FC2ブログ

タイトル画像

核のごみ自治体向け説明会が5月10日から始まりました

2016.05.12(09:27) 3609

杉野です。』転送します。


みなさま



  兼松秀代(放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜)



 昨年に続く核のごみ自治体向け説明会が5月10日から始まりました。



 昨年の非公表、非公開への批判から、事前に日程と場所、説明資料を公表しています。

 福島、熊本、大分3県を除く日程が公表されました。



福島原発事故の原因究明を放置し、原発再稼働でごみを増やしながら、原子力政策の説明会と目的をごまかして、原発ごみ処分場の説明会を行います。

この説明会は、処分場のめどがつくまで、何年間も続きます。



 通常の業務で原発や原発のごみに関わらない自治体職員を、原発必要と洗脳する要素も含みます。



 「科学的有望地」は地球科学的観点のみで、社会科学的観点はほぼゼロです。



 熊本地震や日本のプレートの複雑さから地球科学的有望地にも、疑問が募るばかりです。超深地層研究所の湧水は1日900立米で小さな川です。 



○都道府県の自治体向け説明会の開催日時

・原子力政策に関する自治体向け説明会の開催

http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/rw/index.html



説明会資料はこちら

http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/rw/docs/library/pmphlt/jichitai_setsumei.pdf



○国民向け説明会

・シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分~科学的有望地の提示に向けて~」を全国9都市で開催します

http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160412001/20160412001.html



○関連説明会

・資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演会

http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/#energy_mix



スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1849日目報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1848日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/3609-30088107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)