修の呟き

<玄海原子力発電所3号機、4号機再稼動差止仮処分命令申立事件の決定骨子と決定が公開された>

【報告】第2248日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
<玄海原子力発電所3号機、4号機再稼動差止仮処分命令申立事件の決定骨子と
決定が公開された>

玄海原子力発電所3号機、4号機再稼動差止仮処分命令申立事件の決定骨子と決
定が「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」のホームページ
に掲示されています。
https://saga-genkai.jimdo.com/裁判書面書庫/3-4号機再稼働差止仮処分/

決定骨子は、10ページ分、決定は117ページ分です。
決定については、かなりな量が有るので、直ぐに全ページの点検はできませんが、
決定骨子は10ページ分なので、内容の検討ができました。

 この3号機、4号機再稼動差止仮処分命令申立事件では、再稼働の危険性の論
旨を基準地震動の策定の合理性の欠如と配管の安全性の欠如の2点に絞り込んで
いるようですが、過酷事故対策などの問題は取り上げられていません。
 決定骨子の書面の中に

***********
イ重大事故対策について
債務者は,本件各原子炉施設について, 1次系配管にひび割れによる貫通や破断
が生じた場合においても,速やかに当該事象を検知し,原子炉を緊急、に停止さ
せ,非常用炉心冷却設備や補助給水設備により原子炉を冷却することにより,重
大な事故が生じないように安全性を確保している。
また, 1次系配管が破断した際,補助給水設備が機能しない場合であっても,非
常用炉心冷却設備による原子炉への注水により原子炉を冷却することが予定され
ているのであるから,本件各原子炉施設において, 1次系配管が破断した際に地
震動により補助給水設備配管が破損する旨の債権者らの主張する事実経過により
炉心溶融に至る可能性があるとは認め難い。仮に炉心溶融が生じたとしても,そ
のことから直ちに原子炉容器及び原子炉格納容器が破損するおそれがあるとも認
め難い。さらに,溶融燃料が原子炉格納容器の下部キャビティに落ち,原子炉格
納容器の水素濃度がドライ換算で体積比13%を超えるとの債権者らの主張する経
過により水素爆轟が発生するおそれがあるとも認め難い。
ウ争点(2)についてのまとめ
以上によれば本件各原子炉施設における配管が損傷し,これにより重大
な事故が生ずるおそれがあるとは認められない。
***********

とあるように、争点が単純化されすぎているように思われます。
これから、過酷事故対策そのものの安全性の欠如を争っていく必要が有るように
思われました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8570-f474150c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad