている。福島県出身の神田さんは赤い着物姿でマイクを握り、
「政府は原発事故はもう収束したという流れだが、全然終わっていない」と声を
張り上げ、「原発再稼働は福島県民の傷口に塩を塗る行為だ」と、安倍政権の方
針を批判した。」

今朝は、以上です。(1.19.5:31)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
特定の立場によらない「慰安婦」議論とは何か
熊谷奈緒子『慰安婦問題』(ちくま新書、2014年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_18.html

★ 内富一 さんから:
沖縄タイムス・社説[ 検証 基地統合の歴史 ]構造的差別に終止符を
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98951

2015年1月17日 05:30

 米軍基地の再編統合の歴史をひもとくと、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画
がいかに無理で無茶な差別的計画であるかがよくわかる。

 米軍基地の大がかりな再編統合計画(本土を含む)は、旧安保条約が発効して
以降、これまでに3回作成され、実施された。1回目が50年代後半、2回目が
70年前後、3回目
が米軍再編計画の下で進められている現在の基地統合である。

 岸信介首相とアイゼンハワー米大統領は1957年6月、すべての地上戦闘部
隊を58年までに日本本土から撤退させる、との共同声明を発表。この合意に基
づいて陸軍第1騎兵
師団は日本から撤退、海兵隊第3海兵師団第9連隊も米軍政下の沖縄に移駐した。

 旧安保の不平等性に対する不満が保革を超えて高まっていたこと、内灘事件、
砂川事件、ジラード事件など米軍基地をめぐる住民との衝突が相次いだこと、な
どが理由である。在
日米軍は施設件数、土地面積、兵力とも激減した。 そのしわ寄せを受けたのは
沖縄である。本土からの地上部隊を受け入れるため沖縄では、土地の新規接収が
強行され、沖縄の米
軍基地は急速に拡大した。

 軍事上の理由というよりも「(日本政府は)米軍基地を国内に置くことから生
じうる政治問題を避けることができるという理由から、沖縄の米軍基地を歓迎」
したのである(61
年10月、米ケイセン調査団報告)。

 70年前後の2回目の再編統合計画の中でも、沖縄の負担と犠牲は解消されな
かった。

    ■    ■

 首都圏に米軍基地が集中するのはまずいとの判断から73年1月に合意したの
が「関東計画」である。関東平野にある米空軍基地を削減し、その大部分を横田
基地に統合するとい
う構想で、立川飛行場、キャンプ朝霞などが対象になった。

 横田基地に配備されていた戦闘機部隊は嘉手納基地に移駐し、横田は輸送・中
継・補給基地として生まれ変わった。またしても、本土から沖縄へ、の移駐である。

 米軍は復帰の際、那覇空港に配備されていた対潜哨戒機P3Cを山口県・岩国
基地に移駐する意向だったが、佐藤栄作首相の出身地だと日本側から横やりが入
り、結局、嘉手納基
地に移駐した。

 これもまた、「政治問題を避けることができる」という理由からの沖縄移駐と
いえる。

 この考え方は3回目の再編統合計画である現在の辺野古移設計画にも貫かれて
いる。

    ■    ■

 防衛相を務めた経験もある森本敏氏も、今から5年前、沖縄でのシンポジウム
で、海兵隊の配備先について「軍事的には日本国内であればよい。政治的にでき
ないから官僚が道を
ふさいでいるだけ」だと指摘していた。

 政府は一体いつまで、このような不公平・不公正・理不尽な政策を続けていく
つもりなのか。

 県民は名護市長選、県知事選、衆院選沖縄選挙区で明確に「ノー」の意思表示
をしたのである。辺野古移設計画の見直しこそが最善の道である。

沖縄タイムス・社説 [辺野古再開]敵意に包囲される基地
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98801

2015年1月16日 05:30

 恐れていた事態が現実化しつつあるように思えてならない。米軍普天間飛行場
移設に伴う名護市辺野古での新基地建設に向け、沖縄防衛局は本格的な海上作業
を再開した。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では15日未明、資材搬入を阻止する市民と
県警機動隊らが激しくもみあった。同日朝には、80代女性が機動隊から排除さ
れる際に頭を打ち病
院に搬送された。

 ゲート前を封じる県警機動隊や海上保安庁の巡視船がにらみを利かせる辺野古
の現場に立つと、11年前の政府対応との違いを痛感する。

 那覇防衛施設局(現沖縄防衛局)は2004年4月19日に辺野古沖のボーリ
ング調査を予定していた。ところが、反対住民らが辺野古漁港に結集したため着
手を断念。4月26
日には当時の小泉純一郎首相が国会で「できるだけ住民の気持ちを推し量りなが
ら、円滑な形で必要な事業は行っていかなければならない」と答弁した。これを
受け、施設局は結
局、同年9月まで調査を延期する。この間、施設局幹部が辺野古漁港を訪れ、座
り込みを続ける人々に調査への理解を繰り返し求めた。

 当時の県知事は調査にゴーサインを出し、名護市長も資材置き場としての港の
使用を許可していた。

 今はどうか。昨年の名護市長選、名護市議選そして県知事選、県議補選名護市
区、さらには12月の衆院選でいずれも「移設反対派」が完勝した。にもかかわ
らず、政府は「住民
の気持ちを推し量る」どころか、露骨なごり押しを図るようになった。

    ■    ■

 この事態をどう受け止めればいいのか。

 作家の辺見庸氏は12年5月の本紙インタビューで「事態はどのみちもっと剥
(む)きだされてくる。(中略)結局、他人事(たにんごと)で済まない対決か
闘争というのが、本
土にも沖縄にも出てこざるを得ないのではないか」と予見している。

 まさに今、政府は「沖縄の理解を得る」という建前もかなぐり捨て、政府の論
理をむき出しにしている。

 辺野古移設に反対する県民も当然ながら、民主主義という価値観を共有する国
民の一員だ。その民意を、むき出しの敵意と権力で封じるやり方は、民主主義国
家にもとる行為と言
わざるを得ない。

 このまま工事が進めばどうなるか。沖縄の民意も「むき出される」しかなくな
るのではないか。県民と政府の亀裂がさらに深まり、逮捕者やけが人が出るだけ
では済まない事態も
懸念される。

    ■    ■

 辺野古移設を強行する安倍政権は、全国世論の反発が高まらなければ問題な
い、と捉えていないか。その認識は甘い。新基地を造ってしまえば何とかなると
いう発想もやめたほう
がいい。地元の民意を踏みにじり、犠牲者を出して造る代替施設は住民の敵意に
囲まれることになる。沖縄に基地を造る以上、地元の同意や理解が不可欠だとい
う、歴代政権が示し
てきた道義から逸脱するのは賢明ではない。

 県内移設なき普天間閉鎖は県民の譲れない線だ。移設工事を中止し、翁長雄志
知事との対話を始めるべきだ。

<琉球新報・社説>辺野古作業再開 民主主義が問われている
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-237392-storytopic-11.html

2015年1月16日

 国は15日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う海底ボーリング
調査に向けた海上作業を再開した。

 昨年の名護市長選、同市議選、知事選、衆院選沖縄選挙区で示された「新基地
建設ノー」の民意を踏みにじったことに怒りを禁じ得ない。民主主義国家として
あるまじき行為であ
り、断じて認めることはできない。国は直ちに作業をやめるべきだ。

 国と県で考えが異なる場合、まず真っ先にやるべきことは話し合いである。知
事の度重なる面会要請に応じず、反対意見には一切聞く耳を持たない国が民主主
義国家といえるだろ
うか。

 安倍晋三首相や沖縄基地負担軽減担当相を兼務する菅義偉官房長は、そのこと
が分かっていないと言わざるを得ない。

 本来なら、県内にあらためて基地負担と危険性を押し付ける国の側から進んで
翁長雄志知事や稲嶺進名護市長との対話の場を設けるべきである。

 選挙結果を無視して新基地を建設したいというのなら、県民に説明する責任が
安倍首相らにはある。その自覚さえ感じられない。

 安倍首相と菅官房長官は「沖縄に寄り添う」「丁寧に説明する」と繰り返して
きた。自身の発言に責任を持たず、翁長知事との面会を拒否しても何ら恥じない
無神経ぶりは理解に
苦しむ。

 作業再開は翁長知事が辺野古移設に反対し、普天間飛行場の県外・国外移設を
求める考えを杉田和博官房副長官に直接伝えた翌日である。翁長知事に対する国
の答えは移設強行と
いうことだ。平和な暮らしを求める沖縄の民意への挑戦としか言いようがない。

 安倍首相は中国、韓国との関係改善に向けて「対話のドアは常に開いている」
と述べ、首脳会談開催を呼び掛けている。「対話のドアの中で待っているだけで
なく、積極的に出て
いき、首脳会談など政治レベルの交流が実現するよう努力を重ねたい」とも述べ
ている。

 中国、韓国とは行おうとする「対話」を沖縄とはしないというわけだ。一体ど
この国の首相か。

 選挙で示された民意を尊重し、それを政治に反映させるのが民主主義である。
そのことを無視する国は民主主義国家とはいえない。沖縄だけの問題ではない。
日本の民主主義が問
われていることを国民も自覚すべきである。

【京都新聞・社説】 辺野古調査再開  政府は沖縄と対話せよ
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20150117_3.html

 沖縄防衛局は米軍普天間飛行場の移設先とする名護市辺野古沿岸部で、海底
ボーリング調査の再開に向けた作業を始めた。近く調査に着手するとみられる。

 昨年の知事選とそれに続く衆院選の県内4小選挙区全てで、辺野古移設反対派
の候補が勝利した。沖縄県民の意思は明確であり、一方的な調査再開は「民意の
無視」と言わざるを
得ない。移設を強行すれば、混乱が広がるのは目に見えている。不測の事態を避
けるためにも政府は沖縄の声を謙虚に受け止め、翁長雄志知事らとの話し合いに
応じるべきだ。

 沖縄防衛局は昨年8月にボーリング調査を開始し、9月中旬までに12カ所の
調査を終えた。その後、台風の影響で中断。知事選や衆院選への影響も考慮し、
残る12カ所の調査
を先延ばししていた。調査再開は政府が強行姿勢を変えていないことをあらため
て示した。

 だが、安倍晋三首相は衆院選後の会見で「数におごり、謙虚さを忘れたら国民
の支持は一瞬にして失われる。緊張感をもって政権運営に当たる」と語り、沖縄
の選挙結果を「真摯
(しんし)に受け止めたい」と述べたはずである。その言葉は何だったのか。

 首相は辺野古移設が「唯一の解決策」と言い続けている。そうであるなら、根
拠をきちんと県民に説明し、対話を深めるべきだ。だが、安倍政権は問答無用の
態度を続け、自ら県
民との溝を深めている。このままでは問題の解決どころか、こじれる一方だ。

 知事が辺野古推進派の仲井真弘多氏から反対派の翁長氏に代わって以降、政
府・自民党の冷遇ぶりも目立つ。安倍首相や菅義偉官房長官は翁長知事といまだ
に会おうとせず、自民
は新年度の沖縄振興予算案を議論する党会合にさえ招かなかった。こんな対応で
は県民が怒るのも当然だろう。

 翁長知事は政府に対話に応じるよう求めている。安倍政権がなすべきことは、
埋め立て計画をいったん凍結し、民意をしっかり受け止めることだ。共同通信が
衆院選後に行った電
話世論調査では、辺野古移設について「計画をいったん停止」が35%、「白紙
に戻す」が29%、「計画通り」は27%で、全国的にも見直しを求める声が強い。

 全国の米軍専用施設の74%が国土面積の0・6%の沖縄に集中している現実
と、これを「差別」と受け止める県民の心に正面から向き合わない限り、問題の
解決は難しい。問わ
れているのは、日本の民主主義の質である。

[京都新聞 2015年01月17日掲載]

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

【修の呟き日記(2015.1.18)】

2015.01.18(15:46) 2260

EPSON292.jpg
EPSON293.jpg
【修の呟き日記(2015.1.18)】
 先週の仕事は順調に推移しました。ただ1月から特定疾患受給者証の内容が変更になり、病院側も当該患者さんも困惑されていて、病院や薬の支払いが混乱していました。
 先週の脱原発金曜日行動には仕事の都合で少し遅れて参加しました。約10人の参加で、にぎやかな行動になりました。
 佐賀県知事選挙の結果は残念でした。準備不足と素人選挙ということから約3万3千票をどう見るか。民主的な佐賀県を目指す土台を築けたのか。評価も微妙というところかと私は思っています。
 さて、新知事に当選した山口祥義氏は就任の際、佐賀空港へのオスプレイ配備について「方向性は白紙」と明言しながらも、玄海原発の再稼動については「規制委の審査に合格、住民の理解が得られた場合には容認」すると発言。オスプレイと原発問題を支援者への取引に使っているように思えます。佐賀県民を含め周辺住民の命と生活を守る立場から、オスプレイ配備も玄海原発再稼動も止めて、原発ゼロをめざしす県政を行ってほしいと思います。
 今週23日は評論家の佐高信さんが意見陳述を行う九州玄海訴訟第11回口頭弁論があり、24日には、玄海原発の重大事故を想定した原子力防災訓練が佐賀県であります。「さよなら原発!佐賀連絡会」では訓練を監視し、避難の実効性について検証する予定です。また25日には鹿児島市で川内原発再稼動反対集会が行われ、佐賀からは大型バスを出すことにしていて、私はつれあいと参加することにしています。20日には長崎地裁でよみがえれ!有明訴訟もあり、これにはつれあいが1人参加します。という具合に忙しい週になりそうです。
 今日付の赤旗と佐賀新聞の二つの記事を紹介します。まず、赤旗2面左肩に掲載された沖縄国際大学教授前泊博盛さんへのインタビュー記事。「沖縄振興予算の減額は、額の大小が問題なのではなく、こういう形で減らすこと自体が、新基地建設反対を掲げる翁長知事に対するどう喝、脅しであることに間違いありません。国民の税金をどう喝に使っていいのかということです」「今回の事態は、地方が自分の言うことを聞かなければ予算を減らすということですから、まさに安倍政権は、武力とカネで国民をどう喝する政権だということができます」と前泊さんは述べられています。
 次に佐賀新聞オピニオン欄の「論考2015」に掲載された哲学者の西谷修さんの「戦後70年、展望なき政権迷走」「戦争へ加速する年初に」という見出しの論文です。西谷さんは「『経済成長』をうたう安倍晋三政権の政策は、大企業を支援し、株高で富裕層を潤わせるが、企業優遇は雇用や労働の条件を劣化させ、多くの人を恒常的な貧困へと追い落とす。そのしわ寄せは若者や女性に集まり、それが子どもの貧困に拍車をかける。衆院選が終わった途端、法人税減免と生活保護費の切り下げが打ち出された。保護されるのは人ではなく法人ばかりだ」と安倍政権の政策を強く批判し、「人件費を抑えて競争するグローバル市場の構造と『成長神話』は行き詰まっている。この路線は、つまるところ社会全体に不公正や不寛容をまき散らし、人びとを分断して生きにくくさせる」と指摘しています。この記事は共同通信配信だと思いますので、他の地方新聞にも掲載されています。ぜひ一読をお勧めします。


修の呟き


タイトル画像

<NPT再検討会議、ビキニデーに向けた学習会>

2015.01.18(13:40) 2259

EPSON291.jpg
<NPT再検討会議、ビキニデーに向けた学習会>
 今年4月、ニューヨークで5年に一度開かれるNPT(核不拡散条約)再検討会議が開催されます。佐賀県からも代表を送り出す準備が進められています。また、静岡県焼津市で開かれる3・1ビキニデーなど原水爆禁止運動についての学習会が下記の通り開かれます。どうぞ自由にご参加下さい。

 日 時 1月22日(木)午後6時30分~午後8時30分
 会 場 佐賀県高教組会議室(佐賀県教育会館4階)
・ プログラム
高校生平和大使の活動報告
九州沖縄ブロック原水協学校の報告
ビキニデー学習(パンフレット学習)
意見交換
主催=佐賀県原水協(電話0952-31-7711 佐賀県高教組内)



修の呟き


タイトル画像

ストップ川内原発再稼働!1.25全国集会まで1週間

2015.01.18(13:24) 2258

EPSON294.jpg
みなさま



ストップ川内原発再稼働!1.25全国集会まで1週間となりました。

今日までに正式な参加の申し込みは15件ほどです。

30人を切るようだと、参加費の値上げか、バスでの参加を断念せざるを得ません。

参加予定の方で、私の方に連絡をされていない方は至急連絡ください。

「さよなら原発北九州連絡会」ののぼり旗を20枚作ります。

鹿児島集会がお披露目となりますので、よろしくお願いします。



それ以降の行動予定です。



さよなら原発!3.8北九州集会第2回実行委員会

日時:1月26日18時30分

場所:小倉北生涯学習総合センター



九電交渉

日時:1月28日13時30分

場所:九州電力本店(1Fロビーに13:15までに集合)



深江


修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1369日目報告☆

2015.01.18(12:52) 2257

青柳行信です。1月18日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1369日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月17日3696名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
最近、のどをやられる風邪が私の近くでは流行っています。
お気をつけください。
原油の価格が下がっています。
景気が良くなくっても、原油は増産されて 余っているそうです。
アメリカとサウジなどオペックとの せめぎあいの様です。
あんくるトム工房
原油の価格  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3324

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆神無月 神のお留守の間にも人とひととを繋ぐはたらき
      (左門 ’15・1・18-905)
※昔は年に一度、それも縁結びのために神々の不在の月が
ありました。しかし、現代は「無神」の時代ですから一年365日
神様が「お留守」なのです。そこへ天災と人災が追い打ちです
から・・・・。しかし、この無神の時代の災害の艱難・試練の中で
美しく・温かい人情が花咲いています。政治にもうすこし「仁」=
(「御仁恵」とも書く)があれば、さらに温かく希望が湧きますの
に・・・・。外国では大盤振る舞いしながら、国内は自己責任と
いうことで、冷たく他人事の様です。御仁恵のある政治へ!!

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。
ガソリンと灯油が値下がりしています。
セルフ店でガソリン1リッ―タ―129円、灯油77円
中東の混乱を目の当たりにすると、複雑な気持ちになりますが
低所得者は助かります。
九電さんも火力発電は原油が2割は下落しているので
相当、助かってますね。

一日川柳
〈御父さん出番よ灯油買ってきて〉
〈ただ今原発停止しでアベノミクスも絶好調〉
〈絶好調のまま廃炉にしたら九電株上昇〉

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2381】2015年1月17日(土)
┏┓
┗■.トリチウムは危険、内部被曝が大問題
 |  危険なトリチウムは、残念ながら閉じ込める技術がない
 └──── 槌田 敦(物理学者)
 (前略)
 第4番目の、しかも致命的な欠点はトリチウムである。
 トリチウムは平均6keV(キロエレクトロンボルト)という小さなエネルギー
のβ(ベータ)線を出して崩壊する。そのため、体外被曝はほとんど問題にならな
い。したがって、これまで低位の毒性物質としてあまり考慮の対象にならず、許
容濃度も大きく定められている。
 しかしながら、トリチウムが、科学的には水素であり、水素は生物体を構成す
る重要な元素であり、しかも、水素トリチウム交換反応がきわめて容易だという
ことから、重大な結果となってあらわれてくる。つまり、トリチウム水は口や鼻
や皮膚から入ると、99%血液中に取りこまれ、体内各組織へ一様に分布して蓄積
する。そして、ゆっくり排出されるので、内部被曝が大問題になる。
 したがって、1970年代に入って、トリチウムの危険性は大きくクローズアップ
されてきた。たとえば、1リットル中0.005キュリーのトリチウム水の中で飼育
したメダカにも、生殖細胞の欠如・萎縮が見出された(田口、江上、1975年)。
 もっとも心配なのは、遺伝子DNAの複製の際、トリチウムが入りこむことで
ある。いったん入りこむと排出されにくい。そして、DNAを破壊する。たとえ
ば、DNA中のトリチウムは、その放射崩壊当たり、2.1ヵ所のDNA鎖を切断
する(Cleaver、1973年)。
 DNAの切断によって生体情報が混乱すると、死亡したり、異常遺伝になった
り、ガンになったり、身体障害をおこしたりする。
 このような危険なトリチウムは、残念なことに閉じ込める技術がない。再処理
工場ではたれ流しである。(後略)

※出典:槌田 敦著『原子力に未来はなかった』の133から135頁
    亜紀書房刊 2011年5月版より
   「第1表トカマク発電に必要な元素資源」の表(134頁)は省略しています。

◇地震と原発事故情報編集部から
 東京電力福島第一原発事故の処理で、放射能汚染水がたまりつづけている。
 タンク群が林立している。東京電力も原子力規制委員会も海に流す(捨てる)こ
とを近い将来に狙っている。そのため、「トリチウムは安全だ」のインチキ宣伝
がおこなわれている。
 迫りくる放射能毒水の海への放出に反対するため、「トリチウムの危険、内部
被曝が大問題」の槌田 敦小文を著者の了解を得て、書籍より抜粋・紹介します。
 ご参考にして下さい。(柳田 真)

┏┓
┗■2.「原発事故由来放射性廃棄物の処理処分をどうするか」
 |  1/22「東電は責任をとれ」連続講座第12回のご案内
 |  原発事故と環境汚染(3回連続講座その2)
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

講 師:藤原寿和(ふじわらとしかず)さん
日 時:1月22日(木)18時30分開場 19時開会
主 催:「経産省前テントひろば」、たんぽぽ舎
参加費:800円(学生半額)

 事故で発生した大量の放射性物質を含んだ廃棄物や除染で発生した汚染土壌等
の処理処分をめぐって政府のロードマップが行き詰まりを見せています。
 大熊町・双葉町に決定した中間貯蔵施設の建設をはじめ、農林業系の汚染稲わ
らや牧草などの焼却処理や、宮城県、栃木県、千葉県など5県で環境省が計画し
ている指定廃棄物の最終処分場の建設をめぐって地元住民から反対の火の手が挙
がっています。
 原子炉等で発生している高レベル放射性廃棄物を含めて、事故由来放射性廃棄
物の処理処分をいったいどうするのか、考えたいと思います。
是非ご参加ください。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は時間が取れず、ざっと検索した結果です。下方に阪神大震災20年関連記事
もあります。

1.「【金曜日の声 官邸前】燃料電池車の時代になぜ」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015011702000132.html
「東京都狛江市の無職 中林洋子さん(60) あれだけの事故があったのに再
稼働をOKするなんて外国の人は驚くだろう。年末の総選挙の後、脱原発は無理
だという雰囲気が広がっている。いやだという思いを伝えたい。
埼玉県所沢市の会社員 上野芳人さん(60) トヨタが燃料電池車を発売し
た。新エネルギーの時代なのになぜ原発に固執するのか。立地自治体に他の活性
化策を示せば脱原発は可能。利権が根深いと思わざるを得ない。」

1’.「再稼働許せません 反原連が官邸前行動」しんぶん赤旗2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011715_01_1.html
「首都圏反原発連合(反原連)は16日夜、首相官邸前抗議行動を行いました。原
発を再稼働した場合に交付金を配る新たな枠組みをつくるなど、安倍晋三政権は
2015年度政府予算案で再稼働への動きを強めています。寒風が吹きつけるな
か、1400人(主催者発表)の参加者は、「原発よりも命を守れ」「川内原発
再稼働反対」と力いっぱいコールしました。
福島県浪江町から東京都北区に避難している女性(71)は「原発さえなければ浪
江で楽しく暮らしていたのに…。事故の前から原発反対運動をしていた夫は事故
後うつ病になり、昨年亡くなりました。すべて原発のせいです。夫の遺志をつい
で、子どもたちが安心して暮らせる自然エネルギー社会をつくっていきたい」と
話します。
千葉市から来た女性(63)は「放射能汚染は福島以外にも広がり続け、12万
の避難住民はいまも苦しんでいます。世界各国も福島がどうなるかを見守ってい
る。再稼働は許せません」と力強く語りました。
「僕は事故前から、心では原発に反対でした。今は行動しなければ意味がないと
気づいた」というのは、千葉県松戸市から参加した男性(66)です。「原発は
人にも自然にも動物にもよくない。官邸前や地元で反対し続けます」・・・・・」

玄海原発関連、
2.●●「(佐賀県)放射線防護施設に初退避 県、24日に原子力防災訓練」佐
賀新聞2015年01月17日 10時10分????????
?全文「佐賀県は、24日に実施する九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重
大事故を想定した原子力防災訓練の実施要領を発表した。原発から30キロ圏内
の住民避難のほか、唐津市の離島などに整備した放射線防護施設への屋内退避を
初めて行い、昨年7月に福祉施設などが策定した避難計画に基づき訓練する。
山口祥義知事は、県災害対策本部長として臨み、被ばくの有無を調べるスクリー
ニングや避難受け入れ先の状況など4カ所を視察する。
原発から30キロ圏内の自治体を抱える福岡、長崎両県と連携し、約80機関、
2300人が参加する。住民避難(屋内退避は含まず)の参加者は千人規模になる。
放射線防護施設は、離島や福祉施設などで災害時に避難ができない場合、住民や
入所者の被ばくを防ぐための一時避難所。訓練では、二重サッシや換気装置など
を整備した七つの離島の公民館や玄海町と唐津市の福祉施設に住民が避難する。
福祉施設の避難は、計画でマッチングした避難先の施設と連携し、入所者の搬送
などを実施する。被ばくリスクを軽減するため、高速道路を使って福岡県を経由
する広域避難については、唐津市浜玉町の住民が参加する。前回は離島から漁船
を使ったが、今回は馬渡島だけで行う。」

3.●●「(佐賀県)福島から佐賀への避難者 内部被ばく来月検査」佐賀新聞
2015年01月17日 10時02分????????
全文「東京電力福島第1原発事故により、佐賀県内で暮らす福島県からの避難者
を対象にした内部被ばく検査が2月5日から4日間、佐賀市の佐賀中部保健福祉
事務所で実施される。福島県が2013年3月から県民健康調査の一環として進
め、佐賀は26都道府県目。対象は原発事故時に福島県に居住し、その後に佐賀
県へ避難した人。当時、胎児だった12年4月1日以前生まれの2歳以上も含む。
検査には福島県所有の車載式ホールボディーカウンター(WBC)を使用し、大
気や飲食物から体内に取り込んだ放射性セシウムを測定するほか、一生涯に受け
る線量も推計できる。立った状態で2分ほどで終わる。検査は無料。結果は1カ
月以内に郵送し、内容については専用のコールセンターで相談に応じる。
佐賀県内の対象者は38世帯、85人。福島県県民健康調査課によると、現在ま
でに10人程度の申し込みがあるという。事故から3年10カ月が過ぎての検査
となったことに関し「福島県内もようやく本年度中に1回目の検査が終わる状
況。できる限り進めてきたが、遅くなってしまったと思う」と説明している。
検査日時は2月5日が午前10時半~午後4時半。6~8日は午前9時半~午後
4時半。7、8の両日は会場の多目的ホールに避難者支援の相談窓口を開設す
る。検査日の3日前までに電話で申し込む。専用電話
080(5743)5867、080(5743)5868。」

政府の動き、
4.「原発比率20%軸に検討…再生可能エネと同程度」読売新聞?1月17日(土)9
時55分配信
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150116-OYT1T50175.html
「政府が、2030年の国内の発電量に占める原子力発電の割合について、太陽
光など再生可能エネルギーと同程度の約20%を軸に検討を進める見通しになっ
た。原発を可能な限り減らすとの方針に沿って、東日本大震災前(10年度)の
28・6%から引き下げることになる。
今月末から経済産業省に新設する有識者会議で、発電方法ごとにどの程度の割合
にするかを示す最適な電源構成(ベストミックス)の議論に着手する。発電方法
別のコストなどを検証し、今夏までに結論を出したい考えだ。
政府は、14年4月に決めた新しいエネルギー基本計画で、将来の再生エネの割
合を「約2割を上回る水準」と決めた。一方、原子力などは決定を先送りしてい
た。政府内では、「原発を減らしすぎると電力供給に支障が出るが、脱原発の世
論を考えると再生エネ以上の活用は難しい」(政府関係者)などの見方が強まっ
ている。宮沢経産相は、原発の割合を30%未満にする意向を昨年10月に表明
している。」
・・・担当する官僚の誰かが、意図してこの新聞社に漏らしたようだ!
そして、この新聞社がこんな社説を、とんでもない、
5.「エネルギー政策 全原発停止を終わらせよう」読売新聞2015年01月18日
01時03分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150117-OYT1T50120.html
「・・・電力不足に悩む新興国に安全性の高い日本の原発を輸出することは、日
本の成長に資するだけでなく、国際貢献にもつながる。エネルギー資源の乏しい
日本にとって、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクルは必要な政策であ
る。放射性廃棄物の容量削減など、メリットは大きい。・・・原発の活用では、
放射性廃棄物の最終処分場の確保は避けて通れない。候補地選定に道筋をつける
ことが肝要だ。」

6.「固定買い取り、抑制に異論も 再生エネ、パブコメ3千件 新ルール、一
部見送り」朝日デジタル2015年1月17日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11555207.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11555207
「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、経済産業省は16
日、新たに始める再生エネの出力抑制ルールに対する意見募集(パブリックコメ
ント)の結果をまとめた。3230件の中には反対意見も目立ち、経産省は一部
地域で新ルールの適用を見送るなど対応を迫られた。
出力抑制は、火力発電を最大限減らしても、電気があまる時に、太陽光や風力の
発電を一時的に止めてもらう仕組みだ。経産省は昨年、太陽光の申し込みが増え
すぎて受け入れを中断する電力会社が相次いだため、抑制をしやすくする新ルー
ルを決め、今月9日まで意見募集をしていた。
公表された意見には、新たに住宅用の太陽光発電が出力抑制の対象になることに
対し、「送電網への負担が小さい家庭用の出力抑制は不要」との指摘があった。
経産省は、まだ再生エネの受け入れに余裕のある東京、関西、中部の3電力管内
では当分の間、住宅用など50キロワット未満を対象外とすることにした。
経産省が専門家と検証した電力各社の接続可能量についても480件の意見が集
まり、「すべての原発の再稼働を前提とするのは問題だ」などの疑問が示され
た。政府がベースロード電源と位置づける原発は太陽光や風力の給電より優先さ
れるため、原発の稼働を見込むと、再生エネの接続可能量が少なくなるからだ。
電力会社間で電気の融通に使う地域間連系線の増強などを求める意見も108件
あった。
■全原発再稼働が前提 今回の運用見直しで突出しているのは、原発の優遇ぶり
だ。・・・・
福島県エネルギー課の佐々木秀三課長は「空押さえが再生可能エネルギー導入拡
大の入り口を塞いでいる」と批判する。・・・・
太陽光発電などの事業者には不安が広がる。見直しで、「接続可能量」を超えた
事業者には、どれだけ出力抑制を頼んでも、電力会社は補償金を払う必要がなく
なるからだ。・・・・
会津電力(福島県喜多方市)は、計画中の約1千キロワットの太陽光発電が無補
償の対象になる。「東北電力で出力抑制がどれくらいになるかの見通しを示して
くれないと、銀行融資が厳しくなる」と折笠哲也常務はこぼす。「出力抑制が無
制限になったら、もはやFITと呼べないのではないか」」

福島第1原発、
7.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月18日
「17日正午現在 1.118マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.092マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
8.「漁業者、不満あらわ いわき・地下水放出で説明会」福島民友新聞?1月17
日(土)13時17分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0117/news6.html
「東京電力福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」などから汚染地下水を
くみ上げ、浄化後に海に放出する計画で、国と東電は16日、いわき市で漁業者に
対して計画の運用方針案を説明、海洋放出への理解を求めた。参加した漁業者か
らは「福島県だけに汚染水の始末を押しつけるのか」などと批判した。いわき地
区の漁業者を対象とした説明会は3度目。・・・・」
・・・安易な汚染水垂れ流しは世界中に迷惑をかけます。福島の漁業者の了解だ
けで流してよいものではない!

9.「営業損害賠償打ち切り撤回を ふくしま共同センター 国と東電追及 藤
野議員が同席」しんぶん赤旗2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011704_01_1.html
「東京電力福島第1原発事故の被害とたたかうふくしま復興共同センターは16
日、国会内で緊急の要請行動をおこない、経産省と東電に営業損害賠償の打ち切
り撤回を求めました。原発事故で生業(なりわい)を奪われた福島の中小業者や
農民ら45人が上京し、被害者切り捨ての国と東電を厳しく追及しました。
経産省と東電は昨年12月、福島県商工会連合会への説明会で、2016年2月
に営業損害賠償を打ち切ることを提案しました。
要請では、同センターの斎藤富春代表委員(福島県労連議長)が「賠償打ち切り
は、原発再稼働を進める動きと一体のものだ。国と東電は『オール福島』に挑戦
するのか」と迫りました。・・・・
経産省職員は、賠償打ち切りの理由を説明できず、「賠償が続くことで商売をや
ろうという気が起きないという意見もある」などとのべました。これに対し、
「侮辱している。国と東電は、お客さんとの信頼で築き上げてきた人生を奪った
んだ」「被害が続くかぎり、賠償するのが加害者の責任だ。なぜ、加害者が賠償
の基準を決めるんだ」と、怒りの声が相次ぎました。」
・・・経産省官僚の発言はとんでもないです!!

10.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:15 発掘、やっぱやらんと」朝
日新聞デジタル?1月17日(土)11時30分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11555080.html
「◇No.1157 「また、来てんのか」広野町長だった山田基星(やまだも
とほし)(66)は苦々しく思った。役場で兵庫県教委の山本誠(49)を見か
けたからだ。山田の家業は建設会社だ。浜通りの方言は荒っぽいが、一本気で親
分肌。それゆえに原発事故後は、町民の行く末を背負っているとの一念で走り続
けてきた。2012年3月31日、町長職権で出していた避難指示を解除した。
年末までには全員に戻ってもらおうと考えて復旧・復興を進めていた。その矢
先、山本が顔を出すようになった。兵庫県から福島県へ派遣されているとい
う。・・・・・
あの住宅は復興の第一歩だ。よその人間が勝手なこと言って、邪魔する気か。顔
を見るのも嫌だった。・・・・
あれはいつの夜だったか。季節は秋になっていた。いつものように大好きな日本
酒の一升瓶を取り出した。コップに氷を浮かべてグビリとあおる。腹に染み渡る
酒のうまさを味わいながら、2人の孫のことを思った。・・・あの子たちが町の
歴史を学んだら「広野っていいね」と思うだろう。ふと、そんな考えがよぎっ
た。ふるさとの文化は、町への愛着も育てるだろう。町民に帰ってきてほしいな
ら、遺跡を埋めて住宅を建てるのは逆なんじゃないか――。翌朝、山田は職員に
言った。「発掘、やっぱやらんとな」」

11.「尾瀬入山、福島県側から10万1600人 23年以降最多、震災前の
93%」福島民報?1月17日(土)10時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000036-fminpo-l07
「平成26年の尾瀬国立公園の入山者数は、福島県側の登山口が10万1600
人で、前年を5700人上回った。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故が
起きた23年以降、最多となった。震災前の22年の10万9400人と比べ
て、93%まで回復した。環境省が16日、発表した。登山口別に見ると、福島
県側最多の沼山口は7万1500人で前年より6500人増えた。会津駒ケ岳に
続く滝沢口は9900人で前年より1600人増加した。一方、御池口は1万
4400人で1000人減、猿倉口は3500人で500人減、馬坂口は
2300人で900人減だった。・・・・」

12.「(福島県)17日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月18日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

13.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月17日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150117/1842679
▼空間放射線量率(17日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

14.「(栃木県)指定廃棄物最終処分場問題 環境省、塩谷の質問書に「現地
再確認したい」」産経新聞?1月17日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000051-san-l09
「福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場候補地に塩谷町上寺島の
国有林が提示された問題で、環境省の小里泰弘副大臣が16日、町役場を訪れ、
町が環境省に提出した質問書の回答を見形和久町長に手渡した。質問書の中で、
候補地とされた国有林では処分場の必要面積(2・8ヘクタール)の確保が困難
とした町の指摘について小里副大臣は「近日中に現地を確認したい」との考えを
示した。・・・・」

14’.「【栃木】塩谷町立ち会い再確認へ 最終処分場の面積で対立」東京新
聞2015年1月17日 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150117/CK2015011702000167.html

15.「【千葉】原発事故の賠償 弁護士から学ぶ」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150117/CK2015011702000147.html
「東京電力福島第一原発事故による損害賠償を学ぶ「『一からわかる原発被害と
損害賠償』勉強会」が二十一日午後一時半から、松戸市の交流サロン「黄色いハ
ンカチ」で開かれる。参加無料。・・・・・」

原発立地地域、
16.「宮城・女川原発:国内最大規模800m防潮堤 識者が視察」毎日新聞
2015年01月17日 10時14分
http://mainichi.jp/select/news/20150117k0000e040190000c.html
「東北電力女川原発2号機について、宮城県と、立地する女川町、石巻市が設置
した安全性検討会メンバーの有識者が16日、現地視察し、防潮堤の工事など東
日本大震災後の安全対策の実施状況を確認した。
出席した座長の若林利男・東北大特任教授ら5人は、東北電の担当者から説明を
受けながら、電源喪失時の訓練の様子や、2号機原子炉建屋の耐震工事の実施状
況を視察。震災で押し寄せた高さ約13メートルの津波を踏まえ、国内最大規模
となる海抜約29メートル、全長約800メートルの防潮堤の建設現場にも立ち
合い、工事の進み具合を見た。防潮堤は地盤に直径2.5メートルの鋼鉄製の下
くいを打ち込み、その上にもくいをはめ込んで並べていく。・・・・・
2号機の安全対策については、原子力規制委による新規制基準の適合性審査が進
んでいる。審査合格後に実施される工事に、地元自治体として事前了解を出すか
の判断材料とするため、検討会が視察も踏まえ課題を点検している。」

17.「浜岡原発再稼働許さず 静岡 島津議員が3市長と懇談」しんぶん赤旗
2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011704_02_1.html
「日本共産党の島津幸広衆院議員は16日、山村糸子・党静岡県委員長、党市議
会議員とともに、牧之原、菊川、掛川の各市の首長と懇談しました。・・・・牧
之原市の西原茂樹市長は、「浜岡原発は議会が永久停止の決議をしていて、私も
同じ立場です。再稼働しないよう愚直に言っていく。それでも、もし再稼働する
ということになるなら、住民投票をしたい」と答えました。・・・ 菊川市の太
田順一市長、掛川市の松井三郎市長とも同様の懇談をしました。」

電力会社、
18.「プルサーマル実施時期「再検討が必要」 電事連会長 青森で報道陣に
見解示す」デーリー東北新聞社?1月17日(土)12時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00010000-dtohoku-l02
電気事業連合会の八木誠会長は16日、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)
燃料を原発で燃やすプルサーマル計画について、16~18基で実施するとの現行目
標を当面維持する方針を示した。ただ、同時に「2015年度までに」と掲げる実施
時期に関しては「難しい。再検討が必要だ」とあらためて強調した。新年のあい
さつで六ケ所村役場と青森県庁を訪問した後、報道陣の取材に答えた。・・・・」
・・・止めると言っているわけではない。このyぷに言わせるほどプルサーマル
は危険なんでしょう!

海外、
19.「インド訪問の岸田外相、モディ首相と会談」TBS系(JNN)?1月17日
(土)7時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150117-00000018-jnn-pol
「インドを訪問している岸田外務大臣は、日本時間の16日夜、首都ニューデ
リーでモディ首相と会談し、国連安全保障理事会の改革などで連携していく方針
を確認しました。・・・・日本の原発技術や新幹線などのインドへの輸出につい
ても意見交換しています。」

阪神大震災関連、
20.「「3.11」に黙とう=二つの被災地「震災忘れぬ」-神戸」時事通信
2015/01/17-16:59
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011700219
「阪神大震災の発生から20年となる17日、追悼の集いが行われた神戸市中央
区の東遊園地で、東日本大震災が起こった「3.11」をかたどった竹灯籠に火
がともされた。地震発生時刻の午後2時46分、参加者らは東北に向かって黙と
うし、犠牲者らの冥福を祈った。
「東日本大震災でも既に風化が始まっている。忘れないでほしい」。ひょうごボ
ランタリープラザの招きで訪れた宮城県名取市の仮設住宅に住む自営業長沼俊幸
さん(52)は訴える。・・・・」

21.「「本当の復興 なお時間」 阪神大震災から20年」佐賀新聞2015年01
月17日 10時26分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/146539
「6434人が亡くなった阪神大震災から17日で20年。神戸市東灘区で被災
し、営んでいた食堂が全壊した溝部昭さん(78)は、震災後に唐津市浜玉町の
山あいに移り住み、うどん・そば店「狐狸庵(こりあん)」を開いている。当時
の知人とのつながりを今も大切にしている溝部さんは、「本当の意味での復興に
はまだ時間がかかる」と感じている。・・・
4年前に起きた東日本大震災は「津波も原発もあって、神戸とは比較にならない
ほどひどい」。胸を痛めた。少しでも力になれればと店で福島の郷土料理を特別
に振る舞い、売り上げを義援金にした。原発事故で家族や友人と離ればなれにな
り、何年もふるさとに帰れなくなった人のことを思うと、何事もなかったように
再稼働へと向かう流れに違和感を感じている。・・・・
当時の友人たちとの会話の中で一つだけ気がかりなことがあるという。「震災を
引きずっている人はたくさんいる。表面上は復興したといわれるが、庶民の問題
はそっちのけのような気もする」。」

22.「20年・約束:阪神大震災 2度の大震災経験、家族へ 頭井裕央さ
ん」毎日新聞 2015年01月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150117ddm041040137000c.html
「・・・・2度の大震災を経験し、自宅の玄関内の物置スペースには、乾パンな
どの食糧や水を入れた防災袋とオムツを用意しています。これからも防災を意識
し続け、何があっても家族を守り抜きます。
・・・・2度も被災、検索してどうぞ。

23.●「【特報】借り上げ復興住宅で退去期限 阪神大震災、20年後の二次
災害を懸念」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015011702000151.html
「阪神大震災から二十年。しかし、一部の被災者にとり、震災はいまも続いてい
る。震災直後に入居した「借り上げ復興住宅」の入居期限は二十年。今年以降、
順次、退去時期を迎えるためだ。入居者は昨年末で、兵庫県内では計約四千二百
世帯、五千九百人。圧倒的に高齢者が多い。強制退去となれば、近所とのつなが
りが絶たれ、「孤立」という二次災害が発生しかねない。・・・・」
・・・詳細は紙面のようです。借り上げ住宅20年で追い出し・・・福島でも将来
起きると思われる!

24.【1月18日】阪神大震災、救援態勢の遅れ露呈(1995年)」西日本
電子版2015年01月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53900/1/

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
5面下方に、
25.「太陽光施設に指針作成へ」
・・・「環境省が国立・国定公園の特別地域にある希少野生生物の生息地で・・・」

2面の見出しに、
26.「米軍「自衛隊に核武装を」冷戦下50年代後半「米公文書」日米図上演習
で原爆使用」「反核世論加速し幻に」
・・・・いつの時期にもとんでもない話が裏でされているようです。いま、原発
のことはどう打ち合わせされいることか??

今朝は以上です。(1.18.4:30)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 色平哲郎 さんから:
そもそも2015年は沖縄から日本が動くかもしれない
http://www.dailymotion.com/video/x2db7rb_

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

【市民公開講演会】

2015.01.17(19:42) 2256

EPSON290.jpg
【市民公開講演会】
 佐賀県社会保障推進協議会第18回定期総会と市民公開講演会が2月14日、佐賀市立図書館大集会室で行われます。定期総会は午後3時15分から、講演会は午後4時30分から行われます。
 講演は「よみがえれ!有明訴訟」弁護団長の馬奈木昭雄弁護士が、「日本国憲法の本質~最近の改憲の動向とその問題点~」という内容で話されます。

<日 時>2月14日(土)午後4時30分~午後6時
<会 場>佐賀市立図書館 大集会室
      佐賀市天神3-2-15 電話0952-40-0001
<主 催>佐賀県社会保障推進協議会
      電話0952-29-1933 FAX0952-23-5218
      佐賀市駅前中央1-9-45(佐賀県保険医協会内)


修の呟き


タイトル画像

【よみがえれ!有明訴訟】

2015.01.17(19:16) 2255

EPSON287.jpg
【よみがえれ!有明訴訟】
 1月20日(火)、長崎地裁で開門、開門阻止の裁判が行われます。長崎地裁では小長井、瑞穂、国見の開門2陣、3陣と開門差し止め本訴、差し止め仮処分の保全異議が争われています。20日の裁判で、開門阻止派の証人尋問でどう国と開門阻止派を追い詰めていくのか、証人尋問の内容を決める重要な法廷になる予定です。
 開門以外、有明海再生はありません。1人でも多くの漁民や支援するみなさんの参加を呼び掛けます。

 と き 1月20日(火)午後2時~
 ところ 長崎地裁
* 傍聴に参加される方は午後1時10分に地裁に照合して下さい。裁判終了後、長崎建交労(恵美須町)で報告集会を行います。
(連絡先)「よみがえれ!有明訴訟」支援する全国の会
      電話0952-25-3121


修の呟き


タイトル画像

<佐賀地域「原告のつどい」へのお誘い>

2015.01.17(18:46) 2254

EPSON289.jpg
<佐賀地域「原告のつどい」へのお誘い>
 「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告は約8900人になり、1万人原告団も現実のものとなっています。
 裁判のことをもっと原告のみなさんに知っていただき、再稼動ストップ、原発ゼロへの運動を大きくするために、下記の通り、佐賀地域の原告のつどいを開催し、佐賀地域原告の会を設立したいと思います。原告の方をはじめ、原告にお誘いしたい方、原発問題に関心のある方など、どうぞご一緒にご参加下さい。

 日 時 2015年1月31日(土) 14:00~16:30
 会 場 アバンセ 3階 和室
      佐賀市天神3丁目2-11(「どんどんどんの森」内)
(連絡先)佐賀中央法律事務所
      佐賀市中央本町1-10 ニュー寺元ビル3F
      電話 0952-25-3121 FAX 0952-25-3123


修の呟き


タイトル画像

【原発なくそう!九州玄海訴訟】

2015.01.17(17:51) 2253

EPSON288.jpg
【原発なくそう!九州玄海訴訟】
 九州玄海訴訟第11回裁判 1月23日(金)午後2時~ 佐賀地裁
 <意見陳述人>
  評論家 佐高 信さん
  水俣病不知火患者会会長 全国公害被害者総行動実行委員会代表委員
      大石利生さん

*傍聴を希望する方は12時半に佐賀県弁護士会館におこし下さい。模擬法廷はアバンセホールで行います。午後4時半終了予定です。



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1368日目報告☆

2015.01.17(12:25) 2252

青柳行信です。1月17日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1368日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月16日3696名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 陶山恵子 空閑恭子 北野治子 松尾展子 川内穣一
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
お疲れさまです。
来んしゃい金曜 脱原発 に参加しました。
福岡市も 薩摩川内も 避難計画が十分ではありません。
福岡市長に至っては、国のやることですからと市長の責任を
放棄しています。
住民の安全が確保できない原発は 廃炉にすべきです。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3323
密約     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3322

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆神様がお留守の時のことでした いまだにお留守の出来事つづく
      (左門 ’15・1・17-904)
※大震災の深刻な被害を受けた方が、「神も仏もない」との心を吐露
しておられました。取り返しのつかない喪失(命・生活・産業・等々)し
た人に、そして神社・仏閣・教会の脆くも崩壊した姿を見る時、共通し
ます。旧約聖書のヨブのような「神与え、神取り去り給う。神の御名は
誉むべきかな」の境地は中々のものです。災害が継続して起こってお
り、人災の多いことが更にこの観を深くします。

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。
♪サウンドデモ裁判勝利おめでとうございます。
福岡地裁門前で
『自由はここに』『勝訴』の垂れ幕をもつ
井上しんじさんと女性のお姿が
フェイスブックの写真から飛び出てきました。
SNSで拡散しておきました。

一日川柳
〈揺れているテロで地球が揺れている〉
〈私も揺れている失恋で揺れている〉
〈テロと失恋で揺れない地球と私を返せ〉
〈揺れるならサウンド♪デモで揺れようぜ!!〉

イエィ~♪

★ 中西正之 さんから:
高浜原発審査書案のパブリックコメントの提出の最終日になりましたので、最後
の1通のパブリックコメントを提出しました。

『201501160000327380

審査書案はキャビティのコンクリート成分の検討を全くしていない
「(4)-1.2.2.5水素燃焼 3.(1)208ページ MCCIに伴う
水素発生[1]原子炉下部キャビティ床面での溶融炉心の広がり、溶融炉心と原
子炉下部キャビィティ水の伝熱等のパラメータを組み合わせた場合、MCCIに
より発生する素は、すべてジルコニアに起因するものであり、反応割合は全炉心
内のジルコニウム量の約6%である。[2]上記[1]のMCCIによる水素発
生の不確かさを考慮した場合において、ドライ条件に換算した原子炉格納容器内
水素濃度は最大約12.3%であり、格納容器破損防止対策の評価項目(f)を
満足する。これにより、規制委員会は、上記の申請者の評価が保守的であるため
妥当であると判断した。」について。

 原子力規制委員会が翻訳した、IAEA(国際原子力機関)が発行している
「安全基準」の中に「原子力発電所の原子炉格納系の設計」が掲載されている。
ページ108に「重大事故の潜在的な影響には次のようなものが含まれる。・溶
融炉心物質とコンクリートの相互作用に起因する大量の水素及びその他の非凝縮
性の気体の発生。」
ページ110に「可燃性気体の発生3-12.大容量の水素及び一酸化炭素の発
生及び燃焼は、格納容器の健全性に脅威をおよぼし得る重大事故の現象である。
水素発生
の主要な原因は、ジルコニウム金属の酸化であり、また程度は少ないが、鋼材又
は他の何らかの金属製機械と水蒸気との、金属が通常の運転温度を十分に超えた
温度に達するときの相互作用である。」ページ111に、「溶融炉心-コンク
リート相互作用
 (e)水素及び一酸化炭素のような可燃性気体の生成 」とある。

また、佐藤暁氏の伊方裁判意見書の22ページからにアメリカのNRCが作成し
たサリー原子力発電所の過酷事故進展シナリオが紹介されている。26ページに
書かれたシナリオでは、15時間後の雰囲気は、水素19%、一酸化炭素
14.6%、水蒸気4.5%、酸素12.7%、窒素49.2%となっている。
なぜ一酸化炭素が14.6%もの大量になるかは、35ページに記載されている
ように、「サリーのキャビティは、石灰岩の砂利と砂を混合したコンクリートで
できており、サイズは、内径4.28m、外径5.58m、床の厚さ
3.04m」と説明されている。

 原発の過酷事故の発生時、MCCI(溶融炉心・コンクリート相互作用)によ
り大量の一酸化炭素と水素が発生する事は、国会事故調査報告書に「福島第一原
発3号炉の黄色閃光大爆発の検討項」として詳細に報告されている。しかし、国
外の文献や規制基準書では大量の一酸化炭素と水素が発生するメカニズムが報告
されているが、国内の報告はほとんど見当たらない。

 また、原子力規制委員会の新規制基準に係わる適合性審査にも、高浜原発の審
査書案にも、MCCIによる大量の一酸化炭素の発生及びキャビティに使用され
ているコンクリートの成分の検討が全く記載されていない。

 このMCCIによる大量の一酸化炭素の発生のメカニズムは岩波の「科学」
2014年3月号に、岡本良治・中西正之・三好永作が「炉心溶融物とコンク
リートとの相互作用による水素爆発,CO爆発の可能性」を発表している。

 国外の多くの規制委員会や規制基準で検討されている、キャビティのコンク
リート成分の検討を全くしていない高浜原発の審査書案は到底認められるもので
は無いので、再審査が必要である。』

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2380】2015年1月16日
┏┓
┗■.テントが危ない!経産省前テントを守ろう支援・連帯の集会1.26
 │ 上映会と支援者・参加者から連帯のメッセージ
 └────

【経産省前テントを守ろう支援・連帯の集会1.26】
 日時 1月26日(月)19時~21時30分
 場所 スペースたんぽぽ(千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4階)
 参加費 800円(内半分をテントへカンパ)、学生:400円
 問合せ たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035

 <内容>
 ・映像上映「テント1000日 おテントさまが見ている」
 ・支援者からのメッセージ
  原発現地から --- 相沢一正さん(茨城県東海村議)
  テントひろばから --- 淵上太郎さん、正清太一さん
  テント応援団から --- アソシエーション(associations.jp)から
  たんぽぽ舎から --- 柳田真、沼倉潤
  テント泊り番から --- 乱鬼龍さん、帯谷れい子さん ほか
  福島の女たちから、沖縄支援者から、自治体議員から
  テントを守ろうハガキ から --- 横田朔子さん、内海洋子さん
  大口昭彦弁護士から、ほか参加者から。メッセージ紹介。

 ※テントを守ろう・2回目集会を2月18日(木)夕方に予定しています。
  支援・連帯しよう! ぜひご参加ください。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、20年前の(1995年)【1月17日】午前5時46分、阪神大震災
の日です。
その当時の記事がこちらに⇒ http://qbiz.jp/article/53888/1/
さて、今朝は、川内(せんだい)原発の裁判ををめぐって重要な記事があります。
玄海でも。

川内原発関連、
1.●●「巨額賠償恐れ、申請離脱者 川内原発の差し止め仮処分」西日本電子版
2015年01月17日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53946/1/
全文「鹿児島、宮崎、熊本県の住民が九州電力を相手取り、川内原発(鹿児島県
薩摩川内市)再稼働の差し止めを求めた仮処分申請で、申立人23人のうち10
人程度が申請を取り下げたことが16日、関係者への取材で分かった。仮処分が
認められた場合、再稼働の遅れに対して九電から巨額の損害賠償を請求される可
能性が生じるため。九電は賠償請求するかどうか明らかにしていないが、識者か
らは「公共性が高い訴訟では住民側を擁護する仕組みが必要だ」と、法制度の不
備を指摘する声も出ている。
仮処分は、川内原発の停止を九電に求めた訴訟の原告住民2479人のうちの
23人が昨年5月に申請。鹿児島地裁での審尋は既に終結し、住民側弁護団によ
ると、早ければ2月にも地裁の決定が出そうな情勢だ。川内原発再稼働をめぐっ
ては昨年、福島第1原発事故後の原発の新規制基準下で全国初となる地元同意手
続きが終了。工事計画認可などが順調に進めば、3月以降の再稼働が濃厚だ。そ
うした中、反対派は仮処分を「再稼働を止める最後の手段」と位置づけている。
法的に賠償請求の可能性が生じるのは、再稼働差し止めの仮処分が認められた
後、本訴訟で住民側が敗訴した場合。九電は仮処分の申立人に対し、再稼働が遅
れたことで被った損害を求めることができる。
九電は昨年7月、審尋の準備書面で「再稼働が遅れれば、火力発電の燃料費など
で1日5億5400万円の損害を被る」と明記。地裁に対し、申立人に賠償に備
えた「妥当な金額」の担保金を積み立てておくよう命じることを求めた。
地裁は今のところ積み立てを命じていないが、住民側弁護団は昨秋、申立人23
人に担保金の要求や賠償請求の可能性について書面で説明。この結果、10人程
度が申し立てを取り下げた。
弁護団の大毛裕貴(だいもうゆうき)弁護士は「九電が賠償請求する可能性は低
いだろうが、ゼロではないので申立人に説明した。取り下げは残念だが、それぞ
れの生活があり、やむを得ない」と話す。
九電は「担保金は、地裁から必要性を尋ねられたので書面で答えた。申立人に賠
償を求める可能性については仮定の話なので答えられない」としている。」
・・・・九電のとんでもない態度!!?

1’.●●「途方もない額に申請断念 識者「企業の請求に規制を」」西日本電子
版2015年01月17日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53951/1/
全文「個人の利益を求めたわけではないのに、なぜこれほどの重圧を負わないと
いけないのか」?。九州電力川内原発再稼働の差し止め仮処分で、巨額賠償金へ
の不安から申請を取り下げた申立人たちは無念の思いを語った。九電が賠償請求
の意思を示しているわけではないが、全国の原発訴訟では電力会社が反対運動を
続ける住民に賠償を求めて提訴した例もある。識者は「公益性のある訴訟や仮処
分では、訴えを起こした市民を保護する仕組みが必要」と語る。
「ふに落ちないが、どうしようもなかった」。申請を取り下げた鹿児島県内のあ
る男性は悔しさを抱えたままだ。伊藤祐一郎同県知事が再稼働に同意した昨年
11月以降も、再稼働反対の集会や署名活動には積極的に参加している。九電が
示した損害額は1日あたり5億5400万円。賠償金は「途方もない額だろう」
(男性)。請求に備え、自宅を他人名義にして仮処分申請を続けることも考えた
が、男性は会社を経営する。「負債を抱えれば、今後の借り入れができなくな
り、従業員にまで迷惑を掛ける」と断念した。取り下げた県内の別の男性は「ま
だ幼い子どもがいる。生活を考えたらやむを得ない」と漏らす。取り下げなかっ
た県内の女性も厳しい選択を迫られた。賠償を求められても主婦の自分に払える
はずはない。だが、自宅は原発から約10キロ。「原発事故が起きれば家も財産
も失う。賠償で借金漬けになったほうがまし」と思い直した。
九電玄海原発(佐賀県)の差し止め仮処分申請でも、申立人の永野浩二さん
(42)=佐賀市=は「確かに不安は感じる」と漏らす。
中国電力の上関原発(山口県)計画に反対する同県上関町議の清水敏保さん
(59)ら4人は2009年、着工に向けた埋め立て準備工事を妨害したとし
て、約3900万円の損害賠償請求訴訟を中電に起こされた。訴訟費用はカンパ
で賄っているが「正直苦しい」と清水さん。「この訴訟は、反対運動つぶし以外
の何物でもない」と憤る。
元裁判官で、明治大学法科大学院の瀬木比呂志教授(民事訴訟法)は「公益性の
ある訴訟や仮処分で、企業などが一般市民に多額の損害賠償を請求する事例は日
本でも増えている。米国の多くの州はこうした請求を規制しており、日本でも同
様の法整備が必要だ」と話す。」

玄海原発関連、
2.「プルサーマル差し止め訴訟が結審 佐賀地裁、3月20日判決」西日本電
子版2015年01月17日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53950/1/
「市民団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」のメン
バーが、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)3号機のプルサーマル発電に使うプ
ルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の使用差し止めを求めた訴訟の口
頭弁論が16日、佐賀地裁(波多江真史裁判長)であった。
昨年9月19日にいったん結審したが、九電側が同日地裁に提出した主張書面へ
反論があるとして、原告側が弁論再開を地裁に求めていた。16日は弁論終了後
に結審し、判決は3月20日。弁論で原告側は「MOX燃料は制御が難しく、溶
ければ燃料を覆う被覆管も溶け、重大事故が起こる」と主張。九電側は「燃料が
溶け始めたとしても、冷却水があるため重大事故が発生する余地はない」と訴え
の棄却を求めた。」

3.●●「=選択の先に~山口新知事=(下)玄海原発再稼働」佐賀新聞2015年01
月16日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30302/146046
「できるだけ早急に、来週中にでも時間が取れればと思っている」  14日の
就任会見。山口祥義知事は九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)を視察する考え
を表明した。スケジュールを担当する秘書課職員に「最初の視察先」として指定
したのは当選翌日の12日。「まずは玄海と決めていた」というように、その行
動は速かった。
「現場主義」。選挙中から声高に主張し続けた政治スタイルを早速、県政の最重
要課題の舞台で実行してみせることになる。「まずは原発を見たいと言われてい
たが、就任直後に実現するとは。驚いている。早期の再稼働の判断にもつなが
る」。玄海町の岸本英雄町長は知事の言動を期待感を持って受け止める。・・・・
▽二つの宿題 玄海原発の再稼働問題は、佐賀空港へのオスプレイ配備計画と同
じく、古川県政時代から引き継がれた「宿題」だ。ただ、この県民世論を二分す
る二つの問題に対する山口知事のスタンスは微妙に違う。・・・・
規制委の審査が終盤を迎えるなか、今後の焦点となるのは「地元同意の範囲」
だ。先行する鹿児島県の川内原発は、地元の薩摩川内市と県の同意だけで手続き
を終えた。ただ、玄海原発は、30キロ圏内の伊万里市が立地自治体並みの安全
協定締結を求めて九電と交渉を続けている。「鹿児島方式の追従ではなく、周辺
自治体の意見も聞くべき」。塚部芳和市長は「地元」を譲るつもりはない。
山口知事は、地元の範囲については「国の話をしっかり聞くことが大事。その後
に私の考えを伝えたい」と明言を避けた。伊万里市には「ぜひ、話を聞いてみた
い」との考えも示したが、地元の範囲に含めるのか、方向性は見えていな
い。・・・・
▽経験豊富 30キロ圏内の自治体や福祉施設などが策定している避難計画の検
証も、再稼働を容認する山口知事にとって大きな課題になる。自身は茨城県東海
村のJCO臨界事故の際、内閣官房の担当者として現場で事故処理に当たった。
危機管理分野の行政経験も豊富で、「実効性ある防災計画や避難計画は必要」と
の認識だ。
現在の計画に対して住民からは「いろんな想定に対処できておらず、絵に描いた
餅」との批判も多い。30キロ圏内の福祉施設関係者も「根本的な部分から検証
が必要。もっと深く現場のことを知ってほしい」と注文する。
24日は玄海原発の重大事故を想定した原子力防災訓練が実施される。「危機管
理のプロ」を自任する山口知事の目には、現在の防災、避難態勢はどう映るの
か。不安を抱える住民や関係者との向き合い方を含めて、「現場主義」の真価が
問われる。」
参考までに、知事選について、こんな記事も、
3’.「あか抜けた樋渡氏」「他の市長は迷惑に」 麻生氏、佐賀知事選を語
る」西日本電子版2015年01月17日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53928/1/
「麻生氏は、樋渡氏について「図書館が『TSUTAYA』になるなど、財務省
よりはるかにあか抜けたことをやっていた」と評価。それでも大差で敗れた理由
を「(県内の)他の市長は『うちの市長は何だ』などと言われて迷惑し(知事選
で)応援した市長がほとんどいなかったことが大きい」と分析した。」
・・・こんな記事も「・・・佐賀県知事選で自公推薦候補を応援した地方議員に
も動揺が広がる。ある県議は「4月の県議選に農協が刺客候補を立てるのではな
いか」。別の県議は「次の選挙は農協なしで戦わないといけない。なぜ党の決定
に従って、こんな思いをしないといけないのか」と漏らした。・・・」


千葉県で、
4.●●「原発避難者、初の本人尋問 「安住の地奪われ残念」」共同通信
2015/01/16 20:10
全文「東京電力福島第1原発事故の避難者が、国と東電に「原状回復」や慰謝料
などを求めた集団訴訟の本人尋問が16日、千葉地裁(広谷章雄裁判長)であ
り、原告団代表の遠藤行雄さん(81)=東京都練馬区=は「安住の地を奪われ
残念の一言だ」と述べた。
●●同様の訴訟での本人尋問は全国初。遠藤さんら原告7人が出廷。
本人尋問によると、遠藤さんは福島県富岡町に自宅があり、原発関連の仕事を辞
めた後、2002年ごろから千葉県習志野市の建設会社で勤務。仕事の合間に自
宅に戻る生活を送ってきた。原発事故で状況は一変。住民票を習志野市に移して
いたために東電から正式な賠償が受けられていない。」

4’.●●「<福島原発集団訴訟>初の本人尋問 避難生活の苦しさ訴え」毎日新
聞?1月16日(金)21時8分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150117k0000m040102000c.html
「・・・・・原告の60代男性は、福島県内で郵便局員として40年以上働き、
4世代9人の家族で暮らしていた。千葉県に避難後、ハローワークに30回近く
通ったが、仕事は見つからない。「気力もなく、部屋にいるだけ。(集落で)つ
きあっていた人たちにも会えず、悔しい」と話した。再び福島の別の町で暮らそ
うと考えることもあるが、除染作業が進んでいない状況では「娘や孫に『帰ろ
う』とは言えない」と述べた。避難生活の間に両親を亡くしたとも明かし、「知
らない土地(千葉県)で亡くなってかわいそうです」。最後に裁判長に「(被災
地の)現状と現場を見てください」と訴えた。
福島県浪江町から避難した会社員の男性(41)は帰郷を断念し、ローンで購入
した千葉県習志野市のマンションで暮らす。中学生になる子供が2人おり、放射
能に汚染された我が家はとても子供を連れて帰れる場所ではなかった。法廷で
「苦渋の決断だった」と振り返り、「古里を返してほしい」と話した。
千葉地裁の原告は18世帯47人。避難による精神的苦痛を1人当たり月額50
万円、故郷を失った苦痛を2000万円と換算している。請求額は計約21億円。」

原発立地地域で、
5.●「政府、福井でも避難計画策定支援 再稼働に向け職員派遣」共同通信
2015/01/16 20:24?? http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011601001842.html
「再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査に事実上合格した関西電力高浜原
発などが立地する福井県の避難計画策定を支援するため、政府が来週から経済産
業省の職員7人を順次現地に派遣する方針を決めたことが16日、分かった。原
発推進側の経産省が計画策定の支援で立地自治体に職員を派遣するのは、九州電
力川内原発がある鹿児島県に次いで2例目。・・・・京都、滋賀との調整にも当
たり、再稼働に対する周辺住民の理解や地元同意を円滑に進めたい狙いがある。」

6.「(福井県)<JA福井経済連>落札業者と入札価格を指示…排除措置命
令」毎日新聞?1月16日(金)21時18分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150117k0000m040105000c.html
「◇公取委が独占禁止法に基づき再発防止求める 福井県の補助金を活用して県
内JAが行った穀物乾燥・貯蔵施設の工事に絡み、入札業務を行った福井県経済
農業協同組合連合会(JA福井県経済連)が参加業者に落札業者と入札価格を指
示していたとして、公正取引委員会は16日、独占禁止法に基づき再発防止を求
める排除措置命令を出した。福井県によると、工事は県産米の味や品質向上を目
指す事業の一環で、補助金の原資は原発立地自治体の活性化などのため経済産業
省から交付される電源3法交付金。・・・・」
・・・・こんな7ことにも原発マネー、ずさんな使い方を招く。

7.●●「(新潟県)SPEEDI:規制庁「使えません」 柏崎で説明 住民か
ら失望や疑問」毎日新聞 2015年01月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20150116ddlk15010011000c.html
長い記事「原発事故の際、避難や退避の判断に「SPEEDI(緊急時迅速放射
能影響予測システム)」は使えません??。原子力規制庁は14日夜、柏崎市で開
かれた「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」の会合でこう説明
した。原子力規制委員会が昨年10月に正式決定した方針だが、住民は失望や疑
問の声を上げ、県は規制庁に再検討を求めた。・・・・・
規制庁の佐々木潤・茨城地方放射線モニタリング対策官事務所長は14日の会合
で話した。「福島第1原発事故の教訓で、予測がうまくいかないと分かりまし
た」予測には「原発から放射性物質が出る時刻や放出の量」「出る時刻の風向
き」などの情報が必要だ。だが出る時刻も量も、実際に出るまで分からない。事
前の計算で出る時刻が分かればよいが、その技術はまだない。出てから計算して
は避難に間に合わない。・・・
それにしても、放射性物質が出る時刻が予測し難いのは素人にも分かる。従来の
方針は何だったのか。開発に携わった日本原子力研究開発機構の茅野政道・原子
力科学研究部門企画調整室長は「SPEEDIが避難範囲決定に使えないのはそ
の通り」と認め「放射性物質が周辺にどう広がるかを研究してきた。放出時刻や
量の推定は別の研究で(その情報は)他から来るだろう、という受け身だった」
という。規制庁監視情報課は「放出時刻などが分かれば、という仮定で開発され
たSPEEDIが防災訓練などで使われ、そのうちに(実際にも)使えるとなっ
たようだ。安全神話の一つかもしれない」と話している

8.「「大地震で原発電源喪失」想定 静岡県図上訓練」@S[アットエス] by
静岡新聞?1月16日(金)14時45分配信
http://www.at-s.com/news/detail/1174159409.html
「阪神大震災から20年の節目を前に、静岡県は16日、南海トラフ巨大地震が発生
し、停止中の中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)が全交流電源を喪失したことを
想定した大規模図上訓練を県庁などで実施した。地震との複合災害で浜岡原発に
緊急事態が起き、半径5キロ圏内の住民避難を準備するまでを想定した訓練は初
めて。・・・・・
訓練には県全部局のほか県警本部、自衛隊、県内全35市町、国の出先機関、ライ
フライン各社などから計約6千人が参加した。」
・・・・図上訓練だけで6000人が参加!!

9.「京都と舞鶴で訓練 阪神大震災20年、地域一丸で命守る」京都新聞?1月
16日(金)13時49分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150116000094
「阪神大震災から20年を前にした16日午前、京都市や舞鶴市で大規模地震を
想定した訓練が行われた。6400人余りが犠牲となった大震災の教訓を胸に、
参加者は本番さながらに、避難所の開設や応急手当て、ヘリコプターや船による
輸送の訓練などに励んだ。・・・・
舞鶴市の舞鶴港では、府北部での大地震を想定した災害派遣訓練が行われた。府
と市、自衛隊や海上保安庁など12機関約100人が参加。南海トラフ巨大地震
や原発事故時も視野に、海や空から避難者や物資を輸送する手順を確認し
た。・・・民間の漁船も訓練に初参加。艦船まで避難者を運び、災害時の連携に
備えた。」
関連記事、
「避難所で高齢者ら支援、専門家チーム設置へ 京都府」京都新聞2015年01月16
日 22時40分
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150116000166

10.「京都府は、大規模地震などの際、避難所で高齢者など福祉分野の支援が
必要な人に対応する専門家チーム「災害時福祉派遣支援隊」を本年度内に立ち上
げる。社会福祉士などでつくるチームを、府や京都市の福祉圏域ごとに登録し、
災害時に避難所へ派遣する。同様の仕組みは岩手県や熊本県が実施しているが、
近畿の府県では初めてという。府によると、東日本大震災では、障害のある子ど
もと一緒に避難した親が周囲に気を使い、親子で帰宅してしまった事例や、聴覚
障害のある避難者に情報が伝わらないケースがあった。適切なケアが受けられな
ければ心身の状態が悪化する「二次被害」の恐れもあり、国は専門家による支援
体制を整える都道府県を支援している。・・・・」

原発施設、
11.「<東通原発>東北電、断層評価書案に反論」河北新報2015年01月16日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150116_23033.html
「東通原発(青森県東通村)の敷地内断層について、東北電力は15日、原子力
規制委員会の有識者調査団が「活動性が否定できない」と判断した昨年12月の
評価書案に対し、「データに基づく合理的判断がなされていない」と反論する意
見書を規制委に提出した。・・・・
都内で記者会見した東北電の安倍宣昭副社長は「科学的で合理性のある結論とす
るため、意見書の内容を十分に踏まえてほしい」と述べた。規制委は意見書を評
価書に反映させるかどうか協議する。別の有識者を交えたピアレビュー(査読)
会合も検討する。」

12.「(島根県)委員長「良い知識得られた」=島根原発を視察―規制委」時
事通信?1月16日(金)19時2分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011600858
全文「原子力規制委員会の田中俊一委員長は16日、中国電力島根原発(松江市)
を視察した。田中委員長は終了後、記者団に「今後、全体的に(原発の)新規制
基準の適合性審査や工事認可などが進んでいくが、良い知識を得られた」と述べ
た。委員長らは改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を採用している3号機の原子炉格
納容器内部を見学。再稼働の前提となる審査を進めている2号機では、重大事故
の際に原子炉格納容器内の圧力を逃がす「フィルター付きベント」を確認した。」
・・・・委員長のコメント―いかにも原子力ムラの復活ですね!!

次の記事、関連して、参考程度に読んでみては、どうであれ、50歩100歩です
が・・・。
13.「「出直せ!」原子力規制委員長代理を激怒させた規制庁の“お役所仕
事”」産経新聞?1月16日(金)11時5分配信
http://www.sankei.com/premium/news/150109/prm1501090010-n1.html
・・・・長~い記事です。

電力、
14.「12月の"発受電電力量"、9カ月ぶり前年上回る - 暖房需要が増加」マイ
ナビニュース?1月16日(金)15時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000123-mycomj-life
全文「電気事業連合会は16日、2014年12月の発受電電力量(速報、10社合計)が前
年同月比1.5%増の835億2,143万キロワット時となり、9カ月ぶりに前年を上回っ
たと発表した。12月の気温が前年より概ね低めに推移し、暖房需要が増加したこ
とが主な要因。
電源別に見ると、火力発電は前年同月比0.9%増の627億318万キロワット時。発受
電電力量全体が増加したことなどが影響した。一方、原子力発電は全ての原子力
発電所が稼働停止しているため、2013年10月以降15カ月連続でゼロとなった。水
力発電は出水量が前年同月を上回ったことなどにより、前年同月比18.3%増の44
億8,005万キロワット時。太陽光発電などの新エネルギー等は同1.7%減の2億
3,041万キロワット時となった。
石炭消費量は544万5,955トン、重油消費量は104万3,772キロリットル、原油消費
量は85万1,847キロリットル、液化天然ガス(LNG)消費量は536万8,311トンだった。」

15.●「家庭用太陽光発電、4月から出力抑制 経産省が新ルール」西日本電
子版2015年01月17日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53947/1/
「経済産業省は16日、九州電力など大手電力会社5社管内で、再生可能エネル
ギーの固定価格買い取り制度の見直しに伴う家庭用の太陽光発電への新ルール適
用を今月中旬から4月1日に延期することを明らかにした。ルール変更の周知期
間が必要と判断した。3月末までに契約した出力10キロワット未満の太陽光発
電は、「出力抑制」の対象から外す。16日にあった自民党の会合で説明し、了
承された。・・・・・
出力抑制の対象を拡大する新ルールそのものは19日の週に施行される見通し。
九電は説明会を経て、昨年秋から中断している太陽光発電の契約手続きを再開す
る。」

16.●「政府、エネルギーの電源構成を5月にも策定」時事通信?1月16日(金)6
時0分配信
全文「政府は15日、エネルギーのベストミックス(最適な電源構成)を、今年5
月中にも策定することで調整に入った。国際的な関心が高い温室効果ガスの削減
目標を早期に決めるため、原発や再生可能エネルギーなどをどのような比率で
使っていくかの検討を加速させる。ただ、原発依存度をめぐる議論は難航も予想
され、策定がずれ込む可能性もある。」

17.「(新潟県)東電、屋根崩落の発電所でPCB検出」時事通信(2015/01
/16-23:16)
全文『新潟県湯沢町の東京電力湯沢発電所(水力)で建屋の屋根が崩落した事故
で、東電は16日、下流にある別の発電所につながる導水路の油膜から有害物質
のポリ塩化ビフェニール(PCB)が検出されたと発表した。検出濃度は基準値
以下の0.33ppmで、敷地外への流出は確認されていないという。」
・・・いろんなことが起きます。

18.「(鹿児島県)風力・地熱発電参入へ南国殖産再生エネのすそ野拡大」南
日本新聞2015 01/16 22:00
全文「南国殖産(鹿児島市、永山在紀社長)は、風力・地熱発電事業の新規参入
を検討していることが16日分かった。買い取り制度の見直しに入り、売電価格
の下落も予想される太陽光発電中心の体制から脱却し、再生可能エネルギー事業
のすそ野を広げるねらい。」

政府が、
19.「<福島・中間貯蔵>環境相「3月11日までに搬入開始」」毎日新聞?1
月16日(金)21時41分配信
http://mainichi.jp/feature/news/20150117k0000m040116000c.html
「望月義夫環境相は16日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発事故の除
染で出た汚染土などを最長30年間保管する中間貯蔵施設について、2月初旬に
も着工し、東日本大震災から5年目となる今年3月11日までに搬入を始めると
表明した。福島県内各地に仮置きされた汚染土の搬入がようやく動き出すが、施
設予定地の地権者の同意取得は難航必至。いつ搬入を完了できるか見通しは立っ
ていない。・・・・
同省幹部は「用地交渉がどんどん進めば、試験搬入量を増やしたり、本格搬入の
前倒しも検討したい」と語るが、土地の買い取り価格引き上げなどを求める地権
者団体もある。地権者と粘り強く交渉しながら、搬入の加速化を図る困難な作業
となる。」

19’.「仮置き場「いつまで…」=市町村、対応に苦慮―中間貯蔵で福島」時事
通信?1月16日(金)17時52分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015011600781
「・・・・・新たな目標時期を3月11日までと定めた。ただ、これは試験的な輸
送の開始にすぎず、施設がいつ完成、稼働するかはいまだ見通せない。福島県内
市町村は、汚染土の仮置き場の土地賃貸契約の期限切れが迫る中、「いつまで契
約を延長すればよいのか分からない」などと対応に苦慮している。・・・・・
新たな目標時期を定めたとはいえ、搬入先は中間貯蔵施設の予定地内に設ける一
時的な保管場2万平方メートルにすぎない。汚染土すべてを運び終えるには数年
間はかかると見込まれており、仮置き場の解消にはまだ時間がかかりそうだ。」

被災地フクシマ、
20.「大熊町が県内外22会場で 31日から町政懇談会」福島民報2015/01
/16 08:41 
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011620388
「東京電力福島第一原発事故で全町避難している大熊町は31日から2月22日
まで、県内外の22会場で町政懇談会を開く。 町民の意見を町政に反映させる
のが目的で、仮設住宅と借り上げ住宅ごとに開く。日程などは次の通り。・・・」

21.「民間共同住宅買い上げ 県が災害公営住宅整備加速へ新制度導入」福島
民報2015/01/16 08:15
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011620371
「東京電力福島第一原発事故に伴う避難者向け災害公営住宅の整備を加速するた
め、県は民間事業者が設計・建設したアパートなどの共同住宅を買い上げる制度
を導入する。民間からの買い上げはこれまで、戸建ての木造住宅に限定してい
た。県が発注する工事に比べ、検査手続きなどが簡略化されることから3カ月程
度工期を短縮できるという。第1弾として、郡山市内に整備される16戸を取得
する。・・・・・・・」
・・・・期限付きの借り上げの有無が記事にはない、20年経った神戸でいま起き
ているような追い出しにつながることがないようにしてほしい。?

22.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:14 泣かせてしもうた」朝日デ
ジタル2015年1月16日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11553163.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11553163
「◇No.1156 この人たちは、そんな思いで来てるんじゃないですよ――。
広野町教委の文化財担当、鈴木恵(36)が怒りをあらわにした。2012年
10月19日、災害公営住宅の予定地で見つかった遺跡をめぐる打ち合わせの場
だ。引き金は、工事担当者の発言だった。「発掘調査で、復興事業を遅らせる気
なのか!」 山本誠(49)への言葉を、鈴木は聞くに堪えなかった。・・・ 
頭に血が上って思っていることがうまく言葉にならなかった。涙が止まらず、顔
を覆って席を立った。男たちはぼうぜんと見送った。・・・
山本も復興事業の担当者たちも、立場は違えど悔いのない行政をしたいという気
持ちは同じだ。お互い冷静に話していこう。そう言ってこの日の協議は終わっ
た。・・・・被災者のために歩み寄ろう。実はこのころ、発掘調査に最も否定的
だったある人物も、考えが変わり始めていた。」

23.「JR富岡駅の解体始まる」NHK福島01月16日 19時36分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054726021.html?t=1421436949915
「・・・・JR常磐線の富岡駅は震災の津波で激しく損傷し、当時の被害を伝え
る建物として、今も見学に訪れる人が絶えません。
この富岡駅についてJR東日本は、住民の一時帰宅の増加も見込まれるなかで壊
れた駅に近づいた人がケガをすることがないよう、解体することを決め、今月7
日から工事を始めました。工事では、はじめに駅全体を柵で囲って立ち入りを制
限したうえで、津波の被害をうけて激しく損傷し、崩れる危険性もある駅の橋や
ホームの屋根などを解体し、撤去するということです。JR東日本水戸支社は
「復旧は未定だが、津波被害を受けて大きく損傷した駅の残骸は崩れる可能性が
あり、今後も使用できないので、解体し、撤去することに決めた」としています。
また地元の富岡町では、震災の被害を象徴する建物でもあるとして富岡駅の表示
板や改札口の部品などについては、JR側に保存を求めていきたいとしています。」
・・・「時間の止った町」と言われることになる「止まったままの時計」のある
通りの先に駅があります。?

24.「試験栽培のコメ頬張り笑顔=放射能基準下回り試食会―東大」時事通
信?1月16日(金)18時24分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011600818
「東京大と同大生協は16日、東京電力福島第1原発事故の影響で全町避難中の福
島県浪江町で試験栽培され、昨秋に収穫されたコメの試食会を本郷キャンパス
(東京都文京区)で開いた。出席した浜田純一学長(64)らは炊きあがった白米
を頬張り、「甘い」と顔をほころばせた。
東大などによると、試食会に提供されたコメは、同県川俣町に避難した松本清人
さん(75)の指導で作られた「コシヒカリ」と「天のつぶ」。東大などの支援
で、セシウムが付着した表土を取り除き、汚染されていない土壌を搬入して栽培
した。全袋検査でセシウムが1キロ当たり2ベクレル以下となり、基準値である同
100ベクレルを下回った。・・・・浪江町まで約1時間かけて通いながら育てたと
いう。同席した馬場有町長(66)も「一年一年が本当に大切。町が再生できるよ
う頑張っていきたい」と決意を述べた。」

24’.「県産新米が全て基準値以下 2014年産、12月末時点」福島民友新聞?1
月16日(金)11時36分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0116/news5.html
「本県で収穫された2014年産米の全量全袋検査で、昨年12月末時点では新米とみ
なされる全ての米袋で放射性セシウム濃度が食品の基準値(1キロ当たり100ベク
レル)を下回ったことが15日、県の調べで分かった。14日までに約1081万点で検
査を終え、前年実績を基にすれば約98%が完了した計算となる。東京電力福島第
1原発事故以降、年末の時点で基準値超の県産米がゼロとなるのは初めて。県が
15日、福島市で開いたふくしま食の安全・安心推進懇談会で示した。県は、コメ
が放射性セシウムの吸収を抑える対策が研究で確立し、生産者に広く浸透したた
めとみている。・・・・」

24”.「広がれ福島産米「天のつぶ」 特別純米酒発売」河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150116_62050.html
「福島県のオリジナル品種のコメ「天のつぶ」を100%使い、そうま農協(南
相馬市)が開発していた特別純米酒「天のつぶ」が完成し、販売を始め
た。・・・・同農協管内では震災と原発事故の影響で、コメの作付けは震災前の
約4分の1に減少。内藤一組合長は「農家の所得を増やすためにも、この酒を起
爆剤にしたい」と話した。・・・年度内に4000本を製造し、同農協で直販す
るほか相馬地方の酒店などで扱う。・・・」

25.「(福島県)16日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月17日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(野菜・キノコ)」

26.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月16日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150116/1841646
▼空間放射線量率(16日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

27.「(栃木県)(備え、次代へ)居どころ把握 なお模索 災害専門記者・
野呂雅之」朝日デジタル2015年1月16日17時54分
http://digital.asahi.com/articles/ASGDJ455TGDJPTIL00M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGDJ455TGDJPTIL00M
「新春の8日、栃木県下野市のコミュニティセンター友愛館に、原発事故で避難
している佐々木正教さん(78)らが集まってきた。・・・
「おめでとう」「今年も元気でいようね」。佐々木さんが代表の親睦団体「ふく
しまあじさい会」が毎月開く交流会だ。避難先で4度目の新年を迎え、健康を気
遣う言葉が交わされた。
佐々木さんは東日本大震災の6日後、下野市に避難し、同郷の福島からの避難者
がどこにいるか知りたいと市役所を訪ねた。個人情報を理由に断られ、道の駅に
出向いては福島ナンバーの車を探して声をかけた。そうして震災翌年の6月、あ
じさい会を立ち上げた。下野市によると、福島から市内に避難しているのは52
世帯130人。佐々木さんらが把握できているのは、交流会で出会った20世帯
余にとどまっている。・・・
被災者を支えようにも、居どころをつかめなくてはどうしようもない。現行の法
制度では災害直後は本人の同意がなくても第三者に個人情報を提供できるが、緊
急時を脱した時期になると同意が必要だ。
個人情報を支援者に提供するため、工夫をこらす自治体もある。愛知県は大震災
の1カ月後、「受け入れ被災者登録制度」をつくり、避難者に滞在先などを登録
してもらった。県の機関として被災者支援センターを開設、運営をNPOなどに
委託し、避難者の情報を提供した。委託先には個人情報を提供できる制度を生か
した「公設民営」の仕組みだ。・・・」

28.「(東京)20年・約束:阪神大震災 遠藤百香園長と子供たちへ 米田
和正さん」毎日新聞2015年01月17日地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150117ddlk13040047000c.html
「1月17日が近付くとよみがえる体感があります。・・・・遠藤百香先生は東
日本大震災の時、福島県南相馬市の福浦幼稚園の園長でしたね。園は避難所とな
りましたが、福島第1原発から10キロほどで、すぐ避難しなければならない大
混乱の中、最後まで残り、避難所を運営されました。
私がお会いしたのは震災4カ月後。福島の子供たちを元気づけたいと訪問したと
きでした。最初はぎこちない様子だった子どもも、一緒に歌ううちに笑顔いっぱ
いになりましたね。幼稚園は、遊んだり歌ったりして、子どもたちを治療する場
所でもあるのかもしれません。また春になったらギターを担いで遊びに行きま
す! 子どもたちは私たちの未来そのものです。」

29.「(千葉県)松戸市、指定廃棄物持ち帰り作業終了」読売新聞2015年01月16日
全文「・・・福島第一原発事故の影響で出た放射性物質を含むごみ焼却灰(指定
廃棄物)の処分問題で、松戸市は15日、一時保管していた県営手賀沼終末処理
場(我孫子、印西市)から約52トンを持ち帰る作業を14日で終えた、と発表
した。持ち帰りは昨年12月10日に始まり、同市高柳新田の市クリーンセン
ターに搬入する作業が進められていた。」

福島第1原発、
30.「廃炉作業の労災防止徹底を要請」NHK福島01月16日19時36分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054677791.html?t=1421437250847
「・・・・16日は、広野町にある富岡労働基準監督署の臨時事務所で、福島労
働局の引地睦夫局長が東京電力福島第一原子力発電所の小野明所長に対して「復
興に欠かせない廃炉作業を着実に進めるためには労働者の安全確保は不可欠だ」
と述べて労災事故の防止の徹底を求める文書を手渡しました。
福島第一原発では、現在、1日あたりおよそ7000人が廃炉などの作業に当
たっていますが、福島労働局によりますと、労災保険から給付を受けられる4日
以上の休業を伴うけがなどをした作業員は、去年は8人と前の年に比べて倍増し
たうえ、初めて死亡事故も起き、労災事故の防止が大きな課題になっていま
す。・・・」

海外、
31.「ウクライナの原発で火災=放射能漏れなし」時事通信?1月16日(金)18時
43分配信
全文「【モスクワ時事】ウクライナ南部ムイコライウ州にある南ウクライナ原子
力発電所で15日夜、変圧器の火災があり、送電が停止した。国営原子力企業エネ
ルゴアトムが16日発表した。放射能漏れはないという。火災は15日午後10時(日
本時間16日午前5時)ごろ発生し、約1時間40分後に消し止められた。」 

32.「中国原子力産業60周年、習近平国家主席が重要指示―中国メディア」
Record China?1月16日(金)18時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000054-rcdc-cn
「2015年1月16日、中国原子力産業開始60周年にあたり、・・・・習主席は「60
年来、数代の原子力産業関係者の苦難の創業、開拓革新によって中国原子力産業
は無から有へ、小から大へと発展し、世界の注目する成果を挙げ、国家の安全と
経済建設に突出した貢献を果たした。原子力産業はハイテク戦略産業であり、国
家の安全の重要な礎だ。安全な発展、革新的発展を堅持し、原子力の平和利用を
堅持し、原子力産業のコア・コンピタンスを全面的に高め、中国原子力産業に新
たな1ページを記す必要がある」と指摘した。・・・・」

32’.「中国は原子力発電会社の競争力高めるべき=李克強首相」ロイター?1
月16日(金)17時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000112-reut-cn
「[北京 16日 ロイター] - 中国の李克強首相は16日、国内の原子力発
電会社の競争力を高め、海外における存在感を高める方針を明らかにし
た。・・・・・」

33.「中国と一騎打ち、インドネシアと次世代原発開発」読売新聞2015年01月
16日 06時43分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150115-OYT1T50167.html
「日本、インドネシア両国は今春をめどに、次世代型の原子炉として期待される
「高温ガス炉」の共同開発に乗り出す。・・・・
インドネシアは高温ガス炉の導入に向け、原発施設の基本設計で世界初の国際入
札を行う見通しで、日本としては将来の高温ガス炉の輸出につなげる狙いがあ
る。インドネシアは昨年6月、2031年に高温ガス炉の実用化を目指す計画を
公表した。新興国として国内のエネルギー需要が高まっているうえ、地震が多
く、より安全な原発が求められているという国内事情がある。軽水炉の導入も一
時検討したが、安全性への懸念もあって具体化していない。
日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)は昨年8月、インドネシア政府との間
で、高温ガス炉の技術協力に関する取り決めを交わしている。今回の共同開発で
は、技術力の高い日本企業も参加し、高温ガス炉向けの燃料の製造方法や、安全
設計に関する技術支援を進める。高温ガス炉は発電だけでなく、炉内で発生した
熱を利用し、燃料電池車などに使う水素を発生させることもできる。水素を取り
出す技術を確立しているのは日本だけとされる。・・・・
国際入札には中国も参加する見通しで、日中両国による受注競争となる公算が大
きい。中国はすでに研究炉の次の段階である実証炉の17年完成を目指してい
る。日本の場合は炉1基が数百億~1000億円以上とされるのに対し、中国は
「半値以下」(政府関係者)とみられている。」

参考記事、
34.「(新潟で)3候補、原発政策で違い 民主党代表選討論会」新潟日報
2015/01/16 09:15 ※会員限定
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150116157324.html
「長妻氏 原則再稼働しない 細野氏 「是非」に言及せず 岡田氏 避難計
画、国が責任・・
新潟市で15日行われた民主党代表選(18日投票)の公開討論会で・・・・・
政策面では、原発再稼働への対応に違いが出た。党内のリベラル派が支持する長
妻氏は「原則、再稼働しない」と明言。一方、岡田氏は「再稼働を全部やめると
は考えていない。避難計画は国が責任を持ってチェックする」と語り、容認する
姿勢をみせた。細野氏は「再稼働は避難計画を立てて厳しくチェックする必要が
ある」と述べるにとどめ、再稼働の是非には直接言及しなかった。」
・・・原発ゼロへの力にはならないような・・・。困ったものです!

35.「(記者有論)大災害への備え 理学と工学の違い超えよ 黒沢大陸」朝
日デジタル2015年1月16日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11553107.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11553107
「・・・・自然の真理探究を目的とする理学は、可能性のあるリスクを指摘す
る。もの作りを目的とする工学は、対応するべきリスクの大きさを決めて現実の
対策を考える。双方は「宗教が違う」とまで表現される。典型的な例が原子力発
電所の安全対策だ。原発は重要な施設の下に活断層があると運転できない。地面
に段差やずれができて、施設が壊れる恐れがあるからだ。活断層の存在を認めた
上で、地震が起きる可能性や起きた時の対策を考えるわけにはいかない。・・・・・
リスクを認めた上での対策にも対立がある。1万年ほどに1回、日本列島で繰り
返されてきた巨大噴火。人類は観測したことがないから、何が噴火の前兆か判断
できず、予知は困難だ、と理学者である火山学者は口をそろえる。ところが、川
内原発の審査を巡り、九州電力は観測を強化して予兆をとらえ、核燃料を噴火前
に安全な場所に搬出できる、と主張して、原子力規制委員会も認めた。巨大噴火
は、九州で起きても東日本も何十センチの火山灰が覆い、国を滅ぼすほどの規
模。観測してきた噴火とは次元が異なり、火山学者は、九電の主張を理解しがた
い。問題を火山学者たちが声高に指摘した時には、審査がかなり進んでいた。そ
れも溝を深めた。・・・・まず、対策をしたから大丈夫だという安全神話を作
らず、できないことは「できない」とはっきりと社会に伝える。そうでないと議
論も始まらない。」

36.「京都の喫茶店「ほんやら洞」全焼 岡林信康さんら開店」朝日デジタル
2015年1月16日19時54分
http://www.asahi.com/articles/ASH1J2Q12H1JPLZB001.html
「16日午前4時50分ごろ、京都市上京区大原口町の喫茶店「ほんやら洞(ど
う)」付近から出火。上京署によると、木造2階建ての店舗延べ約120平方
メートルが全焼した。けが人はなかった。ほんやら洞は1972年、フォーク歌
手の岡林信康さんらが開店。開店時のメンバーで写真家の甲斐扶佐義(ふさよ
し)さんが現在店主をつとめている。ベトナム反戦運動や反原発運動の拠点と
なったほか、ミュージシャンのライブや詩の朗読会、学生らによる集会などが催
され、多くの文化人が集った。・・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップに大きな見出しで、1の記事、まるで九電の広報紙のようにも見えま
す、その見出しは、
37.「川内原発再稼働差し止め仮処分 賠償恐れ申請離脱者 「損害1日5.5億
円」九電請求の可能性も」
35面にも、1’の記事が続きます、その下に、2.の記事があります、

5面に、15.の記事、

32面経済欄に、
38.「再稼働まで我慢の経営 岡野バルブ製造岡野正紀社長」
・・・・原発の部品をつくっている会社です。

今朝は以上です。(1.17.  )
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎を読み直す(37)戦後文学のガイドブック
大江健三郎『同時代としての戦後』(講談社、1973年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_16.html

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会●  <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 福岡市立中央市民センター 午後6時から20時
30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

<福岡サウンドデモ裁判勝訴>

2015.01.16(20:17) 2251

いのうえしんぢです。
BCCでおしらせします。

<福岡サウンドデモ裁判勝訴>

昨日1月14日(水)にあった「福岡サウンドデモ裁判」は、
僕ら原告側の勝訴しました!
http://demosaiban.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

2011年5月8日の脱原発サウンドデモで福岡県中央警察署
からサウンドカーが止められ、デモを妨害されたことに
よって、起した国賠訴訟です。
このデモでは誰も逮捕されてはなく、こちら側から撃っ
て出る裁判に加えて、弁護士なしの本人訴訟でした。

国家権力とケンカするという国賠訴訟では、負けるのが
殆どと言っていいくらい。そのなかで勝訴というのは、
いやー、正直嬉しいです。

判決要旨(長い判決文をまとめたもの)から部分的に
抜き書きします。

「野上警部補(交通課窓口の警察官)の誤教示及び同人に
よる文書の破棄が、サウンドデモを行うための期待権を
侵害したとの限度で理由がある。いかなる態様でのデモ
行進を行うかは、それが社会通念上相当性を欠く態様の
ものでない限り、表現の自由の範疇に属するものとして
法的な保護をに値するというべきであるから、たとえデ
モ行進の実施自体が妨げられたわけではないとしても、
上記のような期待権の侵害により、無形の損害が生じて
いるというべきである」

「期待権を侵害した」って、すごくないですか?

国家賠償請求訴訟とは、お金という形で被害を訴えて、
裁判所がその金額を決めますね。今回の判決では、僕ら
原告が請求した満額でないのが残念ではありますが…
デモ申請者の福岡地区合同労組に(請求満額の)1万円の
損害賠償が認められました。とても小さな額ですが、
とても大きな成果だと感じています。

で、みなさんにお願いです。この事実を広めていただけ
ませんか?
判決言い渡しを取材してくれるように事前に記者会見も
行いましたが、当日取材はゼロでした…(涙)。
戦争の足音や原発再稼働の動きが聞こえて、市民がもの
言えない空気になりつつあります。そこに、表現の自由
を勝ち取った事実を広めるのは、自分たちの未来を守る
ことにもつながると信じています。
どうぞよろしくお願いします。

いのうえしんぢ



修の呟き


タイトル画像

● さよなら原発!3・11福岡集会●

2015.01.16(20:08) 2250

● さよなら原発!3・11福岡集会●
 <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
http://ameblo.jp/yaaogi/
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会
福岡市立中央市民センター 午後6時から20時30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

原発事故から四年がたった福島。
私たちは決して忘れない。
一瞬にして幸せをうばったあの原発事故を。
今なお続く大量の放射能汚染を。
誰のためのエネルギー政策なのか?
「人災による被害者」がいるのに、どうして「加害者」がいないのか?
原発は一つもいらない。
再稼働を許してはならない。
必要なのは、きれいなまなの地球を未来へ引き継ぐ責任!
3.11福岡集会、今年もみんなで誓おう。
さよなら原発!!

----
青柳 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp



修の呟き


タイトル画像

アムネスティ・アップデート 2015.01.15 通巻652号

2015.01.15(21:13) 2249

□■□ ━━━━━━━━━━━ 2015.01.15 通巻652号 ━━━━

アムネスティ・アップデート  http://www.amnesty.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

1月24日、25日にいよいよ開催されるアムネスティ映画祭。前号ま
でに、今回上映する全8作品の紹介をしましたが、気になる作品は
見つかりましたか?見逃してしまった方はこちらをご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/aff/works_and_schedule/index.html

お得な前売りチケットの締切が迫っています。ぜひ、ご購入を!


□■□ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[NEWS] ウクライナ:民間バスへのロケット砲攻撃を調査せよ
[FOCUS] アムネスティ映画祭 いよいよ1月24、25日に開催!
[ACTION] サウジアラビア:車の運転で逮捕された女性を救え!
[EVENT] 連続セミナー第1回「子どもと性暴力」(東京)
[FACEBOOK] 名張毒ぶどう酒事件の奥西さんへ、応援メッセージを!


□■□ アムネスティ発表ニュース ━━━━━━━━━━━━━

最新のアムネスティ発表ニュースをお届けします。

………………………………………………………………………………
ウクライナ:民間バスへのロケット砲攻撃を調査せよ
………………………………………………………………………………

ウクライナ東部で民間のバスが砲弾の攻撃を受け、10人が死亡、18
人が負傷した。この攻撃は国際人道法違反の疑いがあり、すぐにも
調査が必要だ。

◇ こちらのニュースリリースの全文は下記サイトでご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0115_5075.html

▽ フィリピン:議会審理を拷問撲滅への第一歩に
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0114_5073.html

▽ イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ自治政府:
パレスチナのICC加盟への報復はやめよ
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0114_5072.html

▽ エジプト:アルジャジーラ記者に再審決定
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0110_5070.html

▽ フランス:新聞社襲撃 表現の自由に影
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0108_5068.html


□■□ 今週のフォーカス ━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
アムネスティ映画祭、いよいよ1月24、25日に開催
心揺さぶる珠玉の8作品を、お見逃しなく!
………………………………………………………………………………

5回目を迎えるアムネスティ映画祭が、間近に迫ってきました!

上映するのは日本初公開や劇場未公開を含むドキュメンタリー8本。
いずれの作品からも、国や社会、民族、宗教を超えて「尊厳をもっ
て生きたい」というメッセージが聞こえてきます。

『Call me Kuchu ウガンダで、生きる』のデイビッド・カトー、
『アイ・ウェイウェイは謝らない』のアイ・ウェイウェイなど、差
別や偏見に抗い、あるいは自由に声をあげられる社会を勝ち取るた
めに闘いながら、決して笑いや愛を忘れない人たちが、生き生きと
描かれています。

さらに、日本社会に潜む差別や偏見に光を当てた『SAYAMA みえな
い手錠をはずすまで』や『60万回のトライ』は、ヘイトスピーチが
社会問題化している今、まさに観たい作品です。

世界で、そして日本で何が起きているかを、この映画祭を通して覗
いてみませんか?

二日間映画漬けになるもよし、気になる一本をご覧になるもよし。
皆さんのご来場をお待ちしています!

▽ 詳細・チケットの購入はこちら
http://www.amnesty.or.jp/aff


□■□ ワン・クリック・アクション ━━━━━━━━━━━━

現在、アムネスティでは下記のウェブアクションを展開しています。
世界の国々の人権状況を改善するために、メールを送ってください。
ワン・クリックが集まれば救われる人たちがいます。

▽ サウジアラビア:車の運転で逮捕された女性を救え!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/saudi_2014.html

▽ すべてのワン・クリック・アクションを見る
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/


□■□ イベント案内 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
1/17 連続セミナー第1回「子どもと性暴力」
身近にある現実を知ろう:子どもと性暴力(東京)
………………………………………………………………………………

子どもへの暴力の中でも、とくに実態の把握がむずかしいとされる
性暴力。被害は打ちあけにくく、周りも気づきにくい傾向がありま
す。その実態が広く知られていないため、周りの人の何気ない言動
により、被害を受けた子どもをさらに傷つけてしまうことがありま
す。このたび3回にわたりセミナーを開催します。各回に専門家の
方をお招きし、さまざまな切り口からお話を伺います。

■ 日 時:1月17日(土) 14:00~16:00(13:30 受付)
■ 会 場:アムネスティ日本 東京事務所
■ 参加費:一般:800円/学生:500円

▽詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0117_4986.html

………………………………………………………………………………
1/24,25 アムネスティ フィルム フェスティバル2015(東京)
………………………………………………………………………………

アムネスティ・フィルム・フェスティバル(アムネスティ映画祭)
は、日本や世界で起きていることを映画を通して知っていただき、
ともに考えていくことを目的にしています。日本初公開、劇場未公
開作を中心に珠玉のドキュメンタリー8作品を上映。

■ 日 時:1月24日(土)11:00~、25日(日) 10:30~
■ 会 場:ヤクルトホール(港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)
■ 前売券 2日券:3,700円(学生3,200円)
  1日券:2,500円(学生2,000円)
  当日券 2,700円(学生2,200円)

▽詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0124_4915.html

………………………………………………………………………………
1/25 ラテンパーティー2015~サルサ×人権×難民~(愛知)
………………………………………………………………………………

陽気な音楽の中、この地域で暮らす日本人も外国人も、みんなで手
を取り合い、人権や難民についても思いをめぐらせてみませんか?

■ 日 時:1月25日(日) 14:30~16:30(14:00 受付)
■ 会 場:名古屋YWCA 2階 ビッグスペース
■ 参加費:一般 予約 2,000 円 / 当日2,500 円
  学生 予約 1,500 円 / 当日2,000 円 ※要学生証

▽詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0125_5023.html

………………………………………………………………………………
2/7-8「ワン・ワールド・フェスティバル」にブース出展(大阪)
………………………………………………………………………………

毎年大阪で開かれる国際協力・交流のお祭り「ワン・ワールド・
フェスティバル」に、今年も出展します。活動紹介のほか、手紙書
きも行います。活動紹介ブースのボランティアも募集しています。

■ 日 時:2月7日(土)・8日(日)10:00~17:00
■ 会 場:関テレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園
■ 参加費:無料

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0207_5031.html

………………………………………………………………………………
2/8 ドキュメント映画『北朝鮮強制収容所に生まれて』上映会&
トーク(大阪)
………………………………………………………………………………

上記フェスティバルの一環で上映します。北朝鮮の政治囚を両親に
持ち、政治囚として育ったシン・ドンヒョクは、2005年、収容所か
ら脱出し、現在は韓国に暮らす。彼の壮絶な半生と強制収容所の実
態を、本人へのインタビューをもとにドイツ人監督が描きだす。

■ 日 時:2月8日(日)15:30~17:30
■ 場 所:関テレ扇町スクエア1F アリーナ
■ 参加費:無料

▽詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0208_5052.html

………………………………………………………………………………
2/9 笠松刑務所参観(岐阜)※会員限定
………………………………………………………………………………

収容定員約520人、名古屋矯正管区内で唯一の、女子受刑者を収容
する刑務所です。ネイリストへの就職を目指す美容科、コールセン
ターオペレーターの就職を目指すコールセンター科など、女性の就
労先としてニーズのある職種の職業訓練が実施されています。

■ 日 時:2月9日(月)13:30~15:30
■ 会 場:岐阜県羽島郡笠松町中川町23(西笠松駅から徒歩11分)
■ 申 込:要事前申し込み。1月30日(金)締切。定員30名。

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0209_5058.html

………………………………………………………………………………
2/12 高松刑務所参観(香川)※会員限定
………………………………………………………………………………

男性受刑者を収容する刑務所です。日本語による意思疎通がある程
度可能な外国人、刑期が10年未満で犯罪傾向が進んだ受刑者を収容
しています。

■ 日 時:2月12日(木)13:30~15:30
■ 会 場:香川県高松市松福町(松島二丁目駅から徒歩約6分)

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0212_4912.html

………………………………………………………………………………
2/13 アムネスティ カフェ&バー
『世界のワイン祭り ~ワインで知る現地の裏事情~』(東京)
………………………………………………………………………………

普段なかなか飲めない、さまざまな国のワインを飲みながらその国
の歴史や人権問題を学ぶという、美味しくてためになる企画です。
イスラエル・ブルガリア・台湾など5ヵ国以上のレアなワインをご
用意!珍しいワインを飲み比べながら、原産国に思いを馳せよう!

■ 日 時:2月13日(金)19:30~21:45
■ 会 場:アムネスティ日本 東京事務所

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0213_5067.html

………………………………………………………………………………
1月以降の各種イベント・セミナー
………………………………………………………………………………

人権問題について学べるアムネスティ主催の入門セミナー、および
その他のイベントについては下記をご参照ください。

http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/


□■□ Facebookスペシャルコンテンツ ━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
名張毒ぶどう酒事件の奥西さんへ、誕生日のメッセージを!
※メッセージは、Facebookのコメント欄にて16日まで受付中。
………………………………………………………………………………

奥西さんは女性5名が毒殺された『名張毒ぶどう酒事件』で、容疑
者として長時間にわたって取り調べを受け、自白に追い込まれまし
た。1972年の死刑判決確定から、40年以上にわたり無実を主張し闘
っています。奥西勝さんは1月14日に89歳の誕生日を迎えました。
アムネスティは、奥西さんにあてた応援メッセージを募集中です。

http://on.fb.me/1x2YfjB


□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発 行:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
連絡先:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14
晴花ビル 7F
TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778
E-mail:info@amnesty.or.jp

■ アムネスティ日本のブログ
インターン&職員が毎週更新!事務所で起こる日々のできごとなど、
アムネスティ日本を身近に感じられる記事が満載です!
http://amnestyjapan.blogspot.jp/

■ 寄付にご協力ください
アムネスティは、人権侵害の被害者に寄り添うため、不偏不党の立
場をとっています。そのため政府からの助成は一切受けていません。
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/donation/index.html

■ 個人情報の取扱いについて
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本は、本メール
マガジン登録者に関する個人情報を厳重に管理し、法令などに基づ
く場合を除き、第三者に提供いたしません。
http://www.amnesty.or.jp/about_us/dataprotection.html

■ 配信を中止するには
一番下にある配信停止ボタンよりアドレスをお送りください。
※転送設定をされている方は、転送元アドレスをお知らせください。
※このアドレスは配信専用です。ご質問などには対応できません。

このメルマガは、メルマガボランティアチームが編集しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

修の呟き


タイトル画像

九電交渉の日程をお知らせします

2015.01.15(21:10) 2248

みなさま

遅くなりましたが、九電交渉の日程をお知らせします。



日時:1月28日(水)13:30~15:30

場所:九電本店

*13:15までに九電本店ロビーにお集まりください。



深江



2014年11月17日

九州電力株式会社 代表取締役社長  瓜生 道明 様

川内原発・玄海原発の再稼働に関する公開質問状



九電消費者株主の会代表 木村京子

脱原発ネットワーク・九州代表 深江 守

反原発・かごしまネット代表 向原祥隆

脱原発大分ネットワーク代表 藤崎 薫

さよなら原発北九州連絡会代表 棚次奎介

宮崎の自然と未来を守る会代表 青木幸雄

地人舎主宰 藤田祐幸

「風下の会」代表 星隈二三男

たんぽぽとりで代表 山中陽子

原発知っちょる会代表 山口輝生

仏教徒非戦の会・福岡代表 郡島恒昭

北九州がっこうユニオン・うい 進藤悦子

いのちと未来をみつめる会・松ヶ江代表 牟田口カオル



(連絡先) 803-0277 北九州市小倉南区徳吉東1-13-24  深江 守

Tel/Fax 093-452-0665 携帯/ 090-9478-6195 E-メール mfukae@cnc.bbiq.jp



 11月7日、鹿児島県議会において「早期の再稼働を求める陳情」が採択され、同日、伊藤祐一郎知事は、「政府の再稼働方針を理解する」と川内原発の再稼働を「容認」しました。しかし、伊藤知事が容認を決断するに至った背景には、九州電力による誤った情報の提供があったことは否めません。

例えば伊藤知事は、(過酷事故の可能性は)「制度設計(上)は、100万年に1回の事故を想定すればいい。その時の川内は5.6テラベクレル。炉心から5.5キロの所は、毎時5マイクロシーベルトです。20で初めて避難ですから動く必要がない。家の中に居てもいい。普通の生活をしててもいい。その程度の放射能です。」と発言していますが、これは、福島原発事故が起きる以前の、日本政府や電力会社、日本原子力学会などが主張していた「原発安全神話」そのものです。九州電力は、未だにこのような誤った情報を提供しているのでしょうか。

日本火山学会は、火山噴火の予知はできないので原子力規制庁が定めた「火山影響評価ガイド」を見直すよう提言しています。日本学術会議は、原発から出る「核のごみ」の最終処分に関し、新たに生じる高レベル放射性廃棄物の対策があいまいなまま、原発を再稼働するのは「将来世代に対し無責任」とする報告書を正式に公表しました。原発の再稼働の際に同意が必要な「地元」の範囲について、東京電力の姉川尚史常務は「原発の30キロ圏内の自治体の理解がなければ、再稼働させるには十分ではない」と国会で答弁しています。また、原子力規制委員会が新規制基準「適合」と判断したその「審査書案」には、1万7000件に及ぶ市民の意見が寄せられました。しかし、原子力規制委員会はそれらの意見に全く答えていません。そして、こうした極めて重要な問題が指摘されているにも関わらず、九州電力の姿がまったく見えてきません。まるで他人事かのようです。

 そこで、以下の問題について質問をします。公益企業体としての九州電力の誠意ある回答をお願いします。



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1366日目報告☆

2015.01.15(21:07) 2247

青柳行信です。1月15日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1366日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月14日3691名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月14日3名。
  宮本秀臣・生子 高山ひとみ 
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
福島では またセシウムの濃度が高くなったそうです。
溶け落ちた核燃料が 化学反応を起こしているのではないかと
心配しています。
地震も多いし、火山も活発になっているし、こんな状況では再稼動など
とんでもない話しです。
あんくるトム工房 
セシウム濃度50倍に  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3320

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆スウェーデンに学びし友の身罷りぬ「子どもと自然の塾」を遺して
      (左門 ’14・1・15-902)
※親子二代生物学者のA・K君。留学後は政府機関の官僚で
あったが、定年後は学校教育に不足する「自然の中で暮らし、
命・環境の大切さを体得する塾」を始め、その報告をする時は
少年さながら瞳を輝かせていた。病を得て80歳で他界したが、
残された塾の発展と子どもたちの成長を祈るばかりである。

★ 遠藤由香里(反核女子部) さんから:
川内原発再稼働絶対許さん!『反核女子部?福岡九電本店前抗議』
1月15日(木)18時~19時。雨天決行。
気温が低く小雨の予報になっています。雨具、防寒着のご準備を!
九電所有全原発廃炉が決まれば即中止。 皆さまのご参加お待ちしています!
ビラ:http://tinyurl.com/n5qfvp9

★ 酒井嘉子 さんから:
サウンドデモ裁判が勝訴して、新年早々の快挙ですね。これに続いて勝訴の
判決を次々に勝ち取りたいものです。
~~~
緊急シンポジウム「川内原発再稼働の是非を問う」
日 時:2015 年1 月18 日(日曜日) 14:00~17:00 (開場13:30)
場 所:久留米大学 福岡サテライト (福岡・大丸東館エルガーラ・オフィス棟6F)
(入口はエルガーラ・ホール側ではなく、国体道路側です)

参加費:無料
主 催:福岡核問題研究会
問合先:三好 (電話:092-522-8401,メール:eisaku.miyoshi@kyudai.jp)

★ 坂井貴司 さんから:
<福岡サウンドデモ裁判>
 周知の通り、警察は在特会などのヘイトデモは野放しにするくせに、反原発や
反戦平和デモに対しては異常な規制を行い、デモが事実上できなくなるようにし
ています。不当逮捕も頻発しています。

 これに対する反撃が福岡で行われ、今日勝利を勝ち取りました。

 福岡サウンドデモ裁判
 http://demosaiban.blog.fc2.com/

 2011年5月8日、福岡市で脱原発を訴えるサウンドデモが行われようとしました。
デモ参加者を先導して車道を走行するトラックを事前に準備していました。道路
使用許可申請時には、このトラックが荷台に音楽機材とDJを載せるための必要な
添付書類も一緒に届け出ていて、事前にその許可書が出されていました。
 ところがデモ隊が出発しようとすると、交通課警官が目の前に立ちはだかり
「このトラックは走らせることは出来ない」と出発を阻みました。
 後日、抗議に行くと、道路使用許可申請には、DJトラックの機材を載せる図面
書類も提出していたにも関わらず、その図面を破棄していたこと
がわかりました。
 警察に対して「審査請求」という形で不服申し立ての声をあげましたが、福岡
県公安委員会は全く相手にしませんでした。
 それで国家賠償請求訴訟をしました。
 今日1月14日、福岡地方裁判所は原告の訴えを認め、福岡県警に1万円を支
払えと命じました。
 金額は問題ではありません。司法が、街頭行動に対する警察の弾圧を断罪した
のです。
 街頭行動への抑圧を進める安倍政権への痛撃となる判決です。
青柳コメント:私も原告です。

★ 木下紀男 さんから:
「県民の会」1・17学習会 ご案内
いまの安倍政権の「地方創生とは何か」を学ぶとともに、
県政の現状と私たちのめざ県政の方向をごいっしょに考えるための重要な企画で、
4月の県知事選挙への決起の機会ともなります。

この機会に福岡県政はどうなっているのか、
また、原発再稼働に反対する力をどう結集するかと関心をもって
いただいているすべての方々のご参加をお願いしています。
ぜひとも、広い団体、個人の方がご参加いただけますよう、
ご案内いたします。

期日 1月17日(土)午後2時~5時
 場所:福岡市中央区電気ビル本館地下2階8号会議室(全体300名)
基調講演 中山徹・奈良女子大教授
安倍政権の「地方創生」とは、住民が願う真の地方再生は
主催:「県民を主人公に、憲法をくらしに生かす福岡県民の会」
  (略称)「福岡県民の会」
チラシ:http://tinyurl.com/kcmhow7

★ 三ツ林安治 さんから:
  <スンダラム氏講演録>
2014年12月12日に行われたインド、CNDP(核廃絶と平和のための連合)の
クマール・スンダラム氏の「インド原発反対運動」の講演録を、
まとめられたノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
のご厚意で下記ブログに転載しております。
http://coanet12.blog.fc2.com/
ご一読ください。日本の岸田外相が明日
から22日までの日程でヨーロッパを巡ってからインドに寄り、インド首脳と会談
を行ようです。日印原子力協定調印の動きも十分に考えられます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2378】
2014年1月14日(水)
※ 短信-金曜行動グループの初めての全国交流会近づく
☆1月24日(土)25日(日)鹿児島県薩摩川内市内で、注目すべき交流集会が開か
れる。
 全国の金曜行動が薩摩川内市内の川内原発に集まろう・交流しよう・原発再稼
働を阻止しよう、という集まり。日本で初めての交流会だ。
☆今全国で、原発やめようで一番活発で、数も多いのが金曜行動(全国各地で
100-200位)。そこが再稼働予定の川内原発に集まる。この交流集会は日本の原
発史上記録に残る集ま
りになると思う。(柳田真)
━━━━━━━
┏┓
┗■1.福島県南相馬で配布「ベテランママの会」の冊子、放射線は怖くないと宣伝
 |  福島原発事故で原発安全神話が崩れ、今度は放射線安全神話の刷り込み
をしている
 |  「東大御用学者・IAEAは政府広報で放射線の:虚構:を風評している。」
 |  福島県内のチョウで子の世代で死ぬ確立が高い:英科学誌電子版に発表
 └────  吉田照勝(たんぽぽ舎会員)

○福島県南相馬市は、2014年12月28日に特定避難勧奨地点から全て解除された。
それに先立って南相馬市では、よくわかる放射線教室「ベテランママの会」とい
う名称の冊子が配られた。
早野龍五(東大大学院理学系研究科特例教授)著。放射線は゛それほど恐れなく
てもいい゛神話づくりの広報紙である。
 ●原発事故によって始めて放射線を浴びたわけでない、もともと放射線は存在
している。
 ●人間や動植物、食べ物の中に原発事故以前から放射性物質は含まれている。
 ●大気中に放射性物質は舞っていない、子供の外遊びは安全マスクの必要はない。
 ●内部被曝はほとんど食材由来、南相馬市の市街地の空間線量は西日本と変わ
らない。
 ●井戸水のように充分澄んだ水は放射性物質と泥が結合、沈殿、安全性は高い。
 ●病院の検査で放射線・放射性物質は使われる等。日常生活のどこにでもあ
る、慎重になりすぎなくていいという趣旨の内容である。
○放射性物質の影響は、小さな生物から異変を及ぼしていく。琉球大学の大滝丈
二准教授(分子生理学)研究チームらは、原発事故直後福島県、茨城県、東京で
2011年5月と9月に集めたチョウの一種「ヤマトシジミ」成虫から生まれた卵をふ
化させて育て、孫の世代まで調べた結果福島県内のチョウで子の世代で死ぬ確立
が高い、放射線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さい、羽の配合パター
ン、斑点の数に異常があった等、事故が周辺の自然に影響をあたえ遺伝的な異常
が出ているのは間違いない。調査結果を研究チームがまとめ、英科学誌電子版に
発表した(2012.8.11毎日新聞)。最近では、殺処分を拒否して育ててきた牛に異常
な斑点がでてきたことが報告されている。
○政府は、原子力発電所爆発事故により原発安全神話が崩壊したことから、放射
線はそれほど怖くないと、今度は放射線安全神話の刷り込みを浸透させようとし
ている。2014.8.11、
朝日新聞など全国紙と福島民報・福島民友に「放射線についての正しい知識を」
政府広報で、復興庁、内閣官房、外務省、環境省名で大きく掲載した。著者は、
中川恵一(東大医学
部付属病院放射線科准教授)、レティ・キース・チェム(国際原子力機関IAEA保
健部長)。
 ●福島で被曝によるガンは増えないと考えられる。
 ●100msv/年以下では甲状腺ガンは増えない。
 ●運動不足などによる生活習慣の悪化がガンリスクを高める。
 ●セシウムの放射線は体を突き抜けるので内部被曝は低い。
 ●放射線の影響に関する誤解はメディア報道の仕方に問題。
 ●IAEA・ ICRP(国際放射線防護委員会)の国際基本安全基準「一般市民1msv/
年、原発事故発生地域の人20msv/年」は、科学的根拠に基づき健康の影響はな
い。原発事故が起こる
と安全基準値が急に20倍に上がる、これがIAEA・ ICRP・国際機関の科学的根拠
である、お粗末の極まりである。
○南相馬市の152世帯の住民の多くは「線量がまだ高い」解除に反対、「すぐには
帰還しない」と話している(2014.12.29朝日新聞)。政府は、御用学者・マスコ
ミ・地域冊子を利用して放射線安全神話つくりを綿密・計画的に行なってい
る。゛放射線汚染の本質を見逃してはならない゛

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、新知事が登庁した佐賀県、玄海原発関連の記事からはじめます。

玄海原発関連、
1.「知事就任会見?「前知事の(オスプレイ)方針承継しない」佐賀テレビ
(2015/01/14 19:49)
http://www.sagatv.co.jp/news/
「14日初登庁した山口祥義新知事は、国が計画を進めている佐賀空港へのオス
プレイ配備計画について白紙としたうえで、「前知事の方針を承継しない」との
考えを強調・・・・・一方、玄海原発再稼働問題については、早速来週にも現地
視察する意向を示しました。」

1’.「山口知事が就任記者会見」NHK佐賀01月14日18時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084626171.html?t=1421253164718
「・・・・また、玄海原子力発電所の3、4号機の再稼働については、基本的に
は再稼働の方向だという考えを改めて示した上で「原子力規制委員会の審査結果
を踏まえて県民と話し合い結論を出していきたい」と述べました。・・・・」

2’.「佐賀・山口新知事、玄海1号機廃炉を容認姿勢」朝日デジタル2015年1月
14日20時03分
http://www.asahi.com/articles/ASH1G5JQFH1GTTHB00K.html
「・・・山口知事は「原発問題に対しては安全第一が私の基本姿勢。1号機はか
なり老朽化しているという認識は持っている」と発言。九電が安全性が確保され
ないとして廃炉を判断した場合に尊重するかという問いには、「方向性としては
そう思っている」と答えた。実際に廃炉とするかどうかは九電の判断としたうえ
で、「まずは安全第一の判断をいただくということと、採算の問題もあるだろ
う」と話した。・・・・」

2”.「玄海町長“廃炉判断年度内に”」NHK佐賀01月14日18時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084661371.html?t=1421253265313
「玄海原発1号機の廃炉をめぐる判断について、立地自治体の玄海町長は、
NHKの取材に対し、新年度以降の財政計画に影響することから、年度内には表
明するよう九州電力に求める考えを示しました。・・・・玄海町によりますと、
1号機の立地に伴って、町には今年度、3億円余りが国から交付金として支払わ
れていますが、廃炉になれば、この予算がなくなることになり、今後の町の財政
計画を見直す必要があるとしています。」

政府が、
3.●「原発廃炉費、全利用者負担へ 経産省有識者が報告書案」東京新聞2015
年1月14日12時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015011401001078.html
「原発の廃炉会計制度見直しに関する経済産業省の有識者会議は14日、報告書
案をまとめ、2016年の電力小売り全面自由化後も、原発の廃炉費用を電気料
金に転嫁することを決めた。14年度内に関連省令を改正する方針。原則として
全ての利用者が負担する方向となる。全利用者に負担を求めることには反対意見
もあったことから、例外規定を設けるなどの詳細は今後検討する。
大手電力が抱える老朽原発の廃炉を円滑に進めるため、費用を確実に回収する。
利用者は原発に頼らない新規参入事業者から電力を購入しても、負担を迫られる
ことが想定される。」(共同)

3’.「廃炉費用、10年で分割処理=原発の会計見直し―経産省作業部会」時事通
信?1月14日(水)11時29分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015011400039
「経済産業省の有識者作業部会は14日、原発の廃炉に関する会計処理の報告書案
を大筋で了承した。廃炉決定に伴い、一度に巨額の損失を計上する必要がある現
行の会計制度を見直し、損失を10年で分割処理できるようにすることが柱
だ。・・・・」

4.●「<予算案>廃炉支援策出そろう 地域振興費や会計制度見直し」毎日新
聞?1月14日(水)20時7分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m020086000c.html
「経済産業省は2015年度当初予算案で、原発立地自治体の中小企業支援など
に使う地域振興費を、前年度当初比15億円増の23億円計上した。廃炉に備
え、原発に頼らない地域経済作りを促す。また、経産省の有識者会議は14日、
電力会社の廃炉を支援する会計制度見直し案を決定。これを受け、関西電力など
電力4社は、老朽原発5基の廃炉に向け、地元調整を本格化させる。
原発の廃炉が決まった立地自治体などを対象に、中小企業の商品開発支援などに
使う地域振興費の用途を広げるなどする。原発の営業運転が終われば、立地自治
体に支払われる交付金が打ち切られるほか、関連雇用が喪失し、地域経済に大き
な影響が出るため、立地地域の新産業創出に向けた対策を厚くする。全国を対象
とした中小企業振興予算の活用も促す。
電力会社の会計制度見直しでは、・・・・・18~20年度に電気料金が自由化
された後は、廃炉費用を送電線の利用料金に上乗せする案も示した。

5.「<原発交付金>30キロ圏外の避難住民受け入れ先も」毎日新聞?1月14日
(水)19時17分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m040059000c.html
「内閣府は来年度から、原発から30キロ圏外で原発事故時の避難住民の受け入
れ先になっている道府県に対し、避難訓練を行った場合の費用を全額補助する新
制度を設ける。法令では、原発の防災対策に使う交付金を受け取れるのは30キ
ロ圏内(24道府県)に限られる。受け入れ先からの要望を受け、30キロ圏内
の道府県を経由する形で交付を認めることにした。
●例えば、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)の場合、30キロ圏外の
受け入れ先に熊本県が含まれる。従来は、鹿児島・熊本両県が合同で避難訓練を
実施した場合でも、費用を国から受け取れるのは鹿児島県だけだった。新しい制
度では全額をいったん鹿児島県に交付し、熊本県分の費用は鹿児島県から熊本県
に渡す仕組みにした。
だが、毎日新聞が昨年実施したアンケートによると、受け入れ先自治体では、避
難場所の整備や非常食の備蓄などで国の補助を求める声が強い。内閣府は「ハー
ド面の整備は交付金の性格上難しい」と説明している。」

5’.「原発立地道県に新交付金=15億円、使途限定せず-政府」時事通信
2015/01/14-20:27
全文「政府は14日決めた2015年度予算案に、原発の立地する13道県を対
象とする新たな交付金15億円を計上した。自治体が使いやすいよう、あらかじ
め使途は限定しない。原子力規制委員会の適合性審査を通過した原発の再稼働に
向け、地元自治体の理解を促す狙いがある。
経済産業省によると、原発のある道県は、再稼働や定期点検などに伴う運転停止
で地元企業の経営環境や市民生活に大きな変化が生じると判断すれば、新交付金
を申請できる。例えば、再稼働で放射線量の変化を心配する住民への説明会の開
催費などにも使えるという。」

6.「避難指示区域、交付金の使途拡大 政府予算案【復興】」朝日デジタル
2015年1月14日22時55分
http://www.asahi.com/articles/ASH1F53PTH1FULZU009.html
「15年度は東日本大震災から5年と定められた集中復興期間の最終年度にあた
るが、「25兆円をめど」とされていた予算総額は、26兆円を超えた。・・・・」
・・・・こちらの記事には詳細の絵図があります。

原発施設、
7.「老朽原発5基廃炉へ=電力4社、年度内に決定」時事通信?1月14日(水)15時
43分配信  ※絵図有
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015011400645
「関西電力、中国電力、九州電力、日本原子力発電は、2016年7月までに運転開
始から40年を超える老朽原発5基を廃炉にする方向で、月内にも地元自治体との
調整に入る。廃炉に伴う電力会社の負担を軽減する会計ルールが固まったことを
受けたもので、立地地域の雇用確保策などについて地元と協議した上で今年度内
に廃炉を正式決定する。
?5基は、関電美浜1、2号機(福井県)▽中国電島根1号機(島根県)▽九電玄海1号
機(佐賀県)▽原電敦賀1号機(福井県)。・・・・」
・・・・昨日、6.の続報ですが、廃炉費用は全額電気利用者負担の制度を政府
が作ることを受けて・・・。判断は安全ではなくお金です!!

規制委が、
8.「老朽原発の審査体制整備へ 原子力規制庁を増員」西日本2015年01月14日
18時11分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/139160
「政府は14日、稼働から40年を超える老朽原発の運転延長を電力会社が申請
した場合に対応する審査体制を整備するため、2015年度に原子力規制庁の定
員を4人増員することを決めた。40年前後がたった老朽原発は国内に計7基あ
るが、このうち関西電力が既に高浜原発1、2号機(福井県)の延長方針を決め
ており、4月以降の申請を検討。その後も年に1基程度が稼働から40年を順次
迎える。・・・」
・・・廃炉の一方で、延長運転の審査もやる体制を補強!! とんでもない。原
発推進です。まどわされないようにしましょう。

原発立地地域、
9.●●「(新潟県)泉田新潟知事、東電は「二枚舌」と批判」時事通信?1月14日
(水)20時0分配信
全文『新潟県の泉田裕彦知事は14日の定例会見で、東京電力 <9501> の広瀬直己
社長との柏崎刈羽原発6、7号機をめぐる6日の会談について、「本心を隠して、
二枚舌で(再稼働を)進めているという印象が強い」と語った。その上で、同原
発の新規制基準への適合性審査に関し、「第三者の目を入れて安全を確保したい
と言いながら、(会談では)再稼働に向けた説明をされた」と述べ、東電の再稼
働ありきの姿勢を批判した。」

10.「(新潟県柏崎市)24年間議席独占、自民がベテラン後継擁立断念」読
売新聞2015年01月14日 11時53分
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20150114-OYT1T50013.html
「4月に行われる新潟県議選で、自民党が柏崎市刈羽郡選挙区(定数2)のベテ
ラン県議の後継を立てられない状況にある。
昨年8月末、同市議で市職員労組が支持基盤の池田千賀子氏(53)が無所属で
の立候補を表明。池田氏は11年の市議選でトップ当選した人気市議のため、自
民党から東山氏の後継に立った候補は、三富氏を含めた厳しい選いが予想され
た。・・・
池田氏は昨年の出馬表明の記者会見で「自民党籍がある方にも応援していただき
たい」と明言。自他共に認める反原発の「社民寄り」ながら、東京電力柏崎刈羽
原子力発電所の再稼働については「命と暮らしが担保されるなら原発も否定され
ない」と述べ、再稼働を推進する自民党の支持層の切り崩しに余念がな
い。・・・・」
・・・こんな程度では困りますね。

11.「(福井県)小浜市での爆破テロを想定 福井県や県警など80機関が図
上訓練」産経新聞?1月14日(水)7時55分配信
http://www.sankei.com/region/news/150114/rgn1501140054-n1.html
「福井県小浜市内の観光施設や観光船で同時爆破テロが起きたとの想定で、県庁
と小浜市役所で13日、国民保護図上訓練が行われた。県、警察、消防、自衛
隊、病院など約80機関、約200人が参加して、現場との連携などを行い、万
一に備えた。国民保護法に基づく図上訓練で、平成18年度以降、毎年行ってい
る。今回は小浜市で初めて実施した。・・・・西川一誠知事をトップに対策本部
が置かれ、事態の収拾に取り組んだ。
櫻本宏県安全環境部長は訓練後の講評の中で「同時爆破テロや孤立地区の発生
で、現地の安全確認など迅速に対応策を導き出すことができた。一方で、情報量
の多さから会議資料の作成などに時間を要した点が一部あった」と指摘し、「応
急対策業務の習熟度をあげる必要がある」と述べた。」

原発施設、規制委で、
12.「女川2号機審査 東北電、トラブル対策有効性を説明」河北新報2015年
01月14日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150114_13032.html
「原子力規制委員会は13日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻
市)の新規制基準への適合性審査(安全審査)会合を開き、運転中に重大事故に
至る恐れのあるトラブル対策の有効性について議論した。東北電は機器の配置、
作業要員の確保といった対策の妥当性を強調した。・・・」

福島第1原発、
13.「東電、海への排水基準を厳格化へ 福島第1原発のサブドレン」西日本
2015年01月14日 21時29分
全文「東京電力は14日、福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」からく
み上げた地下水を浄化して海に放出する計画について、排水基準を厳格化する方
針を原子力規制委員会に申請したと発表した。サブドレン計画の実施をめぐって
は地元漁業者らの了解が必要で、東電は今後、基準の厳格化について説明して理
解を求める考え。これまで東電は排水の際には、ストロンチウムなどベータ線を
出す放射性物質の濃度は1リットル当たり5ベクレルとすると説明していたが、
3ベクレルに変更する。他の放射性物質であるセシウムとトリチウムについては
変更しない。」(共同)
・・・・「厳格化」という見出しの付け方がおかしい!!

14.「収束作業「順調」と認識 駐日仏大使が福島第1原発視察」福島民友
01/14 10:20
http://www.minyu-net.com/news/news/0114/news10.html
「フランスのティエリー・ダナ駐日大使は13日、原発事故からの収束作業が行
われている東京電力福島第1原発を視察した。「状況はコントロールされてい
る」と感想を述べ、原発収束作業が順調に進んでいるとの認識を示した。駐日フ
ランス大使による同原発視察は事故後初めてで、海外の駐日大使としては米国と
ドイツに続き、3カ国目。・・・・」
・・・・過去にドイツの大使は何と言ったか、報道があったか?

15.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月14日
「13日正午現在 1.113マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.135マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
16.「営業損害賠償、継続を=東電に要望―福島・原町商工会議所」時事通
信?1月14日(水)21時0分配信
全文「福島県南相馬市の原町商工会議所の関係者は14日、東京都内の東京電力本
社を訪ね、福島第1原発事故による営業損害の賠償を継続するよう要請した。高
橋隆助会頭が、東電の新妻常正福島復興本社副代表に要望書を手渡した。東電
は、避難によって営業ができなくなるなどの被害を受けた中小企業や個人事業主
らに対し、逸失利益分を補償してきた。同社は、今年2月までの期限を実質1年延
長した上で賠償を終える案を地元関係者に示している。」
・・・・事故を起こした当事者が、打ち切りを宣言する―とんでもない!! 

17.「<予算案>中間貯蔵施設整備費に758億円」毎日新聞?1月14日(水)10
時57分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150114dde007010034000c.html
「政府は14日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土などを最長30
年間、福島県大熊、双葉両町に保管する中間貯蔵施設の整備費として758億円
を2015年度予算案に盛り込んだ。地権者との交渉が進まず未使用に終わる用
地取得費約450億円が14年度予算から繰り越される予定で、総額は前年度比
1.2倍の約1200億円となる見通し。・・・・政府は中間貯蔵施設の総費用
を30年間で計約1兆1000億円と見込んでいる。・・・・」

18.「安全な輸送体制確立を 中間貯蔵で広野町要望」福島民報?1月14日
(水)10時14分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011420344
「福島県広野町と同町議会は13日、復興庁と環境省、県に東京電力福島第一原
発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設への安全な輸送体制の確立など
を要望した。福島市の復興庁福島復興局では、遠藤智町長が福島伸一郎局次長に
要望書を手渡した。鈴木紀昭議長をはじめ、全議員が一緒に訪れた。・・・・」

19.「広野町で帰還に向け住民懇談会」NHK福島01月14日18時57分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054557901.html?t=1421257686965
「・・・・広野町は、原発事故の直後、国の避難指示は出されませんでしたが、
多くの住民が避難し、事故から3年10か月がたったいまも、町に戻ったのは人
口の3割あまりにとどまっています。このため、住民の帰還につなげようと、町
が除染の状況など独自の取り組みを説明する住民懇談会を14日から開き、会場
のいわき市の仮設住宅には、およそ20人が集まりました。・・・これに対し、
住民からは、局所的に放射線量が高い場所があり不安だという意見が出されまし
た。広野町では、今月17日までにあわせて6回、懇談会を開く予定」
・・・・なぜ、帰還ばかりをすすめる?

20.●「新年度予算案に子ども肥満対策」NHK福島01月14日23時08分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054675331.html?t=1421257570171
「・・・・福島県では、全国に比べて肥満傾向のある子供の割合が高く、小学生
の男の子の運動時間の平均が全国最少となるなど、原発事故による運動不足が懸
念されています。このため、新年度予算案には県内の小学校4年生から高校3年
生までのおよそ13万人を対象に生活習慣の改善に活用できる手帳を配布するた
めの費用が初めて盛り込まれました。
この手帳には、体力テストの結果や身長・体重の変化、食事のメニューなどを書
き込めるようにして、子供たちの生活習慣の改善につなげることが狙いで
す。・・・」

21.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:12 他ならよかったのに」朝日
デジタル2015年1月14日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11549082.html
「◇No.1154 兵庫県教委の山本誠(49)は・・・2012年9月11
日、広野町の災害公営住宅の建設予定地に遺跡があるかどうか調べた。多分ある
とにらんでいたが、ずばり、遺跡を掘り当ててしまった。あいつ、よけいなもん
見つけやがって、て思われてるんやろなあ。・・・ 
町教委の文化財担当、鈴木恵(36)は複雑だった。歴史は幼いころから好き
だった。初めて関わる試掘調査で縄文土器が出てきたとき、ワクワクした。この
場所に、どんな人が住んでいたのか。想像をかき立てられた。でも、災害公営住
宅はどうなるんだろう。そんな不安もわいた。鈴木は代々続く自宅を津波で失っ
た。水につかり、取り壊さざるを得なくなり、両親と夫、3人の子どもととも
に、いわき市に移っていた。帰る場所がほしいという町民の気持ちは痛いほどよ
く分かる。復興と遺跡の板挟みに陥った。ストレスで食べ物を受け付けない。み
るみるやせた。同僚から「病気じゃないか」と心配された。」

22.「福島知事と女性7人、県内農業の未来語る」産経新聞?1月14日(水)7時
55分配信
http://www.sankei.com/region/news/150114/rgn1501140061-n1.html
「県内の農業の未来や現状について語り合おうと、内堀雅雄知事と農業に従事す
る女性7人の懇談会が13日、福島市の杉妻会館で開かれた。「福島の農業、輝
く!農業女子」をテーマにそれぞれが意見を交換し合った。参加したのは県内で
水稲や野菜の栽培、農業法人を経営する女性7人。・・・増子さんは「また地元
の自分で切った木でシイタケを作りたい。地域が元気になるように頑張りたい」
と話した。・・・・」
・・・・気持ちはわかるが・・・、本当にこれでよいのかと思ってしまいます。

23.「シラウオなど今年初の試験操業 相馬双葉漁協」福島民報2015/01/14 11:04
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/01/post_11307.html
「相馬双葉漁協は13日、本県沖で今年最初の試験操業を行った。松川浦(相馬
市)、釣師浜(新地町)、真野川(南相馬市鹿島区)の各漁港から約30隻が出
港。初めてとなるイシカワシラウオの船引き網漁をはじめ、タコのなだかご漁、
サバなどの固定式刺し網漁を実施した。・・・松川浦漁港では新春を祝うような
陽光が差す中、漁業者が水揚げしたイシカワシラウオを丁寧に手作業で仕分けし
た。・・・」

24.「(福島県)14日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月15日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(魚介類)」、「富岡沖シロメバル基準値超」
・・・・「牧草・飼料作物の放射性物質検査結果」

25.「(岩手県)韓国調査団が久慈視察 地元、水産物の安全性訴え」岩手日
報2015/01/14
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150114_6
「福島第1原発事故を受け、本県など8県からの水産物の輸入を禁止している韓
国政府が派遣した調査団は13日、久慈市の市営魚市場を訪れ、輸入規制見直し
を検討するための現地調査を行った。・・・・
非公開で開かれた会議で、水産庁職員や県職員が本県漁業の実態や放射性物質の
検査状況について説明した。同庁によると、調査団側から「放射性物質のモニタ
リング検査によって水産物の安全性はどの程度確保されているのか」「福島県の
水産物も本県で水揚げされているのか」などの質問が出たという。会議後は市漁
協職員が、同市場の施設内容や水揚げされた水産物の管理体制について説明し
た。・・・・」
・・・・昨日23.の記事の青森県から岩手県に移動。非公開というのがおかしい。

26.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月14日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150114/1839546
▼空間放射線量率(14日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

27.「(愛媛県)避難者訴訟初弁論 国と東電、争う姿勢??松山地裁 /愛
媛」毎日新聞 2015年01月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20150114ddlk38040513000c.html
「東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされたとして、県内への避難者6
世帯12人が国と東電に約6600万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第1回口
頭弁論が13日、松山地裁(西村欣也裁判長)であった。国と東電は請求棄却を
求め、争う姿勢を見せた。・・・次回弁論は3月17日の予定。」

電力、
28.「(北海道)コープさっぽろ電力小売り 7月にも新会社 脱原発へ家庭
向け参入」北海道新聞(01/14 07:15) ※絵図有
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/585735.html
全文「コープさっぽろ(札幌)は13日、2016年度中に道内で家庭向けの電
力小売り事業に参入する方針を明らかにした。16年度からの電力小売り全面自
由化をにらみ、今年7月にも電力の仕入れと小売りを担う新会社を設立する。再
生可能エネルギーを中心に道内から電力を調達し、原発に頼らない社会を目指
す。19年度までに累計10万件の顧客獲得を目標とする考えだ。
道内では、札幌圏などに約55万件の顧客を持つ北海道ガスが16年中に家庭向
けの電力小売りに参入する方針を表明している。全道に約150万人の組合員を
持つコープの参入で、電力市場の競争が激化しそうだ。
新会社「コープクリーン電力(仮称)」は資本金3千万円で、コープさっぽろの
子会社エネコープ(札幌)が全額出資する。コスト削減を徹底することで、電気
料金を北海道電力など大手より数%安くする。6月の総代会で正式に決める。」

海外、
29.「(韓国)寿命延長と解体で揺れる韓国の老朽化原発」ハンギョレ新聞?1
月14日(水)19時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00019317-hankyoreh-kr
長い記事「原子力安全委員会(原安委)が老朽原子力発電所の月城1号基の寿命延
長案件を今年最初の会議に上程することにした。 これに伴い、今年が原発廃炉
の歴史の元年になるかを巡り激しい議論が予想される。韓国水力原子力(韓水原)
と政府は「稼働しても赤字」という診断が出てきた老朽原発の再稼働を押しつけ
ようとしている。 これに対して、老朽原発の解体問題が目前に迫った状況で、
これに伴う政治的負担をひたすら先送りする方法で解決しようとしているという
批判が出ている。・・・・・・」」
・・・安全よりもお金で判断、何処の国も同じ。?

参考記事、
30.●●「誤用情報を根拠に放射線影響を含めた健康管理施策案を環境省がパブ
コメ(上)」まさのあつこ?|?ジャーナリスト」2015年1月14日 15時40分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20150114-00042239/
長い記事「環境省は、東電の福島第一原発から放出された放射線による影響を含
めた健康管理の施策案を発表し、1月21日まで国民から意見を募集している
が、根深い問題をはらんでいる。「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住
民の健康管理のあり方に関する専門家会議」(座長:長瀧重信・国立大学法人長
崎大学名誉教授)による「中間取りまとめ」を踏まえているが、その根拠を辿る
と国内外の情報の誤用・濫用が浮き彫りになる。・・・・・」
・・・・重要な指摘がしてあります。時間をとって検索ください。

31.「<原子力学会>「調査専門委設置」でHPに謝罪文」毎日新聞?1月14日
(水)19時23分配信
全文「日本原子力学会は14日、原発敷地内の断層の影響を評価する調査専門委
員会を設置したという7日の発表について、「誤解を招いた」として同学会の
ホームページに謝罪文を掲載した。発表では、日本地質学会など他の学会と協力
するとしていたが、実際には学会としての参加の同意を得ていなかったという。
原子力学会は「他学会に所属する専門家が参加しているが、組織的な連携とは言
えないところがあった。誤解を招く表現で、関係者におわびしたい」としている。」
・・・・存在意義を問われる学会。

32.「阪神大震災:県外避難7割戻れず 帰還希望者、56世帯なお残る」毎
日新聞 2015年01月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150114dde041040061000c.html
「阪神大震災で兵庫県外へ避難し、いずれは戻りたいと県の支援事業に登録して
いる被災者が、昨年11月現在で56世帯に上る。事業が始まった2000年以
降、登録した972世帯のうち、県内に戻れたのは262世帯(27%)。避難
先で永住を決意した人や死亡・行方不明など654世帯(67%)は戻れなかっ
た。県は来年度以降、事業を継続するか検討している。兵庫県の推計では、震災
があった1995年、約1万9000世帯が県外へ転出した。その後も転出は続
いているが、県外避難者総数は分かっていない。・・・・・
県が昨年11月現在の登録56世帯を調査した結果、避難先は全国に及び、登録
者は60歳以上が80%を占めた。今も戻れない理由は、通勤・通学の都合
19▽希望の空き物件がない16▽高齢・病気8▽公営住宅に当選しない7▽再建や
転居の資金調達が困難2??など。」

33.「【社説】原子力災害避難基準」カナロコ by 神奈川新聞?1月14日(水)12
時31分配信
http://www.kanaloco.jp/article/82763/cms_id/120923
「・・・・・福島の原発事故を引き起こす温床となったのは、「安全神話」で
あった。米軍は無謬(むびゅう)ではない。最悪の事態を想定した備えを行うべ
きだが、横須賀では懸案が残されている。その一つが、国が定めた事故時の避難
基準に、原子力艦と原発で食い違いがあることだ。・・・・」
・・・・米軍の空母は事故を起きえないという安全神話・・・。

34.「菅原文太さん 「地球に生まれて良かった」の意味を振り返る」NEWS
ポストセブン?1月14日(水)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150114-00000005-pseven-ent
「・・・・菅原さんとは“カレーを食べ合う仲”だった鎌田さんが、菅原さんの思
い出を語る。・・・・文太さんがつぶやいた。
「このままだと僕らは、未来の子孫に“地球を汚したいだけ汚して、わがまま勝
手に生きてきた悪者”だと思われてしまうね。福島原発事故の汚染だって子孫に
禍根を残す結果になってしまった。僕は80歳を超えたし、一度はガンで余命1年
半と宣告された身だから、自分の命を張って、国の掃除をしなければいけないと
思ってるんだ。僕らの子孫がおぎゃーとこの世に生まれて“ああ、地球に生まれ
て良かった”と感じられる環境を守らなきゃいけないよね」  文太さんの想い
は、いつだって次の世代へ向けられていた。」

35.「(京都)河合弁護士が監督「日本と原発」 福島事故、背景に迫る 
16日、左京で上映 /京都」毎日新聞 2015年01月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20150114ddlk26200374000c.html
「国内の脱原発訴訟を主導する河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画
「日本と原発」の上映会が16日午後6時半から、京都市左京区の京都精華大友
愛館である。関西では初上映で参加無料。・・・・・・問い合わせは京都精華大
人文学部細川ゼミ・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、1面トップは政府予算案です、
3面左端に、7.の記事、
6・7面に見開きで政府予算特集、
7面左下に、5.の類似記事で、見出しは再稼働が当然と言わんがばかりに、
36.「再稼働で立地地域支援」とあります、

28面九州経済欄に、
37.「エアコン省エネ冷媒販売 HTB子会社「使用電力30%減」西日本電子
版2015年01月15日 03時00分
http://qbiz.jp/article/53737/1/
ハウステンボス(HTB)子会社のハウステンボス・技術センター(長崎県佐世
保市)は14日、エアコンの使用電力を約3割削減できるとする自然冷媒ガスを
2月から全国で販売すると発表した。製造元のニューテック(東京)と提携契約
を締結した。業務用空調機器を使う商業施設などに冷媒の交換を提案する。自然
冷媒ガスはプロピレン、プロパン、イソブタンの炭化水素3種類を混合した
「R443a」。ニューテックによると、一般的な冷媒の代替フロンに比べ低い
圧力で熱交換でき、使用電力を抑えられるという。R443aは大気中に放出さ
れても地球温暖化への影響が小さく、HTB・技術センターは「エコロジー(環
境)とエコノミー(経済性)を共存させた商品」とアピールする。
エアコンメーカーは冷媒の変更を想定しておらず、環境省は「勧められない」と
しているが、ニューテックの増田恵至社長は「これまで故障や事故はなく、修理
の態勢も整えている」と安全性に自信を示した」

今朝は以上です。(1.15.4:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
宗教的ヘイト・スピーチ(1)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_13.html
宗教的ヘイト・スピーチ(2)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_87.html
宗教的ヘイト・スピーチ(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_14.html

ヘイト・スピーチ研究文献(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_12.html

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1365日目報告☆

2015.01.14(19:48) 2246

青柳行信です。1月14日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21 「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1365日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月13日3688名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
今また、東北地方で 地震があったというニュースが流れました。
原発は 安全ではないということを はっきりと認識すべきです。
川内では、地元の建設業者が九電の仕事を請け負っているとのこと。
まったく癒着していますね。しかも 県議と関係のある業者といいます。
危ない構図です。
あんくるトム工房
これって癒着だね  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3318
ラスト・エンペラー http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3319

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆山木屋の放牧牛にも権利あり 人の勝手で殺処分せず
      (左門 ’15・1・14-901)
※郡山市川保町山木屋の山地酪農家米倉啓示・直美夫妻。
「命を育むことの一番は食の安全を確保すること。故郷は
世界中どこにも取って代わることのできない唯一無二の場所。
理不尽に奪ったものを許すわけにはいきません」。同感・連帯!

★ 西山 進 さんから:
青柳行信さま
 先日病院に行く途中、バスの窓から寒風の中黙々とテントの設営をしている皆
さんの姿を拝見しました。
 「すいません」とつぶやきました。

 へランスで起こったテロに対するヨーロッパの抗議の波は広がっています。
 ドイツのメルケル首相は「フランスは友人」とデモに参加しました。かっては
ナチスが侵攻した、フランスです。
 ドイツの戦後は資本主義を選んだとしても、自分たちの起こした戦争を深く反
省し、現在のドイツを復興しました。
 EUにいろいろな矛盾はあるにしろ、ふたたび過ちを繰り返してはならないと
いう理念を感じます。

 かって日本は日独伊三国同盟に参加し、世界制覇を狙ったのですが、壊滅しま
した。
 しかし、その一員である日本だけがいまだに侵略したアジアの国々にはっきり
と礼節を尽くして反省をしたとはいえません。
 それどころか、かっての戦争を美化する方向で再びアジアでの覇権を狙ってい
ます。

 世界が注意深く見ています。
 
 ところがあらぬ緊張を作りだして軍備の増強に走っているのも事実です。
 今回の国の予算案を見ても歴然としています。
 自衛隊の軍事演習などが露骨に公開され、マスメディアの腰が引けてきました。

 このようなメールが「危険思想」になる時代を迎えてはなりません。

 ヨーロッパは

 十字軍、オスマントルコ、へランス革命、ファシズムなど、他国に蹂躙された
国民性が、
今、鉛筆をかざしてのデモであったとしても、私は日本人として、私たちの
行った戦争を 深く考えなければと思います。
 いたずらに神経質になる必要はありませんが、
「満州事変以後の日本をしっかり考えなければならない」と天皇に言わせるほど、
私たちは鈍感になりつつあるのでしょうか。

 戦争を進めた天皇の子
 戦犯の孫、安倍晋三、どこで間違ったんでしょう。
 
 私たちの行動を、ショウのように創るのも一つの運動の形ですが、
 私は人間としての『魂のさけび」と位置付けて進めることも大事だと考えます。
 「原発廃炉、再稼働やめよ」とみんなが花を持って(何お花でもいい)思いの
ためを書き連ねて
 天神を歩きましょう。
  そうですね。テントを花で埋めるのもいいでしょう。
 「市民の皆さんテントに花一輪を」なんちゃって。
  
 「馬鹿たれ、花の管理が大変だ、仕事をふやすな!」
 そういわれそうですね。

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。
成人の皆様おめでとうございます。

酒、煙草は呑み過ぎには注意しましょう。
昨日は〈日の丸〉国旗を一般家庭でも散見しました・
休日には国旗を掲揚しましょうと自家用車ボデ―に
植字加工した民間の右翼の方がおられます。
世界は憎しみの連鎖も紛争も止められません。
パリの反テロの370万人デモに負けず
青柳メ-ル愛読者の皆様も大いに
〈表現と自由〉について議論しにテントに行きましょう!!

一日川柳
〈『日の丸国』皇宮区隣組に9条無し〉
〈ペンは『日の丸』皇室に弱しメディアかな〉
〈ペン持てぬ格差の闇に飢える民あり〉

イスラム過激派によるパリの新聞社への
テロ行為で安倍晋三も即座に
反テロを表明しましたが
〈集団的自衛権〉〈特定秘密保護法〉の
閣議決定、選挙に勝てばなんでもあり
これも一つのテロではないのか??
〈トントン~♪トンカロリン~♪の助け合い~♪〉
と歌って日本帝国主義はアジアを侵略し
『隣組』は隣人監視の全体主義の基盤となりました。

第二次世界大戦後から、日本社会はその教訓を
生かせず再び『国家』による統制を持続させています。
それは隣組組織の名称を変え〈行政区〉という
国家権力の支配する構造が存在していないでしょうか?
〈集団的自衛権〉〈特定秘密保護法〉が
テロ同然の行為によって成立しても慣習のように
異議を唱えず沈黙し、万機公論を闇に葬る
慣習、それが〈行政区〉の召使
隣組??
町広報誌に〈自衛隊員〉の募集が毎月のようにある。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力資料情報室の高浜原発パブリックコメント例>について報告いたします。

1月13日に原子力資料情報室のホームページに高浜原発の審査書案のパブリッ
クコメント例が掲示されました。

http://www.cnic.jp/6225

『関西電力高浜発電所の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書について
015年1月13日 NPO法人 原子力資料情報室

 当室は、原子力規制委員会による関西電力高浜発電所の適合性審査結果に関す
るパブリックコメントに、以下の意見を応募いたします。ほかにも原子力規制を
監視する市民の会、原子力市民委員会、美浜の会でも応募した意見を公開されて
います。ぜひみなさまも意見をご応募ください。

 6p 2.発電用原子炉の設置及び運転のための技術的能力

・「規制委員会は、(中略)申請者における技術者の確保については適切なもの
であることを確認した」とあるが、東京電力福島第一原子力発電所においても同
様に技術者の確保は基準にそったものであった。福島事故の際の対応はそれでは
カバーできなかった。よって、原子力発電所の運転経験が43年間あるとか、各種
資格を持っているからといって、技術的能力が確保されているとは言えず、より
本質的な審査を行うべきである。

203p 4-1.2.2.4 原子炉圧力容器外の溶融燃料ー冷却材相互作用
(1)水蒸気爆発が実機において発生する可能性

・川内原発新規制基準審査書のパブリックコメントにおいて、規制委員会は【規
制委員会の考え方】として「TROI 装置による実験のうち、自発的な水蒸気爆発
が生じた実験においては、溶融物に対して融点を大きく上回る加熱を実施するな
どの条件で実施しており、この条件は実機の条件とは異なっています。国際協力
の下で実施されたOECD SERENA 計画では、TROI 装置を用いて溶融物の温度を現
実的な条件とした実験も行われ、その結果、本実験においては自発的な水蒸気爆
発は生じていないことを確認しています。」との回答を示した。しかし、事故時
には大量の核燃料と被覆材などが不均一な状態で溶け合って存在することにな
る。よって、成分と温度の不均一性は当然考慮すべきであるから、TROI実験を除
外することは、都合のよい実験結果のみを選択しており、非科学的であるとの誹
りを免れない。また、HongらはOECD-SERENA計画の結果を”The test results
confirmed the low explosivity of corium incomparison to simulant
alumina, although triggered steam explosions wereobserved. “(“Brief
Results of the OECD-SERENA Project”, /file/189%C8%AB%BC%BA%BF%CF.pdf) とまとめており、生じないとは主張してい
ない。>
www.kns.org/kns_files/kns/file/189%C8%AB%BC%BA%BF%CF.pdf) とまとめてお
り、生じないとは主張していない。

203p 4-1.2.2.5 水素燃焼  

・基準では水素濃度13%以下では爆轟は発生しないとあるが、TMI-2では水素濃度
約8%の状態で、水素爆発が生じている( E. Studer et al., Kurchatov
Institute,“Assessment of Hydrogen Risk inPWR,” [undated], p. 1,
ンスに関する説明資料では、再循環サンプ区画において爆轟領域に入っているこ
とがわかる。爆轟領域に入っている時間帯が短く、気相部が小さいとは言え、発
生した場合の影響評価は必要である。>www.eurosafe-forum.org/files
/b4.pdf)。 さらに、水素燃焼シーケンスに関する説明資料では、再循環サン
プ区画において爆轟領域に入っていることがわかる。爆轟領域に入っている時間
帯が短く、気相部が小さいとは言え、発生した場合の影響評価は必要である。

・事故状況の中では水素の偏在が考えられ、そこでの爆発が考えられる。関西電
力はGOTHICでの解析結果から水素は偏在しないとしているが、偏在することを前
提に水素燃焼にどう対応するのか検討するべきである。

・PARやイグナイタが必ず機能するとは言えない。また、高濃度水素条件下での
PARを使用した場合、着火による爆轟の可能性が指摘されており、この点も検討
するべきである。

・全炉心のジルコニウム反応を解析コードをもとに75%+6%としているが、九
州電力は川内原発の審査において解析コードに依存せず100%で提出している。
より保守側で審査するべきだ。すくなくとも100%でどのように変化するのかを
確認させるべきである。

・圧力容器内のジルコニウム・水反応が終了後、鉄・水反応による水素発生ポテ
ンシャルが上昇する。鉄・水反応による水素発生評価も行うべきである。

・MCCIにより、水素だけでなく一酸化炭素も発生するが、これに対する評価を行
なうべきである。』

「原子力資料情報室の高浜原発パブリックコメント例は」は審査書案の全体を網
羅しており、また項目別に問題点を指摘しており、専門的な内容も良く検討され
ており、良い見本になっています。

高浜原発の審査書案のパブリックコメントの締め切りは1月16日でもう後幾ら
も時間が有りませんが、大量のパブリックコメントを提出しましょう。

★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:
昨年11月7日の鹿児島県知事の川内原発再稼働「同意」記者会見は、とても理不
尽なものでした。「(川内原発での重大事故時は)5.6テラベクレル、そうする
と、炉心から5.5キロのところは毎時5マイクロシーベルト、動く必要がない。5
マイクロシーベルトというのは一週間ずっと浴び続けて、胃の透視の3分の1ぐら
い・・・」等々と喋る姿は、本当に県民の命や財産を守る立場の人だろうかと思
いました。これでは、県民世論も「避難計画」もないがしろにされるはずです。
川内原発で重大事故が起これば、鹿児島県だけの問題ではありません。チェルノ
ブイリや福島の事故を見れば明らかな様に、原発事故には県境も国境もありませ
ん。川内原発で炉心が溶けるような重大事故が起きても、本当に大丈夫なのか、
どのようような問題があるのか、いったいどうなるのか、元・原子炉格納容器設
計者の後藤政志さんに南九州3県7カ所で連続講演をして頂きます。
----------------------------------------------

後藤政志氏講演会
副題/元・原子炉格納容器設計者が問う原発再稼働
演題/川内原発が溶け落ちるとき

◎宮崎市
1月28日(水)開演19:00
宮崎市民文化ホール(イベントホール)
前売:800円(当日1,000円)
主催/後藤政志さんの話を聞く会
問合せ/090-8357-9827(鶴内)
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sizenmirai/sizentomirai-img/2015-gotomasashi1.jpg

◎鹿児島市
1月29日(木)開演18:30
よかセンター 8階 多目的ホール
参加費:800円
主催/後藤政志さんの話を聞く会
問合せ:099-248-5455(反原発・かごしまネット)

◎霧島市
1月30日(金)開演18:30
霧島市シビックセンター(公民館)
参加費:500円(資料代)
共催/
九電霧島支店前金曜行動の会
さよなら原発 きりしまの会(霧島市)
問合せ:0995-63-1700(九州川内訴訟原告団)

◎薩摩川内市
1月31日(土)開演10:00
川内まごころ文学館
参加費:500円
主催/川内原発建設反対連絡協議会
問合せ
090-2393-3621(三園)
090-9498-9308(鳥原)

◎いちき串木野市・日置市
2月1日(日)開演10:00
いちきアクアホール多目的室
参加費:500円
共催/
避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)
さよなら原発 ひおきの会 (日置市)
問合せ
0996-32-9726(緊急署名の会事務所)
090-2514-4260(日置市/山下・17時以降)
080-6432-6227(い串市/江藤・17時以降)

◎水俣市
2月2日(月) 開演19:00
もやい館ホール
参加費:500円(資料代)
主催/原発ゼロをめざす水俣の会
問合せ
090-7458-5882(中山)
090-8229-9539(永野)
チラシ:http://tinyurl.com/ljq7o5w

◎熊本市
2月3日(火)開演18:30
熊本県民交流会館パレア第一会議室
資料代:1,000円(大学生500円、高校生以下無料)
主催/原発いらない九州・熊本実行委員会
問合せ:096-389-9810(永尾)

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2377】
2014年1月13日(火)
┏┓
┗■1.米国のNRC(原子力規制委員会)も日本と“同じようなもの”-
 |  米国の研究者の指摘
 |  規制当局が事業者のとりこになっている
 |  再稼働は日本を滅ぼす 連載その26
 └────  柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

○昨年12月、米国から「日本の原発にかかわる問題」について研究にみえた若い
人と会った。質問に答えて私も、たんぽぽ舎25年の歴史・目的・活動などについ
て概略(要旨)を若干用意した文書にも基づいていくつか説明した。
○その会話の中で、私が日本の規制当局[2011年3・11東電福島第一原発事故
前は経産省原子力安全保安院、3・11後は、独立性の高い原子力規制委員会
(=原子力規制庁) ]は、特に、原子力安全保安院は、国会事故調から、「事業
者(=電力会社など)のとりこになっている」と名指しで、《最低の指摘を受けて
いる(文章になっている)》と私が述べたら、米国からの若い研究者いわく、「米
国のNRCも“同じようなものですよ”と指摘されていました。」と答えた。-そ
れは、米国の著名な組織・憂慮する科学者同盟のスタッフ(専門家)と話し合って
いたときの発言です-と紹介された。私の頭の中に深く残った言葉だった。
○今、保安院がよそおいを変えて原子力規制委員会となって、国民を目くらまし
して、原発再稼働の先導役となっている。日本を3・11後の4年間の実質原発
なし・ゼロの国から、再び原発大国へとなしくずしに変えようとする悪役になっ
ている。日本を再稼働で滅亡させる危険な委員会になってきていると感じるから
よけいそう思った。
 反原発の一部の団体の幹部が、規制委員会の本質を見抜けずに、規制委員会に
“期待する”などと論文で述べるなどの誤りもあるので、又、NRCをほめる人も
一部いるので、余計、 NRCの実態を知りたいと思う。今後の日本の反原発運
動の研究課題-緊急の-と思う。運動の前進のために。
 注:NRCとは-米国原子力規制委員会 1975年発足。

┏┓
┗■2.今年も「いかぬものは、いかぬのです」と言い続けましょ
 |  17:30 関西電力東京支社前 18:30官邸前・国会議事堂前
 |  1月9日第132回首相官邸前・国会議事堂前抗議レポート
 └──── にしざきやよい(たんぽぽ舎)

 2015年今年初めての金曜行動。昨年も官邸前に行く道すがら、ご挨拶代わりに
富国生命ビル9階の関西電力東京支社に向かい、ショート抗議活動して来ました
が、今年よりこの抗議行動の強化!で、2月13日(金)より(2月より第2、第4
金曜)再稼働阻止全国ネットワークも参加して17:30より18時までの30分間の行動
としてやろうとのこと。今日はたんぽぽ舎だけでしたが、2月からは賑やかにや
りたい!みんなぜひ参加して!!
 富国生命ビル前はコールが官庁街に気持ち良くコダマする良いところ。お出迎
えの警備員さんも毎回います。てな訳で関西電力東京支社に向かい、「高浜原発
再稼働反対!」「このまま廃炉」「福島を忘れない」他イロイロ、を訴え官邸前へ。
 官邸前は、今日から冬時間の18:30開始。持ち場の国会前に18:00到着。お知ら
せがゆき渡っているのか、国家議事堂前は警察官の皆様ばかり、こんばんはと挨
拶を交わす。と、向こうの石垣に腰掛ける女性1人、横断歩道を渡り、「こんば
んは、寒いですね」と声を掛ける、「全然人が来ないと思ったら6時半からだっ
たのねぇ」と女性。「そうなんですよ、この寒い中、30分待つのは辛いです
ねぇ」と私。それからは、この女性と、3.11までいかに自分達が原発について知
らなかったか、再稼働が、いかに許される事ではないか、など話
しているうちにあっという間に18:30になり、向かいのステージでコールが始
まった。
 もっと話していたかったけど、お仲間の皆さんも続々と集って来られたので、
今日はこれまで、私もまた何時もの抗議行動巡りに出かけるとします。
そして、今年も変わらず「いかぬものは、いかぬのです」と言い続けましょ(^-^)/

★ 舩津康幸 さんから:
川内原発関連、
1.「九電関連工事2.9億円受注 川内再稼働同意の2県議、関係企業」朝日
デジタル2015年1月13日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547883.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547883
「九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全対策の調査を担
当し、再稼働に同意した鹿児島県議2人や親族の経営する建設会社計4社が、東
京電力福島第一原発事故後の3年間で、川内原発や九電の関連工事を計26件、
2億9千万円分受注していた。2県議は会社から報酬を受けてい
た。・・・・・・・」

1’.「原発再稼働、議会で積極発言 関係企業が工事受注の県議「国益のため
にぜひ」」朝日デジタル2015年1月13日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547786.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547786
長い記事「・・・・昨年11月6日。川内原発再稼働の是非を議題とした鹿児島
県議会原子力安全対策等特別委員会は荒れた。審議は約14時間。委員の外薗勝
蔵県議は「いま薩摩川内市で起きているのは静かなる賛成だ」と発言した。深夜
にもつれた挙手採決で、再稼働推進の陳情は可決された。賛成11、反対3。外
薗県議と小幡兼興県議は手を挙げて賛成した。
外薗県議は県議会で再稼働に積極的な発言をしてきた。「国益のためにもぜひ再
稼働を」(2014年9月)、「原発の代替の火力発電で、国富の流出と電気料
金の値上げが止まらない」(13年6月)、「審査の早期終了に向け、県として
も国に働きかけを」(同)――。
地元以外にもつながりはある。川内原発から約1200キロ。宮城県岩沼市の仙
台空港近くの工業団地に外薗県議が社長を務める会社の本社事務所がある。東日
本大震災後の12年7月に設立。被災地の「復興特需」に対応する狙いという。
外薗氏の兄や息子、おいも非常勤の取締役に名を連ねる。
工事経歴書によると、同社は東電の火力発電所の工事や堤防など震災復旧工事を
多数受注。九電子会社からも受けていた。外薗氏によると、岩沼市の会社からの
月給は約35万円。「私にも生活がある」と言う。
外薗氏関係の1社が川内原発の工事を受けていることを県議会原子力特別委で委
員が指摘し、外薗氏は事実を認めた。それを受け、同委の委員長は昨年11月、
九電とのつながりについて所属県議から聞き取り調査を行った。その結果、「利
害関係」がある議員はいないとされた。
 親類の会社が九電から川内原発の工事を元請けで受注している小幡県議は、聞
き取りにそのことを報告しなかった。小幡氏は取材に「自分はまったく経営に口
出ししていないから、報告することはない」と話す。・・・・・・
■県議が関係する企業の工事受注
【外薗勝蔵県議】
○兄とおいが代表の会社(薩摩川内市)《02年まで取締役、11年秋まで相談役》
 川内原発工事        4件   1652万円  九電グループ会社
関連工事 13件 1億3826万円
○兄と息子が代表の会社(薩摩川内市)《94年まで代表取締役、11年秋まで相
談役》
 川内原発工事        2件   1249万円  九電グループ会社
関連工事  1件    180万円
○本人が代表取締役の会社(宮城県岩沼市) 九電グループ会社関連工事  1
件   2459万円
【小幡兼興県議】
○親類が代表の会社(薩摩川内市)《約20年間顧問》
 川内原発工事        5件  1億245万円
 (福島事故後。各社の工事経歴書などから。《 》内は本人の役職)」

1”.「<川内原発>2県議の親族企業が工事受注…議会で再稼働賛成」毎日新
聞?1月13日(火)22時11分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000m040095000c.html
「・・・・鹿児島県議会には、県議が「県発注工事を受注する企業の役員に就任
しない」という政治倫理要綱があるが、九電などの民間企業についての規定はな
い。だが鹿児島オンブズマンの続博治代表は「賛否が分かれる再稼働を公平に審
議しなければならない立地自治体の県議の関連する会社が、工事を受注していた
ことは当然問題視されるべきだ。条例などで規制すべきだ」と指摘。取材に対
し、外薗県議は「工事と議会の審議は全く関係ない」と反論した。」

玄海原発関連、
2.「「官邸対農協」に地元困惑 「改革」より「人」が争点 佐賀知事選」日
本農業新聞2015.01.13.
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31600
「与党推薦の改革派候補が敗れた、11日投開票の佐賀県知事選。自民党県議や県
内首長らが別の候補を擁立して勝利した保守分裂の選挙だったが、佐賀県農政協
議会もこの候補を推薦したことで、農協改革と絡めて「首相官邸対農協」と書き
立てられた。だが地元では農協改革は大きな争点となっておらず、JA関係者は
「“人”で選んだ選挙だ」と困惑している。・・・・
県内JA関係者は「官邸対農協の構図は全国紙による虚構。最大の争点は、相手候
補の政治手法や資質だった」と付け加える。・・・
自民党関係者は「JAだけの問題でなかったのは明らか。党本部や官邸がトップダ
ウンで決めた反動だ」と指摘。地元マスコミ記者は「県民の関心は玄海原発の再
稼働や佐賀空港へのオスプレイ配備といった問題にあった」とする。・・・・」

2’.「首相「統一選へ敗因分析を」佐賀知事選敗北で」佐賀新聞2015年01月13
日 12時42分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10202/144819
「・・・菅義偉官房長官は記者会見で、・・・・九州電力玄海原発の再稼働、陸
上自衛隊が導入予定の新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備についても、推進方
針に支障はないとの認識を示した。」

2”.「知事選の投票率は過去最低、低下止まらず」佐賀新聞2015年01月13日 10
時05分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144752
「・・・・「有力候補がいずれも保守系で、どちらが勝ってもあまり変わらな
い」。唐津市の無職男性(55)も「玄海原発のプルサーマル導入を振り返って
みても、中央で決めたことがそのまま地方で決まっており、誰が知事になっても
同じだから」と、選択肢の少なさを挙げる。・・」

2”’.「県知事選 各党反応」NHK佐賀01月13日 18時52分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084568681.html?t=1421171903746
「・・・・共産党佐賀県委員会の今田真人委員長は「初当選した山口新知事は
『佐賀のことは佐賀が決める』と選挙後も強調した。今後、原発の再稼働、オス
プレイ配備、TPP参加や地域経済、教育問題など県民の願いと声を十分くみつ
くした県政運営が求められる」というコメントを発表しました。社民党佐賀県連
合の徳光清孝幹事長は「県民党を名乗り、民主的に決めていくという主張に県民
が共感したのではないか。社民党としては、山口県政に対して、是々非々で対応
していき、原発の再稼働やオスプレイ配備問題は反対を求めていく」というコメ
ントを発表しました。」

3.●●「玄海町長“同意は立地のみで”」NHK佐賀01月13日 18時52分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084559121.html?t=1421172018681
「・・・・玄海町の岸本英雄町長は、NHKの取材に対し、「玄海原発に関する
原子力行政は、これまでも玄海町と佐賀県の判断で進められてきた。立地自治体
である玄海町はすでに再稼働に理解をしているので、あとは佐賀県が了解すれ
ば、再稼働に理解したと判断していいのではないか」と述べ、玄海原発の再稼働
に必要な「地元の同意」の範囲は、立地自治体の玄海町と佐賀県のみでよいとい
う考えを示しています。」

4.●●「伊万里市長“再稼動で協議を”」NHK佐賀01月13日 12時37分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084540411.html?t=1421172122031
「・・・佐賀県の新しい知事が決まったことを受けて、玄海原発30キロ圏の伊
万里市の塚部市長は、NHKの取材に対し、原発の再稼働の判断にあたっては、
避難計画づくりを求められている伊万里市との協議を必ず行うよう新しい知事に
求めていく考えを示しました。
また、伊万里市が九州電力に求めている立地自治体並みの「安全協定」の締結に
向けて、佐賀県として後押しするよう求めていく考えも示しました。・・・・」

規制委―電力会社、
5.「「安全への姿勢、審査で」=関電社長と意見交換―規制委」時事通信?1月
13日(火)18時16分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015011300810
全文「原子力規制委員会は13日、臨時会合を開き、安全性向上への取り組みなど
について関西電力の八木誠社長と意見交換を行った。八木社長は「安全性とコス
トで迷えば、安全を取れと指導している」と強調した。田中俊一委員長は「新基
準への審査はオープンで行っているが、これがまさに安全性向上への姿勢を見せ
る、問われる機会になっている」と述べ、積極的な対応を求めた。
八木社長は、2004年に死者5人を出した福井県の美浜原発事故や、東京電力福島
第1原発事故を教訓に、安全性向上への取り組みを強めてきたと説明。「過信を
せず、自主的・継続的な安全性向上に努めていく」と述べた。」 

原発施設、
6.「関電、美浜2基廃炉で地元調整 14年度内に決定へ」西日本新聞2015年
01月13日 20時09分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/138946
「関西電力が、運転開始から40年以上経過した美浜原発1、2号機(福井県)
を廃炉にする方針を固め、近く地元自治体と調整に入る見通しとなった。廃炉に
伴う損失を複数年で分割計上できる会計制度の変更も踏まえ、2014年度内に
正式決定するとみられる。・・・美浜の2基は比較的出力が小さく、経済性の面
から廃炉の判断に傾いている。原発を減らす姿勢を示すことで、他の原発の再稼
働に理解を得やすくなるという政府の思惑も背景にある。」
・・・・廃炉もするから、再稼働をするよ、と。ガス抜きに騙されないようにし
ましょう。

7.「伊方原発全基停止、きょう13日で3年」愛媛新聞ONLINE?1月13日(火)8時38
分配信
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150113/news20150113773.html
「・・・・全3基が運転を停止してから、13日で丸3年となる。原発への不安感
と運転再開を求める声が渦巻く中、国の原子力規制委員会は伊方3号機の審査を
行っているが、現時点で再稼働のめどはたっていない。規制委の審査は当初「早
ければ半年程度」とも目されていたが、2013年7月の開始から1年半が経過。・・・」

8.「松浦・機構理事長退任へ」読売新聞2015年01月13日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150112-OYTNT50085.html
「日本原子力研究開発機構の松浦祥次郎理事長が、3月末の任期切れ後、再任に
応じない意向を明らかにした。高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)は大量の機器
点検漏れで、2013年5月に原子力規制委員会から運転再開の準備停止を命じ
られたまま。3月末までに命令解除か解除見通しを得るとの目標達成が見通せな
い中、トップ主導で進めてきた組織改革の一時的な足踏みも懸念され
る。・・・・・松浦理事長は会見で「誰がヘッド(理事長)になっても、ちゃん
と仕事をするのが当たり前」と強調した。一方で「もんじゅでは、『このプロ
ジェクトは何が何でも俺たちが仕上げる』との意識が高くなかった」(松浦理事
長)といい、信頼回復の道半ばにある。後任の理事長には、松浦理事長が進めて
きた改革
を円滑に引き継ぐ手腕が求められる。」

9.●「東電担当者ら新たに告訴=福島原発事故―市民団体」時事通信?1月13日
(火)13時1分配信
全文「東京電力福島第1原発事故をめぐり、想定を大きく超える津波の発生を予
見していたのに対策を怠ったなどとして、福島県の市民団体のメンバーらが13
日、業務上過失致死傷の疑いで、新たに東電や経済産業省旧原子力安全・保安院
の当時の幹部ら計9人について東京地検に告訴状を提出した。告訴されたのは、
東電で福島第1原発の津波対策の実務責任者だった3人と、保安院で原発の安全審
査を担当していた当時の課長ら4人。旧原子力安全委員会と電気事業連合会の津
波対策担当者2人についても氏名不詳のまま告訴した。
告訴団の武藤類子さんは記者会見で「政府の事故調査委員会の調書が公開される
など、新たな証拠が次々と出てきている。検察はきちんと調べて真実を明らかに
してほしい」と話した。」

9’.●「保安院元幹部ら4人を追加告訴 福島原発告訴団」朝日デジタル2015年
1月13日17時55分
http://www.asahi.com/articles/ASH1F3JSZH1FUTIL014.html


福島第1原発、
10.「第1原発労働、作業員の約半数「不安」 東電がアンケート」福島民友
新聞?1月13日(火)11時47分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news5.html
「福島第1原発で働く作業員(東電社員を除く)のうち、半数近くが同原発での
作業に不安を感じていると考えていることが、東電が実施したアンケートで分
かった。・・・・・
アンケートは昨年8~9月の約1カ月間、作業員4587人(6567部配布、回収率
69.8%)から無記名で回収した。アンケート結果によると、福島第1原発で働く
ことに「不安を感じている」と回答した作業員は2003人で43.7%。不安を感じ
る理由について「被ばくによる健康不安への影響」が1385人の69.1%と半数以
上を占めた。また「家族は(福島第1原発で働くことに)不安を感じているか」
との質問に「不安に思われている」が2526人で55.1%。被ばくによる健康への
影響とする理由が2219人で87.8%と最も高かった。」

11.「原電が東電の廃炉支援へ 福島第1原発に技術者を派遣」産経新聞
2015.1.13 16:26更新
http://www.sankei.com/economy/news/150113/ecn1501130026-n1.html
「原発専業の日本原子力発電が、東京電力福島第1原発の廃炉を支援するため、
技術者の派遣などに乗り出すことが13日、分かった。原電は商業用原発の廃炉
第1号である東海原発(茨城県)の解体を進めている。東電は、原電から技術や
経験の提供を受けて、福島第1原発の廃炉作業を加速させる考えだ。原電は支援
策を検討するための部署を2014年末に設置した。廃炉作業の経験や専門技術
を持つ社員を福島第1原発に派遣する。規模は数十人から百人程度になるとみら
れる。・・・・・・」

12.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月13日
「12日正午現在 1.135マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋 前日は1.147マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
13.「双葉町が受け入れ表明=3自治体足並みそろう―中間貯蔵」時事通信?1月
13日(火)18時11分配信
全文「福島第1原発事故の除染で発生した汚染土を保管する中間貯蔵施設をめぐ
り、建設予定地がある福島県双葉町の伊沢史朗町長は13日、町として建設を受け
入れる考えを正式に表明した。同県いわき市の仮役場で記者団に語った。
?昨年8月末に同県の佐藤雄平知事(当時)が受け入れを表明した際、双葉町は態
度を明らかにしていなかった。もう一つの建設予定地の大熊町は昨年12月に容認
する方針を示しており、これで関係3自治体の足並みがそろうことになる。」 

14.「「ふくしま復興特別資金」15年度以降も継続の方針固める」福島民友新
聞?1月13日(火)11時16分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news9.html
「県は、震災や原発事故の被害を受けた中小企業の資金繰りを支援する「ふくし
ま復興特別資金」事業を新年度以降も継続する方針を固めた。同事業は2011(平
成23)年度に創設。本年度は事業者の既存借り入れの一本化などへの利用を可能
としたことで利用が増加。融資枠550億円に対し昨年11月現在で263億円の融資が
決定している。県は今後、3月の納税時期に向けさらに利用が増えると見込んで
いる。・・・新たに融資枠を500億円程度増やす方向で調整を進めている。」

15.「飯舘で除染後の農地に石 営農準備に懸念」福島民報?1月13日(火)11時
12分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011320322
「福島第一原発事故に伴う国の直轄除染が終了した福島県飯舘村の多くの農地か
ら比較的大きな石が相次いで見つかり、耕運できない状態になっている。大きい
もので直径20センチほどある。除染で表土を削った後に盛る土や砂から石を取
り除かなかったのが原因とみられる。今春から始まる営農再開に向けた準備への
影響が懸念され、村は環境省に対して早急に石を撤去するよう求めている。・・・・
環境省福島環境再生事務所によると、除染で表土を剥ぎ取った農地には、削った
分の土砂を新たに入れている。二枚橋地区では、平成24年秋から農地や住宅周
辺の除染が始まり、村民の意向で村内の山から土などを採取した。しかし、石と
土砂の分別を作業手順に盛り込んでいなかったため、業者は石の有無を確認して
いなかった。・・・・・福島環境再生事務所は雪解け後、農地の石を取り除く。
手法は検討中だが、除染を終えた農地にリンやカリウムを施肥する作業に合わ
せ、耕しながら撤去する案が出ている。・・・・」
・・・・除染工事のずさんさをここでも証明する。膨大な費用の無駄遣い。

16.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:11 「阪神」のときの後悔」朝
日新聞デジタル?1月13日(火)16時0分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11547779.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11547779
「◇No.1153 1995年1月17日、阪神大震災のことは忘れもしな
い。兵庫県教委の山本誠(49)は明石市のアパートで被災した。幸い、身重の
妻と生後8カ月の長男は無事だった。埋蔵文化財の発掘調査を行う専門職員。ま
だ5年目、29歳だった。・・・・
山本は先輩たちと話し合った。文化財は先人から引き継いだ大切な財産だ。何も
調べないままなくしてしまっていいのか。悩んだ末、いつも通り発掘しようと決
めた。急いで調べ、工事に引き渡す。そのために全国の自治体から延べ121人
もの職員を派遣してもらった。貴重な発見もあった。だが、残したいとは言えな
かった。見つかった約540件すべてが壊された。のちに山本は悔いた。議論を
尽くせば守れたかもしれなかった。・・・・
16年後、東日本大震災が起きた。・・・上司らに訴えた。「全国に助けても
らった恩を返さんと。そういうことがちゃんとできる人を派遣せんと、あきませ
んで」職場ではいつの間にか、山本が派遣を志願したことになっていた。行き先
は福島。単身赴任をなじる妻をなだめ、2012年4月1日、福島市のアパート
に入居した。阪神のときのような後悔を福島の人にはさせたくない。そんな思い
を胸に秘めていた。」

17.「事故直後・被ばく量推計へ 福島医大、実測値基に新手法」福島民友新
聞?1月13日(火)11時18分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news1.html
「福島医大は、東京電力福島第1原発事故直後に行った衣服や体表面に付着した
放射性物質の有無を判定する外部汚染スクリーニング475人の実測値を基に、事
故直後に甲状腺の内部被ばくがどの程度あったのか推計する。同大放射線災害医
療センターと国際医療福祉大(栃木県大田原市)の研究者でつくるグループが
2017(平成29)年3月まで取り組む。推計値を導き出すほか、新たな推計法の確
立により、原発事故後に避難した県民の被ばく状況の推計に生かす。・・・・・
事故後の状況をより明らかにするため、福島医大のグループは推計の精度を高め
たい考えだ。」

18.「個人被ばく線量 政府がGPSで自動収集検討」福島民報?1月13日
(火)12時15分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011320330
「政府は東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が解除された地域住民の健康
支援に向け、個人被ばく線量を衛星利用測位システム(GPS)を使い自動で収
集するシステムの導入を検討している。今春に試験機を完成させ、一部地区で実
証試験を始める方針。データは浜通りに整備する予定の国際産学連携拠点などで
活用し、住民の健康支援や研究に生かす。GPS機能の付いた新たな個人線量計
は滞在した場所や時間、被ばく線量の情報を10分間ごとにGPSへ発信する。
情報は蓄積され、屋内を含めて住民がどこで、どのくらいの放射線を浴びたかが
正確に分かる。・・・・
線量などの情報は住民が携帯する小型の個人線量計からGPSを経由し、政府の
福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想で整備する予定の国
際産学連携拠点や双葉郡の医療機関に集約される。放射線による健康への影響を
調べ、長期にわたる住民の健康支援などに活用する。線量計の大きさは名刺ほど
で、持ち運びしやすい。・・・・」
・・・・次々とお金を使って、新手法導入を図るが、線量の高いところへ無理や
り帰還させる政策をまずやめることのほうがよいと思いませんか。

19.「“放射線不安”対応探る 環境省・県が専門家意見交換会」福島民友新
聞?1月13日(火)11時18分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0113/news6.html
「環境省と県は12日、郡山市で放射線の健康影響に関する専門家意見交換会を開
き、県や市町村のアドバイザーらが、県民の不安払拭(ふっしょく)や健康づく
りに意見を交わした。3年目を迎える本年度は「原発事故後3年を経過して今考え
ること、未来に向けて歩み出すこと」をメーンテーマに3回開催する。初回とな
る今回は「県民の健康づくり」をサブテーマに約30人が参加した。・・・・・
意見交換では、県民の現在の放射線に関する不安について、「どの研究者の意見
を信じたらよいか分からず、心の底に沈めている」「若い母親が不安を言い出せ
ないような雰囲気もある」との認識が示された一方、・・・・・」

20.「仮設の高齢者癒やす 楢葉町が介護美容ケア」福島民報?1月13日(火)12
時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000034-fminpo-l07
「福島県の楢葉町は13日から、仮設住宅で避難生活を送る高齢の町民を対象
に、手や足のマッサージを行う介護美容ケアのサービスを開始する。・・・・ス
タッフがいわき市にある13の仮設住宅の集会所を回り、避難で疲れた約
1100人の心と体を癒やす。・・・今回行う美容介護ケアは、町の仮設住宅に
住む61歳以上が対象。1人が約30分間のサービスを受ける。町は、無料にす
ることで、多くの利用者が集会所に集まり、引きこもりや孤独死を防ぐ効果も期
待している。契約期間は3月末までだが、好評なら、継続する方針だ。・・・・」

21.「(福島県)13日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月14日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(穀類)」
・・・・「県内震災関連死 田村市3人認定」→合計が1839人になりました。

22.「<農林水産物輸出>14年は過去最高更新 牛肉やコメ好調」毎日新
聞?1月13日(火)20時41分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000m020067000c.html
「日本の農林水産物・食品の2014年の輸出額が過去最高を更新する見通しと
なった。農林水産省が13日公表した集計によると、同年1~11月の輸出額は
前年同期比11.1%増の5482億円。12月分が加われば、13年通年の
5505億円を上回るのは確実な情勢だ。海外での和食ブームや円安の進行が背
景にあり、20年に輸出額1兆円の目標の実現に向けて、政府は更なる輸出拡大
を目指す。・・・
農林水産物・食品の輸出額は、11年3月の東日本大震災に伴う原発事故の影響
などで11、12年は4500億円前後に落ち込んだが、13年は大幅な増加に
転じ、5505億円と過去最高を記録。14年は2年連続で記録を更新すること
になり、・・・・」

23.「(青森県)水産物禁輸 韓国調査団が視察」東奥日報2015年1月13日(火)
全文「東京電力福島第1原発事故を受け、本県や福島県など東日本8県からの水産
物の輸入を禁止している韓国から専門家委員会の調査団が来日し、13日、規制見
直しの可否を判断するため現地視察を開始した。初日は八戸市の八食センターな
どを訪れた。調査団来日は昨年12月に続き2回目。」

24.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月13日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150112/1837458
▼空間放射線量率(13日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

海外、
25.「原発建設再開、中国の原子力セキュリティ設備メーカーにチャンス―中
国紙」Record China?1月13日(火)18時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000046-rcdc-cn
「2015年1月8日、中国における原子力発電プロジェクトの再開が市場の注目を集
めている。政府の安全の確保を前提とする原発発展戦略の下、中国原子力セキュ
リティ設備メーカーがまず恩恵を受けると見られる。中国証券報が伝えた。2015
年1月8日、中国における原子力発電プロジェクトの再開が市場の注目を集めてい
る。政府の安全の確保を前提とする原発発展戦略の下、中国原子力セキュリティ
設備メーカーがまず恩恵を受けると見られる。中国証券報が伝えた。新材料は
「パワー半導体」と呼ばれ、現在主流のシリコン型に比べ、発熱による電力損失
を理論上、85%抑えられるほか、発熱も減って冷却装置が不要になるとされ
る。・・・・」

電力関連記事、
26.「余剰太陽光で水素製造、離島での事業検討 九電、再生エネ導入拡大に
活路」西日本電子版2015年01月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53645/1/
「九州電力が太陽光発電など再生可能エネルギーを利用し、離島で水素を製造す
る事業の検討に入ることが13日分かった。余剰電力を使って水素を製造し、燃
料電池車(FCV)などの燃料として活用する試み。採算性などを見定めた上
で、九州本土での導入も検討するとみられる。電力大手では極めて異例の取り組
みで環境に優しい水素社会の実現に向けたモデルケースとして注目される。
・・・・離島の取り組みで成果が出れば、九電が本格的に水素事業に乗り出す可
能性もある。
九電管内の離島では現在、主にディーゼル発電によって島内の電力を賄ってい
る。出力の変動が大きい再生エネが大量に導入されると需給バランスが崩れ、供
給が不安定になる恐れがあり、特に離島では調整力の確保が課題となっている。
今回の検討では、余剰電力を使って水素を製造・貯蔵し、再び電力に戻したり、
燃料として使ったりする事業の可能性を探る。作業のスケジュールなどは未定。
水素の製造・供給コストの低廉化など課題は多く、事業化までは息の長い取り組
みになりそうだ。九電関係者は「発電燃料となる石油の価格変動に左右されな
い、地産地消のエネルギーとして価値がある。再生エネで車が走るのも夢ではな
い」としている。・・・・」

26’.「(解説)水素社会実現へ期待、九電検討事業 コスト、安全で課題も
多く」西日本電子版2015年01月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53636/1/
「・・・・水素は現状、製鉄所などの工場で石炭などの化石燃料を燃やす際の副
産物として造られることが多く、その過程でCO2が発生している。しかし、再
生エネから水素を造れば、製造過程からCO2排出をゼロにできるため、地球温
暖化問題などの解決につながる。
水素をめぐっては、トヨタ自動車が昨年末に燃料電池車(FCV)として世界初
の市販車「MIRAI(ミライ)」を発売し、他の自動車大手も追随する方針。
都市ガスなどから水素を取り出す家庭用燃料電池の普及も進んでおり、市場拡大
が見込まれている。
電力小売りの全面自由化など国の電力システム改革が進む中、九電は電力事業以
外も本格的に展開する「総合エネルギー企業」を目指す方針で、今後の有望なエ
ネルギー源として水素にも着目。水素を生み出せる燃料や電気を大量に取り扱う
大手電力が水素事業に参入すれば、水素社会の実現に弾みがつくとみられ、他の
大手電力にも同様の動きが広がる可能性がある。
ただ、水を電気分解して水素を造るには大規模施設が必要で、多くの電気も欠か
せない。電力コストのほか貯蔵・運搬費用を抑える方法や安全性を確保できる技
術力も課題になるとみられ、本格的な事業展開には他社との提携も必要となりそ
うだ。」

27.「エネ庁、大型蓄電池実証事業を拡充-補正予算に300億円」電気新聞
2015/01/13
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20150113_01.html
「経済産業省・資源エネルギー庁は、電力会社が再生可能エネルギーの受け入れ
可能量拡大に向けて取り組む大型蓄電池実証事業を来年度に拡充する。現行は北
海道電力と東北電力の2社が自社変電所に大型蓄電池を設置して制御技術を検証
する計画がある。大型のNAS(ナトリウム硫黄)電池やリチウムイオン蓄電池
を使い、新たに2地点程度で実証に取り組む。早ければ2月中にも事業者を公募
する。実証費用として今年度補正予算案に約300億円を盛り込んだ。・・・・
既にエネ庁の事業で、北海道電力と住友電気工業が南早来変電所(安平町)に最
大級のレドックスフロー電池(蓄電容量6万キロワット時)を、東北電力が西仙
台変電所(仙台市)に最大級のリチウムイオン電池(同2万キロワット時)をそ
れぞれ設置し、今後3年程度をかけて制御方法の実証などに取り組む計画がある。」

28.「半導体開発:天野教授らに14億円支援 省エネ原発4基分」毎日新聞
 2015年01月13日 06時00分
http://mainichi.jp/select/news/20150113k0000m040085000c.html
「青色発光ダイオード(LED)に使われる窒化ガリウムを使ったエネルギー効
率の高い半導体の開発助成費として、環境省は2015年度当初予算案に約14
億円を盛り込む方針を固めた。2年後の実用化を目指す。環境省は、この半導体
が普及すれば、原発4基分以上の省エネが可能と試算し、地球温暖化対策の要に
できるともくろむ。助成対象は、ノーベル賞を受賞した天野浩・名古屋大教授
(54)の研究室や大阪大、法政大、複数の電機メーカーが加わる共同開発プロ
ジェクト。・・・・」

29.「都市ガス全面自由化を17年了承 経産省、法的分離の時期は先送り」
西日本電子版2015年01月13日 21時31分 更新
http://qbiz.jp/article/53630/1/
「都市ガスのシステム改革を議論してきた経済産業省の有識者会議は13日、
2017年をめどに都市ガスの小売りを全面自由化することを明記した最終的な
報告書案を大筋で了承した。焦点だった都市ガス大手3社の導管事業を分離して
別会社化する「法的分離」については導入の方向性を示したものの、実施時期な
ど詳細は先送りした。・・・・政府は電力システム改革を先行して進めており、
16年に小売りの全面自由化を実施する方針だ。都市ガスの自由化はこれに続い
て実施されることになる。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップに、26.の記事、(特ダネ扱いのようです)
3面に、2.の佐賀県知事選関連記事、その右下に、29.の記事があります、
5面下方に、6.と13.の類似記事、
28面に経済欄に、26’の記事があります。

昨日の訂正 1.の記事へのコメント 
誤:なくなったようですういお。?⇒なくなったようです。
・・・・意味不明の文字が続いてしまいました。

今朝は以上です。(1.14.4:38)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1364日目報告☆

2015.01.13(21:04) 2245

青柳行信です。1月13日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21 「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1364日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月12日3688名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月12日1名。
   橘 優子 
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
パリのデモ には 驚きました。
160万人もの人が意思表示をしたのですから。
日本でも、さまざまな問題で、はっきりとした意思表示ができると
いいですね。
あんくるトム工房
パリのデモ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3317

 山頭火の句をひとつ ふたつ
「ふまれてたんぽぽ ひらいてたんぽぽ」
「よい水音の 朝がひろがる」

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆3・11「文明災」の「戦犯」は 名を特記して罪を負うべき(倉本聰)
      (左門 ’15・1・13-900)
※《それ(ふるさと)を奪い取った戦犯の罪は、それに加担した政治家、
財界人、科学者たちが、個人名を明らかにして負うべきものだと思い
ます》(しんぶん赤旗、1・11号)。私は、原水爆で「地球最後の日」を
現実にした核戦争の「戦犯」を裁く『ゴキブリ裁判』(生き残ったが被曝
したゴキブリたちが戦犯の亡霊を裁く)の原案を持っていますが、これ
に「フクシマ」を加えて完成する必要を改めて感じました。

★ 中嶌哲演 さんから:
青柳行信 様
 連日のご活動に敬服、感謝しております。
                  
★ No Nukes Asia Forum Japan事務局 さんから:
「インドに原発を輸出しないで!」 クマール・スンダラム
・講演映像(原子力資料情報室・公開研究会12月11日)
http://www.cnic.jp/movies/6182

・講演録(上記および「戦略ODAと原発輸出に反対する市民
アクション」結成会12月12日の講演より抜粋)
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/131g.htm

「11月に日本の国会で承認されたCSC(原子力損害の補完的補償に関
する条約)は、インド原子力賠償法を骨抜きにする」「日印原子力協定
締結を阻止しよう!」「危険なモディ人民党政権」「インドの反原発運動
はいま」「日印連帯を!」

ぜひ、下記の「国際署名」への協力をお願いいたします。
http://chn.ge/1y2DKt5?recruiter=51050779

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力市民委員会の高浜原発パブリックコメント例>について報告いたします。

1月12日に原子力市民委員会のホームページに高浜原発の審査書案のパブリックコ
メント例が掲示されました。

http://www.ccnejapan.com/20150112_CCNE_01.pdf

インターネットのアドレスを表示し、ねんのためPDFファイルを添付します。

川内原発の審査書案のパブリックコメントの募集時には、初めての審査書案のパ
ブリックコメントであったことと、原子力規制委員会が参考にしてくれそうだっ
たこともあり、多くのパブリックコメント例がインターネットに掲示されまし
た。しかし、今回は2回目であることと、原子力規制委員会がアリバイ作りのた
めに、行っているように解釈されたためか、極めて低調な結果になっていました。

今回の高浜原発の審査書案のパブリックコメントは、2014年11月19日の2014年度
第40回原子力規制委員会で『高浜原子力発電所審査書案作成後のパブコメを行う
方針決まる

 議題1の審議終了後、「時間もあることなので」と、田中委員長が高浜原子力
発電所の審査書案のパブコメ実施について、各委員に意見を求めた。全委員がパ
ブコメは行うほうが良いと意見表明し、川内原子力発電所の審査書案と同様のパ
ブコメを実施する方針が決まった。正式な実施は、審査書案作成について委員会
で議論する時に同時に決定される見込み。

 関西電力高浜原子力発電所3、4号機は、近く審査書案作成の段階に入る。九州
電力川内原子力発電所の審査書案の時に行ったパブコメでは、約18,000件の意見
が寄せられた。事務方で精査、まとめたが、非常に多くの数を要したことから、
田中俊一委員長は、高浜ではパブコメを実施するか否かについて、意見を全委員
に求めた。

 更田豊志委員は、設置変更許可では基本設計、基本方針に関する規制委員会の
判断を示す。川内原発ではパブコメの指摘により審査書の修正を行った経緯もあ
ることから、当面はパブコメを行ったほうが良いと賛成意見を述べた。

 田中知委員は、川内のパブコメは新規制基準に基づく初めての審査だから行っ
たが、初めては原発全体か、各発電所か、PWR/BWRのことかという問題もある
が、高浜自体が初めての審査であること、高浜独自の安全対策もあるため、パブ
コメを行うべきと賛成意見を述べた。

 石渡明委員も、行うべきだと賛成。

 中村佳代子委員は、外部からの科学的技術的意見をとり入れることはお互いの
鍛錬にもなり、漏れているもの、新しい見方の意見を聞くことは重要だと、賛成
意見を述べた。

 田中俊一委員長は、高浜のパブコメを実施するということは、各発電所につい
てパブコメを行うことになるとし、川内原発の前例を顧みると、事務方に大きな
負担になるから心配していると、事務方の意見を求めた。池田克彦規制庁長官
は、事務方の負担は相当だが、政策方針の一環、委員会の判断に従うと返答。こ
れに関連して田中知委員は、高浜以後は何回か行った経験を踏まえ、プラントの
特徴に沿ったポイントを明確にして意見を聞くという方法もあるとコメント。今
後、回を重ねながら工夫し、改めて検討するということだ。

 以上の意見などから、高浜3、4号機については審査書案に対するパブコメをす
る方針が決まった。

 今回は、あくまで方針が決まったに過ぎず、実施手順は川内と同様になる可能
性が高い。具体的には、審査書案を審議する時に議論される予定。地元説明会も
同様、地元から要請があれば開催される。』という論議で開催が決まりました。
原子力規制庁と、田中原子力規制委員会委員長はパブリックコメントの開催に反
対をしていたようですが、更田豊志委員の発案により、他の委員も賛同し、開催
の方向になったようです。

1月12日に発表された、原子力市民委員会の高浜原発パブリックコメント例は
川内原発審査書案のパブリックコメント後の新しい知見を良くまとめられてお
り、大変立派なものですから、参考にしてたくさんの高浜原発パブリックコメン
トを提出していきたいと思います。

★ いのうえしんぢ さんから:
1/14(水)に、「福岡サウンドデモ裁判」の判決言い渡しが
あります。
2011年5月8日の脱原発サウンドデモで中央署からサウンドカーが
妨害されたことによって、起した国賠訴訟です。

このデモでは誰も逮捕されてはなく、こちら側から撃って出る裁
判に加えて、弁護士なしの本人訴訟です。
妨害された脱原発デモに対する司法の判断はどうなのでしょうか?
一体どんな歴史の1ページが書き加えられるのでしょうか。
傍聴席から目撃してみませんか?

12:30~門前アピール@地方裁判所・正門
13:10~第17回サウンドデモ裁判 第301大法廷
14:00~判決報告集会@中央市民センター視聴覚室

※傍聴では主文しか読み上げられません?れだけだと法曹界の方や、
 マニアックな方しか理解できないかも…なので
 判決報告集会では、判決文も加え、裁判の全貌を解説しますので、
 こちらにも是非!

///////

福岡地方裁判所(〒810-8653福岡市中央区城内1-1)
[アクセス:福岡市地下鉄空港線:赤坂駅から徒歩5分]

中央市民センター(福岡市中央区赤坂2-5-8)

///////

福岡サウンドデモ裁判原告団
http://demosaiban.blog.fc2.com/
連絡先 / 福岡市東区箱崎3-33-10サンフラワー箱崎402(福岡地区合同労組 内)
Tel. / 092-651-4816

★ 坂井貴司 さんから:
 1970年、高度経済成長、昭和元禄、万博成功に浮かれる大都市大阪に、突
如異様な集団が現れました。黒地に白く「怨 水俣病死民」と染め抜いたのぼり
旗を持つ巡礼服の集団でした。大阪厚生年金会館で開催されるチッソ株主総会に
乗り込む水俣病被害者でした。チッソの株一株を買い、株主としてチッソの責任
を追及するために遠路水俣からやってきました。
 この巡礼服姿の被害者たちの行動は、経済成長の繁栄に酔いしれる多くの人々
にショックを与えました。
 この行動を考えたのが、水俣病被害者とともに寄り添い、『苦海浄土』など多
くの小説を書いてきた石牟礼道子さんでした。

 生まれ故郷の水俣にとどまり、水俣病とそれを生み出した近代日本の闇を掘り
起こしてきた石牟礼さんを取り上げます。

 NHK教育 日本人は何をめざしてきたのか
 第6回 石牟礼道子
 http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/
 放送日:1月17日(土) 放送時間:午後11時~翌0時30分
 再放送1月24日(土)放送時間:午前0時00分~午前1時30分(金曜深夜)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休明け、ネット上で検索できた記事をざっと紹介します。

玄海原発関連、
1.「(佐賀県知事選)投票率54・61% 戦後最低」佐賀新聞2015年01月12
日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/144460
「保守分裂の激戦となった今回の知事選だが、投票率は54・61%で、現職と
共産候補の一騎打ちとなった前回より4・80ポイント下がり、戦後最低を記録
した。前知事が衆院選に急きょ出馬し辞職したことに伴い、県内初の年末年始を
挟んだ異例の選挙。忙しい時期となったことに加え、市町の首長選を控えている
地域もあり、知事選への関心を高めることができなかったようだ。
県内20市町のうち、17市町で前回を下回り、鳥栖市と唐津市、基山町では
40%台にまで落ち込んだ。70%を超えたのは、白石町だけだった。・・・・」
・・・・保守分裂による両陣営のなじりあい、自民の中央主導の選挙などに嫌
気、投票に行く人が少なくなったようですういお。?

1’.「原発・オスプレイ…深まらぬ論戦 佐賀県知事に山口氏」朝日デジタル
2015年1月12日03時11分
http://www.asahi.com/articles/ASH197L07H19TIPE02W.html
・・・・時間があれば、参考に。

1”.「自民支持の44%山口氏に 出口調査」佐賀新聞2015年01月12日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144461
「佐賀県知事選で共同通信が11日実施した出口調査によると、自民党支持層の
うち前武雄市長樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦=に投票したのは50・
9%にとどまり、44・8%が元総務省過疎対策室長山口祥義氏(49)に流れ
た。保守分裂が鮮明になった。・・・・
陸上自衛隊が導入予定の新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備は「賛成」「どち
らかといえば賛成」が計48・0%で、「反対」「どちらかといえば反対」の計
45・6%をわずかに上回った。
●●九州電力玄海原発の再稼働は「賛成」「どちらかといえば賛成」(計47・
3%)と「反対」「どちらかといえば反対」(計47・2%)と拮抗(きっこ
う)した。」

1”’.「佐賀県政「保守分裂の影響ない」知事初当選の山口氏」佐賀新聞2015年
01月12日 10時31分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10202/144477
「前職の国政転身に伴う佐賀県知事選で初当選した元総務省過疎対策室長山口祥
義氏は一夜明けた12日、佐賀市内で報道各社の取材に応じ、保守分裂となった
選挙戦が今後の県政運営に影響することはないとの考えを示した。「自民党に盾
突いたという思いはない。ノーサイドだ」と述べた。新知事に判断が委ねられる
九州電力玄海原発(玄海町)3、4号機の再稼働については「安全性をチェック
し、県民の理解を得られた原発から稼働する」と容認する考えをあらためて示し
た。」

1””.「新知事“理解あれば再稼働”」NHK佐賀01月12日 12時38分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084610821.html?t=1421079637538
「・・・・山口氏は、12日朝、NHKなどの取材に対し、九州電力・玄海原子
力発電所の再稼働の是非について、「安全性をきちんとチェックして、地域住民
や県民のみなさんの理解を得られれば、稼働できるものは、稼働していくという
立場だ」と述べ、安全性の確認が行われ、県民の理解が得られれば、再稼働を認
める考えを示しました。
また、原発の再稼働を認める場合に必要となる、地元の同意の範囲について、山
口氏は、「いまの段階でどこまでと範囲を言うのは非常に難しい。まずは、多く
のみなさんから話を伺いたい」と述べました。
玄海原発の再稼働をめぐり、11日の知事選挙でNHKが行った出口調査では、
原発の再稼働に賛成する人と反対する人がほぼ半数ずつとなり、佐賀県内の有権
者の賛否は二分しています。」

1””’.「オスプレイ「再点検」 佐賀知事当選の山口氏 原発再稼働は容認」
西日本電子版2015年01月13日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53557/1/
「佐賀県知事選で初当選した元総務省官僚の山口祥義(よしのり)氏(49)は
投開票から一夜明けた12日、九州電力玄海原発(同県玄海町)の再稼働につい
て「再生エネルギー(の活用)が理想だが、安定供給やコストを考えると依存度
を減らす方向で考えている」と述べ、住民の理解を前提に再稼働を容認する考え
をあらためて表明した。佐賀市内で記者団に語った。・・・・・」
・・・・原発問題の再検討してください。


2.「(佐賀県知事選)共感、票に変えられず 島谷氏」佐賀新聞2015年01月12
日 10時29分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144468
「無党派のうねりは起きなかった。「政局より政策」を掲げ、組織に頼らない草
の根選挙を展開してきた島谷幸宏さん(59)。4候補の中で唯一、反原発、反
オスプレイを訴えたが支持は一部にとどまった。3万票という結果に「支援の輪
を広げることはできた。本当にありがとうございました」と支援者に感謝を述べた。
2013年夏から、市民とどんな佐賀県にしたいか語り合ってきた。政治理念で
ある「県民主体の県政」を実現するため、選挙期間中もミニ集会を継続し、有権
者との対話を重視した。経験に基づく専門家としての具体的な自然再生や反原発
政策は、インターネットを介して県内外で共感を集め、有志が寝袋持参で続々と
応援に駆け付けた。
しかし、保守分裂の激しい選挙戦の中で運動は県内で広がりきれず、票を伸ばせ
なかった。島谷さんは「共感を票に変えられなかった。市民選挙の課題を乗り越
えたい」と語り、政治活動を続ける意向を示した。」

福島第1原発、
3.放射能濃度50倍以上に=2号機海側の汚染地下水―福島第1時事通信?1月12日
(月)22時25分配信
全文「東京電力は12日、福島第1原発2号機海側の観測用井戸で採取した地下水の
放射性物質濃度が、前回8日と比較して50倍以上に上昇したと発表した。原因は
不明で、東電広報部は「13日に再度採取して濃度を調べる」と話している。
東電によると、地下水の放射性物質濃度が上昇した井戸は、港湾から約55メート
ルの距離にある。12日に採取した地下水には1リットル当たり、セシウム134が
140ベクレル、セシウム137が470ベクレル含まれていた。また、ストロンチウム
90などのベータ線を出す放射性物質は1万5000ベクレル検出された。いずれも、
この井戸における濃度の最高値を更新した。」

4.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞 2015年01月12日
「11日正午現在 1.147マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.143マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
5.「震災から3年10カ月 故郷再生胸に成人式 県内38市町村」福島民
報?1月12日(月)10時10分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011220316
「12日の「成人の日」を前に、東京電力福島第一原発事故による避難区域が設
定された8市町村を含む福島県内38市町村で11日、成人式が行われた。東日
本大震災と原発事故からちょうど3年10カ月。出席者は大人の責任を自覚し、
復興への貢献を心に決めた。・・・・
県によると、県内の成人式の対象者は2万974人(男性1万782人、女性1
万192人)。前年比364人増で、12年ぶりに増加した。」

5’.「“人生の節目”古里へ思い新た 県内38市町村で「成人式」」福島民友新
聞?1月12日(月)11時54分配信
http://www.minyu-net.com/news/photo/0112/photo_news.html
全文「12日の「成人の日」を前に、県内59市町村のうち38市町村が11日、成人式
を行った。新成人たちは人生の節目に古里への思いを新たにした。福島市の式で
は、着物やスーツ姿の新成人が肩を寄せ合い「自分撮り」用の棒を使って記念撮
影するなど、思い出の一ページをつくった。新成人代表は「大人の自覚を持ち、
復興に貢献したい」と誓いの言葉を述べた。
東京電力福島第1原発事故に伴い避難する大熊、楢葉、富岡、浪江の各町と飯舘
村は避難先で式を行った。浪江町では、11日が震災の月命日に当たることから、
式開始前、出席者が黙とうした。」

5”.「引き離された故郷へ、誓う成人 福島原発事故、避難の大熊・富岡町」
朝日新聞2015年1月12日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11546620.html?ref=nmail_20150112mo&ref=pcviewpage
「東京電力福島第一原発事故の避難指示区域を抱える福島県内の7市町村が11
日、成人式を開いた。「成人の日」は12日だが、各地に避難する新成人も参加
しやすいように3連休の中日に設定した。新成人たちは、10代半ばに経験した
東日本大震災を忘れず、ふるさとの再生を担い続ける誓いをたてていた。(以
下、有料設定)」

6.「楢葉町が25日から町政懇談会」福島民報?1月12日(月)10時9分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011220315
「東京電力福島第一原発事故でほぼ全域が避難指示解除準備区域の楢葉町は、
25日から町政懇談会を開く。今年度2回目で、行政区単位、仮設住宅単位、県
内・首都圏単位に開催する。帰町に向けて取り組んでいる事業などを報告すると
ともに、町が示している「平成27年春以降」の帰町時期について意見を聞く。
申し込みの必要はない。日程は次の通り。・・・・・・・・・・」

7.「経産省と東電の賠償終了素案 浪江町商工会「延長を」と拒否」福島民
報?1月12日(月)10時4分配信
全文「経済産業省資源エネルギー庁と東京電力が福島第一原発事故に伴う商工業
者への営業損失賠償を平成28年2月分で終了する素案を提示したことを受け、
福島県の浪江町商工会は11日までに、素案を拒否する見解を示した。同会は6
日に商工会役員協議会を開き、「誠に遺憾であり、到底容認できない」として
「素案を拒否し、関係各所と連携して賠償の延長を求める」とする見解をまとめ
た。」

8.「中間貯蔵課題考える いわきで2月7日に地権者会シンポ」福島民友
(01/12 10:00)
http://www.minyu-net.com/news/news/0112/news10.html
「県内の除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設候補地となっている大
熊、双葉両町の地権者有志でつくる「30年中間貯蔵施設地権者会」は2月7
日、いわき市文化センターで中間貯蔵施設の問題点と課題について理解を深める
シンポジウムを開く。専門家の講演を通し、多くの人に現状を共有してもらおう
と初めて企画。大阪市立大の除本理史教授、東京経済大の礒野弥生教授、浜通り
法律事務所の渡辺淑彦弁護士らが課題などを解説する。また、地権者会が国や
県、両町に対して行っている活動内容を報告する。入場無料。・・・
地権者会の門馬幸治会長(60)=大熊町=は「国は施設建設について地権者を
置き去りにして一方的に進めており、議論が十分に尽くされていない。地権者が
現在の問題点や課題を理解、共有できるシンポジウムにしたい」と話す。地権者
以外の一般市民も広く参加できる。」

9.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:10 遺跡はありました!」朝日デ
ジタル2015年1月12日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11546658.html
「◇No.1152 黄色い地層に、黒っぽい土の帯が浮かび上がった。
2012年9月11日、福島県広野町。山本誠(49)はショベルカーの操縦士
に掘削を止めさせた。人工的な溝の跡だ。町が計画する災害公営住宅の予定地
に、遺跡があるのではないか。そう考えて試掘調査をしていた。約1万5千平方
メートルのうち、地形を踏まえて2メートル四方の試掘坑を6カ所設けることに
していた。「溝」は2カ所目から出てきた。それを確認すると、ショベルカーで
さらに掘るよう指示した。今度は、土の間から赤っぽいものがチラリとのぞい
た。拾い上げた。葉脈の痕が残る土器の底の部分だった。・・・・
調査を終えて、山本は鈴木とともに町教委へ戻った。「ありました、やっぱり遺
跡がありましたよ!」応接ソファに座って、鈴木の上司、古市良彦(59)に報
告した。古市の目には、山本はニコニコ笑みをたたえてうれしそうに映った。し
かし、山本は内心「困ったことになったな」と考えていた。復興事業のさなかに
見つかった遺跡――。阪神大震災のときの苦い記憶がよみがえっていた。」

10.「全袋検査で基準超えがゼロに」NHK福島01月12日 12時37分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054471011.html?t=1421082423868
「出荷前のすべてのコメを対象に放射性物質を調べる全袋検査で去年収穫されて
検査したすべてのコメが国の基準値を下回りました。
年間の検査で基準値超えが無かったのは、原発事故後、初めてです。・・・・
また、コメ以外の農林水産物についてはモニタリング検査を行っていて、その結
果、野菜や果実、肉類、牛乳、それに鳥の卵などでも去年1年間を通して基準値
超えはありませんでした。一方で、コメをのぞいた麦や大豆などの穀物類では
4610点中18点、水産物で9663点中108点、それに、山菜、キノコ類
で1501点中24点、牧草、飼料作物で1543点中13点が基準値を超える
放射性物質が検出されました。」
・・・米のことは、すでに他で既報ですが・・・。

11.「(福島県)12日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月13日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

12.「東京)復興に向けて福島の魅力をPR」NHK1月12日 23時51分 ※映像
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150112/k10014620201000.html「東日本大
震災からの復興に取り組む福島県の魅力をPRする催しが東京・千代田区で開か
れました。この催しは復興に向けて取り組む福島県の様子を首都圏の人たちに
知ってもらおうと開かれ、会場には福島県内の食べ物や観光などをPRする
100余りのブースが設けられました。・・・」

12’.「東京でふくしま大交流フェア 県産品人気集める」福島民友01/12 17:05
http://www.minyu-net.com/news/news/0112/news13.html

「・・・内堀雅雄知事はバルセロナ五輪女子マラソン銀メダリスト有森裕子さん
とステージで対談、フリーアナウンサー唐橋ユミさん(喜多方市出身)の司会で
福島への思いなどを語った。・・・会場では、喜多方ラーメンやなみえ焼きそ
ば、会津ソースかつ丼などの「ご当地グルメ」の店が立ち並び、行列ができる人
気だった。」

13.「(岩手県)盛岡で上映会 映画「物置のピアノ」」河北新報2015年01月
13日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150112_65025.html
「東京電力福島第1原発事故後の福島県桑折町を舞台にした映画「物置のピア
ノ」の上映会が17日、盛岡市のもりおか町家物語館で開かれる。映画は、原発
事故による風評被害に苦しむモモ農家に暮らす女子高生が、ピアニストを目指し
て成長する姿を描く。町内の美しい風景を交えながら、原発事故後の現状を伝え
る。・・・・
NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演した芳根京子さんがヒロインを演じ
た。エキストラとして桑折町民と福島県浪江町からの避難者約500人が参加し
た。上映会を企画したいわて文化支援ネットワークの打田内裕子さんは「映画を
見ることで、芸術による心の復興を考えるきっかけにしてもらいたい」と話す。
 上映は17日午後1時から。・・・・」

14.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月12日17:36
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150112/1837458
▼空間放射線量率(12日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

15.「【栃木】「指定廃棄物」町民と対話希望 福田知事新春インタビュー」
東京新聞2015年1月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150112/CK2015011202000149.html
「福田富一知事は本紙の新年インタビューに応じ、高濃度の放射性物質を含む
「指定廃棄物」の最終処分場問題について、「(処分場の候補地となった)塩谷
町の住民と、直接話をしたいという希望は変わらない」との考えを語った。・・・
・・・・発生から四年となる東京電力福島第一原発事故については、県内を訪れ
る観光客数が回復し、県有施設七十カ所の除染も終えたなどとして、「着実に復
興を遂げてきた」と回顧。各市町が独自に負担していた住宅の庭の表土除去費用
も、県などが国に補助を要求し続けた結果、昨年、国が初めて交付を決定。「地
元に満足してもらえたのでは」と評価した。
ただ、原発事故の負の遺産である指定廃棄物をめぐっては、依然として最終処分
場の整備に向けた道筋が見えない。昨年七月に処分場の候補地に選ばれた塩谷町
では、選定の撤回を求める住民運動が今も続いている。処分場計画を進めたい国
側と、計画に反対する塩谷町の間に立つ知事は「国が全責任を持って県内に処分
場を造り、安全に処分することが現実的な解決策」との見解をあらためて示し、
「国は地元説明会を開催できるよう、さらなる努力を」と求めた。県が設置した
指定廃棄物の有識者会議は今年、国による候補地選定が適切だったかを検証する
チェックリストを作る。会議側には、「県民に検討内容や結果を分かりやすく伝
えてほしい」と注文を付けた。・・・」

原発立地地域、
16.「柏崎刈羽原発で審査状況の地域説明会」産経新聞?1月12日(月)7時55分配信
全文「東京電力柏崎刈羽原子力発電所は、同社が原子力規制委員会に申請してい
る6、7号機の新規制基準への適合審査の状況について、地域住民向け説明会を
開催する。事前申し込みは不要。説明会は東日本大震災と福島第1原発事故以降
6回目。22日午後6時から柏崎市駅前の市産業文化会館、23日午後6時から
刈羽村割町新田の村農村環境改善センター。いずれも同5時半開場。
事前に質問や意見を受け付け、一部は会場で回答するほか、すべての質問の回答
を、説明会後、同原発のホームページに掲載する。はがきで〒
945-8790(住所不要)柏崎支店私書箱53号 東京電力柏崎刈羽原子力
発電所広報部へ送る。問い合わせはフリーダイヤル0120・120・448。」

17.「柏崎原発で事故なら県民にも責任 小説「東京ブラックアウト」著者・
若杉冽さんに聞く」新潟日報2015/01/12 12:35
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150112156488.html
会員限定記事「日本の政官財が原発再稼働に突き進む姿や、原発事故がもたらす
悲劇を描いた小説「東京ブラックアウト」(講談社)を昨年末に出版した現役官
僚の若杉冽(わかすぎ・れつ)さんが11日までに、新潟日報社のインタビュー
に応じた。若杉さんは現在国が審査を進めている東京電力柏崎刈羽原発6、7号
機の再稼働について、「安全性の神話が崩壊したのに再稼働を容認するなら、事
故が発生した場合は新潟県民が責任の一端を問われることになる」と訴え
た。・・・・
若杉さんは「新潟県で原発事故が起きれば、放射性プルーム(雲)の行方しだい
で被害は新潟にとどまらず、首都圏にも及びかねない。柏崎刈羽原発の再稼働
は、地元自治体が同意すれば容認されるというものではない」と強調。再稼働を
判断する前提条件として、同原発で事故が起きた場合、放射能による被害を受け
る可能性がある東京など大都市住民の同意を得る必要性があると指摘した。」


電力、
18.「大阪ガス、ごみ焼却発電に参入検討 自治体と連携」西日本電子版2015
年01月11日 15時40分 更新
http://qbiz.jp/article/53527/1/
「大阪ガスが、東大阪都市清掃施設組合(大阪府東大阪市)が計画する、ごみ処
理場の発電事業に参入を検討していることが11日、分かった。大ガスは
2016年の電力小売り全面自由化に合わせ電力事業を強化しており、自治体な
どと連携し電源を確保する狙いがある。
東大阪市と大阪府大東市で構成する同組合は17年の完成を目指し、新たなごみ
処理場を建設している。焼却熱を利用し出力1万5600キロワットの発電機を
設置。余剰分の約7千キロワットを入札などで売電する予定で、大ガスは応札を
検討している。購入した電力は地元企業や電力会社に売ることを想定し、同組合
と施設の詳細などについて意見交換を進めている。発電設備を備えた処理場を建
設する自治体は今後も増えるとみられる。・・・・」

19.「省エネ・節電へ県民運動 福岡県が提唱 宣言すれば割引などの特典」
西日本電子版2015年01月13日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53565/1/
「冬場の「ふくおか省エネ・節電県民運動」を福岡県が呼び掛けている。重ね着
をしてエアコンの設定温度を20度にする▽テレビの輝度を下げる▽冷蔵庫の設定
を「弱」にする?などを推奨している。
同運動は、東日本大震災を機に夏場(6?9月)と冬場(12?3月)に提唱して
おり、今冬も九州電力管内の冬の節電要請期間を踏まえて取り組む。「省エネ・
節電宣言」をした県民には、県のキャラクター「エコトン」のストラップを進
呈。飲食店やホテルのレストランなど協賛の約20店で提示すると、料金割引な
どの特典が受けられる。

また、12?2月の電気使用量を前年より削減したり、電力会社との契約容量ご
とに異なる平均的な電気使用量を下回ったりした世帯には、商品券として使える
「九州エコライフポイント」などを抽選で贈る。いずれも今冬と前季の電気使用
量が書かれている検針票の提出が条件。宣言、検針票提出の締め切りはともに3
月10日。・・・」

参考記事、
20.「(佐賀県)電子版使い出前授業 若木小」佐賀新聞2015年01月12日 13
時45分
http://www.saga-s.co.jp/kodomo/news/144553
「市内の全児童がタブレットを使った学習に取り組んでいる武雄市の若木(わか
き)小(山崎健彦(やまさきたけひこ)校長)で、タブレットで佐賀新聞が丸ご
と読める「電子版(でんしばん)」を使った出前授業(じゅぎょう)がありまし
た。6年1組の11人が電子版を使って、佐賀県内のニュースやスポーツなど4
つのテーマに分かれ、「その日一番大切な記事」を選んで、その内容(ないよ
う)を発表しました。記事は出前授業があった12月18日の新聞から選びまし
た。・・・・・
「日本のニュース」の千綿啓介(ちわたけいすけ)君、中尾真太朗(なかおしん
たろう)君、松尾有紀美(まつおゆきみ)さんが選んだのは「ようやく復旧
(ふっきゅう)へ」。原発事故(じこ)の影響(えいきょう)などで遅(おく)
れていた福島県双葉町(ふくしまけんふたばまち)で、震災後(しんさいご)初
めてがれき撤去(てっきょ)が始まった記事でした。「発生から4年近くたって
いるのに初めての撤去だから」と驚(おどろ)きました。・・・・・」
・・・子供たちも驚く。

21.「’15記者リポート:戦争、イ病、そしてフクシマ 国策と棄民の連鎖 
風化しつつある現状に警鐘 /富山」毎日新聞 2015年01月12日 地方版
http://mainichi.jp/area/toyama/news/20150112ddlk16040203000c.html
長い記事「今年は終戦から70年。先月8日の「真珠湾攻撃」(1941年)の
日を前に、富山市内で昨年開催された富山大空襲を語り継ぐ会で、市民団体「イ
タイイタイ病を語り継ぐ会」の向井嘉之代表(71)=富山市=が記念講演。
「戦争、イタイイタイ病、フクシマは人災」と、国策の渦にのみ込まれ、犠牲と
なった人々の歴史を語った。・・・・・
1956年、原子力委員会の初代委員長に就任した衆院議員、故正力松太郎氏は
富山県出身。57年には同県高岡市で原子力平和利用博覧会を開催、原子力大臣
も務めている。その正力氏が導入を決めた日本初の商業原子炉、東海原発が稼働
したのは66年。その45年後に発生したのが東京電力福島第1原発事故。古里
を離れた原発難民は約16万人にのぼり、向井さんは「中央の大資本と国家が地
方の環境を犠牲にし、棄民を生んだ」と指摘する。・・・・
・・・「人間の欲望が国策を決定し、その国策が取り返しのつかない犠牲、そし
て弱者が切り捨てられ棄民を生んだ」と向井さん。戦後70年を迎え、もはやフ
クシマの被害すら風化しつつある現状に警鐘を鳴らした。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
19面に、19.の記事、
22面に1””’.の記事。

1面左下に、
22.「NY原油、一時46ドル割れ 5年9カ月ぶり安値」2015年01月13日
01時02分 更新
【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標
となる米国産標準油種(WTI)の2月渡しが一時、1バレル=46ドルを下回
り、約5年9カ月ぶりの安値水準となった。米金融大手ゴールドマン・サックス
が原油先物相場の見通しを引き下げたと伝わり、売り注文が優勢となった。」

今朝もこれだけです!!(1.13.4:06)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

教科書問題シンポジウム 「戦争のできる国づくり・人づくりに歯止めを」

2015.01.12(14:43) 2244

EPSON285.jpg
EPSON286.jpg
みなさま

毎月この「かわら版」に教科書ニュースレターを掲載し、育鵬社の歴史教科
書と他社の教科書との違いをお知らせしている、牟田口カオルです。
いよいよ中学校用・教科書採択が半年後に迫りました。
戦争のできる国づくり・人づくりを目指す勢力からの、育鵬社採択への働き
かけが強まっています。歯止めをかけなければなりません。そのため、
下記のような集会を開催します。都合がつきましたら、ぜひご参加ください。

教科書問題シンポジウム 「戦争のできる国づくり・人づくりに歯止めを」
2月7日(土)14:00~、 ムーブ5F(大セミナールーム)

〈趣旨〉:
8月、中学校で使用される教科書が、市町村の教育委員会で採択されます。
子どもたちが、自分の頭で考え、学ぶことができるように、
事実を教える教科書を渡したいものです。
育鵬社(いくほうしゃ)の歴史教科書は、過去の侵略戦争を肯定的に描き
加害の事実を書かず、ナショナリズムを強調して人権を軽視するなど国際協調
の精神に欠け、アジア諸国との対立や排外主義にもつながる内容となっています。
平和・人権・共生に反するような教科書を子どもたちに渡さない、この一点で
一人でも多くの方とつながり、育鵬社の採択を止めたいと思います。

〈主催〉:「教科書問題シンポジウム」実行委員会

〈パネラー〉:保護者の立場から、在日の立場から、働く者の立場から、
被爆回避の立場から、教員の立場から、 (以上5名)

〈その他〉:◯休憩時間に、歌う教員・池田年宏さんの弾き語りがあります。
◯一人の行動が集まれば大きな力となります。今後の行動提起をします。
◯資料代300円
◯会場で、育鵬社と、北九州市で使用している教科書との違いを比較した資料
と、パンフ「道徳が教科になると子どもは…」 をお渡しします。

〈おねがい〉:チラシを添付しています。拡散してくださればさいわいです。



修の呟き


タイトル画像

「スーパーローカルヒーロー」の上映会を開催します

2015.01.12(14:35) 2243

みなさま

1/24(土)、私、進藤が所属しておりますグループの「門司港アサカイ主催で
「スーパーローカルヒーロー」の上映会を開催します。
http://superlocalhero.com/
上映後には、監督とのNET中継やアサカイメンバーによるトークセッションもあります。




また、同時開催イベントとして、当会のもうひとつのプロジェクト「シマネコブックストア」によるファンディング・フリマもします。
シマネコブックストアは、中央市場に今春開店を予定しています。
アサカイでは、読書の楽しみを様々な取り組みやイベントでお伝えし、地域ににぎわいをもたらしたいと考えています。

昨夜は、試写会を開催しました。
主人公の尾道在住、信恵さんとミュージシャン、保養や移住してきたお母さんたちや子どもたち、そして地域の人たちとのほのぼのとした日常が描かれていました。

会場となる関門海峡ミュージアム(通称海峡ドラマシップ)多目的ホールは、
旧YMCA門司港ブランチのデザインを再現しているとても雰囲気のあるところで、
ホールを出ると、古き佳き時代の門司港が再現されています。
観光も兼ねて、ぜひご参加ください。

●日時:2015年1月24日(土)
1回目上映 11:30~/ネット中継 13:10~
2回目上映 14:30~/ネット中継 16:10~
※14:00より、門司港アサカイメンバーによるトークセッションも行います!
●場所:海峡ドラマシップ多目的ホール(福岡県北九州市門司区西海岸1−3−3)
※JR鹿児島本線「門司港駅」下車徒歩約10分
●参加費:一般/1000円、学生/500円、小学生以下/無料
●定員:各回50名
●内容:いのちと自然と音楽を愛し、「3.11」後は原発避難者のサポートのため奔走するCDショップ屋の店長・信恵勝彦。
彼の巻き起こす渦に、ミュージシャン、尾道市民、移住者らはどう反応し、どう動き始めたのか。
いのちを“ライヴ”で燃やし続ける先にあるものは?
●注意事項:
・チケットは発行致しませんので、ご参加の方は当日受付にてお支払いとなります。
・会場へは、公共交通機関のご利用が便利です。
車でお越しの方は、お近くの有料駐車場などをご利用ください。

アサカイとは
毎週土曜の早朝7時より北九州市門司区庄司町の「旧・門司文化服装学院」において開催されている交流会である。
2014年7月に発足し、参加者は現在20名ほど。SNSを通じた準参加は100名以上にのぼっている。
門司港という魅力的な土地柄を知り、人と人とのつながりを作り、地元の活性化につながる活動を行っている。
30代から40代が多く、建築や小売といった自営業、主婦、会社員、工芸作家など、多様な人々が集う。
会の内容は、毎週の参加者の活動や行動について報告し、どのような発見があったか、何を感じたかなどをオープンにする。
他者の経験に刺激を受けたり、自分の活動とのつながりを見出したりと、人と人との化合作用を生み出し、
各人が自分の情熱や目的を具体化する方法を見出す場となっている。

その中でも、いくつかの目的と手段を共有しているが、現在動いているのは「地元市場での開業」「映画上映会」の二つのプロジェクトである。
会場はめかりに近い地区であり、かつて博覧会も開かれた老松公園のそば。近隣の中央市場はシャッター商店街の典型のような場所だが、
古書店、カフェ、蕎麦店、アンティークショップなど、集客を見込める店舗が出店している。 ただ賑わいをもたらすには数が少ない。
門司港アサカイでも、ひとつの魅力的な店舗を創出することで、中央市場の新しい価値を生み出す一助になろうとしている。
また、映画のまち門司港を盛り上げる取り組みとして、インディペンデンス映画の自主上映会の準備も進行中である。
その時限りのイベントというよりも、長期間地元に関わる活動をしていこうという考えを共有し、
市場への出店を計画した。参加者の専門、経験、人脈を生かした活動には、
今後おおきな期待を寄せていただくことを喜び、それに応えていこうとしている活力あふれる会である。



修の呟き


タイトル画像

安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動

2015.01.12(14:31) 2242

みなさま

下記Change .Orgで、安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名
キャンペーンが始まりました。
外国語版もあります。日本から、近隣諸国から、世界中から、
安倍政権の歴史認識にNO!の声をあげましょう。
牟田口カオル


・・・・・以下は発起人・奥村さんのメール転送です。・・・・・・・

お手数ですが、下記で署名をお願いします。
http://chn.ge/1y2DKt5?recruiter=51050779

ぜひ、拡散をお願い致します。
米国の賛同団体も16、台湾でも3団体となりました。

安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動

-------なお、国際署名の呼びかけの要旨は、下記のとおりです。----

日本の侵略・加害の事実を正当化する「安倍政権の歴史認識」の
子どもたちへの注入の企ての中止を求める署名

安倍政権は、近代日本国家による侵略・植民地化を肯定・正当化し、それによる加害
の事実を無視・矮小化しようとしています。しかし、このような「安倍政権の歴史認
識・立場」は、国際社会が共有する「歴史認識」を否定する危険かつ自己中心的であ
るとの国際社会の批判と監視の目にさらされています。
そこで、安倍政権は、国際社会の目が届きにくい「国内手続き」(教科書検定手続き
―政府が教科書を検定・検閲する制度―における内容統制の格段の強化)を使って、
国際社会が共有する「歴史認識」に反する歴史教科書を作ろうとしています。
このような歴史(歪曲)教育策動を放置しておけば、その「歴史認識」が一政権内レ
ベルではなく、日本国民・日本社会全体のものにまでなるという、現在と次元を異に
する格段に恐ろしく危険な事態を招来する可能性が極めて大きくなってきます。
つまり、日本社会全体が、自らの本当の歴史を知らぬまま、自らの過ちを認めない独
善的な状況になっていけば、日本という国は、国際社会との相互理解の中で、国際社
会とともに平和裏に歩んでいくことがとても困難な国になってしまいます。
このような事態に到ることを防ぐためには、その国際社会に生きる市民のみなさんの
声がぜひとも必要です。
世界の市民のみなさん、日本在住の市民のみなさん、以上の趣旨・目的で行う以下の
署名に、ぜひ賛同してくださいますようお願いします。
----------------------
内閣総理大臣安倍晋三様 文部科学省様

私たちは、下記のことを強く求めます。

一 日本の侵略・植民地化とそれによる加害の事実を無視・正当化する「安倍政
権の歴史認識」を、教科書を通して子どもたちに注入しようとする日本政府の全ての
企てを中止することを要求する。
現在進行中の、政府の教科書検定・検閲による上記「歴史歪曲教育」の企てを即刻中
止することを要求する。
----------------------
呼びかけ団体 安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動
日本連絡先 えひめ教科書裁判を支える会
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net
日本の賛同団体38,個人89人(2015.1.8現在)
安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動のHP
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sig2.html
HPの掲示板に、国際署名関係資料を掲載
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/1/1.html
米国連絡先 Eclipse Rising
米国の賛同団体19(2015.1.10現在)
韓国連絡先 ピョンテク(平澤)・愛媛市民交流団体

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述-検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉!
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************



修の呟き


タイトル画像

大成建設の九州支店に、抗議要請に行きます

2015.01.12(14:23) 2241

柴田です。

沖縄県知事選挙・衆議院議員(沖縄1~4区)選挙で示された「辺野古新基地建設
NO!」の沖縄の声を無視して、安倍政権は辺野古新基地建設を進めようとしてい
ます。

1月15日から工事が本格化するとも伝えられています。

その新基地工事のための埋め立てを請け負っているのが、大手ゼネコンの大成建
設です。

東京でも、大成建設本社への抗議行動が計画されているようですが、同社の九州
支店に抗議要請に行くという計画が持ち上がっています。

平日の日中となりますが、行ける方はご協力よろしくお願いします。


-------- 転載ここから --------
Date: Sun, 11 Jan 2015 22:00:13 +0900
From: toshiko fukami

【STOP!辺野古】
辺野古の埋め立てを請け負っている、大成建設の九州支店に、抗議要請に行きます。

*1月14日(水) 15時半
*赤坂の鴻臚館前バス停集合

現在、5名程で計画中。ワジワジ~している方、ご一緒しましょう。あと、周り
に伝えていただけるとありがたいです。

私はサウンドデモ裁判の後、向かいます。

大成建設のHP(場所)です http://t.co/f8xbyBwabQ
-------- 転載ここまで --------


--
**********************
努力 未来 前進 平和
**********************

** 柴田 一裕(Kazuhiro Shibata)
** KFD03707@nifty.com
** http://www.kshibata.net/



修の呟き


タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1363日目報告☆

2015.01.12(14:21) 2240

青柳行信です。1月12日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21 「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1363日目報告☆
呼びかけ人賛同者1月11日3687名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
おはようございます。
WiFiの電波が入るようになりましたのでブログを送信します。
人口51万人の松山市では 市内電車が走っています。
環境にやさしい街作りの一環として、電車や自転車の活用が
いいと思います。
あんくるトム工房
市内電車  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3316

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆「悲別(かなしべつ)」むかし炭鉱いま原発 棄民の政治今も変らず
      (左門 ’15・1・12-899)
※倉本聡さんの談話。《僕は前に「昨日、悲別で」というドラマで炭鉱の
棄民を書きました。今度は原子力の棄民です。賠償金では償いきれな
い記憶や思い出、感情の集積。それが「ふるさと」です。(しんぶん赤旗
・日曜版1・11号、1面)。梅原猛さんに共通して「文明災」を告発!

★ 池田年宏 さんから:
青柳様&テント広場の皆様

2015年を迎えました。今年もよろしくお願いします。
どこの原発であれ、再稼働などとんでもありません。
3・11の原発事故の原因も究明されておらず、
なおかつ事故による避難者の救済も終わっていません。
怒りを胸に、日々の行動につなげていこうと思っています。

★ 西川裕紀 さんから:
僕は、原発再稼働阻止や原発廃絶への活動を賛同・支援しているものです。
福島+鹿児島、の核や悪に屈しない女性たちの意気込みを感じて、メール返信し
た次第です。

因みに僕は、兵庫県在住です。
学生の頃には、車の合宿免許で、福島市に滞在して講習を受けました。
また、社会人になってからは、仕事勤めで北九州市に数年間住みました。
その頃には、鹿児島の屋久島に登山しに行ったことも2回あります。

福島、鹿児島、…どちらも豊かな自然環境が沢山残っている素晴らしい場所です。
たかが電気の為に、自然や人命・健康がないがしろにされる社会は、どうみても
間違っています。

去年の7月、原子力規制委員会の委員長の田中俊一は、次のような発言をしました。
「安全審査ではなく、基準の適合性を審査したということです」
(川内原発は、安全対策が新規制基準に適応した、のであって、審査は安全審査
ではない。基準に適応=安全を保証した、ではない。安全を保証する為の審査と
は違う)
そして田中委員長はこう言った。
「安全だとは、私は申し上げません」と。

つまり…、
規制委員会が安全だと言わないのに、原発を再稼働させようとしているのです。
でも、これは逆に言うと…、

原発を再稼働させたいのならば、まずは原子力規制委員会から安全のお墨付きを
得るのが当然ですよね?
そうですよね?
再稼働の大前提ですよね!?
絶対に必要ですよね!

…という感じで、電力会社や立地自治体などに対して、強く賢く食い下がる必要
があると思います。
そして、原子力規制委員会に対しても、安全の保証(とその根拠も)を出すように
求めるとか…。
その安全の保証には、審査内容を更にうんと厳しくするしか方法は無いのだか
ら。(勿論、いくら厳しくしても100%の安全は保証出来ないが)
僕は貧乏で、遠方まで行けないので、どなたか宜しく頼みます。特に、今月の21
日とか…。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<コアキャッチャのついた原子炉は世界中で何基もすでに稼働している>につい
て報告いたします。

川内原発の審査書案のパブリックコメントの期間には、まだまだ分からなかった
こともあったのですが、多くの方がパブリックコメントを提出され、それが全文
公開されたので、新しく分かったことがたくさんありました。しかし、関西電力
は国民の多くの人が出された意見を全く無視し、また原子力規制委員会の高浜原
発の適合性審査も同じように全く無視し、審査書案が発表されました。そして、
過酷事故対策に関しては、川内原発と高浜原発は全く同じ文章が使用されていま
す。そこで、今までそれらの問題をまとめて、パブリックコメントを7通提出し
ていましたが、まだまだ問題が多すぎるので8通目のパブリックコメントを提出
しました。

『201501110000325772

原子炉下部キャビティへの注水はコアキヤッチャとは全く異質のもの4

<コアキャッチャのついた原子炉は世界中で何基もすでに稼働している>
210ページページ溶融炉芯・コンクリート相互作用、申請内容
(2)『対策の考え方 溶融炉心を冷却し、溶融炉心によるコンクリート浸食を
抑制するために、原炉下部キャビティへ注水する。』と関西電力は説明している。
日本の新規制基準よりも約10年前に策定された世界の多くの新規制基準や設計
基準書では、原発の過酷事故対策の最良の方法はコアキヤッチャ取り付けとされ
ている。

しかし、2014年10月21日の内閣委員会で山本太郎議員の「日本の原発は
『世界で最も厳しい基準』といえるのか!」の質問に、田中原子力規制委員会委
員長は『○政府特別補佐人(田中俊一君)まず初めに申し上げておきますけれど
も、今御指摘されましたコアキャッチャというのは、ヨーロッパも含めてまだ世
界に一つも現実に動いているものはありません。

コアキャッチャというのは、燃料が溶けたときに格
納容器の底に落ちて、そこでMCCIといってコンクリートとの相互作用をして
それで水素等が発生するのを防ぐということであります。我が国は、既存の原子
炉に対してコアキャッチャを付けるのは難しいので、そのMCCIという現象を
防ぐためにあらかじめその下に水を張るということで防ぐことにしてありま
す。』と答弁しています。
しかし、日本ではあまり知られていなかったようだが、ロシアではかなり早い時
期からVVER-1000とVVER-1200のコアキャッチャが開発され、
建設が進められてきたようである。

この二つのコアキャッチャは何れもるつぼ型のコア
キャッチャで、日本で有名なフランスのEPR欧州加圧水型炉の溶融炉心拡散型
のコアキャッチャとは設計が違う。VVER-1000とVVER-1200の
コアキャッチャの違いは、VVER-1000の物は耐火煉瓦製の内張り構造だ
が、VVER-1200の物は、耐火コンクリート(セメントを含まない)製の
内張り構造のようである。内張り耐火物の詳しい品質はブラックボックスとされ
ているのか、公開されていないようだが、ジルコニア(ZrO2)のようである。

VVER-1000の設計が行われていた時期には、ジルコニア(ZrO2)の
耐火コンクリートは開発されていなかったと思われるが、VVER-1200の
開発の時期にはジルコニア(ZrO2)の)耐火コンクリートが開発されていた
と思われる。EPR欧州加圧水型炉のコアキャッチャが開発された時期にも、ジ
ルコニア(ZrO2)の耐火コンクリートは開発されていたと思われるが、コア
キャッチャの形状から推定すると、内張り耐火物は煉瓦では無くて、ジルコニア
(ZrO2)の耐火コンクリートと思わる。

VVER-1000のコアキャッチャは中国の田湾原子力発電所が1号機は
2005年12月20日に初臨界を達成した。2号機の建設は2007年5月に
完了し、8月には商業運転を開始したと報じられている。

また、インドのクンダンクラム原発1号
機は2014年5月6日に最高出力の876MWに達したと報じられている。
2012年9月25日に ロシアのカリーニン原発4号機(VVER-1000、V320)、
商業運転開始と報じられている。原子力規制委員会の新規制基準の適合性審査
で、コアキャッチャの事が審議されて時の議事録は1年間の審議の中で4行しか
ないと思われるが、原子力規制委員会は海外のコアキャッチャの事は殆ど調査も
しなく、コアキャッチャと原子炉格納容器貯水冷却は同じとの結論を出して、川
内原発の審査書を発行し、高浜原発の審査書案を発行したと思わる。高浜原発の
再稼働は認められない。』

★ 金信明 さんから:
 韓国古里(コリ)原発・甲状腺がん訴訟勝訴原告者
「イ・ジンソプさんに聴き学ぶ 闘いの500日!」
集会チラシ:http://tinyurl.com/ma56nme  

日時:2月1日(日)14:00~16:00
場所:福岡市立中央市民センター 第1会議室 
   住所:福岡市中央区赤坂2丁目5-8
      電話:092-714-5521
地図:http://tinyurl.com/oeu2tv4
※元原発労働者 梅田隆亮さんの話しもあります。
   梅田さんの裁判の経過
   http://tinyurl.com/nzva72b
梅田さんを取材した映像も下記で視聴できます。
http://bww.jp/r/video/tbs-genpatsu-110709.html

参加費:無料 (席上カンパあり)
主 催:イ・ジンソプさんの話を聞くin福岡
共 催:「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
協 賛:さよなら原発!福岡
【連絡先】070-6597-3958(金信明) sinmyon@ybb.ne.jp
2014年10月17日、プサン地方裁判所において韓国における
甲状腺がんの発生の責任は古里(コリ)原発にあるとする判決文↓が出されまし
た。  http://tinyurl.com/kz459c2

この判決の勝訴要因は、韓国の裁判所が「無害との立証責任は加害者側にある」
といった日本の裁判
とは反対の立場を取ったことが大きく、原発は正常運転時でも長年放出された微
量の放射能で健康に
危害を与える施設であるという事実を法的に認めた判決です。

この判決で奥様の甲状腺ガン訴訟を原告として闘ってこられた
イ・ジンソプさんを福岡にお招きして、講演会を開催します。
ジンソプさんの闘いは必ずしも順風満帆だったわけではありません。
心ない罵声を浴びせことから始まったと言います。
この勝訴判決で、韓国では多発している原発周辺の甲状腺ガンの被害者が
300人以上集団訴訟の準備を進めています。
日本での反原発の運動や裁判にジンソプさんの裁判勝訴は大きな糧となることは
間違いありません。
当日は元原発労働者で、健康被害を裁判で闘っている梅田隆亮さんにもお出で頂
き、お話をして頂きます。
どうぞ、皆様、お誘い合わせの上、ご参加頂ければ幸いです。
<イ・ジンソプさんを大阪1/28 福井1/29~30 東京1/31 でもお招きしています。>

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2015年1月12日 第447号
------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■緊急集会「これでも起訴はできないのか!」
1月16日 金曜日 参議院議員会館講堂、東京地検前
11:00~12:00 院内集会
12:30~13:00 地検前行動
参加無料
詳細・チラシのダウンロードはブログから
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2015/01/blog-post_8.html

■川内・高浜原発を再稼働させない! 東京集会&デモ
日時:2015年1月24(土) 18:00~ デモ出発は19:45
場所:豊島公会堂ホール(JR池袋駅東口より徒歩3分)
主催:「さようなら原発」1千万署名 市民の会、さようなら原発1000万人アク
ション
http://sayonara-nukes.org/

■「辺野古に基地はつくらせない!」国会包囲ヒューマンチェーン
日時:2015年1月25日(日) 14:00~15:00
場所:国会周辺
主催:「1.25国会包囲ヒューマンチェーン」実行委員会
http://noosprey.xxxxxxxx.jp/index.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、つぎのような日だったと、九電の本社のある地元の新聞がネット上で
伝えています。(1.の記事)
その新聞が鹿児島での川内(せんだい)原発再稼働に反対する新たな全国的な運動
が提起されたことを報じています。(2.の記事)
※この記事は、「12日付朝刊」と但し書きがありますが、福岡版の紙面にはあり
ません。

1.●●「今日はどげな日ね?【1月12日】九電社長・会長、異例の任期途中交
代(2012年)」西日本電子版2015年01月12日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53320/1/
全文【九州電力は12日、取締役会を開き、真部利応(まなべ・としお)社長
(66)と松尾新吾会長(73)が退任し、後任の社長に瓜生道明副社長
(62)、会長に貫(ぬき)正義副社長(66)がそれぞれ4月1日付で就任す
るトップ人事を正式決定した。玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働をめ
ぐるやらせ問題発覚から半年余り。社長と会長が同時に退く異例の人事で、九電
が失った信頼の回復を図り、早期の原発再稼働に道筋をつける狙いがある】
(2012年1月13日付・西日本新聞朝刊1面)
九電のトップ人事は6月の株主総会と取締役会で正式に決まっていたが、任期途
中での交代は異例中の異例。すべては、前年夏に発覚した「やらせメール問題」
に端を発する混乱を収拾させるためだった。
当時の真部社長、松尾会長はこの日の会見で「引責辞任」ではなく「区切り」
「潮時」と強調。九電への攻撃を強めた民主党政権との「取引」についても否定
した。原発再稼働などを進めるため、新トップは「信頼回復が急務」と口をそろ
えたが、その取り組みはまだ道半ばだ。」
・・・・●●あれから3年、何も明らかにされないまま、一方のお当事者は知事か
ら衆院議員になり、九電は原発再稼働に奔走している!!?

2.◎◎「川内原発再稼働反対署名、全国規模で開始 鹿児島市で呼び掛け [鹿児
島県]西日本(2015年01月12日 00時04分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/138584
全文「九州電力川内原発の再稼働に反対する市民団体「ストップ再稼働! 3・
11鹿児島集会実行委員会」は11日、九電に対し再稼働の前に、原発30キロ
圏9市町全ての議会の議決を得ることなどを求める全国規模の署名活動を、首都
圏の反原発団体などと連携してスタートさせた。3月2日に福岡市の九電本社に
提出する。署名の最終的な目標は再稼働の阻止で、議会の議決に加え、30キロ
圏9市町での住民説明会の開催なども求めている。
メンバーはこの日、鹿児島市の天文館で約2時間、買い物客らに署名を呼び掛け
た。実行委の向原祥隆事務局長は「再稼働の地元同意手続きが終わっても、まだ
多くの人が反対していることを目に見える形で示したい」と話してい
る。=2015/01/12付 西日本新聞朝刊=」
・・・・1月10日付の九電本店前からのメールにあった署名用紙の紹介は次のと
おりです、
①再稼働の最大責任主体である九電社長あて緊急全国署名
②署名は、3月2日(月)午後1時、福岡・九電本社総行動として社長に手渡し、
要求を受け入れさせる
2015.3.2 緊急署名用紙 http://tinyurl.com/osgld4s
2515.3.2 県外署名依頼文 http://tinyurl.com/n3jfpls

3.「川内原発1、2号機の年度内再稼働は困難 認可書類作成大幅遅れ」産経
新聞?1月11日(日)7時55分配信
http://www.sankei.com/affairs/news/150111/afr1501110003-n1.html
長い記事「審査の合格を最初に果たした九州電力川内(せんだい)原発1、2号
機(鹿児島県)の今年度内の再稼働が困難となったことが10日、原子力規制委
員会関係者への取材で分かった。認可手続きに必要な書類の提出が大幅に遅れて
いるためで、再稼働は4月以降になる。合格のめどが立った昨年3月から1年を
経過することが確実で、事業者側の新規制基準適合への苦悩が浮き彫りになった。
2基で約4万ページに上る認可書類の膨大な量がネックとなっている。規制委関
係者によると、原子力規制庁と九電の約100人がほぼ毎日、朝から晩まで資料
を付き合わせて非公開の会合を重ねており、会議終了は午後11時を回ることも
あるという。
規制委関係者は「1つを直すと関係箇所を全て直さなくてはならず、なかなか完
成しない」と話す。・・・・・・
九電は当初、同月末までの補正申請を目標にしていたが、規制庁の指摘や訂正が
相次いでいるため、昨年末までの提出目標も断念した。
工事計画などが認可されれば、機器の設置状況や性能を規制委が現場で確認する
「使用前検査」を実施するが、1~2カ月かかる見通しだ。・・・・
ただ、認可審査の遅れが地元の情勢に微妙な変化を与える。4月12日には鹿児
島県議会議員選挙が控えており、再稼働の是非が選挙で争点となってくる。
地元住民らが川内原発の再稼働差し止めを求めた仮処分申請についても、鹿児島
地裁が近く決定を出すとみられ、司法の判断が再稼働に影響する可能性も否定で
きない。」
・・・・大きな湯沸かし器という単純な仕組みに膨大な書類、この落差が原発へ
の不安を一層かき立てますね。

玄海原発関連、
4.「佐賀県知事選は山口氏が初当選」佐賀新聞2015年01月11日 23時42分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/144412
「古川康前知事の辞職に伴い、新人4人が立候補した佐賀県知事選は11日投開
票され、元総務省過疎対策室長の山口祥義氏(49)が18万2795票を獲得
し、自民、公明の推薦を受けた前武雄市長の樋渡啓祐氏(45)を3万9千票差
で破り、初当選を飾った。樋渡氏の政治手法に反発する県農政協議会や佐賀市長
ら首長の支援を受けた山口氏は、圧倒的な組織力で出遅れをばん回し、12年ぶ
りの保守分裂選挙戦を制した。投票率は54・61%で過去最低を更新し、昨年
12月の衆院選小選挙区の57・77%も下回った。
樋渡氏を全面支援した安倍政権は昨年の滋賀、沖縄県知事選に続く敗北を喫し、
農協改革など今後の政権運営や4月の統一地方選に影響が出そうだ。
山口氏は、県内最大規模の政治団体・県農政協や県有明海漁協の推薦を受け、複
数の首長、一部の自民党議員のほか、民主党や連合なども支援した。選挙戦を通
じ、樋渡氏の政治手法を「非民主的」と批判。危機管理や過疎対策など山口氏の
総務省時代の実績に加え、「県民党」を訴えて支持拡大を図った。これまで自民
選挙を支えた農政協がフル稼働し、徹底した組織戦を展開した。出馬表明からわ
ずか3週間という出遅れを跳ね返した。
樋渡氏は、改革の実績と高い知名度に加え、首長経験者としての「即戦力」を訴
えた。前知事の古川康衆院議員ら自民党国会議員のほか、政府与党も安倍政権が
進める「地方創生時代の旗手」として大臣や党幹部を連日投入した。地元の武雄
市などで支持を集めたが、低投票率も響いて涙をのんだ。
九州大大学院教授の島谷幸宏氏(59)は、佐賀空港への新型輸送機オスプレイ
配備計画や玄海原発再稼働への反対姿勢を鮮明にし、市民団体を中心に草の根で
運動したが浸透できなかった。農業の飯盛良隆氏(44)は食育改革などを訴え
たが支持が広がらなかった。」
・・・・●●自公推薦が敗退です!! 

4’.「佐賀県知事に山口氏が初当選 自民分裂の激戦制す」西日本電子版2015
年01月11日 23時06分
http://qbiz.jp/article/53532/1/
「・・・・地域の振興策に加え、九州電力玄海原発再稼働や自衛隊新型輸送機オ
スプレイの佐賀空港配備計画など、民意の賛否が二分する国策への対応が問われた。
・・・山口氏は、玄海原発再稼働について「安全性の確認と住民の理解」を前提
に容認。オスプレイ配備は「国防は大切」と述べるだけで賛否は示していな
い。・・・・・・・・」

・・・・この人も原発再稼働容認です、農地の保全の立場からも再稼働反対して
ください!!

「佐賀県知事選、山口祥義氏が当選」TBS系(JNN)?1月11日(日)12時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150111-00000014-jnn-pol
「・・・・自民党は、原発再稼働が争点となった滋賀県知事選挙、基地問題が争
点となった沖縄知事選挙に続いて、知事選は3連敗となりました。」

4”.「支持求め奔走17日間 11日投開票、越年選挙戦に幕」佐賀新聞2015
年01月11日 09時48分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144247
「無所属の4新人が争った佐賀県知事選は10日、異例の年またぎで年末年始を
駆けめぐった17日間の選挙戦の幕を閉じた。・・・・
■島谷氏 草の根選挙を展開してきた島谷幸宏候補(59)は、佐賀市内で無党
派層に支持を訴えた。当初、大型商業施設で買い物客に支持を呼びかける計画
だったが、人出を見て変更。十日えびす大祭が開かれていた与賀神社などで「知
事候補の島谷です。原発、オスプレイに反対しています」と名前と政策の浸透に
努めた。・・・・・」

5.「(佐賀県)武雄市長に小松氏当選 [佐賀県]西日本(2015年01月12日 01時
27分)
全文「佐賀県知事選に立候補した樋渡啓祐氏の辞職に伴う同県武雄市長選は11
日に投開票され、樋渡氏が後継指名した無所属新人で元同市秘書課長の小松政
(ただし)氏(38)が無所属新人で医療法人監事の谷口優(まさる)氏
(67)を破り、初当選した。投票率は68・80%だった。
 樋渡市政の評価をめぐり知事選と連動、激戦となった。小松氏は樋渡市政の改
革路線を継承し「子どもたちが年を取っても元気で暮らせる武雄をつくる」と訴
えて支持を広げた。谷口氏は樋渡市政は独断専行だったとして「市民、市職員の
意見を聞きながら市政を進める」と主張したが、及ばなかった。当日有権者数は
4万326人。」
・・・樋渡氏にとっては皮肉な結果ですね。でも、接戦でしたね!!

5’.「(佐賀県)武雄市長選 小松氏が当選」NHK佐賀01月12日 01時25分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084395491.html?t=1420999270201
「小松氏が、元佐賀県立博物館・美術館館長の谷口氏を抑えて、初めての当選を
果たしました。小松氏は38歳。総務省の課長補佐などを経て平成22年武雄市
に入庁し、秘書課長などを務めました。初めての当選を果たした、小松氏は、
「今回の選挙結果は、樋渡市政の継続と発展が、有権者に受け入れられたものだ
と理解している。
官民一体型学校やプログラミング教育などの教育改革によって、子どもたちを
“飯の食える大人”に育てることや、住んでいる人がここにずっと住み続けたいと
思える魅力的な地域をつくるため、武雄の暮らしやすさを高めていくことをさら
に前に進めていきたい」と述べました。」
・・・当選者は、中央官庁のひも付きなんですね。?

6.(佐賀県)「=デスクノート= 大きい大人の責任」佐賀新聞2015年01月11
日 11時31分????????
http://www.saga-s.co.jp/column/opinion/22207/144295
「14日付の若者面で、高校生、短大・大学生が選ぶ「2014年県内10大
ニュース」を特集する。若者たちが社会・時事問題へどう関心を持っているか企
画したが、面白い結果だったのでさわりを紹介する。
1位は「自衛隊オスプレイ 佐賀空港に配備方針」、3位「現職辞任で年またぎ
県知事選」、4位「玄海原発停止3年 審査続く... (以下、会員限定)・・・」

7.「玄海など老朽原発5基廃炉へ 電力4社、年度内に決定」朝日新聞デジタ
ル?1月11日(日)5時6分配信
http://digital.asahi.com/articles/ASH1B5GN1H1BULFA001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1B5GN1H1BULFA001
「九州電力は10月に運転開始から40年を迎える玄海原発1号機(佐賀県)を
廃炉にする方針を固めた。同じように廃炉か運転延長かの判断を迫られている老
朽原発計6基を抱える関西、中国、日本原子力発電(原電)の電力3社も、関電
高浜原発1、2号機(福井県)を除く4基について、廃炉にする方向で地元自治
体との調整に入る。各社とも年度内に正式決定する見通し。・・・
九電は、玄海1号機は出力が比較的小さいうえ、運転の延長には追加の安全対策
に1千億円単位の費用が必要となるため、廃炉にした方がよいと判断した。今
後、玄海原発がある佐賀県や同県玄海町との協議に入り、年度内に取締役会で正
式に決める見通しだ。」
・・・・・全部、廃炉してください。

7’.「政府、再稼働へ地ならし 廃炉進め反発緩和狙う 老朽原発」朝日デジ
タル2015年1月11日05時00分 ※有料記事
http://www.asahi.com/articles/DA3S11545351.html
「電力4社が、古くなった原発5基の廃炉に向けて動き始めた。各社は今後、地
元と雇用確保策などの調整に入る。主導する政府には、着実に廃炉を進めること
で、いまある原発を減らす姿勢を示し、再稼働に対する世論の反発を和らげたい
との思惑もある。・・・(以下、有料)」
・・・・「廃炉もするから、再稼働は了解しろ」という“ガス抜き”の手段、みな
さん。「この手は食わぬ」ということでいきましょう!!

原発周辺自治体、
8.「京都・長岡京市長に中小路氏が初当選」京都新聞?1月11日(日)23時4分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150111000113
「任期満了に伴う京都府長岡京市長選が11日投開票され、無所属新人で前京都
府議の中小路健吾氏(41)=連合京都推薦=が、前市議会議長の冨岡浩史氏
(53)=自民、公明推薦=、声楽家の中平一二三氏(61)=共産推薦=を退
け、初当選を果たした。・・・・
中平氏は戦争や原発再稼働への反対などを訴えたが、及ばなかった。投票率は前
回比7・9ポイント増の43・86%だった。
▽開票結果(選管最終)・当 13,212 中小路健吾 無新  ・
9,790 冨岡 浩史 無新  ・4,708 中平一二三」
・・・自公破れる!!

被災地フクシマ、
9.「おめでとう!あふれる笑顔 県内38市町村で成人式」福島民友01/11 19:55
http://www.minyu-net.com/news/news/0111/news16.html
「12日の「成人の日」を前に、県内59市町村のうち最多の38市町村が11
日、成人式を行い、新成人らが未来への節目となる一歩を踏み出した。・・・・」

9’「福島)県内各地で成人式 2万974通りの決意」朝日デジタル2015年1月
12日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH1C2QY9H1CUGTB001.html
成人の日を翌日に控えた11日、県内38市町村で成人式が開かれた。県教委に
よると、県内の新成人は2万974人(昨年12月1日調べ)で、12年ぶりに
前年を上回った。「大人」の一員になった若者たちは、同級生との再会を喜びつ
つ、震災や原発事故からの故郷再生へ、思いを新たにした。

9”.「亡き友の遺影ともに 東日本大震災の被災地で成人式」朝日デジタル
2015年1月11日20時33分
http://digital.asahi.com/articles/ASH1C6JJ1H1CUJUB00X.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1C6JJ1H1CUJUB00X
「・・・・■避難続く福島の市町村でも 東京電力福島第一原発事故の避難指示
区域を抱える福島県内の7市町村が11日、成人式を開いた。「成人の日」は
12日だが、各地に避難する新成人も参加しやすいように3連休の中日に設定し
た。新成人たちは、10代半ばに経験した東日本大震災を忘れず、ふるさとの再
生を担い続ける誓いをたてていた。
第一原発が立つ大熊町は全町民が避難を続ける。成人式は、町から南に40キロ
ほど離れた同県いわき市のホテルであった。参加した101人・・・大熊町と同
じく全町民が避難を続ける南隣の富岡町は、仮役場がある郡山市で開催。156
人が集った。・・・・」

9”’.「故郷再生の気持ち新たに…南相馬市で成人式」日本テレビ系(NNN)1月
11日(日)22時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150111-00000041-nnn-soci
「一部が原発事故の避難区域に指定されている福島県南相馬市で11日、成人式
が行われ、新成人たちが故郷の再生を誓った。原発事故による避難区域を抱え、
津波被災地でもある南相馬市の成人式は、11日が東日本大震災から3年10か
月の月命日ということで、犠牲者を悼む黙とうから始まった。式では700人余
りの新成人を代表して、鎌田真有さんが「困難を、飛躍するためのチャンスと捉
え、この地の光となるよう努力します」と誓った。新成人たちは故郷の再生への
気持ちを新たにしているようだった。」

9”’.「<成人式>小学当時の夢は…タイムカプセル開封 福島・浪江」毎日新
聞1月11日(日)20時39分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150112k0000m040052000c.html
全文「東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町の成人式が11
日、仮役場のある同県二本松市で開かれた。出席した193人のうち約90人
は、小学校卒業時の「タイムカプセル」を開封し、当時の夢と希望に向き合った。
現在、埼玉県富士見市で1人暮らしをしている大学2年、小野田留奈さん
(20)は、二十歳の自分宛ての手紙を食い入るように見つめた。「いっしょう
けん命、勉強して夢につきすすんでいくしかない。今をがんばる。だから未来の
自分もがんばれ。楽しいこと、苦しいこと、たくさんの思い出をわすれずにがん
ばれ」と書かれていた。
当時の将来の夢は、古里の小学校で教諭になること。今でも教諭を目指している
が、福島第1原発から約10キロ離れた実家は避難区域となり、帰還できる見通
しは立たない。家族内では実家を解体する話も出ており、「浪江が近くて遠い存
在になった。元の生活に戻れないという現実を突き付けられている」と話す。
福島第1原発が立地する福島県双葉町の高校に通っていた1年の時に原発事故が
起きた。間借り校舎は2年時に郡山市、3年時はいわき市に移った。それに合わ
せて避難先も転々としたが、同じ校舎に間借りする他校の生徒などと新たな出会
いもあった。「避難生活で人生の視野が広がった面もある。『今の生活があるの
も周りの人の支えがあるから』と子どもに伝えられる先生になりたい」と話す。
震災と原発事故から3年10カ月となるこの日の式典で、馬場有(たもつ)町長
は「美しい故郷を忘れないで町の再興・再生に関わり、若い限りない力と果敢に
挑戦する行動力で、お力添えをお願いしたい」と式辞。その後、新成人たちはタ
イムカプセルに入れた自分宛ての手紙を受け取った。夢に向かって突き進む小野
田さんは「原発事故などつらいことも多かったけど、あのころの自分に『頑張っ
ているよ』と胸を張れる大人になる」と話し、うっすらと涙を浮かべた。
今は埼玉県の小学校で勤務することを考えている。「自分の被災体験を通して防
災教育をしたい。事故の記憶を次世代に伝えることが風化を防ぎ、古里・浪江へ
の恩返しにもなると信じている」と話した。」
・・・原発事故が、故郷での先生になる夢を打ち砕いた!!

10.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:9 私で何とかして」朝日デジタ
ル2015年1月11日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11545350.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11545350
「◇No.1151 発掘道具一式を車に積み込んだ。茶色い作業着にヘルメッ
ト。腰にはタオルをぶら下げて、山本誠(49)は広野町をめざした。2012
年9月11日。兵庫県教委から埋蔵文化財の発掘調査の応援に来て半年弱。東日
本大震災から1年半の節目を福島県で迎えた。
 いよいよ、災害公営住宅の予定地に遺跡があるかどうか調べる。現場はJR広
野駅そばの丘陵地。約1万5千平方メートルもある。手前に車を止め、歩いて
いった。ぽつんとショベルカーが1台あるのが見える。かたわらに、町教委の文
化財担当、鈴木恵(36)が作業着姿で1人立っている。ショベルカーの操縦士
もいるが、ほかに人影はない。えっ、なんで?山本はいぶかった。・・・・・
「すみません、重機を借りる予算しかなかったので、私で何とかしてください」
浜通り独特のイントネーション。声は相変わらず小さい。でも、おとなしい鈴木
が、腰に手を当て、胸を張っている。意気込みだけは感じられた。・・・・
「かつおぶしを削るように」山本が手本を見せる。腰を落とし、両手で道具を握
る。力が弱いと地表が波打ち、強いと削りすぎる。加減が難しい。悪戦苦闘する
鈴木。最初の試掘坑は何も出なかった。ところが2カ所目は、黒っぽい土の帯が
現れた。山本は「おっ」と思った。人工的な溝の跡だ。」

11.「心に寄り添う:子どものメンタルケアを 専門家ら課題報告??郡山 /
福島」毎日新聞 2015年01月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20150111ddlk07040114000c.html
「子どもの心のケアについて考える「福島の子どものメンタルヘルス支援の課題
と展望」が10日、郡山市開成1のミューカルがくと館であった。岩手・宮城・
福島の被災3県の専門家らが、地域ごとの取り組みや課題を報告。福島は原発事
故で県内外に避難者が散在しているため、震災遺児・孤児のフォローがしにくい
ことや、仕事と生きがいを喪失するなど親のストレスが大きいことなどから、子
どものメンタルヘルスに与える影響も大きいとの見方が報告された。
「福島大子どものメンタルヘルス支援事業推進室」開設記念の研修・講演会とし
て開催。いわてこどもケアセンターの八木淳子・副センター長は、被災当時、言
語化できなかった思いを数年後に言葉にし始めた子どもがいることなどを挙げ、
「子どものトラウマとそれによって起こる症状の変化などについて、大人や支援
者が時宜を得た知識を持つことが必要」と述べた。福島大の桝屋二郎特任教授は
「被災3県で抱えている事情が異なる中、発達障害を抱える子どもが共通して増
えている。被災県同士の連携が不可欠」と指摘した。
◇ご意見、ご感想をお寄せください  毎日新聞福島支局では、避難者や避難者
支援にあたる人々の「心のケア」の問題に取り組んでいきます。ご意見、ご感想
をお寄せください。〒960?8034 福島市置賜町8の22 毎日新聞福島
支局 メール fukushima@mainichi.co.jp▽ファクス 024・525・
2155。」

12.●●「福島の先天異常新生児、全国と同等…母親に安心感」読売新聞2015年1
月11日
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=110458
「福島県内で東京電力福島第一原発事故後に生まれた約2万人を調べた県の調査
で、先天異常の発生率が全国と大差なかったとの分析結果は、県内の母親たちに
一定の安心感を与えている。子育ての現場では、母親らを精神的に支える取り組
みが続いている。「福島で出産しても大丈夫だという実感はありましたが、県の
調査はその裏付けになります」。昨年9月に福島市で次男を出産した同市の歯科
医、蓬田則子さん(31)は、寝息をたてる次男に目をやりながらほほ笑んだ。
蓬田さんが同市で長男を産んだのは、原発事故翌月の2011年4月。同市の放
射線量は原発周辺の自治体ほど高くはなく、避難指示も出なかったが、それでも
「おなかの子供に影響が出る」「母乳が汚染されている」とのうわさが飛び
交い、心配でたまらなかったという。知り合いの母親は次々に県外などへ自主避
難して行った。東日本大震災直後の断水で、給水を受けるために長時間、屋外で
並んだことを後悔した。12年10月には心配が募り、自費で内部被曝検査を受
けた。長男は元気に育ち、友人たちが産んだ子供たちにも異常はなかった。蓬田
さんは「不安が完全になくなったわけではありません。国や県は将来的な発がん
リスクなどについてもきっちり調べて、さらに安心させてほしい」と訴える。
県の調査では、11年度から13年度(中間集計)までの先天異常の発生率は
2・35~2・85%で、日本産婦人科医会がまとめた12年の全国の発生率
(2・34%)と大きな差はなかった。早産や低出生体重児の割合も全国的な傾
向と変化はみられなかったという。
母親を支え、不安を和らげるために、県助産師会は県の委託で母子支援事業を続
けている。相馬市の助産師、宮原けい子さん(58)はこの事業に取り組む1人
だ。震災直後の11年7月から、同市周辺に住む出産間もない母親らを訪問し、
悩みなどを聞いている。
里帰りした同市の実家で宮原さんの訪問を受けた会社員徳沢麻里さん(24)は
昨年10月、長女を出産した。母乳の量を心配する徳沢さんを、宮原さんは「全
然問題ないよ」とにこやかに励ました。徳沢さんは12年10月に長男を出産し
た当時は不安にさいなまれていたというが、宮原さんが開催する子育てについて
の勉強会に参加し、「食べ物や線量の高い場所に気をつければ大丈夫」と次第に
実感できるようになったという。
宮原さんによると、原発事故直後に会った母親の中には、訪問時に宮原さんの顔
を見るなり泣き出したり、家に閉じこもったりする人が目立ち、ストレスからか
母乳が出にくい人も多かったという。宮原さんは、放射線の健康影響への心配が
背景にあると感じており、「国などは客観的なデータをさらに積み重ねて、母親
が安心できる材料を提供すべきだ」と訴えている。」
・・・・本当は、医学的な技術が進み、出産以前に手が打たれていると思うので
すが・・・・
・・・・また、こうしたことが単なる統計データで比較されるだけでは実態は見
えないのでは、一つ一つの事象を検証すべきです!!

13.「原発避難の母子 お巡りさんに感謝」読売新聞2015年01月11日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150110-OYTNT50337.html
「「おうちをまもってくれてありがとう」。東京電力福島第一原発事故で避難を
強いられている南相馬市の母子と、被災地支援で全国から特別派遣されている警
察官との心の交流が続いている。自宅を恋しがる子供たちが約3年半前、自宅近
くで検問にあたる警察官らに感謝の気持ちを伝えたのが始まり。小さな真心に、
多くの警察官が元気づけられている。・・・・母子が訪問している検問地点は自
宅近くにあり、全国からの応援警察が、24時間態勢で空き巣などの警戒を続け
ている。同年夏、親子は初めて検問地点を訪れ、涼葉さんが「おしごとがんばっ
てください」などと書いた手紙を手渡した。応援警察官の中には車中で寝泊まり
し、朝食を菓子パン1個で済ませる人もいると聞いていた江井さん。訪問の
際は、心づくしのおにぎりなどを持参するようになった。」
・・・・応援の警察官も被ばくしながらの業務、子供たちにこうしたこと強いる
原発です。

政府が、
14.「復興拠点整備に交付金=15年度創設、早期帰還後押し―政府」時事通
信?1月11日(日)14時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00000023-jij-pol
「政府は11日、東京電力福島第1原発事故で被災した福島県内の市町村向けに、
帰還住民のための復興拠点の整備に活用できる新たな交付金の創設を2015年度予
算案に盛り込むことを決めた。同日行われた麻生太郎財務相と竹下亘復興相との
閣僚折衝で合意した。国の復興への取り組みを定めた「福島復興再生特別措置
法」の改正案を今月開会の通常国会に提出し、15年度からの導入を目指す。
?新交付金は、住宅や商業地の用地買収、道路や下水道などのインフラ整備事業
に広く使えるようにする。住民の早期帰還と定住を後押しするのが狙い。長期避
難者の生活支援などを目的に13年度に創設した「福島再生加速化交付金」の一部
に「帰還環境整備交付金」(仮称)として位置付ける。予算額は加速化交付金全
体で前年度並みの1100億円程度を見込んでいる。」
・・・避難者支援⇒帰還支援です。なんということでしょう。

15.「(福島県)10日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月11日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

16..「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下
野新聞1月10日17:28
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150111/1836429
▼空間放射線量率(10日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

17.「(岩手県)<成人式>大谷翔平投手も奥州市で出席「恩返ししたい」」
毎日新聞?1月11日(日)20時6分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150112k0000m040043000c.html
「東日本大震災の被災地・岩手県では11日、奥州市の成人式にプロ野球・北海
道日本ハムファイターズの大谷翔平投手(20)が出席した。・・・・
同県は津波で大きな被害が出た沿岸部だけでなく、奥州市などの内陸部でも東京
電力福島第1原発事故による放射性物質の汚染で一部の農作物の出荷自粛が続い
たり、風評被害で苦しんだりしている。」

18.「(北海道)感動呼ぶ熱演舞台 ノクターン―夜想曲・全国公演スター
ト」福島民友新聞?1月11日(日)11時50分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0111/news7.html
「脚本家倉本聰さんが震災と原発事故で被災した本県を舞台に書き下ろした演劇
「ノクターン―夜想曲」の全国公演は10日、北海道富良野市で初日を迎えた。観
客は、大災害に人生を翻弄(ほんろう)されながらも懸命に生きる県民の姿を舞
台の中に見いだし、拍手を送った。・・・震災で心に傷を負った人たちが海辺の
一軒家で織りなす人間模様を出演者が熱演、原発事故の不条理さを訴え、風化へ
の警鐘を鳴らした。倉本さんが作品に込めた思いは観客の心を揺さぶり、喝采が
会場を包んだ。・・・」

18’.「(北海道)震災伝える本紙展示 ノクターン公演開幕の富良野会場」
福島民友新聞?1月11日(日)12時52分配信
http://www.minyu-net.com/news/topic/150111/topic4.html
「・・・・ノクターンには、津波で幼い2人の娘を失った男、写真を撮ることよ
りも人の命を救うことを優先した後輩記者を津波で亡くした新聞記者らが登場す
る。「地元紙『福島民友』が伝え続ける3・11の真実」と題したパネル展を通し
て、観客は津波で全てを流された本県沿岸地域の甚大な被害の状況、被災地でぼ
うぜんと立ちすくむ県民の姿を見詰め、舞台で織りなす人間模様に思いを投影し
ていた。・・・」

19.(千葉県)「被災地の思いつまった 17文字の詩 子どもたちの作品に
曲つけ歌う
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/20150111/CK2015011102000154.html
「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による突然の被害に苦しみながら、
新たな生活に歩み出している福島県の小中学生らが詠んだ「十七文字の詩」が合
唱曲になり、六月、千葉県松戸市で披露される。同市の「東葛合唱団はるかぜ」
が福島県南相馬市の住民と重ねた交流で詩のことを知った。家族や友達への思
い、悲しみ、希望をつづった十七文字に心を打たれた団員たちは、被災地の子ど
もらの思いを、歌声で響かせる。・・・
「震災と原発事故の前と後では内容が全く違う。私たちが歌うことで、子どもた
ちの思いを届けたい」。太田幸子団長(68)は合唱曲を作った思いをこう明か
す。太田さんらは一二年三月から南相馬市の仮設住宅を訪れ、歌の集いを催して
きた。住民の心情を思い、海の歌や「忘れがたき…」という歌詞の「故郷」は避
け、唱歌や昭和の流行歌を一緒に歌った。同市には、放射線の影響で今も住むこ
とのできない地域がある。・・・・
太田さんたちは住民たちの姿を、地元に伝えたいと思うようになった。ただ、集
いの参加者は大人たちばかり。そこで、子どもたちの思いを知ろうと地元の小学
校を訪ね、校長から詩を紹介されたのだ。楽しい日々の生活を詠んでいた一〇年
度の作品。一一年度はばらばらになった家族や、つらい思いの作品が多く、太田
さんらは涙がとまらなかった。・・・・
政府は今年、原発再稼働を進めようとしている。太田さんは「南相馬の人たちか
らは生きる力、勇気をもらった。原発と人の命は両立できない。一緒に歌って子
どもたちの未来を考えてほしい」と合唱への参加者を呼び掛けている。問い合わ
せは太田さん=・・・」

福島第1原発、
20.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月11日
「10日正午現在 1.143マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.128マイクロシーベルト毎時」

21.「ストロンチウム除去設備が運転開始 第1原発」福島民友新聞?1月11日
(日)12時0分配信
全文「東京電力は10日、福島第1原発で、放射性セシウムを除去した水からスト
ロンチウムを取り除く「RO濃縮水処理設備」の運転を開始した。RO濃縮水処理設
備は、汚染水に含まれるストロンチウムを最大で千分の1に低減できる。1日
500~900トンを処理し、さらに多核種除去設備(ALPS)を使って、他の放射性物
質も取り除く。」

22.「第一原発2号機 トレンチ底部に砂堆積」福島民報?1月11日(日)9時52
分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011120286
長い記事「セメント注入が続く東京電力福島第一原発2号機の海側トレンチ(電
源ケーブルなどが通る地下道)で、底部に堆積した高濃度汚染水を含む砂の除去
が新たな課題として浮上している。セメントでトレンチ内を固め、汚染水を抜き
取っても、砂がたまった層の亀裂から地下水が流入し汚染水となり漏れ出す可能
性がある。大規模な漏えいにつながるトレンチ内の汚染水除去を優先するため工
事を続行するが、不安材料を抱えたまま作業を進めざるを得ないのが現状だ。」
・・・図面が添付されています。

次の記事、参考記事程度に・・・興味があれば検索してどうぞ、
23.「潮目変わった福島第1原発 突破口は「ロボット構想」」産経新聞?1月
11日(日)15時14分配信
http://www.sankei.com/life/news/150111/lif1501110003-n1.html
・・・・長~い記事です。

参考記事、
24.「核被害:連帯して声を 実態調査の研究者が訴え??中区 /広島」毎日
新聞 2015年01月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20150111ddlk34040241000c.html
「米国の核実験場となった南太平洋・マーシャル諸島で核被害の実態を調査して
いる竹峰誠一郎・明星大准教授(平和学・環境社会学)が10日、中区の国際会
議場で講演した。世界の核実験の現状や地域社会に与えた影響などを解説し、世
界各地の核被害の実態を知らしめるために、被爆地の広島や長崎が声を上げ続け
る必要性を訴えた。・・・・・
・・・竹峰さんはマーシャル諸島で住民から聞き取り調査し、地域社会の構造や
住民意識など社会学の観点から核被害の実態把握に取り組んでいる。近年は東京
電力福島第1原発事故があった福島県でも核被害の調査を進めている。
 講演では、核実験と原水爆禁止運動の一連の流れと、マーシャル諸島共和国が
核保有国を国際司法裁判所に提訴した最近の動きを紹介。核実験で土地を追われ
た住民が自立自営の伝統や生活を失って、米国からの補償に依存せざるを得なく
なった点を報告し、「実験場は核保有国の植民地だった。核被害は老若男女に影
響が及び無差別的と言われているが、原住民や植民地が犠牲になる差別的な側面
がある」と指摘した。
竹峰さんは戦後を「核被害が拡散した70年間」とし、放射線という目に見えな
い物質による被害に加え、政治的・社会的に隠蔽(いんぺい)される「視(み)
えない核被害」もあったと強調。「世界には実験や被害を隠されているところが
たくさんある。被害地の人々を結びつけるのは原爆が投下された広島と長崎をお
いてほかにない。市民レベルで核被害地と連帯を作っていってほしい」と呼びか
けた。」

25.「「報道番組に戻りたい」と言うみのもんた氏の発言と記述の“リスク”」
産経新聞?1月11日(日)11時10分配信
http://www.sankei.com/life/news/150111/lif1501110004-n1.html
長い記事「タレント・みのもんた氏が新著「敗者の報道」(TAC出版)の刊行
を機に記者会見を開いた。・・・
さらに今、どんなテーマにもっとも関心があるかを問われ、「一番、興味がある
のは原発です」と明言。さらには沖縄の基地問題や、特定秘密保護法についても
興味を示した上で、「でも何でオファーがないのかなあ」とぼやいた。・・・・
(■危険な予感)著書の中でみの氏は憲法9条にも触れ、《素晴らしい条文ではあ
りませんか》と持ち上げている。さらに《この第9条を含む日本国憲法を他国から
のお仕着せであり、真の自主憲法ではないとする政治家の意見もあります。おか
しな話です。事実、日本という国はこの第9条のおかげでこれまで数々の紛争に
巻き込まれることもなく無事にこられたはず。お仕着せ? けっこうじゃありま
せんか。いったいそれのどこに不都合があるのです? 集団的自衛権? あらた
な憲法解釈? ナンセンス! もっと言えば特定秘密保護法案など、まるで戦前
への先祖返り以外のなにものでもないでしょう》と記している。
革新系・護憲派の面々が泣いて喜びそうな主張の数々だが、仮にみの氏が報道番
組に復帰した場合、公共の電波でこうした主張が飛び出しかねないわけである。
同書の冒頭で、みの氏はかつて生放送番組に出演していたころ、事前の打ち合わ
せをほとんどせず、“新鮮な気持ち”で番組に臨んでいたことを明かしている。つ
まりテレビ局側としては、みの氏の発言は「コントロール不可能」というリスク
があるわけで、放送法に抵触しかねない危険を覚悟の上でみの氏に報道番組出演
のオファーを出せるのか否か、なのだ。
本人の意欲とはうらはらに、みの氏の報道番組復帰への道はかなり険しそうだ、
と感じさせられた、会見と著書の内容だった。ただ著書の中には読むべき内容が
多かったと再度、強調しておきたい。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップは、4’の佐賀知事選の記事です、その下方に、5.の記事、
2面にも、27面社会面にもおおきく、4’.の記事が続きます、

5面下方に、小さく8.の類似記事。

今朝もこれだけです!!(1.11.4:57)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分~(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

修の呟き


タイトル画像

01・17 4年目を迎える福島のいまと生業訴訟

2015.01.11(14:58) 2239

<JCJふらっしゅ 2015/01/11 2426号より>

<新着>
■01・17 4年目を迎える福島のいまと生業訴訟
       私たちは風化させない。
──────────────────────────────────────
●主 催 放射能からみんなを守る港の会

 語り手として、原告4000人を擁する生業訴訟の原告団長中島さんをお招きし、
聞き手を弁護団事務局長の馬奈木弁護士がつとめます。当日は、福島の現状や被害、
裁判にかける想い、裁判を通じて求めていることなどについて、たくさんお話してい
ただきます。交流の時間もあります。是非おいでください。


●お話し 中島 孝さん(「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟原告団長)
、馬奈木厳太郎弁護士(放射能からみんなを守る港の会代表、「生業を返せ、地
域を返せ!」福島原発訴訟弁護団事務局長)

日時:1月17日(土) 午後2時開会
場所:東京土建みなと会館・3階会議室
   港区芝2-30-7 当日連絡先・090-9376-9091
   http://www.tokyo-doken.or.jp/branch/minato.html
   最寄駅 JR田町駅三田口、都営地下鉄浅草線・三田線・三田駅、各徒歩7分
参加費 無料

<主催>放射能からみんなを守る港の会

問い合わせ先
 放射能からみんなを守る港の会(港区労連気付)
 電話03-5765-9166、ファクス03-5765-9167
 E-mail:kawasaki@tokyo-godo.com

※ご予約は不要ですが、参加者数把握のため電話、ファクス、メールでご連絡いただ
 けると幸いです。
※集会のチラシ希望の方は「1月17日の会チラシ希望」と書いてメールを。PDF
 版をお送りします。



修の呟き


2015年01月
  1.  イスラム国の人質となった2人の解放を求める緊急アピール(01/23)
  2. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1373日目報告☆(01/22)
  3. ◆韓国古里(コリ)原発・甲状腺がん訴訟勝訴原告者 イ・ジンソプさんに聴き学ぶ闘いの500日!(01/21)
  4. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1372日目報告☆(01/21)
  5. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1371日目報告☆(01/20)
  6. 緊急オンラインアクション(01/19)
  7. 「キリスト者・九条の会」北九州“九条守りたい”定例会のご案内です(01/19)
  8. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1370日目報告☆(01/19)
  9. 【修の呟き日記(2015.1.18)】(01/18)
  10. <NPT再検討会議、ビキニデーに向けた学習会>(01/18)
  11. ストップ川内原発再稼働!1.25全国集会まで1週間(01/18)
  12. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1369日目報告☆(01/18)
  13. 【市民公開講演会】(01/17)
  14. 【よみがえれ!有明訴訟】(01/17)
  15. <佐賀地域「原告のつどい」へのお誘い>(01/17)
  16. 【原発なくそう!九州玄海訴訟】(01/17)
  17. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1368日目報告☆(01/17)
  18. <福岡サウンドデモ裁判勝訴>(01/16)
  19. ● さよなら原発!3・11福岡集会●(01/16)
  20. アムネスティ・アップデート 2015.01.15 通巻652号(01/15)
  21. 九電交渉の日程をお知らせします(01/15)
  22. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1366日目報告☆(01/15)
  23. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1365日目報告☆(01/14)
  24. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1364日目報告☆(01/13)
  25. 教科書問題シンポジウム 「戦争のできる国づくり・人づくりに歯止めを」(01/12)
  26. 「スーパーローカルヒーロー」の上映会を開催します(01/12)
  27. 安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動(01/12)
  28. 大成建設の九州支店に、抗議要請に行きます(01/12)
  29. ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1363日目報告☆(01/12)
  30. 01・17 4年目を迎える福島のいまと生業訴訟(01/11)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ