fc2ブログ

・5日、日米の共同使用などを想定し、陸上自衛隊石垣駐屯地の訓練場を拡大する計画が明らかになった。

★ 近藤ゆり子 さんから:

 

沖縄と連帯する会・ぎふ

https://okinawarentaigifu.jimdo.com/

サイト内「沖縄関係ニュースなど(沖縄2紙の基地等の問題のニュース見出し+URLのリンク)」を更新しました。

毎回、たくさんの見出し+URLにリンクを張っています。

「見出し」を読むだけでも、”本土”の新聞やテレビではわからない「沖縄で何が問題になっているか」について、いくらかでも知ることができます。

 

<以下、近藤によるサマリー>

 

・5日、県議会11月定例会代表質問初日は、1番手の野党自民会派の質疑で出た「普天間飛行場代替施設建設事業」の文言と、玉城デニー知事ほか県執行部側が答弁した「辺野古新基地建設」との表現を巡り、約7時間空転した。

 

・5日、日米の共同使用などを想定し、陸上自衛隊石垣駐屯地の訓練場を拡大する計画が明らかになった。24年度当初予算案に関連経費を計上する方針とされる。

中国を念頭において、石垣を重要拠点とすることで、今後、訓練機会が増加し、事故の危険も増加する。政府側の地元説明は全く不十分で、より丁寧な対応が求められる。

 

・屋久島沖の米空軍CV22オスプレイ墜落事故後も飛び続けていた米軍オスプレイ。

7日になって、ようやく米軍は、海兵隊のMV22や海軍のCMV22を含めた全てのオスプレイの飛行を一時停止すると発表した。

世界で一斉に運用止める初の事態だ。重大事故が繰り返されて、操縦ミスなどのヒューマンエラーではなく、機体の構造的欠陥の問題を認めたことになるのか?今後、何をもって「安全」とするのか、注目しなければならない。

木原防衛相は8日、今後の陸上自衛隊のオスプレイの運用について「今後の措置については、米軍からの情報も踏まえて適切に判断していく」と述べた。相変わらずの米軍任せ、米国忖度である。


(第4617目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる