FC2ブログ

タイトル画像

、「玄海原発3,4 号炉の適合性審査書案の問題点―提出したパブリックコメント28 通の紹介」の記者会見

2016.12.29(19:10) 4931

【報告】第2080目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
 12月27日午後2時30分から約1時間佐賀県庁の記者会見室で福岡核問題
研究会4名により、「玄海原発3,4 号炉の適合性審査書案の問題点―提出したパ
ブリックコメント28 通の紹介」の記者会見を行い、私も参加しました。

 この記者会見は1週間ほど前から申し込みをしていましたが、ちょうど同じ時
間に「佐賀県の原子力安全専門部会」が開催され、多くの報道関係者の方はそち
らに参加されたので、複数の記者がおられる3社の新聞記者の方に参加していた
だきました。
また一般市民の方も、2人参加していただきました。

 報告は「玄海原発3,4 号炉の適合性審査書案の問題点―提出したパブリックコ
メント28 通の紹介―2016 年12 月27 日 佐賀県庁記者会見資料」を配布して、
パワーポイントの資料を、プロジェクターを使用して行いました。

パブリックコメントの要旨

http://ad9.org/pegasus/nuclear/FKMKpubcom-abstract28-8.pdf

パワーポイントの資料

http://ad9.org/pegasus/nuclear/presconf-slide-all.pdf

「佐賀県の原子力安全専門部会」は、来年早々には公表される玄海原発3、4号
炉の設置変更許書の適合性審査書が適切かどうかの審議をされるようですが、私
たちは既に28件の大きな問題点を一応整理していますので、今回記者会で公開
しました。

 原子力規制委員会の会合は、2つの適合性審査会チームで審議されたことを最
終的に確認するシステムになっていますから、実質的には専門会議で審議が行わ
れています。

 福岡核問題研究会は、過酷事故検討チームと外部事象検討チームの適合性審査
会の議事録や配布資料、又新規制基準の作成のための過酷事故検討チームと外部
事象検討チームの議事録や配布資料を検討してきました。

 それらを調査して、分かってきた問題をまとめました。そして、福岡核問題研
究会の意見を表明しました。
スポンサーサイト





修の呟き


<<*甲状腺がん...計44人に、2巡目検査で新たに10人 県民健康調査 | ホームへ | ●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/4931-42783dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)