FC2ブログ

タイトル画像

●再稼働前 九電本社交渉●

2015.07.29(19:47) 2844

青柳です。7月29日。

下記、ご参加よろしくお願い致します。

●再稼働前 九電本社交渉●
 8月3日(月)14:30~14:30 
公開質問状 http://tinyurl.com/om3a4w2
主催:原発いらない!九州実行委員会

報道各位

 この度は、「原発いらない!九州実行委員会」による九電本社交渉の予定についてお知らせします。
 交渉は事前提出した「公開質問状( http://tinyurl.com/om3a4w2 )に回答して頂く方式で行う予定です。

 今回の公開質問状の内容で特徴的な点は、昨年「原発いらない!九州実行委員会」で全国に呼びかけ実施した、
「行政不服審査法に基づく異議申立て」に関する項目がある点と、九電が再稼動を開始しようという直前の時期をふまえ、
「万が一原子力災害が発生した場合の九州電力の責任とその対応について」の質問を、新たに幾つか加えています。

 なお、今回、事前に8月5日から7日のどこかの日程で、3時間いつもの100名は入れる大部屋での対応を、
九州電力の広報担当者に申し入れていました(期日の設定は再稼動前でお願いしました)。
 その後、再稼動の前なら8月3日との連絡と一緒に、「20名・2時間」の制限を一方的に言い渡されました。
これは、「原発いらない!九州実行委員会」と九電のこれまでの交渉条件と異なり、大きく制限される内容です。
それは、公開質問状にも言及した九州電力の「品質方針(以下リンクの資料2、44P~)」に、違反する対応と思われます。
http://www.kyuden.co.jp/trust_effort_inspection_advise_07.html

 特に、品質方針の3「積極的な情報公開を行い説明責任を果たします
地域・社会の皆さまの声を真摯に受けとめ、相手の立場に立った分かりやすい情報発信に努めていきます。」と、
その方針に関する「瓜生社長」の以下の解説にそぐわない、九州電力の社会的責任を果たしていない対応と考えられます。

 「当社は現在、新しい九州電力を目指し、全社員が一丸となって信頼向上に向けたコミュニケーション活動に努めているとこ
ろである。その中において最も大切にしなくてはならないことは、お客さまの不安の声や苦言に真摯に耳を傾け、対話を重ね
る中でお互いの思いを共有していくことである。
 一概にお客さま本位と言っても、当社が「お客さまのため」と考えることと、お客さま自身が望むことが違う可能性がある
ことを理解しておく必要がある。
 それぞれの置かれている立場や状況によって、心配されていること、関心があることは異なるということを正しく認識し、
ひとりよがりの考えに陥ることなく、お客さまの立場に立った正確な情報や私たちの思いを丁寧に分かりやすく伝えていくこ
とが重要である。社外へ情報を発信していくにあたっては、上記のような観点に立って、原子力コミュニケーション本部と綿
密な連携を図り、説明責任をしっかり果たしていくことが重要である。
 地域・社会の皆さまから信頼され、安心される原子力発電所を目指し、自らを中心にしてその周りを物事が回るという「天
動説」ではなく、お客さまという「太陽」の周りを回って当社の事業が成り立つという「地動説」の意識を持って、コミュニ
ケーションを行ってもらいたい。」(転載終わり)

 そもそも、この「品質方針」に関する資料は、
九電の「やらせメール事件」などを契機に設けられた「原子力の業務運営に関わる点検・助言委員会」に提出された資料の
一部です。

九電は「やらせメール事件」などの教訓を忘れ、またもや古くていろいろ問題のある悪い体質に戻ろうとしているようです。
 来春に電力の小売自由化を控える今、九電の行為で被害を受ける恐れのある住民や自治体等の求める住民説明会を拒否して、
強引に再稼動する行為は非常に多くの「お客さま」の反感を買うもので、九電の経営判断としても間違っていると思われます。

 以上、発電事業のためであっても、厄介な核のゴミと放射能を必然的に発生させるのが原発の再稼動です。加えて、それは、
福島原発事故の様な悲惨な原子力災害により、(売電利益を上回る程の)甚大な原子力損害を発生させる恐れがある行為です。
 このような損害を九州電力が押し付ける可能性がある住民等に対して、相手の立場と希望に沿って説明責任を果たすことは、
(今はまだ)小売電力の独占販売が許されている公益企業としても、電気料金値上げの際の公聴会を開く様に当然のことです。
 九電は自ら定めた「品質方針」の精神を尊重して「有言実行の信頼できる会社」である事実を、公然と示す必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1561日目報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1561日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/2844-cbb10066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)