FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1190日目報告☆

2014.07.23(18:42) 1714

青柳行信です。7月23日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!
場所:JR川内駅西口駅前広場 13:00集会 地 図:http://tinyurl.com/jvgfou3

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1190日目報告☆
呼びかけ人賛同者7月22日3510名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】7月22日3名。
  金城明美 住吉法彦 大場剛利
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまでした。
原発再稼動、オスプレイ配備、集団的自衛権
片づけないといけない問題が次から次へと現れて、こちらからは、お休みしたいとは
言えません。「無理をしないで、やっていきましょう
 あんくるトム工房
原発再稼動反対を   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3108
してはいけないこと  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3109
オスプレイ 来るな! http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3107

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆原発の役人はニギニギをよく覚え 死出の旅路の餞なるに
      (左門 7・23-727)
※「原発利権を追う 裏金システム」(朝日新聞 7月23日より始まる)。
《「二人の議員側に1億4000千万円」「裏金なくなる時代来ない」「裏金の
支出先は政界対策にとどまらない。地元対策・・・・、地元漁協の反対派の切り
崩し工作、賛成派のつなぎとめ工作に盛んにおこなった・・・・。94年には中
部電から計15億円の漁業補償金が支払われ、元町議、元漁協幹部らは、「中部
電に飲食費をつけ回すことも日常的だった」・・・・。中部電が建設会社に工面
させ、簿外で管理してきた裏金は使い道が追い切れないほど様々な場面で投入さ
れた」》。江戸時代は「役人の子はにぎにぎをよくおぼえ」と批判されたので
あったが、原発関連の「ニギニギ」は「地球衰滅」の手助けをしていることを知
らないのが恐ろしい。規制委員会にまで裏金工作が舞いかかるのだから、「世も
末」なのか???

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
川内原発の審議書案の過酷事故対策の個々の問題(1)

<川内原発の過酷事故対策でチェルノブイリ級事故が起きるかどうかの審議をし
ていない>を報告します。

福井地裁の大飯原発運転差し止め裁判では、大飯原発の運転を行うと、チェルノ
ブイリ級の事故が起きる可能性が高く、避難区域範囲が250kmの範囲に及ぶ
ので、大飯原発運転差し止め判決を行いました。

しかし、原子力規制委員会の新規制基準に係わる適合性審査では、九電の川内原
発過酷事故対策で、チェルノブイリ級事故が起きるかどうかの審議をしていません。

九州電力が川内原発の基準地震動を540ガルから少なくとも2倍の1080ガ
ル、安全を見れば4倍の2160ガルに見直さなければならないのに、1年間原
子力規制委員会に抵抗を続けて、15%増しの620ガルで審議書案にこぎつけ
たことは良く知られています。

この事も、福井地裁の大飯原発運転差し止め裁判で、運転差し止め判決がだされ
た大きな理由です。

しかし、九電が川内原発過酷事故対策で、チェルノブイリ級事故が起きるかどう
かの審議を拒否続けて、審議書案にこぎつけたことはあまり知られていないと思
います。

 このことは、審議書案の191ページから195ページを見ればよく分かります。
http://tinyurl.com/k52cybn

 九州電力は、1年間『本格納容器破損モードの特徴およびその対策:原子炉圧
力容器外のFCI(溶融炉心と冷却水の相互作用)には、衝撃を伴う水蒸気爆発
と、溶融炉心から冷却材への伝熱による水蒸気発生に伴う急激な圧力上昇(以下
圧力スパイクという)が有るが、水蒸気爆発の発生の可能性は極めて低いと考え
られるため、圧力スパイクについてのみ考慮する。』と説明し、初めから一貫し
て、衝撃を伴う水蒸気爆発の起きる可能性は低いので、検討しないという姿勢を
貫いています。

つまり、川内原発の格納容器の破裂には、水蒸気爆発による爆轟破壊と、水蒸気
の大量発生による高圧破裂が有るが、水蒸気爆発による爆轟破壊の起きる可能性
は極めて小さいので、検討および対策資料は提出しない。

水蒸気の大量発生による高圧破裂については、検討および対策資料は大量に提出
する姿勢を1年間貫いてきました。

このことについては、原子力規制委員会は新規制基準に係わる適合性審査で厳し
く追及しています。

 そこで、194ページに示されているように、九州電力は平成25年12月
17日の第58回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合の資料
2-2-6と資料2-2-7で国内外のFCI(溶融炉心と冷却水の相互作用)実
験を提出しましたが、これらの実験では、水蒸気爆発が起きています。

 2014年4月3日の第102回適合性審査とそれに部分的な修正が行われた
2014年4月24日の第108回適合性審査で九電は水蒸気爆発が起きないと
説明しています。

 『国内外の多くのモデル実験では、確かに水蒸気爆発が起きているが、それら
の実験で水蒸気爆発が起きたのはトリガリング(引き金)を与えた場合(実験装
置に衝撃を与えたり、実験中にアルゴンガスを吹き込んだりした時)だが、実際
の炉ではトリガリングが働く可能性は少ないので、水蒸気爆発は起こらないと結
論できる。』と説明がされています。

 川内原発の水素爆発防止対策では、水素による爆轟により、格納容器が吹き飛
ぶ前に、水素濃度6%で水素を爆発させて、対策を行うとありますが、水素爆発
を起こせば、明らかにトリガリングになります。

 また、水中で溶融燃料・コンクリート反応が起きれば、大量のCOガスが発生
するのでトリガリングになります。

しかし、九電はキャビティ水(窪み部水)は純静定であり、トリガリングとなり
うる要素はない』と説明しています。

 九州電力は過酷事故の発生時、トリガリングが有れば格納容器内水蒸気爆発が
起きるが、トリガリングはモデル実験のためにわざわざ行われたもので、実際の
実炉ではトリガリングは起きないと思われる。したがって、過酷事故の発生時、
格納容器に水蒸気爆発が起きない事が証明できるとしました。

 原子力規制委員会からは、実炉に於いて、どのようなトリガリングが起きるか
どうかの検討もしないで、起きることはあり得ないと説明し、過酷事故の発生
時、格納容器に水蒸気爆発が起きない事が証明できたとの九電の説明はおかし
い。もう一度再検討しなさいと命令を出しています。

この様な審議が行われていたのに、川内原発の審議書案では水蒸気爆発による爆
轟破壊の起きる可能性は極めて小さいので、川内原発の過酷事故対策でチェルノ
ブイリ級事故が起きるかどうかの審議をしなくてよいとの結論に成っています。

 これほどあきれた結論は、安全の技術審査では前代未聞です。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
 ※この新聞記事紹介は、28日頃までお休みします。再開は早くて29日からとな
ります。
新聞記事紹介はお休みの予定でしたが、玄海原発の地元紙に新しい記事が現れま
したので紹介します。

玄海原発の地元紙の記事の続きです。

<明日を問う 玄海町長選2014(下)人口減少>佐賀新聞2014年07月22日
12時50分
http://www.saga-s.co.jp/column/saga_rensai/20401/86189
<図書館や体育館がある町民会館横の有浦中敷地内に、大型クレーンが立ち並
ぶ。来春開校へ向け、玄海町の小中一貫校建設が急ピッチで進む。玄海原発の関
連交付金を活用した建設費は48億円。学校建設としては巨額だ。
■雇用と定住は別・・・・・町内の小中学生は人口減少に比例して年々減少し、
ことし5月現在で538人。少子化対策で町は2小学校、2中学校を統合し小中
一貫校建設に踏み切った。自ら考える力を養う独自のカリキュラムを作る。教育
委員会事務局を校内に設け、町職員が教師の事務作業負担を減らし、子どもと向
き合う時間を増やす触れ込みだ。「将来は町外からも生徒が入ってくるような魅
力ある学校にしたい」。小柳勉教育長は、教育こそが人口増の呼び水となって町
を維持、存続させる一番の策と力を込める。原発と歩んできた町には、九州電力
や協力会社で働く人たちが常時700人近くはいる。家族を含めれば、さらに膨
らむ。ただ、原発関連の雇用はあるものの、社宅や寮住まいで入れ替わりが
激しい。雇用がそのまま定住には結びついていない実態がある。独身時代は町内
の社宅や寮に住んでいても、「結婚を機に車の通勤圏内に入る唐津市内に家を建
てるなど引っ越す人が多い」(建設会社社長)というわけだ。・・・・・・・・
それでもこの10年間で人口は10%減少し6179人(6月末現在)。減少率
は唐津市と合併した近隣の呼子、肥前、鎮西の上場旧3町とほとんど同じで、県
平均の3・5%を上回るハイペースだ。
■26年後、4000人割る  さらに、追い打ちをかける衝撃的な数字がこと
し5月、明るみに出た。26年後の2040年、玄海町の若年女性人口
(20~39歳)は6割減り、自治体運営が困難な「消滅可能性都市」になる
-。人口は4千人を割る予測。有識者らでつくる民間組織「日本創成会議」(座
長・増田寛也元総務相)が示した推計は、地元に波紋を呼んだ。・・・・・・原
発の有無に関係なく、このまま寂れていくのか。人口減少の歯止め策として有効
な打つ手が見当たらないのも事実だ。待ったなしでリーダーの手腕が問われる。
町民一人一人の1票が、町の針路を決める。※玄海町長選は29日告示、8月3
日投開票。>

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2230】2014年7月22日(火)
┗■.新聞より
└──── 
◆ 泥沼にはまった福島・中間貯蔵施設
「 口先ばかり」政府不信 「最終処分場化」に住民ら懸念 
  安全管理も不安山積 除染廃棄物の仮置き袋、輸送・・・・
  受け入れ迫る手法「原発建設時と同じ」
 原子力ムラの人びとが居並ぶ原子力規制委員会は16日、新規制基準「合格」の
第一号を出した。福島原発事故の収束を二の次にした暴挙といえる。その福島で
は、除染ごみの中間貯蔵施設の建設が難航している。予定地の大熊、双葉両町と
も受け入れを留保。住民は事故で「カネと人生の交換」という原発の本質を知っ
た。だが、政府の姿勢は事故以前のまま。その隔たりが建設を阻んでいる。
 「簡単に『はい、そうですか』というわけにはいかない。国は納得できる説明
をしていない」
 17日、多くの大熊町民が暮らしている同県会津若松市の仮設住宅で、同町の男
性(67)が語気を強めた。
       (後略)
         (7月18日東京新聞「こちら特報部」より抜粋)
☆デスクメモ
 原子力規制委員会の委員長は「(新基準適合でも)安全だとは申し上げません」
と言う。その委員会にげたを預けたふりをする現首相は8年前の答弁書で、全電
源喪失事故の可能性を否定していたが、起きても素知らぬふりだ。誰も責任を取
らない.先の戦争と同じである.これからの戦争でもきっと同じだ。(牧)
(7月18日 東京新聞より)
┏┓
┗■.テント日誌7月17日(木)経産省前テントひろば1041日 商業用原発停止302日
| 各地で行われている反原発行動をちゃんと報道して欲しい
 └──── (I・K)

 10時少し過ぎテントに着いたら泊まり開けの人たち3人が座っていた。
差し入れのアイスクリームが一個残っていたので溶けないうちにと頂いて冷をと
る。平日のテント前は車や人通りが多いが、訪れる人は少ない。そして雀さんた
ちもあまり来ない。
たまに来る人は飯野ホールは何処ですか? 裁判所は? と尋ねるぐらい。
 今日は日誌の話題になるような事はないな?と思っていたら、一人現れた。テ
ントの写真を写しているのでチラシをお渡しする。どうも前にお見かけしたよう
な気がしたので茨城の方ですよね?と声をかけたら、やっぱりそうだった。実家
が大分で、帰郷したときは大分の九電前行動に参加しているとのこと。
 官邸前と同じように先日101回目を迎えたとか?大分では通る人たちの反応も
よくみんなチラシも受け取ってくれると言っていました。
 茨城でも活動なさっていて取手駅前で金曜行動をしているそうです。フェイス
ブックの写真を見せながら色々説明して下さった。地元の反原発町議や県議とも
手を取り合って活動を広げていっているそうです。茨城では東海第二原発が5月
に新しい規制基準での適合審査を原子力規制委員会に申請したことなどで話が弾
んだ。
 各地で行われている反原発行動をちゃんと報道して欲しいなあ!と強く思う。
 その後通りがかった男性、頑張って!とSさんと私に握手して行った。
午後ちょっと雲行きが怪しくなったのでHさんの登場と同時にテントを後にした。

★ 井上澄夫 さんから:
・辺野古現地の緊張を7・22付琉球新報記事「海上保安庁、警戒出動備える 
辺野古、来週海上作業か」が伝えています。

・22日朝、武田防衛副大臣が佐賀県庁を訪問した際、約120人もの市民が佐
賀空港の軍事利用に反対して抗議しました。
◆「基地化許すな」県庁前で抗議 7・22 佐賀
写真 県庁前でオスプレイの佐賀空港配備に反対を訴える人たち=県庁前
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/86278

◆オスプレイ配備要請 古川知事の一問一答 7・22 佐賀
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/86280

◆オスプレイ:佐賀配備要請 政府、沖縄負担軽減探る 7・23 毎日

http://mainichi.jp/shimen/news/20140723ddm002010061000c.html

◆オスプレイ:佐賀配備要請 市民「人ごとだった」 要請に戸惑い 7・23 毎日
http://mainichi.jp/shimen/news/20140723ddm041010103000c.html


------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 7月30日(水)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
  地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
第二回実行委員会
日 時: 8月2日(土)13:30~
場 所: (鹿児島薩摩)川内文化ホール 2階会議室
   地図:http://tinyurl.com/nhlcswd
  〒895-0054 薩摩川内市若松町3-10
    ℡:0996-22-5211
 呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所: 薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
13:00~ 集会
<集会の後に一斉にダイイン>
14:00~ デモ行進(市内メイン道路) 
14:30~ はがき行動戸別訪問(市民との対話)
17:30~ 原発の見える浜辺 寄田浜(よりたはま)
    http://tinyurl.com/qxrztqk
台湾・韓国からの人たちと、川内原発現場に行き、
  途中ルートでいかに避難が不可能かを確認。闘いの歩み跡。

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
    原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 8219名。(7/18現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
aoyagi@tent-hiroba.jp
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<「戦後が終わった日」 ~集団的自衛権と平和憲法~ | ホームへ | 【修の呟き日記】⑥>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1714-b4bd926a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)