FC2ブログ

タイトル画像

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会メールニュース2016年8月31日発行

2016.09.01(21:02) 3851

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
メールニュース         2016年8月31日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールニュースは会員の皆様、ご縁のあった皆様にお送りしています。
 配信停止希望の方はお手数ですが、ご連絡ください。
■CONTENTS
【1】9.2原子力規制委員会現地調査へ緊急抗議!
【2】9.16佐賀地裁「地震動」法廷プレゼン&学習会
【3】安定ヨウ素剤事前配布:佐賀県全20市町要請終了!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】9.2原子力規制委員会現地調査へ緊急抗議!

★原子力規制委員会による玄海原発現地調査へ緊急抗議
    9月2日(金)午前7:30~9:30

原子力規制委員会は玄海原子力発電所3・4号機の新規制基準適合性審査に関する現地調査を9月2日に行うことを発表しました。
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00000163.html
更田豊志委員長代理ら多数来られるようです。
規制委は現地調査後、9月中にも「審査書案」(合格証)を出そうとしています。
福島原発事故が終わらない中、事故前提の緩すぎる審査基準の下での再稼働などあってはならないという抗議の意志を、発電所前にて示しませんか?
3年前の9月、最初の現地調査時には40-50人ぐらいが抗議に駆けつけましたが、昨年12月の二回目の現地調査では、唐津のKさん1人だけでした。
再稼働が突きつけられています。黙って見過ごすわけにはいきません。
調査が9:30~15:50とされていますので、8時~10時の間に、横断幕やプラカードを持って集まりましょう!


【2】9.16佐賀地裁「地震動」法廷プレゼン&学習会

熊本地震を受け、元原子力規制委員・島崎邦彦氏が現行の基準地震動が過小評価だと警告、波紋を広げています。私達もこれまで裁判の中で訴えてきたところですが、このたび仮処分裁判の中で地震動に関するプレゼンを行うこととなりました。裁判終了後、報告をかねた学習会を開きます。
裁判傍聴とあわせてぜひご参加ください!

************************************************
■学習会「原発の地震評価は過小!熊本地震の警告」■
お話:小山英之 美浜の会代表
日時:9月16日(金)18時~20時
会場:アバンセ 4階第三研修室A(佐賀市天神3-2-11)
主催:玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

甚大な被害をもたらした熊本地震から4か月。今なお日本列島では各地で地震が頻発し、私達は不安な毎日を過ごしています。
熊本地震を受けて、元原子力規制委員の島崎邦彦氏が、原発の基準地震動を策定する際に用いられている経験式に大幅な過小評価があると警告を発し、これにより原発の耐震評価の根本的な欠陥が露呈し、波紋を広げています。
私達は、過小評価をもたらす「入倉・三宅式」ではなく、原発の津波評価で実績のある「武村式」を用いるよう、全国の市民の運動の仲間たちと一緒に政府交渉や玄海原発の裁判でこれまでも訴えてきました。今回の動きは、こうした粘り強い取り組みの成果でもあります。

9月16日、佐賀地裁での玄海3号機仮処分第21回審尋において、地震動に関する「プレゼン」が13時~17時の4時間にわたって行われることとなり、私達の裁判補佐人を務める小山英之・美浜の会代表が2時間にわたるプレゼンを行うこととなりました(九電側も2時間のプレゼン)。
法廷終了後に、場所を変えて学習会を開き、小山さんからあらためてお話しいただくこととしました。弁護団からも解説いただきます。

再稼働を止める上で非常に大きな論点として浮上してきた地震問題について、裁判を支え、運動の中でさらに活かすために、ともに学習を深めませんか。
ご参加をお待ちしています。

◆佐賀地裁でのプレゼンへの傍聴を!◆
仮処分審尋は通常、債権者(原告)しか傍聴できないのですが、今回は債権者以外の方も傍聴できるよう折衝中です。傍聴希望の方は事前に連絡ください。

9月16日(金)佐賀地方裁判所
11:00 行政訴訟第11回口頭弁論
11:30 全基差止第18回口頭弁論
13:00~17:00 3号機仮処分第21回審尋・地震動に関するプレゼン
        (公開になるよう折衝中)
18:00~ 学習会(アバンセ4階第三研修室A)
************************************************

※<原発・基準地震動>使用回避の計算法、継続の規制委に異議 毎日新聞8月30日
政府の地震調査委員会が「地震の規模や揺れを小さく見積もる恐れがある」として使用を避けた計算方式を、原子力規制委員会や電力会社などが使い続けていることが分かった。--
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000005-mai-soci


【3】安定ヨウ素剤事前配布:佐賀県全20市町要請終了!

玄海原発事故の最低限の備えとして安定ヨウ素剤の事前配布することを求めて、佐賀県全20市町への要請・議会陳情を終えました。
福岡県17市町(30キロ圏の糸島市とその避難先となっている16市町)でも進めています。
このことを通じて、原発と放射能の危険性を自治体と住民に常に認識してもらい、こんな大変な準備までしなければいけない原発などそもそもいらない!という世論を醸成するための、大事な一歩になったと思っています
玄海再稼働が目前に迫っています。だからこそ、一歩一歩の活動を踏みしめて、前へ進んでいきましょう!

◆連日の行動の報告はコチラから→
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/08/25/a/
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/08/20/a/
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/08/13/a/

◆陳情書・要請書はコチラから→
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/08/06/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会★
〒840-0844 佐賀県佐賀市伊勢町2-14
TEL:0952-37-9212 FAX:0952-37-9213
E-mail:saiban.jimukyoku@gmail.com
http://saga-genkai.jimdo.com/
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト





修の呟き


<<・社説[「高江」同時着工]無謀な計画が明らかに | 社説 | 沖縄タイムス | ホームへ | *米海軍オスプレイ、日本配備へ 26年までに現行機と交代>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/3851-862ab34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)