FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1039目報告☆

2014.02.22(19:16) 1357

青柳行信です。2月22日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1039目報告☆
呼びかけ人賛同者2月21日迄3176名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月21日3名。
山中祐樹 田中市郎 馬場久美子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
今朝のメールは 届いていませんでした。
また、迷惑メールに入ったのかもしれません。後で 調べてみます。
21日の金曜行動は暖かくなったのと、先日のギャーさんの不当逮捕への
反発で 参加が多くなっています。
安倍氏の独裁的な政治手法に危機を感じている方が多くなってきました。
あんくるトム工房
金曜行動 85回目  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2879
池田・ロバートソン会談  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2878
2.3億ベクレルの汚染水  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2877
 日本の教育、文化、マスメディアがアメリカナイズされた起点は
 1953年の 池田・ロバートソン会談にあります。
 教育分野では 勤務評定、学力テスト、道徳教育が導入されていきます。
 今また、右傾化の波、国家主義的な動きが押し寄せています。
 脱原発、日米安保条約、教育の分野でのたたかいが必要です。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆汚染水2・3億ベクレルと巨大数値に馴れてはならぬ
     (左門 2・22-575)
※F14号機・H6にあるタンクから100トンの汚染水が漏れた。レベル3という
シビアな事態。「閉まっているはずの配管の弁が開いていた」などと、言わなく
ても分かることを招来した過失を詫び、修正すべきであるのに!ストロンチウム
90の国の放出基準(同30ベクレル)の約380万倍、といっても素人には見
当がつかない膨大な数値です。ニュースなどは、その数値が、どれくらいの害を
与えるかをも同時に報道すべきです。堰の外に溢れたが、海には行かないなどと
空とぼけている。すべての汚染水は土を浸透して海へ行くのだ。巨大地震が再び
来た場合、これらのタンク群が壊れたら・・・・。
考えもしない・対策もない状況だ。

★ 堤静雄 さんから:
おはようございます。
連日お疲れ様です。
まだまだ寒いですね。
<もんじゅに消された人>
http://tinyurl.com/k4llbjc
皆さんに紹介よろしくお願いします。

★ 西岡由香 さんから:
青柳さま
寒い日が続いていますが、お変わりありませんか?
<憲法学習会のおしらせ>
2/24に福岡から「明日の自由を守る若手弁護士の会」の弁護士お二人を
お招きして学習会を開きます。
集団的自衛権のこと、そもそも憲法って何?といったことを
わかりやすくお話してくださいます。ぜひおさそいあわせて
おでかけください。

◇若手弁護士と考えよう!改憲でどうなる?私たちの暮らし
2月24日(月)18時~20時、長崎市男女共同参画推進センターアマランス
講演、諸隈美波(北九州第一法律事務所)、八木大和(福岡第一法律事務所)
参加費500円
主催 憲法学習会実行委員会 

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
基準地震動と原発の耐震強度(6)
<(6)2006年の原子力安全委員会分科会は公募意見を無視した>について
報告します。
2月21日の青柳通信で、★ 舩津康幸さんが2006年の原子力安全委員会分科
会の問題の記事を取り上げられています。
“<九州の原発 「原子力村」は変わらない 佐藤栄佐久前福島知事に聞く>西
日本電子版2014年02月21日 03時00分 更新記事<福島県では福島第1原発事故や
地震津波の被災者約14
万人が今も避難生活を強いられている。現職時代から電力会社の隠蔽(いんぺ
い)体質や国の原発 政策に疑問を投げ掛けてきた同県前知事の佐藤栄佐久氏
(74)に、今の思
いを聞いた。
?あらためて原発事故をどう受け止めているか。
「人災だ。2006年に(当時の)原子力安全委員会分科会がまとめた耐震指針
の内容に反発し、委員の一人が辞任した。ある原発の活断層見落としを踏まえ、
指針原案の見直しを求める公募意見が多く寄せられたにもかかわらず、反映され
なかったからだ。事務局の官僚に牛耳られた安全委員会の体質を浮き彫りにした
が、こうした積み重ねが事故につながった」
?事故後、国や東電は変わったか。
「簡単には変わらない。とにかく原発を早く動かし、海外へ輸出しようとする姿
は、『原子力村』の体質そのものだ」・・・・・・>“
 辞任された委員は、石橋勝彦氏と思われます。
北岡逸人さんより、
“四.原子力安全委員会・耐震指針検討分科会について
石橋克彦(神戸大学都市安全研究センター)”
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/bunkakai060919.html
を教えていただきました。
原子力安全専門部会耐震指針検討分科会が阪神・淡路大震災により、旧耐震指針
では原発の過酷事故防止できないと分かり、4年9ケ月耐震指針の改定を行って
いたとき、島根原発近傍のトレンチ掘削調査によって、これまで活断層を見逃し
ていたが、変動地形学の新しい手法から活断層の存在が予測されたので、新しい
手法も取り入れるべきだという公募意見がたくさん有りましたが、入倉幸次郎氏
を中心にした、原発推進派の人たちは多数決で、新基準を押しとうしました。こ
の理不尽なやり方を認められなかったので、石橋勝彦氏は辞任されたのだと思わ
れます。
そして、地震学や地震工学が未熟な時代に設計された原発を、阪神・淡路大震災
の結果を知りながら、経費の掛かる大掛かりな補強工事をしなくて済む、新規制
基準が決定された。
この事が、福島第一原発の過酷事故の発生の直接原因に成ったと思われる。
原子力規制委員会も、原子力安全専門部会耐震指針検討分科会と同じように、再
稼動の認可前に、公募意見と公聴会を行うといっていますが、公募意見と公聴会
を行っても、その内容を無視し、再稼動の認可を行えば、福島第一原発の過酷事
故の発生の繰り返しが起きると考えられます。
         
★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、福島第1の現場を巡る記事が多数です。東電と政府に対して怒りが増す
ばかりです。

1.<「福島第1原発」配管の弁、すべて開く…汚染水漏れ>毎日新聞 2月21日
(金)21時29分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000128-mai-soci
記事<東京電力福島第1原発で極めて高濃度の汚染水約100トンが漏れた事故
で、東電は21日、汚染水貯蔵タンクにつながる三つの弁のうち、「閉まってい
た」と発表していた一つの弁が一時的に開いていたと発表した。通常は、汚染水
を移送する時以外、すべて閉まっている。今回のトラブルは、弁を誤って開いた
ことによる人為的なミスだった可能性が強まった。・・・・・・・漏れる前の
19日午前に撮影した弁の写真では、弁を操作する器具が接続されたまま開いて
おり、作業員が何らかの原因で弁を開いたとみられる。一方、事故発覚前後の同
日夜から、翌日未明に弁が閉じられた形跡があり、作業員が閉め直した疑いが出
ている。・・・・弁が意図的に操作された可能性について、東電の尾野昌之原
子力・立地本部長代理は21日の記者会見で「先入観を持たずに調べる」と述べ
た。>
1’.<弁開き汚染水漏れ 作業員が操作、東電断定 福島第一>朝日デジタル
2014年2月22日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10992673.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10992673
記事<・・・・・東電は午前11時ごろに何者かが弁を開ける操作をしたとみて
いる。東電は作業員らに聞き取りをしているが、弁の操作をした人を特定できて
いないという。>

地元紙は、
2.<汚染水の移送配管弁 東電、点検確認の記録なし>福島民友新聞 2月21日
(金)19時59分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00010019-minyu-l07
記事<福島第1原発で20日発覚した地上タンクからの高濃度汚染水漏れをめぐ
り、東電はタンクにつながる汚染水の移送配管の弁の開閉状況を詳細に把握して
いなかった。・・・・漏れたタンクは満水状態で、これ以上、このタンクに汚染
水を入れるはずではなかった。・・・・・・対策はまたも後手に回る結果となっ
た。>

3.<高濃度汚染水漏れ、規制庁に警報通報せず>TBS系(JNN) 2月21日(金)19
時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140221-00000045-jnn-soci
記事<福島第一原発で、19日、タンクから高濃度の汚染水が漏れた問題で、タ
ンクの水位の異常を知らせる警報が鳴ったことを東京電力が原子力規制庁に通報
していなかったことが分かりました。9時間半後に水漏れが見つかるまで、規制
庁は事態を把握していませんでした。・・・また、茂木・経済産業大臣も今回の
事態を「遺憾」だとしたうえで、漏れた汚染水や染みこんだ土壌の回収を急ぐよ
う指示しました。>
・・・・・“「改修を指示”!―100トンもの水がしみ込んだ汚染土壌って、どれだ
けの量になる?
3’.<福島第1原発 タンクから2.3億ベクレルの汚染水 基準の380万
倍 100トンも 東電 警報後も水位確認せず>しんぶん赤旗2月21日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-21/2014022101_01_1.html
・・・・・図が添付されています。
3”.<福島第1原発 高濃度汚染水漏れ 東電 ずさん対応 弁開いたまま 警
報を “計器の故障”>しんぶん赤旗2月21日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-21/2014022115_01_1.html
記事<・・・・・・・・・・真剣さない・・・・・・・・・事態を悪化させたの
は、水位計の警報が発生した後のお粗末な対応です。東電は、午後3時にタンク
周りを点検しただけで、二つの弁が開いていることに気づきませんでした。4時
のパトロールでも異変を見逃し、結局、漏えいを確認したのは午後11時25分
ごろのパトロールでした。福島第1原発ではこれまで、注水配管の取り違えや過
剰な注水などによって、タンクからの汚染水漏れが何度も繰り返されてきまし
た。しかし、東電は警報が発生したのに「計器の故障と考えていた」とのべるな
ど、汚染水問題に真剣に取り組んでいるとはいえない状況です。東電の対応のお
粗末さと、「国が前面に立つ」としているのにきっちり管理できていない政府
の姿勢が、今回の問題でも問われています。>

4.<{規制庁}「東電の能力、議論に」…トラブル続出で次長>毎日新聞 2月
21日(金)20時6分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000099-mai-soci
記事<原子力規制庁の森本英香次長は21日の記者会見で、東京電力福島第1原
発で極めて高濃度の汚染水約100トンが漏れるなどトラブルが続いていること
について、「東電の安全文化や、事業者として対応能力があるのか議論になる」
と述べた。一方、再稼働に向けた安全審査の申請が出ている東電柏崎刈羽原発の
審査については「法に基づいて粛々としてやる」と、福島第1原発の対応とは切
り離す方針を示した。・・・・・また、今回の事故を国際評価尺度(INES)
で示すことが適切かどうかを国際原子力機関(IAEA)と協議することを明ら
かにした。規制庁は昨夏発生した大量の汚染水漏れ事故で、8段階で上から5番
目の「レベル3」になるとしたが、福島事故自体が最悪の「レベル7」とさ
れており、「整合性がとれない」などの意見がある。>
・・・・地図がついてます、危ない路線です。

こちらの事故も、起こるべくして起きた、
5.<マニュアルに電圧量記載なし 2号機の温度計故障問題>福島民友新聞 2
月21日(金)19時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00010018-minyu-l07
記事<東京電力福島第1原発の2号機原子炉圧力容器の底部に設置された温度計が
故障した問題で、東電は温度計の点検マニュアルに点検に必要な電圧の数値を記
載していなかった。・・・福島市で20日開かれた県廃炉安全監視協議会で東電が
明らかにした。・・・作業員はマニュアルに記載がないため、別の温度計にかけ
る電圧を故障した温度計にも適用した可能性がある。・・・>

次の記事、時間があれば検索を、
6.<“東電任せは限界” 福島第一原発の汚染水漏れ、海外メディアが警
鐘>NewSphere 2014年2月21日
⇒http://newsphere.jp/national/20140221-6/

被災地フクシマ、
7.<お粗末な対応に怒り 汚染水漏れ、あきれる避難住民>福島民友(02/21
09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0221/news8.html
記事<・・・・・「東電は一体、何をやっているのか」「放射性物質の濃度が高
過ぎる」。汚染水漏れが発覚するたびに「防止に万全を期す」としてきた東電に
対して、住民はいら立ち、発見が遅れたお粗末な対応にあきれた。・・・双葉町
から、いわき市の仮設住宅に避難する自営業松本正道さん(50)は「これまで
は汚染水が漏れていたと知るたびに何をやっているのだか、と思っていたが、今
回はあまりにも(放射性物質濃度の)桁が違い過ぎる」と怒りとあきれが入り交
じった表情を浮かべた。・・・「またか、という思い。あきれ返るしかない」。
楢葉町から、いわき市の仮設住宅に避難する主婦(70)は怒りを込め、「これ
だけ期待を裏切られると、本当はもっと漏れているのではないかと疑いたく
なる」と東電への不信感を口にした。>
7’.<東電対応に批判集中 県廃炉監視協、防止策緊急要請>福島民友(02/21
09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0221/news9.html
記事<県廃炉安全監視協議会が20日に福島市で開いた会議では、汚染水漏れの
危険性を事前に把握できたのに対策を講じなかった東電の対応に批判が集中し
た。協議会を構成する県や原発周辺市町村、専門家らの総意として、点検管理の
徹底など早急に再発防止策を講じるよう緊急要請した。・・・・・・>
7”.<福島第1原発:高濃度汚染水漏れ 東電不信さらに増幅 温度計故障も??
県が緊急部長会議 /福島>毎日新聞 2014年02月21日 地方版
⇒http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140221ddlk07040058000c.html
記事<県は20日午前、県庁で緊急の関係部長会議を招集。「本来閉じているは
ずの配管の弁が開いていた」との報告を聞いた佐藤雄平知事は「考えられない話
ばかり。何度も危機管理をしっかりするように言ってきたが、それに対して東電
が真摯(しんし)に対応しているかどうかだ」と話し
た。・・・・・・・・・・・東電の新妻常正常務は同日午後、急きょ県漁連の組
合長らが出席する県地域漁業復興協議会で経緯を説明。「汚染水の海洋への流出
はないが、(試験操業を実施している)重要な時期にこのような問題を起こし、
大変申し訳ない。汚染された土壌を回収するなど速やかに対応したい」と陳謝し
た。これに対し、いわき市漁協の矢吹正一組合長は「100トンもの汚染水が漏
れ出したというのはあ
ってはならない話。消費者の不安や風評被害を助長しないか心配だ」と話した。
また、相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は「こうも物理的、人為的なミスが続いて
は漁業者は納得できない」と憤りをあらわにした。>

8.<全損扱い賠償和解案 裁判外手続き、山木屋住民と東電に>福島民友
(02/21 09:00)
記事全文<東京電力福島第1原発事故で居住制限区域と避難指示解除準備区域に
指定されている川俣町山木屋地区の住民が原子力損害賠償紛争解決センターに和
解仲介を申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、同センターは、家屋な
どの財物を全損扱いで賠償する内容の和解案を提示した。支援する弁護団が20
日、発表した。
 弁護団によると、同センターは避難指示解除の見通しが立たず、除染作業も
進んでいないことなどから6年後も帰還は困難とし、全損扱いでの財物賠償を提
示した。このほか、農地について固定資産税の評価額を基準に算定した賠償、住
民の事情に応じた慰謝料増額も盛り込まれた。農地賠償についてADRで和解案
が示されたのは初めてという。賠償総額は約22億5000万円に上る。>

9.<来年の国勢調査 福島7町村人口ゼロに 交付税の減額懸念>河北新報
(2/21 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140221t61014.htm
記事<来年10月の国勢調査で、福島第1原発事故で全住民が避難している福島
県浪江、双葉、大熊、富岡、楢葉の5町と飯舘、葛尾の2村の人口が統計上ゼロ
になる可能性が高いことが分かった。各町村は「人口ゼロ」に伴って地方交付税
の配分が減らないよう国に求めている。国勢調査は5年おきにあり、前回
2010年の7町村の人口は計7万793だった。7町村は11年の原発事故で
全域避難区域に指定され、全住民が町外、村外に避難した。国勢調査は住民の現
住所を基に集計され、避難がこのまま続けば人口ゼロと算定され
る。・・・・・・総務省交付税課は「具体的には未定だが、財政運営に支障が生
じないよう状況や見通しを踏まえて対応したい」と話す。・・・人口ゼロは
2000年、三宅島の
噴火で全島避難した東京都三宅村の例があり、交付税の配分を減額しない措置が
取られた。>

10.<通行可能2ルート追加 県道・小野富岡線、いわき浪江線>福島民友
(02/21 09:25)
記事全文<政府の原子力災害現地対策本部は20日、東京電力福島第1原発事故
に伴う帰還困難区域の設定で分断されている国道6号と国道288号に限り認め
ている通過交通について、22日から県道小野富岡線(36号)、4月1日から
県道いわき浪江線(通称・山麓線、35号)のそれぞれ一部を通行ルートに追加
すると発表した。国道6号から県道小野富岡線に抜けるルート、国道288号か
ら県道いわき浪江線を経由するルートが追加される。両県道は常磐道の常磐富岡
インターチェンジ(IC)に接続するため、22日の広野-常磐富岡IC間の再
開通に合わせ、政府と県、関係市町村がルートを追加する方針で一致し
た。・・・通過交通が認められる対象は従来と変わらず、原発周辺12市町村の通勤
、通院に利用する住民、市町村職員、復旧・復興事業や除染に携わる事業者ら。
市町村が許可申請を受け付け、一定の裁量で判断して通行証を発行する。>

11.<南相馬市が集団移転先集約へ 計画地の11ヵ所、希望少数で>河北新
報(2/21 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140221t61009.htm
記事<福島県南相馬市は、福島第1原発事故の避難区域内の防災集団移転促進事
業計画を大幅に見直し、移転先を集約する方向で検討に入った。11カ所の計画
地の希望戸数がいずれも移転に必要な5戸に達しなかったためという。避難区域
の原発20キロ圏では、497世帯が津波で被災し、防災集団移転の対象になっ
ている。しかし、過去3回実施した意向調査では時間の経過とともに避難区域外
での住宅再建を望む住民が増え、11カ所いずれも移転計画が困難になっ
た。・・・・・・・>
・・・・時間の経過で、避難者の気持ちも変化。

12.<福島・相馬市で旅行代理店などに被災地を見てもらう取り組み>フジテ
レビ系(FNN) 2月21日(金)12時59分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140221-00000515-fnn-soci
記事<東日本大震災の津波の被害を受けた福島・相馬市で、観光の復活を目指し
て、旅行代理店などを招き、被災地を見てもらう取り組みを始めた。首都圏の旅
行代理店の担当者など、30人の一行は、震災から1年後に再開したいちご園で、
いちご狩りを体験した。また一行は、津波の被害を受けた沿岸部などを見て回っ
た。参加者は「(人を集められるツアーとして成立する?)目的をうまく絞られ
て、アプローチすれば、可能性はあると思います」と話した。一方で、参加者か
らは、原発事故の影響を心配する声もあり、相馬市などでは、意見を参考に、観
光の復活を目指すことになる。>

13.<EU食品規制、大幅緩和=静岡茶など検査不要に>時事通信2014/02
/21-22:52)
記事全文<【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州委員会は21日、東京
電力福島第1原発事故に伴う日本産食品の輸入規制を大幅に見直すと発表した。
輸出前の放射性物質検査を求めている福島など15都県産品のうち、東京、神奈
川の2都県産品や、静岡産の茶などについて検査を不要とした。施行は4月1
日。群馬、茨城、栃木、宮城、埼玉、岩手、千葉の7県に関しても野菜、果物、
畜産物、茶を検査対象から除外した。今後も検査が必要なのは、水産物や米、大
豆、そばなど。8万5000点以上のサンプルに基づく評価の結果で、EU当局
者は「大幅な(検査)品目数の削減だ」と説明した。>

14.<21日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定
値・放射性物質の検査結果(魚介類)・県内死者・行方不明者数>福島民報2月
22日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値
です。
・・・・・帰宅困難区域への一時帰宅で浪江町で雪のため中止とあります、太平
洋岸の浜通りでも大雪のよう、福島の被災者の避難先の中通りや会津での仮設暮
らしが大変そうです。

栃木県、
15.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞2月21日
17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140221/1512174
記事<▼空間放射線量率(21日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート
ル)・・・・・・・・>
・・・・・・大荒れの天候前の線量に戻りつつあります。

宮城県、
16.<8項目の独自調査を確認 廃棄物最終処分場問題で大和町議会特別委初
会合 3月末に中間集約>大崎タイムス2月22日付
記事全文<【黒川支局】指定廃棄物の最終処分場問題で、大和町議会の特別委員
会が20日、初会合を開き、隣接する王城寺原演習場など8項目について独自に調
査する方針を決めた。3月末までに中間取りまとめを行い、候補地の一つとなっ
た同町吉田下原地区が建設に適さないことを国などに訴える考え。特別委員会は
4日の臨時会で設置され、議長を除く全議員で構成している。調査項目は①王城
寺原演習場の状況や集団移転の経緯②水系(飲料水、農業用水)③自然環境(魚、
昆虫、動植物など)④遺跡⑤風評被害(観光、農産物、商工業)⑥小鶴沢処理場で
の受け入れ経緯⑦自然災害(地すべりなど)⑧その他-の8項目。>

神奈川県、
17.<福島・双葉町の前町長も講演、原発問題の記録映画/鎌倉>神奈川新聞
2月21日(金)20時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000023-kana-l14
記事<福島県双葉町の前町長・井戸川克隆さんを招いた講演とドキュメンタリー
映画「原発の町を追われて」の上映が3月1日、鎌倉生涯学習センター(鎌倉市
小町1丁目)で行われる。市民グループ「ぐるぅぷ未来」の主催。当日は、井戸
川前町長とのトークも予定。ぐるぅぷ未来代表の川瀬朋子さんは「原発の問題を
風化させず、皆で考え続けていきたい」と話している。>
・・・・井戸川元町長、動きが活発です。

横須賀、
18.<5隻目の懸案 横須賀の空母来秋交代> (1)今も続く部品の線量検
査>東京新聞2014年2月21日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20140221/CK2014022102000137.html
記事<福島第一原発事故直後、横須賀基地を緊急出港する原子力空母ジョージ・
ワシントン=201水素爆発した東京電力福島第一原発3号機に、陸上自衛隊ヘ
リコプターが水を空中投下した二〇一一年三月十七日昼。横須賀市内にいた記者
に、米海軍横須賀基地で働く日本人従業員の男性が電話をかけてきた。男性は緊
張気味に言った。
「空母が数日中に緊急出港します。理由は原発事故からの退避です」
◇東日本大震災から四日後の十五日、横須賀基地で定期修理中だった原子力空母
ジョージ・ワシントンの測定機が、原発事故に伴う低レベル放射性物質を検知し
た。県や国が横須賀市内に設置した測定機も〇・二一マイクロシーベルトの放射
線量を計測。通常の七倍の濃度だった。・・・・・・・原子力艦が外部の放射性
物質に汚染されると、艦内の原子炉周辺から放射性物質が漏れたケースとの判別
が難しくなり、船の運用に支障を来す。・・・・・・
帰港後の修理には、原発事故前にはなかった新たな作業工程が加わった。艦内に
外気を取り込む吸気系統のフィルターなどを交換する際、米兵が部品の線量を測
定し、放射性物質の付着を点検するようになった。・・・あれから三年。今では
吸気系の部品に異常は検出されない。それでも線量検査をやめない米兵に、ある
日本人従業員は「いつまで続けるのか」と尋ねた。米兵は答えた。・・・・・
「フクシマが収束するまでだ」・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・・米軍もフクシマの収束はしていないと・・・・・。

東京、
19.<ルワンダの学生、福島を訪問 除染作業、仮設の暮らし「自分の目
で」>東京新聞2014年2月21日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20140221/CK2014022102000120.html
日本とルワンダの学生間の交流を続けている「日本ルワンダ学生会議」が昨年十
二月、ルワンダの学生を福島県に招致し、原発事故の影響を視察した。今月二十
三日に新宿区の新宿NPO協働推進センターで報告会を開
く。・・・・・・・・・来日した四人は、東日本大震災と原発事故の勉強会に出
席した後、除染作業を見学し、仮設住宅で暮らす被災者と交流した。四人は「訪
れる前は怖くて仕方なかったが、自分の目で現実を見ることができた」などと感
想を話したという。・・・・・・・・・>

【埼玉】
20.<脱原発、秘密法廃止など訴え 浦和駅東口で「キャンドルナイト」東京
新聞2月21日
記事全文<市民団体「民主主義を求め続けるプロジェクト」が二十日夜、さいた
ま市のJR浦和駅東口で、脱原発や特定秘密保護法廃止などを訴えるイベント
「キャンドルナイト・アクション」を開催した。参加者たちは音楽をかけ、カラ
フルなペンライトを手に持って穏やかな雰囲気を演出。「原発は本当に安全なん
でしょうか」「知らないうちに戦争ができる国になってしまう」などと訴えた。
 同団体世話人の星丘匡史(まさぶみ)さん(47)=同市浦和区=は「民主主
義を揺るがす問題を話題にし続けたい」と語った。>

政府、
21.<岩手、宮城は3月完了へ=震災がれき処理-環境省>時事通信
(2014/02/21-17:44)
記事全文<環境省は21日、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島3県のが
れき1694万トンのうち、1月末時点で1613万トンを処理したと発表し
た。処理率は前月末比1ポイント上昇の95%。県別では、岩手97%、宮城
99%、福島68%で、岩手、宮城両県では、予定通り3月中に処理が完了する
見通しとなった。・・・津波で海岸にたまった土砂などの堆積物1084万トン
は、89%に当たる961万トンを処理した。福島県については東京電力福島第
1原発周辺は含んでいない。> 

政党、
22.<電事法改正案を了承 自民会議>日経 2014/2/21 12:20
0)
記事全文<自民党の経済産業部会と資源・エネルギー戦略調査会の合同会議は21
日、電力小売りの全面自由化を柱とする電気事業法の改正案を了承した。2016年
をめどに一般家庭まで含めてだれでも電気を売れるようになる。政府は早ければ
月内にも法案を閣議決定し、今通常国会での成立をめざす。政府は電力システム
改革を進めるため、電事法を3回にわたって改正する方針。今回の法案は2回目
の改正となる。>

23.<菅氏、元首相初の質問主意書>時事通信(2014/02/21-12:15)
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014022100455
記事<政府は21日の閣議で、原発再稼働と地方自治体が策定する地域防災計画
の関係について「防災計画は原発が再稼働するか否かにかかわらず作成される」
との答弁書を決定した。民主党の菅直人元首相が提出した質問主意書に答えた。
衆院事務局によると、首相経験者が提出するのは初めて。>

子供のケンカを仕掛けようとした側が、
24.<最終処分場「安倍総理のお膝元に」文言見直し決定>TBS系(JNN) 2月
22日(土)1時28分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140222-00000004-jnn-pol
記事<民主党の福島復興推進本部は、福島第一原発事故にともなう除染で発生し
た放射性廃棄物の最終処分場を「安倍総理のお膝元」に設置することを求める提
言について、文言の見直しを決めました。・・・・・・・21日の会議で「安倍
総理のお膝元」という文言を削除し、「原発輸出や再稼働にまい進する安倍総理
が自らの責任で福島県外設置に早急に対処すべきだ」という表現に変更すること
を決めました。・・・・福島復興推進本部は、この提言を党の政策などを決める
「次の内閣」に提出し、党として正式に決定したい考えです。>

電力会社、
【静岡】
25.<中電が連動地震評価せず 南海トラフのみで算出>中日新聞2014年2月21日
⇒http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140221/CK2014022102000103.html
記事<◆規制委指針 M9.6「影響小さい」・・・中部電力浜岡原発(御前崎
市)の4号機再稼働に向けた安全審査申請で、原子力規制委員会が津波対策の前
提として示した南海トラフと南西諸島海溝との連動による最大マグニチュード
(M)9・6の参考値について、中電側は「影響は小さい」として連動地震を事
実上評価していないことが分かった。中電が最大で海抜二一・一メートルとした
想定津波高は、M9・1の南海トラフ地震のみを前提に算出しており、地震の規
模は大きく異なる。・・・・規制委が公開した中電の申請書によると、津波の影
響を評価するプレート間地震の対象に駿河湾-日向灘の南海トラフ地震を選ん
だ。その理由について、津波痕跡の文献調査などを根拠に「南海トラフに加えて
南西諸島海溝が津波発生源となることによる(浜岡原発の)敷地への影響は小さ
いと考えられる」と説明。南海トラフ地震で「代表させる」として、連動地震や
M9・6の具体的な影響評価は掲載していない。・・・・中電はM9・1を前提
に海抜二二メートルの防潮堤建設を進めてきたが、地元住民らが中電に運転差し
止めを求めた訴訟の控訴審では、規制委が示したM9・6を根拠に住民側が「防
潮堤では安全を確保できない」と主張している。中電が安全審査を申請したこと
を受けて、東京高裁(滝沢泉裁判長)は二十日の進行協議で、中電に対し、住民
側主張への反論を含め申請内容を踏まえた準備書面を三月十四日までに提出する
よう要求した。・・・・・・>
・・・・・電力会社の驚きの認識です、浜岡では高い防波堤を建設中だが、自然
はそんな人口もものをあっという間に呑み込んでしまうのではないか。
こちらでも、
25’.<浜岡申請内容の書面提出求める 高裁が中電に>静岡新聞(2014/2/21
07:45)
⇒http://www.at-s.com/news/detail/947794197.html
記事<中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の運転差し止めを市民グループが求め
た訴訟の控訴審進行協議が20日、東京高裁(滝沢泉裁判長)で行われた。中電
が4号機再稼働の前提となる原発新規制基準への適合性審査(安全審査)を原子
力規制委員会に申請したことを受け、高裁は3月14日までに申請内容に関する
書面を提出するよう中電側に求めた。市民グループ側は、この日までに中電側が
申請に関連する書面を提出しなかったことに対して、「訴訟を軽んじている」と
批判した。一方、中電側は原発の耐震設計に関する原告側主張への反論書面を提
出し、「基準地震動に対し余裕を持った耐震設計を行っている」などと主張した。>
・・・・・真面目に対応して下さい。
関連記事、
25”.<第7次原告を募集 廃炉訴訟>静岡新聞(2014/2/20 07:52)
⇒http://www.at-s.com/news/detail/947793842.html
記事< 中部電力が浜岡原発(御前崎市佐倉)4号機について、再稼働の前提と
なる原発新規制基準への適合性審査(安全審査)を原子力規制委員会に申請した
ことを受け、同原発3?5号機の廃炉を求めて静岡地裁浜松支部で係争中の「浜
岡原発永久停止裁判・静岡県の会」は19日、新たに県内全域から第7次原告を
募集すると発表した。第1?6次の原告は計355人。県庁で会見した会長の林
弘文静岡大名誉教授は申請に抗議し、「1000人の原告団を目指し、再稼働さ
せないよう運動を盛り上げたい」と話した。第7次提訴は4月14日に行う予定。>

九州、
26.<玄海町の「ふるさと納税」 2億円突破>佐賀新聞2月21日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2637352.article.html 
記事<東松浦郡玄海町に本年度寄せられた「ふるさと納税」が1月末で2億円を
突破した。町の特産品を贈る「お返し」を充実させ、インターネットで簡単に申
し込めるようにしたところ、前年度の50倍近い額が集まり、個人町民税を上回
る規模に。ただ、「お返し」経費を差し引けば、町の収入になるのは半分程度。
町は「地域PRと地場産業の振興につながっている」というが、地方への応援も
「特典次第」という厳しい現実を映しだしている。
同町はこれまで、5千円以上の寄付者を対象に、和牛ハンバーグや野菜の詰め
合わせなど16種類から一つを選んでもらう2千円相当の「お返し」を行ってお
り、12年度に寄せられた寄付額は741件417万円と県内トッ
プ。・・・・・・・・・・・・・・・岸本英雄町長は「お返しは原発のある町の
イメージ以外に町の魅力を売り込むいい機会。お返し用に特産品を購入すること
で地域の活性化につながっている」と強調。寄付者を観光に呼び込むなど、ふる
さと納税で生まれた「縁」を活用した事業を模索しているという。>
・・・・・早く、脱原発を宣言すれば、もっと町のイメージはあがりますよ。
川内原発が立地するこちらの新聞は、
27.<[もんじゅ] 廃炉に向けた見直しを>南日本新聞2月21日付
⇒http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201402&storyid=54925
記事<・・・・・・・政府には減容化の実現で核最終処分地の選定に弾みがつ
き、もんじゅを存続できるとの思惑があるのだろう。そのために維持費だけで年
間約150億円かかる施設を残すというのでは、あまりに無駄が多すぎる。もん
じゅを運営する日本原子力研究開発機構に求められているのは、原発事故後の除
染や汚染水対策、安全で効率的な廃炉技術などを提供することだ。そのためには
多くの資金と人材が必要になる。不透明な政策決定で破綻した計画に、これ以上
資金を投入する余裕などないはずだ。>
・・・・・川内についても、何か書いてください、膨大な投資をしていますよ。

参考記事、
28.<(プロメテウスの罠)原発のごみ:11 本丸に挑む異端児>朝日デジ
タル2014年2月21日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10990505.html
原発事故1年前の2010年1月、国の原子力委員会の委員に、「全量再処理」
という核燃料サイクル政策に異論を唱えてきた、異端の学者が任命され
た。・・・・・民主党政権はエネルギー政策を白紙から見直すことにした。原子
力委員会も11年10月、原発と核燃料サイクルを経済性などの面から評価する
ための小委員会を設ける。鈴木がその座長となった。鈴木の考えは、経済産業省
や電力業界の「全量再処理」路線と対立する。対決は必至だった。鈴木への圧力
が強まっていく。>
28’.<(プロメテウスの罠)原発のごみ:12 よってたかって圧力>朝日
デジタル2014年2月22日05時00分
⇒http://digital.asahi.com/articles/DA3S10992607.html
記事<・・・・原子力の科学者、鈴木達治郎が座長を務めた原子力委員会の小委
員会は、原発と核燃料サイクル政策の今後に影響する重い役割を担っていた。そ
の小委員会の討議資料を整えるために、鈴木のほか、経済産業省の官僚や電力業
界幹部らによる準備会合が開かれることになる。この議事録などに、経産省や電
力業界がいかに鈴木に圧力をかけたかが残る。・・・・・・・・鈴木は素案に
「『全量再処理』を原則とする核燃料サイクル政策は変更されるべきものとす
る」と書き込んだ。これに経産省や電力業界がかみついた。>
29.<最終処分場の幻想=青野由利>毎日新聞 2014年02月21日 東京朝刊
⇒http://mainichi.jp/shimen/news/20140221ddm005070021000c.html
記事<英国のカンブリア州といえば風光明媚(めいび)な湖水地方でおなじみの
地域。ここが原発から出る核のゴミの最終処分場候補地となったのは2008年
のことだ。同州内の1市が手を挙げたのが始まりで、段階的に調査を進めてき
た。しかし、昨年1月に州議会が次の段階に進むことを否決。選定は白紙に戻っ
た。・・・・・・・・・現実は甘くない。政府が積極的にかかわったドイツでも
候補地が昨年白紙に戻り、米国でも選定が迷走。英国が公募にこだわるのも、以
前に適地選定方式で失敗したためらしい。一方、電力会社の適地絞り込みで決定
にこぎつけたフィンランドのケースもある。選定方法に定石はない。・・・・む
しろ、大事なのは住民の声をどうくみ上げるか。フランスには議員や環境団体
、医師らが自由に意見を交わす地域委員会の仕組みがある。英国には地元で情報
提供や討論会などを行う「パートナーシップ」制度がある。それでもなかなか前
に進まないのが実情で、日本は何周も遅れている。・・・・「国が選ぶ」と一声
叫べば前進すると思うのはただの幻想。住民の声を聞くための地道な仕組み作り
が先決だろう。(専門編集委員)

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では
3面に、
30.<【廃炉の課題 福島から】(3)ごみ 「捨て場」あてなく>西日本電
子版2014年02月22日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/32622/1/
記事<・・・・・・・・・汚染水対策や核燃料の回収という高いハードルを越え
た先には東海発電所とは比較にならない量の「核のごみ」が待ち構えている。>

そのすぐ下に小さく、1.の類似記事、
34面九州経済欄に、
31.<水俣で太陽光発電へ チッソ子会社>西日本電子版2014年02月22日 03
時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/32610/1/
記事<チッソの事業子会社JNC(東京)は21日、熊本県水俣市の社有地に大
規模太陽光発電所「八幡(はちまん)ソーラー発電所」を建設すると発表した。
出力は2600キロワット。年間発電量は一般家庭約800戸分に相当する
290万キロワット時。投資額7億円で、3月に着工し、12月に稼働を始める
予定。・・・・・・・・・・>

32.<「長崎での事業規模を5000億円に」 三菱日立パワーシステムズ社
長>西日本電子版2014年02月22日 03時00分 更新
記事<三菱重工業と日立製作所の火力発電設備事業を統合し今月発足した「三菱
日立パワーシステムズ」(横浜市)の西沢隆人社長が21日、主力工場のある長
崎市で記者会見した。西沢社長は2020年度までに事業規模を2兆円に拡大す
る目標を示し、「長崎だけで5千億円に伸ばしたい」と語っ
た。・・・・・・・・・・・・長崎工場について「蒸気タービンとボイラーを製
造する重要な拠点。長崎の事業を拡大することが会社の発展につながる」と位置
づけ、開発中の燃料電池は「17、18年ごろに利益が出る事業にしたい」と話
した。長崎工場の社員は2700人。 >
今朝の紙面は以上です。(2.22.6:17)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 崔 勝久 さんから:
安倍のポーランド訪問の意味すること。
日本はポーランドにも原発輸出をするらしい―メーカーはGE日立
http://oklos-che.blogspot.com/2014/02/blog-post_21.html?spref=tw

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
(雪の札幌からメールサービス 2014年2月21日 第404号)
--------------
反原発行動
--------------
■0309 NO NUKES DAY原発ゼロ☆大統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!
【日時】2014年3月9日(日)
【場所】日比谷野音(大音楽堂)国会議事堂周辺
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3996

■【連続シンポジウム】3.11から3年-
被害者たちの暮らしは、福島第一原発の現実は
【日時】2014年3月1日(土)18:00~20:30 
【場所】千駄ヶ谷区民会館(渋谷区神宮前)
http://2011shinsai.info/node/5110

■3・1 被害者証言集会 開催!
【日時】 2014年3月1日(土) 13:30~16:00(開場13:00)
【場所】 豊島公会堂(東京都 JR池袋駅東口から徒歩5分)
http://www.toshima-mirai.jp/center/a_koukai/

■2.22新宿デモ「子ども達を被ばくから守ろう!(仮称)」
【日時】2014年2月22日(土)13時集合、デモ前アピール 14時出発(予定)
【集合】 新宿東口 アルタ前
http://2011shinsai.info/node/5108

■金曜日 定例反原発抗議:首相官邸前 18:00-20:00 首都圏反原連
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4047

■金曜日 定例反原発抗議:道庁北門前 18:00-20:00 北海道反原連
http://h-can.net/

★ 井上澄夫 さんから:
21日の県議会百条委では仲井真知事の証人喚問がおこなわれました。

★ 吉田典子 さんから:
2月分の電気ご使用量のお知らせの裏を見たら、九州の再生可能エネルギーの導
入率が書いてありました。
地熱発電40%
太陽光 20%
風力 15%
11年から見れば、地熱発電を40%に増やした努力は、評価します。
一方で、再エネ賊課金(こういう名称だったでしょうか?)は、11年に初めて見た
時は5~6円でした。
2年ちょっとたった今は25円から30円になってます!!
原発事業者と太陽光発電事業者はバッテングしていると、山田征さんは早くから
指摘していました。
太陽光発電は、シリコン太陽電池に使う金属やレアアースの大規模な採掘が、環
境に大ダメージを与えるので、これ以上、増やせません。
太陽光パネルの製造に必要な3フッ化窒素は、強力な温室効果ガスの1つですか
ら、これも駄目。
なのに、太陽光発電事業に乗り出そうとしている人の多さ!
目先のボロい儲けを当て込んでるとしか思えません。
「世界がもし100億人になったなら」には、極端な節約生活に入る以外の方法
が、なぜ採用不可なのか解りやすく説明されてます。
化け猫バアサンは、出来る限りの節約生活を皆が実行すれば、少なくとも火山帯
に乗っている日本では、原発再稼動はしないで済むのでは、と考えています。
当たり前になっている快適生活を続ける為に、野放図に電気を使う生活は終わり
です。
出来る人は、地熱発電所の近くに引っ越して、送電による電気のロスを減らす事
に貢献すると、いいですね。
生産業者もお引っ越し!
御隠居世代、マイナーな温泉地へ集団移住!
人口を広範囲にばらせばリスクも分散できます。
こういう事を役所が主導すれば、病院その他も歩いて3分という滅法省エネで、
便利な街がすぐ出来ます。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子発行予告>●
ご支援よろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/yaaogi/
1000日目記念冊子、印刷会社に原稿渡したところです。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 原発労働者梅田裁判第9回口頭弁論 (301号大法廷)●
 2月26日(水)午後1時15分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1-1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会12:45~   〇入廷行進13:00~
   〇裁判開始13:15(口頭弁論)

  報告会と提訴2周年記念集会講演会 午後14時から
    <2012年に福岡地裁に提訴>
 場所:日本基督教団 福岡中部教会
    福岡市中央区大名2-4-36 電話:092-741-2420
地図:http://tinyurl.com/ks3j7o7
連絡先: (080-6420-6211・青柳)

講師:平野治和(ひらのはるかず)(福井市光陽生協病院院長)さん
福井民医連会長
福井市光陽生協病院院長
長く敦賀市や福井市で原発作業員の診療に携わり、
安定ヨウ素剤の普及運動など立地住民の健康問題にも積極的に取り組む。
著書に『原発銀座で輝け診療所』などがある。
講演内容
1、自己紹介;福井の原発と私のかかわった運動(ヨウ素剤普及活動)など
2、低線量リスク;肯定論文が増加しているがいくつか紹介しながら
3、被曝労働の実態;70年代若狭の日雇い原発労働の実態、福島に触れて
4、原発労働者の健康問題;循環器系リスクを中心に
5、まとめ

●「さよなら原発!福岡」例会 2月28日(金)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
   地図:http://tinyurl.com/mkzzusw
連絡先:(080-6420-6211・青柳)
<さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ詳細 http://tinyurl.com/l2vttdf

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
 3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 7399名 (2/20現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************

スポンサーサイト





修の呟き


<<○●「うつけんニュース」vol.26 | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1038目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1357-0b9d1d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)