FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1223日目報告☆

2014.08.25(20:30) 1808

青柳行信です。8月25日。

☆鹿児島川内行 申し込み 少し席があります。

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆皆様、ご一緒に行きましょう。
 申し込み先メール: hendrix1965317@gmail.com (浅野隆樹)
住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
 連絡先: 080-6420-6211 (青柳行信)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1223日目報告☆
呼びかけ人賛同者8月24日3535名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
スピードも精度も劣るSPIEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク
システム)予算減らして実測に戻す
      (左門 8・25-760)
※スーパーコンピューターを駆使して、放射性物質の広がりを即座に予想して避
難に対応するはずだったシステムに「限界がある」ので、モニタリングポストの
実測数値をもとに、地域ごとに判断するところへ戻す。1986年に運用を始
め、開発や維持に、2010年まで約120億円の国費が投入されたにもかかわ
らずだ。《元原子力安全委員長の斑目春樹氏は「風向きはぐるっとまわるため、
単位量放出では見極めはむずかしかった」と言う。別の専門家は「放出源情報を
把握し、予測できるという考え方自体が安全神話だった」と指摘する》(朝日新
聞、25日付)。「スピーディ」などと鳴り物入りのシステムは「安全神話」で
国費をドブに捨てたことになる。マダラメではなくデタラメだ。

★ 崔 勝久 さんから:
二人の碩学から学ぶー原子力の本質的な問題(朝日新聞 川崎版)
http://oklos-che.blogspot.com/2014/08/npo-2012511-httpoklos-che.html
「核兵器廃絶と原発反対は一緒に進めるべき」(肥田舜太郎さん)、
「米との同盟(関係にあること自体が)「脱原発」の壁」(梅林宏道さん)、な
るほど、なるほど。

★ 中西正之 さんから:
 8月23日(土曜日)の23時からEテレで「原発事故 国家はどう補償した
の ~チェルノブイリ法 23年の軌跡~」の放送があったので、ビデオに録画
して録画を再生して見ました。
NHKが精力的にチェルノブイリ事故後の事を取材しており、インターネットや
書籍では良く分からなかったことが、たくさん分かりました。
 チェルノブイリ事故の事はたくさん報告されていますが、事故の発生直後から
何年間も事故の真相がソビエト政府によって隠蔽されたため、信憑性の高い情報
が少なく、じこによる被害は大したことが無かったとの情報や、大変な被害が起
きており、どうしようもない状態だとの報告もたくさんあり、チエルノブイリの
事故と放射能物質の飛散による、原発事故対策の作業員や住民の放射線被爆の真
実が掴みにくい状態だったと思われます。
 このことが、日本人の原発の過酷事故への油断を生み出し、福島第一原発の過
酷事故発生の大きな原因に成ったと思われます。
福井地裁の大飯原発運転指し止め判決では、福島第一原発4号機の使用済み燃料
プールがメルトダウンを起こし、格納容器に保管されていない大量の使用済み核
燃料が野ざらしになり、チェルノブイリと同じ規模の事故が起こることが予測さ
れ、250km圏内の人の避難が検討されたが、幸運が2つ重なってかろうじて
チェルノブイリ級事故を免れた。
 今の大飯原発はそれと同じ条件で運転が計画されているので、運転を指し止め
ると判決しています。
しかし、チェルノブイリ級事故とは何かが余りよく分かっていません。
 NHKが精力的にチェルノブイリ事故後の事を取材しており多くの真相が報告
されています。
福島で問題に成っている避難規準年間20mSvの問題が学術論争ではなくて、チェ
ルノブイリ法の生まれた経緯を知る事により、理解
しやすくなると思われました。
 ただ、ある程度はチェルノブイリ事故の真相も知られていますが、チェルノブ
イリの事故がソビエト国家の崩壊を招き、今のウクライナの政変の原因になった
のではないかと思われました。
この放映を見ていると、川内原発にチェルノブイリ級の過酷事故が起きると、日
本が滅びるといわれていますが、チェルノブイリの過酷事故はソビエト国家を崩
壊させたような気がしました。

★ 金野奉晴@甲府でもやるじゃんネット・共同代表 さんから:
(FOE JAPANN出典)
8月21日「原発避難問題に関する政府交渉 in 東京」が開かれました。
喜多 充氏(原子力規制庁原子力防災対策課地域防災推進官 
兼 内閣府 原子力災害対策担当室参事官補佐)と市民との
一問一答が仰天する内容なのです。
http://www.kiseikanshishimin.net/2014/08/22/140821report/

※甲府でもやるじゃんネットとは、山梨で唯一の金曜行動グループです。
  これまでの2年間で109回の脱原発ウォークを実施しました。
  http://www.kofudemo.net/

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
週末明け、今朝も川内(せんだい)原発関連の記事から始めます。4.に、フク
シマで、子供の健康で気になる記事があります。

1.「川内原発事故時の弱者対策「不十分」 鹿児島市で反原発団体が学習会
[鹿児島県]」西日本新聞」(2014年08月25日 00時07分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/109884
[国内原発で最初の再稼働が予想される九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内
市)事故時の避難計画の問題点を明らかにしようと、県内外の反原発団体が24
日、鹿児島市で学習会を開いた。福島第1原発事故で避難した障害者や、反原発
運動のメンバーなど110人が参加。入院患者や障害者への対応、避難住民の受
け入れ態勢が「不十分」と指摘する意見が相次いだ。
福島県田村市で福祉施設を営むNPO理事長で、自らも車いす生活の鈴木絹江さ
ん(63)=現在、京都市に避難、写真(左)=は原発事故後、重度を含む障害
者3人と同県内や新潟県の宿泊施設に避難した経験を振り返り「屋内退避は自活
できる人しか不可能。多くの障害者は避難するしか選択肢がない。一方、避難所
のほとんどは公民館や体育館で、重度の人の収容は無理」と証言、介護に必要な
空間を確保できるホテルや旅館を避難所に指定するよう提言した。
川内原発30キロ圏に全域が入る鹿児島県いちき串木野市のデイサービス施設代
表江藤卓朗さん(57)は、病院や福祉施設のアンケートで、回答した48施設
中41施設が「行政の説明を受けていない」と答えた結果を示し「県や市は避難
が最も困難な人たちを軽視している」と批判した。
鹿児島市の「反原発・かごしまネット」の杉原洋さん(64)は「避難者を受け
入れる自治体は『生活物資は避難元の自治体が準備する』と言う。あらかじめ備
えていないと避難所にならないのでは」と計画の実効性に疑問を投げ掛け
た。」=2014/08/25付 西日本新聞朝刊=

1’.「原発と避難問題を考える集い」南日本放送 [08/24 17:55]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014082400004733
「「原発と避難問題を考える集い」が24日、鹿児島市で開かれ、川内原発の避
難計画の不十分さなどを訴えました。この集会は反原発・かごしまネットなど全
国の22の団体が合同で開いたもので県内外から110人が参加しました。集会
では、川内原発で事故が起きた場合の避難計画について、30キロ圏に住む住民
から道路が冠水した場合などに必要な避難時間が把握されていないことや、要援
護者の避難計画も十分でないことなどの問題点が指摘され、川内原発の再稼働反
対を訴えました。反原発団体では25日、鹿児島県に再稼働反対の申し入れを行
う予定です。」

2.「規制庁の独自判断で火山監視追加 原発規制の基準案づくり」西日本新聞
(2014年08月24日 18時55分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/109820
「原発の規制に初めて具体的な火山対策を盛り込んだ原子力規制委員会の基準
「火山影響評価ガイド」で、過去に巨大噴火に伴う火砕流が原発敷地に影響を及
ぼした火山への監視を電力会社に求めた条項は、規制委事務局の原子力規制庁
が、原案づくりの最終段階で外部識者には意見を求めず独自の判断で追加したこ
とが24日、分かった。規制委は監視で噴火の前兆が観測された場合、原子炉停
止などを求める考えだが、再稼働が近づく九州電力川内原発(鹿児島県)周辺の
カルデラで過去に起きた巨大噴火の研究は不十分で、監視をしても正確な予測は
困難とされる。」

3.「川内原発再稼働に規制委トップ「安全とは言えない」、政府も責任回避で
自治体が反発」Business Journal?8月24日(日)6時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140824-00010001-bjournal-bus_all
長い記事「今や、反原発の旗手となった小泉純一郎元首相が吠えた。九州電力の
川内(せんだい)原発1、2号機の再稼動に関連し「政府は安全だから(再稼動)
を進めると言うが、原子力規制委員会委員長が安全とは言えないとしており矛盾
している。おかしい」と、安倍晋三政権が進める原発再稼働路線を強く批判し
た。・・・・・・・
政府と規制委、地元首長、電力会社の中で、原発再稼動に最終責任を負うべきな
のは誰なのか。その責任の所在があいまいなまま、川内原発は早ければ年内にも
再稼動する見通しだ。」

4.「<福島>甲状腺がんの子ども57人に 健康調査」毎日新聞?8月24日
(日)20時25分配信
http://mainichi.jp/select/news/20140825k0000m040056000c.html
「◇疑いケース含めて計103人に  東京電力福島第1原発事故の健康影響を
評価する福島県民健康調査の甲状腺検査で、甲状腺がんの診断が確定した子ども
(震災当時18歳以下)が、前回5月の公表から7人増の57人に、疑いがある
ケースを含めた人数は14人増の計103人(良性を除く)となった。調査を担
当する福島県立医大は、地域別発症率に差がないことや被ばくの影響を受けやす
い0~5歳の発症が少ないことなどから、「被ばくの影響は考えにくい」として
いる。福島市内で24日開かれた同調査検討委員会で県が報告した。
県内4地域別の内訳が公表され、10万人当たりの疑いを含めた発症割合は▽避
難区域になるなどした13市町村▽いわき市など浜通り▽福島、郡山市などの中通
り--の3地域が33.5~36.4人とほぼ同じだった。会津地方は27.7
人と低かったが、検査が進んでいないためとみられるとしている。」

4’.「甲状腺がん、疑い含め104人=地域差見られず―福島県」時事通信?8月24
日(日)19時37分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014082400200
「・・・・・・・・・調査結果によると、104人のうち、甲状腺がんと確定した
のは、3月末時点と比べ7人増の57人。1人は良性だった。・・・・一巡目の検査
は対象者約36万8000人に対し、受診者は約29万6000人。受診率は80.5%だった。」

4”.「甲状腺がん、疑い含め104人 福島の子供30万人調査」朝日新聞デジ
タル?8月24日(日)7時4分配信
http://www.asahi.com/articles/ASG8R6SN3G8RULBJ00B.html
・・・・・・・地図があります。

4”’.「(福島)被曝検査、一から議論へ 子の甲状腺、過剰批判で」朝日デジタ
ル2014年8月25日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASG8S6FPCG8SUGTB012.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG8S6FPCG8SUGTB012
「全県民を対象に原発事故の被曝(ひばく)による影響を調べる県民健康調査の
検討委員会は24日、検査のあり方を一から議論し直し、県に対する提言をまと
めることを決めた。子どもの甲状腺の検査が一巡し、過剰な診断との批判が出て
いることなどがきっかけだ。
「検討委員会としての責務を果たすために検査のあり方を議論したい」。座長の
星北斗・県医師会常任理事はこう切り出した。とくに議論になったのは、甲状腺
検査の目的は何かという根本的な問題だった。国立がん研究センターの津金昌一
郎がん予防・検診研究センター長は「何の症状もない子たちを検査する不利益も
考えなければいけない」と問題提起した。
2011年秋に始まった検査は、チェルノブイリ事故で子どもの甲状腺がんが増
えた教訓を踏まえ、原発事故当時18歳以下の県民約37万人が対象だ。当初の
目的は「子どもの健康を長期的に見守る」だった。この日公表された一巡目の調
査結果によると、検査を受けた約30万人のうち104人が疑いも含めて甲状腺
がんと診断された。しかし、甲状腺がんは成長が比較的ゆっくりで、胃や大腸が
んなどとは異なり、早期の発見・治療が死亡率の減少にはつながらず、検査が
「健康を守る」とは限らない。逆に、不安や、必ずしも必要ない治療など不利益
をもたらす場合もある。このため最近、「過剰な診断だ」との批判も出ている。
検討委では、被曝の影響の解明を目的にするかどうかでも議論が分かれた。
「原発事故は世界史的な意味をもつ。健康への影響を明らかにするのは調査の大
きな目的の一つであるべきだ。県民の関心もそこにある」(清水修二・福島大特
任教授)など被曝と甲状腺がんの因果関係を解明する必要性を強調する意見が出
た一方、「(因果関係を探る)疫学的データは付随して出てくるもの。主目的に
なってはならない」(稲葉俊哉・広島大原爆放射線医科学研究所長)、「甲状腺
がんに一例一例対応して子どもの健康を守るのが第一で、疫学調査と並立させる
のは難しい」(清水一雄・日本医科大名誉教授)との反論も出た。
因果関係の解明には、検査の枠組みを見直す必要がある。子どもの甲状腺の被曝
線量をある程度解明するか、事故の影響がない県外の子どもたちの検査と福島の
検査を比較するかの二通りの方法が考えられる。しかし、現在はどちらも行われ
ていない。検討委では今後、甲状腺だけでなく全県民の被曝線量を把握する基礎
調査も含め、あり方を一から議論していく。」

5.「福島医大卒業の県内研修医増える 53人、過去10年間で最多」福島民
報?8月24日(日)9時10分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014082417629
「福島医大医学部の平成25年度の卒業生90人のうち、福島県内の臨床研修指
定病院で研修を受ける研修医は、過去10年間で最多の53人に上る。同学部の
定員増に加え、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を経験した学生の地域
貢献への思いの高まりが背景にあると、県は分析する。・・・過去10年間の研
修医数と24、25年度の県内病院での福島医大医学部卒業生の研修状況は、震
災発生直後の23年度は26人と大きく落ち込んだが、24年度は48人まで回
復し、25年度はさらに5人上回った。24年度、25年度の卒業生に占める県
内病院への研修医定着率は、23年度の35.1%から大幅に上昇。震災前より
も高い割合を維持している。・・・・・・・・・・」

6.「「非認め謝罪を」=自殺女性の夫、東電に憤り―原発避難訴訟、26日判
決・福島」時事通信?8月24日(日)14時37分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014082400110
「・・・福島第1原発事故に伴う避難後に自殺した渡辺はま子さん=当時
(58)=の遺族が「避難生活でうつ状態になったのが原因」として東電に損害賠
償を求めた訴訟の判決が、26日に福島地裁で言い渡される。夫で原告の幹夫さん
(64)は東電の対応に憤りを感じ、「非を認め、謝罪してほしい」と話す。
「ここは楽園だった」。福島県川俣町内の仮設住宅で避難生活を続ける幹夫さん
は7月下旬、山木屋地区の自宅に戻り、はま子さんの遺影を見詰めながらこう
語った。幹夫さんとはま子さんはともに山木屋地区の小さな集落で生まれ育っ
た。地元の青年団の集まりで仲良くなり、結婚。近所の養鶏場で一緒に働きなが
ら、3人の子供を育てた。2000年に家を新築。ついの住み家にするつもりだっ
た。・・・・・・・
同月30日、自宅の草刈りのため、一晩だけの約束で自宅に戻った。縁側で外を見
ながら2人だけの夕食。「アパートには戻りたくない」。はま子さんはこう話
し、翌日未明、自宅のごみ焼き場で焼身自殺した。約2年の審理を通じ、東電か
ら謝罪はない。提訴前、和解を模索して代理人弁護士が東電に行ったが、門前払
いされ、担当者の名刺すらもらえなかった。幹夫さんは裁判所が遺族の思いを酌
んでくれると信じている。「明るかった女房ですら、こんな状況に追い詰められ
て死んでしまった。東電には、その謝罪だけは絶対してもらいたい」と力を込め
た。」

7.「事故死多発で非常事態宣言」河北新報?8月24日(日)6時5分配信
記事全文「福島労働局は22日、管内の労災事故による死者が急増していること
を受け、「死亡労働災害多発非常事態宣言」を初めて発令し、事業者に事故防止
対策の徹底を呼び掛けた。同局によると、1~7月の労災事故死者は前年同期比
12人増の23人に上り、同時期としては2007年以降最多となった。このう
ち、東日本大震災と福島第1原発事故の復旧工事などに伴う死者は3人だった。
同局健康安全課は「震災関連工事に人員が多く取られ、一般の工事現場で人手が
不足している。安全管理がおろそかになるケースが多発している」と注意を喚起
した。」 

8.「(政府)財源確保で難航予想 集中復興期間の延長、明言しない国」福島
民友(08/24 10:40)
http://www.minyu-net.com/news/news/0824/news9.html
「東日本大震災からの復旧事業を国が特例的に支援している5年間の集中復興期
間が2015年度で終了する。被災自治体は「まだ道半ば」と延長を強く求めて
いるが、財源確保で難航が予想される。政府内からは「(自治体は)緊急性の高
い事業を絞り込むなど精査が必要」との声が漏れる。「復興に尽くしているが人
手や資材不足のため終わらない」。本県の村田文雄副知事や岩手、宮城両県の知
事らが7月、復興庁を訪れ、期間延長を要望した。根本匠復興相(衆院福島2
区)は「必要な事業はしっかりやりたい」と応じたが、延長するかどうかは明言
しなかった。・・・・・・」

9.「社説:震災避難者数 国は一元管理に責任を」毎日新聞 2014年08月25日
 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140825ddm005070030000c.html
「復興支援の根幹にかかわる。東日本大震災に伴う国や自治体の避難者数把握が
不正確だったことが判明、復興庁は再集計を進めている。復興支援を進めるうえ
で基本となるデータ管理がおそまつだったことに驚く。国は原発事故の自主避難
者らが支援情報から遠ざけられないよう、避難の長期化に対応した情報一元管理
の方策を検討すべきだ。避難者数把握が不正確だったのは埼玉県のケース
だ。・・・・県内の支援団体から人数が過少ではないかとの指摘などがあり、把
握漏れがわかった。県は6月時点で避難者数を2640人としていたが、県内全
市町村に照会した人数を単純に合算すると避難者数は最大で5000人を超す可
能性があるという。・・・・
原発事故による避難者に関しては復興庁集計とは別に福島県東部13市町村から
の避難者に限っては原発避難者特例法の制度に従い、ほとんどは移転先の自治体
に届け出て同法に基づく支援を受けているとみられる。だが自主避難者はこうし
た支援の枠組みがないため、支援情報から疎外されるおそれがある。目配りを欠
かさず把握に努めるべきだ。
 震災直後、政府内には避難した被災者のため住民票の「第2住所」を検討する
議論があったが法制上困難として見送られた。このため11年4月に自己申告の
「全国避難者情報システム」の運用を始めたが実態と違いがでたため同システム
による全国集計は現在、行われていない。
 制度の谷間に落ちる形で避難者数の把握が行き届かないのは行政の怠慢であ
る。きめ細かい支援のためにも政府は責任ある基準を示し、既存システムを最大
限活用するなど一元管理に知恵を絞るべきだ。」

10.「24日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値」福島民報8月25日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

11.「放射線 放射性物質 Q&A 本県産のモモからセシウムは検出されて
いるのか」福島民報2014/08/24 11:49
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/08/post_10575.html
「モモの出荷が最盛期を迎えています。現在、福島県産のモモから放射性セシウ
ムは検出されているのでしょうか?
【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん
■今年のモモは全て検出されず ブドウやナシも同様、安心を・・・・・モモの
中に含まれる放射性セシウムについてですが、東京電力福島第一原発事故発生直
後の平成23年に出荷されたものからは、現在の基準値である1キロ当たり
100ベクレルをずっと下回る低いレベルの放射性セシウムを検出したものが散
見されました。しかし、今年に入ってから福島県で測定されたモモについては、
ほとんど全てで放射性セシウムは検出されていません。
 また、同じく今の季節、非常においしいブドウやナシについても、今年に入っ
てから福島県産のものでは放射性セシウムは検出されていませんので、安心して
召し上がっていただければと思います。現在、福島県はホームページで、モモを
はじめとする果物の放射性セシウム濃度の測定結果を公表していますので、ぜひ
参考にしていただければと思います。」・・・」
・・・・・このQ&Aは、毎週日曜日に掲載されています。

12.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞8月24日 17:56
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140824/1696922
<▼空間放射線量率(24日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

13.「指定廃棄物の行方】視察ルートを変更 塩谷町の申し入れで環境省」下
野新聞8月23日朝刊
「環境省が指定廃棄物の最終処分場の詳細候補地に選定した塩谷町上寺島(寺島
入)の国有地を、井上信治環境副大臣が25日に視察することに関し、同町は22
日、同省に視察ルートを変更するよう申し入れた。これを受け、同省は同日夜に
なってルート変更を決め、同町に伝えた。同町は候補地近くを流れ、下流で水道
水や農業用水に使われる西荒川の清流も併せて視察できるよう、予定していた上
流側からではなく、下流側から候補地に向かうよう求めた。同町や住民は最終処
分場の設置により、河川が汚染されかねないとして候補地の白紙撤回を求めてい
る。」

13’.「【指定廃棄物の行方】詳細調査、地元意向を尊重 井上環境副大臣イン
タビュー」下野新聞8月23日朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140823/1694857
「・・・・・・・・井上副大臣はインタビューに対し、町民から影響を懸念する
声が多く上がっている尚仁沢湧水について「素晴らしい湧水。地元が誇りに思
い、保全に尽力してきたことは理解している」との認識を示した。その上で「処
分場から4キロ程度離れており、市町村長会議で決めた基準に該当しないが、事
後のモニタリングなどで影響を及ぼさないような形でしっかりやる」と強調。視
察では湧水地も訪れる予定だ。・・・・・・・・」

14.「(宮城)脱原発デモ、今週の金曜日で100回」朝日デジタル2014年8
月25日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG8S5VDVG8SUNHB00H.html
毎週金曜の夜、脱原発を訴えながら仙台市の中心街を歩くデモが29日に100
回目を迎える。24日には、ひと足早く記念イベントを開き、原発の再稼働に向
けて進む政府への異議を唱えた。途中から雨が降るなか、「黙っていたら負け」
と大きな声を上げた。・・・・・
仙台市青葉区の勾当台公園で24日にあった催しには約250人が集まった。女
川町から来た男性(71)は「たくさんのお金をつぎ込んで復興しても、原発に
事故が起きたら吹っ飛んでしまう」と女川原発の再稼働反対を訴えた。その後、
参加者らは「原発いらない 日本にいらない」など歌ったり、太鼓をたたいたり
しながら行進。官邸前のデモにも行くという利府町の丹藤広子さん(30)は
「再稼働や原発輸出など政府への怒りはあるが、このデモは楽しく参加できると
ころがいい」と話した。」

15.「保養ツアー:福島の子供が川遊び楽しむ 青梅・65人招待 /東京」
毎日新聞 2014年08月24日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20140824ddlk13040092000c.html
「東日本大震災で被災した福島県の子供たちを招待する「保養ツアー」(青梅ブ
ンブンの会など主催)の野外イベントが23日、青梅市などで行われた。原発の
放射能汚染で運動が制約されている子供たちを自然の中で思い切り遊ばせようと
いう企画で、6回目。福島、郡山市などの子供65人が参加した。?一行は22
日午後に青梅市に着き、23日午前は多摩川上流へ。小学生高学年は御岳渓谷を
ゴムボートで下るラフティング体験、低学年は奥多摩町の大丹波川で川遊びを楽
しんだ。ラフティングでは、世界選手権優勝チーム「テイケイ」の選手やカ
ヌー・スラロームで北京五輪4位の竹下百合子選手らがインストラクターに加わ
り、子供たちはスリルあふれる急流下りに歓声を上げていた。」

16.「新潟の福島被災者にランドセル 中学生ら、お礼の豊岡訪問 「応援胸
に、頑張ります」 /兵庫」毎日新聞 2014年08月24日 地方版
http://mainichi.jp/life/edu/news/20140824ddlk28040270000c.html
「東日本大震災の被災地・福島県南相馬市などから新潟県三条市に避難している
子どもらの元へ、豊岡から贈ったランドセルなどのお礼を伝えるため23日、中
学生ら三条市からの10人が豊岡市を訪れた。中学生たちは「豊岡の皆さんの応
援を胸にこれからも頑張りたい」と感謝の気持ちを語った。
来訪したのは、東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ、三条市で暮ら
す被災者と三条市のボランティアでつくるグループ。市立コウノトリ文化館(豊
岡市祥雲寺)で、中貝宗治市長のほか県鞄工業組合、市土地改良協議会、農業生
産法人Teamsなどのメンバーが迎えた。豊岡からは2011年4月のランド
セルに始まり、毎年12月には正月用品も届けている。三条市からのグループ代
表、佐竹紀(おさむ)さんは「豊岡からの支援は困っている時に本当に素早く、
正月用品は心が温まる」と感謝していた。・・・・・・・・・」

17.「正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年08月25日03時08分
 東京朝刊  
24日正午現在 1.6マイクロシーベルト毎時  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.5マイクロシーベルト毎時」

原発施設、
18.「東通 リサイクル燃料貯蔵センター操業へ調査」河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140823_23033.html
「リサイクル燃料貯蔵(むつ市)は22日、原子力規制委員会で新規制基準への
適合性を審査中の使用済み核燃料中間貯蔵施設「リサイクル燃料備蓄センター」
周辺陸域の地質構造を詳しく把握するため、青森県東通村内の2カ所でボーリン
グ調査を行うと発表した。・・・・9月上旬にも現地に入り、1カ月程度をかけ
て地表地質を調査する。得られたデータは審査ヒアリング時に生かす。備蓄セン
ターの操業開始予定は2015年3月で、変更はないとしている。同社はこれま
での調査から、下北断層に13万~12万年前以降の活動性はなく、石持東方付
近に同年代以降に活動し、将来活動する可能性がある断層は存在しないと評価し
ている。」

電力、
19.「北海道電が再値上げで説明会 利用者「生活できない」」西日本電子版
2014年08月23日 19時17分 更新
http://qbiz.jp/article/44493/1/
「北海道電力は23日、7月末に国へ申請した電気料金の再値上げについて、一
般利用者を対象とした説明会を始めた。家庭向けで平均17・03%という大幅
な負担増の計画に対し、利用者からは「生活していけない」などと厳しい声が相
次いだ。札幌市の本店であった説明会には、事前に申し込んだ約20人が参加。
「オール電化の住宅は特に値上げ幅が大きい。これでは生活できない」「社員の
給与をもっと下げるべきだ」と批判が出た。北海道電の渡辺札幌支店副支店長ら
は「負担をかけて申し訳ない」と陳謝。「原発再稼働後は料金を下げたい」と理
解を求めた。北海道電はこの日、札幌市のほか旭川、北見両市など8カ所で説明
会を開いた。9月5日まで、道内各地で続ける。」

20.「<東電>横須賀に高効率の石炭火力新設検討 Jパワーと共同」毎日新
聞?8月24日(日)20時9分配信(08月25日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140825ddm002020063000c.html
「◇投資額は2000億円規模、20年代の稼働目指す  」東京電力は、Jパ
ワー(電源開発)と共同で神奈川県横須賀市に高効率の石炭火力発電所を新設す
る検討に入った。老朽化のため運転停止中の横須賀火力発電所の敷地内に建設
し、2020年代の稼働を目指す。投資額は2000億円規模を想定。東電が中
部電力などと交渉中の燃料・火力発電事業での包括提携の内容を踏まえ、最終判
断する。
新設を検討しているのは、石炭をガス化して発電する「石炭ガス化複合発電
(IGCC)」で、従来より発電効率が15%程度向上する。温室効果ガスの排
出削減や電気料金の引き下げが可能になる。東電とJパワーは、東電が今年度に
実施する計600万キロワットの火力電源入札に共同で応札することを検討する。
東電の13年度の発電電力量に占める石炭火力の割合は16%。一方、石炭火力
より割高な液化天然ガス(LNG)火力の割合が63%に達し、電力10社平均
の44%を大幅に上回っている。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が地元の反対
で見通せないなか、16年の電力販売自由化後の価格競争を見据え、割安な石炭
火力の増強が必要と判断した。」

21.「電力需給、残暑に懸念 「節電期間」折り返し」西日本電子版2014年08
月23日 16時41分 更新
http://qbiz.jp/article/44491/1/
「・・・・・・・・・7月は需給が「やや厳しい」とされる使用率90%超えが
7回、8月は22日までに6回に上った。ことしは必要に応じて老朽火力もフル
稼働させる態勢で臨み、原発が動いていた前年までと比べると、故障などに伴う
供給力低下はより現実味がある。需要が供給を上回れば一部地域で停電の恐れが
あり、自治体の危機感も例年以上だ。一方、利用者による節電の取り組みはかな
り浸透した。7月にはピーク時間帯の使用電力が2010年比で約290万キロ
ワットの低下となり、原発3基の出力相当分が減った。
だが、多くの企業は「自分たちでできる節電策は出尽くした」(日立造船)など
と指摘。関電の森詳介会長も「節電のお願いは、経済が上向く中で水を差すので
はないか」と憂慮する。
大阪管区気象台によると、近畿は8月下旬から9月中旬にかけ、おおむね平年並
みの暑さとなる見込み。関電は需給逼迫が予想される日の昼間に外出を促すた
め、スーパーの割引クーポンを発行するなどの対策により需要期を乗り切る構え
だ。」

22.「(山形県)酒田港沖で洋上風力発電 事業者公募へ」河北新報?8月24日
(日)10時6分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140824_52023.html
「山形県は酒田港(酒田市)の沖合で、国内ではまだ数少ない「洋上風力発電」
に乗り出す方針を固めた。有識者による協議会で環境への影響などを検討し、
2015年度にも、取り組む民間事業者を公募する。吉村美栄子知事が掲げる
「卒原発」の一環で、陸上では限られる適地を海上に求め、風力発電の拡大を図
る。・・・・・・・・」

23.「フランシス水車を共同開発へ 来春発売目指す」河北新報8月23日
(土)16時24分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140823_72064.html
「水力発電機器製造の芦野工業(山形市)と東北小水力発電(秋田市)は22
日、発電効率を高めたフランシス水車の研究、開発に共同で取り組むと発表し
た。2017年3月の発売を目指す。小水力発電の売電量を増やし、事業の採算
性を高めることで小水力発電の普及拡大を図る。
 フランシス水車は国内の水力発電所で最も多く採用される種類で、羽根付きの
車(ランナー)を水の圧力で回転させる。研究開発では、流水エネルギーに対す
る発電効率を既存の90%前後から、95%まで高める。・・・・・2社は出力
1万キロワット以下、発電効率95%のモデル水車を水の流量、落差の違いに合
わせて数種類開発し、販売に乗り出す。計画では5年後に年間20台販売、売り
上げ40億円を実現する。・・・・・小水力発電は国内に未開発の適地が多くあ
り、原発13基に相当する1330万キロワットの発電能力が眠ると言われる。
ただ、1カ所の出力は1000キロワット未満と小さく、コストに見合う売電収
入が得られず、普及していない。・・・・
東北小水力発電の和久礼次郎社長は山形県庁で記者会見し、「小水力発電は貴重
な純国産の再生可能エネルギーだ。2社の強みを生かし、業界トップレベルの性
能向上を実現したい」と語った。」

参考記事、
24.「(プロメテウスの罠)2人の首相:9 出馬、否定はしたが」朝日新聞
デジタル?8月24日(日)16時0分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11314085.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11314085
「◇No.1017  2013年後半の話に戻る。細川護熙(76)と小泉純
一郎(72)が田中秀征(しゅうせい)(73)の仲立ちで会食してから1カ月
余。師走を迎え、東京都知事の猪瀬直樹(67)は、進退窮まっていた。医療法
人「徳洲会」グループから5千万円を受け取った問題が発覚、辞職を求める声が
おさまらない。
12月10日、静岡県熱海市の中華料理店で細川を囲む忘年会があった。日本新
党結党メンバーで元民主党参院議員の円より子(67)や、小沢一郎(72)に
近い前衆院議員の木内孝胤(きうちたかたね)(47)らの姿もあった。・・・・・
14年2月の知事選が決まった。
細川と小泉という保守の元首相2人がタッグを組む。掲げる旗は「原発ゼロ」。
インパクトは大きい。都知事選は知名度がものを言う。勝てるのではないか――。
細川周辺は色めき立った。
細川は、熟考の年の瀬を過ごす。「私よりもっと若い人が出てくれれば」と漏ら
すこともあった。だが、待ち人は現れないまま、年が明ける。」

25.「菅元首相、豪州のウラン鉱山を視察」TBS系(JNN)8月24日(日)10時11
分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140824-00000003-jnn-int
「脱原発を訴える菅直人元総理が23日、オーストラリア北部のウラン鉱山の周
りを環境保護団体などの招きで訪れ、鉱山周辺に住む先住民アボリジニの代表ら
と面会しました。ユネスコの世界遺産「カカドゥ国立公園」に囲まれた場所にあ
る露天掘りのレンジャー鉱山。周辺の環境破壊も指摘されているこのオーストラ
リア最大級ウラン鉱山を、菅元総理は上空から視察しました。
これに先立ち、菅氏は、ウラン鉱山からの汚染水が居住地域に流れ込むことを懸
念している鉱山周辺に住む先住民アボリジニの代表と面会しました。先住民の代
表は「自分たちの土地から採掘されたウランが福島原発で使われていたことがわ
かり、大変心配している」と菅氏に伝えました。・・・・・菅氏はこの後、首都
キャンベラを含むオーストラリア各都市を訪問し、脱原発を訴える集会などで講
演を行う予定です。」

26.「再稼働は財界が推進 輸出も一体 ネットTVで吉井氏」しんぶん赤旗
8月24日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-24/2014082404_03_1.html
「日本共産党の吉井英勝・前衆院議員が23日、インターネットテレビの「デモ
クラTV本会議」に出演し、原発再稼働や原発輸出問題などについて語りまし
た。・・・・・・司会の山田厚史氏は、2011年の事故以前から、東京電力福
島第1原発の危険性や津波対策の問題を指摘してきたと吉井氏を紹介しまし
た。・・・・・・また、再稼働を推進している原発利益共同体の中心は、電力、
鉄鋼、メガバンクなど財界の中枢であると強調。彼らが狙っている原発輸出のた
めに国内で原発の再稼働が必要となっていることを指摘し、「原発輸出と原発再
稼働は一体不可分」といいました。
 福島第1原発の問題では、東電の破綻処理など「根本の議論に立ち返らない
と、賠償問題も汚染水処理もなにもかも進まない。泥縄式でずるずるきている」
と強調しました。

27.「(福井県)北陸ひと模様:放射線研究、福井大教授・山野直樹さん /
福井」毎日新聞 2014年08月24日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20140824ddlk18040202000c.html
福島第1原発事故後、放射線への漠然とした不安が福島産農産物などの風評被害
につながっていることを、原子力研究者として見過ごすことができなかった。
「一人一人が冷静に放射線の危険性の程度について判断できるようになり、風評
被害やパニックを防ぐことに役立てば」。敦賀市民と協働で「低線量の放射線健
康影響ガイドブック」を作り始めた。・・・・・・・・・2010年から福井大
付属国際原子力工学研究所特命教授。原発と社会が望ましい関係を構築するため
の研究を行っている。」
・・・・気になる方は検索してどうぞ。

28.「(高知)支局長からの手紙:超高速! /高知」毎日新聞 2014年08月24
日 地方版
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20140824ddlk39070311000c.html
「時代劇コメディーと銘打った「超高速!参勤交代」という映画を観賞しまし
た。・・・・・
無事、参勤交代を果たし、江戸城に登城した藩主に、吉宗が「うまい大根がとれ
るいわきの土地を幾代も大切にせよ」との趣旨の言葉をかけます。
 そうか、湯長谷藩は福島県いわき市にあったのか。そういえば、オープニング
のクレジットで福島の新聞社の名前が出ていたのを思い出しました。いわき市は
東京電力の福島原発事故で、農産物の風評被害を受けています。豊かな土地を次
世代に引き継ぐことの責任と大切さ。原発事故を体験した私たちはそのことの難
しさを痛感しました。そう思い巡らせると、制作者のメッセージともいえる吉宗
のせりふが胸にストンと落ちました。
九州電力川内原発1、2号機(鹿児島)について、原子力規制委員会は先月、福
島原発事故の教訓を踏まえ、安全対策が強化された新規制基準をクリアしたと、
了承しました。新基準に合格した第1号で、10月にも再稼働する見通しになっ
たと報道されています。高知に近い四国電力伊方原発3号機も近く本格審査に移
行するとみられています。「新規制は世界最高レベルの厳しさ」と規制委は自負
しているそうですが、3・11以前は「ありえない」とされていた原発事故が起
き、今なお12万人以上が古里を離れ、避難生活を余儀なくされているのが現実
です。
現役官僚が原発再稼働を巡って、政治家や官僚、電力関係者らの暗躍を描いた
「原発ホワイトアウト」(講談社)という本が昨年、話題となりました。この本
にはカール・マルクスの言葉が添えられています。「歴史は繰り返す、一度目は
悲劇として、二度目は喜劇として」。震災から3年半。事故はまだ収束していま
せん。「超高速」で、原発を再起動させる国の姿勢は、国民の理解を得たと言え
るのでしょうか。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
30面右隅に小さく、4.の類似記事。

今朝の紙面は以上です。(8.25.4:09)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 ⇒
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎を読み直す(27)40年ぶりの再読
大江健三郎『万延元年のフットボール』(講談社、1967年[講談社文庫、
1971年])
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/08/blog-post_24.html

ヘイト・クライム禁止法(79)アルジェリア
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/08/blog-post_85.html

ヘイト・クライム禁止法(80)ドミニカ共和国
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/08/blog-post_90.html

★ 井上澄夫 さんから:
2000人の結集をめざすとしていた8・23辺野古県民大行動が3600人の
参加で大成功したのは実にうれしいことですが、同日のRBCが「辺野古沖では
海上の2か所で始まったボーリング調査のうち、1か所の調査が終了し、スパッ
ト台船が22日、新たな掘削地点へと移動しています」と報道していることも留
意すべきことと思います。
 闘いはこれからです!!
安倍首相らは11月の知事選の前までに辺野古新基地建設をできるだけ進めて既
成事実とし、県民の建設反対の意思をなえさせるとともに、3000億円の振興
予算をみせつけ、国際会議の誘致などあれこれのニンジンをぶら下げて「こうい
う恩恵は仲井真知事だからこそ得られるのだ」と宣伝することで現知事の三選を
果たせるともくろんでいます。

 しかし8・23県民大行動の圧倒的成功はその図々しい戦略に冷水を浴びせる
ものになりました。菅官房長官は沈黙を守っています。
 日本の植民地支配に対する朝鮮民衆の恨み、怨念は「ハン」と呼ばれますが、
琉球処分以来、歴史的に蓄積されてきた日本政府に対する沖縄県民の「ハン」を
安倍・菅・石破らはまったく理解しようとしません。しかし過去の歴史を謙虚に
反省することがない者たちは、まさにその歴史によって裁かれることになるので
はないでしょうか。

------集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡」例会 8月28日(木)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
  地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所: 薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆ 皆様、ご一緒に行きましょう。
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後9時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317@gmail.com (浅野隆樹)
住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
 連絡先: 080-6420-6211 (青柳行信)

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判の本人尋問●
~いよいよ裁判は佳境に~
【本人尋問のスケジュール】
 9月3日 午後1時00分~ 門前集会 @福岡地方裁判所正門前
午後1時30分~ 梅田さん本人尋問 @福岡地方裁判所301号法廷
午後4時00分~ 報告集会 @福岡県弁護士会館3階ホール

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
原告総数 原告総数 8309名(8/22現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************


スポンサーサイト





修の呟き


<<映画「隠された爪跡」(関東大震災朝鮮人虐殺の記録)上映と監督の講演のお知らせ | ホームへ | 【★緊急拡散★まだ間に合う8月24日24時締切★秘密保護法パブコメ】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/1808-8d0464fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)