FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1196日目報告☆

2014.07.29(20:45) 1734

青柳行信です。7月29日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1196日目報告☆
呼びかけ人賛同者7月28日3513名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】7月28日1名。
  山口扶美子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
関電の元副社長がかつての政界工作を語りました。
私たちの収めた電気料金が 政治家にわたっていることが容易に推測できます。
もっともっと、電気料金の内容を透明にすることが大事ですね。
あんくるトム工房
政界工作に数億円  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3118

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆関電の元副社長証言す 毎年盆暮れ首相に壱千萬円
      (左門 7・29-732)
※その名前は、「田中角栄、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下
登・・・・関電には芦原(義重元社長)さんが直接、総理大臣や党の実力者に配
る資金があった。(72年から18年間)トップシークレットだった。・・・・
原資はすべて電気料金だった」。証言者は、内藤千百里(ちもり)氏。(朝日新
聞、7月28日朝刊トップ)。この「まいない(賄賂)政治」についての記者の
質問に「ないない」と元首相側が答弁した。元首相側(自民党の体質・思想性)
が変わらない限り「まいない政治」は終らず、原発ムラも「虎の威」を借りて踊
りを続ける。電気料金の支払者が団結して、不要料金を支払わない運動を起さね
ばならない。まして原発においておや!

★ 久保田(はじめちゃん)さんから:
 青柳 様
運転差止め交渉で必要な、最重要データファイルx2です。

■ 原子力規制委員長、安全否定証言ファイル(4ページ目)
http://www.nsr.go.jp/kaiken/data/h26fy/20140716sokkiroku.pdf

1995~2008 大地震データ(kine / gal)
http://www12.ocn.ne.jp/~shiosato/hitorigoto/20080614miyaiwa/spect2.jpg

宜しくお願いします。敬具。(2014.0728)
はじめちゃん
http://www002.upp.so-net.ne.jp/bob-k/genpatu-note5i.htm

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
川内原発の審査書案についての中西パブリックコメント
                         2014.7.28
パブリックコメント(1)

『溶融炉芯・コンクリート相互作用 201ページ1.申請内容
(1)『本格納容器破損モードの特徴 原子炉圧力容器から溶融炉心が原子炉格
納容器内の床上に流出し、溶融炉心と接触した床のコンクリートが熱分解により
浸食され、原子炉格納容器の構造部材の支持機能が喪失し、原子炉格納容器の破
損に至る。』と九州電力は説明している。この見解は、高温領域における耐火物
技術から専門的にみると、著しい認識の不足である。福島第一原発で過酷事故が
発生した時、落下した溶融核燃料がペデスタル(コククリート製基礎)のコンク
リートを溶かし、どこにあるのかさえ分からない惨状が発生したため、その対策
の検討が必要になった。もともと、人類が鉄の近代製錬を行うことができるよう
になったのは、銑鉄(カーボンの含有量が多く融点が1200℃と低い)を溶か
すとき、短時間では溶けない耐火煉瓦の開発に成功できたからである。このこと
から分かるように、一般に自然に存在する多くの素材は1200℃の溶融金属と
接触すると低融物をつくり溶けてしまう。まして、コンクリートは火山岩や石灰
岩をポルトランド(普通セメント)セメントで固めたものであり、溶融核燃料と反
応すると、1200℃以下で簡単に溶ける。また、コンクリート中のポルトラン
ドセメントは水の水和反応で結合されているので、一定量の水分を含んでおり、
溶融金属と接触すると、内部水分の蒸気爆発が起こり、爆発したコンクリート塊
が周りの機器を破壊する。1200℃以下で簡単に溶けるコンクリートを
2600℃の溶融核燃料を受けるペデスタルに使用したことは、原子炉の基本設
計の世界的な重大設計ミスであった。そして、1986年にチェルノブイリの4
号機で実際に重大事故(過酷事故)が発生し、落下した溶融核燃料がペデスタル
のコンクリートを溶かし、コンクリート中に沈下する事故が発生したので、とり
あえずの緊急対策として、原子炉の真下にトンネルを掘り、溶融核燃料が地下水
まで沈下することは防止できた。そして、ペデスタルをポルトランドセメントで
築造した大設計ミスに気が付いて、ロシアやヨーロッパでは、コアキヤッチャー
(溶融核燃料受け皿)へと基本設計が変更されるようになった。しかし、日本では
重大事故対策は規制基準外だったので、大設計ミスは問題にならずに、とうとう
福島第一原発の重大事故の発生時、溶融核燃料をコンクリート中に沈下させてし
まった。福島第一原発の重大事故の発生後、事故調査を行って、新規性基準を策
定し、川内原発の新規制基準に係わる適合性審査が行われてきたが、大設計ミス
の事は全く検討されず、九州電力は水で溶融核燃料を冷却し、溶融核燃料・コン
クリート反応を防止するとしている。新規制基準の適合性に係わる審査には、こ
の基本的な重大設計ミスの検討が行われていない。
202ページ(2)『対策の考え方 溶融炉心を冷却し、溶融炉心によるコンク
リート浸食を抑制するために、原炉下部キャビティ(格納容器下部窪み)へ注水す
る。』と九州電力は説明している。この見解は、金属製錬炉における長年の経験
から専門的にみると、著しい認識の不足である。高温度で操業される溶融炉で
は、内張りの耐火物が溶融物で溶かされて、長期耐用が得らなく、水冷ジャケッ
ト(内部に冷却水流路を持つ銅ブロック)を耐火物の裏に設置し、貫流熱を増大し
て、耐火煉瓦の表面にセルフコーティング(耐火煉瓦表面に付着した固化溶融物)
を生成させて、内張り耐火物の耐用の延長を図るものが多い。しかし、水冷ジャ
ケットが水漏れし、炉内の溶融物の上に水が大量にたまる場合が有る。金属製錬
炉では、比重の重い溶融金属が下部に溜まり、その上部を厚みのあるスラグ層が
覆っている。炉内ガスゾーンから水が漏洩する場合、スラグ層の上部に溜まる。
スラグ((鍰(からみ、製錬時生石灰に不純物を溶け込ませたガラス)))の熱伝導
率は溶融金属に比べ、著しく小さいので、スラグが固化し、溶融金属から水への
大量の伝熱はおこらない。しかし、何らかの原因のトリガリング(引き金)で固化
スラグ層が破けると、溶融金属から水への大量の伝熱が起こり、多くの場合には
水蒸気爆発が起きる。第58回適合性に係わる審査の資料2-2-7は「溶融炉
心とコンクリートの相互作用について」の報告である。この報告書に、国内外の
溶融炉心とコンクリートの相互作用についての実験が記載されている。ここで報
告された実験の多くで、コンクリート上に溶融炉心が落下し、溶融炉心とコンク
リートの相互作用が起きた時、溶融核燃料が作る溶融プールの周りに軽石状のク
レスト(溶融核燃料とコンクリートが溶けて発泡した軽石)が覆いかぶさり、クレ
ストは低熱伝導率なので溶融プールから水への大量の伝熱を阻害し、水では溶融
核燃料を冷却できないと報告されている。この状態は、金属精錬溶融炉内への水
の漏洩と同じである。そして、何らかの原因のトリガリングでクレストが破ける
と、溶融金属から水への大量の伝熱が起こり、多くの場合には水蒸気爆発が起き
ると予測される。新規制基準の適合性に係わる審査には、この基本的な検討が行
われていない。以上の2点の検討を提言いたします。』

パブリックコメント(2)

原子炉圧力容器外の溶融燃料-冷却材相互作業190から195ページ
4-1.2.2.4
191ページ1.(1.)1 九州電力は、『本格納容器破損モードの特徴およ
びその対策 原子炉圧力容器外のFCI(溶融炉心・水反応)には、衝撃を伴う水
蒸気爆発と、溶融炉心から冷却材への伝熱による水蒸気発生に伴う急激な圧力上
昇(以下圧力スパイクという)が有るが、水蒸気爆発の発生の可能性は極めて低
いと考えられるため、圧力スパイク(急激な圧力上昇)についてのみ考慮する。』
と説明している。
このことについては、原子力規制委員会は新規制基準に係わる適合性審査で厳し
く追及している。
 九州電力は第58回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合の資料
2-2-6で国内外のFCI実験結果を提出したが、これらの実験では、水蒸気
爆発が起きている。
 第102回適合性審査とそれに部分的な修正が行われた第108回適合性審査
で九電は水蒸気爆発が起きないと説明している。
 『国内外の多くのモデル実験では、確かに水蒸気爆発が起きているが、それら
の実験で水蒸気爆発が起きたのはトリガリングを与えた場合だが、実際の炉では
トリガリングが働く可能性は少ないので、水蒸気爆発は起こらないと結論でき
る。』と説明がされている。
 川内原発の水素爆発防止対策では、水素による爆轟により、格納容器が吹き飛
ぶ前に、水素濃度6%で水素を爆発させて、対策を行うとあるが、水素爆発を起
こせば、明らかにトリガリングになる。
 また、水中で溶融燃料・コンクリート反応が起きれば、大量のCOガスが発生
するのでトリガリングになる。
しかし、九電はキャビティ水は純静定であり、トリガリングとなりうる要素はな
い』と説明している。
 九州電力は過酷事故の発生時、トリガリングが有れば格納容器内水蒸気爆発が
起きるが、トリガリングはモデル実験のためにわざわざ行われたもので、実際の
実炉ではトリガリングは起きないと思われる。したがって、過酷事故の発生時、
格納容器に水蒸気爆発が起きない事が証明できるとした。
 原子力規制委員会からは、実炉に於いて、どのようなトリガリングが起きるか
どうかの検討もしないで、起きることはあり得ないと説明し、過酷事故の発生
時、格納容器に水蒸気爆発が起きない事が証明できたとの九電の説明はおかし
い。もう一度再検討するように命令を出している。
しかし、193ページの2.審査結果は『格納容器破損モード「原子炉容器外の
溶融燃料-冷却材相互作用」において、申請者が水蒸気爆発の発生の可能性は極
めて低いとしていることは妥当と判断した』と報告されている。
この検討は適合性審査では少ししか行われていない。
 国内の高温溶融炉の水蒸気爆発の事故調査では、水蒸気爆発が起きるのは、溶
融金属が一度に大量に水中に落下する場合、連続して落下しているが大きなトリ
ガリングが有った場合、溶融金属の上部を覆っているスラグの黒皮がトリガリン
グで破けて、水と溶融金属が急激に接触する場合の3ケースである。
溶融燃料-冷却材相互作用においても、溶融燃料が一度に大量に水中に落下する
場合、連続して落下しているが大きなトリガリングが有った場合、溶融燃料を
覆っているクレストの黒皮がトリガリングで破けて、水と溶融燃料が急激に接触
する場合の3ケースである。しかし、適合性審査では1と3のケースの検討はな
いし、どのようなトリガリングが予測できるかの検討が無い。
 これらの事を検討すべきである。

パブリックコメント(3)

「MCCI(溶融炉心・コンクリート反応)による大量のCOの発生の検討が全く
行われていない」
MCCIに伴う水素発生199ページ3.(1)
「申請者は、原子炉下部キャビティに十分な水量が確保されていれば、床コンク
リートには有意な浸食は発生しないため、それに伴う有意な水素は発生しないと
していた。規制委員会は、知見が少ない溶融核燃料挙動について、不確かさにた
いする検討が不足しているてんを指摘し、MCCIの感度解析の結果を踏まえた
水素発生について検討することを求めた。申請者は、これに対して以下のように
説明した。(1)原子炉下部キャビタィー床面での炉心デブリと原子炉下部キャ
ビティ水の伝熱等のパラメータ(変数)を組み合わせた場合、MCCIにより発生
する水素は、全てジルコニウムに起因するものであり、反応割合は全炉心内のジ
ルコニウム(Zrの超耐熱金属)量の約6%である。」と報告している。
 しかし、国会事故調査委員会は、福島第一原発3号機は((ジルカロイ(ジルコ
ニウム合金)・水反応))による水素爆発だけでは説明できず、コリウムコンク
リート反応(MCCI)が大規模に起こり、水素・CO爆発したと考えるべきと
指摘していました。又、佐藤暁氏(元米国GE社原子力事業部に勤務)は新規制
基準の骨子が発表されたとき、『水素ガスの発生源として、原子炉内でのジルコ
ニウムと水反応が唯一と見倣しているような記述があるが、実際には、原子炉か
ら落下した溶融炉心がコンクリートと化学反応を起こし、水素ガスの他に大量の
一酸化炭素も発生しうる。かってはそのような知見も思慮も無かったため、コン
クリートに入れる砂利の種類までは仕様として規定しておらず、定かではない。
実際の石灰石の混入量によっては、爆発防止対策設備の設計条件を見直す必要も
ある。』と指摘していた。
コリウムコンクリート反応とは、冷却ができなく成り、2800℃の高温に成っ
て溶けた炉心の核燃料が原子炉圧力容器の底を溶かして、下部のコンクリートの
床に落下しコンクリートと反応し、コンクリートが溶ける現象です。その時大量
の水素とCO(一酸化炭素)が発生します。COは水素と同じように爆発します
が、カーボンが含まれるので酸素が少ない場合はローソクの炎のような色の爆発
をする。
(岩波の科学2014年3月号岡本・中西・三好「炉心溶融物とコンクリートと
の相互作用による水素爆発、CO爆発の可能性」)で説明したように、国内の文
献ではコリウムコンクリート反応によるCOの発生の報告は少ないが、海外の文
献にはたくさんの報告例がある。
又国会事故調査委員会の調査報告書にも、海外の著名な実験報告書が紹介されて
いる。
そして、水中でも溶融炉心はクレストに保温されて、コンクリートと反応し、
MCCIは進行する。
「炉心溶融物とコンクリートとの相互作用による水素爆発、CO爆発の可能性」
に示すように、コンクリート骨材(砂利石)に含まれるCaCO3(石灰石)は高温
度の炉心溶融物に接触して高温度になると、CaO(生石灰)とCO2(炭酸ガス)
に分解される。
CO2は高温度の炉心溶融物に接触して高温度になるとCOとO2(酸素)に分解
し、大量のCOを発生する。
川内原発の新規制基準の適合性に係わる適合性審議および審査書案では、全く審
議されていない。最大事故(過酷事故)の発生時、水素濃度計で水素の濃度を計
測し、爆轟前の判断でイグナイタ(電気式点火器)に点火し、爆発させる時、熱伝
導率が大きくことなるCOを感知せずに爆発させて、COが同時爆発して爆轟が
起これば、川内原発の格納容器と原子炉建屋は崩壊し、溶融核燃料が野ざらしに
なり、チェルノブイリ級の放射性物質の飛散となる。
国内の論文を無視せずに、もっと審議が必要である。

パブリックコメント(4)

水素燃焼ページ195 4-1.2.5
『申請者は、本格納容器破損モードの特徴及びその対策を以下のとおりとしている。
1.(1).2 対策の考え方 水素の爆轟を防止するためには、早期に発生す
る水素および継続的に発生する水素を処理し原子格納容器の水素濃度を低減する
必要がある。また、MCCIに伴う水素発生に対しては、原子炉下部キャビティ
へ注水する必要がある。
3 初期の対策 PWRプラントは原子炉格納容器自由体積が大きい事により水
素濃度が高濃度にならないという特徴がある。その上で、主に炉心損傷時に発生
した水素の処理を行う。このため、イグナイタを重大事故対策設備として新たに
整備する。』
と説明している。
 「PWR(加圧水型原子炉)プラントは原子炉格納容器自由体積が大きい事によ
り水素濃度が高濃度にならないという特徴がある」と説明しているが、これは明
らかな間違いである。
 197ページ(3)a.本格納容器損傷モードの有効性評価では、
MAAP(シミュレーションプログラム)で得られた水素発生量を原子炉圧力容器
内の全ジルコニウムの75%が反応するように補整して評価する。感度解析のパ
ラメータを組み合わせた場合、MCCIに伴い発生する水素は、全炉心内のジル
コニウムの約6%である。このことを考慮し、炉心内の全ジルコニウムが水と反
応するとしても、ドライ条件(水蒸気を除く条件)に換算した原子炉格納容器内水
素濃度は最大12.6%である。
 福島第一原発の3号機のような爆轟が起きるのは、13%以上だから、川内原
発に爆轟が起きて格納容器と原子炉建屋が消失し、溶融核燃料がのざらしになる
までの余裕は0.4%である。従って、「PWRプラントは原子炉格納容器自由
体積が大きい事により水素濃度が高濃度にならないという特徴がある」との説明
は間違っており、フィルター付ベントが必要な事は明らかである。
 そして、爆轟防止対策として、イグナイタで水素燃焼を行うとしている。水素
の爆発限界は4.0%から75.0%なの水素濃度が6%の時、イグナイタで着
火して水素燃焼を行うとしていることは間違いである。
 この審査書案そのものが、水素燃焼として論議している事が間違いである。
燃焼は純静的(定常な状態)に酸素と水素が結合することであり、爆燃は燃焼波の
前面の伝達速度が音速以下で、爆轟は燃焼波の前面の伝達速度が音速以上の場合
であり、何れも超短時間の酸素と水素の結合である。
 イクナイタの水素濃度6%での着火は、爆燃を引き起こし、水蒸気爆発のトリ
ガリングとなる危険性が大きい。
 フィルター付ベント(濾過機付排気菅)の無い川内原発を再稼働することは、格
納容器と原子炉建屋が消失する危険性が大きいので、もっと詳細な検討が必要で
ある。

★ 宮崎の黒木(原発いらない!九州実行委員会 宮崎世話人) さんから:
●富山県の藤岡さんとの交流会 ●
8月3日(日)15:00~17:00 
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
  地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

川内原発再稼働阻止へ向けた、取り組みの一つで、
8月3日(日)から9日(土)を予定して
九州各県へ、富山県の藤岡さんと
各県の反原発・脱原発の市民の皆様と出会いと交流の時を持ちます。

藤岡彰弘(59歳) プロフィール
o 富山県で生まれ育つ
o 1980年「反原発市民の会・富山」の結成から参加する
(最初は、久米三四郎さん、高木仁三郎さんらを講師に迎え、講座をひらくこと
から始める)
○1982年 志賀町現地と珠洲原発予定地に大看板を富山・金沢の仲間と立てる
    (それをきっかけに現地住民運動を担う人々との交流が深まり、現在ま
で続く。
   この間、敷地予定地に共有地を設ける運動敷地は変更されるや北電への抗
議行動を続ける)
○1989年 志賀原発1号機差し止め訴訟に参加
     (以後2号機訴訟が2010年に終わるまで)
○1997年 「反原発市民の会・富山」代表に
○2010年  富山県東部の原告の人々と共に「命のネットワーク・呉東」を結成
○2011年  3.11事故後に声を上げ始めた人たちと共に、サウンドデモや現地ビ
ラ入れ行動を企画(5月頃より北電前アピールを始め、今に至る)
○2012年  再稼働阻止全国ネットワーク結成に参加
○2014年4月 川内原発反対運動に「1週間応援」

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も川内原発、玄海原発、九電、と紹介していきます。下方にもお休み中の川
内原発関連記事をまとめておきました。?

1.<川内原発再稼働「反対」59% 朝日新聞世論調査>朝日新聞デジタル7
月28日(月)22時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000035-asahi-pol
朝日新聞社が26、27日に実施した全国世論調査(電話)で、九州電力川内
(せんだい)原発(鹿児島県)の運転再開について尋ねたところ、「賛成」は
23%で、「反対」の59%が大きく上回った。安倍内閣の支持率は42%で、
第2次安倍内閣発足以来、最低。不支持率は36%で、最高を更新し
た。・・・・・・・・
川内原発については、原子力規制委員会が7月16日に新たな規制基準を満たす
と認めており、九電が地元の同意などを得れば、10月にも再稼働が可能にな
る。しかし、調査では再稼働に「反対」が「賛成」を引き離した。内閣支持層や
自民支持層でも「反対」が半数近くを占め、「賛成」を上回った。今回の調査で
は、現在停止している原発を再稼働しないと経済に悪い影響が出るかどうかも聞
いたところ、「悪い影響が出る」は42%、「そうは思わない」は43%と、意
見が割れた。>

1’.<世論調査―質問と回答〈7月26、27日実施〉>朝日デジタル2014年7
月28日22時10分
http://www.asahi.com/articles/ASG7X3TW0G7XUZPS004.html
<◆原子力発電についてうかがいます。いま停止している鹿児島県の九州電力川
内原発の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
賛成 23 反対 59
◆いま停止している原子力発電所の運転を再開しないと、経済に悪い影響が出る
と思いますか。そうは思いませんか。
悪い影響が出る 42 そうは思わない 43
◆今後、原子力発電は、技術と管理次第では安全なものにできると思いますか。
それとも、人の手に負えない危険性があると思いますか。
安全なものにできる 25 人の手に負えない危険性がある 63
◆安倍首相の原発政策に、福島第一原発事故の教訓が生かされていると思います
か。生かされていないと思いますか。
生かされている 19 生かされていない 61 ・・・・・・・・・・・・>

2.<再稼働準備進む川内原発、避難計画に住民は“不信感”>TBS系(JNN)7月
28日(月)19時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140728-00000046-jnn-soci
<万が一、原発事故が起きたとき、甲状腺の被ばくを防ぐために飲む「安定ヨウ
素剤」。これが、27日、鹿児島県の川内原発周辺の住民に配られました。秋の
再稼働に向け準備が進む中、ある不信感が住民の間で高まっています。住民の避
難計画についてです。・・・・・・
川内原発のある薩摩川内市。過疎高齢化が進んでいます。原発近くの小学校2校
が廃校になり、体育館はシェルターに改修されました。自力での移動が困難な高
齢者などが、一時的に避難することを想定しているといいます。しかし、特に介
護が必要なお年寄りなど「避難弱者」に対する避難計画には、不安の声があがっ
ています。・・・・・「投薬や点滴をしながらの移動になる。そういう手だてを
どうするのか一番困る」(特別養護老人ホームとうごう苑 森満裕幸施設
長)・・・・「桜島の灰でも(約40キロ離れた)ここまで飛んでくる。風の強
い日や風向きによっては。そういうことを考えると、10キロで全てが終わると
いう問題ではない」・・・・
国は自治体任せの構えです。「(避難計画は) 地域の実情に応じて地方自治体
が策定すると法律で明記されている」(石原伸晃原子力防災担当相【今月18
日】)その自治体の避難計画に、不安が高まっているのです。住民からはこんな
声も・・・。「自分たちで何とかしないといけない。自主防災組織で誰が誰を乗
せて避難するか作っている。行政を待っていられない」(薩摩川内市民)  
「住民任せでいいのか」。地元の不信感がぬぐえないまま、川内原発は秋にも再
稼働を迎えます。>

3.<川内原発再稼働手続き進むも避難弱者は……――施設管理者に避難計画丸投
げ>週刊金曜日7月28日(月)18時41分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140728-00010000-kinyobi-soci
<・・・・・川内原発に隣接するいちき串木野市内で社会福祉施設を経営する江
藤卓朗さんは、「在宅の要支援者(要援護者)は他の避難者と一緒に体育館や公
民館に避難する計画だが、これも非現実的」として、「医療を必要としている人
や、パニックを起こす人もいる」と懸念する。自治体への聴き取りによると、避
難先の床面積は一人当たり2平方メートルに限られるのが実態だ。ケアマネ
ジャー協会いちき串木野支部会長の馬塲添司さんは、「1993年の水害の際には、
ある施設から30人の入所者を7カ所に分けて避難させた。それがどんなに大変
だったか」と振り返る。「100人の入所者を1カ所では受け入れられない。行政は
現状を調査して計画するべきだ」(馬塲さん)。・・・・・・・・>

4.<川内原発再稼働反対85%  薩摩川内 地元市民アンケート1133
通>しんぶん赤旗7月27日  (アンケート結果のグラフ付)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-27/2014072701_01_1.html
<・・・・・・・市民の本音示す「さよなら原発いのちの会」代表 堀切時子さ
ん(66)の話  アンケートは、今まで原発の問題に態度を示すことができな
かった市民の本音を示すもので、取り組みの宝です。市長は「市民は再稼働を求
めている」と言いますが、このアンケートで、市民の多数が再稼働に納得してい
ないことが明らかになりました。私たちの運動への信頼も強く感じます。原子力
規制委員会の審査書案の提示を受け、政府、九電、県、市は再稼働への動きをさ
らに強めています。まさに正念場です。アンケートを力に、みんなの知恵を集
め、宣伝・対話をさらに広げて、なにがなんでも再稼働を止めます。>

5.<官邸前抗議 九電会長と会食 安倍首相に憤り>しんぶん赤旗7月26日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-26/2014072601_08_1.html
<首都圏反原発連合(反原連)は25日、首相官邸前抗議行動を行いました。川
内(せんだい)原発再稼働を急ぐ九州電力会長らと会食して「川内はなんとかし
ますよ」といった安倍首相に対し、反原連のミサオ・レッドウルフさんは、「反
原発・脱原発を求める7割以上の国民の意思に反して、こんなやり方で国策が決
められるのは、政府のあり方としてもおかしい」と厳しく批判しました。この日
の参加者は2500人(主催者発表)。初めて参加した人が目立ちまし
た。・・・・・・>

5’.<【金曜日の声 官邸前】故郷もなくなる不安>東京新聞7月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014072602000135.html
<・東京都渋谷区のフリーター 菊池唯さん(20) 宮崎県の実家から上京中
の母と一緒に参加。実家は九州電力川内(せんだい)原発から60キロにある。
重大事故が起きれば故郷がなくなる不安もあるし、将来の出産や子育てを考える
と、再稼働には反対だ。
・千葉県市川市の無職 新村貞男さん(89) 妻の出身地が、いまだ放射線量
の高い福島県二本松市。川内原発は「事故があれば避難しましょう」との前提で
再稼働に向かっているが大事故の可能性がある危険な施設を動かすこと自体、噴
飯ものだ。
・埼玉県熊谷市の会社員 島崎玲子さん(55) 妊娠を考えている娘がおり、
放射能はとても気になる。3・11までは原発に全く関心がなく、自責の念もあ
る。忙しいが少しでもデモに足を運び、将来世代にツケを残すことのないように
と訴えたい。>
・・・・・・“大事故の可能性がある危険な施設を動かすこと自体、噴飯もの
だ”-これが普通の人の感覚です。原発そのものの存在がおかしい。

パブコメの参考に、検索してどうぞ、
6.<インタビュー:原子力規制委の審査「厳正でない」=元安全委技術参与>
ロイター7月28日(月)16時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000055-reut-bus_all
<[東京 28日 ロイター] - 原子力規制員会の新規制基準審査に合格し、
再稼働に向け動き出した九州電力<9508.T>川内原発(鹿児島県)について、旧
原子力安全委員会で技術参与を務めた滝谷紘一氏(71)は、ロイターのインタ
ビューで、「(規制委は)科学的、技術的に厳正な審査をやっていない。政治や
産業界からの要請に応えるべきということが支配しているのでは」と、批判の声
を上げた。・・・・・・・・・(以下、インタビューの内容)・・・・・
「(九電など)PWR(加圧水型原子炉)事業者は全社共通して
『MAAP(マープ)』という米国で作られたコードを使っている。全ての格納
容器破損防止対策にかかわる事象の解析は、MAAPを使っている。審査結果に
は、解析コードの不確かさを考慮しても格納容器の場合、限界圧力・限界温度以
下であり、水素爆轟(ばくごう=爆発の際に音速を超えて火炎が伝搬する現象)
は起こさないとの事業者の主張を追認しているだけだ。計算結果に対する不確か
さの幅がこれだけあって、(安全寄りに)最大側で考えても基準をクリアすると
か、そうした記載が一切なく、確認のしかたに説明性を欠いてい
る」・・・・・・・・
──規制委員会の田中俊一委員長は、川内原発など再稼動を目指す原発を審査する
際の新規制基準を「世界最高レベルの厳しさ」と強調している。審査を通じて原
発の安全性が高まったのか。「規制委員会が掲げている科学的、技術的に厳正な
審査をやっていないと言いたい。何をもってそうかというと、これまで指摘した
具体的なことによるが、政治的、産業界からの要請や期待に応えるべきというこ
とが(規制委を)支配しているのではないか」>

7.<佐賀・玄海町長選>原発争点に3氏が名乗り 29日告示>毎日新聞7月28
日(月)8時0分配信????
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000008-mai-pol
<九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町長選が29日告示され
る。・・・・・・・・・・有権者約5000人の多くが原発関連の仕事で生活を
支え、「この町では原発の危険性に目をつぶらないと生きていけない」との声も
漏れる。だが、玄海町長の意向が再稼働に影響するだけに、唐津市の古賀弘さん
(78)は「福島の原発事故後、不安で仕方がない。町長選で原発の安全性を十
分に議論してほしい」と求めている。>

8.<(九電)火力新設の入札、31日に募集開始>西日本電子版2014年07月25
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42596/1/
<九州電力は24日、九州本土と離島の対馬(長崎県)での火力発電所の新設に
向け、入札の募集を始めると発表した。電源の規模は九州本土が計100万キロ
ワット、対馬が計8千キロワットで、一定期間内に発電を始めることが条件。募
集期間は31日?11月19日で、来年1月ごろ落札候補者が決まる予定。入札
には、九電自体も、石炭火力の松浦2号機(長崎県松浦市、100万キロワッ
ト)と内燃力の豊玉6号機(同県対馬市、8千キロワット)で応札する方針を示
している。・・・>

8’.<九電、再生エネ受付中断!6離島で>データ・マックス2014年7月28日14:54
http://www.data-max.co.jp/company_and_economy/2014/07/11238/0728_ymh_1/
<九州電力が7月25日、太陽光発電など再生可能エネルギーの売電を希望する一
部の離島地域で、接続の申し込みの受け付けを一時中断すると発表した。対象と
なるのは、壱岐、対馬、種子島、徳之島、沖永良部島、与論島の6つの島。同26
日から約1年間、事前相談・検討を含む新規の受け付けについて、「回答保留」
とするとしており、事実上、受け付けを中断する。
九州電力は今後、ほかの離島でも、接続契約申込みが一定量を超えた時点で新規
申し込みの受け付けを中断する方針だ。九州電力では8月4日~8日、対象の6
島で説明会を開催する。・・・・・・・・・新規受け付け中断の対象に「家庭用
など低圧連系を含む」としており、住宅を含め、固定価格買い取り制度に基づく
売電予定者への影響は大きい。住宅用を含む太陽光設備業者にとって、これらの
離島では、積極的な営業ができない問題が起きてくる。・・・・・九州電力の説
明資料によると、対象の6島に甑島、奄美大島、喜界島を加えた主な離島の再生
可能エネルギーの導入量(2014年5月末)は、約2万8,000kWで、今後の接続見
込みは約2万6,000kW。固定価格買い取り制度開始前の12年6月の約1万kWから急
増している。
離島では、主に島内のディーゼル発電機による発電で電気を供給し、それぞれの
島内単独で電気の需給バランスをとっている。ディーゼル発電の出力を最大限抑
制しても、ディーゼル発電と買い取り再生可能エネルギーの合計で余剰電力が発
生するとしている。
離島から九州本島へ送電できれば、1地域の供給量過剰は問題とならない。6つ
の離島で需要量が供給量を大きく上回ったことは、今後エネルギーの「地産地
消」の取り組みを超えて、再生可能エネルギーによって過疎地域から都市部へ電
気を供給し、地域が潤う可能性を示している。
2013年9月の大飯原発4号機が定期検査に入って以降、日本の全原発が運転を停
止しても電気の供給不足は起きていない。九州電力の再生可能エネルギー買い取
り受け付け中断は、原発ゼロで「電気が足りる」うえ、離島という限られた地域
とはいえ「余剰電力があって困る」ほど、供給をまかなえる道が示された。九州
電力経営陣は、原発再稼働第1号を目指すよりも、太陽光発電をはじめ再生可能
エネルギーへのシフトを進めるべきである。

関連記事、
9.<太陽光業者の16%が九州に本社 日照量など好条件そろう>西日本電子
版2014年07月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42777/1/
<帝国データバンク福岡支店は28日、九州・沖縄に本社を置く太陽光発電シス
テム関連業者が925社に上り、全国(5665社)の16・3%を占めるとの
調査結果をまとめた。九州は日照量の多さなどから、再生可能エネルギーの固定
価格買い取り制度に基づく太陽光発電の普及が他地域より進んでおり、施工・販
売業も盛んになっている。県別では、福岡が318社と九州で最も多く、全国の
都道府県別でも4位。その他は、鹿児島100社▽熊本99社▽宮崎98社▽沖縄
84社▽長崎80社▽大分76社▽佐賀70社?の順で、南九州の多さが目立っ
た。・・・・・・・・>

政府が、
10.<新電力、乗り換えやすく 契約・解約を一括手続き>日本経済新聞 電
子版 2014/7/27 2:00
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF26H06_W4A720C1NN1000/
<経済産業省は2016年の電力小売り自由化に備え、既存の電力会社と新規の電気
事業者(新電力)の公平な競争環境を整える。利用者が新電力の窓口に出向け
ば、現在の電力会社との解約手続きも済ませられるようにする。大手電力各社の
顧客の電気利用状況も新電力側がきめ細かく把握できるようにする。競争を促進
し消費者の選択を広げる狙いだが、どこまで実現するか不透明な面がある。経産
省が30日に開く総合資源エネルギー調査会作業部会で電力の小売り自由化に向け
た案として発表する。
現在の制度では顧客が電力会社を乗り換えるときに、それまでの電力会社と解約
手続きを済ませ新電力と新規契約を結ぶ必要がある。解約の手続きが複雑だった
り時間がかかったりすれば、大手電力側が顧客を引き留めやすくなる。経産省が
示す新たな指針では、解約と新規契約の手続きを新電力側の店頭窓口やネット上
で一括してできるようにする。例えば新電力の一社であるソフトバンクの場合、
携帯電話の販売店で電力の購入先を切り替えられるようになる仕組み
だ。・・・・・・・・
ただ、新制度案はいずれも指針や省令などの形式となる見通しで、法的拘束力が
弱い。同じ公共インフラ関連では、1985年の通信自由化の際にNTTによる独占
の壁がなかなか崩れなかった。NTTと新電電も競争条件を巡る対立が長引い
た。電力市場でも様々な局面で、大手電力と新電力の対立が激しくなりそうだ。>

電力会社、
11.<北海道電、再値上げ申請へ=来月にも、火力燃料費増>時事通信7月27
日(日)15時0分配信
記事全文<北海道電力 <9509> は27日、家庭向け電気料金の値上げを8月にも政
府に申請することで調整に入った。東日本大震災後の原発停止を受け、同社を含
む7電力会社が料金引き上げに踏み切ったが、再値上げは初めて。年内の実施を
目指し、上げ幅は10%程度を軸に詰める。北海道電は、泊原発(北海道泊村)の
停止で火力発電用の燃料費が膨らんだため、2013年9月、家庭向けで平均7.73%
の値上げを実施。泊原発1~3号機が順次再稼働することを想定して上げ幅を決め
ていたが、原子力規制委員会の審査が長期化し、運転再開のめどは立っていない。>

11’.<(北海道電力)>再値上げ申請へ 全国初、月内に20%程度>毎日
新聞7月28日(月)21時53分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000085-mai-bus_all
<・・・・・関係者によると、家庭向け料金の値上げ幅は、2013年4月の値
上げ申請時の10.2%を大きく上回る20%程度となる見込み。年内の値上げ
実施を目指しているという。原発依存度の高い北電は、泊原発停止による火力発
電の燃料費増加で経営が悪化。昨年9月の値上げ(家庭向け平均7.73%で認
可)に続き、今月末には日本政策投資銀行から500億円の出資を受けるなどし
て当面の債務超過を回避する方針。・・・・・・・>

12.<原料ウラン6年ぶり六ケ所村に到着/濃縮工場に620トン搬入へ>Web東
奥7月28日(月)13時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-28133121-webtoo-l02
<原発の燃料となる原料ウラン(六フッ化ウラン)約620トンを積んだ輸送船
「ミレニアム ファルコン」が28日朝、六ケ所村のむつ小川原港に到着した。原
料ウランの搬入は6年ぶり41回目。30日までに同村の日本原燃ウラン濃縮工場に
運ばれる見通し。国のエネルギー基本計画で原発を重要なベースロード電源と位
置付けた中、ウラン燃料の搬入は原発再稼働を視野に入れた電力各社の動きとい
えそうだ。・・・今回搬入される原料ウランは輸送容器50本分で、荷主は北海
道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州の各電力と日本原子力発
電の計10社。ウラン濃縮工場で濃縮した後、他社で成型加工され、原発のウラン
燃料となる。ウラン濃縮工場には今年3月末現在で31本分の原料ウランが保管さ
れている
。>

福島第一では、
13.<地下水流入、減少確認できず=バイパス開始2カ月―福島第1>時事通信7
月28日(月)20時10分配信
記事全文<東京電力は28日、福島第1原発で放射能汚染水の増加を抑えるため、
建屋に流入して汚染される前の地下水をくみ上げて海へ放出する「地下水バイパ
ス」について、明確な効果が出ていないことを認めた。小林照明原子力・立地本
部長代理が同日の記者会見で、「今は建屋への効果は明確に見えていない」と述
べた。東電によると、地下水は原子炉建屋などに1日平均400トン流入し、汚染水
増加の主因となっている。東電はバイパスによって流入量を最大で同100トン減
らせると説明し、5月に開始した。2カ月が経過しても、汚染水の増加量が抑制さ
れる傾向は見えないが、小林氏は建屋と地下水をくみ上げる井戸の中間地点で、
地下水位が最大で10センチ低下していると説明。今後の流入量減少に期待を示した
。ただ、流入量が同100トン減るためには、中間地点の水位が数十センチから1
メートル低下する必要があるという。> 

14.<福島第1原発1号機の建屋カバー撤去できず 放射性物質の飛散対策不
十分>産経新聞?7月28日(月)7時55分配信 (建屋の図面があります)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000073-san-soci
東京電力福島第1原発事故の廃炉作業で、1号機のがれき撤去に向けた建屋カ
バーの解体工事が1カ月近く遅れている。3号機のがれき撤去の際に大量の放射
性物質をまき散らしたことが判明し、飛散抑制対策が不十分であると政府が指摘
しているためだ。福島県などは工事の影響を考えて放射性物質の監視装置を周囲
に増設する方針を決定。ただ飛散抑止の抜本対策はないのが現状で、カバー撤去
が進まないと廃炉工程全体への遅れにもつながる。
?
<正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年07月28日03時16分 東京
朝刊  
27日正午現在 1.6マイクロシーベルト毎時?  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.6マイクロシーベルト毎時>
・・・・この記事の今朝の紙面のものがまだありません。

被災地フクシマ、
15.<心に寄り添う:自治体職員ストレス問題 専門家に聞く/上 県立医科
大・前田正治教授 /福島>毎日新聞 2014年07月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140728ddlk07040038000c.html
<◇地元の不満一身に 「住民のため休みなさい」・・・・・
??ほかに福島特有の事情は。
原発が爆発すれば、医者や公務員でも怖いし、幼い子を持つ親なら避難を考えま
す。でも公務員の場合、「自分は逃げた」と思ってしまう。津波や原発への恐怖
もありますが、避難したことへの罪責感が大きいです。一方で、残った人も家族
に対して罪責感を持ってしまっている。・・・・・・・・
うつ病が15%という由々しき事態はここで食い止めないといけない。職員に
「住民のために休みなさい」「これはあなたのためではないんですよ」と言う
と、少し分かってくれる。住民にとって一番の災難は支援する人が支援しなくな
ること。「支援者支援」は住民のためなのです。>

16.<避難先のストレス課題 日本統合医療学会が指摘>福島民友新聞7月28
日(月)11時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00010006-minyu-l07
<日本統合医療学会県支部(丹羽真一支部長)は27日、福島市で公開講演会を開
き、丹羽支部長が「福島の復興とメンタルヘルス」と題して講演した。県病院事
業管理者も務める丹羽支部長は、県が行ったアンケート結果を示しながら、震
災、原発事故後の県民の心の問題について語り、「避難先で家族が分散して暮ら
していることが、ストレスにつながっている」などと課題を指摘した。・・・・>

17.<県負担で27年度以降継続 子育て相談、母乳検査 放射線不安解消に
全力>福島民報2014/07/28 08:28
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072817105
<福島第一原発事故発生後に取り組んでいる育児支援策のうち、平成26年度で
国からの財源が枯渇する子育て電話相談、母乳の放射性物質検査への全額補助な
ど3事業を27年度以降、継続する方針を固めた。・・・・・・母乳の放射性物
質検査への全額補助は、原発事故を受け自らの健康に不安を訴え、子どもへの影
響を心配する母親の悩みに応えるため24年度に開始された。初年度は559
件、25年度は59件の利用があったが、26年度は27日現在で2件にとど
まっている。しかし、県は原発事故で被災した県民を手厚く支援すべきだと判断
し、事業を継続する。
・・・母乳の放射性物質検査は、希望者が県に電話で申し込む。送付された容器
に母乳を入れ、東京都の検査機関に送付する。結果は1カ月程度で通知される。
これまで計620件を検査したが、放射性物質が検出されたケースはな
い。・・・・>
・・・・・利用者が少ないのは、行政が信用されていない??、相談しにくい雰
囲気が現地にあるか?? 

18.<飼育牛に放射線障害確認されず 福島第1原発20キロ圏>共同通信07
月26日 19:59
<東京電力福島第1原発事故後、原発から半径20キロ圏内で飼育されている牛
を調査している「家畜と農地の管理研究会」が26日、東京大でシンポジウムを
開いた。岩手大の佐々木淳助教は、事故前後に生まれた牛を解剖して調べたとこ
ろ、放射線による病気が確認されなかったと報告した。佐々木助教は、福島県浪
江町で飼育されている6頭を解剖。正常な臓器と比較したが、異常はなかったと
いう。一方、岩手大の佐藤至教授は、牛の筋肉の放射性セシウム濃度が、内臓な
どに比べて高いと発表した。>

19.<楢葉で双葉郡町村対抗交流野球 避難区域で初の大会 【福島民友新
聞】07/28 10:15
http://www.minyu-net.com/news/news/0728/news11.html
<双葉郡町村対抗交流野球大会は27日、楢葉町総合グラウンドで開かれた。双
葉郡の早期復興を目的に、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後、初めて
避難区域内で開催した。双葉郡の8町村対抗戦として同郡体育協会が主催してお
り、今回が50回目。震災と原発事故後は住民避難などの影響によって2年間大
会を開催できなかったが、昨年広野町を会場に復活した。会場となった楢葉町
は、ほぼ全域が原発事故で避難指示解除準備区域となっているが、グラウンドの
除染は完了。郡内各町村のユニホームをまとった選手らは熱戦を展開、生き生き
とした表情で白球を追った。決勝は、富岡町が浪江町を破り優勝。3位には大
熊、広野の両町が入った。>

20.<(南相馬市)勇壮に「相馬野馬追」=震災前迫る450騎-福島>時事
通信(2014/07/27-17:47)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014072700130&g=soc
甲冑(かっちゅう)を身にまとった騎馬武者たちが駆け巡る福島県相馬地方の伝
統行事「相馬野馬追」が始まり、メーン行事の「甲冑競馬」と「神旗争奪戦」が
27日、行われた。東日本大震災前の規模に迫る450騎が参加。・・・・・・
震災の影響で一時大きく縮小したが、復興の旗印として毎年開催。今年は団体客
の観覧申し込みが昨年より約750人多い18都県5114人となり、震災前の
4810人を初めて超えた。総来場者数は28日までの3日間で16万6500
人を見込む。>

20’.<迫力!野馬懸 相馬野馬追が閉幕>河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140728_65045.html
相馬野馬追は最終日の28日、南相馬市小高区の相馬小高神社で野馬懸が行われ
た。・・・・野馬懸は、騎馬武者が境内に追い込んだ裸馬を白装束の御小人(お
こびと)が素手で捕まえ、神社に奉納する神事。・・・・同神社での野馬懸は原
発事故があった2011年は中断。避難区域の再編で日中の立ち入りが自由に
なったことから12年に復活した。ことしは昨年より約100人多い約1300
人が来場した。>
?
21.<28日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値>福島民報7月29日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「集会所の環境放射線モニタリング結果」、「原発関連死 富岡町で3
人認定」で1739人となりました。※記事紹介を休んでいる間に1人増えてます。

22.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野
新聞7月29日 17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140728/1669576
<▼空間放射線量率(28日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

23.<(栃木県)にしなす産直会がエコ農業宣言へ 県と連携、風評被害対
策>下野新聞7月28日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/nasushiobara/news/20140728/1668546
<【那須塩原】農作物の直売所などを運営する「ふるさとにしなす産直会」(宮
坂喜佐夫会長)は27日までに、145人の生産者全員で県が進める「エコ農業と
ちぎ」実践宣言を行う方針を決めた。東京電力福島第1原発事故による風評被害
でコメや野菜の売り上げが大きく落ち込んだままのため、県と連携した安全・安
心、信頼性の確保などで消費者に広くアピールするてこにしたい考え
だ。・・・・・・・・・>
・・・・・那須塩原-先の環境放射線の調査結果で、県内で線量がもっとも高い
地域・・・。

24.<(岡山県)流しそうめんを福島の子ら満喫 瀬戸内>朝日デジタル2014
年7月28日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG7W3PS9G7WPPZB00V.html
<福島県から瀬戸内市に保養に訪れている子どもたち20人が27日、瀬戸内市
長船町磯上の「長船美しい森」で、火おこしや流しそうめんなどを体験した。
原発事故で思い切り外遊びができない子どもたちに楽しい夏休みをと、同市内の
市民グループ「せとうち交流プロジェクト」が一昨年から取り組む行事の一環
で、今年は10家族が20~29日の日程で滞在中だ。・・・・・・・・・>

政府は、
25.<福島中間貯蔵で「地上権」設定=売却後の住民登録維持も提案―政府>
時事通信7月28日(月)20時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000113-jij-pol
福島第1原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設用地を
めぐり、政府は28日、従来方針の買収だけでなく、土地の所有権を住民に残した
まま国が建物を造って利用できる「地上権」を設定する方針を決めた。石原伸晃
環境相と根本匠復興相が東京都内で、福島県の佐藤雄平知事、建設候補地の同県
大熊町の渡辺利綱、双葉町の伊沢史朗両町長と会談して提案、施設の受け入れに
理解を求めた。・・・・・
政府側はまた、建設候補地の住民が国に用地を売却した後も、現在の住民登録を
維持できるようにする方針も提示した。さらに、関連法を改正し「中間貯蔵開始
後30年以内に、福島県外で最終処分を完了するために必要な措置を講じる」こと
を盛り込むとともに、汚染土の搬入開始は改正法の施行後とする考えも伝えた。
これに対し、佐藤知事は会談で「用地の取り扱いは、地元の意向を踏まえ検討し
てくれたものと理解する」と一定の評価を示した。一方、政府は、焦点となって
いる地域振興策などに活用できる交付金の規模の提示を見送った。このため、佐
藤知事は「施設の設置者としての責任を持って、具体的に示すよう求める」と要
請した。 

26.<(宮城県)市町村長会議、8月4日に=指定廃棄物の処分場建設で―村井
宮城知事>時事通信?7月28日(月)16時20分配信????
記事全文<東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む「指定廃棄
物」の宮城県内での最終処分場建設について、同県の村井嘉浩知事は28日の記者
会見で、意見集約のための県内市町村長会議を8月4日に開催すると発表した。環
境省が求める地盤や地質に関する詳細調査を、栗原市、大和町、加美町の3候補
地が受け入れるかが焦点となる。村井知事は「(調査を)やる、やらない、立ち
止まるというのを宮城県の自治体の意思として(どれかに)まとめるのが私の役
割と思っている」と述べた。> 

原発立地自治体、この知事はこんな認識です、
27.<原発立地の福井に安全神話ない 美浜3号事故10年で知事指摘>福井
新聞(2014年7月24日午後6時15分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/52630.html
記事全文<関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)で作業員11人が死傷した
蒸気噴出事故から8月9日で丸10年を迎えるのにあたり、西川一誠知事は24
日の記者会見で「国や関電に現地に軸足を置いた安全管理の確立を強く求めてき
た」と振り返った上で、「原発立地の福井に安全神話はないんだという覚悟で、
(今後も)原発の安全確保に万全を期すよう具体的な対策を求めていく」と強調
した。2004年の同事故を受け、関電は西川知事の要請に応じ05年に原子力
事業本部を大阪市の本店から美浜町に移した。知事は、原発に携わる県内の関電
社員が事故前に比べ約15%増の約2千人(13年度末時点)に拡充された点を
挙げ「現地主義は全国の他原発でもモデルとなった」と述べた。
一方、原子力規制委員会の田中俊一委員長が再稼働の前提となる安全審査につい
て、必ずしも原発の安全性を担保したものではないとの認識を示した点に関し、
規制委と政府の姿勢を「不明瞭」と批判した。規制委の設置法に「原子力利用に
おける安全確保を図る」という文言があることを指摘し、「規制委は審査で安全
が確保されているのであれば『確保されている』と示すことが大事。政府も規制
委の使命をはっきり言わないと、国民の信頼は得られない」と話した。「卒原
発」の継承を訴え初当選した滋賀県の三日月大造知事に対しては「電力消費地と
して本県の原発から何十年にわたり恩恵を受けていることを理解しているように
聞くが、それを前提に行動してもらいたい」とけん制した。>
・・・・・・かつて、週刊アエラが“住みやすい県ランキング”という特集をして
いたことがあって、いつもトップが福井県だった記憶がある、それは原発の交付
金で住民サービスが支えられているから! 3.11以来、そうした特集記事も
なくなりましたね。

原発周辺自治体で、
28.<(滋賀県)住民討論会:脱原発テーマに 首長ら参加 /滋賀>毎日新
聞 2014年07月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20140728ddlk25040267000c.html
<脱原発を目指す市町長らを招いた住民討論会が27日、彦根市野瀬町のひこね
市文化プラザで開かれた。平尾道雄・米原市長と藤沢直広・日野町長、村西俊
雄・前愛荘町長の3人が出席し、行政を担う立場から原発の再稼働反対などを訴
えた。「彦根・愛知・犬上 原発のない社会をつくる会」主催で、住民ら約
300人が参加した。・・・・この後、平尾市長ら3人がパネルディスカッショ
ンに臨み、原発事故を想定して自治体で策定するよう国が求めている避難計画に
ついて「バスでも自家用車でも短時間に十数万人の移動をするのは不可能」など
と指摘した。>

参考記事、
29.<(原発利権を追う)三木さんは「足りない」と言った>朝日新聞デジタ
ル7月28日(月)19時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000028-asahi-soci
<■関電の裏面史、内藤千百里・元副社長の独白 盆暮れに現金を渡した総理大
臣は、角さん、三木、福田、大平、鈴木、中曽根、竹さんまで。選挙のあるなし
は関係なく、1回1千万円で年2回。・・・・関電の中でやめようという話は出
なかったね。具体的な目的で渡す汚いカネではないという意識だった。天下国家
のためのカネ。一に電力の安泰、二に国家の繁栄。・・・・>

30.<(原発利権を追う 「関電の裏面史」独白:1)1000万円、角さん
は「頂いたよ」>朝日新聞デジタル7月28日(月)16時0分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000013-asahik-soci
<《関西電力社長・会長を歴任した芦原義重の政治担当秘書を務めた内藤千百里
は田中角栄秘書だった佐藤昭子と長い友人だ。田中の首相在任中の
1972~74年に政治献金を持参した場面から、内藤の告白は始まる》芦原さ
んが角さんの事務所で1千万円を渡すと、角さんは「おーい。頂いたよ」と昭さ
んに伝える。昭さんは「そうですかー」と受け取りに来る。1千万円は紙袋や風
呂敷で持っていく。大した重さではなかったね。私が昭さんに電話で「行きます
よー」と言えば、「いらっしゃーい」と面会を入れてくれた。芦原さんが直接、
総理や党の実力者に渡す資金がありますねん。・・・・・・・(以下、有
料)・・・・>

31.<(プロメテウスの罠)函館の訴え:1 また、かち合った>朝日新聞デ
ジタル7月28日(月)7時30分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000007-asahik-soci
<◇No.991 2013年2月19日、東京・永田町。北海道・函館市長の
工藤寿樹(くどうとしき)(64)が、自民党本部の一角で報道陣に囲まれていた。
 函館市と津軽海峡をはさんで向きあう青森県の大間町では、Jパワー(電源開
発)による大間原発の建設が続いている。その工事ストップを、近隣の首長らと
経済産業省や自民党などに要望に来たのだ。「福島第一原発の事故のすさまじさ
を見て、少なくとも原発を新たに建設することは当分、凍結すべきだと考え、建
設の無期限凍結を要請にきました」  そのとき、記者の一人が口をはさん
だ。。「今日は経産省に青森からも要望に来ますよ。あちらは原発維持を求めて
いますが・・・・」
 大間町をはじめ、むつ市、東通村、六ケ所村の首長らが来るという。工藤は体
がカッと熱くなった。「ぶつけられた。まただ」 工藤は4カ月ほど前にも、こ
の件で経産省などに要望に来ている。・・・・・・・翌日の青森の地元紙には
「原発ゼロは目標」との見出しが躍り、工藤たち北海道側の要望は、その傍らに
添えるように報じられた。
陳情がかち合ったことについて、大間町長の金沢満春(かなざわみつはる)
(64)は「要望先の都合に合わせただけ」という。しかし工藤には、ただの偶
然とは思えなかった。(南井徹)◇自治体として初めて、国などを相手に原発の
建設差し止め訴訟を起こした函館市の動きを追います。>

32.<原発再稼働「強行」と批判 菅元首相、松山で講演>西日本(2014年07
月27日 18時58分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/104033
<菅直人元首相が27日、松山市内で講演し、原発再稼働の動きについて、原子
力規制委員会の新規制基準が住民の命や避難を対象にしていないと指摘した上で
「安倍政権は、規制委の審査を満たせばよいとして強行しようとしている」と批
判した。菅元首相は、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)が新規制基準を
満たしたことに対し「規制委の審査は、付近の住民の命が本当に大丈夫か、安全
に退避できるかなどの重要なことが抜けている」と述べた。講演で菅元首相は、
東京電力福島第1原発事故の発生後、原子炉への海水注入をめぐる東電とのやり
とりなどを約30分にわたり説明した。>

海外、
33.<原発周辺の避難計画強化を…米科学アカデミー>読売新聞?7月27日
(日)18時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-00050051-yom-sci
<【ワシントン=中島達雄】米国の科学者団体「米科学アカデミー」は24日、
東京電力福島第一原子力発電所の事故の教訓について報告書をまとめ、米原子力
規制委員会(NRC※)や、米国の62原発100基の運転にかかわる電力会社
などに対し、避難計画の強化を提言した。報告書は、福島第一原発周辺の避難計
画が不十分で、お年寄りや入院患者らの避難がうまく進まなかった点を指摘。事
故発生時に子供や病人、高齢者らを守る方法の再検討を求め、避難住民の精神面
の影響や経済的な損失も考慮するよう訴えた。米連邦議会が2012年、米国の
原発の安全性を高めるために、同アカデミーに福島原発事故の教訓をまとめるよ
う要請していた。・・・・・>

34.<東日本大震災:福島第1原発事故 震災扱う漫画、多様な主観描く 作
者ら「自由な批判を」>毎日新聞 2014年07月28日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140728ddm004040066000c.html
<・・・・・・・日本マンガ学会が京都市で開いたシンポジウムで6月29日、
4人の人気漫画家が「震災を描く」をテーマに話し合った。話題になったのは漫
画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載された「美味しんぼ
 福島の真実編」だった。主人公が福島第1原発を訪れた後に鼻血を出した描写
などが、論議の的になった。・・・・・・・・・・>
・・・・・興味のある方は検索してどうぞ。

35.<原発の再稼働阻止を 原水禁世界大会、福島で始まる>福島民報
2014/07/28 09:34
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072817124
<核廃絶を訴える原水爆禁止世界大会が27日、福島市で始まった。全国から約
1300人(主催者発表)が参加し、「原発の再稼働を阻止し、政府に脱原発へ
の政策転換に向けてかじを切らせる。フクシマを核時代の終わりにする」とする
アピールを採択した。原水爆禁止日本国民会議(原水禁)などで構成する世界大
会実行委員会の主催。本県でのスタートは東京電力福島第一原発事故が起きた平
成23年から4年連続となった。・・・・・・・>

36.<(佐賀)秘密保護法講演会「オスプレイ欠陥あっても秘密」>朝日デジ
タル2014年7月28日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG7W5QRVG7WTTHB009.html
<・・・・30年以上原発訴訟に携わってきた海渡弁護士は東京電力福島第一原
発事故の際に様々な情報が隠されたとして、「原発関連の情報が特定秘密に指定
されたとしても、何が秘密に指定されているかさえ分からない」と指摘。「何を
秘密にするかは行政機関の長の判断に任されており、その判断が正しくなされて
いるかどうかチェックする第三者機関がない」などと問題点を挙げ
た。・・・・・・・・>
?
37.<(九電関連)電気ビル共創館、九州初の最高ランクに 政投銀格付け>
西日本電子版2014年07月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42780/1/
<日本政策投資銀行は、環境や地域社会への配慮などに関する不動産認証制度
「グリーン・ビルディング」で、福岡市中央区渡辺通のオフィスビル「電気ビル
共創館」が九州で初めて、最高格付けの「プラチナ」に選ばれたと発表し
た。・・・・・・・・共創館は2012年3月に完成。地上14階、地下2階建
て、延べ床約3万8千平方メートルで、九州電力子会社の電気ビル(福岡市)が
所有している。発光ダイオード(LED)照明の全館利用、太陽光発電や雨水利
用システムの導入に加え、地元九州の木材を使った内装などが評価され
た。・・・・・・・・>

留守中の記事、
38.<川内原発再稼働へ「国も説明に努力」 茂木経産相が明言>西日本電子
版2014年07月26日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42684/1/
<茂木敏充経済産業相は25日の閣議後会見で、原子力規制委員会が九州電力川
内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が新規制基準を満たしたとする審査書
案を了承したことについて「大きな前進」と評価し、再稼働に向けては「国も役
割分担してしっかりと説明の努力をする」と述べた。・・・・・>

39.<川内原発「説明会専門家派遣を」 鹿児島県、規制庁に要請>西日本電
子版2014年07月26日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42683/1/
<原子力規制委員会が九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)再稼働の前提と
なる審査書案を了承したことを受け、鹿児島県は原子力規制庁に対し、審査内容
の周知のために県などが主催する住民説明会への専門家派遣を要請した。県が
25日、明らかにした。県や薩摩川内市は、審査内容について「国の専門家」に
よる住民への説明が必要との考えを示していた。規制委と事務局の原子力規制庁
も、審査結果について地元に説明をする考えを繰り返し表明してい
る。・・・・・関係者によると、県は、規制委が8月15日まで公募する科学技
術的な意見を審査書案に反映させ確定した後に、説明会をできるだけ早く開催す
るため、この時期に派遣を要請した。「安全対策の重要な部分は、今回の審査書
案に含まれ
ている」として、規制委の残りの審査終了を待たずに開くことを検討してい
る。・・・・・・・鹿児島県は5月、審査書の確定後に原発30キロ圏の薩摩川
内市、いちき串木野市、阿久根市、日置市、さつま町で計5回、県と市町の共催
で住民説明会を開くと発表した。伊藤祐一郎知事は「説明会での住民理解が再稼
働の条件の一つ」との考えを示し、説明会参加者の理解度を測るアンケートをす
る意向だ。>

40.<川内原発審査書案「一定程度の安全性担保」 鹿児島市長が見解>西日
本電子版2014年07月25日 03時00分 更新
記事全文<7鹿児島市の森博幸市長は24日、原子力規制委員会が九州電力川内
原発の審査書案を了承したことについて「1年以上かけて厳格、慎重な審査が行
われ、一定程度の安全性が担保されたのではないか」と述べた。規制委の田中俊
一委員長は「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」と説
明しているが、森市長は「今後の意見公募や国の説明会がしっかり行われること
で、安全性がより深まると思う。今のところは一定の評価をしたい」と語った。
森市長は、地元同意の範囲について「県と薩摩川内市が対応すべきだ」とする考
えをあらためて表明。30キロ圏の6市町で協議する予定もないという。>
?
41.<川内原発再稼働、免震宿舎間に合わず 15年度完成 下請け作業員の
安全は?>西日本電子版2014年07月25日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42589/1/
<九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の重大事故に備え、免震化した作業
員の宿泊施設が整備されるのは2015年度で、再稼働が見込まれる年内に間に
合わないことが、厚生労働省に提出された九電の報告書で分かった。原発事故
時、九電社員が協力会社の従業員に直接、指揮命令できない「請負構造」も改善
が進んでおらず、緊急時に作業員の安全が確保できるのか、専門家から疑問の声
が出ている。・・・・・・・
◆電力各社、安全管理後回し  原発事故が起きた場合、現場で働く作業員の安
全をどう確保するのか。所管する厚生労働省は、東京電力福島第1原発事故の教
訓を踏まえ、電力各社に対策を求めているものの、その情報公開には後ろ向き
だ。現場作業の「請負構造」についても、議論を尽くしたとは言い難い。西日本
新聞は2012年10月、九州電力が厚労省に提出した安全対策の報告書を開示
するよう情報公開請求したが、同省は「電力会社の利益を害する」などと事実
上、不開示とした。本紙の不服申し立てを受け、内閣府の審査会は今年3月、福
岡労働局に提出された報告書の大半の開示を決めたが、同省は佐賀、鹿児島両労
働局に出された報告書は不開示としたまま。他の電力会社の報告書も公表しない
方針だ。厚労省は取材に「原発労働者の長期的な健康管理体制の整備などは全国
的に遅れているが、全体的には改善されてきた」(労働衛生課)と説明するにと
どまる。電力各社の取り組みは、外部から検証できない状態が続いている。下請
け作業員の安全対策についても、福岡労働局などの会議議事録には「下請けの被
ばく管理をどこまで元請けにさせるべきか苦慮している」と記載。請負構造の課
題について、厚労省内で対応方針が固まっていないことを浮き彫りにした。原子
力規制委員会は16日、原発の新規制基準を満たしたとする九電川内原発の「審
査書案」を了承。再稼働に向け、設備面での安全審査が進む一方で、現場の労働
者の安全対策は「後回し」になっているのが実情だ。>

42.<避難計画への不安消えず 川内原発30キロ圏、住民説明会が終了>西
日本電子版2014年07月25日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42590/1/
<・・・・・一連の説明会では「運転できない人を運ぶバスは足りるのか」「地
震や津波で避難経路が不通になったらどうするか」という避難方法に関する質問
のほか、避難が長期化した場合の対応を問う声が多く出た。しかし、行政側はい
ずれも「今後調整する」と答えるだけで、計画の細部が詰められていないことが
浮き彫りになった。6月には、伊藤祐一郎知事が県地域防災計画に反して
「10?30キロ圏の入院患者や施設入所者の避難計画は作らない」と明言。発
言の真意を問う質問に、県側は「(計画を作らないことは)まだ決まっていな
い。国の動向を注視する」と歯切れの悪い回答に終始した。全ての説明会の参加
者は計2600人。30キロ圏の人口21万5千人の1%にとどまり、30キロ圏の
住民全体の理解が深まったとは言い難い。県と9市町は「会場で出た有意義な指
摘は避難計画改定に反映させていく。住民から要請があれば追加の説明会も検討
する」としている。>

43.<薩摩川内市議会委が原発視察 再稼働の陳情判断へ>西日本電子版2014
年07月24日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42495/1/
<鹿児島県薩摩川内市議会の川内原子力発電所対策調査特別委員会(橋口博文委
員長、10人)は23日、川内原発の安全対策工事状況を視察した。原子力規制
委員会が原発の新規制基準を満たしたとする川内原発の「審査書案」を了承して
から初めての視察。特別委は川内原発の再稼働に反対する関連陳情8件と賛成陳
情1件を審査中で、その判断が注目を集める。・・・特別委は申し合わせで11
月には委員が入れ替わる予定。橋口委員長は「九電は国の指摘によく対応してい
ると感じた。いつ陳情の結論を出すか考えていないが、委員交代までには結論を
まとめたい」と話した。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面で、
44.<社説 困難に挑んでいくはずが 縮原発の見直し>
・・・・社説検索は⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
5面下方に、25.の類似記事、
37面に、9.と37.の記事。
今朝の紙面は以上です。(7.29.4:40)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 井上澄夫 さんから:
7月27日夜、沖縄防衛局はまたもや抜き打ちでキャンプ・シュワブ第一ゲート
と新ゲートに新たな柵(仮設ゲート)などを設置しました。それに抗議し28日
にはこれまでで最多の150人の市民(沖縄タイムス、琉球新報は120人)が
ブイ設置阻止のために工事車両の前に立ちはだかりました。

 その果敢な抵抗に対し県警は1人に2、3人がかりでごぼう抜きするなど暴力
的弾圧をエスカレートさせました。一方海上ではカヌー隊がキャンプ・シュワブ
内の工事を監視する行動を継続し、海陸呼応する激闘が続けられました。その結
果、28日にはブイ設置は行なわれませんでした。

------集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡」例会 7月30日(水)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
  地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
第二回実行委員会
日 時: 8月2日(土)13:30~
場 所: (鹿児島薩摩)川内文化ホール 2階会議室
   地図:http://tinyurl.com/nhlcswd
  〒895-0054 薩摩川内市若松町3-10
    ℡:0996-22-5211
 呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所: 薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 8219名。(7/18現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<【8月4日~6日・緊急連続企画】 | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1195日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1734-da61439f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)