FC2ブログ

タイトル画像

日出生台での14回目の米軍演習の中止を求める要請文

2020.01.30(15:50) 24886

★ 湯布院の浦田 さんから:

日出生台での14回目の米軍演習の中止を求める要請文

1月28日、大分県知事あてにローカルネット大分・日出生台から、
以下の要請文を提出しました。
------------------------------------------

大分県知事 広瀬勝貞殿
             要請文

日出生台では、通算14回目となる米軍訓練が、私たち演習場周辺住民・
大分県民の縮小廃止の願いを踏みにじって、来月にもまた強行されよ
うとしています。

私たちはこれまで、住民の安心や安全を脅かすような訓練が行われて
いないか、当初の説明になかったような演習に変わっていないか、米
軍演習を定めた協定が破られていないかどうかなどを確認するための
監視活動と、訓練中止を求める抗議の意思表示を約20年間、継続して
きました。

この米軍演習について、国は当初、「沖縄県道104号線を超えて行
われていた155ミリりゅう弾砲の演習移転」であり、沖縄で当時行わ
れていた訓練と「同質、同量」との説明をしていました。しかし、日
出生台をはじめとする本土5カ所で実際に行われてきた演習内容は、
年を経るごとに変質、拡大し、始まった当初の訓練とはまったく違う
ものになっています。

総砲撃数の増加傾向に加え、「訓練拡大の歯止め」と説明されていた
「米軍使用協定」も米軍側の要請により、協定そのものが書き換えら
れ、2010年の7回目の訓練以降、小銃、機関銃等の「小火器」訓練が
追加となりました。さらに、この年からは照明弾や、国際法上問題視
されている白リン弾を使った訓練が実施され、その度に林野火災が発
生しました。

また、この訓練拡大に伴って、情報開示は大きく後退しました。米軍
部隊の展開、撤収に関する情報は、回を重ねるごとに出されなくなり
ました。事前説明会や公開訓練も米軍側の意向で中止されたり、その
参加対象から報道関係を外すというようなことも起きました。米軍に
してみれば、何も説明せずに米軍がやりたい訓練を自由にできる場に
していきたいのでしょうが、もちろん、そんなことを許すわけにはい
きません。

日本における米軍という存在は、不平等な「日米地位協定」によっ
て、事件や事故を起こしても日本の法律が及ばない、警察の捜査、
裁判が正常に行なえない、という現実があり、問題となってきまし
た。実際、沖縄では、地元との約束や協定に違反する危険な米軍訓
練が横行し、地元からの再三の中止要請も無視して、危険な訓練が
強行されています。このような存在と私たち住民の安心、安全な暮
らしは共存できません。

米軍という巨大な存在を前にした時に、私たち住民の力はほんの小
さなものにすぎません。しかし、どんなわずかな拡大の芽や兆しも
見逃さず、すぐさま指摘し、抗議の声を上げていくことで、訓練の
なし崩し的な拡大を防ぎ、大分県や地元市町村とともに、この訓練
の縮小廃止をめざしたいと私たちは考えています。
よって私たちは以下のことを大分県に要請します。

1.14回目の日出生台での米軍演習の中止と同訓練の縮小廃止の実現。

2. いわゆる事前説明会、公開訓練は、演習開始当初の頃と同様に
対象参加者を制限することなく実施し、情報開示を後退させない
ように国に求めてください。

3. 「沖縄の痛みの分散」ではなく、「痛み」そのものをなくす方
向での解決に向けて、私たち日出生台周辺住民や、沖縄、他の移転
地とともに取り組んでください。

2020年1月28日 ローカルネット大分・日出生台

(第3208目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト





修の呟き


<<01/30のツイートまとめ | ホームへ | 2020年1月29日(水)地震と原発事故情報★ たんぽぽ舎 さんから>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/24886-6af485fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)