fc2ブログ

福島の子どもたちの状況です。見てください。

杉野です。

福島の子どもたちの状況です。見てください。

http://www.ourplanet-tv.org/


15.●●●「<福島健康調査>甲状腺がん、新たに子供4人 2巡目検査」毎日新聞?5月18日(月)20時39分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150519ddm041040135000c.html
全文「福島第1原発事故後、福島県が当時18歳以下の子供らを対象に行っている県民健康調査で、1巡目の甲状腺検査で「がん」や「がんの疑い」と診断されなかった子供のう
ち、2巡目の検査で新たに4人(3月末時点)が甲状腺がんと診断された。18日、有識者でつくる県の検討委員会で報告された。2巡目検査では今年2月に初めて1人が、がんと
確定したと報告されており、今回で計5人となった。
2巡目の検査は38万5000人を対象に実施し、3月末までに12万人分の検査結果が確定した。「がんの疑い」と診断された子供も10人に上った。検討委は「現時点で『放射
線の影響は考えにくい』というこれまでの評価を改める必要はない」と説明している。
1巡目の検査は、事故当時18歳以下の対象者約37万人のうち約30万人が受診し、3月末現在で99.9%の検査結果が確定。甲状腺がんと診断されたのは98人で、昨年末時
点の86人から12人増えた。2巡目の検査では、事故後の1年間に生まれた子供も加えて実施している。」


15’.「甲状腺「検査の継続を」NHK福島05月18日21時10分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054520531.html?t=1431975187774
「18日は検査の内容を検討する委員会が福島市で開かれ、中間報告をまとめました。
この中で事故後3年後までに行われた1巡目の検査で111人、去年から始まった2巡目の検査で15人にがんやがんの疑いがみつかったことが報告されました。
その上で、1巡目の検査でみつかった111人について、チェルノブイリ原発の事故と比較して被ばく線量が大幅に少ないとみられることや、がんがみつかった年齢層が異なること
などから「放射線の影響は考えにくい」という見解が改めて示されました。・・・
18日の委員会では進学や就職で福島を離れることなどで検査を受ける人の割合が減る傾向にあることから今後も検査を継続し長期的に被ばくの影響を検証する態勢を構築すること
が課題だと指摘されました。」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる