FC2ブログ

タイトル画像

<book20-45『狼の義 新犬養木堂伝』(林新、堀川惠子)>

2020.07.30(17:47) 28263

★ 松岡 勲 さんから:

<book20-45『狼の義 新犬養木堂伝』(林新、堀川惠子)>

林新、堀川惠子著『狼の義 新犬養木堂伝』(KADOKAWA)を読んだ。犬養毅(木
堂)は5・15事件で暗殺された戦前の政党政治家で知られている。その犬養の
立憲政治確立にかけた生涯を、「犬養の懐刀」、戦後は「吉田の指南役」と言わ
れた古島一雄をもう一人の主人公として配し、描く。私は堀川さんの著書(死刑
囚永山則夫のドキュメント、日本の死刑問題に関わるドキュメント他)をほとん
ど読んでいるが、この本はさらにお連れ合いの残された仕事と関わり、深い意味
があり、渾身の力作だった。お連れ合いはNHKのプロデューサーとしてこのテー
マを追究されてきたが、NHK退職後闘病生活に入られ、亡くなられた。死後堀川
さんが生前の約束で執筆を引き継がれ、完成された本だ。この本はドキュメンタ
リー形式ではなく、小説の形式である。「政界の荒野を駆け抜けた孤狼(ローン
ウルフ)、犬養毅。その死から十三年年間、この国が焦土と果てるまで、政党政
治が復活することは二度となかった。」(「第十三章」)大部な本で、480ペー
ジ近くもあるが、久しぶりにメモを取りながら、じっくりと読んだ。なおこの本
は昨年の司馬遼太郎賞を受賞した。関連して、最近出た5・15事件に関する本
の小山俊樹著『5・15事件/海軍青年将校たちの「昭和維新」』(中公新書)
この後読む予定だ。

(第3390目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト





修の呟き


<<【「一人ではできないが、みんながいるから頑張れる」~提訴10周年年次活動報告会】 | ホームへ | 池上英洋『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(ちくまプリマ―新書、2020年)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/28263-bc41924a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)