fc2ブログ

【原発GX法】30日にも委員会採決?/29、30日は参議院議員会館前へ!

★ 満田(国際環境NGO FoE Japan)さんから:

 

【原発GX法】30日にも委員会採決?/2930日は参議院議員会館前へ!

 

原発GX法(GX脱原発電源法案)ですが、

30日にも参議院経済産業委員会での採決が行われようとしています!

この暴挙をなんとしても止めましょう!

国会議員に「採決するな!」の声を届けましょう。

29日、3018:30-19:30、参議院議員会館前でのアクションにぜひご参加ください。

また、拡散にご協力ください。

 

#原発GX法を廃案に! 参議院で止めよう!

https://foejapan.org/issue/20230510/12682/

529日(月)18:30-19:30 拡大デー

場所:参議院議員会館前

<発言>

 鳥原良子さん(川内原発建設反対連絡協議会会長)

 武本和幸さん(「原発反対刈羽村を守る会」代表、刈羽村村議会議員)

 日野正美さん(女川原発再稼働差止訴訟原告団事務局長)

 増田哲也さん(避難計画を案ずる関西連絡会/美浜の会)

 

530日(火)18:30-19:30 拡大デー 午後、さようなら原発による署名提出もあります。

場所:参議院議員会館前

 

「採決するな」と地元の国会議員に呼びかけてください。

▼参議院・経済産業委員会の委員のリストはこちらから。

https://drive.google.com/file/d/1xiNRaHoSLOIs7BOAKtiZkgoB-qN9ooQY/view?usp=share_link

 

---------------------

先週の木曜日、25日には、原子力資料情報室の松久保肇さんが意見陳述を行いま

した。

理路整然と、具体的なデータも交えて、法案の問題点を述べられ、たいへん説得力がありました。以下意見陳述の一部をメモしたものです。ぜひアーカイブでおききください。

 

・福島の声をまったくきいていない。今からでもきくべき。

・「運転期間」制限は安全規制として導入された(過去政府資料、政府答弁)。

・世界をみわたしても、運転期間の認可を利用側が行っている国はない。規制機関が行う。

・資源エネ庁と規制庁の事前の面談が繰り返されていた。

  この面談に関して、資源エネ庁と規制庁の説明が食い違っている。

  どちらかが誤ったことを言っている。

・原発の建設期間が長期化の傾向がある。コストも増加している。

・基本法案では原発推進を国の責務にしたが政策の柔軟性を失う。

・日本では2030年代の前半に革新軽水炉を建設をはじめるとしているが、気候変動対策には役に立たない。

・まったく動いていない原発の巨大な維持費を、私たちが負担させられ続けている。

  経産省は建設費を事業環境整備として、消費者に負担させようとしている。

  研究開発費も圧倒的に原子力が多い。そこまでの価値があるのか。

・再エネの飛躍的な伸びに比して、原発は政府からの強力な支援にもかかわらず、伸びていない。

・最新のレポートでは、再生可能エネルギーが圧倒的に安価。

  日本には現在の電力需要の2倍という豊かな再エネポテンシャルがある。

  これを使わない点はない。

 

参議院TV https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

(カレンダーから525日を選び、そのあと下の方の「経済産業委員会」をクリックしてください。

ポップアップででてきた画面を下にスクロールして、

参考人ごとの意見陳述、議員ごとの質疑をきくことができます)

 

▼松久保さんの発表資料はこちらです。

https://cnic.jp/47153

 

------------------------

★「福島の今とエネルギーの未来2023」発行

GX法、汚染水、汚染土の最新動向についても、見開きでまとめています。

学習会などにぜひご活用ください。

https://foejapan.org/issue/20230428/12579/

※冊子版:1500円、PDF版:無料

------------------


(第4423日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

あんくるトム工房 市民連合 福岡

★ 横田つとむ さんから:

 

 青柳さん

 

今日は市民連合ふくおかの総会に参加しました。

参加者は地域の問題を持ち寄って、地域に根差した活動をしようという

いう気概にあふれていました。

変革のギヤーは野党の共闘です。

 あんくるトム工房  市民連合 福岡

   https://uncletom71.blog.fc2.com/blog-entry-1257.html


(第4423日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

明日、5月30日(火) 14時~福岡高裁 川内原発設置変更許可取消訴訟 控訴審。

青柳行信です。2023年 5月29日(月)

 

明日、5月30日() 14時~福岡高裁 川内原発設置変更許可取消訴訟 控訴審。

弁護団共同代表:河合弘之,海渡雄一 原告代表:青柳行信

進行協議期日(非公開)。今回、報告集会はありません。

 

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第4423日目。

     呼びかけ人賛同528日まで合計4552名。

 原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。

 

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。 

    <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

 

★ 青柳行信のフェイスブック 原発情報

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

 

  よみがえれ!有明海 フェイスブック

https://www.facebook.com/groups/521895675701145

 

    「理不尽な公共事業NO!の会」フェイスブック

https://www.facebook.com/groups/1469730836815299

(第4423日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

1400号を迎えた「幸せの黄色いニュース」

EPSON558.jpgEPSON559.jpg




 今日(528日)、市民共同の山下明子佐賀市議が発行している1400号を迎えた「幸せの黄色いニュース」を地域の団地に配布しました。1400号記念は山下議員が市民のくらしと命を守る立場で取り組んできた、そして重大局面を迎えている「佐賀空港の軍事基地化とオスプレイ配備計画」を取り上げています。

 裏面では私も同席した、九州防衛局佐賀現地事務所を訪ねて局長あてに提出した「佐賀駐屯地計画地の売買契約の法的有効性に関する申し入れ」の要旨を掲載しています。ご一読願えればと思います。

 山下議員をはじめ市民有志は、いま反対地権者を中心に様々な議論を行っています。近いうちに結果を報告できると思います。引き続き多くの方のご支援をお願いします。(力久)

原発GX法(GX脱原発電源法案)ですが、30日にも参議院経済産業委員会での採決が行われようとしています! この暴挙をなんとしても止めましょう!

FoE Japanの満田です。

原発GX法(GX脱原発電源法案)ですが、30日にも参議院経済産業委員会での採決が行われようとしています!
この暴挙をなんとしても止めましょう!
国会議員に「採決するな!」の声を届けましょう。
29
日、3018:30-19:30、参議院議員会館前でのアクションにぜひご参加ください。また、拡散にご協力ください。

★#
原発GX法を廃案に! 参議院で止めよう!
https://foejapan.org/issue/20230510/12682/
5
29日(月)18:30-19:30 拡大デー
場所:参議院議員会館前
<発言>
 鳥原良子さん(川内原発建設反対連絡協議会会長)
 武本和幸さん(「原発反対刈羽村を守る会」代表、刈羽村村議会議員)
 日野正美さん(女川原発再稼働差止訴訟原告団事務局長)
 増田哲也さん(避難計画を案ずる関西連絡会/美浜の会)

5
30日(火)18:30-19:30 拡大デー 午後、さようなら原発による署名提出もあります。
場所:参議院議員会館前

「採決するな」と地元の国会議員に呼びかけてください。
参議院・経済産業委員会の委員のリストはこちらから。
https://drive.google.com/file/d/1xiNRaHoSLOIs7BOAKtiZkgoB-qN9ooQY/view?usp=share_link

---------------------
先週の木曜日、25日には、原子力資料情報室の松久保肇さんが意見陳述を行いま
した。
理路整然と、具体的なデータも交えて、法案の問題点を述べられ、たいへん説得力がありました。以下意見陳述の一部をメモしたものです。ぜひアーカイブでおききください。

・福島の声をまったくきいていない。今からでもきくべき。
・「運転期間」制限は安全規制として導入された(過去政府資料、政府答弁)。
・世界をみわたしても、運転期間の認可を利用側が行っている国はない。規制機関が行う。
・資源エネ庁と規制庁の事前の面談が繰り返されていた。
この面談に関して、資源エネ庁と規制庁の説明が食い違っている。
どちらかが誤ったことを言っている。
・原発の建設期間が長期化の傾向がある。コストも増加している。
・基本法案では原発推進を国の責務にしたが政策の柔軟性を失う。
・日本では2030年代の前半に革新軽水炉を建設をはじめるとしているが、気候変動対策には役に立たない。
・まったく動いていない原発の巨大な維持費を、私たちが負担させられ続けている。
経産省は建設費を事業環境整備として、消費者に負担させようとしている。
研究開発費も圧倒的に原子力が多い。そこまでの価値があるのか。
・再エネの飛躍的な伸びに比して、原発は政府からの強力な支援にもかかわらず、伸びていない。
・最新のレポートでは、再生可能エネルギーが圧倒的に安価。
日本には現在の電力需要の2倍という豊かな再エネポテンシャルがある。
これを使わない点はない。

参議院TV→https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
(カレンダーから525日を選び、そのあと下の方の「経済産業委員会」をクリックしてください。ポップアップででてきた画面を下にスクロールして、参考人ごとの意見陳述、議員ごとの質疑をきくことができます)

松久保さんの発表資料はこちらです。
https://cnic.jp/47153

------------------------
「福島の今とエネルギーの未来2023」発行
GX
法、汚染水、汚染土の最新動向についても、見開きでまとめています。
学習会などにぜひご活用ください。
https://foejapan.org/issue/20230428/12579/
冊子版:1500円、PDF版:無料
------------------

----
国際環境NGO FoE Japan
173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
TEL: 03-6909-5983
  / FAX: 03-6909-5986

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会3

★ 中西正之 さんから:

 

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会3

<第31回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会に付いて>

2022年9月6日に第31回東京電力福島第一原子力発電所における事故分析に係る検討会が開催されています。

[a:https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/jiko_bunseki01/140000075.html]31回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会|原子力規制委員会 (nra.go.jp)

この審議会の議事録が公開されています。

[a:https://www.nra.go.jp/data/000407305.pdf]000407305.pdf (nra.go.jp)

議事録の4ページから25ページに

(1)1号機原子炉格納容器内部調査の状況について

・1号機 ROV-C による堆積物厚さ測定結果

・1号機 PCV 内部調査に係る確認点

の説明と審議が行われています。

 一般の生コンで打設されたコンクリート壁に、超高温度の溶融核燃料が大量に落下し、その上部層にはMCCI反応で大量のクラストも蓄積されれば、コンクリート壁には、爆裂が起きるのは必然の事と推定されました。

 そこで28回から36回までの検討会の議事録の中に爆裂の単語が使用されているものを調査してみました。

 その結果、31回検討会でのみで4語、使用されており、31回検討会では爆裂の検討が非常に熱心に行われていることが分かりました。

 そこで、31回検討会の議事録の12ペジから資料1-2についての検討が記録されています。

資料1-2 1号機原子炉格納容器内部調査に係る 確認点について

[a:https://www.nra.go.jp/data/000403165.pdf]000403165.pdf (nra.go.jp)

12ページに安井交渉官より、この問題についてコンクリートの専門の大成建設の方に来ていただいておりまして、意見を述べていただくと説明されています。

 大成建設(道越室長)より、説明が行われています。

資料1-2は原子力規制庁の資料となっていますが、作成は大成建設で行われたようです。

 そのためか東京電力の検討に比べ、内容がかなり高水準に成っているようです。

道越室長より、ゼネコンでは、建物が火災を受けたときに、コンクリートがどうなるかというのを調査研究、やってございます、と説明されています。

ただ、火災の場合は、今回のメルトダウン事故よりも、かなり条件が緩いので、今回のメカニズムの解明までは難しいとの説明のようです。

通し番号の39ページのコンクリート劣化に係る試験等についての資料で、今回の事故の解明のために、大型モデルを使用して再現実験を行うのが良いのではないかと説明されています。

 資料1-2の説明では、堆積物の上部にはクラストの層が有ると推定されていることが説明されています。

 コンクリートの爆裂については、資料1-2の通し番号の35ページで説明されています。


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

化学物質問題市民研究会 メールサービス 2023年5月27日 第874号

★ 安間 武 さんから:

 

化学物質問題市民研究会 メールサービス 2023527日 第874

---------------------

■集会・アクション

---------------------

◆デモ抗議開催情報まとめ[反戦・反新自由主義][@wiki

http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

 

■下記は、当研究会トピックス No 551/2023527日付けで紹介した記事の一部です。

全ての記事は下記ページでご覧になれます。

http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

---------------------------------------------

■おもしろニュース・とんでもニュース■政府・与党・国会・司法■G7 広島サミット

■憲法改悪・軍備拡大・戦前回帰■維新・梅村みずほ トンデモ発言宗教と政治

■マイナカード・保険証■政党・選挙■メディア・ジャーナリズム

■ヘイト・差別・ジェンダー・人権・LGBTQウクライナプチニュース

 

--------------------------

■原発・エネルギー

--------------------------

◆原子力基本法の改正 議論なき原発傾斜危うい

(毎日新聞 2023526日)

https://mainichi.jp/articles/20230526/ddm/005/070/122000c

 

◆原発推進法案 福島の声 耳傾けよ 参院経産委 岩渕議員に参考人

(しんぶん赤旗 2023526日)

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik23/2023-05-26/2023052602_02_0.html

 

◆宮城・女川原発2号機の再稼働差し止め、請求棄却 仙台地裁判決

(毎日新聞 2023524日)

https://mainichi.jp/articles/20230524/k00/00m/040/018000c

 

◆【寄稿】「核廃棄物処分地選定」 原子力政策を変える力に 川口幹子

(長崎新聞 2023522日)

https://nordot.app/1033198391051141173?c=174761113988793844

 

------------------------------

■沖縄・全国の基地問題

------------------------------

◆嘉手納基地の「パパループ」で騒音深刻 町が米軍などに抗議

「基地なかりせば」の仮定を退け 嘉手納基地内の土地補償、控訴を棄却 高裁那覇支部

(琉球新報 2023526日)

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1717333.html

 

◆沖縄コロナ前週の1.8倍 感染拡大で玉城知事が注意呼びかけ インフルなら流行注意報

(琉球新報 2023526日)

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1717378.html

 

◆米軍基地から流出か…発がん性疑い「PFAS」が多摩地域の住民の血中から検出

Yahoo!ニュース/女性自身 2023525日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ab6151b7a38a75edd5915ab3fd913c768b4f84ac?page=1

(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

(5.22)オルタナティブな日本をめざして(第85回)「台湾有事と自衛隊」(纐纈厚山口大学名誉教授:新ちょぼゼミ)(2023年5月22日)ーいちろうちゃんのブログ

★ 田中一郎  さんから:

 

(5.22)オルタナティブな日本をめざして(第85回)「台湾有事と自衛隊」(纐纈厚山口大学名誉教授:新ちょぼゼミ)(2023522日)& 「崩れゆく文民統制」(纐纈厚山口大学名誉教授の著書より)

   いちろうちゃんのブログ

  http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/05/post-b1b6a3.html


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

反改憲・反戦・反原発の諸情報 2023年5月

★ 工藤逸男(原発ゼロ!3.11福岡集会実行委員会) さんから:

 

 反改憲・反戦・反原発の諸情報 20235

https://tinyurl.com/bdevncuw

 

今月は、2週間ほど沖縄・辺野古の諸行動に参加をしていたので、各新聞のチェックがあまりできていない。

広島G7関連の記事については、取り上げていない。

佐賀オスプレイ配備関係(P7)GX脱炭素電源法案(P22~)、入管法「改正」案(P31~)等の記事に注目してほしい。

佐賀へのオスプレイ配備は、九州における新たな自衛隊基地建設=軍事強化である。日米の軍事一体化が進む中、この新基地は米軍との共用に道を開くことになる、と見ておかなければならない。

オスプレイ配備反対を闘う地元住民と連帯して、配備反対、基地反対の闘いを進めよう!


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

2023年5月27日(土)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします

★ たんぽぽ舎 さんから:

 

TMM:No4774

紹介内容全文こちら⇒HP http://www.tanpoposya.com/

 

2023年5月27日()地震と原発事故情報-

         3つの情報をお知らせします

1.広島サミット 被爆地の明日 核廃絶の原点は変わらぬ

  中国新聞5月23日掲載社説  東京新聞が紹介       編集部

2.福島の女性…「あなたたちの脱原発運動は福島のように

   なりたくないからじゃないのか」

  河北新聞の元記者…「原発事故、汚染水放出-心の痛みに

  気づかなければ何も始まらない」

  5/1058回日本原電本店申し入れ・抗議行動 (その3)(4回の連載)

  参加者スピーチ…渡辺マリ(たんぽぽ舎)

   「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

3.新聞より3つ

  <社説>原発処理水 放出ありきは許されぬ

         (526日東京新聞5面より)

   福島第一原発の土台損傷、原子力規制委が対策要求 

   東電見通しを「楽観的」と批判する理由は?

        525 0600分 発信 東京新聞より抜粋)

   福島第一原発の汚染配管13メートル分を撤去

     6月中に残り80メートル撤去を目指す

       526 2058分発信 東京新聞)


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

国会議員の任期延長の改憲論と参議院の緊急集会について

★ 二宮孝富 さんから:

 

 国会議員の任期延長の改憲論と参議院の緊急集会について

 

飯島 滋明(名古屋学院大学。憲法学・平和学)

憲法審議会レポート:https://tinyurl.com/muyf5fne


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

日本学術会議梶田会長が、「新たな信頼関係への一歩」 (梶田会長から国民の皆様に向けたメッセージ)を出されました。4分間です

★ 小寺隆幸(軍学共同反対連絡会) さんから:

 

日本学術会議梶田会長が、「新たな信頼関係への一歩」

(梶田会長から国民の皆様に向けたメッセージ)を出されました。4分間です

https://www.youtube.com/watch?v=A7giv2SxrLM

 

この中で、「政府は見送った法改正か民営化の二者択一を考えているのかもしれませんが、

私たちは本当の意味で対話を求め、政府との話し合いを公開し、

じっくりと深い議論をする」という確固とした決意を語られています。

ぜひご覧ください。また職場や地域に紹介していただき、

学術会議の姿勢を理解し支える人々を広げていくようにご尽力いただければと思います。


(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

川内原発の延長運転を認めていけば、行き場のない使用済み核燃料(死の灰)は確実に増え、 事故の危険性は増えることはあっても減ることはありません。

★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:

 

川内原発の延長運転を認めていけば、行き場のない使用済み核燃料(死の灰)は確実に増え、

事故の危険性は増えることはあっても減ることはありません。最悪、国すら失いかねません。

 

◎川内原発の運転延長「県民投票は実施せず」 鹿児島県知事が表明、

意見募集へ 専門委から最終報告書、6月に住民説明会

南日本新聞 2023/05/27 07:30

https://373news.com/_news/storyid/175797/

 

◎「運転延長ありき」「公約違反」 川内原発巡る県民投票見送り

市民団体、鹿児島県知事に反発

南日本新聞 2023/05/27 09:01

https://373news.com/_news/storyid/175798/

 

◎川内原発の運転延長を巡り塩田知事が6月14日に住民説明会開催の意向示す 鹿児島

鹿児島ニュースKTS (23/05/26 22:45)

https://www.youtube.com/watch?v=MV8EzwGMJ3o

 

◎川内原発延長検証の報告書、知事「県民投票実施せず」

朝日デジタル 2023527 1030

https://www.asahi.com/articles/ASR5V71W8R5VTLTB001.html

 

◎川内原発 塩田知事は県民投票は行わず 県民の意見を募集へ

20230526 2008

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20230526/5050022991.html

(第4422日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

南日本新聞:川内原発の運転延長「県民投票は実施せず」 鹿児島県知事が表明、意見募集へ 専門委から最終報告書、6月に住民説明会

杉野です。

 

 南日本新聞:川内原発の運転延長「県民投票は実施せず」 鹿児島県知事が表明、意見募集へ 専門委から最終報告書、6月に住民説明会

 

 

川内原発の延長運転を認めていけば、行き場のない使用済み核燃料(死の灰)は確実に増え、事故の危険性は増えることはあっても減ることはありません。最悪、国すら失いかねません。

 

◎川内原発の運転延長「県民投票は実施せず」 鹿児島県知事が表明、意見募集へ 専門委から最終報告書、6月に住民説明会

南日本新聞 2023/05/27 07:30

https://373news.com/_news/storyid/175797/

 

◎「運転延長ありき」「公約違反」 川内原発巡る県民投票見送り 市民団体、鹿児島県知事に反発

南日本新聞 2023/05/27 09:01

https://373news.com/_news/storyid/175798/

 

◎川内原発の運転延長を巡り塩田知事が6月14日に住民説明会開催の意向示す 鹿児島

鹿児島ニュースKTS (23/05/26 22:45)

https://www.youtube.com/watch?v=MV8EzwGMJ3o

 

◎川内原発延長検証の報告書、知事「県民投票実施せず」

朝日デジタル 2023527 1030

https://www.asahi.com/articles/ASR5V71W8R5VTLTB001.html

 

◎川内原発 塩田知事は県民投票は行わず 県民の意見を募集へ

20230526 2008

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20230526/5050022991.html

---------------------------------------------

青木 幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会2

★ 中西正之さんから:

 

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会2

<第30回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会に付いて>

2022年6月30日に第30回東京電力福島第一原子力発電所における事故分析に係る検討会が開催されています。

[a:https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/jiko_bunseki01/140000073.html]30回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会|原子力規制委員会 (nra.go.jp)

この審議会の議事録が公開されています。

[a:https://www.nra.go.jp/data/000400468.pdf]000400468.pdf (nra.go.jp)

 これまでの幾つかの検討会において、クラスト[溶融燃料とコンクリートとの相互作用(MCCI) による生成物の]の話題がありましたので、28回から36回までの検討会の議事録の中にクラストの単語が使用されているものを調査してみました。

 その結果、30回検討会で20語、32回検討会で5語、33回検討会で4語、34回検討会で1語、35回検討会で3語、使用されており、30回検討会ではクラストの検討が非常に熱心に行われていることが分かりました。

 そこで、30回検討会の議事録の3ペジから34ペジに記録されている議題1.1号機原子炉格納容器内部調査の状況について

の検討記録の中で、クラストについての審議を詳細に調査しました。

 クラストの検討の始まりは、11ページの山中委員の提起から始まっています。

15ペジには、原子力エネルギー協会(宮田部長)の「今、テーブル状のというやつが、空孔を含んでいるというところからすると、何となくクラストっぽい感じがしていて。」との発言が記録されています。

 ただ、17ページに東京電力よりの「OECDMCCIプロジェクトのCCI-2試験というのを検証しているものになるんですけれども、左から2番目の絵については、白く書かれているものが、白い線で書かれているのが、このCCI-2試験の試験結果になります。 それに対して、このSAMPSONの改良MCCIモデルは、こんな感じで評価できましたよというのを示しているんですけども、やはりどうしても下のほうに掘り進んでいくというモデルになってますので、右側の1F1号機に適用した解析についても、盛り上がっているという解析結果にはやはりなってなかったというふうに記憶しております。」との説明が記録されており、MCCI実験のクラストのモデルでは、今回の現象は説明できないとの意見が示されています。

 多くの委員から、格納容器内のペデスタルの開口部と、格納容器のペデスタル外部の状況や、鋼板製の格納容器シェルの損傷の少ない外観から、クラストの影響の考察が行われています。

 また、複数の委員からは格納容器内のペデスタルの開口部付近のコンクリートの残存部分は、クラストによって溶けたとは思われにくく、別の損傷原因ではないかと推定されるとの意見もあります。

 しかし、水蒸気爆発説は全く示されていないようです。


(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

ラジオAIネット 第89回「有明海の河口域と特産魚類」5/28午後9時

★ 矢嶋 悟(有明海漁民・市民ネットワーク) さんから:

 

ラジオAIネット 第89回「有明海の河口域と特産魚類」5/28午後9

 

諫早湾干拓問題の動向や関連した話題をお伝えする、ラジオAIネット

AI:有明・諫早)。第89回の生放送を、2023528日(日)21時か

ら、YouTubeライブで行います。今回のゲストは高知大学名誉教授で安

芸漁業協同組合じゃこ学顧問の木下泉さんです。

 

諫早湾干拓問題ラジオAIネット

89回「有明海の河口域と特産魚類」

ゲスト:木下 泉さん

   (高知大学名誉教授・安芸漁業協同組合じゃこ学顧問)

生放送日時:2023528日(日)21

YouTubeライブ:

https://www.youtube.com/user/gyominnet/live

 

木下さんは魚類の専門家として、以前より有明海の魚類の生態を研究さ

れてきました。諫早湾に流れ込んでいる本明川の河口域の調査も、干拓

堤防の閉め切り前に行っていて、そこには現在の有明海奥部の六角川や

早津江川に匹敵するほど仔稚魚が多く生息していたとのことです。また、

近年の調査では、干拓堤防内側の調整池に「陸封」された形で、有明海

の特産魚種であるエツが生息していることも明らかになりました。

 

今回の番組では、木下さんのこれまでの調査研究の成果を伺いながら、

諫早湾干拓が諫早湾や有明海の魚類の生息環境に与えた影響についてお

話しいただきます。みなさま、ぜひお聴きください。

 

Twitterや漁民ネットのFacebookページで、今後の放送予定などの

 情報を流しますので、ぜひフォローや「いいね!」をお願いします。

https://twitter.com/radioainet

https://www.facebook.com/ariakekai/

(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

軍拡増税法案廃案・緊急連続行動(毎週火曜日)の提起

★ 高田健@総がかり行動実行委員会 さんから:

 

 軍拡増税法案廃案・緊急連続行動(毎週火曜日)の提起

 

岸田政権の悪政と闘っているみなさん

 

悪法・軍拡増税法案の廃案目指して、通常国会末まで毎週火曜日、18:30~

国会議員会館前連続行動を実施する。岸田政権の諸悪法とたたかっている各市民

運動と極力連携する。

とりあえず、30日(火)です。

名称:軍拡増税法案廃案!5・30緊急行動

場所:衆議院第2議員会館前を中心に(参院会館前は別の課題の行動に譲って)、国会図書館前まで

主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

   9条改憲NO!全国市民アクション

日時:5月30日(火)18:30~19:30

立憲野党国会議員、市民


(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

2023年5月26日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

★ たんぽぽ舎 さんから:

 

TMM:No4773

紹介内容全文こちら⇒HP http://www.tanpoposya.com/

 

2023年5月26日()地震と原発事故情報-

             4つの情報をお知らせします

1.電気料金値上げって、なぜ

  電力逼迫とは関係ない 原発が止まっているからでもない

   坂東喜久恵(たんぽぽ舎)

2.5/21東海第二原発運転差止訴訟~原告団総会に参加して

  第1回控訴審は7月11日()東京地裁

  人格権に基づくまともな避難計画が作れないなら再稼働は止めるべき

   原告団賛同人:小林和博(東京都)

3.政府・御用学者は内部被ばくを無視している

  「政府は被ばくを100分の1に過小評価している」と原告側証人が証明

  「子どもを被ばくから守ろう!家族も、自分も!」

  5/21()18回新宿デモに参加して 冨塚元夫(たんぽぽ舎)

4.新聞より3つ

  ◆テロ対策の不備相次ぐ柏崎刈羽原発、

   追加検査の報告時期「決まっていない」・東京電力

    (5月26日「新潟日報」デジタルプラスより抜粋)

  ◆原発事故の処理水海洋放出 不安と不満の声相次ぐ

   福島県漁連と国、東電が意見交換 いわき市

    (5月26日「福島民報」より抜粋)

  ◆【素粒子】より3つ

   ・あの東電に安全と言われていったい誰が信用する?。ほか

━━━━━━━ 

5/29()学習会にご参加を!

 

 「関東大震災朝鮮人虐殺」否定の系譜

  1923ジェノサイドから小池知事/東京都人権部へ

 

 お 話:金 性済(キム・ソンジェ)さん(日本キリスト教協議会)

 日 時:5月29日()19時より21

 会 場:「スペースたんぽぽ」  参加費:800

   ◇予約受付中  たんぽぽ舎 電話 03-3238-9035

   「ヤフーメール」 <tanpopo3238@yahoo.co.jp> 宛てに、

   ご氏名と電話番号をお知らせ下さい。受付番号をお伝えいたします。


(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

サイト内「沖縄関係ニュース動画など(沖縄2紙の基地問題、軍備拡大、 戦争記憶等に関するニュースのピックアップ)」を更新しました。

★ 近藤ゆり子 さんから:

 

沖縄と連帯する会・ぎふ

https://okinawarentaigifu.jimdo.com/

サイト内「沖縄関係ニュース動画など(沖縄2紙の基地問題、軍備拡大、

戦争記憶等に関するニュースのピックアップ)」を更新しました。

毎回、たくさんのニュースの見出し&URLにリンクを張っています。

(「見出し」を読むだけでも、”本土”の新聞やテレビではわからない「沖縄で何が問題になっているか」について、いくらかでも知ることができます)

 

<以下、近藤によるサマリー>

 

・北朝鮮の軍事偵察衛星の発射計画に備え、政府が4月22日に「破壊措置準備命令」を出してから1カ月が過ぎた。

自衛隊は宮古、石垣、与那国の3島に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の展開を維持する。

先行きが見通せない中で「破壊措置準備命令」状態への対応を余儀なくされている地元自治体が疲弊している。

 

・23日、石垣市の陸自配備計画賛否を問う住民投票の地位確認当事者訴訟で、那覇地裁は住民側の訴えを却下し、門前払いにした。

住民投票実施を規定する市自治基本条例の条文削除を受け、司法判断がされなかった。

原告は、「当時請求した住民投票に権利があったと信じている。『権利』があることをこれからも叫び続けていかなければいけない」と声明を発表した。

「ゲーム途中に勝手に変えられたルールを審判が認めるような判決」「要塞化が進む島の住民の声を押しつぶすもの」と批判の声が上がっている。

 

・25日、浜田防相は、2023年度から、陸自の16式機動戦闘車(MCV)の一部に空調装置を新たに追加していることを明らかにした。有事などにMCVの展開先として想定される沖縄など南西諸島の気温を考慮したもの。

与那国島へ空輸訓練も視野に入れていることも明らかにした。

 

・24日、渡具知名護市長と辺野古周辺の久辺3区(辺野古・豊原・久志)の区長は、首相官邸を訪れ、松野官房長官らに地域振興のための財政支援などを要請した。

政府側は松野官房長官の他、浜田防衛相、岡田沖縄担当相ら沖縄関係閣僚が対面する「厚遇」ぶりを見せた。

翌25日、久辺3区国との懇談が行われた。名護市長は懇談には出席しなかった。「懇談」が新基地建設容認前提の場となっているため、避けたのではないか、とみられている。

26日、浜田防衛相は「移設工事を進めていく上で、直接最も大きな影響を受ける久辺3区の皆さまに、できる限りの配慮をしていく考えだ」と述べた。


(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

韓国 陝川(ハプチョン)訪問ツアーのご案内 2023年8月4日(金) ~ 8月7日(月)

★ 木村公一(日韓/韓日反核平和連帯・共同代表)さんから:

 

韓国 陝川(ハプチョン)訪問ツアーのご案内

   202384() 87()                                                         

https://tinyurl.com/59bcdjm4

 

陜川郡(ハプチョンぐん)は、大韓民国慶尚南道の北部にある郡。

 郡の北部を慶尚北道と接して 戦後帰国した被爆者が多く住んでおり、

 「韓国のヒロシマ」ともいわれています。。

 

広島と長崎で犠牲になられた韓国人被爆犠牲者の追悼・非核・平和集会へのお誘いです。

 

案内書に記載された費用は、東京から参加する場合のものです。

参加希望者は早めにご連絡ください。

木村公一 <kimurakoichi@gmail.com>


(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

=核ゴミを北海道に埋める?① =ハガキ通信No.40を送ります。

★ 札幌  加藤浩通 さんから:

 

青柳様、いつもメールありがとうございます。ハガキ通信No.40を送ります。

 

  =核ゴミを北海道に埋める?

 

 54基の原発から大量に発生させた核ゴミをどうするのか?世界で唯一核ゴミ処分地のあるフィンランドへ2014年に旅行した際、見聞きして地震のないフィンランドと地震大国日本との違いは何かをまとめてみた

 

   【 地震を知っているか?】

《フィンランド》大半の国民は地震を知らない。なぜか、地震の発生は百年に1~2回だからと。

《日本》地震を知らない日本人はいない。巨大地震は数年ごと、超巨大地震・津波も必ず発生する。  

 

   【地下の岩盤の安定度は?】

《フィンランド》地震も活断層もない10億年前の硬い岩盤

《寿都・神恵内》地震や活断層もあるもろい岩盤

 

    【 核ゴミ交付金はあるか?】

《オンカロ》ゼロ(国民的合意の事業なのでゼロ)

《寿都・神恵内》巨額→6年の調査で90億円の支給(国民的合意なく猛毒の核ゴミ調査の見返りとして)

 

   【政府の姿勢は?】

《フィンランド》負の側面も包み隠さず開示

《日本》負の部分は隠し札束で頬を叩くやり方

 

 では、核ゴミをどうするのか?その答えは政府からの要請で日本学術会議が

 答申で提言しているが何と政府はその答申を全く無視している。

 

~物価高    そろりと開始   我が家の菜園~  20235  No.40  

(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

あんくるトム工房 来んしゃい金曜 脱原発  

★ 横田つとむ さんから:

 

 青柳さん

 

金曜行動に参加しました。

九州電力が継続して自然由来の電気を捨てさせていること、

電力会社間の談合があっても、九州電力の社長、会長は謝罪も

してないことが、批判されました。

また、電気代のうち、託送料が上がりそうだとのことでした。

発電会社、送電会社が同じ穴のムジナですから、こんな悪いことを

平気でするんですね。

 

先だって、沖縄の県民集会に参加していた工藤さんから、

現地の話しを聞きました。運動の様相が変化してきたとのことでした。

 あんくるトム工房  来んしゃい金曜 脱原発  

  https://uncletom71.blog.fc2.com/blog-entry-1255.html

(第4421日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会1

★ 中西正之さんから:

 

東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会1

<第29回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会に付いて>

2022年4月26日に第29回東京電力福島第一原子力発電所における事故分析に係る検討会が開催されています。

[a:https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/jiko_bunseki01/140000070.html]29回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会|原子力規制委員会 (nra.go.jp)

この審議会の議事録が公開されています。

[a:https://www.nra.go.jp/data/000390581.pdf]000390581.pdf (nra.go.jp)

 そして、この審議会に福島原発1号機の格納容器内のペデスタル外部にカメラが入って、内部調査を行った資料が配布されています。

「資料3 1号機 PCV内部調査の状況について」

[a:https://www.nra.go.jp/data/000388506.pdf]000388506.pdf (nra.go.jp)

この資料の審議内容が、議題3の検討として、議事録の49ページから59ページに記録されています。

そして、49ページから53ページに東京電力より、ペデルタル外部の格納容器床の点検結果の説明が行われています。

 ペデルタル内部の床には、格納容器下部に落下する排水を集めて処理する大きなサンプピットが2ケ設置されています。

 東京電力は、「MAAP code」を使用したシミュレーション結果より、1号機は一番核燃料のメルトダウンの程度が激しく、原子炉圧力容器内に設置されていた核燃料はほぼ全量に近い量が溶融して、原子炉圧力容器の底を破いてペデルタル内部の床に落下していると推測される。しかし酸化ウランの核燃料は酸化物でも比重が金属鉄よりも大きいほどで、その溶融物の全体積は少ないので、殆どがサンプの中に落下して、サンプの内部のコンクリートとMCCI反応を起こすと推測していました。

 しかし、今回のカメラによるペデルタル外部の床と開口部の床の点検結果からは、ペデルタル外部の床まで、厚い状態で大量の堆積物が流れ込んでいることが報告されています。

 東京電力の説明の後で、53ページに当時の原子力規制委員会委員長の更田委員長より「通しの127ページの右下のところで、RCW系統の配管があるはずのところにないというのが、破線で引かれているのですけれども、その後ろに見える縦の配管に見えるものというのは、これは何ですか、これ。」という質問が有ったことが記録されています。

東京電力よりこの「縦の配管に見えるもの」はペデスタルコンクリート壁の縦鉄筋と思われるとの説明が行われています。

 東京電力は「当然、これまでもコンクリートの浸食につきましては、MCCI という形で研究が進められておりましたけれども、ただ、MCCIの場合には、鉄筋ももろとも浸食しながらやっていくというものですので、ちょっとメカニズム自体がまだまだよく分からないというような状況でございます。」と説明を行っています。


(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。

★ 星野正樹 さんから:

 

「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。

 

172回市民憲法講座

 

【戦争を起こさないために】

いま日本に求められている外交とは何か

 

お話:猿田佐世さん

        (新外交イニシアティブ〔ND〕代表・弁護士)

 

「いま必要なのは戦争を起こさないための外交です」(41日付朝日新聞「be」)

辺野古の基地問題、原発、安全保障など日本のさまざまな課題を独自の外交ルートで

アメリカ議会、政府に働きかけ、現実を少しずつ変えてきた猿田さん。

岸田政権が進める軍拡路線ではなく「戦争を回避する」ための「もうひとつの外交」はどのように可能なのでしょうか。

ともに考えてみませんか?

ご参加をお待ちしています。

 

日 時:527日(土) 18:30開始

場 所:文京区民センター3階C会議室

https://goo.gl/maps/Td9nCJ52W9F2

参加費:800円

主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会

東京都千代田区神田三崎町3-3-3-402

03-3221-4668

http://web-saiyuki.net/kenpoh/

(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

(報告)(5.22)日本農業と農業政策(第1回目)(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ

★ 田中一郎 さんから:

 

(報告)(5.22)日本農業と農業政策(第1回目):アメリカから役

に立たない武器兵器を臺宏士量に買うことよりも、日本農業の再生と食料安全保障を

確立せよ(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/05/post-b8d95c.html


(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

SNSで1000万回再生! 大臣を「論破」した大学院生が伝えたかったこととは

★ 杉野 さんから:

 

SNS1000万回再生! 大臣を「論破」した大学院生が伝えたかったこととは

https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20230525-00350707


(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

2023年5月25日(木)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

★ たんぽぽ舎 さんから:

 

TMM:No4772

紹介内容全文こちら⇒HP http://www.tanpoposya.com/

 

2023年5月25日()地震と原発事故情報-

             4つの情報をお知らせします

1.女川原発2号機運転差止め判決に対する評価速報

  原子炉の防護対策(1層~4層)が万全としても

  第5層(避難計画)は別個のもの規制委が明言

  規制委員会の判断すら無視して被告(東北電力)

  代弁(コピペ)しただけの判決

   上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

2.小出裕章さん…「原子力は徹底した差別だ」

  赤坂憲雄さん…「東北は未だ植民地だったのか」

  区域外避難者の息子さん…「大人は死ぬ前に責任を取って下さい」

  5/1058回日本原電本店申し入れ・抗議行動 (その2)(4回の連載)

  参加者スピーチ…渡辺マリ(たんぽぽ舎)

   「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

3.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆6/14()平和と暮らしを破壊する軍拡・原発・増税まっしぐら

   岸田悪政にNO!NO!NO!

   そうだ、選挙に行こう!政策連合大集会 会場:四谷区民ホール

4.新聞より4つ

  ◆対馬 国境の島 防人の島 核のごみ最終処分

   被爆地の長崎県で 人口減、コロナで観光に痛手

   誘致に向け請願の動き 応募阻止へ署名で対抗

   (5月25日「東京新聞」朝刊22-23面「こちら特報部」より抜粋)

  ◆核軍縮広島ビジョン 被爆地の願いを裏切った

    (5月23日「琉球新報」<社説>より)

  ◆不気味伊豆諸島の地震40回 首都直下の前兆の恐れ

   いま日本周辺は地震の活動期

    (5月24日発行「日刊ゲンダイ」2面より)

  ◆【素粒子】より4つ

   ・いま、マイナカードの誤登録が次々と。 など


(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

参議院で止めよう!軍需産業強化法案 あたらしい戦前にしないための座り込みへ

★ 東京の杉原浩司 さんから:

 

参議院で止めよう!軍需産業強化法案 あたらしい戦前にしないための座り込みへ

https://kosugihara.exblog.jp/241813428/

(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

25日の第2の沖縄戦を許さない国との意見交換会の録画紹介

★ 小林久公 札幌市さんから:

 

25日の第2の沖縄戦を許さない国との意見交換会の録画紹介

 

議員会館内で開催された

第2の沖縄戦を許さない!戦没者遺骨問題ガマフヤーと国との意見交換会の録画をお送りします。

是非ご覧ください。

 

■第2沖縄戦を許さない!戦没者遺骨問題ガマフヤーと国との意見交換会

YouTube公開 (23部は一つにしました)

●第一部 環境省

https://youtube.com/live/Kj_q40Uzq9Y?feature=share

 

●第二部・第三部 厚労省・外務省130分~、防衛省315分~

https://youtube.com/live/1RMEExIwWR0?feature=share

(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

今すぐ止めて廃炉にしろ@南海トラフ地震の可能性大

★ 松本英治 さんから:

 

今すぐ止めて廃炉にしろ@南海トラフ地震の可能性大

 

「四国電力 伊方原発3号機の原子炉起動」 NHK 愛媛 20230524()1903分。

https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20230524/8000016007.html

 

「伊方発電所3号機 原子炉起動について」四国電力株式会社 令和5年5月24日 プレスリリース

https://www.yonden.co.jp/press/2023/__icsFiles/afieldfile/2023/05/24/pr009.pdf

 

「伊方発電所3号機の基準地震動に係る原子炉設置変更許可について」四国電力株式会社

 令和5年5月24日 プレスリリース

https://www.yonden.co.jp/press/2023/__icsFiles/afieldfile/2023/05/24/pr010.pdf

 

内閣府 「南海トラフ巨大地震」編 全体版(1726秒)(動画)

http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/nankai_all.html

(第4420日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)
プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる