FC2ブログ

タイトル画像

10月21日(月)の更新紹介です★ 原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆ さんから

2019.10.21(14:23) 22743

★ 原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆ さんから:

10月21日(月)の更新紹介です。 http://npg.boo.jp/
原発の位置を示した日本地図、御利用ください。サイト右端にある原発からの距離も測定可能です。
上部のタイルには、さまざまなサイトのリンク先を紹介しています。お調べになるときに御利用ください。

九電の再生可能エネルギーに対する出力抑制は、昨年2018年10月13日(土)に始まった。計56回実施。
2019年5月12日(日)を最後に中断していたが、2019年10月13日(日)に再開された。
10月13日(日)・14日(月)と2回実施。そして、明日22日(火)にも予定されている。
現在、九電の原発は2基体制である。
川内1号機が調整運転中で95.1万㎾発電、川内2号機は定期検査中、
玄海3号機は通常運転中で120.4万㎾発電、玄海4号機は定期検査中。
今回は、原発4基体制を前提とするものではなさそうだ。
エリア需要が800万㎾前後と夏場に比べて減少。
これからますます供給が需要を上回ることが予想されるために、実施に移ったと思われる。
しかし、果たして、本当に必要なのだろうか?

というのも、資料 https://tinyurl.com/y6m6cymx で確認してほしいのだが、
事前に予定していた揚水発電などの数値が、
226→167(10/13)、226→154(10/14)と、59万㎾・72万㎾と少ない。
一方、(10/13)の出力抑制量が38万㎾、(10/14)の出力抑制量が17万㎾となっている。
表を見る限り、予定通りの揚水発電などが実施されていれば、
出力抑制は必要なかったように読めるのだが?
素人の感覚に過ぎないのだろうか・・・。

★【消えゆく原発】→「北摂の会通信」の順にクリックしてください。
新号205号(2019年10月21日刊)が届きました。
関電の原子力マネー問題についての記事が、第1面に2つあります。
第2面には、本日「10月21日」についてのお話が掲載されています。お読みください。
※膿の一人(関電社長)が居残って決めた、膿を出すための第三者委員会。
果たして、公正な裁きが出来るのやら。
 また、元検事総長が委員長に就任したということは、検察・警察は手を出すなという
 メッセージだと誰が話していた。
 関電関係者の国会招致を拒んでいる与党議員らには、再考を強く求めたい。野党頑張れ!

★【原発関連の動き】をクリックしてください。10月分の年表を更新しました。
台風19号の影響は、3.11に匹敵するかのようだ。阿武隈川流域での河川の決壊は、
福島県内に甚大な被害を引き起こしている。
それに加えて、(10/17)モニタリングポスト80基余りが測定不能に、
(10/18)川内村の除染土を入れたフレコンバック18袋が下流に流される、などの被害も発生。

★【STOP!玄海原発再稼働】に掲載。10月分の年表を更新しました。
(10/18)OBの金品受領調査「関電の結果見て判断」九電社長

★サイト左方の【資料】をクリックしてください。
原発ゼロ基本法案(原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案)を全文掲載しています。
2018年3月9日に国会提出。自公の与党が多数を占める衆議院では、
委員会審議にも入れず、丸一年“棚ざらし”状態にされています。
5月29日(水)に締結された市民連合(東京)と野党4党1会派の政策合意13項目の一つにも
「原発ゼロ実現を目指すこと」の言葉が入りました。
改憲よりも原発ゼロを!です。

★サイト左方の【集会・訴訟などの予定】
イベント情報が増えています。御覧ください。
『流砂』17号の購読お願いも記載。カンバも含めてのお願いです。
新たな集会 ・訴訟などの情報がありましたら、メールアドレス info@npg.boo.jp まで
情報をお寄せください。お待ちしています。

(第3107目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト





修の呟き


<<九州・沖縄同朋運動す新協議会 第21回研究集会沖縄の声を聞け!~沖縄問題は日本の問題~ | ホームへ | 10/20のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/22743-753b2d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)