修の呟き

6.6原子力機構プルトニウム被爆事故

【報告】第2243日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 田島 さんから:
本音と本質
6.6原子力機構プルトニウム被爆事故

要点は2点。
I. 50代作業者のプルトニウム被ばくは凄まじい
II. あまりにもお粗末な作業手順
そう考えると、1999年JCO臨界事故に匹敵します。

(以下本文は)
http://twitdoc.com/upload/ni0615/pu239expo.pdf
スポンサーサイト
  1. 2017/06/10(土) 19:47:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<茨木県大洗町の日本原子力研究開発機構の職員はどうしてプルトニウムダストを大量に吸入したのか> | ホーム | 6月8日の李元栄さんの記録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8392-49f4ed32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8830)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる