修の呟き

■歴史から見る退位 特例法成立を考える(耕論)

朝日新聞デジタル より
■歴史から見る退位 特例法成立を考える(耕論)
「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立しました。現憲法
下で初の退位は、どんな意味を持つのか。そして、過去の歴史から
俯瞰すると、どう位置づけられるのでしょうか。古川隆久さん(日
本大学教授)は「初の民主的手順、壮大な実験」、水林彪さん(早稲
田大学特任教授)は「律令天皇制になぞらえるな」と説きます。
http://news.asahi.com/c/ajykeO7emq3dssad
スポンサーサイト
  1. 2017/06/13(火) 17:08:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■休日労働抑制 努力規定では効果に疑問 阪本輝昭(記者有論) | ホーム | 共謀罪法案廃案へ!全力をあげましょう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8493-d3dd440b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8800)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる