FC2ブログ

タイトル画像

 ◇ 伏魔殿「都庁」を監視できない記者クラブ ◇

2016.09.22(19:24) 3961

<JCJふらっしゅ 2016/09/22 2588号より>

  
       ◇ 伏魔殿「都庁」を監視できない記者クラブ ◇
        既成メディアは、記者の総入れ替えを断行せよ

                         吉竹幸則

 豊洲市場地下の汚染土壌は、これまで何度も安全性が問題になってきた。既成メデ
ィアは東京都庁の記者クラブにいながら、地下空間の存在を今まで何故見抜けなかっ
たのか。権力監視の使命を果たせない記者と配属責任のある経営者。読者への責任の
自覚が問われている。

 一連の豊洲市場問題で石原慎太郎元東京都知事は、都庁を「伏魔殿」と評した。自
ら「伏魔殿」の親分であったことを棚上げにした無責任極まりない発言だ。しかし、
無責任という点では、今頃になって豊洲市場問題を鬼の首でも取ったかのように報道
する既成メディアも同様だ。

 舛添要一前都知事の政治資金報道では、週刊文春に先を越された。豊洲市場では、
小池百合子知事の登場でやっと明らかになった。「税金を使って記者クラブにいるメ
ディアは、何をしていたのか」と言われても当然だろう。だが、それで都庁担当記者
の責任や記者クラブのあり方が、メディア内部で問われたという話も耳に入ってこな
い。それこそが問題なのだ。

 記者クラブは、権力とメディアの癒着の象徴として論じられることも多い。しか
し、私は功罪相半ばすると見てきた。私も記者時代、多くの記者クラブを渡り歩いて
きた。記者クラブは役所内に確保したメディアの橋頭保であり、権力監視する記者に
は、最も好都合な足場でもあった。

 役所の中に居場所があるから、記者はどこでも出入りできる。資料を求めれば相手
も簡単に嫌とは言えない。自然と幹部や担当職員と顔を合わせる。昼間話しておけば
性格も分かり、本音を聞く夜回りでも話のきっかけができる。記者クラブと役所とは
長年培った慣例が数多くある。不祥事や重大情報を慣例に反して発表していなけれ
ば、「疑惑隠し」と追及の根拠にもなる。

 役所の中にも正義漢の一人や二人は必ずいる。大抵は中枢からは外されているにし
ても、記者が夜に訪ねれば、真相にそのものはズバリ教えてくれなくてもヒントぐら
いはくれる。記者クラブには発表資料も豊富にある。突き合わせてみると、疑惑の本
丸に迫れる。

 事実、私が朝日・名古屋社会部時代には公共工事の疑惑を追及したり、愛知県知事
の政治資金報告書を調べ上げ、県庁ぐるみの資金集めの実態を何度もスクープできた
のは、記者クラブにいたからだ。東京・政治部では、自治省(当時)から記者クラブ
に提供される閣僚・議員の政治資金報告書を社会部と合同で分析し、各社で競い合っ
て克明な報道もしてきたつもりだ。

 そんな私から見れば、舛添知事の政治資金問題で都庁記者が文春にスクープを許す
など想像もできないことだ。都庁記者にとって、知事の政治資金報告書の分析はイロ
ハのイ。使途を見れば、疑問が出るのは明らかなのに、各社揃って何をしていたの
か。

 豊洲市場もそうだ。汚染土壌処理は、計画当初から最大の懸案だ。都庁が汚染度を
どう処理したのかは、常に監視しておかねばならない。担当職員に夜回りすれば、汚
染土壌を撤去せず、地下に空洞を造ったことぐらいは誰かが教えてくれたのではない
か。第一、建設途中に記者が市場に足を運び、調べていれば発見できたはずだ。

 もし担当部門が見学を拒絶すれば、「記者クラブ所属記者にも見せられないのか」
とクラブ幹事社を通じてねじ込めば、見せざるを得ない。私は何度もこの方法で相手
の関門を突破した。
 つまり、記者クラブに所属する記者なら「権力監視」の自覚をもって普通に仕事を
していれば、特別な能力がなくても文春や小池知事に先を越されることなく、書けた
記事なのだ。でも、書けなかったのだから、「都庁記者は記者クラブにいて発表を待
つだけ。現場に行かず、ソファで寝ていたのではないか」と言われても致し方ないの
ではないか。

 記者クラブ制度を最大限利用して仕事をしてきたのは、この私自身だ。クラブに所
属しなくても立派に記事を書くフリージャーナリストもいる。「まだ甘えや力量不足
がある」と批判されれば、私は認めざるを得ない。でも、それを棚に上げて敢えて言
わせて戴くなら、クラブ制度は使いようなのだ。「人々の知る権利」のために市民に
開かれた組織にできるか否かは、クラブに所属する記者に「権力監視」の自覚がある
かどうかにかかっている。

 伏魔殿の親分の過去の会見では、質問した記者が怒鳴られ下を向いてしまう光景を
何度見たことだろう。私なら怒鳴られたら、必ず睨み返す。さらに挑発質問を続ける
と、相手は冷静さを失い、ついつい本音も出る。
 将来の質問に備えて言質をメモし、その合間にまわりりも見渡す。そんな親分を苦
々しく見ている役人は、その表情から一人や二人は必ず見つかるからだ。その人に
夜、話を聞きに行けば、伏魔殿の内幕情報の一つや二つは聞けた。

 だから、私にとって記者クラブは必要だった。
 しかし、その役割を果たせない記者なら、わざわざクラブに所属する理由はない。
私が2、30代の頃にはまだ、他社にスクープされたら「許されない」との緊張感が
朝日新聞社内にも残っていたように思う。担当記者が「権力監視」の使命を果たして
いなかったら、所属クラブを外された。しかし、それ以降、派閥人事の蔓延で「記者
は記事より処世術」との風潮が広がり、報道現場の緊張感は少しずつ減衰していっ
た。他社も同様なのだろう。

 「改革」で実績を上げ、出足好調の小池知事だ。やはり「改革」が旗印の橋下徹氏
らと連携し、「改革・改憲の女王」へと変身し、改憲別働隊を形成して、自民との巧
みな役割分担で本丸の9条に手を付けるなら、どこかの国の「いつか来た道」だ。

 「改革」で小池氏に手柄を独り占めにさせた都庁記者の責任はあまりにも重い。そ
んな小池氏に対して権力監視できるのは、伏魔殿の実態に小池氏以上に切り込める強
い意志と取材力を持った記者でしかない。

 このままでは記者クラブ不要論はますます台頭し、既成メディアの読者離れはさら
に進む。かといって、今でもひ弱な若い記者から「記者クラブ特権」を取り上げたな
ら、「権力監視」の取材力がさらに弱まることはあっても、今すぐに強くなるとも思
えない。そのスキを権力がさらに突いてきたら……。

 確かに記者クラブは優遇されている。これまで特権が許されてきたのは、「権力監
視」の役割があるからだ。その任務を果たせない記者やメディアは、記者クラブを使
う資格はない。

 文春、小池氏に先を越され失地回復もできない記者は、都庁クラブから外し、「権
力監視」に強い意志と能力を持つ記者との総入れ替えが必要だと思う。「都庁記者と
自分たちも同類項。権力監視できない記者に大ナタを振るう資格も力量もない」と、
危機意識の希薄なメディア経営者がいたなら、さっさとその座を降りる方がよかろ
う。

      (フリージャーナリスト・元朝日新聞記者、秘密保護法違憲訴訟原告)
スポンサーサイト





修の呟き


<<・日銀の政策検証 国民は納得できない(東京新聞23日) | ホームへ | ・黒田日銀の転換 あの約束は何だったか(毎日新聞22日)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/3961-becccf0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)