FC2ブログ

タイトル画像

辺野古埋める「行動なき良心」

2018.12.30(18:16) 17761

第2812目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 色平哲郎 さんから:

  辺野古埋める「行動なき良心」 

(社説余滴) 朝日新聞 2018年12月28日 国際社説担当・箱田哲也

隣国や民族をのみ込む業(ごう)を思う。
日本の敗戦により、35年の支配から解かれた朝鮮半島。
ヤマト(本土)から侵略を受け、「処分」され、約500年の王国を閉じた琉球。
いずれも抵抗は、武力を背に抑えられた。

協定だ、解決済みだ、と何度言われようと、帝国日本を支え、いまを生きる韓国
の元徴用工らは納得できず、その不義を訴える。
法は法として、支配された側との距離を縮めようとするならば、彼ら彼女らの無
念さをやわらげる営みが要る。

この1年、韓国の記者から多く尋ねられたのはしかし、歴史認識の違いではない。
日本人はなぜ怒らぬのか、という素朴な問いだった。

政治の指導者は国会での質問にまともに答えず、はぐらかす。役人は堂々とウソ
をつき、公文書は組織的にねじ曲げられる。これが150年も前に近代化に歩を
進めた日本の民主主義なのかと。

道理にかなわぬ現職大統領を追いやった自負からか。若い記者の「まるで政治的
に去勢されたかのような日本人」とのつぶやきが耳に残る。

翻って沖縄。戦場(いくさば)となり、多くの命が奪われた地に、支配者然とし
た政府は容赦なく新基地建設を進める。

那覇に住む女性が30年近く前の話を教えてくれた。留学先の韓国で「我々は日
本から解放され、奪われた言葉を取り戻した。沖縄は本当に気の毒だ」と言われ
たことを。

初めはピンとこなかったが差別意識をむき出しにする政府を見て、その言葉の意
味や重みが増してきたという。
基地あるがゆえ、沖縄は今なお多くの矛盾を抱える。

例えば。教え子に基地の街の現状を伝えようと、ヤマトから強行軍で乗り込んだ
高校教師が「なんだ今日は戦闘機が飛ばないハズレの日か」と肩を落として去っ
ていく。
哀れ、だけでは何ら解決しない沖縄の一つの日常。

「社会変革は『行動する良心』にしかできない」と説いたのは、民主化運動の先
頭に立ち、幾度も死線をくぐりぬけた韓国の金大中(キムデジュン)・元大統領
だった。「行動なき良心は悪の側にいる」とも語った。

沖縄への無情の仕打ちに、芸能人らは請願書への署名行動を呼びかける。去勢な
どされていない。それでも――。

辺野古の海の褐色は無残に広がる。日本政府によって。私たち「行動なき良心」
が投じる一握りの土砂によって。
スポンサーサイト





修の呟き


<<獄中に賀状だしたる厳寒の12日間...無給の候 | ホームへ | *汚染水貯蔵継続の議論せず 福島第一、有識者会議で先送り>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/17761-3171e79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)