FC2ブログ

タイトル画像

NNNドキュメント「南京事件Ⅱ~歴史修正を検証せよ~」について

2018.05.16(08:11) 14278

第2583目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 永山 さんから:
[somloita:74]
NNNドキュメント「南京事件Ⅱ~歴史修正を検証せよ~」について

重複して受け取った方お許しください。
すでにご覧になった方もおられるかもしれませんが…。
私はあいにくとテレビ放送で見ることは出来なかったのですが、
標記の映像が、
http://www.dailymotion.com/video/x6jhn9a

にアップされています。
私も昨日見ました。
併せて2015年に放送された「NNN ドキュメント '15 南京事件
兵士たちの遺言」もみることができます。
まだ見ていない方是非ともご覧ください。
讀賣ですが、日本テレビが制作したものです。

再放送の予定だそうです。
 5月20日(日)11:00~ BS日テレ
 5月20日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」
スポンサーサイト


修の呟き


<<*九電の信頼回復は?「やらせメール問題」7年 “安全”へ住民には不安も 16日に玄海3号機通常運転へ | ホームへ | <第23回総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会1>>>
コメント
終戦時に燃やされた陸軍資料、地下2メートルで発掘されたというのに、全体に土もないし、形が残っているのは変です。

南京事件に関係する文書には、日付に大字を使う例が、多発します。
しかし、その他の状況で書かれた、戦争に関係のない日用文では、日付に大字を使った例は、一例もありません。

日付の大字だけで、これらの文書の真正を疑うのは、困難かもしれません。
しかし、南京事件文書群における、この非常に顕著な、異例の傾向は、疑ってみるべきです。

秦郁彦『南京事件ー虐殺の構造』中公新書p131、現物写真版「井家又一日記」は贋作です。南京事件当時の日本人は、このような古い文字は使いませんでした。

冒頭文中の「志満っ多(しまった)」はありえません。  
 漢字の意味は「志(こころざし)満つること多し」です。  
 虐殺証言なのに、文字が「めでたい」と微笑みかけているようです。

その問題点は多すぎます。草書変体仮名解読者が、握りつぶしたとしか考えられません。

これほどの疑惑文書を握りつぶしたならば、他の文書の些細な疑問点を咎めるはずもなく、
したがって関連文書のすべてを疑うべきです。番組に出てくる日記も例外ではありません。

どうしてこんなことが起きるのか。仮説ですが、
第二次世界大戦中、元々は中国発だった対日ニセ情報工作に、連合国国家群が便乗したのです。

日本軍の残虐行為がねつ造され、連合国で喧伝され、それを利用して、
アメリカの対日残虐行為(つまり日本全土の一般人標的の無差別空襲、原爆投下)が正当化された。

敗戦時は、戦勝国が何でもやりたい放題だった。
罪をでっちあげ、戦犯として処刑するなんてことは、簡単だった。

ねつ造した罪の軽減、待遇改善、解放、これらとの交換条件として、
暴力を背景に、多くのニセ情報工作の工作員を仕立てた。

こうして多くの軍関係者等、上層部が、ニセ歴史容認・宣伝担当者となった。
映像に出てくる元兵士たちも、そういう人たちかも知れない。

その後もニセ情報工作員養成は続いている、と、こういう仮説です。

中国は恐ろしい国です。

池上彰『そうだったのか!中国』によれば、
中国共産党は、1950年の建国時に、70万人もの人を公開で処刑。

 *(明治以降の日本では、権力者が、非武装の同国人を、
   人前で処刑したりしたことはない。)

毛沢東の大躍進政策の時には、4千万人という膨大な餓死者を出した。
1966年から1976年までの文化大革命の時には、大混乱の中で、50万人が犠牲になった。
1989年の天安門事件では、人民解放軍が、 一般市民を1000人以上殺害した。

 *(日本は戦中戦後の飢餓を克服し、安定した平和な国を作った)

中国には思想犯・政治犯に対する強制収容所・強制労働がある(Wiki)。
情報統制・言論弾圧の国である。

*(誰が本当のことを言うでしょうか・・・)

こういう中国の政治環境は、「人は正直に話をすることが出来ない」
「虚偽・贋作を強制されたら、やるしかない国である」ということを証明するだけです。

中国はどう信用したらいいかわからない国です。日本は、中国社会のようにならないで欲しい。

『中国の歴史認識はどう作られたのか』2014東洋経済新報によると、
1992年以来、中国共産党の最大級の国策の一つとして、歴史認識問題(南京大虐殺・反日扇動)があるらしい。
日本の14倍の人口で活動していることです。乗せられてはなりません。
【2018/05/25 09:39】 | 2018五月 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/14278-4bbe6563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)