FC2ブログ

タイトル画像

修の呟き

2013.09.14(17:05) 1014

 また有明海再生の話で恐縮です。14日付佐賀新聞と赤旗が国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門をめぐり開門訴訟の原告・弁護団が、農水省九州農政局と意見交換を行ったと伝えています。
 
 両紙によると、意見交換で原告・弁護団は開門調査の事前工事が9日、開門反対派の抗議で着手できなかったことを批判。これに対し吉村馨九州農政局長は着工中止について「地元の理解が得られなかった」と釈明し、12月開門に「間に合わせることは可能」と言いながらも、打開策について聞かれると「検討していない」と、無責任な姿勢を取り続けています。
 
 また弁護団が、第三者の裁判所を交えて話を聞く場を設ける重要性を強調したのに対し、農政局幹部は「裁判所への申し入れはどこがするのか。長崎県側はテーブルに付く見込みはあるのか」などと消極的な姿勢に終始。これに対し、馬奈木昭雄弁護団長は「意見表明の場を提案されて断るのはおかしい。(裁判所が)話をつける場所として一番良い」と強調されたそうです。
 
 官僚のいい加減さは十分承知していたつもりですが、この九州農政局幹部の答弁には余りにも無責任な姿勢で、憤りを通り越し呆れるばかりです。12月開門は漁民をはじめ佐賀県民が譲れない期限です。長崎県も具体的な被害について提示し、被害防止について話し合う機会を設けてほしい。
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第879報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第878報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1014-e898ae06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)