FC2ブログ

タイトル画像

<昨日の「平和とくらし守る福岡県革新懇話会」の九州電力本店交渉>を報告します

2016.11.29(16:11) 4611

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2050報告☆より
★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<昨日の「平和とくらし守る福岡県革新懇話会」の九州電力本店交渉>を報告し
ます。

「平和とくらし守る福岡県革新懇話会」は、一週間前の2016年11月21日
の月曜日に「原発の再稼働は中止して下さい」の申し入れ書と「玄海原発3、4
号炉パブリックコメント20通のまとめ」を提出していまして。

「平和とくらし守る福岡県革新懇話会」は二十数人が参加しました。九州電力本
店広報からは4人の方が出席されましたが、川内原発再稼働が始まるまで担当さ
れていた方とは全員入れ替えとなっていました。要請は8項目あり、それぞれに
ついて回答がありました。

九電申し入れ書 http://tinyurl.com/zjwx26q


1.日本の規制基準は世界最高水準ではない

 については、みなさんは新規制基準にはIAEAの深層防護の第5層の安全対
策が無いと主張されるが、第5層の安全対策は原子力規制委員会とは別の政府機
関が第5層の安全対策を策定しており、地方自治体が避難計画を策定しているの
で、問題ないと思うとの説明がありました。私たちは、深層防護の第4層の安全
が無いと主張しているのに、九州電力は全く分からないようです。深層防護の第
4層の安全対策が無いと主張している事を改めて説明しました。

2.過酷事故対策が不十分である

 玄海原発3、4号炉の設置変更許可申請書で申請しており、今回適合性審査案
で承認されたので全く問題ないとの説明がありました。

 住民より、『川内原発1、2号炉の適合性審査の異議申し立てを原子力規制委
員会に申し入れして、口頭意見陳述会でも、世界的に有名な「B. R. Sehgal,
NuclearSafety in Light Water Reactors: Severe Accident Phenomenology,
AcademicPress, 2012.」を示して、水蒸気爆発は起こりやすいが世界の常識に
なっているが、九州電力はこの文献を知っているか』との意見があり、知らない
との事なので、レビューの写しを渡しました。

3.地震に対する検討が不十分

 何の説明もありません。

4.有効な避難計画が無い

 それは、政府と地方自治体の責任なので、九州電力は協力するだけであるとの
説明がありました。

 住民より、九州電力は、九州の各県や各市町村でどこが避難計画を策定してい
るのか、把握しているのかの質問に対して、十分には調査していないので、今す
ぐ回答はできないとの説明がありました。

 今後調査して、報告できるかの質問については、この件のみは調査して、回答
するとの約束ができました。

5、6、7は省略

8.玄海原発の適合性審査案に提出されている別紙のパブリックコメントに答え
てください。

 九州電力は、これらの項目については、玄海原発3、4号炉の設置変更許可申
請書で申請しており、今回適合性審査案で承認されており、それに付いての意見
は原子力規制委員会に提出されたもので、九州電力とは直接関係ない事なので、
検討をしていないとの回答がありました。

 それでは、別紙のパブリックコメントのまとめの「6.水蒸気爆発問題(柏崎
刈羽原発6、7号機の適合性審査の見解無視)」で、第274回適合性審査会で
は、柏崎刈羽原発6、7号炉の審査において、ペデスタル(格納容器下部)に貯
水した水の中に、大量の溶融核燃料が落下した時、水蒸気爆発が起きる可能性が
有るので、水深の深さは1.5m以内とするという審議が行われている。

 同じ過酷事故担当グループの第274回適合性審査会では、水蒸気爆発が起き
る可能性が有るとして審議が行われているのに、どうして九州電力は、玄海原発
3、4号炉は水蒸気爆発が起きないと主張するのかの質問が1件だけありました。

 九州電力の見解は、柏崎刈羽原発6、7号炉は沸騰水型原発であり、玄海原発
3、4号炉は加圧水型原発なので、炉の構造が異なっており、したがって、柏崎
刈羽原発6、7号炉には水蒸気爆発の起きる可能性が有っても、玄海原発3、4
号炉には水蒸気爆発の起きる可能性は全く無いとの説明がありました。

 参加された方から、各項目についての質問がたくさんありましたが、回答が
有ったものは殆ど無く、「各自治体の避難計画の策定は十分には調査していない
ので、今すぐ回答はできないが、この件のみは調査して、回答する事を約束す
る」との回答のみが有りました。
スポンサーサイト





修の呟き


<<*<川内1号機>運転再開を知事容認「特別点検終了後に結論」 | ホームへ | *<スイス国民投票>「脱原発」加速否決 29年の達成ならず>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/4611-8faec189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)