FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第895日目報告☆

2013.10.01(19:40) 1041

青柳行信です。 10月1日。

明日、10月2日(水)福岡地方裁判所
● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論(301号大法廷)●
  〇門前集会9:30~ 
 詳細→http://tinyurl.com/ms3uvu8

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第895日目報告☆
呼びかけ人賛同者9月30日迄3007名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月30日2名。
匿名者2名
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
   
★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
昨日朝、韓国の市民団体の方々がテントを訪れたことで
連帯することを 実感しました。
世界の流れは、脱原発ですね。
あんくるトム工房
電力会社の体質   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2647
連帯 脱原発    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2646

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆黒澤の『赤富士』を見る今日の「収束不能」を予言してゐる
     (左門 10・1-431)
※報道ステーションで放映とコメント。
「猿は火が手に負えなかったから使わなかった。
人間は核に手をつけた。
富士山の爆発は手に負えないことは知っているのに・・・・」(黒澤明)。

★ 北岡逸人 さんから:
 以前、ドイツの脱原発政策と廃炉後の地域振興策と、福島被災地の視察に関す
るメールを投稿しました。
そのドイツと福島の視察報告を直接取材して以下リンクで視聴できるようにしま
したのでお知らせします。

http://youtu.be/OZQh-lOeYXs
ドイツ視察報告が約34分、引き続き1分ほどが福島視察報告になります(合計
約35分)。

http://youtu.be/1K_cBXIf7U0
福島被災地の視察報告の続き(約18分)

 (以下に、以前投稿した内容を再掲します)

・ドイツの事例(廃炉後の実例)

脱原発社会の実現・ドイツの脱原発政策と廃炉後の地域振興策

 柏崎市議有志5名、県議会議員2名他が、4月中旬ドイツのグライフスバルト
原発の地元ルブミンで原子炉解体後の地域振興の状況を調査した。
 ドイツ視察で最初に驚いたのは、国民の徹底した省エネ志向である。これは、
脱原発に向けての省エネではなく無駄なものは使わない、無駄なことはしないと
いう国民性だという。
ホテルでは、歯磨きセット、スリッパ、寝間着はなし、シャワートイレもない。
コンビニ、自動販売機も10日間の滞在で一度も目にしなかった。休日はスー
パーマーケットもデパートも休み、平日でも午後7時には閉店となる。もちろん
レジ袋、紙コップ、紙皿などの使い捨ては一切しない。日本では当たり前のオー
トマチック車も見かけなかった。世界大戦で敗戦国同士として戦後社会を形成し
てきたドイツと日本とのこの違いは一体何なのだろうか。このようなドイツの国
民性が、遠い日本のフクシマ事故を教訓として脱原発に踏み切った大きな要因で
はなかろうか。コンビニやシャワートイレ、自動販売機の消費電力は原発何基分
に相当するのだろうか?
 現在、ドイツでは9基が運転中、25基が既に廃炉、建設中止が4基となって
いるが2022年までにすべての原発が廃止される。3.11福島事故後直ちに
国民の合意のもとに決定されたものである。グライフスバルト原発は、旧東西ド
イツ統合後に稼働中の1~5号機が廃炉・解体となり、原子炉建屋、タービン建
屋の敷地は更地となり、跡地1200ヘクタールのうち30ヘクタールに15の
企業が進出し1200人が雇用されている。工事が完了し稼動寸前だった6号
機、建設中止となった7,8号機は、風力発電のシャフト製造、造船事業などに
利用されていた。グライフスバルト原発は、ルブミン、クレスリン、ルベノウの
3町にまたがって建設されていた。連邦政府、州政府、欧州連合(EU)からの
多額な資金援助によって、バルト海沿岸のそれぞれの町が協力し合い、廃炉後の
地域振興計画が立てられ、ホテル、ペンション、バカンス用アパート、別荘、レ
ジャー施設が建設され、地域全体の雇用、人口ともに増加し「海の保養地」とし
て変貌を遂げている。ルブミンのフォークト町長は、これまでに20年かかっ
た。一時的な雇用減少など難しい局面も多々あったが「老後はルブミンで暮らし
たいという人が多くなってきている」と胸を張る姿が印象的だった。
 ドイツでやれたことが、日本でやれないはずはない。福島の惨状を見るなら我
が国もドイツに一日も早く見習うべきであり再稼動や原発輸出などもっての外と
しか言いようがない。

 上記のテキストは以下の集会で配布された資料であり、柏崎の高橋新一市議か
ら配信許可を頂きました(詳細な視察報告は多忙につき未完とのこと)。
「中越沖地震6周年原発ハイロ県民集会」県平和運動センター、県原水禁が事務
局を務める「原発からいのちとふるさとを守る県民の会」が、7月28日、中越沖
地震6周年原発ハイロ県民集会を柏崎市で開催し、約300人が集まりました。
http://sayounaragenpatsu.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html
 なお、高橋市議は9月9日開催の柏崎市議会で自らの福島現地視察体験を報告し
た後に、「福島県内の高濃度汚染地域は、ゴーストタウンと化し帰還不可能と
なっている。市長を初めとする市民団体(商工会議所など)でこの状況を視察す
る必要があると思うが、検討できないか」との質問をしていました。私はこの質
疑をインターネット放送で見ていましたが(私の記憶では)、市長は(若干困っ
たような表情に見えましたが)「何かの機会があれば視察に参加したい」といっ
た(消極的な)回答で拒否はしませんでした。この高橋市議の提案は他の関係自
治体でも必要な良い提案だと思いました。九州でも(再稼働の判断を下す前に)
関係地域の首長や有力者らに、福島(高濃度汚染地域の)現地視察を提案してい
くのが良いと思いました。

★ ハンナ&マイケル さんから:
<福島バッジよろしく!>
先日、「さよなら原発!第二回実行委員会」のあと、天神の東日本大震災復興支
援のコンサートSMILE STAGE に行きました。メジャーデヴューした
ばかりの福島出身の片平里菜さん(この若さで驚くべきギターの腕前!すて
き!) 仙台から元気な二人組のイケメンズなどが出演。

でも司会者から「九州にいてはよくわからないけど、福島の実情は?」と問われ
ても里菜さんは「自分の住まいは内陸部だからあまり被害はなかったけど、地域
によっていろいろだから・・・」と言葉を濁し、イケメンズは被災地の人と笑顔
で繋がろう!、スマイル、スマイル!と絶叫。心から笑顔になれないであろう東
北の人々に、笑顔まで強制するようになったかと、音楽のノリの良さとは裏腹
に、こちらは顔がこわばりました。

その数日前に福島バッジプロジェクトの人から手紙をもらい、そこに書いてあっ
た棄民という言葉に心が沈んでいたせいでもありますが。「先日、私は切り捨て
られたという感じをもちました。福島の方は棄てられたとよくいいます。・・・
福島も私もゴミ箱の中から小さな声で叫んでいるという思いに囚われた日でし
た。・・・」

「NO NUKE]のバッジを作っていたこのプロジェクトは、「福島の仲間達
はNO!に少し疲れてきました」といって、今度「Say YES to NUCLEAR FREE 」
 というバッジを作成したそう。私も今度の集会で販売しようと、注文をだしま
した。売り上げは全額このプロジェクトに寄付するのでお買い上げよろしく!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
福島第一では、“アルプス”の運転を再開した、との報道があっています。
今朝もその汚染水問題の一連の記事からはじめます。
1.「放射能低減装置の運転再開=1日3回パトロール-東電」時事通信09/3008:53
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000080
記事「・・・30日、福島第1原発で汚染水から放射性物質を取り除く『多核種
除去装置』(アルプス)の試運転を再開したと発表した。今後はパトロールを1
日3回実施し、監視する予定。・・・・・・・・運転再開は30日午前2時40
分ごろ。再開後、新たな異常は見つかっていないという。」
1’「汚染水対策『もっと前へ』=事故調元委員ら、規制委に注文」時事通信
09/3021:29
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000909
記事「原子力規制委員会は30日、東京電力福島第1原発事故を調査した政府、
国会、民間の各事故調査委員会の元委員らを招いた意見交換会を開いた。出席者
からは、原発の新規制基準策定などの成果を評価する声とともに、『汚染水対策
で規制委はもっと前に出るべきだ』などの注文も寄せられた。・・・・・・」
規制委の行っている仕事についても次のような指摘が、
「・・・・・・北沢氏は『新基準でやっと国際レベルに近づくことができた。議
論が透明になったことも本質的な進展だ』と評価。一方で『張り子の虎にならな
いためには実力が必要。予算も人員も推進側に対抗できるよう頑張ってほしい』
と述べた。・・・畑村氏は『どんなに審査しても、抜けている部分や未知の危険
が残ることを規制委は言わないといけない』と指摘。野村氏は『規制委は独立性
の高い委員会として発足したが、事務局の原子力規制庁の議論が見えない』と一
層の透明化を求めた。」
海外から、
1”.「『非道徳的』と日本を非難=原発汚染水漏れ-韓国海洋相」時事通信
09/3018:14
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000633
記事「・・・・・『日本には(周辺国に)知らせるべき義務があるのに全く通報
もせず、海に流した。あり得ないことだ』と批判した。福島など8県からの水産
物輸入を全面禁止したことについては『非道徳的な連中を外交的にカバー(配
慮)してやる必要があるのかと考えた』と説明した。・・・・・・『日本には
(周辺国に)知らせるべき義務があるのに全く通報もせず、海に流した。あり得
ないことだ』と批判した。福島など8県からの水産物輸入を全面禁止したことに
ついては『非道徳的な連中を外交的にカバー(配慮)してやる必要があるのかと
考えた』と説明した。・・・・・・・聯合ニュースが伝えた。」
福島第2のこと、
2.「研究施設転用も選択肢=福島第1原発5、6号機廃炉で-東電社長」時事
通信09/3020:27
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000861
記事「・・・・広瀬直己社長は30日、福島県議会出席後、記者団に対し、安倍
晋三首相が要請した福島第1原発の5、6号機の廃炉について、『年内に判断す
る。(廃炉に関する)研究施設にすることも一つの選択肢』と述べ、研究施設転
用を視野に入れていることを明らかにした。」
2’.「福島第2の廃炉やむなし=『他原発と同列に扱えず』-茂木経産相」時
事通信09/3019:41
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000696
記事「・・・・・・・経産相は福島第2に言及し、さらに一歩踏み込んだ形だ。
ただ、菅義偉官房長官は30日午後の記者会見で『政府内で(福島第2に関す
る)方針は決まっていない』と語った。」
・・・・・・注視していないと逆戻りもあるか。
この問題は、
3.「前倒し廃止検討」で合意=復興法人税、賃金上昇前提に-税制改正大綱案
決定・自公」時事通信 09/3023:48
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000470
記事「・・・・・・・2013年度末に廃止する政府方針については、『経済成
長を賃金上昇につなげることを前提に、1年前倒しでの廃止について検討』と明
記することで合意した。・・・・」
・・・・・賃金上昇??、何の保証もない。国民無視の勝手な言い分です。

被災地フクシマ、
4.「【避難準備区域 解除2年(下)】 賠償方針に不満 地元の訴え通らず
 早期帰還や田畑めぐり」福島民報9月30日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/09/post_8275.html
難解長文記事「30日、区域設定解除から2年を迎えた東京電力福島第一原発事
故に伴う旧緊急時避難準備区域内で、政府の損害賠償の方針に対し住民が不満を
募らせている。地元自治体は、生活支援に向け早期帰還者を新たに設けられる賠
償の対象とするよう求めている。住民が自宅に戻る環境を整えるためだが、政府
は考えを明確にしていない。一方、政府は旧避難準備区域を田畑賠償の対象外と
する考えを変えておらず、地元との協議は平行線をたどっている。・・・・・・」
・・・・制度の経過をよく知らないと理解しづらい記事だが、被災地の分断と賠
償の打ち切りを狙う政府のあり方はひどいです。
5.「30日の県内各地の環境放射線量測定結果・県内13地点の環境放射線量
測定値・放射性物質の検査結果」福島民報10月1日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf

6.「原発事故避難、不動産賠償増額へ文科省の紛争審査会考え方示す」09/30
20:28
⇒http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2013093001002699
記事「文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は30日までに、東京電力福島第
1原発事故で避難を余儀なくされた住民に支払う家屋など不動産の賠償につい
て、増額する方針を固めた。1日に開かれる審査会で考え方を示す。・・・避難
前に築年数の古い家に住んでいた場合、2012年に決められた賠償基準では避
難先での住宅購入が難しいとの声が相次いでいた。避難住民の多くが都市部に避
難したため、地価の差なども背景にある。・・・東電は審査会が決めた方針に
沿って賠償基準を決定。震災前の固定資産税評価額などを基に賠償額を算定する。」
・・・・増額?-被災者の納得できる金額になるかは、未だ不明・・。
7.「『町独自に調査して』 楢葉町、中間貯蔵建設に住民意見」福島民報9月
30日10:03
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013093011219
記事「楢葉町の町政懇談会は2日目の29日、環境省が東京電力福島第一原発事
故に伴う中間貯蔵施設の建設候補地としている波倉行政区などの住民を対象に開
かれた。参加者からは『環境省の調査だけでなく、町独自に調査して安全性を確
認してほしい』といった意見が出た。・・・・・・・・・・・」
・・・・・もう、国は信用できない。
神戸、
8.「原発避難で国と東電提訴=福島から兵庫の18世帯-神戸地裁」時事通信
09/3017:20
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000666
記事「・・・・福島第1原発事故で福島県から避難を強いられ精神的苦痛を受け
たなどとして、兵庫県に住む18世帯53人が30日、国と東電を相手に総額4
億4800万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。・・・・・原告
は1~74歳の男女。9世帯は母子で避難しており、うち4世帯は福島県内に
残った父親も原告に加わった。・・・・・・・・・弁護団によると、同様の集団
訴訟は札幌や東京、大阪などで11地裁で起こされている。」

原発施設、
9.「もんじゅ機器点検完了=不備1万4300個-原子力機構」時事通信
09/3016:50
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013093000614
記事全文「日本原子力研究開発機構は30日、大量の点検漏れが見つかった高速
増殖炉『もんじゅ』(福井県敦賀市)で機器の点検を完了したと原子力規制委員
会に報告した。未点検だった機器は7346個で、手続き上問題があったものを
含めると、点検の不備は約1万4300個に上ったという。・・もんじゅでは昨
年11月、点検間隔の変更手続きを行わず、点検時期を遅らせていたことが発
覚。原子力機構が調査を進めた結果、ディーゼル発電機など運転停止中でも作動
しなければいけない最重要機器85個も未点検だった。」
・・・・・・果たして、ほんとうにまともにやったのか・・・・。

10.「原発ゼロを永遠に 生命最優先 反原連が大行進 東京・渋谷」しんぶ
ん赤旗9月30日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-30/2013093015_03_1.html
記事「首都圏反原発連合(反原連)が主催する『反原発☆渋谷大行進』が29
日、東京都渋谷区で行われ、1800人(主催者発表)の参加者が『原発いらな
い』『再稼働反対』と訴えて歩きました。・・・・・・・買い物に来ている最中
にデモを見かけて参加した東京都大田区の男子学生(21)は『汚染水や再稼働
のニュースは見るけど、それに反対する人のニュースはあまり聞かなくなったの
で、もうあまりやっていないのかと思ってました。たくさんの人が参加している
のを見て、これなら自分もまざりたいと思いました』と語りました。」

九州、
11.「九州電力の節電要請、きょう終了 原発なし、猛暑乗り切る」南日本新
聞(09/30 12:30)
⇒http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=51604
記事「・・・・・川内原発(薩摩川内市)、玄海原発(佐賀県玄海町)の原子炉
計6基が全停止し迎えた2度目の夏も、節電に加え他電力からの融通や卸電力市
場の活用が定着。記録的猛暑となり需給ひっ迫が懸念された7~8月は、供給余
力を示す予備率は安定供給に最低限必要な3%以上だった。・・・・・・・・国
は、節電や融通などで予備率3%以上を確保できるとし、東日本大震災後、初め
て節電の数値目標を見送った。需給ひっ迫時の対策として、市場参加者の枠を広
げて開設した『夏季広域融通入札市場』での取引や、周波数の違う東西電力会社
間の融通、大口顧客への負荷調整の発動はなかった。」
12.「九電など9電力で節電期間終了 原発ゼロで冬突入へ」西日本09月30日
18時27分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/24399/1/
記事「・・・・・・日本列島は『原発ゼロ』で暖房期の冬を迎える可能性が高い
が、9社とも安定供給に最低限必要な供給余力は確保できる見通し
だ。・・・・・・・夏が涼しい北海道電力と東北電力管内は、期間中の最大使用
率が80%台で終わった。ただ、これらの地域は冬の寒さが厳しい。」

参考記事、
13.「凍土壁はベストの選択か(前) 」データ・マックス9月30日 13:34
⇒http://www.data-max.co.jp/2013/09/30/post_16455_is_k_1.html
記事「・・・・・周辺1.4kmに及ぶ大規模な凍土壁の構築は世界でも前例がな
く、技術的な実証がなされていない。・・・・・・・」
14.「遮水壁建設はなぜ見送られたのか(前) 」データ・マックス9月30日 14:43
⇒http://www.data-max.co.jp/2013/09/30/post_16455_is_m1.html
記事「・・・・・2年3カ月前、事故後、3カ月経った11年6月の段階で、当
時、事故対応にあたっていた馬淵澄夫首相補佐官らの間で、遮水壁を築こうとい
う案が出されていた。設計着手の一歩前までいっていながら、その案は、東京電
力が負担する経費により株式市場に混乱を招く恐れがあるとして、消えてしまっ
た。・・・・6月28日に東京電力は株主総会を控えていた。『"資本市場への混
乱を招く"という理由で、記者発表は見送られることになった。28日に東電は株
主総会を控えており、当時の経営幹部から、有価証券報告書の監査期間中でもあ
り、記者発表を控えてほしいとの依頼が政府に入った』と、馬淵議員は振り返
る。・・・・」
15.「原発再稼働に向けての茶番劇~植草一秀氏 」データ・マックス9月30日
15:28
⇒http://www.data-max.co.jp/2013/09/30/post_16455_dm1746_1.html
記事「・・・・・・政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して
紹介する。・・・・30名以上の警察天下りを受け入れてきた東電の刑事責任に目
をつぶることが他の企業にも天下りを拡大させると指摘する、・・・・泉田知事
に対して、目的のためには手段を選ばぬ攻撃が繰り返されてきたに違いな
い。・・・・・・対米従属派の人々、原発再稼働に賛成の人々、TPP参加に賛
成の人々。彼らに共通する属性は、『損得優先』である。欲得主義である。彼ら
が作る社会が『強欲資本主義社会』である。東大の鈴木宣弘教授が言うところ
の、『今だけ、金だけ、自分だけ』の人々だ。・・・・・・・」

今届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップは、「閣議決定案 消費税増税8%明記」、
2面には「復興方針税廃止・・・・・」、と国民不在の論議がされている様子を
伝えます。
5面総合・国際欄に、1”.と2’.の記事、その下に11.と12.の類似の記
事があります、
6面、
16.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って “世界は終わったか” 被団協谷口
さん」
今朝の紙面は以上です。

★ 木村(雅)さんから:
 経産省前テントひろば 750日目 テント日誌 9月29日(日) 

秋晴れのさわやかな日でした。10時ごろからリックを背負ったデモスタイルの人
がたくさん官邸前方向に歩いて行くので、何かの集会があるのかな?と思って信
号待ちの女性に聞いてみたら「東京神社めぐりウォーキング」だとかテントを興
味深そうに見ていた数人の人にテントのチラシをお渡しした。なかには暖かいま
なざしで見ていく人たちも居たが、ほとんど黙々と通り過ぎて行った。

すると突然議論を仕掛けてきた男性が居て、日本は高い石油や資源を買わされ
て、今節電を強制されている。原発を動かさなければ色々値上げされ、経済は成
り立たなくなると言う。福島の原発事故は東電のチョンボで人災だとも原発の危
険なこと高レベル放射性廃棄物の処理も出来ないことをゆっくり話したかったの
に、自分の言いたいことだけ言ってウォーキングに戻って行った。

 先週はサイクリング、今日はウォーキング色んなイベントがあるのですね。
ネットで調べたら今日の神社めぐりは4コース8キロから27キロまで、テント前を
通ったのは日枝神社を含むコースの方達らしい。

 その後自転車で通りがかった人は言う原発は怖いけれど、もっと怖いのは今の
権力のやり方だ。われわれが知らないうちにどんどんことが進んで戦前のように
なりそうだと…色々鬱積したものをお持ちのようで正清さんと長いこと話して帰
られた。そうですね。怖いのは何も考えないこと、声を出さないことではないで
しょうか?

 昼近く犬を連れていつも来てくださる方が手製のナスのおやきを差し入れて下
さった。涼しくなったのでワンちゃんも居心地良さそうでした。

 2時から月一回の川柳句会が第2テントでありました。今日のお題は「海」と
「食べる」前回の句会に始めて参加、私の句が2つ秀句に選ばれたので気を良く
してまた参加しました。今回お題の海は一生懸命考えたつもりなのにボツ「食べ
る」では“食べたいな、マツタケ、秋刀魚、栗ご飯”と本心を打ち明けただけなの
に秀句に選ばれました。お題は原発に関係ないようなのに皆さん原発に絡んだ句
を出していたのが驚きでした。詳しくは「原発いらない女たちのひろば」に近い
うちアップされますのでご覧下さい。

最後に乱鬼龍さんの講評があり上達法などを伺いました。上達法は良い句をたく
さん読むこと、作ってから「七転舌倒」することだとか、舌倒とは何度も読み直
すことらしい。勉強になりました。次回も頑張って挑戦しよう!(I.K)  

「県民健康管理調査の闇」紹介
 テントで日曜の秋の夜長に「県民健康管理調査の闇」(日野行介著、岩波新
書、9月20日発行)を読んで、以下をつぶやいた。
■ 事故被害隠し顕わ
 3.11事故2か月後から「ふくしま健康調査検討会」の「秘密会」を頻繁開
催、放医研開発の「被曝線量インタネット調査システム」の公開握りつぶし、
「内部被曝の調査方法」改悪。
■ 県民の健康をないがしろにする県職員
「秘密会」開催、議事録改竄、議事メモ一部削除、などなど、健康管理調査室
長;、地域医療課長、健康増進課長他の県職員が「県民の不安をあおら」ないた
めに不正をし続けた。なぜ?
■ 20mSv/年を基準にするため?
内部被爆を軽視し、検出率高い尿検査をせず、血流状態とエラストグラフィを
削ってスピードアップを図ったスクリーニング調査で、画像も検査レポートも患
者に通知せず。それでもがん確定または疑い例が43人。増加が懸念される。
■ 原子力規制委員会も加担
「県民健康管理調査の闇」を読んで3:アナンド・グローバー氏の国連人権理事
会報告を否定する政府。原子力規制委員会が住民健康管理検討チームで木田福島
県医師会副会長の意見を軽視して、県民健康管理調査に救いを差しのべている。
確かにそう、私も傍聴し不規則発言した。

【紹介】政府交渉:「子ども・被災者支援法」を骨ぬきにしないで!
9月30日(月)15:30~17:30、参議院議員会館101
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/930-750a.html
資料代500円、呼びかけ:原発事故子ども・被災者支援法 市民会議 有志団体
 問合せ FoE Japan(満田) /090-6142-1807
 私は、元気あれば、国会閉会中審査(衆議院経済産業委員会、高濃問題)に
13時から傍聴し、上記政府交渉集会にも出るつもり。(K.M)
-------------------------------------------------
福島原発の汚染水対策について院内集会・署名提出と政府交渉
http://www.foejapan.org/energy/evt/131002.html
-------------------------------------------------
------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10日(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論 301号大法廷)●
  ■日時:10月2日(水)■場所:福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会9:30~   〇入廷行進9:45~
   〇裁判開始10:00(口頭弁論・意見陳述)
   〇報告集会10:30 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

● 「さよなら原発!福岡」例会 10月2日(水)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 10月3日(木)13時半~17時 第2回公判(検察側証人尋問)
 6/25に不当逮捕され、7/17に起訴された福岡の原発事故避難者kさん
11月22日に判決予定。

○--------------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<< ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第856日目報告☆ | ホームへ | ●梅田原発労災裁判・第7回口頭弁論 ●>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1041-0ed89eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)