FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第984日目報告☆

2013.12.29(15:50) 1210

青柳行信です。12月29日。

 <1・13『1000日目記念の集い』>
メッセージ大歓迎 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで。
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第984日目報告☆
呼びかけ人賛同者12月27日迄3109名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
まだ、年賀状を書く準備もしてないので、少々、あわてています。
今日は、机の上の整理をしました。
沖縄 辺野古の問題 承服できない問題です。
10年くらい前、お正月に 辺野古の海を見ました。
那覇でレンタカーを借りて、辺野古まで走りました。
「美ら海」という看板が上がっていました。
あの、きれいな海を埋め立てることは 絶対やらせたくないです。

原発も基地もすべて、「日米安保条約」によるものだということに、
多くの国民が気づき出しています。
秘密保護法も TPPも みんな関係してますね。
来年は 安保廃棄を掲げましょう。
あんくるトム工房
原発と沖縄   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2793

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆2013年12月26日・27日 安倍と仲井真が判断誤りし日
    (左門 12・29-520)
※ 蜃気楼の上に築かれた架空の圧倒的議席を実力と勘違いし、
謙虚を忘却して、傲慢にも踏んではならない虎の尾を踏んでしまった。
中韓は想定内であったが、
想定外の欧米に加えアメリカからまで厳しい批判を受けた。
アベノミクスの凋落の始まりである。
仲井真知事は、公約を破りながら「破っていない」と強弁して憚らない。
歴史上の「琉球処分」はヤマトンチュウの仕業であったが、
今回は自らの手で犯した罪である。
撤回する手はありますよ。

★ 川島美由紀 さんから:
青柳さん
12/27も楽しいテント生活でした。
中国語で「串門」という言葉があります。
アポなしで、ご近所や親せきの家に遊びに行って、
おしゃべりしたりするという意味です。

日本では、昔はあった習慣でしょうが、今は皆があまりにも
忙しくなりすぎて、できなくなりましたね。
中国も、昔よりは生活のリズムが速くなっていますが、
まだ、「串門」の習慣があります。

そういう場では、色んな年代の人がいて、色んな話が
できます。そういう場がなくなってしまったことが、
今の皆の寄る辺なさや、何かまずい事が起こっている
という情報の共有のしにくさ、につながっているような気がします。

27日のテントは、今年最後ということもあり、色んな方が来られて
この「串門」という言葉を思い出しました。
こういう場があって、うれしいですし、こういう場が増えていくといいですね。

さて、「特定秘密保護法」を廃止する会・福岡
でブログを作成しました。もしよろしければ
メールに載せていただけますと幸いです。
http://himitsuhodame.blog.fc2.com/

また、今後の予定は
1月11日(土) 午後5~6時 天神コア前1.24デモ情宣
18日(土) 午後5~6時 天神コア前1.24デモ情宣
24日(金) 午後6時 警固公園 天神一周デモ です
よろしくお願いいたします。

★ カジアキ さんから:
おはようございます!
記事を更新しました。

原発に関することも踏まえて、
何故戦争へ向かうのか?
戦争の為の準備とは?
戦争をする者の目的とは?
これらの問題の解決手段・方法は?
という内容です。

・戦争へ向かうのは、「誰か」のせいじゃない。
http://ameblo.jp/46493236/entry-11738413783.html

情報量が膨大ですが、年末年始の休みなどを利用して、
参考にしてみて下さい。
シェア・拡散も自由です。

★ 木村幸雄 さんから:
今年の締めくくりが近づきました。
今年は、安倍のために、大変ひどい年末になったように思います。
参院選で安倍政権が勝利し、東京五輪決定で福島事故対策はより遅れるし、消費
税増税決定、国家安全保障会議の創設、愛国心を明記した「国家安全保障戦略」
と新たな「防衛計画の大綱(防衛大綱)」の決定、秘密保護法強行採決・辺野古
埋め立て容認そして靖国参拝・・・・・。まさに安倍の実質改憲-戦争へ向けた
暴走の1年でした。
しかし、暴走すればするほど、民衆が目覚めるチャンスは広がります。安倍を支
持した人でも、こんなはずではなかったと。
来年は、こうした情勢をさらにひきつけて、「国家安全基本法」-集団的自衛権
行使容認を軸とした実質改憲策動をなんとしても阻止する年にしなければなりま
せん。
その意味で、皆さんよいお年をお迎えください。

*集団的自衛権行使容認がなぜ問題かを具体的に説得力を持って説明して行く必
要があります。
その際は、端的な例としてベトナム戦争をあげ、第2次大戦後の戦争の多くは、
集団的自衛権行使によるものだったこと、それもアメリカの絡んだ戦争であるこ
とを示すことが最適だと思っています。

★ 崔 勝久 さんから:
「<原発と武器・東芝と安倍>テレビなんかつくらない!原発と武器だけで儲か
るから」を紹介します
http://oklos-che.blogspot.com/2013/12/blog-post_26.html
東芝の実情を詳しく説明しています。これに日立、三菱重工の実態を足せば、日
本の原発メーカー御三家の真の姿が浮かび上がります。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
仕事納め後、官庁関係の報道は見当たりませんが、フクシマは、今もこれまでと
変わりません。
今朝も福島第一の現場の記事から始めます。

1.「損傷燃料カバーにひび 第一原発4号機プール」福島民報12/28 08:46
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013122813007
記事「東京電力は27日、福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールの損傷燃
料のうち一体で、『チャンネルボックス』と呼ばれる金属製のカバーにひびが見
つかったと発表した。東電によると、昭和57年4月に作業員の操作ミスで変形
した燃料で、水中カメラを使ってプール内の燃料の変形の程度を調べたところ、
ひびが確認された。ひびは変形した際に生じた可能性が高い。東電は『プール内
の放射性物質濃度などに目立った変化はない』としている。」
・・・・・どこの原発も似たり寄ったりの事例が転がっているはず、将来の廃炉
作業に支障がでるか。
海外の報道機関の記事の例、
2.「福島第一原発で記録的数値の放射能漏れ」The Voice of
Russia12.28.12.14:42
⇒http://japanese.ruvr.ru/2013_12_28/126593338/
記事「福島第一原発周辺の土壌中の水のベータ線放出量がリットルあたり210万
ベクレルという記録的水準を示した。東京電力が発表した。・・・・土壌サンプ
ルは2号機周辺で採取されたもの。ベータ線量は11月半ば時点から倍増した。原
因は不明。東電は先週、はじめて4号機そばの地下25mからサンプルを採取し、セ
シウム137がリットルあたり6.7ベクレル、ストロンチウムその他ベータ崩壊元素
がリットルあたり89ベクレルであったことを発表した。」
・・・・添付の写真はフクイチの敷地内だろうか?

東電、断片的に報道されている計画書は、
3.「東電、国に再建計画提出」東京新聞12月28日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013122802100005.html
記事「東京電力と、同社に資金援助している官民合同の原子力損害賠償支援機構
は二十七日、茂木敏充(もてぎとしみつ)経済産業相に、国による救済を柱とす
る新たな総合特別事業計画(再建計画)を申請した。来年一月の認定後に公表さ
れる。・・・・・・・・・・現在、除染と賠償の費用は、国が立て替えて東電が
返済する仕組みになっているが、新計画は国と東電の負担割合を大枠で「除染は
国、賠償は東電」に変更。・・・・・・・・・・」
・・・・・来年1月に公表、ということです。
3’.「避難区域に東電福島本社 15年度、Jヴィレッジから移転へ」福島民友
(12/28 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1228/news1.html
記事「・・・・・・・・15年度には現在の楢葉町、広野町のサッカー練習場
『Jヴィレッジ』にある福島本社を避難指示区域へ移して前線基地であることを
明確にする。・・・・・・・・」

被災地フクシマでは、
4.「原発ADR和解案、避難指定外に月7万円」時事通信 12月28日(土)20時0分配信
記事全文「東京電力 <9501> 福島第1原発事故で局地的に放射線量が高い『特定
避難勧奨地点』に指定されなかった福島県伊達市の住民330世帯約1000人が、被
ばくの不安に対する慰謝料を東電に求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、仲
介機関の原子力損害賠償紛争解決センターが、住民1人当たり月7万円を一律で支
払う和解案を提示したことが28日分かった。弁護団が明らかにした。」
4’.「国『時期の明示困難』営業損害などの終期 原発賠償の中間指針 福島
で説明」福島民報(12/28 08:44)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013122813004
記事「営業損害・就労不能損害の終期についての質問があり、文部科学省の担当
者は『現段階で明確に時期を示すのは難しい』との認識を示した。協議会の構成
団体や市町村の担当者ら約200人が出席した。・・・・・出席者からは『時期
があいまいで、再開しても収益が震災前に及ばない可能性がある』などの質問が
出た。墓地移転に伴う賠償を求める意見もあった。」
4”.「月10万円超でも同額 精神的損害の一括賠償」福島民友(12/28 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1228/news5.html
記事「原子力損害賠償紛争審査会が26日決定した新たな賠償指針に盛り込まれ
た1人当たり700万円の精神的損害(慰謝料)の一括賠償で、文部科学省は
27日、福島市で開かれた県損害賠償対策協議会の説明会で、毎月の精神的損害
の賠償額が10万円を超える場合でも、一括賠償の額は変わらないとの見解を示
した。・・・・・同省によると、一括賠償は「長年住み慣れた住居や地域が長期
にわたり帰還不能となる精神的苦痛」に対する賠償のため、避難生活の負担が大
きいことなどを理由に毎月10万円の賠償額に上積みして支払われている精神的
損害の賠償とは異なるとした。・・・・・・」

5.「11月の県内有効求人1.28倍 東北2位の高水準」福島民報(12/28
08:37)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013122812998
記事「・・・・・11月の県内の有効求人倍率(季節調整値)は、前月を0・
01ポイント上回る1・28倍となった。東北では宮城県の1・29倍に次いで
2番目、全国で7番目に高い水準となった。福島労働局が27日、発表し
た。・・・・11カ月連続で1・2倍台を維持した。県内雇用情勢について、同
労働局は『一部に厳しさが残るものの、復旧・復興関連求人の増加により改善し
ている』と分析している。・・・・・・・・」
・・・・・・・地域別の数字がわかりません。避難地域もあるので格差は想像以
上でしょう。
6.「28日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・県内死者・行方不明者数」福島民報12月29日朝刊⇒http://www.minpo.jp
/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。

7.「楢葉町が初の特例宿泊 28日から5日まで」福島民報(12/28 08:43)
記事全文「楢葉町は東京電力福島第一原発事故に伴う初の特例宿泊を28日から
1月5日までの最長8泊9日の日程で行う。・・・町の大半が避難指示解除準備
区域に指定されている。町によると、2500世帯、7700人のうち、特例宿
泊を届け出ている町民は27日現在、168世帯、426人。町消防団は特例宿
泊の期間中、町内をパトロールする。全7分団と町消防団本部から有志が集ま
り、16班に分かれ日中と夜間(午後5時半~午後7時半)、町内をくまなく巡
回する。28日午後4時から町役場で出発式を行う予定。・・町は期間中、午後
4時から翌午前9時まで町役場に職員2人を宿直させる。日中は職員2人が常駐
しており24時間態勢でサポートする。」
7’.「原発事故後初の特例宿泊始まる 福島・楢葉町」テレビ朝日系(ANN)
12月28日(土)17時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20131228-00000027-ann-soci
「原発事故による避難指示が続く福島県楢葉町で、28日から事故後、初めての特
例宿泊が始まりました。・・・・・・・・・・・・・」
・・・・・25日に紹介した9.の記事に「・・・・南相馬市小高区と楢葉町で
今回初めて実施される。楢葉町は期間中に予定している町内での防犯活動に参加
する職員らを十分確保できないとの理由から、実施期間を他市町村より短く設定
した」とある町です、フクイチから真南に20キロ圏内です。自治体職員も大変
です。

岩手県、
8.「シイタケ出荷自粛解除 奥州の施設栽培」岩手日報12月28日16:01
記事全文「県は27日、奥州市の施設栽培原木シイタケの出荷自粛要請を解除し
た。東京電力福島第1原発事故の影響で放射性セシウムが国基準値(1キログラ
ム当たり100ベクレル)を超え、出荷できなくなっていた10戸のうち、生産
者3戸が出荷可能となった。奥州市の施設栽培原木シイタケは昨年3月の検査
で、1戸から基準値を超える放射性セシウムが検出され10戸が出荷停止になっ
た。今回、解除を依頼した3戸を県が検査。国のガイドラインに基づく生産管理
が確認され、検査結果が最大で25ベクレルと基準値を下回ったため解除が決
まった。施設栽培原木シイタケは、昨年3月に奥州市と一関市が出荷自粛要請を
受けた。一関市は今月13日に自粛要請が解除された。露地栽培原木シイタケは
、4月に盛岡市への国による出荷制限指示が解除されたが、一関市や奥州市など
13市町の出荷停止が続いている。」
・・・・・・わずかに3戸だけ。農家の苦難は続いています。

原発施設、
9.「安全審査に高い壁 規制委審議長期化の公算大 女川2号機」河北新報
(12/28 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/12/20131228t13019.htm
記事「東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の安全審査には、他社
の原発施設より高いハードルが待ち構える。東日本大震災の震源地に最も近いと
いう地理条件に加え、事故を起こした東京電力福島第1原発と同型式の原子炉を
導入しているためだ。原子力規制委員会による審議は長期化する公算が大き
い。・・・・・・・・・・今後、東北電は2号機の審査状況を見極めた上で、残
る4基の申請を検討する。各基の対応状況は表の通り。早期に対応できるのは女
川3号機にとどまる。・・・仮に審査に合格しても、安全協定上、立地自治体の
合意抜きに再稼働に向けた設備変更には踏み切れない。各自治体は規制委の判断
を見守る姿勢を示すが、住民不安が高まれば、再稼働の道のりが遠のく事態も想
定される。」
9’.「東北電女川2号機の安全審査申請 住民の賛否渦巻く」河北新報(12/28
09:31)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/12/20131228t13029.htm
記事「『将来に禍根を残す』『動かせるなら早く』。東北電力が27日に女川原
発2号機(宮城県女川町、石巻市)の安全審査を申請したのに対し、住民の賛否
が渦巻いた。再稼働手続きの第一歩になることもあり、宮城県内の反原発グルー
プは一斉に批判の声を上げた。『経営の都合。市民に具体的な説明がない』。市
民団体『脱原発東北電力株主の会』(仙台市)の篠原弘典代表は東北電の対応を
批判し『株主総会や宮城県議会への請願で再稼働に反対していく』と言葉に力を
込めた。『原発問題住民運動宮城県連絡センター』(仙台市)は同日、東北電に
抗議を申し入れた。約10万人分の再稼働反対署名が集まっているといい、庄司
捷彦共同代表は『福島第1原発事故の原因もはっきりしていない。このまま
では地域の将来に大きな禍根を残す』と語った。・・・申請を容認する声もあ
る。・・・・」
9”.「原発が存在することのリスクと、容易には止められない現実 ― 女川原発
の地元からのレポート」日下羊一 | ブロガー12月28日 23時45分
⇒http://bylines.news.yahoo.co.jp/kusakayoichi/20131228-00031102/
少し長い記事「・・・・・東北電力は12月27日、この女川原発の再稼働をめざし
て、国に安全審査の申請を行いました(→ ニュース記事)。この機会に、1人の
地元住民の立場から、石巻地方に存在しつづける原発について、率直に考えてみ
たいと思います。・・・・・・・・・・しかしいずれにしても、原発の存在は、
石巻地方で暮らし続けることを考えるとき、大きなリスク要因だと思っています。」
・・・・・と、記事は結んでいます。ただ、その前にある文、「どうせ他に移動
できないのだったら稼動しても」はだめですよ。「1979年宮城県石巻市生まれ。
2010年に故郷にUターン。東京出身の妻・日下真理とともに、写真ブロ『石巻百
景』を運営。東日本大震災後の石巻の変化と現状について、記録と発信を続けて
いる」のレポートです。女川の被災写真など現地を見た記憶がよみがえります。

関連報道、
10.「NHK人事に政権の影 会長交代劇に官邸の意向?」西日本12月29日
03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/29821/1/
記事「来年1月に任期満了を迎えるNHKの松本正之会長(69)の後任に、日
本ユニシス特別顧問の籾井勝人氏(70)が選出された。一部で『首相官邸の意
向』とささやかれ、政権の影が見え隠れした会長交代劇。今後、公共放送と政治
との距離があらためて問われそうだ。・・・・・背景には、政府・自民党に原発
や米軍基地問題などの報道姿勢への不満が根強く、松本会長への批判が高まって
いたことがある。松本会長は退任の理由について『3年間の業績が評価されず不
愉快』『官邸から交代という雑音が聞こえた』などと親しい関係者に漏らしたと
いう。・・・・・」
・・・・・・今でさえ、不十分な報道姿勢、今後はどうなっていくか心配です。
11.「都知事選、宇都宮氏が出馬表明 『政権の暴走止める』」 東京新聞(12
月28日 19:37)
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013122801001447.html
記事「・・・・・・・1月23日告示、2月9日投開票の都知事選で、出馬の意
向を表明するのは宇都宮氏が初めて。・・・・・宇都宮氏は、石原慎太郎氏の辞
職に伴う2012年12月の都知事選に『脱原発』を争点に掲げ無所属で出馬。
共産、社民両党と日本未来の党の支持を受けた。落選したが、当選した猪瀬氏の
約433万票に次ぐ96万票余りを獲得した。
・・・・・・・」(共同)
・・・・・パフォーマンスばかりの人でなく、こういう人がなってほしいです。

脱原発行動、
12.「原発ゼロが国民の声 官邸前 暴走政権に激怒」しんぶん赤旗12月28日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-28/2013122815_02_1.html
記事「首都圏反原発連合(反原連)は27日、首相官邸前でことし最後の抗議行
動を行いました。『原発ゼロ』を求める世論に敵対して原発を「基盤となる重要
なベース電源」とするエネルギー基本計画を年明けに閣議決定しようとする安倍
政権。1600人(主催者発表)の参加者は『民意に従え』と訴えまし
た。・・・・30年前に敦賀原発の定期点検の指導員として作業をしていたとい
う男性(78)は『原発に明日はないと感じていた。原発は人間社会では通用し
ない』といいます。・・・・・・・」
12’.「金曜日の声 官邸前『じっとしていられない』」東京新聞12月28日
記事全文「東京都世田谷区の団体職員 宮地大祐さん(31) 安倍政権は市民
の声を無視した政治手法が目立つ。こういう場で声を上げ続けることが大事だ。
さらに、一人一人が地域で声を広げたり、選挙で意思を示したりする活動が一番
重要だと考える。・・・・東京都八王子市のヘルパー 鈴木香子さん(52) 
ずっと官邸前に来たいと思っていて、ようやく今日実現できた。立っているだけ
でも、意思表示になればいいと思う。普段から子どもたちに自分の考えを伝えて
いるが、行動していることも伝えたかった。・・・・・・埼玉県春日部市の無職
 白井フミ子さん(77) 特定秘密保護法などをやりたい放題で押しつける安
倍政権にじっとしていられず、通っている。経済と命をてんびんにかけるこ
とはしないでほしい。」

九州、
13.「『諫早開門ならず残念』古川知事年末会見」佐賀新聞12月28日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2602509.article.html
記事「・・・・-この1年を振り返って。・・・・・ -玄海原発の再稼働も論
議になってくるが、地元合意の在り方などプロセスが見えない。 ・・・・・知
事 玄海原発の(新規制基準の)審査が進んでいく段階で、国の動きが見えなけ
れば、(手順の明確化などを)しっかり求めていかなければいけない。」

今朝の西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、10.記事があります、
7面の国内10大ニュースの中に、「秘密保護法制定」が2位、「東電福島第一
原発で汚染水漏れ、対策に国費投入」が7位にあります、
9面読者の声「こだま」のページに、小学生の鋭い声があります、
14.「五輪までには放射能解決を」長崎県諫早市の12歳
記事「・・・・・・何しろ、『福島の原発は完全にコントロールされている』と
言ったのは、安倍総理御自身なのだから。」
・・・・・と、文がくくられています。するどい、よく読むと皮肉っていますね。
今朝の紙面はこれだけです。(12.29. 5:41)
この新聞記事紹介についてのご意見等あれば、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。
この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★中西正之 さんから:
今、福島第一原発の汚染水対策は日本中のみならず世界中の英知を集めて、最大
の対策を実行するといわれている。
しかし、実際には、あまり良い提言は出ていないように思われる。
そこで、福島第一原発の過酷事故後、考えていたことを、今回提言することにし
ました。

福島第一原発の汚染水完全処理問題と永久廃炉問題の提言

1. 初めに
 福島第一原発の過酷事故が発生し、放射性汚染物質を大量に含む汚染水の海洋
への漏洩が
進み、現在に至っても完全な対策が見出されていない。筆者は、日本の産業廃棄
物の処理設備の建設とメンテ工事に長年携わってきて、重金属の毒性の高い産業
廃棄物の最終処理は、昔から重金属の廃棄処理の経験の深い、産銅六社の技術が
生かされている事を見てきた。又産銅六社は銅鉱山の管理経験が豊富で、福島第
一原発の汚染水完全処理には、産銅六社の経験が必要と思われる。又、筆者は、
放射性廃棄物や原発の廃炉処理物の処理設備の燃焼炉、溶融炉部分の建設に長年
たずさわって、放射性廃棄物や原発の廃炉処理物の処理作業における被爆労働の
問題に心を痛めてきた。その経験から次ぎの提言を致します。

2. 福島第一汚染水の完全遮断に付いて
 福島第一原発の過酷事故の直後から、1号機、2号機、3号機のチャイナ・シ
ンドローム(メルトスルー)による地下水汚染の危険が指摘されて、コンクリー
ト製の地中ダムの必要性が提言されていた。
 しかし、筆者は、地中ダムは底の抜けたザルと同じで、地震によるダムの亀裂
発生からも、良い方法とは考えられなかった。
 筆者の提案は、添付図のように、縦坑道と横坑道のトンネル構造による原子炉
建屋地下部の完全遮断である。
 埋め込み式のコンクリート製地下ダムは巨大地震により、亀裂が発生すると、
点検も補修も困難である。
 連続トンネルにより、地下水の遮断対策を行えば、コンクリートの亀裂等の定
期的な検査が楽に行え、又損傷が発生した場合の補修工事も簡単に行える。
 そして、チャイナ・シンドローム(メルトスルー)が起きていても、その外部
の地中にも外洋にも放射能汚染水が流出する事を防止できると思われる。

3. 福島第一原発の完全廃炉について
 筆者の経験からは、福島第一原発の原子炉建屋や格納容器を完全に廃炉にする
事は、膨大な費用と、大量の被爆労働を生み出すと思われる。
 チェルノブイリ原発が長期的な石棺保存を行っているように、放射能汚染の酷
い部分は福島第一原発も石棺保存を行い、廃炉作業は放射能汚染の少ない建物に
限るのが一番良い方法と思われる。

4. 汚染水遮断用連続トンネルと第一原発石棺作業はナノテク技術の千年コン
クリートで行う事
 現在使用されてきた、コクンクリートはポルトランドセメントの水和反応を使
用して作られ、
不安定なために100年コンクリートといわれている。
 現在は、ナノテク技術により、セメントレスの1000年コンクリートが発明
され、その使用が耐火コンクリートや高層建築などに急速に使用を増やしてきて
いるようだ。
 汚染水遮断用連続トンネルと第一原発石棺作業はナノテク技術の千年コンク
リートで行う事が必要と思われる。
 図面がありますが要望する方は添付資料のワード文章でお送りします。
hrnakanishi@psc.bbiq.jpまでお知らせください。

★ 黒木 さんから:
原発再稼働は日本を滅ぼす 連載6 柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネッ
トワーク)

たんぽぽ舎です。【TMM:No2057】
2013年12月28日(土)午後 07:44
地震と原発事故情報より転載

原発再稼働は日本を滅ぼす 連載6
 |  巨大事故を起こした電力会社は「責任」をとるべき
 |  福島第一原発事故の原因企業が柏崎刈羽原発の再稼働なんて許せない
 |  1月8日(水)東電本店合同抗議行動の重要性・歴史性
 └──── 柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

1.東電福島第一原発事故(1号、2号、3号、4号)は、日本と世界の歴史に残
る「超巨大事故」である。
  3年弱たち、いまだに収束していない、
  かつ、いつ不測の事態が起きるかも知れぬ事故である。

  放射能汚染水しかり、4号機の核燃料搬出しかり、
  1~2号機間の高さ120mの鉄塔倒壊の危険しかり
  (ベントした鉄塔ゆえに近づけば20分位で死亡する高度放射能汚染鉄塔)、
  地下のデブリ・汚染水の心配しかり、
  その他色々…である。
  そのイミではいまだ継続中の巨大事故である。

2.この超巨大事故を起こしたのは東京電力である。原因・責任企業である。
  同じ津波におそわれながら東北電力女川原発は大惨事を免れた。
  理由は、東北電力の当時の副社長が社内の反対(費用がかかる)を押さえて、
  津波を心配して高い所に設置したから。

   東電福島第一原発巨大事故は、まさしく安全経費を削りに削ったすえの事
故であり、
  「東電の責任」はとてつもなく大きい。
  しかるに東電は原子力ムラ(原子力帝国)の力を借りて、責任をとっていない。
  被害者の賠償は遅く、値切りに値切る。
  収束作業も全く不十分(汚染水対策のカベ作りの1000億円をケチッタ=民主
党政権時代)、
  そこで働く作業者の放射能対策も待遇(給与など)もひどいもの。
  これでは収束できない。
   福島第一原発原発事故の発生責任企業が、「電気料金値上げの権利あり」
という傲慢さ。
  その上、新潟県知事の猛反対を受けながら、
  柏崎刈羽原発1~7号機の再稼働を強引に規制委へ申請するというやり方。

3.巨大事故を起こした原因企業=東電への追及が弱い。
  政府も責められるべきだが、この東電の態度、居直りを許しては巨大なモラ
ルハザードにもなる。
日本航空のように破綻処理すべきである。解体すべきだ。この声と運動が弱い。
 私たちは東京電力追及の大衆運動の一翼を担いたい。その具体的行動を行う。
   1月8日(水)の東電本店合同抗議は、首都圏反原発連合の9月のよびかけ
から始まったが、
  来年1月からは、新体制で、20数団体の賛同で続けられる。
  東電本店合同抗議行動の重要性を重ねて訴える。

   1月8日(水)18:30~20:00東電本店前に集まろう。
   友人・知人に一声かけて、さそって。 
     
★ 前田 朗 さんから:
※ ヘイト・スピーチと闘う特集(1)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/12/blog-post_27.html

「在日特権会のヘイトスピーチと人種差別」
『コリアNGOセンターNEWS Letter』34号(2013年12月)
http://korea-ngo.org/                     
                             
「京都地裁が人種差別と明確に規定 高額賠償認める」
「たかじんのそこまで言って委員会 読売テレビが番組で謝罪」
「金稔万さん本名損害賠償裁判」とインタビューなど

※ ヘイト・スピーチと闘う特集(2)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/12/blog-post_577.html

「特集 レイシズム 日本そして世界」『IMADR-Jc通信』176号
(2013年)                             
                       
IMADR-Jc(反差別国際運動日本委員会)
http://imadr.net/                     
        
「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチ規制を」前田朗
「マケドニア共和国スコピエ市のロマ集住地区シュトカとロマ学童の教育問題」
金子マーティン
「シュト・オリザリ地区について」ゴルダナ・ロデッチ=キタノッヴスカ
「人種主義的ヘイトスピーチと闘うために――CERD一般的勧告35を出す」小森恵

※ ヘイト・スピーチと闘う特集(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/12/blog-post_28.html

「特集日本国憲法を守る」『ひょうご部落解放』150号(2013年) 
                                    
ひょうご部落解放・人権研究所
http://www6.ocn.ne.jp/~blrhyg/          
             
「自民党改憲草案批判――天皇を戴く、戦争と人民抑圧国家の亡霊を生かしてはな
らない!」冠木克彦
「いま、なぜヘイト・スピーチか――差別・差別煽動と表現の自由」前田朗
「日本国憲法について考える」朴一
「DV被害者支援の現場から見る憲法24条」正井礼子

------集会等のお知らせ------

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● ★原発とめよう!九電本店前ひろば★ ●
  『 1000日目 記念の集い 』
日 時: 2014年1月13日(月・休日) 午後1:30~
場 所: 農民会館 4ホール
  福岡市中央区今泉1丁目 電話092-761-6550
  地図:http://tinyurl.com/mss4mmm
参加費: 1500円(飲食含)
主 催: 「1000日目記念集い実行委員会」 
連絡先: (080-6420-6211 ・y-aoyagi@r8.dion.ne.jp)
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11731681670.html

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
原告総数 原告総数 7137名(12/20現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
☆12/28~1/5まで九電本店前ひろば・テントは閉設☆
1/6から午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************

スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第985日目報告☆ | ホームへ | 修の呟き>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1210-65b888af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)