FC2ブログ

タイトル画像

佐賀で最後の野党統一候補の実現を!

2016.05.29(11:53) 3645

EPSON814.jpg
EPSON815.jpg
 全国32の1人区で佐賀選挙区だけが、野党候補の一本化が実現できていない。民進党佐賀県連は支持層が離れる懸念から共産党との「共闘」を否定している。しかし、北海道5区の補選を見る限り共産党との共闘では民進党支持者が離れた様子は見られず、むしろ無党派の約7割が野党統一候補に投票した事実を評価すべきでしょう。
 また共産党はどうせ候補を自主的に下ろすだろうと民進党が思い込んでいるとしたら、そんな消極的な対応で選挙に勝てるはずがありません。これまで佐賀県内では安保法やオスプレイの問題などで原口、大串代議士をはじめ江口県議などと市民団体を介して社民党や共産党との共闘を進めてきました。私は大串議員にお会いした際に「候補選出を早くして、共に勝利に向けがんばりましょう」と声を掛け、佐賀での野党統一候補の実現はそれほど難しくない問題だと思っていました。それだけに現状については残念でたまりません。
 共産党佐賀県委員会は6月5日(日)午前10時から、佐賀県多久市の中央公民館で安保法制(戦争法)廃止、立憲主義を取り戻すことを、野党共通で参院選最大の争点に掲げ、野党統一候補の実現と勝利に向け「未来をひらく県民の集い」を開催するようです。できたらそれまでに共闘を実現させ、候補とともに決意を共有する総決起集会になればと思わずにはいられません。平和で安心できる日本を築くために。
スポンサーサイト





修の呟き


<<明日、防衛副大臣への抗議行動 | ホームへ | 5月28日(土) 皆さま ご参加よろしくお願い致します>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/3645-96b59f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)