FC2ブログ

タイトル画像

「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」

2014.01.29(19:21) 1276

土森です。

2月1日の「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」
(14時、八代厚生会館大ホール)まであと、3日と
なりました。皆さん、お誘い合わせの上、ご参加を
お願いします。

また、集会宣言文を下記の通り熊本県に提出いたします。
こちらにも合わせて、ご参加をお願いします。

瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会宣言文提出
日時:2014年2月3日(月)10:00
場所:県庁本館11階1101会議室
(エレベーターで11階に上がって西のほうに向かって進んだ
   右側の会議室です)
対応:土木部河川課
集合:9時半本館ロビー
本件に関する連絡先:090-8834-1533 毛利
============================
土森です。2月1日に熊本県・八代市で開催される
「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」のご案内です。

今年3月末に瀬戸石ダムの水利権は切れますが、
ダムを運営する電源開発は申請手続きを進めて
今後20年間、ダムを存続させようとしています。
様々な問題を引き起こしてきた瀬戸石ダムを
これ以上、存続させるわけにはいきません。
住民の声を結集して、撤去させなければなりません。
皆さんの誤算をお待ちしています。
==========================
瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会

荒瀬ダム撤去で流れる川は戻ったけれど
瀬戸石ダムがある限り豊かな球磨川は戻らない

日本初のダム撤去となった荒瀬ダムの撤去
工事開始により、球磨川も河口干潟も回復し
つつあり、アユやウナギ・エビも増えつつあ
ります。しかし、上流の瀬戸石ダムが依然と
して水質悪化を招き、また魚の往来や下流
や・干潟への土砂供給をストップさせ、球磨
川の再生を妨げています。将来的には、また
ダムがある川・干潟に戻ることが危惧されます。

また、瀬戸石ダムの存在により、住民は毎年の
ように洪水被害、振動・騒音、水質汚濁など
様々な弊害に悩まされ続けてきました。
球磨川の巨大迷惑施設が瀬戸石ダムなのです。

瀬戸石ダムによる発電量はわずかであり、
県民の省エネ努力で十分カバー出来る量です。

発電を理由に住民に迷惑施設を押し付けるのは
瀬戸石ダムを運営する電源開発の住民無視の
傲岸不遜な理屈でしかありません。

瀬戸石ダムの水利権は今年3月末に期限切れを迎え
ます。今こそ、瀬戸石ダム撤去の声を上げましょう!

日時:2014年2月1日(土)午後2時(開場:午後1時30分)
場所:八代市厚生会館大ホール
主催:「瀬戸石ダム撤去を求める住民大集会」実行委員会
参加費:500円(資料代)
内容:
1.基調報告:瀬戸石ダムは何故撤去すべきか
2.住民の声:瀬戸石ダムに苦しめられた56年間。もう耐えられない!
3.リレーメッセージ:瀬戸石ダム撤去に向けて
問合先:
(八代)0965-32-7140 つる詳子
(坂本)090-7297-2720 上村雄一
(人吉)090-2859-5520 本村令斗

スポンサーサイト





修の呟き


<<宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会選対ニュース vol.14  | ホームへ | 宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会選対ニュース vol.13>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1276-8100ea3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)