FC2ブログ

タイトル画像

山口祥義佐賀県知事あてに「原子力防災訓練に関する要求書」を提出

2019.01.31(20:32) 18270

DSC_0067 (002)
 

  さよなら原発!佐賀連絡会(豊島耕一代表)は31日午後、約10人が参加して、県庁で山口祥義佐賀県知事あての「原子力防災訓練に関する要求書」を提出した。要求書は消防防災課副課長が受け取り、その際に要求書の内容を補足説明。現段階での県側の対応について質し、2週間以内の文書回答を要望した。
 佐賀県は2月2日に原子力防災訓練を実施する予定で、前回と比べて参加組織も減少し、2日間だった期間もわずか半日で、玄海原発3、4号機が稼働している状態での訓練としては全く不十分だといわざるを得ない。要求書は重大事故の可能性を考えたうえで、県が発表した原子力訓練実施要領の問題点として、全県下で停電した場合での情報伝達が可能かや、スクリーニング実施の問題点など9項目指摘している。県の対応は総じて、東京電力福島第1原発事故の実態の理解も不足していて、県民を放射能被害からどうしたら守れるかという当たり前の発想も見られなかった。私たちの要求書が改善のきっかけになればと思わずにはいられなかった。
スポンサーサイト





修の呟き


<<「原発問題を考える」公開講演会・講師: 長田浩昭(原子力行政を問い直す宗教者の会事務局)  | ホームへ | アムネスティ・アップデート□■□ 2019.1.31 通巻847号>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/18270-aa89bd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)