FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1066目報告☆

2014.03.21(19:52) 1418

青柳行信です。3月21日。

『1000日目記念誌冊子』2/20
秋田さん10冊。中村さん2冊。 末永さん2冊。三木さん1冊。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1066目報告☆
  呼びかけ人賛同者3月20日3235名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月20日1名。
    元永愛菜
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
19日 松山にいきました。
瀬戸内海を見ながら思いました。
伊方も上関も とてもあぶない施設です。
瀬戸内海が 死んでしまいます。
原発は みんな 廃炉にしましょう。
あんくるトム工房
瀬戸内海に原発はいらない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2924

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆わが歌も大震災ゆへ目覚めたり「3・11スイッチャーズ」といふ
     (左門 3・21-602)
※東日本大震災以後「スイッチ」が入って行動した人たちのこと。
3月15日に諸宗教の人々の改革のことを詠みました。
各方面・各階層にスイッチが入り始めています。
元首相の小泉さん、現衆議院議長の伊吹さんたちにもスイッチが入りました。
良心(人間の心)を持っているひとには必ずこのスイッチが備わっているのです。
宗教的には「仏性」とか「神の似姿」と意いますが、埃が被っているか、やや錆
びているか・・・・。
風を起こし、潤滑油がとどけば「スイッチ・オン!」になります。
温か味のある風を起こし、癒し系の優しい油を注ぎましょう!
そして「3・11スイッチャーズ大連合」の輪をつなぎましょう!

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<川内原発は1.3時間で原子炉圧力容器の底が破れて、2時間で放射能漏洩>
について報告します。

岩波の「科学」3月号の井野博満先生や滝谷紘一氏の「不確実さに満ちた過酷事
故対策」の334ページに玄海原発3・4号機の事故対策シナリオの概要の流れ
図がのっており、約22分で炉心溶融、約1.4時間で原子炉容器破損が起きる
可能性があることが報告されました。
そこで、川内原発ではどうなるかを調べてみました。
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/data/0016_03.pdf
第16回原子力規制委員会の新規制基準適合性に係る審査の20ペーシに大地震
等で過酷事故が発生すると、川内原発は約24分で炉心溶融が始まり、約1.3
時間で原子炉圧力容器の底が破れて溶融した燃料が格納容器に落下を始めると報
告されています。
福島第一原発の1・2・3号機は必死で緊急炉心冷却装置を動かし続けたので、
原子炉圧力容器の底が破れて溶融した燃料が格納容器に落下を始めるまでに、1
号機は12時間、2号機は75時間、3号機は42時間あったので、原発周辺の
住民が避難するまでに、幾らかは時間が有りました。
しかし、九電の川内原発は過酷事故が発生しても、緊急炉心冷却装置は動かさず
に、格納容器下部に緊急に大量の水を溜めて、原子炉圧力容器の底が破れて落下
し始めた溶けた燃料は水に落としこんで冷やす方法を取っています。
 そのために、1.3時間で原子炉圧力容器の底が破れますが、大量の水の中に
2800℃の溶けた燃料を落とし込むので、水蒸気爆発が起きる可能性が高く、
2時間後には格納容器や原子炉建屋が水蒸気爆発で無くなる可能性があります。
大地震が起きて、2時間後に放射能が原子炉から大量に拡散したら、拡散に
1~2時間程度かかるにしても、30キロ圏内の住民は4時間程度で避難できる
のでしょうか。

★ 金信明 さんから:
友人からのメールで知りました。

内海 信彦 さんが2011 内海組に投稿しました
Nobuhiko Utsumi 2014年3月20日 18:41
『3月11日 報道ステーション、みなさんご覧になりましたか?
鎮魂ムードの他局を抜いて、日本で言及してはいけないタブーとされる、放射能
と病気の因果関係に切り込みました。
小児甲状腺がんが、福島で発症していることさえ知らない日本人が多かったと思
います。

まあ、とにかく、すごい反響で、ネットに誰かが動画があれば、すぐさま削除さ
れるというイタチごっこが続いています。
動画はものすごい勢いでチェックされて消されていくので文字起こししてくだ
さったかたのブログをあげました。
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/d55fa38c905cfc63498e6a0f99a0be30

私が番組見ていて、感じたのは、お母さんや子どもさんのインタビューを聞いて
いたら、非人道的で、本当にこれ、日本の話なんだろうか、と思います。
しかし、現実なんですね。医療は、患者の心にはよりそわず、決定したことだけ
を伝える。上意下達。
これが旧ソ連でなく、日本の原発事故で子どもたちの体調を心配している人たち
に対する日本政府の対応なんだとぞっとしますね。』
山田 義範さんより
報道ステーションのタブー破壊
http://www.kakehashi.or.jp/?p=10097

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
取りあえず、目に入った記事をざっとあげてみました。

1.<宮崎県は九州で最後 原子力災害対策策定>宮崎日日新聞2014年3月20日
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_4739.html
<19日に地域防災計画に原子力災害対策編を策定した宮崎県。九州7県の中で
みると、策定は最後となった。県内では全26市町村のうち延岡、日向、串間市
は「新設する方向で検討」としている。その一方で、3市以外は「県の内容を確
認して策定する」か「検討する」にとどめている>

原発労働、
2.<原発作業で悪性リンパ腫 神戸の男性労災認定 厚労省>神戸新聞2014/3
/20 07:10
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201403/0006792558.shtml 
関西電力の下請けとして福井県の美浜原発などで27年間働き、悪性リンパ腫を
発症した神戸市内の男性(62)の労災申請に対し、厚生労働省が昨年12月、
労災認定していたことが19日、分かった。病気と放射線被ばくに因果関係を認
めたとみられるが、悪性リンパ腫は国の労災認定基準に含まれておらず、今後、
対象疾病の拡大につながる可能性がある。・・・放射線影響協会(東京都)によ
ると、原発関連施設で働く人に発給される「放射線管理手帳」の登録者は約48
万人(死亡者を含む)。一方、労災認定された作業員は今回を含め過去37年間
で13人にとどまる。・・・・・・悪性リンパ腫は白血病と並ぶ「血液のがん」
で、放射線に起因するとみられているが、白血病とは異なり国の基準外。時
間がかかる個別審査が必要で、これまで4人が労災認定されている。厚労省は今
回の認定について「個別ケースには答えられない」としている。藤原弁護士は
「福島原発事故で被ばく労働が注目されるようになったが、下請け作業員は以前
から高線量の被ばくを余儀なくされてきた。放射線起因性の病気について、国は
積極的に労災認定すべきだ」としている。>

国会、
3.<健康管理で子守って 福島放射線被害 田村氏が要求 参院復興特>しん
ぶん赤旗3月20日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-20/2014032004_02_1.html
田村智子議員は18日、参院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第1
原発事故による放射線被害から子どもを守るために国が健康管理に責任を持ち、
保護者の不安にこたえるよう求めました。
福島県は原発事故を踏まえ、事故当時に18歳以下だった全県民を対象に甲状腺
検査をしています。対象の29万人のうち27万人が2月7日時点で検査を受
け、小児甲状腺がんが33人、がんの疑いありが41人と診断されました。
田村氏は、この診断結果を示して「子どもの甲状腺がんは通常、100万人に1
人とも言われる。国として重大な関心を持つべき結果だ」と認識を問いました。
浮島智子環境大臣政務官は「原発事故によるものとは考えにくい」と答えました。
甲状腺検査を受けた本人や保護者からは、結果の十分な説明がないと不安の声が
あがっています。画像判断の結果は後日送付されますが、「(がんに至らない)
結節で5ミリ以下、のう胞で2センチ以下なら、その結果と、2年後に検診する
ようにと書かれているだけ」(田村氏)です。
田村氏は「画像を見ながら医師の説明を受けたいという思いは当然だ」と丁寧な
説明を要求。・・・・福島県境に接する宮城県丸森町など、福島県外の住民につ
いても国が健康検査に責任を持つように求めました。>

被災地フクシマ、
4.<たった1人の卒業式=原発事故の影響で休校に-「いつか新入生を」・福
島の小学校>時事通信2014/03/20-12:41
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014032000056
<・・・・・福島第1原発事故などの影響で児童が減り、6年生1人だけになっ
ている福島市の大波小学校で20日、卒業式が開かれた。来年度の入学予定者は
別の学校に通うことを希望し、児童数がゼロとなるため、同校は4月からの休校
が決まっている。・・・・・・2011年3月の原発事故直後、30人いた児童
は自主避難や卒業などで激減し、今年度は佐藤君だけに。周辺地区は早期に除染
が行われ自主避難者も戻ってきているが、少人数教育の影響を心配し、子どもを
学区外の大きな学校へ通わせる人が多いという。阿部正明校長は「事故がなけれ
ば小規模でも学校を維持できたはずなのに」と悔しさを口にする。・・・・>

5.<福島のワタムシに形態異常 回復の兆しも、北大調査>西日本2014年03月
20日 21時39分
記事全文<福島第1原発から北西約32キロにある福島県川俣町山木屋地区で採
取したアブラムシの仲間「ワタムシ」の2012年の調査で、高い確率で異常が
確認されていたことが20日、分かった。北海道大の秋元信一教授が調べた。秋
元教授は「13年の調査では回復の兆しがみられた。モニタリングを継続した
い」と話している。ワタムシは体長約3~4ミリで羽があり、複数の植物に寄生
するのが特徴。 秋元教授は12年6月、山木屋地区で、原発事故後初めての交
配により、木の枝でふ化した「オオヨスジワタムシ」を採取。死骸を含む167
匹のうち、13・2%に脚が壊死するなどの異常があった。>

6.<「除染作業員」滞納相次ぐ 国保税、転居し連絡取れず>福島民友(03/20
09:50)
記事全文<二本松市など県内で行われている除染作業で、国民健康保険に加入し
た作業員の一部が居住している市町村に納めなければならない国保税や住民税な
どの税金を滞納したまま所在不明になり、市町村が徴収できないケースが相次い
でいることが19日、分かった。福島民友新聞社の取材では現在、中通りと浜通
りの5市村で確認され、さらに拡大する可能性がある。
二本松市では、国保税滞納分の督促状が作業員に届かずに戻ってきたことをきっ
かけに、滞納の実態や背景などが見えてきた。対象者は複数で同じ住所。職員が
調査してみると、住所は国直轄除染を請け負っている大手建設会社でつくる共同
企業体(JV)の作業員宿舎だった。市によると、複数の滞納者は住民票を同市
に残したまま連絡が取れず、国保税は未徴収のままとなっている。個人事業者や
無職者らが加入する国保は、市町村が運営するため、加入するにはその自治体に
住民票を移す必要がある。市町村の国保財政は総じて厳しく、未徴収が増えれば
加入する住民にしわ寄せがいく。>
・・・・・除染労働の不安定さを物語る、相当の被曝もしているはずだが。

7.<20日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報3月21日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・・富岡町、関連死5人認定、という記事があります。類型が1679人に。

栃木県、
8.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞3月19日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140320/1539442
<▼空間放射線量率(19日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) ・・・・・・・>
・・・・また、数値が上がっているところがあります。


福島第1の現場では、
9.<浄化タンクに汚染水流入 第一原発ALPSトラブル>福島民報2014/03
/20 08:07
http://www.minpo.jp/news/detail/2014032014599
<福島第一原発の汚染水から大半の放射性物質を取り除く多核種除去設備
(ALPS)の除去能力が低下したトラブルで、東電は19日、ALPSで浄化
した水を保管していた地上タンク21基に高濃度の汚染水が流れ込んだ可能性が
あると発表した。タンク内の合わせて約1万4700トンの水が汚染した恐れが
ある。ALPSの復旧の見通しは立っておらず、4月中の本格運転は厳しい状況
となった。
■来月中の本格運転厳しく・・・・・・・・・・>
・・・・・昨日の4’.の記事の続き、21基のタンクに流入は確定!

規制委、
10.<福島廃炉「トップ関与継続を」=東電社長と面談-規制委員長>時事通
信 03/2020:25
記事全文<福島第1原発の汚染水問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は
20日、東電が昨年11月に示した対策について広瀬直己社長と面談し、進捗
(しんちょく)状況の報告を受けた。田中委員長は東電が廃炉事業を社内分社化
する計画を踏まえ、「全体的には強くなっている。組織がどういう形になって
も、トップマネジメントでやってほしい」と述べた。
東電は昨年11月、相次ぐ汚染水漏れなどの対策として要員の増強や待遇改善、
放射線量低減などを示した。面談では休憩所の増設や、がれきの撤去など4カ月
間の進捗状況を報告。広瀬社長は「あらゆるリソース(資源)を最大限に投入し
ないといけない」と述べた。>

電力会社は、
11.<電力各社の賠償負担1630億円 13年度は大幅増> 【共同通信】
2014/03/20 21:58
記事全文<原子力損害賠償支援機構は20日、東京電力福島第1原発事故の賠償
に充てるため電力各社から徴収する「一般負担金」を、2013年度は前年度の
約6割増に当たる1630億円と決めた。東電だけが支払う「特別負担金」はこ
れまで免除していたが、初めて271億円を徴収する。機構は同日、政府に認定
を申請した。政府は月内にも認定する。電力会社の赤字幅が縮小し経営改善の兆
しが見られることから、賠償を円滑に進めるため徴収額を大幅に上積みした。機
構に新たに加わった廃炉業務の費用も考慮した。前年度の徴収額は1008億円
だった。

東北電力、
12.<東北電、直江津の火力計画縮小へ 19年度着工 144万キロワット
から60万キロワット級に>新潟日報2014/03/20 11:57
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20140320101609.html
<東北電力(仙台市)が上越市の直江津港に2019年度の着工を目指し準備を
進めてきた火力発電所について、出力を同社最大級の144万キロワットから中
規模の50~60万キロワット級に縮小する方針であることが19日、分かっ
た。当初予定した規模では、建設に向けて予定される入札で自社が不利になる可
能性があるため。近く公表する電力供給計画で示す見通し。・・・・・・・・・・・
電力会社が火力発電所の新増設や改修を計画する場合、発電コストを下げて電気
料金の抑制につなげるため、経済産業省の指針は電力会社に原則として入札の実
施を求めている。
入札は、電力会社が予定する供給電力量を示して事業者を募り、自社も応札でき
る。供給電力量144万キロワットで入札を実施した場合、低コストな発電施設
を計画する他社が落札する可能性があり、東北電は50~60万キロワット級で
あればコスト競争力があると判断したとみられる。
また、東北電管内の電力需要が伸び悩んでいることも背景にあるとみられる。
直江津港埋め立て地への発電所建設をめぐっては、東北電と中部電力(名古屋
市)が1995年、共同出資で「上越共同火力発電」を設立し、立地を計画。需
要動向の変化などから共同火力は03年に解散したが、両社はそれぞれ計画を維
持してきた。
埋め立て地では、中部電が上越火力発電所を建設、12年から順次運転を始めて
いるほか、国際石油開発帝石(東京)のLNG受入基地が昨年12月から稼働し
ている。>

13.<東新潟火力発電所で蒸気漏れ 運転を停止、復旧のめど立たず>新潟日
2014/03/20 23:41
記事全文<東北電力(仙台市)は20日、東新潟火力発電所港2号機(聖籠町、出
力35万キロワット)のボイラーで蒸気漏れが発生し、運転を停止したと発表し
た。停電などの影響はないという。東北電力新潟支店によると、20日午後8時半
すぎ、燃料の液化天然ガス(LNG)を燃やすボイラーから異音がし、蒸気が漏
れているのを巡回中の社員が発見した。原因は調査中で、復旧のめどは立ってい
ない。>

中部電力、
14.<海水混入時の状況、外部委員会に説明 中電>静岡新聞(2014/3/20
08:05)
記事全文<2011年5月に中部電力浜岡原発5号機(御前崎市佐倉)の復水器
から海水約400トンが流入したトラブルで、中電は19日、海水が入った設備
の点検や健全性の評価について意見を聴く外部委員会の第5回会合の議事要旨を
発表した。会合は東京都で10日に開かれ、非公開だった。
中電によると、中電担当者が海水混入時に原子炉圧力容器内に入っていた燃料や
原子炉格納容器下部に位置する圧力抑制室内の点検状況などを説明した。圧力抑
制室内の配管4本の一部に見つかった帯状の塗装の剥がれや腐食については、配
管として必要な厚さは確保されているが、当初の厚さの半分程度になっている部
分があるため、部分取り換えを行う計画も報告した。
1、2号機の使用済み核燃料を5号機の燃料プールに移す作業の関係で中断して
いた5号機の原子炉圧力容器内の点検は、燃料の搬入が終了したため、点検再開
に向けて今月末から圧力容器や格納容器の開放作業に着手するという。委員会は
大学教授ら専門家9人で構成している。議事要旨は中電ホームページで公表して
いる。>

政府は、
15.<地層処分、適地は「広く存在」=放射性廃棄物で報告案-経産省部会>
時事通信03/2019:24
<経済産業省の地層処分技術作業部会(委員長・杤山修原子力安全研究協会研究
所長)は20日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物を地中に
埋める「地層処分」の安全性に関する報告書案をまとめた。処分場に適した地域
は「わが国にも広く存在する」との見解を示している。ただ、具体的な地域名に
は言及していない。意見公募を経て、4月に正式決定する。>
・・・・・・言うはやすし。

16.<食品の放射性検査対象3割減に セシウム、4月から>共同通信2014年
3月20日)
記事全文<東京電力福島第1原発事故を受け、東北や関東などの17都県が実施
している食品の放射性セシウム検査に関し、政府は20日、対象食品の見直しを
発表した。これまでの検査結果を踏まえ、果実や魚類などの一部を原則として除
外する。4月以降、検査が必要な食品は98品目・類から約3割減の65となる。
引き続き検査対象とされるのは、昨年4月から今年2月までに国の基準値の2分
の1を超えたことがある食品など。今回の対象見直しで、果実類ではミカンやカ
キ、ブルーベリーなど、魚類ではアンコウ類やウニ類など、肉類では豚肉と馬肉
が検査対象から外れる。>
・・・・・こちらは手抜きです。

参考記事、
17.<(プロメテウスの罠)内部告発者:17 隠蔽体質を証言>朝日デジタ
ル2014年3月20日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11038862.html
<◇No.865 内部告発者となったデール・ブライデンボー(82)は
1976年2月18日、米議会の原子力合同委員会に呼び出された。告発の内容
の証言を求められた。76年、アメリカの原子力は大きな曲がり角を迎えてい
た。・・・・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、jフクシマ・原発・電力の関連記事は見当
たりません。
一面トップに、
<原爆症新基準超え認定 大阪地裁4人、見直し後初>
今朝は以上です。(3.21.4:57)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf@yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば921日目 テント日誌 3月19日(水)商業用原発停
止185日目

春一番がきて、お彼岸も近いテントであるが…

「3・11」から三年が過ぎた。この時間がとても速いものだった、という実感
はするのだが、これがどういう速さなのかはわからない。僕の時間感覚にある種
の変化があることは確かなのだが、これが年齢からやってくるものなのか、歴史
的なものなのかは判断しかねているからだ。「3・11」からの三年目ののだ
が、なにかしら奇妙な矛盾を感じている。原発震災のことを思えば「3・11」
はいまだに進行形である。しかし、これが何処か遠のいた存在になってきている
ことも確かである。「3・11」がメモリアルデーとして喧伝されることで思い
だすことはあっても、日常的には段々と思いだすことも少なくなってきているの
だ。もちろん、これは大震災から場所的(空間的)に距離もあり、直接的な被災
の少なかったところにある一都市住民の心象風景であり、被災が生々しくある
人々のものではない。こういう限定でのことだが、「3・11」は急速に関心が
遠ざかっている。こういう実感を持たされているところもあるのだ。

「3・11」が僕らにどんな深い衝撃がもたらしたものであれ、時間はそれを薄
めて行く。時間が経てば経つほど僕らの関心は遠いものなる。これは僕らが受け
止めた衝撃という反応がそのまま続くものではないことによっている。これは多
くの事件に出会う場合の僕らの心的過程であり、それ自身は自然過程というべき
ところを含んでいる。一般化していえばそうなっていくものとも言える。しか
し、この衝撃は薄められ関心から遠のいて行くようにあるほかないものだとして
も、他方でそのことに違和というか、やりきれなさも感じている。健忘症のよう
に忘れて行くことに何か抵抗のようなものを持ってもいるのだ。この事件は関心
を持続されていてしかるべきだという内心の声があるのだ。この声を裏切ってい
る思いもしている。このところの自問自答にはうまく応えていない。これはなん
なのだろうかという疑念の中でこのことを考えている。こうした中で、ただ、原
発震災に対する関心は別の形で持続している、

『3・11』の後に、僕らは言葉を失うような経験をしたのだが、日常の回復とと
もに言葉は回復し、あの経験は言葉の向こうに沈められたままになっている。
「3・11」は自然災害という以上の言葉は深まらないでこころの底に沈んでい
る。こうした中で、「3・11」がこれまでの多くの災害や震災とちがっている
ところがあるとすれば、これには原発震災が存在していることだと思える。言う
までもなく福島大原発の事故であり、それは収まるどころか、現在の放射能を放
出し続けており、行き場のない汚染水を溜め続けている。この存在は「3・
11」を「自然災害」として見過ごすことに異議を呼び起こす基盤をなしてい
る。僕らにとってこれは救いであるのかもしれないが原発問題だけではなく
「3・11」のことを忘れさせない内心の声としてもいく分かは機能する。

原発震災は自然災害として時間のなかでの風化を許さない。原発震災の情報を沢
山あるが、一番肝心の情報は隠匿されていて、僕らには不透明感を持たされてい
る。これは原発震災(原発事故)以来の情報に対する不信から来ている。これは
情報の元をなす部分が原発再稼動という目的から、情報を操作しているのではと
いう不信である。この不信にも関わらず僕らの原発への関心は風化していない。
政府の再稼動の動きにたいしてどこまで異議申し立てと抵抗が出てきて続くかに
不安はあっても関心は薄められても遠のいてもいない。官邸前抗議行動やテント
を訪れる人が減ってきても、これは違うことだ。契機さえあれば、官邸前行動は
盛り上がるしテントも賑やかになる。

これは脱原発の運動の可能性であり基盤であるが、政府や官僚たちが一番不安を
いだいているところでもある。「3・11」から三年目を迎えて政府や官僚など
は原発震災も一種の自然災害とみなし、そこからの復興や復旧の現状を無視し
て、それ以前の状態に原発を戻すことにやっきになっている。再稼動―原発保持
というシナリヲを現実化したいのだ。でも、彼らもまた、原発問題に対す国民的
な関心の行方は判断しかねている。それは僕らが想像する以上に大きい。メデイ
ア等に対する権力の統制は細かく行きとどくようになってきているが、国民の原
発への関心は薄められても遠のいてもいない。そこの可能性に夢をたくしテント
の前で風に煽られながら座っている日々だが、本当に何が出てくるのか。これは
分からないけど、期待しえることだ。

再稼動の候補地になっている地方からの反応がいろいろと聞こえてくる。「伊
方」から「川内」、それぞれの地域からの声が多く届くようになった。あの大飯
原発再稼動時をどう乗り越えたれるか。それらの声をテントからも届けられたら
と思う。春とともにこの声を多く届けたい。(三上治)

4月23日(水)テント裁判第6回口頭弁論(14時~15時)。13時東京地裁前結集
を。16時~報告集会(参院会館講堂・村山智・人見やよい・河合弘他)    
 4月2日(水)第7回東電本店合同抗議(18時30分~20時)テントひろば他

★ 前田 朗 さんから:
国連に日本のヘイト・スピーチを訴える
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_19.html

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
 3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 7568 (3/20現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
aoyagi@tent-hiroba.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<「うつけんニュース」vol.32 | ホームへ | 恥ずかしい日本大使の事実誤認 独紙上での日中大使論争>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1418-d41eb6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)