FC2ブログ

タイトル画像

原発、オスプレイはNO!生活に根ざした公約<いまだ真人候補>

2018.11.30(15:13) 17240

DSCN2706.jpg


佐賀県知事選が29日告示されました。12月16日に投開票されます。知事選には、無所属で「みんなで明るい佐賀県政をつくる会」のいまだ真人氏(72)=日本共産党推薦、新社会党支持=と、現職の山口祥義氏(53)=自民、公明推薦=の二人が立候補しました。
山口候補は前代未聞ですが、原発やオスプレイなどの国策について選挙公約で触れていませんでした。報道陣から質問が相次いだためやっと「考え方」として追加してきたそうです。30日付佐賀新聞によると、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関しては、機体の安全性などについて「しっかりと精査・確認した」と強調、原子力政策は「再生可能エネルギーは安定供給などに課題があり、現時点では一定程度、原発に頼らざるを得ない」などと明記されているそうです。これまでも多くの方が指摘されている通り、オスプレイについてどのように精査・確認したか全く具体性がなく、再生可能エネルギーについても危険な原発稼働を優先させるために太陽光発電などの出力制限をするなど再生可能エネルギーの供給量に問題はありません。いずれも県民の暮らしと安全を守る知事選公約として問題だと思います。県民を愚弄していると言ってもいいと思います。
いまだ候補は県民の暮らしと命を守る立場から原発、オスプレイはNO,有明海再生を目指し、雇用や子育てなど若い人たちの不安を解消し、生活に根ざした公約を掲げています。ぜひ公約をじっくりと検討して頂き、いまださんに一票を投じて頂きたい。
スポンサーサイト





修の呟き


<<明日、福岡から“政治の流れ”を変えよう! 市民と政党の対話集会 | ホームへ | 11/29のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/17240-5feb3977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)