FC2ブログ

タイトル画像

・原発問題について「保守派」と「反対派」という二種類の人種

2017.02.27(10:27) 5688

【報告】第2140日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 鶴ヶ岡 裕一 さんから:
青柳さん、みな様、毎日、お疲れ様です!

・鹿児島では、高知の島岡幹夫さんの講演会がありまありましたが、後でビデオ
で観させてもらおうと思っています。
・原発問題について「保守派」と「反対派」という二種類の人種があるように見
えます。、しかも、福島第一原発の惨状は、ロボットも入れないほどの高い放射
能汚染を未だに続け
ています。これは、悪魔の産物である「原発」そのものがかかえる、問題です。
通常運転でも、下働きされている労働者の「酷い被爆問題」は、あまり、ニュー
スにも出てこないほ
ど、それは「押さえ込まれている」と理解するべきでしょう。普通の爆弾とは違
い、川内の放射能が全県的に拡散するような事態が起きた場合、誰も、絶対に
「責任」はとりませ
ん。川内で、これまで原発依存してきた商工業者に対しては、国や県が手厚く保
障するという考えを示して、チェルノブイリや福島の惨状を「保守派」という人
たちに何回も何回も
お伝えすることは、これからも、必要なことだと思います。
・ですから、「保守派」の中にこそ、「自分は保守派だから、環境や自然を守る
のは当然のことだ!」と言って、立ち上がる人が表れない限り、『川内原発を廃
炉にする』という一
点のみでの共闘を組むことは難しいように感じます。また、廃炉事業にも多くの
働き手が必要です。~まず、地元民が、「原発を即廃止する」というスタンスに
立って、一眼となっ
て、その後の処置を政府に要望していかなければなりません。ましてや、南大隅
町での核廃棄物処分場など、もっての他のことです。拝。
スポンサーサイト





修の呟き


<<大飯原発パブコメ1、2、3、4を提出しました | ホームへ | 玄海・原子力発電所の事故に伴う、賠償金につきお尋ねします>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/5688-1b01592a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)