FC2ブログ

タイトル画像

福岡合同労組の谷和美さんが9月26日急逝し、「お別れ会」が、10月1日午後3時から糸島市前原東の「福岡西部バプテスト教会」であります

2017.09.30(18:00) 10791

【報告】第2355日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ ハンナ&マイケル さんから:
福岡合同労組の谷和美さんが9月26日急逝し、「お別れ会」が、10月1日午後3時
から糸島市前原東の「福岡西部バプテスト教会」であります。

谷君は、(私は若いころから彼を知っているので、これからも彼は私にとって
「谷君」です。彼は私のことを「ハンナさん」と呼んでくれていたので、ここで
もそうさせていただきます)、各種裁判の原告にもなり、国家権力を相手に闘う
種々の裁判傍聴にも熱心でした。

昔から、これは大事な集会だから参加せねばと、こちらが考える講演会には、必
ず谷君の姿がありました。前方に席を占め、講演後、「何かご質問は?」と司会
者が聴衆に促すと、いつも真っ先に手をあげて、ちょっと側面から問題を分析し
ているような鋭い質問をはなちました。頭の中で理論を組み立てながら言う、あ
の独特の「なんつ~か」という口癖が、もう集会で聞かれなくなるのだと思うと、
寂しくてたまりません。

彼は「原発いらない!九電本店前テント」でも、欠かせない人物でした。”テン
トの主”の青柳さんの片腕となって、いつも解体作業の時、青柳さんが命ずる仕
事を黙々とこなしていました。 ちょうどお昼時に私がテント訪問すると、青柳
さんが席をはずしており、本を読みながら一人テント番をしている谷君の姿がよ
くありました。

その本に関して、世相に関して、二人でおしゃべりするたびに、「いつも静かに
笑っている」ようなその穏やかな性格とは裏腹に、この世の不条理や非人間的な
政治状況に対する静かな怒りを秘めている方だと感じられ、尊敬しておりました。

ちょうど彼の死の前日2時半ごろ、私は、日韓平和連帯集会のために訪韓してい
て倒れられ、意識不明で帰国なさった金信明さんへのカンパ集めの件で、青柳さ
んにご相談したいことがあり、テントに急ぎました。

何とか間に合うかかな、と思ったら、もうテントは跡形もなく、谷君がぽつんと
一人残っていて、今日は青柳さんが選挙に関して緊急会議があるので、いつもよ
り30分早くテントをたたんだのだと説明してくれました。それが、私が彼と交わ
した最後の言葉となりました。

今ごろはきっと、地上の重い衣から解放され、天空を翔ける自由な魂となって、
「選挙、うまく闘ってくださいよ、見守ってますからね」と、私たちに呼びかけ
てくれているのでしょう。
谷君、ありがとう。一緒にがんばろうね。 高柳英子

※青柳コメント:谷さんはひろばテント、毎週月曜日のスタッフでした。

 10月1日、谷さんのお別れ会が福岡県糸島市で開催されます。
多くの方に参加していただきたいと思います。平服での出席をお願いします。

 谷和美さんお別れ会

 会場:福岡西部バプテスト教会
    〒819-1119 糸島市前原東3-13-63
  http://www.fukuokaseibu.jp/access.html 
   Tel/Fax:[a:tel:0923235151]092-323-5151
 時間:10月1日 15時から
スポンサーサイト





修の呟き


<<福岡地区合同労働組合 組合員 谷 和美 お別れ会のご案内 | ホームへ | <賛同急募>柏崎刈羽原発の審査書案に抗議声明~3日朝10時まで>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/10791-f7681781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)