FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1438日目報告☆

2015.03.28(09:03) 2470

青柳行信です。3月28日。

【転送・転載大歓迎】

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1438日目報告☆
呼びかけ人賛同者3月27日合計3815名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月27日2名   
木下 竜 匿名者1名
★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
お疲れさまです。
選挙、今一つ 盛り上がっていません。
選挙に行こうという キャンペーンに参加しようと思います。
来んしゃい金曜脱原発 142回目です。
粘り強く続けて 脱原発を実現したいものです。
今回の 知事選は 脱原発を実現する 一番早い方法なのです。
大きなうねりをつくって行きたいと思っています。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3417
いっせい地方選挙   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3416

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆宰相らの道誤れば陸続と 世紀末的禍事おこる
      (左門 2015・3・28-974)
※政治(まつりごと)を主宰すべき者たちが、儲け事と
そのための用心棒になることに血道を上げる始末だ
から、国が治まるわけがない。最近の政治家に関わ
って「礼節」という言葉を聞いたこと、または連想でき
たことがあっただろうか?礼節の本家である中国に
おいても皆無の状態。「松下村塾」が大河ドラマで喧
伝されているが礼節は消えて「武力攘夷」ばかりだ。

★ 川崎陽子(在欧環境ジャーナリスト) さんから:
<辛淑玉さんドイツ講演と欧州の脱原発デモ>
青柳さま

ドイツの国際会議にも来られていた辛淑玉さんの講演会では、多くの方が心を揺
さぶられました。
ぜひ日本の皆さんにもご覧いただきたいです。
また、辛さんも一緒に行進、スピーチした欧州の脱原発情報もどうぞ。

☆デモ前日の辛淑玉さん(「のりこえネット」共同代表)の講演会『反原発とヘ
イトクライム』録画

前半http://youtu.be/FlDldjp2yJI? 後半http://youtu.be/X14Zt3kHUq4

☆欧州のデモの記事を書きました。どちらも同じ記事です。

「フクシマは警告する!」、ドイツとベルギーで脱原発デモ相次ぐ
http://www.alterna.co.jp/14808
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00010001-alterna-soci

☆記事中ドイツのデモの映像(字幕付)
http://youtu.be/3HHeS-Q1Y9A

ドイツ各地では4月も脱原発デモが続きます。

★ 長友くに さんから:
青柳様
皆様
 24日の報道ステーションはご覧になったかと思いますが、映像が回ってきまし
た。  

永岡です、昨夜の報道ステーションで、川内再稼動と地震の問題について、神戸
大名誉教授の石橋克彦さん(76年に東海地震を警告された方)のお話がありまし
た。動画↓も今は見られます。
http://tinyurl.com/ng2w5sc

 石橋さんは、98年に原発震災という概念を提起され、原発と地震を警告された
のに、無視されて委員も辞任、石橋さん、川内の検査をとんでもないといわれます。
 川内は、九州電力、震度5弱以上の地震を考慮したというものの、石橋さん、
地震には内陸直下型(阪神・淡路型)、プレート間地震(東日本大震災型)、プ
レート内地震(フィリピン海プレート内で起こる)の3つがあり、その中で、内
陸直下型のみを考慮、それも数百年であり、しかし石橋さん、地震は万年単位で
考慮すべきで、それでは、南海トラフ地震で、これが起こると川内原発も震度6
以上になり、アウト+プレート間地震は揺れの時間も長く、さらに問題です。
 高知大の岡村眞さん、地震と津波で、高知は池に津波による土が堆積し、これ
により、津波がどれだけ起こったか、調べられて、その中で、1707年の宝永津波
の堆積が大きく、4000トンの土砂が運ばれたが、2000年前にはその4倍の堆積が
あり、これは、マグニチュード9クラスの地震が、2000年前に起こり、この7000
年間に、巨大津波を起こす地震が16回起こったといわれます。
 東日本大震災は1000年に1度というものの、もっとエグイ地震もあったのです。
 つまり、川内は、東日本並み、もっとエライ地震に襲われる可能性もあるのです。
 東北には、巨大津波も過去にあったのに、考慮されていません。
 その上、規制委は、九電にお墨付きを与えたものの、地震は直下型のみ考慮
し、プレート間地震、プレート内地震を無視した意味、報告書には記述がなく、
これについて規制委の田中氏、まともに答えていません。記者から、九電の言い
分を追認しただけと突っ込まれたら、田中氏は答えをはぐらかしています。
 そして、川内と南海トラフ地震の考慮は、規制庁もなぜ無視したか、ちゃんと
答えていません。
 石橋さん、川内は最初の事例なのにまともな審査はなく、大問題と締めくくら
れました。
 コメンテイターの恵庭さん、石橋さんが原発震災、地震により外部電源崩壊→
事故、膨大な人が被災すると福島の前に警告され、そして地震、津波の原発への
対策、火山の問題もあり、原発は、科学者の警告を無視してはいけないと指摘さ
れました。
 キャスターの古館さん、政府は世界最高の安全を考慮したということに疑問を
示され、恵庭さん、安全側に立った考慮をするべきと締めくくられました。
 
 石橋さんは、この南海トラフ地震について、1707年の宝永地震(東海、東南
海、南海が同時発生)、1856年の安政東海地震、翌日の安政南海地震があり、そ
の90年後、1944年に東南海地震、1946年に南海地震があり、それで東海地震がこ
の時に起こらず、そのため東海単独の地震がいずれ起こると76年に警告され、そ
して阪神・淡路後、神戸大に来られて、活動されました。
 さらに、44,46年の地震は比較的小規模のため、次により大きいものが起こる
可能性を指摘もされています。
 地震学の専門家で、石橋さんの警告は現実となり、これを見たら、日本が太平
洋戦争、勝てるわけないのに戦争を仕掛けて自滅したのと同じと思いました。
 私もサラリーマン時代に経験しましたが、日本のエリートは自分では責任を取
らず、他人に丸投げして、肝心なときには逃げるという、太平洋戦争時の醜態を
70年後も繰り返していますこんなこと、許してはいけません。以上、報道ステー
ションの内容でした。

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
 ■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

 ■フクシマを忘れない さようなら原発 大講演会
2015年3月28日(土)
新宿文化センター・大ホール(http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=309)
資料代:800円
18:45 開場 19:00 開演 21:00 閉会
司 会:木内みどり(女優)
トーク:大江健三郎(作家) 落合恵子(作家) 鎌田 慧(ルポライター)
福島現地からの報告
佐藤和良(いわき市議・福島告訴団副団長)
福島の放射能汚染の現実から
今中哲二(京都大学原子炉実験所)
チラシ http://tinyurl.com/mlho53q

★ たんぽぽ舎 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No2444】
2015年3月27日(金)
┏┓
┗■1.恥ずかしい、日本人として
 |  ドイツで集めた寄付で福島の子供たちを沖縄に招待
 └──── シュルターマン容子(ドルトムント独日協会
  福島支援プロジェクト)

◯ ドルトムント独日協会は震災直後からドイツで集めた寄付で福島の子供たち
を沖縄に招待している。現在8回目の保養キャンプが進行中。合計830人の福島
の子供たちが汚染を忘れて大自然の中で思い切り汗をかいてストレスを発散。
    ◯ 福島第一原発事故のとてつもなく
高くついた代償も「旧態依然とした日本社会が変われば」と、かすかな望みを
持っていた。
 ドイツが福島第一原発事故後脱原発宣言をしたのは周知の事実。それは国民の
意思の反映。まさに国民が原爆・原発の怖さを知っているのだ。その背景には広
島・長崎原爆投下と29年前のチェルノブイリ原発事故以来、反核、脱原発を連綿
と訴える市民団体とその支持者がある。
 日本でさえ風化しつつある福島第一原発事故、そしてその最大の被害者が子供
たちであることを彼らは忘れていない。4年経った現在でも当協会の募金活動
に、彼らは手持ち弁当で駆けつけてくれる。
◯ フリージャーナリスト、イアン・エッシュ氏のドキュメンタリー映画
“A2-B-C”が契約期間2年を残して“配給会社都合により”日本で上映中止に
なったという情報が飛び込んできた。この映画で、エッシュ氏は福島の母親と子
供たちをインタビュー。そこでは彼らの苦悩が如実に語られている。(自己)検
閲?日本人として恥ずかしい。避難民をなるべく早く汚染されている古里に返そ
うとする日本が恥ずかしい。

 たんぽぽ舎のニュースをいつも拝読しております。困難にもめげず脱原発運動
などを続けている市民団体、個人の方々に敬服し心から声援を送ります。

┏┓
┗■2.福島第一原発事故から被害者と加害者が学んだ教訓 (上)
 |  日本国政府は原子力緊急事態宣言 いまだに解除されていない
 └──── 講師:小出裕章氏(バイバイ原発3.7きょうと集会での講演より)

「みなさん。こんにちは、あいにくの雨模様の空ですが、たくさんの方が参加し
ていただいてありがとうございます。
◯既に4年になってしまいました。3月11日に地震と津波に襲われて、福島第一
原発が、次々と爆発して溶け落ちていくということが起こり,私自身はいつか起
きると警告してきた人間ですが、その私にしても、本当に起きているということ
が信じられませんでした。毎日毎日悪夢を見ているのではないかと思いながら目
を覚まして、だが、やはり事実として事故が起きている、その事実に打ちのめさ
れながら、毎日を戦争のように、今日まで過ごしてきました。が、残念ながら何
の収束もしないまま、今日に至っています。
 2011年3月11日に事故が起きた時に、日本国政府は、原子力緊急事態宣言とい
うのを出しました。その緊急事態宣言は、いまだに解除されていないのです。事
故がずっといまだに続いているということは、勿論、事実が示しているわけです
し、日本国政府自身が、そのことを認めているということになっています。
 先ほど鈴木さん(京都への避難者)が報告して下さったように、福島の現地を
中心にしてたくさんの方々が、いまだに苦しんでいるというそういう状態です。
たくさんの被害者何十万人、あるいは、汚染地帯で何百万人の人たちが、不安の
中で暮らすという状態になっています。

◯いったいこの事故を惹き起した加害者は誰なのでしょうか?
 日本では原子力平和利用というような、私から見ると、とんでもないウソの宣
伝のもとに原子力が進められてきました。それを進めてきたのは、まずは日本の
政府、日本の国家です。その周りに電力会社、原子力産業、中小零細のたくさん
の企業、そしてそこで働く労働組合までが、加担するようになりました。勿論、
学者も、ほとんどが原子力に加担をして、原子力とはいいものだという旗を振り
続けました。今日この場にも、一部マスコミの人もいてくださるけれど、マスコ
ミすらが、原子力の夢をばらまいて、全部が一体となって原子力を今日まで進め
てきた、来てしまったのです。
 かって日本は悲惨な戦争をしました。国が戦争をして、勿論マスコミも加担し
て、日本国民みんながその戦争に加担しながら、悲惨な被害というものを、自分
たちだけでなく、アジアにも振りまいたということがありました。
 日本で進められてきた原子力というものは、私は、まさに戦争と同じような構
造だったと思います。大変巨大な組織、言ってみれば政府を中心にした権力機構
というものがあって、どんな反対をしてもどうにもならないと、いう中で、原子
力が進められてきてしまった。挙句の果てに事故は起きたのです。私は、その巨
大な機構を、皆さんは、原子力村という言葉で呼ぶようになっていると思います
が、私は原子力マフィアと呼びたいと思うようになってきました。
 まさに犯罪者集団、巨大な犯罪を犯している集団が、日本の国家を中心にし
て、日本という国を牛耳っている、そういう状態になってしまった。

◯この会場の中にも、自営業の方がいらっしゃると思いますが、そういう自営業
の方が、何か、自分の職場から、毒物を環境に流すというようなことをすれば、
すぐに警察が踏み込んできて、その人を処罰します。誰か一人でも周辺の人が死
んだというようなことになれば、マスコミを含めて大騒ぎになるはずなんです。
 しかし、福島第一原子力発電所の事故の場合には、既に、原発関連死といわれ
ている人が、おそらく、2000人を超えている。たくさんの人の命が奪われるとい
うことがあっても、誰一人として責任をとらないということが起きてしまっている。
 私は加害者に必ず責任をとらせたいと、思います。東京電力の会長、社長以
下、原子力を進めてきた人たちは、刑務所に入れなければいけないし、これまで
に、58基の原子力発電所を認可してきた自由民主党と、その政党、その政党の歴
代の責任者、原子力発電所の安全にお墨付きを与えた内閣総理大臣は、みんな自
民党だったわけで、そういう連中はみんな刑務所に入れなければいけない。
残念ながらそれができない。というのが、今の時です。

◯しかし、事故から4年たっても、本当に残念なことに、事故は全く収束してい
ないのです。2011年12月に、まだ民主党という政党が政権をとっていたときに、
野田さんの言う首相が事故収束宣言なるものを出した。いい加減にしてくれと私
は思いました。
 終息宣言を出すならば、緊急事態宣言を撤回しなければいけないはずなのです
が、緊急事態宣言は生きたまま、事故の収束の宣言を出すというでたらめな事
を、民主党という政権がやった。民主党は政権が崩壊してしまって、今、また、
自民党が返り咲いているわけですが、ますますまた原子力を進めるという考えら
れないようなことになってしまっています。
 その陰では、今この時も、おそらく7000人というような労働者が、福島第一原
子力発電所の敷地の中で、放射能を相手に闘っています。その労働者たちは、東
京電力の社員たちではありません。ほとんどが下請け、孫請け、そのまた下請
け、というように、8次、9次、10次というような下請け関係で、雇用されて
いる、本当に貧しくって、底辺であえいでいる労働者たちです。勿論、非正規雇
用労働者たちです。
 彼らがいつも被曝をしながら、事故に向き合ってくれているわけですけれど
も、みなさんも、ご存知のように福島第一原子力発電所では、毎日のように放射
能汚染水が海に向かって流れ出ていくというようなことになってしまっていま
す。毎日毎日350トン、400トンというような、汚染水がどんどんどんどん増えて
きて、一部は地下に流れて行って、現在も、福島第一原子力発電所の敷地は、放
射能の沼のような状態になってしまっている。それを防ぐことができないという
ところに、追い詰められている。
   (下)につづく

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日の国会で安倍首相が原発再稼働の手続きについて、とんでもない言い逃れを
しています。(22.の記事)
昨夜の「報道ステーション」のことを伝えている記事が下方にあります。
(52.の記事)
さて、今朝は、川内(せんだい)原発の地元の鹿児島の皆さんの働きかけの結果
を伝える記事から始めます。

川内原発関連、
1.◎◎「川内原発「九電に説明会」陳情 5市町議会で採択・決議」西日本電子
版2015年03月28日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/59036/1/
全文「九州電力が7月に計画する川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を前
に、九電に地元説明会の開催を求める陳情が、原発から250キロ圏にある県内
31市町村議会に提出され、27日までに鹿児島市を除く全議会で審査された。
出水市と伊佐市、肝付町、屋久島町の計4議会が採択し、南種子町議会は説明会
開催を求める決議をした。陳情に法的拘束力はないが、九電の対応が注目される。
陳情は、関西電力大飯原発(福井県)の運転差し止めを命じた福井地裁判決が、
原発事故の影響が及ぶ範囲を250キロ圏内としたことを受け、鹿児島県内の市
民団体が各議会に提出した。30キロ圏にある出水市議会は「市民の当たり前の
要求だ」と賛成多数で採択。原発から210キロ離れた屋久島町議会は「事故が
起きれば世界遺産の島に影響があると不安を持つ住民がいる」として採択し、4
月上旬にも九電に説明会開催を求める要望書を提出する。
30キロ圏では薩摩川内、いちき串木野、阿久根の3市とさつま町の議会が不採
択とした。日置市議会は審査が不十分として委員会に再付託した。姶良市議会は
継続審査とし、長島町議会は議員への配布にとどめた。鹿児島市議会は未審査。
九電は「今回の議会の判断により、コミュニケーション活動の必要性をあらため
て認識した。訪問活動や見学会で再稼働への不安や疑問に答えながら安全対策を
説明していく」としている。」

1’.「出水市議会:九電に説明会を求める陳情採択 原発再稼働で /鹿児島」
毎日新聞 2015年03月26日 地方版
全文「出水市議会は25日本会議を開き、九州電力川内原発1、2号機の再稼働
にあたって九電に住民説明会を求める陳情を採択した。一方、県知事の再稼働同
意は拙速として撤回、再検討を求める陳情などは不採択となった。」
・・・出水市-川内原発のある薩摩川内市の北方向にある市です。

2.◎◎(鹿児島県)「選挙:県議選への関心高めて 市民団体、立候補予定者に
アンケ送付 結果公表は今月末に予定 」毎日新聞 2015年03月26日 地方版
全文「市民団体「かごしまの未来を語る会」は、県議選立候補予定者75人に対
し、九州電力川内原発の再稼働問題や社会保障への考え方を問うアンケートを
送ったと発表した。県民が関心を持つテーマに対する候補者の考えを知ることで
県議選への関心を高めるのが狙い。
語る会は大学教授や自営業者らで今年1月設立。週1回会議を開き、アンケート
の設問内容などを検討してきた。アンケートは川内原発再稼働への賛否や奄美大
島への陸上自衛隊の部隊配備、県内最低賃金などへの賛否など計14問で、既に
郵送を終えている。今月末ごろに結果を公表する予定という。語る会共同代表の
伊藤周平・鹿児島大法科大学院教授は「何を根拠に賛成、反対を主張するのかを
説明してほしい。それは民主主義として当然だ」と全員からの回答を求めている。」

昨日の1.の記事にさらに詳細を継ぎ足しています、
3.〇〇「鹿児島・川内原発:九電が「新安全対策」公開 電源喪失時注水、水
素爆発予防・・・」毎日新聞 2015年03月27日 西部朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20150327ddp008020013000c.html
長い記事「・・・・
◇噴火対策など課題 一方、基準地震動(想定する最大の地震の揺れ)は引き上
げられたが、主な対策は配管類の補強工事にとどまった。規制委もこうした工事
計画を認可したが、大規模な火山噴火発生時に核燃料の搬出先を決めていないな
ど、積み残された課題もある。公開後、報道陣から発電所の耐震性能を問われた
九電川内原子力総合事務所の古城悟所長は「世界的に見ても厳しい新基準に適合
しており、十分耐えうる設備になった」と話し、社員の事故対応力を高めていく
ことを課題に挙げた。
◇九電が実施した主な安全対策
・津波     海水ポンプを守る高さ15メートルの防護壁/引き波時も取水
可能な貯留堰(ぜき)
・電源喪失   外部から3回線の送電線/移動式発電機車/7日分の燃料油貯蔵
タンク
・原子炉冷却  注水するポンプの新増設/移動式ポンプ車/格納容器内に13台
の水素燃焼装置
・地震    (基準地震動540→620ガル) 配管類約400カ所の耐震補強
・竜巻     一部施設に金属製防護ネット
・火山     火山灰たい積も想定したフィルター/核燃料搬出に備えた監視体制
・対応拠点   代替緊急時対策所(免震重要棟を建設中)
・人員     常駐最低要員数を12人から52人に増員
◇福島第1原発事故の流れ 地震で外部電源喪失▼津波で発電所内電源喪失▼原子
炉冷却失敗▼炉心損傷・水素発生▼格納容器破損▼水素爆発」

他紙既報ですが、
4.「要援護者避難車両:九電が福祉施設や病院に配備 川内原発10キロ圏内
 /鹿児島」毎日新聞 2015年03月27日 地方版
全文「九州電力は、川内原発(薩摩川内市)で事故が起きた場合などに要援護者
の避難に使用する福祉車両16台を同原発から10キロ圏内の社会福祉施設や病
院などに配備することになり、うち12台が薩摩川内市内の社会福祉施設などに
5日引き渡された。
配備されるは、車椅子を4台収容できる車両6台と、ストレッチャー1台を収容
できる車両10台。うち12台を薩摩川内市の社会福祉施設、病院12カ所に貸
与、4月には1台をいちき串木野市の社会福祉施設に貸与する方針だ。残る3台
は同社の事業所に配備。
同原発で事故が起きた場合や訓練の際は、予防防護措置区域(PAZ、5キロ圏
内)の要援護者の避難用に優先的に使われるが、社会福祉施設や病院に配備され
たものは、平常時はその施設で使用される。
同社は県と避難用福祉車両の最終的な必要台数を協議中だが、16台を先行して
配備。薩摩川内市によると、PAZ内で避難の際に車椅子やストレッチャーを必
要とする要援護者(在宅も含む)は約70人。」
・・・配備されても、管理や運用の際の人手は提供されないと、施設には今以上
の負荷がかかります。

玄海原発関連、
5.(福岡県)「’15統一選ふくおか:知事選告示 現・新、訴え熱く 地域活
性化、原発再稼働など争点に 4月12日投開票」毎日新聞 2015年03月27日 
地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150327ddlk40010668000c2.html
長い記事「統一地方選第1ラウンドの知事選(4月12日投開票)が26日告示
され、再選を目指す現職の小川洋氏(65)と、弁護士で新人の後藤富和氏
(46)の無所属2人が立候補した。1期4年の小川県政の是非、人口減社会を
巡る地域活性化策、原発再稼働問題などを争点に17日間にわたる論戦がスター
トした。・・・・・」

6.(佐賀県)「九電がハイマットへの今年度分寄付見送り」佐賀テレビ
(2015/03/27 20:49)
http://www.sagatv.co.jp/news/
全文「九州電力は、鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センター・サガハイマッ
トなど佐賀県内の施設への今年度分の寄付について、業績悪化を理由に見送るこ
とになりました。サガハイマットはがんを切らずに治す九州初の重粒子線治療施
設として2013年6月に鳥栖市のJR新鳥栖駅前に開院、九州電力は複数年度
で39億7000万円の寄付を表明しています。瓜生社長はきょうの記者会見で
業績悪化を理由にサガハイマットへの今年度分の寄付を見送ることを明らかにし
ました。サガハイマットへの寄付見送りは3年連続です。九電・瓜生道明社長
「残念ながら今回、いまの収支状況で、向こうとも調整させていただいて、お断
りというか、今年度は勘弁していただきたいと」九電から寄付見送りの連絡を
受けたサガハイマットを運営する財団は、「いろいろなローンなどを組んでいる
ので、九電の寄付見送りによる財務的な心配はない」としています。一方、県費
を投入し事業の推進役を果たしてきた佐賀県は「早く入金していただきたいが、
いまの九電の経営状況をみると無理は言えない。将来的にはきちんと対応しても
らえると思う」としています。一方、九電が複数年度で20億円の寄付を表明し
ている唐津市の早稲田佐賀中学・高校についても今年度分を見送るということで
す。」

7.(佐賀県)「玄海町ふるさと納税10億超」NHK佐賀03月27日10時28分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083552051.html?t=1427476726097
「自治体に寄付すると税金が控除される「ふるさと納税制度」で今年度・平成
26年度に玄海町に寄付された額は先月までに10億3000万円あまりに達し
町の一般会計の歳入の総額の1割に相当する金額を超えました。・・・・
玄海町では、寄付をした人への特典として、地元の牛肉や魚介類などを送ってい
ますが、平成25年度は、寄付額が10万円以上と、100万円以上の高額の
コースを設けたところ、全国から申し込みが相次ぎ総額は2億4000万円あま
りと前の年度のおよそ60倍に増えました。
その後も人気は高まり、今年度・平成26年度はクレジットカードで決済を行え
るようにしたこともあって先月までで10億3000万円あまりと前の年度のお
よそ4倍の寄付がすでに寄せられています。
これは、町の今年度の一般会計の歳入100億8000万円の1割相当を超える
金額で、これらの寄付は町の食材をPRする催しや地元の米を原料にした日本酒
の開発費用など地域の振興に活用されています。岸本英雄町長は「町を全国に
知ってもらうことや特典になっている町内の特産品の生産の安定に大きな効果が
あった」と話しています。」
・・・もう、原発に頼るのは止めましょう!!?

電力、
8.◎(佐賀県佐賀市)「ごみ焼却場で水力発電を開始」NHK佐賀03月27日12時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083417351.html?t=1427476560955
「ゴミ焼却場で使われる冷却水を利用した水力発電が、きょうから佐賀市で始ま
りました。27日は、佐賀市のゴミ焼却場で発電の開始式が行われました。水力
発電は佐賀市が九州電力や発電機のメーカーなどと協力して取り組みます。
この水力発電は、ゴミの焼却で焼却炉などを冷やすための冷却水が流れる配管に
水車を取り付け、冷却水の水流によって水車を回転させて発電します。
総事業費はおよそ4100万円、年間発電量は、一般家庭40世帯にあたる14
万4000キロワットアワーを想定しています。
このゴミ焼却場では、ゴミを焼くときに出る熱を利用する発電も行っていて、水
力発電とあわせて、市内の小中学校の51校に供給します。
また、学校が休みの時期などには発電した電力を電力会社に売ることで、年間お
よそ500万円の収入が見込めるということです。
佐賀市は、国の「バイオマス産業都市」に選ばれるなどバイオマス事業を積極的
に進めていて、市によりますと、ゴミ焼却場の冷却水を利用した発電は、全国で
も初めてだということです。・・・」

9.「九電の販売電力量伸び率、過去最低に 2024年度まで」西日本電子版
2015年03月27日 20時21分 更新
http://qbiz.jp/article/58998/1/
全文「九州電力は27日、2015年度供給計画を発表し、13~24年度の販
売電力量の年平均伸び率(気温補正済み)が過去最低の0・4%になるとの見通
しを示した。最大電力の伸び率も過去2番目に低い0・4%を見込む。16年4
月に電力小売り事業が全面自由化される影響などを勘案した。自由化により、新
電力などへの契約切り替えが相次ぐと想定。16年度の販売電力量は前年度に比
べて3億キロワット時減少し、814億キロワット時になると予想した。その
後、景気回復などで需要が徐々に増え、24年度は861億キロワット時になる
とみている。
計画には、石油火力の唐津発電所2、3号機(佐賀県唐津市、計87万5千キロ
ワット)を今年6月に廃止することを盛り込んだ。一方、鹿児島県沖永良部島に
ある内燃力の新知名発電所(計1万9100キロワット)については、全6台の
うち運転開始から50年近くが経過した2台を更新する。国の指針に基づき入札
を実施し、15年度中に事業者を決める方針。20年6月までに供給開始が可能
な電源4500キロワットを募集する。供給力見通しは、原発再稼働が見通せな
いことなどから、4年連続で「未定」とした。」

9’.「【九州電力】「平成27年度供給計画」について」西日本電子版2015年03
月27日 18時07分 更新
http://qbiz.jp/article/58984/1/
・・・プレスリリースが2件あります。
http://qbiz.jp/apdf/6740a48cf2b5a728fbcb84f473ba02bb.pdf
http://qbiz.jp/apdf/652886979def017eb927261ccea20e0a.pdf

10.◇「九電が千葉に発電所 東ガス、出光との共同建設発表 首都圏で小売
りへ」西日本電子版2015年03月28日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/58997/1/
長い記事「・・・・・・・首都圏に営業拠点を持たない九電が期待をかけるの
が、東京ガスの約1千万件の顧客。17年4月には電力同様、都市ガスの小売市
場も家庭向けを含めて全面的に自由化される。九電は東京ガスと協力し、電力と
都市ガスのセット販売も「視野に入れている」(瓜生社長)という。段階的に進
む電力自由化で、九電管内でも新電力に切り替えた企業や自治体は、3月1日時
点で前年比72%増の5321件(77万キロワット)に達した。地域独占の壁
は崩れ、電力業界、異業種を交えた販売競争が本格化しつつある。経営が悪化す
る中で、満を持して首都圏に打って出る九電の担当者は27日、「(20年代半
ばの)火力発電の完成までは待てない」と、都内に自前の営業拠点を構える可
能性も示唆した。
・・・・・・場所を示す添付地図があります。

10’.◇「九電・関東圏に火力発電所建設へ」佐賀テレビ(2015/03/27 20:49)
全文「来年の電力小売りの全面自由化を見据え、九州電力は東京ガスや出光興産
と共同で関東圏に石炭火力発電所を建設する検討に入ったことを明らかにしまし
た。【九州電力・瓜生道明社長】「3社は電力小売りの全面自由化を踏まえまし
てそれぞれの会社にそれぞれの強みを持ってますのでより安全、安定的、安価な
電力供給を実現する」関東圏に共同で石炭火力発電所を建設する検討に入ったの
は、九州電力と東京ガス、それに出光興産の3社です。発電所の建設予定地は千
葉県の袖ケ浦市で出力は最大200万キロワットを見込んでいます。来年の電力
小売りの全面自由化を見据え、九電の瓜生社長は「成長戦略の一環」として収益
基盤の拡大につながるとしています。2020年代中ごろの運転開始を目指
していて、具体的な計画については今後検討することにしています。」

10”.◇(九電)「出光・九電・東ガス、千葉に大型石炭火力の検討開始」ロイ
ター?3月27日(金)19時53分配信
全文[東京 27日 ロイター] - 出光興産<5019.T>、九州電力
<9508.T>、東京ガス<9531.T>の3社は27日、千葉県袖ケ浦市の東京湾岸に
最大200万キロワットの大型石炭火力発電所の共同開発に向けた検討を始める
ことで合意したと発表した。
九電と東京ガスはそれぞれ、来年4月から電力小売りが全面自由化をにらみ、最
大市場の首都圏でコストの安い石炭を燃料とする競争力のある電源確保を狙う。
出光も自社の製油所がある京葉コンビナートの工場群への電力供給を今後検討す
る。九電が九州以外の国内で発電所の建設計画を出すのは初めて。首都圏での電
力供給を成長戦略と位置づける。
東京ガスも電力事業を強化する方針だが、稼働率の高い「ベース電源」の石炭火
力を加えることで、同じくベース電源の原発が再稼働しても対抗できる電源構成
に踏み出す。
30ヘクタールの出光の遊休地を活用し、2020年代中ごろの運転開始を見込
む。石炭を受け入れる貯炭場が遊休地に隣接しており拡張する方向だ。5月に3
社均等出資の特別目的会社を設立し、4─5年の環境影響調査の手続きを経て、
最終的な事業化の意思決定を行う。2020年代中ごろの運転開始を見込む。
200万キロワット級の石炭火力を建設した場合、総投資額は4000億
─5000億円規模と見込まれるが、可能な限りコスト低減を図るとしている。」
関連記事、
11.「昭和シェル石油:亀岡社長インタビュー 家庭用電力参入 ガス・灯油
とセット割引検討」毎日新聞 2015年03月27日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150327ddm008020051000c.html
「26日に就任した石油元売り大手、昭和シェル石油の亀岡剛社長兼グループ最
高経営責任者(CEO)は毎日新聞のインタビューに応じ、来年4月に自由化さ
れる家庭向け電力販売事業に参入する方針を明らかにした。傘下のプロパンガス
販売特約店を通じて首都圏で電気を販売し、ガスや灯油などとのセット販売も検
討する。家庭向け電力市場の自由化まであと1年。・・・・
・・・「電力需要が集中する首都圏で、来春にかけて発電効率の良い自社の発電
所が運転開始することも強みになる」と参入の狙いを語った。同社は、今年12
月にバイオマス発電所が、来春には東京ガスと共同建設する液化天然ガス火力発
電所が運転開始する。来年4月時点で総出力62万キロワット分の電源を持つ予
定で、一部を家庭向けに販売する。さらに亀岡社長は「プロパンガスの特約店を
通じた消費者とのつながりは、電力販売にも生きる」と強調。特約店が扱うプロ
パンガスや灯油とセットで電気を割安に販売したり、店舗が扱う太陽光発電シス
テムと組み合わせた家庭向けエネルギーの効率的な利用も提案したい考えだ。
家庭向け電力市場の自由化で、大手電力会社が独占販売していた7・5兆円規模
とされる市場が開放される。今月11日時点で、新規参入の小売事業者(新電
力)の届け出件数は約600社に上り、1年間で3倍に急増。中でも家庭向け市
場の3分の1を占める首都圏市場は激戦区となっている。・・・・」
・・・・各電力会社の首都圏への進出が目立ちます。

12.「北海道電=賞与、夏も見送り」時事通信?3月27日(金)19時0分配信
全文「北海道電力は27日、2015年の夏季賞与支給を見送ると発表した。昨冬に続
く2度目の賞与見送りで、夏季では初めて。ただ、「生活支援措置」として月例
賃金の約1カ月分を支給する。同社は泊原発(北海道泊村)の再稼働の見通しが
立たず、火力燃料費が増加し収支が悪化している。このため、労働組合に対して
夏季賞与の支給見送りを提案。27日に妥結したという。」

13.「<東北電>東通の来春再稼働「厳しい」海輪社長」河北新報?3月27日
(金)16時5分配信
全文「東北電力の海輪誠社長は26日の定例記者会見で、東通原発(青森県東通
村)の2016年3月再稼働について、個人的見解として「非常に厳しいと認識して
いる」と語った。現時点で計画自体を変更する予定はないという。原子力規制委
員会の有識者調査団が25日、東通原発敷地内の断層を活断層と認める評価書をま
とめたことに関連し、記者の質問に答えた。
有識者調査団の評価について「社が用意した膨大なデータを評価していただけな
かった」と不満を示す一方、停滞していた適合性審査(安全審査)が評価書提出
で実質審査に入る見込みとなり「ステップとして前に進んだ」と評価した。
規制委の石渡明委員が、重要施設直下の断層の追加調査を示唆した点には「これ
までの調査で十分だと思うが、足りない点があれば対応したい」と述べた。」
関連、
13’.「<東北電>能代3号機16年1月着工」河北新報?3月27日(金)15時10分配
信  ※添付図表有
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150327_42049.html
「東北電力は26日、2015年度の電源開発計画を発表した。能代火力発電所3号機
(能代市)の着工を16年1月、運転開始を20年6月とすることなどを盛り込ん
だ。・・・・・能代3号機と上越1号機については昨年、火力電源の調達コスト圧
縮を目指す国の指針に基づいて東北電が競争入札を実施し、自社落札してい
た。・・・・東北電は15年度から10年間の電力需要見通しも示し、販売電力量は
14年度推定実績の769億キロワット時から、24年度には834億キロワット時に増加
すると見込んだ。全体の供給力は原発再稼働の見通しが不透明なため、従来通り
「未定」としている。」

14.「中国電社長 上関原発、建設に意欲」時事通信?3月27日(金)21時0分配信
全文「中国電力の苅田知英社長は27日の記者会見で、同社が建設を計画している
上関原発(山口県上関町)について、「将来の温室効果ガス削減を考えると、上
関原発を開発する重要性は変わらない。早く着手できるように地域の皆さんのご
理解を得たい」と述べ、新設に意欲を示した。」
・・・地元があれだけ反対しているのに!! 瀬戸内海の自然を崩壊させるな!!

15.(愛媛県)「木質バイオマス発電所、松山に秋にも着工」愛媛新聞2015年
03月27日(金)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150327/news20150327776.html
「大手商社・豊田通商の子会社「エネ・ビジョン」(名古屋市)が愛媛県内に建
設を計画している大規模木質バイオマス発電所が、今年秋にも着工することが
26日分かった。2017年末の完成、18年1月ごろの営業運転開始を目指
す。建設場所は松山市大可賀3丁目の化学工場跡地。
関係者によると、発電所の出力は1万2500キロワット。使用燃料は年間12
万トンで、最低6万トンを県森林組合連合会(県森連)が供給し、残りを輸入ヤ
シ殻で補う。事業費は約60億円で、国の補助制度を活用して県は14億円を無
利子融資する方針。」

原発立地・周辺地域、
16.(青森県)「原子力施設の安全性、県に独自検証求める/市民団体が文書
提出」東奥日報2015年3月26日(木)
全文「市民団体「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」は25日、県内の
原子力施設について県が独自に安全性の検証を行うことなどを求めた三村申吾知
事あての要請文を県に提出した。」

17.(静岡県)「中電との協定協議、大型連休明けか UPZ7市町」静岡新
聞(2015/3/27 08:32)
全文「袋井市の原田英之市長は26日の定例会見で、中部電力浜岡原発(御前崎
市佐倉)から31キロ圏内の緊急防護措置区域(UPZ)の7市町(磐田、袋
井、島田、藤枝、焼津市、森、吉田町)の首長が、安全協定締結に向けて中電側
と協議する会合は「(5月の)連休明けになるかもしれない」との見方を示した。
7市町は当初、協定締結時期の目安を年度内としていた。原田市長は「(協定に
加わる)県と私どもの間で条文はほぼ固まった」と話し、一度は3月中旬に会合
の日程調整をしたが、中電側の意向もあり延期された経緯を説明した。事務方同
士の打ち合わせは行われているという。原田市長は18日に開かれた市議会防災
対策特別委員会で、非公開の秘密会形式で条文案を示したことも明らかにした。」

18.(福井県)「テレビで手軽に放射線量データ確認 敦賀市、地元局で提供
開始」福井新聞(2015年3月27日午後5時15分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/67430.html
「万一の原発事故に備え普段から空間放射線量に理解を深めてもらおうと、福井
県敦賀市は、市内と市周辺の計33カ所で測定されている線量データを、地元
ケーブルテレビの嶺南ケーブルネットワーク(RCN)で提供を始めた。
県内では、原発周辺を中心に国や県、電力事業者が計115カ所で線量を測定。
県原子力環境監視センターがホームページなどで、10分おきの数値を公表して
いる。市はインターネットを使い慣れてない人でもテレビで手軽に数値を確認で
きるようにしようと、同センターから測定結果を取得し、多くの市民が加入して
いるRCNのデータ放送で掲載することにした。約600万円かけシステムを整
備した。
具体的には「発電所付近」として敦賀半島北部の19カ所、広域図の画面では南
は同市疋田、東西は南越前町大良から若狭町神子まで、20カ所を掲載。1時間
当たりの線量のほか、放射性物質の拡散に影響する風向きや降雨も説明してい
る。・・・・・・・・・・・・」

19.(福井県)「知事選争点の原発賛否に票どう動く 全国で世論二分、福井
はいかに」福井新聞(2015年3月27日午前7時00分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/67353.html
長い記事「原発の再稼働、廃炉などの重い課題に直面する中で告示された福井県
の知事選。共産党新人の金元幸枝候補は再稼働反対を訴え、陣営も「原発ゼロの
一点共闘で大量得票を」と“脱原発票”の取り込みを狙う。一方、「安全第一」と
慎重を貫く現職の西川一誠候補だが、推進姿勢が根底にあり陣営からは「勝敗に
影響はなくても、票が流れる心配はある」との声が漏れる。全国で原発に対する
世論が二分する中、スタンスの違いが有権者の選択肢の一つになるとみられ、両
陣営は注視している。・・・・
「世界一の原発集中の福井県が、原発ゼロの決断をしたら世界中への衝撃にな
る」。金元候補は福井市内の事務所前で力強く第一声を放った。・・・」

20.(新潟県)「泉田知事「東電は責任果たせ」柏崎刈羽原発 全7基停止か
ら3年」新潟日報2015/03/27 12:31
全文「東京電力福島第1原発事故に伴い、東電柏崎刈羽原発の全7基が停止して
から3年となった26日、泉田裕彦知事は「福島第1原発事故はいまだ収束してお
らず、事故の検証も不十分だ。東電は自ら引き起こした事故に対する企業として
の責任を果たしてほしい」とのコメントを発表した。柏崎・刈羽地域の経済状況
については「大都市圏の景気回復からの波及が遅れており、必要な対策を着実に
実行していく必要がある」とした。」

21.(新潟県)「避難者支援 県広域支援課を再編 県「支援は従来通り継
続」新潟日報2015/03/27 10:34
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150327171348.html
「新潟県は4月1日付で、東京電力福島第1原発事故の影響で福島県などから本
県に避難している人を支援する広域支援対策課を、中越・中越沖地震の被災者を
支援する震災復興支援課の広域支援対策室とする組織再編を行う。ピーク時に1
万人以上いた避難者は約4千人に減少。県は「支援は従来通り継続する」として
いる。
広域支援対策課は東日本大震災が発生した2011年5月に発足した。避難所か
ら借り上げ仮設住宅への転居や更新手続きのほか、避難者交流会、自主避難世帯
を対象にした高速バス料金の助成などを行っている。現在は兼務を含む6人で業
務に当たっているが、改組後の広域支援対策室は4人態勢になる。・・・・6日
の県のまとめでは、本県への避難者は昨年3月7日から646人減って4076
人となった。」

政府が、
22.●●●「原発再稼働、同意自治体の決定に政府関与せず 首相答弁」京都新
聞?3月27日(金)22時4分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150327000181
全文「京都府が原発の再稼働で同意が求められる自治体の範囲について政府に回
答を求めていたことに対し、安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、政府が
関与しない方針を示した。
共産の倉林明子議員(京都選挙区)の質問に対し、安倍首相は「地元の理解を得
ることは重要だが、範囲や方法は各地の事情がさまざま。国が一方的に決めるの
ではなく、各地でよく相談して対応することが重要だ」と述べた。
京都府は今月17日、関西電力高浜原発(福井県)から5キロ圏の舞鶴市や府
が、再稼働の同意を求められる範囲に含まれるかを国に確認する申し入れを行っ
ていた。」
・・・その場その場で言い逃れる!! 川内原発では、再稼働推進の全力と福岡
で財界人との昼食の場で言った、という報道があったと思うが・・・。
関連、
23.「主張 原発「リプレース」 喉もと過ぎれば“焼け太り”か」しんぶん赤
旗2015年3月27日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-27/2015032701_05_1.html
「東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の重大事故後、原発依存度を次
第に低下させる「縮・原発」を主張してきた財界団体の経済同友会が、「相当な
期間、ベースロード電源として原発を活用する」立場に転換し、原発の運転延長
に加え、「リプレース」(建て替え)や新増設も求める方針を打ち出しました。
安倍晋三政権の原発を「重要なベースロード電源」とする立場の後押しです。安
倍政権が決めたエネルギー基本計画にもとづき2030年の原発依存度をどの程
度にするかの検討も大詰めです。「原発ゼロ」の世論を踏みにじる動きは見過ご
せません。・・・・
<「原発ゼロ」の声に応えよ> 安倍政権が長期的な原発依存度の目標を決めき
れないできたのは、原発事故が4年たっても収束しておらず、「原発ゼロ」を求める
圧倒的な国民世論を無視できなかったからです。電力会社や財界が、事故は「喉も
とを過ぎた」といわんばかりに原発の建て直しや新増設まで勝手に持ち出すのは、
国民の安全をかえりみないものです。老朽化した原発の廃炉も“焼け太り”を狙っ
ているのと同然です。
原発が事故を起こせば取り返しがつかない被害を及ぼします。危険な原発への依
存ではなく、「原発ゼロ」を求める圧倒的な世論に応えることこそ政治の責任で
す。」

24.「廃炉センター長に小川・長岡技術科学大教授」日経新聞2015/3/27 11:12
全文「下村博文文部科学相は27日、閣議後の会見で廃炉研究の拠点となる「廃炉
国際共同研究センター」を日本原子力研究開発機構内に4月1日付で設置すると
発表した。センター長には長岡技術科学大学の小川徹教授が就任する。廃炉に関
する研究開発や人材育成の拠点で、国内外の研究者が共同で研究に取り組む。小
川氏は原研の部門長などを歴任しており、原子力損害賠償・廃炉等支援機構の専
門委員会の委員などを務めている。」

規制委、
25.「伊方原発を現地調査=設置変更許可「大きな論点ない」-規制委」時事
通信?3月27日(金)15時20分配信
全文「原子力規制委員会は27日、原発再稼働の前提となる審査を進めている四国
電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)を現地調査し、新設された緊急時対策所な
どを視察した。
調査した更田豊志委員は、緊急時対策所について「及第点を上回る立派な施設」
と評価し、「設置変更許可に関しては大きな論点はなくなっている。四国電力
に、そう時間をかけずにきちんとした補正をしてもらうことになる」と述べ、3
号機の再稼働に向けたプロセスが進んでいることを示唆した。伊方原発の緊急時
対策所は、基準地震動の変更により従来の施設では耐震性が不十分であることが
分かり、昨秋から新設工事を進めていた。」

福島第1原発、
26.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年03月28日
「27日正午現在 1.050マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測
結果から 前日は1.035マイクロシーベルト毎時」

27.「東芝、溶融核燃料の測定装置開発」時事通信?3月27日(金)20時0分配信
全文「東芝 <6502> は27日、原子炉で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の位置や
性質を測定する装置を開発したと発表した。東日本大震災で事故を起こした東京
電力 <9501> 福島第1原発2号機の原子炉圧力容器内の測定に活用する。測定は
2015年度内に始める予定。」

27’.「溶け落ちた核燃料を調査“宇宙線装置”公開」日本テレビ系(NNN)?3月
27日(金)19時19分配信 ※映像有
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150327-00000059-nnn-soci
全文「東京電力・福島第一原発で原子炉内の溶け落ちた核燃料について、宇宙線
を使って詳しく調べる装置が27日、公開された。福島第一原発の1号機から3
号機では、事故で核燃料が溶け落ちたが、どこにどれだけあるのか今も分かって
いない。27日に公開されたのは、宇宙線の一種である「ミュオン」を使って溶
け落ちた核燃料の位置や量を調べる装置。装置の大きさは縦横それぞれ7メート
ルで、原子炉内の状況を約30センチ間隔で把握でき、ウランや鉄、コンクリー
トなどの物質を特定できるのが特徴。福島第一原発では、ミュオンによる溶け落
ちた核燃料の測定が先月から1号機ですでに行われていて、本来、核燃料がある
はずの原子炉中心部に核燃料がなかったことが確認されている。27日に公
開された装置は2号機を対象としたもので、今後さらに試験を重ね、早ければ今
年10月から測定が始まる予定。」

27”.「溶融燃料の立体透視が可能に ミュー粒子の新測定装置公開」西日本
新聞2015年03月27日 21時00分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/158907
「国際廃炉研究開発機構(IRID)などは27日、宇宙から降り注ぐ宇宙線か
ら生じる「ミュー粒子」を使い東京電力福島第1原発で溶け落ちた燃料(燃料デ
ブリ)を透視する新たな測定装置を公開した。既に使われている装置よりデブリ
の位置を高精度に立体透視できるほか、物質の種類も把握できるという。溶融燃
料の一部が炉内に残っているとみられる2号機に夏以降、装置を設置し、早けれ
ば年内にも観測を開始。数十日かけデータを集める計画だ。装置は縦横約8メー
トル、奥行き約1・5メートルの巨大な箱形。この装置2台で原子炉を挟み込
み、ミュー粒子の動きを観測する。」
先の3つの記事、すべて同じことを伝えているはずですが、・・・。

28.「(国策の果て 岐路の原発:4)「ベント」日本は周回遅れ フィル
ター、海外が先行」朝日デジタル2015年3月27日05時00分 ※有料記事
http://www.asahi.com/articles/DA3S11672257.html?ref=nmail_20150327mo&ref=pcviewpage
「東京電力福島第一原発事故で、被害を左右したとされる設備がある。原子炉格
納容器に取り付けられた排気装置「ベント」。内部の圧力を下げて壊れるのを防
ぎ、放射性物質の大量放出を防ぐ最後のとりでだ。「なかったらどうなっていた
か」。国の原子力安全委員会の委員長として事故対応にあたった班目(まだら
め)春樹はこう振り返る。
1992年に安全委が設置を推奨し、各地の原発で追加された。炉心が溶け、放
射性物質が漏れるような「過酷事故」対策の一環で、福島第一原発では2001
年までに整備された。ただ、実際の使い勝手は悪かった。弁の操作が必要な複雑
な構造。電源を失った状況で作業は難航した。複数の原発が同時進行で危機を迎
えるなか、班目はベントの遅れが気がかりだったという。「最悪の場合、日本が
3分割されることも考えた。頭にはチェルノブイリの地図があった」最悪の事態
を防ぐためとはいえ、排気には放射性物質が含まれる。前例がなく、東電は国に
了解を求めたうえで、住民の避難を待つことになった。日本の対策は、世界に比
べ何周も遅れていた。・・・・・・
規制委は9月、発足3年の見直し時期を迎える。これまで、事故が起こるたびに
対策が検討されながら、うやむやになってきた。この繰り返しを今回は絶てるの
か、岐路に立っている。」=おわり

原発事故被害地域フクシマ、
29.(国会へ)「福島 切り捨てるな 復興共同センター 怒りの総行動」しん
ぶん赤旗2015年3月27日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-27/2015032701_03_1.html
「ふくしま復興共同センターは26日、13万6702人の「原発即時ゼロ、子
ども・いのち・くらしを守る」署名を国会に提出しました。累計で43万人分に
上ります。政府交渉や東京電力本店前の抗議集会、国会請願デモと終日、「怒り
の総行動」にとりくみました。雪の残る福島県からバス3台で120人、原発を
なくす全国連絡会も連帯して、合わせて200人が参加。すべての被害の賠償と
汚染水対策や除染、子どもや県民の健康管理、避難者支援、福島県内の全原発廃
炉と原発再稼働反対などを国と東電に求めました。・・・・」

30.(郡山市)「3小学校から輸送へ 中間貯蔵施設で郡山」福島民報?3月27
日(金)9時21分配信
全文「東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設への
パイロット(試験)輸送で、福島県郡山市からは薫、高倉、安積二の3小学校の
校庭に仮埋設している汚染土から搬出する。 
市によると、平成23年4月の時点で、空間放射線量が比較的高かった小中学校
のうち、大型トラックの搬送口が確保できるなどの条件が合った学校を選定し
た。地域のバランスも考慮した。輸送は夏休みなどの長期休業の時期を想定して
おり、具体的な調整を環境省と進めている。3校に保管されている土壌の保管量
は計1256・8立方メートルで、23年の7~8月の間に保管された。」
・・・現地では、除染後の廃棄物を自治体の所有する土地に保管している事例が
多く、学校などの敷地が使われいるようです!!

31.(富岡町)「<現地報告>福島の復興どこまで (中) 時間が止まったま
ち富岡町」アジアプレス・ネットワーク?3月27日(金)12時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00010000-asiap-soci
「日本各地で原発再稼働の動きが進む中、福島県いわき市が主催する「スタディ
ツアー」に参加し、市の沿岸部から「全町避難」が続く富岡町を訪ねた。今なお
放射能汚染によって12万人が避難生活を強いられている福島。住民の帰還の目処
すら立たない、廃墟のままの町の姿に迫った。・・・
「ここでの滞在時間は20分です。福島第1原発までは9キロですから、念のため、
若い女性はマスクを着用してください」と、大和田さんが注意を促した。
放射線量を測定する「モニタリングポスト」の数値は、毎時0.29マイクロシーベ
ルト。通常の5~6倍ある。・・・・・
この町には福島第2原発がある。津波で第1原発と同じように電源喪失したとい
う。「電源がたまたま生きていたのです。社員らが予備電源をつなぎ、水素爆発
を免れたのです。もし、水素爆発していたら、東京も住めなくなっていたと思い
ます」(続く)

31’.(いわき市)「<現地報告>福島の復興どこまで (上) 久之浜地区を
いく」アジアプレス・ネットワーク2015年3月26日 16:04
http://www.asiapress.org/apn/archives/2015/03/26160411.php
「・・・・筆者が初めてこの地を訪れたのは震災発生から2カ月後のこと。地区
を埋め尽くしていたガレキは、1年後にはすべて撤去され、家の基礎部分だけが
残った。今回3年ぶりに訪れると、海岸部で盛り土工事が進んでいた。震災時の
津波を想定し、堤防から陸側に高さ8.2メートル、長さ1.7キロ、幅50メートルの
防災緑地を設け、津波被害の軽減を図るという。
住民の一人、阿部忠直さん(69)は、「ようやく復興に向けて一歩を踏み出しま
したが、問題は住民が戻って来るかどうかです」と語っていた。
近くの小学校ではソフトボールクラブの児童たちがノックを受けていた。「震災
前、240人いた児童は176人に減っています。低線量被ばくを恐れ、ここから自主
避難しているのです」通学している児童の3割は、地区外からスクールバスを利
用しているという。久之浜地区の復興にも原発事故が暗い影を落としている。」

32.(いわき市)「(プロメテウスの罠)オイルマン:21 埼玉からとんぼ
返り」朝日新聞デジタル?3月27日(金)11時30分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11672177.html
「◇No.1225 2011年3月18日夜。小名浜石油社員の堀岡真一
(36)は埼玉県越谷市のガソリンスタンド前で、会社からの電話を受けた。
「タンクローリーの緊急出荷をする。可能なら明日の朝、出社してくれ。強制
じゃない。判断は任せる」そんな内容だった。
堀岡は東京電力広野火力発電所で震災に遭い、ヒッチハイクで福島県いわき市の
会社に戻ったひとりだ。16日夜、原発事故の悪化を心配して、会社が事業所の
一時閉鎖を決めたときにはすでに、妻や0歳の長男、父母は越谷市の親戚宅に避
難させていた。その家族を追って堀岡が越谷に着いたのが18日。首都圏も危な
いといううわさもあり、より遠くに避難できるようにするため、越谷でまずすべ
きことが車への給油だった。1軒目のスタンドでは2時間ほど待ったが結局、給
油を断られる。2軒目も待っているうちに深夜になったが、長い行列ができたま
ま。会社から電話が入ったのは、そんなときだった。
堀岡がいわきから来たことは車のナンバーで分かる。「勤務先にどうしても戻ら
なければいけない」と、店員に急ぎの給油をかけ合った。特別扱いはできないと
断られた。しかし、堀岡もあきらめない。「いわきの石油基地の油槽所のほうに
勤めています。タンクローリーの出荷場を持つ施設です。自分らがいないと出荷
ができない。だからどうしても戻りたいんです」店長に、そう訴えた。すると、
ほかの車を飛ばして給油してくれた。・・・・・「とりあえずめどがたったから
行きます」と同僚や会社に返事した。自分らがいないと困る人が出てくる。そん
な使命感も膨らんでいた。埼玉にいたのはわずか10時間弱。妻子と父母を越谷
の親戚宅に残し、再び車を走らせた。」

33.「双葉郡外で看護学校再開へ 「帰還へ核となる病院を」」福島民友新
聞?3月27日(金)11時22分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0327/news10.html
「東京電力福島第1原発事故で被災した双葉郡8町村の医療体制の在り方を検討し
てきた検討委員会は26日、将来帰還する住民のため地域の核となる病院の設置が
必要との最終報告をまとめた。看護学校は郡外で一時再開を目指す。8町村は国
や県への働き掛けを強める考えだ。郡山市で開いた町村長会議で報告し、双葉地
方町村会(会長・渡辺利綱大熊町長)に伝えた。・・・・
休校中の双葉准看護学院(双葉町)については郡外で一時的に再開し、福祉分野
などの人材養成も目指す。」

34.「双葉に2次救急医療機関を 医療のあり方検討委」河北新報2015年03月
27日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150327_63046.html
「東京電力福島第1原発事故の避難区域が集中する福島県双葉郡の医療のあり方
を考える検討委員会は26日、2次救急医療機関の必要性などを盛り込んだ最終
報告を取りまとめ、双葉地方町村会に提出した。提言を受け、同町村会は今後、
国や県に開設を要望する。・・・・・・
現在、住民帰還に向けた対策として県が楢葉町に仮設診療所の開設を決めた。多
数の避難者が暮らすいわき市内には、郡立の診療所2カ所が整備される予定。」

35.(南相馬市)「<避難区域>住民帰還 南相馬市長12月判断」河北新報?3
月27日(金)9時35分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150327_61004.html
「東京電力福島第1原発から20キロ圏内の避難区域について、1年後の2016年4月
の帰還を目標に掲げる南相馬市の桜井勝延市長は、具体的な帰還時期をことし12
月に最終判断する考えを示した。河北新報社の取材に答えた。桜井市長が避難区
域解除の判断時期を示したのは初めて。・・・・
桜井市長は「解除と賠償問題は切り離すよう国に求めていく」と強調する。だ
が、帰還する人にもしない人にも共通した賠償終期の提示など、打開策は示され
ていない。最終判断まで8カ月余り。目標通りに進めるかどうか、厳しい選択を
迫られそうだ。

36.(南相馬市)「震災がれき仮設焼却炉稼働・南相馬」河北新報2015年03月
27日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150327_63003.html
「環境省は26日、南相馬市小高区に建設した仮設焼却炉の稼働を始めた。処理
能力は日量200トン。2017年3月までに、東京電力福島第1原発から20
キロ圏内の震災がれきなど約8万9000トンを処理する予定。総事業費は約
340億円。敷地は原発事故後に提供された旧化学工場跡地約2.5ヘクター
ル。敷地内には、避難区域外の市内の震災がれきを国が代行処分する同規模の仮
設焼却炉の建設が決まっており、今夏にも着工する予定。」

37.(相馬市)「<災害公営住宅>全410戸が完成」河北新報2015年03月27
日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150327_61002.html
「相馬市北高野、鷲山両地区計107戸の災害公営住宅の完成式典が26日、現
地であった。市が予定した9カ所計410戸の災害公営住宅は全て完成した。福
島県内の自治体で災害公営住宅の整備が完了するのは初めて。・・・・」

38.「渓流、湖沼釣り4月1日解禁 久慈川第1漁協がヤマメ放流」福島民友新
聞?3月27日(金)11時27分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0327/news2.html
「県内で4月1日、イワナやヤマメなどの渓流、湖沼釣りが一斉に解禁される。久
慈川第1漁協(矢祭町)は26日、解禁に向けて棚倉町や矢祭町など東白川郡の4町
村、11カ所で約780キロのヤマメの成魚を放流した。解禁する漁協は、東京電力
福島第1原発事故の影響で離れた釣り客の呼び戻しに躍起だ。久慈川第1漁協は、
組合員23人が管内の久慈川や同水系の支流などに分かれ、約15~25センチのヤマ
メを放流した。同漁協はゴールデンウイーク前にも放流を予定し、今季は全体で
昨年と同じ約1500キロを放す。
一方、原発事故に伴う避難区域に加え、阿武隈川などの河川、湖沼の魚は基準値
を超える放射性物質が検出され、事故から5年目を迎えた今季も禁漁が続
く。・・・」

39.「JR東、「走るカフェ」公開 福島産果物スイーツの観光列車」佐賀新
聞2015年03月27日 11時53分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10206/170793
「JR東日本は27日、JRグループや福島県が実施する大型観光企画「ふくし
まデスティネーションキャンペーン」に合わせ、4月25日からJR磐越西線郡
山―会津若松間で運行を始める臨時観光列車「フルーティアふくしま」を報道陣
に公開した。フルーティアふくしまは、東日本大震災と原発事故からの復興を後
押ししようと企画。「走るカフェ」がコンセプトで、福島県産のイチゴを使った
タルトなどと飲み物のセットが楽しめる。カウンターを備えた車両と座席車両の
計2両編成で、定員は36人。この日は、伝統工芸の会津塗をイメージした赤と
黒が基調の車両がお披露目された。」
・・・〈福島産の農産物を活用〉-最近、このような報道ばかりが目立ちます!!

40.「放射線気にせず遊んで 福島・南矢野目にインドアパーク 29日に
オープン」福島民報2015/03/27 12:13
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/03/post_11695.html
「こどもたちが元気いっぱい遊べるインドアスポーツ設備とカフェ、音楽ライブ
スペースなどを併設した福島市南矢野目の複合施設「CHANNEL 
SQUARE福島インドアパーク」のオープニング式典は26日、現地で行われ
た。同施設は、震災と原発事故で運動が不足している本県の子どもが放射線を気
にせず体を動かせるようにと一般社団法人F-WORLDが「福島インドアパー
クプロジェクト」と銘打ち、全国から支援金を集め整備した。延べ床面積は約
880平方メートル。県産の木材を使って温かみのある空間を演出している。ス
ケートボードパークやボルダリング(岩登り)、スラッグライン(綱渡り)など
をそろえた。・・・・
「CHANNEL SQUARE福島インドアパーク」は29日にオープンす
る。営業時間は午前11時(土・日曜、祝日は午前10時)から午後10時
(日、祝日は午後8時)まで。料金は3時間で大人が1000円、中高生が
500円、小学生以下は無料。」

41.「(福島県)27日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報3月28日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「震災関連死2人認定 富岡町」の記事ですが、紙面の表では、合計が
1885人⇒1888人になっています。どこかで一人増えているようです。

42.「県産青果物の輸出大幅増 12年度に比べ5倍に」福島民友新聞?3月27日
(金)11時31分配信
全文「東京電力福島第1原発事故で落ち込んだ県産青果物の本年度の輸出量が2月
末時点で前年度の約2倍となる約9.4トンに上ることが26日、分かった。事故翌
年の2012(平成24)年度に比べては5倍弱となり、回復傾向にある。規制を解除
した国が増え、輸出再開が増えたことが要因だ。
大口の輸出先だった香港、台湾などでは本県農産物の禁輸措置は続いており、県
産品への風評は根強い。10年度に比べると県産青果物の輸出量は2割にとどま
り、コメの輸出も進んでいない。県は新年度、県産農産物の放射性物質検査体制
などをアピールするなど、各国に県産農産物輸入の働きかけを強める。」

海外、
43.●●「韓国で報道「日本食品からセシウム検出」 基準値未満でも「安全で
はない」と専門家」FOCUS-ASIA.COM?3月27日(金)12時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000026-xinhua-cn
全文「2011年3月の原発事故以降、輸入を停止している福島など8県の水産
物50種について、韓国政府が解禁の是非を検討していると報じられる中、韓国
のテレビ局KBSはこのほど、日本で販売されている農水産物を独自に検査し、
「魚などの食品からセシウムが検出された」と報じた。中国・央視国際が26日
伝えた。
報道によると、KBSは●●東京都内の市場などで魚や干ししいたけなど計20種
以上の食品を購入し、横浜にある研究施設に成分分析を依頼。検査の結果、干し
しいたけと干し柿、また魚の干物からセシウムが検出されたと報じた。含まれて
いたセシウムの量は韓国が日本産食品に対して定めた基準値を下回っていた。た
だKBSは、「基準値を下回っていれば安全だというのは、間違った考えだ」と
指摘する専門家の声も合わせて紹介している。」

44.(台湾)「中国語シール貼り、5県産食品の産地偽装…台湾」読売新聞
2015年03月27日 07時54分全文「【台北=向井ゆう子】台湾の当局は、東京電力
福島第一原発の事故後に輸入を禁止した福島、茨城、群馬、栃木、千葉の5県産
の食品がデパートなどで販売されていたとして、26日までにカップ麺、菓子、
飲料など計104・4トンを回収した。産地の表示を変えた中国語のシールが貼
られており、当局が調査に乗り出した。
これを受けて当局は、「日本産の全食品について産地証明書を添付する」「乳幼
児用食品などの放射線検査を義務付ける」との方針を示しており、台湾メディア
によると、早ければ6月から実施されるという。5県産の食品の輸入禁止につい
ては、日本の対台湾窓口「交流協会」が、安全性は確保されているとして解除す
るように求めている。」

44’.(台湾)「日本の輸入禁止食品が流通、台湾ネットは「もう日本製を盲
信してはならない」―中国メディア」FOCUS-ASIA.COM?3月27日(金)4時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000009-xinhua-cn
「中国メディア・台海網は26日、台湾で福島第1原発事故を受けて輸入禁止と
していた区域の食品が流通していた問題で、現地のネットユーザーから「もう日
本製を盲信してはならない」との声が上がっていると報じた。福島第1原発の事
故を受け、放射能汚染を懸念した台湾では輸入禁止区域を指定し、同区域で製造
された食品は全面的に輸入禁止としている。ところが、同区域で製造されたイン
スタントラーメンなどが流通していることが発覚した。
台湾のネット上では、「自分の体を守るためには、日本製の食品を一切拒否する
しかない」「世界で最も日本を信じているのは台湾。日本製の人気は高いし、日
本に最も友好的なのも台湾人。なのに、日本人は放射能汚染の恐れがある食品を
台湾で売っていた」「日本製も危ないなら、何を食べればよい?」などの声が寄
せられている。」

44”.「台湾で日本食品回収との報道、事実関係を確認中=林農相」ロイ
ター?3月27日(金)10時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000057-reut-bus_all
「[東京 27日 ロイター] - 林芳正農林水産相は27日の閣議後会見で、
台湾で、東京電力<9501.T>福島第1原発の事故後に輸入が禁止された福島県な
どの日本産食品が輸入され回収されたとの報道について「関係省庁と連携して、
(台湾との窓口である)交流協会を通じ、報道の事実関係について確認してい
る」と述べた。台湾が日本に対し、産地証明を義務づける新たな規制を導入する
との報道については「引き続き、台湾に対し、科学的な根拠に基づいて輸入規制
を緩和してもらうよう、今まで同様粘り強く求めていく」とした。・・・・」

45.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞3月27日17:40
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150327/1911532
「▼空間放射線量率(27日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

46.(東北各県)「宮城・半額プラン、青森・県外客限定」朝日デジタル2015
年3月27日12時18分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1503270400001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1503270400001
<東北、伸び悩む宿泊客 値引きに活路> 観光庁が26日発表した2014年
の宿泊統計で、東北6県に泊まった人は3172万人だった。震災前の10年に
比べて4・8%多いが、全国平均より伸びは鈍かった。観光客を増やそうと、各
県は地方創生交付金を活用した誘致策を次々と打ち出している。・・・
宮城県は宿泊施設で使えるクーポン券や旅行商品を販売する計画。今年度一般会
計補正予算に約10億円を盛り込んだ。クーポン券は、宿泊施設で提示すると割
引料金で泊まれる。旅行商品は、旅行会社が企画する割引ツアーで、いずれも割
引率は最大5割程度で割引分を県が補助する。県外に住む人の利用を呼びかける
が、県内の人も使うことができる。詳細を詰め、6月ごろの販売開始をめざす。
山形、岩手、福島でも県内外の人が使える旅行券を準備中だ。福島第一原発事故
の風評被害の克服をめざす福島県は1万円分の旅行券を5千円で売り出す予定。
約12億円の予算を投じ、19万人の利用を見込む。
一方、県外の人だけを対象にする計画なのは青森県。1泊につき5千円程度を割
り引く旅行券を検討中で3億7千万円をかける。担当者は「県外の人に何度も足
を運んでいただきたい」と話す。・・・・」

47.「【神奈川】ベニシダレザクラ見ごろ 中原 福島の「三春滝桜」の孫
木」東京新聞2015年3月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150327/CK2015032702000140.html
「川崎市中原区下新城の馬場総合動物病院の敷地内で、ベニシダレザクラの花が
見ごろを迎えている。福島県三春町の国の天然記念物「三春滝桜」の孫木で、東
日本大震災の被災地でペットの保護活動にあたった院長の馬場国敏さん(66)
が、町民から「お礼に」と三年前に譲り受けたものだ。馬場さんは震災後の二〇
一一年五月から約一年間、同町を拠点にしながら、原発事故で取り残された犬猫
などペットの保護活動にあたった。保護した数は二十キロ圏内で六百匹にも上っ
たという。
「震災でたくさんの動物も犠牲になった。多くの人に知ってもらうためにこの木
を自由に見てもらいたい」と馬場さん。駐車場の一角に移植された木の根元に
は、被災したペットの鎮魂のために動物霊園などを運営する都内の会社から贈ら
れた石碑も建ち、近隣住民だけでなく福島出身者や避難者ら「滝桜に思い出のあ
る人たちが訪れている」という。一方で馬場さんは現在も引き取り手のない被災
した老齢の犬五匹、猫十匹を保護している。「いらない毛布やハンドタオル、
ペットフードなどがあれば協力してほしい」と呼び掛けている。」

参考記事、
48.「<埼玉>戦争と原発問題 福島通じ考える」東京新聞2015年3月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150327/CK2015032702000159.html
「日本の原子力政策に翻弄(ほんろう)された福島県の人々を通じて日本の歩み
と原発問題を取り上げた映画「あいときぼうのまち」が二十九日、本庄市千代田
四の喫茶店「cafe NINOKURA」で、県内で初めて公開される。
この映画は福島県出身の脚本家菅乃(かんの)広氏が初めて監督を務め、脚本家
井上淳一氏が脚本を担当した。四世代一家族の人間ドラマを軸に、敗戦間近の一
九四五年、東京五輪後の六六年、震災前の二〇一一年、震災後の一一年の福島の
様子が交差しながら描かれている。夏樹陽子さん、勝野洋さん、千葉美紅(み
く)さんなどが出演。戦時中、原爆の材料にするウラン採掘が同県石川町で進め
られていた事実にも触れている。
上映時間は午前十時、午後二時、同五時からの三回。・・・・・」

49.「【東京】「放射能ゼロ」米作りに成功 福島・天栄村の戦い描く」東京
新聞2015年3月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150327/CK2015032702000120.html
「東京電力福島第一原発事故の影響を受けながら「放射能ゼロ」の米作りに成功
した村を追ったドキュメンタリー映画「天に栄える村」(原村政樹監督)が二十
九日、八王子市で上映される。舞台となった福島県天栄(てんえい)村の農家グ
ループと交流している「みどり幼児園」(同市裏高尾町)が企画。当日は村関係
者も会場を訪れ、撮影の経緯や現状を話す。・・・・
天栄村は福島県中央の「中通り」地域の南部にあり、原発から西に約七十キロ。
村では二〇〇八年、「日本一おいしい米を作ろう」という農家が集まり「天栄米
栽培研究会」を結成。山里の耕作放棄地で無農薬米の栽培などを始めて以来、研
究会の米は昨年まで七年連続で「米・食味分析鑑定コンクール」の金賞を受賞し
ている。映画は、一一年三月の原発事故後に「放射能ゼロ」を掲げた研究会が先
頭に立ち、化学肥料のカリウム、天然鉱物のゼオライトなどを使って米作りに挑
戦する姿を記録。同年秋、村内約四百カ所で収穫された米は、すべてが放射線の
検出限界値(一〇ベクレル)以下となって目標を達成した。しかし、村の米は売
れなかった。・・・・・・・・・」

50.「公演:「原発事故後」を芝居に あすまで「国の姿、戯画化」 豊島 
/東京」毎日新聞 2015年03月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150328ddlk13200007000c.html
「「原発事故後の近未来」を題材に、劇団「新宿梁山泊」の新作公演が29日ま
で、豊島区西池袋1の東京芸術劇場シアターウエストで上演されている。戯曲を
手がけた在日韓国人のシンガー・ソングライター、趙博(チョウバク)さん
(58)=大阪市=は「東日本大震災から4年。被災地の問題は解決していない
のに原発を再稼働しようとする。この国の姿を戯画化した」と語
る。・・・・・・・」

51.「記者有情:福島の声 /福岡」毎日新聞 2015年03月27日 地方版
全文「東京電力福島第1原発の事故から4年がたった。原発再稼働の賛否などを
原発30キロ圏の首長160人に尋ねる全国調査を担当し、福島の声がますます
届かなくなっていると実感した。
今も避難を続ける住民にとってやるせないのは事故の教訓を無視されることだろ
う。「原発は立地自治体だけの問題ではない」。この夏と見込まれる九州電力川
内原発の再稼働。その地元同意手続きが立地自治体の鹿児島県と薩摩川内市だけ
で済まされたことに、回答した福島の首長の大多数が異議を唱えた。それらの首
長は「原発事故では30キロ圏外の市町村も大きな被害を受けている」(田村
市)などとし、少なくとも30キロ圏の同意が必要と訴える。もっと耳を傾けた
い。」〔福岡都市圏版〕
・・・現地をみれば、誰しも原発再稼働に疑問を持つはずだが、原発にかかわる
メーカー、電力会社や政治家は違うようです。

52.◎◎「〈速報〉古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”」朝日デジタル
2015年3月28日
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01503270067.html
「元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステー
ション」に生出演し、番組を“ジャック”した。古舘伊知郎キャスター(60)と
自身の番組“降板”を巡って、口論のような形に発展した。番組中盤、緊迫する中
東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演に
なるという古賀氏が切り出した。古賀氏 ちょっとその話をする前に。テレビ朝
日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後
ということに(なりました)。・・・・
降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できま
せん」と対抗したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃりました。『この
件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていた
だきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させていただきま
す」と引かない姿勢で、いったん収束した。
 しかし、その後も「自分で作ってきました」と、「I am not 
ABE」と書かれた手製の紙を広げた。古舘は「番組ではこれまで川内原発に対
する指摘や、辺野古の問題についても取り上げてきたじゃないですか」とたしな
めると「私もツイッターでぜひ見てほしいと書きました。でも、それを作ってき
たチーフプロデューサーが更迭されます」と反論。これには古舘も「更迭ではな
い。私は人事のことまでわからないけど、それは違う」と否定した。
さらに古賀氏は安倍政権について「原発復権・官僚復権・行革埋没」と指摘する
フリップを見せたが、古舘が「ちょっと時間もないので」と制止すると、古賀氏
は「そういうことは言ってほしくなかったのですが」と渋々フリップを降ろし
た。続けてマハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「私が言いたかったの
は、言いたいことはそのまま自然に言いましょうということ。裏で圧力をかけた
りはやめましょう」と話した。」

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
1面真ん中に、10.の記事、36面九州経済面にも関連記事、

5面下方に、国会で質疑、その中に、22.のことがありますが、首相の発言の
重要な部分が伝えられていません、

33面福岡都市圏ワイド面に、福岡知事選の2候補の囲み記事、

37面社会面に、小さく、1.の記事。

今朝は以上です。(3.28.5:26)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 内富一 さんから:
 <全国民が見るべき動画>

【古賀茂明生放送で暴露】古館伊知郎と激論動画(報道ステーション)緊張感
MAXで本年最高のニュース番組
https://www.youtube.com/watch?t=357&v=6g8VMvFdRyA

【古賀茂明生放送で暴露】古館伊知郎と激論動画(報道ステーション)緊張感
MAXで本年最高のニュース番組
https://www.youtube.com/watch?v=NNw_JO8Qglo

★ 色平哲郎 さんから:
古賀茂明氏 ラスト出演した報ステで再び「I am not ABE」

降板の経緯にも言及した古賀氏

 元経産官僚の古賀茂明氏(59)が27日、コメンテーターとして最後の出演
となった「報道ステーション」(テレビ朝日系)の番組中、「I am not
ABE」と書かれた手製の紙を掲げた。また、番組降板の経緯をめぐって、司会
の古舘伊知郎キャスター(60)と議論する一幕もあった。

 中東情勢の解説を求められた古賀氏は、「ちょっとその話をする前に」と前置
きし、自身の降板についてテレビ朝日会長や古舘が所属する「古舘プロジェク
ト」会長の意向があったと説明。古舘は顔をこわばらせ、「ちょっと待ってくだ
さい。今の話は承服できません」「古賀さんには、機会があればまた出ていただ
きたいと相変わらず思っている」などと反論した。

 以前、同番組で「I am not ABE」と発言した古賀氏は、官邸などか
ら多くの批判を受けたとしながら、あらためてこの日も「I am not
ABE」と書かれた手製の紙を掲げ、「単なる安倍批判ではなく、日本人がどう
いう生き方をしようかという、ひとつの考え方」と説明した。

 また、ガンジーの言葉を示し、「言いたいことはそのまま言いましょう。裏で
圧力をかけたり、陰で言うのは辞めていただきたい」などと話した。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158426

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
第1回実行委員会 4月5日(日)13:30~
場 所:福岡市農民会館 
住 所: 福岡市中央区今泉1丁目13-19
    TEL: 092-761-6550
    地図:http://tinyurl.com/kztl59w
連絡先・集会本部: 原発とめよう!九電本店前ひろば       
電話:080-6420-6211(青柳行信)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

●「さよなら原発!福岡」例会 4月16日(木)18時30分から●
福岡市人権啓発センター
場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
  地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 9126(3/26現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
 午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1439日目報告☆ | ホームへ | 【修の呟き日記(2015.03.27)】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/2470-c17b1568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)