修の呟き

<日本原研のプルトニウム吸い込み事故は事なきを得たようだが、今の日本では誰にでも起きる事が問題>

【報告】第2245日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
<日本原研のプルトニウム吸い込み事故は事なきを得たようだが、今の日本では
誰にでも起きる事が問題>

2017年6月10日の朝日新聞朝刊35面に
***********
被曝の5人、肺からプルトニウム検出されず 放医研調査
 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員が被曝
(ひばく)した事故で、原子力機構は9日、5人が搬送された放射線医学総合研
究所(千葉市)の検査では、5人の肺からプルトニウムは検出されなかったと発
表した。原子力機構は、事故後の検査で50代の男性の肺から2万2千ベクレル
のプルトニウムが検出されたとしていた。体の表面に付着したプルトニウムを除
ききれず合わせて計測したため、実際に体内に取り込んだ量よりも大きな検出値
となっていた可能性があるという。
***********

という記事が掲載されています。
この事故は、作業者が防塵防毒マスクを着用していた事と、プルトニウム粉の粒
径が大きかったことにより、事なきを得たようです。
しかしこのような事故は何れ起きるのではないかと心配していました。

2017年5月17日付けで、市民データーベース「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発
関連情報☆」に投稿したばかりでした。
http://npg.boo.jp/siryou/TROI_mondai.pdf

この資料は、パワーポイントデーターをPDFにしたものですが、「原発なくす
蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」には、この問題の小論文が掲載されています。
PDF資料では『TROI-13の水蒸気爆発後のデブリの粒径別比率 格納容器が破裂
すると、粒径の小さいデブリが風に 巻き上げられて遠方に飛散する(黄砂と同
じ)』と説明していますが、加圧水型原発にメルトダウン事故が発生し、デブリ
が水蒸気爆発を起こせば、デブリの20%ほどはデブリダストとなるとの実験結
果が出ていますから、格納容器が破裂すると、日本国内は日本原子力研究開発機
構内と同じようになると思われます。

原発の水蒸気爆発実験の海外の論文では、デブリダストの大きさは10ミクロン程
度のものが多いと報告されています。また加圧水型原発の水蒸気爆発によるデブ
リダストの大気中への飛散は6トンくらいにはなる可能性はあると思われます。
一般市民は防塵防毒マスクを持っていません。

このデブリダストが一般市民の肺の中に入ることは、度々警告していました。
http://jsa-fukuoka.sakura.ne.jp/shiryo/201511Nakanishi1.pdf
スポンサーサイト
  1. 2017/06/12(月) 07:26:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 化学物質問題市民研究会 メールサービス 2017年6月11日 第570号 | ホーム | あらゆる人を対象に、警察や権力があやしい・あぶないと 思った人を監視し抑圧していく法律>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8455-c89dc4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7759)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる