FC2ブログ

タイトル画像

<book18-84『日本が売られる』(堤未果)>

2018.12.05(20:11) 17333

第2787日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 松岡 さんから:

<book18-84『日本が売られる』(堤未果)>

堤未果著『日本が売られる』(幻冬舎新書)を読んだ。堤の「貧困大国アメリ
カ」
シリーズは新自由主義とグローバリズムに席巻され、解体されるアメリカ社会の
実情を知らせてくれる本だったが、ついに日本編「日本が売られる」が出た。
「(筆者が取材した)ジェラルドのいう売国とは、「自国民の生活の基礎を解体
し、外国の売り払うこと」を指している。自国民の命や安全や暮らしに関わる、
水道、農地、種子、警察、消防、物流、教育、福祉、医療、土地などのモノや
サー
ビスを安定供給する責任を放棄して、市場を開放し、外国人にビジネスとして差
し出すことだ。」(「まえがき」)本書ではそれが安倍政権下で日本で急速に進
行していることを報告する。その内容は、売られる「資産」(水、土、タネ、ミ
ツバチの命、食、牛乳、農地、森、海、築地<公設市場>)、売られる「日本人
の未来」(労働者、日本人の仕事、ブラック企業対策、ギャンブル、学校、医療、
老後、個人情報)、そして最後に「それに抵抗する世界各地の市民運動」(イタ
リア、マレーシア、ロシア、フランス、スイス、アメリカ)と続き、非常に興味
深い。
スポンサーサイト


修の呟き


<<● 12・8 不戦の誓い!●朝鮮半島と東アジアの平和、日朝国交正常化実現を求める集い | ホームへ | ■沖縄・全国の基地(化学物質問題市民研究会 メールサービス 2018年12月3日 第645号)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/17333-5421608f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)