FC2ブログ

タイトル画像

修の呟き

2014.04.19(18:42) 1477

F1000003.jpg
EPSON093.jpg
 今日、私の64回目の誕生日で、多くのFBからお祝いのお言葉をいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。シェアが多くて、FBのみなさんにご迷惑をおかけしているのではないかと心配しておりますが、今後ともよろしくお願いします。
 さて、今日の午後はつれあいと、有明海再生をめざす4県漁民のつどいに参加してきました。4月11日に漁民原告が申し立てた福岡高裁開門確定判決不履行に対する間接強制が佐賀地裁から出され、馬奈木昭雄弁護団長や堀良一弁護団事務局長からその後の状況などについて説明がありました。馬奈木団長は「まず現在出ている被害をなくす。被害を出さない開門を目指す」ことを強調され、国の対応について、法を無視した「無法者」と批判されたのが印象的でした。堀事務局長からは干潟を活かした諫早のまちづくりの展望について問題提起がありました。
 漁民の参加は4県からあったものの、残念ながらアサリの収穫など生活を守るための仕事で参加人数は少なく、寂しくもありました。なかでも、長崎県の小長井漁協の組合員は17日に大目の雨が降り、諫早湾干拓地の調整池から大量の汚染水が潮受け堤防から有明海に放流されたためにアサリが瀕死の状態のために早急な収穫が必要となっているという報告もありました。
 今後の日程として、21日に福岡高裁で午後3時から控訴審、23日には漁民が上京して国会行動、5月13日には諫早市で農水省との意見交換などが予定されています。また22日には3県漁連が九州農政局に対して抗議行動を熊本市で繰り広げます。
 最後にみなさんにお願いです。開門確定判決が決定した際に、専従者の活動や漁民の上京費用などを支えるために「よみがえる!有明海訴訟基金」を設けました。昨年12月に開門し、今年3月には運動を終えるという想定で基金を設けていたため、この3月で終了してしまいました。
 このため、引き続き強力な運動展開が必要で財政支援を強めるため、改めて「よみがえれ!有明海訴訟基金」を募ることになりました。基金に賛同いただいた方のうち希望者にはMLに入会いただき、最新情報(裁判、政治、集会、報道、現地調査などの情報)をメールでお届けします。
 基金は賛同していただいた方に毎月1口1000円をご入金いただくというものです。期間は基金解散時までとし、途中解約も可能です。はじめに必要な手続きをしていただきますと、以後自動的に口座引き落としがされ、特別な手続きはいりません。ご賛同される方は必要書類を送付しますので、よみがえれ!有明海訴訟を支援する会、電話0952-25-3121までご連絡ください。
 よろしくお願いいたします。
 
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1096目報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1095目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1477-143793a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)