fc2ブログ

【12/11】「安保3文書」1年を問うシンポジウム ――「戦争の時代」を拒み、平和の選択を 11日(月)17時~参議院議員会館 B109 会場とオンラインのハイブリッド

★ ピースボート さんから:

 

12/11】「安保3文書」1年を問うシンポジウム

          ――「戦争の時代」を拒み、平和の選択を

 

平和構想提言会議(青井未帆・川崎哲共同座長)からのご案内をお送りします。

 

 政府が国家安全保障戦略をはじめとする安全保障関連3文書(「安保3文書」)を閣議決定してから1年が経とうとしています。閣議決定の直前に、平和構想提言会議は、「戦争ではなく平和の準備を――“抑止力で戦争は防げない」(http://heiwakosoken.org/teigenkaigi/ )と題する平和構想提言を発表しました。同提言は、敵基地攻撃能力の保有や軍事費倍増を含む一連の政策が、日本国憲法の平和主義の原則を逸脱し、周辺諸国との関係を悪化させ、軍拡競争を助長させるきわめて危険なものであると指摘しました。そして、こうした決定が憲法の下での民主的手続きを経ずに強行されていることに強く異議を申し立てました。

 

 それから1年の間に、岸田政権は大軍拡政策を次々と進めています。経済や社会の隅々にまで軍事化が広がり、憲法によって権力を統制するという立憲主義は瀕死の状態といえます。

 

 世界では、ロシアによるウクライナへの侵略戦争や、イスラエルによるガザ地区への無差別的攻撃で、無数の民間人が命を奪われ傷つけられています。国際法の基本原則を無視した横暴が繰り広げられています。

 

 世界が「戦争の準備」どころか、「戦争の時代」へと突入する勢いであるなか、東アジアで破滅的な戦争が起きるのを回避し、平和を選択するために何ができるのか。この1年を振り返りながら、研究者やNGO活動者の視点から問題を提起します。

 

===================================

「安保3文書」1年を問うシンポジウム

――「戦争の時代」を拒み、平和の選択を――

===================================

 

▼日時 2023年12月11日(月)17時~

▼場所 参議院議員会館 B109会議室

▼形態 会場とオンラインのハイブリッド

   (オンライン配信リンクはこちらから http://heiwakosoken.org/2023/12/06/20231211symposium/

   (会場参加の方は、1640分~参議院議員会館1階で通行証を配布します)

 

▼発言者(対面またはオンライン)

青井未帆(学習院大学教授)

池尾靖志(立命館大学)

川崎哲(ピースボート共同代表)

清末愛砂(室蘭工業大学大学院教授)

佐々木寛(新潟国際情報大学教授)

杉原浩司(武器取引反対ネットワーク(NAJAT)代表)

谷山博史(日本国際ボランティアセンター(JVC)前代表理事)

中野晃一(上智大学教授)

ほか

 

※シンポジウムでは、「安保3文書」1年にあたっての平和構想提言会議としての声明を発表する予定です。

 

参加無料(カンパ歓迎)

 

参加登録 会場参加希望の方は、事前に以下のフォームにご登録ください。

https://forms.gle/FXhjEBHaPSDUr3aG9

またはメールにて<shudantekijieiken@gmail.com> お名前をご所属をお知らせください。

 

主催 平和構想提言会議

連絡先 平和構想研究会 <shudantekijieiken@gmail.com>

詳細 http://heiwakosoken.org/2023/12/06/20231211symposium/

(第4616目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる