FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第978日目報告☆

2013.12.23(13:56) 1192

青柳行信です。12月23日。

 <1・13『1000日目記念の集い』>
メッセージ大歓迎 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp 迄。
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第978日目報告☆
呼びかけ人賛同者12月22日迄3105人。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
寒い1日でした。
作日は 餅つき会に参加しました。
お餅をついて、たくさん食べて、語り合いました。
お正月も近いというのに、福島では 汚染が広がり続けています。

廃炉しかありません。 
基地は なくすしかありません。
あんくるトム工房 
餅つき大会   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2784
また、漏れている  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2783

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆汚染水のタンク堰より漏れた分 海に行かぬとどうして言える
     (左門 12・23-514)
※常識的にも、科学的にもあり得ないことを、
毎日、平然と公言しながら太平洋を汚染しつつ、
世界の人びとを欺き、
地球の秩序に背く安倍首相の紋切り型の裏返り声の甲高さは
ヒトラーのそれに類似の度を増している。
この妄言を阻止しなければならない!

★ 豊島耕一 さんから:
青柳様
こんばんわ.
12月20日,佐賀県に「原子力災害対策の考え方についての再質問書」を
提出しました.全文を連絡所ブログに掲載しています.
http://byenukes-saga.blog.so-net.ne.jp/2013-12-21

★ 山本弘之(司法ジャーナリスト) さんから:
12月20日の「原発なくそう!九州玄海訴訟」第7回口頭弁論で、ジャーナリ
ストの斎藤貴男さん、
司法書士で福島県大熊町で被災した菅波佳子さんが意見陳述した記事がNET-IBに
掲載されました。

斎藤貴男氏「政府と電力会社は国民をなめきっている」~玄海原発訴訟で意見陳述
http://www.data-max.co.jp/2013/12/20/post_16455_ymh_1.html

★ カジアキ さんから:
皆さま、お疲れ様です。
昨日、福岡市内での労働者の怒りのデモに参加された方もお疲れ様でした。

こちら過去記事の紹介です。
●NWO(新世界秩序):諸問題の源流(お金)を武器とする者の目的
http://ameblo.jp/46493236/entry-11653813797.html

あまり慣れ親しまない用語かと思いますが、海外では常識となっております。
日本にもアメリカのFRB(連邦準備銀行)の支店でもある中央銀行があり、
その銀行を中心として市中銀行を皆さんご利用なされています。
この中央銀行を設立した者の目的を理解しておけば、
世界の大企業やそれに癒着する日本政府の動きも見えてくると思います。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、東京で年内最後の大規模行動がありました。
1.「再稼働反対訴え国会包囲 脱原発集会に1万5千人」【共同通信】12/22
23:26
⇒http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122201002030.html
記事「毎週金曜日に首相官邸周辺で脱原発を求める活動を続けている首都圏反原
発連合が22日、『再稼働反対 国会大包囲』と称し、大規模な集会を開いた。
主催者によると、参加者は約1万5千人で『原発いらない』『再稼働許すな』と
大声で訴えた。・・・集会は、日比谷公園大音楽堂で開会。協力団体『さような
ら原発1000万人アクション』呼び掛け人のルポライター鎌田慧さんが『安倍
内閣は2030年までに原発をゼロにするという政策をひっくり返そうとしてい
る。傲慢だ』と述べた。
・・・・・写真に、「子どもたちに、原発ゼロをクリスマスプレゼントを」のプ
ラカードがあります。

次に、福島第一の現場の記事、
2.「東電福島第1のせき漏水、新たに3カ所=汚染水タンク」時事通信
12/23-01:50
記事全文「「東京電力〈9501〉は22日、福島第1原発で汚染水を貯蔵する
タンク群を囲むせきのうち、新たに3カ所で漏水が見つかったと発表した。タン
ク群では21日にも1カ所で漏水が見つかったが、いずれも原因は不明という。
東電は今秋、台風などの大雨でせきにたまった水があふれたため、コンクリート
製のせきのかさ上げを始めたが、今回大雨は降っておらず、せき自体に問題があ
る可能性が出てきた。」
2’.「<汚染水>貯蔵タンク囲むせきから漏れる」毎日新聞 12月22日(日)20時
39分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000041-mai-soci
記事「東京電力は22日、福島第1原発の汚染水を貯蔵するタンク群を囲むコン
クリート製のせきの計4カ所から、放射性物質を含む水が漏れたと発表した。い
ずれも近くに排水溝はなく、東電は「海への流出はない」としている。このうち
1カ所は21日に見つかった。東電がせきに残る水を調べたところ、放射性スト
ロンチウム90が、東電の暫定基準の約9倍に当たる1リットル当たり93ベク
レル検出された。漏れた量は約1・6トンで、コンクリートの継ぎ目から漏れた
とみられる。・・・・22日午後4時過ぎには21日と同じタンク群と別のタン
ク群でも新たに計3カ所で漏れが見つかり、放射性物質の濃度や原因を調べてい
る。」
・・・・毎度、原因不明です。

3.「深い地層にも汚染水 福島第1原発 新たな流出経路か」しんぶん赤旗12
月22日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-22/2013122215_01_1.html
記事「東京電力は20日、福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の4号機海側
の深い地層の地下水から放射性物質が検出されたと発表しました。放射性物質が
見つかったのは、新たに掘削した深さ25メートルの井戸です。3日採取分から
はセシウム137を1リットル当たり0・7ベクレル、トリチウム(3重水素)
を同780ベクレル検出。10日採取分からセシウム134を同2・7ベクレ
ル、セシウム137を同6・7ベクレル、全ベータ(ストロンチウム90など
ベータ線を出す放射性物質)を同89ベクレル検出しました。・・・・・福島第
1原発の地下には、浅いところにある水を通しやすい地層(透水層)、その下に
水を通しにくい層(難透水層)があり、さらにその下に今回検出された透水層が
あります。・・・・これまで東電は、原発事故による放射能汚染の影響を受けて
いるのは上部の透水層の地下水だけで、下部の透水層は汚染されていないと説明
していました。政府の汚染水対策も深い地層の汚染の可能性は低いという前提に
なっています。・・・・・・」
・・・・・・・・自然は人間の想像を超えます、判りやすい地下の断面図があり
ます。

東電は、
4.「福島第1 遠隔ロボ実験施設に 廃炉5.6号機活用策」河北新報
(12/22 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/12/20131222t63017.htm
記事「東京電力は、福島第1原発5、6号機を来年1月末で廃炉とすることを正
式に国に届け出た。今後は、事故を起こした1~4号機の廃炉作業のために開発
するロボットなどの実証実験施設として活用する。・・・・・・・・2011年
の震災発生時に定期検査中だった5、6号機は、津波の被害を受けなかった6号
機の非常用発電機を使って燃料冷却を続け、炉心溶融を免れた。・・・5号機は
1~4号機と同型の原子炉で、大きさや構造が近い。東電は、今後開発する装置
や新技術の有効性を、5号機の原子炉を使って検証する方針だ。・・・・・ただ
5、6号機の原子炉建屋には計3246体の核燃料が残っており、東電は『ま
だ、すぐに何かを始められる状況ではない』としている。」

被災地フクシマ、
政府の除染は、
5.「『福島』除染終了時期を最大3年延長 環境省、工程表見直しへ」西日本
デジタル12月23日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/29483/1/
記事「・・・・福島第1原発事故を受け、福島県内で汚染が深刻な避難区域の
11市町村で国が直轄で進めている除染の終了時期について、環境省が最大3年
間延長する方針を固めたことが22日、分かった。当初は2013年度中に終わ
る計画だったが大幅に遅れており、16年度になる。同省は新たな工程表を近く
発表する。・・・・・・環境省は各自治体と計画を見直した結果、十分な作業員
や仮置き場を確保できれば3年までの延長で終わることが可能と判断。しかし、
町の96%が「帰還困難区域」に指定される双葉町だけは、町の除染計画が策定
できておらず終了時期を未定とする。・・・・・・・・・」
・・・・・・・
6.「市民の多く『時期尚早』 南相馬16年4月を避難解除目標」福島民友
(12/22 10:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1222/news8.html
記事「福島第1原発事故による避難指示の解除目標を2016(平成28)年4
月と定めた南相馬市は21日、県内の別の自治体に避難する住民を対象にした市
民説明会を開始、同日は福島、郡山、会津若松、いわきなどの各市で説明会が開
かれた。『家の修繕や建て替えに時間が必要だ』。参加した市民の多くは長期に
及ぶ避難生活で自宅が劣化していることや環境整備が遅れていることを理由に
『時期尚早』との見方を示し、解除が市の思惑通りには進まないことをうかがわ
せた。市は、市外避難者などの意見を踏まえて年内に解除目標時期を決定す
る。・・・・・解除目標時期を疑問視する声が出た。」
7.「避難世帯の62.8%『戻る』 広野町民意向調査」福島民友(12/22 10:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1222/news9.html
記事「・・・広野町が第2次町復興計画の策定に向け、全世帯を対象に実施した
町民意向調査で、現在町外に避難する世帯のうち62.8%が町に『戻る』と回
答し、このうち6割以上は戻る時期を2年以内と考えていることが21日、分
かった。『戻る』と回答した世帯は『分からない』(27.2%)、『戻らな
い』(10%)を大きく上回った。調査結果は同日、同町で開かれた第2回町復
興計画策定協議会で町が示した。・・・11月に実施した調査は、同町の全世帯
2195件が対象。10日現在で877件の回答があった。内訳は町内在住
320件、町外在住548件、無回答9件。・・・・・・・・」
8.「浪江の除染仮置き場視察 酒田地区住民が現状理解」福島民報(12/22 08:35)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013122212888
記事「環境省は21日、浪江町で初めてとなる除染の仮置き場現地視察会を開い
た。住民が仮置き場造成工事の現状を見て回り、安全性などを確認した。同町で
仮置き場が造成されている酒田地区の住民ら約20人が参加した。参加者は仮置
き場で同省の担当者から説明を受けた。続いて町内の浪江高に移動。同校敷地内
に整備された、除染廃棄物から生じた水などを処理する施設を視察した。・・酒
田地区の仮置き場の面積は3・6ヘクタール。・・・・・・・・・」
9.「22日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数」福島民報12月23日朝刊⇒http://www.minpo.jp
/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

10.「甲状腺 講演で解説 西郷で専門家が意見交換」福島民報12/22 08:33
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013122212886
記事「“『放射線と健康』~不安と向き合うために~”をテーマにした放射線の健
康影響に関する専門家意見交換会の第3回会合は21日、西郷村のホテルサン
ルート白河で開かれた。『“甲状腺”を考える』のサブテーマで大学教授2人が講
演した。・・・・・環境省と県の主催。県と9市町村のアドバイザー25人が出
席。一般県民約60人が聴講した。講演では鈴木真一福島医大教授が“県民健康
管理調査『甲状腺検査』について”と題して講演。小児甲状腺がんについて説明
したほか、甲状腺がん診断時年齢の分布は放射線を浴びていない群の年齢分布に
近いことなどを述べた。津田敏秀岡山大教授は“放射線による発がん影響-甲状
腺およびその他のがん-”と題して講演した。講演後、講師とアドバイザ
ーとの意見交換も行われた。」
・・・・・昨日の9.の記事に登場する学者の名前があります。

11.「原発事故関連死(54)ストレス 仮住まい神戸の教訓 心の平穏醸成
に腐心 膝突き合わせて対話」福島民報12/22 11:17
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/12/post_8882.html
記事「・・・・・仮設住宅で生まれたコミュニティーの維持、高齢者世帯の転居
作業など、乗り越えなければならないハードルは高かった。」
・・・・・・・阪神大震災時の事例紹介記事。

12.「相馬市長に現職・立谷氏4選 “現職連敗の流れ”止まる(」福島民友
12/22 22:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1222/news12.html
記事「任期満了に伴う相馬市長選は22日投票が行われ、即日開票の結果、無所
属で現職の立谷秀清氏(62)が、無所属で新人の前市議荒川五郎氏(65)を
275票の僅差で破り、4選を果たした。復興の遅れとリーダーシップが各市町
村長選の焦点となる中、相馬市では災害公営住宅建設や放射性物質による被害を
防ぐ健康管理など現職の手腕が、かろうじて『信任』された形
だ。・・・・・・・・・・」

栃木県、
13.「安全なシイタケ作りへ 栃木県林業センターが50周年シンポ」下野新聞
12月21日 朝刊
h⇒ttp://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20131221/1449431
記事「・・・・・・県産原木シイタケは露地栽培が21市町、施設栽培が9市町で
出荷制限中。このため一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)
を超えないシイタケ生産を調査・研究する同センターの50周年に合わせ、主に県
内のシイタケ生産者を対象にシンポジウムを開催することにし
た。・・・・・・・・・」
14.「おつかれさま日光猿軍団」下野新聞12月22日 朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20131222/1450460
記事「年内で閉園する日光市柄倉のテーマパーク『日光猿軍団』で21日、人気の
公演『お猿の学校』の卒業式が開かれ、間中敏雄校長(65)から生徒役のお猿た
ちに感謝の思いを込めた卒業証書が手渡された。・・・午前の第1回公演には県
内外から約250人が来場。「蛍の光」が流れる中、黄色の制服を着た生徒13人
とともに登場した間中校長は目元をぬぐい『ないちゃったよ』。思い出の一言を
添えながら卒業証書を手渡した・・・・・・・・・・・・・・」

福島で、こんな記事も、
15.「被災地の問題解決へ意見 南相馬でフォーラム 安倍昭恵首相夫人が出
席」福島民報12/22 11:39
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/12/post_8887.html
記事「被災地の問題解決に向けて意見を交わす『東北の美しい未来をつくる
フォーラム』は21日、南相馬市のウェディングパーク原町フローラで開かれ、
安倍晋三首相の昭恵夫人がコメンテーターとして出席した。・・・・南相馬市と
認定NPO法人女子教育奨励会の主催。市民やNPOの関係者約80人が出席し
た。・・・・・」
・・・・官邸の官僚たちは、この人をうまく使います。

安倍政権について世論は、
16.「内閣支持56%、発足後最低 景気「期待できる」39% 本社世論調査 」
(1/2ページ)日経12/22 22:00
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2200M_S3A221C1MM8000/
記事「日本経済新聞社とテレビ東京による20~22日の世論調査で、安倍内閣の支
持率は11月の前回調査より7ポイント下落して56%となり、昨年12月の第2次安
倍内閣発足後、最低となった。不支持率は7ポイント上昇し35%と最も高くなっ
た。先の臨時国会で成立した特定秘密保護法については『評価しない』が58%と
『評価する』の28%を上回った。・・・・・。」
・・・・・・・・この新聞社ならではの記事です、記事中にはないが「原発を再
稼動しようとしている」を55%の人が不支持の理由に、一方、支持の理由に
11%の人があげています。

17.「政府、原発周囲にヘリ施設検討 自衛隊の防護迅速に 」日本経済新聞
(有料記事)12/22 1:03
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2100E_R21C13A2PE8000/
記事「政府は自衛隊による原子力発電所の防護策を強化する。テロなど有事の際
に自衛隊の部隊がすぐに駆けつけられるように、原発の近くにヘリコプターの発
着施設をつくることを検討する。関西電力が再稼働をめざす大飯原子力発電所
3、4号機など原発の多い福井県が念頭にある。来年度予算に調査費を計上する
方針だ。原発警護で自衛隊が出動するケースは、海外からの武力攻撃に対応する
『防衛出動』や、警察では抑え切れない騒乱に対…(→以下、有料)」
・・・・・・戦闘があれば原発の無事はない、むしろ事故の備えとすべき。
次の記事、これも驚き、
18.「<原発輸出>安全確認、形だけ 経産省『国内向け』と落差」毎日新聞
12月22日(日)9時43分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000007-mai-pol
記事「原発関連機器の輸出を巡り、国が品質などを調べる『安全確認』と呼ばれ
る手続きの詳細が、情報公開請求により毎日新聞が経済産業省資源エネルギー庁
から入手した文書で初めて判明した。実物の確認や複雑な計算式を使った強度計
算など、国内向け機器の場合は実施する調査が行われておらず、簡単な書面審査
や聞き取りだけで輸出が実行されていた。官民一体となって原発輸出を推進する
中、手続きのずさんさが鮮明になった。毎日新聞は経産省資源エネルギー庁原子
力政策課に手続きの詳細を明らかにするよう求めたが、拒否されたため情報公開
請求して関係文書を入手した。・・・・・・・国内向けの機器なら、原子力規制
庁が実物を確認し、さらに複雑な計算式を使い強度などを調べる。一方、関
係者によると、安全確認ではメーカーが提出した書類の点検や担当者から聞き取
りをする程度で、実物は確かめない。さらに、担当課に複雑な計算が可能な人材
はおらず、形式的なチェックにとどまっている。・・・・・・・・・・」

原発関連施設立地自治体、
19.「六ケ所村議5人の親族会社、原燃工事5.2億円受注 原発事故後も利
益」朝日デジタル12月22日05時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/DA2S10893421.html?ref=nmail_20131222mo&ref=pcviewpage
記事「核燃料サイクル施設が集中する青森県六ケ所村で、村議5人の親族が経営
する村内の建設会社5社が、東京電力福島第一原発事故後の2011、12年度
に、サイクル施設を運営する日本原燃(同村)から少なくとも計5億2千万円分
の工事を直接受注していた。朝日新聞の調べでわかった。▼39面=共栄サイク
ル・・・立地自治……(→以下、有料)」
19’「原燃・村議、共栄サイクル 地元理解狙い発注/仕事もらって成長 六
ケ所村」朝日デジタル12月22日05時00分
⇒http://www.asahi.com/articles/DA2S10893393.html?ref=nmail_20131222mo&ref=pcviewpage
記事「核燃料サイクル事業の中核施設がある青森県六ケ所村。日本原燃による村
議の親族会社への不自然な工事発注の実態が浮かび上がった。人口1万1千人の
村で何が起きているのか、現地を歩いた。・・・・六ケ所村千歳平地区。クレー
ン車が鉄骨をつり上げ、タンクローリーが音を立てて出入りしていた。日本原燃
の社員寮……(→以下、有料)」

都知事選関連の記事で、
20.【速報】都知事選、宇都宮健児氏『多くの人々の応援得られたら、それに
応える覚悟ある』志葉玲 /フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)12
月22日 8時57分
⇒http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20131222-00030888/
記事「・・・・(記者)東京都は東電の大株主です。原発についてはいかがで
しょうか? ・・・・(宇都宮氏)脱原発を進めていくべきです。福島第一、第
二原発、そして柏崎刈羽原発の廃炉を求めていくべきでしょう。汚染水対策も口
先だけでなく、しっかりとやっていくべきです。 ・・・・・・」

今朝届いた西日本新聞では、
1面中段に、5.の記事が被災地の地図付きであります、
3面にも続きます、
21.「『今度こそ約束守って』除染延長、住民高まる不満」
その横に、2.の類似記事、
2面に社説があります、きょうは長文記事となっています、
22.「原発政策の転換 なぜ国は信頼されないか」
・・・・・小見出しに「安全神話が生き延びて」、「官民の2人3客が復
活」・・・・・
社説検索は10時半過ぎに⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
5面下方、政治・内政アラカルト欄に、
23.「福島の私大入学者数 回復鈍く」
記事「・・・・震災前と比較して、宮城・岩手ではほぼ戻ったが、・・・・福島
の10校では、18.7%減と大幅に減少・・・・・」
今朝は以上です。(12.23. 5:10)
この新聞記事紹介について何かご意見があれば、ysykf@yahoo.co.jpまでお知ら
せくだされば幸いです。
なお、この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様

<国の機関も福岡県庁と同じ無責任体制>について報告します。

長尾佳代様(熊本・原発止めたい女たちの会)からメールをもらって、国の機関も
福岡県庁と同じ無責任体制という事が分かりました。
長尾佳代様は【FoE Japan 】からの呼びかけで思いつかれたのかも知れません
が、今の提起は実に貴重なタイミングと思われます。
女性の勘所と思われますが、長尾佳代様からはいつも大切なヒントをもらえます。
「エネルギー基本計画」をざっと読んでみました。
原発に関係する以外の分析は、ある程度正しいように思われます。
しかし、石炭ガス化発電や水素社会の記述は未熟なように思われました。
ただ、そのことはあまり問題ないと思われます。

 原発に関する記述は、検討した委員の知識が未熟なのか、悪意を持って意図的
に原子力ムラに協力しているのか、大まちがいと思われます。
詳細な指摘には少し時間がかかりますが、添付資料18ページのように、「安全
をすべてに優先させ、国民の懸念の解消に全力を挙げる前提の下、独立した原子
力規制委員会によって世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全性が確認さ
れた原子力発電所に付いては、再稼動を進める。」と有ります。

 福岡県庁の防災担当課に「原子力規制委員会の玄海原発3・4号炉の再稼動申
請の審議に問題がある」と申し入れしたとき、福岡県庁には原子力問題を担当す
る技術方が1人もいないので、玄海原発3・4号炉の再稼動申請の審議の可否に
付いては判断できないので、すべて国に任せるといわれました。

 「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」も福岡県庁の防災担当課と同じ
理論です。すべて、「原子力規制委員会」に任せると言う事は、
「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」にも技術方は1人も居なく、全員
事務方なのでしょうか。
今まで、福岡県下で福岡県庁他、国の出先機関や各自治体と玄海原発3・4号炉
の再稼動問題の要請行動を行うと、自分達には判断能力が無いのですべて国に任
せるとの一本やりの返事をもらいました。しかし、地方自治体だけでなく、国の
機関が全く同じことが分かって、ビックリしました。
この「エネルギー基本計画」が「世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全
性が確認された原子力発電所」という子どもにでも分かる真っ赤な嘘を最大の論
拠として、組み立てられていることを知ると、日本という国はなんという非科学
の国だろうと思い恐ろしくなりました。

皆さま
永尾佳代(熊本・原発止めたい女たちの会)です。
先日、出されたエネルギー基本計画
パブコメ、募集中なんですね!
年末年始、人が休む時を狙って募集するとは、さすが、安倍政権!?
戦争でも、クリスマス休暇があるのに!

めげずに、出していきましょうね。
大掃除の手をちょっと、休めて。
===================以下、拡散歓迎です。

※<パブリックコメント:新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の
募集につ­いて>
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Pub...
<総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会>
これまでの会合の資料と動画
http://www.enecho.meti.go.jp/info/com...
【FoE Japan 】
12月6日、経済産業省資源エネルギー調査会・基本政策分科会で、事務局から
「エネル­ギー基本計画に対する意見(案)」が提示され、
同日そのままパブリックコメントにかけ­られました。しかし13日の会合
で、委員のコメントによる若干の修正版が示され、パブ­コメの対象は差し
変えられています。
パブコメ〆切は2014年1月6日(当初の4日より変更)です。
このエネルギー基本計画には、プロセス上・内容上、大きな問題があります。
311を経­験した日本のエネルギー政策見直しの案として
、とても認められるものではありません。­不当性を指摘し、新聞への投書
や国会議員への呼びかけなど、撤回を求める声をあげるこ­とが必要です。
同時にパブコメの数は重要です。
プロセスの問題も含めて、ひとつでも多いパブコメを、呼びかけていきましょう。

★ 古荘 さんから:
<原発推進でいいの?!民意無視「エネ計画」Green Earth Express【vol.307】>

12月6日、経産省が出した「エネルギー基本計画に対する意見の骨子」(6ペー
ジ)へのパブコメを出してください。
「基本計画・・・」を読みながら怒りがこみ上げてきます。

昨年夏、9万件ものパブコメで原発ゼロの声が高まりました。
曲がりなりにも、時の野田政権は、30年内に原発ゼロを目指す、と言ったとた
ん、経済界からボコボコに叩かれました。

安倍政権は、原発ゼロを望む国民的な世論を全く無視して、原発ばく進です。
自民党安倍政権は、民主党野田政権がやろうとしたこともできないのですよ。
そう、世間に訴えたい。

怒りをもって行動するしかない。
パブコメを出すよう、回りに呼びかけてください。

参考に。エネシフジャパン
http://www.foejapan.org/energy/news/131217.html

グリーンピース
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/47721/
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

Green Earth Express【vol.307】 2013/12/16
国際環境NGO FoE Japan メールマガジン http://www.FoEJapan.org/

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
                           
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ★原発推進でいいの?!民意無視「エネ計画」《気候変動・エネルギー》
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年12月6日、経済産業省資源エネルギー調査会・基本政策分科会(第12回会
合)にて、事務局から「エネルギー基本計画に対する意見(案)」という文書(事
務局素案)が提示され、同日そのまま、パブリックコメントにかけられました。

このエネルギー基本計画には、下記のように大きなプロセス上・内容上の問題点
があり、311を経験した日本のエネルギー政策見直しの案として、とても認めら
れるものではありません。この不当性を指摘し、新聞への投書や国会議員への呼
びかけなど、撤回を求める声をあげていきましょう。

同時に、(不当なプロセスではありますが)パブコメの数も重要です。プロセス
の問題も含めて、ひとつでも多いパブコメを集めるため、お知り合いへの呼びか
けを、どうぞよろしくお願いいたします。

●エネルギー基本計画の問題点
・2012年夏の「国民的議論」をまったく無視
・市民不在のプロセス
・原発事故の反省・教訓が生かされていない
・原子力を「準国産エネルギー」と位置づけている
・原子力の「安定供給」「低廉なコスト」は根拠を欠く
・「新規制基準」は安全を保証するものではない
・すでに破綻している核燃料サイクルの「着実な推進」は不可能
                (吉田 明子)

▼FoE Japan声明「福島原発事故と『国民的議論』を無視したエネルギー基本計画
(案)」は撤回すべき
http://www.foejapan.org/energy/news/131216.html

▼【1/6までパブリックコメント受付中】
エネルギー基本計画見直し~民意無視のプロセスと原発推進
http://www.foejapan.org/energy/news/131217.html

★ 堤静雄 さんから:
転送します。よろしくお願いします。

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/eシフト)です。お疲れ様です。
【緊急:ご賛同のお願い】
☆要請書「いますぐ東電を破たんさせよう!~会社更生法の申請を」

「東電を破たんさせよう!市民の会」では、要請文「いますぐ東電を破た
んさせよう!─ 会社更正法の申請を」への大至急の賛同を個人、団体とも
広く募っています。後半に貼り付けた要請文(添付も)と、その解説とな
る「私たちが東京電力の破たん処理を求める9の理由」(添付しました)
の2つの文章をぜひご覧ください。

報道では、26日に金融機関11社が東電に計5000億円の融資を実行する見通
しとされており、来週には東電の「総合特別事業計画」も出るとみられて
います。この間、週刊誌等でも東電の破たん処理を求める論調が高まりを
見せています。このタイミングで市民から意思表示することに大きな意味
があると確信しています。

ご賛同をいただいたうえで、24日までにはネット署名を開始し、年内に第
一次集約のうえで政府へ提出、公表をする方向です。年明けには、記者会
見なども開催していきたいと考えています。

ご賛同いただいた個人、団体名は、ネット署名の呼びかけに併記させてい
ただきます。ご了解ください。

☆締切:23日(月)正午
☆賛同連絡先:杉原浩司 kojis@agate.plala.or.jp (携帯)090-6185-4407

※お名前と、あれば肩書きを添えてお知らせください。

大変急なお願いとなり恐縮ですが、どうかよろしくお願いします。

-------------------------------------------------

【要請書】

いますぐ東電を破たんさせよう!─ 会社更正法の申請を

内閣総理大臣 安倍晋三 様
経済産業大臣 茂木敏充 様

東京電力福島第一原発震災により、多くの人がふるさとも生活も仕事も奪
われ、未だに15万人以上の人が避難を強いられ、多数の人が2年9カ月も
の仮設住宅での生活を余儀なくされています。各地では放射線による健康
被害が懸念される中、福島第一原発では汚染水が垂れ流され、1~3号機
でメルトスルーした燃料デブリは手つかずのまま、廃炉への道は全く見え
ないばかりか、新たな地震による事故処理の破たんが心配されています。

私たちは、そうした東電に対して日本政府が現在行っている、無尽蔵な
血税の投入や電気料金の値上げを容認するといった甘い対応姿勢に断固と
して抗議します。今回の事故で最も責任を取らなければいけないのは、私
たち市民ではなく東電です。さらに東電に投資して原発を推進させてきた
銀行などの債権者も、事故の責任を取るべきです。しかしながら、逆に東
電や銀行は、福島第一原発の事故処理部門の切り離しや不採算部門の分社
化で延命を図ろうとしています。私たちは日本政府に対して、以下の要請
を行います。

一、 東京電力に会社更正法をいますぐ申請させ破たんさせ、株主や銀行
にも法的責任を取らせてください。
二、 柏崎刈羽原発の再稼働を前提とした東京電力の「総合特別事業計画」
を認めないでください。
三、 上記対応の一切の過程や内容を、全ての市民に対して情報開示する
ことを約束してください。

■東京電力は「債務超過」を隠ぺいしています

東電の2012年度3月末決算の純資産は8,317億円ですが、原子力損害賠償支
援機構からの交付金(税金)3兆1,231億円を本来なら借入金として「負債
処理」すべきものを、不当にも「特別利益」として計上し「債務超過」を
隠ぺいしています。

■政府は東京電力にすでに「6兆円」を支援しています

政府は原子力損害賠償支援機構を通して東電に対し、事故以来の2年間で
損害賠償のための5兆円の交付国債と金融機関への返済のための1兆円の
資本金の、併せて6兆円を支援しています。それでも東電は2012年11月の
『再生への経営方針』で「賠償・除染の費用は一企業では対応できない」
とし、政府に5兆円の支援要請をしています。

■東京電力は「損害賠償金」を払い渋っています

原子力損害賠償支援機構から東電へ2013年3月末までに支払われた賠償金
は2兆3,513億円ですが、被災者の手に損害賠償として支払われた額は1兆
8,536億円にすぎません。東電は「債務超過」を避けるために、幾多の苦
しみを背負い生きている被害者に支払うべき賠償金の実に4,977億円も内
部留保し、巨額の払い渋りをしています。

■東京電力の柏崎刈羽原発の再稼働は許せません

東電の破たん処理による債権放棄をおそれる金融機関は、その再建計画に
おける収益見込みを「水増し」するために、柏崎刈羽原発の再稼働を迫っ
ています。東電が自ら設置した原子力改革特別タスクフォースでも、福島
第一原発事故の原因を「稼働率を経営課題としたこと」と反省していなが
ら、収益目的の再稼働に走ることは許されません。

■東京電力では事故収束はできません

この先何年かかるか、費用がいくらかかるか見通せない福島第一原発の事
故収束事業は、経営を最優先する営利企業には不可能です。ましてや事故
を起こした当事者の東電には、その財力も体力も能力もありません。福島
第一原発の事故収束作業は、国の責任の下で世界的な叡智を結集したプロ
ジェクトで取り組まなければなりません。

2013年12月22日

東電を破たんさせよう!市民の会

【呼びかけ人】
東井怜(東京電力と共に脱原発をめざす会)、植松青児(東電前アクション)、
大富亮(電気代一時不払いプロジェクト)、岡本達思、海棠ひろ
(福島原発事故緊急会議)、木村雅英、阪上武(福島老朽原発を考える会)、
白井伊征子(eシフト)、杉原浩司(福島原発事故緊急会議/eシフト)、
田中一郎、堀江鉄雄(東電株主代表訴訟)[12月21日現在]

【賛同人】
【賛同団体】

★ 内富一 さんから:
12/21は雨と寒さの中、80名の参加本当にありがとうございました!
とにかくさまざまなお魚をはじめイカやタコやウミガメや本当に
創意工夫あふれるデモグッズを用意された皆さまに感謝です!
ペンギン姿で奮闘された高取さん、ゴジラ
(核実験の犠牲者であると言う意味では放射能の海の被害者なのですが)姿で
大活躍された井坂さんなどありがとうございました!
沿道からの注目度は普段のデモより格段に違いました。
こうした創意工夫にあふれて歩道を歩いている市民の関心や
共感を大きく呼ぶ表現方法を来年も追求していきましょう!

2013年12月21日流すな放射能!汚染水対策を求める京都デモ
2013/12/21 13:38 On IWJ_KYOTO1?
http://www.ustream.tv/recorded/41933999

【12・21】★流すな 放射能!汚染水対策を求める京都デモ★
-みんなでお魚のかっこうをして「海を汚すな!」を訴えましょう!
人魚もジュゴンも大歓迎!-
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20131210/1386640464

★ 井上澄夫 さんから:
<知事は不承認を!政府は沖縄に圧力をかけるな!
      ・・・
辺野古埋め立て阻止12・24、25官邸前行動>

日 時:12月24日(火)、25日(水) 18時30分~
場 所:国会記者会館前(首相官邸向かい)路上
最寄駅:東京メトロ千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出入口すぐ
http://www.tokyometro.jp/station/kokkai-gijidomae/map/index.html
主 催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
連絡先:090-3910-4140
【注意】12月24日(火)に仲井眞知事が承認するか否かの表明をした場合の
翌25日の行動は、お知らせした防衛省正門前(18:30~)での緊急行動となります。
辺野古への基地建設を許さない実行委員会の主催です。

☆知事の無病を祈り「県外移設をつらぬいて」と激励の電話、ファックスをいれ
ましょう★
電話098-866-2460 FAX098-869-8979

<呼びかけ>
 自民党と安倍政権は、あらゆる権力と金を駆使して仲井眞知事に辺野古埋め立
て申請の「承認」へと追いつめようとしています。12月24日には来年度予算案を
閣議決定し、その他3項目の知事要求に回答するとしており、それを受けて仲井
眞知事が承認するかしないかの表明をする可能性が高くなっています。
 一方、仲井眞知事は精密検査で東京の病院に入院しているものの、安倍首相と
密談したりして、むしろ囚われている状態だと言われています。
 沖縄の民意を踏みにじる政府の圧力を許さず、知事に承認させないためには24
日以降の行動が重要となります。
 沖縄では、基地の県内移設に反対する県民会議が12月16日から連日、県庁前ひ
ろばにテントを張って座り込みをしており、27日まで続ける予定です。そして、
25日には多くの結集で県庁行動をおこないます。
 東京でも沖縄の県庁前の闘いに呼応し、仲井眞知事が承認しないように求める
行動が喫緊の課題です。
 辺野古新基地建設の埋め立てに踏み込ませないか否かの大きな山場の闘いです。
 緊急ですが、多くの参加を求めます。

★ 松岡 さんから:
<book13-121『ぼくは満員電車で原爆を浴びた/11歳の少年が生きぬいたヒロ
シマ』(米澤鐵志・由井りょう子)>

米澤鐵志(語り)・由井りょう子(文)著『ぼくは満員電車で原爆を浴びた/1
1歳の少年が生きぬいたヒロシマ』(小学館)を読んだ。この本は米澤鐵志さん
のお話しを聞いた会場で購入し、一気に読んだ。8月6日に広島の福屋百貨店前
でお母さんと満員の市電に乗っていたところを被爆された11歳の米澤さんの被
爆体験が私の心の奥底に深く響いて伝わってきた。80歳になられる米澤さんの
被爆体験とその後の戦後の歩み、今も3・11福島原発事故に対峙され、核廃絶
と反原発のとをともに闘っておられる姿に感動した。私は現職教員の時に広島・
長崎の修学旅行に取り組んだが、米澤さんのお話を聞き、当時の被爆者との出会
いとお聞きした話を思い起こした。

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●『福岡九電本店前猛抗議』12.25(水)18:00~21:00●
・九州は2年間全原発停止!
・原発なくても電気は足りた!
・九電に年末トドメの猛抗議!
主催:新婦人福岡「No!nukes」~反核女子部~

● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 2014年1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm
参加費: 1500円(飲食含)
主 催: 「1000日目記念集い実行委員会」 
連絡先: (080-6420-6211 ・y-aoyagi@r8.dion.ne.jp)
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7137名(12/20現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<ありがとうございました | ホームへ | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1192-42db1400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)