FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第934日目報告☆

2013.11.09(11:43) 1105

青柳行信です。11月9日。

明日※<さよなら原発!11.10九州沖縄集会>
 ホームページ:http://bye-nukes.com 
    <雨天決行>

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第934日目報告☆
呼びかけ人賛同者11月8日迄3064名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。 
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
日曜日のお天気だけが 心配です。
秘密法案は ほんとにひどいですね。
あんなものを出す人たちの良識を疑います。
まさに軍事国家への1ステップです。
 当面の さよなら原発を 成功させましょう。
あんくるトム工房 
来んしゃい金曜 脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2708
廃案にすべきだ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2707

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆経済も被曝線量も緩和して民の安全を置き去りにする(左門 11・
9-470)
※朝日新聞9日、朝刊1・3面。「年1ミリシーベルト」の基準をみなおさざる
をえないとの声が与党内からあがっているとあります。次の情報と比べて見ま
しょう。
「ウラルの核惨事 65年後の放射能」ドキュメンタリー映画。ソ連時代の
1940年代から3度起きた放射能漏れ事故による農村の放射能汚染の影響を報
告したものです。長期間、住民たちは健康を害し続けていたのですが、なんと
2006年になってロシア政府はやっと汚染地域の閉鎖を決定したのです。その
理由は、「1ミリシーベルト/年以上の汚染なので」(!!)だそうです。長期
間にわたる事実上の「人体実験」の結果を否定しきれなくなったからでしょう。

一方、20ミリシーベルト未満なら元の住所の戻ってよろしいという日本政府や
県の判断がいかに異常かがわかります。この動画を見れば、福島県を中心として
汚染地域が今後どうなるかがほぼ予想できます。どう考えても15年戦争の敗戦
と同等かそれ以上の大事件だと思います。戦争なら「国敗れて山河あり」でした
が、3・11フクシマは、人が暮らせる山河が永久に無くなるのですから。この
事件の本質を早く多くの国民が知る必要が有ります。これを知らせまいとする勢
力が権力を握っている今、私たちが精一杯努力する必要があります。(元・民間
事故調査委員会委員の小倉志郎さんからのメールから)
http://www.daliymotion.com/video/×13bk6j.dosankodocument-kakuosen-ushinawaretakokyou_news



★ さよなら原発メッセージー 子ども達 から :

2013年11月10日/福岡市舞鶴公園

 今日ここに集まった僕たち私たちは、「安心で楽しく充実した未来と、きれい
な海・森・大地を守るため」、今ここに原発の再稼働反対を求めます。
 福島の原発による災害で、たくさんの人が原発の危険に気づき、原発のない世
界を求めています。福島の事故はまだ続いていて、陸や海などに放射能は出てい
て、放射能は世界中の海を汚しています。

国が決めた放射能で住めなくなった土地はとても広くあり、帰ることができな
いとされた地域は福岡市の広さぐらいあります。原発の事故の被害を受けた人た
ちは、福島で15万人もいますが、避難できない人がたくさんいます。放射能を
取り除くことはうまくできていないし、事故のおわびのお金はあんまり払われて
いません。子どもと被害を受けた人たちを助ける法律ができました。この法律を
作る時に、助ける地域の見直しを求める多くの意見が出ましたが、それを無視し
て原発の災害の被害者を一部しか助けないことも問題です。政府は原発事故の被
害者を切り捨てています。

 こうした問題の解決が先なのに、安倍総理は外国へ原発を売り、嘘をついても
オリンピックを招いて、福島の問題をごまかして原発を再稼働させようとしてい
ます。政府は原発に反対する市民運動のじゃまをしています。また、都合の悪い
ことをかくせる法律を作ってでも原発を動かし、戦争ができる準備をすすめてい
ます。けれども、そのようなことは絶対に許しません。

 福島の原発事故について何が起こったかよくわかっていないのに、九州電力は
玄海原発3、4号機と川内原発1、2号機の再稼働を求めています。九州電力は
原発の事故が起きた場合の対策を求められていますが、原発の燃料を冷やせなく
なり燃料などが溶け落ちた場合、たくさんの水を貯めてそこに落とせば冷やせる
と考えています。しかし、この対策は溶けた金属が水に当たると、爆発を起こす
危険があります。それに火山の大噴火による原発の事故を真剣に考えていません。

 また、日本中の原発がほとんど止まっても電気は使えました。電気なら原発よ
りむだの少ない電気を作る方法があり、ずっと使えるエネルギーの開発も進んで
います。原発がある限り放射能の危険におびえて、平和に毎日暮らせません。何
より、人間は放射能から逃げられたとしても、自然や生き物の多くは逃げられま
せん。

 原発は核兵器の原料を作るため、核戦争と関係があります。沖縄にはヌチドゥ
タカラ・いのちこそ宝という言葉があります。原発といのちは一緒にうまくはで
きません。沖縄の地上戦・長崎のピカドン・水俣の公害という被害も続いていま
す。だからこそ九州沖縄から原発と核兵器をなくし、いのちを大事にすることを
世界中の人と手をとってすすめたいと思います。
歴史を変えるのは今、そして僕たち私たちです!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、「原子力規制委、九電に再考要請 川内原発直下の地震評価」や鹿児島
県知事の記者会見や、「20ミリ・シーベルト以下で安全…規制委が指針」とい
うとんでもない見出しもみえます。
それでも、今朝も福島第一の汚染水問題からはじめます。

1.「福島海水調査『信頼できる』 IAEA、現地で確認」東京新聞11月8日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013110802000200.html
島第一原発の汚染水問題で、国際原子力機関(IAEA)の海洋モニタリング専
門家は七日、東電などが福島県沖で実施している海水試料の採取方法を調査後、
同県いわき市で記者会見し『国際的な標準に従ったやり方で、非常に信頼でき
る』との認識を示した。・・・IAEAの評価ではないと前置きしつつも『日本
でのモニタリングは包括的で、信頼でき、透明性があると理解した』と強調。
IAEA放射分析研究所のニース所長も『これ以上の良い方法はない。国際的な
やり方と同じだ』と述べた。」
・・・・昨日のトップで紹介した記事の続きです、首相が言って欲しいことを
しゃべってます。
そして、この人は、
1’.「汚染水対策『国が前面』=福島原発事故で首相-全国知事会議」時事通
信11/0821:25
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013110800823
・・・・・見出しそのものです。
福一の4号機は、
2.「<福島4号機>核燃料、中旬から回収 規制委週明けにも了承」毎日新聞
11月8日(金)20時16分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000097-mai-sctch
記事「福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールから核燃料(燃料集合体)を
回収する計画について、原子力規制委員会は8日、取り出し手順の安全性を大筋
で確認できたとして、週明けにも了承する方向で調整に入った。了承されれば、
東電は今月中旬から燃料回収を始める。・・・・東電は昨年夏、4号機プールか
ら試験的に燃料2体を回収したが、本格的に取り出すのは初めて。福島原発の廃
炉は今後30~40年かかる見通しで、4号機プールの取り出しはその試金石と
位置付けられている。・・・・東電は協力企業作業員を含め計36人態勢で、
プール内にある1533体の核燃料を来年末までに回収。約100メートル離れ
た敷地内の保管施設「共用プール」へ順次運ぶ。・・・・・・」

東電は、
3.「東電:福島第一原発の汚染水タンク容量や人員を倍増へ」Bloomberg 11月
8日(金)17時23分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000045-bloom_st-bus_all
記事「11月8日(ブルームバーグ):東京電力は8日、福島第一原子力発電所の
汚染水やタンクからの漏えい問題に対応するため、汚染水を貯めるタンクの容量
を倍増する計画などを盛り込んだ緊急安全対策を発表した。・・・・原子力規制
委員会は汚染水問題の解決に必要な対策が示されていないために柏崎刈羽原発
6、7号機の安全審査に着手しておらず、同社が緊急対策を示したことで両機の
審査が始まる可能性が高い。・・・・・・・・・・・・・広瀬氏は、これらの対
策に必要なコストについては明言を避けた。同社は9月の安倍晋三首相の現地視
察時に、コスト削減や投資抑制で今後10年間で廃炉費用として1兆円を確保する
計画を示しており、広瀬氏は「そういったものの中からやっていこうと考えてい
る」と述べ、対策費の一部について国に負担を求める考えはないとの認識を示し
た。」
・・・・・何がなんでも柏崎の稼動をねらう。
3’.「日当1万円上乗せ目指す=福島第1作業員の負担減-東電」時事通信
11/0817:06
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013110800745
記事「・・・・・・・・東電によると、日当割り増しは12月以降に発注した同
原発内の作業に適用する。元請けから下請けへと仕事が回される過程で、末端に
十分な手当が支払われない『中抜き』が問題化しており、作業員へのアンケート
などで割り増し分が届いているか確認するという。」
3”.「16年度にも持ち株会社化=経営効率向上目指す―東電」
時事通信 11月8日(金)11時9分配信
記事全文「東京電力は8日、2016年度にも持ち株会社に移行する方向で調整に
入った。持ち株会社の傘下に燃料・火力、送配電、小売りの三つの子会社を設置
し、経営効率を高める。年内をめどに改定する総合特別事業計画(再建計画)に
持ち株会社化の方針を盛り込む。・・・東電は今年4月、将来の持ち株会社化を
視野に入れ、社内カンパニー制を導入した。持ち株会社への移行後は、事業部門
ごとに子会社をつくって収益管理を徹底し、一層のコスト削減を狙う。管内に10
ある支店も廃止する方向だ。」 
3”’.「東電、16年度にも持ち株会社に 初の発送電分離 」日経電子版11/8 2:00
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF0700F_X01C13A1MM8000/ 
長文記事「東京電力は2016年度にも持ち株会社を設立し、その下に燃料・火力、
送配電、小売りの3子会社を置く体制に移行する検討に入った。電力会社の送配
電部門を独立させる「発送電分離」を他社に先がけて実現する。管内に10ある支
店も廃止し、汚染水対策などに回す人員を1000人規模で確保する。組織改革を伴
う合理化で経営効率を高めるねらいだ。・・・東電は持ち株会社に移行する方針
を主要な取引金融機関に伝えた→以下、有料設定」
3””.「東電、一段の合理化余儀なく 国の追加支援を意識」日経電子版 11/8 2:00
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0703F_X01C13A1TJ0000/
記事「東京電力が持ち株会社への移行や支店廃止などの組織改革に取り組むの
は、国が検討する東電への追加支援策を意識しているからだ。自らも合理化を進
める姿勢を見せざるをえない。・・・・東電の10支店は配下にある約80の支社な
どの予算、人事を差配し、強い権限を握る。独立性も高く、広瀬直己社長が支店
長を務めた神奈川支店は地方電力を上回る規模で、社内では「神奈川電力」と呼
ばれるほど。東電は重要組織と位置付けていた支店に…・・・・以下、有料設定」

規制委のとんでもない動き、
4.「20ミリ・シーベルト以下で安全…規制委が指針」読売新聞 11月8日(金)3
時6分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00001511-yom-sci
記事「原子力規制委員会が、東京電力福島第一原子力発電所事故で避難している
住民の帰還に関し、1年間に被曝(ひばく)する放射線量が20ミリ・シーベルト
以下であれば、健康上に大きな問題はないとする指針を今月中にまとめることが
わかった。政府が長期目標として掲げる『年間1ミリ・シーベルト以下』が安全
の目安ととらえられているため、科学的な知見を示して不安の払拭を図る。指針
には20ミリ・シーベルトでは発がんリスクが十分に低く、適切な対策を取れ
ば、リスクは回避できるとの見方が盛り込まれる見通しだ。・・・・現地調査を
行った国際原子力機関(IAEA)も10月、年間1~20ミリ・シーベルトの
被曝線量は許容できるとした報告書をまとめている。・・・指針を受けて、政
府は正確な線量を把握するため、携帯式の個人線量計を配布する。保健師などが
住民の健康相談に乗る「帰還支援センター(仮称)」も各市町村に設置する方向
だ。」
・・・・なんということでしょう、ここでもIAEAに言わせて、ついに人に対する
規制まで緩めてしまう。

被災地フクシマ、
5.「甲状腺検査に集計ミス 福島県の健康管理調査 」東京新聞11月8日 23時16分
記事全文「福島県立医大は8日、東京電力福島第1原発事故による放射線の影響
を調べる「県民健康管理調査」の甲状腺検査で、2次検査の結果集計に誤りが
あったと発表した。今年8月までの検討委員会で報告されている人数について、
2011~13年度の2次検査終了者の数を625人から596人に、このうち
経過観察とする数を461人から415人にするなど、県全体や自治体ごとの結
果を訂正した。」(共同)
・・・・まさかとは思うが、過去何かの数字を改ざんした作業の結果ではと、か
んぐりたくなります。

6..「原発避難女性ADR 東電が南相馬市の関連死認定に異議」河北新報
(11/7 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131107t63022.htm
記事「・・・・・福島第1原発事故の避難先で死亡し、南相馬市から災害関連死
認定を受けた同市小高区の女性=当時(69)=の遺族が東京電力に損害賠償を
求めて原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた和解仲介手続き(ADR)
で、東電が関連死認定に異を唱える主張をしていることが分かった。・・・・申
し立てによると、女性は原発事故で避難先を転々として持病の胃がんが悪くな
り、事故から22日後の2011年4月2日、6カ所目の避難先の新潟県三条市
の病院で死亡した。・・・・・・・・ADRで東電は「体力低下はがんが相当程
度進行したからと考えられる」と、避難と死亡の因果関係を疑問視。・・・・東
電は「主たる死因はがんの進行で、避難が死亡に及ぼした影響度は20%にと
どまる」と、関連死の公的認定を懐疑的に見る姿勢を崩さず、賠償責任を軽くす
る主張を展開した。ADRは審理中で、年内にも和解案が示される見通
し。・・・・福島県の災害関連死は6日現在、1558人・・・」
・・・・・・・22日間で6ヶ所転院!! 事態を招いたのは明らかに原発事故
なのに。
7.「未請求者の権利守れ 認知症や知的、精神障害 原発賠償で支援」福島民
報(11/08 11:00)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013110812013
記事「・・・・福島第一原発事故の損害賠償で本賠償の未請求者がいることを受
け、県弁護士会は、認知症や知的障害などの理由で請求できていない住民のため
に賠償対象となっている双葉郡と周辺の13市町村を支援する。・・・・・・・
原発事故で政府の避難・屋内退避指示が出され、東電が仮払いした双葉郡など県
内13市町村の住民16万5824人のうち、精神的賠償や土地・家屋といった
本賠償の未請求者は5月末現在で計1万1214人に上る。・・・・一方、13
市町村の中で、県から交付される療育手帳を持つ知的障害者は4月1日現在で
4397人、精神保健福祉法に基づく精神保健福祉手帳を持つ精神障害者は3月
末現在で2296人。認知症とされる正確な人数は県や市町村が把握していな
い。 13市町村は仮払い実施者が多い順に、南相馬、浪江、富岡、大熊、楢
葉、双葉、飯舘、いわき、広野、田村、川内、葛尾、川俣。
・・・・・・・・・・・・・」

8.「8日の県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の放射線量測定値・集
会所の放射線モニタリング結果・(農産物の)放射性物質の検査結果」福島民報
11月9日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、現地の視察や関係者の証言によると、モニタリングポスト
の周りを除染した環境、あるいは測定するために対象物が加工原料にも使用に耐
えられないほどに洗浄や加工を施された上での計測数値です。
・・・・きょうも基準超のキノコの記事があります、元は相当に汚染されていた
のでしょう。
9.「民有林除染手付かず 森林再生事業 手続き煩雑、計画遅れ」福島民報
11/08 08:24
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013110811992
記事「(福島)県が6月開始を想定していた間伐による民有林除染が手付かずに
なっている。東京電力福島第一原発事故を受け、18市町村が国に事業実施を要
望しているが、国、県との手続きが煩雑な上、作業用の林道整備などの準備も必
要なためだ。復興関連予算の未消化が問題となる中、市町村からは平成26年度
以降の予算確保への影響を懸念する声も出ている。・・・・・・・<背景>ふく
しま森林再生事業は林野庁が約36億円、県が約5億円を予算化。県によると、
汚染状況重点調査地域(40市町村)の民有林の面積は約18万3000ヘク
タールで、平成25年度は約1000ヘクタールの間伐除染を実施する計画だ。
一方、同地域の国有林は約17万7000ヘクタールで、林野庁が環境省の除
染関係ガイドラインに沿って居住区域から20メートル程度の除染を進めてい
る。同庁は現段階で国有林のその他の範囲は除染しないことを決めている。」
10.「町存続に危機感 宮本富岡町長が日本記者クラブで会見」福島民報
11/08 11:31
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013110812016
記事「富岡町の宮本皓一町長は7日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会
見した。政府や自民党幹部から『帰還できない地域を明確化すべき』との趣旨の
発言が相次いでいることに『戸惑っているところもある』と述べた。一方、住民
意向調査で『帰還する』との回答が1年前の約16%から約12%に低下してい
るとして、町の存続に強い危機感を示した。・・・・・・・・町内に立地する東
京電力福島第二原発については『これだけ避難させられ、(再稼働について)住
民の同意は得られない。廃炉にしてほしいと思っている』と訴えた。さらに、全
国の他の原発についても『安全が本当に担保され、各地域で容認するならば再稼
働があるのだろうが、私は再稼働してほしくない』と述べた。 」
栃木県、
11.「矢板の君嶋氏 『安全なシイタケ』に自信 県食品フォーラム」下野新
聞11月8日
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20131108/1406430
記事「・・・・・・(栃木)県内で唯一、原木シイタケの出荷制限を解除された
矢板市下太田の農家君嶋治さんが生産者代表として登壇し『(出荷解除を証明す
る)シールが貼ってあるものは安心して召し上がってほしい』と呼び掛け
た。・・・・・・・・・・」
・・・・・・・“出荷制限を解除”-県内でたったの一件です!

原発立地自治体、
青森県、
12.「被ばく医療態勢を確認 青森県、弘前大などが訓練」河北新報11月8日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131108t21005.htm
記事「青森県は7日、放射性セシウムを含む爆発物を使ったテロが青森県弘前市
内で発生し、多数の住民が被ばくしたという想定で、大規模な訓練を行っ
た。・・・・医療機関や消防、自衛隊など、56機関約1100人が参
加。・・・・・」
島根県、
13.「原発事故に備え小中高で訓練」中国新聞7日午後1時20分
⇒http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201311080065.html
記事「松江市は7日、中国電力島根原子力発電所(同市鹿島町)の事故に備え、
市内の小中高校39校を対象に屋内退避訓練をした。教職員を含め1万1469
人が参加。・・・・」

政府は、
14.「経産相、追加除染は国負担の考え 自公提言受け」共同通信11月8日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/11/post-8560.html
記事「・・・・・・・『計画されている除染に対して、追加的な取り組みをどう
するか、財源を含めて対応が必要だ』と述べ、追加で除染が必要となるケースな
どは国が費用負担する考えを示した。・・・・・・与党の提言を追認した形。計
画済みの除染についてはこれまで通り東電の負担とする。」

電力の技術開発、
15.「浮体式」福島沖で稼働 20年実用化目指す
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2013110802000198.html
記事「発電用の風車を海上に浮かべる「浮体(ふたい)式洋上風力発電」の実証
研究設備が十一日から、福島県楢葉(ならは)町の沖合で稼働を始める。経済産
業省や丸紅などが、東日本大震災からの復興事業として実施し、二〇二〇年ごろ
の実用化を目指す。浮体式の実証研究は世界で四例目となる。・・・・沿岸から
直線で約二十キロ、水深約一二〇メートルの地点に、・・・・・・・・・」
16.「洋上風力発電 普及へ期待 風量豊富、原発に代わる主力に」東京新聞
11月8日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2013110802000199.html
記事「日本は海に囲まれていながら、海上に風車を設置する洋上風力発電の導入
が、欧州に比べて進んでいない。遠浅の海が少なく、これまでの技術では設置が
難しかったためだ。ただ、発電に利用可能な風の量は多く、東京電力福島第一原
発から三十キロほどの場所で始まる実証研究が実用化できれば、原発に代わる主
力の電源になる可能性がある。・・・・・・・・・・」
・・・・時間があれば検索を。

脱原発行動、
17.「風船1000個配る 10日の脱原発行進」東京新聞11月8日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131108/CK2013110802000166.html
記事「宇都宮市で十日に行われるパレード『さようなら原発! 栃木アクション
11・10」』行委員会事務局の大木一俊弁護士が七日、県庁で会見し、絵本作
家がデザインしたボード三百枚、風船千個をパレードの参加者に配布すると発表
した。・・・・・・・・・・・・・」

もう区切りを、
18.「山本太郎議員の皇室行事参加認めず 参院処分 」日経11/8 10:47
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0800K_Y3A101C1EB1000/
記事「参院議院運営委員会は8日午前の理事会で、園遊会で天皇陛下に手紙を渡
した山本太郎参院議員について(1)山崎正昭議長による厳重注意(2)議員任期中の
皇室行事への参加を認めない――などとする処分を決めた。皇室行事の参加制限に
関しては、法律上の規定はないものの、行事への出席者名簿から山本氏を除外す
ることで『強制力はないが、実効力はある』(議運委理事)としてい
る。・・・・・・・」

本の紹介記事、
19.「『福島原子力帝国 ― 原子力マフィアは二度嗤う』 ― 著者・恩田勝亘氏
に聞く ― 」ハンター11月 7日 07:20
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/11/post-426.html
記事「かつて『週刊現代』の記者として数々のスクープを連発したフリージャー
ナリスト恩田勝亘氏が、新著を上辞した。書名は『福島原子力帝国―原子力マ
フィアは二度嗤う』(七つ森書館)。福島第一原発の事故後、『福島原発・現場
監督の遺言』(講談社)につづく2冊目となる。原発と向き合って36年、人生の
大半を、原子力ムラの実相を報じることに捧げてきたといっても過言ではない恩
田氏。69歳にして衰えぬ執筆意欲の源泉はどこにあるのか―新著の紹介を兼ね
て、恩田氏に話を聞いた。・・・・・・・・・」
次の記事は、この著者の執筆です、
19’.「小泉『原発ゼロ』劇場 ― 自民党を割るか、安倍延命のアシストか 」
ハンター10月29日 07:00
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/10/post-420.html
記事「・・・・・・『自民党をぶっ壊す』と叫んで総理総裁の座を手にする離れ
業を演じた。続く第二幕は2005年の『郵政民営化』で、『イエスかノーか』の決
めゼリフが観客を沸かせて、自民党は総選挙で記録的大勝を収めた。第三幕とも
いえる今回の『原発ゼロ』は演題、興行のタイミングともに絶妙で、小泉純一郎
という役者の芸達者さが光る。果たして発言の真意は・・・・。」

九州、
20.「九電、冬に賃金1カ月分支給へ 社員の生活支援」共同通信11月9日 02
時00分
記事全文「九州電力が今冬、社員への生活支援を理由に賃金1カ月相当分の手当
を支払う方向で調整していることが8日分かった。実質的な冬の賞与。夏には賞
与支給を見送っており、年間を通じてゼロになれば、ローン返済など生活への影
響が大きいと判断したとみられる。春に電気料金を値上げしており、今後一層の
経費削減が求められそうだ。年間を通じた賞与の支給額は、昨年が夏冬を合わせ
て組合員平均で160万6千円だった。今冬の手当が支給されれば、昨年の4分
の1程度になる見込み。」
・・・・平均160万円だった!もともとの金額が相当に高い。“1カ月”-昨日
の記事では関電もでしたね、各社、右へならえか。
20’.「九電、冬に賃金1カ月分支給へ 社員の生活支援」西日本11月09日 02
時04分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/26953/1/  (有料設定)
記事「・・・・・・社員の生活支援をめぐっては、夏の賞与を見送った際にも、
退職金の前払いや住宅ローン相当額を上限50万円で貸し付ける制度を新設し
た。他の電力会社の対応は、関西電力が冬の賞与をゼロとする一方、生活支援名
目で賃金の1カ月分を支給することで労組と妥結。四国電力は前年度実績の半分
の賞与を支給することで合意した。」
21.「九電など3社が共同購入 岩田屋新館ビル」西日本11月09日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/26920/1/     (有料設定)
記事「福岡地所(福岡市)と西日本鉄道(同)、九州電力(同)の3社は、福岡
市・天神の百貨店・岩田屋新館が入る『天神きらめき通りビル』を共同購入す
る。3社などが出資するビル管理会社、福岡新都心開発(同)が8日
...・・・・・・・・以下、有料 」
・・・・・・・・“出資”-九電がこれまでいろんなことに手を出していることの
一例。

22.「規制委、九電に大幅見直し要請 原発直下の地震揺れ」東京新聞
(11月9日01:23)
記事全文「原子力規制委員会は8日、九州電力が再稼働を目指す玄海原発(佐賀
県)と川内原発(鹿児島県)の審査会合で、原発直下で起こり得る最大規模の揺
れ(地震動)をめぐり、従来通りの想定で問題ないとした九電の評価に対し、
『地震に対する)知識が不十分であるとの前提に立つべきだ』として、大幅な見
直しを求めた。原発の耐震設計では、直下に未知の活断層がある場合などに備
え、どこでも起こり得る地震動の最大規模を想定する。九電は見直しに応じる方
向だが、今後審査を控える他の原発の地震動想定にも影響しそうだ。」(共同)

いま届いた西日本新聞朝刊では、
1面に、22の記事、見出しは、
22’.「規制委 九電の地震評価 批判 見直し要請、審査長期化も」
2面に、
23.「首相の『NHK支配』に懸念 経営委人事を国会承認 官邸主導で会長交
代も」
記事「・・・・・・NHK報道が『原発や歴史問題で政権の考えに批判的と首相は
考えている』とある自民党議員は言う・・・・・・」
・・・・何から何まで、自分の意のままにする、とんでもない。
その下方に、1’。の記事があるが、原発部分の文はない。
7面経済欄、
24.「発送電分離に備え持ち株会社制 東電以外も検討へ」
32面九州経済欄に、21.の記事、
33面に、囲み記事で、
25.「再稼動判断 アンケート活用へ 川内原発 説明会で鹿児島知事」
こちらに記事がありました、
25’.「【動画】原発再稼働問題 住民説明会でアンケート実施へ」KTS鹿児島
テレビ11月08日
記事「川内原発の再稼働について『国による住民説明会』を求めている伊藤知事
は、8日の記者会見で、住民説明会ではアンケートを実施し、その結果を再稼働
の判断に材料にするとの考えを示しました。川内原発は現在、再稼働の前提とな
る安全審査が行われていて、伊藤知事は、再稼働に向けては『国が安全性につい
て住民説明会を行うこと』を求めています。8日の記者会見で伊藤知事は、『住
民説明会で安全性について納得できたかをアンケートで尋ね、それが知事自身の
再稼働についての判断材料になる』との考えを示しました。・・・・・・・・・」

その他の関連記事、
32面、
26.「メガソーラーの花咲く!? 宮崎・延岡の人工芝スキー場跡地」11月09
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/26921/1/  (有料設定)
記事「宮崎県延岡市は、レジャー施設「ETOランド速日(はやひ)の峰」の人
工芝スキー場跡地を大規模太陽光発電所(メガソーラー)用地として貸し出す。
約7500枚の発電パネルは同心円状に配置し、約3万7600平 ... (→以
下、有料)」
27.「木質バイオマス天ケ瀬発電所完成」
5面国際欄、
28.「イラン核、解決へ進展 6カ国協議 ロ外相『工程表合意も』」
・・・・・どこでも核の管理は大変です。
今朝は以上です。

★ 小川みさ子♪草の根市議(無所属) さんから:
こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか。ご無沙汰しています。
鹿児島&宮崎で、とても大事な講演会を企画いたしました。
来週の木曜日ですが、この方にしか語れない真実があります。
イベントの多い時期、ご多用とは思いますが是非、参加下さい。

 ●元東電職員!木村俊雄さん講演会のご案内です。
今なぜ、再稼働か?元福島第一原発!炉心担当が明かす!
メルトダウンは津波ではなく地震で引き起こされた!
「想定外の津波」ならば、法的責任は追求されないが、「想定内の地震」だ
と・・・・・

2013年11月14日(木) 18時30分~
会場:鴨池公民館 駐車場あります。
参加料(資料込み) 500円   

 ●木村俊雄(きむらとしお)さんのプロフィール 
 高知県土佐清水市に在住。(49歳)。元東電社員。
福島第一で炉心の設計・管理に携わっていた。
福島県双葉町に生まれた。
高校は東京の東電学園に進み、1983年に東京電力入社。
福島第一原発と柏崎刈羽原発に勤務する。
福島第一では、12年にわたって
炉心屋と呼ばれる炉心の運転・設計業務を担った。
核燃料の配置を決め、原発を起動させる。
日々の仕事はデータのチェックだった。

炉心の中は見ることができない。異常がないか、
核燃料が順調に燃えているか、データで把握する。
やがて原発への疑問が膨らみ、2000年11月に退社した。
退社後も福島第一原発がある大熊町の山あいに住んで
いたが原発が津波に襲われた直後に脱出。
最終的に一家で高知に落ち着いた。

炉心屋には炉心屋しか分からない世界がある。
特にデータから原子炉の挙動を解析できる人間は少ない
はずだ。ということは、おそらく自分しかできないことがある。

木村さんは公開されている原子炉データを分析し始めた。
最初はネットでチェックし、のちには友人に頼んで必要部分を
印字してもらった。6月に入ってからは、暇があると分析作業に没頭した。
木村さんの背中を押したのは、木村さんが住む土佐清水市のお隣、
宿毛(すくも)市の山下正寿(やましたまさとし)(68)だった。

元教員の山下は、ビキニ海域の被災漁船問題に深く関わってきた。
木村さんは山下に漏らした。「おそらく福島第一の1号機は地震で
壊れた。少なくともそれを否定する証拠はない」。
驚いた山下は「世の中に知らせろ」と励ました。

7月10日午後2時、東京・千代田区の日本プレスセンタービル。
東京電力の元社員、木村俊雄(49)の記者会見が始まった。
外国の通信社も含め、約40人が集まった。
会見に至る経緯、事故調査の問題点、あるべきプラント
挙動評価、説明義務は東電にあること……。

1号機の格納容器底に水が落ちてきていた可能性にも触れた。
考えられるのは小配管の破損であり、破損した部分から
原子炉圧力容器の水が噴出した懸念がある、と。
しかし、あくまで可能性にすぎない。

データを見る限りではそこまでしか分からないからだ。
原発事故後、公開された原子炉データは膨大にある。
木村はネットを使って4月から1号機のデータを見ていった。
さまざまなデータが地震直後に原子炉で異常があったことを示していた。

木村は思った。
「地震で冷却材の喪失が起きたことが分かるかもしれない」
圧力容器とつながっている配管が壊れると圧力容器内の冷却水が抜ける。
冷却材喪失事故だ。圧力容器の中は70気圧もの圧力がある。
たとえ小さな配管であっても、破損すれば水が噴出する。
核燃料を冷やすべき水が急速になくなっていく。

国会の事故調査委員会はその可能性を挙げ、事故原因が津波だとする

東電を「実証なしに津波に狭く限定しようとする」と断じた。原因が地震だ
とすれば、揺れの想定が甘かったことになる。そうだとしたら、それは
全国の原発に波及する。

データを見ていくうち、木村はあることを感じた。
肝心なところになるとデータがない。どうでもいいデータは延々とあるのに。
公開データで壊れた証拠をつかむのは無理だと分かった。

意図的にデータが隠されているのではないか。今度はそんな疑念がわいた。
特に炉心流量や再循環系のデータが見えないことに不信感を持った。
異常があるとまずそれらに動きが出る。
判断に欠かせない基本データが出ていないのは、おかしい。
会見の中で木村はこう述べてデータが出ていないことを指弾した。

「地震で冷却材喪失事故が起きている可能性があります。
しかし今の段階では断定はできません。資料が少なすぎますから」

 ●2013年10月4日(金)13時半より、岡山市の長泉寺で

元東電技術者の木村俊雄氏らを迎えて
「メルトダウンは津波ではなく地震で引き起こされた!」が行われた。
かつて東電で原発のプラント挙動解析などを行っていた木村氏は、
8月にようやく公開された福島第一原発の過渡現象記録装置の
詳細なデータを分析した上で、地震による原子炉停止直後に
本来循環するはずの炉内の水が止まっていたとし、地震による
細い配管の破損が起きた可能性が非常に高いと語った。

★ 中田 さんから:
いつもメールを送らせていただきありがとうございます。 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■ 新潟県・泉田裕彦知事に原発問題を訊く! 2013年11月04日(月)
  ゲストの新潟県・泉田裕彦知事に、原発問題をじっくり!
   
 ●TBS・ラジオ 町田徹(経済ジャーナリスト)インタビュー 30分
     http://www.tbs.co.jp/radio/dc/mon/
たいへん緻密・明快かつ論理的な泉田知事の話が納得!たっぷり視聴できます。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
●この東京電力福島・原発事故に対する、知事のヒューマンエラー原因分析力。
  いのちを預かるトップの人間としての責任感。
  
●このような人物が日本の政治を動かす立場になってほしいな~と切望します。
  カルトの統一教会の表紙に出ていて、恥じない方。
  世襲の狂気としか言えない言動の政治家たちとは、雲泥の差です。
   
(貼り付け)
**************************************************************
TBS デイ・キャッチャチ! http://www.tbs.co.jp/radio/dc/mon/
■新潟県・泉田裕彦知事に原発問題を訊く!
    ゲストの新潟県・泉田裕彦知事に、原発問題をじっくり!

            2013年11月04日(月)
メイン・パーソナリティー:荒川強啓   アシスタント:片桐千晶
デイキャッチャーズ・ボイス【月】  町田徹(経済ジャーナリスト)  
TBS:954KHz(ラジオ)
 
●スクープ連発の実績を持つ気鋭の経済ジャーナリスト町田徹が独自に取材した
ものを報告。
企業スキャンダルや官庁の不正など「カミソリ徹」が斬り込みます!
--------------------------------------------------------------

★ 東京の杉原浩司 さんから:
昨日11月8日(金)朝の閣議後の記者会見で、フリージャーナリストの西
中誠一郎さんが、谷垣禎一法務大臣(前自民党総裁)に「秘密保護法案」
について質問されました。

谷垣議員はかつて、「われら自民党議員『スパイ防止法案』に反対する」
(「中央公論」1987年4月号)という「意見書」の取りまとめ役を務めて
いました。

連名した当時の12名の自民党議員たちは以下です。[(衆、参)は当時]
大島理森(衆)、太田誠一(衆)、熊谷弘(衆)、熊川次男(衆)、白
川勝彦(衆)、杉浦正建(衆)、谷垣禎一(衆)、鳩山由紀夫(衆)、
村上誠一郎(衆)、谷津義男(衆)、石井一二(衆)、佐藤栄佐久(参)

この中で、今なお国会議員として、今回の「秘密保護法案」に明確に反
対を表明しているのは、村上誠一郎議員だけです。「秘密保護法案」は、
かつての「国家秘密法」よりさらに悪いと言われています。谷垣議員、
大島理森議員は、当時の自らの姿勢に比して、この法案をどう考えるの
か、明確な態度表明を行うべきでしょう。

谷垣氏の所用により、わずか10分少々の限られた時間の中、果敢な追及
を行われた西中さんに感謝します。野党の国会議員やメディア関係者は、
ぜひ引き続きの追及を行ってほしいと思います。

以下、西中さんご本人による報告と動画をぜひご覧ください。なお、報
告後半には、7日の審議入り当日の官邸前抗議の写真も掲載されています。

◆1980年代「国家秘密法」反対の急先鋒だった谷垣法相に「秘密保護法」をただす
(西中誠一郎/レイバーネット、11月8日)
http://www.labornetjp.org/news/2013/1108tanigaki

◆記者会見の動画(YouTube)
http://youtu.be/Kxfw75Qspg8

与党内に確実に存在する「秘密保護法案」への異論や違和感が少しずつ
表面化し始めています。反対の取り組みを強め、世論の力を大きくする
ことで、そうした異論を可視化させていきましょう。

【関連情報】
秘密保護法案:「取材の萎縮効果大きい」与党内からも異論
(毎日、11月8日) 
http://mainichi.jp/select/news/20131108k0000m010140000c.html

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
9:45- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第8回口頭弁論 (301号大法廷)●
 12月18日(水)午後1時30分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会1:00~   〇入廷行進1:15~
   〇裁判開始1:30(口頭弁論)
   〇報告集会2:00 福岡市立中央市民センター 第2会議室
  福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

■「沖縄のいまー基地問題と平和を考えるつどい」
日 時: 12月18日(水)午後6時開場(沖縄ドキュメントDVD上映) 
場 所: 福岡市立中央市民センターホール 
沖縄からゲスト: 会沢芽美 大久保康裕 伊佐信次
集会開催の呼びかけ人(五十音順)
  青柳行信 石川捷治 石村善治 西表 宏 緒方 満 岡本茂樹
  酒井嘉子 末永節子 ハンナ&マイケル 福田光子 前海満広 三宅 昌  

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第7回口頭弁論期日 12月20日(金)14:00 佐賀地裁
   午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
原告総数 原告総数 6980名(11/61現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第935日目報告☆ | ホームへ | カクマクシャカが語る沖縄のこと、基地のこと、平和のこと>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1105-6c4f4c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)