FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1222日目報告☆

2014.08.24(11:24) 1805

青柳行信です。8月24日。

☆鹿児島川内行 申し込み 少し席があります。

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆皆様、ご一緒に行きましょう。
 申し込み先メール: hendrix1965317@gmail.com (浅野隆樹)
住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
 連絡先: 080-6420-6211 (青柳行信)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1222日目報告☆
呼びかけ人賛同者8月23日3535名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
憲法に「脱原発」を明記せしオーストリアを学べニッポン
     (左門 8・24-759)
※《オーストリアは、世界でも珍しい「脱原発」を憲法に明記している国である。
一九九九年に制定された新憲法律「原子力から自由なオーストリア」では、第二
項で原発を新たに建設することと、既に建設された原発を稼働させることを禁止
している。ちなみに第一項では核兵器の製造、保有、移送、実験、使用を禁止し
ている。つまり、オーストリアは、軍事利用であれ、平和利用であれ、原子力の
利用そのものを憲法で否定している数少ない国の一つなのだ」(藻谷浩介・
NHK広島取材班『里山資本主義――日本経済は「安心の原理」で動く』角川
oneテーマ21)。日本国憲法はその先を行っているのに、守ろうとしない。
憲法九九条(憲法尊重擁護義務)に基づき違反者を告発すべきである。

★ 川島 さんから:
秘密保護法のパブコメ、今日が締切です!!

秘密保護法のパブコメの締切が、いよいよ今日(24日)の深夜12時
までとなりました。まだ書いていない方は、1行「秘密保護法に反対します」
だけでもいいので、書いて送って下さい!

昨年法案が提出される時のパブコメが9万件でした。
今回、報道では22日までで約3000件と書かれていました。
特定秘密保護法は、今年末に施行されます。
パブコメが少なければ、政府に「国民に認可された」と
思わせてしまいます。

私もパブコメを書く中で、秘密保護法の問題点を再認識しました。

◆政府の違法行為を、秘密に指定してはならないということが
法律にも政令にも明記されていない

◆独立公文書管理監が特定秘密の開示を求めても、行政機関は
「安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認められない」
ときでも、理由を言えば、開示を拒否できるとされている。
つまり、何とでも言い逃れして、開示しなくてすむ。

◆適正評価について医療機関に対して個人の医療情報の照会を
行うことは、医師に対して守秘義務違反を強要することになる

◆ツワネ原則にある「市民やジャーナリストは秘密情報の受取、
保持若しくは公衆への公開により、又は秘密情報の探索、アクセスに
関する共謀その他の罪により訴追されるべきではない」という規定が無く
一般市民をも取り締まる法になっている

このような悪法の秘密保護法は絶対に許せません。
パブコメは3項目に分かれていますが、3つとも同じ内容でもかまいません。
とにかく、数の力で圧倒しましょう!下記、3項目のURLです。
よろしくお願いします!

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072401&Mode=0

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072402&Mode=0

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072403&Mode=0

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2014年8月23日 第428号
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
(原発関連)
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
(改憲関連)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

------------------
集団的自衛権
------------------

■集団的自衛権行使、抗議の声を一冊に 北海道新聞社が出版
(北海道新聞社、2014年8月22日、800円(税込み))
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/558279.html

■集団的自衛権 「容認できず」を民主党見解に
(NHK News Web 2014年8月20日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140820/k10013931101000.html

■「憲法踏みにじる暴挙」 長崎、集団的自衛権に怒り
(東京新聞 2014年8月9日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014080902000250.html
魚拓
http://megalodon.jp/2014-0822-1154-41/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014080902000250.html

■原爆の日 長崎市長「平和への不安や懸念」
(YouTub 2014年8月9日)
https://www.youtube.com/watch?v=PzSksL4pawQ

★ 弁護士 後藤富和 さんから:
中央区九条の会結成1周年記念
映画「ファルージャ」上映会

日時: 8月29日(金)18:30-20:40
会場: ふくふくプラザホール(福岡市市民福祉プラザ)
福岡市中央区荒戸3-3-39
映画: 「ファルージャ イラク戦争 日本人人質…そして」
http://fallujah-movie.com/index.html
(PG12指定)
解説: 「集団的自衛権の現実」近藤恭典弁護士
料金: 前売800円(当日1000円。学生・障がい者500円)
主催: 中央区九条の会、terra cafe kenpou、日本の科学者読書会

映画予告編
http://youtu.be/OOzPstWj6zA

中央区九条の会結成1周年を記念して映画「ファルージャ イラク戦争 日本人人
質…そして」の上映会を開催します。

「集団的自衛権」の行使が現実化しつつある今日、この映画は集団的自衛権の現
実を私たちに突きつけます。

イラク戦争の際、ファルージャで起きた人質事件。その背景にはイラクへの自衛
隊派遣がありました。「自己責任」で人質を切り捨て人命を軽視した日本政府の
対応は、憲法第9条を踏みにじり「集団的自衛権」を強行する安倍政権の姿と重
なります。

ファルージャの戦闘は、アメリカ軍による住民虐殺事件に他なりません。しか
も、アメリカ軍は劣化ウラン弾を使用し、イラクでは多くの奇形児が出生するな
ど後遺症に苦しんでいます。罪もない人々を世代を超えて苦しめるのがアメリカ
の戦争であり、そのアメリカの戦争に加担するのが「集団的自衛権」行使です。
その結果、世界中の「苦しめられた人々」から将来にわたって日本人は恨まれ続
けることになります。
「平和をめざす国、日本」のひとつの約束であり証明であった「兵器輸出三原
則」を安倍政権は簡単に破ってしまいました。人と人とが殺し合う道具、戦争を
する道具を世界中に売りまくって、金儲けをしよう、景気をよくしよう、として
います。それこそが「集団的自衛権」行使容認と同じ目的にあるものであり、安倍
政権がめざしているものと言うことができます。安倍政権の暴走を食い止めない
とどうなるのか、どういう戦争を起こすことになるのか、この映画は教えてくれ
ます。

何のためにこのような戦争に加わる道を作ろうとするのか?
それによって今まで日本人が得てきたものがどれだけ失なわれるのか?そしてど
れだけ多くの世界の人々を「敵」に回すことになるのか?

映画を見て考え、そうした動きを止め、押し戻す声を上げて行かなければなりま
せん。

上映後、近藤恭典弁護士による「集団的自衛権の現実」について解説を行います
(25分程度)。

ぜひ8月29日の中央区九条の会結成1周年記念「ファルージャ」上映会におこしく
ださい。お待ちしています。
チケットのお申し込みは大橋法律事務所(担当後藤)まで
TEL 092-512-1636/FAX 092-512-1637
メールフォーム
http://www.ohashilo.jp/mail.html

中央区九条の会結成1周年記念
映画「ファルージャ」上映会特設ページ
http://www.ohashilo.jp/fallujah20140829/

なお、当日、原発なくそう!九州玄海訴訟原告団からの訴え、中学3年まで医療
費無料化をすすめる会からの訴えを行います。

★ 金信明 さんから:
①「愛と哀しみのサハリン」という朝鮮人強制連行とサハリンへの置き去りを描
いた、
斉藤由貴主演のドラマのビデオを探しています。持っている人は
sinmyon@ybb.ne.jp
まで連絡ください。以下はそのドラマの放送日などです。

作品名
終戦記念番組 愛と哀しみのサハリン (しゅうせんきねんばんぐみ あいとかなし
みのさはりん)
キー局NTV 局系列NNN 放送 1991年08月07日 ~水曜日21:03-22:52

②ソウルの「戦争と女性の人権博物館」で
「日本軍「慰安婦」被害者 少女の物語~DVD付き絵本 単行本 2014/8/18
金濬起(キム・ジュンギ) (著), 韓国挺身隊問題対策協議会 (翻訳)
を買ってきました。最近日本で発売されたものです。
アマゾンで売っています。
http://tinyurl.com/lrd5l8b

ぜひ、地元の図書館などに購入希望を出してください。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

★ 舩津康幸 さんから:
こんばんは。
現時点で、ネットで目立った記事を以下に紹介しておきます。

1.「金曜日の声 官邸前 叫んで世の中よい方に」東京新聞8月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014082302000114.html
「神奈川県秦野市の無職 小島崇義さん(62) 日本は広島・長崎の原爆に第
五福竜丸事件、茨城県東海村の臨界事故など、他国より放射能の恐ろしさを経験
してきたはずだ。3・11を経てもなお原発に頼ろうとするなんて信じられない。
千葉県市川市の主婦 飯島勢津子さん(71) 原発再稼働をはじめ秘密保護法
や集団的自衛権など、自らの主義主張を通そうという安倍首相のやり方は疑問
だ。この場に立って叫ぶことで、世の中が悪い方向に行くのを食い止められれば
と思う。
東京都渋谷区の僧侶 池田寛信(かんじん)さん(35) 原発は燃料のウラン
を採掘する段階から多くの被ばくをもたらし事故が起きれば人も国土も汚染され
る。命や自然環境の大切さを説く仏教徒として、再稼働は決して許されない。」

1’.「川内原発再稼働に反対 官邸前抗議行動」しんぶん赤旗2014年8月23日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-23/2014082315_02_1.html
「首都圏反原発連合は22日、115回目の首相官邸前抗議行動を行いました。
福島原発事故がなかったかのように、川内(せんだい)原発の再稼働に突き進む
安倍晋三政権。セミの鳴き声が響くなか、1800人(主催者発表)の参加者
は、「原発いらない 命と故郷が大事」などのプラカードを手に、「原発やめ
ろ」「すべての原発再稼働反対」と訴えました。・・・・・」
つえを手にコールしていた神奈川県相模原市の男性(47)は障害者手帳を示し
ながら、「川内原発の避難計画は要支援者の命を守ろうとしない、ずさんなもの
です。国民の命を守るのが政府の第一の義務。命より経済を優先して原発を動か
そうとするのはおかしい」と憤ります。
初めて参加した埼玉県の会社員の女性(37)は「原発は命の危険をもたらしま
す。経済のためというが、そこまでして原発を動かす必要はありません」といい
ます。
東京都国立市から参加した大学院生の男性(22)は「あのような事故を起こし
た国で、再稼働なんてあってはならない。世論の多くは反対です。安倍政権のや
り方を支持できません」。
群馬県高崎市から参加した男性(41)=運送業=は「今度事故が起きたら日本
に住めなくなってしまう。再稼働はやめてほしい。原発に頼らない社会を実現す
べきです」と話しました。・・・・・・・」

2.「(佐賀県)原発避難計画 30キロ圏外 現状で対応」佐賀新聞2014年08
月23日 09時57分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/96830
「佐賀県の古川康知事は22日、県市長会(会長・横尾俊彦多久市長)が要望し
た原発事故時の30キロ圏外の住民避難について、「現在の県地域防災計画でも
対応できる」との認識を示した。その上で、原子力規制委員会の今後の検討を注
視し、新たな方針が示された場合は計画に反映させる考えを述べた。・・・・
古川知事は、現計画では30キロ圏外の住民も毎時20マイクロシーベルト以上
の放射線量が測定された場合、1週間以内に避難することになっていると説明し
た。避難先は、実際に事故が起きた際、避難を受け入れていない市町などで対応
する考えを示した。
規制委は今後、放射性雲の拡散状況に応じた避難のあり方などを検討する。知事
は「より具体的な方針や考え方がまとまるか注視したい」と述べた。
再稼働に関し、塚部芳和伊万里市長が「10市が蚊帳の外にならないような対応
を」と訴えた。古川知事は「市町の立場やさまざまな声を聞いて判断していきた
い」と情報提供のあり方を含めて検討すると答えた。市長会は原発避難計画を含
む37項目の要望書を提出した。県は後日、文書で回答する。」

2’.「(佐賀)再稼働への懸念に知事は持論展開 県市長会」朝日デジタル
2014年8月23日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG8Q5HNKG8QTTHB00F.html
「市長会は、30キロ圏外の住民が、原発事故で避難が必要になった場合の避難
先が具体的に決まっていないことを懸念。小城市の江里口秀次市長は「我々が避
難する場合、どこにどういう形でというのはなかなかできていない」と訴えた。
しかし古川知事は「県としては30キロ圏外の計画はある」と主張したうえで、
「こうなったらここに行くという具体的なところは決めていないが、必要なとき
に必要な方々に安全なところに避難してもらうことを絶対実現する」と、具体的
な避難先を決めるかどうかは明言しなかった。・・・・・」

避難関連記事、
3.「柏崎刈羽原発:5キロ以内住民に説明 市、事故避難計画 /新潟」毎日
新聞 2014年08月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20140823ddlk15040093000c.html
「東京電力柏崎刈羽原発が大事故を起こした際の避難計画について、柏崎市は
21日夜、原発からほぼ5キロ以内に位置する同市高浜地区で説明会を開いた。
町内会の役員ら約30人が参加し、熱心な議論を繰り広げた。
市は「地区の住民は放射性物質の放出前に村上市に向かう」との計画を説明。▽
住民は市が「避難準備情報」を出したら帰宅▽3歳未満の子や保護者は先に避難
し、次に全員が避難▽避難手段は自家用車や市が用意するバスなど▽保育園や学校
に通う子は保護者に渡すが、無理なら職員と避難??などとした。
住民からは「(保育園や学校は地元から原発をはさんだ反対側にあり)原発の前
を通って子供を迎えに行き、帰宅しろというのは失礼だ。そのまま避難すること
も考えてほしい」との声が出た。市は「迎えは放射性物質の放出前を想定してい
る」と説明したが、住民は「いつ何時、放出があるか分からない」と訴え
た。・・・・・・・」

4.「全国知事会:原発防災対策で提言へ 原子力規制庁長官に、財政・人的支
援求め /茨城」毎日新聞 2014年08月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20140823ddlk08010114000c.html
「全国知事会は27日、適切な財政措置や人的支援を求める「原子力発電所の安
全対策および防災対策に対する提言」を池田克彦・原子力規制庁長官に提出す
る。東京電力福島第1原発事故を受け、自治体が実施する防災対策の範囲が拡大
していることから、30キロ圏内の緊急防護措置区域(UPZ)外の自治体への
対策経費なども財政措置するよう求めている。
全国知事会原発対策特別委員会委員長を務める橋本昌知事が提出する。同提言で
は、避難計画の策定支援として、避難道路や港湾などのインフラ整備を早急に進
めることや県外避難先の確保・調整などを求めている。また、原発の再稼働につ
いては「安全性の確認だけでなく、エネルギー政策上の必要性などを十分考慮
し、国が責任を持って判断するとともに、国民や自治体に十分な説明と理解を得
るよう取り組むこと」と提言している。」

被災地フクシマ、
5.「現知事訪欧中止で波紋 進退表明に注目」福島民報?8月23日(土)12時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000044-fminpo-l07
「東京電力福島第一原発事故に伴い発生した除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設
の協議に専念するとして、佐藤雄平知事は訪欧を取りやめた。任期満了に伴う
10月の知事選に向け、中間貯蔵施設の協議に区切りがついた時点での進退表明
を検討しているとの見方があり、県内各党の関係者は現職の動向を注視してい
る。・・・・・・民主党県連の亀岡義尚幹事長は「福島の未来に政治生命を懸け
るという並々ならぬ決意の表れを感じる」と佐藤知事の訪欧取りやめの判断を支
持した。佐藤知事が県連幹部との会談で、中間貯蔵施設に関する協議に区切りが
ついた時点で態度を明らかにする考えを示唆したとして、亀岡氏は考えが明らか
になる時期が近づいているとみている。」

6.「(知事選立候補予定者)「県外も廃炉」 知事選へ政策」朝日デジタル
2014年8月23日10時15分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1408230700003.html
●立候補表明の五十嵐氏 10月の県知事選に無所属で立候補を表明している牧師
の五十嵐(いがらし)義隆氏(36)が22日、県庁で記者会見を開き、政策を
発表した。県内原発は「『最速の廃炉』を目指しつつ、全国のモデルとしたい」
と述べ、県外原発についても廃炉を呼びかける考えを示した。
会見では政策として、震災関連死をこれ以上増やさないとする「命をつなぐ福
島」など、「7本の柱」を掲げた。「涙が真珠に変わる場所 福島」をキャッチ
フレーズに、被災者の声を復興の過程に盛り込む「対話型の政治」を目指すと訴
えた。」

7.「福島第1原発事故 鮫川焼却施設操業差し止め仮処分 申し立て却下、国
側が求める /福島」毎日新聞 2014年08月23日 地方版
記事全文「放射性物質に汚染された草木や稲ワラなどを燃やすため環境省が鮫川
村で運転している仮設焼却施設を巡り、用地地権者の一人が操業差し止めを求め
た仮処分の第1回審尋が22日、福島地裁郡山支部であった。国は申し立ての却
下を求めた。
申し立てているのは、鮫川村青生野の会社員、堀川宗則さん(59)で、焼却施
設の設置に同意していない。審尋は非公開。国は「土地の共有者の過半数から同
意を得ており、設置は問題ない」などとした答弁書を提出した。焼却施設は、
「青生野協業和牛組合」が管理する牧草地に建設され、18人の共有地権者がい
る。堀川さんの代理人の坂本博之弁護士は「牧草地に焼却施設を建設するのは共
有地の変更処分にあたり、民法上、共有者全員の同意が必要」と主張している。

8.「群馬県:放射性セシウム:ワカサギから基準超 赤城大沼漁協に出荷自粛
を要請 」毎日新聞 2014年08月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20140823ddlk10040054000c.html
「県は22日、赤城大沼と榛名湖のワカサギから国の基準値(1キロ当たり
100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。県は赤城大
沼漁協に出荷自粛を要請し、榛名湖については自粛要請を継続する。ともに9月
1日が釣り解禁予定日だった。
赤城大沼を巡っては1~3月に8回連続で基準値以下となったことから3月14
日付で自粛解除に踏み切った。福島第1原発事故以降3年ぶりにワカサギ釣りが
正常化すると期待されたが、自粛解除を水産庁に「時期尚早」と指摘され、20
日付で再度自粛要請した。
今回、釣り解禁日を前に調査した結果、両湖沼で110ベクレルを検出した。次
回検査は9月中に予定しているが、結果が基準値を下回っても当面は自粛解除の
見込みはなさそうだ。」

9.「(岐阜)みなし仮設延長を要望 福島から避難の被災者ら」朝日デジタル
2014年8月23日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG8Q4H8HG8QOHGB005.html
「東京電力福島第一原発事故で、福島市から県内に避難している人や、支援者で
つくるグループ「ぎふ避難者支援ネットワーク」(小森真人〈まひと〉代表)が
22日、岐阜市営住宅の無償入居期間の長期延長を求める要望書を岐阜市に提出
した。
岐阜市は、市営住宅を「みなし仮設住宅」として無償提供してきたが、来年3月
末で終了する。要望書によると、避難者は、引っ越しの費用や住宅ローン、自家
用車や家財道具の買い替えなどで経済的な負担が大きいとし、無償期間の長期延
長を求めている。また、新たな移住者の受け入れ態勢の整備も要望した。同ネッ
トワークは県に対しても「みなし仮設」の無償期間の延長を要望し、4278人
分の署名を今月12日に提出した。福島市から避難する母親(31)は夫と幼い
子ども2人の家族4人で岐阜市営住宅に暮らす。福島に親を残して来ているため
行き来などで出費がかさむという。「1年ごとの延長では生活の見通しが立たな
い」とし、長期の延長を要望した。」

福島第一、
10.「低い精度、消えぬ懸念 地下水浄化 東電「基準満たす」」東京新聞8
月23日 ※添付図面あり
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014082302000187.html
福島第一原発の建屋周りの井戸からくみ上げた放射性物質を含む地下水を除染後
に海に流す計画で、東電は二十二日、除染装置の試験をした結果、放射性セシウ
ムやストロンチウムなどの濃度は、放出基準を下回ったとの結果を明らかにし
た。ただ、もっと精密に濃度を測れるのに、東電の測定はぎりぎりの精度。地元
の理解を得られるかどうかは不透明だ。・・・・・・・・
東電が試験的にくみ上げた地下水には、セシウムが二四七ベクレル、ストロンチ
ウムなどが二九〇ベクレル、トリチウムが六六〇ベクレル含まれていた。除染装
置で浄化試験した結果、セシウムとストロンチウムなどはいずれも検出できず、
トリチウムが六七〇ベクレルと、基準を下回ったという。トリチウムが逆に一〇
ベクレル上昇したのは「誤差」(東電)だとしている。
 ただ、今回の計画と地下水バイパスとは、放出される水が汚染されていたもの
かどうかという点が全く異なる。放射性物質の見落としがないよう、濃度は十分
に余裕のある精度で測定されないと信頼できない。
 今回、セシウムもストロンチウムなども「検出できず」との結果だったという
が、ストロンチウムなどの検出限界値は〇・八三ベクレルと放出基準の六分の一
まで精密測定するのに対し、セシウムの限界値は一ベクレルと基準の半分しかな
い。わずかな誤差でセシウムの存在を見逃す恐れもある。もっと精密に測ること
は可能だが、東電の担当者は「いまの限界値で除染装置の性能を見るのには十分
だ」と話した。」

電力、
11.「電気料金値上げ:「聖域なき効率化を」 知事、北電に要望??有識者会
議 /北海道」毎日新聞 2014年08月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20140823ddlk01020196000c.html
「北海道電力の電気料金値上げ幅の妥当性を審査する経済産業省の有識者会議
「電気料金審査専門小委員会」(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)の2
回目の会合が22日、東京であり、出席した高橋はるみ知事が「北電は聖域を設
けず、さらなる合理化・効率化に取り組んでほしい」と要望した。
高橋知事は、9割を超す道内企業が値上げで「経営に何らかの影響がある」とし
た道の調査結果に触れ、再値上げによる負担増の抑制に取り組むよう求めた。ま
た、中長期的視点に立った電源の多様化が必要との認識も示した。・・・」

参考記事、
12.「(プロメテウスの罠)2人の首相:8 歯切れよく「即ゼロ」」朝日デ
ジタル2014年8月23日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11312398.html
「◇No.1016
2013年夏。小泉純一郎(72)は「原発ゼロ」へ、一気にアクセルを踏み込
んだ。8月中旬、フィンランドを訪れ、核廃棄物の最終処分施設「オンカロ」を
視察した。放射能が無害になる10万年先まで核のごみを密閉しなければならな
いという。
日本ではとても無理だと思い、原発をやめるべきだと確信する。その転機を最初
に伝えたのは、ひとつの新聞記事だった。
8月26日、毎日新聞に載った特別編集委員・山田孝男(やまだたかお)のコラ
ム「風知草」だ。「小泉純一郎の『原発ゼロ』」の見出しが立つ。「原発ゼロし
かない」「ピンチはチャンス。自然を資源にする循環型社会を、日本がつくりゃ
いい」
歯切れのよい「小泉節」が並ぶ。小泉はそれまでの講演で「原発依存度を下げ
る」「原発は増やせない」などと、慎重な言い回しをしていた。それが、「原発
ゼロ」とスパッと断じるようになっていた。10月1日、小泉は名古屋市で講演
し、自らの肉声で訴えた。・・・・・・・・・・・・「原発に代わる代替エネル
ギーに、原発に向けていた費用を回してはどうか。日本の企業なら、原発に代わ
るエネルギー源を発明し、開発していきますよ。早い方がいい。もう今、原発は
ゼロなんですから」原発再稼働も許さない「即時ゼロ」を訴えた」。」

13.「仮設長期利用へ岩手で試験改修 県、年度内に計画」東京新聞8月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2014082302000188.html
「岩手県は二十二日、釜石市にある東日本大震災の仮設住宅の試験改修工事を報
道陣に公開した。被災地では、災害公営住宅の整備や高台移転などが遅れ、原則
二年と想定されている仮設住宅の利用を大幅に延長せざるを得ない状況がある。
長期利用を見据えた改修は岩手、宮城、福島の被災三県で初めてだという。
試験改修は釜石市内の二棟八戸が対象。県の委託を受けた作業員が室内の床板を
切り取り、床下で基礎部分の木のくいの腐敗状況を確認したり、建物を支えるた
めの金属製の補強具を取り付けたりした。外壁の下のくいは雨や風が直接当たる
ため、腐食が始まっているものもあった。県は具体的な改修計画を年度内につく
る予定。」
以上です。(8.23.19:00)

おはようございます。

1.「川内原発:来月6日の再稼働公開討論会、九電と県が参加拒否 実現する
会「説明責任を果たせ」 /鹿児島」毎日新聞 2014年08月23日 地方版

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20140823ddlk46040338000c.html
「九州電力川内原発の再稼働を巡る公開討論会の開催を巡り、九州電力と県に協
力を求めていた「公開討論会を実現する会」は22日、両者から参加拒否の回答
があったことを明らかにした。同会代表世話人の伊藤周平・鹿児島大法科大学院
教授は「(事故があれば)被害を受けるのは住民。事業者も自治体も説明責任が
ある」と訴えている。討論会は、地震、火山、避難計画をテーマに、推進・反対
双方の専門家による討論を予定。同会が7日に協力を求めたが、九電は「原子力
規制委員会での審査会合の議論や資料は公開されている。電力会社が審査結果や
内容に言及する立場にない」。県も「避難計画の住民説明会を実施している」と
した。
県庁で記者会見した伊藤教授は「審査会合だけで説明すればいいというのはおか
しい」と九電を批判。また、「納得できる説明をするという自治体としての責任
を果たしていない」と県の姿勢に憤りをあらわにした。
出席するのは、長沢啓行・大阪府立大名誉教授(地震)▽井村隆介・鹿児島大准
教授(火山)▽NGO「FoE Japan」の満田夏花・理事(避難計画)??
の川内原発再稼働の問題点を指摘する3人。同会は、再稼働に肯定的な専門家の
参加を求めていく。
討論会は、鹿児島市山下町のかごしま県民交流センターで9月6日午後1時半か
ら。入場料500円(高校生以下無料)。問い合わせは実行委事務
局・・・・・」【杣谷健太】

1’.「やごろうどん:逃げるな /鹿児島」毎日新聞 2014年08月23日 地方版

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20140823ddlk46070343000c.html
「「説明責任を放棄している」。その声は怒りに満ちていた。川内原発再稼働問
題の公開討論会を主催する「実現する会」が開いた記者会見。九州電力と県に協
力を求めたが、両者は参加を拒否した。同会代表世話人の伊藤周平・鹿児島大法
科大学院教授が何度も強調した。県は、30キロ圏9市町で避難計画の住民説明
会を開催してきた。今後は、新規制基準の適合性について、国の説明会もある。
説明会は理解を助ける一つの手段だ。更に地震や火山問題、避難計画について
は、専門家からも問題点が指摘されている。一方的な説明だけでは、何が問題な
のかが理解しづらいはずだ。私は責任放棄の犠牲者は「県民」だと訴えたい。批
判的な専門家の疑問に九電と県が答えることで、県民の「理解」は一層深
まる。両者は、公開討論会に参加すべきだ。」【杣谷健太】
・・・・・記者もこのように指摘しています。

先の記事、8月20日に、次のような記事がありました、
1”.「川内再稼働「賛否両派で公開討論を」 鹿児島の市民団体が計画」西日
本電子版2014年08月20日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/44231/1/

被災地フクシマ、
「(福島)伊達に舞う、こいのぼり7494匹 ギネス達成」朝日デジタル2014
年8月24日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG8R01SRG8QUGTB01J.html
「東京電力福島第一原発事故からの復興を願い、伊達市の保原総合公園を会場に
23日開かれた「だてな復魂(ふっこん)祭」で、こいのぼり7494匹を掲げ
ることに成功し、ギネス世界記録に認定された。
世界記録で福島を復興しようという企画で、地元の青年会議所が呼びかけた。
「子どもたちの健やかな成長で、原発事故や震災による人口減少を跳ね返そう」
と、挑戦した。長さ約45センチのこいのぼりは、最盛期を迎えている地元名産
の桃にちなみピンク色にした。
「上がった」との認定には、ロープに下がった状態で1分間以上動き続けていな
ければならない。午前9時からギネス社の公式認定員が時間を計りながら1匹ず
つ数え、午後4時過ぎ、世界記録と認定されると、観客から一斉に歓声が上がっ
た。仁志田昇司市長も会場に駆けつけ、「将来を担う若者たちの企画と力で伊達
市が世界一になった」と大喜び。これまでの世界記録は6478匹だった。]

今朝は、以上です。(8.24.3:27)

★ 前田 朗 さんから:
植村和秀『ナショナリズム入門』(講談社現代新書、2014年)
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/08/blog-post_34.html

★ 井上澄夫 さんから:
現地速報 キャンプ・シュワブゲート前大行動の参加者は主催者発表で3600
人、バスに乗れなかった人が400人いました。
 とにかく熱気あふれる、文字通りの大行動が実現しました。大成功ですが、こ
れは次の高揚への入り口です。

大行動に参加した宮古平和運動連絡協議会の清水早子さんの報告
 数千人は遥かにいるでしょう! まるで県民大会です。
 キャンプ・シュワブは封鎖され、機能不全になっています!
 沖縄県民は必ず、勝利する!と声が響き渡ります。

 大行動に参加した「STOP!辺野古埋め立てキャンペーン」共同代表、加藤
宣子さんの報告
 たぶん、報告が届いているかと思いますが、今日のシュワブゲート前は3600人
が集まりました。月曜日に話になって、火曜に呼びかけて、たった1週間もない
準備で、よく集まった と思います。両側の歩道を埋め尽くしていました。沖縄
中から人が集まっていましたよ。
 「歴史的な一コマになる」と安次富宏さんが言っていました。山城博治さんも
すごく喜んでいました。この間のボーリングの強行と海保の横暴に、沖縄の人の
怒りが湧きあがった のだと思います。
 ホントに、基地建設を止められると実感できるようなそんな瞬間でした。それ
にしても
 暑かった~~~。私も久しぶりに船を下りて、ゲート前を堪能しました。

------集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡」例会 8月28日(木)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
  地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所: 薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆ 皆様、ご一緒に行きましょう。
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後9時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317@gmail.com (浅野隆樹)
住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
 連絡先: 080-6420-6211 (青柳行信)

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判の本人尋問●
~いよいよ裁判は佳境に~
【本人尋問のスケジュール】
 9月3日 午後1時00分~ 門前集会 @福岡地方裁判所正門前
午後1時30分~ 梅田さん本人尋問 @福岡地方裁判所301号法廷
午後4時00分~ 報告集会 @福岡県弁護士会館3階ホール

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 8309名(8/22現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<~運動者・村田久の軌跡をふりかえる~ | ホームへ | 【8・29佐賀地裁間接強制異議審傍聴参加依頼】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1805-a32ddf17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/25 08:51)

高崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/08/25(月) 08:52:17 |
  2. ケノーベル エージェント

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/25 09:06)

国立市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/08/25(月) 09:06:17 |
  2. ケノーベル エージェント