FC2ブログ

タイトル画像

【3・26長崎地裁開門訴訟へ傍聴参加を!】

2015.03.24(16:36) 2459

EPSON408.jpg
【3・26長崎地裁開門訴訟へ傍聴参加を!】
 諫早湾干拓事業潮受け堤防の開門を求める長崎県の小長井、瑞穂、国見の漁民が提訴した第2、3陣の口頭弁論が3月26日午後2時から長崎地裁で行われます。
 タイラギは休漁続き、養殖アサリは今季壊滅的で、養殖カキ以外は何も取れない深刻な事態が続き、諫早湾内は死の海になっています。
 24日佐賀地裁は確定判決を履行しない国に対し、制裁金を1日45万円から90万円に倍額しました。何かにつけて法治国家と言いながら、実態は放治国家と言わざるを得ない国の無責任な対応ばかり目立ち、国民の声に全く応えない姿勢には憤りさえ感じます。
 有明漁民の漁業被害の実態を明らかにし、裁判を通して国を追い詰め、一日も早く開門を勝ち取ることは、有明海を再生し有明漁民を守るだけではなく、地域の経済を再生し、沿岸に住む市民の生活を豊かにします。
 どうかお近くにお住まいで時間が許す方はぜひ裁判傍聴にご参加下さい。

 と き 3月26日(木)午後2時~
 ところ 長崎地裁
* 午後1時15分に長崎地裁門前集合。同1時半から傍聴抽選。終了後、午後4時ごろから長崎県建交労で報告集会予定。
問い合わせ 「よみがえれ!有明訴訟」支援する全国の会 電話 0952-25-3121
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1435日目報告☆ | ホームへ | 【修の呟き日記(2015.03.24)】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/2459-eebe3211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)