FC2ブログ

タイトル画像

<安倍政権、農水省に怒りの抗議を!>

2015.09.12(10:19) 3020

EPSON616.jpg
<安倍政権、農水省に怒りの抗議を!>
 今日(12日)付佐賀新聞は1面左肩で、「諫早開門『確定判決は違憲』」「請求異議訴訟 国、準備書面で新主張」の見出しを付け、国が確定判決に従わないために漁業者に支払われている「間接強制」の制裁金の強制執行をしないよう国がもとめた請求異議訴訟の控訴審で、国が「2010年の福岡高裁確定判決は憲法違反で無効である」とする新たな主張の準備書面を福岡高裁に提出していることが分かった、と伝えています。
 漁業者側弁護団が指摘していますが、自らの上告断念で受け入れたはずの判決を「違憲」とする国の姿勢は「常軌を逸している」し、「上告断念が民主党政権の判断だから、守らなくていいというのなら法的安定性を欠く」(馬奈木昭雄弁護団長)もので、許さざる国の態度です。本来農漁業者を支える立場にある農水省が、漁業被害を訴え、その原因調査のために開門を訴えている有明漁民を足蹴にする対応は絶対に許せません。
 佐賀新聞によると、確定判決が違憲とする根拠として国は、「公共事業のためならば補償して私有財産を強制収用できると定めた憲法29条(財産権)を引き合いに、『公益性の高い干拓事業で、制約された財産権である漁業行使権を根拠に開門を求めるのは憲法秩序に反する』と指摘し、『確定判決は存在するはずのない開門請求権を肯定し、法の解釈、適用上の著しい瑕疵があるので無効』と主張しています。また、国側は「10年間で失われる漁協の共同漁業権が13年8月末で消滅し、それを根拠にした開門請求権も消滅している」とも指摘しています。
 14日午前11時から福岡高裁で行われる請求異議控訴審はますます重要になってきました。傍聴参加の方は10時から開く門前集会に参加された後に法廷に向かいます。どうか多くの方の参加で、国の不法不当な態度を糾弾しましょう。福岡高裁でお会いしましょう。
スポンサーサイト





修の呟き


<<いよいよ今日です。安保法制はいらない!「戦争をさせない!」佐賀県民集会 | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1606目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/3020-4ac037c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)