FC2ブログ

タイトル画像

弁護士会が諫干開門で声明

2013.11.06(20:02) 1100

弁護士会が諫干開門で声明

弁護士会が諫干開門で声明

長崎県の諫早湾干拓事業と漁業被害との関係を調べる開門調査の期限が来月20日に迫る中、佐賀県弁護士会は、国に対し、福岡高裁の確定判決に従って、開門調査を確実に行うよう求める会長声明を発表しました。長崎県の諫早湾干拓事業と漁業被害の関係を調べる開門調査をめぐっては、福岡高裁の確定判決で命じられた開門の期限が来月20日に迫る中、干拓地の農家の人たちなどの激しい反発で、国は、開門を行うための準備工事にも取りかかれない状況が続いています。こうした中、佐賀県弁護士会は6日、佐賀市で記者会見を開き、国に対し、福岡高裁の確定判決に従って、開門調査を確実に行うよう求める会長声明を発表しました。声明の中で、佐賀県弁護士会は「宝の海である有明海の環境の劇的な悪化が指摘され、その原因をできる限り科学的に解明することは喫緊の課題だ」としています。その上で、「多くの研究者の協力を得て、多角的にデータを収集し、有明海再生のために開門調査を真に実りのあるものとする必要がある」としています。佐賀県弁護士会はこの声明を農林水産省と熊本市にある九州農政局にあてて発送しました。

11月06日 19時12分
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第932日目報告☆ | ホームへ | 障害のある人の地域生活に安心と安定を>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1100-ec35535a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)