fc2ブログ

女性差別撤廃条約の選択議定書の批准を求める取り組みをご紹介します。 女性差別撤廃条約実現アクション

★ 小林久公 さんから:

 

女性差別撤廃条約の選択議定書の批准を求める取り組みをご紹介します。

 

女性差別撤廃条約実現アクション

https://opcedawjapan.wordpress.com/

 

選択議定書 女性差別撤廃条約制定から20年を経た1999年、条約の実効性を強化し、一人ひとりの女性が抱える問題を解決するために、あらため

て採択されたのが女性差別撤廃条約選択議定書です。選択議定書には「個人通報制度」と「調査制度」の2つの手続きがあります。それらを利用

するには、新たに批准が必要ですが、日本はまだこれを実行していません。選択議定書の批准国は114か国(20207月)となっています。

 

Q4 選択議定書の批准を望む理由はなんですか? 批准すると日本はどう変わるのでしょうか?

 

A 選択議定書には個人通報制度があります。選択議定書が批准されれば、女性差別撤廃条約上の権利を侵害された個人が最高裁でも救済されな

かったとき、女性差別撤廃委員会に通報できるという道が開かれます。現在まで、日本の裁判所は、女性差別撤廃条約を司法判断の根拠としてい

ません。しかし、選択議定書批准によって、国内の判決は女性差別撤廃委員会の審査を受ける可能性が生まれるため、裁判所も国際基準に照らし

た判断をせざるをえなくなります。国内の裁判に人権の国際基準が反映されることになり、日本の司法判断を変える可能性が生まれます。

 

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW

https://www.gender.go.jp/international/int_kaigi/int_teppai/index.html

 

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約選択議定書

https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/1269/

 

外務省 外交政策 女性

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/josi/index.html


(第4692日目☆原発止めよう!九電本店前ひろば★より)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる