FC2ブログ

タイトル画像

「戦争をさせない佐賀県民集会」

2014.12.13(17:34) 2157

EPSON230.jpg
EPSON231.jpg
 報告が遅れました。「戦争をさせない佐賀県民集会」は8日、佐賀市文化会館大ホールで行われました。12月8日はご存知のように太平洋戦争開戦の日です。衆院解散決定のもっと前に決まっていた集会で、危険な安部政権を広く訴える集会になりました。
 講演した評論家の佐高信さんは「今の日本は国民より国家が前面に出ようとしている」と指摘し、集団的自衛権をめぐり「そもそも軍隊は本当に国民を守ってくれるのか。旧満州や沖縄戦であったことを考えても、疑ったほうがいい」と話し、「ふるさとと国家を一緒にしてはいけない。ふるさとは軍隊を持っていないし、愛を強制することもない」と、国家が強調されている状況に、危機感を持つよう呼び掛けられました(10日付佐賀新聞より)。
 採択された「戦争をさせない佐賀県民集会アピール」は「私たちは、本日の県民集会の場より県民の皆さんに訴えます。日本がこれまでもそうであったように、これからも他国と戦争することのない平和国家であり続けるように、あらゆる努力を惜しまないことを声高らかに誓い合いましょう」と訴え、「私たちは今こそ憲法の崇高な理想をわがものとし、主権が国民に存することを認識し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意しましょう。日本の未来が平和に満ち、世界にその光をはなちますように」と、呼び掛けています。
 改めて、集団的自衛権行使や秘密保護法などの戦争に導く政策を強行する安倍政権と自民、公明への反対の声をさらに強く訴えます。
スポンサーサイト





修の呟き


<<長崎地裁の開門差し止め仮処分は暫定的なもの! | ホームへ | 「幸せの黄色いニュース」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/2157-d23a3780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)