修の呟き

<水蒸気爆発の内部トリガーは落下デブリがプールの床に衝突するとき発生する事が多い>

【報告】第2221日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
TROI論文の解説4

<水蒸気爆発の内部トリガーは落下デブリがプールの床に衝突するとき発生する
事が多い>

加圧水型原発を所有する4電力会社はTROIの実験は無視して、これまでの内外の
水蒸気爆発実験で、UO2(二酸化ウラン)を主体とするデブリを使用した実験で
は、外部トリガーを与えなければ、自発的な水蒸気爆発は起こらないが、実炉で
は外部トリガーは存在しないので、絶対に水蒸気爆発は起こらないと説明してき
ました。

 しかし、TROI実験では、内部トリガーにより、自発的な水蒸気爆発が何回も起
きています。この実験では、内部トリガーが何かが説明されています。

 TROI論文2002年版の「4.2 動的な圧力と衝撃」の項で説明されています。
TROI-13では、溶融の為の通電開始後1時間50分でデブリの溶解ができて、パンチ
ャーで水冷るつぼ下部のZrO2粉の仕切りを打ち抜いて、デブリを落下させていま
す。パンチャーの作動後、1133ミリ秒でデブリは水面に着水し、1213ミリ秒で床
に衝突し、1220ミリ秒で水蒸気爆発の開始圧力が測定されたと報告されています。

 この結果から、内部トリガーがどのようなメカニズムで発生するかの説明はあ
りませんが、何らかの理由で内部トリガーが発生し、それが引き金となって、衝
撃波が発生し、連鎖反応が起きて、水蒸気爆発が起きたと推定されています。
これは、サンデアで行われた実験の映像でも同じ事が観察されています。
https://www.youtube.com/watch?v=sk-I128Al3M

九州電力が玄海原発3、4号炉の適合性審査で説明してき、原子力規制委員会が
それを承認した奇策を許して、玄海原発3、4号炉が再稼働され、万一何かの原
因でメルトダウンが起きた場合、北部九州や中国、四国地方はデブリの粉まみれ
になることが有るのでは。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/19(金) 19:44:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年5月18日(木)地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします | ホーム | ■加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/7649-a2f5c847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9331)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる