FC2ブログ

タイトル画像

~だれが廃炉作業を担うのか~「持たざるものたち」の視点

2013.12.19(20:30) 1185

竹森@fuf(今週末になったので再送させていただきます)

「持たざるもの」が声をあげることの困難をひしひしと感じる今日この頃、

「知る権利」がどうのと言いましても、今やマスメディアにおいて
福島原発界隈の映像など全く流れず、いつのまにか知らない内に、
「持たざるもの」たちは、「なきもの」とされていきそうな気配。

そんななか、がんばってる「持たざるもの」の言葉を聞きに来てくださいね。
よろしくお願いします。


■2013.12.21fuf年末企画

~だれが廃炉作業を担うのか~「持たざるものたち」の視点

 3.11福島原発事故から3年になろうとする今、事故は収束するどころか、
全世界へとその汚染を拡散し続けています。今回、fuf年末企画において、原発
事故の収束=廃炉作業が、私たち自身の生活=生き方とどう関わるのか、関わら
ざるを得ないのかを「持たざるものたち」の視点で考えたいと思います。

 マスメディアからの情報でしか知り得ず真実を知らされない今、事故収束作業
の現場での除染=被曝労働の現場で何が起こっているか、実際に現場で働いた当
事者の話を聞くことから始めたいと思います。被曝労働を担う人たちの置かれた
状況や来歴を知ることで、原子力発電所そのものが差別と排除から成り立ってい
ることも見えてくるのではないでしょうか。

 原発に象徴される戦後日本社会のさまざまな矛盾は、資本主義の終焉や日ごと
に強まる戦後民主主義の欺瞞において、生活保護バッシングなどに象徴されるよ
うな「持たざるもの」として生きる私たち自身を生きづらくしています。
 
 廃炉作業という被曝労働を誰が担うのかについて考えることは、「貧困者」を
追いつめ排外的な空気を助長する社会を問うことではないでしょうか。
 
 フリーターユニオン福岡は、労働/生存運動を掲げて労働組合運動を継続する
とき、この「被曝」社会をどう仲間とつながり生きていくかを模索し続けていま
す。

 今回は、被曝労働の当事者であるフリーター全般労組北島教行さんの話を
中心に据えながら、福岡で脱原発運動など果敢に取り組んでいるいのうえしんぢ
さん、fufの丸田さんの発言を交えながら、次への一歩を踏み出していきたい
と思います。

持たざるものたちの持てる限りを尽くし、ともに考えていきましょう。

■ゲスト:さぶろうさん(フリーター全般労組組合員/プラント設備会社勤務)

プロフィール:1966年生まれ1986年4月、大学入学と共に社会運動に参加。
2008年、G8洞爺湖サミットのサウンドデモにて暴動首謀者とみなされ不当逮捕さ
れる。2011年東北地方太平洋沖地震緊急支援市民会トラック隊など女川、南相馬、
いわき地域の原子力災害被災地で支援活動。2011年9月より福島第2原発復旧作
業、2011年12月より第1原発で事故収束作業、2012年10月より楢葉町本格除染、
以降田村市都路、福島市、郡山市、白河市、須賀川市などの除染作業に従事。発
破技師、第3種放射線取扱主任者。

■発言者1 いのうえしんぢさん(1970年生まれフリーのイラストレーター、 
2001年の911同時多発テロに対するアメリカのアフガン攻撃に反対する運動に初
めて参加。グローバリゼーション、経済、貧困、人権などの運動に精力的に関わ
る。玄海原発プルサーマル発電反対運動から反原発運動参加、警察を被告とする
サウンドデモ裁判原告)

■発言者2 丸田弘篤さん(1976年生まれ 介護労働者、野宿労働者支援などを
経て2006年フリーターユニオン福岡結成 貧困問題に関わりながら組合活動
に従事)

■コーディネーター 竹森真紀(1957年生まれ 「君が代」強制を問うココロ裁
判本人訴訟で最高裁まで係争 排外主義にNO!福岡、北九州がっこうユニオン・
うい書記長を経てフリーターユニオン福岡執行委員)


◇日時:2013年12月21日(土曜日)18:00開場 18;10~21:00
◇場所:ふくふくプラザ視聴覚室(中央区荒戸地下鉄唐人町駅下車5分)

◇カンパ:300円以上(資料代及びゲストへの交通費のためお願いします)


フリーターユニオン福岡
http://fufukuoka.blog.so-net.ne.jp/









竹森真紀
今日の生き方
http://blog.livedoor.jp/uimaki1957/

スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第975日目報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第974日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1185-12f173c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)